銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・5箇所目「松江城」
島根唯一の昔の姿をそのまま残す名城があるとのコトで、やってきました。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。
あ、城めぐりシロートですから、文章が稚拙なのはお許しください。
銀色テントむし660

やって来たのは開府400年の松江市にある「松江城」です。
区切りのいい時期ということもあり、地域全体が賑わっています。
銀色テントむし660

入るとすぐに松江城のキャラクター「あっぱれくん」がお出迎えしてくれます。
銀色テントむし660

中には「松江神社」があり歴代城主が奉られているようで、その中には一応、家康公も含まれています。
銀色テントむし660

その横には明治天皇の行幸を願って松江市が建てた白亜の木造洋館「興雲閣」がそびえます。
松江開府400年の博覧会場になっているそうですが…イベントの準備中でした。
銀色テントむし660

音楽会か何かの準備中でしたが、見学をさせてもらえたのでテラスに出てみましたが…ステキです。
明治天皇は来ませんでしたが、当時の皇太子(後の大正天皇)は明治40年にお泊りになったそうです。
銀色テントむし660

さて、そろそろ「松江城」に向かいましょう。
料金は大人550円小学生は280円です。
JAF会員など割引対象もあるようなので、事前に調べておくとちょっと安くなります。
銀色テントむし660

黒いお城スキなんですよねぇ♪
松江開府400年の記念冊子ももらって登城しましょう。
銀色テントむし660

石垣の中に木造の入り口があります。
靴を脱いで階段を登ったところに下駄箱があります。
銀色テントむし660

半券を渡して階段を登ると2階です。
ここにはしゃちほこ(?)が置かれています。
歴史観のあるステキな資料ですね。
銀色テントむし660

さらに同じ階に大きな井戸もありました。
薄暗くて覗き込むのがちょっとコワいです(笑)
銀色テントむし660

城内の大きな柱は1本モノではなく継ぎ接ぎなんですね。
意外な感じもしますが、改めて城作りの大変さを感じます。
銀色テントむし660

5階まで登ると天守閣です。
階段は意外となだらかでズキマル君が下りる時に泣かなくてすむ観光者向けのものでした。
日本三大湖城だけあって宍道湖(しんじこ)を望む風景がすばらしいです。
銀色テントむし660

スタンプがあるのは「松江歴史館」なのではないかという事前情報があったので城を降り、向かってみました。
銀色テントむし660

入り口ではお侍さんがお出迎えしてくれます。
銀色テントむし660
…しかし、スタンプがあるのはここではありませんでした。
聞いてみると、半券を渡した城内受付にスタンプがあるとのことorz
ズキマル君にブーブー文句を言われながら再登城しました(笑)

受付でお話しすると、すぐにスタンプを出してくれました。
銀色テントむし660


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
以下、参照文。
------------------------------------------------------------------------------------------
幕末の松江藩は政治姿勢が曖昧で幕府方・明治新政府方どっちつかずであったため新政府の不信を買った。
結局は新政府方に恭順することとなり、戊辰戦争に参戦。慶応4年(1868年)京都の守備についた。
同年には隠岐騒動が起こり、統治していた松江藩代官が島民の蜂起により追放されるという事態となった。
江戸時代中期から頻繁に起こっていた隠岐での飢饉への対処不足、外国船の来航・上陸に対する無為無策ぶりなど島民の不満が高まり遂には武装蜂起となって表れた。
代官追放後、島では自治政府が開かれ、一旦は松江藩に奪い返されたものの鳥取藩・新政府の介入により再び自治政府が開かれ、後、鳥取藩の預かりとなった。
明治2年2月25日(1869年4月6日)には廃藩置県よりも2年早く隠岐県が誕生している。

松江藩は明治4年(1871年)の廃藩置県により松江県となり、後、島根県に編入された。
支藩として、広瀬藩・母里藩、また一時存在した松江新田藩がある。
松平氏は明治17年(1884年)伯爵となり華族に列した。
(ウィキペディアより)
------------------------------------------------------------------------------------------
どっちつかずであったことが、むしろ今に姿を残してくれたのかもしれませんね。
今回はズキマル君と二人旅でしたが、いつか家族みんなで来てみたいステキなお城でした。


□松江城(まつえじょう)(64番)
 住所:島根県松江市殿町1-5
 電話:0852-21-4030
 スタンプ設置場所:天守内受付
 駐車場:あり(有料)
 開館時間:8:30-7:00
 通称・別名:千鳥城
 主な城主:堀尾氏、京極氏、松平氏

より大きな地図で 日本100名城 を表示

ワンポイント
現存天守(江戸時代以前に建造された天守を有し、破壊や焼失をまぬがれて現存しているもの)。
江戸時代には松江藩の藩庁であった。
日本三大湖城の一つ(松江城、膳所城(滋賀県大津市)、高島城(長野県諏訪市))
桜の名所として知られる。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/26 14:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…301軒目・宇都宮「富夢想野」
栃木でのデカ盛り探しは「栃ナビ」と言う情報誌(フリーペーパー)が役に立ちます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回やって来たのは「栃ナビ11月号」で見つけた「富夢想野(トムソーヤ)」です。
暖かなカンジのログハウスタイプの喫茶店でパスタやピザも美味しいそうです。
銀色テントむし660

座席は1階席(下足)と2階席(家族席のみ、スリッパに履き替えて)がありますが、せっかくなので2階席にしてもらいました。
2階は全席コタツ席です。
暖かな空間に、家まで100キロ以上あるのを忘れてくつろいでしまいます(笑)
銀色テントむし660

コーヒーがメインのようなので、とりあえずnorizoとヨメさんはコーヒー系を頼んでみます。
「カフェ・コン・パンナ(350円)」と「マイルドエスプレッソ(280円)」を注文します。
銀色テントむし660
コン・パンナはウィンナーコーヒーのように生クリームが載っていてヨメさん絶賛です。
マイルドエスプレッソも薫り高く美味いです。
ログハウスでコタツでコーヒーって言うのが何だか新鮮です。

さて、今回のメインは「大人のビックリパフェ(1050円)」です。
高さ60センチを超えると言うそのパフェの全容は…キレーい♪
しかも11月号のフリーペーパーを持ち込むと100円引きの950円です。
銀色テントむし660
それにしても栃木のパフェの量増しは綿菓子が主流なんですか?
花火まで付いていてお誕生日会のようです。

カツラいやいや、綿菓子を外してみてもかなりのボリュームです。
フルーツにポッキー、アイスにチュロス、このボリュームでこの価格はアリですね♪
銀色テントむし660

ガツガツと家族で取り合ってあっという間に完食してしまいました。
デザートと言うよりはメインディッシュになりそうなサイズに食事をせずに満足してしまいました(笑)
次回はパスタやピザを食べてみたくなる名店でした♪

□富夢想野 宇都宮駅東店
 TEL:028-660-0473
 栃木県宇都宮市陽東4-7-48
 営業時間11:00-15,17:00-23:00
 定休日:不定休
 駐車場あり

富夢想野 宇都宮駅東店イタリアン / 宇都宮駅東武宇都宮駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/19 18:00


名城100選スタンプラリー・4箇所目「月山富田城」
城めぐりは20年くらいかけてのんびり行う予定なのに…自宅から800キロ以上もある島根まで来てしまいました(笑)
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660

いつもは愛車の「テントむし」で巡るんですが、今回は寝台特急とレンタカーを使って来てみました。
やって来たのは「月山富田城(がっさんとだじょう)」です。
道の駅広瀬富田城に隣接しているため駐車場にも困りません。
銀色テントむし660

しかし、山城のため、このあとスゴく歩くことになります(笑)

駐車場からスグのところに戦国時代に毛利元就に殲滅された尼子家の墓があります。
銀色テントむし660

ここからは獣道のような山道を登ることになります。
天気が良かったからいいんですが…雨の日の散策はオススメできません。
銀色テントむし660

10分ほどのんびり山道を歩くと「中山鹿介幸盛(なかやましかのすけゆきみち)」の銅像が立っています。
解説によるとコテンパンな方なんですが…なぜこの人なんでしょう?
銀色テントむし660

さらに10分ほど登った花ノ壇は 大手道と搦手道の間、山中御殿平の正面、一段下にあります。
かつて、多くの花が植えられていたことからこの名がついたそうです。
後方の山頂が本丸の跡のようです。
これは見晴らしのいいお城だったんでしょうねぇ…
銀色テントむし660

発掘調査をもとに主屋と侍所が復元されていますが…全部閉まっていましたorz
銀色テントむし660

花ノ壇を過ぎると、やっと城址らしい石垣がポツリポツリと続くようになります。
銀色テントむし660

石垣の続く山道を歩くと、本丸までの1本道が見えてきます。
ふもとからここまでおよそ30分かかりますが、そろそろズキマル君は限界です。
実はここまでの道のりで全体の半分も来ていないという事ですが、山頂に城は見えません。
銀色テントむし660
半分の道のりを残して、ふもとに下りることにしました。

実は、名城スタンプ自体はふもとの道の駅にあるのです。
置いてあるのは「安来(やすぎ)市立歴史資料館」です。
銀色テントむし660

入場料がかかる入り口との風除室にスタンプがありました。
資料館の開館時間は9時半から17時までなのでその時間に訪問すれば誰でもスタンプが押せますね。
銀色テントむし660

深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
が、ここは江戸初期に廃城になってしまっているので資料が見当たりませんでした。
機会があったら改めて調べてみます。

秋の紅葉時期をちょっと外してしまいましたが、まだまだ色とりどりの草木が目を楽しませてくれるいいスポットでした。
しかし…お堀や石垣を楽しめるようになるのはまだまだ先のことのようで、もっと後で訪問するべきだったかもしれませんね。

□月山富田城(がっさんとだじょう)(65番)
 住所:島根県安来市広瀬町富田2188
 電話:0854-32-2767
 スタンプ設置場所 :安来市立歴史資料館(道の駅広瀬富田城)
 島根県安来市広瀬町町帳752(道の駅広瀬富田城)
 駐車場:あり
 開館時間:9:30 - 17:00
 通称・別名:月山城、富田月山城
 主な城主:尼子氏、吉川元春、堀尾吉晴


より大きな地図で 日本100名城 を表示

戦国時代には尼子氏の本拠地。
毛利元就に攻められ、一年半籠城したが敗れた。
江戸時代になると、堀尾忠晴が1611年(慶長16年)に廃城とし、松江城に移った。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/00 11:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

人気列車で行こう「サンライズ出雲」
ちょっと嫌なことが続くと、いつもと違う方法で遠くに行きたくなります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

そういえば、モカは2007年8月に「寝台特急北陸」個室、同11月に「北斗星」個室を体験させています。
ズキマル君にはそんな体験をさせていないので、小学校に入る前に「寝台特急の楽しさ」を覚えておいてもらいましょう。
実際には「北斗星」では1歳の時にロビー車で雑魚寝、2歳の時に個室に泊まっていますが覚えていません(笑)

そんな幼稚園最後の思い出に選んだ寝台列車は東京-出雲間を結ぶ「サンライズ出雲」です。
夜21時48分に東京駅9番線ホームに入ってくるのを待ちわびながら、旅への思いも膨らみます。
銀色テントむし660

寝台特急サンライズ出雲は1998年7月10日のダイヤ改正により登場した東京と出雲市の間を結ぶ夜行列車です。
東海道本線、山陽本線、伯備線、山陰本線を横浜・静岡・岡山・倉敷・米子・松江経由で結んでいます。
指定席特急料金で乗車できる「のびのび座席」と言う席が特徴的です。
夜10時頃に東京を出発し、今回の目的地の鳥取県米子へは朝9時頃に到着します。
銀色テントむし660

