銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー番外編・ひがしちちぶ(167/165・埼玉)
2016年のスタンプラリー対象ではありませんが、次回スタンプラリーシーズン前にオープンした新しい道の駅を訪問してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数の165箇所からは対象外となっていますので、ご承知おきください。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問167箇所目は、埼玉県に新設された道の駅「和紙の里・ひがしちちぶ」です。
JR八高線の小川町(おがわまち)駅を南に出て550mほどで交差する県道11号線を西に6キロ進むとY字路を南側に入る道に矢印が出ています。
DSCF1510.jpg
せっかくなので、金曜日の夜に前泊で訪問してみたのですが、オフシーズンと言うこともあり駐車場が貸し切り状態でした。

おそらく2017年からスタンプラリーに参加となる新しい道の駅で、2016年のスタンプ帳には記載されていませんが、次回のスタンプラリーに備えて視察気分で訪問してみました。

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
無形文化財にも指定される和紙作りのメッカだけあって「手作り和紙」が多数用意されています。
DSCF1516_20170220075200d84.jpg

大きな1枚なのですが、染め方や素材にもよりますが税込210円からとリーズナブルです。
DSCF1518_20170220075159a6e.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
詳細は城めぐりの際にご案内しましたが、「安戸(やすど)城址(埼玉県秩父郡東秩父村大字安戸)」を訪問してみます。
道の駅から登城口まで徒歩2キロほどなので、そこまでの道程も天気が良ければ歩いてみるのも楽しそうです。
DSCF1494_20170219102834bfd.jpg

安戸城は築城時期や城主なども定かではありませんが、戦国時代に武蔵松山城主・上田氏の家老・山田氏が館の東西の両翼に腰越城とともに築城し、物見台や狼煙台として利用したものではないかとされ、上田氏の衰退とともに廃れていったものと考えられていますが、史料が乏しく廃城時期などを確認することはできませんでした。
DSCF1503_20170219103019b71.jpg

今年からのニューフェイスなので、昨年までにほかの道で確認してきたチェック項目も見ておきます。

2015年版:
チェック項目「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
東秩父の伝統銘菓「つる(税込500円/5個入り)」は江戸時代から続く老舗和菓子店の商品です。
DSCF1521_20170220080751f5e.jpg

寛永3年(1791年)創業の小松屋(埼玉県秩父郡東秩父村大字安戸41)は、東秩父のみならず埼玉県を代表する和菓子店で、県内各地の土産物として喜ばれているそうです。
DSCF1522.jpg


2015年版:
チェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」は、どうでしょう。
屋外フードコート一番奥に軒を構えるのが「田中屋」さんです。
この店には「いちご」「バニラ」「ミックス」が各350円で用意されています。
DSCF1537_201702200807481c2.jpg

注文の際に支払いを終えたズキマル君が「ミックスを大盛りでお願いします!」とお願いすると、気のいい店長さんが「オフシーズンだからサービスね。」とワッフルコーンの倍以上もあるような6マキマキのダイナミックなソフトクリームを頂いてしまいました。
DSCF1538.jpg
※通常サービスではありません。


2014年版:
チェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
別館では伝統工芸の和紙作りを体験できるコーナーがあり、予約なしでも体験ができる日もあるようです。
DSCF1524_20170220080747963.jpg


2013年版:
再チェックしていた「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
施設としては以前からあったようですが、道の駅としてリニューアルした際に24時間利用できるトイレがうぉしゅれとになっています。
DSCF1513_20170220080746533.jpg

2012年版:1つ目は「屋内休憩スポットはどう?」はどうでしょう。
別館のバスターミナルが24時間利用できる休憩所になっています。
ガラス張りなのですが、風が入らないため冬場でもちょっとした休憩にも利用できます。
DSCF1514.jpg

2012年版:2つ目の「情報施設・資料館は楽しいの?」も確認してみます。
フードコート向かいに無料の郷土資料館があり、地域の歴史や郷土資料を楽しむことができます。
DSCF1530_20170220082614243.jpg

