銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでデカ盛り…533軒目・秋田「山の五代」
秋田市の山奥に、有名なデカ盛り店があると聞き、行ってみない訳にはいきません(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

秋田市から東の山の中へ進むことおよそ12キロ、近隣の観光地と言えば温泉と自然公園ですが、残雪の影響で5月中旬までは見所の少ない山中に、ひときわオーラを放って経っているのが「山の五代(やまのごだい)」です。
一見すると、ドライブインのような雰囲気もある店に到着したのはオープン直後の11時半。
たまたま外に出てきたお店のご主人と、クルマの話をちょっとさせてもらってから店内に入ります。
右手にテーブル席、左手は小上がりの座敷となっており、ピークタイム以外はテーブル席を閉じているようです。
DSCF6533.jpg

メニューはカウンターに掲げられており、その中でも「エベレストチョモ」と言うサイズアップの特殊用語が目に付きます。
どうやらほとんどのメニューをサイズアップできるようですが、さらにサイズアップできる「Wチョモ」と言う凶悪なボリュームにすることも出来るそうです。
※メニューの写真がボケてました。割愛します。

最凶メニューには挑戦する心構えが出来ないので「あいがけ・エベレストチョモ(900円+200円)」を注文してみましょう。
DSCF6535.jpg
ダブルじゃなくても十分ヤバいのキター!!!
大きなどんぶりに山盛りのご飯は2合半くらいでしょうか?
その上には甘辛の豚バラ、もう半分には千切りキャベツの上にスパイシーなカレーがかかっています。
色添えのサニーレタスとキムチが見た目の美しさを増しています。
…ヤバいなぁ、1つにしておけばよかったかも(笑)

そんなところへニコニコしながらおばちゃんが「肉鍋定食(900円)」を運んできてくれました。
DSCF6537.jpg
「サービスで大盛りにしておいたよ♪」と嬉しいコトバをかけてくれます。
嬉しい???
いやいや、嬉しいんです(笑)
豚肉、モヤシ、おふなどヘルシーな野菜中心に味噌仕立ての汁に山盛りに入っています。
意外とあっさりしているのですが、ボリュームが半端ないです(笑)

せっかくサービスしてもらって残すわけにはいかないと思いながらも、鍋の汁だけは飲みきることが出来ませんでした。
悪戦苦闘で完食したのもつかの間、店先で売っていたチーズケーキ(1カット150円)に目をつけたヨメさんとモカが勝手に会計に追加していました。
さっきの苦しそうな顔が嘘のように「ここで食べさせてもらう?」とか言っています。
あぁ、女性に甘いものは別腹なんですね。
たぶん、norizoよりもヨメさんのほうがたくさん食べていたと思うんですけど…

ほかの方の普通盛りを見ても、1サイズ下のドンブリで提供されているのを見かけ、普段からボリューミーであることを再度実感することが出来ました。

秋田の山の中に、この店だけのために訪問する方も多いようですが、その理由が伝わってきました。
近くを訪問の際には別のメニューも、そしていつかは「Wチョモ」にもチャレンジしてみたいですね♪


□御食事処 山の五代
 TEL:018-838-3939
 秋田県秋田市太平八田字大岱下24-1
 営業時間 11:30-21:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり

御食事処 山の五代 (その他 / 秋田)
昼総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/27 11:30 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…秋田「D51370」
秋田市には市街から郊外まで数台の機関車が展示されていると言うので、ちょっと回ってみましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

1台目として訪問しようと思ったのは「仁別森林博物館(にべつしんりんはくぶつかん)」です。
ここには「温根湯森林鉄道2」と言う北海道の開拓林で活躍した機関車があるとのことで楽しみにしていました。
4月下旬から11月上旬の9時から16時まで無料開放している博物館だと言うので、秋田駅から東の山中へ約20キロの道のりを進んでみると…残雪の影響で、まだ通行止めでしたorz
DSCF6523.jpg

泣く泣く市街地へ戻り、やってきたのはJR奥羽本線の土崎(つちざき)駅を西に200mほどのところにある「土崎街区公園(つちざきがいくこうえん)」です。
大正四年に開園したこの公園には、地元である一騎町(いっきちょう?)が国鉄から100年契約で借り受けた静態蒸気機関車が展示されています。
DSCF6525.jpg

