銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで関東の駅百選…第31回埼玉「長瀞駅」
桜には少々遅れてしまいましたが、SLの運転を再開した秩父鉄道を目指します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。


今回やってきたのは「関東の駅100選1997年第1回」選定、秩父鉄道の「長瀞(ながとろ)駅」です。
選定理由は「開業当時のままで残され、歴史を物語る木造建築の駅。」だからだそうです。
秩父鉄道は開業当時のままっぽい駅がたくさんあるんですが、東京から最も近い自然の観光名所として有名かもしれません。
ゴールデンウィークや夏休み前など、テレビでよく特集を組まれるエリアです。
土日の昼時となると、お客さんで混み合うエリアなので、あえて9時前に来てみました。


観光エリアの店舗も開店前なので駅前も静かなものです。
ポストは懐かしの筒形で、建物と共にノスタルジックさを強調します。


木造建築の駅舎内はちょっと薄暗いのですが、天井から吊るされたシャンデリアと外からの光がステキです。


駅から観光地へ向かう踏み切りはホームにも近く、まだ枝垂桜が満開です。
蒸気機関車「パレオエクスプレス」の停車駅でもある長瀞駅のこの踏み切りは、SL停車時には撮影の観光客でにぎわいます。


長瀞駅から300mほどの観光商店街を抜けると観光名所の「岩畳(いわだたみ)」が広がります。

ライン下りやラフティング(いかだ・ゴムボートでの渓流下り)が盛んで、秩父鉄道の鉄橋の下も通ります。
時間帯によっては川から鉄橋を駆け抜ける蒸気機関車を眺めることが出来るため、ライン下りの際にはお勧めの時間帯を聞いてみるのもいいと思います。


昨年は震災の影響で観光客が激減してしまったそうですが、日本経済の復興のためにも、日帰りで遊びに行ける秩父鉄道で、長瀞を観光してみてはいかがでしょう。


□長瀞(ながとろ)駅
 埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞529-2
 所属事業者:秩父鉄道
 開業年月日:1911年(明治44年)9月14日
 駐車場あり(1回500円)

1997年(第一期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
  開業当時のままで残され、歴史を物語る木造建築の駅。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

ワンポイント
1911年の開業当時は、「宝登山駅」として開業した。
当駅より金崎駅(皆野町大字金崎 : 現在の親鼻駅の対岸付近)までが営業路線として運営されていたが、後に長瀞駅 - 金崎駅間は廃止となっている。

パレオエクスプレス土日出発時間
11:37(三峰口行き)、15:13(熊谷行き)


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/22 08:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしでSL巡り…熊谷「D51140」
関東圏に「荒川」と付く地名は荒川沿いに多く、熊谷にも「荒川」公園があります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

埼玉県大滝村付近から東京扇橋を抜け、東京湾に至る荒川は、この熊谷の先の吉見町の御成橋付近の堤防間の幅が2537mになり、日本最大の川幅を誇る一級河川です。
秩父鉄道パレオエクスプレスの出発駅であり、JR高崎線熊谷駅からほど近い荒川沿いに「荒川公園」があります。


この荒川公園に静態展示されている蒸気機関車が「D51140」です。


デゴイチと言えば全国に数多く静態展示されているSLですが、久々に保存状態の悪い車体です。
人口20万人以上を誇る「特例市」として頑張っている熊谷市ですが、こうした公園の整備状況を見るとちょっと悲しくなります。


大事にしているのか、単に事故防止のためなのか、汽車の周りには金網がめぐらされていて近づくことが出来ません。
特に公開日や開放時間が書かれていないことからも、放置されているように思えます。


サビが浮き、色褪せてはいますがナンバープレートもあり、後ろ姿にも背負ってきた重責と、周囲で遊ぶ子ども達を見守ってくれているその姿に、未だ立派にその勤めを果たしていることを感じ取れます。


解説を見ると、保存会は存在しないらしく、これが荒廃の原因の一つに思えます。
しかし、地域の皆さんのおかげでしょう、40年近くも展示されているはずの解説板もきれいに保たれています。


公園の遊具も古いながら整備が行き届いており、また、広い園内にもゴミが少なかったのは素晴らしいです。

雨が降り出してきたため、20分くらいしかいませんでしたが、桜の堤防を前にしたナカナカの公園です。


群馬県高崎市も目と鼻の先ですし、秩父鉄道の駅も近いSLの聖地と言ってもいいはずの公園です。
熊谷市に協力してもらって、もう少し大事にしてもらえるSLになることを心から望んでいます。

いつか、ズキマル君が子どもを連れて再訪したときにピカピカの姿で迎えてくれると嬉しいですね♪



□荒川公園(D51140)
 埼玉県熊谷市河原町2-173
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示


 ◇車歴
  製造:1938年11月6日 日本車輌 No.664
  新製配備:1938年11月16日 宇都宮
  移動:1944年11月13日 大宮
  移動:1969年5月2日 高崎第一
  廃車:1970年4月9日 高崎一

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/22 13:00
銀色テントむしでデカ盛り…371軒目・熊谷「夢街道」
「デカ盛り」ってタイトルに負けているかもしれないけど一人では食べきれない…そんなお店も「デカ盛り」でアップしますがお許しを♪
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

熊谷市の407号線彩甲斐街道のY字路にある「夢街道」です。
ランチタイムになると行列ができると聞いて、オープン直後の11時過ぎに訪問してみます。
店内は開拓時代のアメリカを思わせるウエスタンな趣です。
すぐに席に通されましたが、次から次へとお客さんが入ってきて、12時を待たずに満席になってしまいました。

テーブル毎に仕切りがされていて、自分達だけの空間を保てるのも人気の秘密かもしれません。

ランチタイムはお得になっているようですが、平日に比べると休日は割高です。
ランチメニューでも基本的に1000円以上するので、とりあえず一品目は単品で注文してみることにします。

「カルボナーラ(790円)」は昼夜変わらずこの価格でサラダ付きです。

上から見下ろすカタチで食事を見るのでたいした量には見えませんが、底の深さに驚きます。
カルボナーラに刻んだ万能葱が乗っているのも目新しいですね。
なんだか中華料理っぽく感じますが、クリーム系の濃厚さを葱が中和してなんともいい感じです。
単品ですがサラダがセットでついていて、これがまたさっぱりします。
ドレッシングも和風、サウザンアイランド、マヨネーズ(?)の3種類が運ばれてきて、好きな味付けで楽しむことが出来ます。

スープ系のスパゲティは徐々に水分を含むため、普通盛りでもずっしりと胃袋が満腹感を訴えます。


せっかくなのでもう1品は「お好きなスパゲティと大サラダ・麺特盛り(1090円+180円)」と言う日曜限定(?)のランチセットメニューを注文してみます。
お好きなスパゲティは「めがねバーグスパ(単品880円)」にします。
単品時の特盛りは310円なので、80円でサラダが大ボリュームになったと思えば納得です。

…それにしてもサラダがデカいです。
到底一人で楽しむボリュームではありません(笑)
女性ならこのサラダ1品で十分かもしれません。

スパゲティも少なく見えますが薄皿ではなくボール状なのでかなりのボリュームです。

「特盛り」は乾麺の状態で360gあるそうで、水分を含むと倍以上近いのではないでしょうか?
あ、ズキマル君の仕草は気にしないでください。
「めがねハンバーグ」だから「指メガネ」だそうです。
ちなみに「めがね」は小さめのビーフ100%ハンバーグが2個乗っていてめがねっぽいからのようです。
確かに上から見ると、サングラスをかけた酔っ払い…いやいや、子ども達の大好きな仮面ライダーに…見えなくもないかな(笑)


トマトソース系のミートソースなんですが、麺自体の塩分が少ないためか。酸味が強くうまみが弱いように感じます。
ボリュームはありますが味に変化が弱いので、途中からは罰ゲームのようになってしまいました。
テーブルに粉チーズがあれば良かったんですが…頼めば来るのかな?

食事を終え、店を出ることには席待ちのお客さんがクルマで順番待ちをするほどになっていました。
やっぱり人気店なんですねぇ♪

1000円超えのランチなので、評価に迷いますが、お洒落な空間とオリジナリティ溢れるメニューには大満足です。
次回は平日ランチでリーズナブルさを再確認してみたいですね♪


□夢街道 熊谷店
 TEL:048-524-8852
 埼玉県熊谷市大麻生1-1
 営業時間 11:00 - 23:00
 定休日なし
 駐車場あり

夢街道 熊谷店パスタ / ひろせ野鳥の森駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/22 12:00
銀色テントむしでSL巡り…再開「パレオ25周年(C58363)」
2012年の動態運転再開は4月21日(土)ですが、授業参観で訪問できなかったため、翌日、再開2日目のパレオエクスプレスを見に行くことにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

パレオエクスプレスは秩父鉄道の列車で、埼玉県の熊谷駅から三峰口駅までを結ぶ観光列車です。
もう1週間早いスタートなら桜に間に合うので「長瀞(ながとろ)駅」や「三峰口(みつみねぐち)」駅で桜と共に眺めたかったんですが、今回はまだ見たことのなかった第一停車駅の「武川(たけかわ)駅」で見学することにします。
ロータリーは北口にありますが、駅の入り口は歩道橋を渡った南口にあります。
ロータリーにヨメさんとモカとテントむしを残して、ズキマル君と二人でホームに向かいます。


入場料160円(子ども80円)を払って切符をもらいます。
入場券は通常のものと記念用のものがあり、記念用は硬券でSLが印刷されています。
記念用の切符を手渡され、セットでC58363のペーパークラフトを貰えました。


朝10時30分、駅舎とホームの間の線路にパレオエクスプレス(C58363)がやてきました。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=YVs52qg75nW:bhbX:Nk:dd:y7B6D/5zDg0.Qf7/xmLdliVQOkgKJUd:Dx_I:xP:PR:WUN/gRbjS929ShckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

武川駅での停車時間は3分程度と非常に短いものです。
昨日はファーストランでヘッドマークがついていたはずですが、今日は普通のパレオちゃんです。
25周年なのにヘッドマークが1日だけとは残念ですorz
しかし、8年ぶりの大規模修繕を終えた後だからでしょう、いつにも増して美しいボディです♪


忙しく働く機関士さん達を見ながら、出発の時を待ちます。


3分はあっという間ですが、乗車客もほとんど車輌から降りてこないので、写真を撮るにはなかなかいい場所です。

SLを見送るのってスキなんですよねぇ…
いえいえ、撮り鉄ではありませんよ(笑)
言うなれば「見送り鉄」ですかね。
しかも、蒸気機関車限定です。


すでにモカは動態SLの見送りには付き合ってくれなくなってしまいました(笑)
こうしてズキマル君と写真を撮りまわれる日が、いつまで続くかを考えながらパレオエクスプレスを見送りました。


□武川駅
 埼玉県深谷市田中77-1
 所属事業者:秩父鉄道
 開業年月日:1901年(明治34年)10月7日
 駐車場:未確認
 パレオエクスプレス出発時間
 三峰口行き 10:34(平日10:33)
 熊谷行き 15:58(平日16:00)
 ※運転日は秩父鉄道HPにてご確認ください。


より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示


□「パレオエクスプレス」熊谷-三峰口間(C58363)
 ◇車歴
  製造:1944年2月 川崎車輌 No.2941
  配置:1949年4月1日 仙台
  配置:1961年4月1日 長町
  配置:郡山
  移動:1966年8月24日 新庄
  廃車:1972年10月2日 新庄
  復活:1988年 さいたま博覧会
  ※資料:やまてつさんHP

ワンポイント
埼玉県北部を東西に走る秩父鉄道では、都心から一番近い蒸気機関車として秩父路のSL「パレオエクスプレス」が走ります。
パレオエクスプレスとして走るC58363は 昭和63年の「さいたま博覧会」開催にともない復活し、21世紀を走る唯一のC58形として活躍しています。
※秩父鉄道HPより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/22 10:30
銀色テントむしでデカ盛り…370軒目・蕨市「大味(たいみー)」
土曜日なのに子どもたちが学校だったので、遠くに行けず近場(自宅から50キロ圏)で夕食にしましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回やって来たのは東京都板橋区の北、埼玉県蕨(わらび)市にある中華料理屋さん「大味(タイミー)」です。
店舗の左手の細い路地の右手に駐車場がありますが見つけられず、店の裏口から女将さんに確認して入れる事ができました。
土曜日とは言え、まだ17時半だと言うのに18席ほどある店内は1テーブルを除き満席です。
幸いにも残りの1テーブルが4人がけだったので並ばずに席に着くことができました。


