FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・64箇所目「平戸城」
前回の長崎訪問(2016)の際に、予定に組み込むことの出来なかった名城を目指しましたが、改修工事のため外回りだけの見学となってしまいました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※今回はテントむしは家でお留守番しているのでレンタカーでの登城です。

松浦鉄道のたびら平戸口駅から平戸瀬戸を渡って西へ道なりなら5キロ程度、たびら平戸口駅の南側にある平戸桟橋行きの「平戸口駅前」バス停から6箇所目の最寄バス停となる「猶興館高校入口(ゆうこうかんこうこういりぐち)」で降りて亀岡公園大手の坂を北に200mほど進むとたどり着きます。
DSCF5232_20200126163939752.jpg

残念ながら令和3年4月まで改修工事のため城下の公園しか散策できませんが、機会を失う可能性があるので、とりあえず訪問してみました。
DSCF5242_2020012616393935d.jpg

現在平戸城は閉館中ですが、二の丸の乾櫓で平戸城のご案内をしていて、若干の展示もあります。
あわせて日本100名城スタンプも乾櫓で押印できます。
DSCF5235_20200126163938e1f.jpg

松浦鎮信(まつうらしげのぶ)は、豊臣秀吉の九州平定に加わり、松浦郡と壱岐の所領を安堵されると、文禄・慶長の役の後、慶長4年(1599年)に現在の城地である日之嶽(現・平戸市岩の上町)に最初の築城を開始しました。
DSCF5236.jpg

しかし、完成も間近となった慶長18年(1613年)、自ら火を放ち城を破却しました。
理由としては、豊臣氏と親交が厚かったことによる江戸幕府の嫌疑から逃れるためとも、子・久信(ひさのぶ)の死によるものともいわれています。
DSCF5240.jpg


異例ですが元禄15年(1702年)、4代藩主松浦重信(まつうらしげのぶ)は幕府に築城を願い出て、翌元禄16年(1703年)に許可されました。
これは徳川家との姻戚関係にあり、更に東シナ海警備の必要性によるものであったと言われています。
城郭は5代藩主松浦棟(まつうらたかし)によって元禄17年(1704年)2月に着工され、宝永4年(1707年)にほぼ完成しました。
現在の模擬天守のような天守は上げられず、二の丸に建てた三重三階の乾櫓をその代用としていました。
以降は江戸幕府の下で平戸を城下町として平戸松浦氏の平戸藩6万3千石を構え、松浦家は改易されることなく明治維新まで続き続きました。
1871年(明治4年)、廃藩置県後の廃城令により廃城となり、翌年、現存する狸櫓と北虎口門(搦手門)を残し、城の建物は解体されました。
1962年(昭和37年)、模擬天守及び復興の見奏櫓、乾櫓、地蔵坂櫓、懐柔櫓が建てられました。
DSCF5243_202001261642535f7.jpg

館内の見学は、またいつか折を見ての訪問となりますが、今回はズキマル君やモカさんも一緒だったので少し懐かしかったです。
DSCF5238_20200126163937683.jpg

次はもう少しゆっくり時間を使って、周辺も散策してみようと思います。


□平戸城(ひらとじょう)第90番
 訪問先名称:二の丸の乾櫓
 TEL:0950-22-2201(乾櫓)
 住所:平戸市岩の上町1458
 開館時間:8:30-17:30
 休館日:月曜、年末年始
 入場料:大人510円、高校生300円、小中学生200円
 駐車場:無料
 通称:亀岡城、亀甲城、日之嶽城
 主な城主:松浦氏
 スタンプ設置場所:天守閣(または乾櫓)


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
遺構: 櫓・門・石垣
再建造物:模擬天守、櫓

ワンポイント
令和3年の3月31日まで工事のため閉館しており本丸には登れません。
ただし、二の丸の城址、亀岡公園は散策可能です。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2019/12/28 11:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行

名城100選スタンプラリー・63箇所目「名護屋城」
長崎に旅行に来るのが目的でしたが、せっかくレンタカーを借りたので100キロほど北上した佐賀県の名城を目指します。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※今回はテントむしは家でお留守番しているのでレンタカーでの登城です。

