銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…「かつうらビッグひなまつり」
土曜日がシゴトだったため、日曜日に訪問を予定していたら、土曜の晩に「アド街ック天国」で「勝浦特集」をされてしまい、混雑回避のために急遽出発を1時間早くしました(笑)
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

※今回は長いので読み飛ばしていただいてもかまいません。

今回やって来たのは「かつうらビッグひなまつり」です。
元々は1989年から始まった四国の「阿波勝浦ビッグひなまつり」から、「かつうら」の地名の縁で7000体の雛人形をもらって2001年からスタートしたイベントです。(ウィキペディアより)
ここ数年はテレビでもよく取り上げられ、また首都圏からのアクセスが便利と言うこともあり、日本最大のひな祭りイベントになりました。

駐車場は会場からかなり離れた守谷海水浴場(もりやかいすいよくじょう)にあり、料金は1日500円です。

昨年より200円値上がりしていたのでボッタクリかと思ったら、今年は会場で使える200円分の商品券が付いていました。
会場までは無料シャトルバスが往復していますから、渋滞で動かなくなる現地付近よりも時間のロスなく動くことが出来ます。
(ただし、お昼前後になると駐車場渋滞が出来るので9時前後での訪問をオススメします。)
※駐車場位置が判りづらいので記事の下にマップを付けてあります。


ウチは狭いので陶器製のお内裏様とお雛様だけしか飾っていません。
そのためモカの桃の節句を祝ってこのイベントに訪問するようになりました。
しかし今回はモカがインフルエンザのために、なぜかnorizoとズキマル君というオトコ旅です(笑)

「かつうらビッグひな祭り」は遠見岬(とみさき)神社とその周辺を中心としたメイン会場と行川アイランド跡や公民館などを使ったサブ会場からなるクルマがないと全部は見られないイベントです。
今回は電車でのアクセスも考え、メイン会場のレビューをしましょう♪

かつうらビッグひな祭りのメイン会場はイメージ的には「キ」の字風のエリア構成になっています。


まずは「キ」の上の横棒とも言える、勝浦漁協製氷所から高照寺裏手に続く朝市ルートから行きましょう。
無料シャトルバスを降りて人ごみに流されながら進むと小さな橋を渡ってはじめの分岐点があります。
右手に行けば遠見岬神社への最短コースですが、せっかくなので左手の朝市コースを進みましょう♪


この辺りは住民やお店の皆さんも「ひな祭り」に参加しており、外階段は全段がひな壇になっています。

こうしたお宅では開催期間中裏階段などを使って生活して、観光客を楽しませてくれます。


エリア内では多くの出店で甘酒を売っていますが、実は高照寺西側の朝市の中に無料で甘酒をもらえるスポットも存在します。

個人的には地元活性のためにちょっとでもお金が回るように、もらった甘酒を持ってエリア内をねり歩き、他の方の購買意欲を掻き立ててみています(笑)


勝浦の朝市は日本3大朝市とも言われ、石川県の輪島、岐阜県の飛騨高山と共に毎日行われている日本でも数少ない通年イベントです。

ビッグひな祭りを見に来ると、ついつい雛人形にばかり目が行きますが、日本一のひな祭りである理由はこうした観光スポットとの上手なマッチングにもあります。

そのため、遠くからこのために「かつうらビッグひな祭り」に行くなら午前中がいいのです。
ズキマル君は露天のおもちゃ屋さんにバルーンアートをもらって大喜びです。


今度は「キ」の縦棒の勝浦駅~遠見岬(とみさき)神社ルートを歩いてみましょう。
最寄の「勝浦駅」は1913年(大正2年)に開業した駅でビッグひな祭りが始まるまでは「カツオ」と「海水浴」がメインの観光スポットでした。

2008年1月には臨時列車「SL南房総号(D51498)」が館山間を3日間往復したこともあります。


駅ロータリーにはこれだけでも1ネタ書けそうな蒸気機関車の動輪が置かれています。

1997年4月1日に日本鉄道OB会勝浦支部さんが建立した礎です。
この動輪、どうググっても型式が出てきません。
いすみ鉄道さんあたりに問い合わせればご存知なんでしょうか?


ロータリーを正面(東南方向)に進み右に曲がるとと「キ」の縦棒がスタートします。
イベントのタイミングに当たれば「勝浦市商工会」で何かやっているかもしれません。
途中の道でも小さな雛人形が目を楽しませてくれます。
さらに信号まで進むと十字路が「墨名(とな)交差点会場」です。

勝浦の中心となる十字路であるため、前情報なくイベントに駆けつけたクルマで大渋滞が起こるのがこの交差点です。
ちなみに、この交差点から遠見岬神社までは通行止めとなり立ち入ることが出来ませんが、何とか乗り込もうとする無謀な観光客によって更に渋滞が悪化します。
よく見てもらえば、そこらじゅうに駐車場位置の説明が書かれているんですが…orz


アド街でも取り上げられた高級セレクトショップ「TAKEOKA」さんは毎年その年に話題になった芸能人の雛人形を作って飾る名物店です。
昨年はマツコデラックスと戦場カメラマン渡部陽一でしたが、今年はマルモリの鈴木福君と芦田愛菜ちゃんでした。

お店の女性に「テレビ見ましたよ!」と声をかけると恥ずかしそうに「今日はまだお化粧もしてないの♪」と笑って答えてくれました。
いやいや、スッピンでも十分にお美しかったですよ、ピース綾部さんとオードリー春日さん専用ですが(笑)


小腹が空いたら「玉川ストアー」の出店で駐車券についてきた200円分の商品券を使いましょう♪

フランクとから揚げが1つ90円だったので、フランクを2本とから揚げを1個買って商品券と70円支払いました。
テキ屋さんと違いリーズナブルなのも朝市や地元商店街さんの特徴です。


イベント期間中はリボンシトロンのリボンちゃんや不二家のぺこちゃんがウロウロしています。

また、協賛会場と合わせて3箇所を回ってスタンプを集めるとここでステキなお土産がもらえるそうです。
(まだもらったことがないんですけど)


執着地点は遠見岬神社の階段です。

この雛人形は商店街の皆さんで毎日出し入れしています。
飾り付けには約40分、片付けには約20分かかるそうです。
雨の日には飾られておらず、急に振り出すと商店街の女性が総出で撤収作業を行うそうです。
norizo一家がこのイベントに訪れるのは今回で3回目ですが、未だに遠見岬(とみさき)神社にお参りしたことはありません。
マップでみてみると、ひな壇となっている階段の右手に更に階段が続き、その上に神社があるようです。



「キ」の字の下の横棒は漁協製氷所の橋を右手に進んで更に右に曲がったルートで遠見岬(とみさき)神社と市立図書館を結ぶルートです。

この界隈でも目を引く建物が「旅館松の家」さんです。
国の登録有形文化財にも指定されている老舗中の老舗です。

楽天トラベルアワード2011でリトルスター賞にも選ばれたそうです。
旅館入り口にも京雛が飾られており、ノスタルジックな雰囲気がたまりません。


この道ではビッグひな祭りを盛り上げる祭囃子が響き渡り、観光客も足をとめてしばし見入ってしまいます。

演奏中にも記念撮影ができるようになっていて、手前のイスは次々と人が入れ替わります。


鉄道好きなズキマル君がお土産に選ぶのは「いすみ鉄道」が出展する売店です。

お土産は300円からあり、今回は500円で4個入りのお饅頭をヨメさんとモカに選びました。


26日の日曜日には地元舞踊会の皆さんによる踊りのパレードがありました。

金の獅子舞に噛んでもらうようにズキマル君に勧めましたがビビッて近づきませんでした(笑)


踊りにまぎれてなぜか着ぐるみが…

こいつの名前は「カッピー」。
カツオがモチーフで勝浦のPRキャラクターだそうです。



本題からは外れますがアド街で見つけたデカ盛り店にランチを目指して行ってみました。

…やってない。
このお店は朝市に出展しているため昼は営業していないとのことでした。
イベント期間が終わってから「デカ盛り」ネタでもう一度訪問することにしましょう。


朝9時前から訪問しても昼過ぎまで十分に楽しめます。
これに合わせて協賛会場を巡ってぺこちゃんグッズをゲットするなら家族で1日楽しめること間違いなしです。

「かつうらビッグひな祭り」は2月下旬と3月第一週の2週間だけのイベントです。

今週末はご家族で訪問してみてはいかがでしょう?


□2012かつうらビッグひな祭り(2012/2/24-3/4)
 会場へは守谷海水浴場駐車場から無料シャトルバスにて
 駐車場:守谷海水浴場駐車場(500円/1日※会場で使える200円分の商品券付き)

より大きな地図で かつうらビッグひなまつり を表示

↑『 かつうらビッグひなまつり 』をクリックすると詳細マップが見られます。
会場近くは大変混雑するため、地図の駐車場をお使いください。
(現地近隣は有料を含めほとんど駐車場がありません。)
カーナビ検索時は目的地に「もりやかいすいよくじょう」を設定すると近くまでいけます。
渋滞を避けて朝市とひな祭りを楽しむためには朝8時半頃の駐車場到着がオススメです。
電車の方は勝浦駅から徒歩で楽しめます。

◆遠見岬(とみさき)神社 9時~19時
 1,200体のひな人形が飾られます。
 ◇神社石段60段飾り
 ◇最上段には特大ひな人形を展示
 ◇夕暮れ時からライトアップされます。 
◆覚翁寺(かくおうじ)山門前 9時~18時30分
 600体のひな人形が飾られます。
 ◇10段飾りの特設ひな段
 ◇夕暮れ時からライトアップされます。
◆墨名(とな)交差点 9時~17時(土日は、9時~18時30分)
 600体のひな人形が飾られます。
 ◇10段飾りの特設ひな段
◆市立図書館2階 9時~17時
 ◇瓶の中に人形が入っている瓶細工人形の展示
 ◇珍しい人形を集めた「山本コレクション」の展示
 ◇伝統工芸士による『ひな人形製作実演』3月2日(金)・3日(土)
 ◇保育所児童の手作りひな人形の展示
~協賛会場~
◆地区会場[興津公民館、上野集会所、総野集会所] 9時~16時
 ◇吊るし雛や、保育所児童の手作りひな人形の展示など
 ◇興津公民館には「大凧」など200点以上の凧を展示
◆旧行川小学校 9時~17時
 ◇「日本最大の享保雛」の展示
 ◇全国22都道府県60数種類の郷土ひな人形の展示
 ◇世界84カ国1,366体の民俗人形の展示
◆市役所1階ロビー 8時30分~17時15分
 500体のひな人形が飾られます。
 ◇8段飾りの特設ひな段
 ◇吉徳コレクション、永徳斉の作品の展示
 ◇吊るし飾りの展示

