銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















eK-Campで加曽利貝塚

家の前で花火大会があったため、自分のうちの前なのに交通規制が入って15時以降車が入れなくなるので今日は近くにお出かけです。
しかも、最近アトレーのエンジンをかけていなかったのでeK-Campはお留守番にしました。
って、ことで本日はカブトムシを求めて千葉市にある加曽利貝塚公園へ。
およそ30キロの道のりを下道でだらっと走ったんですが、シート下に断熱処理をしていないせいもありケツが暑い。
燃費も悪い。日光も当たりすぎで目が痛い。
いやー、eK-Campに乗りなれるとこんなにもきついのか・・・
ただパワーはあります。踏ん張りがききます。早いです。は、取り柄ですね。

さてさて、加曽利貝塚公園はネットで調べるとクヌギが多く、カブトムシがいそうな地点とのこと。
朝10時過ぎから2時間ほど散策しましたが、結果はこんな感じ。

セミはヒグラシとアブラゼミ。ミンミンには逃げられました。
トンボはイトトンボかな?ムカシトンボとヤンマは取れませんでした。
甲虫はカミキリムシとカナブン。取らなかったけどキマワリとシデムシはいっぱいいました。
結局カブトムシは取れませんでしたが、駐車場付近と入り口右手を200mくらい進んで民家の前を右に入って1本目のクヌギからは3mくらいの高さのところで樹液が出ておりカナブンが一杯寄ってきていたので、狙いはこの辺でしょう。
虫捕りに飽きた子供たちには

公園ボランティアの方の協力で縄文人に変身です。
どうやらあまりお気に召さなかったようですが・・・
ま、楽しい休日でした。


eK-Campのギャレー周り電源増設

とりあえず、シンク下に隠蔽でDCコンセントを2個つけてあるんですが、この季節は扇風機が必需品ということで・・・
やっぱ、ベッド状態にしてからDC電源が取れないのは非常に不便です。
とりあえず1個増設します。
電源元は以前シート下につけた奴と同一でまとめます。
とりあえず30mmで穴あけです。
後ろには配線がたっぷりあるので気をつけながらゆっくりコア開けします。

掃除が面倒なので掃除機を貼り付けて削りカスを一気に吸い取って作業を短縮です。
・・・で、完成形がコレ。
子供対策にフタ付です。最大で横も縦も3個くらいは付けられるようにしました。
とは言え、実際には扇風機以外にインバーターとワンセグチューナーを引っ付けてあるので、まぁ今回が最後かな・・・
ちなみに、面倒になって配線は後日やることにしました(笑)。

ところで・・・
結構注意していたのですが、ふと気を抜くと外部電源の取り外し時に後ろ窓に頭をぶつけます。
日ごろは立ち上がる寸前に思い出すのですが・・・
父が取り外しだったのでやらかしました。


ちなみに、代理店さんでも引き渡し前に「気をつけてくださいね」と言われていたんですが…
これからはさらに気をつけましょう。
都営地下鉄「夏」のワンデーパス

基本的に回遊魚のボクは長い時間家にいると死んでしまいそうになるので休日はお出かけです。
しかし、いつまでたっても準備をしないしグズグズ言っている娘と、家を片付けないヨメに苛立ちを感じ家出をすることにしました。
が、察した息子が大泣きするので一緒に出かけることにします。
ケータイを忘れましたが、こんな日は何の連絡も取れないほうがストレスフリーなので無視です。
動物に会いたいという3歳の息子の言うことを聞いて、軽~くネット検索します。
ケータイは忘れてもSIMは忘れません。もちろん工人舎PCも持ってます。
なんと、往復交通費込み500円で楽しめる遊園地を発見しました!!


あらかわ遊園です。
都営地下鉄のワンデーパスポートに特典として入場料無料がついてくるんです。
家出で時間もあるので電車好きの息子とのんびり行くことにしました。
親友が働いている駅で切符を買い、いるかどうか確認したら・・・帰ったところでした。
そういや「引越しおめでとう!」がまだでした。(今度、お祝いの食事会でもやりましょう!)
まずは新宿線で緑の電車を堪能します。
ここから浅草線にするか大江戸線にするか悩みましたが、浅草線は京成に乗り入れていて息子も知っているので大江戸線に乗り換えます。
ピンクのラインを楽しんだら次は青いラインの三田線です。
しかし、さすがにココまですると飽きてきたようです。
が、ココからは気分を変えて地上で路面電車です。
都電荒川線でのんびりとチンチン電車を楽しみます。
ちょうどいい揺れと時間に息子も昼寝してしまいました。

あ、ケータイ忘れたので写真ありません(笑)