長崎2泊3日の旅として初っ端に向かったのは長崎大村空港から120キロほど離れた「名護屋城址」です。
訪問の仕方は、唐津駅から昭和バス唐津大手口発「名護屋城博物館方面行き」で約40分の「名護屋城博物館入口」下車し、その後は徒歩約5分ほどです。
時間を気にせず見学を考えるなら西唐津(にしからつ)駅から北西に16キロほどなので、レンタカーなどに頼るしかなさそうです。
DSCF5193_202001122109401ef.jpg

駐車場無料で併設する「佐賀県立名護屋城博物館」の入館料も無料です。
唯一、お心添えとして大人のみ協力費100円の寄付制度があります。
訪問した日は豪雨になったり止んだりを繰り返していたのですが、幸いにもパラパラ程度の小降りになっていました。
DSCF5195_202001122109409ff.jpg

築城は戦国時代末期に全国統一を果たした豊臣秀吉(とよとみひでよし)の命で、天正19年(1591年)から翌文禄元年(1592年)に築城とされています。
縄張りを知将・黒田孝高(くろだよしたか/別名:官兵衛・如水)、普請奉行に官兵衛の嫡男・黒田長政(くろだながまさ)、虎をも倒す加藤清正(かとうきよまさ)、キリシタン大名・小西行長(こにしゆきなが)、長崎奉行・寺沢広高(てらさわひろたか)等、豊臣家を筆答する名将たちが叡智を絞って作り上げました。
DSCF5199_2020011221093958b.jpg

天正18年(1590年)、天下統一を成し遂げ豊臣秀吉は高麗(朝鮮)に、服属と明征伐への協力を要請しましたが、朝鮮に拒絶されました。
天正19年(1591年)8月、秀吉は「唐入り」を翌年春に決行することを全国に告げ、肥前の名護屋に前線基地としての城築造を九州の大名に命じました。
秀吉は自分の地元那古野と同じナゴヤという地名を奇遇に感じ、城の立つ山の名前が勝男山と縁起がいいことにも気を良くしこの地への築城を決めたそうです。
DSCF5203.jpg

秀吉が没し、出兵していた武将が朝鮮から撤退すると、この地は寺沢広高の治めるところとなりました。
関ヶ原の戦いの後、慶長7年(1602年)に広高が唐津城の築城を開始した際に名護屋城を解体し、その遺材を使用しました。
これ以降に、二度と城が利用できないように、要となる石垣の四隅を切り崩すなどの作業が行われ、大手門は伊達政宗(だてまさむね)に与えられ、仙台城に移築されたと伝わっています。
DSCF5206_20200112210938449.jpg

スタンプが置かれているのは城址と道を挟んで併設される佐賀県立名護屋城博物館です。
名護屋城跡の保存と、日本と朝鮮の長い交流の歴史を紹介し、日韓交流の拠点となることを目的として平成5年(1993年)に開館しました。
雨天を除き、名護屋城博物館では「バーチャル名護屋城」を体験できるスマートデバイスの貸し出しを無料で行っています。
GPS取得による位置情報に合わせて当時の風景をリアルタイムに表現しており、移動すればまわりの景色も動くので、約420年前の空間を散策している気分にひたれるそうですが・・・雨だったのと、貸し出しを知らなかったため訪問した16時には貸し出しが終了していました。
DSCF5210_20200112210937db1.jpg

天候には恵まれませんでしたが、壮大な景色と、全国から集まった戦国の勇者たちが身を寄せた地に思いを馳せる事できました。
次回はもう少し時間をとって陣屋跡なども巡ってみたいものです。


□名護屋城(なごやじょう)第87番
 訪問先名称:七尾城史資料館
 TEL:0955-82-4905(佐賀県立名護屋城博物館)
 住所:佐賀県唐津市鎮西町名護屋3673
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜、年末年始
 入場料:大人100円(協力費)
 駐車場:無料
 通称:名護屋御旅館
 主な城主:豊臣秀吉
 スタンプ設置場所:佐賀県立名護屋城博物館