予約したシングルは一人用B個室でもっとも主たる個室でベッド幅60~70cmです。
銀色テントむし660
個室の最安値は「ソロ」なんですが、ソロでは2階室の入口付近か室内に階段があります。
若干値段があ上がりますが「シングル」は台車間の空間を利用して個室を確保しているために今までのソロに比べて格段に高さが高くなっていて、階段が個室内になく天地方向に少々広いのが特徴です。

通路から室内は同一面になっていますので移動がかなりラクです。
銀色テントむし660

ベッドは固定で入り口付近が多少ベッド幅が狭くなり靴の脱ぎ履きの空間を確保しています。
シングル、シングルツイン共に室内には机、枕、毛布、ハンガー、コップが備えられています。
パネルには空調、BGM設備(ボリューム)、時計、アラーム、BGM用スピーカ、イヤホンジャックが付いています。
銀色テントむし660

また、室内にはコンセントがあるので、バッテリーの心配なくPCライフが送れます。
銀色テントむし660
コンセントには「電気カミソリ用」と書いてありますので大容量の電源の使用は控えたほうがいいと思います。

今回は見送った「のびのび座席」は指定席で、フルフラットシートとなっています。
銀色テントむし660
一人分90cmほどの幅が確保されています。
こちらを諦めた理由は、夜間ズキマル君が泣いたりしても困るからです。
見学に行ってみると、金曜の夜ということもあり満席です。
若い女性が多かったのには驚かされました。

出雲市行き10,12号車、東京行き3、5号車に自動販売機があります。
銀色テントむし660

アルコール類の販売はありません。
また、小さいながらロビーも併設されています。
銀色テントむし660
カウンター席が左右に4席ずつです。
北斗星のロビー車と違い、家族利用向きではありませんね。

出雲市行き10号車にはシャワー室があります。
銀色テントむし660

シャワーは310円で利用できます。
またドライヤーも完備です。
銀色テントむし660
シャワーカードを車掌さんから購入して利用します。
タオルは200円で販売しています。
タオルと歯ブラシが入っています。
A寝台個室シングルデラックスをご利用の方は専用のシャワー室(出雲市行き11号車、東京行き4号車)を無料で利用できます。
シングルデラックスにはアメニティグッズがありタオルも含まれています。
シングルでの利用だと、部屋の場所にもよりますが、車掌さんが切符の確認に来るのは23時過ぎになることもあります。
シャワーの利用を見込んで乗車する際には何か対策を立てておいたほうがいいかもしれません。

11時間の動くホテルでの旅もあっという間に終了して、目的地の米子についてしまいました。
銀色テントむし660

約11時間の寝台列車の旅の価格は
運賃11340円+特急3150円+シングル7350円=21840円(892キロ)です。
家族でのお出かけだと倍以上の金額がかかってしまいますが、幼稚園児のズキマル君との二人旅ならこの価格で済みました。

じっくりと考え事を楽しみたいときに使いたい至福のひと時でした。

車輌情報参照HP:「ほどちゃんの島

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/26 09:15
関東「道の駅」スタンプラリー2011・140箇所目「みぶ」
5ヶ月間、約12000キロを経て、ついに最後のスタンプにたどり着きました。
今年も『関東「道の駅」スタンプラリー』(開催期間平成23年7月1日~11月30日)に参加しています。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回で参加4年目の「関東道の駅スタンプラリー2011」ですが、昨年までのブログの写真が全てトンでしまいました。
そのため、あらためて道の駅のすばらしさをお伝えすべく、写真とともにお楽しみいただければと思います♪
昨年までのケータイスタンプラリーと無料スタンプブックは廃止になってしまったようですが、400円のエコバッグ付きスタンプラリーを存分に楽しみます。

銀色テントむし660

スタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
昨年は「ウォシュレットあるの?」、「標高何m?」、「ビン牛乳売ってる?」を確認しながら楽しみました。

今年は…
「試食で味わうお土産レビュー」「子どもと楽しむ公園施設」をポイントに、約半年間、139箇所の道の駅レビューにお付き合いください。

さて、『関東「道の駅」スタンプラリー2011』の訪問140箇所目は、栃木県にある道の駅「みぶ」です。
ここ数回訪れた栃木県は雨ばかりですが、やっぱり栃木が大好きですので、ラストは栃木の道の駅と決めていました。
銀色テントむし660

「みぶ」は高速道路のハイウェイオアシスと併用のポイントで、小さそうに見えて、併設の公園にもスタンプを置いているオモシロい道の駅です。
銀色テントむし660


道の駅みぶの「試食で味わうお土産レビュー」は、「すが野の山椒入りおかずごぼう」です。
「すが野」は壬生町にある漬物の会社で、冷蔵庫のかなりのスペースを「すが野」製品が占めています。
コアなファン層があるらしく「ぶっかけ生姜」と言う(横に並んだ)商品が特に大人気です。
銀色テントむし660

この会社は特にゴボウ系の漬物が得意らしく、ピリリと辛くてご飯に合うのがこの商品のようです。
銀色テントむし660

値段は280円でした。

「子どもと楽しむ公園施設」は道の駅も周辺施設も両方オススメです。
情報館には栃木らしくかんぴょうの作り方の人形があります。
…夕顔も作業員もリアルすぎてちょっとコワいです(笑)
銀色テントむし660

「おもちゃのまち」と言うことで、おもちゃもたくさん展示されています。
その中でも人間サイズのロボットは写真を撮ってくれと言わんばかりです。
銀色テントむし660

ちなみにこのロボットとツーショットの写真を撮って「おもちゃのまちバンダイミュージアム」に行くと、入場料が割引になります。
銀色テントむし660

道の駅みぶは「とちぎわんぱく公園」と隣接しているのも魅力のひとつ。
敷地内には「おもちゃ博物館」もあるんですが、来春まで改装中だそうです。
銀色テントむし660

結構雨が強いんですが、散策がてら歩いてみることにします。
銀色テントむし660

全天候型で無料で楽しめる「こどもの城」でずいぶん長い時間遊ばせてもらいました。
銀色テントむし660

7月からはじめた今年の「関東「道の駅」スタンプラリー」も改装中の「みまき」を含め約12000キロ、5ヶ月間かけて140箇所を廻りきることができました。

たぶん来年になったら更に何箇所か増えているんでしょうねぇ…

今回は試食と公園をチェックポイントに道の駅めぐりをしてみましたが、家族にも好評でした。
スタンプを押すだけよりもいいかもしれませんね♪

来年も同じポイントで見て廻っても飽きないかもしれませんね。

140箇所の道の駅めぐりへのお付き合いありがとうございました。

このコーナーの復活は来年の夏ごろかと思われます。
そのときもお付き合いいただければ幸いです。

□みぶハイウェーパーク/道の駅みぶ
 栃木県下都賀郡壬生町国谷1870-2
 TEL:0282-82-3591
 駐車場68台(大型3台、小型65台)
 営業時間:9:00~21:00
 定休日なし
 ●標高:78m
 ●ウォシュレット:あり
 ●イーモバイル:ギリギリ


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/19 14:00
銀色テントむしでSL巡り…壬生「5号機関車」
雨の勢いが一向におさまりを見せない栃木に来てしまいましたが、やっぱりSLは欠かせません。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは東武鉄道の「おもちゃのまち駅」東口です。
ここに小さな蒸気機関車「5号機関車(関東鉄道58)」が置かれています。
銀色テントむし660

1段上がった場所にあり、柵があるため乗り込むことは出来ません。
また、正面に植栽があるため記念撮影をしようと思うと思うとちょっと難しいですね。
銀色テントむし660

線路側から写真を撮った方が記念撮影っぽくなります。
銀色テントむし660

車輌は日本車両製造製です。
あの「のぞみ」やリニアモーターカーを作っている会社の製造なんです。
すでに90年前にはこんなスゴい物を作れる技術を持っていたんですね♪
銀色テントむし660

後姿もカワイイですよね♪
現地に行くことがあったら、よーくこの後姿を見てください。
銀色テントむし660

するとリアバンパー(?)にはトミーのマークが入っています。
いや~、随分大きなプラレールですね(笑)
銀色テントむし660

黒地に金色の解説は色褪せていませんが、なぜか文字が少々薄くなってきています。
銀色テントむし660
消えちゃうと困るので、とりあえず転記しておきましょう。

解説転記:
--------------------------------------------------------------------------
永遠なれ蒸気機関車

ここ栃木県おもちゃのまち駅に、なつかしいSLがやって来ました。
この5号蒸気機関車は大正・昭和の二代、半世紀の長きにわたり、かぎりないロマンを乗せて走りつづけ、輸送の大任を果たして参りました。
そして第一線を引退後、“Tomix”という鉄道模型を製造している、当おもちゃ団地内のトミー工業株式会社栃木事業所構内に、保存されておりました。
しかしこのたび、より多くの人々に親しんでいただく為に、この場所に移し静態保存されることになりました。
この保存のために御協力いただいた、東武鉄道株式会社ならびに、トミー工業株式会社に対し深く感謝するとともに、御覧なる皆様の心の中に、いつまでもこのSLが生き続けることを願うものであります。

1982年12月 輸出玩具工場団地協同組合

5号蒸気機関車は、1921年(大正10年)栃木県の宇都宮石材軌道(株)(昭和6年東武鉄道(株)へ合併)が日本車輌製造(株)より購入しました。
その後、東武鉄道のNo.58をへて、1938年(昭和14年)に鹿島参宮鉄道(株)(現・関東鉄道(株))の竜ヶ崎線へ移動し、1970年(昭和45年)頃まで使用されました。
動揺改善が目的と思われるヘンシェル形の変形と言える従輪付きで、C1の軸配置は日本車輌製造(株)でつくられた数多くの蒸気機関車の中でも現存する最古のものと言えましょう。

車輌情報割愛
--------------------------------------------------------------------------

トミー系のこのエリアの工場にはもう一台近しいSLが展示されています。
工場内のため、普段は見学しづらい場所にあるのですが…以前行った時の写真が消えてしまっていました。
また、機会があったら再撮影してご報告します。

おもちゃのまちに相応しい、おもちゃみたいに可愛い蒸気機関車を、これからも大事にして頂ければと思います。

□東武鉄道おもちゃのまち駅(5号機関車・関東鉄道58)
 栃木県下都賀郡壬生町幸町1丁目22-1
 駐車場:1日500円(パークアンドライド用)
 管理先:輸出玩具工場団地協同組合
 ◇車歴
  製造:1921年 日本車輌
  購入:1939年
  使用中止:1970年
  廃車:1971年10月6日
 情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

シリーズ不明
勉強不足ですみません。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/19 13:00
銀色テントむしでデカ盛り…300軒目・おもちゃのまち「地雷屋」
デカ盛りも「ラーメンに走ったらキリがない」と思いつつも、ついつい食べたくなってしまいます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「銀色テントむし」でのデカ盛りラーメンの訪問は「駐車場あり(有料可)、テーブル席あり、取り分けOK」を紹介の基本にしています。
そんなわけで、今回やって来たのは、おもちゃのまち(が一番近いのかな?)にある「地雷屋(じらいや)」です。
何度か店の前を通っているんですが、その度に外まで大行列が出来ていたため諦めまてきましたが、今回は12時前の大雨で、行列が出来ていなかったため初訪問しました。
銀色テントむし660

席はあったのですが、テーブル席が3つのため、家族4人となるとちょっと席が空くまで待つことになりました。
店員さんは見た目はコワいお兄さんたちなのに、手際よく真剣に接客や調理をしている姿のギャップに妙に心打たれます。

