銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの激安国内ツアー…「エアアジア福岡2泊」(出発編)
子どもたちの春休みに合わせて有給が取れたので、ちょっといつもよりも遠い旅を計画してみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ちょっと遠いところと言うことで、ヤフートラベルで検索してみると、沖縄か福岡あたりがかなり格安に旅することが出来そうです。
残念ながら沖縄は春休み期間中ということで、すでに飛行機のチケットが取れず、第二希望であった福岡に目的地を設定します。

福岡はウチから片道1,100キロ強、深夜料金を使っても高速代が片道10,000円強ですから往復するだけでも大変です。
ざっくりクルマでの交通費を考えると、リッター10キロ程度の燃費としてガソリン代と深夜割引をフル活用した高速代で54,000円ほどかかります。
2泊の宿代が20,000円程度の激安宿を探しても74,000円以上の費用負担が必要となります。

そんな比較対象の上で発見したのが、ビッグホリデー主催の「エアアジアで行く福岡3日間(成田発)」です。
ウチからの最寄の空港は成田と羽田なのですが、乗り換え回数で考えると、成田の方が便利です。
ちなみに値段は・・・ホテル2泊に朝食2回と往復運賃がセットで67,200円(16,800円/人)でいけるではありませんか!!
早速、予約してみると、運良く指定した日程で確定しました。

今週の旅は飛行機で行く福岡ツアーをお届けすることになるのですが、ツアーと言ってもビジネスプランなのでガイドも観光も付かないフリープランで、いつも通り家族で出かけます。
到着した「成田空港駅」は関東の駅百選にも選ばれるスポットなのですが・・・また別の機会に再訪してレビューしましょう♪
DSCF6104.jpg

飛行機旅ということで、荷物を極限まで減らしたんですが・・・パソコンの充電器まで置いてきてしまいましたよorz
エアアジアの待合ロビーはかなり簡素化されているので、暇つぶしに空港の無料WIFIを利用してパソコンを使ってしまったので、あっという間に充電切れです(笑)
DSCF6106.jpg

エアアジアは激安航空会社なので、空港内での飛行機までの移動もバスです。
ビンボー旅行ながら、空港内を観光しているみたいでなかなか楽しめます。
DSCF6107.jpg

5分ほどバスで走ったら、飛行機に到着です。
階段で飛行機に乗り込むのも楽しいのですが、足の不自由な方には適さないプランかもしれませんね。
DSCF6108.jpg
1時間半ほどすごす機内は意外にも快適で、あっという間に福岡に到着してしまいました。

宿は福岡市電の「大濠(おおほり)公園」駅付近なのですが、福岡は空港からのアクセスが良いのも魅力のひとつです。
市電で乗り換えなしで市街地にもホテルにも行けてしまいます。
びっくりしたのは子ども料金です。
春休み期間中ということで、子どもの1日フリー切符がたったの100円です。
しかもマクドナルドのドリンク引換券付き!!
大人の1日券はいつでも600円(休日500円)と、こちらもリーズナブル♪
電車での移動が苦になりません。
DSCF6115.jpg

この3日間の移動費用も、初日が電車(交通費4人分1,400円・成田区間除く)、2日目がレンタカー(3,669円+ガソリン代)で、3日目が徒歩+空港までの電車(4人分780円)とリーズナブルな旅をさせてもらうことになります。

一番高くついたのは・・・パソコンの充電器です。
DSCF6124.jpg
これだけで3,980円もかかりましたよorz

それにしても、リーズナブルな初期費用でスタートした福岡旅行。
一体どのような旅になったのかは、次回からのブログにてお付き合いください♪


□【突ゲキ価格】思いたったら...ちょっと“空”まで
  エアアジアで行く 福岡3日間 <成田空港発着>
  博多・小倉の10ホテル(朝食付き)よりお選びいただけます!

往路2013-03-26 成田発WAJ8543便 成田空港11:25発 福岡空港13:35着
復路2013-03-28 福岡発WAJ8544便 福岡空港14:05発 成田空港15:50着
宿泊 ホテルサンライン福岡(大濠公園)
人数 [2名1部屋] 4人 (大人2名、子供2名)
旅行代金(合計)\67,200-




[旅行企画・実施]
ビッグホリデー株式会社
東京都文京区本郷3-19-2 BHビル
観光庁長官登録旅行業第576号

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/26 11:00 天候:晴れ



テーマ:格安旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしのSL巡り…王子「D51853」
桜の開花時期になると、名勝でもある東京都北区王子の飛鳥山公園に行きたくなります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR京浜東北線や都営荒川線が集中する王子(おうじ)駅のすぐ南に位置するちょっと小高い丘のような場所にあるのが「飛鳥山(あすかやま)公園」です。
日本で初めて「公園」に認定され、日本一短いモノレール「あすかレールパーク(あすかるご)」があり、東京で一番低い山にあるという桜の名所です。
DSCF6096.jpg

そんなナンバーワンポイントにも静態蒸気機関車が展示されています。
「D51853」は日本で一番製造数の多い蒸気機関車のうちの1台で、通称デゴイチと呼ばれ日本中で愛されてきました。
DSCF6101.jpg
訪問が桜の満開と重なったため、とにかくスゴイ人気で、ジャングルジムと間違えている子どもたちが縦横無尽に這いつくばっています。

運転席も見学できる素晴らしいSLなんですが、普段訪問していないであろう親子連れが多いため、運転席見学の親子連れで大行列が出来ていたため、今回は運転席の見学を諦めたほどです(笑)
DSCF6099.jpg

3年ほど前に訪問したときには、カラースプレーによる落書きに心を痛めましたが、保存会の皆さんや飛鳥山を管理されている皆さんのお心添えあってか、美しく塗装がなされており、とても清々しく見学できます。
DSCF6103.jpg

後姿も以前より心なしか背筋を伸ばしているようで、堂々たる姿に感動してしまいます。
DSCF6098.jpg

解説も新調してもらったようで桜の模様が、春の満開を思わせるステキな表示形式です。
DSCF6100.jpg

70歳を超えながら、堂々と家族を見守り続ける姿は、日本高度成長を支え続けたおじいちゃんの様でもあり、父の様でもあります。
なんともノスタルジックな風景が、桜の見物を楽しむ多くの人たちとの背景にマッチした素晴らしい機関車です。

ピーク期の訪問だったため、無料で楽しめる「あすかるご」は大行列で乗ることができませんでしたが、花見をと共に堪能できる、ラッキーなタイミングでの訪問となりました。
敷地内には3つの博物館も併設しており、また幕末の偉人に関する碑文や資料も豊富なので、花見だけでなく知識を得るためにも家族で楽しめるスポットとして、じっくり訪問したい公園と共にある蒸気機関車です。


□飛鳥山公園(D51853)
 TEL:03-3908-1111
 東京都北区王子1-1-3
 駐車場:あり(150円/30分,23台)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1943年8月31日 鷹取工場 No.51
  配置: 1948年7月1日 姫路第一
  配置: 1957年11月1日 長岡第1
  配置: 1968年4月1日 酒田
  廃車: 1972年6月14日 酒田

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/23 15:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしの家族でお出かけ…駒込「地震の科学館」
都内の王子付近を散策していると、以前「空から日本を見てみよう」に出ていた科学館を子どもたちが見つけたので、入ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東京メトロの西ヶ原(にしがはら)駅とJR京浜東北線の上中里(かみなかざと)駅に挟まれるようにアクセスの良い場所に立地しているのが「地震の科学館(北区防災センター)」です。
駐車場は見当たりませんが、滝野川公園と言う大きな公園に併設する立派な建物です。
入館料は無料で、公共交通機関と徒歩で訪問したため駐車場は確認しませんでした。
入り口は道路に面しておらず、2棟続く鉄筋建築物の間から入ります。
DSCF6080.jpg

展示は北側に集中しており、説明員の方が常駐しているので、質問があれば随時回答してもらえます。
DSCF6081.jpg

また、一定時間ごとに南館で地震体験ができるのがこの科学館の特徴です。
時々、住宅展示場や地域イベントなどで登場する消防局所有の「起振車(きしんしゃ)」だと、震度5程度を体験するのが限界ですが、ここでは阪神大震災や東日本大震災と言った震度7の地震を体験することで、いかにして身を守るかと言うリスク回避に対する意識付けをすることが出来ます。
DSCF6088.jpg

北館の奥のほうには都内の防災に関する知識を得られるコーナーがあり、モニターでは子どもでもわかりやすく震災時の対応を覚えられるよう、クイズ形式で判断する被災時トレーニングのようなゲームが用意されています。
DSCF6090.jpg

これが、大人でもなかなか難解な問題が用意されており、いざ震災が起こったときに役に立つと言うような情報ばかり用意されています。
しっかり、解いていくと1時間以上かかりそうなので、適当なところで切り上げましたが、覚えておきたい内容ばかりです。
DSCF6092.jpg


このように「地震の科学館」では、展示ホール見学・体験・訓練を通して、防災に関する正しい知識を身につけることができます。

今回は体験しませんでしたが、次のような体験もできるそうです。
「初期消火訓練」
 訓練用消火器を使用した初期消火の訓練です。火災が起きても小さな火のうちに消し止めることで、地震の被害を最小限に食い止められます。また、区内の町会自治会・小中学校に配備してあるポンプを使用した消火訓練も体験できます。
「煙体験」
 火災が発生し、室内が煙で充満した時、どのような状況になるのか体験できます。また、煙の怖さについて学ぶことができます。
その他にも「AEDを使用した心肺蘇生」、「三角巾・救出救護・簡単なロープワーク」など、身近に起こりうる危険から生き残るすべを教えてもらえるのは、得がたい経験です。

子どもの思いつきで訪問した場所でしたが、予想以上の成果を得られ、もう一度兆時間かけてじっくり勉強してみたくなりました。
屋内なので、天気が悪い日にも家族で利用できるのもポイントが高いですね。
家族連れでしっかり時間をかけて過ごせる、オススメ無料スポットです。

□地震の科学館(東京都北区防災センター)
 TEL:03-3940-1811
 東京都北区西ヶ原2-1-6
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:月曜、年末年始
 入場料:無料
 駐車場:未確認


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/23 14:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:入口付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

銀色テントむしの幕末探訪…駒込「旧古河庭園」
桜の香りに誘われて、ぶらりと都内の幕末の偉人の名所を散策してみることにしましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


都営線では、都営地下鉄、荒川線、都バスのほとんどのエリアを定額で移動できる700円(子ども350円)の1日乗車券を通年で販売しています。
1日券を片手に都営荒川線の路面電車の停留所の飛鳥山(あすかやま)駅から都道455号線本郷通りを東へ15分程度歩くと見えてくるのが「旧古河庭園(きゅうふるかわていえん)」です。
DSCF6071.jpg

明治から続く電機メーカーの名門古河電工の所有する私設庭園ですが、元は坂本龍馬(さかもとりょうま)と共に海援隊で活躍した「陸奥宗光(むつむねみつ)」の別邸でした。
DSCF6073.jpg

入場料は通常大人150円ですが、都営線の1日乗車券を提示すると団体料金が適用され大人120円で縫う城することができます。
建物は明治時代のもので、龍馬暗殺後に政界で陸奥宗光が活躍した折に建てられたものです。
DSCF6076.jpg

昭和の名作「はいからさんが通る」に搭乗しそうな美しい屋敷は、期日限定で見学したり、中でコーヒーや紅茶を楽しむことも出来ます。
また、バラの庭園も有名で、5月頃からは色とりどりのバラが咲き乱れるそうです。
DSCF6077.jpg

残念ながら館内は撮影禁止で、喫茶室以外は事前登録による見学になるので今回は外から眺めさせてもらうことにします。
DSCF6078.jpg

さて、なぜ陸奥宗光の館が「古河」なのかが気になりましたが、買収されたわけではなく、陸奥宗光の次男が古河家に婿養子で入った後、陸奥の死後、古河家に所有が移ったとのことです。

都内には幕末を感じられるスポットがたくさんあり、ついもすると全てを一回で歩きたくなってしまいますが、歴史への知識を深めるため、今回はこのあたりで退散しましょう。

え?
子どもたちは興味があるのかって?
なさそうなので事前に「龍馬伝」のDVDを借りてきて平岡祐太さんのイケメンぶりで何とか飽きないようにさせるのが精一杯でした(笑)

桜の季節だけでなく、季節折々に美しい姿を見せてくれる幕末の香り残る素晴らしい名所です。

□旧古河庭園(きゅう・ふるかわていえん)
 TEL:03-3910-0394
 東京都北区西ヶ原1-27-39
 開園時間 9:00-17:00
 休園日:年末年始
 入園料:大人150円子ども無料(切符提示で団体割引)
 駐車場なし


大きな地図で見る



陸奥 宗光(むつ むねみつ)
天保15年7月7日(1844年8月20日)- 明治30年(1897年)8月24日

幕末から明治時代の武士、政治家、外交官。カミソリ大臣と呼ばれ、外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。
江戸時代までの通称は陽之助(ようのすけ)。

文久3年(1863年)、勝海舟(かつかいしゅう)の神戸海軍操練所(こうべかいぐんそうれんじょ)に入り、慶応3年(1867年)には坂本龍馬(さかもとりょうま)の海援隊(かいえんたい)(前身は亀山社中(かめやましゃちゅう))に加わるなど、終始坂本と行動をともにした。
勝海舟と坂本の知遇を得た陸奥は、その才幹を発揮し、坂本をして「(刀を)二本差さなくても食っていけるのは、俺と陸奥だけだ」と言わしめるほどだったという。
陸奥もまた龍馬を「その融通変化の才に富める彼の右に出るものあらざりき。自由自在な人物、大空を翔る奔馬だ」だと絶賛している。
※ウィキペディアより抜粋

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/23 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:入口付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…520軒目・早稲田「ライフ」
都営荒川線をぶらり旅していて、終点にデカ盛り店があることを思い出し、訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

