銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…横浜「海上保安資料館」
ヨコハマの赤レンガ倉庫街の一角に、らしからぬものものしさを持つ資料館があることを知り、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR根岸線・横浜市電ブルーラインなら桜木町(さくらぎちょう)駅、みなとみらい線なら馬車道(ばしゃみち)駅を北に出て新港埠頭を目指すこと徒歩約10分で赤レンガ倉庫の奥に見えてくるのが「工作船資料館」と大きく書かれた建物です。
DSCF1452_20170208081839303.jpg

本来は「海上保安資料館横浜館」とされる建物で、専用の無料駐車場はありませんが、近隣にはコインパーキングがあふれているのでクルマでの訪問も可能です。
ただ、個人的にはこの近辺で使える個人向け・家族向けバス1日券や横浜市電・バス1日乗車券を活用すると、近隣の観光地と併せてリーズナブルに楽しむことができます。
DSCF1453_2017020808183805f.jpg

海上保安資料館横浜館は日本周辺海域の現状と海上警備の重要性などの理解を深めるため、平成16年12月10日に開館しました。
DSCF1454_20170208081837d2f.jpg

館内には、平成13年12月22日に発生し海上保安庁との銃撃戦が話題となった、九州南西海域の不審工作船とその回収物が展示されています。
DSCF1455_20170208081836fa0.jpg

自爆・沈没した不審船は、その危険性を鑑みて引き上げられ、調査が実施されました。
DSCF1458_20170208081836bb5.jpg

この船は日本近隣の独裁某国が密輸や拉致などに使っていたと考えられており、回収品の中には殺傷能力の高い武器なども含まれています。
DSCF1460_20170208081835025.jpg

平和ボケしてしいるつもりはなかったのですが、こうした事実を突きつけられると、自国の安全を守ることの大変さを感じます。
OBと思われるスタッフの皆さんの説明が丁寧で、ズキマル君が興味津々に聞き入っていました。
観光地横浜の雰囲気とは少々かけ離れていますが、今そこにある危機について考え直すいい機会になります。

□海上保安資料館(工作船資料館)
 TEL:045-662-1185
 神奈川県横浜市中区新港1-2-1
 開館時間10:00~17:00
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/29〜1/3)
 入館料金:無料
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/01/14 15:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの親子でお出かけ…横浜根岸「横浜市電保存館」
前々から訪問してみたかったのですが、駐車場が改装中で利用できないと聞いており、悩んでいたら横浜市内で使えるワンデー切符で横浜市営バスに乗れるプランのものだと、横浜駅から出発するバスですぐ近くまで行ける事がわかったので、バスを利用して訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東海道本線などが集まる横浜(よこはま)駅東口から徒歩5分ほどのところにあるそごう横浜店の1階バスロータリーに向かいます。
このバスロータリーはなかなかわかりづらい2階踊り場付近に、市営バス102系統・滝頭(たきがしら)行きに向かうAレーン入口が隠れています。
業務用階段のような地味な階段を折ると、少し薄暗いながら大きなバスロータリーが左右に広がりますが、階段を下りると5番乗り場があり、そこから10分おき程度に出発する横浜市営バス102系統・滝頭(たきがしら)行きバスに乗り込むところがスタート地点です。
今回は京浜急行線品川駅で購入できる往復券付横浜市内1日乗車券「横浜1DAYきっぷ」を利用してみました。
計九千で購入したチケットでの無料乗車エリア表示がざっくり過ぎて無料エリア対象かどうか不安でしたが、運転士さんに聞いてみると快くのせてくれましたので終点まで30分ほどののんびりとしたバス旅を楽しみます。
終点の滝頭(たきがしら)停留所(通常片道220円)でバスを降り、国道16号線横須賀街道を西に渡った市バス操車場の北側の共同住宅の歩行者専用道路を共同住宅沿いに西に進むと、その共同住宅の西側に入口を構えているのが「横浜市電保存館」です。
説明では判り辛いかもしれませんが、16号線沿いの共同住宅の壁が大きな看板代わりになっているため、見逃して行き過ぎてしまうことは少ないと思います。
DSCF7555_201604161010277a4.jpg

入館料は大人100円子ども50円ですが、市営バス一日乗車券(もしくはそれと同等のチケット)を提示すると50円引きになります。
つまり、大人50円子ども無料と言うシステムです。
駐車場も無料らしいのですが、訪問した2016年4月現在は工事中のため駐車場の利用が出来ませんでした。
入口にはチンチン電車の運転席が展示されており、記念スタンプが置かれているので子どもたちに人気です。
DSCF7556_20160416101026d4c.jpg