機関車は「D51370」通称デゴイチで、日本で最もたくさん製造された機関車のうちの1台です。
DSCF6526.jpg
ずいぶん塗装に色あせが生じているのは、この機関車の賃借契約の経緯で、借主が一騎町となっているため、秋田市の公園管理部署がこれを「私物」として処理し、保存管理に予算を割いてくれない現実があるからだそうです。

これだけ大きな産業遺産で、しかも公園内に展示しているのに…海が近いためかなりの塩害も受けており、ちょっと可哀想です。
DSCF6527.jpg

それでも車輪部の塗装は赤と白のコントラストが美しく、保存してくれている方々の優しさを感じられます。
DSCF6528.jpg

ちょうど桜の満開に訪問できたため、天候には恵まれませんでしたがすばらしい光景を楽しむことが出来ました。
DSCF6530.jpg

町内会や保存会の皆さんには多大なご協力をいただいての保存と思われますが、これからも永く保存していただきたいですね。


□土崎地区街区公園(D51370)
 TEL:なし
 秋田県秋田市土崎港中央3-9-45(壱騎町児童図書館)
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1940年5月18日 日立製作所笠戸工 場 No.1249
  配置: 1948年7月1日 酒田
  配置: 1957年11月1日 山形
  配置: 1968年4月1日 新庄

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/27 9:30 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:展示場所前GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしで車中泊…秋田自動車道「西仙北SA」
連休が3日間ともなると、片道500キロ以上の旅をしたくてウズウズしてしまいます(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「銀色テントむし」を購入してからというもの、ゴールデンウィークと言えば、片道500キロ以上の旅行が当たり前になってきました。
購入した2008年には八王子や秩父と言った近場からのスタートでしたが…
(※2008年4月28日納車)
2009年には九州、2010年には愛知から日本海経由での群馬、2011年は京都、2012年は青森、そして今年は…秋田です♪
ゴールデンウィークがまだ始まらない、金曜日の夜7時、やや小雨が降っていますが、自宅から600キロ以上はなれた秋田県に向けて車を走らせ始めます。
理由はもちろん、渋滞回避です。
この3連休を充実したものにするためには、初日の行動開始を以下に早くスタートさせるかにかかっています。
特に首都圏や栃木あたりで大きな渋滞が起こることは目に見えているので、そこだけは抜けておくのを目的に行けるところまで行ってみることにします。
快適にクルマが進むこと4時間、福島県あたりで一度目の睡魔に襲われます。
まだ全体の半分ほどしか進んでいないので、ここは20分ほど仮眠をして様子を見ましょう。
おぉ、30分弱で意外と回復するものらしく、折れかけた心も元に戻り、もう少し進めることを確信します。
調子よく進むことさらに4時間、午前3時を回り、さすがに体力も限界に来てたどり着いたのが秋田自動車道の「西仙北(にしせんきた)サービスエリア」でした。
コンビにもあり、イーモバイルの回線も確認できたので安心して屋根を広げて就寝モードに変身です。
本来、屋根のテントはあまり雨に強くはありませんが、風もなく雨量もたいしたことがなかったため、テント生地からの雨漏りもなく、快適に眠ることが出来ました。
午前7時に起床してみると、雨脚が強くなり始めたので、慌てて屋根を閉じます。
DSCF6521.jpg
睡眠時間は4時間程度と「仮眠」ですが、ゴールデンウィークの初日の朝にすでに目的地の50キロ手前にいると言うのは旅行の幅が広がります。

ブログやちょっとしたメールのチェックをして、コンビニでおにぎりを買って頬張ったら目的地に向けて出発です。
DSCF6522.jpg

以前は、遠くに出かけると、とにかくたくさんの観光名所を回ろうと必死でしたが、最近は前泊の効果もあってか「コレ」と決めた箇所をゆっくりと散策するようになりました。

旅の楽しみ方は人それぞれですが、キャンピングカー購入を検討の折には、こうした「前泊」での利用に大活躍してくれます。
それでは、今週の旅に記録にも…のんびりとお付き合いいただけたら幸いです♪