やっとのことであらかわ遊園に到着です。
片道通常520円だからこの時点でお得です。
入場料200円も要らないので財布がお得なのに合わせて、いい感じにゆっくりしようとしますがそうはいきません(笑)
いやー、子供って元気だなぁ。
園内をくまなく散策させられるほど歩き回り、豆汽車に2回と観覧車に1回乗りました。
とはいえ、最近出かけるたびに文句やタメ息の多い娘やヨメがいないのはストレスがありません。
暑いし大変だったけど息子に癒された一日でした。


都営の旅ふたたび

先週は息子と二人で家出をしましたが、今回は家族みんなで行ってみます。
そんなわけで1日乗車券をふんだんに使うべく朝9時に出発してみることにしました。
都営に勤める友人を訪ねるとまたも入れ違いで帰宅してしまっていました。
さて、今回は500円バージョンではなく、都営バスにも乗れる700円バージョンに挑戦です。

前回のルートを1路線省いてあらかわ線に向かいます。
先週よりも空いていて、時間も早く感じます。
11時ころ荒川遊園地前にて下車、今回はみんなそろっているので「こどもの家」で早昼でもんじゃを食べました。 食い気に負けてとんでもない焼き方になっていますが(笑)、そこはご容赦ください。
そのあと手前の道に入り込んでたこ焼きまで食してしまいました。
いやー、下町グルメばんざい。
さて、本題のあらかわ遊園に入ります。
今回はチャレンジャーの長女が一緒なのでカブトムシ展もふれあい動物コーナーもばっちこいです。
・・・が、長男は気がつくとひっそりヨメの後ろに隠れていました(笑)

さて、こっからは写真がありませんがタイトなスケジュールで動いてみました。
せっかくバスも乗り放題です。
ちょっと変わった動きをしてみましょう。
まずはあらかわ線から日暮里とねりライナーに乗り継ぎます。
とねりライナーはゆりかもめっぽかったです。
日暮里からはバスで浅草に出ましょう。
普段は嫁の実家からチャリで行くこの界隈もバスで訪ねるとまた趣が違います。
さらに浅草をほとんどスルーして都営浅草線に乗り継いで大門へ。
ここから都バス虹1号に乗り込んでレインボーブリッジを渡ります。
ゆりかもめを使わないのも初めてですが、スピード感と視線の違いを楽しめるのも面白かったです。
フジテレビから冒険王に向かいましたがあまりの人の多さに入場をあきらめました。
この辺ならいつもはりんかい線かゆりかもめを使うところですが、今日はバスにこだわります。
こだわりすぎて乗れなかったので結局ヴィーナスフォートまで歩きました(笑)
某自動車ショールームでセグウェイみたいな2輪車を体験しました・・・結構楽しい。
気がつけば17時を過ぎています。

帰り道を悩んでいると門前仲町行きのバスを発見しました。
20分ほどバス待ちをして20分ほどでバス移動。
大江戸線で門前仲町から森下に出て後は新宿線で帰路につきました。
明日は泊まり番なので帰りに気合入れに先日飲み会で使った焼肉屋で焼肉を堪能しました。
家に着けば午後9時。
交通費700円でなかなか楽しめる旅でした。

いやー、普段の買い物とかでは活躍しているeK-Campですがここのところブログネタに出来ないなぁ…
とにかく、旅を低額で楽しませてくれる都営交通機関に大感謝です。


童心にかえって

まぁ普段から童心に帰りまくりなんですが(笑)
残業帰りの学校前の道路で地べたに落ちてもがいているセミの幼虫を何匹か見つけました。

まだ元気のあった2匹を持ってかえって網戸にくっつけてみました。
すると羽化を始めました。
子供の頃、夏休みにじーさんのウチに遊びに行ってよく捕まえては眺めていたものです。
あー、ミンミンだったらいいなぁ。
でも明らかに体の色が違いますね(笑)
やっぱアブラでした(笑)
もちろんあとはリリースです。
ちょっとした癒しをありがとう。


eK-Campで北陸路

疲れた心を癒しに片道500キロかけて(笑)ヨメの母の実家に向かっています。
和倉温泉近辺とのことですが…遠いです。
夕方5時に家を出ましたがぶらぶらとPA見物しながら進み、途中のPAで3時間ほど仮眠を取って呉羽PAでもう1時間仮眠しました。

なんだかんだで家を出てから高速に乗って14時間。夜は気温も下がっているので快適に進めるんですけどね。
隣の車の奥さんからeK-Campの値段を聞かれました。
320万と答えておきました。今回寝てて思ったんですが…テント部も遮光になっていると明るくなってからでもゆっくり寝られるんですけどねぇ。
今日明日は石川県で過ごします。
eK-Campで能登周遊