席を待つ間に注文を考えて、先にチケットを購入しておくことになります。

スゴいボリュームのラーメンなので家族4人で2品がいいところでしょう。
1品目は安全に「つけめん黒地雷(850円)」にしました。
券売機で「つけめん」券を購入して、注文時に「クロ」と頼みます。
銀色テントむし660
海苔のように見える黒い輪は混ぜると真っ黒なスープになります。
魚介系で酸味のあるドロッとしたスープと太麺がマッチしてガンガン食べられます。

メインのメニューは「ライトイチロー(750円)」です。
ヤサイ、アブラ、ニンニクは無料でアップできるとのことだったので、「ヤサイちょい増し、アブラ少な目、ニンニクちょい増し」と言ってみたら「ちょい増しも少なめもないです。」と言われてしまいました(笑)
「増し」は出来るんですが、ボリュームがコワすぎてチャレンジできません。
と、言うわけで普通の「ライトイチロー」です。
銀色テントむし660
「普通の」って…十分2人前はあります(笑)
コッテリ濃厚なスープにモッチリとした太麺が良くあって美味いです。
しかし、いかんせん量が多い。
この上のサイズで「メガライトイチロー(1,000円)」と言うのがあるそうですが、取り分けNGですのでとても食べ切れませんね(笑)
モカとズキマル君に手伝ってもらって何とか「ライトイチロー」を制覇しました(笑)

12時半過ぎに店を出ると…店内で20人ほど待てるにもかかわらず外まで行列が出来ていました。
いや~、スゴい人気ですね。
銀色テントむし660

子連れでは迷惑をかけそうなのでなかなかくることは出来ませんが、リピートしたくなる名店でした。

□G麺烈伝 地雷屋
 TEL:0285-52-0515
 栃木県河内郡上三川町鞘堂123-7
 営業時間11:30-15:00 17:00-21:00(スープ切れ終了)
 定休日:水曜日(祝日は営業し翌日休業)
 駐車場あり

G麺烈伝 地雷屋ラーメン / 石橋駅おもちゃのまち駅雀宮駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/19 12:30
結果振るわず?それとも予想以上?
ゆとり教育終了どう思う? ブログネタ:ゆとり教育終了どう思う? 参加中

いつも遊びまわっているように見られがちですが、たまには家庭の事情なども書いておきましょうか?
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎週末、遊びまわるnorizoに付き合って、モカもズキマル君も塾や習い事には縁がありません。
しかし、学校に行っている以上、どうしてもやってもらわなければならないのが「宿題」です。
先日、モカの夏休みの宿題が展示されるという「第7回市川フォトフェスティバル」に行って来ました。

モカはゆとり教育終了世代で小学校2年生くらいから6時間授業があるような状態に切り替わりました。
ゆとり世代ではなかったnorizoやヨメさん、それにゆとり世代を知らないモカやズキマルにとっても「当たり前な日常」以外の何者でもないんですが(笑)
ゆとり教育終了とともに増えたのが「宿題」でしょう。
教育方針の急転換に伴い、学校側の混乱も明らかですが、これは学校が悪いわけではありません。
むしろ親である私たちにとっては、好ましい状況になり、それを先生方もサポートしてくれる形となったわけです。
時々、学校や幼稚園で先生のお話を聞かせてもらいますが、ご苦労されていることを感じます。
急激な環境の変化に柔軟に対応する子どもたちと先生に対して親が協力するのは当たり前です。

しかし、それでも「増えたなぁ…」と思ったのが夏休みの宿題です。
土曜日が休みのままのために、平日の授業本数が増えたことは仕方ありませんが、とにかく夏休みの宿題は多くなりました。
学校主体のものではなく、特に企業や団体提携が多く、絵や写真、作文などで総数は40種類以上になります。
進学についての勉強については「人並み」で十分だと考えるnorizo一家ですが、絵や作文など「感性」を育てるモノについては「やれるだけのことはやる!」ことによって育つものがあると考えています。

ちなみに、一昨年、昨年も40種類ほどの夏休みの宿題をこなしたモカは
2年生:「第54回こども県展」特選
3年生:「心の輪を広げる体験作文」千葉県の部の優秀作品、「市川まちグルメ」優秀賞
など、なんとなく市や県でそこそこの成績を出してきました。

今回は…
「第56回こども県展」では佳作(展示対象外)でした。
何とか展示してもらえたのは今回行ってきた「第7回市川フォトフェスティバル」だけです。
これは何としても見ておかないといけないと思い、金曜日の午後に休みを取って、モカの帰宅を待ち行ってみます。
銀色テントむし660

まぁ、せっかくなので会場の様子はと言いますと。
本八幡駅から徒歩5分ほどのところにある「文化会館」と言う建物の地下でひっそりと展示されていました。

やさしそうなおじちゃんたちの下で受付を済ませたら中に入ってみます。
銀色テントむし660

平日の夕方ということで人影もまばらです。
タイミングよく、無人の会場の様子を撮れるほどでした♪
結構すごい数の写真が展示されていて見ていて楽しいです。
銀色テントむし660

で、モカの写真はと言うと…
銀色テントむし660
あぁ、ズキマル君の写真でしたか。
たぶん、タイトルはヨメさんのアイデアでしょう、「とらわれた青いこびと」でした。
う~ん、あんまり選考者受けするタイトルではなかったようですね(笑)

以前、知り合いが選考委員をしていたことがあり、子どもの作品で「選ばれやすくなるコツ」と言うのを教えてもらったことがあります。
ホントかどうかはわかりませんが、写真や絵画、習字などに有効なようです(笑)
①用紙全体をダイナミックに使う。
②情景が思い浮かぶタイトルにする。
たった2つですが、やってみようと思うと意外と難しいものです。

「坂の上の雲」の中で明治の俳人、正岡子規が「俳句は情景が思い浮かぶのが名句」と言うようなことを言っていたと思いますが、それに近いものを感じます。

え?モカに教えたのかですって?
2つのポイントは伝えましたが、それをどのように用紙に表現するかは教えたことがありません。
だってそこが彼女の「感性」を強めるポイントだと思うので。
…と言うか、そのあたりはnorizoよりモカの方が優れているように感じます。

今回の写真のタイトルにヨメさん志向が強すぎたのは、ちょっともったいなかったかなぁ?

しかし、40種類以上の宿題を40日間で終わらせられるようにスケジューリングして二人三脚でこなしているのもヨメさんです。
遠くから知ったかぶってエラそうにしているnorizoよりも、モカの表彰を一番喜んでいるのはきっとヨメさんなのでしょう。

ゆとり教育が終了して、宿題や勉強が忙しくなるモカやズキマルが、今後もnorizoの旅に付き合ってくれるよう、ヨメさんに少しでも協力していきたいと思います。
※こんな事言いながら、日頃キツく当たってしまっているのが現状なので、これを書きながら反省します(笑)

モカ、ヨメさん、今回は展示おめでとう♪

つまらない話に最後まで長々とお付き合いいただきありがとうございました。
次回からの「旅」ブログにもお付き合いいただければ幸いです。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/18 17:00

名城100選スタンプラリー・3箇所目「足利氏館」
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。
銀色テントむし660

大雨になってしまいましたが、紅葉美しい「鑁阿寺(ばんなじ)」、名城5番の「足利氏館(あしかがしやかた)」にやってきました。
銀色テントむし660

公共交通機関の足利駅からもアクセス良く、観光スポットとしても申し分ないエリアです。
銀色テントむし660

今回は事前に「名城だけどお城ではない」と言うことも理解してきているので、がっかり感もありません。
正門から中央を真っ直ぐに進んだ鑁阿寺(ばんなじ)が足利氏ゆかりのお寺なんだそうです。
銀色テントむし660

スタンプはこの建物(本堂)の右手のお守りの販売所にあります。
銀色テントむし660

「スタンプ貸してください。」と声をかけるとすぐに出してくれました。
どうやら、ここはかなりの方が見えているようで係の方の対応も慣れたものです。
銀色テントむし660

今回は九兵衛さんにレクチャーして頂いた「ガイドブックに載っている箇所を探していると少しずつ楽しくなるかも」と言う言葉のもと、足利氏館のポイントの「土塁とお堀」を探してみました。
ありました。
敷地を囲むような長方形のお堀は周辺の住宅地に清閑な雰囲気を与えているようです。
銀色テントむし660
土塁は…あまりにも雨が強く足元が危ういので今回は見送りました。

境内には大きなイチョウの木があります。
これは天然記念物になっているそうで樹齢は約550歳だそうです。
銀色テントむし660

重要文化財も数多く見られます。
鐘楼(しょうろう)は正門の右手にあります。
銀色テントむし660

鎌倉時代初期に建設され、明治41年には国宝に指定されたそうです。
銀色テントむし660

経堂(きょうどう?)は本堂左手にあります。
これも重要文化財で1407年に再建されたものだそうです。
銀色テントむし660

ちょうど中を公開しているので見たかったんですが、ずぶ濡れの子どもたちを連れて重要文化財に何かあっても困るので今回は見送ります。
銀色テントむし660

経堂の奥には御霊屋(読めません)があります。
建物自体は江戸時代に徳川家から寄進されたものだそうです。
銀色テントむし660

名城「足利氏館」と言うよりは重要文化財の宝庫として見にくると、一層楽しいかもしれません。
銀色テントむし660

子どもたちは、併設の公園の方が興味があり、荒天を残念がっていました。
銀色テントむし660

栃木出身の友人に「鑁阿寺を楽しむなら北門から入らなきゃダメだよ」と言われました。
と言うことで、駐車場に北門から入ったんですが…本堂のスグ後ろが駐車場です(笑)
銀色テントむし660

北門は山門や正門に比べればプレッシャーは感じませんが…
軽キャンカーでも結構ヤバイ横幅の門をそのままくぐって行くのでビックリします。
銀色テントむし660

確かに「車で行くなら北門だな」と改めて感じました(笑)


足利氏館については深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。

江戸時代には下野喜連川氏に治められていましたが、土佐同様に上士と下士の対立があったようです。
明治時代になって廃藩置県の折に数百年ぶりに「足利氏」の名前が出るようになり、1922年(大正11年)3月8日 「足利氏宅跡」として国の史跡に指定されています。
幕末には近藤勇さんの死後、新撰組の土方歳三さんが1868年の宇都宮城(新政府軍)の戦いに旧幕府軍側の指揮官として参加していますが、ここでも敗戦し福島に向かうことになるんですね。

スタンプはともかく、春に秋に色鮮やかな自然と歴史的建造物を楽しめるリピートしたいスポットでした。

□足利氏館(5番)
 TEL:0284-41-2627
 栃木県足利市家富町2220 鑁阿寺(ばんなじ)
 スタンプ場所:鑁阿寺(ばんなじ)本堂内御守販売所
 駐車場あり(無料)
 休館日:なし
 開館時間 9:00-16:00

より大きな地図で 日本100名城 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/19 10:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしで関東の駅百選…第14回栃木「足利駅」
ここ数回の栃木旅行は毎回雨になってしまいました。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。
 
「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1998年第2回」に選出されたJR両毛線の「足利駅(北口)」です。
選定理由は「歴史のある土地にありながらステンドグラスを使い、開設当時の外国文化を表す洋風な建築模様が目をひく駅。」だからだそうです。

銀色テントむし660
1888年に足利駅が開通すると1889年には町村制により足利町が誕生、1921年に市制施行で足利市が発足し1933年(昭和8年)に建設されその後約80年間現役を貫いている駅です。
ウィキペディアによると2008年(平成20年)7月25日に駅舎に落雷が直撃し、駅舎2階の室内一部が焼失してしまったようです。
なるほど、ヒキで見てみると時計台の両脇の瓦だけ赤が鮮やかです。
銀色テントむし660