□西仙北(にしせんきた)サービスエリア(下り)
 TEL:0187-87-7050(ファミリーマート) 
 秋田県大仙市九升田字三口ケ沢8-7
 所属路線:秋田自動車道
 コンビニ:ファミリーマート(24時間)
 ウォシュレットあり
 イーモバイル:利用可
 標高:56m


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/27 7:00 天候:雨
測定値:0.11μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:車中泊の旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…532軒目・笹子「やまびこ」
甲府から奥多摩へ向かう山中に、営業時間に短い蕎麦屋があると聞き行ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

中央自動車道の笹子トンネルの南側、国道20号線をJR中央本線笹子駅から甲府に向かって2キロほど進んだところにある山小屋風の建物が「やまびこ」です。
日曜定休、営業時間は11時から14時までの3時間、時々臨時休業と言う観光のついでに訪問するにはキビしいタイミングでの営業となりますが、運良く平日休みと通行時間がマッチしたので11時半頃入店することが出来ました。
DSCF6513.jpg

店内は12席ほどのテーブル席と、小上がりの座敷に16席程度で混雑時には相席となるのが基本のようです。
メニューは蕎麦、うどんがメインでご飯モノは天丼とアジフライ定食と言ったところでしょうか。
DSCF6514s.jpg


まずは数少ないご飯モノメニューの「天丼(750円)」を注文してみます。
DSCF6518.jpg
サクサクの衣にジューシーなカボチャ、ピーマン、そしてプリプリのエビが2本載っています。
つやつやのご飯には甘辛の醤油ダレがしっかりとかかっています。
ボリュームはそこそこで、1合もない程度ですが、安定した内容です。

次に注文したのは「ごまだれそば大盛り(550円+200円)」です。
DSCF6516.jpg
ざるの上に山のように盛られた蕎麦は太めでのど越しも香りも爽やかです。
「デカ盛り」と言うほどではありませんが、一人で食べきるにはキツそうな量です。
「ごまだれ」のツユは、普通のツユに白すりごまをたっぷり落としたと言う感じです。
ついつい「濃厚な甘口のごまだれ」を想像していましたが、あっさりとしたそばつゆにごまの香りが心地よいと言うのが印象です。
付け合せの漬物は古漬けなので好みが分かれるところですが、子どもの口には合わなかったようです。
味噌汁がセットでついてきますが、これまた生の刻みネギがたっぷり入っていて元気が出ます。
ただ、そばの薬味と同じ具なのでインパクトが弱い気もします。

もう1品は「たぬきうどん(600円)」を注文してみます。
DSCF6517.jpg
…あれ?
たぬきそばが運ばれてきました(笑)
まぁ、どっちも好きなので、そのまま食べることにしましょう。
かなりの混雑なので、よくわからなくなっちゃったのかな?
ほかの方の注文を聞いていたら「うどん」の場合、「温かいの?冷たいの?」と聞かれていたのですが、ウチにはその質問がなかったので、モトから「そば」のつもりで注文を聞いてくれていたのかもしれません。
さて、麺をすくい上げてみると…重い(笑)
これは想像以上のボリュームです。
これにも増して、揚げ玉がドンブリを覆い尽くすほど入っているので想像以上のコッテリ感があります。
食べても食べても減りません(笑)
むしろ冷たいそばの「大盛り」よりもボリューム感があります。
ただ、麺が太麺なので、時間をかけてもグズグズにならないのは嬉しいところです。

心の中で「ひょっとして大盛りも間違えられたかな?」とやや疑ってしまったのは、norizoの器の小ささゆえです(笑)
想像以上の「普通盛り」のボリュームに苦戦しましたが、4人がかりで何とか3品を完食することが出来ました。
注文の行き違いはあったものの、総評して「デカくて安くてウマい。」と言う評価で間違いありません。
コシや香りで言えば「冷たいモノ」がお勧めですが、ボリューム感で言えば「温かいモノ」が良いですね。
なかなか営業時間にこのあたりを通るのが難しいのですが、次回は「うどん」メニューに挑戦してみたいですね♪

□やまびこ
 TEL:0554-25-2553
 山梨県大月市笹子町黒野田462
 営業時間11:00-13:30
 定休日:日曜日
 駐車場あり

やまびこそば(蕎麦) / 笹子駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/22 11:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…甲府「グリーンアウトレット」
山梨で有名なお土産と言えばなんと言っても「桔梗屋の信玄餅(ききょうやのしんげんもち)」ですが、一度くらい値段を気にせずドンブリ一杯食べたいと思っていました(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