団地1階部分をブチ抜きで利用した展示館は、奥に長く続いており先が見えません。
入口付近は横浜市とその近郊の鉄道史について多くの情報が掲示されています。
DSCF7557_20160416101025a51.jpg

入口ロビー部を抜けると、かなり開けた空間となり、まるで停車場のようにレトロな市電たちが並んでいます。
全ての車両に乗り込むことが出来るのですが、時代時代を反映した広告などが掲示されており、当時の雰囲気を思わせます。
建物内展示であることから保存状態が良いのも特徴で、運営に携わる多くの人たちの列車への愛を感じます。
DSCF7559_20160416101025e44.jpg

さらに奥に進むと、鉄道模型もたくさん飾られています。
SL好きのズキマル君親子はひたすらSLの模型のチェックに入ってしまいますが、珍しい懐かしい車両も多く展示されているので、きっと好みの車両が見つかるでしょう。
DSCF7560_2016041610102499d.jpg

さらに奥のゾーンにはHOゲージやNゲージが走るコーナーがあります。
子ども専用のトンネルは模型内展望室につながる抜け道となっており、そこでしか見ることの出来ない地下鉄ゾーンもあるそうです。
DSCF7561.jpg

レトロな建物を利用した鉄道博物館ですが、屋内展示であるため、天候に左右されず楽しめるのが良いですね。
Nゲージやシミュレーターなど体験型のコーナーや、スタンプラリーなど飽きさせない趣向も満載で、リーズナブルな価格に見合わない素晴らしい時を過ごすことが出来ました。


□横浜市電保存館
 TEL:045-754-8505
 神奈川県横浜市磯子区磯子区滝頭3-1-53
 開館時間9:30〜17:00
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/29〜1/3)
 入館料金:大人100円子ども50円
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/04/02 15:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの親子でお出かけ…大洗「めんたいパーク」
最近、尿酸値が下がってきたので、ズキマル君がずっと行きたがっていた魚卵加工の名所を訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東水戸有料道路の水戸大洗インターチェンジから国道51号線を東へ1.5キロほど進み、塩崎交差点の先の分岐から側道の県道2号線を1.5キロ、大洗駅前通りからようこそ通りを直進してサンビーチ通りを東に進むと大洗町役場の先の南側にインターからの距離約4.5キロに見えてくるのが「めんたいパーク」です。
大きな駐車場があるのでクルマでの訪問向きですが、臨海大洗鹿島線の大洗(おおあらい)駅から徒歩1.6キロほどなので歩けない距離ではありません。
年中無休の無料資料館を併設していると言うことで、土曜日の昼下がりに訪問してみました。
DSCF7385.jpg

館内は中央が物産館となっており、右手前にフードコート、右手奥には工場見学エリアを兼ねた資料館が広がっています。
それほど凝った作りではありませんが、目線が子どもに合わせられているため、大人では気づき辛いところで、新しい発見をして感嘆の声を上げている姿を微笑ましく見守ることが出来ます。
DSCF7387.jpg

清潔で機械化の進んだ工場をガラス越しに眺めている間、小さなお子さんなどは床に投影された魚のゲームを楽しんでいます。
DSCF7389_20160319092328140.jpg

明太子を使ったフードコートも魅力的ですが、「めんたいパーク」と言えば、出来立ての明太子の試食コーナーがある事を忘れることは出来ません。
DSCF7392.jpg

一切れで山盛りご飯一杯を食べ切れそうなカットの明太子を試食することが出来るのですが、粒が大きく程よい辛みの効いた明太子は、スーパーでも高値が付く逸品です。
ご飯があったらいくらでも試食を続けてしまいそうですが、さすがにそこは明太子のみ、品位を保って(?)つまようじ1本分を頂きます(笑)
DSCF7390.jpg

さらにおいしく明太子を頂きたい方のために、フードコートでは大きなおにぎりなどお腹を満たすアイテムもふんだんに取り揃えられています。
長時間滞在型の資料館ではありませんが、お土産に試食にと軽く立ち寄るのに程よい、家族で楽しめるスポットです。


□めんたいパーク
 TEL:029-219-4101
 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
 営業時間 9:00-18:00
 休館日:なし
 入館料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/03/05 14:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行