そんな昔の雷での火災の面影は残さず、構内はいつも通りの活気がありますが、駅自体は明治の面影をあまり感じられないものになってしまっていました。
銀色テントむし660

足利駅の水飲み場は「足利の天然水」が出てきます。
しかも、センサーがついていて自動で水が出てくるので手足を汚すこともありません。
楽しくなってしまったのか、ズキマル君はセンサー探しに精を出していました。
銀色テントむし660

解説を見ると、「市制70周年記念」と書いてあります。
確か今年の12月10日には市制90周年のフォーラムが用意されていましたから、これも20年経っているんですね。
銀色テントむし660

駅前には電気機関車も展示されています。
時間帯で乗り込むことが出来るのか、車体の鍵は開いていたんですが、囲いの鍵がまだかかっていました。
銀色テントむし660
個人的には足利駅と言えば「グリルやまとや」と言うデカ盛り店が大好きです。
ちょうどこの電気機関車の向かいにあって…とてもやっているようには見えないスゴい店です。
機会があったらデカ盛りとセットで訪ねてみてはいかがでしょう(笑)

□足利(あしかが)駅
 栃木県足利市伊勢町一丁目118
 JR両毛線
 開業年月日1888年(明治21年)5月22日
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

 1998年(第二期)選定駅
 関東の駅100選 選定理由
 「歴史のある土地にありながらステンドグラスを使い、開設当時の外国文化を表す洋風な建築模様が目をひく駅。」


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/11/19 09:30

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしの電車でおでかけ…「お台場・有明ぐるりきっぷ」
今週はお台場でキャンピングカーショーがあったので、臨海エリアを中心に楽しみました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

天気がいいことを前提に遊ぶコースとして、今週お伝えした旅を振り返って見ましょう。
月曜日の「けやき食堂」を除いては1日で回ったコースを1週間に分けてお伝えしてきました。

時々「モカちゃんとズキマル君に義務教育を受けさせたほうがいいのでは?」と言う不安の声を頂きますが…
平日はちゃんと学校と幼稚園に行ってもらっています(笑)
norizoは遅筆なのでブログの更新が間に合わず、1週間かけてのお知らせになってしまっているだけです。
ブログ1本書くのに下調べから取材、コラムまでで短くても3時間くらいかかるんですが、皆さんはどれくらいで書けるものなんですかね?

では、この日の行動を振り返ってみましょう♪

さて、今回は新木場の夢の島公園の隣にある「夢の島マリーナ駐車場(1日500円)」に車を停めてのスタートとなりました。
この駐車場は最寄のりんかい線「新木場駅」まで2キロほどあるんですが、空いているのと、比較的高所得帯の方が多いためドロボウの被害に会い辛いのが特徴です。
水辺を挟んだ向こうにはスカイツリーも見える好立地です。
銀色テントむし660

夢の島公園の湾岸線の脇道をのんびりと歩いて新木場に着いたら「お台場・有明ぐるりきっぷ」を購入します。
銀色テントむし660
この「お台場・有明ぐるりきっぷ」は、りんかい線(新木場~大崎間)、ゆりかもめ(全区間)、水上バス(日の出埠頭~お台場海浜公園、パレットタウン、国際展示場ライン)が1日乗り降り自由で大人900円子ども450円と言う逸品です。

早速、新木場から国際展示場までりんかい線(260円)で進みます。
銀色テントむし660

朝8時頃からスタートしたのでりんかい線国際展示場駅からゆりかもめ有明駅で乗り換えて、最前列で運転席のようなパノラマ風景を楽しみながらお台場海浜公園駅で下車します。(240円
銀色テントむし660

駅巡りを終え、船の科学館駅まで散歩して日の出駅(310円)で下車したら今度は水上バスに乗り込みます。
銀色テントむし660

日の出桟橋からお台場海浜公園までは水上バス「海舟」(460円)で海上散歩としゃれ込みます。
銀色テントむし660

お台場海浜公園の桟橋には松本零示さんデザインの「ヒミコ」が係留されていました。
銀色テントむし660
※ヒミコは別料金

今度はランチを楽しむためにりんかい線東京テレポート駅から大井町(260円)まで移動します。
ガッツリランチを楽しんだら、もう一度東京テレポート駅に戻り(260円)キャンピングカーショーを見に行きました。
ヨメさんとモカは別行動でビーナスフォートやジョイポリスに遊びに行きます。
周遊券があれば、ジョイポリスの入場料(500円)も無料になるのでこれまたお得です。

ズキマル君とnorizoはキャンカー見物後は船の科学館まで歩いて「南極大陸」に出てくる「宗谷丸」(無料)を見学します。
銀色テントむし660

古くなっているとは言え、当時を思わせるすばらしいスポットです。
とりあえず、海賊王になりたくなるかもしれないズキマル君には舵をとらせてみました(笑)
銀色テントむし660

船の科学館駅から新橋駅(370円)まで行って、SLの様子を見つつ、移動します。
今度は新橋からゆりかもめに揺られて日の出駅(240円)に着いたら、日の出桟橋まで歩きます。
次はパレットタウンまで水上バス「リバータウン」(400円)の旅を楽しみます。
銀色テントむし660


船からは新造船「御座船 安宅丸(ござぶね あたけまる)」が優雅に進むのを見られました。
銀色テントむし660
※安宅丸は別料金

パレットタウンでヨメさんとモカに合流できると思いきや、反対側のジョイポリスにいることが分かりました。
仕方がないので青海駅から台場駅(240円)に移動します。
ヨメさんとモカと合流し、食事(1日券で10%引き)をしたらお台場の夜景を楽しみます。
銀色テントむし660

そんなこんなで夕方6時半、台場から新木場(240円+260円)へ戻り、2キロ歩いて夢の島マリーナ駐車場でテントむしを回収しました。

900円の1日券ですっごい楽しめるのがお分かりいただけたでしょうか?
運賃だけでも3540円が900円で済みました。
更に食事やジョイポリスなど割引も満載♪
たま~に、この周遊券で遊びたくなるんですよね。

ただし、ひとつ気をつけなければならないのは…
今回のコース、各自の歩いた距離は20キロを超えていました(笑)
天気が良ければ歩けますが、天候不順だと結構キビしいプランです。
計画の際は、雨天時の遊び方を考えた上でご旅行なさることをオススメします。


□「お台場・有明ぐるりきっぷ」
 発売価格:大人900円、子ども450円(当日購入可能)
 発売場所:りんかい線各駅窓口(大崎駅を除く)、ゆりかもめ各駅、水上バス日の出営業所
 ◇乗車範囲(乗降フリー)
  ゆりかもめ全線
  りんかい線全線(新木場-大崎間)
  水上バス(日の出桟橋-パレットタウン、国際展示場、お台場海浜公園間)
  ※日の出桟橋~船の科学館(青海)間は休航中
  <注意> 水上バスは、荒天などによる欠航や、運休日・休航路線があります。
         また、運行本数も少ないので事前にご確認ください。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/13 19:00

銀色テントむしで「東京キャンピングカーフェア2011」
今週、なぜ夢の島にクルマを停めてお台場を周遊しているかと言うと…コレが目的です。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはフジテレビ第二ビルの隣の空き地を使って行われた「東京キャンピングカーフェア in お台場」です。
今年は入場料もダウンして大人500円で入場できました。
が、ヨメさんとモカはお台場に来たのだからとビーナスフォートに消えていったのでズキマル君と廻ります。
銀色テントむし660

norizo一家は「テントむし」乗りなので1番に向かうのは関東での代理店「ロータスRV販売」さんです。
制作会社の「バンショップミカミ」さんからミカミ社長も来られてお客さんに熱心に説明しています。
せっかくなのでズキマル君と社長と一枚撮りたかったんですが…人見知り時期のズキマル君に頑なにお断りされてしまいました。
テントタイプに屋根が開いて4人就寝できるタイプの中で、キッチンスペースを取り払い就寝スペースを拡大した4ナンバー軽キャンカー「T-Po(ティーポ)」はやはり人気があります。
バンショップミカミ製の「テントむし」シリーズはこのタイプの軽キャンカーの中で唯一後部横側とリアの窓に網戸がついているので、夏場の車中泊やキャンプ場での使用では虫の被害を気にしなくて済む数少ない仕様のクルマです。
銀色テントむし660

インディアナRV製の「インディー727」はデザインとシートアレンジがステキです。
また、後部座席の窓はアクリル製2重窓なので走行時の空調ロスが少ないのが特徴かもしれません。
また、ウッド調の内装は高級感を漂わせます。
銀色テントむし660

ステージ21製「リゾート・デュオ」は後部座席をソファーベッドにした変化球で攻めます。
車体デザインへのこだわりが感じられ好感が持てました。
銀色テントむし660

この3タイプは軽トラベースで後部座席部分を架装している点がポイントです。
メリットは車内スペースを最大に取れるため、一般車の改造キャンカーに比べて生活スペースが大きく取れることが上げられます。
また、アルミとFRPを多用しているため、車重も950キロ前後と軽のワンボックス程度の重量に抑えられ、燃費を著しく低下させることもありません。
更に、通常の軽自動車に比べ断熱性に優れており、冬場の暖房効率が上がり、ガソリンタンクからガソリンを補給して暖房するFFヒーターなどでのガソリン使用を抑えることも出来ます。
弱点は完全手作成のため、高価格である点です。
最低価格は250万円前後の掲示が多いようですが、初乗り価格は350万円程度と考えた方が良いでしょう。

しかし、買ってしまえば意外と使い勝手が良く、街乗りにも使えるため、norizoのように4年で10万キロ乗ってしまうようなことになるかもしれませんよ。
全国各地でキャンピングカーショーが行われていますから、気になったら販売店に行く前にこうしたイベントに顔を出してみるのも良いかもしれませんね。

□東京キャンピングカーフェア in お台場 大商談会(終了)
 日時:2011年11月12日(土)・13日(日)  9:30-16:30
 開場:お台場屋外特設会場 (東京都江東区青海2丁目 青海K区画)
 主催:一般社団法人 日本RV協会、くるま旅クラブ
 入場料:一般500円,小中学生300円

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/13 14:00

銀色テントむしでデカ盛り…299軒目・台場「ポムの樹」
お台場にもデカ盛りがあることを改めて確認してアクアシティお台場にやってきました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのはアクアシティお台場の5階(自由の女神側)にある「ポムの樹」です。
知らなかったんですが全国に96店舗もあるチェーン店だったんですね。
銀色テントむし660

さすがに1品を4人で取り分けるのは恥ずかしいので「海の幸とトマトクリームソースオムライスS(1134円)」を注文します。
銀色テントむし660
ご飯は茶碗2杯分、卵2~3個を使用しており、バターライスにフワフワの卵がかかっています。
シーフードはエビ、イカ、ホタテでダシが効いたウマいオムライスです。

メインはボリューミーな「Lサイズ(+420円)」なのですが、何をそのサイズにするかが悩みどころです。
今回はヨメさんとモカからの依頼で「モッツァレラチーズのトマトソースオムライス(1134円)」を「Lサイズ(+420円)」で注文しました。
銀色テントむし660
トマトソースにとろけるモッツァレラチーズがクリーミーで美味い!
中のご飯はバターライスでトマトソースとの相性もバツグンです。

