銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの「ジャパン・キャンピングカーショー2011」
幕張で屋内開場最大のキャンピングカーショーが行われていたので行ってみました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは「ジャパン・キャンピングカーショー2012」です。
開場は恒例の幕張メッセ9・10・11番ホールです。


テントむしを購入した「ロータスRV販売」さんから割引券が届いたので2名まで入場料が割引になります。
しかしズキマル君はまだ幼稚園児なので入場料が無料です。
norizoの割引後価格500円を支払ったらいざ入場です。


気のせいか昨年のショーよりも大型車が増えています。


入場口すぐのところでロッテのガムをたくさんもらいました。
これだけでも500円のモトを取っちゃっています(笑)


入り口を下りてすぐ右手のブースで早速、テントむしの制作会社「バンショップミカミ」さんの4ナンバーテントむしが展示されていました。

社長のミカミさんが丁寧に接客をされています。
毎回、ズキマル君に社長との記念撮影を指示するんですが、恥ずかしがって写ってくれません(笑)


今回、一番気になったのは長野の「かーいんてりあ高橋」さんのプリウスベースのキャンカーです。

ついにキャンカーもハイブリッド時代ですね。
本体価格450万円前後で寝るだけって感じなのですが、長距離を走行するnorizoにとっては夢の自動車です。
テントむしの走行距離は4年弱で10万キロ強、燃費はリッター12キロくらいですが、コレが24キロ走ってくれれば、ガソリン代だけでも4年で50万円くらい浮きます。
テントむしの価格が350万円くらいでしたから8年乗ったらモトが取れますね。
そこまでするなら普通にハイブリッドカーやエコカーを購入して安宿に泊まった方が安上がりなんですが、その辺は人生の選択としておきましょう(笑)


norizoのテントむしを用意してくれたロータスRV販売のブースにはとんでもなく大きなキャンカーが展示されていました。


運転席周りだけでも普通の家の書斎より豪華です。


ベッドルームなんてホテルみたいですよ。

この車の良いところは「どこでもホテルのように暮らせる」ですが、問題は「デカすぎて走れる道が少ない」と言ったところでしょうか?
少なくともnorizoの家の前までは行けません(笑)


全体的に展示数が多かったんですが、訪問か金曜日であったにもかかわらずスゴイ人です。
30~40代のお客さんが増えているように感じます。
おそらくは昨年の震災以降、緊急時の対応策としてキャンカーを考えている人がふているんでしょう。
購入者が増えれば、新車が続々登場し性能アップと低価格化が望めます。
しかし、駐車場でずっと動かずに置かれているキャンカーを見ると、かわいそうにもなります。
キャンカー検討の際には用途と使用頻度をよく考えてからのご購入をオススメします。

とは言いながら、いろいろと発見の多い楽しいイベントでした。


□ジャパン・キャンピングカーショー2011(終了)
 2月10・11・12(3日間)10:00~17:00
 入場料:大人700円子ども400円(当日券)
 TEL:043-275-9999
 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1
 幕張メッセ9・10・11


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/10 15:30
銀色テントむしで「東京キャンピングカーフェア2011」
今週、なぜ夢の島にクルマを停めてお台場を周遊しているかと言うと…コレが目的です。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはフジテレビ第二ビルの隣の空き地を使って行われた「東京キャンピングカーフェア in お台場」です。
今年は入場料もダウンして大人500円で入場できました。
が、ヨメさんとモカはお台場に来たのだからとビーナスフォートに消えていったのでズキマル君と廻ります。
銀色テントむし660

norizo一家は「テントむし」乗りなので1番に向かうのは関東での代理店「ロータスRV販売」さんです。
制作会社の「バンショップミカミ」さんからミカミ社長も来られてお客さんに熱心に説明しています。
せっかくなのでズキマル君と社長と一枚撮りたかったんですが…人見知り時期のズキマル君に頑なにお断りされてしまいました。
テントタイプに屋根が開いて4人就寝できるタイプの中で、キッチンスペースを取り払い就寝スペースを拡大した4ナンバー軽キャンカー「T-Po(ティーポ)」はやはり人気があります。
バンショップミカミ製の「テントむし」シリーズはこのタイプの軽キャンカーの中で唯一後部横側とリアの窓に網戸がついているので、夏場の車中泊やキャンプ場での使用では虫の被害を気にしなくて済む数少ない仕様のクルマです。
銀色テントむし660

インディアナRV製の「インディー727」はデザインとシートアレンジがステキです。
また、後部座席の窓はアクリル製2重窓なので走行時の空調ロスが少ないのが特徴かもしれません。
また、ウッド調の内装は高級感を漂わせます。
銀色テントむし660

