銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















フコク生命感謝デー「サンリオピューロランド」
生命保険は別の会社なんですが、ズキマル君の学資保険はフコク生命に入っています。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

フコク生命で契約していると、時々「サンリオピューロランド」の無料入場券がもらえます。
やってきたのはサンリオピューロランド「フコク生命感謝デー」です。
多摩センター駅から隣接した都心からのアクセスも良い東京のベッドタウンにあります。


当日は14時から19時までフコク生命の貸切になります。
しかし、普段はありえないほどの入場者数となり、14時ちょうどには入り口で行列ができます。
また、パーク内唯一の乗り物「ボートライド」は1時間待ちの大行列になります。


全天候型テーマパークなので寒い冬でも暖かく遊べるのは大きなメリットです。
しかし、館内に人が溢れていて初めて参加するとオロオロしてしまうかもしれません。


3Dアニメを動くイスで楽しめるアトラクションは長いこと「ゲゲゲの鬼太郎」だったのですが、ついにリニューアルしました。
今度のアニメは「ワンピース」です。
こちらもロングセラーの人気アニメなので、長いこと楽しむことができそうです。


キティの7つの難問を解いて楽しむアトラクションは2月26日まで。
最後でなりそうでしたが30分以上の待ち時間だったため今回は諦めました。


ピューロランドと言えば、劇場型イベントがたくさんあるのがメリットです。
指定された時間に座席について劇を見るので、疲れたお父さんやお母さんにも一息つけるありがたい間所です。


以前は17時終了だったこのイベントも、参加者数が増えたためか遅くまでやってくれるようになったのは嬉しいですね。
気がつけば外は真っ暗。

近隣の宿泊施設との連動も考えると、やっぱり遅い時間までやっている方が利益が生まれると思います。
そういった意味でも19時は遊びに宿泊に嬉しい開放時間かもしれませんね。


学資保険は全額返ってくるわけですし、貯金しながらテーマパークのチケットがもらえると思うと、お財布に優しいいい企画に感じます。

次は第一生命でねずみの国を狙ってみましょうかね?



□サンリオピューロランド
 TEL:042-339-1111
 東京都多摩市落合1-31
 料金:大人4400円、中学生4000円、3歳以上3300円
 駐車場:有料
 営業時間:10:00-17:00(繁忙期延長)
 休館日:不定休

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/28 18:30
銀色テントむしでデカ盛り…330軒目・船橋「大勝軒(西口)」
寒い日が続くとあったかいラーメンが食べたくなります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは新京成線の北習志野駅西口から徒歩1分の「大勝軒」です。
駐車場もありますが、毎回満車で外待ち10人が当たり前のラーメン専門店です。
タイミングよく5分ほどの待ち時間で入店することが出来ました。


店内に入る前から煮干のダシの香りが漂い、席に着くと更にそれが増して食欲をそそります。
スープは1種類のみ、メニュー分布はトッピングの違いとサイズです。


「チャーシューメン(900円)」は透き通るスープに歯ごたえのあるチャーシューがドサっと載っています。

細麺でかん水の効いた麺が煮干だしのスープとよく合います。
普通盛りなのに普通のラーメン屋さんの2倍くらいの量の麺は食べ応え十分です。


これを一人で食べ切れればホンモノと言われるのが「大盛りワンタンメン(1000円)」です。

大量の麺とクラゲのようなビラビラの肉なしワンタンが大きなドンブリにこれでもかと言うくらい入っています。
しかし…スープの味とマッチして美味いです♪
食べても食べてもなくなりませんが、飽きのこないホンモノの味です。


結局、スープの最後の一滴まで残すことなくいただきました。

確かに、並んでも食べたくなる懐かしのラーメンです。

ガッツリ食べてもお財布にやさしい船橋のデカ盛りラーメンの名店です。


□大勝軒(北習志野西口)
 TEL:047-463-9136
 千葉県船橋市西習志野3-27-12
 営業時間11:30-15:00,17:00-21:00
 定休日:木曜日、第3水曜日
 駐車場あり

大勝軒(北習志野西口)ラーメン / 北習志野駅習志野駅高根木戸駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/22 14:00
銀色テントむしでデカ盛り…329軒目・甲府「ひなた」
甲府に「学生にうれしいデカ盛り店」があると聞き、やってきました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは甲府駅の北のほうにある「ひなた」です。
遠巻きに見るとディスカウントストアかゲーム屋かと思わせるPOPがたくさん貼られたお店です。


昭和のにおいのする喫茶店風の店内は雑多に漫画が置かれ、なんだかくつろげます(笑)

食事をするような時間ではなかったんですが「15日から21日限定」と言うコトバに惹かれて、ついつい「Bigりとんかつ(期間指定800円)」を注文してしまいました。
「和風もOK」に釣られて味付けは「和風」で注文します。


おぉ、普通の定食屋っぽいトンカツが3枚も載っています。
和風は大根おろしのポン酢味でトンカツと良くあいます。
ご飯はサイズ指定をしなかったためか「普通盛り」です。

うん、これで800円ならリーズナブルですね。
この上のサイズに「超Bigり(+200円)」と言うのがありますが、注文しなくて良かったです(笑)


メインは「喫茶店」として営業しているっぽいのでデザートを頼んでみましょう♪
パフェに「チョコレートパフェ」と「ジョッキパフェ」があるのに価格差は100円のみです。
「お一人様1品、お子様は2名で1品は頼んでね。」と奥さんに言われたので両方頼んでみることにしましょう。
左が「ジョッキパフェ(600円)」、右が「チョコレートパフェ(500円)」です。

意外と大差ないように見えましたが…アイスの量が3倍くらいいあります(笑)
ヨメさんと子どもたちはアイスが大好きなので難なく食べきりました。


オトコ一人ではたぶんきついボリュームですね(笑)

学生に優しいリーズナブルなデカ盛り店です。
これからもひっそりと末永く営業していただきたいですね♪


□ひなた
 TEL:055-252-9802
 山梨県甲府市朝日4-6-16
 営業時間11:00-22:30
 定休日:不定休    
 駐車場なし
 ※大人1名1品、子ども2名に1品は注文してください。

ひなた喫茶店 / 甲府駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン 銀色テントむし660
2012/01/21 16:00
銀色テントむしでSL巡り…甲府「D571761」
「D」の名を持つ機関車なので見に来てみたらSLじゃなくディーゼルでした(笑)
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

実は以前も見に来てなんだかわからなかったので再訪です。
やって来たのは甲府市にある「長田組株式会社」の入口です。
2009年頃までは甲府市丸の内にあった機関車が会社移転とともに移設されています。


長田組の敷地内に置かれているのが「D571761」です。
まだ知識が無かった頃は蒸気機関車に「D57」があると信じていたんですが、蒸気機関車の「D」シリーズは52型で終了しているのです。
しかもこの車両は軽便タイプで遅くても大正末期までに海外から輸入された車両です。
確認してみると…ディーゼルなんですね。


通常はディーゼル車はブログネタにしていないんですが、古い機関車を大事にしてもらっている姿を見させてもらうと紹介せずに入られません。


何よりも塗装がカッコイイ!
今まで見たどの軽便ディーゼルよりもレトロな色合いです。


チョコレートのパッケージのようなカラーリングは落ち着く雰囲気のある中にも高級感も漂います。


見えないところにもこだわっていて、運転席内とエンジンはシルバーで色づけされています。
まら、車輌全体に施された文字は西洋文化でありながら、神輿のような高級感も持たせているようです。


詳細が不明とされるこの車輌には、末永く大事にしたいと思っていただいている証としてシックな解説が石碑のようにセッティングされています。

解説(転記)
明治36年6月11日日本鉄道会社(日本国有鉄道)中央線甲府 ―八王子間が開通, 明治38年10月1日には甲府駅が誕生した。 まさしく陸の孤島山梨の黎明であった。
当時我社の創業者長田忠衛門は中央線の重要性を認識し幾多の困難な用地問題等の解決に尽力した。
当時工事施工は人力依存であり未曾有の難工事であったが克く之をなしとげたのである。
この記念すべき機関車は当時早期工事完遂の為土砂運搬用に米国PLYMOUTH社より当時の最新鋭機を採り入れたものでその威力に人々は驚異の目をみはったという。
又社屋内の鑑札は当時の請負人土木事業許可証「山梨県土木請負業鑑札第一号」であり創業者の不撓不屈の精神と人徳とを称え当時の碑と共に本社庭園に建立されていたものであるが時代の変遷を経たのでその一部を此処に再現したものである。
昭和61年9月吉日
長田組土木株式会社


いいですね。
甲府市内に企業の魂を感じるステキなディーゼル車でした。
観光向きではありませんが、車での移動にもちょっと目を惹くナカナカのスポットです。


□長田組土木株式会社(D571761)
 TEL:055-231-1111
 山梨県甲府市飯田4丁目10番27号

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示

ワンポイント:デーィーゼル(ナロー)
軽便鉄道タイプでガソリンディーゼルエンジンの機関車。
メーカーは違いますが同様の使用の車両は栃木県の「足尾銅山記念館」や長野県の「赤沢森林鉄道記念館」で試乗できます。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン 銀色テントむし660
2012/01/21 10:00
名城100選スタンプラリー・15箇所目「甲府城」
山梨には幾度となく遊びに来ていますが、いまだ甲府城を散策したことはありませんでした。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


やってきたのは甲府にある「甲府城」です。
その美しさから舞鶴城とも言われたそうですが、メインは石垣です。


しかし、山梨県と甲府市は時間をかけて修復を行っており、現在は鉄門(くろがねもん)を復元工事中です。


上っていってみると本丸跡の石垣には一部柵がないのでちょっと腰が引けます。


天守閣はなかったようで見晴台のような場所が市内を見渡す一番高い場所になります。
見下ろした先には「稲荷門(いなりもん)」が見えます。


稲荷門のある広場に下りるとでっかい井戸がありました。


稲荷門は入館無料の資料館です。


文献や古い写真を参考に、製造過程まで忠実に復元した館内は資料館として利用されています。


稲荷門の2階展示室には甲府城の模型もありました。


スタンプは敷地南側の「恩賜林記念館」にあります。


山梨の資料館になっているようですが、訪問日は何かのイベントをしていたようで、入りづらい雰囲気でしたのでスタンプだけ…


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
京都で敗戦後「甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)」として再結成された近藤勇率いる旧新撰組の部隊が、この甲府城に向かうも、すでに板垣退助ら新政府軍に無血入城されしまい、撤退しました。

