銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでデカ盛り…386軒目・前橋「パンプキン」
新規開拓しようと思っていた前橋駅近くのデカ盛り店が日曜日は休みだってことを確認せずに行き、途方にくれました。
せっかく前橋にいるので、超メジャーデカ盛り店に行き先を急遽変更します。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やってきたのは前橋インターすぐの側道を北に進んだところにある「パンプキン」です。
テレビにもたびたび登場する、東日本有数のデカ盛り店です。
DSCF1529.jpg

強烈なボリュームの「グラタンスパゲッティ」や「イタリアントマト」で爆死するのも楽しいんですが、日曜祝日でもランチメニュー設定があるので、未達成メニューについつい挑戦したくなります。
しかし、小学生2名を含む4人でスパゲティメニューを2つ頼むのは、チャレンジ精神が旺盛すぎます。
ここはランチメニューでしか見かけない「メンチカツ」と「ライス」の組み合わせを一つ注文しておきましょう。
「ビジネスランチ(780円)」はランチタイム以外には見かけないメニューです。
DSCF1532.jpg
メンチカツはハンバーグを丸々パン粉で包んだボリューミーなモノです。
これにコロッケ(肉じゃが味)と山盛りのスパゲッティが鉄板に盛られてきます。
更にライスと味噌汁とワンドリンクが付いての価格設定に涙が出ます。
通常メニューに同等の商品を探すと「ハンバーグ&肉じゃがコロッケセット(1,450円)」と言うのが近いようで、ドリンク無しですから、ハンバーグサイズのメンチと入れ代わってはいますが、ほぼ半額で食べられるのでランチタイムにこのメニューを食べないわけにはいきません。
(ボリュームはスパゲッティ系に比べるとややダウンするので「お残し」のリスクも軽減できます。)
サックサクのジャンボメンチカツと、甘めの味付けの肉じゃがコロッケが食欲をそそります。
ただし、味付けは皆無なので、スパゲッティにまでテーブルに置かれたソースを思いのままにぶっかけていただきます。


ランチメニューは通常価格に比べて同じ商品なのにリーズナブルで更にワンドリンク付いてくるのが特徴です。
ボリュームも「SS(常人サイズ)」、「S(かなり食べられる人用)」、「レギュラー(1キロ食べても大丈夫な人用)」とあり、価格差も上位に行くにしたがって100円から200円程度のアップと、たくさん食べる人には嬉しい設定です。
尿酸値高めのnorizoにはヨダレを垂らしながらみているしかありませんが、家族みんなが大好きな「たらこスパゲッティ・レギュラー(ランチタイムドリンク付き830円/通常1,180円)」を注文してみました。
DSCF1530.jpg
クリーム系やスープ系と違い、水分に麺の量を量増しされず、タラコソースとパスタがマッチした逸品です。
某ファミレスのタラコスパの4~5倍のボリュームですね。
ファミレスのパスタだと1人前では全然足りませんが、パンプキンのレギュラーサイズで「足りない」人は「猛者」です(笑)
他の「レギュラーサイズ」に比べると食べやすいボリュームで、初めての人と来たときにイタズラで相手に「グラスパ」を注文させて、自分が注文するのをこのあたりにしておけば、面目を保ちながら相手に「レギュラーサイズ」を勧められるでしょう(笑)

ちなみに「グラスパ」とは土鍋に入ったホワイトソースがけスパゲッティでこの店でもかなり凶悪なメニューに挙げられる絶品激ウマメニューです。

※ランチタイムドリンク付き830円、ディナータイム1,080円(2012/01/14撮影)

毎回のことですが、ここでランチを頂くと夕食が食べられません(笑)
いつ来ても大満足させてくれるデカ盛り大国・群馬の中でも指折りのデカ盛りスパゲッティの名店ですね。
あ、ディナータイムに来ても、美味しいパスタをみたことのないサイズで食べることが出来ますよ♪


□パンプキン
 TEL:027-253-7023
 群馬県前橋市元総社町950-6
 営業時間11:15-15:00,17:00-22:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり
 ※Sサイズでもデカ盛りなので初心者同士での訪問時はSSとSサイズがオススメ

パンプキンパスタ / 新前橋駅
昼総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示



■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

今回のデカ盛り新規開拓失敗店(再訪の上、食べられたらレビューします。)

□天賑 (てんしん)
 TEL:027-233-4795
 群馬県前橋市千代田町4-11-19
 営業時間11:30-20:00
 定休日:日曜日
 駐車場:なし(コインP多数)
※日曜が休みということに気づきませんでした。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/05/27 12:30 天候:晴れ
測定値:0.69μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でおでかけ…高崎「少年科学館」
5月下旬だと言うのに真夏日近い高崎にデカ盛りカキ氷があると言うのでウロウロしましたが発見できませんでしたorz
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


時間帯的に高崎駅近くにいたため、蒸気機関車の石炭の煙の香りがしてきますが、今回はSL抜きのお話です。
高崎駅の北、西上州やまびこ街道沿いにある「高崎市文化会館」の一角に「高崎市少年科学館」があります。
屋内施設で無料で楽しめると聞き、夏の暑い日や雨天にも最適です。
無料駐車場も完備されていますのでクルマでのアクセスにも最適ですが、「無料」なのでナメてかかりました(笑)

文化会館に入ると、薄暗い静かな空間が広がっていて、とても「科学館」には見えません。
DSCF1523.jpg

一生懸命アピールしている感じもなく、ひっそりと2階への階段に矢印がPOPされています。
う~ん、失敗か?と思いながら2階に上がると、まさかの光景が広がっていました。
DSCF1528.jpg

意外や意外、遊べる展示内容20種類以上と、かなり充実しています。
DSCF1524.jpg


全国レベルでも知名度の高いつくば万博跡地にある「つくばエキスポセンター(大人400円子ども200円)」と比べても遜色ない内容です。
DSCF1526.jpg


あまりの展示物の充実に予想外に長居してしまいましたが、素晴らしい全天候型の子どもと楽しめるスポットの発見に嬉しくなりました。
高崎に家族でお出かけの際に、天候が悪かったら「高崎市少年科学館」に行き先を変更するのも良いかもしれませんよ。


□高崎市少年科学館
 TEL:027-321-0323
 群馬県高崎市末広町23-1
 ※高崎市文化会館北側2階
 営業時間 8:30-17:15
 定休日:月曜日、年末年始
 料金:無料
 ※プラネタリウムのみ大人310円子ども150円
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示


今回のデカ盛り新規開拓失敗店(再訪の上、食べられたらレビューします。)

□日本一
 TEL:027-322-3029
 群馬県高崎市本町3-73 →椿町3-73
 営業時間 9:00-19:00
 定休日:不定休
 駐車場:なし
※食べログの住所データ間違いでたどり着けませんでした。
 次回もっと暑いときに再訪しましょう♪


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/05/27 10:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:屋内施設のため未測定



テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

激安ホテルレビュー…群馬「セレクトイン伊勢崎」
土曜出勤後の出発で車中泊スポットを探す気力がなかったため、当日空室のあった激安宿に楽天から予約を取りました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。



やってきたのは北関東自動車道の駒方インターを下りて南東にちょっと進んだところにある「セレクトイン伊勢崎」です。
以前は「フォーミュラーワン」と言うホテルだったようですが、格安系ホテルチェーンのセレクトインとして運営を開始しました。
当日予約が出来たのは連休でもなんでもない土曜日だったからかもしれません。
ダブルベッドの上にシングルベッドの載った2段ベッド仕様なのは最近の激安ホテルに多いパターンですね。
弱点は・・・3人部屋なのです。
ズキマル君は「人数外」でこっそり予約しました(スミマセン。)
ちなみに当日予約ですが、支払い金額は4人で8,940円(2,235円/人)で朝食付きはお得感が高いです。
DSCF1517.jpg

ライトはベッドの脇に大きな蛍光灯と壁に吊られたデスク灯があり、ベッドからONOFF出来るスイッチは大きな蛍光灯だけです。
室内に人工大理石の洗面台があるのはちょっと変わっていますね。
空調と有線LAN・無線LANが使えるのも好感度アップです。
部屋の大きさも「チサンイン」や「スーパーホテル」の同タイプの部屋に比べると若干広いのも嬉しいところです。
DSCF1513.jpg

トイレバス一体型でウォシュレットはありません。
洗面台もユニットバス内にはないのでちょっと歯磨きに戸惑いましたが、トイレやシャワーを使っているときに限って歯磨きを始めるモカやズキマル君の性格には合っています(笑)
DSCF1515.jpg

フロントの脇には無料のインターネットコーナーがあり、寝巻きも無料で貸し出してくれます。
また、夜10時まではロビーでホットコーヒーが飲み放題です。
外に買い物に出なくても自販機には100円の飲み物が用意されてるので天候が悪い際にはホテル内で篭城できます。
ちょっと珍しくレンタルDVDプレーヤー(1泊700円)があり、ソフトは50本ほどですが無料で借りられます。
DSCF1518.jpg

朝食はバイキングで宿泊費用に含まれています。
DSCF1519.jpg
食パンを含む3種類のパンが食べ放題です。
ジャムが2種類とマーガリンが用意されています。
飲み物はアイスでオレンジジュースと牛乳、水、ホットでコーヒー、紅茶があります。

スープはコーンスープなどのカップスープが2種類ありの見放題です。
DSCF1521.jpg
オーブンが2台用意されているのでパンを温め直しながらカップスープを作ると短時間で食事の準備が出来ます。

家族4人(3人)で1万円以内を実践してくれるこのホテルは使いやすいですね。
セレクトインシリーズはシングルやセミダブルが多い中で、2段ベッドタイプは初めて使いましたが、イイですね。
自宅から100キロくらいなので使う機会は少ないですが、リピートしたくなる激安宿です。


□ホテルセレクトイン伊勢崎
 TEL:0270-40-6161
 群馬県伊勢崎市宮子町3151-1
 駐車場:無料



より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/05/27 08:00 天候:晴れ
測定値:0.28μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…385軒目・伊勢崎「ともや」
週末はシゴトの時もあるのですが、片道100キロくらいなら仕事が終わった後に食事に出かけたりしてしまいます(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やってきたのは東武伊勢崎線新伊勢崎駅の西、広瀬川を越えてイトーヨーカドーのある交差点(連取元町北)を南にちょっと入ったところにある「ともや」です。
群馬県を中心にちょっとしたチェーン展開をしている食堂ですが、入り口脇の旧車がワンポイントです。
DSCF1506.jpg

夜9時半の訪問になってしまったので子ども達は眠気でグダグダです。
モカは悟りの境地のような顔で意識を朦朧とさせています(笑)
しかし、ズキマル君はキッズメニューに目を覚ましました。
さすがに4人で1品と言うわけには行かないので「お子様ラーメン(280円)」をズキマル君に頼みます。
DSCF1508.jpg
かん水の効いた昔懐かしい感じの醤油ラーメン、オレンジジュース、ひとくちゼリー2個、おもちゃがついての価格設定なのでズキマル君が飛びついたのも無理はありません。


今回のメインは伊勢崎店のみともウワサされる「びっくりチャーハン漢(おとこ)盛り(1,180円)」です。
DSCF1512.jpg
食べログで酷評もありましたが、評価当時よりも進化したようでパラパラ感もしっかりしていて、味も均等です。
チャーシューもコロコロとたっぷり入っていてバランスが良いです。
店内でのPOPには「5人前」と書いてありますが・・・間違いなく5人前あります(笑)
激しいデカ盛り富士山チャーハンに苦戦していると、さっきまで寝コケていたモカが参戦してくれました。
付け合せのスープで口の中の単調な動作にインパクトをつけながら必至で食べ続けます。
口の中がパサパサになるので何度も水のお替りをして店員さんに迷惑をかけます。
4人がかりで何とか食べきることが出来ました。
久々の達成感です。

結局、今回の支払いは1,460円(1名単価365円)です。
店にとっては迷惑なお客ですね(笑)
しかし、快く応対してくださった店員の皆さんには感謝の気持ちで一杯です♪

あ、これでお解かりかと思いますが,norizo一家は大食いではありません。
大きな料理を取り分けて食べるのがスキなのです。

ところで、この「ともや」さん、毎週水曜日は半額分の金券が戻ってくるキャンペーンをしています。
DSCF1507.jpg
たとえば今回のメニューに水曜日に挑戦すると・・・
同額でなんと2回もこのチャーハンが食べられるわけです(笑)