ちなみに「Lサイズ」ですが、ご飯は800g(茶碗6杯分)、卵は6個使用というメタボメニューです(笑)
銀色テントむし660

トロトロ系オムライス大好きのモカさんが必要以上の頑張りを見せて、余裕の完食でした(笑)
銀色テントむし660

ゆりかもめの1日券を持っているとインフォメーションで割引券がもらえます。
他のクーポンとの併用は出来ませんが10%引きになるので、ちょっとだけお得に食事を楽しめるのも嬉しいところです。
お台場は食事の場所に事欠きませんが、失敗しないと言う意味では選択の一端に置きたい名店です。


□ポムの樹 アクアシティお台場店
 TEL:03-3599-5510
 東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場5階自由の女神側
 営業時間11:00-23:00
 定休日なし
 駐車場 :有料
 ※オムライスLはご飯800g卵6個使用

ポムの樹 アクアシティお台場店オムライス / 台場駅東京テレポート駅お台場海浜公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/13 17:00

銀色テントむしでSL巡り…新橋「C11292」
今回は新木場にテントむしを乗り捨てて、りんかい線とゆりかもめで旅しています。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

さて、やってきたのは酔っ払いの町(笑)新橋駅です。
よくバラエティー番組などで酔ったサラリーマンのコメントをもらうシーンで見えているSLがこの「C11292」です。
norizo一家には比較的馴染み深いSLで年に数回はこのためだけに新橋駅に立ち寄ります(笑)
今回は日曜の昼下がりの訪問にもかかわらず、新橋駅西口広場には人通りがまばらで、かなり引いた位置からでも全体が見える好タイミングにめぐり合えました。
銀色テントむし660

日曜午後3時半は待ち合わせに使われない場所なんでしょうか??
新橋駅前広場でこんなに人影なく写真を撮るのは初めてです。
銀色テントむし660

一応、正面からの写真も撮っておきますが、オブジェ状態のこの車輌には乗り込めないのが残念です。
銀色テントむし660

乗り込めないように扉は溶接されているように見えます。
おや、普段は待ち合わせの人で見えなかった場所に1枚の看板を見つけました。
銀色テントむし660

えぇ!新橋って日に3回もSLの汽笛が鳴るんですか??
到着時間が15時半だったことが悔やまれます。
銀色テントむし660

解説の表示も今回初めて見つけました(笑)
鉄道100周年を記念して新橋駅前に保存た蒸気機関車なんですね。
銀色テントむし660


やまてつさんのホームページの豆知識によると「ドームがカモボコ型である戦時型で、工作が簡略化されている。移送は姫路第一機関区より品川機関区に入り、汐留めまで移送し、分解され新橋駅まで運ばれた。」そうです、
銀色テントむし660

管理している方がどなたかは分かりませんが、何時来てもきれいにしてもらっているのは嬉しい限りです。
銀色テントむし660


次回は是非、汽笛を聞きに来たいものです。

□新橋駅西口広場(C11292)
 東京都港区新橋2-7 JR新橋駅西口前
 駐車場:なし
 管理先:未確認

◇車歴
 製造: 1945年2月11日 日本車輌 No.1368
 配置: 1949年3月1日 姫路
 配置: 1961年3月31日 姫路第一
 移動: 1972年8月9日 品川
 廃車: 1972年9月16日 品川
 保存開始: 1972年10月26日
 情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

シリーズ:C11
 C10形の改良増備形として1932年から1947年まで381両製造。1975年まで使用された。大井川鉄道で2両、真岡鉄道で1両、JR北海道で2両動態保存されるなど、最も動態保存されている。また40両以上が静態保存として残っている。
 

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/13 15:30
銀色テントむしでデカ盛り…298軒目・大井町「ブルドック」
今回の旅は新木場の「夢の島マリーナ」にクルマを乗り捨て、りんかい線に乗っての移動を楽しんでいます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのはりんかい線大井町駅から徒歩3分ほどの「ブルドック」です。
懐かしげな商店街を横道に入り、更に路地に入ると大きな看板が見えます。
2009年に放送された「みなさんのおかげでした。」の「きたなシュラン」で星3つを獲得した名店中の名店です。
店内は懐かしいカンジに煤けていて昭和40年代を思わせます。
2階席に通されましたが、これがまた昭和30年代の下町の民家のようで素晴らしい♪
銀色テントむし660

揚げ物がメインですが、価格は意外と名店価格(笑)
その中でリーズナブルだったのは「Aランチ(840円)」です。
おかず2種とご飯、味噌汁のセットですが、おかずのうち1種はマヨネーズがたっぷり載ったロースハムです。
一瞬笑ってしまいましたが、カツはホンモノです。
牛の薄切り肉をミルフィーユ状態にしてカツにしてあり、トマトベースらしいソースで味付けしてあります。
ご飯もツヤツヤで1合くらい載っています。
銀色テントむし660
ご飯は大盛にしてしまうと3合ほどにアップして価格もアップしてしまうので通常モードです。

さて、やはりメインはデカ盛りですが、ブルドックといえば「オムライス大盛(880円+250円)」です。
「オムライス大盛!」と注文した途端、周り中から注目されました(笑)
銀色テントむし660
うん、大きい♪
ご飯は3合くらいでしょうか。
チキンとマッシュルームがゴロっと入ったケチャップベースのホカホカご飯がみっしりと詰め込まれ、その上にキレイの卵でコーティングされています。
トマトベースのソースとハートのケチャップの2段構えでなかなかいい感じです。
2品しか頼んでいませんので、3人がかりで食べきりました(笑)
雰囲気的には京都の「アローン」や、富山の「島田食堂」のサイズとご飯のミッシリ具合で、フワトロ系ではありませんが昭和生まれのnorizoには懐かしく、止まらないオムライスでした。

星3つの名店は、やはりこれからも来たくなるいいお店でした♪

□キッチン ブルドック
 TEL:03-3471-6709
 東京都品川区東大井5-4-13
 営業時間11:40-21:00
 定休日:水曜・第3木曜
 駐車場なし

キッチン ブルドック 洋食 / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/13 12:30
銀色テントむしでデカ盛り…284軒目・桶川「ともや食堂」
埼玉や群馬に向かう週末によく通る道で、気になっていた食堂がありました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

立ち寄った場所から20キロ程度だったので、この機会に食事をしてみることにします。
やって来たのは桶川にある「ともや食堂」です。
居酒屋のような店内は昼間なのになぜかノスタルジーを感じる夕方のようです。
銀色テントむし660

チェーン展開しているらしく、他店ではデカ盛りで好評だったので、ちょっと楽しみです。
メニューに「大盛(100円増し):ご飯1.5倍」、「特盛(200円増し):ご飯おかず共に1.5倍」が記載されているのも嬉しくなります。
銀色テントむし660

しかし、ズキマル君は手伝ってくれる気がまったくないらしく、「お子さまランチ(280円)」を譲りません。
銀色テントむし660
しかし、いざオーダーが通って食事が来れば、価格に見合わぬナカナカのセット内容です。
ミニハンバーグ、ポテトフライ、エビフライ、カラアゲ、ふりかけ、うまい棒、おもちゃ、カルピスがセットです。
しかし、コレではお手伝いは見込めませんね(笑)

ホントはチャーハン大盛を頼もうと思って入店したんですが、すでにそんなメニューはなくなっていました。
気になったのはモツ丼系や焼肉丼系も気になったんですが、歯ごたえのある食材で大量だったときのダメージは隠せません。
デカ盛りはスキですが、食べられないことも多いのでここは「から揚げ丼特盛り(580円+200円)」で様子を見ることにしましょう。
銀色テントむし660
から揚げは10個くらい、ご飯も2合弱と予想外の軽量級に無理なく食べきることが出来ました。
体調がよかったのもあるかもしれませんね♪
ヨメさんやモカがいれば他のメニューも検証できたんですが、1品だけではボリュームの大小がわかりかねる店でした。
安価で「デカ盛り」メニューを楽しめる上に、norizoを含む普通の人で食べきれそうなサイズなので初心者(何の?)でも安心してチャレンジできる名店です。
ホントはもう少しボリューミーなものを期待していた部分についてはちょっと減点ですが、食べてみたいものの種類が豊富なのは好印象でした。

次回はモツ系丼にチャレンジしてみたいですね♪


□ともや食堂
 TEL:048-778-8483
 埼玉県桶川市坂田1652-9
 営業時間11:00-14:00,18:00-22:00(土日延長)
 定休日なし
 駐車場あり

ともや食堂 定食・食堂 / 桶川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/10/09 13:30
銀色テントむしで関東の駅百選…第13回東京「お台場海浜公園駅」
今週は夢の島マリーナにクルマを乗り捨てて、その先は電車旅を楽しみます。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。
 
「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1998年第2回」選定、ゆりかもめの「お台場海浜公園駅」です。
選定理由は「都市景観との連続性を前提とした駅舎で歴史と新しいものが一体となった駅。」だからだそうです。
前の駅も後ろの駅も見えるバス停のような間隔に置かれた都市型の駅です。
ちなみに「歴史」とはマンションの奥にあるお台場海浜公園で、幕末に黒船に対抗しようと作られた軍事設備が城址のように残っています。
銀色テントむし660

駅自体は1995年に出来たばかりなので非常に近代的です。
普段は列車同様、駅舎内も無人なので、なんだか機械の国にいるようです。
銀色テントむし660

改札も無人です。
ただ、土日の昼前後のピークタイムを迎えると、フォローのおじさんが現れるので初めての方でも安心です(笑)
銀色テントむし660

ゆりかもめは無人運転なので運がよければ最前列の運転席ポイントで駅への到着を楽しめます。
土日でも早朝から10時頃までは意外と最前列を独占できます。
銀色テントむし660
お台場周遊の際には水上バスへの乗換えや、デックス、アクアシティなど観光スポットにアクセスするのに便利な駅です。
本数も多く(4,5分に1本)使いやすいので、初乗り180円の運賃を考えると1日券(800円)または「お台場・有明ぐるりきっぷ(900円)」を購入して散策することをオススメします。


□お台場海浜公園駅(ゆりかもめ)
 東京都港区台場2丁目3先
 東京臨海新交通臨海線(通称ゆりかもめ)
 開業年月日:1995年(平成7年)11月1日
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

 1998年(平成10年) - 第2回関東の駅百選選定駅となる。
 選定理由は「都市景観との連続性を前提とした駅舎で歴史と新しいものが一体となった駅。」


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/11/13 09:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでデカ盛り…297軒目・野田「けやき食堂」
土曜日なのに午前中の仕事が重なり遠出が出来ず、夕方、デカ盛りを求めて千葉の北端近くにやってきました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

北端と言いながらやってきたのは野田市にある「けやき食堂」です。
ちょっとクルマで走れば東のデカ盛りの聖地「やよい食堂」があるため、若干マイナーネームかもしれませんが、体調に合わせてボリュームを変えられるという意味ではこちらの方がオススメかもしれません。

銀色テントむし660

ズキマル君は昼間はしゃぎすぎてしまったために早くも撃沈しており戦力になりません。
バランスを考えて、1品目は「とろふわオムライス(780円)」を注文します。

銀色テントむし660

オムライスは爆弾メニューではないので、女性でも食べ切れます(たぶん)。
トロットロの卵は4個使ってフワフワに仕上げてあるそうです。
モカとヨメさんで取り合いのように食べきります。