引き続き能登にいます。
雨が降ったり雷が鳴ったり物凄く晴れたり…とにかく変わりやすい天気です。
七尾駅に写真だけ撮りに行ったら行くまで大雨なのに、車を降りたら晴れました。

そんなわけで車体は濡れてます。
午後からはeK-Campクンは能登島に入りました。
「ツインブリッジのと」が出来てから随分経つはずですがイクリプスのナビには載っていません。
仕方なく能登島大橋を渡ってぐるっと周遊しながらツインブリッジを渡って能登島を見ることにしました。 お盆のためか能登島もかなり込んでいます。
「ひょっこり温泉島の湯」に行ってみましたが、海水浴の来場者で駐車場がすごいことになっていました。
でもとりあえず温泉には入ってきました。沸かし湯っぽかったな…和倉温泉のほうが好みです。
以上、中間報告ここまで。
eK-Campで千里浜

どうやら金沢地区は物凄い大雨らしいのですが、eK-Campが千里浜海岸に着くと、雨は降っていませんでした。
ってことで、早速1枚写真を撮ってみます。

・・・と、言いながら波が強くほぼ遊泳禁止状態です。
娘と息子は服のまま海岸で遊んでいました。
案の定ムスコくんが波にさらわれ前進砂まみれのずぶ濡れと言うお約束です。
わずか数十分で彼を着替えさせるためにゲストハウスに向かうこととなりました。
着替えを済ませ、金沢に移動を始めると突然の大雨。というよりスコール。
いやー、ムスコのずぶ濡れのおかげでボク達がずぶ濡れにならずに済みました。


eK-Campで北陸旅行を終えて

今回の旅行、総行程1295.1キロ、使用したガソリンは98.24ℓでリッターあたり13.18キロ/リットルでした。
行きの高速は80キロ程度で巡航、帰りはスピード出したり緩めたりだったので、まぁまぁかなぁ?
ところで、お土産を買ってこようと思ってペナントと通行手形を探していたら・・・

通行手形を発見しました!
が、余りにもバカバカしいので写真にとどめました。
そんなわけで、友人への土産は「飲み会での土産話(笑)」にしました。

話を戻して、今回は高速で2泊したのでなかなかの使い込みだったかと。
失敗は最後のPAの新倉で道路に戻ったら大泉に戻っていたこと。
せっかくの深夜走行だったのに結局400円かかってしまいました。

今回わかったこと…
1.ダイハツグレードのeK-Campの最高時速はオートマでも120㌔出る。
2.やっぱ朝晩涼しい。
3.個人的には水周りがいらない(笑)。
4.全部で3泊してるのにフリップダウンモニターを使う暇がない。

ま、使い方は人それぞれ。
ご覧の方は使い方にあわせてキャンピングカーをお選びください。
ちなみにうちには超マッチした軽キャンカーです。


eK-Campで那須にGo!

金曜の夜、19時に出発したかったんですが残業で出発が21時になりました。
半端な時間だったのでだらだらと下道を走り、高速に乗ったのは羽生に23時。
晩御飯がまだだったので、寝ている家族を尻目に羽生PAでラーメンを食べます。

東北道の食堂はリーズナブルでいいなぁ。しかも旨いし。
店内はオリンピックの男子リレーの銅メダルに盛り上がっていました。
だらりと進んで矢板北でP泊します。
雨も降っていないのでラッキーな出だしでしょう。 夜が明けてみるとちょっと霧っぽい雨が降り出しました。
まだ7時前ということでとりあえず時間調整に車内で過ごします。
写っているものは、とあるセンパイに頂いたアニメ映画を車内上映している状態です。
こういうのってドコから仕入れてくるんでしょう?
じゃ、那須観光に出発します。
eK-Campで那須三昧

旅行で雨に降られた思い出があまりないのですが・・・今回は降ってます。
でも、あんまり雨の記憶がないので傘を持っていませんでした(笑)。
とりあえず最初の地点のホウライ牧場では、まだ雨が降り出しでいませんでした。

のんびりと5分歩いて足湯に入ります。
ムスコはブサイクな顔をしていますが、ぬるめで長時間はいるにはいい感じでした。
ホッとひと時を過ごしていると、霧雨が降りだしました。
アイスクリーム売り場へ戻りプリンパフェを食べて出発です。
那須方面に向かうと、すでに11時を回っていたので早めの昼飯に向かうことにしました。
那須に来ると必ず行くのがダチョウが食べられる「太らん」です。
(今回は知人に勧められたイタリアンにしようかと思いましたが、子供の機嫌がイマイチだったので次回に繰越です。)
11時半に店が開くのですが、チョット早かったので手前の観賞用牧場で餌やりをします。
思いっきり手をかじられますけど(笑)。
太らん」でダチョウの焼肉とダチョウ丼とダチョウユッケを頂きました。
今回は夏休みなのに雨だったせいか1番に店に入れました。なんか嬉しい。