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
遺構: 石垣、空堀、井戸
再建造物:なし

ワンポイント
スタンプは博物館(入館無料)受付にて。
ここでタブレット端末も借りられますので、まずはVRのコース通りに巡るのがおススメ。
(知らなかったので借りませんでした…)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2019/12/26 15:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行

名城100選スタンプラリー・62箇所目「七尾城」
実は、ズキマル君の母方のルーツは、能登の七尾地区にあるということを、彼の曽祖父が健在だった赤ちゃんの時にしか訪問したことのないズキマル君は覚えていません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg


JR七尾線の七尾(ななお)駅から北側の七尾駅北交差点を東へ進むことおよそ300m、川原町交差点から国道159号線七尾街道を南へ1キロ、城山登山口交差点から東へ向かう県道177号線を道なりに2キロほど進み、城山交差点から南西に進んで100mほどで掲示板に応じて南の路地に入ると見えてくるのが名城スタンプが置かれている「七尾城史資料館」です。
駅から3キロほどと距離がありますが、駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF2211_20170522215043e9d.jpg

資料館の入館料は大人200円で小中学生までは無料となっています。
残念ながら訪問時間が16時近くなってしまいましたので、訪問は次回の楽しみに取っておくことにして入口近くに置かれたスタンプをお借りして、本丸を目指します。
DSCF2213_20170522215042501.jpg

登城道は徒歩で登るハイキングコースになっていますが、ちょうど戻ってきたご夫婦に所要時間を聞いてみると往復で2時間かかるとのことです。
クルマで県道177号線の城山交差点から南へ3.7キロほど進むと本丸近くに駐車場に行くことができるそうなので、不本意ではありますが、今回はその最短ルートを使わせてもらうことにしました。
DSCF2214_20170522215041c11.jpg

七尾(ななお)城は、七尾湾が一望できる石動山系の北端にあり、その尾根から枝分かれする行く筋もの大小の尾根にも無数の砦を配置した城で難攻不落の名城でした。
「七尾」という名は「七つの尾根」(松尾・竹尾・梅尾・菊尾・亀尾・虎尾・龍尾)から由来した名で、別名の「松尾城」や「末尾城」などは城が七つの尾根のうち松尾に築かれたために呼ばれたと考えられています。
DSCF2223_201705222150440c7.jpg

「日本五大山城(ほか…春日山(かすがやま)城、月山富田(がっさんとだ)城、小谷(おだに)城または八王子(はちおうじ)城、観音寺(かんのんじ)城(未訪問))」にも選ばれている七尾城は、かつて戦国時代に上杉謙信(うえすぎけんしん)の進撃に一年間持ちこたえた歴史があるからでしょう。
しかし、謙信の調略により七尾城は上杉配下の城となりました。
DSCF2220_20170522215040922.jpg

越中国と能登国を繋ぐ要所だった七尾城は、上杉謙信亡き後には織田信長(おだのぶなが)によって領されますが、豊臣秀吉(とよとみひでよし)政権下で前田利家(まえだとしいえ)が能登に封入となった折には既に山城の時代ではなく、拠点を小丸山城に移したため、天正17年(1589年)に廃城となりました。
DSCF2224_20170522215039adc.jpg

美しい風景に資料館と、見逃してしまったスポットが多かったため、いずれは1日かけてハイキングコースと資料館をみっちり楽しみたいコースです。
その頃にもズキマル君が付き合ってくれたら…嬉しいんですけどね。


□七尾城(ななおじょう)第34番
 訪問先名称:七尾城史資料館
 TEL:0767-53-4215(七尾城史資料館)
 住所:七尾市古屋敷町シカマ藪8-2
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜、年末年始
 入場料:大人200円中学生以下無料(資料館)
 駐車場:無料(城址付近にも無料Pあり)
 通称:松尾城、末尾城
 主な城主:畠山氏、上杉氏、前田氏ほか
 スタンプ設置場所:七尾城史資料館前


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
遺構: 郭、石垣、土塁、堀切、虎口
再建造物:なし

ワンポイント
資料館から本丸跡までは徒歩で約1時間だが、クルマでの訪問も可能。
また、山頂付近にはボランティアガイドによる解説ツアーもある。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/05/03 16:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行