サービス満点の「ともや」でみなさんも「びっくりチャーハン漢盛り」に挑戦してみてはいかがでしょう。


□ともや 伊勢崎店
 TEL:0270-23-4313
 群馬県伊勢崎市連取町1906-1
 営業時間 11:00-26:00(昼休憩あり)
 定休日:第1・3火曜日(不定休)
 駐車場あり

ともや 伊勢崎店ラーメン / 伊勢崎駅新伊勢崎駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/05/26 21:30 天候:曇り
測定値:0.21μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでデカ盛り…384軒目・行方「しをみ食堂」
新規開拓しようとしていたデカ盛り店が日曜休みだったため、行方(なめがた)市のメジャーデカ盛り店で夕食をとります。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やって来たのは茨城県にドデカく広がる霞ヶ浦の南東、行方(なめがた)市の356号線沿いにある「しをみ食堂」です。
民宿もやっているそうですが、基本的には定食屋さんのようで、夜でも普通に食事が出来ます。
DSCF1492.jpg


デカ盛りメニューもあるのですが、今日は食べきれる自信が無いので軽めのメニューにしておきます。
1品目は「とりから揚げ定食(750円)」です。
DSCF1493.jpg
「軽め」ですがズキマル君の握りこぶしよりも大きな塊がゴロゴロしています。
ご飯もでっかい茶碗にたんと入っています。
アツアツの鶏肉のジューシーさとご飯が良く合います。
冷奴、葉物の浅漬け、味噌汁、ヤクルトもどきがセットでこの価格は嬉しいです。

どれもリーズナブルですが豚肉も食べたかった「Wカツ丼(700円)」を注文します。
DSCF1494.jpg
え?小さく見えますか?
いえいえ、でっかい丼にガッツリ盛られたご飯の上に薄くて大きいロースカツが卵とじで2枚載っています。
味噌汁、冷奴、葉物の浅漬け、ヤクルトもどきがセットになっているのはほかのメニューも一緒でしょうか?

体調が万全でなかったこともあってか、家族4人でこの2品で適量でした。
それにしても家族4人で1,450円は安すぎですね(笑)

こんなボリュームでは足りないと言うアナタには「カツカレー普通盛り(750円)」がオススメです。
blog_import_4fb96863773c1.jpg
霞ヶ浦をイメージしたような壮大なボリュームですが、もっとイケると言う方には「大盛り」もあります。
※2011年1月16日訪問時の画像です。

まだまだイケると言う方には「ジャンボハンバーグ定食(1,150円)」なんていうのもあります。
blog_import_4fb9686537a1f.jpg
500グラムのハンバーグの定食にはセットで中ジョッキコーラ(単品300円)がついてきます。
ウワサではご飯も大盛りにできるとか・・・?
※2011年1月16日訪問時の画像です。

1日を通してリーズナブルに満腹になることが出来、メニューも多いので何度でも通いたくなります。
次回は何を食べようかなぁ・・・
そう思わせてくれるデカ盛りの名店です。


□しをみ食堂
 TEL:0299-72-0470
 茨城県行方市麻生575
 営業時間11:00-15:00,17:00-21:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり

<民宿>しをみ食堂かつ丼・かつ重 / 潮来)
昼総合点★★★★ 4.0






より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

今回の新規開拓失敗店(再訪の上、食べられたらレビューします。)
「南園(なんえん)」(電氣釜56号さんより)…店舗荒廃から閉店かと?
「さとの味」(電氣釜56号さんより)…どうやら日曜休みだったようです。
電氣釜56号さん、訪問失敗して申し訳ありません。情報ありがとうございました。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/20 18:30 天候:曇り  
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第32回茨城「鹿島大野駅」
茨城県には関東最大の湖「霞ヶ浦(かすみがうら)」がありますが、東側には一回り小さな「北浦(きたうら)」があり、その更に東の海沿いを水戸~鹿島間まで走る列車が「鹿島臨海鉄道」です。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1999年第3回」選定、鹿島臨海鉄道の「鹿島大野(かしまおおの)駅」です。
選定理由は「鹿島灘、北浦を背景にヨットのメーンマストを模し夜はライトアップされるおしゃれな駅。」だからだそうです。
昨年は震災の影響で路線が崩壊し、代行バスが走った時期もあったそうですが、現在は通常運転に戻り、のんびりとお客さんを運んでいます。
DSCF1482.jpg

無人駅で駐車場も広く、待合室も屋内と屋外にあり、小説でも読みながら列車を待ちたい駅です。
DSCF1490.jpg

ホームへ向かうには駅舎内から2階に上り、屋外の歩道橋を渡ります。
改札がないため、よく見ると1つ目と3つ目の降り口は線路を挟んで駅舎に入ることなく屋外に出られるようになっていました。
DSCF1484.jpg

ホームから駅舎を見上げるのもナカナカステキです。
夜になるとライトアップされ、その姿がヨットのメーンマストを思わせることから100選に選ばれたのもうなずけます。
DSCF1486.jpg

列車に合えるのはピークタイムで1時間に4本程度、日中は1時間に2本程度です。
ホーム内の待合室にお客さんが待っていたのでしばらく待ってみましたが、時刻表を見ると次の列車が到着するのは15分後でした。
DSCF1487.jpg

地方では見かけますが、都市圏では見かけなくなった「白ポスト」も健在です。
未成年に見せたくない雑誌や映像を捨てることが出来るポストですが、健全なサッカーボールがワンポイントで良いですね。
DSCF1483.jpg

「関東の駅100選」の中でも、洗練された都市型の駅よりも地方鉄道の無人駅の方がどこか落ち着けます。
夏場には海水浴客で賑わうんでしょうが、シーズンを外したこの時期に駅舎だけ眺めるのもスローライフないい感じでした。
次回はのんびりと列車で旅してみたいですね♪


□鹿島大野(かしまおおの)駅
 茨城県鹿嶋市大字荒井561-3
 所属事業者:鹿島臨海鉄道
 開業年月日:1985年(昭和60年)3月14日
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1999年(第三期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
「鹿島灘、北浦を背景にヨットのメーンマストを模し夜はライトアップされるおしゃれな駅。」

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/20 15:30 天候:曇り  
測定値:0.43μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀色テントむしの家族でおでかけ…東海村「原子力科学館」
家族でお出かけの際には、以前は各地の東京電力のPR館を無料で楽しめたのですが、震災以降は全て閉鎖されたため、観光地での無料スポットがかなり減ってしまいました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

原子力発電所の再開には十分な注意が必要だと思いますが、だからと言って原子力の全てを否定するわけには行きません。
こんな時だからこそ、改めて子ども達と原子力について学んで見たいと思います。

やってきたのは東海村を通る245号線沿いにある「原子力科学館」です。
東京電力管轄の建物ではなかったために閉鎖は免れたようですが、無料で楽しめる科学系の数少ないスポットです。
DSCF1466.jpg

入り口を入ると受付の女性2人とアインシュタインがお出迎えしてくれます。
DSCF1467.jpg


実際に中に入ってみると、東電が問題がなかったときのように無料で楽しめる教育資料が溢れています。
DSCF1469.jpg

子どもよりも大人が反応してしまったのが世界最大の「霧箱(きりばこ)」です。
DSCF1476.jpg

飽和量以上の気体アルコールを箱内に充満させて光を当てると放射線が目に見えるという仕組みのものです。
DSCF1475.jpg

世界最大といいながらも・・・意外とコンパクトです。
DSCF1478.jpg
しかし、この放射線の光になぜかすごく癒されます。
ずっと見ていてもいいくらいに。
結局10分以上立ち止まってしまいました(笑)

2階建ての展示資料ですが、ビデオやゲームなど全てしっかり見ていると2時間や3時間は経ってしまいそうです。
実際2時間ほどで「半分は見たかな?」と思えるボリュームの展示がありました。

残念ながら福島原発についての資料はまだ更新されていませんでした。
しかし、1999年に東海村で起こった臨界事故については別館でクローズアップされており、原子力事故以降の立ち直りの難しさを改めて考えさせられました。

放出された放射線は確かにキケンなものですが、それに伴う知識がなくマスコミなどの言うなりに行動する方がもっとキケンであるものと考えています。


科学館とは別資料になりますが原発事故前に「独立行政法人放射線医学総合研究所」によると「一般公衆の年間線量限度」は「1mSv(いちミリシーベルト)/年」だそうです。
これを1時間当たりに直すと「1mSv(年間)≒0.11μSv(れいてんいちいちマイクロシーベルト)(1時間)」となります。

これに自然や食べ物からの放射線を加算すると事故前の日本人の平均被爆数値は1.5mSv(年間)、世界平均でも2.4mSv(年間)とされています。

ただし、ガンの過剰発生が見られないと言うレベルまで下げれば100mSv/年がボーダーラインのようです。
限界点で言えば1時間辺り「11μSv/h(じゅういちマイクロシーベルトパーアワー)」になります。

最近では家庭用のガイガーカウンターも安価に手に入るようになってきましたし、情報がなくただ「コワイ」と思うならそうしたアイテムで「安心」を手に入れるのもいい方法かもしれませんね。

ちなみに、この「銀色テントむし660」のブログでは2012年5月12日以降の訪問先において放射線量測定を行っています。
天候や時間帯、測定位置により大きく差が出るものではありますが、「気休め」にご覧いただければと思います。

※テキトーな計算ですので間違っているかもしれません。転記・クレームはお控えいただけると幸いです♪


□原子力科学館
 茨城県那珂郡東海村村松225-2
 TEL:029-282-3111
 開館時間:9:00-16:00
 休館日:毎週月曜および年末年始
 入館料:無料
 駐車場:無料


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/20 14:30 天候:晴れ  
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

銀色テントむしでデカ盛り…383軒目・日立市「光力」
日立市でリーズナブルにおなか一杯海鮮丼を食べたければ「多喜田」ですが、載っている海鮮のボリュームならもっとスゴい店があると聞き行ってみました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やって来たのはJR常磐線の大甕(おおみか)駅から東(太平洋方向)に進み、245号線を北に進んで水木小学校入口交差点の次の信号を西に曲がった道の北側にあるコーポ宝来の1階右側の「食事処光力(こうりき)」です。
隣も「宝来寿司」と言う店なので躊躇しますが、右側の店です。
駐車場は併用のようで宝来寿司前に停めても良いと言われました。
DSCF1458.jpg

11時半のオープンですがどうしても食べてみたかったので30分前から並んでみました(笑)
オープン前からnorizo一家の4人を合わせて9人が並んでいます。
そんな苦労をして注文したのが「限定五食海鮮丼(1,050円)」です。
DSCF1462.jpg
生ガキ、サザエ、頭付き生ボタンエビ(?)の他10種類以上の海鮮に彩られています。
1日限定5食のみなので4人分注文したいところですが、他にも待っていたお客さんのことを考えて1つだけにしてみました。
「デカ盛り」と言うボリュームには少々足りないかもしれませんが、この価格でこのボリュームなら納得です。
鮮度の良さは生ガキが物語っていますが、具のひとつの鯛の刺身などは皮が湯引きされていて風味良く、刺身の1品1品に大将の「愛」を感じずにはいられません。
サラダ、あら汁、茶碗蒸し、漬物がセットになっており、あら汁はお替り無料です。

数量限定らしい「限定ばらちらし(1,000円)」にも惹かれたので注文してみます。
DSCF1463.jpg
マグロとブリをメインにきゅうりやニンジン、刻み海苔がトッピングされて山盛りです。
ご飯の量は1合弱程度なので大食漢に「満腹」は求められませんが、鮮度と美しさを兼ね備えた逸品です。
こちらもサラダ、あら汁、茶碗蒸し、漬物がセットになります。

限定品が売り切れてもお腹一杯になれるメニューが「本日の選べるランチ(850円)」です。
DSCF1459.jpg
壁に貼られたおかず(刺身、焼き魚、エビフライ、から揚げなど9品)のうち2種類を選んで定食にできるのですが、同じものをダブルにも出来ます。
また、あら汁とご飯がお替り自由なのが何よりも魅力的です。
寿司屋の美味しいあら汁とご飯があればいつまででもご飯を食べ続けることが出来そうです(笑)
リーズナブルに満腹を目指すのであれば「本日の選べるランチ」の食べ放題ご飯は捨て難いところですね。