久々の新撰組スポットでしたが、甲府城に新撰組の資料は残されていませんでした。
雨まじりの天気でしたが、晴れた日の散策なら気分も爽快になりそうです。

次は鉄門が完成してから訪問したいですね♪


□甲府城(こうふじょう)第25番
 TEL:055-227-6179
 山梨県甲府市丸の内1-5-4
 スタンプ設置場所:恩賜林記念館
 入場料:無料
 開館時間:9:00-16:30
 駐車場なし(近隣にコインP多数)
 休館日:月曜日(稲荷櫓展示室のみ)
 通称・別名 :舞鶴城、一条小山城、府中城
 主な城主:浅野氏、徳川氏、柳沢氏


より大きな地図で 日本100名城 を表示


ワンポイント
甲斐国では戦国期から甲府が政治的中心地となり、躑躅ヶ崎館(武田氏居館)を中心とする武田城下町が造成されたが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城を築城して新たに甲府城下町が整備された。
豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最も近い親藩(甲府藩)の城となった。
※ウィキペディアより抜粋

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/21 15:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…328軒目・甲斐市「大清,」
甲府に面白いとんかつを出す中華料理屋があると聞きやってきました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やってきたのは甲斐市にある「大清,(たいせいカンマ(?))」です。
店の名前の「,」にモー娘ばりの違和感を覚えながら入店しようと思ったら、入口に見える場所はダミーで、奥にホントの入口がありました(笑)


基本は土日でもリーズナブルに楽しめる中華のランチがメインで、ボリュームもナカナカです。
特に麺類は100円増しで麺の量が2倍になると言うのも侮れません。

まずはリーズナブルなランチメニュー「おとくB(630円)」を注文してみます。
もやしあんかけやきそばの定食ですが、随分とリーズナブルに楽しめます。
麺もご飯も普通盛りにしてみましたが、普通の親子ならこれで十分満腹になれそうです。

細麺の焼きそばにかかったもやしとひき肉のあんかけがバッチリです。
ご飯とサラダとスープとランチドリンクがセットでこの価格なら毎日通いたいくらいです。


さて、メインディッシュはちょっとリッチな「大清,ジャンボとんかつ定食(1260円)」です。

チャーシューを丸々揚げたようなダイナミックなとんかつはナイフとフォークで切り分けていただきます。
ご飯ははじめから大盛り(中盛り?)なので1合以上あります。
スープ、おつまみささみゴマ味噌がけ、デザート杏仁、ランチドリンクがついて楽しめます。


それにしてもデカーい♪
一番小さなワンカットでも子供の茶碗1杯分くらいのサイズのとんかつです。

意外と柔らかくジューシーなとんかつで、家族で取り分けて楽しむことが出来ました。


座席数も多く、座敷なのでゆっくり楽しめるお店ですね。
山梨にまたひとつ面白いデカ盛り店を見つけました♪


□大清,
 TEL:0551-28-4129
 山梨県甲斐市龍地6657-3
 営業時間11:00-22:00(途中休憩あり)
 定休日:木曜
 駐車場あり

大清中華料理 / 塩崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン 銀色テントむし660
2012/01/21 13:30
名城100選スタンプラリー・14箇所目「武田氏館」
最近、「戦国BASARA」のDVDを見たり、Wiiのゲームをやったりするので戦国ブームです。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


norizo一家の中では「最強のお館様ぁ」である武田信玄公は大人気。
そこでやって来たのは山梨県甲府市にある「武田神社」です。


太鼓橋を渡り階段を登ると、そこに信玄公を奉る神社がそびえています。


現在は神社がありますが、このあたり一帯が武田氏の居城だったようです。


第一の鳥居を過ぎて左手には美しい能舞台(?)もあり、なかなか大きな神社です。


その先の鳥居を過ぎると神社があります。


残念ながら、この城址には天守閣や櫓は存在しません。


そのまんま神社です(笑)


神社の右手には「武田宝物殿」があります。
入館料は大人300円、子ども150円です。


中には武田家に由来の品々が展示されていて、子どもたちも真剣な顔をしていましたが、そのうちに飽きて走り始めました。
ゲンコツをくれて館内唯一の撮影可能エリアである信玄像と写真を撮ったら終了です。


スタンプは宝物殿入り口で押すことができます。
(宝物殿には入館しなくてもオッケーです。)


神社の裏手は武田氏の居城跡を思わせる石垣が続きます。
神社裏の道路を左手に進むと「信玄公の散歩道」があります。

のんびりと散歩道を歩けば、平和を夢見た信玄公の夢のあとを追っているような、何とも言えない雰囲気です。
近くに高い建物もないため、当時の雰囲気を感じられるのは、ほかではあまり見かけないリラックスポイントでした。

駐車場も無料なのでじっくり観察できます。

城として楽しめる部分は少ないんですが、武田信玄の歴史を思わせるいいスポットでした。


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------
明治維新後には歴史上の忠臣や勤皇家に追贈を行うことが行われており、また日露戦争後には神社に武神・軍神を祀ることが奨励され、軍神と評される武田信玄を祀った神社創建の機運があった。
1915年(大正4年)、大正天皇の即位記念に武田信玄に従三位が追贈されたのを契機に、「武田神社奉建会」が設立され、1919年(大正8年)には社殿が竣工し、信玄の命日にあたる4月12日には初の例祭が行われた。
別格官幣社への昇格運動は上杉謙信を祀った上杉神社が指定されていたことへの対抗意識も加え、郷土史家は内務省が昇格条件に求める勤皇事跡の発掘に務めた。

ウィキペディアより抜粋

------------------------------------------------------------------------------

そういえば、「戦国BASARA」の「バサラ(婆娑羅)」っていろいろ意味があるようですが、その中に「音楽や舞楽などで、わざと拍子をはずし、自由に、目立つように演じること」と言うのがあるようで、1999年から始まった奈良のストリートダンス祭りの説明文に入っています。
「わざと調子を外す」で考えると武田信玄のもとで真田雪村と猿飛佐助が活躍する物語って言うのも面白くていいですね。
子どもたちの、ホントの歴史とのギャップを埋めるのは骨ですが、武将名と地理を覚えてくれるのでこれからも活躍してくれそうなゲームです。



□武田氏館(たけだしやかた)第24番
 TEL:055-252-2609
 山梨県甲府市古府中町2611
 スタンプ設置場所:武田神社宝物殿
 駐車場:あり
 休館日:なし
 開館時間10:00-16:00
 入館料:大人500円子ども100円(宝物殿のみ)
 通称・別名:躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)
 主な城主:武田氏、川尻秀隆、徳川氏、豊臣秀勝、加藤光泰、浅野長政


より大きな地図で 日本100名城 を表示


ワンポイント
武田信虎に始まり、武田信玄、武田勝頼と、武田氏3代にわたりつづいた館だった。
現在は武田神社となっている。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/21 11:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…326軒目・片品「芳味亭」
群馬県片品村でデカ盛りイベント「はげ盛フェア」を3月末までやっていると言う話を聞きつけ、いてもたってもいられなくなりました(笑)
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは片品村の日帰り温泉「寄居山温泉ほっこりの湯」の入口近くにある「芳味亭(ほうみてい)」です。

※写真は芳味亭裏の日帰り温泉「ほっこりの湯」さんで撮影しました。
 「ほっこりの湯」も「はげ盛」参加店で「はげ盛りパフェ(1800円)」を提供中です。


片品村のスキー場近隣の飲食店の多くが、2012年3月末までのデカ盛りイベント「はげ盛」に参加中です。
しかし、群馬県でも有数のデカ盛り「芳味亭」さんを差し置いて、別の店にはいけません(笑)


数多くあるメニューの中でも、この店のデカ盛りの代名詞と言えば「から揚げ定食W大盛り」でしょう。
芳味亭では「おかず大盛り(+200円)」と「ご飯大盛り(+200円)」を別々に追加できるのです。
しかしから揚げはボリュームがありすぎるので、もう少しインパクト弱めのメニューに挑戦しましょう(笑)


今回の1品目は「もつ煮込み定食おかず大盛り(700円+200円)」にしてみました。

柔らかく煮付けられたモツがたまねぎの甘みを吸い込み、味噌仕立てのスープとマッチして絶品です。
これがドンブリにうずたかく盛り付けられている様は圧巻です(笑)
ご飯はツヤツヤのお米で小さなお椀に盛り付けられていますが、握り飯のようにみっしりと詰まっていてお腹にたまります。


もう1品は芳味亭では絶対に食べておきたい「鹿刺し定食W大盛り(800円+400円)」にしました。

ほかの店では経験したことのない鹿肉の刺身をリーズナブルな価格で食べられるのですが、「おかず大盛り」にすると通常の2倍の量になります。
その数なんと16枚!
家族全員で楽しめます。

鹿肉はクサみもなく、牛とも馬ともマグロとも違う何とも言えない旨みがあります。

ご飯を大盛りにすると…
「日本昔話」を超えたロケット盛りです。
しかも、このご飯がツヤツヤで美味い!!
でも多すぎ(笑)


首都圏から200キロ近いエリアですが、関東にありながらスキー場もある片品村は、リゾートに食べ歩きに事欠かない冬の観光名所といえるでしょう。


あなたも3月までに群馬県片品村を訪れてみてはいかがですか?