2011・2012年版:1つ目の「併設または隣接する公園」を見渡してみましょう。
施設の奥に広い広場があります。
DSCF1525.jpg
また、隣接する山の上には展望施設があり近隣のエリアを見渡すことができます。
DSCF1528_20170220082612d9b.jpg

2011・2012年版:2つ目は「道の駅限定!?美味しい試食♪」もチェックしてみます。
笛木醤油の「小江戸醤油屋のせんべい」の試食がありました。
DSCF1531.jpg
濃厚な醤油の香り豊かな絶品で、ついつい手に取りたくなります。

2010年版:1つ目の「イーモバイルアンテナ使える?」もチェックしておきました。
旧イーモバイル(現Y!モバイル)を解約してしまいました。代わりにドコモの格安SIMに替えたのですが、そこでのLTEでアンテナが3本立っていました。

2010年版:2つ目の「びん牛乳milkの銘柄と価格は?」も、もちろんチェックしておきます。
瓶牛乳ではありませんが「大沢牛乳(税込100円)」が大沢コーヒーとともに販売されていました。
DSCF1533_20170220082611c7c.jpg

2010年版:3つ目の「標高は山?」なんちゃって☆めもさんのホームページから確認させてもらっていますが、こちらの標高は142mですから、冷房を止めたクルマでの真夏の車中泊はキビしそうです。

体験型の道の駅として、散策や食事にとバランスよく滞在できます。
次回のスタンプラリー参加に向け、進展の楽しみな道の駅です。


□道の駅和紙の里ひがしちちぶ
 住所:埼玉県秩父郡東秩父村大字御堂441
 TEL:0493-82-1468
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:水曜日、12月31日~1月4日
 標高:142m
 ウォシュレット:〇
 イーモバイル:未確認
 格安SIM:LTE◎
 無料WIFI:◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:次回調査
 近隣の史跡:安戸城(本編)、腰越城
 

より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※今回新規参加のため、過去情報はありません。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2017/01/28 9:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの古城めぐり…秩父「安戸城址」
週末の朝から東秩父エリアを散策することにしたので、前もって歩こうと決めていた小さな山城跡に向かいます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回歩いてみるのは東秩父エリアにある「安戸(やすど)城址」で、このところ新たに道の駅に加わった「和紙の里・東秩父」から2キロほどのところにあるということで、選んでみました。
DSCF1495_201702191028358f2.jpg

ホームページなどに登城履歴を挙げている方の情報は10年ほど前のものが多かったのですが、最近の登城の目印としては小川町駅と白石車庫を結ぶ路線バスであるイーグルバス(W01・02)の都沢入口(みやこざわいりぐち)バス停から、北に入る路地を120mほど進んだ西側にある石垣の上の畑に入る階段で、よく見れば城跡への案内板が出ています。
DSCF1494_20170219102834bfd.jpg

登城口の先には小さな稲荷神社があるので、そこでこれからの道の安全をお参りします。
DSCF1496_20170219102834fbf.jpg

実は、登城道は神社より少し手前に細い階段があり、そこから登っていくことになるのですが、参拝前にはすっかり見逃していました。
DSCF1497_20170219102833f25.jpg

真冬の訪問でしたが、それでも登城道は所々目印を見失ってしまうほどです。
しかし、ややくぼんでいる場所やすこし高くなっている場所を選りすぐって15分ほど歩いていくと、石垣の後とも思えるエリアが見えてきます。
DSCF1499_20170219102832362.jpg

この先に、昭和56年頃に東秩父村が設置した案内の看板と標識が見えてきます。
DSCF1502_20170219102831e5d.jpg

安戸城は築城時期や城主なども定かにはなっておらず、一説として戦国時代に武蔵松山城主・上田氏の家老・山田氏が館の東西の両翼に腰越城とともに築城し、物見台や狼煙台として利用したものではないかとされています。
DSCF1504.jpg