2月25日のテレ東系番組「アド街ック天国」で特集された。
今や日本一のひな祭りイベントである。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン 銀色テントむし660
2012/02/26 12:00

銀色テントむしでデカ盛り…342軒目・市原「ぼうそう家」
市原に面白いラーメン屋があると聞き、行ってみることにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは357号線沿いにある「ぼうそう家」です。
横浜家系ラーメンで、一見するとデカ盛りや食べ放題には見えないんですが、面白い食べ放題があるのです。


なんと「ぼうそう家」はライス無料なんです。
サイズは女性にも優しい「小」から、ガッツリ食べたい方も満足の「大」までどれも、ラーメンを注文すれば1杯サービスしてもらえます。


さらに、キュウリの漬物も食べ放題!
あ、それほど魅力ないですね(笑)

本命は「チャーシュー食べ放題」です。
テーブルの上には、大きなドンブリに少々のモヤシと僅かばかりのキャベツで和えられたゴロゴロチャーシューがうずたかく盛られています。
このドンブリ、どのテーブルにでもあるわけではないので、席決め際のポジショニングが重要なようです。


1番リーズナブルなメニューは「ラーメン(700円)と大盛りライス(無料)」です。
アブラの量や味の濃さ、麺の固さを選べますが、とりあえずそのまま注文します。

しょうゆベースのラーメンには海苔、ホウレン草、チャーシューが載っていてギトギト系で食欲中枢を刺激します。
アブラが強めですが、依存度の高そうなガッツリラーメンです。

ライス「大」はドンブリに高々とご飯が盛られています。
無料だからと言ってナメてはいけません。
ツヤツヤで美味しいご飯です。

もう1品は「半熟味玉ラーメン(800円)と小ライス(無料)」にしてみました。

おぉ、定番のラーメンライスですね。
こちらは先ほどのラーメンに半熟の味玉が載っているのです。
サイドの小ライスはガテン系の定食屋のご飯の量くらいあります(笑)


子ども2人が一緒だったので、通常100円の海苔をサービスしてもらいました。
モカはこの海苔にご飯とキュウリの漬物を包んで勝手にかっぱ巻きを作っています。
そして、減ったご飯のドンブリにはゴロゴロとチャーシューの載った「デカ盛りチャーシュー丼(無料)」の完成です♪

腹持ちのいいラーメンに加え、ジャンボチャーシュー丼で超満腹です。

店員さんの応対もよく、家族で楽しめるラーメン屋としての質の良さを感じました。


リーズナブルにガッツリ動物性タンパクと炭水化物を取りたいなら「ぼうそう家」はお勧めですね♪
ただし、席選びが重要ですよ(笑)

□ぼうそう家
 TEL:0436-43-5077
 千葉県市原市八幡浦1-13
 営業時間 11:00-25:00
 定休日:第二・第四木曜日と7.8月の第一・第三木曜夕方
 駐車場あり

ぼうそう家ラーメン / 八幡宿駅浜野駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/19 12:00
銀色テントむしでデカ盛り…341軒目・那珂「叙楽園」
スゴいかたやきそばを出す中華料理の店があると聞いて行ってみる事にします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは349号線沿い、茨城県那珂市にある「叙楽園(じょらくえん)」です。
大通りから小道に入る角地にあり、駐車場は砂利敷きで15台くらいは入れそうな大きなものですが店舗はそれほど大きくありません。
扉を開けると右に小上がり、左にテーブル席があります。


テーブル席に座ってメニューを眺めます。
ヨメさんには「どれもヤバいサイズらしい」と言い含めて合ったんですが…

「からあげ定食(893円)」は外せないようです(笑)


から揚げ1個がズキマル君のゲンコツより大きいです(笑)
コレが5個も6個も載っています。

ご飯も普通盛りなのに溢れんばかりのてんこ盛りです(笑)
だからと言って大味ではなく、下味から衣にいたるまで手抜きを感じません。
また、ご飯もツヤツヤで体調がよければお替りできてしまうかもしれない美味さです。


ヨメさんにばかり文句を言っていられません。
食べログなどで「普通盛りでもスゴい大きさ」と書かれていたかたやきそばに「大盛かた焼きそば(1155円)」と言うメニューを見つけ、ついつい注文してしまいました。

・・・やってしまった!
明らかに4人がかりで登頂できるかどうかわからないボリュームです。
それなのにヨメさんとズキマル君は先ほどのから揚げ定食から手が離せません。

ここはモカに全てを託すしかありませんが…1本1本遊び食いしていますorz

全体の半分も食べられたかどうかわかりません。
美味しいのに…
ホントに美味しいのに…


残すのをためらいつつも箸が進まずに困っていたら、持ち帰りようのパックを用意してもらえました。


なんだか持ち帰り分だけでも大人2人前くらいあります。

…一体何人前のボリュームだったんでしょう?


リーズナブルに本格中華をおなか一杯食べられる名店です。
テイクアウトも出来るようで、電話で注文を受けた商品がカウンターに置かれていました。

次回は是非ほかの定食にも挑戦してみたいですね♪


□叙楽園 (ジョラクエン)
 TEL:029-298-6489
 茨城県那珂市後台785-1
 営業時間11:30-20:30
 定休日:火曜日
 駐車場あり

叙楽園中華料理 / 後台駅
夜総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 18:00
銀色テントむしで関東の駅百選…第25回茨城「玉川村駅」
今週は日帰りでのんびりと北茨城を散策します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回」選定、JR水郡線の「玉川村駅」です。
選定理由は「「山間にとけ込んだロッジ風の駅舎にコミュニティ施設を併設した駅。」だからだそうです。
お迎え用と思われる駐車場もあり、なんだかペンションのような駅です。


駅務室では駅員さんが静かに本と向き合っています。


玉川村駅はなんと図書室が併設されており、誰でもこの部屋でくつろぐことが出来ます。


図書室からはホームが見えるので、列車待ちの間もこの部屋でのんびりと待てば、乗り過ごしてしまう心配もありません。


何しろこの駅に来る列車は数が少ないのです。


ズキマル君と図書室で本を漁っていると、列車が到着しました。


思いのほか数の多い10人程度がこの駅に降りてきました。
列車が過ぎると、また静かに時間が動き出します。

春の休日に、のんびりと列車を見送ってみたい気分になるリラックスできる「玉川村駅」でした。



□玉川村駅
 茨城県常陸大宮市東野4580
 所属事業者:東日本旅客鉄道(水郡線)
 開業年月日:1922年(大正11年)12月10日
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示


2000年(第四期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
 山間にとけ込んだロッジ風の駅舎にコミュニティ施設を併設した駅。

ワンポイント
相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅舎のない方のホームには屋根、壁付きのベンチがある。保線機器用の側線がある。
常陸大宮駅管理の簡易委託駅。「玉川村駅交流センター」が併設されたロッジ風の駅舎が特徴である。駅舎内に図書室があり、無料で利用できる。

資料:ウィキペディアより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 15:30

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでデカ盛り…340軒目・水戸「黄門そば」
水戸の駅の近くに面白い蕎麦屋さんがあると聞きつけて行ってみる事にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

水戸駅北口の大通りを西に向かって500mほど進むと十字路の一角に「黄門そば」と大きく書かれたビルを見つけることが出来ます。
看板は大きいのに脇にある雑居ビルの薄暗い階段を上ると、店かどうかも不安になる扉があります。
開けていいのかどうか悩みながら、そっと扉を開けると…営業していました(笑)


メニューはシンプルで普通のたれ、ごまだれ、けんちん汁の3種のつけ汁にそばかうどんを選ぶだけです。

1品目に選んだのは「ごま味噌そば(700円)」です。

うどんのような太い麺にキンキンに冷えた甘いゴマ汁がよく合います。
太いのに粉っぽくなく、歯ごたえもしっかりしていて絶妙です。
そして普通盛りとは思えないようなボリュームです(笑)

あまりのサイズにビビリながら「けんちんそば大盛り(700円+100円)」を待ちます。

普通盛りの3倍近くあるのではないかと思われる富士山盛りの蕎麦に思わず笑ってしまいました。
暖かいけんちん汁も予想以上に太麺とマッチします。


気合を入れて食べ切ると女将さん(?)が暖かいお茶のような飲み物を持ってきてくれました。
蕎麦湯をめんつゆで割ったもので、食べきる頃にはすっかり冷たくなっていたカラダを暖めてくれました。


駐車場がないためコインパーキングに停める料金を考えてもモトを取れるいい店です。
水戸にまたひとつデカ盛りの名店を見つけうれしくなった1日でした。


□黄門そば (こうもんそば)
 TEL:029-231-0140
 茨城県水戸市南町1-3-11 南町スクランブル交差点ビル 2F
 営業時間11:00-14:00
 定休日なし
 駐車場なし(近隣コインP多数)

黄門そばそば(蕎麦) / 水戸駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 12:00
銀色テントむしでSL巡り…偕楽園「D51515」
昨年の梅祭りの際にも訪問したSLですが、震災の影響が気になったので行ってみる事にします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは水戸偕楽園から偕楽園駅を挟んで南側にある「千波湖(せんばこ)」周辺に広がる「千波公園(せんばこうえん)」があります。
偕楽園からは陸橋でつながっており、たくさんある千波公園駐車場のなかでも陸橋に一番近いのが「D51駐車場」です。


昨年は持っていったカメラのレンズにスナック菓子のかけらがついていて写真中央にモザイクのようなスポットがありましたので撮り直しも兼ねての訪問です。
この駐車場に静態展示されている蒸気機関車が「D51515」です。
あ、スゴくキレイに塗装されています。

本体のシルエットがキレイに映える白いラインと動輪をつなげる赤いラインが魅力的です。



また、細部の銅製のチューブにも新設当時を思わせる塗装が施されています。


大きな動輪も細部のパーツに至るまで美しい色合いです。


運転席は黒一色かと思ったら…なんとここまで美しい配色がなされています。


細かいパーツも触らせてもらえるのにこれだけのメンテナンスがされているのは嬉しい限りです。
水戸市観光課のホームページによると平成23年11月17日まで修繕工事が行われていたそうです。


