銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















激安ホテルレビュー…帯広「ルートイン帯広駅前」
ルートインといえば、全国チェーンのビジネスホテルですがファミリーユースにも適しています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

帯広駅前のビジネスホテル外の一角に駐車場完備でそびえるのが今回の宿「ルートイン帯広駅前」です。
セミダブル大人二人で1万円を切るリーズナブルな価格帯で旅行者を安心させますが、今回は激安ツアーに組み込みのプランです。
駐車場代は別途1泊500円かかりますが駅前での価格設定としては良心的です。
シングルでも子どもがいたためかセミダブルのベッドルームを用意してくれたのも好印象です。
DSCF4498.jpg

1階ロビー脇にはインターネットの出来る無料のパソコンとプリンターも用意されています。
DSCF4499.jpg

また、セルフサービスですがロビーでコーヒーが飲み放題と言うのも嬉しいところです。
DSCF4501.jpg

ルートインと言えば入浴施設の充実もポイントです。
加水加温ではありますが宿泊価格に大浴場の費用も含まれているので寒い外に出なくていいのも良いですね。
もちろん部屋にもバスルームありますが、足を伸ばせる大浴槽とサウナまで付いているのでリフレッシュ効果は絶大です。
DSCF4502.jpg

朝食はバイキングがセットになっています。
日替わりのおかずに主食はご飯、おかゆ、パンがあり、飲み物はジュース類のほかに粉末ですがスープ類も充実しています。
DSCF4505.jpg

朝食とは思えないほどガッツリと食べてしまうので帰ってからの体重を量るのが恐ろしいですね(笑)
DSCF4506.jpg

いつも使う「家族4人で1万円」の価格帯はやや上回るホテルですが、リーズナブルに旅を楽しむ際には毎回候補に挙げるホテルチェーンです。
また宿泊したくなるオススメの宿です。


□ホテルルートイン帯広駅前
 TEL:0155-28-7200
 北海道帯広市西3条南11-8
 駐車場あり(500円/1泊)




より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/11/25 09:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:国内ホテル旅館情報 - ジャンル:旅行

【激安ホテル】函館…ホテルフィート函館

さて、今回宿泊した激安ホテルのレビューもさせてもらいましょうか。
軽キャンピングカー「eK-Camp(EK-CAMP)」銀色のテントむし乗りのnorizoです。

え?キャンピングカーに乗っているのになぜホテルに泊まるのかって?
では、初めて読んだ方のためにちょっとだけご説明を。

キャンピングカーと言っても「テントむし」は軽規格にしっかり納まったクルマです。
ワンボックスよりは多少の余裕がありますが、軽規格で唯一と言ってもいい4人就寝可能なクルマなのです。
しかし、4人就寝するということは、限られたスペースゆえ、それ以外に割かれるスペースはほぼカットされていると言うことになります。
例えばキッチン。カセットコンロも調味にタイプですしシンクもコップ3個で満杯です。
トイレもシャワーもモチロンむり。
無理をすればトイレを収納することも可能ですが狭い室内でトイレのニオイを連れたまま旅行をするには限界があります。

上記の不安定要素を補填するにはキャンプ場や道の駅、高速道路のサービスエリアなどに泊まるのが1番です。
しかし、家族4人で温泉に入れば約3,000円、朝食も約3,000円かかってしまいます。
今回のように函館に渡ると車両の輸送費は往復で約2万円。今回は3泊ですから38,000円くらいかかることになります。

そこで登場するのが激安ホテルなのです。
エアコンが効いてトイレがあり、浴室も完備、朝食バイキングもついていてインターネットも使えます。
2泊以上の旅行であれば情報収集も兼ねてホテルに泊まると旅行の情報の質が高くなるのです。
今回宿泊した「ホテルフィート函館」は家族4人で1泊6,000円(1名あたり1,500円)。
今年宿泊したホテルの中でもトップに入る激安具合です。
ココが取れたので青森にテントむしを置いてきました(笑)。これで2万円ほど輸送費を安く旅行が出来るわけです。
実際にはコチラでの交通費がかかりますが、フェリー乗り場と市内のタクシー代が往復で3,000円、電車代が2日間全員分で3,000円だったので、それでも14,000円は安くなります。
この14,000円でデカ盛りに精を出していたわけです(笑)

さて、ホテルフィート函館は函館駅から徒歩5分以内。アーケード下を通って来れるため、雨で傘を忘れてもほとんど濡れません。


サービスは価格からしても最低限ではありますがフロントもあり緊急時の対応に問題はありません。
また、各階のエレベーター前に各種割引券や新聞のサービスもあります。

インターネットはフロントのみ、1台は壊れていて持込PCブースは2席ですが、取り合いにはなりませんでした。

朝食は2種類のパンとゆで卵、コーヒー、牛乳、オレンジジュースのみですがおなか一杯食べられます。
トイレと浴室が一緒で狭いとかテレビがアナログだとか言う不満もありましたが、この価格のホテルにはない広い部屋!
16畳くらいあったのでかなり快適に過ごすことができました。
激安旅行をしたい方には、ここはお勧めです。

□ホテルフィート函館
 北海道函館市松風町10-2
 TEL:0138-24-2323
 駐車場有り15台500円(税込み/泊)予約不要