銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしのSL巡り…番外編・原鉄道模型博物館「D511162」
※この展示イベントは終了しています。
学生時代からの友人が、LINEにアップした写真に興味を持ち、横浜までやってきたのは、期間限定で原寸大の段ボール製の蒸気機関車が展示されていると知ったからです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東海道本線など多くの路線が集まる神奈川の拠点・横浜(よこはま)駅の東口からマルイシティを進んで南の橋を渡り、日産のショールームを抜けたら西側に見える建物が横浜三井ビルディングです。
駐車場は有料なので、ヨコハマの散策をあわせて検討していたこともあり、品川から京浜急行線往復と横浜市内の電車・バス乗り放題1日乗車券(大人1,110円子ども560円)を利用して訪問してみました。
DSCF7545.jpg

この横浜三井ビルの2階にある私設博物館が「原鉄道模型博物館」です。
DSCF7546_20160411222134b99.jpg

この博物館のイベントとして期間限定で展示されていたのが段ボール製蒸気機関車「D511162」通称デゴイチのラストナンバー1161の次世代機(?)です。
DSCF7551_2016041122213390a.jpg

平成24年(2012年)におよそ9カ月かけて製造された段ボール製機関車は、2014年に九州を出発した、各地で組み立てと解体を繰り返し、終点の東京到着を目指して、途中の横浜に停車中とのことです。(動きませんが)
DSCF7547_201604112221333b7.jpg

製造に携わったのは長崎県南島原市の段ボール工房だそうですが、組み立てには12名がかりで15時間ほどもかかるそうです。
DSCF7549_20160411222132941.jpg

細部まで作り込まれたその雄姿はまさにSLそのもの。
造り手の皆さんが段ボールに込めた思いが伝わってくるようでした。
DSCF7552.jpg

あまりのダイナミックな機関車に圧倒され、感激が薄れないよう、今回は博物館の見学は見合わせて次回の楽しみにすることにします。
次回はどこで展示されるのか…
ちょっとこのSLの行方を追いかけてしまいそうです。


□原鉄道模型博物館
 TEL:045-640-6699
 神奈川県横浜市西区高島1-1-2
 営業時間 10:00~17:00
 休館日:火曜日
 入館料:大人1000円学生700円子ども400円
 駐車場:有料


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(D51162)
  軌間軸間:1,550mm
  全長:19,730mm(機関車本体+炭水車)
  全高3,980mm(レール高さ150mmを除く)
  全幅:2,860mm
  総重量:機関車本体+炭水車=1,550kg
  基礎用固定脚コンクリートブロック(200×390×100mm)24個
  重量調整用コンクリートブロック(200×390×100mm)3個 
  合計27個=256kg
  総重量:約1,800kg
  材質:ダンボール(総使用量:約4,000箱)
  固定脚コンクリートブロック(200×390×100mm) 27個
  接着剤(木工用ボンド):102kg (白米):30kg、(麩糊):5kg 

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/03/21 14:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでSL巡り…海老名「神中鉄道3」
神奈川の車両センターにSLが静態展示されていると言うので、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

相模鉄道(さがみてつどう)本線のかしわ台(かしわだい)駅からロータリー西側のかしわ台駅前交差点を北へ、車両基地となっている線路の上を渡る200mほどのかしわ台跨線橋(かしわだいこせんきょう)を渡りきった西側に、相模鉄道かしわ台車両センターがあります。
DSCF0944.jpg
一般の立ち入りは禁止されていますが、門左手の警備室に声をかけ、注意事項を読んだ上で承諾すれば、指定箇所のみ見学が可能になります。
ちなみに注意事項とは「SLに登らない事」となっておりますが、登って怪我をした事例があったとのことで、こう言うことが続くと見学できなくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

車輛センター入口左手に展示されている静態蒸気機関車が「神中鉄道3」です。
DSCF0934.jpg

「神中鉄道(じんちゅうてつどう)」は1926年(大正15年)に厚木~二俣川駅間を結ぶ路線として運行を開始し昭和8年には横浜まで路線を延ばしますが、1921年(大正10年)から1931年(昭和6年)にかけて茅ヶ崎~橋本駅間を結んだ相模鉄道に吸収合併されています。
DSCF0932.jpg
この車両は神中鉄道運用開始の1926年に汽車製造で製造された軸配置1C1のタンク機関車(製造番号884)で、当時は他に同型がもう1輌が在籍(製造番号885・車番4)しました。
1943年(昭和18年)の相模・神中鉄道合併による新・相模鉄道の発足で「7」に改番されていますが、展示状態のプレートは神中鉄道時代の「3」となっています。

機関車に乗り込むことはできませんが、連結されている客車側からの見学は可能です。
DSCF0937.jpg

この客車は「ハ20形24号客車」で、蒸気機関車と同じ時代にこの街を走っていた客車だそうです。
DSCF0940.jpg

客車内のレトロな雰囲気を見て、ズキマル君は「愛媛の坊っちゃん列車みたいだねぇ♪」と漏らします。
DSCF0938.jpg
…どうやら久しぶりに道後温泉方面に旅したいようですが、予算がないのでここで我慢させます(笑)
保存状態が良いので、ついつい長居してしまいました。