食べログの情報によると、「デカ盛り」に分類されるものは特定メニューのようで後は情報がわかりません。
とりあえず、写真のインパクトが強かった「シューマイ(450円)」を注文してみることにします。


1個単価は112.5円と高価ですが、それ以上のインパクトとボリュームです。
上に載った蟹の身がアクセントとして色合いを引き立てます。
ズキマル君の握りこぶしよりも大きなサイズに一同ビックリしてしまいます。
予想に反して、「大味」ではなく、肉屋のシューマイをサイズアップして更に美味しくした感じです。
一人で注文するのは食べ残してしまう危険がありますが、2名以上でシェアするか持ち帰るなら魅力的な1品です。


インメニューの一品目は「五目やきそば大盛り(700円+150円)です。
女子高生風の可愛いアルバイトのおねぇさん(娘さん?)が厨房にメニューを伝えるのに「焼きそば大盛り!」と言ったので慌ててメニューを見直します。
なるほど、ソースやきそばは存在せず、五目やきそば以外には上海風やきそばがありました。

予想では、それほど大きくない五目やきそばを期待していたのですが…デカイ(笑)
中華麺を焦げ目がしっかりつくまで炒められ、その上に野菜を中心としてエビ、豚、ウズラの卵が醤油系の餡で埋まっています。
パーティー皿のような大皿にたっぷりと載っています。
…こっちも大きめだったか(笑)
本命の注文がテーブルに届く前に満腹になってしまいます。

さて、本命は「酸辣湯麺(スーラータンメン)普通盛り(780円)」です。
大きくて深手のどんぶりになみなみと黄色とオレンジのスープが注がれています。

他店の酸辣湯麺とは違い、タマゴと豆腐と細切りハムの餡かけの中に大量の中華麺が入り、上からラー油をかけた感じです。
酸っぱさは感じられません。
ラーメンと考えるよりも「中華風カルボナーラ」と言った感じでしょうか?
スープと言うよりは、それ自体が料理と言う感じで最後の1滴も残すのがもったいない感じです。
それにしてもボリュームが(笑)
分かりにくい例えですが栃木県那須塩原にある「阿Q(あきゅう)」のラーメン普通盛り(500円)や、山梨県甲斐市の「ぼんち食堂」の中カ丼普通盛り(650円)を髣髴させます。
結局、美味しいのでスープまで飲みきってしまいました。

メニューによっては予想以下のサイズでガッカリすることもあるとの意見もありましたが、今回の3品は大成功でした。
今回の勝因は軽めの朝食とトースト2枚の昼食で挑んだからですね。
デカ盛り店のはしごでの夕食だったら絶対に残してしまうサイズです。
…しかし、帰り道は下を向いたら大変なことになりそうですよ(笑)

18時過ぎには外で席が空くのを待つ家族連れが何組か見受けられます。
それでもゆっくりリーズナブルに美味しい中華料理を味わえる名店でした♪


□大味(たいみー)
 TEL:048-445-0414
 埼玉県蕨市塚越2丁目7-9
 営業時間 11:00-15:00,17:00-22:30
 定休日:月曜日
 駐車場あり

大味中華料理 / 蕨駅
夜総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/21 18:00
走行距離10万キロの軽キャンカー4年目車検費用♪
4年前のゴールデンウィークの納車から、早いものでもう4年です。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

軽自動車のキャンピングカーってどうなのよ?と言う話題は置いておいて…
「テントむし(イーケーキャンプ)」は軽トラック(ウチのはダイハツハイゼットエクストラ)の荷台を撤去して、運転席後ろの壁も取っ払ってアルミとFRPのシェルを架装した改造車です。
軽自動車の8ナンバー車で、車検は2年に1度、自動車税は年間2000円です。

で、1回目の車検の時は総額で77,617円(保険等24,710円含む)でしたが今回はどうでしょう…

1回目との大きな違いは当時45000キロ程度だった走行距離が106333キロまで伸びていると言うことですね。
2年で60000キロはちょっと走りすぎかもしれません(笑)

せっかくなので今回の車検の内訳を公開しましょう♪

---自賠責保険料---
16,010円
---重量税---
7,600円
---印紙代---
1,100円
---諸費用合計---
24,710円

---技術料(税別)---
2年定期点検整備 (技)20,000円
Vベルト全数取替  (技)2,600円
シリンダヘッドカバーガスケット取替(1台) (技)3,900円
トランスミッションマウント取替(1個) (技)3,900円
フロントディスクパッド取替(1台) (技)0円
リヤブレーキシュー取替(1台) (技)3,900円
リヤシリンダO/H(1台) (技)0円
オートマトランスミッションオイルパン奪着シーリング (技)9,100円
バッテリー取替 (技)0円
左テールランプレンズシーリング修理 (技)0円
車検代行手数料 (技)6,600円
---技術料合計---
50,000円

---部品代(税別)---
エンジンオイル (単700/0.5)350円
エアコンベルト (単1,420/1)1,420円
ファンベルト (単1,830/1)1,830円
エアフィルターエレメント (単1,630/1)1,630円
シリンダヘッドカバーガスケット (単1,520/1)1,520円
トランスミッションマウント (単3,850/1)3,850円
フロントディスクパッド (単7,100/1)7,100円
リヤブレーキシュー (単2,880/1)2,880円
リヤホイールシリンダーカップキット (単840/1)840円
ATフルード (単800/4)3,200円
デフオイル (単700/1.1)770円
メインバッテリー40B19L (単3,740/1)3,740円
サブバッテリー55B24R (単11,880/1)11,880円
ガスケットフルード (単200/1)200円
フロントワイパーラバー (単750/2)1,500円
ブレーキフリュード (単1,260/1)1,260円
ショートパーツ (単1,000/1)1,000円
---部品代合計---
44,970円

---消費税---
4,748円

---総 額---
124,428円
---値引き---
4,428円

---支払い---
120,000円

10万キロ走った軽自動車の車検代としては妥当なんでしょうか?
意外と大きかったのは自分から依頼したバッテリー交換で、特にサブバッテリーは1万円オーバーです。
とは言え、まだまだ現役で家族の旅に付き合ってもらう費用としては、トータルして納得できる金額です。
自分の所属する会社のグループ会社なので支払い時期がある程度ルーズでも許されるのがメリットです(笑)

ご参考にはならないと思いますが、10万キロ走った軽キャンカーの諸経費として小ネタにはなったでしょうか?

今週からのテントむしの活躍にもお付き合いいただけると幸いです♪


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/21 10:00
銀色テントむしでSL巡り…伊那「D51209」
伊那市にもSLが置かれているのを思い出し、行ってみることにしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは伊那公園にある児童遊園地です。
遊園地といっても観覧車やコーヒーカップがあるわけではなく、滑り台やジャングルジムがある公園です。


デカ盛りブログでもある「銀色テントむし660」からすると、伊那公園はデカ盛りの名店「みや川」のお向かいの小運としてのイメージが強いんですが、それは別の機会にとっておきましょう。


公園内は桜祭りで大騒ぎです。
太鼓などの催しが華々しく繰り広げられています。


この公園に置かれた静態蒸気機関車は「D51209」、通称デゴイチです。


気にしてきたわけではなかったのですが、門が開けられ運転席が開放されています。
看板に公開日が示されているところを見ると、いつでも運転席に入れるわけではないようです。


せっかくなので、もちろん運転席に乗り込みます。
静態蒸気機関車の運転席を見るのに行列に並んだのは、梅小路蒸気機関車館の入り口左手のC11326(1946年製)カットモデルの運転体験以来でしょうか?

D51は日本一たくさん作られた蒸気機関車であることから日本中に数多く静態機関車として展示されていますが、こんなにも嬉しそうに行き交う子どもたちを見ていると、こちらまで嬉しくなってしまいます。


デゴイチの特徴はやっぱり大きな動輪でしょう。
ズキマル君が動輪より大きくなった頃にはSLから興味を失ってしまうんでしょうか?


209は後部のプレートも健在です。
心無いマニアに盗難に合わないというのも、嬉しくもあり、保存会の皆さんのご苦労も感じ取れます。


…などと言いながら、ついつい嬉しくなって、デフレクター脇のはしごに登ってしまいました。
良い子の皆さんは、キケンですから真似しないでくださいね♪


解説は意外と大雑把です。
しかし「市民みんなで大切に保存しましょう」と言う注意書きが長期に渡り守られてきているのが素晴らしいですね。

お祭りでも、酔っ払いやイタズラ目的で乗り込む方もなく、みんなに愛される静態蒸気機関車と、伊那の皆さんの思いやりに心を打たれながら公園を後にしました。


これからもずっとD51209を守り続けてもらいたいですね♪


□伊那公園(D51209)
 長野県伊那市中央5528-1
 駐車場:あり(無料350台)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴
  製造:1939年7月31日 浜松工場 No.34
  配置:1948年7月1日 多治見
  配置:1957年11月1日 稲沢第一
  配置:1968年4月1日 稲沢第一
  廃車:1973年7月20日 中津川


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/15 14:00
銀色テントむしでデカ盛り…369軒目・伊那「 I'(アイダッシュ)」
高遠の桜と共に行ってみたいデカ盛り店に訪問する機会が出来ました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは長野県伊那市の高遠バイパス沿いにある「I’(アイダッシュ)」です。
10時半開店のはずですが、その頃に行ってみるとまだ庭掃除をしています。
声をかけてみると11時半頃オープン予定だとのことだったので高遠の桜を楽しみながら時を待ちます。
ちょっと早い11時15分頃再訪すると「開店」していました。


普通盛りのスパゲッティのボリュームがステキとのことだったので、今回は2品で様子を見ましょう。
メニューに「大盛り」の文字が見当たらないので今回は普通盛りで注文しましょう♪
一品目は「カルボナーラ(890円)」です。

キリっと締まったパスタにベーコンが生クリームと合わさっていい感じです。
温玉がトッピングされサラダとワンプレートで出てきます。
…なるほど、普通盛りで2人前です。


もう1品は「キーマカレースパゲティ(890円)」にしてみました。

スパイシーなカレーミートソースの下にはパプリカとタマネギとともに炒めたパスタがてんこ盛りです。
サラダとの相性もバッチリなヘルシーでボリューミーな一品です。


せっかくなのでデザートも注文してしまいましょう♪
デカ盛りとまではいきませんがこちらもボリューム満点とのウワサです。
数あるパフェの中から今回選んだのは「ラムレーズンパフェ普通サイズ(890円)」です。

まろやかなラムレーズンアイスがずっしり詰まったグラスの上にはグレープフルーツ、オレンジ、イチゴなどフルーツが山盛りです。
…ズキマル君、そのリアクションは、やり過ぎです(笑)


甘いものは別腹なのか、先ほどまでヒーヒー言いながら完食したパスタの後とは思えない勢いでパフェのグラスが空になっていきました。

観光地の片隅にギャラリーと共にひっそりと建つ一軒家レストランですが、落ち着きがあり、心地よいひと時を過ごすことができました。

ところで、どうやらボリュームがスゴイのはパスタだけではなかったようで、後ろの席に座っていたカップルのテーブルに運ばれてきたピラフもスゴい量でしたよ♪

是非とも他のメニュにあるかどうかわからない「大盛り」でチャレンジしてみたいものです。


□CAFE&GALLERY I'(アイダッシュ)
 TEL:0265-94-6105
 長野県伊那市高遠町西高遠721-1
 営業時間10:30 - 22:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり

CAFE&GALLERY アイダッシュカフェ / 伊那市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/15 12:30
名城100選スタンプラリー・27箇所目「高遠城」
4月中旬に桜の満開を迎える長野の桜の名所で名城巡りを楽しみましょう。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


桜のシーズンは近隣の駐車場も有料になってしまうようで、公園近くは1回700円です。
確か無料の駐車場があったことを事前に調べていたので、図々しく交通整理のボランティアさんに無料駐車場の位置を教えてもらいました。

高遠城から西側に2キロほど離れた三峰川河川敷に「11番」と書かれた臨時駐車場があります。
ちょっと歩く距離が伸びますが、だからこそ見えるものもあるのです。
河川敷の駐車場から秋葉街道に抜けると高遠バイパスに突き当たります。
ここに置かれているのが「太鼓櫓(3分の2縮尺)」です。
ホンモノは高遠公園内にありますが、縮小モデルが観光用に置かれているんです。