さて、雨の上に気温が16度とすごい状態です。
この状態に耐えられるのは・・・温泉プール!
サンバレー那須のアクアヴィーナスで過ごすことになりました。
(場所が場所なのでカメラを持っていかなかったら撮影オッケー出そうでorz)
プールは水着着用で38度くらいのお湯の中で男女がワサワサ泳ぎます。
天候と夏休みのせいでまさに芋洗い状態ですが、霧雨と湯気で先が見えないのであんまり気になりません。
プールから水着を着たまま混浴の温泉に入れるのもいい感じ。
食事はバイキングなんかもあり、宿泊者なら2日間無料でプールには入れるそうです。
結局16時過ぎまで遊び、その後温泉に入ってアクアヴィーナスを後にします。
個人的には無料休憩所がもう少し広いとありがたいですねぇ・・・

そのあとは那須ガーデンアウトレットに行ってみます。

雨だというのに(雨だから?)駐車場はものすごいことになっています。
結局2時間近くいましたが・・・アパレル系のアウトレットにイマイチお金を出せない我が家では那須ロコでみやげ物を買うに留まりました。

高速に戻りのんびり帰宅路。
矢板北PAでディナーにします。
とにかく東北道のPAは食事のコストパフォーマンスが最高です。
今回はジャンボカツカレー1000円を頼んでみましたが・・・

カツカレー2杯分はゆうに有ろうかという内容。
食べきったら眠くてぶっ倒れそうになりました。
根性で羽生PAまで戻ってきましたが、夜9時前なのに睡魔に勝てません。
雨が降っていたのでテントを広げず就寝です。
明け方3時半に目が覚めると、扉前の小さなスペースにムスコが挟まって寝ていました(笑)。
帰宅は朝4時半。

こんな週末の使い方のおかげで、まだまだ日曜日を満喫できそうです。


eK-Campでビッグホップ印西

那須旅行を楽しんだので車を洗って、今日は近場の印西牧の原に出発です。
4時半に帰宅して8時には洗車始めてました(笑)。すぐ雨降ってきましたけどorz。
で、昼前に牧の原モアに到着。
ランチはモアで済ませ、ビッグホップにわたります。

ビッグホップ1周年記念とかで(絶対1年たってないと思うけど…)観覧車が無料!!
早速並んでみます。
ここではじめてみる行列です。
で、やっとこ乗ることが出来ました。
タイミングよく、恐竜が鼻息荒くムスコを睨みます。
モチロン、ムスコは大ビビリです(笑)
何も調べないで行った割にはいいタイミングで物事が進みます。
なんだかヤッターマンショーなどもやっていて子供は大興奮です。
(写真にお客さんがいないのは握手会になってみんな並んじゃってるからです。閑散としていたわけではありません。)
結局、今日もなんだかんだで6時過ぎまで滞在してしまいました。
そういえば運転中以外は雨に降られませんでした。
クルマはまた汚れちゃったけど・・・今週もいい週末でした。



今回は真鶴ですが・・・

3連休初日は金曜の夜に小田原PA車中泊を皮切りに3泊予定でeK-Camp旅の開始です。
が、いきなり本日の宿泊先でやってしまいました・・・


FRPが結構大きく裂けてます。
いきなりテンションがた落ちです、が、長女と一緒に思いっきり泳ぎました。
ウニをガッツリ取りましたが食べれないサイズとのことで全てリリースしました。

あぁ・・・修理代いくらかかるんだろう?
イクリプスのナビもDVD全く読み込まないからそっちも修理だし・・・

などといいながら、カラオケも2時間こなし、みっちり家族サービスに勤しみました。
eK-Campで芦ノ湖周遊

本日は芦ノ湖からスタートです。


箱根町港の無料PAにeK-Campを停めて「海賊船・ロープウェイ1日切符」(大人2500円、子供980円)を購入します。
まずは海賊船ではないヤツに乗り込んでみました。