□芳味亭(ほうみてい)
 TEL:0278-58-4313
 群馬県利根郡片品村鎌田7048-1
 営業時間11:30-14:00、17:00-20:00
 定休日:火曜日
 駐車場あり

芳味亭 (和食(その他) / 片品村その他)
昼総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

□寄居山温泉センター「ほっこりの湯」
 2011年8月にリニューアルオープンした日帰り温泉です。


露天風呂はありませんが、ナカナカの眺望が楽しめます。


価格もリーズナブルで大人500円子供300円です。

芳味亭で食事をしたら温泉に浸かって「はげ盛パフェ(1800円)」を楽しんでみてはいかがでしょう。


片品村デカ盛りイベント「はげ盛」キャンペーン
オフィシャルブログ(?)「はげ盛応援団

情報提供元:赤リンゴpapaさん

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 19:00
銀色テントむしでデカ盛り…327軒目・甲州市「楠商店」
デカ盛り探しをするときにはライダーさんのブログが役に立つことが多くあります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはライダーさんには有名らしいお肉屋さん、山梨県の塩山にある「楠(くすのき)精肉店」です。
朝9時に通りかかると、すでに営業していたので早速寄ってみました。
目的は発売開始直後売り切れとウワサの「ジャンボコロッケ(126円)」です。


この店で有名なのは「ジャンボコロッケ(126円)」です。
しかし、販売開始時間は10:30からだそうです。
肩を落として店を出ようかと思っていると、店員さんに「取っておいてあげるよ!」と言って頂きました。

ちょっと甲府をうろついて戻ってくること11:30。
紙袋にしっかりと2つのコロッケが入っています。
店頭には…すでにコロッケは残っていませんでした。
せっかく取り置きまでしておいてもらったので、ついでに「唐揚げ(5個262円)」ももらうことにしましょう。

コロッケでかーい(笑)
ソフトボールのように大きくまん丸なコロッケです。

ついでと思って購入したから揚げもでかーい(笑)
一番小さな唐揚げでも1口で収まらないサイズです。


コロッケは外はカリカリですが中はひき肉たっぷりでタマネギの甘みが効いています。
しっかりした食感と味なのでソースは不要です。

唐揚げも外はカリっとしていて中はジューシー。

たまりませんね♪

ライダーの皆さんが足しげく通う理由が十分に伝わってきました。

山梨訪問の際には朝イチに立ち寄る店としてカーナビにもポイントを登録しておきましょう♪




□楠精肉店(くすのきせいにくてん)
 TEL:0553-33-3556
 山梨県甲州市塩山千野421-2
 定休日:月曜日
 駐車場あり
 ※肉屋さんなのでテイクアウトのみ
  ジャンボコロッケ(126円)の販売開始は10:30からだが11:30には売り切れていました。
  当日朝9:00から予約可能でした。

楠精肉店コロッケ・フライ / 塩山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン 銀色テントむし660
2012/01/14 11:30
銀色テントむしでデカ盛り…325軒目・前橋「パンプキン」
群馬と言えば、駐車場付き関東デカ盛りスポットの最大件数を誇るエリアのように感じます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

群馬デカ盛りスポットの中でもリーズナブルに美味しい洋食を食べられるナンバーワンが今回訪問の「パンプキン」です。


ランチタイムは更にリーズナブルさが増して「レギュラーサイズ」が250円くらいの割引で注文できます。
その上ワンドリンク付きなので、ついついレギュラーサイズを注文したくなります。

しかし、そこがこの店の落とし穴です。
パンプキンの料理のサイズは「SS」、「S」、「レギュラーサイズ」なのです。
ほとんどのメニューはSSが580円、Sが730円なのでちょっと量が足りない気がしますよね。

「S」サイズをなめると痛い目にあう例が今回の「卵とメンチカツスパゲティ(730円)」です。

300gはありそうな手作りハンバーグに衣をつけたと思われるメンチカツはレギュラーサイズのものと変わりません。
パスタの量は「S」と言いながらふぐ刺しの皿のような大皿に山盛りです。
ズキマル君と二人で必至に食べ進めます。
味は良く、スパゲティの茹で加減も最適なので食べきることができましたが下を向いて歩くとヤバそうです(笑)


ズキマル君はランチセットのコーラで更にお腹を膨らませていました(笑)


麺類に強いヨメさんとモカはレギュラーサイズに挑戦です。
「ランチグラタンスパゲティレギュラーサイズ(830円)」はディナーで注文するとドリンク別料金で1080円の商品です。

大人4人でつつくような大きな土鍋一杯のホワイトソースの中には大量のパスタ、しして風味添えに大ぶりのエビやイカが入っています。


普段は会話の弾むヨメさんとモカが無言で食べ進めているのが笑えます。
えぇぇ!コレ、食べきっちゃうんですか?

ちょっと二人の無限大の胃袋に感激しつつ、体重を聞いてみたくなりました(笑)

帰ってから「Wiiフィットプラス」で体重を量ってみると…
norizoは「太りすぎです!!」、ヨメさんとモカは「太り気味」ギリギリの標準になっていました(笑)
食べすぎには注意しなくちゃいけないなぁ…
などと気にしながら、デカ盛りを巡る旅はこれからも続けていきましょう♪



□パンプキン
 TEL:027-253-7023
 群馬県前橋市元総社町950-6
 営業時間11:15-15:00,17:00-22:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり
 ※Sサイズでもデカ盛りなので初心者同士での訪問時はSSとSサイズがオススメ

パンプキンパスタ / 新前橋駅
昼総合点★★★★ 4.5






より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 13:00

銀色テントむしでSL巡り…桐生「C1249」
夕方近いのに桐生にある遊園地に来たら終了の音楽が流れています(笑)
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは西桐生駅の北側の小高い丘にある「桐生が丘動物園・遊園地」です。
15時45分頃に訪問したところ…冬季の遊園地の営業時間は16時までであることがわかりましたorz


この遊園地の駐車場側の入口に置かれている静態蒸気機関車が「C1249」です。

動態で見られるC12と違い正面ボイラーの両脇にある鉄板(デフレクター)が見られません。
先日、長野県奈良井宿のC12を見た際に感じた違和感がこのデフレクターだったんですね。
デフレクターが無いことによって、やわらかいフォルムに感じるのはnorizoだけでしょうか?


C1249は入場無料の遊園地内で屋根の下に置かれ、大事にされていることがわかります。


以前は運転席にも入れたようなんですが、おそらく石綿(アスベスト)の一件以降、入室できない状態が続いているようです。


車体自体は本当に大事にしてもらっているようで、パーツの欠損も少なくピカピカです。
しかし後部に「部品を持ち帰らないでください」と言う張り紙があるところを見ると、心無い人が居ることを感じ取れ、悲しくなります。


C12は大きな動輪が3個並んでいるのが特徴です。
いつもはズキマル君を比較対象にしますが、今回はモカにしてみました。

D51と違いコンパクトな設計の車両ではありますが、やはり大きいことを改めて感じます。


解説も遊園地内で管理されていることもあり、あと数10年は安心して読み取れそうな状態でした。


遊園地の乗り物がすでに終了してしまっている時間に訪問したため、ズキマル君は半ベソでしたが、動物園は30分間長く営業しているのでちょっとだけ楽しむことが出来ました。

この桐生が丘動物園・遊園地はどちらも入場無料。
蒸気機関車の見学でなくてもリーズナブルに1日子どもと一緒に楽しめる名スポットです。



□桐生が岡遊園地(C1249)
 群馬県桐生市宮本町4丁目1番1号
 TEL:0277-22-7580
 営業時間9:30-16:00(夏季延長)
 入場料:無料
 休館日:火曜日(祝日の際は翌日)
 駐車場:無料

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1934年3月 川崎車輌 No.1466
  竣工:1934年3月24日 東京局
  新製配置:1934年4月7日 桐生
  借入:1954年8月9日 宇都宮
  返却:1954年8月14日 桐生
  借入:1955年6月14日 宇都宮
  借入:1955年6月24日 小山
  返却:1955年7月1日 桐生
  借入:1959年1月12日 宇都宮
  返却:1959年1月17日 桐生
  一種休車指定:1963年2月20日 桐生
  指定解除:1963年3月26日 桐生
  一種休車指定:1967年11月8日 桐生
  指定解除:1968年4月5日 桐生
  移動:1968年10月1日 高崎
  廃車:1968年10月17日 桐生

シリーズ:C12
簡易線用の小形タンク機関車として1932年から1947年にかけて293両が製造。
現在大井川鉄道(トラストトレイン)と真岡鉄道でそれぞれ1両が動態保存。
各地で30両が静態保存されている。.

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 16:30
銀色テントむしで関東の駅百選…第20回群馬「西桐生駅」
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1998年第2回」選定、上毛電気鉄道の終着駅「西桐生(にしきりゅう)駅」です。
選定理由は「「織物の町桐生市内に開設当時から残る駅舎。」だからだそうです。
ウィキペディアには「織物の町桐生市内に開設当時から残る保存が望まれる駅舎で機織りが体験できる駅」と記載されています。


木造の駅舎とホームの木造の雨よけがノスタルジックでいいですね。
終着駅のためか列車は随分と手前に停車しています。


駅舎ももちろん木造で木の素材と壁の色がマッチして古き良き大正時代末期のの西洋かぶれの日本像を思わせます。


木造の改札口もイイですねぇ♪
切符を確認するのもレトロに人の手によるチェックしていました。


待合所には切断されたレールが置かれています。
「未来へつながるレール」は触るとご利益があるそうです。


住宅街の中心部に位置する西桐生駅はJR桐生駅の北側に位置しますが、JR線のルートとは一線を画しているため、利用者に重宝されているようです。
ウィキにあった「織物の町桐生市内に開設当時から残る保存が望まれる駅舎で機織りが体験できる駅」の機織りの体験は見受けられませんでした。

ちょっとのんびりした雰囲気のステキな駅です。

シゴトでイライラしたらこの駅でのんびりするのもいいかもしれません。


□西桐生駅
 群馬県桐生市宮前町二丁目1-33
 所属事業者:上毛電気鉄道
 開業年月日:1928年(昭和3年)11月10日
 駐車場なし(?)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

関東の駅100選選定理由
 織物の町桐生市内に開設当時から残る駅舎。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 16:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでSL巡り…安中「SL碓氷(D51498)」
そう言えば、まだ今年に入ってから動態蒸気機関車を見ていないので、ちょっと見に行くことにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

