銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…木更津「金のすず(郷土博物館)」
千葉県の中腹部・木更津を散策していて、訪問していなかった博物館を思い出して、ズキマル君と見学に向かいます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR内房線の木更津(きさらづ)駅の東口から県道222号線を約900m、県道23号線に変わる交差点を直進し1本目の細い路地を北に入ると坂の先に見えてくるのは太田山公園に併設する「木更津市郷土博物館・金のすず」です。
駅からやや距離がありますが、無料の駐車場もあるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1941_20170419081539313.jpg

入館料は大人200円、子どもは無料で時々無料開放日があります。
訪問日は桜が咲きだした時期だったため、公園で桜祭りが実施されており、なんと無料で見学することができました。
DSCF1942.jpg

房総半島の中央部に位置する木更津には、古墳時代(西暦250年~600年代末頃)に多くの古墳が築かれました。
昭和25年(1950年)に行われた発掘調査で前方後円墳「金鈴塚古墳」から貴重な資料が数多く出土しており、これらがこの博物館に展示されています。
DSCF1944_2017041908153700e.jpg

博物館の愛称である「金のすず」は、当時としては珍しい装飾馬具の「金鈴」が発掘されたものに因んでおり、当時の時代背景を含めた「鶏冠頭大刀」や「金銅装環頭大刀」などの重要文化財を中心に、古墳からの出土品が展示されていて、研究成果を楽しむことができます。
DSCF1943.jpg

民俗としては、漁業が盛んだった江戸時代の海苔づくりについても詳しく解説されており、古代から近世までの木更津を含む房総の歴史について楽しむことができます。
DSCF1945_20170419081535f63.jpg

屋外施設の「旧安西家住宅」は建築当時のおもむきを残す建物で、近隣の子どもたちが訪問しやすいようなイベントが数多く催されているそうです。
DSCF1946_20170419081534c1c.jpg

大きな太田山公園は地域としては高台にあり、眺めが良いのが特徴で、家族連れやカップルも多く訪れるスポットです。
次の天気のいい休日に、ちょっとお弁当を持って公園と博物館を楽しむ…なんてプランを検討してみてはいかがでしょう。


□木更津市郷土博物館金のすず
 千葉県木更津市太田2-16-2
 TEL:0438-23-0011
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:大人200円子ども無料
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/02 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの家族でお出かけ…君津「漁業資料館」
内房の工業地帯に古い産業の歴史を物語る博物館があると知り、ズキマル君とあさイチで訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR内房線の青堀(あおほり)駅の北口ロータリーから北に出て国道16号線を北東に1.4キロ、歩道橋のある交差点のひとつ東側のY字路を北側から大きく西へ戻るように路地を入ると見えてくるのが「君津市漁業資料館」です。
最寄駅からはほどほどの距離なので徒歩でも何とか歩けますし、駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1935_20170412074825f4a.jpg

何でも、君津市が漁業中心から工業中心に発展した時期に、当時の生活の歴史を残そうと、地元の有志で当時の道具などを展示したのが始まりだそうです。
DSCF1936_20170412074825001.jpg

立派な資料館ですが入館料は大人子ども共に無料なのでおサイフに余裕がない時でも安心して訪問できます(笑)
また、資料館の説明書とともに試食用の海苔まで頂くことができます。
DSCF1940.jpg

2階建ての館内には一階ロビーで受付をして正面のジオラマと解説音源で産業の変遷を理解してから階段で二階へ上がります。
天窓からの太陽光とともにスポットライトを浴びる胸像は「近江屋甚兵衛(おおみやじんべい)」さんだそうで、君津にノリの養殖技術をもたらした方だそうです。
DSCF1937_2017041207482480c.jpg

この海苔の養殖で、江戸時代以降の君津は大きく発展し同時に多くの人たちに利益をもたらすこととなりました。
DSCF1938_20170412074823f6b.jpg

作業の様子は精巧な蝋人形で再現されており、息遣いさえ聞こえてきそうでちょっとコワいほどです。
DSCF1939_20170412074822cc1.jpg

海苔と言う身近な食べ物にターゲットを絞ったかなりマニアックな内容ですが、それゆえに夏休みの自由課題のネタなどにも良さそうです。
静かでゆっくりできる資料館なので、自分を見つめなおしたい機会にも利用できそうです。


□君津市漁業資料館
 千葉県君津市人見1294-14
 TEL:0439-55-8397
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/02 9:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの家族でお出かけ…東大島「中川船番所資料館」
都営地下鉄新宿線の数少ない陸上駅の東大島駅から見える資料館がずっと気になっていたので、途中下車して目指してみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

都営地下鉄新宿線の東大島(ひがしおおじま)駅は、江東区と江戸川区の区境の河川橋上駅でホームに行政区分標がある全国でも珍しい駅として関東の駅百選に認定されていますが、西の江東区側を南口に出て川沿いの歩道を300mほど南に進むと見えてくるのが「中川船番所資料館」です。
都内のベッドタウンの駅前と言う好立地ですが、駐車場もあるので訪問にも便利です。
DSCF1907_201704120730375f8.jpg

入館料は大人200円子ども50円で、区内の「芭蕉記念館」・「深川江戸資料館」をセットで楽しめる三館共通入館券なら使用期限1年間で大人500円子ども100円で楽しめます。
DSCF1912_20170412073033d78.jpg

中川船番所資料館は、江戸時代に設置されていた中川船番所を再現し、水運や江東区の歴史に関する資料を収集、保存及び展示することにより区民の歴史や文化を伝えるために公開されています。
DSCF1910_20170412073035a69.jpg

江戸時代に小名木(おなぎ)川を通る船の取り締まりを行った中川番所跡の北側に建てられていて、中川番所の一部を再現したジオラマや江戸からの水運の歴史、郷土の歴史文化紹介展示室、江戸和竿の展示しており、道路の向かいの川岸にもその建物を模した公園があります。
DSCF1911.jpg

中川番所は江戸初期の寛文元年(1661年)に関東一円の川筋と江戸を結ぶ、水運の大動脈小名木川の東端に開かれました。
3階では番所周辺のようすをジオラマで再現していて、江戸をめぐる水運をテーマに、川の流通や文化について資料展示しています。
DSCF1908_20170412073036272.jpg

2階の郷土の歴史文化紹介展示室では、漁業や水害などのテーマに合わせて、江東区の歴史がわかるよう資料展示されており、子どもの自由研究にも良さそうなジャンルの展示が数多くあります。
DSCF1913.jpg

長時間滞在型の資料館ではありませんが、地域の風景と重ね合わせて歴史や民俗を考えるには便利なスポットです。
地元のイベントと合わせて入館が無料になる日もあるようなので、都内の散歩スポットして利用しつつ休憩に立ち寄ってみるのも楽しいと思います。


□中川船番所資料館
 東京都江東区大島9-1-15
 TEL:03-3636-9091
 開館時間 9:30-17:00
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:大人200円子ども50円
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/03/19 16:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行