ホームページで確認すると、震災にも耐えたSLと言うわけではなく、水戸市が全力で復旧してくれていたことを改めて知ることが出来ました。


震災から半年経った8月中旬から作業を始めて約3ヶ月間かけてここまで復旧してくれたそうです。

その後も水戸には震度5弱前後の地震が幾度も襲っていますが、他の建築物も含め、茨城県と水戸市の所管するものについては随分と耐震性に優れていることを感じます。

国の対応は後手後手に回り、観光資源の保護についても苦慮されているようですが、これからも「災害に負けない国」の中心であり続けてもらいたいですね。


□千波公園(せんばこうえん)(D51515)
 茨城県水戸市千波町(D51駐車場)
 TEL 029-244-2888
 営業 通年入園自由
 駐車場 有料(手前)、無料(奥)


より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:大宮工場 No.28
  配置:1948年7月1日 水戸
  配置:1957年11月1日 水戸
  移動:1958年2月1日 大宮
  移動:1967年3月頃 八王子
  移動:1970年4月1日 新鶴見
  廃車:1970年11月28日 新鶴見

シリーズ:D51
デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞。1115両製造、180両以上が保存される。

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

前回訪問履歴:2011/03/05 11:30

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 14:00
名城100選スタンプラリー・18箇所目「水戸城」
今週は北茨城にある城跡に訪問します。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


やってきたのは水戸にある水戸城下「弘道館(こうどうかん)」です。
梅祭りのシーズンには偕楽園や博物館を巡回する無料バスがあるので、それに乗って来てみました。
到着してみると、なぜか子どもたちが歓迎のために並んでいます。
聞いてみると「藩校サミット」と言うのが行われる日にぶつかっていたようです。


弘道館は幕末に建設された建物で、水戸城からは少々離れているようですが、スタンプがあります。
徳川御三家だけあって、全体を見るには体力が足りないので今回は弘道館だけ回ってみることにします。
弘道館だけでも十分に見ごたえのあるボリュームです。


スタンプは弘道館の入り口の券売所に置かれています。
券売所と言っても、現在(2012年2月)は敷地内のみ無料で見学するkとが出来ますので費用はかかりません。


門をくぐるとお寺のような建物がそびえ立っています。
これが水戸の学校としても使われていた弘道館の玄関です。


しかし、よく見ると大震災の影響で壁は崩れ落ち、瓦も一部損壊しています。
本来でればすぐにでも修復したいそうですが、国の管理下におかれているため予算も下りず、修復の目処が付かないために、建物内は立ち入り禁止になっています。
解説してくれるボランティアの方がたくさんいらして教えてくれました。


建物近くに張られた柵のために入ることは出来ませんが、障子を大きく開けてくれているために中までよく見えます。


敷地内のお客さんの中にはスーツを着た男性が多く見られます。
これは藩校サミットのために日本全国から集まった各地の当主様や藩校の学長さんだったようで、こっそり聞いているとひときわ大きな男性が水戸徳川家15代城主の方だったようです。
※写真の方は別人です。


弘道館を時計回りにぐるりとまわると終盤に葛篭や道具が見られます。
幕末、徳川家が蟄居(言葉の使い方が違うかも?)させられていた場所だとのことですので将軍家が使っていた品の数々なのでしょう。


弘道館も震災で大きなダメージ受けていましたが、周辺を散策してみると「学生警鐘」(授業用のチャイム?)などは完全に損壊しています。
水戸市の皆さんはすぐにでも直したいそうなんですが、管理が国と言うだけで調査も修復も許されていないとのことで残念です。

次回は是非とも修復が開始されてから見学したいですね。


震災に悩まされながらも水戸観光の発展に尽力するボランティアの皆さんに感謝しつつ弘道館をあとにしました。


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
------------------------------------------------------------------------------
明治維新の際、水戸藩では改革派(天狗党)と保守派(諸生党)が激しく争い、弘道館もその舞台となった。
明治元年10月1・2日(1868年11月14・15日)には会津戦争で敗走した諸生党が水戸に舞い戻り、弘道館に立てこもる事態となった。
この弘道館戦争となり多くの建物が銃砲撃により焼失した。
1872年(明治5年)12月8日に閉鎖され、その後は太政官布告により公園とされた。
※ウィキペディアより
------------------------------------------------------------------------------

□水戸城(みとじょう)14番
 TEL:029-231-4725
 茨城県水戸市三の丸1-6-29
 スタンプ設置場所:弘道館※2012年現在庭園のみ見学可能
 駐車場:有料(数台分無料駐車場あり要申し出)
 入館料:大人190円子ども100円(現在無料)
 営業時間:9:00-16:30(夏季延長)
 通称・別名:馬場城、水府城
 主な城主:馬場氏、江戸氏、佐竹氏、徳川氏



より大きな地図で 日本100名城 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 11:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしの家族でお出かけ…「116回水戸の梅祭り」
震災で大きな被害を受けた水戸で今年も「梅祭り」が始まったので、梅はまだですが行ってみる事にします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは水戸の偕楽園です。
昨年も震災前に訪問できてラッキーでしたが、今年も訪問翌日には震度5弱の地震があったようです。
土日の偕楽園を含む市内観光には便利な無料バスがあるのでクルマは駐車場に乗り捨てです。


梅祭り初日と言うこともあり、思ったとおり梅の木はまだ茶色の山です。


しかし、いくつかの蕾はほころび始めていて心が和みます。


梅祭りのシーズンの何よりの楽しみは「ボンネットバス」による市内周遊です。
地元のNPOの皆さんが無料で運行してくれている大好きなイベントです。


水戸駅周辺の観光施設を巡回するのは緑色のボンネットバス「助さん号」です。
今年の梅祭り時期の初乗りをいただきました。(特に特典はありませんが…)


懐かしいボンネットバスは客席がフロントガラスギリギリのところまであるので運転席を見ながら過ごせる客席でご満悦です。


昨年の震災では大きく揺れている映像が衝撃的だった水戸芸術館のシンボルタワーも健在です。


訪問当日は外で何かイベントをしていて、着ぐるみとの撮影も楽しみました。


偕楽園に戻り、隣の公園では100円で食べられる特設フードコートが充実していました。

今年も焼き芋を買っちゃいましたよ(笑)

楽しくて美味しい水戸の梅祭りはこれからが本番です。

2月末から3月中旬が見ごろですので、出かけてみてはいかがでしょうか。




□水戸の梅祭り
 期間:平成24年2月18日(土)~平成24年3月31日(土)
 会場:偕楽園・弘道館ほか


□無料市内周遊バス「漫遊バス」
◆緑色のバス「助さん号」
 出発時間 9:30,10:45,12:00,13:10,14:15,15:20
 偕楽園 -(5分)- 徳川ミュージアム -(5分)- 県立歴史館 -(10分)- 水戸芸術館 -(10分)- 弘道館 -(5分)- 京成百貨店 -(10分)- 偕楽園
◆赤色のバス「格さん号」
 出発時間 10:00,11:00,12:00,13:00,14:00,15:00
 偕楽園 -(5分)- 徳川ミュージア -(15分)- 植物公園 -(15分)- 徳川ミュージアム -(15分)- 偕楽園


梅まつり期間中、昔懐かしいボンネットバスが水戸市内の観光地をを結びます。
ボンネットバスはバスに関する文化の振興・普及等の活動をしているNPO法人「バス保存会」の所有です。
緑色のバス「助さん号」は昭和41年製造の典型的なボンネットバス。
赤色のバス「格さん号」は昭和42年製造の冬季山道路線占用の四輪駆動車です。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 11:00

銀色テントむしで関東の駅百選…第24回茨城「那珂湊駅」
そろそろ梅がほころび始めるので今週は茨城県の水戸を中心に旅します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1998年第2回」選定、ひたちなか海浜鉄道の「那珂湊駅」です。
選定理由は「「歴史と伝統のある駅で開業当時の面影を残した駅。」だからだそうです。




小さな駅ですが、なんとなく見覚えがある気がしたのは映画の撮影でも使われたことがあるからでしょうか?
仕切りの替わりに使われているレールにズキマル君が大感激です。



改札手前の待合室には色々な写真が展示されていて飽きさせません。


ひたちなか海浜鉄道の模型も置かれていて、こちらからもズキマル君が離れません。




特に他の駅との違いはないのですが、危険防止のためにホーム内に入れるのは列車到着5分前からとのこと。
そう言われると、地方の有人駅なんかでも到着列車に合わせて改札が始まり、それまでは待合室で待っているのが普通ですね。
古きよき時代を感じます。

なんだか、ゆったりと時間が流れる良い駅です。


次回はもう少し暖かくなってからレンタサイクルを借りて散策してみたいですね♪


□那珂湊駅
 ひたちなか市釈迦町
 所属事業者:ひたちなか海浜鉄道
 開業年月日:1913年(大正2年)12月25日
 駐車場:なし?


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1998年(第二期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
 歴史と伝統のある駅で開業当時の面影を残した駅。

当駅は映画『フラガール』『俺たちの旅』のロケ撮影にも使用された。
ホームへの立ち入りは危険防止のため列車到着約5分前から発車後に限定される。ただし、レンタサイクル利用者は自転車が改札内に置いてあるためこの限りではない。
駅舎の隣に飲食店(ファストフード店を経て弁当屋)があったがその閉店後は待合室を経て、リフォーム工事を機に現在は茨城交通那珂湊営業所となっている。
資料:ウィキペディアより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 08:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしのオイル交換(102,356キロ)
今日で銀色テントむし納車から1367日目です。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

先週末の静岡旅行の出発の際に、オイル交換後3000キロのサインがカーナビに出たんですが、朝4時に交換は無理だったので、日帰り静岡周遊を終えてから交換することにしました。
やってきたのは毎回恒例の「スーパーオートバックス市川店」です。
意外と空いている平日の閉店1時間前くらいだとほぼ待ち時間なしで作業をしてもらえます。


毎回思いますが、納車4年弱で10万キロオーバーとは…走りすぎですね(笑)

こんなに乗るならエコカーにした方が実質のランニングコストは少なくて済んだのかもしれません。
しかし、エコカーだったら旅に出る生活にはなっていなかったでしょうね。


普段のオイル交換費用は約1500円なんですが、今回も激安オイルを見つけちゃいました。
鉱物系のオイルですが3リッターで980円です。

※この写真は2011年末のフェアの際の写真ですがブランドと価格は同じです。

軽トラックベースの銀色テントむしのオイル交換に使うオイルの量は約3リッターなのでこれで十分なんです。
いつも通り、オイル会員なので工賃は無料です。
特典チケットも付いていて6回オイル交換をすると2回目に200ポイント、4回目に500ポイントもらえて6回目には2000円分の商品券がもらえます。
更に1年中はがきが届いてポイントがザクザクつくので、年間実質6回のオイル交換とエレメント交換をしたとしても、毎回この価格のオイルがあれば、年間のオイル交換にかかる出費は4000円程度で済んでしまう計算になります。
※特価品にはナカナカ遭遇できず実際には8000円程度かかっています。

オイル代を支払うと程なくピットに呼ばれました。
今回はちょっと残業があって、到着が閉店1時間前になってしまいましたが、時間の有効利用という意味では、いつもより効率的でした♪

いつもメンテをしてくれるメガネのお兄ちゃんの迅速な作業で今回も難なく終了です。

こんな寒いのに頑張ってくれるスタッフの皆さんに感謝しつつ、また明日から楽しい旅のはじまりです。


さ、今度はドコへ行こうかな?


□スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00-21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/16 21:00
銀色テントむし10万キロ!と、道の駅5000円券当選!
ウチに「銀色テントむし」が納車されたのは2008年5月2日のことでした。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

納車から1332日、3年8ヶ月でついに100,000キロ走行を突破してしまいました。

今週の群馬旅へ向かう最中の埼玉県三郷市で達成です♪


10万キロと言うと2009年8月29日にお会いした「La.kunnと遊ぶ」のオーナーさんが5年ほどで10万キロ走ったとお話されていたことを思い出します。

あの時、「関東道の駅スタンプラリー2009」を道の駅もてぎで制覇していなければ、10万キロ走れるなんて思いもしなかったかもしれません。

そんなことを思っていたら「関東道の駅連絡会」さんからお手紙が届きました。
開けてみると…

「関東道の駅スタンプラリー2011」の景品のようです。
おぉ、道の駅スタンプラリー短期完全制覇3回目にしてついに、「5000円分の商品券」をゲットしました♪


別の郵送物では認定証とステッカーも届きました。



思えば10万キロの6割くらいはこの「関東道の駅スタンプラリー」に費やしてきたような気がします。

この景品は道の駅デカ盛り巡りの資金にできそうですね♪

関東道の駅でデカ盛りといえば…
千葉県「ちくら潮風王国」にある「はな房」さん。
銀色テントむし660

そして栃木県「しもつけ」にある「本気家 源天」さん。
銀色テントむし660

まだまだ行ってみたいところが続きますね。
商品券の期限は今年の8月下旬までなのでスタンプラリーの最中に楽しめそうですね♪

350万円もしたクルマなので、まだまだ買い換えることもできませんから、マメにメンテナンスをして長く乗り続けて行きたいと思います。

これからも「銀色テントむし660」との旅の日記にお付き合いいただけると幸いです。


□道の駅ちくら・潮風王国
 千葉県南房総市千倉町千田1051
 TEL0470-43-1811
 8時~17時
 ●標高:5m
 ●ウォシュレット:なし
 ●イーモバイル:バリ3

□道の駅しもつけ
 栃木県下野市薬師寺41番地
 TEL:0285-38-6631
 開設時間9:00-18:00(夏季延長)
 レストラン11:00-22:00
 休館日:第1・第3水曜日
 ●標高:60m(android実測)
 ●ウォシュレット:あり
 ●イーモバイル:バリ3


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/14 05:30
銀色テントむしでデカ盛り…339軒目・静岡「陽華」
静岡に「プチぼんち体験」が楽しめるデカ盛り店があると聞いて行ってみる事にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは安部川駅東口から線路沿いを北に進んで200mほどのところにある「中華料理 陽華(ようか)」です。
17時のディナータイム開店とともにやってきました。


ダイナミックなご主人に「食べきれないほどのボリュームのヤツがあると聞いたんですが…」と聞いてみると「あんかけ系はちょっと多いかな(笑)」と言われました。
ボリューミーな店を巡る「銀色テントむし」ですが、ここのところの連戦で体力に自信がありません。
今回は店だけデカ盛り店で、メニューはノーマルにしておきます。

1品目に注文したのは「10食限定炒め焼きそば(700円)」です。

シンプルですが美味いです。
ただ、限定商品は大盛りにできないのが難点です。
最近、美味しくて大きいものばかり食べているもので、小さいと無性に悲しくなります(笑)
ガッツリ食べたい美味しさです。


もう1品は「海老ワンタン塩ラーメン大盛り(800円+200円)」です。

メニューを見ると塩系に自信が感じられたのでコレにしてみました。
海老ワンタンはワンタンの皮に海老の切り身がぎっしり入ってプリプリです。
予想通り、塩味の透き通ったスープと細めんがよくマッチして美味いです。


普通メニューを注文してしまったことを後悔しつつも、スープの最後の一滴まで余すことなくいただきました。


ちなみに陽華で「プチぼんち体験」が楽しめるのは店内の張り紙の「ヤキ肉丼」「中華飯」「五目あんかけラーメン」などのようです。

また、チャレンジメニューもあるので、職に自信のある方は注文してみてもいいのではないでしょうか。


次回はガッツリ系に挑戦したくなりつつ、隠れた名店で舌鼓を打ちました。


□中華飯店 陽華
 TEL:054-256-1800
 静岡県静岡市駿河区上川原25-4
 営業時間11:00-14:00,17:00-21:00
 定休日火曜日
 駐車場あり

中華飯店 陽華中華料理 / 安倍川駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示



■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/11 18:00
銀色テントむしでデカ盛り…338軒目・焼津「カントリーロード」
焼津にデザートのサイズをいくらでもデカく出来る喫茶店があると聞いて行ってみる事にします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やってきたのはデカ盛り特集にもよく出てくる「カントリーロード」です。


店の外にはなぜか別棟でデザートのサンプルが展示されています。


デザートが充実しているんですが、3ページにわたって大量のメニューの中から選ぶことになります。
しかもサイズも普通サイズからジャンボサイズまで様々です。
同じ名前でも果物のバージョンとアイスのバージョンがあったり、なんとも怪しいメニューがあったりとパーティーにも持って来いです。


この店の看板メニューと言えば「ジャンボプリン(1600円)」なんですが、銀色テントむしのデカ盛りの定義は1,500円以内のためちょっと外れます。
そこで頼んだのは「プリン(800円)」です。

うわぁ…
これでも卵10個くらい使ってある気がします。
濃厚な焼きプリンは、小学生の頃1度は食べて見たいと思ったサイズです。
でも、大人になってみると一人では食べきれないことを痛感します(笑)


大量のパフェメニューの中から選んだのは「ピーチパフェ中(1000円)」です。

小サイズは500円で、大サイズは1500円ですが間をとって1000円にしてみました。
ご主人のご好意でアイスにはピーチシャーベットもしっかり入れてもらい1つで2つの味を楽しめました。


面白い♪
家族でのんびりとデザートを楽しむのに持って来いのお店です。
ジャンボプリンも良いんですが、それだと家族4人で1品頼めばちょうどいいかもしれません。

静岡のネタとしては最強の喫茶店ですね(笑)
また一つ、デカ盛りの新たな新境地にたどり着きました。


□カントリーロード
 TEL:054-629-7501
 静岡県焼津市西小川1-3-3
 営業時間10:30-23:00    
 定休日:1日・15日(変則)    
 駐車場あり

カントリーロード喫茶店 / 焼津駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/11 15:00
銀色テントむしでSL巡り…藤枝「B15」
藤枝市に小さなSLが展示されていると聞いて行ってみる事にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やって来たのは蓮花寺池のほとりにある藤枝市郷土博物館です。


穂の博物館の横にひっそりと展示されているの静態蒸気機関車が「B15」です。


屋根つきで柵があるため、大変キレイに保たれているように見受けられます。
煙突の先には謎の金網で覆われています。
一瞬森林鉄道などの火花飛び散り防止かと思いましたが、おそらくは鳥が巣を作らないようにしているのでしょう。


「B」~などと言うと大型のSLを思い浮かべていましたがサイズは軽便鉄道です。


運転席を覗き込んでも計器類の少ないシンプルなつくりで、軽便らしさを物語っています。


後姿もシンプルでいいですね♪
型式は塗装のみでプレートはありませんでした。


解説は小さいながらわかりやすく、まだまだ展示してもらえることを確信できます。


博物館は大きな公園と併設なので、子どもたちはあっという間に公園に消えていきました。


この公園、滑り台がスゴいんです♪

結局2時間近く公園で遊んで帰ることになりました。


小さいながら美しい蒸気機関車に大満足の静態蒸気機関車が「B15」でした。


□藤枝市郷土博物館(静岡鉄道駿遠線 B15)
 TEL:054-645-1100 
 静岡県藤枝市若王子500
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜日
 入場料:大人200円(SL見学は無料)
 駐車場あり


より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示

 ◇車歴
  製造:1948年 立山工業

ワンポイント
戦時設計のため、あまり使われず車庫の奥にしまわれていたため、解体されずに残ったそうです。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/11 14:30
銀色テントむしでデカ盛り…337軒目・藤枝「ピエール」
普通盛りでも苦労する喫茶店が藤枝にあると聞いて行ってみる事にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは焼津インターから北側に進んだ喫茶店「ピエール」です。
オープンが10時半に対し、到着が11時過ぎだったためかすでに満席です。


開いていたカウンター席に通され10分ほど待ちテーブル席に席に移動します。
カウンターでは厨房の様子がよく見えます。
手作りハンバーグをオーブンに入れる姿や、ホワイトソースを作っている風景画食欲をそそります。

注文してみた1品目は「オムレツピラフ(790円)」です。
「中盛り(200円)」、「特盛り(300円)」でとんでもないボリュームに出来るそうですが、来客数の多いピーク時には注文できなくなります。
今回は祝日のランチタイムに当たってしまったために「中盛り」すらNGでした。

しかし、普通盛りにしてもナカナカのボリュームです。

その上ピラフもオムレツも激ウマです。
…それだけに中盛りに挑戦できなかったことが悔やまれます。


もう1品は「ミートソース(デミ&ホワイト)ダブルソース(760円)」です。

スパゲティの上にミートソースと手作りのホワイトソースがたっぷりかかっています。
これまた普通盛りですが親子でちょうどいい量です。
でも、やっぱり中盛りにチャレンジしてみたい美味さです。


たぶん、何を頼んでも失敗しなさそうな美味しさでした。
常連さんと思われる方を見ているとトッピングにハンバーグを乗せているバージョンが多く見られました。
価格もどれをとってもリーズナブルで味にうるさい静岡県人もきっと満足できる名店です。

次回はピーク時を外してトッピングにハンバーグを乗せた「中盛り」にチャレンジしてみたいですね♪


□ピエール
 TEL:054-644-4098
 静岡県藤枝市横内992-10
 営業時間10:30-21:30(日曜日以外休憩有)
 定休日:毎週月曜日、第三火曜日
 駐車場あり