運行本数はそれほど多くない「SL碓氷(うすい)」の運転日にあわせて、高崎-横川間を走る「D51498」を見に行くことにします。
碓氷号の停車駅は途中、安中駅と磯部駅がありますが、鉄道写真系のブログを見ていると安中駅近辺の写真が多いため、安中(あんなか)駅に着てみました。


書が津も終わっているためか、わざわざSLを眺めるために安中駅に集まったお客さんはnorizoとズキマル君を含め7名程度です。
おかげで写真撮影のための乗客が記念撮影にために先頭車両を訪れる前に正面の写真を撮ることができました。


記念撮影の乗客の皆さんと入れ違いで、最後尾車輌のELも眺めておきましょう。



こちらも無骨ながら子どもに好まれるステキな顔をしていますよね。
帰りはこのDD51842がお客さんを引っ張ります。


10分後、安中駅からSLが旅立っていきました。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=fcs52qg75nW:bhbX:Nh:cf:0l/Zw3_c_3/SIf7/xmLdjjcTSogKJUd:Dx_I:xT:OT:Y/KeMJiMHTARKhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


すみません、ズキマル君の立ち位置が大変危険でしたね。
しっかりとゲンコツして言い聞かせておきました。

駅の中で撮影しましたが、駅の外の高崎側の高架や前後の川に架かる橋など、撮影スポットは沢山ありそうでした。

まぁ、ズキマル君とnorizoは「送迎鉄(造語)」なのであんまりカンケーないんですけどね。

静かにSLを楽しめるナカナカのスポットにご満悦のズキマル君でした。


□SL碓氷(D51498)
    停車駅:高崎駅 - 安中駅(今回の撮影ポイント) - 磯部駅 - 横川駅
□安中(あんなか)駅
 群馬県安中市中宿950
 所属事業者:東日本旅客鉄道(JR東日本)
 所属路線:信越本線
 開業年月日:1885年(明治18年)10月15日
 駐車場なし?(近隣にホームセンターあり)
 ※近隣に撮影ポイント多数あり



 ◇車歴
  製造:1940年11月26日 鷹取工場 No.26
  新製配備:1940年11月26日 岡山
  移動:1951年8月2日 吹田
  移動:1953年12月1日 平
  移動:1963年10月7日 長岡第一
  貸渡:1965年4月15日 直江津
  移動:1966年3月26日 新津
  移動:1972年3月15日 坂町
  移動:1972年10月1日 高崎第一
  廃車:1972年12月1日 高崎第一
  保存:1972年12月1日 月夜野駅
  復元のための入場整備:1988年3月15日 高崎第一
  全般検査入場:1988年6月13日 大宮工場
  全検出場:1988年11月24日 大宮工場
  車籍復活:1988年11月25日 高崎運転所

シリーズ:D51
デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞。1115両製造、180両以上が保存される。
情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

------------------------------------------------------------------------------
SL碓氷(エスエルうすい)は、1999年(平成11年)4月18日の「碓氷峠鉄道文化むら」の開園に合わせて設定された蒸気機関車D51 498およびC61 20牽引による臨時快速列車で、信越本線高崎駅 - 横川駅間で運行される。2011年の運転からはC61 20も牽引機に加えられ、更に同時に整備が行われた旧型客車を使用した「SLレトロ碓氷号」としての運行も開始された。
元々は「SL碓氷号」であったが、2010年の運転から正式名称が「SL碓氷」に変更されている。

「SL碓氷」は下り高崎発横川行き列車のみの設定、「EL碓氷」は上り横川発高崎行き列車のみの設定である。横川駅に蒸気機関車の折り返しのための設備がないため、このような運転形態をとる。なお、磯部駅 - 横川駅間は急な上り勾配区間ではあるが、通常の運転(12系客車4両編成牽引時)では電気機関車およびディーゼル機関車は無動力でD51 498の単独運転である。ただし、編成が長い場合と、C61 20による運転の場合は必要に応じて電気機関車及びディーゼル機関車による補助動力で補うことがある。「SLみなかみ」などより運転機会は少なく、使用車両や記念イベントなどによっては列車名が変更されることもある(「SL信越120周年号」など)。運行期日はおおむね限られており、まれな存在である。
------------------------------------------------------------------------------
ウィキペディアより

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 11:30
名城100選スタンプラリー・13箇所目「箕輪城」
箕輪城を目指すのにカーナビで連絡先電話番号で検索して行ったら高崎市役所だったため、慌てて検索しなおして再訪しました(笑)
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


手元の資料で用意していったスタンプスポットの電話番号が高崎市役所になっていたため調べなおすと10キロくらい違いました(笑)
別の用事を済ませ、訪問します。

広い敷地に砂利敷きの駐車場、ショベルカーなども入っていて、一瞬間違ったのかと思ってしまいました。

箕輪城跡に一番近い駐車場には東屋があり、登山服姿のような3人の方がいました。
この方たちは、箕輪城を紹介してくれるボランティアの方で、入り口近くで散策できるコースの紹介をしてくれました。


箕輪城には天守閣は存在しなかったようです。
エリア内は広場が広がっていて、その周りには空堀が廻らされています。


現状の見学ポイントは本丸跡とその奥の一角です。


本丸跡の敷地は結構大きいので、ボールなんかを持ってくれば長時間遊べそうです。


本丸の奥には、最近発見されたと言う井戸が奉られています。


空堀は下りられるようになっていて、ぐるっと回る散策コースになっていました。
およそ400年前に掘られたと言われる空堀を含め、箕輪城跡は今後、整備が進んでいくそうで、散策中も工事車輛がそこここで作業をしていました。


本来は高崎市役所箕郷(みさと)支所でなければ押せないスタンプですが、ボランティアの方が持って待っていてくれたため、東屋近くで押すことができました。


ボランティアさんの話によると、現在整備中の箕輪城跡は2020年頃までには資料館なども建築予定で、今後活気付くことは必至のようです。
楽しみですね♪


せっかくなので箕郷支所にも行ってみました。
城址からは3キロほどあるので公共交通機関を利用しての移動にはちょっと難があるかもしれません。


公民館併設なので、意外と夜遅くまでスタンプが押せるようです。


箕輪城の歴史
------------------------------------------------------------------------------
戦国時代の上野には関東管領山内上杉家が存在したが、上杉憲政が越後へ亡命した後はその重臣長野氏が残り、相模を本拠とする北条氏、甲斐の武田氏、越後の上杉氏(上杉憲政の名跡を継いだ)が侵攻を繰り返す場であった。
このようななかで長野氏は、上杉氏の後ろ盾を得ていた。
信業の子長野業正は箕輪衆と呼ばれる在郷武士団をよく束ね、「名君」と謳われて長野氏全盛時代を築き、最大の版図を有するに至った。
業正の代にはまた、武田信玄の侵略がたびたび繰り返されたが、これをよく退け安定した地位を保った。
1590年(天正18年) 豊臣秀吉の小田原征伐の際に箕輪城は前田利家・上杉景勝連合軍の攻撃により開城した。
この年、徳川家康が関東に入封し、箕輪城は12万石をもって井伊直政に与えられた。
直政は箕輪城を近代城郭に改造したが、1598年(慶長3年)高崎城に移封され、それに伴って箕輪城は廃城となり、80余年の歴史に終止符を打った。

ウィキペディアより
------------------------------------------------------------------------------


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
…と思ったら1598年に廃城になっているじゃないですか!
その後は政治の中心が高崎城(現在の高崎市役所近辺)に移っているので、間違えて最初に伺った高崎市役所もそれなりに歴史の表舞台にあった場所だったようです。
高崎は幕末の戦火にはあまり巻き込まれていなかったのか、主だった資料は見受けられませんでした。


□箕輪城(みのわじょう)第16番
 TEL:027-371-3152(箕郷公民館)
 群馬県高崎市箕郷(みさと)町西明屋702番地4
 スタンプ設置場所:高崎市役所箕郷支所
 開館時間:9:00-22:00
 休館日:祝日・年末年始(城址は2012年1月現在年中無休)
 入場料:無料(2012年1月現在)
 駐車場:無料(2012年1月現在)
 主な城主:長野氏、内藤氏(武田氏城代)、北条氏、滝川一益、井伊直政


より大きな地図で 日本100名城 を表示



ワンポイント
現在にのこる遺構として、石垣・土塁・空堀の跡が認められる。
2020年頃には公園や資料館が整備される予定だそうです。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 14:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでSL巡り…前橋「D51916」
今週は群馬県を巡って行きましょう。
前橋市に静態蒸気機関車があると言うことでいってみることにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは前橋市にある「前橋こども公園」です。
改装工事中で公園で遊ぶことは出来ませんが、土曜の午前早めと言うこともあり、工事が始まっておらず蒸気機関車は見学することが出来ました。


展示されているのは「D51916」、通称デゴイチです。


心なしかのっぺりした顔に見えるんですが…気のせいでしょうか?
よく見るとこのデゴイチには雪かきがついています。
先日、松戸のユーカリ交通公園で見たデゴイチは雪かきが別置きされていましたが、このコはどうでしょう?


おぉ、一体型で雪かきまでセットされているタイプなんですね。


運転席にはアクリル板が貼られていて、本体内への立ち入りは禁止になっていました。


後姿を見ると、なんだかちょっと傾いているようにも見えます。

公園改装終了時にはこのコも整備してもらえるんでしょうか?
楽しみですね。

解説も古ぼけて植栽に埋もれるようにひっそりとたたずんでいました。

今回は公園改装中ということもあり、ズキマル君はご機嫌ナナメでした。


次回訪問時には公園も整備されていると思いますので、公園レビューとあわせてご報告したいと思います。

このコも末永く大事にしてもらえるといいですね♪



□前橋市児童文化センター(D51916)
 TEL:027-224-2548
 群馬県前橋市西片貝町5丁目7
 駐車場あり

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1943年12月12日 日本車輌 No.1219
  新製配備:1944年1月1日 糸崎
  移動:1948年6月16日 新得
  移動:1954年12月27日 岩見沢
  移動:1968年10月1日 小樽
  移動:1973年10月16日 名寄
  移動:1975年2月6日 追分
  廃車:1976年3月10日 追分


シリーズ:D51
デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞。1115両製造、180両以上が保存される。

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 09:00
銀色テントむしでデカ盛り…323軒目・名古屋「洋食屋寅安」
子どもたちを名古屋市の東山動物園で遊ばせ、夕方になったので近くのデカ盛り店に向かいます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはリーズナブルに洋食が楽しめるといううわさの「洋食亭寅安(とらやす)」です。
17時半オープンのはずでしたが、連休中のためか「18時オープンです」と言う張り紙が…
駐車場でオープンまで待つことにしました。

時間通りに看板に灯がともり、1番乗りで入店できました。

事前情報によると、注文から配膳までに時間がかかるとのことです。

のんびりと会話を楽しみながら待つことにしましょう。
サイズに不安があるので1品目は「特製唐揚げ定食Sサイズ(650円)」にしてみます。

ご飯のサイズは「小(1合弱)」、「中(1合強)」、「大(約2合)」から選べます。
ご飯のサイズももちろん「小」で注文しました。

…Sサイズなのにから揚げが7個載っています。
3品は注文しすぎだったかな?