都営荒川線の早稲田(わせだ)駅から早稲田大学の間の桜並木を抜けて早稲田大学17号館の裏の路地に入っていくと、昭和のにおいのする懐かしい店が並ぶ小道が続きます。
その一角にあるのが、デカ盛りの老舗なつかしの喫茶店を思わせる「ライフ」です。
春休みの土曜のランチピーク前と言うこともあり、待たずに席につくことが出来ました。
DSCF6065.jpg

メニューはオーソドックスな喫茶典型のカレーやスパゲティのほかに、看板メニューの「肉丼」、「肉カレー」なるオリジナルメニューが存在します。
「中盛」「大盛」が存在しますが、一人で食べるのが原則です。
嬉しいことにご主人に相談すれば、子どもとの取り分けはお許しいただけました♪
DSCF6067.jpg

まずは看板メニューの「肉丼」を「小盛(500円)」で子ども用に注文してみます。
DSCF6069.jpg
テーブルに運ばれてきたのは・・・こも・・・り?
ドンブリからはみ出ている山盛りのご飯の上に、これまた落ちないのがフシギな位に積み上げられた豚肉とタマネギの甘辛く煮込まれたトッピングが恐ろしいことになっています。
某牛丼チェーンの「メガ」よりもボリューミーな「小盛」です(笑)
ご飯も具も美味しいので、頑張れば女性でも食べきることが出来るでしょう。
しかし、ウチは子どもたち2人がかりでちょうど良いサイズでした。

2品目は喫茶店でもオーソドックスな「しょうが焼き定食(700円)」にしてみました。
DSCF6070.jpg
これまた、良いほうに期待を大きく裏切るスゴい肉が運ばれてきました。
しょうが焼きと言うよりは・・・ポークステーキがドカンと皿に盛られています。
普通盛なので、ご飯のボリュームは女性でも大丈夫なサイズです。
大盛り(1,000円)と言うのもあって、そっちになると肉の塊がダブルになり、ライスは富士山盛になります(笑)

小さくなったとのウワサもありますが、ここまでのボリュームから食べくれる見込みのないことがわかった「大盛」は諦めて、これまた看板メニューの「肉カレー中盛(800円)」を頼んでみましょう。
DSCF6068.jpg
わーぉ♪
豚丼とカレーの合い盛りは圧巻です。
某牛丼チェーンの裏メニュー「キング」を超えるボリュームながら「中盛」です(笑)
豚丼部分もカレー部分も混ざった部分も楽しみたいあなたにオススメのスペシャルメニューです。
ウマー!!
取り分けは500円アップだそうですが、予想外に(普通の胃袋のnorizoでも)食べきることが出来ました。

たぶん、早稲田の学生たちに長年親しまれているデカ盛り店に心温かくなるひと時と、巨大な食事にカラダを癒されながら早稲田の坂道を下りつつ、再訪を誓いました。


□お食事 ライフ
 TEL:03-3202-9266
 東京都新宿区西早稲田1-4-20
 営業時間 10:30-16:00(土曜延長)
 定休日:日曜・祝日
 駐車場なし

お食事 ライフ洋食 / 早稲田駅(都電)面影橋駅早稲田駅(メトロ)
昼総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/23 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第40回東京「三ノ輪橋駅」
春の日差しが暖かくなると、車窓からの風景の美しさを見るために、ぶらりと荒川線に乗ってみたくなります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1997年第1回選定」、都営荒川線の「三ノ輪橋(みのわばし)駅」です。
選定理由は「春には見事なバラが咲き揃う都内唯一の都電が走る停車場。」だからだそうです。
東京都に残る数少ない路面電車の起終点駅で、停留所数30、距離数12キロをおよそ1時間で結ぶ荒川線のスタート地点となります。
DSCF6061.jpg

転車台はなく、運転席が前後にある列車で、乗客の乗降の際に運転士が行き来する様を見ながら、金色に輝く「関東の駅百選」のプレートが展示された看板を駅前広場に見ることができます。
DSCF6060.jpg

都営荒川線は全区間一律160円で、乗車の際に料金を支払い、降車の際は中ほどの扉から降ります。
1日乗車券は400円ですが、1日に3回乗ればモトがとれるので、往復プラスどこか1箇所を巡るなら車内で1日乗車券を購入するのがオススメです。
DSCF6062.jpg

駅(停車場)の周辺は荒川線を盛り上げるべく、グッズ販売をしてくれているお店がたくさんあります。
降車場にあるコーヒーショップの一角にも荒川線コーナーがあり、ふらりと足を踏み入れてしまいました(笑)
DSCF6058.jpg

季節はずれの桜の満開のピークの訪問となってしまったため、信じられないほどのお客さんが荒川線のホームを埋め尽くすのは、ちょっと稀に見るにぎやかな光景です。
荒川線沿線には歴史的な名所や観光スポットがたくさんあるため、のんびりと車窓を眺めるのが楽しいのですが、たまに満員の車内を見ると、昭和初期の高度成長期絶頂のような活気すら感じられます。
DSCF6064.jpg

停車場周囲に咲き誇るバラは、従業員さんだけでなく、近隣住民の皆さんの善意で手入れされているそうで、地域一体となって、美しい駅と列車の風景を守り続けてくれていることがわかります。
時期ごとに表情を変える駅と列車に満足のいくひと時をすごせる荒川線の始点に、天気の良い休日に訪問してみてはいかがでしょう。


□三ノ輪橋(みのわばし)駅
 東京都荒川区南千住一丁目
 所属事業者:東京都交通局(荒川線)
 開業年月日:1913年(大正4年)4月1日
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1997年(第一期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
春には見事なバラが咲き揃う都内唯一の都電が走る停車場。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/03/23 09:00 天候:晴れ  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:入口付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしのオイル交換(132,980キロ)
毎回オイル交換をお願いしているスーパーオートバックスさんが、リニューアルオープンしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

※今回の記事は備忘録程度なので読み飛ばしていただいて構いません。

軽自動車キャンピングカー「eK-Camp」として「テントむし」を関東圏で販売しているロータスRV販売の営業さんに、このクルマを購入するときに言われたのが、「ほかのメンテはともかく、オイル交換だけは(安い鉱物油でいいから)3000キロ毎にしておけば、10万キロでも20万キロでも乗れますよ!」でした。
軽自動車とは言え総額300万円を超える商品ですし、そんなに簡単に壊れられては困るので、営業さんの言葉を信じ3000キロ毎にオイル交換をしているのです。

正月明けからの連続北関東デカ盛り弾丸ツアーを受け、走行距離は133,000キロを目前にしています。
カーナビにはオイル交換時期の設定を3,000キロで行っているので、交換後に更新ボタンを押しておくと、メンテナンス情報が画面に出てくれて便利です。
そんなわけで、今回もリーズナブルにオイル交換をするために「スーパーオートバックス市川」に向かいます。
京葉道路と併走する県道283号線産業道路の市川市と船橋市の市境付近に大きなゲームセンターなどと一緒に建っています。
DSCF6052.jpg


平日の夜、仕事が終わってから19時半頃の訪問ですが、この時間の受付からでも同日の作業をしてもらえるのも嬉しいところです。
入口すぐ右手のコーナーには限定6本のオイルが980円で積まれています。
DSCF6053.jpg

スーパーオートバックスでオイル会員になっていると工賃が無料なので、オイル価格だけを考えればいいのも良いですね。
さらにポイントカードにスタンプがたまると、2回目で200円、4回目で500円、6回目で2,000円相当のポイントや金券がキャッシュバックされます。
軽トラベースの「テントむし」では3リッター980円のオイルと、交換3度に1回の930円のエレメント交換があれば十分に事足ります。
たまにオイル交換の際に300ポイントをキャッシュバックしてくれる葉書やセール時に500ポイントもらえる葉書が来たりしますが、重複して使えるので今回はオイル交換費用のみで考えると180円相当で行えることになります。
DSCF6051.jpg


2,000円以上の購入額だと500円引きになるクーポンも持っていたので、雪道でヘタり始めたワイパーを930円×2本を合わせて購入しました。
DSCF6054.jpg

工賃が1本315円かかると言われたので、こちらはオイル交換を待っている間に自分で交換します。
レールをスライドして差し替えるだけなので、自分でも2分くらいあれば出来ます。

平日の夜なら待ち時間も短く、10分ほどで作業ピットへ呼ばれます。
敷地内の待合室で20分ほど時間をつぶせば、無料点検と共にオイル交換が終了です。

寒くても暑くても文句ひとつ言わずにオイル交換をしてくれるスタッフさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
リニューアルに伴ってピットのスタッフさんが替わったらしく、1月にオイル交換したばかりなのに「こまめにオイル交換してください」といわれました(笑)
これから、新しいスタッフさんとも仲良くしていけたら楽しくカーライフを送っていけそうです♪

オイル交換と撥水ワイパー2本で2,840円、割引が500円、ポイントが800円分キャッシュバックですから実質1,340円とは思えないリーズナブルなメンテナンスが出来ました。
セール特典で1000円以上購入するともらえるラーメンもしっかり頂いてきました。
DSCF6055.jpg

購入額的にはあまり貢献していませんが、「テントむし」のブログを続ける上でも、欠かすことの出来ない大事なサービス店です。


スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/22 19:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:オイル交換・エンジンオイル - ジャンル:車・バイク

銀色テントむしでデカ盛り…519軒目・那須塩原「たかよし」
旅先でのアクセスで、高速に乗る前にデカ盛り店とのウワサのお店を訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線の西那須野(にしなすの)駅東口を北に出て、効果をまたいで東西に走る道路を西に進むこと約1キロで見えてくるのが「アジアン食堂たかよし」です。
ランチタイムもやや遅いディナータイムも営業してくれている使い勝手の良い食堂です。
店内は数席のカウンターと間仕切りのされた小上がりの掘りごたつ席、テーブル席があり、今回は小上がりの掘りごたつの席をお借りしました。
DSCF6027.jpg

中華メインのメニューはご飯モノと麺モノが種類豊富に並んでいます。
何よりも各ページに「大盛り150円」、「デカ盛り400円」と書かれていることに興味が集中します(笑)
DSCF6028.jpg

1品目はご飯モノから「エビとレタスチャーハン大盛り(950円+150円)」で様子を見ます。
DSCF6040.jpg
プリップリのエビがゴロゴロと載ったチャーハンはおよそ2合くらいありそうです。
この店で使われるお米は那須塩原市の提携農家さんが作られた由緒正しいおコメです。
こんな出所のわかるお米を使っていて美味くないわけがありません。
その米を、惜しげもなく炒めて、旨みの効いたエビと合わせているんですから、ペロリといけてしまいます♪
スープを人数分サービスしてもらったのも、好印象度ハナマルです。

さすがに「デカ盛り」には不安がよぎります。
一応、フロアにいた若い店員さんにどの程度のサイズかを尋ねてみる事にしましょう。
「麺類だと普通サイズが200gで、デカ盛りだと2・3人前くらいだと思います。」
なるほど、それならイケそうですね。
思い切って「濃厚魚貝系つけ麺デカ盛り(990円+400円)」を注文してみました。
DSCF6037.jpg
・・・わははは!!!アホだろ、あの店員(嬉しい悲鳴)!!!
彼が2・3人前と告げた麺のボリュームは1キロ弱はありそうです。
言われた量より多いので、文句のつけようはありませんが・・・ちょっと注文を間違えた感が否めません(笑)

しかし、予想以上にツルツルシコシコのコシのある麺と、濃厚スープが良く合います。
4人がかりで食べ進め、かなりの満腹感と戦いながらも、何とか完食することができました。
DSCF6041.jpg

普通盛りのサイズは確認する胃袋がありませんでしたが、「デカ盛り」をシェアして楽しめるのはデカ盛りファンならずとも楽しめるポイントです。
夜はお酒もいただけるので、宴会などでツマミとして大ボリュームの料理で話題を独占するのも楽しそうです。
那須塩原の中華デカ盛りエリアにあって、異彩を放ちつつも、栃木デカ盛り界に新たな風を吹き込んでくれそうな名店に、再訪を誓いました。

□アジアン食堂 たかよし
 TEL:0287-38-2157
 栃木県那須塩原市下永田2-1044-39
 営業時間 11:30-14:30,17:00-22:00(曜日により前後有)
 定休日:木曜日
 駐車場あり

アジアン食堂 たかよし中華料理 / 西那須野駅
夜総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/17 19:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…田島「C11254」
尾瀬とスキーで有名な南会津にも静態蒸気機関車が展示されています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福島県南会津郡にある会津田島(あいづたじま)駅は東武線で浅草から乗り継いで4時間ほどの場所にある豊かな田園風景と、歴史の色濃く残る静かな駅です。
この会津田島駅の一角に、線路を眺めるようにして蒸気機関車が展示されています。
DSCF5918.jpg

実は土曜日の朝7時くらいに訪問したところ、ブルーシートがかけられており、見学が出来ませんでした。
DSCF5919.jpg
以前にもこんなことがあったので、今年の見学はムリかとも思いつつ、日曜日に再訪してみることにします。

日曜日の夕方、改めて訪問してみると・・・ブルーシートが外されて立派な姿を現したのは静態蒸気機関車「C11254」です。
以前「SL会津只見号」として真岡鉄道から出張してきた「C11325」のお姉さんです。
DSCF6018.jpg

「ムンクの叫び」の両手部分のようなデフレクターと呼ばれるボイラー脇の鉄板の形状が、普通のSLと違うのが印象的です
DSCF6016.jpg

残念ながら、鉄格子の門には鍵がかけられており運転席を見学することは出来ません。
DSCF6019.jpg
・・・ブルーシートの一件を考えると、駅務員さんにお願いすれば見学が可能なのかもしれませんが、会津田島には毎年訪問するので、次回の楽しみにとっておくことにしましょう。