ちなみに限定5食の海鮮丼には食べ辛いエビ、カキ、サザエが入っていますが、エビは頭の殻を外して味噌まで吸いやすくされており、カキは下味がつけられてツルリと一飲みできる状態、サザエは殻の一部を欠いてスルリと身を取り出せるように工夫されていました。
おかげでズキマル君はエビの最後の1滴まで吸い尽くしていました。
DSCF1464.jpg

12時前には満席で、外に行列が出来るほどの人気ぶりなのには恐れ入りました。
しかし、待ってでも食べてみたかった海鮮丼はウワサに違わぬ絶品で「デカ盛り」ではないまでも、十分に眼と胃袋を満足させてくれました。

次回はガッツリ定食を食べてみたいですね。
幸せな満腹感に満ち溢れながら店を出ました。


□磯料理 光力(こうりき)
 TEL:0294-35-9500
 茨城県日立市水木町2-4-10
 営業時間 11:30-14:00,17:00-22:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり(宝来寿司併用5台)

磯料理 光力魚介・海鮮料理 / 大甕駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/12 10:30 天候:曇り  
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…笠間「C58275」
茨城県は意外と静態蒸気機関車が少ない気がしますが、笠間市に1台あるとのことで行ってみました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やって来たのは笠間駅の北にある「笠間市民体育館」の一角にある「石井児童公園」です。
駐車場は体育館のものを使えるんですが、訪問時には体育館入口2階の窓が割れてベニヤ板で補強されており、入口には鍵がかかっていました。
しかし、公園には問題なく入れます。
DSCF1449.jpg


この石井児童公園に置かれている静態蒸気機関車が「C58275」です。
DSCF1450.jpg


製造総数427台とデゴイチに続いて車体数が多いSLです。
京都の梅小路蒸気機関車館にある1号機は「菊の御紋」をつけて現役、埼玉県で秩父鉄道を走る363号機も同じC58です。
DSCF1451.jpg


東北地方で長く活躍した車両ですが、現役の最後を九州で迎えたため(暑かったから?)運転席の扉が無いそうです。
DSCF1453.jpg


屋根付で保存されていて、金網で柵をされていて中に入れないため、保存状態も良いように感じます。
運転席への階段も設置されていないことから、展示当初から運転席に乗ることは目的になっていなかった車両であると思われます。
塗装状態も悪くないですし、後姿にもなんとなく、「まだまだ頑張って見守る」と言うカンジを受けます。
DSCF1454.jpg


解説を読むと「水戸線を走っていたSLが欲しかったけど貰えなかったから同型を置いたよ」ってなことが書かれています。
うーん、それらしい静態も動態もC58には見つけられないんですが・・・何号機なんでしょう?
DSCF1452.jpg


楽しく観察していると、ズキマル君の姿がありません。
周囲を見回すと、すでにジャングルジムのとりこになっていました。
DSCF1457.jpg

こんな風に旅したことをズキマル君は覚えていてくれるんでしょうか?
いつかまた、ズキマル君の子どもとでも遊びに来られるといいなぁ・・・と思いつつ今回のSLを後にしました。


□笠間市民体育館(C58275)
 茨城県笠間市石井2068-1(笠間市民体育館)
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴
  製造:1941年3月20日 汽車製造 No.2060
  新製配備:1941年3月30日 宮古
  移動:1949年3月15日 盛岡
  移動:1953年9月11日 新庄
  移動:1974年4月25日 志布志
  全検切れ:1974年12月15日
  さよならSL:1975年1月19日 志布志線
  廃車:1975年3月31日 志布志
 ※情報元:やまてつさん

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/20 08:30 天候:曇り  
測定値:0.48μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしで「忠臣蔵」…笠間「笠間城・真浄寺」
忠臣蔵」は全然詳しくないんですが、前回の新発田城(しばたじょう)が忠臣蔵ゆかりの城だったので、なんとなく関連付いて行ってみたくなりました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やってきたのは茨城県の笠間駅を北に進み、笠間稲荷の奥に進んだところにある「笠間城(かさまじょう)」跡です。
森の中に駐車場と公園があり、公園自体が笠間城主下屋敷跡のようです。
DSCF1434.jpg

本丸は明治維新後の廃藩置県の折に取り壊されてしまっており、その姿を見ることはできません。
奥のほうまで山道を歩いていくと櫓跡に神社が建立されているのを見られるそうですが、すでにスズメバチがウロウロしているので、行くのは断念しました。
DSCF1441.jpg

公園内に大きな建物が3つあります。
一つは笠間城ゆかりの「時鐘」です。
DSCF1436.jpg
時代背景はよくわかりませんが、指定文化財になっているそうです。
鍵がかかっていて中に入ることは出来ませんでした。

時鐘の右側で駐車場側を見ているのは「大石内蔵助」像です。
DSCF1435.jpg

忠臣蔵は、江戸時代中期(元禄14年3月14日(西暦1701年4月21日))に江戸城内の松の廊下にて赤穂藩(兵庫県赤穂市周辺)藩主浅野長矩(あさのながのり)が、高家肝煎・吉良義央に切りつけた刃傷沙汰に端を発します。
これにより浅野氏は即刻切腹となり、咎めを受けなかった吉良氏に対し赤穂藩浪士が討ち入りに入るのが大筋です。
この浅野長矩(通常は官職から「浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)」と呼称される。)の曽祖父に始まり1622年から1645年までを浅野家が藩主をしていたそうです。
よく考えると「大石内蔵助」は関係が薄いように感じられますが、江戸時代切っての人気作ゆえに、その歴史を紐解いて行く上では参考になる資料です。

もう一つは笠間城には関係ありませんが、1段上がったところにある「旧笠間市立美術館」です。
DSCF1438.jpg

1900(明治33)年、明治天皇が笠間に行幸された際、西茨城第一高等小学校に宿泊されたことをきっかけに1950(昭和25)年、建物の一部現在地に移築し「笠間町立美術館」として開館した建物です。
すでに閉館していますが、1995年に改修作業を行っているため、ノスタルジックないい雰囲気を醸し出しています。

これと言って城らしさに出会えないままと言うのも悲しいので少々場所を移動しましょう。
笠間城址から1キロほど北に進んだところに「真浄寺(しんじょうじ)」と言うお寺さんがあります。
DSCF1443.jpg

お寺さんと言えば、廃城の折に天守や櫓を移築してくれていることがあるのがメリットです。
この真浄寺には笠間城の「八幡台櫓(はちまんだいやぐら?)」が移築されているのです。
DSCF1447.jpg



入り口こそ改築されて「お寺」になっていますが、横から見たら「櫓」そのものですね。
以前は石垣も笠間城の瓦で作られていたとのことですが、見つけることは出来ませんでした。

横にはひっそりと石碑と解説も建てられており、歴史を楽しむ上ではナカナカの資料ですね。
DSCF1445.jpg

かなり大雑把に散策しましたがそれでも約1時間程度かかりますね。
ハイキングの装備と蜂よけの対策があれば1日かけて笠間城をもっと詳しく巡ることができるかもしれません。
とは言え、ウチのお利口(笑)な子ども達には1時間が限界です。
戦国、幕末をかじりたてのお父さんには、いくら「浅井長政」の子孫の城とは言え、子ども達に熱く語るのは難しいお城でした。


□笠間城‎
 TEL:0296-72-9222(笠間市観光協会)
 茨城県笠間市笠間3616
 駐車場:笠間稲荷駐車場
◇真浄寺(八幡台櫓)
 TEL:0296-72-0090
 茨城県笠間市笠間322-1


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示


みどころ
時鐘
大石内蔵助像
八幡台櫓(真浄寺)

ワンポイント
戦国史
天正18年(1590年)の小田原征伐の際、笠間綱家が宗家の宇都宮氏に逆らい後北条氏に組したため、同戦役後宇都宮氏に攻められ笠間氏は滅亡した。
その後、一時宇都宮氏が支配した後蒲生郷成が入城し、この郷成の手により織豊系城郭に改修されたと考えられている。
慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い後には松井松平家が入り、その後小笠原氏が入ったが改易されて、ついで戸田松平家が入り、そして永井氏が入った。
その後、外様大名の浅野氏が2代、井上氏が2代、本庄氏が2代、再び井上氏が3代入った後、牧野貞通が入り、以後8代続いて明治維新を迎えた。

忠臣蔵データ
浅野長重、長直の領地。大石家等諸代の家臣がいた。
長重は、浅野長政の三男。
赤穂浅野家の始祖で長矩の曽祖父の長直は、播州赤穂初代の城主。
城跡公園内に義士顕彰碑がある。

幕末史
明治3年(1871年)の廃藩置県、明治6年(1873年)の廃城令により廃城処分とされ、建物は取り壊された。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/12 7:00 天候:曇り  
測定値:0.17μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

銀色テントむしの走行記録「110,000キロ」
先日の日曜日(2012年5月20日)には我が家のイーケーキャンプも納車1458日目です(笑)
えぇ、特に特別な日ではなさそうなんですが、特別な日だったんです。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今週は茨城をぶらぶらと旅する日帰りの予定でいましたが、出発前にふと走行距離を気にしてみたらいい距離が近づいています。
タイトルどおり「110,000キロ」が目前に迫っていたのです。

どの辺でキリ番をゲットできるかわからなかったので、のんびり距離計を眺めながら目的地に向かっていました。
朝6時15分、ついにその時がやってきましたよ♪
DSCF1431.jpg

速度がビミョーなので正確な位置のご報告はアレ(笑)ですが、茨城県土浦市近辺で11万キロを達成しました♪

目標としてはあと9万キロくらいは乗りたいと思っているんです。
軽トラの寿命は「赤帽」さんの過酷な使用状況によって伸びたと、以前「夫婦で車中泊」のとしさんがブログで仰っていました。
なるほど、確かにムカシの軽トラって「安かろう、悪かろう」のイメージが強かったんですが、現在は耐久性に何ら問題を感じませんからね。

10万キロのときにも「買い換えちゃ~」と言うコメントを頂きましたが、モカが小学校を卒業するあと2年間は買い換えられません。
乗り出し価格で350万円の高級車ですからねぇ(笑)

次回からは「旅ブロ」に戻りますので、安心してお付き合いください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2012/05/20 06:15 天候:曇り  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:未測定



テーマ:軽トラ - ジャンル:車・バイク

銀色テントむしの家族で「金環日食」
関東近郊で「金環食(きんかん日食)」を次に見られるのは300年後らしいので、有給をもらい仕事を休んで、子ども達と観察してみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

norizo家近隣で見晴らしがよく太陽を見られる場所と言えば「江戸川の土手」です。
この場所は空気のキレイな冬場ならスカイツリーもよく見えるのが特徴です。

子ども達は週末に運動会があったために、5月21日は学校が休みです。
散歩の方やランナーに迷惑をかけないように隅っこにアウトドア用のベンチを持ち込んで、のんびり「日食」を楽しみましょう。
東京近郊の金冠日食は2012年5月21日午前7時31分59秒から午前7時37分00秒の5分1秒間とのことです。
しかし「食」の始まりは朝6時19分2秒で終わりは朝9時2分37秒と3時間近くもあります。

せっかくなので6時過ぎには土手に上がって準備をします。
DSCF1496.jpg
おぉ、明日オープンのスカイツリーもぼんやり見えていますね。

昔、バスの運転手だったじいやんは行き先の横幕である「方向幕」に太陽が入り込むと太陽がよく見えることに気がついたそうです。
そんなわけで、じいやん手作りの方向幕をぶった切ってダンボールにホチキス留めした「金冠日食メガネ」とサングラスの併用で金冠日食を待ちます。
DSCF1499.jpg

後方に雲が見えていますがしっかり晴れています。
7時前に手作りメガネを覗いてみるとすでに太陽が欠け始めています。
0630.jpg

7時30分頃ともなると興奮も絶頂です♪
0715.jpg

まぁ、この頃になるとすでにズキマル君は飽きてきてしまい空など見ていないんですが(笑)
DSCF1501.jpg


金冠日食の時間が近づくと共に雲行きが怪しくなってきました。
周囲で見ている観客からも落胆の声が聞こえてきます。
ところが、雲の隙間から目視でちょいちょい金冠日食が見えるではないですか!
0733.jpg