ズキマル君は「ハンバーグ定食(880円)」を注文。
ご飯のサイズは「中」にしてみました。

300gくらいあるハンバーグに1合以上あるご飯のインパクトはナカナカですね。

モカさんたっての希望で「特製カニクリームコロッケ定食(850円)」はSサイズもあるのに普通サイズです。
ライスは「小」にしてみました。

カニクリームコロッケって小さいイメージがあったんですが、1個1個がゲンコツくらいあり、それが3個も載っています。

ホワイトソースが香り豊かで、サクサクの衣がマッチして美味い♪
…でもデカすぎます(笑)

親子4人で3品をなんとかギリギリ食べきることが出来ました。


そのほかにも食べてみたいメニューが盛りだくさんです。

特にオムライスの大盛りは2キロを超えるトップグレードのメニューのようです。

ちょっと自宅から400キロほど離れているので、思い立ったらすぐに食べにこられる店ではありませんが、名古屋にきたら絶対に寄っておきたい名店です。


□洋食亭 寅安
 TEL:052-861-3075
 愛知県名古屋市天白区植田山1-1901-1
 営業時間11:30-14:00,17:30-21:00(開始終了に変動あり)
 定休日:月曜
 駐車場あり(店前4台分、ほか3台)

洋食亭 寅安洋食 / 塩釜口駅八事日赤駅名古屋大学駅
夜総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/08 19:00
銀色テントむしでデカ盛り…324軒目・遠州灘「大松屋食堂」
愛知県の海側にデカ盛りがあると聞いて行ってみる事にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは田原市の遠州灘にある「大松屋(おおまつや)食堂」です。
ランチタイムをちょっと外した13時半ころ来店したんですが、ほぼ満席です。


ここでの大きいメニュー1品目は「カツ丼大盛り(735円+210円)」です。

ズキマル君が寄りすぎでとても大盛りには見えませんが、ご飯が2合くらいありそうです。
トロフワの卵とじのカツは懐かしいおいしさです。


そして絶対に外せないのが「天丼大盛り(840円+210円)」です。

うわぁお!

ナスやニンジン、カボチャなど厚切りで火が通りづらいものもフッカフカで口の中でとろけます。
野菜の天ぷらが盛りだくさんの中に大振りのエビが2本、キスが1匹隠れています。

…食べきれるかな?

味付けが足りない場合には店員さんに言えばタレも足してもらえます。


食べきれない人が多いのでしょう、パックと手提げ袋が常備されていて、持ち帰れるようになっていました。
食べだす前に持ち帰り分を取り分けておくとご飯粒が少なくて済むので見栄えがキレイです。

ご飯もツヤツヤでかなりの大盛りでしたがしっかり食べきることができました。


帰り際に入り口近くを見ると、14時過ぎだと言うのに席待ちのお客さんで溢れています。
人気の名店であることが、待っているお客さんの様子からも感じ取れました。

愛知県海沿いのデカ盛り店は遠くからのお客さんでにぎわう名店でした。


□大松屋食堂 (おおまつやしょくどう)
 TEL:0531-45-2301
 愛知県田原市高松町蝉ケ沢31-1
 営業時間10:00-15:00,17:00-19:00
 定休日:毎週水曜・第3木曜
 駐車場あり(約30台)

大松屋食堂定食・食堂 / 田原市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/09 14:00
銀色テントむしでデカ盛り…322軒目・名古屋「葉栗屋」
名古屋と来たら「味噌カツは外せませんシリーズ」でもう1軒行っておきましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは名古屋市中川区にある「葉栗屋(はぐりや)」です。
ビジネス街のど真ん中といった感じで、土日のコインパーキングの価格は20分100円ですが、駐車場代を払ってでも来てみたかったんです。
土日はランチからディナーまでの間に休憩を挟まずに営業してくれているのも県外からのnorizoにはありがたいです。


葉栗屋さんで有名なのは「味噌カツ定食(1,050円)」でうずたかく盛られたキャベツの山を楽しむのですが、ちょっと食べ切れそうにありません。

そこで注文してみたのは「味噌カツ丼」です。
定食とどんぶりの価格差は50円ですが、その50円でホントはスッゴいデカ盛りが楽しめます。
その辺はご自身でご確認いただくとして、「味噌カツ丼(1,000円)」(右)と「味噌カツ丼大盛り(1,150円)」(左)を注文してみました。

ひぃぃぃ!!!

定食じゃなければ大丈夫だろうとナメていましたが…
普通盛りでもかなりのボリュームです。
そこに来て大盛りは…カツまでデカイです。
甘口八丁味噌ベースのタレがカツとキャベツにからんでサイコーです。


それにしても大盛りはスゴイ量です。

ご飯は2合ちょっと入っているんじゃないでしょうか?
家族4人で普通盛りと大盛りを食べるとかなり満腹になりますね。


名古屋はリーズナブルに満腹になれる名店に恵まれていますねぇ♪
連休を見つけたらまた名古屋に再訪したくなりました。



□葉栗屋 (ハグリヤ)
 TEL:052-321-4809
 愛知県名古屋市中川区尾頭橋2-2-20
 営業時間11:00-15:00、17:00-20:30
 ※土日は通し営業
 定休日:月曜日・第三週の火曜日
 駐車場:無(周りにコインパーキング多数あり。)
 ※味噌カツライス1,050円は店内最強

葉栗屋うどん / 尾頭橋駅金山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/08 14:30
銀色テントむしでSL巡り…豊川「58623」
せっかく豊川に宿泊したので、豊川にあるSLを見に行きましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは鉄道車輌製作で有名な「日本車輛製造株式会社 豊川工場」です。
駐車場はありませんが、ヨメさんが買い物をしている間スーパーにクルマを停めているのでその間にズキマル君と見学に行きます。


日本車輛といえば、在来線や新幹線、古くは蒸気機関車などを作っていますが、モノレールも作っていたようで展示されていました。


門を挟んでモノレールの右側には蒸気機関車「58623」が展示されていました。


向かいの大通りから見ることができますが、奥には新幹線や在来線も見えていて、どうやら展示スペースになっているようです。


休日のためか入り口の門は閉まっているため、左手にある警備室に声をかけてみることにします。


…残念ながら休日に敷地内に入って見学することはできませんでした。
(どなたか入場方法を知っていたら教えてくださいね♪)


解説は道路側に向いているのでしっかり読むことができます。


さすがに鉄道車両製造会社だけあってきれいな車両でした。
こんどはもうちょっとしっかり調べて工場内から展示車両を見学したいですね♪



□日本車輌製造(58623)
 愛知県豊川市穂ノ原二丁目20番地
 ※市営グランド北西交差点前あたり
 駐車場:なし

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1922年 日本車輌 No.54
  使用開始:1922年5月3日 名古屋局
  移動:正明市
  配置:1961年3月31日 松山
  移動:小松島
  廃車:1970年5月28日 小松島
  保存開始:1970年10月31日 保存のため豊川工場へ回着
  管理:日本車輌製造豊川製作所
  所有: JR東海(無償貸与)

ワンポイント
 工場敷地内にあり管理も行き届いている。四国地区で使用された機関車で、四国管内では工場研修の都度にボイラー換装を行っており、8638のボイラーが使用されているらしい。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/09 11:00
名城100選スタンプラリー・12箇所目「長篠城」
戦国時代、「長篠の戦」と言うと信長の鉄砲隊が有名なので、織田信長の城かと思っていました。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


そんなわけで、やって来たのは「長篠城跡」です。
戦国時代の最大級の戦闘地点なのでだだっ広い平野をイメージしていましたが、勾配に富んだ難しい地形が広がっています。
考えたら、戦略を練るのに平地ではどうしようもなかったですね(笑)


地域全体が長篠の合戦の舞台のようですが…城址は鉄道が分断していて、小さな敷地に感じます。


城址の碑までも駐車場から徒歩1分と回りやすい場所です。


芝生敷きの広場があり、敷地境界に金網が張られていて、その金網に目線の先の解説が記載されていて、見やすくて面白いです。

奥左手の高台には神社跡がありましたが、今は移設されてしまっていて奥の林を見下ろす展望台のようになってしまっていました。


100名城スタンプは長篠城資料館の入り口にあります。
資料館自体は武田軍、織田軍を中心とした合戦の様子をメインに、長篠城主奥平家の資料が満載でした。


一通り楽しんだら入り口でスタンプを押して終了しましょう。


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
と、思ったのですが、長篠城は天正4年(1576年)前年の長篠城の攻防戦で城が大きく損壊したこともあり、は廃城となってしまっていて、幕末には山野だったようですorz


古き合戦場も今は静かな観光スポットとして平和な時代をカンジさせてくれる場所になっていました。


□長篠城(ながしのじょう)第46番
 TEL:0536-32-0162
 愛知県新城市長篠字市場22-1
 スタンプ設置場所:新城市長篠城址史跡保存館窓口
 駐車場:あり
 入場料:大人210円子ども100円
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:火曜日
 通称・別名:末広城、扇城
 主な城主:菅沼氏、奥平氏


より大きな地図で 日本100名城 を表示



ワンポイント
長篠の戦いで有名。
織田信長は当時最新兵器であった鉄砲を用い、最強と謳われた武田の騎馬軍団を駆逐した。
現在、城域中心を鉄道線(飯田線)が貫いている。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/09 10:30

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでSL巡り…名古屋「リニア・鉄道館」
名古屋のSLで長いこと人目に付かなかったものが立派に展示されていると聞いて見に来ました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは2011年にオープンしたばかりの「リニア・鉄道館」です。


3連休中日に訪問してしまったので人でごった返していますが…普段からこうなんですかね?