ホンモノの太鼓櫓は(桜の時期は?)入れませんが、この櫓は中に入って太鼓を打つことが出来ます。


高遠バイパスを北に進むとすぐに「高遠なつかし館」があります。
今回はスルーして向かいの道から階段を登る徒歩専用の「自分坂」を歩きます。
クルマでは見逃してしまいそうな細い道ですが、山城らしいいい雰囲気です。


階段を登るとそのまま「大手門(おおてもん)」に到着します。
クルマだとクネクネ道を進むのですが、歩きだと意外と近くてビックリします。

訪問当日は桜の蕾がパンパンに張った状態でまだ開花していませんでした。


大手門の先には「進徳館(しんとくかん)」があります。


高遠藩の藩校だった進徳館は屋内は立ち入り禁止ですが、障子が開放され当時の景色をそのままに楽しむことが出来ます。
入場料が無料なのも嬉しいところです。


進徳館の向かいには壕がめぐらされ、底に架かる橋を越えると高遠城址公園です。
入り口には入場門が構えられていますが、入場料をとられている様子はありません。
訪問日が2012年4月15日(日)だったんですが、開花宣言がまだだったために入場料がかからなかったようです。


公園の名物と言えば「桜雲橋(おううんきょう)」でしょう。
石垣と堀が巡らされ、この橋を渡ると本丸エリアに入ります。


「問屋門(とんやもん)」は桜雲橋から本丸に入る門で、これも立派なものです。
桜が満開であればさぞ美しいことでしょう。


ここにある「太鼓櫓(たいこやぐら)」がホンモノで、バイパス沿いにある櫓よりも大きいです。
しかし、周囲には柵がめぐらされていて中に入ることは出来ません。


ひとしきり公園内の散策を終えたので、スタンプを探しましょう。
公園南側に信州高遠美術館があり、それに併設して謎の三重塔があります。
「巽櫓資料館(たつみやぐらしりょうかん)」らしいのですが、どなたかが建築され一時期は展望室として利用されていたようですが、現在は開放されていません。


美術館の更に南、高遠湖岸に「高遠町歴史博物館」があります。


入館料400円がかかるのですが、ここまでの散策で飽きてしまった子どもたちに入館を断られてしまいました(笑)

しかしありがたいことにスタンプは屋外設置されています。
と、言うわけで27箇所目のスタンプをペタリ♪


前回が広大な江戸城だったため、ちょっと小さく感じましたが、それでものんびり回ると1時間くらいの道のりです。

桜のシーズンなら出店も多く、香りと食感も合わせて楽しめるのがいいですね。

一度は桜満開の季節に来てみたい名城でした♪



□高遠城(たかとおじょう)第30番
 TEL:0265-94-2557
 長野県伊那市高遠町東高遠
 通称・別名:兜山城
 主な城主:高遠氏、秋山氏、武田氏ほか
 スタンプ設置場所:伊那市立高遠町歴史博物館
 スタンプ設置場所住所:長野県伊那市高遠町東高遠457
 駐車場:あり(700円)※11番臨時駐車場は無料
 開館時間 9:00 - 17:00(開花時期朝7時から)
 休館日:月曜日
 入館料:大人400円子ども200円
 公園入場料:大人500円小中学生250円
 ※開花宣言後の花見シーズンのみ


より大きな地図で 日本100名城 を表示


高遠城は戦国時代、武田信玄の家臣であった山本勘助が改修した堅城です。別名兜山城(かぶとやまじょう)とも言われています。
現在、当時の建物は解体・移築され、かつての敷地内には残っていません。
唯一、高遠藩士の師弟が学んだ藩校、進徳館(しんとくかん)が現存しています。
廃藩置県後、旧高遠藩士達が桜の馬場から桜を城跡に移植し、明治8年(1875年)に高遠城址公園となりました。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/03/15 10:30

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでSL巡り…駒ヶ根「D51837」
いかにも信州らしい、爽快な青空と遠くの雪山を一望できるSLを見に行くことにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは飯田線の大田切駅から西の細道を進んだところにある「北の原公園」です。
周囲に住宅も高い建物も少ないため、木々の間から見える南アルプス(?)の頂上の雪が際立って美しく見えます。


小さな公園ですが、ここに静態蒸気機関車が置かれています。
それが「D51837」デゴイチです。


少々寂れてはいますが動輪近辺のシルバーと赤のラインは美しく輝いています。


運転席にも乗り込むことが出来ます。
メーター類のパーツが欠損し、座席のクッションはすでに形跡すら見受けられませんが運転席から見下ろす景色は最高です。


後部のナンバープレートもなくなってしまっているのが残念です。

配置されている場所がいいのか、保存会がしっかりしているのかゴミなどがなく、いたずら書きもないのは駒ヶ根の皆さんの暖かいご支援があることを感じます。


解説はプラスチック製ですが紫外線劣化することもなく読み取ることが出来ます。


気がつくと、ズキマル君はSLの場所を早々に立ち去り、公園でひとしきり遊んでいます。

ブランコや滑り台があり、静かに楽しめる公園です。


屋外展示ではありますが、塩害も少なそうなエリアなのでまだまだ現役で置いてもらえそうなSLです。

駒ヶ根散策の折に立ち寄ってみてはいかがでしょう。



□北の原公園(D51837)
 長野県駒ヶ根市赤穂14616番地1
 駐車場あり

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示


 ◇車歴
  製造:1943年3月10日 鷹取工場 No.45
  新製配置:1943年3月27日 岡山
  移動:1969年5月28日 新見
  移動:1973年4月13日 長門
  廃車:1974年12月3日 長門

※資料元:やまてつさん

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/15 8:30
激安ホテルレビュー…駒ヶ根「ホテルオオハシ」
さすがに雨の高速道路で2泊はキツいので激安宿で疲れを癒します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回の宿は駒ヶ根駅から程近い「ホテルオオハシ」です。
ちょっと寂れた感じのある懐かしげなホテルですが小学生になり料金が発生するズキマル君を格安で迎え入れてくれるのがポイントです。
駅前なのに駐車場も無料完備。
また、向かいには高速バスの発着口もあるので、クルマだけでなく公共交通機関を利用する際にもアクセスに便利です。

駐車場はホテル脇のトンネルのような細い通路を入っていくのでちょっと見逃してしまいそうです。
入り口には謎の地下スナック街への入り口もありアヤしさ抜群です(笑)


フロントにはクラッシックカーが置かれています。
さすがに運転席はボロボロですが、アクセントとしてはいいですね♪
古めかしいホテルながら、こう言ったノスタルジックな雰囲気がたまりません。


今回のプランは楽天からで大人2名と小学生2名、朝の軽食付で12000円(1名単価3,000円)です。
小学生2名を含んで1部屋で宿泊できる激安宿が少ない中では嬉しい価格帯です。
また、今までの激安宿の中では部屋のサイズが一番大きく、シングルベッドが4つあるのもスゴいです。
築年数は相当なもので、窓から見える風景も町工場のガレージと言う「3丁目の夕日」を思わせるトコロがありますが、まぁそれも味と言うものでしょう(笑)

インターネット用のLANケーブルはテレビ台の下にグルグル巻きなのでちょっと気づかないかもしれません。

トイレは一応洋式ですがウォシュレットはありません。
トビラがギーギー言うのでちょっとアレですが、激安宿に少ない独立した洗面所とトイレなのでかなりの空間を確保してくれています。


風呂場も客室内にあります。
これもナカナカ使い込まれた感じですが、疲れを取るのに支障はありません。

しかし、近隣の日帰り温泉が600円程度で利用できるため、使用する人が少ないのか、大量のお湯を出して湯船を作ると赤水が絶えないのは難点でした。


さて、無料の朝食はと言いますと、食パンとゆで卵が準備されていました。
6枚切りの食パンを半分にしたものが大量に置かれていて、セルフでトースターでやいて食べます。
マーガリンと2種類のジャムがあるので、意外とたくさん食べられます(笑)
たぶん4人で1.5斤くらい食べたのではないでしょうか?
ゆで卵も食べ放題なのですが、どうしてこう言うところだといくつも食べてしまうんでしょう?
結局4人で10個くらい食べてしまいました(笑)

飲み物は挽き立てコーヒーとティーバックの紅茶、オレンジジュースが飲み放題です。


全体を通して、古めかしいながらくつろげる、大きな空間の宿と言うことで大満足でした。
駒ヶ根には行ってみたいレストランがたくさんあるため夕食のいらないnorizo一家にとっては最高の宿ですね。

次も伊那・駒ヶ根方面への旅行の際にはご厄介になること間違いナシです♪


□ホテルオオハシ駒ヶ根
 TEL:0265-82-6580
 長野県駒ヶ根市中央15-12


◆ファミリールームでお得に宿泊プラン
 インターネット接続可
 軽朝食無料!ロビーにて(6:00 - 10:00)
 駐車場あり
 利用人数:部屋あたり 4人(大人4人)
 合計料金:12000 円
 ポイント利用:2000ポイント
 差引支払金額:10000円

より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/15 09:00
銀色テントむしでデカ盛り…368軒目・駒ヶ根「ペリカンレスト」
食べログでは馴染みがありませんが、デカ盛りとしてネットにちょくちょく出てくる店を駒ヶ根に見つけて行ってみる事にしました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは駒ヶ根インターから南東に進んだ商業地区にある「ペリカンレスト駒ヶ根店」です。
カラオケ店併設で、外観からは改造住居を店舗化した感じです。


一歩店内に入ってみると、入り口にはコンビニのように雑誌がどっさり。
テーブルによっては熱帯魚が鑑賞できます。
これは長時間くつろぐのに持って来いですね。
外観とは裏腹に、店内はファミレスに近いつくりです。
この店の歴史はかなり長いらしく、地元ではファミレス全盛以前から親しまれているお店だそうです。



「空いている席へどうぞ~」とカウンターから声をかけられ、左手の小上りになった靴を脱いでくつろげるソファー席に着きます。
抜群のボリュームを誇るらしいペリカンレストなので、とりあえずボリュームがない料理で販売価格への貢献をはかりましょう(笑)

「たぬきうどん(650円)」は、数少ない「普通の量」までの商品らしいです。

サービスで火曜日なら500円で食べられます。
あっさりしたスープとコシのあるうどんに癒されながらメインのメニューを待ちます。


今回のチャレンジは「オムスパ多盛り(980円+300円)」です。
注文時に特にとめられることなくオーダーを受けていただきましたが…一見さんにみえなかったんでしょうか?

細めのナポリタンが1キロ以上盛られています。
タマネギ、ピーマン。ハム、マッシュルームがいい感じです。
しっとりしているのでツルツルと喉の奥に吸い込まれていきます。
上に載ったタマゴも5個くらいは使っているのではないでしょうか?
フワトロですが、ちょっとケチャップが少ないので、パスタと絡めて食べ進めます。


4人がかりで何とか食べきれると言うボリュームでしょうか。
まさに「多盛り」です。

このほかにも「多盛り」に出来るメニューが数多く存在するようで、まだまだ底が知れません。
営業時間も長く、ゆったりとくつろげるのでこれからも利用する機会が増えそうです。
駒ヶ根の老舗ファミレスに癒しのときを過ごしつつ、満腹に慣れる大満足の名店でした♪


ペリカンレスト 駒ヶ根店
 TEL:0265-83-2562
 長野県駒ヶ根市赤穂北割二区4065-1
 営業時間 11:00 - 23:00
 定休日:水曜日
 駐車場あり

ペリカンレスト (レストラン(その他) / 小町屋駅駒ケ根駅
夜総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/14 19:30
銀色テントむしで日帰り温泉…駒ヶ根「こまくさの湯」
昨晩は車中泊だったのと昼間からどしゃ降りの雨なので、気持ちをリフレッシュするために日帰り温泉に入りましょう♪
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは駒ヶ根高原スキー場の北側にある「こまくさの湯」です。
長野有数のデカ盛りの名店「ガロ」の並びにあります。
駐車場が広く、ちょっとしたホテルのような造りで高級感があります。


ロビー左手の休憩所は小さめに見えましたが、その先にも廊下が続いており、一番奥の和室には温泉名物の卓球台が置かれていました。
「こまくさの湯」ではフロントに声をかけると30分無料で卓球を楽しめるそうです。
日帰りながら、本格的ですね♪


温泉は(写真なし)内風呂は20人くらい入れそうな大浴槽と5人程度の薬湯、3人用のジェットバスと10人くらい入れるサウナがあり、露天風呂は岩風呂でこちらも10人以上は入れる大きなものです。
長湯のズキマル君とnorizoは1時間半ほど入浴を楽しんでしまいました。