ピエール喫茶店 / 西焼津駅焼津駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/11 12:00
銀色テントむしでSL巡り…掛川「C5849」
掛川の駅の近くにもSLがあるらしいと言うことで行ってみることにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは掛川駅南口から西側に200mほど進んだところにある公園です。
一応「中央公園」らしいんですが、ぐるっと1周してみても公園名は書かれていませんでした。


この公園に静態展示されている蒸気機関車が「C5849」です。
久々に「のぼってはいけません」と書かれていない機関車に大興奮のズキマル君は、早速ボイラー付近を楽しみます。
※保護者同伴のもと、怪我のないように撮影を行っています。


屋根付きの展示ではありますが、サビが浮き、ライトなどのパーツも欠損が見られますが、静態展示としてはまだまだ頑張っていけそうです。


SLを眺めていると隣接するJR線からは新幹線が往復する姿が随時見られるのもこの公園のステキなところです。


運転席内はパーツの欠損も見られますが、中を見られて管理箇所がはっきりしないSLにしてはきれいに保たれています。


残念ながらガラスは全て欠損していますが、ここまでくるとむしろ清々しいくらいです(笑)
側面のナンバープレートが欠損しているのは痛々しいですね。


駅から近い割には閑静な住宅街にありのんびりと過ごせるのはポイントが高いですね。


遠いと小さく見ますが、大型の蒸気機関車なので動輪だけでもズキマル君より大きいんです。


後方は欠損と思われるパーツも多いんですがくすんだ色のナンバープレートは案外馴染んでいていい感じでした。


ボロボロではありますが、まだまだ掛川市のマスコットとして活躍してくれそうです。
今後も地域とともに子どもたちを末永く見守って欲しいところです。


□掛川中央公園(C5849)
 静岡県掛川市中央1-24-1
 駐車場なし

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示



 ◇車歴
  製造:1938年12月27日 川崎車輌 No.2030
  竣工:1938年12月27日 仙台局
  配置:1941年4月1日 長岡
  陸軍供出:1943年 輸送できず復元
  配置:1949年4月1日 十日市
  配置:1961年4月1日 三次
  配置:1969年4月1日 芸備線管理所
  移動:1970年10月4日 敦賀第一
  廃車:1971年8月19日 敦賀

ワンポイント
C58型
8620形と9600形の共通の後継機を目指して1938年から1947年にかけて427両製造された支線用の客貨兼用の中形機関車です。国鉄形のテンダー機関車のなかで唯一1C1の軸配置を持ちます。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/11 10:30
名城100選スタンプラリー・17箇所目「掛川城」
最近は「片道250キロは日帰り旅行圏内」と感じています。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


250キロってどのくらいなのかと思ったら、千葉から静岡県掛川市までエリアに入ることがわかり、朝4時起きで向かうことにしました。
早朝なので都内は下道で進み、東名厚木あたりから高速に乗って進みましたが早すぎたため、1時間ほど仮眠してから掛川城に向かいます。
掛川城はスタンプラリー開始前の2010年の夏にも訪問しているので、なんとなく町並みも覚えがあります。
訪問が土曜日だったので、子どもたちの入場は無料でした。
坂道を上っていざ、登城です。


ここのところ急勾配の階段の天守閣巡りが続いたためか、ズキマル君は怖がって天守閣登城を放棄してしまい、モカと二人で上ります。


以外にも、掛川城の階段は登りやすく、ズキマル君を連れてこなかったことを後悔します。
掛川城も柱が太くてステキですねぇ♪
お金持ちのお城であることを感じます。


前回来たときには天守にボランティアのおじいちゃんがニンジャの格好で説明しながら折り紙の手裏剣をくれたんですが、今回は朝イチで訪問したためか普通の説明だけでした(笑)


天守ベランダは公開当初は外に出られたそうですが、手すりが低く安全確保が困難と言うことで、現在はアクリル板で囲われていて出ることができません。
しかし、眺望は素晴らしいです。
眼下にはスタンプ設置場所である二の丸御殿も見渡せます。


天守閣を下り、塀の間を抜けると二の丸御殿へ向かうことが出来ます。


二の丸御殿は天守閣のチケットで一緒に入ることが出来ます。


スタンプはモギリ奥右側で声をかけると出してもらえます。


御殿内は寒さで凛とした空気ですが、日差しの入った畳の部分だけ空気が和らいでいます。
板の間にもじゅうたんをひいてくれているため、零下に近い温度でもそれほど寒さを感じません。


御殿終盤近くには階段があります。

興味津々で階段を登ろうとしたズキマル君ですが…「立ち入り禁止」と書かれていました。

土塁、石垣、天守、御殿とバランスよく色々そろっていて、初心者にも楽しめる名城ですね。

まだまだこう言うお城にしか感動を覚えられませんが、そのうち城址の塁跡だけでも楽しめるようになるんでしょうか?

100箇所目まで子どもたちが付き合ってくれると嬉しいんですけどね♪


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
------------------------------------------------------------------------------
幕末の1854年(安政元年)末に、東海地方一帯を大地震が襲い(安政東海地震)、掛川城も天守を含む大半の建物が倒壊した。この際、政務所である二ノ丸御殿は1861年(文久元年)までに再建されたが、天守は再建されることはなかったそうです。
1994年(平成6年)4月 天守が再建された。再建された天守は木造であり、日本初の木造復元天守とのこと。
廃藩置県の折に城主は千葉県に逃れたとか…(詳細未確認、ボランティアのおじさんより)
------------------------------------------------------------------------------
参考:ウィキペディアより

□掛川城(かけがわじょう)第42番
 TEL:0537-22-1146
 静岡県掛川市掛川1138-24
 駐車場:近隣コインP利用
 入場料:大人400円・小中学生150円(土曜日小学生無料)
 開館時間:9:00-17:00(冬季短縮)
 休館日:年末年始
 通称・別名:懸川城、懸河城、雲霧城、松尾城
 主な城主:朝比奈氏、山内氏、太田氏他
 スタンプ設置場所:掛川城御殿入口

より大きな地図で 日本100名城 を表示


◇戦国時代
1568年(永禄11年)、朝比奈氏の主家の今川氏が甲斐国の武田信玄・三河国の徳川家康の両大名から挟み撃ちに遭い、当主の今川氏真は本拠地たる駿府館を捨てて、朝比奈泰朝のいる掛川城に逃げ延びた。このため、掛川城は徳川勢の包囲に遭うが、泰朝は城を守ってなかなか落城しなかった。しかし、多勢に無勢もあり、和議で主君氏真の身の無事を家康に認めさせると、泰朝は開城を決断した。
氏真と泰朝は1569年2月8日(永禄12年1月23日)に掛川城を開き、相模国の小田原城へ退去し、掛川城には城代として家康の重臣・石川家成・康通親子が入った。間もなく駿河国に入った武田信玄が徳川家康と敵対し、掛川城に程近い牧之原台地に諏訪原城を築き、さらに掛川城の南方にある高天神城では武田・徳川両氏の激しい攻防戦の舞台となった。しかし掛川城は1582年(天正10年)の武田氏の滅亡まで徳川氏の領有であり続けた。
情報元:ウィキペディア


2010年08月14日(土)訪問履歴あり

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/11 10:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしの「ジャパン・キャンピングカーショー2011」
幕張で屋内開場最大のキャンピングカーショーが行われていたので行ってみました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは「ジャパン・キャンピングカーショー2012」です。
開場は恒例の幕張メッセ9・10・11番ホールです。


テントむしを購入した「ロータスRV販売」さんから割引券が届いたので2名まで入場料が割引になります。
しかしズキマル君はまだ幼稚園児なので入場料が無料です。
norizoの割引後価格500円を支払ったらいざ入場です。


気のせいか昨年のショーよりも大型車が増えています。


入場口すぐのところでロッテのガムをたくさんもらいました。
これだけでも500円のモトを取っちゃっています(笑)


入り口を下りてすぐ右手のブースで早速、テントむしの制作会社「バンショップミカミ」さんの4ナンバーテントむしが展示されていました。

社長のミカミさんが丁寧に接客をされています。
毎回、ズキマル君に社長との記念撮影を指示するんですが、恥ずかしがって写ってくれません(笑)


今回、一番気になったのは長野の「かーいんてりあ高橋」さんのプリウスベースのキャンカーです。

ついにキャンカーもハイブリッド時代ですね。
本体価格450万円前後で寝るだけって感じなのですが、長距離を走行するnorizoにとっては夢の自動車です。
テントむしの走行距離は4年弱で10万キロ強、燃費はリッター12キロくらいですが、コレが24キロ走ってくれれば、ガソリン代だけでも4年で50万円くらい浮きます。
テントむしの価格が350万円くらいでしたから8年乗ったらモトが取れますね。
そこまでするなら普通にハイブリッドカーやエコカーを購入して安宿に泊まった方が安上がりなんですが、その辺は人生の選択としておきましょう(笑)


norizoのテントむしを用意してくれたロータスRV販売のブースにはとんでもなく大きなキャンカーが展示されていました。


運転席周りだけでも普通の家の書斎より豪華です。


ベッドルームなんてホテルみたいですよ。

この車の良いところは「どこでもホテルのように暮らせる」ですが、問題は「デカすぎて走れる道が少ない」と言ったところでしょうか?
少なくともnorizoの家の前までは行けません(笑)


全体的に展示数が多かったんですが、訪問か金曜日であったにもかかわらずスゴイ人です。
30~40代のお客さんが増えているように感じます。
おそらくは昨年の震災以降、緊急時の対応策としてキャンカーを考えている人がふているんでしょう。
購入者が増えれば、新車が続々登場し性能アップと低価格化が望めます。
しかし、駐車場でずっと動かずに置かれているキャンカーを見ると、かわいそうにもなります。
キャンカー検討の際には用途と使用頻度をよく考えてからのご購入をオススメします。

とは言いながら、いろいろと発見の多い楽しいイベントでした。


□ジャパン・キャンピングカーショー2011(終了)
 2月10・11・12(3日間)10:00~17:00
 入場料:大人700円子ども400円(当日券)
 TEL:043-275-9999
 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1
 幕張メッセ9・10・11


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/10 15:30
銀色テントむしでデカ盛り…336軒目・千葉市「甘太郎」
久々の平日休みなので学級閉鎖が続くズキマル君と行ってみたかったランチを目指すことにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは京成線みどり台駅と総武本線西千葉駅の中間くらいにある「お食事処甘太郎」です。
千葉大をはじめとした大学が集まる街なので、駐車場はありませんが近隣にコインPもあるので安心です。
オープンの11時前だと言うのにすでに4~5人の学生が注文を済ませていました。