海賊船に乗り換えたらロープウェイに向かいます。
どちらも乗り放題とは言え、1往復すると2時間以上かかります。
つまり、食事なども考えれば1往復がやっとなんですが、とはいえお得なチケットですね。
で、ロープウェイ出発です。
降りてみたら帽子をなくしておりまして・・・駅務室に届いていました。届けてくれた方、ありがとうございます。
で、届いていたのは大涌谷。
ちなみに大涌谷の展望レストランの大涌谷カツカレー(1200円)はちょっとホカとは違う感じでウマかったです。
長くなるので9月14日は芦ノ湖編として第一部終了。
eK-Campで御殿場アウトレット

芦ノ湖からちょっと移動して「御殿場アウトレット」に行ってみました。


モヤっていて富士山は拝めませんでした。
到着は17時を過ぎていたんですが渋滞がすごかった・・・
途中、アヤしい抜け道を何本も使い、入り口手前300メートルのところまでたどり着いたのに、そこからでさえ、駐車場に入るのに10分以上かかりました。
3連休ナカビスゲー。
細い抜け道をスイスイ進めるeK-Campをホントに心強く思います。

しかし、相変わらずアウトレットで買う物はありませんでした(笑)

時間も19時を回ったので本日の温泉を探します。
では、後ほど。
eK-Campで温泉プール?「天恵」

御殿場アウトレットから程なく走ると、「天恵」という日帰り温泉が現れます。
静岡県駿東郡小山町須走112-17にあるんですが、個人的には山中湖の温泉といった感じですねぇ・・・
天気がいいと富士山が見えるのかもしれませんが、今日は全く見えません。
が、とりあえず入ってみましょう。

19時半だったので慌てて入ったら翌朝9時までの営業でした(笑)
水着のスペースがあるということで、クルマに水着を取りに戻り入場します。
時間が遅かったおかげで入場料が安く済みました。(大人1000円、子供300円)
この千円は価値ありでした。屋外の混浴ジャグジーやプールがいい感じです。
カップルには向きませんが、ウチのような小さな子供連れには非常に時間を潰せるいい場所でした。
結局、温泉やドクターフィッシュやジャグジーなどを親子ですっかり堪能し、気がつけば22時を回っていました。
でもココは深夜2時までは通常料金。
いやー、また来よう。

では、今回の宿泊予定地、山中湖に出発です。



銀色テントむしでSL巡り…高岡「高岡古城公園(C11217)」

富山旅2日目のSLSL探しは高岡市のC11です。

軽キャンピングカー「eK-Camp(イーケーキャンプテントむしオレンジ )」銀色ツートンのテントむしテントむし屋根開き乗りのnorizoです。

ちなみにテントむしの絵文字はヨメさんに作ってもらいました♪


さて、やってきたのは高岡市の高岡古城公園です。

お城も大好きなんですが、残念ながら高岡城はすでに存在しないんですね・・・

DSCF2209

公園の角に体育館とその駐車場があるんですがそこにひっそりとSLが鎮座しています。

それが「C11217」です。

DSCF2213

「ある」と言うことをわかっていかないと見逃してしまいそうでした。

まぁほとんどのSLは仕込んでいかないと見つからないんですが(笑)

DSCF2211

こじんまりとはしていますが結構大事にしてもらっているようでくすんではいるものの錆や塗装はげは少ないです。

DSCF2214

ガラスもしっかり残っていますが運転席には乗り込めないようになっていました。

DSCF2215

解説もしっかりしていてよかったです。

DSCF2212

ちなみに公園脇の大通りにも万葉線の富山ライトレールが来ていました。

富山のチンチン電車はカッコいいですねぇ。

DSCF2207

さて、朝の散歩を終えてホテルの朝食バイキングに戻りましょうか♪

 

□高岡市古城公園(C11217)

富山県 高岡市 古城1-8
高岡市古城公園 高岡市民体育館横
TEL : 0766-20-1560


2010-09-26 06:58:49
遭遇!緑テントむしサン。

山中湖でトイレ付の駐車場を見つけることが出来ず、夜の街道を河口湖に向けて進むことにしました。
途中で見つけたのは「道の駅富士吉田」。
11時近かったせいか、すでに車中泊の人たちがたくさん停車しています。
眠気もきついので今日はココで夜を明かすことにしました。
高速道路のPAよりトラックのアイドリングが少ないので良く眠れます。
夜中に若干名大騒ぎしながらやってくる若者がいますが、ご愛嬌ということで。

朝になって周りを見回すと、なんと数あるキャンカーの中に「テントむし」を発見!
5月の納車後、初遭遇です。

しばらくすると、人のよさそうなご夫人がやってきて声をかけてくれました。

4月納車でボクより1ヶ月センパイであることがわかりました。

ご了解を頂いて長男と記念撮影。

お子さんも独立されてご夫婦お二人で旅を楽しまれているそうです。

 

富士吉田ではブドウや桃を販売していましたが、買いませんでした。

後でものすごく後悔しています。市販価格の4割程度の価格で鮮度抜群。

次回は絶対購入しましょう。

緑のテントむしとお別れして朝8時、河口湖に向けて出発です。
eK-Campで河口湖

道の駅富士吉田からほんの30分ほどで河口湖に到着です。

 

うーん、湖畔には施設が充実してるけど芦ノ湖のほうが楽しかったかな?

