銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・とみうら枇杷倶楽部(165/165・千葉)
いよいよ関東「道の駅」スタンプラリー2016のスタンプ帳も1ページを残すのみとなりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問165箇所目は、千葉県にある道の駅「とみうら枇杷倶楽部(とみうら・びわくらぶ)」です。
富津館山有料道路の富浦インターから南に出て国道127号線館山バイパスを西に1.3キロほど進むと交差点を挟んで左右に大きな駐車場とともに見えてきます。
南側が第一駐車場ですが、混雑していることが多いので、北側の路地の奥の第3駐車場まで進むと、イライラせずに訪問できます。
DSCF1286_20170125075043580.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
鮮やかな色合いと昔ながらのデザインが美しいのは「房州うちわ(税込1,512円)」です。
DSCF1288_2017012507504224c.jpg

完成品を見るのも楽しいのですが、製作工程の要所要所が記載されているおかげで、職人さんの思いも伝わってくる気がします。
DSCF1287.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
駐車場がないため近隣の海水浴場の駐車場から歩く必要がある「岡本(おかもと)城址(里見公園/千葉県南房総市富浦町豊岡68付近)」を訪問してみます。
DSCF1256_20170125075041bcf.jpg

岡本(おかもと)城は、正確な築城年代は定不明ですが南北朝時代に古河公方家臣の岡本通輔(おかもとみちすけ/岡本随縁斉:おかもとずいえんさい)が居城した城です。
通輔は元は僧でしたが還俗して里見氏に仕え、弘治2年(1556年)の三浦三崎の戦いでは北条水軍を相手に房総水軍を操って大勝した猛将です。
DSCF1257.jpg

永禄7年(1564年)の国府台合戦で後北条氏に敗れた里見義弘は佐貫城を固め、久留里城に父・義尭(よしたか)、この岡本城には安房の押さえとして義頼(よしひと)が守りました。
DSCF1258_201701250750394d1.jpg

元亀元年(1570年)に里見義弘(さとみよしひろ)は小田原の北条氏に備えて岡本通輔の居城・岡本城を譲り受け、これを改修して元亀3年(1572年)には水軍の拠点として完成させ里見義頼(さとみよしより)を城代に置きました。
岡本氏はこの後も里見氏の有力武将として活躍を続けます。
DSCF1259.jpg

その頃、里見義弘には子がなく、弟の義頼に嫡流を譲りましたが、永禄12年(1569年)に実子・梅王丸(うめおうまる)が生まれました。
死を前に義弘は房総を義頼と梅王丸に半分づつ与えると遺言しました。
天正6年(1578年)に義弘が没すると、義頼は遺言を守らず房総全域を手中にしますが、嫡流を巡って安房・義頼派と上総・梅王丸派との間に内乱が起こりますが、義頼派が勝利して、梅王丸は幽閉され岡本城近くの聖山で僧として一生を終えました。
DSCF1263_2017012507541781e.jpg

以降、城代には岡本頼元(おかもとよりもと)が置かれましたが、天正17年(1589年)頃、岡本城内で火災が発生し、領主・里見義康(さとみよしやす)から出仕の停止処分を受けました。
DSCF1265_20170125075416adb.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が北条氏を征伐して天下を統一すると、軍事力で周辺の勢力から土地を奪ったり、外敵を防いだり、海上を航行する船を脅して金品を取り上げることを目的とした城と水軍の運用が禁止され岡本城の活用が難しくなりました。
秀吉による改易で上総を失い安房一国の領主となった里見氏は、経済力強化のため館山城を築城して居城を移し、その際に岡本城は廃城になりました。
DSCF1262_20170125075416eae.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期?
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

この道の駅を旅のラストに選んだのはズキマル君のたっての希望によるものです。
まだ「銀色テントむし」を購入する以前、美しい風景とリラックスできる雰囲気に、小さいながらも道の駅の魅力を感じたことが、心のどこかに刷り込まれているのかもしれません。
時を経ても、なおその魅力を失わない「とみうら」で最後のスタンプを押して、次回のスタンプラリーに新たな熱意を燃やしました。


