銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2017・かつら(115/168・茨城)
秋の収穫時期の訪問となったことも相まって、駐車場に入るのも一苦労となったかつらで、しばし散策を楽しみます。
当ブログではライフワークとなりましたゴールデンウィークから11月末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2017」(開催期間平成29年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」と「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が168箇所と大ボリュームのため、後半になると期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないこともありますが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2017」の訪問115箇所目は、茨城県にある道の駅「かつら」です。
常磐自動車道の水戸北スマートインターから国道123号線を西へ18キロ弱進むと見えてきます。
DSCF3277_2017111708173286e.jpg

まずは道の駅を盛り上げる「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」を見てみましょう。
ひっそりと自販機に小さく描かれているのは「みなとちゃん」です。
茨城県ひたちなか市那珂湊を盛り上げるため 那珂湊高校生が考えたひたちなか市準公認のサツマイモの妖精キャラで、口ぐせは「こまったなー」とのこと。
今後の活躍が期待されます。
DSCF3279_2017111708173151b.jpg

道の駅の周辺のことがよくわかる「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」で、さらに深くこの地域について考えてみましょう。
訪問したのは「常陸大宮市歴史民俗資料館大宮館(茨城県常陸大宮市中富町1087-14)」です。
駐車場があり入館料は無料です。
DSCF3275.jpg

館内では常陸大宮市内における歴史史料や遺物を展示しています。
常陸大宮では旧石器時代の遺跡として現在わかっているだけでおよそ250の遺跡があります。
その中から縄文時代の大集落だった坪井上遺跡出土の硬玉(ヒスイ)製大珠、小野天神前遺跡や富士山遺跡、一騎山古墳から出土した土器類、埴輪などをはじめとする豊富な考古遺物を展示しています。
また戦国時代には佐竹氏の支配を受け江戸時代には水戸藩領であったことから、それらのあゆみを紹介しています。
DSCF3276.jpg


□道の駅かつら
 住所:茨城県東茨城郡城里町大字赤沢37
 TEL:029-289-2334
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:1月1日~1月5日
 標高:194m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:なし
 公園:大
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:那珂西城址部垂城址
◇近隣の資料館:常陸大宮市歴史民俗資料館大宮館
 茨城県常陸大宮市中富町1087-14
 TEL:0295-52-1450
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・66箇所目「かつら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・かつら(024/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・かつら(117/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・かつら(049/161・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2016・かつら(039/165・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全168駅のスタンプを押して回ります。
※「ヘルシーテラス佐久南」は今回は対象外です。
DSCF2099_20170507172643c4c.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると抽選で100名に特産品引換券1,000円相当が、20箇所押して応募すると抽選で200名に特産品引換券2,000円相当が当たります。
また「168駅短期集中」完全制覇コースは、全駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2017年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2017/11/04 12:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2017・常陸大宮(114/168・茨城)
広く大きな道の駅として昨年からスタンプラリーに加盟した常陸大宮は、今や駐車場に入るのも一苦労なくらい大人気です。
当ブログではライフワークとなりましたゴールデンウィークから11月末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2017」(開催期間平成29年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」と「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が168箇所と大ボリュームのため、後半になると期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないこともありますが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2017」の訪問114箇所目は、茨城県にある道の駅「常陸大宮(ひたちおおみや)」です。
JR水郡線の野上原(のがみはら)駅の東側を久慈川に沿って南北に走る国道118号線沿い、野上原駅の南東に広い駐車場を構える新スポットです。
DSCF3266.jpg

まずは道の駅を盛り上げる「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」を見てみましょう。
常陸大宮市を代表するのは「ひたまる」です。
ひたまるは緑豊かな里山とその裾野を流れる二つの清流「那珂川」と「久慈川」を体で表現し、オデコには常陸大宮市の「ひ」の文字の冠をつけていてえ、いつかは翼で大空を飛べるよう、毎日練習に励んでいるそうです。
DSCF3267.jpg

道の駅の周辺のことがよくわかる「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」で、さらに深くこの地域について考えてみましょう。
訪問したのは「御城展望台(茨城県常陸大宮市山方313)」です。
距離はそれほどありませんが舗装された細い山道を登った先に模擬天守を構える資料館です。
駐車場は坂の手前に用意されていて無料で、入館料は大人100円子ども50円です。
DSCF3264.jpg

御城展望台は、昭和62年に建設された山方(やまがた)地域のシンボルで、安土桃山時代まで、東国有数の大々名であった佐竹氏の重臣、山方能登守(やまがたのとのかみ)の居城跡です。
国道と久慈川を見下ろす交通の要衝、御城展望台に立つと、桜の古木に、戦国争乱の世代を越え主家佐竹家と興亡をともにして、戦い抜いた兵たちの夢の跡がしのばれます。
階段を上った先、城の本丸に入ると少々の歴史資料が展示されています。
DSCF3265.jpg