中央自動車道の一宮御坂(いちのみやみさか)インターを降りて北へ進み、勝沼バイパスを越えたら左手に見えてくるのが「桔梗屋工場」です。
以前は「桔梗屋工場アウトレット」と言う名前で工場内に店舗を設けていましたが、テレビや雑誌での効果で来場者数がとんでもないことになり、徐々に店舗面積が増え、今では「グリーンアウトレット」や「社員コンビニ」なるものまで出来てきました。
この工場敷地内の「グリーンアウトレット」で先着順で楽しめるのが「桔梗屋商品詰め放題」です。
大人気の「お菓子の詰め放題」は桔梗信玄餅や塩豆大福など、その日によって並ぶお菓子は変わりますが、詰め放題コーナーにあるお菓子なら、専用袋いっぱいに詰めても210円というとてもお買い得な価格です。
DSCF6504.jpg

開店は9時半ですが、土日祝日ともなれば朝8時には大行列となり、8時半の整理券配布と共に昼過ぎ商品終了までの定員が完了すると言う人気ぶりです。
今回は子どもたちが学校の休みの月曜日と言う事で、朝8時半過ぎに訪問してみましたが、整理券なしで参加できることが分かりました。

朝9時半、開店と同時の第1陣で詰め放題に参加開始です。
以前は「袋の上を縛ってあれば完成」でしたが、最近は「袋の上を一ついわきで」とルールが厳しくなっていました。
DSCF6509.jpg

賞味期限は「当日限り」なのに…ついつい3袋もチャレンジしてしまうところに、自信の浅はかさを後ほど痛感します。
DSCF6507.jpg

袋に穴が開いたり破れたりすると、一度全部取り出して新しい袋と交換してもらってから詰め直しとなります。
信玄餅なら縦にして楊枝を外すと1列に7個つめることが出来、根性があればそれを3段、計21個詰められるというウワサもありますが、現在の結び方になってしまうと、相当の握力が必要になりそうです(笑)
DSCF6508.jpg

小さな袋と死闘することおよそ1時間、会計の終わった小袋3個、合計630円のお土産を確保しました。
DSCF6510.jpg

開封してみると…
DSCF6511.jpg
信玄桃:8個(87.5円/個)700円分
金つば:6個(105円/個)630円分
饅頭:2個(87.5円/個)175円分
塩豆大福:2個(105円/個)210円分
桜餅:2個(140円/個)280円分
柏餅(味噌):2個(120円/個)240円分
柏餅(こしあん):2個(120円/個)240円分
信玄餅:27個(160円/個)4,320円分
信玄餅吟造:1個(175円/個)175円分
合計すると…
6,970円分!!
定価の10分の1以下であったことがわかりました。
すごい!!
感動です。

しかし、この感動のあとに思わぬ現実が降りかかります。
賞味期限当日って…

商品を数えているうちにひまを持て余したヨメさんが、追加で当日限りの極上の和菓子やプリンを購入してきました(笑)
…えぇ、今日からおやつもデカ盛りです(笑)

ほかの人には渡せませんが自己責任なら3日以上もちますが、風味良く味わうなら、賞味期限を守ったほうが良いのでしょう。
ものすごい達成感と、脱力感を同時に味わえる素晴らしいイベントは、毎日商品がなくなるまで開催しています。
早起きして並んでみる余裕があれば、ちょっとチャレンジしてもらいたい山梨の名物です。


◆桔梗屋グリーンアウトレット1/2
 TEL:0553-47-3700
 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
 営業時間:9:30~17:30
 休業日:不定
 駐車場:あり


大きな地図で見る
お菓子の詰め放題は、毎朝9:30より社員特価販売1/2隣の「グリーンアウトレット1/2」にて開催中です。
繁忙期は8:30頃に整理券を配布いたします。
(お客様の様子や天候によって整理券を配る時間は異なります。)
売り切れ次第終了してしまいます。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/22 9:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