名古屋の「てっぱく」と言っても過言ではないスゴい建物です。
まぁ、入場料も「てっぱく」と同じ1000円なので、SLを見るだけであれば尻込みしてしまう価格です。
しかし、内容は充実しています。
新幹線やリニアモーターカーなど、ナカナカ見ることの出来ない足元までしっかり見られるのはJRが主軸となって運営しているからでしょう。


リニア・鉄道館には3台の静態蒸気機関車が展示されています。
入り口を入ってすぐのスペースに展示されているのは「C6217」です。
蒸気機関車としては世界最速(最大時速129km/h)を誇った車両です。


また中央の展示スペースには「C57139」もあります。
この機関車はお召し列車(天皇・皇后・皇太后がお乗りになった列車)にも使われたことのある由緒正しい機関車です。


そんなスーパー蒸気機関車を差し置いて、今回楽しみにしていたのは屋外展示されている軽便蒸気機関車の「ケ20」です。
いくつものSLを見るために日本中を回っていますがカタカナナンバーのSLには出会ったことがありません。
大正生まれの機関車で「軽便鉄道(けいびんてつどう)」車両だったことから頭文字の「ケ」で始まっているようです。

車体はカットモデルで、リニア・鉄道館がオープンする前にはJRの研修所に置かれていた機関車で、一般の人が見るのは難しかったようです。


それがこうして日の目を見ていると言うのは嬉しい限りです。

オープンに際して解説も作ってもらっていました。



ついでといっては何ですが、リニア・鉄道館には3種類の大型シュミレーターがあります。
在来線のシュミレーター(運転編・車掌編)と、N700系の運転シュミレーターです。
どのシュミレーターも抽選で、特にN700系は1日に28人しか参加できません。
利用料は1回500円ですが、相当な大きさなので、ゲーセンのものとは比べ物になりませんね。


ダメもとで抽選に参加してみたら…当たっちゃいました(笑)


と、言うことで運転手はモカ、助手席にはズキマル君が乗り込みます。


後ろにはコンシェルジュのおねぇさんがついて丁寧に運転の説明をしてくれます。

せっかくなので、ちょっとだけN700系シュミレーターの気分をお楽しみいただきましょうか。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=ROs52qg75nW:bhbX:Nh:cc:0c5yE97z_/B/af7/xmLdjjWXVmgKJUd:Dx_I:xF:OQ:Y2E3hPdjVbD.chckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


運転席目線で東京から名古屋まで約10分間かけて運転することが出来ます。
運転時間が終了すると運転席のモニターには「修了書」がディスプレイされました。


蒸気機関車目当てで見学に行った先で大型シュミレーター参加という大きなおまけまで付いて非常に楽しいひと時を過ごせました。


運よくイベント参加してしまいましたが、こういうラッキーがあると、また来てみたくなりますね♪

名古屋の新名所に再訪を誓いつつ、次のスポットを目指すことにしましょう♪





□リニア・鉄道館(ケ90ほか)
 TEL:非公開
 愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目2番2
 開館時間10:00-17:30
 休館日:火曜日・年末年始
 入館料:大人1,000円、小中学生500円、幼児200円
 駐車場:普通車700円大型車1,500円(モノづくり文化交流エリア駐車場)

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示

 ◇車歴
  製造:1918年12月 大日本軌道
  新製:1918年 東濃鉄道
  買収:1926年 鉄道省ケ90
  使用休止:1928年
  廃車:1930年
  保存:1935年10月 教材として保存
  ボイラー切開:1963年12月 修繕時に
情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

ワンポイント
軽便鉄道シリーズ
国鉄にはナローの蒸気機関車が在籍したことがあり、それらは形式・番号に「軽便」を表す「ケ」が付けられていた。
ケ90形は、(旧)東濃鉄道の A 形全 2 両(番号 1・2)が1926(大正15)年に買収され,それぞれケ90、ケ91となったものである。
動機は1918(大正 7)年に新多治見-広見間開通用として大日本軌道鉄工部で製造された。
重量6tのB形タンク機である。
しかし、太多線の建設に伴い買収、1928(昭和 3)年の改軌まで使用され、1930(昭和5)年に廃車となった。
その後、ケ90は1935(昭和10)年に名古屋鉄道局の教習所の展示教材となり、愛知県名古屋市千種区内山のJR東海社員研修センターに置かれていた。
1963(昭和38)年には,内部構造が見えるように車体の一部が切断された。
※「鉄道友の会名古屋支部」より抜粋



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/08 13:30
銀色テントむしでデカ盛り…321軒目・名古屋「パセリ」
せっかく名古屋にきたら「味噌カツ」は食べておきたいですよね♪
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは「爆食」で有名な名古屋市天白区の「パセリ」です。
17時過ぎに入店しましたが、満席でカウンター席に空席が出来るのを待ちます。


10分ほど待って席につくことが出来ました。
全席カウンター席ですが、幼稚園児でもなんとか座る事が出来ます。
パセリは揚げたてのカツが売りのようです。
デカ盛り以外にも「S」サイズからあるので安心です(笑)

小学生以上は1品注文するのがこの店のルールのようですのでモカにも注文してもらいます。
頼んでみたのは「卵とじカツ丼S(700円)」です。

…確か注文したのは「Sサイズ」だったんですが、チェーン店の「か○家」の「松大盛り」よりもボリュームがあります。
肉の量も卵の量も質もチェーン店のものとは比べ物にならない素晴らしさです。
そして何よりコメが美味い♪
デカ盛り店の多くはこうしてコメが美味いのが嬉しいところです。


ヨメさんはリッチに「味噌チキンカツ定食M(890円)」を注文しました。

八丁味噌のソースがサクサクのジャンボチキンカツにマッチして美味い!
カウンター席での写真なのでそれほど大きく見えませんが…Mサイズを女性が一人で食べるのは相当苦戦しそうです。


norizoはリーズナブルに「味噌カツ丼M(750円)」を注文しました。

カツがデカ~い♪
トロトロの目玉焼きもタマゴ2個使ったものが載っていて、それを崩してかき混ぜると…クリーミー♪
それにしても、カツは300gくらいあるのかなぁ?
ご飯も2合くらいありそうです。
美味しかったので3品全品完食しましたが…下向いて歩けません(笑)

家族4人だと、3品なら全てSサイズでちょうどよさそうでした。
地元の学生さんが「爆食家認定メニュー」に挑戦していました。
でっかいカツが4枚にご飯が3合くらい、山盛りキャベツと味噌汁がついています。
かなり体格のいい学生がチャレンジしていましたが…全員失敗のようでした(笑)

席を立つころになると、座りきれないお客さんが店内に溢れています。
1品ずつ丁寧に仕上げるために時間がかかるのですが、待っても食べたくなる名店です。
名古屋に来たら再訪したい満腹店に楽しい気持ちで店を去りました。


□パセリ
 TEL:052-834-9022
 愛知県名古屋市天白区塩釜口2丁目1501 フェイムズ1F
 営業時間11:30-14:00,17:00-23:00
 定休日:月曜
 駐車場:フェイムズ地下(食事をする際に無料券がもらえます)

パセリとんかつ / 塩釜口駅植田駅(名古屋市営)
夜総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/07 18:00
激安ホテルレビュー…豊川「チサンイン豊川インター」
名古屋で1泊1万円で泊まるか、距離を置いて格安で泊まるかを考えた末、安い方にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関東圏からの宿泊のため、最終日の帰路でちょっとでも距離を減らすことを考えたんですが…
2泊3日の旅行で2日間は名古屋で過ごしたため高速代とガソリン代でトントンかもしれません(笑)
とは言え、激安宿なのでここはオススメできます。
やって来たのは愛知県豊川市にある「チサンイン豊川インター店」です。
2段ベッドの部屋に朝食が付いてのプランにしましたが、1ヶ月以上前に予約していたため、今回の1泊家族4人の料金が5000円です。

以前に大阪のヤバそうなホテルで1泊4000円と言うのがありましたが、ヤバくないホテルで5000円はスゴいですね。
大人1名につき小学生以下1名が無料になるのがこのホテルのメリットです。
また、宿泊日の28日以上前に予約すると割引率が高く、1名当たり1250円の単価を割り出します。

キングサイズのベッドの上にシングルの2段ベッドと言う部屋設定です。
子どもたちは上段で楽しく、両親はキングサイズのベッドで相手を蹴飛ばすことなく眠ることが出来ます。


こんな価格ですが、お風呂だってひろーい♪

のんびり足を伸ばして沈むことが出来ます。


朝食はバイキングで和洋楽しめます。


飲み物はオレンジジュース、牛乳、コーヒー、紅茶が飲み放題。
パンが2種類ほどに、ご飯は日によっておかゆも用意されています。

残念ながら味噌汁は赤だしではありませんでしたが、1名単価1250円を割り戻すと…
ホテル側に儲けが出るんですかね?


