FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…伊那「D51209」
伊那市にもSLが置かれているのを思い出し、行ってみることにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは伊那公園にある児童遊園地です。
遊園地といっても観覧車やコーヒーカップがあるわけではなく、滑り台やジャングルジムがある公園です。


デカ盛りブログでもある「銀色テントむし660」からすると、伊那公園はデカ盛りの名店「みや川」のお向かいの小運としてのイメージが強いんですが、それは別の機会にとっておきましょう。


公園内は桜祭りで大騒ぎです。
太鼓などの催しが華々しく繰り広げられています。


この公園に置かれた静態蒸気機関車は「D51209」、通称デゴイチです。


気にしてきたわけではなかったのですが、門が開けられ運転席が開放されています。
看板に公開日が示されているところを見ると、いつでも運転席に入れるわけではないようです。


せっかくなので、もちろん運転席に乗り込みます。
静態蒸気機関車の運転席を見るのに行列に並んだのは、梅小路蒸気機関車館の入り口左手のC11326(1946年製)カットモデルの運転体験以来でしょうか?

D51は日本一たくさん作られた蒸気機関車であることから日本中に数多く静態機関車として展示されていますが、こんなにも嬉しそうに行き交う子どもたちを見ていると、こちらまで嬉しくなってしまいます。


デゴイチの特徴はやっぱり大きな動輪でしょう。
ズキマル君が動輪より大きくなった頃にはSLから興味を失ってしまうんでしょうか?


209は後部のプレートも健在です。
心無いマニアに盗難に合わないというのも、嬉しくもあり、保存会の皆さんのご苦労も感じ取れます。


…などと言いながら、ついつい嬉しくなって、デフレクター脇のはしごに登ってしまいました。
良い子の皆さんは、キケンですから真似しないでくださいね♪


解説は意外と大雑把です。
しかし「市民みんなで大切に保存しましょう」と言う注意書きが長期に渡り守られてきているのが素晴らしいですね。

お祭りでも、酔っ払いやイタズラ目的で乗り込む方もなく、みんなに愛される静態蒸気機関車と、伊那の皆さんの思いやりに心を打たれながら公園を後にしました。


これからもずっとD51209を守り続けてもらいたいですね♪


□伊那公園(D51209)
 長野県伊那市中央5528-1
 駐車場:あり(無料350台)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴
  製造:1939年7月31日 浜松工場 No.34
  配置:1948年7月1日 多治見
  配置:1957年11月1日 稲沢第一
  配置:1968年4月1日 稲沢第一
  廃車:1973年7月20日 中津川


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/15 14:00
銀色テントむしでSL巡り…駒ヶ根「D51837」
いかにも信州らしい、爽快な青空と遠くの雪山を一望できるSLを見に行くことにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは飯田線の大田切駅から西の細道を進んだところにある「北の原公園」です。
周囲に住宅も高い建物も少ないため、木々の間から見える南アルプス(?)の頂上の雪が際立って美しく見えます。


小さな公園ですが、ここに静態蒸気機関車が置かれています。
それが「D51837」デゴイチです。


少々寂れてはいますが動輪近辺のシルバーと赤のラインは美しく輝いています。


運転席にも乗り込むことが出来ます。
メーター類のパーツが欠損し、座席のクッションはすでに形跡すら見受けられませんが運転席から見下ろす景色は最高です。


後部のナンバープレートもなくなってしまっているのが残念です。

配置されている場所がいいのか、保存会がしっかりしているのかゴミなどがなく、いたずら書きもないのは駒ヶ根の皆さんの暖かいご支援があることを感じます。


解説はプラスチック製ですが紫外線劣化することもなく読み取ることが出来ます。


気がつくと、ズキマル君はSLの場所を早々に立ち去り、公園でひとしきり遊んでいます。

ブランコや滑り台があり、静かに楽しめる公園です。


屋外展示ではありますが、塩害も少なそうなエリアなのでまだまだ現役で置いてもらえそうなSLです。

駒ヶ根散策の折に立ち寄ってみてはいかがでしょう。



□北の原公園(D51837)
 長野県駒ヶ根市赤穂14616番地1
 駐車場あり

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1943年3月10日 鷹取工場 No.45
  新製配置:1943年3月27日 岡山
  移動:1969年5月28日 新見
  移動:1973年4月13日 長門
  廃車:1974年12月3日 長門

※資料元:やまてつさん

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/15 8:30
銀色テントむしでSL巡り…小諸「C56144」
長野県の小諸と言えば、くるみと雷電と小諸城がメジャーですが、SLもあるのです。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やってきたのは小諸市の懐古園です。
ここの北側駐車場に静態蒸気機関車の「C56144」が置かれています。

牛よけ(?)もついてかっこいいんですが…柵があって中には入れません。

C56と言うと全国に20台程度しか残されていない貴重な蒸気機関車なんですが、よく見るとかなり劣化が進んでいます。

劣化の原因は雪深い地域性と屋根の無い保存状態が原因でしょうか?
運転席のガラスなどの状態を見ても、地域の方が大事にしてくれていることは感じ取れますが、やはり雪や酸性雨の影響からか部品がちょいちょい欠損しています。


ボロボロ機関車なんですけど、カタチは格好いいですよねぇ♪
特に後ろから見た石炭庫のフォルムが最高にいい感じです。

この姿でバック運転なんかしているところを見たらスゴく嬉しくなっちゃいそうです。

ちなみにC56の動態運転は静岡県の大井川鉄道とJRのSLやまぐち、京都の梅小路蒸気機関車館で見られます。

バックで運転するところを見られるかどうか分かりませんが…京都に行っちゃおうかな(笑)


解説は新設されているようで分かりやすい説明が消えることなく残されていました。


のんびりと懐古園を散策する際にちょっと立ち寄って愛でてもらいたいSLです。


□小諸市児童公園(C56144)
 長野県小諸市懐古園311
 ※懐古園北駐車場
 駐車場あり(有料)

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示

 ◇車歴
  製造:1938年6月4日 日立製作所笠戸工場 No.987
  新製配備:1938年6月22日 旭川
  移動:深川
  移動:滝川
  移動:名寄
  移動:朱鞠内
  移動:標茶
  移動:中込
  移動:1972年8月30日 吉松
  移動:1972年11月10日 中込
  廃車:1973年1月10日 長野
  走行距離:1,624,047km
  保存開始:1973年2月1日
  保存時契約当事者:長野県小諸市長(1973年3月20日)
  保管:

シリーズ:C56
長距離の簡易線で使用するためC12形をテンダー機関車化したもので1935年から1939年にかけて160両が製造されました。
外見的には逆向き運転時に視界を確保するためテンダーには切欠きがあります。
戦時中に90両が軍へ供出されタイ、ビルマなどで使用されました。
最後は入換用として1974年まで使用されました。
22両が保存されています。

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2011/12/11 13:00