□道の駅常陸大宮かわプラザ
 住所:茨城県常陸大宮市岩崎717-1
 TEL:0295-58-5038
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:35m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル:不明(格安LTE◎)
 無料WIFI:○
 公園:大
 試食:なし
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:竹辰(約3.6km)
 近隣の史跡:部垂城址
◆ 近隣の資料館:御城展望台
 TEL:0295-57-3325(公益財団法人常陸大宮市振興財団)
 茨城県常陸大宮市山方313
 開館時間 9:00~16:00(夏季延長)
 休館日:月曜日、年末年始
 入館料:大人100円子ども50円
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー・番外編「常陸大宮かわプラザ(茨城)」
関東「道の駅」スタンプラリー2016・常陸大宮(038/165・茨城)
※2016年からの参加です。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全168駅のスタンプを押して回ります。
※「ヘルシーテラス佐久南」は今回は対象外です。
DSCF2099_20170507172643c4c.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると抽選で100名に特産品引換券1,000円相当が、20箇所押して応募すると抽選で200名に特産品引換券2,000円相当が当たります。
また「168駅短期集中」完全制覇コースは、全駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2017年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2017/11/04 10:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2017・みわ(113/168・茨城)
大きなキノコのオブジェがトレードマークの道の駅で、洋菓子に舌鼓を打ちつつ、周辺を散策します。
当ブログではライフワークとなりましたゴールデンウィークから11月末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2017」(開催期間平成29年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」と「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が168箇所と大ボリュームのため、後半になると期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないこともありますが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2017」の訪問113箇所目は、茨城県にある道の駅「みわ」です。
下道で茨城県日立市から栃木県の日光に抜ける国道293号線の栃木県との県境10キロ弱のところにあるキノコのオブジェがトレードマークでいつもにぎわっているスポットです。
DSCF3258.jpg

まずは道の駅を盛り上げる「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」を見てみましょう。
道の駅のスタンプにも描かれているのは「スタッピー」です。
スタッピーは1997年8月生まれの美和村観光キャラクターで、管理運営までアマチュア天文家が担当する全国でも珍しい花立山天文台「美スター」のある花立自然公園にいるそうです。 
DSCF3259_20171113190028aab.jpg

道の駅の周辺のことがよくわかる「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」で、さらに深くこの地域について考えてみましょう。
訪問したのは「紙のさと和紙資料館(茨城県常陸大宮市舟生90)」です。
本当は水戸黄門に出てくる風車の弥七の墓の近くの「和紙の資料館(茨城県常陸大宮市松之草375付近)」を目指すはずだったのですが、カーナビが全く違う場所に案内してくれました(笑)
どちらも駐車場があり入館料無料ですが、今回は「西ノ内和紙資料館」の方をご紹介します。
DSCF3260_20171113190027302.jpg

常陸国(現茨城県)ではすでに8世紀頃から紙の製造が行われていました。
江戸時代になると戸藩の奨励のもと専売品として重視され、水戸光圀(みとみつくに)が記した「大日本史」の用紙としても利用されるブランド「西ノ内紙」となりました。
目が細かく強靭な紙質の「西ノ内紙」は、水に濡れても字が滲まず、虫害に強く保存に適したため江戸時代には商家の帳簿である大福帳をはじめ、日用品の紙材として用いられてきました。
そうした、「西ノ内紙」の歴史や製造工程をちょっとだけ学べるプチ資料館となっています。
DSCF3263_20171113190026bb9.jpg


□道の駅みわ
 住所:茨城県常陸大宮市大字鷲子272
 TEL:0295-58-3939
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:月曜、1月1・6・10
 標高:293m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:未確認
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:山方御城部垂城址ほか
◆近隣の資料館:紙のさと和紙資料館
 茨城県常陸大宮市舟生90
 TEL:0295-57-2252
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:水曜日、年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・70箇所目「みわ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・みわ(023/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・みわ(116/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・みわ(050/161・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2016・みわ(037/165・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全168駅のスタンプを押して回ります。
※「ヘルシーテラス佐久南」は今回は対象外です。
DSCF2099_20170507172643c4c.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると抽選で100名に特産品引換券1,000円相当が、20箇所押して応募すると抽選で200名に特産品引換券2,000円相当が当たります。
また「168駅短期集中」完全制覇コースは、全駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2017年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2017/11/04 09:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行