朝食をセットにしなくてもモーニングコーヒーは無料、新聞も2日分が無料です。

名古屋市内への観光には距離的に難がありますが、豊川・豊橋と言った静岡よりの観光やビジネスユースには嬉しい激安宿でした。


ま、ウチでは今後も名古屋に行く際にも利用させてもらうことになりそうな激安ホテルですね♪



□チサンイン豊川インター
 TEL:0533-89-9611
 愛知県豊川市上野2丁目22番地
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/08 09:00

銀色テントむしでデカ盛り…320軒目・名古屋「吉野屋」
せっかく名古屋に来たのは「味噌煮込みうどん」を食べたかったからかもしれません。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは名古屋市中区新栄の裏道にある「吉野屋」です。
牛丼の「吉野家」ではありません。
うどんとお蕎麦の店です。
食べログでは11時オープンとなっていますが、この日の開店は11時半でした。
看板には「立食いめん処」となっていますが座って食べられます。


吉野屋で中盛や大盛を注文するのは大変危険だそうです。
まずは普通のメニューで様子を見てみましょう。


名古屋と言えば味噌煮込みうどんでしょう♪
「親子入り味噌煮込みうどん(750円)」を普通盛りで注文しました。

煮えたぎる土鍋には溢れんばかりのうどんが…
一人前でこの量って…
しかもすごく美味いのが更にビックリです。
麺も土鍋で長時間高温にさらされても延びてしまわないように固めんです。
ボリュームはありますが、飽きることなく最後まで食べ切れます。


そして名物(?)「カレーうどん(650円)」は「1.2人盛り(+150円)」にしてみました。

あの・・・どんぶりが見たことないサイズなんですけど(笑)
軍用ヘルメット一杯にカレーうどんが入っている感じです。
鍋焼きと違って釜茹でしたうどんにカツオだしの効いたカレーあんがマッチしています。
1.2人前なのに3人前くらいありそうです。


早い、美味い、安いの3拍子(笑)
名古屋のデカ盛りの名店は日曜祝日は休業なので観光客のnorizoには土曜のランチでしか会うことができませんが、最高品質の逸品でした。



□吉野屋
 TEL:052-241-0358
 愛知県名古屋市中区新栄1-6-3 シャインビル1階
 営業時間11:00-15:00,18:00-20:00(土曜11:00-14:00)
 定休日:日祝
 駐車場なし(近隣コインP多数)

吉野屋うどん / 新栄町駅高岳駅栄町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/07 12:00
名城100選スタンプラリー・11箇所目「犬山城」
2012年最初の城巡りは愛知県にします。
愛知といえば通常は名古屋城ですが、今回は国宝で個人所有歴の長かった城に行ってみましょう。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


名古屋市から北に小1時間クルマで進むと犬山市に入ります。
一方通行の道に入ると、急に世界観が変わります。
なぜか戦国武将まで練り歩くこの道が、犬山城の城下町です。


せっかくなので練り歩く武将と写真など(笑)
後ろの建物は「どんでん館」だそうです。



犬山城資料館には無料駐車場がありますが、残念ながら今回は閉館中でした。
仕方がないのでこの奥にある市営の有料駐車場にクルマを停めて散策することにします。


犬山城資料館の向かいには「からくり展示館」があります。
犬山城に先に行ってしまうとからくり館と城の両方の費用がかかりますが、資料館に先に行くとお得なセット価格となり大人で100円引き同等になります。


からくりの技術を見ると、現在にも劣らない職人の技術に驚かされます。


さて、それでは犬山城に向かいましょう。


石畳の階段を5分ほど歩くと本丸門(?)に到着します。
ここがチケット売り場になっており、この門の下でチケットを渡します。


犬山城は織田信長の叔父の信康が改修して現在のカタチになったと言われる城で、国宝です。


からくり館で「階段が急ですよ」と言われましたが、国宝クラスの城としてはズキマル君が泣くほどの急勾配ではありません。
むしろ手すりなど、観光客に優しい設備が設置されていて、足腰が悪い方でなければ十分に楽しむことができます。


城内には木造の模型も展示されていますが、これもまたステキでした。


まだ名城100選めぐりを初めて10やそこらですが、天守閣からの眺めが一番素晴らしいかもしれません。


理由はこのベランダ(?)で、柵もなく手すりも低いため、視野が広く開放感満点なんです。

ただ、この狭い足場で奥まで行って戻ってきた人とすれ違う際に外側に立つと足が震えました(笑)

一通り城を見学したら本丸門に戻ります。
入場口の裏側の2階が事務所になっていて、そこにスタンプがあるんです。
城の入り口にもスタンプが置かれているので、ついついそちらで押したくなりますが、100城スタンプは管理事務所にしかありません。


犬山城のスタンプは柄が長く押しやすくなっていました。

城下から城に至る全てが素晴らしい、まさに名城ですね。

深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
-----------------------------------------------------------------------------
成瀬 正肥(なるせ まさみつ、天保6年12月12日(1836年1月29日)- 明治36年(1903年)2月4日)は、幕末の尾張藩の附家老。
尾張国犬山藩の第9代(最後)の藩主(ただし、藩主として認められたのは1868年からである)。
丹波国篠山藩主・青山忠良の三男。正室は成瀬正住の娘。子は成瀬正雄(長男)、成瀬美雄(次男)、娘(中山孝麿室)、娘(近野某室)。弟に下野国黒羽藩の第14代藩主の大関増徳(増式)がいる。
1855年、正住の婿養子となり、その2年後に家督を継いだ。
藩主・徳川慶勝が第1次長州征伐で征長総督となったとき、その補佐役として出陣し、責任を取って切腹した長州藩の家老・国司信濃、福原越後、周布政之助、益田右衛門介らの首実検を担当した。
王政復古の大号令後、朝廷から正式に藩主として認められた。
それまで犬山藩は尾張藩の附家老であり、正式に大名としては認められていなかったのである。
ただしそれも、1871年の廃藩置県までという短い間であった。
華族制度発足後は男爵となり、1891年4月23日には子爵に陞爵した。
1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。

※ウィキペディアより抜粋

-----------------------------------------------------------------------------


□犬山城(いぬやまじょう)第43番
 TEL:0568-61-1711
 愛知県犬山市北古券65-2
 スタンプ設置場所:城郭内(拝観チケットもぎり場門2F犬山城管理事務室)
 駐車場あり(犬山城資料館は無料、市営駐車場500円/1日)
 営業時間:9:00-16:30
 休館日:年末年始
 入場料:大人500円子ども100円
 通称・別名:白帝城
 主な城主:成瀬氏、織田氏

より大きな地図で 日本100名城 を表示


ワンポイント
現存天守(江戸時代以前に建造された天守を有し、破壊や焼失をまぬがれて現存しているもの)で国宝です。
江戸時代の元和3年(1617年)尾張藩付家老の成瀬正成が城主になり、以後徳川時代を通じて成瀬家9代の居城でした。
2004年(平成16年)3月時点で日本で唯一の個人所有の城であったが、同年4月に財団法人犬山城白帝文庫に移管しました。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/07 15:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…319軒目・名古屋「ダッカ」
名古屋では「モーニング」と言うスペシャルメニューから1日が始まることを忘れていました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは名古屋のデカ盛りの名店「ダッカ」です。
日曜祝日は休みらしいので地方からダッカを目指すなら土曜日しかありません。
横に駐車場らしきスペースがあるのですが、ダッカのものかどうかわからないので近隣のコインパーキングにクルマを停めての訪問です。
食べログによると、朝7時から開いていると言うので、朝9時半頃に訪問してみました。




「ダッカ」といえば、スパゲティやハンバーグの定食をとんでもないボリュームにできてリーズナブルなことで有名です。
早速注文を…と思ったら、ご主人に「食事は11時からだよー」と先に言われてしまいました

えぇぇぇ!!!
千葉からわざわざこのために来たのにぃ!!!

…とは言い出せず、せっかくなので食べログで見かけない「モーニング」のレビューに取り掛かることにします(笑)



ダッカのモーニングは各種ドリンクを注文するとトーストかサンドウィッチがついてくると言うものでした。

そんなわけで、1品目は「ウインナーコーヒー(500円)」です。

コーヒーの上にしっかりとホイップクリームが載っていてヨメさん好みです。


モカは「フレッシュバナナジュース(600円)」を注文しました。

その名のとおり、注文してからミキサーで作ってくれます。
名古屋名物「ミックスジュース」はリンゴがなかったため品切れでした。


ズキマル君は「フルーツソーダ(550円)」を譲りません。

メロンソーダの上にどっさりとフルーツが載っています。
そうか、ダッカは「カフェテラス」だから飲み物も充実していたんですね(笑)



サービスのサンドウィッチはハム、タマゴ、ポテトサラダが挟まった一口サイズのものです。

小腹を埋めるにはちょうどいい量です。



「トースト(350円)」はモーニング以外だと単品での注文ができますが意外と金額が張ります。

フワフワで厚切りの美味しいトーストでした。



バランスよく朝食を楽しむことができましたが「デカ盛り」と言う目的を果たすことはできませんでした。



この機を逃すと今回はデカ盛りにありつけなさそうなので夕方5時にもう一度訪問してみたら…
終わってるぅぅぅぅ!!!
名古屋の名店は食材が終わったら終了だったようです。

結局、今回の名古屋旅で「ダッカ」のデカ盛りに会うことはできませんでした。
次回こそきっと!
と心に決めてダッカの前を去りました。

□ダッカ
 TEL:052-935-1114
 愛知県名古屋市東区代官町31-5
 営業時間 7:00-19:00
 定休日:日曜・祝日
 駐車場なし(近隣コインP多数)

ダッカ喫茶店 / 高岳駅新栄町駅車道駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0






より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示
■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/07 10:00
銀色テントむしでSL巡り…名古屋「2412」
ここ数年で、名古屋の静態蒸気機関車が何台か保存状態が変わったと聞いて行ってみました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは名古屋市中区栄にある白川公園北側の「名古屋市科学館」です。
ぱっと見、お台場のフジテレビの展望室が下に降りて来たような建物の奥に展示されています。


展示車両は旧名古屋市電車両と、蒸気機関車の2台です。
以前の写真を別の方のホームページで見ると駐車場に置かれていたはずなんですが、公園として整備されていて、敷地も随分きれいになっていました。


ここに置かれているのは「2412」です。
石原産業と言う長野県の金属部品の工場で1950年代から1960年代に活躍していた車両です。
国内に2両しか存在しなかったタイプのうちの1台です。