ステージ21製「リゾート・デュオ」は後部座席をソファーベッドにした変化球で攻めます。
車体デザインへのこだわりが感じられ好感が持てました。
銀色テントむし660

この3タイプは軽トラベースで後部座席部分を架装している点がポイントです。
メリットは車内スペースを最大に取れるため、一般車の改造キャンカーに比べて生活スペースが大きく取れることが上げられます。
また、アルミとFRPを多用しているため、車重も950キロ前後と軽のワンボックス程度の重量に抑えられ、燃費を著しく低下させることもありません。
更に、通常の軽自動車に比べ断熱性に優れており、冬場の暖房効率が上がり、ガソリンタンクからガソリンを補給して暖房するFFヒーターなどでのガソリン使用を抑えることも出来ます。
弱点は完全手作成のため、高価格である点です。
最低価格は250万円前後の掲示が多いようですが、初乗り価格は350万円程度と考えた方が良いでしょう。

しかし、買ってしまえば意外と使い勝手が良く、街乗りにも使えるため、norizoのように4年で10万キロ乗ってしまうようなことになるかもしれませんよ。
全国各地でキャンピングカーショーが行われていますから、気になったら販売店に行く前にこうしたイベントに顔を出してみるのも良いかもしれませんね。

□東京キャンピングカーフェア in お台場 大商談会(終了)
 日時:2011年11月12日(土)・13日(日)  9:30-16:30
 開場:お台場屋外特設会場 (東京都江東区青海2丁目 青海K区画)
 主催:一般社団法人 日本RV協会、くるま旅クラブ
 入場料:一般500円,小中学生300円

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/13 14:00

テントむし日和

4連休の4日目ということもあり、気分はお花畑。
朝からダイハツのホームページをめくって
ああ、ワイドバイザーは必要だな・・・とか


やっぱ、キー照明つけたいな・・・とか
のんびり考えながら、暮らしていました。

さて、今日は天気もよくて暖かかったので、ヨメと子供は湯楽の里松戸店に連れて行きました。
ボクは花粉症がひどく、露天風呂に入れないので車でお留守番です。
でもヒマなので近所のオートバックスへ。
13センチのスピーカーを探します。
あ、これ13センチだ。
BOSCHMANNのB-503KS

ちなみに楽天には・・・

近いサイズはあるけど13センチはないのね?
やっぱりマニアックなサイズなのかなぁ?


数時間すると風呂にも飽きたらしいヨメと子供たちからお迎えコールが。
ほぼ昼寝状態の2歳の息子とヨメを家において、クルマもおいて一息。


午後2時の暖かな気候に、花粉症であるにもかかわらずサイクリングをしたくなり、眠そうな娘を連れてコーナンまで約30分の軽い運動を・・・
ノジマ電気をウロウロして電気コンセントから取れるLANに心奪われつつもなんとかガマンして

・・・でもほしいなPLC。
コーナンへ。
フォグランプ買っちゃった・・・
たぶんダイハツ仕様のeK-Campじゃフロントにつけられないのに・・・1980円。


銀色テントむし660

まぁ、リアに荷物を積むようになるだろうから後ろにつけてもいいかな?
「安い!」と思って買ったけど楽天みたら990円だった・・・ガッカリ。
楽天安いなぁ・・・orz

しかぁし!
朝から「テントむし」のことばかり考えているといいこともあるもんで、念願かなってついに生「テントむし」を発見!
先日幕張でお会いした4ナンバーテントむしのもんぶ(ぼり)さんのだ!
コーナンの駐車場では思いっきりソコに視線が集まってますよ。


銀色テントむし660

ホームページでの報告どおりパワーウィンド化も終わってました。
すごいなぁ・・・
キーレスもパワーウィンド化も自分でこなすんだなぁ・・・
(ケータイ教えていただいてますが回りだけジロジロ見させてもらって連絡せずに帰ってきました。スンマセン!)


若い頃は安い車に乗ってたからなんでも自分でやってたけど、当時からメーター動かなくなったりライト全ショートさせて夜の環七無灯火で走ったり・・・いい経験ないなぁ・・・
(あ、15年以上前のことですので時効ということで。)

そんなわけで、ボクは自分でやると確実に内装ぶっ壊すのでメーカー仕様に入れてもらってます(笑)。
ま、今でもカーナビとかモニタ取り付けとかやっちゃいますけど・・・ヒューズはまとめ買いです(爆)。

いやー、しっかし思いっきりワクワクの1日でした。
チャリでの帰り道・・・市南前のローソンで走り抜ける姿も見られました。ラッキー!
うーん、軽キャンってなんだか名刺みたいだなぁ・・・