でも、ヨメと子供たちは湖畔を満喫できたらしくいい感じでした。

そんなわけで、河口湖は2時間ほどでサヨナラです。

でも、高速に向かう道はすでに混み始めているので、ココは一つ別のルートに行ってみましょう。

ここから下道で奥多摩に向かいます(笑)


eK-Campで奥多摩源流

そんなわけで2時間ほどかけて奥多摩にやってきました。

途中カーナビの指示で通行禁止の道に何度も戻され泣きそうになりました。

DVDはぶっ壊れて見られないし。ホントにイ●リプスのナビは最高だね(怒)。

お客様センターの対応にも怒り爆発だよ。もう2度と買いたくないね。

こんな短期間でぶっ壊れて修理代かかったらスゲーなぁ(その辺はまた今度報告しますが・・・)

グチはともかく、峠を越えると気温が低い!

富士吉田の夜も低かったけどココも寒い!

 

さらにぐにゃぐにゃの下り坂を越えて奥多摩湖に到着。

温泉を探していると面白い場所発見!

 

浮橋がかかっています。

コレは渡ってみなくては!

 

相当楽しいらしく、長女は猛ダッシュで駆け進みます。

お笑い担当の父としてはつまずいて奥多摩湖にダイブ!ってネタを期待しましたが、軽快に走り抜けて終わりでした。

むしろヨメのほうが、腰を抜かしながら戻ってきて面白かったり(笑)

そんな旅行の〆は「奥多摩温泉もえぎの湯」。

 

 

景色はいいんだけど・・・

この辺で言うと、子連れの我が家には数馬より露天はいいけど休憩所で劣り、つるつる温泉にはどっちも負けてる感じ。

でもまったりと過ごすことができました。

モチロン3連休の最後なんで激コミでしたけど(笑)

こうして3連休3泊の旅も終了。

走行距離450キロガソリン33ℓ使用、リッター13.5キロって感じの旅でした。


eK-Camp旅行後記

さて、今回の旅行ではバンパーをぶち割ってしまったのですが・・・

先日、リアウィンドウで頭をぶち割った父が楽しげに補修を開始してくれました。

 

サンドペーパー補修前ですが、とりあえず目立たないように塗装までしてくれてあります。

うーん、持つべきものは無職の父ですね(笑)

でもおかげでeK-Campもうれしそうな気がします。

 

さて、もう一つ修理すべきはイクリプスのAVN687HD。

昨年11月発売の機種ですが、保証書がないのでとのことでオートバックスで手数料を取られて回収されました。

メーカーからは「状況がわからないから代理店のオートバックスかイエローハットに持って行け!」とメールが届き投げやりな感じ。

仕方なく、状況を見てもらおうと市川のスーパーオートバックスに車を持っていったら、車には来てくれる事なく、「カーナビをはずして持って来い」とのこと。

やーな感じ。

どんだけ商品に自信がない会社なんだろう?

チェックと見積もりに10日ほど、修理に1ヶ月とか言われました。

呆れ返って言葉が出ません。

天下の富士通さんなんだから、代替品でもかしてくれればいいのに…

 

今週末は湯西川温泉の水陸両用バスに乗りに行こうと思っていましたが・・・

ナビもオーディオもないので諦めますか…


多摩ナンの橙虫さんとランデヴー

祝日ということで、前泊で石川PAにP泊して、午前中にヨメさんの家族と合流し、あきる野で草むしりとバーベキューです。
築60年ほどの小屋の周りの草むしりで祝日が終わってしまいました(笑)
せっかくのあきる野なので帰りはモチロンつるつる温泉
夜10時からは高速代が割引なので、道の駅八王子滝山で時間を潰しました。
さすがに、5月にeK-Campを買ってからこの方、何度もこのルートを通っているので、ぶっ壊れて空き状態が続くカーナビスペースの代わりの脳内マップを持ってしても、何とか対応できています。
(週末には日光方面に行きたいので、ナビがないと無理ですが・・・)

