銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















テントむしで車中泊…函館「道の駅なとわ・えさん」

激安ホテルに泊まるのが大好きなnorizoですが、今回の旅は宿を取っていません。
軽キャンピングカー「テントむし」、販売店ブランド「eK-Camp(イーケーキャンプ)」に乗っているnorizoです。

宿が取れなくても旅ができる!それがキャンピングカーのいいところ。
そうは言っても路肩で寝泊りするわけには行きません。
そうなると、宿泊できる場所は「キャンプ場」「高速のSAやPA」「道の駅」などとなります。


今回は北海道の道の駅でも結構有名な「なとわ・えさん」に行ってみることにします。

到着したのは午後10時過ぎ、すでにキャンカーがいっぱいです。

キャンプ場併設ですし海の前なのでロケーションは最高です。


個人的にはトイレがクサいのとイーモバイルが入らないのが欠点です。

建物のおかげで風の影響もそれほど受けませんし、何より夜は涼しい!
キャンパーが多いのですが、モラルの高い方が多いらしく深夜の大騒ぎなども無く快適に眠ることが出来ました。

ただネットが繋がらないので・・・あんまり長居はしませんでしたけど(笑)


□道の駅「なとわ・えさん」
 所在地 函館市日ノ浜町31番2
 電 話 (0138)85-4010
 休館日 毎週月曜日
 ※月曜日が祝日の時は翌日
 開館時間9:00~17:00(夏季延長)
 ドコモ3au3ウィルコム未確認em圏外

 ウォシュレットなし
銀色テントむしの函館車中泊放浪記(笑)

函館港の花火大会も重なり、函館は大混雑です。
軽キャンピングカー「eK-Camp(イーケーキャンプ)」銀色テントむし乗りのnorizoです。

金森赤レンガ倉庫街でみんなで花火を見る予定でしたが、近隣の有料駐車場は全て満車だったため、norizoだけ路上待機となりました。
せっかくだから函館山に登ってみようかと思ったらこちらも大渋滞。
クルマで登れるのは午後10時以降と言うことで、こちらも出直しとなりました。

花火大会も終わり、街も落ち着きを取り戻し始めた午後11時過ぎに、改めて函館山に向かいます。

気温もいい感じに低いので、ここで車中泊にしましょうか。
展望台近くの駐車場から、やっぱり100万ドルの夜景を眺めないのはもったいないですよね。
そういえば、夜の函館山に来たのは初めてです。

沢山のカップルの中に埋もれてアラフォーのnorizo夫婦も夜景を楽しみます。

しかし、風と霧が山頂を覆います。
急激に気温が下がり、風も強さを増すばかり。
このままではテントが吹き飛んでしまいそうです。

結局、函館山で夜を過ごすことはあきらめることにしました。
時間は夜12時を過ぎており、明日の朝9時半にはフェリーに乗り込まなければいけません。

そのわずか9時間の間に寝場所を探して、朝食を採って、お土産を買うということで、結局選んだのは摩周丸付近。
テントの窓からのアングルが気に入って、ここで夜を明かしてしまいました。
※本来駐車禁止であることに朝気がつきました。皆さんはご注意を。

気温は快適でしたが潮風がしっとりとしていてなんだかカオがぺたぺたになるのでジッパーは閉めて寝ました。

朝食は昨日同様、駅二市場の2階です。
入り口付近にはイカール星人のアンテナショップが金曜日に新規オープンしたばかりだったそうです。

ズキマルがイカール星人と格闘していました。
プラモとかあればお土産にしたんですが、ボールペンとかハンカチとか普通のノベルティ系だったので撤収です(笑)

で、朝食は昨日同様ワンコイン丼。


1個だけ1000円のどんぶりが含まれていますがどれだかわかりませんよね(笑)
答えは左奥なんですが、これなら前の2つで1000円出した方がお腹一杯になりますね(笑)。


結局天候に恵まれたため、3泊の車中泊も無事に終了しました。
でも、やっぱり1泊くらいはホテル泊を入れたかったなぁ(笑)

朝8時には函館港に向かい、フェリーで本州を目指します。
大間から850キロ・・・遠いなぁ(笑)