そうした保存に関する徹底した姿勢を受けて、機関車の後姿も凛とした涼しげな美しさを保っています。
DSCF6022.jpg

解説はシンプルに車輌説明だけですが、展示車輌と共に大事にされていることが良くわかります。
DSCF6020.jpg

「南会津地方の情報が集まる総合的な機能をあわせもつ駅」として、2002年には東北の駅百選に認定されている場所でもあるので尾瀬観光やスキーのアクセスポイントとしてだけでなくじっくりと鑑賞できる楽しい鉄道風景です。


□会津田島駅(C11254)
 TEL:0241-62-0065
 福島県南会津郡南会津町田島字西番場甲358-3
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1944年1月23日 日本車輌 No.1223
  新製配備:1944年2月8日 福知山
  移動:1944年4月19日 早岐
  移動:1945年3月1日 佐々
  移動:1970年10月1日 早岐
  移動:1973年4月16日 会津若松
  全検切れ:1975年8月1日 会津若松

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/17 17:00 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしの早食いチャレンジ!「だいくらファン感謝デー」
福島県南会津郡にある「会津高原だいくらスキー場」には1年に一度「ファン感謝デー」があり、参加者を楽しませてくれます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

栃木県の西那須野塩原インターから下道を走ること約70キロ、のんびりとした裏磐梯にある大きなスキー場が「南会津だいくらスキー場」です。
震災前、たまたま訪問したら「ファン感謝デー」で、かなり楽しめたので今年はその日を狙って予定を組んでみました。

ファン感謝デーは毎年3月中旬の日曜日に開催され、参加すると景品がもらえるイベントが盛りだくさんです。
ただし、どれも人数限定なので事前に並ぶ必要があります。
まずはジェットスキーで現れるマスコットキャラクター「だいちゃん」を見つけてお菓子をもらいます。
DSCF5952.jpg
・・・やさぐれプーさんと「だいちゃん」のコラボもなかなかレアな写真ではないでしょうか。
モカが3歳から着ていたお下がりのこのスキーウェアもズキマル君の成長から今年が最期の装着となるでしょう(泣)

次は実施30分前には整理券が配布終了になったストラックアウトに挑戦です。
30組限定のこのイベントは自分で作った雪玉12個を9枚のパネルに当てるゲームです。
DSCF5957.jpg
モカは5枚、ズキマル君は3枚抜きと言う、なかなかの好成績でした。

景品はセンターハウスで飲めるドリンク券です。
DSCF5962.jpg
遊んで疲れた体を甘さと冷たさが潤してくれました。
終わってから知ったのですが、7枚抜くとリフト1日券がもらえたそうです。
実施30組で7枚抜きを達成できた人はいませんでしたが、かなりの盛り上がりでした。

次に参加したのは大人50名子ども50名限定の雪上宝探しです。
整理券は10分前の配布だったんですが、40分前には整理券待ちの行列が始まりました。
運良く滑って戻ってきたところで5人ほどが並び始めたので、そのまま並ぶと上位ナンバーで整理券をもらえました。
DSCF5978.jpg

嬉しいことに、参加者全員に景品が当たるので、走行性能の悪いスキーブーツでも安心です。
DSCF5984.jpg
どんくさい家族ですが、お土産をゲットできました。

場所を移して、センターハウスではお待ちかねの「早食い競争」が実施されます。
3年前には想像もできなかったほど多くのお客さんが参加しており、競技は子ども、女性、男性の部で各3品、9種目となりました。
希望者が多いため5名のエントリーはじゃんけんで決められます。
norizoは激カララーメンの部にエントリーして食べましたが、善戦むなしくトップ賞のリフト券はもらえませんでした。
DSCF5997.jpg
ただし、食べ残した料理は自席に持って帰れるので、後はのんびりイベントを鑑賞しながら美味しく頂けます♪

焼きそばの部にエントリーしようとヨメさんも前に出ますが、じゃんけんで敗退して帰ってきました。
モカさんは恥ずかしいお年頃なので不参加です。

予想外に闘志を燃やすズキマル君はチャーハンの部にエントリー権を勝ち取りました。
DSCF6002.jpg

一番小さな体で大健闘しますが、そのままのペースで食べ進めるとショッキングな映像になってしまいそうだったのでトップ賞は諦めてもらい、美味しく食べてもらうことに専念してもらいました。
DSCF6008.jpg

・・・しみじみ思いますが、デカ盛りも早食いも才能がないことを実感します。
それにしてもついつい参加したくなるような楽しめるイベントを準備してくれた実行委員会の皆さんには頭が下がります。
また、才能がなくても、こうしてデカ盛りや早食いを楽しめるのはいつも読んでくださっている皆さんのおかげですね♪

イベントのラストはビンゴ大会です。
DSCF6013.jpg
リフト券やペア宿泊券、地元のお土産や地酒などたくさんの商品がありましたが参加人数も多かったため、我が家の勝率は5割でした。

丸1日楽しませてもらった「ファン感謝デー」でゲットした景品はかなりのボリュームになりました。
DSCF6044.jpg

高速道路からのアクセスには少々難がありますが、春になると道路もチェーンなしで走行できるようになっており、駐車場も無料なので毎年訪問してしまいます。
また、3月21日からはリフト1日券が小学生無料となっており、大人も2,000円で楽しめるのも魅力です。

4月7日まで楽しめる「会津高原だいくらスキー場」に皆さんもお出かけになってみてはいかがでしょう?


会津高原だいくらスキー場
 TEL:0241-64-2121
 福島県南会津郡南会津町針生字昼滝山857-150
 駐車場あり(無料)
 リフト代:3月21日より期間終了まで大人2,000円小学生無料
 イーモバイル:NG
 無線LAN:ホテル駐車場の一部でフリースポット利用可能


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/17 16:00 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで飯ウマ民宿…南会津「台鞍荘」
福島県南会津郡に20年以上もお世話になっているメシのウマい民宿があります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

最近ではネットで調べれば、宿泊するのに便利な情報や泊まってみたい宿などいくらでも調べられますが、携帯電話普及前の日本では、何より「口コミ」が宿選びの秘訣でした。
そのため、大学内で仲良くなった男8人ほどでお腹一杯ご飯が食べられるスキー場の宿は、親友からの紹介で知ったのでした。

それが南会津郡の旧田島町にある「台鞍荘(だいくらそう)」です。

会津鉄道の会津田島(あいづたじま)駅からおよそ12キロ、徒歩では到底たどり着けませんが、スキー場までの往復も含め1泊500円の追加料金で送迎してもらえるのも嬉しいところです。
宿泊費は送迎別・2食付で大人6,500円、子ども5,500円、冬季は暖房費として500円がかかる場合があります。
スキー利用での宿泊の際には、スキー場に行く前に顔を出すと、リフトの割引券がもらえるので忘れずに立ち寄りましょう。
その際に、着替えもさせてもらえます。
DSCF5947.jpg

普段は農家で町議会議員でもある天体と発明好きのnorizoのアニキ分であるご主人と、静かにそれを支える料理上手な女将さん、いつも優しい笑顔の20代前半の息子さんの3人で営まれているアットホームな民宿は、norizoの第2の故郷でもあります。
部屋は本館と新館があり本館は畳敷き中心の自分で布団を敷くタイプ、新館にはベッドの部屋もあります。
トイレ・バスは共用ですが、特に風呂場は大きくて、洗い場が4人分、浴槽は10人くらい同時に入っても大丈夫です。
また、宿泊者数が少ないときには家族の貸切風呂として風呂場を占有できる場合もあります。

インターネット環境としては大手3社は通信可能ですがイーモバイル及びLTEは圏外(2013年3月現在)になります。
ただし、ご主人にお願いすれば無線LANのパスワードを教えてもらえるので通信には事欠きません。
今回は10畳和室をお借りして、我が家のようにのんびりと過ごします。
DSCF5936.jpg
本来、持ち込みは好ましくありませんが、学生時代からの長い付き合いのためか、持ち込みを止められたことはありませんが、食事つきプランの場合には、食事前に何かを口にすると後で後悔する事になります(笑)
ただし、持ち込みの場合にはゴミは各自で持ち帰るのが鉄則です。

食事前に大浴場で入浴を済ませたら、内線電話で食事の用意の連絡が来ますので、新館の食堂に向かいましょう。

大人用の夕食にはおかずが7皿以上あり、ご飯も食べ放題です。
DSCF5940.jpg
今回のお膳の上には牛肉の陶板焼きや有頭エビフライ、地物野菜の和え物など見ているだけでおなかが一杯になるボリューミーなおかずが載っています。
また、中央には会津名物の「蕎麦はっとう」と言う女将さん手作りの名物デザートも載せられました。
もちろん、日によっておかずもデザートも変わりますので、「蕎麦はっとう」を頂けたのは本当にラッキーです。
ちなみに「はっとう」とは「昔、村人の作ったものを食べた殿様が、あまりの美味さに祭と祝いの席でしか食べてはならぬと言う『法度』をだした」のが所以だそうです。
もう一皿、和え物もネギ系の地物野菜で食べたことのない食感と香りがたまらなく美味かったのですが、名前を覚えられませんでした(笑)

子ども向けの夕食には、陶板焼きや香りの強い料理が外され、好き嫌いに悩まされづらいメニューになっています。
DSCF5941.jpg
ウチの子どもたちの場合は好き嫌いがないので、結局家族で取り分けていただきます。
ご飯も「きのこご飯」と「白飯」が大きな炊飯器で用意されており、どちらもついつい食べ過ぎてしまいます。
特に白飯がウマい!!
聞いてみると、自分の田んぼで取れたお米を使っているそうですから、それは美味いはずです。
結局きのこご飯2杯と白飯3杯を大盛りで食べてしまいました(笑)
それなのに、その後に更にデザートのアイスクリームが出てきましたorz

・・・まぁ、そんあわけで、食事付きの場合には持ち込んだものなど、食べられる余裕が胃袋にないわけです(笑)

食堂の奥の一角には女将さんの趣味の「パンフラワーアート」工房があります。
DSCF5942.jpg
小麦粉で作った造花を美しく飾る技術は素晴らしく、訪問の度にモカさんが1時間ほども見とれています。
今回は女将さんにも少々お時間を頂いて、製作工程を見学させて頂いたりもしました。

朝7時半からの昼食は、おかずのボリュームは夜ほどではないものの、やはりご飯食べ放題です。
DSCF5944.jpg

朝食も大人と子どもで少々おかずが違いますが、こちらも地元産のものを使った料理があるので楽しみのひとつです。
DSCF5946.jpg

朝食はおかずがシンプルなだけにご飯を食べ過ぎてしまいます・・・
えぇ、朝から大盛り4杯食べてしまいましたよ。
何しろご飯だけでご飯が食べられるほど美味いメシなんですから(笑)

結局、1泊で2キロほど体重を増やして宿を去ることになります。
宿泊すると写真を撮ってくれて帰りまでに印刷して渡してくれるのも嬉しいサービスです。
スキーの際には帰りに立ち寄ればシャワーを貸してもらえるサービスもあるので、事前にご主人に相談してみてください。

数多くの旅行をする「銀色テントむし」が唯一、家族同然に従業員の皆さんと過ごす、大事な民宿です。
皆さんにも、こんな宿での1日を体験してもらえたら嬉しいと思います♪

□台鞍荘(だいくらそう)
 TEL:0241-64-2008
 福島県南会津郡南会津町針生鳥井戸1250
 駐車場あり 
 ※予約は電話またはHPよりメールにて
 HP:http://www.daikurasou.com/


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/17 09:30 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの家族でお出かけ…南会津「だいくらスキー場」
学生時代、日ごろの鬱憤を晴らすべくスキーをしに、秋に貯めたバイト代を会津田島に注ぎ込んでいました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「会津高原だいくらスキー場」は福島の裏磐梯、南会津郡にあるnorizoの隠れ家的スキー場です。
バブル期には1日5,000円くらいしたような気のするリフト代でしたが、現在では各種割引があるので羨ましく思います。
特に、(だいくらに限らず)19歳から22歳までの平日リフト代が無料になる「雪マジ!19」や「雪マジ!ふくしま」など、あの頃にあったら・・・今頃福島県民だったかもしれません(笑)
また、日曜日には全身コスプレだとリフト券が無料になるサービスデーもあるようです。
もうひとつ、大きなスキー場でありながら、リフトの待ち時間がほとんどないのも魅力のひとつです。

朝、着替えのために馴染みの民宿に顔を出すと、嬉しいことにリフト優待券を頂いてしまいました♪
通常価格3,800円のリフト券を・・・ありがとうございます。
DSCF5929.jpg

天気も最高、雪の状態も最高、言うことなしのスキー日和です。
DSCF5948.jpg

ホテルと併設するセンターハウスでリフト券に交換したら…いざ出発です♪
DSCF5974.jpg

と、言っても向かったのは1日500円の「スノーエスカレーター」のあるキッズパークです。
DSCF5932.jpg
何しろズキマル君にもモカさんにも持ってきたのはプラスチック製のファンスキーとそりなんです(笑)
父であるnorizoは民宿に5年も預けっぱなしのファンスキー、ヨメさんに至っては一日食堂で過ごします。

食堂「昼滝(ひるたき)」からはキッズパークを一望できるため子どもたちだけで遊んでいられるのです♪
※キッズパークの利用には保護者の監督が必要です。

子どもたちが、自身の安全を守りつつ遊んでくれるようになったのは嬉しい限りですね。
父は一人で山頂へ向かい、一日中スキーを楽しめました♪
※子どもの放置はいけません。
DSCF5934.jpg
素晴らしい空気と景色に身も心もリフレッシュできる一日になりました。

重度の花粉症なんですが、花粉の影響がなかったのも嬉しかったなぁ・・・

そんな「南会津だいくらスキー場」は3月21日から期間最終日まで、「春休みスペシャルウィーク」と称してリフト代が子ども無料、大人2000円になります。
例えば我が家のように小学生と夫婦2名なら、リフト代が1日わずか4,000円で済んでしまいます。