みやげ物コーナーを併設するロビーから階段を登ると、2階にも休憩室が設けられています。


部屋は大きいのですが三角屋根を意識したロフトのような造りが印象的です。
リラックスできるイスと、座敷があり、イスは背もたれを倒して仮眠することも出来ます。

ホームページに50円引きのクーポンがあったのですが、忘れて定価で入りましたが、大人600円なのでお財布もそれほど痛みません。


地方と言うこともあるのか、土曜の午後なのにそれほどキツキツと言う事もなく洗い場も十分に余裕があったのもうれしい温泉ですね。

船室など難しいことはわかりませんが、家族でのんびりと楽しめる、自然の美しい日帰り温泉でした。
信州観光の際には、旅の疲れを癒すのに最適なスポットです。

またゆっくりしに来たくなる名湯でした♪


こまくさの湯
 TEL:0265-81-8100
 長野県駒ヶ根市赤穂759-4
 料金:大人600円子ども300円
 営業時間 10:00 - 21:00
 休館日:第2第4水曜日
 駐車場あり
 ※クーポン:大人50円引き(上記店名リンク先印刷の上提示)


大きな地図で見る


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/14 15:00
銀色テントむしでデカ盛り…367軒目・駒ヶ根「ガロ」
なかなか機会がなかったのですが、ついに駒ヶ根までランチを食べに来ることができました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

駒ヶ根インターから西にすぐの駒ヶ根高原スキー場の北側にあるアクセスのいい喫茶店ですが、開店10分前にはnorizoたちを含め10人以上の行列ができています。
そんな喫茶店が「ガロ」です。


駒ヶ根名物と言えば「駒ヶ根ソースカツ丼」ですが、その代名詞ともいえる店です。
そんな名店で一品目に選んだのはもちろん「ソースカツ丼(1260円)」です。


ドンブリに山盛りのご飯に千切りキャベツ、細かいパン粉の大きなヒレカツが甘めのソースをくぐってから何かの頂点を目指すべくそそり立っています。
大きなカツ丼ですが油臭さもなく、ツヤツヤのご飯とマッチしていくらでも食べられそうです。


かなり大きめですが、なんとなく食べられそうな気がして、もう1品は「ミックスカツ丼大盛り(1390+150円)」を注文してみました。
一応、税抜き1500円以内なので「家族で取り分け可能な1500円以内のデカ盛り」の対象としましょう♪

普通盛りでも十分にデカかったんですが、更にその高さが増しています。
やはり細かめのパン粉が印象的で、デカ盛りカツ丼の模範と言ったバランスです。
…このままじゃカツだけ食べてからキャベツとご飯を食べることになりそうですけどね(笑)
フタ付のドンブリで来るので安心してフライを退避させてからバランスよく(?)食事をすることが出来ます。


フタ付のドンブリとは言いながら、フタは付け合せのような状態です。

大盛りのフタに至っては、むしろバランスをとるほうが難しい感じです(笑)
150円アップの「大盛り」は見た目にはそれほど増えていないように感じるのが第一印象です。

しかし、いざ食べ始めてみると…
どんぶりの中でのご飯のミッシリ感が明らかに違います。
そっとドンブリを持ち上げてみると、悲しくなるほどの重量差です。
もう、食べても食べてもご飯がなくなりませんorz
やはり、「デカ盛りが好き」と言うだけでは、この山を攻略することは出来ないようです。
申し訳なく思いながら、大盛りの方のご飯は半分ほど残させてもらうことになりました。

普通盛りでも家族4人で食べきれないかもしれない…
美味しいんですが、ウワサに違わぬデカ盛りっぷりでした。


開店5分で満席になり、10分後には席待ちのお客さんで溢れています。
やはりリーズナブルに美味しいソースカツ丼が食べられるので大人気のようですね。
再訪を心に誓い、デカ盛りカツ丼の名店を後にしました。


□ガロ
 TEL:0265-81-5515
 長野県駒ヶ根市赤穂北割一区759-336
 営業時間11:30-14:00,17:30-20:30
 定休日:火曜・第1・3水曜
 駐車場あり

ガロかつ丼・かつ重 / 駒ヶ根市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/14 12:30
銀色テントむしで車中泊…中央道「辰野PA(下り)」
雨が降っていましたが、移動しているうちにやむだろうと思っていたら到着しても雨でした(笑)
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

久々のパーキングエリアでの車中泊はあいにくの雨。
しかも風が強いためテントを広げられません。
こんなときには実質1畳半のベッドで4人で雑魚寝となります(笑)
ウチのクルマのタイプは通常の休憩時は、下記の映像の「標準タイプ」に座席を変更することが出来ますが、就寝時は「ベッド時」の状態になるのが「テントむし(eK-Camp)」の特徴です。

※ロータスRV販売ホームページより転載
 (掲載取り消しの指示が出た際には画像を消去します。)

普段はクルマの屋根を広げてテントのような状態を作って、広げたスペースにルーフベッドを形成して2段ベッドを作ります。
今回はテントを広げられないためルーフベッドを使用できないので横幅1100mm、長さ1830mmのベッドに4人で寝ることになります。
そこで、運転席と助手席を最大限にフロントガラス側に寄せてスペースを確保し、隙間に荷物を敷いてベッドを延長して長さを2000mm程度まで引き伸ばしました。
この広げた約200mm×1100mmのスペースに身長1000mm強のズキマル君を寝かせることでギュウギュウながら何とか仮眠を取りつつ朝を迎えることが出来ました。

朝を迎えたのは自宅から約250キロほど離れた中央道の辰野(たつの)パーキングエリアです。
金曜日の仕事が終わってからダラダラと八王子まで下道で首都圏を抜け、のんびりと中央道を走ってきたので到着は深夜2時頃でした。
爆睡状態のヨメさんとモカをよそに、ズキマル君とnorizoは7時前から目を覚ましのんびりとパーキングエリア内を散策します。


雨が強いため敷地外の散策は諦め、パーキングエリア内の休憩所と売店をかねたコンビニ「デイリーヤマザキ」で小腹を満たすアイテムを探します。
発見したのは(株)サンキムラヤ(山梨県甲府市)が製造する「カットカステラ(150円)」です。
ヤマザキ系のお店ですからこう言う商品が供給されるのでしょう。
店内入り口の特設エリアにわずか2個しか置かれていなかったうちの1個をゲットしました。

細長いカステラの耳が10本入って150円はお買い得です。


早速、併設の休憩ブースで袋を開けて食べてみます。

しっとりしたカステラがいい感じです。
耳なんですがドラ焼きのようなふんわり感があります。
この幅から言っておそらく「シベリア(カステラ生地の間に羊羹が挟んであるスイーツ)」の残骸でしょう。
深夜運転を続けたカラダに優しい甘さが染み渡ります。
なかなかいい買い物でした♪

ズキマル君と軽食を楽しみながら外を見ても一向に雨の止む気配はありません。

こんな時、どうするでしょう?
「銀色テントむし660」は毎日、旅しているブログに見えますが、norizoはサラリーマンで子どもたちは小学生なので、旅しているのは週末だけです。
旅の内容は、月曜から火曜にかけて行きたい地域を考えて、水曜から金曜にそのエリアで行ってみたい場所を10個程度箇条書き(実際にはgoogleカレンダーに羅列)にします。
普段は屋外施設をメインにブログに記載していますが、全天候型の施設もいくつか候補に入れておきます。
同じようなスポット(たとえばSLの次にSLが来ないように)が続かないように順番決めをして、金曜の夜や土曜の明け方に出発するのがいつもの旅の仕方になります。

今回は市営の博物館や図書館、値段の安い日帰り温泉などをリストに挙げてありましたので、予定を組み替えて、そう言った施設を初日の予定に組みなおしました。

イーモバイルが受信できる辰野PAに車中泊だったので、インターネットが使えたのもメリットでしたね。
ちょっと希薄だった行き先の情報を改めて再確認することも出来ました。

翌日は天気が良さそうなので、公園や城巡りは翌日に回し、天候に左右されないスポットで当日の予定を再構成して、駒ヶ根エリアに向かうことにします。

朝8時過ぎにモカとヨメさんを叩き起こし、ベッドをイスに戻したら、30キロ先の駒ヶ根に向けて出発します。
前泊のメリットは朝グダグダしていても観光地に早々に到着できるトコロですね♪

ちょっと狭いベッドで就寝したため寝不足気味ではありますが、無理なく楽しむ軽キャンカーの旅に今週もお付き合いください♪


□辰野PA(下り)
 TEL:0266-43-3075(デイリーヤマザキ)
 長野県上伊那郡辰野町大字平出2270



大きな地図で見る

 ○ウォシュレットあり
 ○イーモバイル受信可
 ○24時間営業コンビニあり(デイリー)


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/14 08:00
銀色テントむしのタイヤ履き替え(105,707キロ)
昨年12月5日に冬タイヤに履き替えたと思ったら、もう冬が終わってしまいました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

翌週には車検があるのですが、2月16日のオイル交換(102,356キロ)から3000キロ以上走ってしまった上に、週末には長野への旅を控えているので、念のためオイル交換と夏タイヤへの交換をすることにします。
前回冬タイヤに履き替えたのが96,378キロの時でしたから、この冬の走行距離は9,329キロでした。
青森や四国に行かなかったので走行距離も少なめですね。


作業は自分でするよりプロにお任せ♪
…と言うことで、いつもの通りアポなしでスーパーオートバックスに行ってみます。
先日、オイル交換時期を知らせるはがきに300ポイントプレゼント券が付いていたので、それに乗せられた一面もあります(笑)

行ってみると、またオイルが980円です。
ガソリン高騰の現状にあってはこうしたメンテナンス費用の低価格化はありがたいものです。

オイル会員なので、今回も工賃は無料です。
さらに300ポイントをゲットしました。

タイヤの交換はホイール付の物で4本2100円です。
オイルとタイヤの交換での支払い総額は3080円です。
安いととるか高いととるかはユーザー次第ですが、長距離運転の多いnorizoにとっては命を預ける大事な部分ですので「安い」と感じています。


時間つぶしに3,000円以上オートバックスで買い物をすると隣のゲーセンでコインゲームのコイン100枚(300円相当)がもらえます。
子どもは無条件で一人30枚のコインをもらえるので時間がかかる作業の時には、こちらを利用させてもらいます。


キッズルームと近所の古本屋さんの活用で、作業時間約1時間を有意義に過ごすと完了の連絡が入りました。

オイル交換にタイヤ交換、無料の車輌点検が完了して一通りの説明を受けます。

作業も早く、スタッフさんの対応がいいところも毎回活用してしまう理由のひとつですね。


10万キロを過ぎてもまだまだ現役の「銀色テントむし660」の活動にこれからもお付き合いください♪


スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/12 19:30

銀色テントむしで激安丼…366軒目・新宿「若狭家」
子どもたちにはちょっと早いですが、歌舞伎町にデカ盛りと激安海鮮丼の店があると聞き行ってみることにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは新宿歌舞伎町1丁目にある「若狭家」です。
日曜の夜ですが、ネオンが煌煌と灯り、美しい女性と快楽を求める男性が行き交います。
また、近隣にはたくさんの紹介所があると言う子連れにも好立地です(笑)
あ、norizoは家族から「女の人が大好きな父」で通っているので、こんな光景には気圧されません(笑)


若狭家さんには15分で完食すれば無料と言うデカ盛りチャレンジメニュー「ビックリ丼(3980円)」がありますが、早食いでも大食いでもないので今回は、やめておきます。

外からでも気になるのは「お値打ち丼(390円)」です。

海鮮丼を390円で食べられるのは魅力的ですね。
ヅケマグロ、アナゴ、エビ、カツオなどこの価格で文句を言うのは申し訳ない内容です。
また、食べログのクーポン提示でご飯大盛りや味噌汁サービスなどサービスが1つ受けられます。
(ホントはお値打ち丼にはサービスはないはずなんですが、今回はアサリ汁(通常100円)をいただけました。)
量は女性でも食べきれる牛丼並サイズです。
牛丼とは具が違うのに価格はほとんど変わらないのはステキです。
わさびはマヨボトルのようなものがテーブルに置かれ、小皿もあるので適量を自分で作れます。


壁にかけられたホワイトボードを見ると、こちらもナカナカ美味そうです。


そんなわけで「本日のサービス丼(680円)」を注文してみます。

炙りビンチョウ、甘エビ、ネギトロ、ミニホタテがみっしり載って、トッピングにオレンジ色のエビッコが食欲をそそります。
こちらもクーポン対象外のはずですがアサリ汁をサービスしてもらいました。