□道の駅とみうら枇杷倶楽部
 住所:千葉県南房総市富浦町青木123-1
 TEL:0470-33-4611
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:なし(公民館側は月曜)
 標高:8m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:多
 入浴施設:無料足湯、とみうら元気倶楽部(10:00-16:00/有料)
 近隣デカ盛り:とみや(1.5km)・ばんごや本店(1.3km)
 近隣の史跡:岡本城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・109箇所目「とみうら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・とみうら枇杷倶楽部(142/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・とみうら枇杷倶楽部(154/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・とみうら枇杷倶楽部(003/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/23 15:00 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・おおつの里(164/165・千葉)
静かな山間のイメージの強かった花畑をイメージした道の駅ですが、最近は大型バスの観光客が覆う訪れていて賑わっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問164箇所目は、千葉県にある道の駅「おおつの里」です。
富津館山有料道路の富浦インターから館山バイパスを東に出てすぐの福沢交差点を北の県道185号線に曲がり、高速下の変則交差点を道なりに東に進むと小高いエリアの田園風景の中にひっそりと見えてきます。
DSCF1268_20170124075451734.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
コンパクトなサイズで花の摘み取りやキッズの畑仕事に最適な「竹かご(価格失念)」が良い雰囲気です。
DSCF1270.jpg

このあたり畑が多い地区なので、こうした昔ながらのアイテムをミニチュアサイズで出されると、ついつい手に取ってしまいます。
DSCF1271_20170124075449d00.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅のすぐわきの路地を進むとたどり着くのは「宮本(みやもと)城址(千葉県南房総市富浦町大津582付近)」です。
駐車場がなく、城址へ続く道の舗装はすぐに途絶えてしまうので、田んぼの間の坂道へはクルマで入らず徒歩で進むのが最適です。
DSCF1273.jpg

コンクリートで舗装された細い通路を進むと山の中の畑の脇で道が2本に分かれています。
まっすぐ進んだところに、雑草に隠れてほとんど何が書いてあるかわからない城址への矢印が出ているので、見失わずに進みます。
DSCF1276_20170124075447f27.jpg

矢印の先は舗装も途切れ、雨上がりだったこともあって少しぬかるんだ坂道を20分ほどひたすら登り続けます。
DSCF1277_20170124075446d8f.jpg

山頂近くに、これまた藪に囲まれて入口がわからない先に、水色のトタンの屋根を見つけて突っ込むと本丸跡に到着します。
小さな社があるのですが、屋根が倒壊しており危険なので立ち寄ることはできません。
そっと遠巻きにここまでの道のりの無事のお礼をして、周囲をぐるりと歩いてみます。
DSCF1279_201701240759160c0.jpg

宮本(みやもと)城は、室町時代後期の延徳3年(1491年)に里見成義(さとみしげよし)が築城し、嫡子の里見義通(さとみよしみち)を城主としました。
永正15年(1518年)に義通に38歳で世を去ると、宮本城主は義通の嫡子でまだ幼かった里見義豊(さとみよしとよ)となります。
DSCF1284_20170124075909188.jpg

時を経て里見義豊は親族で領主を争った里見義堯(さとみよしたか)と、天文3年(1534年)の春、犬掛合戦で敗戦しました。
戦いに敗れ稲村城に落ちた義豊は、義堯本陣を襲いましたが、逆に一気に攻められ、義豊は自害を果たしました。
同年の義豊の死により、宮本城も廃城となりました。
その後、北条氏により出城として改築された形跡もあるそうですが、今回はその先までは調べきれませんでした。
DSCF1280_20170124075915581.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

冒頭でも書きましたが、最近はテレビ番組などで道の駅が紹介されることが多く、そのためバスツアーでの利用が多くなりました。
お客さんが増えてもスタッフさんの人柄の良さは健在で、のんびりと季節の花を楽しんだり育て方を伺ったりするのにもってこいです。