後は…
やはり「けやき丼」でしょう。
ボリュームを選ぶのに「特」の字を増やすほどスゴいことになります。
思い切って「けやき丼特特特特特(トクゴ)で!(価格不明)」お頼んでみました。
女性の店員さんが「トクゴはご飯が2.5キロあるよ?」と聞き返してくれました。
1キロ超えで静止されたことは盛岡の「きくや」や下田の「カウボーイ」でもありましたが…
「ホントにいいの?」とだけ聞き返されます。
良いわけないので「特特特特(トクヨン)は?(980円)」と聞いてみると、こちらにも笑いながら「2キロ」と答えが帰ってきました。
ズキマル君沈没中、モカとヨメさんはオムライスにしか期待が出来ないとあっては、その下のグレードしかないですね。
「けやき丼特特特(トクサン)で!(880円)」と決定しました。
どうやら「特」ひとつ500gアップのようですね(笑)
銀色テントむし660
1.5キロのご飯の上に、千切りのキャベツが載り、その上には甘辛く炒めた豚肉がたっぷり載っていて美味い!
さらに500円以上の食事には「納豆」か「生卵」がサービスされます。
さすがにオムライスに卵は…と思うかもしれませんが、これがモカに爆食させる引き金になります。
銀色テントむし660

この娘、生卵があれば、茶碗大盛(300g程度)のご飯を食べてくれます。
総量2キロ近いであろうトクサンを「生卵(+モカ)」でナントカ乗り切り、無事完食です(笑)

たぶん一生「トクヨン」を制覇することは出来なそうですが、時々来たくなる絶妙な味付けでした♪

□けやき食堂
 TEL047-125-2319
 千葉県野田市山崎2638-35
 営業時間11:00-14:00,17:00-21:00
 定休日:日曜日
 駐車場あり

けやき食堂 定食・食堂 / 運河駅
夜総合点★★★★ 4.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 16:30
銀色テントむしで関東の駅百選…第12回東京「国際展示場駅」
今週はテントむしと電車の併用で都市圏の旅を楽しみます。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。
 
「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されました。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1997年第1回」選定のりんかい線「国際展示場駅」です。
選定理由は「屋根が半透明なテフロン幕で、幌馬車をイメージさせる駅。」だからだそうです。
外から見てみると…なるほど未来型幌馬車と言った感じのユニークなカタチです。
銀色テントむし660

ホームは地下なので、ホームから上がってくると外の明かりが差し込んで非常に明るいのが印象的です。
銀色テントむし660

また、曲線的なデザインはなんとなくココロを落ち着かせます。
銀色テントむし660

「幌馬車」らしさを色濃く感じられるのは、ゆりかもめの「有明駅」の階段を登ったところですね。
まさに「近未来」都市ってカンジですね♪
銀色テントむし660

この景色が夜になるとさらに幻想的になります。
夜景とマッチしてスゴく良い感じ♪
銀色テントむし660

千葉方面からゆりかもめへの接続駅なので臨海エリア利用時には使うこともあるかと思います。
その際にはちょっと気にして目を向けてみませんか?
意外と新しい発見と、一緒に旅する人との会話が弾むかもしれません。

□国際展示場駅(りんかい線)
 東京都江東区有明2丁目5-25
 東京臨海高速鉄道線(通称:りんかい線)
 開業年月日:1996年(平成8年)3月30日
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

 1997年(平成9年) - 「関東の駅百選」に認定される。
 選定理由は「屋根が半透明なテフロン幕で、幌馬車をイメージさせる駅。」


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/11/13 08:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでデカ盛り…292軒目・佐久平「草笛」
長野に来たらガッツリお蕎麦を食べたい気分になります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

長野から群馬方面に抜ける途中で立ち寄ったのは佐久平にある「草笛」です。
オープン時間30分前に到着したので駐車場で待っていたんですが、15分ほどすると店の前に15人ほどのお客さんが待つ状態になりました。
銀色テントむし660
10分前には店の中に入れてくれましたが、席に案内されるのは17時からになります。
入り口付近は囲炉裏と蕎麦打ちを見られるスペースになっているので待ち時間も飽きません。

秋の夕暮れの長野は寒いくらいなのでカラダの温まる冬季限定「力うどん(1050円)」を注文してみました。
ボリュームはそれほどでもありませんが、いい香りが立ち込めます。
銀色テントむし660
焼き餅、鶏肉、海老天、ねぎ、わかめ、かまぼこと共に、甘い味付けのくるみペーストが載っています。
温かいつゆにもしっかり耐えられるモチモチでコシのある麺なのでゆっくり食べても大丈夫です。

なんと言っても草笛は冷たいおそばの「大盛り」を外すわけにはいきません。
リーズナブルな「もりそば(560円)」は「大盛り(+500円)」にすると最強のメニューになります。
お店で注文すると「ウチの大盛りご存知ですか?」と念を押されます(笑)
それなのに「他にご注文はありますか?」と重ねて聞かれたので思わず吹き出してしまいました。
そんなやりとりの後に出てきた蕎麦がスゴい♪
銀色テントむし660
コシが強く歯ごたえのいい麺は、温かいつゆに入れるとすぐにのびてしまうため、冷水で締めたものを、冷たいつゆで頂きます。

日光あたりで一升そばで注文すると3000円位するお店もありますが、ここなら打ちたての蕎麦をおなか一杯食べることができます。

自宅まで200キロ以上とちょっと遠いのでなかなか来ることができませんが、足を伸ばしてでも美味しい蕎麦を楽しむには苦にならない名店です。
寒い時期よりも暑い時期に楽しむのが最も適した店のような気がします。

□草笛(佐久平店)
 TEL:0267-66-3939
 長野県佐久市佐久平駅東21-3
 営業時間 11:00~15:00,17:00~20:00
 ※月曜日は昼時間のみ営業
 定休日:なし
 駐車場あり

佐久の草笛 そば(蕎麦) / 佐久平駅岩村田駅
夜総合点★★★★ 4.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/10/29 18:00
銀色テントむしでデカ盛り…296軒目・小山「貴族の森」
栃木に怪しい名前と面白いパフェの店があると聞きやってきました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

小山のひっそりとした道を進むと「貴族の森」と言う怪しい名前のログハウスが建っています。
喫茶店としてがメインで、パスタとのランチセットなどもオススメだそうです。
銀色テントむし660

そんな中、今回頼んでみたのは栃木を代表するデカ盛りパフェかもしれない「にゅうどうぐもパフェ(850円)」です。
銀色テントむし660
一瞬、ドライアイスで真っ白なのかと思ったら、「入道雲」は綿菓子でした。
確かに…デカい(笑)

どのくらいデカいかを確認するために「フルーツパフェ(790円)」も注文してみました。
銀色テントむし660
綿菓子の分だけデカく、見た目は2倍以上に見えます。

しかし、実食に入ると、邪魔にされたカツラのような綿菓子だけが皿に放置され、パフェだけがあっという間にモカとヨメさんの胃袋に消えていきました。

まさか、喫茶店で綿菓子だけ食べることになるとは思いませんでしたよ(笑)

次回はちゃんとコーヒーを飲んでみたいですね♪

□貴族の森 小山東店
 TEL:0285-25-8808
 栃木県小山市大字中久喜1174-11
 営業時間11:00-23:00
 定休日なし
 駐車場あり

貴族の森 小山東店パスタ / 小田林駅小山駅結城駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 16:30
関東「道の駅」スタンプラリー2011・139箇所目「たぬま」
道の駅巡りもラスト2箇所となりましたが、まさかの土砂降りに今回はここを最後にすることにします。
今年も『関東「道の駅」スタンプラリー』(開催期間平成23年7月1日~11月30日)に参加しています。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回で参加4年目の「関東道の駅スタンプラリー2011」ですが、昨年までのブログの写真が全てトンでしまいました。
そのため、あらためて道の駅のすばらしさをお伝えすべく、写真とともにお楽しみいただければと思います♪
昨年までのケータイスタンプラリーと無料スタンプブックは廃止になってしまったようですが、400円のエコバッグ付きスタンプラリーを存分に楽しみます。

銀色テントむし660

スタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
昨年は「ウォシュレットあるの?」、「標高何m?」、「ビン牛乳売ってる?」を確認しながら楽しみました。

今年は…
「試食で味わうお土産レビュー」「子どもと楽しむ公園施設」をポイントに、約半年間、139箇所の道の駅レビューにお付き合いください。

さて、『関東「道の駅」スタンプラリー2011』の訪問139箇所目は、栃木県にある道の駅「どまんなかたぬま」です。
つい先日リニューアルオープンしたばかりで、大雨にもかかわらず、第3駐車場までほぼ満車という盛況振りです。
日本のへそ(中心)にあると主張している道の駅なので「どまんなか」です。
多少ズレたっていいのです。
銀色テントむし660

ホームページもリニューアルされたそうで、大型モニターに映し出されています。
ちょうどいい具合にトップにゾーンマップが来ていて看板のようです。
銀色テントむし660

道の駅どまんなかたぬまの「試食で味わうお土産レビュー」は、「漬け物」です。

銀色テントむし660

えー、スーパーの試食出店みたいで各地の名物が並んじゃっています(笑)
値段は1050円でした。

もうひとつ、「子どもと楽しむ公園施設」はこんなコイン投入式の遊具がかなりあります。
しかし、雨のためにみんなシートをかぶってしまっています。
唯一、稼動していたフワフワドームも雨の勢いに気圧されてか終了してしまいました。
銀色テントむし660

ズキマル君の大好きなミニ機関車(電動)も雨のためにお休みです。
しかし、その中央に作られたガーデンは花々がキレイに咲き誇っていました。
銀色テントむし660

やっぱり、晴れた日に来たい道の駅ですね♪
リニューアルでこれだけごった返していたので、しばらく期間を置いてからまた訪問したいです。

道の駅どまんなか たぬま
 栃木県佐野市吉水町366-2
 TEL0283-61-0077
 9時30分~18時30分(夏季延長)
●標高:44m
●ウォシュレット:あり
●イーモバイル:バリ3


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 15:00
銀色テントむしでデカ盛り…295軒目・小山「みこし」
デカ盛りの蕎麦が小山にもあるぞ!と言うウワサを聞いて居ても立ってもいられなくなりました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは小山にあるお蕎麦屋さん「横綱そばみこし」です。
ランチタイムをちょっと外して13時到着だったので、待たずにすんなり席につくことができました。
銀色テントむし660

ランチもあってこれがなかなかリーズナブル。
「丼ぶりランチAセット(680円)」は小さめのかき揚丼とお蕎麦かうどんのセットです。
温かいうどんで注文してみましたが、残念ながらうどんは売り切れだったため、温かいお蕎麦にしました。
銀色テントむし660
お蕎麦は温かいとすぐに延びてしまうのですが…一気に食べてしまいましょう(笑)
ボリュームはなかなかのもので、女性ならお子さんと2人でちょうどいいのではないでしょうか?