「銀色テントむしのデカ盛りしばり1500円」を何とかキープできそうな価格の「がっつり丼(1400円)」を注文してみましょう。

生イカ、マグロ、サーモン、ネギトロがドンブリに大盛りのご飯の上に、ドカンと載っています。
ご飯は1合ちょっとでしょうか。酢飯が好きなのですが白米でしたがツヤツヤで美味いです。
クサみもなく美味しく食べられますが、デカ盛りというほどではありませんね。
こちらにもアサリ汁をサービスしてもらった上に、注文していないズキマル君にまでアサリ汁をいただきました。


オリジナルで具材を選んで1000円程度の自分好みの海鮮丼を注文できるのが若狭家さんのポイントです。
しかし、リーズナブルに満腹になりたいなら「お値打ち丼2杯」を注文してみるのもテかもしれませんね。
お子さん連れで訪問するにはネオンが灯る前の時間帯が良さそうです(笑)


□若狭家 (わかさや)歌舞伎町店
 TEL:03-5155-3256
 東京都新宿区歌舞伎町1-15-7 栄喜堂 1F
 ※交通手段:新宿三丁目徒歩5分
 営業時間 10:00-27:00
 定休日なし
 駐車場なし

若狭家 歌舞伎町店海鮮丼 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 19:30
銀色テントむしの家族でお出かけ…新宿区「都庁展望室」
今週は都営地下鉄線の旅と言うことで、新宿線・大江戸線から楽しめる無料スポットに行きましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

世界最大の自立式電波塔「スカイツリー」の入場券の抽選が始っていますが、無料で高さ202メートルから首都圏を見下ろせるスポットを忘れてはいけません。
それが「都庁展望室」です。


ツインタワー仕様なので展望室も2つに分かれています。
南展望室は夕方5時半まで開放されています。

夕方4時半頃に訪問すると、南展望室には行列がなかったのでそちらに上ってみる事にします。
入り口で警備員さんの荷物チェックを終えたら出発です。


エレベーターで55秒、あっという間に標高202メートルの展望室に到着します。
中央にはステキなカフェがあり、ぐるりと1周見回せる大きなフロア全体が展望室になっています。

完成したスカイツリーは南展望室からの方が近くに見えるんですね。
しかし、4月になるとすでにガスが発生してぼやけています。
くっきり遠くを見たいなら冬場の朝一番に来る方がよさそうですね。
4月ともなると日の入りも18時を過ぎるため、夕日を見るなら北展望室に移動しなければなりません。


南展望室を後にして、今度は北展望室に行ってみましょう。
北展望室は大人気のようで、海外からの観光客がバスで次々やってきます。
日曜の夕方の行列は100人以上です。
しかし、混雑時は10人以上乗れるエレベーターを2台動かしてくれるので待ち時間は10分ほどです。


南展望室に比べると、北展望室は観光客も多くにぎやかです。
また、おもちゃ屋さんやみやげ物屋さんがあるため、展望に飽きてもウインドウショッピングしながら夕日の時間を待つことが出来ます。
室内ブース「博品館」はおみやげ物ブースなんですが…アニキャラ系のみやげ物が多くてびっくりします。
アジア系・ヨーロッパ系どちらの観光客からもウケが良いところをみると、アニメは日本文化として定着していると言うマスコミの報道は間違っていないようです(笑)


おもちゃ屋さんは普段見かけないグッズが満載です。
トイ○らすのような専門店なら徐々に脇に追いやられそうなアイテムも外人ウケするのか平積みです(笑)
普段絶対に買わないようなおもちゃを、こう言う場所だと欲しくなるのはナゼなんでしょうね?


南館と違い、北館からのスカイツリーは東京モード学園ビルに近いのでアングルの中にインパクトがあっていい感じです。
でも撮影技術が伴わないのは画質が0.3メガピクセルだからと言うわけではなさそうです(笑)


18時過ぎ、大自然のショーが始ります。
富士山からはかなり右側にずれてしまった夕日ですが、沈み行く姿に一大アトラクションのように窓際に人が集まりカメラを向けています。

やがて、夕日がその姿を隠し、辺りが薄暗くなると、館内にはあかりが燈り、また平穏の時間が戻りました。

23時まで開放された北展望室では、この後東京の夜景を楽しめます。
季節ごとに遷り変わる景色と光は、遠くからの観光でなくても十分に楽しめるスポットです。
何より無料と言うのが嬉しいですよね♪


□東京都庁展望室
 TEL:03-5320-7890(展望室専用案内電話) 
 東京都新宿区西新宿2-8-1
 入館料:無料
 開館時間 9:30-23:00※南展望室は17:30まで
 休館日:(南展望室)第1及び第3火曜日、(北展望室)第2及び第4月曜日
 駐車場:有料

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 18:30
銀色テントむしでデカ盛り…365軒目・新宿「チェルシーカフェ」
今週は電車旅なのでいつもは巡れない新宿駅周辺のカフェなどに寄ってみます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは新宿駅に隣接する新宿ミロードのモザイク通りにある「チェルシーカフェ」です。
お洒落なお嬢さんやマダムがお茶しているカフェにリュックを背負った子どもたちと入るのはちょっと気が引けますが、勇気を振り絞って店内に入ります。
16時前の店内は混雑していて、テラス席を勧められますが、花粉症持ちのnorizoはちょっと待って店内席を案内してもらうのを待ちます。
5分ほどで喫煙席に案内されました。


この店で食べてみたかったのが「ジャンボチョコバナナパフェ(880円)」です。

チェルシーカフェ一のボリューミーなパフェでボリューム満点です。

どのくらい大きいかを測るために(笑)「チェルシーパフェ(680円)」と並べてみます。

チェルシーパフェでもかなりの存在感ですが、ジャンボパフェになると大人ひとりで食べきれるサイズではない気がします(笑)


となりで打ち合わせをしていた男子学生3人がこのパフェを見て打ち合わせを脱線して食べきれるかどうかの談義に切り替えていました。

そんなギャラリーをモノともせず、ズキマル君はハイペースでパフェを食べ進めます。

全部食べられまいと、慌ててモカとヨメさんも参戦し、10分ほどでパフェは空っぽになりました。
濃厚なチョコとホイップクリーム、バナナアイスとバニラアイスがバナナとマッチしたリーズナブルに楽しめるジャンボパフェでした。


ちなみにこのジャンボパフェですが、屋外のテラス席で注文することはオススメできません。
なぜなら、ここを通る人がみんなガン見して行くからです。
店内でパフェを食べて満腹になりながら外にでると、普通パフェサイズ相当のイチゴパフェ(780円)を注文していた親子がちょっとしたギャラリーを作っていました(笑)

都心散策の折の休憩にはまた立ち寄りたい名店です♪


□チェルシーカフェ 新宿ミロード店
 TEL:03-3349-5626
 東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿ミロード モザイク通り
 営業時間 10:00-23:00
 定休日:なし(「小田急新宿ミロード」に準ずる)
 駐車場あり(ホテルセンチュリーサザンタワー地下駐車場)

チェルシーカフェ 新宿ミロード店カフェ / 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 16:00
名城100選スタンプラリー・26箇所目「江戸城」
norizo宅から一番近い名城近くの道は、いつも渋滞しているため、これまで行くことを躊躇っていました。

スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


やってきたのは天下の名城「江戸城」です。
大江戸線沿線までがその城下に入り首都直下で「門」が付く地名のほとんどがこの江戸城の門の跡だったりします。
皇居や日本武道館なども敷地内に含まれており、全部を散策するのは難しいため、散策は2時間程度とすることにしました。

今回は都営新宿線九段下駅を降りて散策してみることにします。
・・・が、駅を降りるといきなり大波乱です。
桜が満開の「千鳥ヶ淵(ちどりがふち)」は、花見客と某大学の入学式の人でごった返し、日本武道館側の出口は封鎖されています。
仕方なく道向かいの出口に向かいますがこちらもスゴイ人です。
やっと光が見えましたが、出口から靖国神社入り口までの短い距離さえも全て行列です。
靖国神社入り口から武道館側に渡れる歩道橋には、ミッシリと人が詰まっています。
このまま崩れ落ちてしまうのではないかと言う不安を抱えつつ、何とか渡りきり広大な江戸城跡の散策に入ります。


千鳥が淵は幸いにも桜が満開です。
爽やかな気分で大量の人にもまれながら田安門を目指します。


九段下の駅を降りて坂道を、人の流れ追い越していけば…
田安門ですね。
入学式の大学生よりもご両親やご老体が多く見られるのは花見なのかご家族なのか?


混雑する武道館から北の丸公園を歩きましょう。
ホントは北の丸休憩所に名城100選スタンプがあるはずなんですが、休憩所のあまりの混雑にスタッフさんにたずねることが出来ません。
江戸城には3箇所スタンプ置き場があるので、他の場所でスタンプを押すことにします。

北の丸公園内を日本武道館から科学技術館に向かって歩くと手前に「清水門(しみずもん)」があります。

江戸城は門だけでもスゴい数があるので、今回の門巡りはこのあたりでやめておきましょう(笑)


北の丸公園を南に抜けると皇居となり、東側の皇居東御苑に江戸城本丸跡があります。
江戸城は幕末の大政奉還後に徳川家から天皇に引き渡され、その後現在に至るまで天皇家のための居住と迎賓の地になっています。
実際には、かなりのエリア公園として開放されています。


「天守台」は東御苑の北側に位置し、建物はありませんが石垣が残されています。


スゴいのはこの石垣で、大きなものになると高さだけでも110センチ近いズキマル君が小さく見えるほどです。



東御苑を南に進むと「百人番所」があります。

晩所に人はいませんでしたが、この辺りにはお巡りさんが数多く巡回を続けています。
いっそのこと交番にしちゃえばいいのに(笑)


日本最大級は各所に感じられますが「大手門」の柱にもその太さに感激します。
モカとズキマル君が小さく見えるほどの柱です。

すでに現存していませんが、本丸や天守閣があればさぞや見事だったことでしょう。

大手門から桔梗壕脇を歩くと「巽櫓(たつみやぐら)」、奥には「富士見櫓(ふじみやぐら)」が見えます。
すでにここまでの散策に2時間ほどを要していたため、ズキマル君がヘトヘトで御苑内へ戻ることを拒否されてしまいました(笑)


今回はこの辺にしておきますが、ちょうどこの辺りに「和田倉噴水公園(わだくらふんすいこうえん)」があります。
皇居外苑北東に位置する休憩所で噴水公園としてリニューアルされたばかりです。
運よく噴水が虹を作り出していて、近くを歩いていた家族連れも続々と虹のギャラリーになって行きます。


親水公園になっているこのエリアにあるのが「和田倉休憩所(わだくらきゅうけいじょ)」です。

ガラス張りの建物内はちょっとしたカフェのようにも見えますが無料の休憩所です。


テーブルとイスの置かれた休憩スペースにひっそりと100名城スタンプを発見しました。


自宅から直線距離で15キロ、歩いても20キロ弱の場所にある名城ですがこんなにしっかり歩いたのは初めてです。
2時間歩いても全体のごくわずかしか見られなかったと思うと、江戸城のスケールには驚かされます。
まだまだニッポンには知らないことばかりで、出かけるのが楽しみになります。

また桜の季節になったら、今回は諦めてしまった江戸城名スポットを散策してみたいと思います。


□江戸城(えどじょう)第21番
 TEL:03-3231-5509国民公園協会(皇居外苑)
 東京都千代田区皇居外苑1-1
 東京都千代田区北の丸公園1-1(北の丸休憩所)
 通称・別名 :千代田城
 主な城主:太田氏、後北条氏(戦国期)、徳川将軍家(江戸期)、天皇家(明治以降)
 スタンプ設置場所:楠公休憩所、和田倉休憩所、北の丸休憩所(日本武道館前)
 開館時間:不明
 休館日:不明
 駐車場:有料


より大きな地図で 日本100名城 を表示

石垣を多く見ることができるが、これらは天下普請の時にはるばる伊豆半島から切り出され船で送られたものである。
それまでは他の関東の城と同じく土塁のみの城であった。
関東で石垣を多用した近世城郭は江戸城と小田原城しかない。
それでも外郭や西ノ丸、吹上などは土塁が用いられているが、特に吹上の土塁は雄大である。