□道の駅おおつの里
 住所:千葉県南房総市富浦町大津320
 TEL:0470-33-4616
 開設時間 午前9時~午後4時半(夏)
 休館日:なし
 標高:42m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ばんごや本店(約3km)・すみよし(約10km)
 近隣の史跡:宮本城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・108箇所目「おおつの里」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・おおつの里(143/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・おおつの里(153/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・おおつの里(067/161・千葉)
◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/23 14:00 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・きょなん(163/165・千葉)
高額取引されることで有名な切手「見返り美人」の原画の作者の資料館を併設する道の駅は、潮騒の音をのんびりと楽しみながら過ごせます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問163箇所目は、千葉県にある道の駅「きょなん」です。
房総南部の富津館山(ふっつたてやま)有料道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道34号線長狭街道を西に進み海沿いの国道127号線内房なぎさラインを1キロ弱南に進むと見えてきます。
敷地内に「菱川師宣記念館」や「鋸南町中央公民館」を併設し、隣にはスーパー、その北には港や入浴施設、飲食店と観光アクセスに適したスポットです。
DSCF1241_2017012307482791e.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
売店の入口付近に小さな木製のデザインパネルを見つけました。
「サカナ柄のパネル(税込500円)」とでも言うこの商品、「鍋敷きかな?」と小声でささやくと、店の方から「壁なんかに吊るしてね。」と言われたので、鍋敷きとしての利用は本意ではないようです。
DSCF1242_20170123074826610.jpg
そう言われると、優し気なキャラクターは、確かに鍋の下に敷くのはかわいそうな気もします。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問するのは「勝山(かつやま)城址(大黒山展望台/安房郡鋸南町勝山412)」です。
DSCF1243.jpg

実際の城址は湾の南の勝山港の裏山の八幡神社( 千葉県安房郡鋸南町勝山78の路地から登城?)あたりなのですが今回も登城道が見つけられなかったため、法福寺から続く山頂に模擬天守のような展望台があるので、そちらを歩きます。
DSCF1250_201701230803518d2.jpg

勝山(かつやま)城の歴史は古く、治承4年(1180年)の「治承の乱」にて石橋山合戦で敗れた源頼朝(みなもとのよりとも)が、安房に逃れたて頼った安西景益(あんざいかげます)の所領と伝わります。
※安西氏の居城は平松城とされています。
DSCF1244.jpg

戦国期に入ると安西氏は里見氏に組し、大永6年(1526年)末の大永鎌倉合戦においては勝山城を拠点とした安西水軍の活躍が見られたそうです。
DSCF1246_201701230748242b3.jpg

天文22年(1553年)、北条氏の手引により安房・西上総に内乱を起こった房州逆乱の際には、北条綱成が妙本寺(安房郡鋸南町吉浜453)付近に上陸し近隣を制圧しました。
DSCF1248.jpg

その後の「天正年間には里見氏重臣のの正木輝綱(まさきてるつな)が城代を務めていました。
DSCF1254_20170123075005b62.jpg

北条氏が討伐され、徳川家康(とくがわいえやす)が関東に封入になると、慶長19年(1614年)に里見氏が改易され、元和元年(1616年)には内藤清政(ないとうきよまさ)が入封となり大名として勝山藩を興して勝山城直下の北側の山麓に陣屋を築いきました。
その後は一時廃藩となりますが酒井忠国(さかいただくに)が入封されると、明治維新まで酒井氏領となり、幕政の終わりとともに廃城となりました。
DSCF1255.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

徒歩圏に新しい道の駅「保田小学校」が出来てしまったことで、やや活気が失われつつありますが、観光案内所のスタッフさんの対応はピカイチです。
のんびりとした漁村の売店を思わせる静かな道の駅で、ちょっとした休憩をするもよし、小さなレストランで食事をとるも良しのコンパクトながらくつろげるスペースです。


□道の駅きょなん
 住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜516-1
 TEL:0470-55-4518
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜
 標高:5m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:近(ばんやの湯/24h)
 無料WIFI:○
 近隣デカ盛り:ばんや(約0.5km)・住吉飯店(約2km)
 近隣の史跡:勝山城(本編)、造海城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・111箇所目「きょなん」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・きょなん(145/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・きょなん(091/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・きょなん(002/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/23 11:00 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行