さてと、夜10時に八王子から中央道に乗ると、前方に見慣れた車体が!!!
なんと、オレンジテントむしくんです。
サイドオーニングにサイクルキャリアまでついています。カッコいい!
でも、後ろからついて行くだけでは絶対気付いてもらえないので、追い越し車線に出て併走して思いっきり手を振ってみました。
気付いてくれて、手を振り返してくれました。
多摩ナンバーなので調布でお別れです。
でも10分以上もご一緒することが出来ました。
今月は長野の緑虫さんに続いて2台目。
いやー、今度お会いしたらパーキングで息子と写真を撮らせてもらいたいですねぇ(笑)。
eK-Campで湯西川温泉

イクリプスのカーナビAVN687HDは購入5ヶ月で壊れたにもかかわらず修理費29,000円を請求されて帰ってきません(怒)。

さて、長女が午前中小学校でドブ掃除をしてきたので出発が珍しく昼間になりました。

行き先は湯西川温泉。

昨年の「もしもツアーズ」で水陸両用バスを見て以来行きたくて、機会をうかがっていました。

kimuchoクンから迷WANを借りて出発です!

 

下道でダラダラ走っていたら13時出発で、道の駅湯西川温泉に到着したのは夜7時半でした(笑)。

とりあえず、駅の中にある温泉(500円)で疲れを癒します。

夜9時ともなると何も食べられないのがちょっと悲しい・・・

 

今夜はココでP泊です。

 

・・・深夜、あまりの寒さに目が覚めました。

おそらく気温は10度以下。

封筒方の#2のシュラフとタオルケットで寝ていた僕とヨメは寒さを凌げましたが、上で寝ている長女と長男が心配になり見上げると・・・

なんと!!!娘が布団とフリース毛布4枚を一人で巻きつけて寝ており、3歳の息子が冷たく蓑虫のようになっています!!!

(とりあえず生きてました)

慌てて抱きしめると30分ほどで常温に戻りました。

娘も寒そうなので下段に下ろし、秘蔵の#1のシュラフでボクが上段で夜を明かしました。

いやー、家族で凍死するかと思った。

初めてFFヒーターの必要性を感じる夜でした。

以下次回。


湯西川温泉の水陸両用バス

深夜の寒さを癒すため、無料の足湯で暖を取ります。

 

息子も無事に生きてます(笑)。

しばらくすると水陸両用バスが到着しました。

 

ギリギリで当日券を買って早速乗船(船扱いだそうで・・・)です。

ちなみにおとな3,000円、子供2,000円、乳幼児(2歳まで)500円なので8,500円もかかります。

でもやっぱり国産は1台しかないという言葉にも引かれて搭乗します。

 

約80分のコースでまずはダムの内部を見学です。

 

けっこうおもしろ~い。

キャットウォークも歩けます。

 

ダム見学を終えるもう一度バスに乗り込みダム貯水池へと向かいます。

走ること約5分、ついに五十里ダムに突入です!!

 

15分ほどダム内を遊覧し道の駅湯西川温泉に戻ってきました。

すげー寒かったけど楽しい1時間半でした。

戻ってきたら記念写真を売りつけられましたが・・・1500円で買っちゃいました。

しめて10,000円・・・うーん、高いのか安いのか?でも楽しい経験でした。

この後那須塩原に向かうので・・・続く!


eK-Campで那須塩原

湯西川温泉を後にして、日光に戻るか那須塩原に向かうか悩んだ挙句、行きなれた那須塩原にしました。

途中、観光にいい場所もたくさんありましたがダラっと行きすごし、ナントカつり橋の袂の足湯につかろうと車を止めました。

 

つり橋は現役でしたが、隣の旅館がつぶれたせいか、足湯は水でした(がっかり)

山の上の1,000円バイキングで昼食をとり、ウブドにつくと子供たちは爆睡中。

ヨメだけが小一時間ウィンドウショッピングを楽しみました。

最近ついていないボクのためにヘマタイトの腕輪を買ってくれました。

(ちなみに今回の旅行では左前輪のホイルがひしゃげてしまいました・・・トホホ)

 

さて、今週の旅行も終盤、今まで入ったことのなかったホウライ牧場の千本松温泉に入ってみることにしました。

 

感想は・・・快適。

露天風呂も広くて気持ちよい!!

今後も使うことにしましょう。

 

帰りは高速道路の割引料金を有効活用するため、100キロ走って羽生で一旦降りて半額清算。

その後はフツーに帰ったので、無事夜11時には帰宅することが出来ました。

いやー、今回の旅行は珍しく大金を使った感じでした。

とりあえず、今後は防寒対策の強化とスタッドレスタイヤの購入が急務かな?