ワンポイント
幕末史
1868年(慶応4年)4月4日、江戸城は明治新政府軍に明け渡される。
           10月13日に東京城(とうけいじょう)に改名された。
1869年(明治2年)東京奠都。皇城と称される。
1873年(明治6年)皇居として使用していた西ノ丸御殿が焼失。
1888年(明治21年)明治宮殿の完成によって宮城(きゅうじょう)と称される。
1923年(大正12年)9月1日 関東大震災で残っていた建造物は大きな被害を受ける。
           和田倉門(櫓門)は復旧されなかった。
           他の被害を受けた門は、上の櫓部分を解体して改修された。
1945年(昭和20年)空襲で大手門が焼失。
1948年(昭和23年)皇居と改称された。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 14:30

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしで「新選組!」…板橋「近藤勇と新撰組隊士の墓」
4月25日は新撰組局長、近藤勇さんの命日なので、墓所のうちのひとつを訪問してみます。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはJR埼京線の板橋駅東口です。
この板橋駅前は4月下旬に「滝野川新選組まうり」が行われることでも有名ですが、行ってみると何かイベントをやっています。
どうやら桜が満開なので「桜祭り」をやっていたようです。
少年少女吹奏楽部の子どもたちが立派な演奏をしていました。


板橋駅東口ロータリーの北側の横断歩道を渡ったところにも立派な桜が咲いています。


ここは新選組2番隊隊長の永倉新八さんは建立した「近藤勇と新選組隊士の墓」です。

永倉新八は新選組においては発足当初からのメンバーで、松前藩(函館付近)出身の武人です。
京都からの敗北後、甲府攻めにおいて近藤勇とは袂を分かちますが、戊辰戦争後には政府の要職を務め、そこに至った経緯から改めて新選組として共に戦った日々を思ったようです。


明治時代下において、殺人集団としか認識がなかった新選組について、数少ない生き残りであった永倉新八による「新撰組顛末記」が記述されたことにより、近藤勇をはじめとした新選組の汚名を晴らしたことからも、まさに新選組の立役者と言えるでしょう。

この桜の木の下にはそんな彼が今も日本を見守ってくれています。

北区滝野川は、流山で捕らえられた近藤勇が斬首され、無縁塚に体を埋められたことから、この地に墓所を設けたようです。
正面には近藤勇の墓があり、その左手に近藤勇の墓を守るように永倉新八の墓も建っています。


桜の季節がこれほどまでに似合うのは、新選組への思い入れゆえでしょうか?


子どもたちも近藤勇の墓前に手を合わせます。


近藤勇の勇姿を思わせる銅像が墓石右手にあります。


その後ろを覗いてみると…
墓所発足当時の墓石が残されていました。

こちらにも手を合わせ、日本の未来の礎となった新選組に改めて思いを寄せます。

なんとなく、今の日本には志士が発つ前の澱んだ幕政の時代を感じてしまいます。
自分には出来ないまでも、子どもたちが何か世の役に立ってくれるきっかけになってくれればと、勝手な思いを子どもたちの背中にぶつけておきました。



□近藤勇と新選組隊士の墓
 TEL:03-3909-7766(寿徳寺)
 東京都北区滝野川7-8-10
 寿徳寺境外墓地
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「新選組!」ゆかりの地 を表示


ワンポイント
新選組隊長・近藤勇は、慶応4年4月25日に板橋平尾宿にあった一里塚で斬首の刑を受け、 首は京都三条河原にさらされ、胴は滝野川三軒家の無縁塚に埋葬されました。
墓碑は近藤勇、土方歳三のほか殉死した隊士の供養のために、 新選組隊士・永倉新八が発起人となり、旧幕府典医松本順の協力を得て明治 9年に建てられたものです。
新選組の祭祀を目的とする最初期の供養塔として学術的にも貴重です。
側面には110名の新選組に関わった人々の名が刻まれています。
 菩提寺である寿徳寺と「近藤勇と新選組隊士の墓保存会」は、近藤勇の命日にあたる4月25日またはその直前の日曜日に墓前供養祭を行い、4月29日には、地元の商店街等が滝野川新選組まつりを行い、 地元の方を中心に多くの人々が訪れます。
2003年12月10日に北区指定文化財となりました。
(「近藤勇と新選組 隊士供養塔」北区指定有形文化財・歴史資料)

【送料無料】新撰組顛末記新装版

【送料無料】新撰組顛末記新装版
価格:1,890円(税込、送料別)



 ◇「近藤勇と新選組隊士の墓前供養祭」
    4月25日またはその直前の日曜日11時~
 ◇滝野川新選組まつり(板橋駅前広場)
    2012年4月28日・29日
 詳細は滝野川さくら通り商栄会ホームページをご参照ください。    

北区観光HPより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 11:00
銀色テントむしで食べ放題…364軒目・巣鴨「小尾羊」
巣鴨に激安中華食べ放題があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは都営三田線の巣鴨駅北側、ホテル鴨川イン巣鴨の1階にある「小尾羊(しゃおうぇいやん)」です。


この店では出来たて中華料理が大人600円で食べ放題なんです。
メニューも豊富なんですが、その日のタイミングで食べられるメニューは変わるようです。


バイキングカウンターには随時10種類以上の料理が並べられています。
今回のメインは、酢豚、麻婆豆腐、炒飯など1品でも600円以上する品ばかりです。


大人の料金は600円ですがプラス100円でソフトドリンクの飲み放題も付きます。
小学生は400円でソフトドリンクの見放題付です。
幼児に至っては全て無料で食べ放題の見放題です。
(※大人1名につき幼児1名まで無料です。)

無料と聞いてズキマル君がガッツポーズをすると店員さんに微笑まれてしまいました(笑)
ちなみに幼児のいるテーブルの脇の仕切り壁にはひっそりと中華帽が置かれています。
せっかくなのでお借りしてかぶせてみましたが、ちょっとサイズが大きめでした(笑)


まずはガッツリ系で酢豚や牛肉の炒め物、白菜のクリーム煮、ホイコーローや炒飯を持ってきました。


スープはとろみのある中華スープの他に北京ダックのスープがあったので骨付き肉をドカっと入れて持ってきます。


しばらくするとカウンターに焼きたて餃子が並びました。
大人気で1人3個までとアナウンスをされますが、並べられてから3分ほどでなくなってしまいます。
何とか4人分で8個ゲットできました。

うーん、ジューシーで美味い♪
もちろん取り合いになりました。
見ていると、餃子は15分から30分に一度50個程度がカウンターに運ばれてくるようでした。


この後、人気の酢豚や北京ダックのスープはなくなりましたが補充されることなく別の料理になってしまいました。
替わりにメニューにない金目鯛(?)の中華炒め(?)など、見たことはあるけれど食べたことのないメニューも登場し、目も舌も楽しませてもらえました。

わずか600円で好きなだけ食べられる中華料理に大満足の巣鴨の名店に再訪を誓いつつ、重すぎるお腹を抱えて店を後にしました(笑)


おまけ♪
今回の店の名前は「小尾羊」でしたが巣鴨には羊ならぬアヒルのしっぽもあります。

それがとげぬき地蔵どおりの「すがもんのおしり」です。
漢字で書いたら「小尾鴨」かな(笑)

小屋に入ったふわふわのアヒルのお尻に癒されること間違いなし♪
「小尾羊(しゃおうぇいやん)」と合わせて、巣鴨の観光名所「すがもんのおしり」も是非触ってみてくださいね♪



□小尾羊(しゃおうぇいやん) 巣鴨店
 TEL:03-5907-5058
 東京都豊島区巣鴨2-4-7 鴨川IN巣鴨 1F
 ※都営三田線巣鴨駅
 営業時間11:30~14:30,17:00~23:00(土日祝は休憩なし)
 定休日なし
 駐車場あり(共用2台)
 ※大人600円小学生400円

蒙古薬膳火鍋しゃぶしゃぶ 小尾羊 巣鴨店バイキング / 巣鴨駅駒込駅千石駅
昼総合点★★★★ 4.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 12:30
銀色テントむしでSL巡り…板橋「交通資料館」
ぶらり都営地下鉄の旅で三田線の蓮根駅で途中下車して静態蒸気機関車を見に行きましょう。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは都営三田線蓮根駅を東側に降りて住宅街の路地を進んだところにある板橋区城北交通公園です。
この公園の中に朝9時から16時まで開放されているエリアがあり、その中に「交通資料館」があります。
見た目は古い幼稚園のようですが、館内には蒸気機関車の写真が展示され、敷地内には都バスも静態展示されていて運転席などに座ることも可能です。


開館時間が限られたスペースとは別に、公園入り口にも静態蒸気機関車が見られます。
このSLは「ベビーロコ(東武鉄道1)」です。

ボロボロですがれっきとした機関車です。
「小さな機関車(baby locomotive)」がベビーロコと言う車輌の名前の由来と思われます。
たぶん「軽便車両」に属するSLと思われ、1912年にドイツのコッペル社で製造され和歌山県の有田鉄道が所有していたものですが、戦後、東武鉄道に引き取られます。
しかし、石炭や水の積載量が少なく、牽引貨車も10台程度であることとマニュアル運転だったこと、最大時速が20キロだったことから回送列車としてひっそりと動いていたに過ぎなかったそうです。

一応「東武鉄道1」ですが、東武博物館に展示される5号や6号の方が年式は古いようです。
1953年には廃車後、東武東上線ときわ台駅に静態展示されていました。


そんな悲しい状態から一転、20年後の1973年からのこの40年間は城北公園で子どもたちの遊び場として親しまれてきているのです。


さすがに廃車後60年と言うことと、常設展示ということもありボロボロではありますが、運転席の部品が少ないことと初期の機関車であるため、各部が頑丈であることが幸いしてまだまだ現役で頑張ってくれそうな機関車です。


…とは言え、塗装状態がかなり悪いためボロボロ機関車であることは否めません。

せめて赤と白の色だけでも塗りなおしてあげると見違えるように素敵な機関車になると思うんですけどね。


残念なのは解説資料の状態もそうです。

せっかく保存してくれている人たちが調べて丁寧に作ってくれた解説のパウチには、心無い人たちのキックの跡があります。
…悲しいです。
大事にしてください。


さて、開門時間の限られる敷地内に戻ると、満開の桜の先にもう一台の静態蒸気機関車があります。


これは「D51513」、通称デゴイチです。


良く見るとデフレクター(ボイラーの横板)の小窓のところにナニかこちらを見張っています。


…あ、ニャンコ先生だ。
印刷ではなくホンモノです。

とりあえず「ジョバンニ」と呼ぶことにしましょう(笑)


ジョバンニはズキマル君とモカが現れると、「やれやれ五月蝿くなって来た…」と言わんばかりに定位置を去っていきました。
このデゴイチもボロボロですが、運転席に乗り込むことが出来ます。


レトロ感は否めませんが、清掃は行き届いており、管理してくださっている方々の愛情を感じます。


交通資料館の館内も見学してみました。

展示内容は蒸気機関車の写真や模型、旧国鉄時代のグッズや昔の写真、そしてHOゲージです。
朝10時半、午後1時半、3時の1日3回HOゲージの運転もしてくれているようです。


ちょっとタイミングが悪く、HOゲージの運転時間に居合わせることが出来ませんでしたが、清掃状態や展示内容を見るに、管理している方の愛情を感じずにはいられません。

とても居心地のいい公園と資料館に嬉しくなりました。

観光名所とは行きませんが、これまでもこれからも地域の皆さんの憩いの場であることは間違いないでしょう。


□城北交通公園(交通資料館)
 TEL:03-3969-9422
 東京都板橋区坂下2-19-1
 開館時間 10:00 - 16:00
 入館料:無料
 休館日:月曜日
 駐車場なし


より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示

 ◇車歴(東武鉄道1 別名:ベビーロコ)
  製造:1912年 コッペル No.5885
  輸入使用:1912年 有田鉄道1
  移動:東武鉄道東上線 川越機関区
  保存:1952年 池袋
  保存場所移転:1958年7月 東武鉄道常盤台駅前
  保存場所移転:1973年8月 城北交通公園


 ◇車歴(D51513)
  製造:大宮工場 No.26
  配置:1948年7月1日 新津
  配置:1957年11月1日 新津
  配置:1968年4月1日 新津
  廃車:1972年6月14日 酒田