意外といいタイミングで雲が薄くなり、月影が太陽の中央に来る頃にもしっかりその姿を現しました。
0736.jpg

急激に気温が下がってきて、周囲は雷雨でも来るかのような暗さになります。
しかし、それも短時間で終わり金冠日食の終わりと共に明るくなり始めました。
0740.jpg

金冠日食が終わる頃になって、また晴れ始めてきたのにはショックを受けましたが、それもいい思い出でしょう(笑)
日食の終わりまで見ていようかとも思いましたが、カラダも冷えてきましたし、ズキマル君の飽き方も尋常でなくなってきたので8時前には見学を終了しました。

・・・この時間なら有給を取るほどでもなかったなぁ(笑)

しかし、一生に一度のイベントを家族で過ごせたのはプライスレスな体験でしょう。
norizoの父母は近くに住んでいるのでこのイベントを3世代で楽しめたのもいい思い出になりました。

子ども達が親から離れていく日まで、もう少しだけ一緒にいてくれる日々にお付き合いください。

※今回の太陽の写真はいつものブログ用カメラ「FUJIFILM Z30」では撮影できませんでした。
 そのため「Panasonic HDC-SD7」でズーム撮影しトリミングしています。
 赤い太陽は方向幕越し、白い太陽は目視状態での撮影ですが照度は修正していません。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/05/21 7:30 天候:曇り  
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:江戸川の土手の上GL約1000mm(腰高)



テーマ:家族時間♪ - ジャンル:育児

銀色テントむしの「北関・磐越ぐるっとパス」レビュー
この記事では、今回利用したETC搭載車両で使える関東近県の茨城・群馬・栃木・福島・新潟の割引プラン「北関・磐越ぐるっとパス」を振り返ってみましょう。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

新潟までなら「北関・磐越ぐるっとパス」を「ドラぷら」から前日までの事前申し込みで軽キャンなら2日間5,500円で往復することが出来ます。
(※このサービスは平成24年5月11日~7月17日までの土日祝を1日以上含む日程で使えるプランです。
首都圏発着対象エリア乗り放題2日間なら軽自動車5,500円(普通車7,000円)、3日間なら軽自動車6,000円(普通車7,500円)です。
どちらも利用日制限や付随特典があるので詳しくは「ドラぷら」からご確認ください。)

この割引サービスは高速道路を「降りる」タイミングで利用がスタートとなります。
このサービスを利用して新潟旅行を楽しんだわけですが、実際かかる費用と比べてどのくらいお得だったんでしょう?

高速道路の出発地点は「三郷南(みさとみなみ)インター」だったんですが、外環は対象外なので400円を別料金で支払っての出発となりました。
割引利用区間の開始地点は東北道の「浦和料金所」でした。
スタートは関越道で「所沢~米山」間で2,550円です。
ホントは春日山城に行きたかったのでもう少し先まで行きたかったんですが、割引区間がここまでなので40キロ程度手前でしたが米山インターで下車します。

上越エリアの観光を終えて、フリー区間の始発地点の米山インターまで下道で戻ります。
宿泊地が新潟市なので「米山~新潟西」間で1,000円の表示が出ます。

翌日は新潟駅に寄った後、新発田城に行きたかったので「新潟亀田~聖籠新発田(せいろうしばた)」間を走ると300円の表示が出ていました。
新発田城の観光を終えて、今回の旅を締めくくる帰路に着きます。
「聖籠新発田」から高速道路に乗りますが、フリー区間が続くので給油は下道に降りましょう。
30リッターくらいしか入らないタンクですが、リッター10円程度の差があるためケチって下道に降りるのです。
降りた場所は「寄居PAスマートIC」で表示額は2,100円です。
給油後に次の「前橋」から高速に戻りますが、関越道はこの先渋滞しているとのことで、北関東道を抜けて東北道に迂回します。
外環は有料なので手前の「浦和」で高速を降ります。
この時の「前橋~浦和」は1,450円でした。

計算してみると今回の高速代の総額は7,400円ですから1,900円お得だったことがわかりました。

スタートを含め土日の旅だったのでメリットは薄いようですが、平日を絡めた2日間や3日間のプランでの行動であれば通常の割引率が低いため、更にお得度をアップさせての活用が可能になることがわかります。

区間内のサービスエリアやパーキングエリアではスタンプラリーも実施していて、抽選で10名に20,000円相当の地域特産品(15箇所1口)、40名に10,000円相当の地域特産品(10箇所1口)、200名に3,000円分のサービスエリア等で使えるお買い物券(5箇所1口)が当たります。

米山SAについてからこのキャンペーンに気がついたのでスタンプは全部で16個しか押せませんでしたが、ナカナカ興味深いキャンペーンですね。

7月17日までのキャンペーンなので、もう少しスタンプ集めを頑張ってみようと思います。

夏休み前の期間限定ですが、それだけに宿泊費も安いですし、観光地までの道のりも渋滞を避けて楽しめるメリットは大きいと思います。

皆さんもちょっと旅を計画してみてはいかがでしょう。

ちょっと旅に出るのが難しい方には…
これからも「銀色テントむし660」で旅の気分を楽しんでいただければと思います。
それでは次回からもお付き合いいただけることを楽しみにお待ちしております。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   


名城100選スタンプラリー・31箇所目「新発田城」
1979年に公開された千葉真一主演の「戦国自衛隊」を久々にDVDで見てみたら、一緒に戦う武将が織田信長でなく長尾景虎(上杉謙信)だったので、自分の記憶のあいまいさにビックリしました。

さて、スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本の100名城ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


今回やってきたのも新潟の名城「新発田城(しばたじょう)」です。
近因のイベントと重なって城郭近隣の駐車場は全て満車だったため2キロほど離れた学習センターの駐車場を借りての訪問となりました。
個人的には上杉謙信のイメージですが、忠臣蔵で有名な赤穂浪士の一人「堀部安兵衛(ほりべやすべい)」が新発田の出身であったことから銅像が建てられています。
入場料がかからず、朝9時から夕方17時まで見学できるのは魅力的ですね。
本丸は廃藩置県の折に解体されてしまっていますが、新潟県で江戸時代の様子を残す数少ない史跡です。


新発田城には「表門(おもてもん)」から入ります。


大手門下で「100名城スタンプ」が借りられるので、今回は先にスタンプを押してしまいました。


表門左側からお堀の石垣に登ることができ、表門の中にも入ることが出来ます。


表門の中は薄暗く、静まり返っていますが、今は亡き本丸の模型など興味を惹かれる展示事物に溢れています。


表門右手(東側)にあるのが「辰巳櫓(たつみやぐら)」です。


辰巳櫓の中も資料館になっていますが、明かりもありどちらかと言うと博物館のような雰囲気です。

2階に上がることもでき、窓からの景色もステキですよ。

辰巳櫓から表門を素通りして西に進むと「旧二の丸(きゅうにのまる)隅櫓(すみやぐら)」があります。

こちらも2階建ての櫓で中に入ることが出来ます。

隅櫓は当時を思わせる慰撫されたような柱が印象的です。


2階では太い柱が当時の栄華を物語っています。
櫓って、本丸内を望む窓はないんですねえ…


隅櫓の入り口から見えるのが南側にある「三階櫓(さんかいやぐら)」です。
三階櫓は自衛隊敷地内にあるので普段は近くで見ることが出来ません。
最もよく見えるのは隣の新発田公園からお堀越しに望む風景です。
是非とも近くで見てみたいものですが、建てられた塀の内側は明治から続くと思われる軍用地となっていて、今は自衛隊の駐屯地です。


ところが、今回はタイミングよく激レア写真を撮ることに成功しました。
これは先ほどの堀の左側に見える塀の内側から撮影した写真です。
なんと訪問した日がたまたま「新発田駐屯地記念行事」の日だったので敷地内に入ることが出来ました。


三階櫓付近は立ち入り禁止区域になっていましたが、唯一近くまで行く方法が、軍用車での敷地内一周ツアーです。
城跡と駐屯地の境界エリアを走るため、普段は見ることの出来ない角度で城址を楽しむことが出来ます。 


名城でありながら、この環境により人々から呼ばれている新発田城の別名が「戦国自衛隊」だそうです。
軍用車でのクルーズをしてみると、その比喩があまりにも的を得ているので笑ってしまいます。


広場では軍用へリや戦車などを間近で見られるとあって親子連れやカメラを抱えたおにぃさん達が群がっています。
ズキマル君の持たせてもらった「普通科連隊用5.56mm機関銃MINIMI」と三階櫓を見るとまさに「戦国自衛隊」ですね。


「旅団部隊用110mm個人携帯対戦車弾」と三階櫓なんて言うのも撮ってみました。

考えてみれば、こんな武器を手に取ることなく幸せに暮らしていられるのも、駐屯地の皆さんが日々訓練を繰り返し、有事の起こることを未然に防いでくれているからなんでしょうね。


城めぐりをしていて、家族で思わぬ体験をすることが出来、充実した1日を過ごすことができました。


歴史についてのワンポイントがないままのネタになってしまいましたので、後はおまけをご覧ください♪


□新発田城(しばたじょう)第31番
 TEL:0254-22-9534
 新潟県新発田市大手町6-4
 入館料:無料
 営業時間 9:00‐17:00
 休館日:12月1日~3月31日
 駐車場:あり
 スタンプ設置場所:新発田城表門受付
 通称・別名:菖蒲(あやめ)城・舟形城
 主な城主:溝口氏


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

 みどころ
 三階櫓
 二の丸隅櫓
 本丸表門

ワンポイント
新潟県内では唯一、江戸時代当時の城郭建築が現存する城跡である。

戦国史
代々新発田氏の居城となっていたが、1581年(天正9年)、新発田重家が上杉景勝に対して反乱を起こした(新発田重家の乱)。
1587年(天正15年)、景勝により新発田城は落城。新発田氏は滅亡した。
その後上杉氏の会津転封に伴い、1597年(慶長2年)、溝口秀勝が6万石の所領を得て新発田に入封となった。
城が完全な形となったのは1654年(承応3年)頃、3代溝口宣直の時代といわれる。
その後1668年(寛文8年)、1719年(享保4年)に火災によって城内建築に大きな被害を受けるが、その度に再建されている。

幕末史
1873年(明治6年)に明治政府より発布された廃城令により、表門・二の丸隅櫓と石垣のみを残し、城内の建物は三階櫓など大半が破却された。
明治政府に接収された城跡には陸軍の歩兵第16連隊が置かれた。

※ウィキペディアより抜粋


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/13 14:00 天候:晴れ  
測定値:0.07μSv(測定器具:エアカウンターS) 測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…382軒目・新発田「ドライブイン小柳」
新潟県の新発田の先にのんびり出来るデカ盛り店があると聞いて行ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

近くには鉄道も高速の出口もない田園風景の一画に、11時半のオープンと共にお客さんが入り始め、昼近くには満席になる、そんな場所が「ドライブイン小柳」です。
のれんは「焼肉」ののぼりが横にかかっています。
店内は居酒屋と定食屋と割烹が一つにまとまったような「和」の雰囲気でかなりの広さです。
右奥の小上がりの席に座りメニューを眺めます。


ご主人が注文をとりに来てくれたので「カツカレーと豚カツ定食を頼むんですがもう一品食べられると思いますか?」と聞いてみます。
ご主人はnorizo一家が4人であることを確認し「えぇ、食べ切れますよ。」と断言します。
そんなご主人の言葉を信じ、3品注文することにします。
お冷は水かと思いきや、「綾鷹」が注がれてきました。
お冷のお替りも「綾鷹」です。


田園風景にふさわしく、待ち時間ものんびりと過ごすことになります。
店内には分厚いグルメ系のマンガがたくさんあるので1冊読みきるくらいの覚悟で配膳を待ちましょう。

1品目は「豚カツ定食(750円)」です。

ご飯はどんぶり飯ですが、さすが新潟だけあってご飯だけでおかずがなくても食べられるほどの美味さです。それに加えてデカいカツ。
大手カツ丼チェーンの「梅」の5倍程度、高速道路のサービスエリアのトンカツの3倍くらいの大きさがあります。
…「食べきれる」って、ダマされたかもしれない(笑)


ズキマル君ご所望の「チャーハン(550円)」も運ばれてきました。

パラパラに炒められたご飯はソース系の味付けです。
ミックスベジタブルとチャーシューのバランスがいいです。
でも…ご飯が2合くらいあります。
…「食べきれる」って思ったのかな???