駐車場も終日無料でリーズナブルな「南会津だいくらスキー場」に、この春休みに遊びに行ってみてはいかがでしょう♪

風評に感化されている方もいらっしゃると思いますので、一応「エアカウンターS」で放射線量を測定してみたところ0.09μSv~0.14μSvと、千葉県にあるウチの近辺より低いくらいの値でしたのであわせてご報告しておきます。

会津高原だいくらスキー場
 TEL:0241-64-2121
 福島県南会津郡南会津町針生字昼滝山857-150
 駐車場あり(無料)
 リフト代:3月21日より期間終了まで大人2,000円小学生無料
 イーモバイル:NG
 無線LAN:ホテル駐車場の一部でフリースポット利用可能


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/16 09:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで「新選組!」…会津田島「田島陣屋跡」
家族で旅に出かける際に、せっかくなので歴史を調べてみると、自分の好きな史実にヒットするスポットであることがわかって驚くことがあります。
どうやら今回の目的地は、NHKの大河ドラマには縁深いらしく、大好きな「新選組!」、「天地人」、「八重の桜」にかかわることがわかりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

南会津郡の旧田島町、現在の南会津町にある会津鉄道線の会津田島(あいづたじま)駅は、学生時代から20余年ほどスキーのために通っている場所ですが、今年は歴史的観点を含めて訪問してみました。
会津田島駅から南に200mほど進むと南会津町役場(みなみあいづまちやくば)があります。
南会津町は旧町名を「田島町」と言い、江戸時代には幕府直下及び会津藩下に置かれた「田島村」でした。
平成の大合併以降、各地の市町村の統合により、公務の効率化が進み、税金の無駄遣いを減らす施策がとられる一方で、歴史にかかわる地名が薄れていくのには、悲しさも感じます。
DSCF5928.jpg

さて、南会津町役場の南西の角にあるのが「田島陣屋跡の碑」です。
DSCF5925.jpg

碑の横には解説板が掲示されています。
DSCF5927.jpg
「南山御蔵入五万五千石の地は、寛永二十年(一六四三)幕府領となり、その支配の中心は田島村におかれた。
幕府直支配の元禄年間に建てられた田島陣屋は、享保の絵図によると、役場庁舎の西側に見える。
預り支配を行った会津藩は、寛政二年(一七九〇)に中町陣屋を役場庁舎東側に建てた。
幕末の慶応元年(一八六五)、戊辰戦争に備え、中町不動様わきに後町陣屋を新たに建てた。
このように田島陣屋の位置は三度変遷した。」
と書かれています。

駐車場側から見る、碑の裏側にも長文が刻み込まれています。
DSCF5923.jpg

碑文裏書は写真の通りとして、この碑が昭和56年に建てられたもので「鴫山城(しぎやまじょう)址史跡公園建設促進期成同盟会」と田島町で建立したものだそうです。
DSCF5924.jpg
恥ずかしながら、「鴫山城(しぎやまじょう)」の名前をこの碑で初めて知ったのですが、調べてみると、戦国時代には上杉謙信(うえすぎけんしん)の子、上杉景勝(うえすぎかげかつ)配下で「天地人」の直江兼次(なおえかねつぐ)の弟、大国但馬守実頼(おおくにたじまのかみさねより)が関東からの侵略の押さえとして治めた由緒正しきエリアであったことがわかりました。

幕末ファンなので新選組史についても調べてみました。
慶応4年4月26日(1868年5月18日)、板橋で近藤勇が斬首された(4月25日・新暦5月17日)翌日に、土方歳三が立ち寄ったのが田島陣屋です。
流山で近藤と別れた後、宇都宮城を攻め落としますが、新政府軍に奪還されます。
会津に退く際に、上官で元会津田島代官の秋月登之助(あきづきのぼりのすけ)と共に立ち寄った場所です。
このわずか3日後には会津若松市の七日町の清水屋に宿をとり、流山新選組本隊と合流していますから、滞在した時間で言えば、ほんの一時の休息に過ぎなかったのかもしれません。

いやいや、20数年もボーっとスキーをするだけに通ってしまいましたが、歴史好きになって改めて、田島地区の魅力に気付かされます。
これからも毎年通わせてもらうことになると思いますので、折々歴史について紐解いていけたら楽しめそうですね♪

ちょっとマニアックな歴史ネタになってしまいましたが、夏は尾瀬、冬はスキーの拠点として家族で楽しめるスポットですので、そのついでに是非とも訪問してみてください。
ここだけでは寂しいので近所の歴史博物館の「旧南会津郡役所」と共に歩いてみることをオススメします。
※2013年3月末まで「旧南会津郡役所」は改装のため休館中です。

□田島陣屋跡(たじまじんやあと)
 TEL:0241-62-3000(南会津町観光物産協会)
 福島県南会津町大字田島字後原甲3531
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「新選組!」ゆかりの地 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/16 07:30 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで車中泊…会津田島「道の駅たじま」
土日の連休を有効に使うべく、ちょっと離れた場所には前泊で乗り込みます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

20数年間通い続ける福島県南会津郡へスキーへ向かいますが、当日の朝出かけると高速150キロ+下道100キロという行程のあとにスキーをしなければならないので、運転手としてはちょっとでも体力の温存を図りたいところです。
目的地は裏磐梯の「会津高原だいくらスキー場」なので、西那須野インターから400号線湯の香ラインを進み、121号線日光街道の「道の駅たじま」で仮眠をとることにします。
金曜日に子どもたちの帰りを待って、シャワーを浴びて19時には出発します。
本当は小山のデカ盛り店「五福(ごふく)」が今月をもって閉店だと言うので訪問したかったんですが、時間的に間に合わなかったため諦めて車内でパンなどかじりながら走り進めたので23時くらいには自宅から200キロほどの車中泊ポイントに到着しました。
DSCF5914.jpg

風評で、福島県は全体的に放射線量が高いなどと言う根も葉もないデマが未だに飛んでいますが、手持ちのガイガーカウンター(放射線測定器)「エアカウンターS」で線量調査をしてみると0.09μSv/hで、福島から200キロ以上はなれた我が家の室内よりも線量が低いです(笑)
DSCF5915.jpg

屋外の夜間は氷点下5度前後まで下がりましたが、アイドリングをしなくても暖房が使えるベバストのエアヒーターのおかげで春秋用の寝袋を布団にする程度で安眠できました。
また、数台の大型トラックがアイドリングして停車してはいるものの、全体的な車輌数も交通量も少ないため、朝まで快適に安眠できました。
朝起きて、建物の前の標高の表記を見ると744.7m・・・そりゃ3月中旬とは言え寒いはずです(笑)
DSCF5916.jpg

駐車場から少々歩くだけでズキマル君の背丈ほどの雪が残っています。
それなのに駐車場には雪がありませんから、道の駅の従業員の皆さんが普段から利用者のためにご配慮くださっていることに感謝なくしてはいられません。
DSCF5917.jpg

イーモバイルが使えないため、ネット依存症の我が家には長居をすることが出来ず、物産館の開店前にスタートしてしまったので何も購入できませんでしたが、静かな山間にあってゆっくり体力の回復を図れる素晴らしい場所です。

福島の裏街道を通って栃木などに赴く際には絶好のスポットです。

□道の駅たじま
 TEL:0241-66-3333
 福島県南会津郡南会津町糸沢字男鹿沼原3242-6
 物産館営業時間 7:00-19:00(12-3月18:00)
 ウォシュレット未確認
 イーモバイル:NG
 標高:744m


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/16 06:30 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:車中泊の旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの幕末探訪…大洗「幕末と明治の博物館」
水戸まで来たのでちょっと大洗まで足を伸ばして、幕末に関する展示の多いという博物館を目指します。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

臨海大洗鹿島線の大洗(おおあらい)駅から東に海を目指して進むと、大洗海岸手前に大洗キャンプ場が見えます。
「ついにテントむしもキャンプ初体験か?」との思いもつかの間、キャンプ場の奥に見えてくる建物が「幕末と明治の博物館」です。
キャンプ場併設だけあって敷地も広く、駐車場も無料なのが嬉しいところです。
DSCF5905.jpg

昭和4年に創立され、約80年の歴史を持つ「幕末と明治の博物館」は、土佐藩出身の田中光顕(たなかみつあき)による設立です。
DSCF5904.jpg
田中光顕は幕末、武市半平太(たけちはんぺいた)の土佐勤王党(とさきんのうとう)に坂本龍馬(さかもとりょうま)等と共に属し、弾圧が始まると脱藩して長州に合流、京都で新選組に追われながらも生き延びて、中岡慎太郎(なかおかしんたろう)の陸援隊に幹部として参加し、その後戊辰戦争で活躍し、明治を迎えると宮内大臣となった幕末の英雄の一人です。

入場料は大人700円小学生150円ですが、SD(セーフティードライバー)カードがあると2名まで団体割引価格になります。
また2013年3月末まで営業の「桜田門外ノ変オープンロケセット」の入場券の半券があると、これまた人数分の団体割引価格を受けることが出来ます。
今回はその両方を有していたので、親子4人で1,700円のところを1,200円で入館することが出来ました。

エントランスには初期の国産洋式軍艦として、幕末に水戸藩が建造した帆船「旭日丸」の推定模型が展示されています。
DSCF5906.jpg
館内は撮影禁止ですが、ロビーからすぐの映像室では幕末をわかりやすく説明する15分ほどの映像を大きなスクリーンで見ることができ、これからの展示内容に更なる興味を持つことができます。

館内は訪問した方が、ゆっくりと見学できるよう、スペースが大きくとられています。
DSCF5907.jpg
総合展示室では幕末から明治期への「歴史の潮流」「人物像」がわかりやすく解説されており、展示作品からは幕末維新の志士たちの熱意や志が伝わってくるかのようです。
また明治天皇の聖像殿からは田中氏の日本の未来への思いが感じられ、展示室には貴重な資料や美術品も多数展示されており見ごたえたっぷりです。
坂本龍馬の自筆の書など、幕末の偉人の多くの書画が展示されているので、歴史ファン垂涎の博物館です。

新館と旧館の継ぎ目はやや離れていて、新鮮な空気が館内を流れているのもフシギな空気を作ってくれていて見学にも身が入りました。

最近は歴史ネタを書かせていただくことが多い中、歴史の偉人についてもずいぶん詳しくなってきたつもりでいましたが、まだまだ勉強が足りないことを知り、いろいろと知識欲が増す素晴らしい博物館でした。

□幕末と明治の博物館
 TEL:029-267-2276
 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231-4
 営業時間 9:00-17:00
 定休日:水曜日、年末年始
 入館料金:大人700円、小学生150円
 駐車場あり(無料)


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 13:30 天候:晴れ
測定値:0.28μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…518軒目・水戸「ウオカネ」
水戸の洋食のデカ盛りの名店に久々に訪問してみたいと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

有料東水戸道路の水戸南インターから水戸バイパスに向かって500m弱進んだけやき台入口交差点を南に入ると、長屋の一軒にひっそりと「隠れ家レストランUOKANE(ウオカネ)」があります。
店名からすると海鮮系の居酒屋のように感じますが、ランチの時間帯のみ営業している洋食屋さんです。
11時30分の開店にあわせて訪問したため、待たずに席につくことが出来ました。
DSCF5888.jpg

メニューを見ただけではわかりませんが、かなりボリューミーなメニューが多いのがこの店の特徴です。
小食な方にも安心の持ち帰りパックが用意されています。
また、リーズナブルな価格設定でサービスを提供しているので、中学生以上の方は何か注文する必要があります。
DSCF5889.jpg

料理はセットメニューとなっており、サラダ、セルフサービスのスープ、それにワンドリンクがつきます。
運ばれてきたサラダは・・・ドンブリに山盛り(笑)
これが4人分ではなく1人分です。
DSCF5892.jpg
スープも飲み放題となっていますが、お替りなどしようものなら、メインディッシュが胃袋に収まりそうもありません。
生ハムもたっぷり載っていて、普通のレストランならこの1品だけでも980円くらいしてもおかしくなさそうです。

1品目は少なめ系メニュー「クリーミーチキンソテーセットご飯大(980円)」にしてみましょう。
DSCF5894.jpg
先に運ばれてきたサラダの後だけに、小さめに感じますが、ご飯だけでもドンブリに山盛りの量があります。
ホワイトソースと香ばしいチキンがマッチしてご飯にかけたくなってしまいます。
また、そのご飯がウマー!!
白飯だけで1杯食べられそうな美味しいご飯です。
ご飯は小中大から選べますが金額は一緒です。
食後にはドリンクも運ばれてきますから、それはもう価格破壊としか言いようがありません。

スパかオムかを悩んだ挙句、「ケチャップ&デミオムライスセット(1,180円)」にしました。
DSCF5896.jpg
ケチャップオムライスに比べて200円高いんですが、1.2キロのオムライスを飽きずに食べるには、バランスの良い味付けになり食べきる確率が上がります(笑)
これまた、ケチャップの効いたチキンライスにもたっぷりの鶏肉が入っていて、歯ごたえの変化と共に食べ進めることができます。
こちらももちろんサラダ、スープ、ドリンクがセットですので、すでにサラダで胃袋の80%が満たされたあとのチャレンジとなります。

3年前に一度チャレンジしたときよりも家族4人の胃袋が大きくなっていたと見えて、2品なら何とか完食することが出来ました。
ご褒美のように運ばれてくる「生バナナジュース」が優しく口の中にとろけていきます。
DSCF5897.jpg

満腹のはずなのに、なんとなく壁に貼られた「ミニミニ昭和のチョコバナナパフェ(190円)」まで追加注文してしまいました。
DSCF5898.jpg
ドリンクと同じ大きさのグラスにはバナナ、コーンフレーク、アイス2玉、ホイップクリームにチョコレートソースがかかっており、どこも「ミニミニ」とは思えません。
先ほどまで「もう何も入らない~」と言っていた子どもたちに食べつくされたことは言うまでもありません(笑)

以前訪問したときには子供用のスプーンなどの用意がなかったため、幼児と共に訪問するのは躊躇していましたが、今回は着席と同時に子供用のスプーンもセットで運ばれてきました。
ほかの席をみてもずいぶんと家族連れが多く、ファミリー層で楽しめる「隠れ家レストラン」として立派な役割を果たしていることを感じます。