イクリプスお客様センターの対応

さて、オークションで落札後、わずか5ヶ月でDVDを読み込まなくなったイクリプスのナビですが、修理依頼から半月でやっと方向性が見えました。
当初、保証書がないとのことで無償修理を頑なに否定していましたが、度重なるコールセンターとのやりとりの結果、発売開始一年以内ということで、なんとかご理解いただき、無償修理してもらえることになりました。

皆さんも、オークションで取引を行うさいには、是非、保証書の有無を確認してみてください。


eK-Campで竜宮城

金曜日に午後休をもらってのんびりと房総旅行をスタートしてます。

まずは、木更津のホテル三日月竜宮城

 

夜7時頃に入ったせいか、家族4人で2,500円かからず、有意義に過ごすことができました。

なだ、タイミング悪く、食堂系はほぼ閉店。

結局、宿泊地を求める中で見つたガストで晩飯としゃれこみました。

でも22時過ぎてたので…高い

食後、近所にあった「P泊好適地」の千葉県木更津港鳥居崎海浜公園駐車場に行きました。

ロケーションは最高ですがトイレが怖くて入れねぇ・・・

ということで、観光だけして撤収。

道の駅とみうらまで行こうとも思いましたが…もう少し近場ということで…

夜も遅いので家族が眠りこけていましたが、、結局トイレの安心を考えて高速に乗り「市原PA」で安全な夜を明かしました。

最近思ったこと・・・

我が家には道の駅や公園より高速のパーキング」。

トイレも食事も休憩施設も充実しているのがいいですね。

明日はドイツ村~海ほたるです。


eK-Campのホイール交換

12インチの言うことでなかなかアルミを見かけません。
でも先日の湯西川温泉へ向かう途中の日光のセブンイレブンで縁石に乗り上げてホイールがひしゃげました…

こんな状態のまま、那須塩原を経て、さらに房総から海ほたるまで楽しんできましたが、さすがに不安になります。

元バスの運転手の父上からも早急の交換を進言されました。

ってことで、印西牧の原へのお出かけついでに途中でたまたま見つけた中古タイヤ屋さんで話を聞いてみました。

1000本以上あろうかという中古ホイールの中で12インチのホイールはたったの1種類。

値段も言い値です。4本12,000円で工賃が2,000円と吹っかけられました。

とりあえず、言われた値段にそのまま応じるわけには行きませんので、工賃込み10,000円で交渉、残念ながら税工賃込み12,000円が限界でした。

で、価格交渉が終わったところで作業開始です。

 

さらっとスチールホイールからタイヤを剥ぎ取っていきます。

そして2.5kの圧でアルミにタイヤをセット、あっという間に設置します。

 

1本5分もかかりません。手際がいいものです。

 

2,000円も値切ったのにしっかりタイヤ清掃もしてくれます。

 

ものの15分でセッティング完了です。

ちなみにひしゃげたホイールについていたタイヤにはすでにひびが入っていたようでしたが、何も言わず八部山の同型タイヤと交換してくれていました(笑)。

結局のところ中古アルミ4本と中古タイヤ1本、工賃、スチールホイール処分費の合計で12,000円

いやー、価格の相場がわからないけどなんとなくいい買い物だった気がします。

なにより、待ち時間がほとんどなかったのが良かったですねぇ。

 

時間も早かったのでこの後は印西牧の原のショッピングモール街でのんびりと過ごし、真名井の湯で 週末の疲れを落としました。

 

そうそう、話のついたイクリプスの修理は思いのほか早く、土曜日のうちに回収できました。

早速再設置しましたが快適です。

いやー、ナビ性能はともかく地デジ12セグ対応でDVDのVRモード対応となると価格的に最高の機種だけに、無償修理はありがたかった。

ぜひお勧めできるメーカーだと思います(笑)


eK-Campギャレー用ポット台作成

いつも寝台を作るときにポットの置き場に困るのでサブオーディオの上にポット固定用のスペースを作りました。


縦51センチ高さ16センチの板と、縦8センチ高さ40センチの板の組み合わせに引き出しようの取っ手を2つ付けて完成です。


これから週末の旅行に出発なので写真は後日。



eK-Campでドラ割旅行(自宅~菅生)

金曜の夕方出発で仙台や松島や銀山温泉に向かおうと持っています。
初日の今日は夕方出発なので高速PAめぐりです。
とりあえず東北道下りだと蓮田と佐野にはフリースポットがるのがわかりました。
いやー、ネットが出来るってすばらしい。
ずっと進んで国見で夜中1時半に


牛タンラーメンを食べましたがコレが絶品。

深夜だとライスもサービス。しっかりガッツリ食べてしまいましたがコリャ太るわ。

土曜日は松島観光にしたいので、今日は菅生で就寝。

2時近いのできついスタートです。