 ※やまてつさんHPより

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 10:00
銀色テントむしで食べ放題・363軒目・多摩「シェーキーズ」
時々無性にピザが食べたくなります。ってか、食べに行っちゃいます(笑)
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは多摩にある聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)駅に接続するショッピングセンターの3階にある「シェーキーズ聖蹟桜ヶ丘店」です。
駅前なのに駐車場完備で、夕方食事をするとずいぶん長い時間駐車場代が無料になるのはクルマにも嬉しいメリットです。
バイキングの料金は土日はちょっとリッチに大人1180円、小学生850円、幼児380円です。
4人での総額は3590円ですからバイキングとしてはリーズナブルと言えるでしょう。
ズキマル君には「幼児」としての最後の時を楽しんでもらうこととなり、次回からは大幅値上げになりますね。
夕食にはちょっと早い17時半に入店したので待たずに席につくことができました。
会計は先払いでカードも使えます。
また食べログにクーポンがあったのでドリンクが1名1杯無料でサービスされます。


席に着き、お皿を貰ったらバイキングスタートです。
随時8種類ほど置かれたピザは、混雑時間帯間際と言うこともあり、焼きたてのものが随時補充されていきます。

パスタが3種類とポテトフライが2種類あり、離れたカウンターにはサラダもあります。
ふと入口付近を見ると、18時近くには入場待ちの行列が出来ていました。


繁忙時間帯以外はリクエストで小サイズのピザを焼いてもらえるようです。
通常メニューで17種類、季節限定が3種類あるようでトータル20種類のピザが楽しめます。


バイキングでモトを取る方法はショップ泣かせの「大量に食べる」タイプと、自己満足的な「いろんな種類を食べる」タイプがあります。
残念ながらショップ泣かせパターンはムリなので、なるべく小さめのカットピザを狙った「いろんな種類を食べる」ことでモトをとることにしましょう。
ピザ生地は「レギュラークラスト(外側がふっくらと持ち上がった生地)」ではなく「クリスピークラスト(薄手でペラペラな生地)」なので、生地でおなかを一杯にすることなく種類を増やせるのは嬉しいところです。

食べた量と言えばモカが8ピース、ズキマル君が5ピースと言ったところでしょう。
ヨメさんとnorizoは二人で30ピースくらい食べていますから、総数でピザ2枚半くらい食べたことになるんでしょうか。
ポテトやサラダのサイドメニューもそれなりに食べていますから、デリバリーのピザよりはリーズナブルに食べられていることになります。


聖蹟桜ヶ丘店オリジナルらしいのが「カキ氷」です。

良し悪しの両論が食べログにあるようですが、子どもたちにとっては季節関係なくカキ氷は嬉しい食べ物のようです。


カキ氷を頬張るズキマル君を横目に、norizoのデザートはカレーです(笑)

カレーも食べ放題なんですが、最近はどこでもサラダバーと一緒にカレーバーも見かけるので嬉しさはそれほどでもありませんね(笑)

10年ほど前、まだ食べ盛りだったことに訪問したシェーキーズにはフライドチキンもありましたが、今は無いんですねぇ…
ちょっと残念ですが、平日ランチなら今でも大人780円で食べ放題なのは魅力的ですね。

家族4人でおなか一杯ピザを食べてカキ氷のデザート付で日曜のディナータイムにかける価格としてはリーズナブルなお店ですね。

近くに来たらまた寄ってしまいそうないい店です。

チェーン店で以前はたくさんあったのに現在は全国に23店舗しかないんですねぇ…
長く続けて欲しいバイキングの名店です。



□シェーキーズ 聖蹟桜ヶ丘店
 TEL:042-337-2737
 東京都多摩市関戸1-7-5 京王聖蹟桜ヶ丘SCせいせき C館 2F
 営業時間11:00-22:00
 定休日:不定休(京王に準ずる)
 駐車場あり
 料金:大人1180円小学生850円幼児380円(ホリデーバイキング)
 クーポンあり:ぐるなび(ドリンクサービス)

シェーキーズ 聖蹟桜ヶ丘店ピザ / 聖蹟桜ケ丘駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/01 19:00
銀色テントむしで関東の駅百選…第30回東京「東大島駅」
花見の季節になると、地下鉄を利用してぶらりと都内を散策したくなります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

普段はクルマでの移動ですが、今回は都営地下鉄の駅近隣にクルマを置いて(まぁ自宅ですが…)「パーク&ライド」でCO2削減の旅にしましょう。
まずは、季節限定の都営地下鉄1日乗り放題乗車券「春のワンデーパス」を購入します。
このチケットは大人500円、小学生250円で都営地下鉄各線が1日乗り放題になります。
東京都内を走る地下鉄には都営線の他、東京メトロなど入り乱れていますので注意が必要です。
乗れるのは「都営浅草線」、「都営三田線」、「都営新宿線」、「大江戸線」の4路線です。

チケットは磁気カードなのでタッチアンドゴーと言うわけには行きませんが、リーズナブルに都内散策を楽しめるので、渋滞とコインパーキング探しに気をとられずに時間割を設定できる旅を楽しめます。

今日からの1週間の旅ネタは8本ですが、このチケットで楽しめるエリアばかりです。

1日で歩いた距離は24キロ!

短いようで長いワンデーパスの旅にお付き合いください♪

------------------------------------------------------------------------------


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。


今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回」選定、都営新宿線の「東大島(ひがしおおじま)駅」です。
選定理由は「江東区と江戸川区の区境の河川橋上駅でホームに行政区分標がある全国でも珍しい駅。」だからだそうです。
今回は江東区側から駅を見学してみましょう。

地下鉄なのに地上駅でしかも橋の上がホームと言うのはナカナカ面白いですね。
出口が東側の「小松川口(江戸川区)」と西側の「大島口(江東区)」に分かれていますが、出口を間違うととんでもないことになりそうです。


江東区側の大島口の改札を降りると「駅エコ」と称した解説ブースがあります。
省電力化のため、無人の時には蛍光灯も消え、人が近づくと電気がつく対人式でエコ対策しています。


東大島駅は都営新宿線創業当時は終点だった駅です。
この後、現在の千葉県市川市の「本八幡駅」まで延長されるわけですが、それまでの間も2区にまたがる駅だったかどうかは…調べるのを忘れてしまいました(笑)


旧中川を挟んで鉄道橋となっているのですが、建物が多いため、意外とその全貌を見られるスポットは多くありません。
まずは桜が咲き乱れる南側の野球場の脇を歩き、川沿いに出てみましょう。


旧中川の土手を降りて北側を眺めると駅の全貌が見渡せます。
北側には車道のさくら橋やもみじ橋があり、橋で繋がれる東京都の雰囲気が伝わってきます。
近隣には集合住宅が立ち並びますが、一歩土手を下りれば雑踏を忘れ、静かな気持ちで散歩を出来るスポットです。


土手を北側に歩き、さくら橋との間に来ると江戸川区側の状況が良く見えます。
江戸川区の土手の下も散策道となっているのですが、桜の木は江東区側の方が多いようなので、春先に限ってはこちらの方が楽しく歩けそうです。

川に囲まれたエリアで、徒歩でのアクセスは慣れないと時間がかかりそうですが、住宅街として暮らすにはいい場所です。
しかし、間違えて改札口を出てしまったら、随分歩くことになりそうですね(笑)


面白い駅と川辺の風景に癒されながら、「関東の駅100選」の選定理由の多さに改めて感心してしまいました。

都営地下鉄にはまだ「100選」に選ばれた駅があるんですが、もったいないので今回はこの1本にしておきましょう♪


□東大島駅(ひがしおおじまえき)
 東京都江東区大島九丁目3-14
 所属事業者:東京都交通局(都営地下鉄新宿線)
 開業年月日:1978年(昭和53年)12月21日
 駐車場なし?


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

2000年第4回
関東の駅100選 選定理由
 江東区と江戸川区の区境の河川橋上駅でホームに行政区分標がある全国でも珍しい駅。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 08:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしで「新選組!」…日野「土方歳三資料館」
新撰組ファンには有名ですが、タイミングが合わずなかなかいけなかった資料館があります。

蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは日野市にある「土方歳三(ひじかたとしぞう)」さんの実家で、その名も「土方歳三資料館」です。
土方歳三は幕末の新撰組の立役者で、筆頭局長として近藤勇を中核として幕末の歴史に名を刻んだ人物です。
norizo一家は平成16年にNHKで放送された「新選組!」をレンタルDVDで見てから新撰組のファンとなり、各地の新撰組ゆかりのスポットを巡ることになりました。

そんなスポット中でもずっと目をつけていたのが、この「土方歳三資料館」なんですが、開館日が月に2日間しかないのがネックで今まで訪問できずにいました。
開館日は毎月第1・第3日曜日で開館時間は昼の12時から16時までのわずか4時間です。
ピンポイントで西東京に4時間いることはほとんど無かったので、今回はお出かけのメインをここにあわせての訪問にしました。
ちなみに4月第3週日曜日と5月(公開日下記)の開館日には歳三の愛刀「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」の刀身が公開されます。
子どもたちを連れての訪問に、抜き身の刀見たさに混雑する資料館を訪問する勇気が無かったので、1回前倒しして訪問してみました。

資料館は土方家の自宅の一画を提供していただいてご家族が運営してくれています。
公開内容や日程によっては周囲に行列ができるほどの人気だそうですが、幸いにも今回は待ち時間なしで入ることができました。


都内としては大きな門構えのお宅ですが、この辺り一体が大きなお宅が多いせいか、場所を調べないで行くと悩んでしまうかもしれません。


門をくぐると、土方歳三の胸像が出迎えてくれます。


ご自宅右側が資料館となっており、入口で入館料をお支払いします。
この先は撮影禁止なのでおみやげ物コーナーでちょっと1枚撮影させてもらいます。


20畳ほどの展示スペースで土方歳三の私物や新撰組の歴史を堪能し、部屋を後にします。
お声をかければ、ご親戚の方に説明をいただくこともできるそうですが、ズキマル君が駆け回り大変迷惑なのでゲンコツをくれながら静かに見学させてもらうだけにしました。


見学を終えて外に出ると右手のご自宅ガレージ側に大きな木刀が置かれています。
モカが抱える、明らかに太く大きな木刀は近藤勇や土方歳三が力を振るった「天然理心流(てんねんりしんりゅう)」の鍛錬に使われていた木刀で、より実戦に近い重量をカラダで感じるために取られた手法を今に残すものです。
ズキマル君は持っているほうの木刀は…忘れちゃいました(笑)


土方歳三と言えば新撰組に参加する前に行商として売り歩いていたのが「石田散薬(いしださんやく)」ですね。
この薬の「石田」は土方家のあるエリアの地名でした。

奥に見える竹は、土方歳三自らが植えたとされる竹で、新撰組ファンには感慨深い場所です。


長い時間の中で消え行く資料の多い中で、ご遺族がこうして資料を公開してくださると言うのは大変ありがたいことです。

子どもたちが日本史に目覚めた頃、ここに来れたことを改めて嬉しいことだと感じてくれる日が来るといいと思います。


□土方歳三資料館
 TEL:042-581-1493
 東京都日野市石田2-1-3
 開館日:第一・第三日曜日
 開館時間 12:00 - 16:00
 入場料:大人500円子ども300円
 駐車場:なし(近隣コインP多数)



より大きな地図で 銀色テントむしの「新選組!」ゆかりの地 を表示


◇土方歳三資料館「2012年・兼定刀身」公開日
 4月15日(日)12~16時 兼定展示初日 
 5月 5日(土)12~16時
 5月 6日(日)12~16時
 5月11日(金)12~16時 歳三命日
 5月12日(土)10~16時 歳三忌(石田寺)・ひの新選組まつり
 5月13日(日)10~16時 ひの新選組まつり
 5月19日(土)12~16時
 5月20日(日)12~16時 兼定刀身展示最終日
土方歳三資料館(アメブロ)より転記

ひの新選組まつり
 ◆隊長コンテスト(高幡不動尊五重塔内)
 2012年4月29日(土)
 ◆イベント(市役所前日野中央公園・ひの煉瓦ホール)
 2012年5月12日(土)・13日(日)
 ◆隊士パレード(午前・高幡コース、午後・日野コース)
 2012年5月13日(日)

【送料無料】新選組!!土方歳三 最期の一日
価格:3,948円(税込、送料別)



ワンポイント
土方 歳三(ひじかた としぞう)
新選組副長、幕末期の幕臣諱は義豊。雅号は豊玉。
新選組「鬼の副長」として恐れられた。
戊辰戦争では旧幕府陸軍指揮官の一人として図抜けた軍才を発揮した。
いわゆる「蝦夷共和国」においては陸軍奉行並箱館市中取締裁判局頭取に就任した。
函館戦争にて死の直前に小姓を務めていた市村鉄之助に遺髪と写真を渡し、鉄之助を本土に戻した。
この鉄之助が主人公のコミックが黒乃奈々絵の描く「ピースメーカー鐵(くろがね)」で、アニメ・ドラマ化もされ新たな新撰組ファンを作っている。
※ウィキペディアなどより抜粋