そして禁断の「カツカレー(800円)」が普通盛りで登場しました。

ダマされたよね・・・、ダマされたよ(笑)
すり鉢にぎっしりの新潟産のおコメとカレーのルーがマッチし、上には分厚いトンカツが鎮座しています。
が、カツの後ろまでうずたかく盛られたご飯と溢れんばかりのカレールーは到底1人前の量ではありません。
美味いんですよ。
美味いんですけど…
ボリュームがありすぎです(笑)


大変申し訳なく思いながら、撃沈ですorz

ご主人にお詫びしつつお会計をします。
このボリュームで総額2,100円です。
うーんリーズナブル♪
このお店、食べログでnorizoが師匠と仰ぐ(ジャックと豆の木の)Jackさんからのご紹介で伺いました。
いい店教えてもらったなぁ♪

新潟の小さな街のデカ盛り店に再訪とリベンジを誓い店を去りました。


□ドライブイン小柳
 TEL:0254-27-3531
 新潟県北蒲原郡聖籠町大字次第浜2055-3
 営業時間 11:30-14:00,17:00~ラストまで(その日による)
 定休日:月曜日
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/13 12:30 天候:晴れ  
測定値:0.56μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
銀色テントむしでSL巡り…新発田「D51512」
新潟県の新発田駅(しばたえき)の近くにも静態SLが展示されていると聞いて行ってみる事にしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは羽越本線の新発田駅の西口ロータリーを左手に出てすぐのところにある「東公園」です。
新発田城や市役所から見れば南、新発田駅から見れば西なのになぜ「東公園」なのかは不明です(笑)
ここに展示されているの静態蒸気機関車が「D51512」です。
デゴイチの512番と言う位置づけですが、総数は1118輌ですし大宮工場で26番と言う製造番号が付いていることから別に512台目と言うことではないようです。

現在デゴイチで一番有名な車輌は「D51498」で「SLみなかみ号」や「SLうすい号」の他、全国の動態SLイベントで撮影されている機関車でしょう。
498は1966年3月末から1972年3月までを新津区間で活躍していることから、この512とは非常に縁深い車輌です。
…と、言っても我が家で現役時代の蒸気機関車を見たことがあるヤツはいないんですが(笑)


低いながら全体に柵が巡らされ、入り口には鍵がかかっているので入ることは出来ません。


運転席の窓もないのは残念です。
しかし、屋根付きで塗装状態も悪くないのは嬉しいです♪


後方はライトの状態が芳しくありませんが、腐食も少なく保存状態のいい車輌だと思います。


解説板を読んでみると「配属から廃車まで同一区間内のみで32年間を過ごした珍しい車輌」とのことです。

動態保存になり、いまだ第2の人生(?)を現役で歩む498とは違いますが、それでもアタマを並べて過ごした車輌が、こうして新発田の人たちを見守っているのだと思うと、末永く元気でいて欲しいと思わずに入られませんでした。



□東公園(D51512)
 新潟県新発田市諏訪町1-9
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴
  製造:大宮工場 No.25
  配置:1948年7月1日 新津
  配置:1957年11月1日 新津
  配置:1968年4月1日 新津
  廃車:1972年11月30日 新津
参考:やまてつさん

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/13 11:00 天候:曇り  
測定値:0.36μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:測定場所:SL前GL約1000mm(腰高)
銀色テントむしでSL巡り…新潟「ばんえつ物語」
動態SLの醍醐味をお伝えすべく動画が投稿できるブログのアメブロを選択したんですが…
2012年6月5日にAmebaVisionの投稿が終了、同12月4日に表示終了と言うことで非常に残念です。
そんなこととはつゆ知らず、新潟まで動態蒸気機関車の映像を撮影しに来てしまいました(笑)

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは新潟の拠点「新潟駅」です。
万代口には30分無料のコインパーキングがあり、その後も30分160円なのでテントむしはここでお留守番です。


動態蒸気機関車「ばんえつ物語(C57180)」が新潟駅の7番ホームに入ってくるのは朝9時半頃の予定なので、そのちょっと前に行ってみると…
あれ?もう到着してしまっていました。
ヘッドマークのオコジョさんが出迎えてくれます。
・・・ヒゲが曲がってますよ(笑)


「ばんえつ物語」はシーズンごとにヘッドマークが違うのも楽しめるとことです。
新潟~会津若松間の走行なので関東圏からの見学にはちょっと体力がいりますが、関東圏を走る秩父鉄道のパレオエクスプレスや真岡鉄道のSLもおかよりもゆったりと田園風景を進んでいくSLを見られるのが魅力です。


今回のヘッドマークは鯉のぼりでした。
ちょっと時期を逸している気もしますが、それもまた良いでしょう♪


ナゼ到着時間が予想と違ったのかと思ったら、イベントで出発セレモニーがあるために通常より早く到着していたようです。
オコジョさん、さっきとは逆のヒゲが(笑)


出発セレモニーが終わると、真っ黒な煙を噴き上げて発車準備にかかります。


7番ホームの一番端に陣取って出発を見送ってみました。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=ols52qg75nW:bhbX:Nl:cd:z2yqs2elSrR7bf7/xmLdmbYTUogKJUd:Dx_I:xg:OR:XP.vIIAVRHT6dhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
※2012月12月以降はこの動画が閲覧できなくなります。

ばんえつ物語を見送ったら、今回の「見送り鉄」も作業終了です。

時間を見極めれば駐車場代もかけずに入場料だけでSLを楽しむことが出来るのは良いですね。
たくさんの人に見送られながら走り行くC57180「ばんえつ物語」の姿に東北の復興しつつある姿を重ね、熱い思いを胸に新潟駅を出ます。


これからも末永く動態運転してくれることを切に願いつつ、ズキマル君との思い出をまた一つ増やしました。


□新潟駅「SLばんえつ物語(C57180)」(動態)
 新潟市中央区花園一丁目1-1
 所属事業者:東日本旅客鉄道(JR東日本)
 開業年月日:1904年(明治37年)5月3日
 駐車場あり(万代口:30分まで無料、以降160円/30分)

 往路:新潟駅09:31着09:43発 7番線
 復路:新潟駅19:00着19:23発
※1012年4月現在の時刻表です。


より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示

◇車歴
  製造:1946年8月8日 三菱重工業三原工場 No.513
  新製配備:1946年8月8日 新潟
  移動:1963年4月26日 新津
  全般検査:1968年7月30日 長野工場
  最終列車牽引:1969年9月30日 1225列車
  第二種休車:1969年10月5日 新津
  保存場所搬入:1969年10月12日 新津第一小学校
  廃車:1969年11月8日 新津
  車籍復活:1999年3月26日
※資料元:やまてつさん

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/13 10:00 天候:晴れ  
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
激安ホテルレビュー…新潟「チサンイン新潟中央」
新潟に来てもやっぱりキャンプ場でなく激安ホテルを選んでしまいました(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは銀色テントむしではおなじみのチサンインシリーズ、「チサンイン新潟中央インター」です。
その名の通り新潟中央インターを下りてすぐのところにあります。
今回は朝から予定を詰めているので素泊まりプランでの宿泊です。
思い立ってから旅に出るまで1週間もなかったので、5日前の予約となりましたが家族4人での宿泊費用は7,800円(1,950円/1名)で済みました。


チサンインは全国に展開するチサンホテルの中でもリーズナブルさに主点を置いたホテルです。
サービスのほとんどはセルフとなりますが、ナイトウェア、ポット、加湿器、消臭剤、氷、新聞など主立って必要と思われるサービスは用意されています。
また、コインランドリーもあるので、長期滞在にも不便は感じません。

※ヌイグルミは子ども達のマイ枕です(笑)

フロントにはちょっとしたおもちゃや絵本などもあるので早く到着してしまっても子どもが飽きることもありません。


部屋は5畳程度ですが、2段ベッドになっているので「眠る」ことを目的にするなら不便はありません。上段は幅90センチのシングルベッド、下段は160センチのクイーンベッドになっています。
空調、テレビ、冷蔵庫、インターネットは常設されているので快適に過ごせます。
トイレと浴室は一体ですが、ウォシュレット付きですし、浴槽も大きいため疲れを癒すには最適です。


朝食を注文しなくても朝のコーヒーは飲み放題です。
意外と朝のコーヒーって眼が覚めるのでスキなんです。


前泊での車中泊での仮眠とは違い、しっかりと疲労を抜いて旅の2日目を迎えることが出来ます。
安価であるとは言え、チサンホテルグループであることから手抜きのないサービスであることから、旅先での宿泊に「チサンイン」を優先して探すことが、安く旅するポイントになっています。

皆さんも、クルマでの旅を検討の際には「チサンイン」を探してみてはいかがでしょう。


□チサンイン新潟中央インター
 TEL:025-284-2711
 新潟県新潟市中央区湖南14-5

 ◇プラン:【素泊り】スタンダードプラン
  部屋のタイプ:禁煙/15平米 クイーンベット(160cm)+ロフトベット(90cm)
  ■20型液晶TV
  ■無料LAN
  ■広々ユニットバス
  ■温水トイレ
  合計料金:7,800円(1,950円/人)

より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/12 20:00 天候:曇り  
測定値:0.07μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

銀色テントむしでデカ盛り…380軒目・上越「七福食堂」
上越市ででっかいオムライスを出してくれるお店があると聞き行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは北陸自動車道の上越ジャンクションと上越インターチェンジの間を南に行ったような場所で、しかも細い住宅街の道をウニョっと入ったところにある「七福(しちふく)」です。
栃木県小山のデカ盛りうどんは「五福」、デカ盛りオムライスは上越の「七福」ですね。

入口には「姫竹」のメニューと冷やし中華が押しのようで、大きく貼り出されています。


せっかくなので姫竹をふんだんにトッピングした「上そば(七福特製ラーメン:850円)」を注文してみることにします。

アクのない細いタケノコが印象的です。
タマゴとシイタケ、ネギが入っています。
ボリュームは普通ですが、ほかで食べたことの無い「スペシャル」な感じです。


サービスで山菜をつけて頂きましたが、アクもなく美味いです。


メインはやっぱり「オムライス大盛り(850円+100円)」です。
注文を聞きに着てくれた女性に「食べきれますかね?」と聞いてみると「4人なら大丈夫ですよ。」と言われて、安心しての注文です。

わははは!!
うん、デカイです。
予想通りの大きさではありましたが、むしろ驚いたのはタマゴのフワトロ具合です。
ちょっとした洋食屋さんにでも来たかのような美味さです。
その上でこのボリュームは…たまりません♪
ラーメンと2品を4人がかりで食べてちょうどのボリュームです。


満席ではないんですが、注文をしてからの待ち時間が30分くらいかかります。
余裕をもっての来店のほうがよさそうですね。

「大盛り」を注文するならリーズナブルに楽しめるいい店です。
家族4人で2品しか頼まなくても許してもらえる寛容さにも嬉しくなりました。
新潟に来たら立ち寄りたい名店です。

□七福食堂
 TEL:025-524-8653
 新潟県上越市幸町15-28
 営業時間11:00~20:00
 定休日:金曜日
 駐車場あり



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/12 12:00 天候:曇り  
測定値:0.72μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
銀色テントむしでデカ盛り…381軒目・新潟「はりま屋」
新潟大学の学生さんの胃袋を満たすリーズナブルな食堂があるときき行ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やって来たのは新潟大学の南西すぐのところにある「はりま屋」です。
夕方6時過ぎに訪問すると、別室では学生さん達の宴会が行われています。
しかし、半別棟で行われているため、食事のお客さんは気にすることなく食事を楽しむことができるようになっています。
駐車場は店の前に2台、近くの居酒屋さんのトコロに4台ほどあるようです。


店内は相席で大人数が座れる1階フロアと静かに食事が楽しめる半2階のテーブル席があります。
土曜の夜でそれほど忙しくなかったせいか、1階の8人がけのテーブル席を占領させてもらって食事を出来ることになりました。
…ちょっと席が広すぎて落ち着きませんけどね(笑)
はりま屋さんの特徴はご飯1杯お替り無料なのと、おかずのサイズに「大盛り(105円増し)1.5倍」、「ジャンボ(210円増し)2倍」、や「セット(210円増し)ラーメン1杯追加」がある点です。
更にデカ盛りチャレンジメニューなんかもあるんですが、今回も「無理せず楽しい食事」を目指して軽い(笑)メニューでレビューします♪