ここのメインはなんと言っても「横綱そば(940円)」です。
でっかいざるにキンキンの水で締めたお蕎麦がたっぷり載っています。
普通のツユでも良いんですが、外も寒くなってきたので、追加で温かい「つけ汁ばくだんつくね汁塩味(380円)」を注文して味の変化を楽しみます。
銀色テントむし660
3人前ほどのお蕎麦はつくね汁のあっさりとしたスープにマッチしてあっという間になくなってしまいました。
つくね自体は一味がかなり効いていて、子どもにはキツイ様ですが、大人にはちょうどいい辛さです。

つけ汁の最後の一滴まで飲み干して、あまりの美味さにまだまだ食べ足らないような錯覚に陥りましたが、店を出てみたらしっかり満腹でした。
小山のかくれたデカ盛り店に舌鼓を打った午後でした。

□横綱そば みこし 小山本店
 TEL:0285-27-1134
 栃木県小山市駅南町2-1-1
 営業時間11:00-14:00,17:00-21:00
 定休日なし
 駐車場あり

みこし 小山本店そば(蕎麦) / 小山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 13:30
関東「道の駅」スタンプラリー2011・138箇所目「みかも」
1日中雨という予想もなんのその、晴れオトコ振りを発揮して、現地に着けば雨が止んでいます。
今年も『関東「道の駅」スタンプラリー』(開催期間平成23年7月1日~11月30日)に参加しています。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回で参加4年目の「関東道の駅スタンプラリー2011」ですが、昨年までのブログの写真が全てトンでしまいました。
そのため、あらためて道の駅のすばらしさをお伝えすべく、写真とともにお楽しみいただければと思います♪
昨年までのケータイスタンプラリーと無料スタンプブックは廃止になってしまったようですが、400円のエコバッグ付きスタンプラリーを存分に楽しみます。

銀色テントむし660

スタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
昨年は「ウォシュレットあるの?」、「標高何m?」、「ビン牛乳売ってる?」を確認しながら楽しみました。

今年は…
「試食で味わうお土産レビュー」「子どもと楽しむ公園施設」をポイントに、約半年間、139箇所の道の駅レビューにお付き合いください。

さて、『関東「道の駅」スタンプラリー2011』の訪問138箇所目は、栃木県にある道の駅「みかも」です。
先ほどまでは雨が降っていたのか、駐車場は多少濡れていますが、出店も軒下からはみ出して華やいでいます。
銀色テントむし660


この道の駅の「試食で味わうお土産レビュー」は、「どいん坊さっちゃん工房 あげもち」です。
あられ・あげもちはもち米でせんべいがうるち米でしたっけ?
原材料でお菓子の名前が違うんですよね?
銀色テントむし660
試食はほとんど粉しか残っていませんでしたが、ズキマル君が指を突っ込んで味見をしていました(笑)
値段は280円でした。

「子どもと楽しむ公園施設」はどうなっているでしょう。
敷地内にはやや大きめな池(?)とそれを周遊する散歩道、それにイベント広場があるだけです。
銀色テントむし660

しかし、駐車場の奥の山側をクルマで登っていくと、ビックリするほど大きな公園が広がっています。
銀色テントむし660

敷地が広いため、移動には1日乗り放題のチケットを買って、SLバスで移動するのがいいかもしれません。
3~4台あるようで、見かけたSLタイプについつい写真を撮ってしまいます。
アジサイ号は緑色と赤のツートン。
紅葉の山を思わせるステキなカラーリングです。
銀色テントむし660

キスケ号はイエローです。
秋のイチョウを思わせるカラーと森林鉄道のような大きな煙突が魅力的です。
銀色テントむし660

が、写真を撮っただけで、実際には歩いて回ってしまいました(笑)
駐車場から1キロ弱の上り道を進むとわんぱく広場があります。
銀色テントむし660

フワフワのトランポリンが子どもたちを誘います。
銀色テントむし660

その先には大きな穴があいていて、滑り台兼ロープ上りが楽しめます。
更に奥には大きなジャングルジムが待ち構えます。
銀色テントむし660
わんぱく広場以外にも長いチューブ滑り台を楽しめる場所や見晴台など魅力満載です。
お腹が空いたら道の駅に戻ってもいいでしょうし、1日中このエリアで過ごせそうないい公園でした。

次回はSLバスを使って公園を一望してみたいですね。
道の駅とあわせて、ゆっくり家族で楽しめるスポットでした♪

□道の駅みかも
 栃木県下都賀郡藤岡町大字大田和678
 TEL0282-62-0990
 9:00~24:00

●標高:30m

●ウォシュレットなし

●イーモバイル:バリ3



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 12:30
銀色テントむしででSL巡り…小山「C50123」
以前のブログを確認したら(別ブログからの移転のため)写真が全て消失していました。
仕方がないので、もう一度コツコツと写真を撮りためていきたいと思います。
朝から1日雨だといわれていましたが、その隙を突いて、雨上がりに訪問することが出来ました。

蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

そんなわけで、写真の撮り直しにやってきたのは小山駅の東側、339号線沿いにある「駅東公園」です。
前回は気づきませんでしたが大通り沿いには6台程度の駐車場もあるんですね。
また、朝早くだと頑丈な柵が閉じているので、今回は開いている時間を狙ってきてみました。
この公園で見られるのは「C50123」です。
銀色テントむし660

扉が開いて中に入れる状態になっているのは嬉しいですね♪
銀色テントむし660

見学可能時間は9時から16時までです。
それ以外の時間帯は柵の外から眺めるだけになります。
しかし、このC50123には公園の管理団体が常駐してくれているので毎日触れる状態なのはありがたいことです。
ほかの柵に入った公園は年に1・2回の公開日にお掃除のついでに触れるだけなのが通常ですからね。
銀色テントむし660

と、言うことでありがたみを噛み締めつつ、写真撮影に入ります。
銀色テントむし660

解説板は柵の内向きについていてSLの影に隠れるかたちになっているので、開放時間にしか確認することが出来ません。
銀色テントむし660

この辺の方には不思議かもしれませんが、このC50という車体は154両製造されましたが現存車両が6台しかない貴重なモノなんです。
銀色テントむし660

そんな貴重な汽車の運転席にも上がることができます。
銀色テントむし660

おぉ、各種パーツも整備されているようでピカピカです。
銀色テントむし660

運転席のシートも張り直してもらっているのか、フワフワです。
銀色テントむし660

公園には大きなオブジェのような滑り台つきの遊具やブランコもあり、広場では近所の子どもたちがボール遊びを楽しんでいました。
銀色テントむし660

フツーの公園ですが、日本に6両しか現存しない重要なSLがあると思うとステキな公園であることに気づかされるのではないでしょうか?

このC50は動態(運転)保存されている車両はなかったと思います。
いつか、群馬の華蔵寺公園遊園地にあったC6120のように動態に返り咲く日が来るといいですね。

□駅東公園(C50123)
 TEL:0285-49-3526
 栃木県小山市駅東通り2-25
 開館時間9:00-16:00
 休館日:火曜・木曜
 駐車場あり
 管理先:小山C50お掃除会

◇車歴
 製造: 1930年5月2日 日立製作所笠戸工場 No.400
 新製配備: 1930年5月6日 早岐
 移動: 1930年10月24日 浜松
 移動: 1939年5月5日 成田
 移動: 1942年7月6日 小山
 廃車: 1970年8月13日 小山
 保存開始: 1971年1月19日
 情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

シリーズ:C50
C型(動輪3)に分類される。
8620形の近代化改良形として1929年から1933年にかけて154両製造された。当初は都市近郊の快速列車用で、最後は入替用として1973年頃まで使用されました。
全部で6両が保存されており以前は荒廃した車輌も見られましたが、近年整備され、全機状態がよくなりました。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 10:30
銀色テントむしで食べ放題…294軒目・市川「バーガーキング」

毎年11月になると「バーガーキング」で食べ放題イベントが始まります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

バーガーキングは2001年3月に、ハンバーガー激安戦に敗れて一時日本から撤退していましたが、2007年に復活しました。
現在関東圏に40件弱あり、千葉県内にも3店舗あります。
ハンバーガーチェーンで言えば「価格のマック」「味のモス」「ボリュームのバーキン」でしたが、近年マックの高価格化が進んできたため、マック以外のハンバーガーチェーンのイベントの方が目に付きます。
11月1日から15日の期間限定で行われているのが「Bi-King(バイキング)」と言うイベントで、制限時間内なら満腹になるまで食べ放題と言うステキなイベントです。
銀色テントむし660

カップルやファミリーで来た際にみんなが挑戦する必要はありません。
女性向けには期間限定で「レディースセット(350円)」も用意されているので、ムチャな男子の挑戦をのんびりと見守ることも出来ます。
銀色テントむし660
今回のレディースセットはドリンクSとポテトまたはオニオンSとスパイシーテンダーチキンジュニアなので、マックで食事をするよりもリーズナブルに美味しいものを食べられます。

「ワッパーセット(通常780円)」のバイキングは昨年はクーポン利用で640円でしたが、今回はクーポン利用でも680円で「Bi-King(バイキング)」にするにはセット全てを「L」にしないといけないと言うことで追加でサイドメニューにプラス50円、ドリンクにプラス30円の合計760円での挑戦です。
しかし、改善点もあって、昨年はハンバーガーだけでなくサイドメニューも完食した上でのお替りでしたが、今年はサイドメニューは時間外の完食で良くなりました。
チャレンジできるのは14時からなので今回はディナータイムにやってきました。

30分の時間限定なので1分1分が大切になります。
レジに行くと、1個目の引渡しがスタートになると言う、ありがたい言葉を頂きました。
ドリンクはゼロコーラにして炭酸で食欲を増進させ、時間外OKになったのでオニオンフライで味の変化を楽しみましょう。
そうは言っても「ハラペコのおっさん」程度しか食べられないので、そこはご容赦ください。

1個目が運ばれてきます。
ハンバーガーには4オンス(114g)のパティとピクルス、レタス、トマト、タマネギが入っており、入っている野菜は無料でボリュームアップすることも出来ます。
またチーズ(一枚30円)やベーコン(一枚60円)をトッピングすることでオリジナルワッパー(バーガー)でのチャレンジが可能です。
もちろん、今回はカウントを稼ぐのが目的ですので、オーソドックスメニューで挑戦です。
銀色テントむし660
ハンバーグは雑味がなく、新鮮な野菜とのバランスがすばらしい逸品です。
通常単品で420円の商品ですがその価格もうなずけます。

開始5分で1個目を完食し、完食の証拠のワッパーの包み紙を引き渡して2個目をお願いしにいきます。
昨年はサイドメニューの完食と合わせて1個目の完食に10分強、2個目の到着までに待ち時間が5分あり満腹中枢を刺激されまくりましたが、今回はどうでしょう?
銀色テントむし660

なんと、わずか2分後に2個目のワッパーが運ばれてきました。
銀色テントむし660
まだまだ行けます。
4分で2個目をクリアーして3個目に挑戦です。

3個目も2分ほどで運ばれてきました。
銀色テントむし660
3個目ともなるとさすがにペースダウンしてきます。
昨年はこの3個目がタイムアップのゴングになってしまったので、今年はもう1個くらい頑張ってみたいところです。
サイドメニューの恐怖から開放されていることもあり、3個目も4分でクリアーしました。

4個目の到着は開始後22分経過した段階です。
銀色テントむし660

このペースなら5個目にいけるか?と言う勢いから急激にペースダウンしました。
美味いんです。
美味いんですけど…お腹はいっぱいです(笑)
銀色テントむし660
体調が良ければ「滞在時間1時間」を念頭において5個完食も夢ではありませんが、今回も「美味しく無理せずお腹いっぱいになろう」と言うコンセプトのもと、4個で終了となりました。
1個単価420円のめちゃウマジャンボワッパー(ハンバーガー)を4個も食べられてサイドメニューとドリンクつきクーポン利用で760円は激安ですね。

今回はレディースセット(350円)で見守っていたヨメさんはまったく足りなかったそうです(笑)
※普通の女性には十分な量です。
期間中、今度はヨメさんと共にもう一回くらい挑戦してみたいですね♪


□バーガーキング ニッケコルトンプラザ店
 千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケコルトンプラザ2階
 TEL:047-378-7617
 定休日:なし
 営業時間10:00-20:00
 駐車場:1時間以内無料(施設買い物価格により無料時間アップ)