それ以前の室町期から鎌倉期にかけては、東秩父村安戸を武蔵七党丹党・大河原(おおかわら)氏が開拓し現浄連寺を館としてその東に安戸城を築いたともされます。
応永23年(1416年)、上杉禅宗の乱の後に大河原氏は衰退し、安戸からその家名が消滅しました。
DSCF1508_20170219103020641.jpg

古文書等にも安戸城の記述は少なく、廃城時期もわかりませんでしたが、小さいながら戦国前中期の雰囲気をよく残しており、400年以上もその遺構を残す東秩父エリアに、何とも言えない郷愁を感じました。
DSCF1503_20170219103019b71.jpg

□安戸(やすと)城址
 TEL:なし
 埼玉県秩父郡東秩父村大字安戸
 開館時間 指定なし
 休館日:無休
 駐車場なし(神社手前路地付近に1台程度駐車可能)


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/01/28 8:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしのデカ盛り…958軒目・目黒「ゆう月」
目黒駅近くに、スゴいボリュームの蕎麦が食べられる店があると聞き、ズキマル君とディナータイムに訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR山手線や東京メトロ南北線、都営三田線、東急目黒線が集まる目黒(めぐろ)駅改札を出てからアトレ目黒1から東口ロータリーを北へ100mほど進み都道312号線手前の路地を東に入ると北側2件目の半地下駐車場のようなスペースの奥に軒を構えるのが「ゆう月」です。
スペースはありますが駐車場ではないようで、訪問する際には公共交通機関を利用するか近隣コインパーキングを使うことになります。
DSCF1489.jpg

夜は17時半のオープンですが、明かりが見えたので少し前から店の前で待っていて見ると…17時半にオープンしました(笑)
暖簾がかかると、フロアスタッフの奥さんから「ご予約ですか」と聞かれますが、予約はしていない旨を伝えると手前2つ目のテーブル席を案内されました。
メニューは店の外に大きなのぼりのような品書きが出ていますが、店内でも各テーブルに用意されています。
外にサイズがわかる食品サンプルがあるので、十分気を付けてもらえると思うのですが、近隣他店に比べて明らかにボリュームが違うのが特徴です。
DSCF1490_20170217190437a0d.jpg

メインでスゴ目のサイズを注文するため、ズキマル君には軽量系のサイズ設定のメニューを選ぶようお願いしたため、注文となったのが「温かいたぬきそば(税込680円)」です。
DSCF1491.jpg
標準と思ったのも束の間、運ばれてきたドンブリは、ほかの店なら「大盛り」や「2人前」とされるサイズです。
ダシはカツオが効いたいい香りで甘すぎずしょっぱ過ぎず、100点満点に近い好みの味付けです。
揚げ玉のコッテリ感があっさりした蕎麦と絡んで濃厚なコクを生み出します。
この1品でもズキマル君が完食出来るボリュームではありませんでした。

メインは「大もりそば(税込780円)」です。
DSCF1492_20170217074843317.jpg
入り口前に注意書きのように食品サンプルが並んでいたのですが、看板に偽りなしのデカ盛りメニューです。

デカ盛りだからと言って、雑ではありません。
DSCF1493_201702170748426b8.jpg
コシ、香り、味共に一級品です。
ただ、これだけのボリュームとなると、一気に攻め落としていかないと風味のすべてが失われて行ってしまうので注意が必要です。

とは言え、先に申し上げた通り、各地でそばを食べ歩く親子にとってもかなり高ランクの好みの味付けであったことが追い風となり、ほどなく完食することができました。
ランチにはサービスメニューが用意されたり、セット物はさらにすごいボリュームだったりとのウワサも聞きますので、次回はランチタイムを狙って、高価格帯のメニューにチャレンジしてみようとズキマル君と約束し、会計を終えお礼を言って店を後にしました。



□ゆう月(ゆうづき)目黒店
 TEL:03-3447-6122
 東京都品川区上大崎2-12-1 野田ビル
 営業時間 11:30-14:30,17:30-23:00
 定休日:日曜・祝日
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪
また、最近のズキマル君の写真は「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさんに感化されています。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/01/21 17:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