さすが学生中心、メニューが豊富でリーズナブルです。
揚げ物と炒め物が中心らしく、特にカツ系に愛情を感じます。
そのなかで「ジャンボ」や「トリプル」と言ったサイズがあるのが文系から体育会系まで網羅していることを感じさせられます。


そんな中で食べログでも人気集中だった「ジャンボチーズチキンカツ定食(850円)」を選んでみました。

普通盛りなのにご飯はドンブリ飯です。
厨房で衣を付けて揚げたてのサクサクカツがドッカリと2枚皿に載ってきます。


鶏肉に挟まれたチーズがトロリとあふれ出し食欲をそそります。

ご飯もツヤツヤで香りもよくウマイです。


普通盛りを頼んだんですが、ズキマル君と2人で食べてもギリギリのボリューミーさとリーズナブルさに感激です。
とてもトリプルは頼めそうにありません(笑)

ただ、ランチタイムは学生さんで溢れるので家族でお伺いするのはちょっと気が引けますね。
こっそり一人で食べに行きたくなる揚げ物の名店でした。


□お食事処 甘太郎
 TEL:043-242-4102
 千葉県千葉市稲毛区緑町1-16-15
 営業時間11:00-15:00,17:00-22:30
 定休日不定休
 駐車場なし

お食事処 甘太郎定食・食堂 / みどり台駅西千葉駅西登戸駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/10 12:00
銀色テントむしでSL巡り…千葉みなと「SL内房100周年記念号」
久々に千葉県をSLが走ると言うことで行ってみることにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「銀色テントむし」で初めてSLを見てブログに書いたのは2009年の1月でした。
撮影してきた真岡鉄道がたまたま重連運転で、鉄チャンの知人から「運がいいからSLをもっと見たほうがいいよ」と言われたのがSL巡りに走るきっかけでした。
千葉県で最後にSLが走ったのは2008年のC57180の「SL春さきどり号」でしょうか?
そのため、ズキマル君に地元で走るSLを見せてあげることは出来ていませんでした。

そんな中、2012年2月10~12日の3日間、千葉みなと駅から木更津駅間を蒸気機関車が走ることになったのです。
土日は混みそうだったので、学級閉鎖が続いているのをいいことにズキマル君には幼稚園を休んでもらい、norizoは休暇を利用して日帰り旅行です。

せっかくなのでいろんな鉄道を楽しもうと、京成線からタウンライナーに乗り換えます。

このモノレールも吊り下げ型のモノレールとしては日本最長というスゴいものなのですが、向かうのはSLと言うことでズキマル君は気にしてくれません(笑)
むしろ普通の列車では聞き慣れない天井近くからのきしみ音に不安を感じていたようです。


車中から終着駅の千葉みなとのJR側のホームを見ると…すでにスゴイ人です。


JR千葉みなと駅の改札を抜けるとSL関連グッズの販売に群がる人々でごった返しています。構内にはSLを歓迎するポスターも多数展示されていて、それだけでも楽しめます。


千葉県をC61が走行するのは今回が初めてということでイベントも盛大です。
先頭車の写真を撮ろうかと思いましたが、撮影はプレスオンリーで一般客は足を踏み入れることが出来ません。
線路を2つ挟んだ3番線のホーム側からのほうが撮影できそうですが、そこにいけるかどうかも怪しいほどの混雑です。


アタマの上を撮影している人がやたらと多いので何をとっているのかと思ったら「臨時列車」の案内を撮っていたんですね。


ズキマル君はちゃっかりお土産に石炭をもらってきていました。


木更津からの往路で頑張ってきたDL側は、不人気なのかプレートがないからなのか、人影もまばらです。


3番線に移動して撮影ポイントを探していると、前から2列目あたりの位置をキープすることが出来ました。


出発セレモニーも終盤、いよいよSLの出発です。


短時間ですが動画も撮ってみました。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=qns52qg75nW:bhbX:Ni:cb:y7waH6psOwKHEf7/xmLdkfVXUogKJUd:Dx_I:xf:OP:WU8fkMLcLMMGGhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


これを機に、千葉県での動態SLの活動も再開されるんでしょうか?
今後の千葉県でのSL運転の広がりが楽しみですね♪


SL記念イベント
SL運転を記念して2012年2月10日(金)に千葉みなと駅で出発式、木更津駅では到着式、途中停車の姉ヶ崎駅では歓迎式を行いました。
■ 出発式(千葉みなと駅)(日時)2012年2月10日(金)12:30~12:57頃(今回の内容)
■ 到着式(木更津駅)(日時)2012年2月10日(金)15:32~15:50頃
■ 歓迎式(姉ヶ崎駅)(日時)2012年2月10日(金)13:46~14:00頃

運転日・時刻(終了)
2012年2月10日(金)・11日(土・祝)・12日(日)
【DL内房100周年記念号】
木更津----姉ヶ崎------千葉みなと
9:59発----10:30着10:59発------11:51着
【SL内房100周年記念号】
千葉みなと------姉ヶ崎------木更津
12:57発------13:46着15:05発-------15:32着

1912年(明治45年・大正元年)に開業した内房線(蘇我~木更津間)と久留里線(木更津~久留里間)は、2012年に開業100周年を迎えます。
その記念イベントの一環として「快速SL内房100周年記念号」(C6120号機)が、千葉みなと→木更津間を運転しました。
C61はJR千葉支社管内では初の運行となります。

ワンポイント
C6120
「C61-20」はD51形のボイラや部品を活用し、C57形の足回りをベースに1949年に製造されました。引退後、群馬県伊勢崎市の華蔵寺(けぞうじ)公園遊園地で、展示保存されていましたが、復元工事により38年ぶりに本年6月に上越線(高崎~水上間)で復活運転されました。
※SL運転時、DLは蘇我駅にて切り離します。

参考:JRホームページ


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/10 14:00
銀色テントむしでSL巡り…大田原「C11275」
先日、ほぼ栃木専門デカ盛り&公園ブロガー・カブトムシさんの公園レビューにSLを見かけました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今週は栃木に来たかったので、ちょっと足を伸ばして大田原市にある「美原公園」にやってきました。


総合公園になっているので敷地面積がかなり広いのですが運動公園としての敷地がほとんどで遊具はありません。

公園北側は「交通公園」となっていますが、自転車用のアスファルトは崩れ、真冬だというのに雑草が突き出ていて、ここだけが整備された総合公園から取り残されてしまっているようです。

この交通公園の一角に置かれている静態蒸気機関車が「C11275」です。


栃木県のC11と言えば真岡鉄道で走っている「C11325」が有名ですが、容姿が少々違うようです。


C11はD51(デゴイチ)に比べボイラー部分が小さいため小顔でカワイイので大好きです。
デフレクター(ボイラー脇の鉄板)とのバランスがすごく好きなんです。
それにしても雨ざらしのためにボロボロですね。


全体的にサビが浮き出ていて、このままではあと20年もすると廃車になってしまいそうな勢いです。


このC11275の特徴は煙突と運転席の間にある「蒸気溜」と呼ばれる部分が四角くなっている点です。
一般的には「カマボコ型」と言われているそうです。
戦時中に作られたモデルなので無骨なカタチなのかもしれません。


蒸気機関車の中では「女性」に近いカタチのC11ですがこのカマボコのおかげで清楚さよりも力強さを感じてしまいます。


あれ?

金網が破れていて子どもたちが続々と運転席に乗り込んで行きます。

金網には獣道のような抜け穴が2箇所出来ていて、遊具の少ない公園で子どもたちの格好の遊び場となっているようですね。
でも、今回は運転席の確認はしないことにしました。


解説板は昭和46年に立てられたもののようですが、もう少し頑張れそうですね。

今回のC11275は、以前はもっと荒廃が進んでいたそうで、一時期、那須清峰高校機械科によって改修作業を行ってもらっていたそうです。

も少し市や県が協力的にSLの保存に力を入れてくれると嬉しいんですけどね。

栃木県と言えば足尾の「けいてつ協会」さんや「那珂川清流鉄道保存会」、真岡鉄道など有志が鉄道の保存に力を入れている県だけに、行政の協力を今まで以上にいただけるともっと「蒸気機関車と言えば栃木県」と言うイメージを作れると思うんですけどねぇ。

群馬県や静岡県に負けず「蒸気機関車大国」の栃木県にはまだまだ隠れた静態蒸気機関車がありそうです。



□美原公園 旧)大田原市交通公園(C11275)
 栃木県大田原市美原1丁目15-25
 駐車場:あり

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1944年12月22日 日本車輌 No.1351
  配置:1949年3月1日 茅ヶ崎
  配置:1961年3月31日 浜川崎
  移動:1967年3月24日 米沢
  移動:小牛田
  廃車:1971年7月21日 小牛田


ワンポイント:
C11275は第2次大戦中に作られた戦時型で蒸気溜がカマボコ型になっているのが特徴。当初は御殿場線(国立ー沼津駅間)の客貨車の輸送に使用されたが輸送量の増大と電化の波に押され、最後は関東東北各駅の貨物の入替用に使用されたものを展示している。
非常に荒廃し、一時は廃棄の話がありましたが、那須清峰高校機械科の生徒さんたちによって整備が行なわれ、見事なまでに修復されつつあります。
…とのことだったんですが。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/05 16:00
銀色テントむしでSL巡り…那珂川「台湾精糖公司360」
昨年10月に栃木県馬頭の道沿いで金色に輝く蒸気機関車を見かけたことがあります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

金色のSLは「那珂川清流鉄道保存会」さんと言う団体さんだったのでちょっと調べてみると、随分と保存活動に力を入れてくれている団体に見受けられます。
今回は幻のSLを復活させる那珂川清流保存会さんをどうしても紹介したく、お叱りを覚悟で記事にさせてもらいます。

那珂川沿いの294号線、大桶公園を東側に抜ける橋を渡ると、信号の向かいに黒と赤のピッカピカの機関車が「馬頭運送」さんの奥に見えます。
そのまま入るのも不法侵入になるので馬頭運送さんに声をかけに行きますが、シロネコちゃんが留守番をしているだけでした。
敷地内の建物全てに声をかけてみましたが、日曜の昼下がりと言うこともありご不在のようでした。

下調べしてきた「那珂川清流鉄道保存会」さんに電話をかけて確認を取ろうと思いましたが…
馬頭運送さんの電話だったため、結局ご不在ですorz


しかし、あまりにも美しい蒸気機関車の姿に、覚悟を決めて見学させていただくことにします。
敷地内には屋根付きのガレージに2台、倉庫内に1台のSLが保管されています。
中でも、ほぼ完成状態で道路からも神々しい光を放っていたのが「360」です。