バーガーキング ニッケコルトンプラザ店ハンバーガー / 鬼越駅下総中山駅京成中山駅
夜総合点★★★★ 4.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/04 19:00
銀色テントむしでデカ盛り…293軒目・佐倉「幸」
以前、ドコかでデカ盛りを食べていたら佐倉の「幸」に行かないのはデカ盛りファンとは言えないと言われました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回やって来たのは、デカ盛りの有名店「幸食堂(さちしょくどう)」です。
今まで来なかった理由は簡単、「1500円未満のデカ盛りが少ない」と言う点です。
銀色テントむし660

オススメのデカ盛りは「ウルトラジャンボエビフライ定食」なんですが、3150円なので手が出せません。
そして「えび入りミックスフライ定食」もスゴいボリュームなんですが、これまた2000円もするので食べられません。
どう考えても揚げ物がメインの店なので、揚げ物を外すわけにはいきません。
1000円以下だと揚げ物の定食は食べられないので最低価格の揚げ物系定食を選択します。

1品目は「ジャンボチキンカツ定食(1300円)」です。
銀色テントむし660
大皿いっぱいに広がるチキンカツにツヤツヤのごはん、アサリ汁がセットです。
サックサクの衣にプリップリの鶏がジューシーに揚がっています。

もう1品は「とりのから揚げ定食(1300円)」です。
銀色テントむし660

子どもの顔の半分くらいはありそうなジャンボ唐揚げですが、ジューシーな肉はしっかりと火が通っていてプリップリです。
銀色テントむし660
ご飯とアサリ汁のほかにカレーパウダーが付いてきます。
コレをから揚げにまぶすと食欲増進と共に違う雰囲気で食べられます。
ご飯を大盛りにしなかったので、問題なく食べきることが出来ました。

しかし、1食1300円は平日のランチにはキビしいです(笑)
リッチにデカ盛りを楽しみたいときに訪問したいお店ですね♪

□幸 (さち)
 TEL:043-485-6596
 千葉県佐倉市表町3-14-1
 営業時間11:30-14:00,17:00-21:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり(道路の向かい)

定食・食堂 / 佐倉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/03 12:00
銀色テントむしの家族でお出かけ…成田「フルヤ乳業」
地元のフリーペーパーで工場見学の申込を見つけて応募したら当選しました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ある日、ウチに帰ると工場見学の参加ハガキが届いていました。

銀色テントむし660

そう言えば、先日地元のフリーペーパー「ニューファミリー新聞」で見つけた工場見学にメールで応募していたんです。

工場見学や会社体験は「チキタビ」と言うホームページを情報の検索手段にすることが多いんですが、意外と事前申込の工場が多くて、突然地方に旅に出るnorizo向きではありません。
今回は飛び石連休だったこともあり、予定を事前に組み立てるのにちょうど良かったんです。

成田の工場外の一角をクルマで進むと人のよさそうなスーツ姿の男性たちが「フルヤ乳業」と書かれた旗を振りながら待っていました。
工場入り口には乳製品の会社らしく牛のオブジェが飾られています。
銀色テントむし660

参加ハガキを渡すと見学会スタートです。
工場2階の見学ブース兼会議室に通されると、いきなり試飲サービスが始まりました。
千葉県の道の駅ではよく見かける「かずさ牛乳」もあります。
銀色テントむし660

数ある試飲の中で、一番人気だったのは「フルヤヨーグルト」です。
銀色テントむし660
懐かしい瓶詰めとあっさりまろやかな風味がたまりません。

気がつくと、みんな2品目3品目と手を伸ばしています。
ズキマル君も調子に乗って、飲むヨーグルト、ヨーグルト、りんごジュース、コーヒー牛乳と立て続けにお腹に収めていきます。
銀色テントむし660

説明員の方が出てきて、工場と牛乳についての説明を始めてくれました。
しかし、始まって早々、ズキマル君はトイレに立ちます。
ポツリポツリと別の子どもたちもトイレに立っては戻ります。
…この企画、試飲を後にしては?とも思いましたが、ゆっくり試飲を楽しめるのは見学前ですね。
見学後に試飲をしても、早々に追い出されるような雰囲気になりそうですから、工場側の配慮が感じられます。
銀色テントむし660
牛乳の封入工程などのビデオを見て、牛乳についての質問も受け付けてくれます。
「何で牛乳の味が違うの?」と言うヨメさんの質問にも答えてくれました。
牛乳って産地によって味が違いますが、アレって牛が食べているものの違いなんですね。
そう言えば、以前長野で飲んだ牛乳がリンゴ風味のような気がしたんですが、気のせいではなかったのかもしれません。

帰りにはお土産まで頂きました。
銀色テントむし660

中には賞味期限の長い紙パックのジュースが8本も入っていました。
銀色テントむし660

工場見学をすると、ついつい次からの買い物でそのメーカーの商品を探すようになりますよね。
フルヤ牛乳は千葉県を中心に関東近県で購入できる商品です。
見かけたらぜひ飲んでみてくださいね♪

□フルヤ乳業
 TEL:0479-76-7770
 香取郡多古町水戸字水戸台1-16
 駐車場あり
 見学時間:13:30-14:30
 ■問い合せ・申し込み先
 名称 :古谷乳業(株)
 お申し込み方法:見学希望日の7日前までに電話でお申込み
 TEL:0479-76-7770
 公式サイト:http://www.furuya-milk.co.jp/index.html

プログラム名:古谷乳業(株)成田工場 工場見学
主催者名:古谷乳業(株)
実施日:通年
実施場所:古谷乳業(株)成田工場
開催時間・見学時間:9:00~14:00(工場側より指定あり)
スケジュール
(1)オリエンテーション(20~30分程度)
(2)ビデオ説明(15分程度)
(3)見学者との質問コーナー(15分程度)
催行人数:最大 40人
参加対象:小中学生


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/03 15:00
関東「道の駅」スタンプラリー2011・137箇所目「思川」
いよいよ今回のスタンプラリーもゴールが見えてきましたが…朝から雨です。
今年も『関東「道の駅」スタンプラリー』(開催期間平成23年7月1日~11月30日)に参加しています。
蒸気機関車とデカ盛りを求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回で参加4年目の「関東道の駅スタンプラリー2011」ですが、昨年までのブログの写真が全てトンでしまいました。
そのため、あらためて道の駅のすばらしさをお伝えすべく、写真とともにお楽しみいただければと思います♪
昨年までのケータイスタンプラリーと無料スタンプブックは廃止になってしまったようですが、400円のエコバッグ付きスタンプラリーを存分に楽しみます。

銀色テントむし660

スタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみが増します。
昨年は「ウォシュレットあるの?」、「標高何m?」、「ビン牛乳売ってる?」を確認しながら楽しみました。

今年は…
「試食で味わうお土産レビュー」「子どもと楽しむ公園施設」をポイントに、約半年間、139箇所の道の駅レビューにお付き合いください。

さて、『関東「道の駅」スタンプラリー2011』の訪問137箇所目は、栃木県にある道の駅「おもいがわ」です。
裏のほうに行くと平成17年に閉園した「おやま遊園地」の思い出の残る道の駅です。
あいにくの雨かと思いきや、クルマを降りると雨も止んでくれました。
銀色テントむし660

道の駅としてもなかなかの規模で駐車場も大きく、広場も大きいので天気が良ければフリスビーやボールが似合う道の駅です。
銀色テントむし660


この道の駅の「試食で味わうお土産レビュー」は、「いさみや特製宇都宮のぎょうざ」です。
この餃子、千葉県のスーパーでも試食を見かける気がするんですが…やっぱり現地が一番です。
銀色テントむし660
外はパリッと中はジューシー、何個でも食べられそうです。
値段は1050円でした。

「子どもと楽しむ公園施設」はおやま遊園地の面影が色濃く残ります。
走りはしませんが、当時使われていた「弁慶号」が置かれています。
また、一段下がった場所には小さな遊園地があり、小額で楽しむことができます。
しかし、雨が降っていると機材とお客さんの安全のために稼動しません。
今回は残念ながら雨上がりスグだったので遊具にはカバーがかかっていました。
銀色テントむし660

広場の向こうには菊の展示会が。
富士山を象った色鮮やかな菊が咲き乱れていました。
銀色テントむし660

この広場でテントを張って何か行う準備をしていたので、何をするのか聞いてみると…
「婚活パーティー」でした(笑)

婚活にも家族でも楽しめる道の駅に、晴れた週末に行ってみてはいかがでしょう?

□道の駅思川
 栃木県小山市大字下国府塚25-1
 TEL0285-38-0201
 9時~19時

●標高:25m

●ウォシュレット:誰でもトイレのみ

●イーモバイル:バリ3


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/06 09:30
銀色テントむしでSL巡り…佐倉「58683」
以前のブログを確認したら(別ブログからの移転のため)写真が全て消失していました。
仕方がないので、もう一度コツコツと写真を撮りためていきたいと思います。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回やって来たのは千葉県佐倉市の佐倉駅北側にある「高崎川南公園」です。
銀色テントむし660

がっちりと金網の中に保存されていて通常は触ることが出来ません。
銀色テントむし660
公開は年3回、3月の第4週の日曜日、8月の第1週、第2週の日曜日だそうです。
佐倉市のホームページで事前に掲載されるようです。
でも今年は10月23日にも公開されたようです。3月は震災の影響で公開しなかったんですかね?

公開日は少ないんですが、意外と見学できるスペースは多いようで各所に階段がかけられています。
成田に近いので東日本大震災の折には大きな揺れがあったはずですが、影響は少なかったように見えます。
銀色テントむし660

プレートはプラスチック製に交換されているそうですが、金網越しには気づきませんでした。
銀色テントむし660

解説は手書きの看板で内容がしっかりしています。
あまりにもしっかりしているのに、消えかけてきてしまったので、後世のために(笑)転記しておきます。
銀色テントむし660
解説文転記:
この58683号は通称ハチロクと呼ばれて親しまれている8620形式の蒸気機関車です。
日本で最初に機関車を作ったのは明治26年(1893年)であるのが8620は明治末年ドイツから輸入したシエワルツコツク製の8800を参考に量産化した急行用機関車で大正3年(1914年)より15年間にわたって初番8620に始まり総数687両が作られ旅客用機関車で最も両数が多い。
この58683号は対象11年10月18日(1922年)汽車製造会社にて作られ国府津機関庫昭和19年12月~昭和30年2月成田機関区所属され昭和44年12月11日廃車まで佐倉機関区に籍を置き昭和48年3月29日現在位置に格付けられた
新製から廃車までの走行距離は2287115kmで地球1周約4万kmとすると約57周です。

SLの勉強をしたら、併設の公園でアタマをほぐしましょう♪
滑り台くらいしかありませんが、なんとなくくつろげるのんびりした公園です。
銀色テントむし660

市街地にあり、駐車場もありませんが、末永く残してもらいたいSLスポットです。


□高崎川南公園(58683)
 千葉県佐倉市表町2-4
 ※佐倉駅北側付近
 駐車場なし
 トイレなし
 管理先:佐倉市SL保存会

◇車歴
 製造: 1922年10月18日 汽車製造 No.633
 使用開始: 1922年10月25日 国府津
 移動: 1932年3月1日 新小岩
 移動: 1944年12月1日 成田
 移動: 1955年2月1日 佐倉
 廃車: 1969年12月11日 佐倉
 走行距離: 2,287,115km
 保存開始: 1973年3月29日
 情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

シリーズ:8620(ハチロク)
C型(動輪3)に分類される。
1914年から1929年まで672両が製造、1975年活躍。現在JR九州と梅小路蒸気機関車館で2両が動態保存、20両以上が各地で保存されています。
解体予定だった78653は、五能線活性化倶楽部に引き取られ、動態保存用として青森県深浦町のウェスパ椿山駅前に保存されているそうです。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
2011/11/03 11:30