なぜ、この機関車が「7」ではなく「3」なのかが気になります。
DSCF0942.jpg
詳細はズキマル君が肘をおいている解説板や相模鉄道のホームページで読み解くことが出来ます。

これは1966年(昭和41年)の無煙化により廃車となったこの機関車を相模鉄道で保存することが決定した際、翌1967年(昭和42年)の「かしわ台工機所(現・かしわ台車両センター)」の開業に合わせ同地に展示することとなり、運用開始時のナンバー「3」に復元したとのことです。
DSCF0936.jpg

鉄道会社の管理センター内に保存されていることもあり、とにかく保存状態がいい機関車です。
きっと、相模鉄道の皆さんが、手をかけて大事に整備してくれている結果でしょう。
これからも、マナーを守った見学を私たちで行い、末永く展示してもらえるようにしたい、素晴らしい産業遺産に感じました。


□相模鉄道かしわ台車両センター(神中鉄道3)
 TEL:046-231-9988
 神奈川県海老名市柏ケ谷997
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1926年7月 汽車製造 No.884
  新整:1926年7月 神中鉄道3
  改番:1943年 相模鉄道7
  売却:鉄道車両工業
  購入:江名鉄道
  移籍:C358 小名浜臨港鉄道
  廃車:1966年

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2014/05/18 08:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでSL巡り…山北駅「D5270」(再訪)
以前、アメブロでも人気の鉄道サイト「★ひと味違う写真と鉄道 理’S PHOTO MIND」の佐藤理さんに「御殿場線の複線跡を見に行ったついでに、行きました♪複線跡を一部造成していましたが、今どうなってますかね!?(抜粋)東海道線でしたので、戦前は複線でした!今でも、一部のトンネル等が残っています!SLは多分機関庫跡に置いてあるので、ちょっとわからないと思いますけど。」と言うコメントを頂いていたのを思い出し、再訪しましたが…やっぱり「複線跡」がよくわかりませんでしたorz

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東名高速道路(大井松田インター~鮎沢パーキングエリア間)と並走するJR御殿場線の山北(やまきた)駅の南側に、山北町健康福祉センター「さくらの湯」があります。
DSCF9281.jpg

その駐車場の西側にある小さな広場が「鉄道公園」です。
DSCF9280.jpg

この小さな公園の中央付近の「山北駅」駅舎を模した建物の先に静態蒸気機関車が展示されています。
※「静態」とは動かないタイプ。真岡や大井川などは「動態」と言います。
DSCF9262.jpg

この公園に展示されているのが「D5270」です。
DSCF9260.jpg
「D52」が型式で「70」が車番になるのですが、第2次世界大戦の折の日本国内の貨物輸送のためにD51の改良型として開発された日本最大級のボイラーと1660馬力と言うパワーを持ち合わせたスーパーマシンです。

1943年から1946年までに492両の製造計画があり、内285両がロールアウトしました。
DSCF9261.jpg
それほどまでの車輛数がありながら現存するのはわずか7両なのは、戦時下のため短期間走れればいいと言う、徹底したコストダウンから部材の劣悪化が進んでいたという点が否めません。

おそらくそんな中でも「逸品」と言えるのが、この「D5270」なのでしょう。
製造(1944年)から70年近く経過していると言うのに堂々とした姿を見せつけています。
DSCF9263.jpg
ただ、ズキマル君の大好きな運転席は盗難防止と安全のため立ち入りが出来ません。

足回りも見学できますが、安全対策も充実しており、危険個所にはしっかり柵が張り巡らされています。
DSCF9264.jpg

数年前の公園改修の折にパネル類も作り直してもらっているそうで車輛の案内に加え、蒸気機関車の仕組みなど、小さな博物館のように充実した解説内容になっています。
DSCF9266.jpg

好景気の折には複線時代があったそうで、その頃の名残の品々も合わせて展示されています。
DSCF9267.jpg

本体についてしか調べていなかったのですが、何やら「山北駅」自体が鉄道史ではスゴい場所のようですね。
DSCF9273.jpg

まだまだ勉強不足なのですが、とりあえず今後の資料にとズキマル君から写真撮影を求められました(笑)
DSCF9274.jpg

静かな駅の一角で、涼やかに歴史を見守る静態蒸気機関車に何とも癒されました。
併設の「さくらの湯」は夜9時まで営業しているようなので、今度は歴史書など片手にゆっくりと時間をとってみたいと思います。


□さくらの湯・鉄道公園(D5270)
 TEL:0465-75-0819
 神奈川県足柄上郡山北町山北1971-1
 駐車場:駐車場あり(利用は朝9時から)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1944年4月29日 川崎車輌 No.2974
  配置:1945年8月15日 下関
  配置:1949年3月1日 新鶴見
  配置:1961年3月31日 国府津
  廃車:1968年8月8日 国府津

ワンポイント
D52型
戦時中の貨物輸送に対処するために製造された最強の貨物用機関車です。1943年から1945年285両が製造されました。最後は函館本線で1973年まで使用され、7両が静態保存されています。 保存車輛が少ない中、本車輛を含む5両がこの近隣(72・御殿場、136・沼津、138・相模原403・平塚)に展示されています。(1・JR貨物広島車輌所、468・梅小路蒸気機関車館

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/11/30 15:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用