一品目は「チキンカツ定食大盛り(609円+105円)」です。

顔ほどの大きさのチキンカツとご飯、味噌汁がセットです。
定食を「大盛り」にするとおかずにから揚げ(5個くらい)が追加されます。

大盛りの上の「ジャンボ(210円)」にはコワくて手を出せませんでした(笑)
ご飯は普通の量ですが、1杯までお替り無料です。


もう1品は「チーピン丼セット(630円+210円)」にしてみます。

1合半ほどのどんぶり飯にハンバーグ、から揚げ、目玉焼きが載ったロコモコのようなソウルフードです。
どんぶり系メニューもサイズアップできるようですが…普通盛りでなければ親子でも食べ切れそうにありません。
ご飯は「さすが新潟!」と思わせるツヤツヤの美味しいご飯です。


かなりのボリュームですが、雰囲気的には茨城県つくば市の「RANRAN(ランラン)」で言う「ミニ盛り(一般サイズ)」、大手牛丼チェーン店で言うと「メガ盛り」強くらいのサイズです。
サイズアップ前のレギュラーサイズであることを考えると「RANRAN(ランラン)」と並ぶボリュームを期待できるかもしれません。


「セット」とはラーメンがつく追加メニューです。
通常420円のラーメンが210円でつくのは嬉しいですね。
かん水の効いたちじれ麺とあっさり醤油スープがよく合います。
具は水菜とメンマ、チャーシューが一枚です。
香ばしい焦がし油のアクセントがたまりません♪


美味しく楽しく食事を終え、家族4人での支払い総額はわずか1,554円です。
リーズナブルに美味しい食事を楽しめる大学生御用達の名店ですね。
胃袋と尿酸値に余裕があればデカ盛り系メニューにも挑戦してみたいですね。
新潟に来たら立ち寄りたい大ヒットのお店でした。


□はりま屋
 TEL:025-261-5672
 新潟県新潟市西区五十嵐2の町8280-17
 営業時間 11:30-15:00,17:00-23:00
 定休日:日曜
 駐車場あり



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/12 19:00 天候:曇り  
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
銀色テントむしでSL巡り…上越「D5175」
上越市にも静態蒸気機関車があると聞いたので、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは直江津駅の南西にある「五智(ごち)公園」です。
キャンプ場もある大きな公園ですが、その一角に交通公園を併設しています。
公園エリアで言うと南側に位置し、事前にカーナビ等で目的地をセットしておかないと県外のクルマではたどり着けそうもありません(笑)
敷地周辺をウロウロして、何とか駐車場を見つけることが出来ました。
この公園にある静態SLは「D5175」です。


屋根付の展示なのですが、長いことそのままなのか、それとも海風による塩害の影響か、塗装がところどころまだらになっています。


頭の部分がちょっと珍しいナメクジ型のようで、煙突まで一体化して見えるカッコイイ機関車です。


一応、車体の周りにはロープが張られていて入れない状態になっていますが、公通公園側にスタッフさんがいない時間帯であればこっそり運転席にあがる事も出来るかもしれません。
ズキマル君には正しい道を歩いて欲しいので、外回りだけを楽しむことにしました。
ズームで運転席内を撮影してみましたが、どうやら中もボロボロのようですね。


南側には北陸本線が併走しているスポットなので、ホントはもう少し大事にしてもらいたい車体状況です。


後姿も…保存状態に少々不安を抱きます。


解説も…ボロボロですね。

廃車になったのが1972年ですから40年近くこのままなのかもしれません。
しかし、そう考えると当時の機関車ってホントに丈夫ですよね♪


ついでと言っては失礼ですが、五智公園は遊具にも恵まれ子どもと過ごすには格好の場所です。
ちょっとだけ八重桜が残っていたのも嬉しかったですねぇ♪


しかし、あまりにも広大な公園なので南側の一角だけで半日過ごしてしまいました。


100円で楽しめるゴーカートもありますが、1人で乗れるのは小学校3年生からです。
2人乗りはしっかり200円かかります(笑)
でもズキマル君が楽しんでくれていたので良しとしましょう。


旧小学校と思われる建物は「上越青少年文化センター」になっています。
1階は科学を中心とした展示に溢れています。

2階では工作系のイベントが行われていました。
3階はプラネタリウムになっています。
全て無料なのでホントに丸1日楽しんでも小遣いに負担がかかりません。


SLこそボロボロですが、公園としては家族で楽しめるすばらしいスポットです。
次は桜の時期に来てみたいですねぇ♪


□五智交通公園(D5175)
 TEL:025-543-5948
 新潟県上越市五智6-1569
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示


 ◇車歴
  製造:1938年3月4日 川崎車輌 No.1894
  新製配備:1938年3月12日 水戸
  移動:1949年12月17日 宇都宮
  移動:1958年5月16日 宇都宮
  移動:1958年9月12日 長岡第一
  移動:1967年10月1日 酒田
  移動:1970年9月27日 新津
  廃車:1972年12月9日 新津

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/12 16:00 天候:曇り  
測定値:0.62μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
銀色テントむしのオイル交換(108,909キロ)
4月12日にオイル交換、翌週に車検をしたと思ったら、もう3000キロ走ってしまいました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回のネタは備忘録程度のお話です。
テントむしを購入する際に、販売店のロータスRVの担当さんに言われたのが「安くても良いから3000キロでオイル交換するだけで、10万キロ以上快適に乗れるよ!」の一言でした。
他はさて置き、この一言はなるべく忠実に実行することにしています。
前回のオイル交換の後、長野、埼玉、栃木、青森としっかり旅してしまったので1ヶ月弱で3000キロ走ってしまったようですね。

オイル交換と言えば、いつも通りスーパーオートバックス市川さんにお願いすることにしましょう。
4月21日の車検前にオイル交換を終えていたため、車検時にはエレメント交換をしませんでした。
今回はオイル代980円とエレメント930円ですが、オイル代を除き2,000円以上購入すると500円引きのクーポンがあったのでついつい靴入れ用にゴミ箱を買っちゃいましたよ。

今回の総額は3,013円でしたが500円の割引と800ポイントのキャッシュバックがありました。
相変わらずリーズナブルに買い物が出来て嬉しいです♪



待ち時間は古本市場で過ごしました。
ずっと忘れていましたが「3×3EYES(サザンアイズ)」の単行本の抜けが5冊ほどありました。
つい見つけて買っちゃいましたよ(笑)
買っただけでコンプリート感があり、まだ読んでいません(笑)

さて、今回も短時間で作業を終えてもらい、無事完了です。
この先の「銀色テントむし」の旅ブログにもお付き合いいただけると嬉しいです。


スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/05/08 20:30

名城100選スタンプラリー・30箇所目「春日山城」
いつも「戦国BASARA」ばかりネタにしますが、大河ドラマのDVDだって見るんですよ。
今回は「天地人」で上杉景勝(うえすぎかげかつ)直江兼継(なおえかげつぐ)の勉強をしつつ(笑)、新潟の城を攻めてみます。

スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本の100名城ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


今回は上杉謙信(うえすぎけんしん)の居城だった「春日山城(かすがやまじょう)」に挑戦です。
山城ですがクルマで結構上までいけると言うウワサも聞いていたんですが、何となく雰囲気を楽しみたいので、春日山神社の136段の階段の下の駐車場にクルマを停めます。

※段数は観光ボランティアの着物のおねぇさんに伺いました(笑)

春日山神社周辺がおみやげ物や観光のスポットになっているようですが、戦国武将の中でもかなり有名であるにもかかわらず、かなり地味な観光地です。



春日山神社で頭を下げたら、左手の「春日神社記念館」に向かいます。

大人200円、子ども100円で昭和44年放送の大河ドラマ「天と地と」ゆかりのアイテムを見られるそうですが、訪問時間が早く、まだ開館していませんでした。


更に左手に進むと石垣の上からは謙信公がどこかを見て立っています。



この像は関東地方を見ているとも川中島を見ているとも言われています…

とボランティアガイドの方が寄ってきて教えてくれました。
以前はすぐ近くまで登れたそうですが、現在は石段の下から謙信公の姿を見上げることしか出来ません。

せっかくなので、ボランテイアガイドさんもいっしょに春日山城址を歩いてもらうことにしました。
春日山神社を正面に右回りと左回りで城址を巡ることができますが、ガイドさんの勧めで左回り(時計回り)で進むことになりました。
これは、右回りだと春日山神社から毘沙門堂まではひたすら長いのぼり階段で、子ども達では飽きてしまうからと言う配慮でした。


三の丸跡は謙信公死後の跡目争いで上杉景勝と対峙した上杉景虎(うえすぎかげとら)が陣を構えた場所でもあります。
米蔵を含む三の丸は景虎が占拠したものの、この上にある本丸と資金を景勝に占拠され苦しかった姿が思い浮かびます。

炎の蜃気楼(ミラージュ)」の主人公が上杉景虎であるため、時々バラが献花されていることもあるそうです。

二の丸跡の先には「井戸曲輪(いどくるわ)」に有名な「大井戸(おおいど)」があります。

深さ8mと言われる底には今も水を湛えており、戦国当時から越後の地を支えてきた姿に神藤を覚えます。

さて、いよいよ本丸と天守台跡です。

と、言っても石碑が残されているだけです。
天地人」放送当時には、整備が行き届かない山城址でかなりクレームがあったそうですが、現在は景観を壊さないようにしながらも歩きやすい階段が作られ、家族連れでもガイドさんに同行してもらえば十分に楽しめる城です。

謙信公といえば「毘沙門堂(びしゃもんどう)」が有名です。
戦神として自らもその高みへと目指すため、妻も娶らず精神集中に明け暮れたとされる場所です。

この場所も「天地人」放送当時には建物もなかったそうですが、現在は中に毘沙門像も奉納されています。

ちなみに、正面の格子には1つだけガラスが入っていない場所があります。
ここにレンズをあわせると・・・

上手に毘沙門像が写真に撮影できるようになっているそうです。

解説版もあったはずですが…

どうやら災害の影響で壊れてしまっているようです。

この先には直江兼継の屋敷跡が控えています。

さらに虎口(こぐち)や「千貫門(せんがんもん)」跡などが下り坂に続きますが、子ども達が飽きてしまいました(笑)

幸いにもそんなタイミングで春日山神社に戻ってこれました。
ガイドさんについてもらい1時間程度の散策を楽しめました。
しかし、気になったのは「観光色」の弱さですね。
ガイドさんにお訪ねしたところ、「農産物と海産物に恵まれた土地のため、観光で収入を得る必要がなかったからかもしれない。」と教えてくれました。
なるほど、確かに新潟の名城は無料ですねぇ♪


そんな話をしていると、春日山神社の向こうから見たことのある格好の男性が歩いてきました。


おぉ、謙信公ですね。


記念撮影をさせてもらい、しばし歓談の後に城を後にしました。
この数年で観光地としての整備が随分進んだようで、歩きやすい山城でした。


おっと、スタンプも忘れてはいけませんね。
スタンプは春日山神社から2キロほど離れた「春日山城跡ものがたり館(かすがやまじょうあとものがたりかん)」にあります。

入館料無料で15分間のビデオと春日山城のちょっとした資料を見られます。


見学が終わったらスタンプをペタリ。



併設した公園は史跡となっており、ここも春日山城の一部だったようです。


敷地内には春日山城の模型が置かれています。

観光化が進んでいないながら、城と共に長く続いてきた町であることを改めて感じることが出来ました。
謙信公が目指した「争いのない世界」が、この町に深く根付いているように見えました。



□春日山城(かすがやまじょう)第32番
 TEL:025-544-3278
 新潟県上越市中屋敷字春日山
 スタンプ設置場所:春日山城跡ものがたり館
 スタンプ設置場所住所:新潟県上越市大豆334
 TEL:025-544-3728
 開館時間 9:00‐16:30(春日山城跡ものがたり館)
 休館日:月曜日、12月1日~2月末
 入館料:無料
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