サイズは小さめの動輪が2つの車両です。


階段が設置されていて運転席を覗けそうですが、階段下と運転席に鎖が掛かっていて入ることができませんでした。


塗装も行き届いていて、近代的な建物とミスマッチな気もしますが、一部だけのレトロ感がスキです。


科学館の展示物としてとして展示されているのでしょうから、長く整備してもらえると考えると、こんなにうれしいことはないですね。

解説も新設されていて、内容も充実しています。

下調べしておいた資料(下記)と払い下げ時期と以降の稼動期間が違うようですが…
一応、素材はnorizoが勝手に師と仰ぐ「やまてつ」さんのモノなのでそのままにしておきましょう。


今回は余裕がなくて科学館の見学はできませんでしたが、次回はそっちも見学してみたいですね。


これからも末永くこの貴重な蒸気機関車を大事にしてもらいたいと思います。




□名古屋市科学館(石原産業2412)
 TEL: 052-201-4486
 愛知県名古屋市中区栄2-17‐1
 開館9:30-17:00
 休館日:月・第三金曜日
 入館料:大人400円子ども無料(SL見学は無料)
 駐車場:有料あり

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1904年 ハノーバー No.4151
  納入:陸軍 408
  形式改正に伴う改番: 1909年10月1日 鉄道院 2412
  廃車:1948年1月29日 高山
  売却:1953年 石原産業
  全般検査:1966年7月1日 長野工場
  使用中止:1968年7月31日 四日市工場
  保存開始:1968年8月10日
情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

ワンポイント
B6シリーズ
B6型タンク式蒸気機関車は、1890(明治23)年から1906(明治39)年びドイツから75両輸入された。
2412は1904(明治37)年ドイツ・Hannover 製で,同社製B6は 6両のみ。
旧番号は408で高山機関区配置を最後に1948(昭和23)年 1月に廃車となった後、石原産業に譲渡され四日市工場専用線で使用された。
1968(昭和43)年 7月に再び廃車となったが、直ちに名古屋市に寄贈され科学館にて保存展示されている。
※「鉄道友の会名古屋支部」より抜粋


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/07 10:30
銀色テントむしで車中泊…東名「牧之原SA(下り)」
軽キャンカーでの旅の醍醐味は前泊かもしれません。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

3連休前日の金曜日は帰りが遅くなってしまいました。
夜22時過ぎに家に到着して、悩みます。
翌日は愛知県に宿を取っていて、名古屋近辺の観光を考えていました。
片道約400キロ、朝4時に家を出ても首都高でつかまって名古屋着は昼前後になってしまうことは必至でしょう。
ここは、首都高だけでも越えておく事にしましょう。
シャワーを浴びて支度をして、23時に家を出ます。

子どもたちはクルマで爆睡です。
首都高を越える頃には日が変わってしまいそうです。

睡魔に必至に抵抗しながら深夜2時前に到着したのは「牧之原SA」です。
…自宅から約250キロ、名古屋まで約150キロまで来ました。
限界ですZZzz....



さすがに夜遅くまで仕事をして、その足で深夜まで走り続けてからの睡眠では、ほかのクルマのアイドリング音など気にもなりませんでした(笑)


朝7時前には起床して、残りの150キロをのんびりと移動することができます。

軽キャンピングカーでの車中泊で家族4人と言うと、快適さには多少難がありますが、長距離移動時の仮眠スペースとしては余りある性能と言えます。

現地で朝、50代から60代のご夫婦によく聞かれることがあります。
「で、これ乗り出しで幾らくらいかかるの?」
はい、ごもっともな質問です。

この「テントむし」は各社の軽トラックを鹿児島の「バンショップミカミ」さんと言う会社が加工して引き渡してくれる商品です。
ウチの「銀色テントむし」は乗り出し価格(車体・加工・ナビ・FFヒーター等含む)で…
「約350万円」です(笑)

この価格を安いと取るか、高いと取るかは人それぞれだと思います。
我が家の場合は、皆さんに毎日こうしてブログでお会いできることを考えると「安い買い物」だったと言えます。

皆さんも、キャンカーの購入をお考えになる際には「誰と・いつ・ナニに使うか」をシュミレーションしてみると無駄遣いにならないかもしれませんよ。

それでは、今週の愛知の旅にも、のんびりとお付き合いください。

□牧之原サービスエリア(下り)
 住所:静岡県牧之原市
 駐車場:大型250小型250
 ウォシュレット:あり
 イーモバイル:バリ3

 ◇営業施設情報
 ぷらっとパーク
 レストラン:和食処「季楽々喜」 7:00~22:00
 フードコート:牧之原味街道 24時間
 総菜カフェテリア「おふくろ亭」 24時間
 第ニスナック(外売り店)  9:00~18:00
 ショッピングコーナー 24時間
 銘菓コーナー 24時間
 やさい村  11:00~18:00
 宝くじ・toto 9:30~18:00
 自動販売機 24時間
 マッサージ 11:00~21:00(料金20分/2,000円~)
 コインシャワー 24時間
 コインランドリー 24時間
 ベビーコーナー 有
 ベビーカー無料貸し出し 有
 ハイウェイ・メディカルコール 有
 AED 有
 サービスエリア・コンシェルジュ 8:00~18:00(土日祝7:00~)
 ITSスポット 有
 宅配サービス 24時間
 昭和シェル石油(株) 24時間
 給電スタンド 有

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/07 07:00
銀色テントむしでデカ盛り…318軒目・我孫子「ラーメン大」
我孫子(あびこ)で気になっていたラーメン屋さんがあるのですが、ふと覗いてみると空席があったので寄ってみることにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは我孫子駅から北に進んで手賀沼公園とぶつかるT字路の右手にある「ラーメン大」です。
T字路の角には駐車場もありますが、入り口が狭く、ファミリーカーが出入りで四苦八苦していました。
14時過ぎに店を覗いたところ、カウンターに空きがあったので、あわてて飛び込みました。


券売機でチケットを購入したらご主人に指定される席につきます。
優しそうな奥さん(?)がズキマル君に子供用のイスを準備してから席に通してくれました。

1品目に注文してみたのは「ラーメン(650円)大盛り(100円)ニンニク入り」です。

醤油ベースのスープと太麺がマッチして美味いです。
普通盛りでもボリューミーですが、スゴく汗をかいてお腹が空いているときに良さそうです。


二郎系なのか、トッピングのヤサイを「多め、マシ、マシマシ」に無料でグレードアップすることができます。
無料トッピングについては盛り付けの際にご主人から聞かれるので無理のない範囲で答えましょう。

2品目に注文してみたのは「塩ラーメン(650円)ヤサイ多め」です。

うわぁお!
多めにしただけで野菜の量が麺より多いくらいのボリュームになりました。
塩ベースのスープは醤油よりもあっさりしていて食べやすく、まろやかに感じます。

ガッツリ系のヨメさんは醤油の方が好みで、クリーミー系が好きなnorizoには塩が好みです。

大変リーズナブルに美味しいラーメンで満腹になることができました。
時間帯によっては外まで並んでいることも多い名店で並ばずに食べられたのはラッキーでした。

帰る頃には、店内で席待ちのお客さんが7名程度。
15時のランチタイム終了に食べ終わるんでしょうか?
大忙しの店内は、そのあとも活気にあふれていたようでした。


□らーめん大 我孫子店
 TEL:04-7192-8901
 千葉県我孫子市白山1丁目7-7 白山シャト-106号
 営業時間11:30-15:00,17:00-25:00
 定休日なし
 駐車場あり

らーめん大 我孫子店ラーメン / 我孫子駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示
■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/03 14:30
銀色テントむしでデカ盛り…317軒目・我孫子「弥生軒」
テレビの特番時期になると「はだかの大将」を見る気がします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは「はだかの大将」の主人公「山下清」が青年期に過ごしていたことのある我孫子(あびこ)です。
山下清はテレビで見ると年中放浪していたように思われますが、実際は水戸黄門同様静かに暮らしていた時期も多いのです。


今回のデカ盛りは我孫子駅の構内にあります。
改札口には「入場券買ってね。Suicaは使えないよ」ってなことが書かれています。


130円の入場券を購入してホームに向かいましょう。


ホーム内の駅そば「弥生軒(やよいけん)」が今回の目的地です。
ホームに数箇所に弥生軒のブースありますが、1・2番線ホームと4・5番線ホームの店舗が開いています。
1・2番線の駅そばの方が若干空いていたのでそちらに顔を出してみることにします。


価格改定があって1個100円だった唐揚げが120円になってしまいました。


なぜ「山下清」の名前を出したかと言うと、青年期の山下清が放浪期の合間に働いていたのがこの「弥生軒」だからです。
昭和17年頃からの4年間程度を、当時弁当屋だった弥生軒で過ごしていたと言われています。
カウンターにはその頃から生きているかもしれないオバチャン(失礼!)が優しくズキマル君用におわんを貸してくれました。


注文したのは「唐揚そば2個(480円)」です。
60円増しでそばを大盛りにすることもできます。
残念ながらトッピングの唐揚(1個120円)は券売機で「売り切れ」になっていました。

ボリュームはソコソコですがリーズナブルなのが駅そばのいいところですね。
立ち食いなのでファミリーユースではありませんが、もうすぐ小学校に上がるズキマル君なら場をわきまえた食事ができるようになっているので安心です。
そば自体は下茹でした麺を湯通ししているので歯ごたえはありませんが、懐かしい感じがたまりません。
麺もつゆも昭和の忙しいお父さんたちの香り漂う懐かしくもステキな料理です。


その中でひとつだけ他の駅そばと違うのが、ゲンコツのようなデカさの唐揚です。

揚げててではなかったので、ズキマル君にも安心して食べさせることができます。
味付けもスパイス感もちょうどいい感じ。
デカ盛りファンでなくても楽しめるボリュームと価格がリピーターを惹き付ける秘訣なのかもしれません。

さすがにこれだけのために我孫子まで…というのは難しいかもしれませんが、土浦・水戸方面や成田方面に鉄道で向かう際に「我孫子駅」を通るなら、一度は食べて欲しい名店です。


□弥生軒
 TEL:04-7182-1239
 千葉県我孫子市本町2-4-3 JR我孫子駅ホーム内に数箇所あり
 営業時間[月~土]7:00~23:30[日・祝]7:30~20:30
 定休日なし
 駐車場なし

弥生軒そば(蕎麦) / 我孫子駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/03 12:00