確か、埼玉県で個人所有され、その後静岡で静態保存されていた車輌のはずですが、おそらくは那珂川清流鉄道保存会さんの活動が認められ、ここでメンテナンスされているものと思われます。


1990年代後半の写真をネットで見る上ではボロボロだったはずの車輌が見事なまでに復活しています。


運転席だってサビも落とされ、防錆処理が施されています。

カンタンに写真をアップしてしまっていますが、この機関車は「台湾精糖公司360」と言う大変貴重な車輌です。


なぜ「幻の機関車」かと言うと…

1970年代に埼玉県上尾市の方が個人購入され、自宅に大事に保存されていました。
ベルギーTUBIZE社で1948年に「2338」として製造された車輌で、所有者がなくなられた際(1990年11月)オークションに出されてしまいます。

その後、静岡県の「日本庭園鉄道」さんに引き取られていたはずですが、ほとんど資料がないのです。

そんな、ほとんど資料のない貴重な機関車をメンテしてくださっていると知り、どうしてもお伝えしたくてならなかったんです。

車名は伏せますが、メンテナンス中の車輌がもう一台。
それにグレーに塗装(防錆処理)された車輌が倉庫内に保存されていました。


ひょっとしたら京都の「梅小路蒸気機関車館」以外で、ここまでしっかりとした作業をされている場所を初めてみたかもしれません。

今回はお話を聞くことができませんでしたが、是非とも一度保存活動について伺ってみたいですね♪



那珂川清流鉄道保存会(台湾精糖公司360)
TEL:0287-92-3424(馬頭運送株式会社 アドバイザー大貫由里子様)
栃木県那須郡那珂川町久那瀬340-1
※私有地ですので了解を取ってからご訪問ください。
参考:ヤマネ模型「鉄道訪問記」より

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
 埼玉県上尾市大字上 湯本さん(故人)個人所有
 日本庭園鉄道 移転
 馬頭運送株式会社 移転(メンテ?)
 ◇資料
 1948年ベルギーTUBIZE社製2338 台湾精糖公司360
 型式0-6-0tank
 輪間幅762mm

ワンポイント
1970年代末から1990年11月までは埼玉県上尾市で個人所有されていたそうです。
所有者死亡の際、オークションにかけられ静岡県裾野市の日本庭園鉄道で引き取られます。
現在は那珂川清流鉄道保存会さんでメンテナンス中のようですが、ご不在のためお話をうかがうことができませんでした。
情報元:http://www.citycat.hdud.idv.tw/sugar2.htm

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/05 14:00

銀色テントむしでデカ盛り…334軒目・日光「安国屋」
日光にスゴい豚肉料理が食べられると聞いて行って見ることにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは日光の人里はなれた田舎道にある「安国屋(あぐにや)」です。
オープンの1時間も前についてしまいましたが、やることも無いのでクルマで待つことにしましょう。
11時になると店の中から女将さんが出てきて声をかけてくれました。
聞くと料理によっては調理時間が70分かかるので事前予約が必要とのことです。
注文したかったのは70分かかる料理なので、出直すべきかどうか考えていると、今回は対応してもらえることになりました。


予約から1時間後の12時までクルマで待機して店に入ると席まで予約してもらってありました。
全体的に手間のかかる料理が多いらしいので、今回は11時の時点で注文を決めておいたので席に付くと料理が運ばれてきました。


1品目は「鳥のから揚げ定食(870円)」です。

から揚げといっても、半身丸々をガッツリ揚げてあります。
そのためかジューシーでアツアツ、他ではナカナカ味わえないタイプのから揚げです。
ご飯もツヤツヤで美味い♪
付け合せの漬物もゴマ和えも味噌汁も手を抜いていません。

…ご飯、大盛りにしておけば良かったな。

と、言うことで追加で「ご飯大盛り(300円)」を注文してみました。

うわ、2合くらいある!
ちょっとボリュームがありすぎました。
必死で食べることになりそうです(笑)


楽しみにして70分待ちしていた料理が「ポークステーキ定食(1210円)」です。

わはははは!
ウワサには聞いていましたがホントに「エアーズロック」のようです。
約700gとも言われるブタの塊をやわらかく仕上げるためにかかる時間が70分だそうです。
店内で注文されると席が回らなくなるため、「要予約」のようです。

味付けは大根おろしと粗挽き黒コショウを使ったさっぱり系です。
ナイフとフォークでいただきますが、予想以上にやわらかく、またブタ独特の臭みも感じられません。
しかし…普通のトンカツ店の約7倍ものサイズですから家族4人で食べてもナカナカ減りません。
必死に食べながら別のテーブルの話を聞いていたら、残り分は「お持ち帰り」するのが普通だったようです。


目が回るほどお腹いっぱいになりつつ、完食しました(笑)
席を立ち、他のテーブルを見たら、トンカツ定食も(サイズはエアーズロックの3分の1程度ですが)メチャクチャ美味そうです。
これはリピートして全てのメニューを制覇したいですね。

観光地なのにリーズナブルで激ウマと言う、久々に大ヒットのデカ盛り店に嬉しくなりました。


□安国屋(あぐにや)
 TEL:0288-27-0620
 栃木県日光市手岡627-1
 営業時間11:30-14:00,17:30-21:30
 ※ポークステーキは調理に70分かかるので要予約(当日可)
 定休日:水曜日
 駐車場あり

安国屋定食・食堂 / 文挟駅
昼総合点★★★★ 4.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/06 13:00
銀色テントむしで関東の駅百選…第23回栃木「東武日光駅」
今週はのんびりと栃木を日帰りで(笑)旅します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回」選定、東武日光線の「東武日光駅」です。
選定理由は「「世界遺産日光の玄関駅であり、山小屋をイメージした三角屋根の駅。」だからだそうです。

東武日光線の終着駅で昭和4年からの運営ですが、この建物になったのは昭和54年です。
JR日光駅も目と鼻の先で、そちらも「関東の駅100選」に選ばれているのでピンポイントでの選定としては珍しいスポットと言えます。


2月の日光と言うと雪がスゴい気がしていましたが、日陰の植栽に少々残っている程度でした。
むしろ気温が低いためか氷がスゴイ!


駅前広場の噴水(?)が見事なまでに凍っています。
しかも中央からは水が出続けているため日々成長しています。


アルペン風の駅舎内は意外と近代的。
しかし、吹き抜け構造のためか外気温との差が少なく寒いです。
トイレに入ったらえらく寒かったです。
また、「みんなのトイレ」は凍結のため使用禁止になってしまっていました。


2階に上がってみると、観光会社の事務所がひっそりと営業しています。
また、待合所らしい場所はオフシーズンのためか改装中で、立ち入り禁止になっていました。


駅正面に向かって右側の端からは在来線のホームが見えます。


左側は少々上り坂になっていて、運が良ければ新型スペーシアに出会うこともできそうです。
今回見えたのは普通のスペーシアでした。



ところで、日光土産で皆さんが思い出されるものは何でしょうか?
「湯葉」が名産なんですが、その中でも「(有)まつたか」さんの「徳用ゆば(あげゆば)」が大好きです。

味噌汁にコレだけ入れるだけでダシも効いてすごく美味いんです。
歯ごたえもあるので満腹感も得られるのにヘルシーなんですね。
ただ、見かけるのはイオン今市店(栃木県日光市豊田79-1)だけです。
(他にもあるのかもしれませんが、まだイオン今市でしか出会っていません。)
「まつたか」さんがどんな店なのか調べてみたら、豆腐と湯葉の専門店だったんですね。

□日光ゆば (有)まつたか
 TEL:0288-21-8882
 栃木県日光市芹沼1988-2
 営業時間 :電話で確認が良し
 定休日:季節により不定休なので電話で確認が良し
 駐車場あり

話がそれましたが、冬の日光も緑に溢れるヒーリングスポットです。

オフピークですから渋滞も少なく、のんびりと旅を楽しめます。
今度の週末には日光の旅なんていかがですか?


□東武日光駅
 栃木県日光市松原町4-3
 所属事業者:東武鉄道日光線
 開業年月日:1929年(昭和4年)10月1日
 駐車場:有料


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

関東の駅100選 選定理由
 世界遺産日光の玄関駅であり、山小屋をイメージした三角屋根の駅。

ワンポイント
1979年(昭和54年)10月1日 - 駅舎を現行のアルペン風に改築。
2000年(平成12年) - 関東の駅百選に選定される。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/06 09:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでSL巡り…壬生町「1412」
今回のSLは私有地なのであまりオススメできませんが、美しいので紹介させてください。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは栃木県壬生町にあるトミーテック工場です。
昼間だと工場に迷惑がかかりそうなので、訪問する際は日曜の早朝を狙います。
「おもちゃのまち」と言うバンダイミュージアムなどがある工場団地内にあり大型トラックも行きかうので注意が必要です。
念のために事務所に声をかけてみますが誰も出てきませんでした。
※不法侵入で訴えないでくださいね♪


このトミーテックの敷地内にある静態蒸気機関車が「1412(別称:関東鉄道4)」です。


野ざらしではありますが、工場敷地内にあるため見た目はきれいに保たれています。


従業員駐車場と事務所の間にあるため、業務時間中に訪問するのは相当勇気がいりそうです。


機関車の運転席は結構狭く、構造もカンタンなようです。
トビラが開閉できるようになっていますが、昇降口にガムテープが残っているところをみると「上らないでください」と言う張り紙があったと思われますので、下から撮影するだけにしました。


古式の軽便タイプなのでコンパクトな車輌です。
後ろから見ると愛嬌のあるわんこの顔のように見えます。


車輪は意外と大きく、車重を支えながら走行する大変さを痛感できます。


解説板は「おもちゃのまち」駅にある「5号機関車」と同じものですかね?