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/01 14:30
名城100選スタンプラリー・25箇所目「八王子城」
そろそろ桜の見ごろが始まることを期待して、西東京の100名城を目指してみることにします。

スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


今回やって来たのは八王子ジャンクションの北側にある「八王子城跡」です。
カーナビで上手に検索できずウロウロしましたが、androidのgoogleマップと併用でたどり着くことが出来ました。

無料の駐車場は防犯対策のためか朝8時半から夕方17時までしか開いていません。
朝9時頃に到着するとまだまだスペースがありましたが、土日の日中ともなると満車になってしまうことも多いそうです。

駐車場からちょっと歩くと八王子城跡管理棟が見えます。


管理棟の向かいにはタイル作りの八王子城エリアマップが用意されています。
土日にはボランティアのガイドの方が待っていてくれるので、レベルに合わせた散策が可能です。
また、お願いすれば同行して各所の説明をしてもらうことが出来ます。


管理棟のちょっと手前の広場には立体模型が用意されているので、山城に不安のある方は高低差の確認をしてから当日のルートを検討したほうが良いかもしれません。


八王子城跡は城巡りの方だけでなく、ハイキングのお客さんも数多く訪れるエリアなので、軽装で歩くのにちょっと不安を感じてしまいます。
しかし、ガイドさんと話してみる限り、道を外れなければ最長2時間程度の道のりなので、重装備の山歩きスタイルで訪問する必要は無いようです。


ルートが標高の高い本丸コースと、簡単に散策できる千畳敷(御主殿跡)コースがあります。
片道1時間以上とされる本丸コースはちょっと不安があるので今回は上り口で写真をとるだけにしておきます(笑)


千畳敷(御主殿)ルートは片道15分程度で整備された道と復元された橋や石垣を楽しむことができます。


戦国末期に廃城となり、その後江戸幕府の材木用地として栄えたためか、遺跡がほとんど劣化することなく残されていて、平成4年ごろの発掘調査により復元が開始されました。
まだ完成間もないのか、石段も美しく、山城らしからぬ姿です。


八王子城は戦国中期以降に流行った平地型の城ではなく、時代に逆行した山城でありながら石垣を作ったと言うのがポイントだそうです。


石垣の上の植栽には切れ目があって上れるようになっていますが、一歩踏み出すと高低差に足がガクガクしてしまいます。


豊臣軍に攻められた八王子城はわずか1日で開城することとなりますが、小田原攻めのために捕まった人たちはことごとく打ち首となり、その首を小田原に晒されたと言います。
そのため、この城に残った女子どもはこの先の滝つぼで自刃し、小田原の家族を思い死んでいったそうです。

そのため、この先の滝つぼは心霊スポットとしても有名だそうです。

見学はしましたがコワいので写真を撮るのはやめておきました。
ちなみにトイレが無いようなので、散策前に管理棟でトイレを済ませておくことをお勧めします。


楽しく散策を終えたら、ゆったりとした下り道を歩いて管理棟に戻ります。
名城100選スタンプも管理棟に用意されているからです。

ガイドスタッフの優しいおじいちゃんたちに囲まれて暖かな気持ちでスタンプを押すことができました。


スタンプラリーを始めて約半年、なんとか4分の1の25箇所を歩いたことになります。

初期にはわからなかった城跡も、事前に勉強していくことで、なんとか楽しめるようになって来ました。
まだまだ日本史に疎いことを感じ、これからも勉強しながら子どもたちと城巡りを楽しめればと思います。

そう言えば、八王子城の駐車場のちょっと手前に北条氏照の墓もあるそうです。
歴史にご興味のある方は合わせて見学してみてはいかがでしょう。

今後は新たに「八王子城ガイダンス施設(仮称)」もオープンするそうです。
今回はまだ施設内に展示品は見られませんでしたが、2013年以降に改めて訪問するとずいぶんイメージが違うことになっているかもしれません。

スタンプラリーは城巡りのとっかかりで、これからの人生で何度も訪問する足がかりになっているのかもしれませんね。


□八王子城(はちおうじじょう)第22番
 TEL:042-620-7265(八王子市文化財課)
 東京都八王子市元八王子町
 主な城主:北条氏照
 スタンプ設置場所:八王子城跡管理棟
 スタンプ設置場所住所:東京都八王子市元八王子町3-2715-2
 見学料:無料
 開館時間 8:30 - 17:00(駐車場・管理棟)
 休館日:年末年始
 駐車場:無料
 ※9:00-16:30まで無料のボランティアガイドをお願いできます。


より大きな地図で 日本100名城 を表示

ワンポイント
小田原に本拠をおいた後北条氏の三代目、氏康の次男、北条氏照が築いた山城です。
天正18年(1590)6月23日、豊臣秀吉の関東制圧の一環で、前田利家・上杉景勝軍に攻められて落城しました。
この、八王子城落城が決め手となって籠城を続けていた小田原城は開城、北条氏は滅亡しました。
氏照はこの時、小田原に籠城中で、開城後、兄の氏政とともに城下で切腹しました。
その後新領主となった徳川家康によって八王子城は廃城となりました。
八王子市HPより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/01 10:30

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでSL巡り…小金井「C57186」
小金井の大きな公園に蒸気機関車が置いてあるとのことで行ってみることにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは西武新宿線花小金井駅の南側に位置する「都立小金井公園」です。
この大きな公園の南西に静態蒸気機関車「C57186」が展示されています。


蒸気機関車の周りには厳重な柵が張り巡らされていて、常時入れるわけではありません。
しかし、この柵にもアクセントとして蒸気機関車の模様が施されています。


何でも、以前部品の盗難やイタズラが相次ぎ、やむなく開放時間を設定したそうです。

残念ながら訪問時間が朝7時だったために門は堅く閉ざされています。
動物園で遠くから動物を眺めるように、遠目にSLを見学することになりました。


小金井公園は桜の名所としても名高いのですが、寒かった冬の影響で、まだ桜の蕾もほとんど見受けられません。
しかし、ソメイヨシノとは違う濃いピンクの花がそこここに咲き始めており、これからの花見シーズンには心安らぐスポットとなりそうです。
桜の中のSLはさぞや美しいことでしょう。


柵の中は意外と広場が大きいので宴会用のスペースにも良いかもしれませんね。


今回の解説はちょっと遠いため読み取れませんでした。


SL広場内に入れるのは冬季を除く土日の朝10時から16時までです。

今度は門が空いている時間にじっくりとSLを見学したいですね♪


※かつては常時柵のゲートが開けられていたが、部品の盗難が後を絶たないことから、現在は公開日が限定されているそうです。

□都立小金井公園(C57186)
 TEL:042-385-5611
 東京都小金井市桜町3(江戸東京たてもの園の南西)
 駐車場:有料(1時間300円以降30分100円)
 公開期間:3月~11月の土日、祝日、都民の日。
 公開時間:10:00-16:00


より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示

 ◇車歴
  製造:1946年9月27日 三菱重工神戸造船所 No.519
  新製配備:1946年11月8日 山形
  移動:1950年9月29日 新津
  移動:1969年9月6日 人吉
  移動:1973年10月6日 宮崎
  移動:1974年7月5日 旭川
  廃車:1975年2月18日 旭川

ワンポイント
C57シリーズ
C55形の増備用改良形として1937年から1946年にかけて201両が製造されました。C55型とは動輪が箱形輪心、使用圧力が増圧されていること、細部ではドームの形状、フロントデッキの傾斜角度などが異なります。製造時期により1~4次型まで分類されますが、戦後製造された4次形は外見が非常に異なりC59形に近い形状をしています


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/01 07:30
銀色テントむしで関東の駅百選…第29回神奈川「若葉台駅」
今週は東京ベッドタウンの神奈川県川崎市の100選を訪問します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1999年第3回」選定、京王相模原線の「若葉台(わかばだい)駅」です。
選定理由は「環境整備と一体となった新しい街づくりをイメージさせる近代的な駅。」だからだそうです。
日曜日の朝早くの訪問だったために、駅前はまだ静まり返っています。
南口はクルマが入れないため、広場で安心して子どもを放置できるのがいいですね(笑)


北口は坂道を利用して立体的なつくりになっています。
1階部分はバス停が連結していて交通の便が良くなっています。


人感式エスカレーターを上るとショッピングモールと広場がつながっていて開放的です。


上層階に位置する窓は開放的なガラス張りで向こう側にはホームが見えます。
しかし、間にスペースがあるため、近づいて下を見るとズキマル君はビビッていました(笑)


改札口は1階にあり、各種店舗を併設した生活に便の良いつくりです。

駅名と違い緑溢れる場所ではありませんが、100選の選定理由のとおり、まさに新しい町と一体になったステキな駅でした。


□若葉台駅
 神奈川県川崎市麻生区黒川609
 所属事業者:京王相模原線
 駐車場:有料

より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1999年第3回
関東の駅100選 選定理由
 環境整備と一体となった新しい街づくりをイメージさせる近代的な駅。

ワンポイント(駅名の由来)
当駅は多摩ニュータウン開発計画の中で「地区センター」建設場所に設置された駅である。
1974年、京王相模原線が京王多摩センター駅まで開通し途中駅となった当時、駅所在地周辺は車両基地の他、主だった特徴付ける人工物が皆無の場所であった。
その地が自然環境の豊かな旧来からの丘陵地で、若葉が多く派生する台地であったことから、地名とは無関係に「若葉台」と名付けられた。
※ウィキペディアより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/01 08:00

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしで食べ放題…361軒目・本八幡「一品香」
春休みとnorizoの平日休が重なったので、クルマで行きづらい食べ放題を目指します。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのはJR総武線本八幡駅の南口ロータリーの雑居ビルの地下にある「一品香(いっぴんこう)」です。
サラリーマンの憩いのランチタイムを外した13時半の訪問ですが、入れ代わり立ち代わりお客さんが入ってきます。


一品香のランチタイムは15時までですが、スゴイのは500円でサイドメニューが食べ放題であると言うことです。
メインのおかず以外は全てセルフサービスで食べたいだけ持ってくることになります。
サイドメニューは、ご飯、日替わりスープ、サラダ、水餃子、杏仁豆腐などが食べ放題です。

今回のワンコイン食べ放題一品目は「上海やきそば(500円)」です。

焼きそばだけでも500円では安く感じる仕上がりですが、これにサイドメニューが食べ放題はお得ですね。
塩と醤油ベースの焼きそばに海鮮のダシがマッチします。
ご飯のおかずに焼きそばはどうかとも思いますが、ご飯は水餃子とスープでお腹一杯食べきれるのでそれはそれで美味しくいただけます。


2品目は「レタス玉子チャーハン(500円)」です。


レタスのシャキシャキ感とご飯のパラパラ感、トッピングの黒ゴマと干しえびがいい感じです。
ボリュームも普通の中華料理店のチャーハンの量がありますが、こちらもサイドメニューが食べ放題です。
まぁ、チャーハンをおかずにご飯を食べることはありませんが、大食漢の方でも足りなければご飯を何杯でも食べられるので、この店で「足りなかった」と言うことはまずないでしょう。


ワンコインバイキング3品目は「日替り(八宝菜)定食(500円)」です。

場所によっては八宝菜だけでも800円くらいしそうなレベルのボリュームと内容ですがこちらも食べ放題付で500円です。
少ないながらエビとイカも入っていますし、定番トッピングのウズラの卵も載っています。


バイキング付ワンコインメニューは毎日5種類くらいあるようなので、近隣サラリーマンなら毎日ここに通っても良いくらいかもしれません。

また、ちょっとリッチな680円の定食もあるので給料後にはチャレンジしてみたいですね。

夜は3000円弱で飲み放題食べ放題2時間のコースもあり、そちらも頂いた事がありますが、手抜きなく美味しい中華料理がお腹一杯食べられました。

駅前でリーズナブルに本格中華料理を食べられる名店です。
スタッフの中国人風男性のトークも暑苦しいながら場を和ませるいい雰囲気の店です。
ディナータイムの予約時には日本語が通じず四苦八苦することもありますが、それを差し引いても大満足の庶民の味方です。

これからも使わせてもらうこと間違いナシですね♪


□一品香 (いっぴんこう)
 TEL:047-332-3885
 千葉県市川市八幡2-17-6 TK本八幡ビル B1F
 営業時間 11:00-23:30
 定休日なし
 駐車場なし(近隣コインP多数)

中国料理 一品香中華料理 / 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0





より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/03/27 14:30