FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで温泉巡り…山形「銀山温泉」

都内の8キロと東北の80キロの距離感は大体一緒に感じます(笑)

軽キャンピングカー「eK-Camp(EKキャンプ)」銀色テントむしに乗っているnorizoです。

先ほどまで宮城にいたのですが、下道を80キロ弱走って山形の「銀山温泉」にやってきました。


一昨年、テントむしで初めて銀山温泉にきたときには帰りに居眠り運転をして事故ったといういわくつきの場所ですが大好きです(笑)

テントむしを買ってから3回目の観光ですね。

もともと「無料」の観光施設が大好きなんですが、テーマパークと洞窟が楽しめるような場所です。

DSCF2031

昭和初期を感じさせる町並みの奥には滝があり、マイナスイオンいっぱいです。
前回は泣いて渡ることができなかった橋をズキマルが何事もなかったかのように歩きます。

DSCF2033

ボクの大好きな「能登屋」さん(1回しか泊まったことがありませんが・・・)は改装中でした。

古い町並みをキープするにはそれなりに手がかかっているんですね。

DSCF2036

本日の温泉は能登屋さんから徒歩30秒の共同浴場です。

大人300円、子ども無料ですがシャンプーもボディーソープも用意されています。

ただ、男性用で言えばシャワーは1個しか用意されていません。

浴槽からのかけ湯で体を洗うので入浴中の人に迷惑をかけないように気を使います。

露天風呂もありませんし温度が熱い際は自分で水を足して温度調整する必要があります。

基本的には江戸っ子爺さんもびっくりな熱さのときが多いんですが、今回は先に入っていた方がちょうどいい温度にしてくれてありました。

8人入ったらキツいような小さな共同浴場ですが、疲れが取れます。

なんか安心するんですよねぇ。

DSCF2039

温泉を出てみればいつの間にか真っ暗です。

銀山温泉には電柱がなく、街路灯がガス灯なのでノスタルジーを味わえます。

DSCF2046

神社のように見えるこの建物も旅館の入り口です。

この道全てがこうした素敵なつくりなんです。

何度でも行きたくなる温泉地ですよ♪

DSCF2051

いつか泊まりに来たいけど・・・モカとズキマルが旅館のよさをわかる様になるにはもう少し時間がかかりそうですね(笑)

 

 

□銀山温泉 共同浴場
山形県尾花沢市大字銀山新畑字南515
TEL:0237-22-1111(尾花沢市役所商工観光課)
営業時間 8:00~20:00
料金 大人300円、子ども無料
駐車場 なし(エリア内乗り入れ禁止)


銀山温泉でリフレッシュしてみたくなったらペタしてね


2010-09-18 19:06:10
eK-Campで東北路…銀山温泉

シルバーウィークはのんびり東北路で過ごしています。
軽キャンピングカーeK-Camp(eKキャンプ)、銀色テントむし乗りのnorizoです。

秋の高速割引プラン「宮城・山形遊遊フリーパス」(12月25日まで、事前申込が必要)が開始になっているので初日は山形、2日目は宮城、3日目は福島にすれば安く遊べます。
ちなみに軽自動車2日間乗り降り自由の価格で1950円です。
・・・とか言いながら、加茂水族館~銀山温泉間は下道ですが(笑)

昨年のフリーパス旅行では時間外の夜間に到着してしまったので今年はしっかり遊ぶためにお昼到着です。
さすがにシルバーウィークだけあって混んでます。駐車場も満杯でかなり手前にガードマンがいて駐車場所を指示されます。
しかし、しっかりと無料シャトルバスがでており、快適に温泉街に向かえます。

やっぱり銀山温泉と言えば能登屋。ステキです。


今日は明るいので散策できます。滝もマイナスイオンをガッツリ出してくれているようで旅の疲れを癒してくれます。

山中を散策しているとプリティなヘビが…

捕まえたらヨメさんにえらい怒られたので開放しました。
いや~かわいかった。

そうそう、ココも好き「夏しらず」。年中涼しい風が吹き出しています。


洞窟探検も終え、300円の大衆浴場で汗を流します。

誰でも入れるのですが男女なくみんな覗いて行くのでちょっとやなカンジ。

狭いので短時間で終了です。

ちょっと本筋から外れますが橋を渡って左側の「しろがね湯」(大人500円、子ども200円)の方が快適かもしれません。


うーん、日本で有数の大好きな温泉街です。


□銀山温泉 能登屋
 尾花沢市銀山温泉
 TEL:0237-28-2327


□しろがね湯
 8:00~17:00
 定休日:無休
 大人500円、子ども200円
 内風呂


銀色テントむしで道の駅「水上町水紀行館」

余談なんですが、ホントはSLを見に行くのにココから歩くつもりでいました。
軽キャンピングカー「eK-Camp(イーケーキャンプ)」銀色ツートンのテントむしに乗っているnorizoです。

「水上町水紀行館」は昨年夏に「関東道の駅スタンプラリー2009」で115箇所目に訪問した場所です。
思えばこの会館を見学してこの場所にSLが来るのを知ったものです。
前回は真夏の車中泊でかなり快適な温度だったのですが、トイレが怖いので朝やってきました。
近所のコンビニで朝食を買って道の駅で食べます。


ここには足湯も無料で用意されているのですが、モラルのないペットの飼い主さんが動物を入れたりするのがイヤです。

念のために駅まで歩いてみたら3キロくらい上り坂が続きました。
しかも駅に駐車場あるし(笑)
道の駅~水上駅間をシャンシャン馬車が通っているのでコレで移動しても良かったのですが・・・

時間が読めないので一度戻ってクルマを駅に持ってくることにしました。
時間があったので隣接する川べりの公園で子どもたちを遊ばせ、さらに水族館を見学してからの移動です。
真面目に遊べば半日はいられる場所ですね。

さてさて、SLも見終わったので後は温泉にしましょう。
水上駅から2キロほどのところに「湯テルメ谷川」と言う温泉があります。
町営なので価格も安く連休だと言うのに結構空いていました。


価格は大人550円こども250円、小学生未満は無料です。

露天風呂は川と山を見渡せる絶景でカラダを冷ます為のウッドデッキも用意されていてなかなか良かったです。

今年の夏のスタンプラリーもこのコースかな♪
なかなかいい町でした。

□道の駅水上町水紀行館
 群馬県利根郡みなかみ町湯原1681-1
 TEL0278-72-1425
 9時~17時


□湯テルメ谷川
 群馬県利根郡みなかみ町谷川514-12
 TEL0278-72-2619
 営業時間9:00~20:30
 休館日第3木曜日
 駐車場あり
 大人550円小学生250円