ちょっと見学に行くには勇気のいるSLですが、かわいくて好きです。
これからも大事に展示してもらえると嬉しいですね。


□トミーテック本社工場(関東鉄道4(1412))
 栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち3-3-20
 ※工場内なので迷惑がかからないようにしてください。

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1896年 クラウス No.3332
  納入:1896年3月27日 九州鉄道44号
  国有化:1907年7月1日 鉄道院
  称号改正に伴う改番:1909年10月1日 鉄道院1412
  廃車:1925年5月26日 大分
  払下げ:1927年 鹿島参宮鉄道4
  廃車:1971年10月6日
  保管:1972年 谷津遊園
  保管:オリエンタルランド予定地
  保存:トミー工業

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

ワンポイント:
1400形・1440形
1440形は、かつて日本国有鉄道の前身たる鉄道院に在籍したタンク式蒸気機関車である。
もとは、1890年(明治23年)に、九州鉄道がドイツのクラウス社から輸入したもので、1907年(明治40年)に鉄道国有法による買収により国有鉄道籍を得たものである。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/05 08:00
銀色テントむしで関東の駅百選…第22回埼玉「高坂駅」
東松山あたりをウロついていたので関東の駅100選の駅にも顔を出しましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1999年第3回」選定、東武東上線の「高坂駅」です。
選定理由は「「武蔵野の自然豊かな比企丘陵にマッチし周辺環境に配慮した、三角屋根に時計塔がある駅。」だからだそうです。


西口ロータリーの中央バス停からは歩道橋がつながっていて階段を登るとそのまま改札口へ迎えます。
このバス停からは選定理由の「三角屋根の時計塔」も良く見え、帰宅を待つ人の心を癒す風景が広がります。


改札に向かう歩道橋は少々アーチ状になっていて、洋風の趣とともにノスタルジーも感じられます。


改札は近代的で外観とは違い、忙しい人々の出入りに対応しています。


東口に出ると、のんびりした雰囲気が強まります。
入り口すぐのところまで出迎えのクルマが乗り入れられるようになっていて、人待ちのクルマがしばし動きを止め、ドライバーのお母さんがホワッと時計塔を眺めているのを見かけ、心が和みます。


首都圏近くにありながら、のんびりとしたベッドタウンといった感じでしょうか?
このあたりに住んだら静かに暮らせそうだなぁ…と思えるステキな駅です。


□高坂駅
 埼玉県東松山市大字高坂1333-2
 所属事業者:東武鉄道
 開業年月日:1923年(大正12年)10月1日
 駐車場:東口に一時停車可能


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

関東の駅100選 選定理由
 武蔵野の自然豊かな比企丘陵にマッチし周辺環境に配慮した、三角屋根に時計塔がある駅。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/29 13:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでデカ盛り…333軒目・三郷「ポパイ」
久々にてんこ盛りのかた焼きそばが食べたくなって三郷に向かうことにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは三郷市早稲田にある「ポパイらーめん」です。
朝5時まで営業という時間設定も食べたくなったらいつでも来られると言う気持ちを増幅させます。


全体的にボリューム大目のメニュー設定の中で1品目に選んだのは「とくとくセット鶏の唐揚げ(980円)」です。

中華の王道、ラーメンと唐揚げがセットになってしっかり盛られたご飯を見ると…ガテン系ですね(笑)
大きな厨房で注文後に揚げられたから揚げはアツアツのプリプリ、ラーメンも手抜きのない味です。
ご飯もツヤツヤのモチモチ。
親子ならこの1品で十分です。


ポパイラーメンで1,500円以内でデカ盛りと呼べるのはやはり「カタヤキチョモランマ(1400円)」でしょう。

パーティー皿のような大きな皿にこれでもかと言う位のカタヤキソバが、その上にはキャベツとモヤシを中心とした中華餡がたっぷりとかかっています。
サービスなのか「本日のスープ(卵と小松菜の塩仕立て)」がドンブリで3つもついてきました。


美味しいんですけど、美味しいんですけど…
セットものプラスで注文したチョモランマはあまりにも高い山で、登頂できませんでしたorz


子どもたちへ山登りを途中で諦めて、無料サービスのアイスをもらいに行ってしまいました。


「もうお腹いっぱいで何も食べられない!」と言っていたズキマル君も頂上の氷菓子だけは別バラだったようです(笑)


今回はチョモランマの登頂に失敗してしまいましたが、なぜかたまに食べたくなる名店です。
コストパフォーマンスの良さと営業時間の長さからも今後も通い続けることになると思います。


□ポパイらーめん 三郷早稲田店
 TEL:090-2526-3100
 埼玉県三郷市早稲田8-11-9
 営業時間11:00~翌5:00
 定休日なし
 駐車場あり

ポパイらーめん 三郷早稲田店中華料理 / 流山駅平和台駅新三郷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/29 18:00
銀色テントむしでデカ盛り…332軒目・越谷「OB千間台店」
寒い日が続くので温かみのあるログハウス調の建物で暖をとりましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは越谷市にある「珈琲屋OB千間台店」です。
長居できるのでポータブルゲーム機などを持って行くのも良いかもしれません。



OBと言えば、リーズナブルに大量のドリンクを提供してくれるのが特徴です。
オトコのリラックスタイムには「ぶれんど(300円)」がオススメです。

価格は普通ですが、写真を縦に引き伸ばしたように見える遠近感無視のカップに入っています。

ゆったりしたいレディには「ここあ(500円)」はいかがでしょう。

これまたドンブリのようなカップにたっぷりのココアが入っています。
甘いのが苦手な人でも安心なノンシュガーです。
そのまま飲んでしまうと苦味が先行してビックリしますが、適量の砂糖を入れればほっこりできます。


寒さなんて関係ない子どもたちは「ばななふろーと(650円)」を二人で1つ注文します。

サラダボールいっぱいにバナナジュースが…
アイスやホイップクリームがトッピングされているのですが器が大きすぎてアイスが小さく見えます。
通常、パフェなどでトッピングに使われているポッキーが爪楊枝に見えてしまうようなボリュームです。

サイズはデカくても価格はリーズナブル。
味だってそこら辺のファーストフードには負けません。

ちょっとした小遣いで長時間のんびりできる名店は埼玉県を中心にチェーン展開しているそうです。
ほかのOBも攻略してみたくなりますね♪


□珈琲屋OB 千間台店
 TEL:048-973-5021
 埼玉県越谷市大泊415
 営業時間10:00-22:00
 定休日なし
 駐車場あり

珈琲屋OB 千間台店喫茶店 / せんげん台駅大袋駅武里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/29 16:00
銀色テントむしでデカ盛り…331軒目・東松山「花月庵」
おなか一杯おいしいそばが食べたくなり、フラフラとクルマを走らせます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは254号線東松山インター近くにある「そば屋敷花月庵」です。
11時オープンですが5分ほど前に到着してしまい、待っていると時間通りにのれんがかかりました。


メニューを見ると「カレーつけ汁」はなくなってしまっていましたorz


ちょっとリッチですが天婦羅は「なくなり次第終了」らしいので頼んでみたくなります。
「ごまだれ天せいろそば(1300円)」を普通盛りで注文してみました。

キンキンに冷えたゴマダレがてんこ盛りのそばの量にあわせてたっぷり運ばれてきます。
天婦羅は串揚げのように串に刺さって海老など4~5品が1皿に盛られています。
蕎麦は歯ごたえもしっかりしていながらノドごし良く、「そば屋敷」の名にふさわしい名品です。


外が寒いので温かい汁が欲しかったのでメインのデカ盛りは「肉汁そば大盛り(900円+200円)」です。

笑うしかないような富士山盛りのそばが来ました。
しかし、このボリュームなのに手を抜いていない美味さとコシです。


サイズと寒さに苦慮しながらも、おいしい蕎麦に舌鼓を打ちました。
暖かい時期なら尚、食が進むこと間違いなしの名店です。
冬には是非ともカレー汁を復活させて欲しいですね♪


□そば屋敷花月庵
 TEL:0493-24-3730
 埼玉県東松山市上野本195-1
 営業時間11:00-15:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり

そば屋敷花月庵そば(蕎麦) / 東松山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/29 11:30
名城100選スタンプラリー・16箇所目「川越城」
今回は埼玉の名城に向かってみます。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


やって来たのは「小江戸川越」と名高い、川越の城下町の中心となった「川越城」です。
無料の駐車場を併設していてクルマでのアクセスに便利なのが特徴です。


入場料は100円、博物館と蔵造り資料館と川越城の3館共通券なら通常400円かかるところが300円で済みます。
すぐ近くに博物館があるので3館共通券を購入して入館します。
外気温はマイナスだったのですがスリッパがないので、冬場の訪問の際には厚手の靴下かマイスリッパを持っていくことをオススメします。

「100名城スタンプ」は入場券を購入する場所に準備されていました。


館内は平屋ですがなかなか大きく、時間をかけて見学できそうです。


床板や柱がいい雰囲気を出しています。
なんだかセットとしてそのままテレビや映画の撮影スポットで使えそうです。


…あ、「JIN-仁-」の撮影現場だったようです。


本殿脇には渡り廊下で離れがつながっています。
朝の日差しを受けていると、なんだか田舎の農家の縁側のようです。


行ってみると一室で会議が行われていました(笑)


明治後には一時期学校としても使われていたそうで、城巡りでは初めて「厠」を見ました。
男性用トイレって昔からあったんですねぇ…


のんびりと川越城を見学したら博物館も見学しましょう。


博物館では江戸時代から近代の生活風景を中心とした展示が行われていました。

別室の展示室では独楽やけん玉などの遊具体験もでき、時間を忘れて遊んでしまいました。


天守閣はないながらも東京からも近く、じっくりと遊べる名城でした。



深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
------------------------------------------------------------------------------
1848年(嘉永元年) 越前松平家・松平斉典により、本丸御殿の造営が行われる。
二の丸にあった御殿が1846年(弘化3年) 焼失し、再建したもので、これが現存する御殿である。
1868年(明治元年) 松井松平家・松平康英が明治政府に恭順の意を示すため、堀を埋める。
1869年(明治2年) 川越藩が新政府に川越城の老朽化した建物を取り壊したい旨を届け出、城の部分的取り壊しが始まる。
1873年(明治6年) 廃城令に伴い、川越城内の不用・破損の建物等の入札・売払が行われる。
※ウィキペディアより抜粋
------------------------------------------------------------------------------


川越城(かわごえじょう)第19番
TEL:049-222-5399
埼玉県川越市郭町2-13-1
スタンプ設置場所:本丸施設内、川越市立博物館
開館時間:9:00-17:00
休館日:月曜日
入場料:大人100円(3館共通券300円)
駐車場:あり
通称・別名:河越城、初雁城、霧隠城
主な城主:扇谷上杉氏、後北条氏、酒井氏、堀田氏、長沢松平氏、他
 

より大きな地図で 日本100名城 を表示




ワンポイント
江戸時代には川越藩の藩庁が置かれた。
小江戸と呼ばれて栄えた川越は、城下町の面影を色濃く残している。
本丸御殿大広間が現存しているのは、日本では川越城の他には高知城のみで、貴重な遺構である。
本丸御殿南側には富士見櫓跡が残っている。また郭町1丁目付近の住宅の裏には中ノ門付近の堀跡が残っており、2008年(平成20年)より川越市による公園整備が行われた。

日本百名城地図めぐり」より抜粋




↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/01/29 10:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行