 みどころ
 毘沙門堂
 井戸曲輪の大井戸

ワンポイント
上杉謙信の城として春日山山頂に築かれた天然の要塞、難攻不落の城として知られる。

戦国史
1548年(天文17年)12月、長尾景虎(後の上杉謙信)が兄・長尾晴景から家督を相続し、入城。
1579年(天正7年) 御館の乱を制した、上杉謙信の養子上杉景勝が入城。
1598年(慶長3年) 上杉景勝が会津へ転封となり堀秀治が入城。
1606年(慶長11年) 堀秀治の急死に伴い、子の堀忠俊が引き継ぐ。
1607年(慶長12年) 福島城完成に伴い、行政組織を移し、春日山城は廃城となる。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/12 10:30 天候:曇り  
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしで車中泊…北陸道「米山SA(上り)」
ETC搭載車両で使える関東近県の茨城・群馬・栃木・福島・新潟の割引プランに「北関・磐越ぐるっとパス」なんて言うサービスがあります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

新潟までなら「北関・磐越ぐるっとパス」を「ドラぷら」から前日までの事前申し込みで軽キャンなら2日間5,500円で往復することが出来ます。
(※このサービスは平成24年5月11日~7月17日までの土日祝を1日以上含む日程で使えるプランです。
首都圏発着対象エリア乗り放題2日間なら軽自動車5,500円(普通車7,000円)、3日間なら軽自動車6,000円(普通車7,500円)です。
どちらも利用日制限や付随特典があるので詳しくは「ドラぷら」からご確認ください。)

この期間を利用したスタンプラリーもあるので、ご利用の際には合わせて楽しんでみてください。

この割引サービスは高速道路を「降りる」タイミングで利用がスタートとなります。
我が家から新潟県の米山SAまでは約350キロです。
もちろん前泊で新潟入りして朝から割引料金を満喫しちゃいます。
学校とシゴトが終わり、急いでシャワーを浴びたら19時には出発します。
途中1度給油をして、米山SAに到着したのは深夜0時ちょうどくらいでした。
…結構寒い。気温は7度くらいでしょうか?
しかし、エンジンの熱が残っているためか、天井のテントを広げても室内温度は下段で20度程度、上段でも15度程度あります。
ヨメさんと子ども達は下段、norizoは上段で眠ります。
この際の服装は春秋程度の服装、下段はフトンの替わりに夏用の封筒型シュラフを広げて掛け布団にします。
上段はテント生地一枚のため外気温の影響を大きく受けますので、春秋用のシュラフに包まって寝ます。

交通量も少なく、トラックのアイドリングもそれほど気にならずに熟睡することが出来ました。

朝6時、トイレに行って購入したてのガイガーカウンター「エアカウンターS」で放射線量の確認をしていたら雨が降り出しました。
…寝ている間に振り出さなくて良かった♪

慌ててヨメさんを叩き起こし、テントを収納してもらう間、運転手のnorizoはSAで気楽にインターネットしながら待ちます。
米山SAには無料インターネット「フリースポット」があるんですが…大元のネットが切れているようで使えません。

結局、いつも通りイーモバイルのWifiを使ってネットをして時間を潰します。


後部座席の収納を終え、子ども達のトイレを済ましたら新潟旅行の始まりです。


それでは春の新潟旅にのんびりとお付き合いください。


□米山(よねやま)SA(上り)
 新潟県柏崎市鯨波
 所属路線:北陸自動車道
 ガソリンスタンド:24時間
 フードコート:24時間
 レストラン:7:00-22:00
 インターネット:フリースポットがあるが使えない
 イーモバイル:可

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   

2012/05/12 06:00 天候:曇り  
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
銀色テントむしでデカ盛り…236軒目・金沢「クック」
高速1,000円の最後の恩恵を受けて金沢でランチを頂くことにしました。
ほとんど毎週末には家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは金沢の市街地にある「レストランクック」です。
朝11時半に訪問しましたが、すでに最後の1テーブルです。
次の方からは外の席で空席ができるのを待つことになります。
銀色テントむし660

さてメニューは…メインは「クックスペシャル」のようです。
ご飯の量は金額変わらず「1/3」、「1/2」、「普通」が選べますが、普通サイズが最大でご飯3杯分です。
銀色テントむし660

クックスペシャルの中から「ミックスステーキ普通盛り(1,000円)」を選んでみました。
チキン、ポーク、ハンバーグのセットに普通盛りとは思えない大皿でのご飯が出てきます。
銀色テントむし660

金沢と言えばカツ丼なので「洋風カツ丼大盛り(800+200円)」を注文してみました。
大皿にたっぷりと盛られたご飯の上にカツが置かれ、卵とタマネギのあんかけがかかっています。
洋風と言うよりは…中華風?とも思えますが、スゴく美味いです。
これは…ほかでは見かけたことのないタイプのカツ丼ですね。
銀色テントむし660
店の前に行列ができるのがよくわかる名店です。

駐車場が店から離れたところ2箇所にあるのですが、知らずに立ち往生している車が多いのはちょっと困ってしまうところです。
市街地なので道幅も狭くクルマが停車するとかなり迷惑ですね。
店から50mくらい離れたところに看板の出た駐車場がありますので、お車で出かける際には、事前に店舗の近くを回ってみることをお勧めします。

□クック
 TEL:076-241-5841
 石川県金沢市増泉1-34-1
 営業時間11:30-21:00
 定休日土曜日

クック 洋食 / 野町駅西泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


■評価の主観基準 
(一食1,500円未満>料理のサイズ≧駐車場・家族連れ対応>料理の味>提供時間 の順で重視)
★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/06/19 12:00
銀色テントむしでデカ盛り…379軒目・角田「光華飯店」
宮城県南一のラーメン屋と名高い名物中華店にどうしても行ってみたくなりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「店主の掛け合いとうまく付き合えるかどうかが美味しく食事を取れる秘訣」だと食べログのレビューから確信し、それでもなおこの宮城県南の名物店に足を踏み入れずに入られません。
やって来たのは阿武隈急行線の角田(かくだ)駅の東側すぐにある「光華飯店(こうかはんてん)」さんです。
13時過ぎの訪問でしたが駐車場が満車のため、角田駅の駐車場から1分ほど歩いての訪問となりました。



店内は予想通りの大混雑。
東京下町の蕎麦屋や居酒屋の主人っぽい大将はnorizo一家が大好きな「江戸っ子じいさん」タイプのおじいちゃんです。
常連さんには注文前からラーメンがテーブルに置かれたりします。
このタイプの下町じいちゃんに、こんな大混雑の状況で、黒いスープのラーメンが売りの店なのに「ご飯モノ」や「黒いスープ以外の麺類」の注文をすれば一度断られることは必至です。
しかし、大将とフロアの掛け合いや会計のお客さんに時折見せる笑顔から、上手くいけば注文できそうです。

案の定、1度は注文を断られましたが、それでもニコニコしながら大将のやり取りを眺めていたら「聞いてやりな!」とフロアの女性に声をかけてくれ、注文を聞いて笑顔で作り始めてくれました。

無理を言って作ってもらった「チャーハン(600円)」があっという間にカウンターに置かれます。
よく見るとカウンターには取りに来るように張り紙が貼られています。
フロアの女性も片付けや注文聞きに忙しいのですが、どう動くかがこの先の「美味しく食事が出来るかどうか」の鍵になりそうです。
大将が「忙しいから取りに来て!」と声をかけてくれました。
ここは動きどころでしょう♪
取りに行くと「ほら、スープ入れてやんな!」と息子さんらしきお兄さんに声をかけます。
そろったところで席に運びます。

チャーハンもスープも同じ秘伝のタレを使っているようですがウマいです。
ボリュームも普通の中華屋さんの大盛りくらいはあります。
せっかくズキマル君の前に置きましたが、モカに奪い取られ、ほとんどモカが食べつくしました。
モカいわく、「これほど美味しいチャーハンには、なかなか出会えない」そうです。
そう言って貰えれば、父として、大将とのやり取りに魂を込めた価値があります(笑)


やっぱり名物の「角田ブラック」と言われる「ラーメン(550円)」も外せません。
チャーハンの配膳の折、カウンターにラーメンが5つ置かれていたので、とりあえずウチの分かどうか聞いてみましょう。
「これも持ってっていいですか?」
「ダメ!」息子さんらしきお兄さんは汗を流してラーメンを作りながらニヤリと答えます。
どうやらウチの分はまだだったようです。
数分後にはウチの分が出来上がり、女性が運んできてくれました。


おー、スープが黒い。
なるほど、これが「角田ブラック」と言われるラーメンですか。
麺は太めでしっかりしたコシ。
スープは見た目と違ってあっさりしたイメージです。
麺のおかげかチャーハンのスープよりもまろやかで飲みやすいです。
具はチャーシューと一掴みの真っ黒なメンマ、ナルトが1枚ですがこのバランスも絶妙でクセになります。


勇気を振り絞って注文した「タンメン(700円)」が運ばれてきます。

おぉ、スープが白い。
いやいや、それ以上にヤサイ盛りすぎです(笑)
しかし、予想通りこちらも美味いです。
麺の量も大盛りですよ(笑)


デカ盛りらしく気になっていた「ジャンボラーメン(900円)」はメニューに見つけることが出来ませんでした。
しかしミソやチャーシューなどのジャンボメニューは1,000円強で存在しています。
大食漢でないnorizoが注文して食べ切れなければ、大将の逆鱗に触れること間違いなしですので無謀なチャレンジは控えました(笑)

帰り際、外に出ると、先ほど「ダメ!」と答えた息子さんと思われるお兄さんがわざわざ出てきてくれて「ごめんね、平日は空いてるから今度はゆっくり食べに来てね。」と声をかけてくれました。
千葉からの訪問を伝えると「それならお盆にまたおいで。」と子ども達にも声をかけてくれます。
親戚のウチに遊びに行ったときの帰り際のような幸せを感じながら店を去りました。
次に行ったときにはナニを注文しようかなぁ♪

やはり宮城県南に欠かせないアットホームな名物店だと判断できます。
また大将のボヤキを聞きに来ることを心に誓い、宮城県を後にしました。


□光華飯店
 TEL:0224-62-1389
 宮城県角田市角田字泉町62-1
 営業時間 11:00-18:45(13:30から休憩あり)
 定休日:月曜日
 駐車場あり

光華飯店ラーメン / 角田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/05/05 13:30
銀色テントむしの激安ホテルレビュー…高岡「セブンセブン高岡」

キャンカー乗りなのにホテルに泊まります(笑)

激安ホテル大好きな「eK-Camp(イーケーキャンプ)」銀色テントむしのほほん一家-銀色テントむし走行中(無透過)乗りのnorizoです。


今回の激安ホテルは富山県高岡市の駅前にある「ホテルセブンセブン高岡」です。

銀色テントむしでの旅行の発案は「見たい動態SLがある」、「食べたいデカ盛りがある」、「安いホテルがある」からスタートすることが多いです。

今回の富山旅行の経緯がコレ「安いホテルがある」でした。


norizo一家はボクとヨメさん、小学生のモカと幼児のズキマルの4人構成です。

別に4人一緒に泊まる必要はないのでセミダブルが2部屋あれば十分です。

さて、今回の「セブンセブン高岡」はどうでしょうか?

DSCF2228

駐車場は別料金で500円かかりますが駅前で出し入れ自由ですからそれほど苦になりません。

今回のプランは家族4人合計の宿泊料金が8960円だったので実質9460円、一人単価2365円になります。

ウェルカムドリンクのウーロン茶とオレンジジュースは何杯でもセルフで飲み放題です。

しかもコレ、チェックアウトまでずっと飲めます。

DSCF2192

新聞は「富山新聞」が無料。セルフでチェックイン日とチェックアウト日の2日分もらえます。

DSCF2199

そして今回のプラン(全てそうかも)晩御飯付です。

豚生姜焼き、牛カルビ、豚キムチ、スタミナの中からおかずを一品選べます。

小鉢も1皿、レトルトの味噌汁も付いて、カレーライスが食べ放題!