12時過ぎには相変わらずの席待ちが出来ており、人気の高さを改めて知ることが出来ました。
まだまだ食べて見たいメニューも充実しており、これからも何度も通わせてもらうことになりそうなデカ盛りの名店です。


□ウオカネ(UOKANE)
 TEL:029-248-6227
 茨城県水戸市酒門3322-1
 営業時間 11:30-16:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり

ウオカネ洋食 / 水戸駅東水戸駅
昼総合点★★★★ 4.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの幕末探訪…水戸「桜田門外ノ変OS」
ここ数年、水戸の梅まつりに訪問するたびに、入城を悩んでいたスポットが2013年の3月末で営業を終了するとのコトで、慌てて行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

日本3名園と謳われる水戸の偕楽園(かいらくえん)から常磐線の線路を挟んだ東側の千波公園(せんばこうえん)内に期間限定で開放されていたのが「桜田門外ノ変オープンロケセット」です。
2010年に大沢たかおさん主演で公開された劇場映画「桜田門外ノ変」のロケセットが公園内の一角で大人500円子ども300円の入場料で見学できる施設です。
訪問に当たって、楽天レンタルでDVDを見てきたので前知識もバッチリで入場してみます。
DSCF5874.jpg

時は幕末の江戸城付近、時の将軍や天皇の意向を得ずに日米修好通商条約に調印した井伊直弼(いいなおすけ)に対し憤慨する若き志士達が雪の舞う江戸城桜田門にて、一行を殺害するという「桜田門外の変」の詳細をドラマ化した内容で、見どころの戦闘シーンを撮影した場所が、公開当時の面影そのままに残されています。
雪に見立てて使われた「寒水石(かんすいせき)」が敷き詰められた場内はm季節を問わず真冬の風景を再現していますが、その粉がどういったものなのかが、入口すぐのエリアで解説されています。
DSCF5875.jpg

入口手前から左手奥に向かってに米沢(よねざわ)藩邸、杵築(きつき)藩邸、広島藩邸、一番奥に彦根藩赤門と続きますが、門の内側は存在せず、そのスペースには撮影で使用された血のり付きの衣装などが展示されています。
DSCF5878.jpg

入口右手の桜田門は堀が巡らされ、高麗門(こうらいもん)と渡櫓門(わたりやぐらもん)まで再現されています。
DSCF5881.jpg
映画のラストシーンでは西郷隆盛がこの門を眺めながら激動の時代を振り返りますが、レンタルながら栄男鹿を干渉した後だけに感動も大きかった気がします。

入口左手の米沢藩邸内には「記念展示館」があり、撮影に使われた貴重な品々を鑑賞することが出来ます。
DSCF5883.jpg

残念ながら館内は撮影は禁止でしたが、小道具あり動画ありと見ごたえのある内容でした。
DSCF5884.jpg

小学生向けには入口でクイズ用紙を渡してくれたため、頑張ったところなかなかの正解率です。
解答用紙を持って出口付近の売店に持っていくと500円相当の「うつし金蒔絵」を頂いてしまいました♪
DSCF5886.jpg

水戸藩と言えば、激動の幕末を動かした藩であり、そんなスポットを再現してくれていたこのロケセットも非常に貴重な観光地だっただけに、閉館は残念でなりませんが、解体前に訪問できたのはラッキーでした。

もう少しだけ開館期間がありますので、幕末史を知る上で「桜田門外ノ変」を鑑賞してから、この「オープンロケセット」に3月中に訪問してみてはいかがでしょう。

□桜田門外ノ変オープンロケセット
 TEL:029-244-3941
 茨城県水戸市千波町3080
 開園時間 9:00-17:00
 入園料:大人500円子ども300円
 駐車場あり(千波公園・一部無料)
 ※2013年3月末で営業終了です。

 ←ここからDVD購入できます。


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 09:30 天候:晴れ
測定値:0.28μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの家族でお出かけ…水戸「偕楽園」
震災の影響があろうとも、水戸偕楽園の梅の花見はここ数年の家族の恒例イベントとなりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

茨城県水戸市にある「偕楽園」は、金沢の「兼六園」、岡山の「後楽園」と合わせて「日本三名園」と呼ばれ、江戸時代から庶民にも愛される日本の公園文化の発祥の地ともいえるスポットです。
特にうれしいのは、入場料が無料である点で、駐車場についても千波(せんば)公園の一部や茨城県立歴史館では無料で停められると言う三名園の中でも最も庶民的な庭園です。
さすがに休日ともなると無料駐車場はあっという間に満車になってしまうので、毎年訪問は朝7時過ぎの到着をめざし、渋滞時間も外しているので、起きる時間以外については快適です(笑)
歴史館はオープン前から駐車場を解放してくれるため、偕楽園を見学してから訪問するのが我が家の習わしです。
一番近いのは徒歩5分ほどの所にある庭園北東の「御成門(おなりもん)」なのでそこから入園します。
DSCF5860.jpg

昨年は梅まつり期間スタート直後で蕾しか見られませんでしたが、今回は梅の花がほぼ満開の美しい時期に訪問できました。
DSCF5862.jpg

ミス梅まつりのお嬢さん方も庭園内で微笑んでいてくれるので、ついついカメラを向けてしまいます(笑)
ズキマル君は恥ずかしがって一緒に撮影には臨んでくれませんが、梅と共に華やかで素晴らしいですね♪
DSCF5865.jpg

偕楽園と言えば、歴史的なポイントも見逃せません。
好文亭(こうぶんてい)の脇にある「偕楽園記碑(かいらくえんきひ)」も歴史を垣間見られるスポットの一つです。
DSCF5868.jpg
幕末の名君、第9代藩主の徳川斉昭(とくがわなりあき)の直筆とされる碑です。
碑には徳川斉昭公の宇宙観や人生観、藩主としての姿勢などが記載されると共に自分だけではなく皆が楽しめる場所であることを明記しあわせて、よく文武に勤しみ、その後にはここで余暇を過ごし心身を養うようにとの思いやりが記されているそうです。
裏面には公園内での禁則事項が6項目記されていて、現在の公園管理の先駆となっています。

また、常磐線の線路近くには「南崖の洞窟(なんがいのどうくつ)」があります。
DSCF5871.jpg
この洞窟は第2代藩主の水戸光圀(みとみつくに)時代から第9代の徳川斉昭(とくがわなりあき)時代にかけて「神崎岩(かみさきいわ)」と言う石を採掘した場所だそうです。
延長は150mに及ぶそうですが、危険防止のため中に入ることは出来ません。

千波公園へと続く歩道橋は常磐線をまたぐ形となっており、梅まつりの季節だけ乗降が可能となる「偕楽園駅」のすぐ近くであるため、この時期しか見られない臨時列車を写真に収めようと、多くの撮り鉄さんが集まっているのも面白い風景の一つです。
運が良ければお座敷列車や普段見かけない車輛など数々の出会いがあるので、電車好きの方であればしばらく歩道橋付近で過ごしたくなること間違いなしです(笑)

各地でまだまだ震災の影響が色濃く残ってはいますが、大きな被害を受けた水戸市からも復興に向けた強い意志を感じられます。
菜にも手伝うことはできませんが、こうしてこれからも訪問することで、少しでも力になれればと感じつつ美しい梅吹雪舞う公園を後にしました。


□水戸偕楽園
 TEL:029-244-5454
 茨城県水戸市常磐町1-3-3
 開園時間 6:00-19:00(通常期間短縮)
 休園日:なし
 入園料:無料(好文亭は有料)
 駐車場:無料は千波公園の一部と県立歴史館


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

 ◇水戸の梅まつり(第117回)
  開催期間:2013年2/20-3/31

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三公園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。
約13haの園内には約百品種・三千本の梅が植えられ、早春には観梅客でにぎわいます。
偕楽園は梅の名所として有名ですが、その他にも四季折々の見所があり、春には桜、初夏には深紅のキリシマツツジ、真夏には緑あざやかな孟宗竹や杉林、秋には可憐な萩の花やモミジが見られます。これらを通して眼下に広がる千波湖を望む景観は絶景の一言です。
また、偕楽園の眼下に拡張した新しい公園は、梅を中心とした田鶴鳴(たづなき)、猩々(しょうじょう)、窈窕(ようちょう)の各梅林、芝生広場の四季の原、水鳥たちが遊ぶ月池などが点在し、広大な風景をゆったりと楽しめます。
※偕楽園HPより

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 08:30 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…517軒目・守谷「なお井」
守谷になかなか大衆的でボリューミーな料理を出す中華のお店があると聞き、ズキマル君と二人で行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

つくばエクスプレスの守谷(もりや)駅から線路沿いの県道46号線を西の常磐自動車道の守谷サービスエリア方面に向かうこと1キロ強で見えてくるのが「らーめん なお井」です。
平日の18時半と言うことで、ディナーのピークではなかったらしく、先客は10名程度ですが、席数は100席ほどもありそうです。
大きな店内は、昭和の香りのするすすけた壁紙と古びたベンチシートが魅力的で、常連になったら雑誌でも持ち込んで食後に長居してしまいそうなアットホームな雰囲気です。
DSCF5852.jpg

メニューはテーブルに麺類や一品料理の記載されたものがありますが、やはり壁に貼られたリーズナブルなセットメニューに目線を持っていかれます。
DSCF5856.jpg

そんなわけで、注文してみたのは「Aセット(850円)」を「チャーハン大盛り(金額後記)」にしてみます。
DSCF5858.jpg
しばらくして配膳されたのは通常サイズのラーメンと、2合ほどありそうな山盛りのチャーハンです。
ラーメンは細麺で昔ながらの醤油スープに海苔、ネギ、チャーシューが載っています。
単品価格は525円なので、セットにしてあるとかなりお得です。
麺自体も低価格のチェーン店に比べると1.5倍ほど入っているので普通ならコレだけで十分そうです。
チャーハンは大盛りにしたのでカツ丼用のドンブリならふたが閉まらないほどの量です。
ナルト、チャーシュー、卵がふんだんに使用されており、やや油っぽくはありますがあっさりしていてガンガン食べられます。
金額を聞かずに注文してしまったので、後ほど会計の際に確認することになったのですが…
メニューに書かれていた「麺類大盛り(160円増し)」「ご飯大盛り(105円増し)」程度だろうと思っていたら以外にも「チャーハン大盛り(250円増し)」で、リーズナブルなのにちょっとショックを受けます。

ショックを受けた理由は、壁に貼られたメニューにありました。
DSCF5853.jpg
チャーハンの大盛りが250円なのに対し、「スタミナ丼(350円)」、「鶏そぼろ丼(400円)」と言うメニューを見てしまうと、「あと100円くらい出せば、もう1品ガツンと食べられたのに!!」と言う後悔の念が浮かんでしまうのです。
いやいや、良く考えれば、普通サイズのドンブリ飯をもう1品食べるのは胃袋具合を考えてもムリなのですが、そんな風に思わせてくれるほど、各種メニュー(特に普通サイズの丼モノ)がボリューミーでリーズナブルなのです。

総額1,100円で親子二人で立ち上がるのが億劫になるほど満腹です(笑)
しかし、帰り際に、入口の張り紙を見てまた驚愕します。
DSCF5859.jpg
このラーメンが100円で食べられる日が毎月あるのか!!
10杯頼んでも1000円ですよ!
(食べきれないけど・・・)

守谷恐るべし!
隠れた中華の名店に、再訪を誓いつつ重いお腹をさすって店を後にしました。


□なお井
 TEL:0297-45-8655
 茨城県守谷市大柏1102-4
 営業時間 11:00-23:00
 定休日:火曜日
 駐車場あり

なお井中華料理 / 守谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/07 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第39回茨城「新守谷駅」
norizoの平日休とズキマル君の学校後の午後の予定がないのが重なったので、ちょっと茨城までぶらり旅にでかけます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1997年第1回選定」、関東鉄道の「新守谷(しんもりや)駅」です。
選定理由は「赤瓦のとんがり屋根が美しい、図書館がある駅。」だからだそうです。
常磐自動車道の谷和原(やわら)インターから国道294号線を南に進むと300mくらいのところにある駅で、近隣は住宅街と田園風景が入り混じる、まだまだこれからの発展を思わせる新興住宅地に見えます。
平日18時頃の訪問となりましたが大きなロータリーには、バスやタクシーが夜の帰宅につくための人たちを待ちわびており、中央には一般車用の一時駐車場もあります。
DSCF5844.jpg

改札は横断歩道のある2階となっており、入口右手には金色に光る「関東の駅百選認定駅」のプレートが埋め込まれています。
DSCF5846.jpg

駅舎完成からは30年以上経過していますが、機能性に優れた改札口は無人化が進んでおり、駅務員さんは事務室で業務にいそしんでいます。
DSCF5848.jpg

さて、選定理由にもあった「図書館」を見上げてみると・・・あれ?休みなのでしょうか?
DSCF5849.jpg

近づいてみると、図書館に続くはずの階段は自販機のゴミ箱で封鎖されています。
DSCF5847.jpg

調べてみると「守谷中央図書館」開館前の1991年から運営されていた駅内の図書館は、1995年の「守谷中央図書館」の完成に伴いその役目を徐々に薄れさせ、2004年(平成16年)9月29日に、その役目を終えていました。

さすがに、認定から15年ともなると選定当初の状況を継続していないスポットもありますが、それもまた、駅の歴史を知る上では楽しめる時間となります。

100選に選ばれていなければ、なかなか訪問する機会のない駅で、今回も時間の流れを知ることが出来、ズキマル君と楽しいひと時を過ごすことが出来ました。


□新守谷(しんもりや)駅
 茨城県守谷市御所ケ丘一丁目1-1
 所属事業者:関東鉄道(常総線)
 開業年月日:1982年(昭和57年)3月27日
 駐車場:一時駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1997年(第一期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
赤瓦のとんがり屋根が美しい、図書館がある駅。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/03/07 18:00 天候:晴れ  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:入口付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしで激ウマランチ…516軒目・行徳「ステーキ石井」
平日に休みが取れたので、たまにはヨメさんとふたりで本格的な味がリーズナブルな価格で楽しめるステーキ屋さんに行ってみましょう♪
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎週こんな無茶な旅とブログを続けるnorizoの傍らで、常にバックアップしてくれているヨメさまと結婚してこの春で13年目になりました。
そんなわけで、日ごろのお礼もかねてたまにはウマいものでもご馳走してあげようと思います。

東京メトロ東西線の行徳(ぎょうとく)駅から線路の東側に出て、大通りを渡り200mほどすると見えてくるピンクの建物が「ステーキ石井」です。
行徳界隈で長年にわたり「常陸牛」を提供している老舗の洋食店で、あの「狂牛病」騒ぎをも生き延びた数少ない本物のステーキを出すお店と言われています。
店舗前に3台分の駐車スペースがありますが、ちょっと目立つクルマなので近隣のコインパーキングに停めて訪問すると11時の開店時点で駐車場が満車だったりします。
幸いにもテーブル席に通してもらいましたが、ランチタイムは相席が基本なので、ファミリー層でない限り12時台にテーブルを占領することは難しいかもしれません。
DSCF5839.jpg

ディナータイムは平均1名あたり8,000円程度の飲食費用となるこのお店が、同じ味をランチタイムでは1,050円で楽しむことが出来ます。
もちろん、ディナータイムと同じ価格で同じ料理を楽しむこともできますが、せっかくなら「お試し」気分でリーズナブルに楽しんでみましょう。
DSCF5840.jpg

ズキマル君とモカさんは学校に行っているのでモデルがおらず、サイズ比較が難しいところですがそのあたりは「ミニカーテントむし君」と特別出演のヨメさんでお許しください。


「Aランチ(1,050円)」は常陸牛のステーキです。
DSCF5842.jpg
肉のサイズや部位はその時々によりまちまちですが、マスターが「絶対損をさせないように!」と切り分けて焼いてくれます。
熱い鉄板に載った付け合せの野菜も、訪問のタイミングで変わります。
今回は長ネギとキャベツのソテーでしたが、数組後に入ってきたお客さんのものにはナスが載っています。
カレーのランプのような入れ物に入っているのはオリジナルの和風ソースです。
この味を確かめるために遠方から訪問する方も少なくないそうです。
「汁」は激アツの豚汁の時もありますが、今回は生海苔の味噌汁でした。
ご飯も自家製米だそうで、ツヤも香りも食感も最高です。
大盛りにすると210円アップですが、ボリュームは2倍以上になります。
…今回は「普通盛り」にしておきました。
食後にデザートが付きますが、今回はイチゴやパイナップルの載ったフルーツ5種盛でした♪

「Bランチ(1,050円)」はビーフシチューとエビフライのプレートです。
DSCF5841.jpg
実はこの「ビーフシチュー」は「カツカレー」と並んでステーキ石井で食べられるデカ盛り系メニューです。
野菜と牛肉をじっくり煮込んで作った自家製のデミグラスソースは、薄味ながら肉と野菜のうまみをしっかりと凝縮した最高級の味です。
しかも、シチューと言いながら、ソース以外の部分は大きな肉塊です!!
何時間煮込まれたかも想像できない舌の上でとろける高級和牛がいくら食べても減りません(笑)
そこに追い打ちをかけるように大きなエビフライ!!
これまた絶品です♪
食後には薫り高いコーヒーが付きますので、何とも幸せな気分になれます。

これだけの絶品料理が1,050円で味わえるのは、店の努力なくしては有りえないでしょう。
その努力の一環としてランチは「薄利多売」であることを追記しておきましょう。
2種類のみのランチは、注文から提供までのスピードがとにかく速いのです!
※通常メニューはマスターが丁寧に時間をかけて作るため多少時間がかかります。
注文から提供までに5分もかからないのではないでしょうか?

その代り、下げ膳も早い(笑)
ディナータイムの3分の1以下の価格で食べられるので、着席時間くらいはお客さん側が気を使って3分の1くらいにしてあげてもいいと、norizoは思っています。

忙しないのもnorizoの性格に非常にマッチしており、回転の速い接客が心地よくすら感じます。
何より、ステーキ屋さんでありながら、帰りのコインパーキングの清算がやたら低額で済むのも運転手としては嬉しいところだったりします。

ランチは一種騒然とした空気が流れるレストランですが、一転ディナータイムは落ち着いて食事が出来るのも魅力です。
ランチは予約不可、ディナーは予約優先のため注意が必要ですが、マスターの人柄と味でいつまでも愛され続ける行徳の洋食の名店です。

ちなみに、ウワサに聞くカツカレーには、まだお目にかかったことがありません。
いつか食べることができた際には、必ずアップさせてもらいます♪

□ステーキ石井
 TEL:047-397-4285
 千葉県市川市行徳駅前1-7-7
 営業時間 11:00-14:30,17:00-21:30
 定休日:火休
 駐車場3台あり(近隣コインPも多数あり)
 ※Bランチがデカ盛りになるかどうかはその日の運次第です♪

ステーキ石井ステーキ / 行徳駅妙典駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/07 11:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…太田「ぐんまこどもの国」
先日、城めぐりの際に、時間が無くて訪問できなかった遊園地に、子どもたちとの約束を守るべく行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東武電鉄の太田(おおた)駅の北、日本100名城の新田金山(にったかなやま)城址と併設する大型の公園・遊園地・児童館を有するのが「ぐんまこどもの国」です。
DSCF5824.jpg

かなり大きな規模であるにもかかわらず、駐車場も入場料も無料と言う家族連れにはありがたい施設です。
正門をくぐって右手に児童館、左手に遊園地、正面に遊具のそろった広場と公園が広がります。
DSCF5825.jpg

しばらく遊んでからモカさんがおもむろに「そう言えば、ここ、遠足で来たわ」などとヌケサクなことをのたまいます(笑)
広場も大きいのでボールや自転車などを持ち込む親子連れも多く、遊具も大きくたくさんあるので、お弁当を持って来れば遠足にも使えるほど自由に遊びまわれます。
確かに、休日の訪問でしたが引率の親御さんの付いた団体さんも多く、関東近県から日帰りで遠足に来ている姿も数多くみられます。
DSCF5826.jpg
遊園地も併設しているんですが、公園で遊ぶのが忙しく、結局乗り物に乗ることなく夕方近くなってしまいました。

帰る頃になって、トイレを借りようと正面入り口付近の児童館に入ったら、これがまた素敵な遊び場です。
全天候型のキッズコーナーと言えるであろう館内は、プラネタリウム以外は無料で楽しめます。
プラネタリウムもリーズナブルな価格設定なので、訪問前にホームページなどで上映時間をチェックしておけば、子どもたちとより充実した時間を過ごせそうです。
DSCF5834.jpg

午後まるまる、ぐんまこどもの国で過ごさせてもらいましたが、かかった費用はゼロ円、なんてリーズナブルなんでしょう♪
親の財布にも、子どもたちの健康づくりとリフレッシュにも嬉しい、何度も訪問したくなる素敵な複合遊園地です。


□ぐんまこどもの国
 TEL:0276-22-1448
 群馬県太田市長手町480
 開園時間 8:30-17:00
 休園日:月曜日
 入園料:無料
 駐車場あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…515軒目・前橋「大嶋屋」
前橋の市街地に隠れたデカ盛り蕎麦があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

上毛電鉄上毛線の終着駅(始発駅?)の中央前橋(ちゅうおうまえばし)駅から県道4号線東国文化歴史街道を北へ進むこと3.5キロ、神細井町交差点の次の次のT字路を東に入ると住宅街の中に見えてくるのが「大嶋屋」です。
店の前には2台分ほどの駐車スペースがありますが、クルマでの訪問の際には早い者勝ちなのでオープン直後を狙うのがいいかもしれません。
DSCF5817.jpg

店内は入ってすぐのところにテーブル席があり、奥には住居兼座敷席のようなアットホームな雰囲気の半個室があります。メニューはテーブルごとに置かれていますが、それよりも壁に貼られたメニューの方がリーズナブルなので目をやるのを忘れないようにしましょう。
DSCF5818.jpg

1品目は「超大盛りそば+天ぷら1品(735円)」をちくわ天で注文します。
ご主人が出てきてくれたので「家族4人で食べ切れますか?」と聞くと「この間、女の人が一人でソレとカツ丼を食べていったから足りないくらいだろう。」と教えてくれました。
何やら怪しげな比較ですが、とりあえずもう1品くらいは行けそうかと思いつつ配膳を待ちます。
DSCF5821.jpg
ほどなく運ばれてきたのはザルにどっかりと盛られた乱切りの蕎麦です。
3人前ほどなので気合の入った体育会系ならば一人で食べ切ることも出来そうですが、これにカツ丼はどちらかの猛者の方に違いありません(笑)
ダシは関東系のカツオの効いたモノで、残ったものは蕎麦湯で飲み干すことが出来ます。
コシモ強く、この値段でこれだけの量を持ってきてくれるのは嬉しい限りです♪
ちょっと飽きてきたところに揚げたての天ぷらのアクセントがたまりません。
天ぷらは単品で頼むと1個当たりの単価が100円になりますが、麺類とのセットだと50円になるのでセットの方がお得だと、これまた女性店員の方が教えてくれました。

ご主人の「大丈夫」に乗っかって注文したのは「大かけそば+天ぷら2品(630円)」です。
DSCF5822.jpg
天ぷらは日替わりで数種類あるもののうちから「かぼちゃ」と「春菊と葱のかき揚げ」にしてみました。
出てきた蕎麦のドンブリが…デカ!
超大盛りも存在するようですが、このサイズで正解だったかもしれません(笑)
麺が乱切りなので細くダシを吸う柔らかな部分と、がっちりと歯ごたえを残す部分のハーモニーが楽しめます。
もちろん、蕎麦自体の香りも良く、遊びや冗談でやっているわけではないことを感じ取れます。


結局、家族4人がわずか1,500円弱で大満足してしまいました…
自宅経営とは言え、採算度外視の嬉しいサービスにお腹も心も満たされて店を出ました。
前橋の地元の方々の胃袋を支える、優しいご家族の営む楽しいデカ盛り蕎麦屋さんです。


□大嶋屋
 TEL:027-232-8261
 群馬県前橋市上細井町813
 営業時間11:00-14:00
 定休日:月曜日・第4日曜日
 駐車場あり(2台分)

大嶋屋そば(蕎麦) / 三俣駅片貝駅城東駅
昼総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…前橋「るなぱあく」
前橋をクルマで走っていて、いつかは行ってみようと思っていた遊園地があります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回の訪問地「るなぱあく」は群馬県庁の北側にある老舗の遊園地で群馬県民に古くから愛されているそうです。
駐車場も無料で何より入場料が無料と言うことで、3月3日に訪問してみました。
朝一番で訪問してみたら、イベントだったらしく、子供向けの先着10名の乗り物1回無料券を頂いてしまいました♪
DSCF5801.jpg

遊園地ファンなら一度は現物に触ってみたいのが、この「日本最古の電動木馬」です。
DSCF5802.jpg
5体並んだ木馬ですが、昨年までは雨漏りがひどかったのがネックだったそうです。
しかし、改修が終わり悪天候でも楽しめるようになりました。
体格制限で小学生までとなっていますが、気がつくと大人も乗っています(笑)

5体並んだ木馬は赤、白、黄、緑、青あります。
こんなとき、乗る色で乗る人の本質が読み取れます。
ズキマル君は・・・予想通りの緑「目立たないけどお笑いキャラ」ですね☆
DSCF5804.jpg
え?
ほかのカラーで見る人間性も知りたいですか?
勝手な判断方法なので私的に参考にしてください(笑)
赤・・・熱血タイプのリーダー型
白・・・周りをフォローする協調型
黄・・・カレー大好きキレンジャー
緑・・・目立たないけどお笑いキャラ
青・・・クールで頭脳派だけど単独行動型
あれ?
気がつきましたか?
そう、戦隊モノのお約束です♪

コイン式の乗り物はどれでも10円!
DSCF5805.jpg
小学校高学年で乗るのはちょっと勇気がいるらしく、モカさんは見るだけですが、親御さんに優しい価格設定です。

ミニコースターやメリーゴーランドなど、ほかの遊園地なら公営でも5倍くらいの値段でもおかしくない立派なものばかりです。
DSCF5806.jpg
10回チケットは1枚サービスの11枚組みで500円なので更にリーズナブルです。

1,000円もあれば半日たっぷり遊べるのですが、休日のお昼前にもなると急激に混雑し始めるので注意が必要です。
DSCF5809.jpg

国登録有形文化財「ラジオ塔」をこんなところで見られるのは近代史ファンとして見ておけてラッキーですね。
DSCF5811.jpg
これは1933年(昭和8年)にラジオ局のNHK前橋放送局の開局に際して、旧東京電燈(現在の東京電力)が、まだ高額で普及していないラジオの放送を広く聴いてもらうために寄贈したものだそうです。

木馬と言い、ラジオ塔と言い歴史を感じることの出来る素晴らしい遊園地です。
休日は混雑必至なので遠方からの訪問の際には公共交通機関を利用するか、オープン前後の到着を狙うのがポイントです。
最新の遊具も楽しいですが、たまには自分が子どもだった頃を思い出してノスタルジックな「るなぱあく」でひと時をすごすのも楽しいのではないでしょうか?