個人的には800円以上の定食の価値を感じますね♪

DSCF2197

食事時間中(夕方6時から9時まで)の間、カップジュースも飲み放題です。

なんだかもうファミレスに居ついている感じです(笑)

DSCF2198

朝食もバイキング。

かっぴジュースの飲み放題はモチロン、パン、サラダ、コロッケ、ちょっとした惣菜が食べ放題です。

ご飯好きのnorizoには朝もご飯が欲しいところでしたが、ここまでしてもらってそんな文句も言えません(笑)

DSCF2221

部屋はビジネスホテルですね。

14インチのテレビとセミダブルベッド。

インターネットは有線です。

トイレはウォシュレットなので言うことなしです。

浴室と一体のトイレでした。

冷蔵庫もあるので持っている飲み物も翌日に持ち越せます。

DSCF2194

こんな格安のホテルがあったらいくら軽キャンカーでも「ホテルのほうが安い!」ってなってしまうわけです(笑)

また一つ、毎年来たいホテルと観光地が増えました♪

 

□ホテルセブンセブン高岡
TEL:0766-26-2222
富山県高岡市駅南5-2-7

駐車場500円



2010-09-26 08:33:00
銀色テントむしでデカ盛り…378軒目・仙台泉「藤源」
美味しい蕎麦が格安で食べられると聞いて高速道路を仙台泉インターで降りてみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

仙台泉インターから北に、仙台地下鉄南北線の泉中央駅近くの35号線を西にちょっと行った「そば処藤源(ふじげん)」です。

入口に「うどんはありません」と書いてあるところに蕎麦好きの血が騒ぎます。
蕎麦のサイズが「中(50円増し)」、「大(100円増し)」とリーズナブルにアップできるのもステキです。

ちょっと可愛いおねぇさんが着物姿で注文をとりに来てくれます。
でっかいものばかり頼むのも不安なので、サイズアップできないけれどお得な「女性セット(750円)」で様子を見ます。

かけそば(もりそばでも可)、油揚げと海苔かけご飯、かき揚げ、小鉢、漬物のセットです。
「大盛り」に出来ないのが特徴です。
確かにサイズは小さめですが、バランスよく野菜を取れるのでその名のとおり「女性向け」です。


オトコは黙って「男性セット大盛り(750円+100円)」を頼んでみましょう。

もりそば(かけそばでも可)、ご飯、とろろ、小鉢、漬物のセットです。
思ったとおり蕎麦の盛りが物凄いことになっています。
コレがコシが強くて喉ごしがいい!
スゴいてんこ盛りなのに子どもたちが食べまくり、ガンガン減っていきます。


norizoの取り分がちょっと足りなかったので(笑)、もう一品注文することにしました。
「もりそば大盛り(550円+100円)」を再注文します。

「食べきれないときはお持ち帰りも出来ますよ♪」と店のおねぇさんに声をかけてもらいました。
…食べきっちゃいましたけどね(笑)


リーズナブルに腹いっぱい美味しいおそばを食べられる名店ですね。
わざわざ仙台まで来た甲斐がありました。
宮城に来たら立ち寄りたい「デカ盛り店」として、「銀色テントむし」のリストにしっかりとカキコみました♪


□藤源(ふじげん)
 TEL:022-372-3738
 宮城県仙台市泉区泉中央1-23-1
 営業時間 11:00-20:00
 定休日:毎週水木曜日
 駐車場あり

藤源そば(蕎麦) / 泉中央駅
夜総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/05/04 19:30
名城100選スタンプラリー・29箇所目「根城」
戦国BASARA3宴」で青森の武将と言えば南部晴政が恐山の妖力を使って操作するキャラ武将を苦しめます(笑)
まだまだ勉強不足ですが、青森の中世(1300年代南北朝時代)の城に見学に行ってみることにします。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本の100名城ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660

やって来たのは八戸インターから北に進んだところにある「八戸市博物館」です。
この博物館に隣接するのが青森の東の名城「根城(ねじょう)」です。
駐車場は博物館側にあるので、クルマでの訪問の際には根城側よりもコチラがオススメです。
ちなみに銅像は戦国武将「南部晴政(なんぶはるまさ)」公ではなく、南北朝時代の武将「南部師行(なんぶもろゆき)」公です。

博物館の西側が根城公園になっていて、入り口にはボランティアガイドハウスがあります。
戦国以前の城には知識が乏しいため、ガイドをお願いして散策開始です。


ボランティアガイドさんをお願いして根城公園の門をくぐります。



公園敷地内東側は庭園となっており、当時の様子を再現するために薬草や薬木が植樹されています。
サクラは中世のお城のためソメイヨシノは植えられておらず、シダレザクラが咲き乱れています。
また、風が強い場所で、天気がいい日は幼稚園児などが遊びに来ることからシダレザクラの先端は切り取られ、大人の背丈ほどの高さに切りそろえられています。
その景色に若干の違和感はありますが、美しい桜色が公園一帯を埋め尽くしています。




しばらく公園内を西に進むと目前に城門が姿を現します。
「城壁」はクルミの木がまっすぐに立てられているだけですがその幅に特徴があり、子どもは通れますが武装兵や馬は通れません。





「東門」は左右に分かれていて右側の門は閉鎖されています。
左側の門はサムライ用の門だったそうで、そちらから城内に通されます。
ここから先は有料です。
大人250円子ども50円(博物館セット大人400円子ども80円)なので、城郭の保存の一部を担うにしては安すぎるくらいです。




城門を入って左手には「納屋(なや)」が3棟並んでいます。
かやぶきで堀下げ形の城郭としては珍しい倉庫です。
これは縄文時代から建て直しが繰り返されていたことが考えられるためこうしたつくりになっているそうです。



3棟並んだ中の真ん中の納屋に入ってみます。



1匹だけコウモリちゃんが住み着いています。
近隣の橋の建て替えの際、コウモリの家を森に作ったらしいのですが1匹だけここを気に入って住み着いてしまったそうです。
見られたらラッキーだそうですが、今回は昼寝をしている姿を見ることが出来ました。


中世の城のため、主殿に天守閣はありません。
平屋造りで馬小屋も併設されています。
主殿わきの馬屋に復元された馬が1頭いますが、当時の馬の骨格などから復元したため制作費は500万円もかかったそうです。
馬小屋の足元には板が敷かれており、大名クラスになると馬も蹄を痛めないよう大事にしてもらっていたことが伺えます。




主殿の北側には石置き屋根の「中馬屋」があります。
ガイドさんの「今で言うVIP用の高級車外来駐車場」と言う説明に吹き出してしまいました(笑)




主殿南側は「工房」になっています。
夏場用の壁のない鉄器加工場と冬場用があるのは雪国ならではでしょう。
3種の工房のうちのひとつは外から見ると基礎部分に小窓がありますが、内部は90センチ掘り下げられており、適度な高さの窓になっています。




「工房内」も高温を使う金属加工のための場所と、弓矢や鎧の修理などの建物が分かれていたらしく、忠実に再現されています。



それでは「主殿」に向かいましょう。

根城は基礎工事がしっかりしておらず、発掘の状況から、およそ30年程ごとに建て直しが繰り返されていた城とのことです。
そのため、主殿を復元するにあたっては、どの時代のものを復元するかで論議があったそうです。
その上で、根城が最も栄華を極めたであろう時代を考えて今回の建物のカタチになったそうです。


「主殿内」は主に板敷きで、畳は上流階級者が座するところにのみ敷かれていたようです。


主殿内部にも根城や南部氏の歴史がパネル展示されていて読み応え十分です。


今回はゴールデンウィークの訪問だったために鎧兜の試着イベントがありました。
普段見慣れない鎧の「着付け」ですが3人のスタッフさんが子ども達2人に手際よく鎧を着させてくれます。


ものの数分で着付けが終了します。
子供用の鎧として赤い義経セットと黒い信長セットがありますが、こどもの日で男の子がメインのため義経はズキマル君に回されたようです。
モカの信長セットは総重量8キロ、ズキマル君の義経セットは総重量10キロと着慣れない甲冑に振り回されている姿が笑えます。
それでも、着付けが済み、金屏風の前に座らせてもらうとナカナカ見事なものです。

およそ1時間半ほどガイドをしてもらって楽しい時間を過ごし、根城の散策も終了です。


スタンプは主殿のある本丸入り口の券売所またはボランティアスタッフのいる八戸博物館と根城公園の入り口の門の間の建物でもらえます。


一旦、食事休憩を入れてから今度は博物館を見学します。

※記憶があいまいですがこの写真は主殿内のジオラマだったかも?


博物館内は縄文時代、考古学、歴史学、民俗学にブースが分かれていてじっくりと見学できます。
また青森の民謡や民話を聞くことが出来る無形資料展示室もあり、こちらからは子ども達がナカナカ離れようとしませんでした。

結局、城郭と博物館の散策で3時間以上も費やすことが出来ました。
見所満載で、今回だけで全てを理解できたわけではありません。
もう少したくさん城巡りをすると、もっと楽しめるのかも知れませんね。


□根城(ねじょう)第5番
 TEL:0178-41-1726
 青森県八戸市根城47
 主な城主:南部氏
 スタンプ設置場所:根城広場料金所、ボランティアガイドハウス窓口 他
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜日
 入館料:大人250円子ども50円(博物館セット400円子ども80円)
 駐車場:あり(博物館側24台)

より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示


※根城の広場では、ボランティアの史跡ガイドが史跡の案内をしてくれます。
(案内は無料・所要時間約1時間)。

ワンポイント
戦国史
1590年(天正18年):小田原征伐の際に宗家の三戸城主南部信直は豊臣秀吉の元に帰参して所領の南部7郡を安堵された。この際に、根城八戸氏も宗家の支配下に組み込まれた。
宗家の南部利直は盛岡城を築き盛岡藩を開いた。同時に八戸も盛岡藩領に帰属した。
1627年(寛永4年):八戸氏22代・直秀は利直により遠野城(岩手県遠野市)に移封となり根城は廃城となった。
※ウィキペディアより抜粋

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/05/04 14:00

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

激安ホテルレビュー…仙台「チサンイン仙台泉インター」
3月末に利用したばかりですが、またココに泊まっています(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回宿泊する宿は「チサンイン仙台泉インター」です。
初めて読んで下さっている方のことも考えて、お勧めポイントをおさらいしておきましょう♪

ゴールデンウィーク真っ最中に青森から千葉まで1日で帰るのは無謀と考え、中間地点となる宮城に宿を取りたかったんですが、「寝る」のが目的のためそれほど金額をかけることが出来ません。
さすがに前回のように春休みの平日を使った旅行ではないので、金額がアップしていますが、それでも格安で宿泊できるのがこのホテルのいいところです。


今回のプランも「小学生以下無料、朝食付き」のプランです。
GW中なので価格は10,600円(2,650円/1名)と平日に比べると高めですが、朝食バイキングつきでこの価格は見逃せません。
ベッドはクイーンサイズの上にシングルの2段ベッドです。
マクラが1つ足りないのでズキマル君はマイ枕を持込します。


セルフサービスですが、氷、新聞、ナイトウェアも準備されています。


今回はプランに含まれていますが、朝食は1名500円(子どもは無料)です。
サラダだけでも5種類のボールからオリジナルのサラダを作れます。


メインメニューは時間帯や日によって違うようですがこの日のメニューは…
からあげ、麻婆豆腐、タマゴのベーコン巻き、ナポリタン、納豆、のりの佃煮、漬物5種類にご飯と味噌汁がバイキングになります。


洋食は2種類のパンとジャム、マーガリンがあります。
ドリンクはオレンジ、牛乳、ウーロン茶がアイスで、ホットにはコーヒーと紅茶、緑茶があります。


小さいお皿なんですが、ついつい何回もお替りして、部屋に戻るともう一眠りしたくなるほどです(笑)


食事まで含めて、ゴールデンウィークにもかかわらず家族4人で1万円ちょっとと言うのは嬉しい価格設定です。
青森や秋田などへの旅行の際の中間での休憩地点としてもオススメの宿です。


□チサンイン仙台泉インター
 TEL:022-773-8411
 宮城県仙台市泉区大沢2-13-3

 ◇今回のプラン「【朝食付プラン】 ホテル イチオシ!≪和洋の朝食バイキング付き≫」
  部屋のタイプ:スーペリアダブル(160cm)+ロフトベッド(90cm)
  利用人数:部屋あたり 4人(大人2人小学生2人)
  朝食営業時間:6:30~9:00(土日祝延長)
  合計料金:10,600 円(2,650円/人)
  ◇◆---ロードサイド型チサンインの特徴---◆◇
   ■全室ワイドダブルベッド&ゆったりバスで快適!
   ■清潔感のあるデュベスタイル(羽根包布式)&無料高速LANで便利!
   ■お車で便利な無料平面駐車場完備
   ■ファミリー利用なら小学生無料、もちろん小学生以下も無料


より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/05/05 10:00