□るなぱあく
 群馬県前橋市大手町三丁目16-3
 TEL:027-231-6774
 営業時間 9:30~17:00(冬季短縮)
 定休日:火曜日
 入場料:無料(乗り物1回50円ほか)
 駐車場あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 09:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

激安ホテルレビュー…高崎「ホリデイドゥ」
毎度のことですが、軽キャンピングカーに乗っているのに、激安ホテルと併用で旅するのは運転手のnorizoの体力を考えてのことです(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

最近は群馬県太田市の「道の駅おおた」にキャンピングカー用の宿泊スペースが出来て話題になりましたが、本体のキャンピングカーがポップアップ式の軽自動車の場合、やはり付近の騒音や風雨の影響を大きく受けることになります。
そのため、大事をとって2泊以上の旅行の際には激安宿との併用で安定睡眠の確保を図っています。

今回泊めさせてもらうのは、高崎市の新幹線の線路脇にある「HOLIDAY Do(ホリデイドゥ)」です。
高崎と言う大都市にありながら、駐車場無料でセミダブルの部屋が1部屋あたり5,000円弱という価格破壊のホテルです。
1階はカフェバーと駐車場になっており、雨天の際のバイク用の駐輪場として優先利用されるためバイカーさんからも好評のようです。
ロビーは2階にありますが、(確認しませんでしたが)エレベーターで上がることもできるようですので足に自信がなくても安心です。
2週間ほど前に、不意に思い立って楽天トラベルから予約しましたが2名で4,400円なので、家族4人でも素泊まり8,800円(2,200円/人)で宿泊できます。
朝食なしのプランにしましたが、喫茶店のモーニングのような食事を200円(/1名)の追加で頂くことも可能です。
DSCF5800.jpg

部屋はタイル張りの床にセミダブルのベッドが置かれたオーソドックスなビジネスホテルスタイルで、インターネットは無線LANが用意されていますが、事前に使いたい旨を話しておかないと、電波の届かない部屋もあります。
今回は届く部屋をご用意いただきましたが、いつもどおりイーモバイルがあるのでチェック程度に使っただけです(笑)
トイレにウォシュレットはなく、バスルーム一体型ですが、この価格で入浴できるだけでもメリットが大きいでしょう。
空調は部屋ごとに温度設定が出来ますし、冷蔵庫も完備、ベッドにもコンセントがあるのでゴロゴロしながら充電しつつネットサーフィンなんかも出来て快適そのものです♪
DSCF5798.jpg

ロビー脇の喫茶コーナーは朝は朝食用のスパースとして使われますが、夜12時まではウェルカムコーヒーの無料提供が行われています。
セルフサービスですが、紅茶もあるので、まだコーヒーが得意ではないズキマル君にも嬉しいサービスです。
DSCF5799.jpg

やや壁が薄い感はありますが、総評してリーズナブルに宿泊できる大変素晴らしい宿です。
駅からは多少距離があり、サービス重視とまではいきませんが、クルマやバイクを利用しての旅行者にはうってつけの素晴らしいホテルです。

今後の群馬探訪の折にも、事につけ利用させてもらうことになりそうなサイフに優しい激安ホテルです。


□HOLIDAY Do(ホリデイドゥ)
 TEL:027-362-6011
 群馬県高崎市緑町1-8-8
 駐車場あり



より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/03 08:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで「はげ盛」…514軒目・片品村「龍金花」
群馬県片品村のデカ盛りフェアも3月末までと迫ってきましたが、もう1件「はげ盛」参加店に顔を出しておきましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

群馬県北部にある片品村で毎年冬になると行われる「はげ盛フェア」と言うイベントをご存知でしょうか?
関東有数のスキー場を持つ片品村の食堂などが、12月中旬から3月末の時期だけ「デカ盛り」を振る舞うと言う魅惑のイベントです。
※注意:片品村のデカ盛りはフェア期間以外には提供されていない場合があります。
2013年の参加店はなんと24店舗もありますので、ここに訪問しないのはデカ盛りファンの名折れです(笑)

関越自動車道の沼田インターから日光方面に続く120号線日本ロマンチック街道を走ること30キロほどで見えてくるのが「龍金花(りゅうきんか)」です。
どうやら以前はラーメンショップだったようで、看板に少々の名残が見えますが、今では片品村きっての中華の人気店です。
17時半の開店を待って伺いましたが、小上がりの席では、すでに1組のお客さんが食事を始めており2番目になってしまいました。
DSCF5787.jpg

もちろん注文するのは期間限定の「五目揚げ焼きそば(1,300円)」です。
DSCF5790.jpg
通常ボリュームの五目揚げ焼きそばが980円なのに対し、3倍のボリュームで1,300円はキャンペーン価格とは言えリーズナブルすぎます。
普段食べる細めの揚げ焼きそばとは違い、ラーメンの太麺を揚げてあるので1本1本が重厚です。
それが3人前ともなれば、それはもう食べる武尊山(ほたかやま)と言っても過言ではありません。
たっぷりの餡にはぷりぷりのエビ、美しく切り込まれたイカ、ウズラなど五目餡にふさわしいタレがたっぷりかかっています。
しかし・・・一人で食べきれる量ではありません(笑)

もちろん一般向けのメニューも充実しているので、小食の方でも恐れずに入店することが出来るのは言うまでもありません(笑)
DSCF5788.jpg
メニュー一覧の左下に「メニューは徐々に増やしていきます。」と言うコメントが付いているのも愛嬌があって笑ってしまいます。

2品目はオーソドックスに「味噌ラーメン普通盛り(750円)」を注文してみます。
DSCF5791.jpg
野菜たっぷりでにんにくの効いた味噌ベースのスープが冬の寒さに凍えるカラダを暖めてくれます。
太い縮れ麺が濃厚な味噌ダレと良く合います。
普通盛ですから安心して食べられるボリュームなので、無理せず完食できるのも嬉しいところです。

かなり苦労しましたが子どもたちと4人がかりで中華の上州武尊(じょうしゅうほたか)山(笑)を完食することができました。
DSCF5796.jpg
ウマいながら、このヘビー級の山を制覇するのはかなりの練習が必要でしょう(笑)

地元で愛される期間限定の中華のデカ盛り店に大満足です。
念のため「このメニュー、期間外も出してもらえるんですか?」と聞いてみると、「この時期だけですよ。」とお答えいただきました。
「はげ盛」シーズンは12月中旬から3月末までの3ヶ月ちょっとしかありません。
思い立ったら吉日、早速今週末あたりに群馬県片品村まで出向いてみてはいかがでしょう(笑)


□龍金花
 TEL:0278-58-4626
 群馬県利根郡片品村須賀川33-5
 営業時間 11:30-14:00,17:30-21:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり

龍金花中華料理 / 片品村その他)
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


~「銀色テントむし660」では勝手に「はげ盛」を応援しています♪~

◇はげ盛スタンプラリー&フェア期間
2012年12月21日(金)~2013年3月31日(日)
※期間中に参加店でもらえるスタンプカードにスタンプを3つためると温泉入浴券または買い物券として使えます。ダブルチャンスとして抽選で片品村各スキー場のリフト1日券が当たるかも?

◇群馬県片品村大盛街道「はげ盛」~2013~参加店・対象メニュー
※店名は食べログに、メニュー名は訪問記事にリンクしています。
1)焼肉 待夢(たいむ)
 もつ煮定食(950円)
2)酒肴工房134
 1パウンドリブアイステーキ(3,500円)
3)心音(ここね)
 おっきいつくねパートⅡ(1,200円)
4)みゆき寿し
 サーモン丼(1,390円)※1日限定6食
5)鎌田食堂
 メガ・とん・メシ(1,500円)
6)芳味亭(ほうみてい)
 鳥から揚げ定食W大盛り(1,200円)
7)菜々彩畑(なないろばたけ)かふぇ ※サエラスキー場内
 チキンガーリックステーキプレート(1,380円)
8)渡辺製菓
 太巻き抹茶花豆ロール(1,000円)
9)かたしなや
 どデカかき揚げそば(950円)
10)ほっこりの湯
 CRAZY TOWER(1,500円)
11)龍金花(りゅうきんか)
 五目揚げ焼きそば(1,300円)
12)レストランポニー(武尊牧場スキー場内)
 ギガ盛り牧場豚丼(1,300円)
13)スクォーレル(オグナほたかスキー場内)
 ギガ盛りオグナ豚丼定食(1,200円)
14)花咲の湯
 はげ盛サーロインステーキプレート(1,680円)
15)レストランオクタ(岩鞍スキー場内
 オクタスペシャル丼(1,800円)
16)カントリーチャイルド(かたしな高原スキー場内)
 ぶったま丼(1,200円)
17)かたやま食堂
 大盛野菜チャーシューメン(1,000円)
18)Foodsbar Core(フーズバーコア)
 骨付きチキンの“2.5kg”カレー(1,980円)
19)御食事処 路傍(ろぼう)
 焼きうどん(1,200円)
20)食事処 和八(かずはち)
 キムチ味豚トロ丼(880円)
21)ふらいぱん
 いなかるぼ(1,180円)
22)白根ドライブイン
 はげ盛ドック(580円)※土日限定
23)そば処 みどりや
 鍋焼うどん(900円)
24)レストランプラトー
 メガランチ(1,400円)

注意:フェア期間終了後はメニューの提供を休止している場合が殆どですので期間内にお楽しみください。

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/02 17:30 天候:雪
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで日帰り温泉・・・片品村「花咲の湯」
いつの間にか群馬県片品村を巡るデカ盛りイベント「はげ盛」フェア訪問店が8店舗になっていました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「はげ盛」は群馬県片品村が冬季に開催する村をあげてのデカ盛りイベントですが、各店の料理を食べるとスタンプがもらえます。
このスタンプを3つ集めると300円分の商品券か「ほっこりの湯」・「花咲の湯」の入浴券として使うことが出来ます。
スタンプカード1枚目は「ほっこりの湯」で使わせてもらいましたが、2枚目をクリアし3枚目はスタンプ残り1個でもう1枚の入浴券になります。
「花咲の湯」の大人の入浴料は600円ですから、あと1箇所デカ盛り店を巡っておけば無料になるのは魅力的です。

そんなわけで、昼食後(笑)の入浴前にやってきたのは「白根ドライブイン」さんです♪
今年の「はげ盛」第1弾として訪問しましたが、最安値のメニューが魅力的です。
突然訪問すると完成までに20分ほどかかりますので、駐車場脇の特設滑り台で出来上がりを待ちます。
DSCF5781.jpg
※店内は暖かくイスも用意されているので寒い思いをするのは遊びたい方だけです(笑)

20分ほど待って完成したのは白根ドライブインの2013年冬の名物「はげ盛ドック(580円)」です。
そう、このメニューは「花咲の湯」の入浴料金より安いので、残り1個のスタンプで入浴できるなら、このメニューを注文しておくほうがお得なのです。
DSCF5782.jpg
前回はテイクアウトしようとして挫折したので、今回は初めから店内で頂くつもりで注文してみました。
すると・・・前回よりもふっくらしていて形も良く「ドック」な形になっています。
手作りの生地は中華まんの皮のようで、具材はひき肉やまいたけの入った甘辛醤油仕立てのそぼろです。
上部の開いた「スーパージャンボ肉まん」とも言える一品は、到底食後のおやつではありません(笑)
今回も4人がかりでなんとか完食しました(笑)

スタンプの揃ったカードを2枚持って、向かうのは「花咲の湯」です。
実は前回、「はげ盛」を食しに訪問していたんですが、時間の都合上、入浴できなかったのでこの機を狙っていたのです。
入浴料金は大人600円子ども400円ですが、2枚のカードを持参したため、大人料金分が無料になり、子どもたち2人分の800円だけで入浴できます。
DSCF5783.jpg

ロビーの左手は物産店とレストラン、右手が休憩室、階段を下りると温泉になっており、全館床暖房の快適な施設です。
DSCF5784.jpg

嬉しいことに露天風呂があるので、雪見風呂と洒落こむことが出来ました♪
kazenoyu_01.jpg
※写真は「花咲の湯」のホームページのものです。

入浴施設のある階段を下りた階の休憩室は和室となっていて、入浴後の待ち合わせやちょっとした飲食(持込NG)にちょうど良いです。
それにも増して素晴らしかったのがフロントの右手にある休憩室です。
DSCF5785.jpg
大きな窓の外に広がる雪景色と、それを忘れてしまう温かな床暖房。
たくさん用意されたクッションや毛布にコタツまであります。
それはもう、快適そのものです。

入浴料金は「5時間まで」の料金ですが、危うく時間オーバーしてしまうほど休憩室で寝コケてしまいました(笑)
インターネット用の無料Wifiスポットも用意してくれてあるので、チョイチョイメールやブログの確認なんかが出来たのもハナマル気分になれました。
コインロッカーだけは有料なので100円玉を忘れないようにしておきましょう。
※カゴは無料で使えるので貴重品がなければコインロッカーを利用する必要はありません。

それにしても素晴らしい♪
このまま通い続けたら、片品村の住民になってしまいそうです(笑)


□花咲の湯
 TEL:0278-20-7111
 群馬県利根郡片品村花咲1113
 営業時間 11:00-21:00(冬季平日20:00)
 定休日:第2・第4水曜日(祝日の場合は営業)
 入浴料:大人600円子ども400円
 駐車場あり


大きな地図で見る


~「銀色テントむし660」では勝手に「はげ盛」を応援しています♪~

◇はげ盛スタンプラリー&フェア期間
2012年12月21日(金)~2013年3月31日(日)
※期間中に参加店でもらえるスタンプカードにスタンプを3つためると温泉入浴券または買い物券として使えます。ダブルチャンスとして抽選で片品村各スキー場のリフト1日券が当たるかも?

◇群馬県片品村大盛街道「はげ盛」~2013~参加店・対象メニュー
※店名は食べログに、メニュー名は訪問記事にリンクしています。
1)焼肉 待夢(たいむ)
 もつ煮定食(950円)
2)酒肴工房134
 1パウンドリブアイステーキ(3,500円)
3)心音(ここね)
 おっきいつくねパートⅡ(1,200円)
4)みゆき寿し
 サーモン丼(1,390円)※1日限定6食
5)鎌田食堂
 メガ・とん・メシ(1,500円)
6)芳味亭(ほうみてい)
 鳥から揚げ定食W大盛り(1,200円)
7)菜々彩畑(なないろばたけ)かふぇ ※サエラスキー場内
 チキンガーリックステーキプレート(1,380円)
8)渡辺製菓
 太巻き抹茶花豆ロール(1,000円)
9)かたしなや
 どデカかき揚げそば(950円)
10)ほっこりの湯
 CRAZY TOWER(1,500円)
11)龍金花(りゅうきんか)
 五目揚げ焼きそば(1,300円)
12)レストランポニー(武尊牧場スキー場内)
 ギガ盛り牧場豚丼(1,300円)
13)スクォーレル(オグナほたかスキー場内)
 ギガ盛りオグナ豚丼定食(1,200円)
14)花咲の湯
 はげ盛サーロインステーキプレート(1,680円)
15)レストランオクタ(岩鞍スキー場内
 オクタスペシャル丼(1,800円)
16)カントリーチャイルド(かたしな高原スキー場内)
 ぶったま丼(1,200円)
17)かたやま食堂
 大盛野菜チャーシューメン(1,000円)
18)Foodsbar Core(フーズバーコア)
 骨付きチキンの“2.5kg”カレー(1,980円)
19)御食事処 路傍(ろぼう)
 焼きうどん(1,200円)
20)食事処 和八(かずはち)
 キムチ味豚トロ丼(880円)
21)ふらいぱん
 いなかるぼ(1,180円)
22)白根ドライブイン
 はげ盛ドック(580円)※土日限定
23)そば処 みどりや
 鍋焼うどん(900円)
24)レストランプラトー
 メガランチ(1,400円)

注意:フェア期間終了後はメニューの提供を休止している場合が殆どですので期間内にお楽しみください。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/02 14:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

銀色テントむしで「はげ盛」…513軒目・片品村「待夢(たいむ)」
スキーもしないのに雪山にデカ盛りだけ食べに行くようなコトをする家族もナカナカいないのではないでしょうか(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

群馬県北部にある片品村で毎年冬になると行われる「はげ盛フェア」と言うイベントをご存知でしょうか?
関東有数のスキー場を持つ片品村の食堂などが、12月中旬から3月末の時期だけ「デカ盛り」を振る舞うと言う魅惑のイベントです。
※注意:片品村のデカ盛りはフェア期間以外には提供されていない場合があります。
2013年の参加店はなんと24店舗もありますので、ここに訪問しないのはデカ盛りファンの名折れです(笑)

群馬県と言えばもつ煮込みの有名なアノお店がありますが、片品村にも2013年3月末までの期間限定でもつ煮込みをビッグサイズで食べられるお店があります。
群馬県から日光に抜ける120号線日本ロマンチック街道を関越自動車道の沼田インターから30キロほど進んだら、かたしな高原スキー場との分岐の交差点手前に見えてくるのが「焼肉 待夢(たいむ)」です。
降りしきる雪の中を開店時間前に到着してしまったため、待っていると、駐車場の雪かきをしてお客さんが入りやすいようにしてくれています。
時間になり1番で入店させてもらい、暖房の効いた角の席に座らせてもらいました。
DSCF5776.jpg

昨年は「焼肉丼」で盛況だった待夢の今年のはげ盛メニューは「もつ煮定食(930円)」です。
焼肉屋さんなのに、わき目も振らずそのメニューを注文します(笑)
DSCF5780.jpg
しばらくして運ばれてきたのは約550グラムのもつ煮込みに1.5合ほどの炊き立てご飯です。
スープにキムチまで付いて1,000円未満とは驚きです。
とろけるようなモツ煮は箸でも切れてしまうほど煮込まれていて、歯の生え揃わないズキマル君でも苦労せずに食べることが出来ます。
味付けも絶妙で、ご飯にかけるとこれがまた絶品です♪
ご飯が足りないくらいかも(笑)

せっかくなので、通常メニューからも何か選んでみましょう。
もちろん単品の焼肉メニューもリーズナブルに取り揃えていますが、丼モノも良さそうです。
別ページには450円でラーメンと言うのもあり、ちょっと頼んでみたくなります。
DSCF5777.jpg
昼時はランチメニューも3種類あるので、そこも見逃せません。

結局、1品目と同じ素材のホルモン系で「Aランチ(800円)」です。
DSCF5779.jpg
大き目の皿にたっぷり載ったホルモンは塩ダレベースでいい感じです。
ご飯も初めから大盛り感があります。
セットにはサラダ、スープ、キムチと共に、食後のコーヒーまでつきます。
脂の乗ったホルモンがウマウマです♪

今回も2品で家族4人が満腹になってしまいました。
残念ながら「もつ煮定食」は2013年3月末までの期間限定商品で、シーズンオフの販売は今のところ考えていないそうです。
3月末までに群馬県を訪問できるようなら一度はチャレンジしておきたい絶品料理と共に、通常メニューもリーズナブルで通いやすい名店です。




□焼肉待夢(たいむ)
 TEL:0278-58-3607
 群馬県利根郡片品村鎌田3952
 営業時間 11:30-13:30、16:30-22:00
 定休日:火曜日
 駐車場あり

焼肉 待夢焼肉 / 片品村その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


~「銀色テントむし660」では勝手に「はげ盛」を応援しています♪~

◇はげ盛スタンプラリー&フェア期間
2012年12月21日(金)~2013年3月31日(日)
※期間中に参加店でもらえるスタンプカードにスタンプを3つためると温泉入浴券または買い物券として使えます。ダブルチャンスとして抽選で片品村各スキー場のリフト1日券が当たるかも?

◇群馬県片品村大盛街道「はげ盛」~2013~参加店・対象メニュー
※店名は食べログに、メニュー名は訪問記事にリンクしています。
1)焼肉 待夢(たいむ)
 もつ煮定食(950円)
2)酒肴工房134
 1パウンドリブアイステーキ(3,500円)
3)心音(ここね)
 おっきいつくねパートⅡ(1,200円)
4)みゆき寿し
 サーモン丼(1,390円)※1日限定6食
5)鎌田食堂
 メガ・とん・メシ(1,500円)
6)芳味亭(ほうみてい)
 鳥から揚げ定食W大盛り(1,200円)
7)菜々彩畑(なないろばたけ)かふぇ ※サエラスキー場内
 チキンガーリックステーキプレート(1,380円)
8)渡辺製菓
 太巻き抹茶花豆ロール(1,000円)
9)かたしなや
 どデカかき揚げそば(950円)
10)ほっこりの湯
 CRAZY TOWER(1,500円)
11)龍金花(りゅうきんか)
 五目揚げ焼きそば(1,300円)
12)レストランポニー(武尊牧場スキー場内)
 ギガ盛り牧場豚丼(1,300円)
13)スクォーレル(オグナほたかスキー場内)
 ギガ盛りオグナ豚丼定食(1,200円)
14)花咲の湯
 はげ盛サーロインステーキプレート(1,680円)
15)レストランオクタ(岩鞍スキー場内
 オクタスペシャル丼(1,800円)
16)カントリーチャイルド(かたしな高原スキー場内)
 ぶったま丼(1,200円)
17)かたやま食堂
 大盛野菜チャーシューメン(1,000円)
18)Foodsbar Core(フーズバーコア)
 骨付きチキンの“2.5kg”カレー(1,980円)
19)御食事処 路傍(ろぼう)
 焼きうどん(1,200円)
20)食事処 和八(かずはち)
 キムチ味豚トロ丼(880円)
21)ふらいぱん
 いなかるぼ(1,180円)
22)白根ドライブイン
 はげ盛ドック(580円)※土日限定
23)そば処 みどりや
 鍋焼うどん(900円)
24)レストランプラトー
 メガランチ(1,400円)

注意:フェア期間終了後はメニューの提供を休止している場合が殆どですので期間内にお楽しみください。

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/02 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでデカ盛り…512軒目・いすみ「128」
九十九里海岸近くにスパゲッティとご飯の盛りのいいレストランがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR外房線の大原(おおはら)駅から御宿(おんじゅく)駅へと続く128号線外房黒潮ラインにあるのが「レストラン128(ワン、ツー、エイト)」です。
なるほど、128号線にあるから「ワンツーエイト」なんです。
ティータイムにもディナーにも微妙な16時の訪問でしたが、休憩時間なしで営業してくれているので待たずに席につくことが出来ました。
DSCF5771.jpg

なんでもご飯モノはライスを「ジャンボ(100円増し)」にすると楽しいらしいので、小食の方は注意が必要です。
DSCF5772.jpg

ちょっとリッチな1品目は「ハンバーグ・ジャンボライス(1,300+100円)」です。
ハンバーグもジャンボにしてしまうとお財布に厳しいので普通サイズにしてみました(笑)
DSCF5774.jpg
特製ソースのかかった肉100%のハンバーグはジューシーでガッツリなガテン系です。
ご飯にはゴマがかかっていて見た目は可愛いですが、そのボリュームはご飯2合ほどと凶暴です。
なかなか美味しいご飯なのですが、おかずとのバランスに少々難があります(笑)

スパゲッティ系もボリューミーとのコトですが、種類も豊富で何を選ぶかが悩みどころです。
DSCF5773.jpg

2品目は「ホワイトソース・ジャンボ(890+100円)」にしてみました。
DSCF5775.jpg
うわぁ・・・キロコースのヤツがきましたよ♪
皿が小さいのか、ボリュームがありすぎるのか・・・あふれんばかりでドコから手をつけていいかわかりません(笑)
具にはマッシュルーム、タマネギ、チキンが入っているのですが、このチキンが香ばしくてウマいんです。
味付けはやや濃い目ですが、学生にはぴったりのダイナミックメニューです。

2品の注文でしたが、完食できなくなりそうな勢いでした。
幸いにも今回はモカさんの働きが良かったため、残さず食べることが出来ましたが2品の「ジャンボ」はやや無謀であることがわかりました。
価格的にはスパゲッティ系のほうがややリーズナブルなので、次回は麺類の制覇に向けて気合を入れて訪問したいと思います。
リーズナブルにファミリー層で楽しめる、地元にも愛されるレストランです。


□レストラン128(ワン、ツウ、エイト)
 TEL:0470-63-0770
 千葉県いすみ市大原8223-2
 営業時間 11:00-22:30
 定休日:月曜、第3火曜
 駐車場あり

ワン、ツウ、エイト喫茶店 / 大原駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/02/24 16:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…いすみ「環境と文化のさと」
古城巡りをしながら周囲を探訪していると、家族で楽しむのにちょうどいいスポットをいすみ市に見つけました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

いすみ鉄道の国吉(くによし)駅から4キロほど北側の小高い丘の上には戦国の城址「万木城(まんぎじょう)跡公園」がありますが、そこからやや東に行った所に、その公園を管轄する施設があります。
「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」は田園地帯の中にひっそりとたたずむ施設で、一見すると日帰り温泉や道の駅にも見えますが、扉を開けてみると予想外の光景が広がっていました。
DSCF5753.jpg
館内は日帰り温泉でも道の駅でもなく、自然と民俗の博物館になっています。

基本的には自然公園を管理する施設のはずなんですが、展示スペースがスゴく充実しているので、じっくり見学してみることにしました。
DSCF5755.jpg

動物や昆虫の鳴き声の資料から、農具、動物の剥製まで数多くの展示品が無料で見学できます。
座って体験できるクイズコーナーには子どもたちも釘付けです。
DSCF5756.jpg

そんな中、見つけてしまったのが事前申し込みなしでも体験できる「ミニほうき作り」です。
30分から1時間で出来るそうで、体験料金も無料とあってはチャレンジしないわけには行きません(笑)
資料館内の事務センターに声をかけると、公園内で整備に当たっていた指導員の方に声をかけ、ほうき作りの始まりです。
DSCF5757.jpg

てっきり、出来合いのパーツで作成するのかと思っていたら、柄になる竹の部分の収穫から体験する、意外と大掛かりなイベントです。
柄に使う竹は、大人の親指ほどの太さのホテイチクの根に近い部分なので、自分たちで探して指導員さんの指示のもと、伐採させてもらいます。
DSCF5759.jpg

次にほうきのフサフサの毛の部分の収穫に、枯れススキのエリアを探索します。
本当はまっすぐな先端のものが欲しいんですが、風が強い場所らしくクルクル曲がったものが多い中で、大きさ顔ねじ程度のものを選り集めます。
DSCF5763.jpg

伐採して適度な長さにしたホテイチクを川の水にさらし、泥を磨き粉代わりに丁寧に洗っていきます。
DSCF5762.jpg

きれいになったホテイチクを今度は炙って水分を抜き、表面の緑色の部分を布でふき取っていきます。
この作業は、事前予約をしておくと、囲炉裏に炭をおこしてくれるので、突然の訪問の際よりも更に楽しめるそうです。
DSCF5764.jpg

刈り取ったススキの穂の一部を竹の空洞に詰め込み、残りは竹の周囲に均等に被っていきます。
DSCF5765.jpg

ススキの穂をタコ糸で結びつけ、穂先をハサミでそろえたら完成です。
DSCF5770.jpg
竹選びからススキの選考まで、当日急に伺ってお願いしたので、完成までには2時間ほどかかりましたが、とても貴重な体験とお土産に子どもたちも大満足です。

このほかにも紙粘土を動物や昆虫の立体画を型抜いた紙粘土に色塗りをする体験など、ほかでは味わえない体験を楽しめるそうです。

年間を通して、自然と触れ合えるイベントを数多く企画しているそうなので、それをチェックしておけば更にこの施設を楽しめることでしょう。
予想外に楽しい体験に時をたつのも忘れてしまう素晴らしいスポットです。
たとえば九十九里に花摘みや海水浴に訪問する際に、ちょっと立ち寄るポイントとして子どもたちを楽しませてみてはいかがでしょう。

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター
 TEL:0470-86-5251
 千葉県いすみ市万木2050
 入館料:無料(ほうき作り体験:無料)
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜、年末年始(12/29-1/3)
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/02/24 14:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報