激安ホテルレビュー…山梨「チサンイン甲府石和」
毎週のように旅行を繰り返していますが、収入がいいわけではないので、実際には激安宿の活用で旅行回数を増やしていると言うのが現実です。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

山梨県でも有数の温泉地、石和(いさわ)温泉エリアに格安で泊まれるファミリー向けのホテルがあります。
中央自動車道の一宮御坂(いちのみやみさか)インターから北に出て20号線勝沼バイパスを西に進み笛吹川を過ぎると北側に見えてくるオレンジ色の看板が今回の目的地「チサンイン甲府南インター」です。
1か月以上前に予約を入れた方がお得度が倍増しますが、急に思い立った旅行にも格段のコストパフォーマンスを誇ります。
子どもの授業参観とnorizoの出勤日が重なり、その結果家族全員が月曜日に休めることが分かったのが1週間前、そこから急に楽天トラベルで予約しましたが、相変わらずの低価格に驚かされます。
扱いが平日と言う事もあり、空室があったので朝食付プランにしてみましょう。
大人1名につき小学生以下の子ども1名が無料になるのがチサンインの特徴です。
ただし、楽天からの申し込みで「大人2名小学生2名」と指定すると、検索結果に出てきませんので、イレギュラーですが「大人2名、小学生1名、食事布団不要幼児1名」と指定する必要があります。
※チサンインでの取り扱いには問題ありませんが、メッセージ欄がないのでチェックイン時にお礼を兼ねて声をかけておくと安心です。
さて、そんな条件で予約してみると今回の価格は7,200円であることが分かりました。
幸いにも楽天から500円引きのクーポンが発行されていたので支払価格は6,700円(1,675円/人)と言うスゴい低価格です。
そんな価格だからヤバいのでは??
と思われるかもしれませんが、れっきとしたチサングループのホテルなのです。
DSCF6503.jpg

セルフサービスながらナイトガウンや加湿器、ポット、氷など必要なモノは無料で貸し出ししてくれます。
歯ブラシやタオルは部屋に用意されており、カミソリや入浴剤は必要に応じてもらうことが出来ます。
DSCF6500.jpg

部屋はそれほど大きくありませんが、クイーンサイズのベッドの上にシングルベッドの2段ベッドが用意されており、我が家では子どもたちが寄り添うように上の段で眠ります。
DSCF6499.jpg
室内にはエアコンが完備され、テレビ、冷蔵庫、インターネット回線も無料で使えるようになっています。

朝はセルフサービスで新聞とコーヒーを頂くことが出来ます。
今回は当日なら1名500円の朝食バイキングもコミコミのプランなので、更におサイフにやさしいのは言うまでもありません。
DSCF6501.jpg

特筆すべきメニューはありませんが、オーソドックスにパンやご飯、味噌汁に10種類ほどのおかずがそろっており、コーヒー・紅茶・牛乳・オレンジジュースなどすべてがお替り自由です。
DSCF6502.jpg
…毎度のことですが、ついつい食べ過ぎてしまいました。

キャンピングカーと言う特殊な車輛に乗っているにもかかわらず、ついつい利用してしまうのは価格と快適性のバランスの良さですね。
繁忙期にはすぐに予約でいっぱいになってしまいますが、事前に予定を組み立てておけば高確率で取れると思いますので、大きな休みの前には検討条件に入れて置いてみてはいかがでしょう。


今回のプラン:【朝食付き】広々バスルーム&ふんわり羽毛布団で快適♪小学生以下 宿泊代無料☆
部屋のタイプ:15平米ダブル+ロフト クイーンベット(155cm)+ロフトベット(90cm)
■19型液晶TV■無料LAN■広々ユニットバス■温水トイレ■無料駐車場
利用人数:部屋あたり4人(大人2人,子供2人)
合計料金:7200 円
クーポン利用:500円
差引支払金額:6700円

□チサンイン甲府石和
 TEL:055-263-6411
 山梨県笛吹市石和町広瀬1195-54
 駐車場あり



より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/21 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…531軒目・甲府「蓬来軒」
甲府に支那そば発祥の地とも言われるボリューミーなラーメン屋さんがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央線・身延線の甲府駅から南に平和通を進み、相生(あいおい)歩道橋交差点を東に曲がって300mほど、中央交差点を南に進み甲府中央四郵便局のあるT字路を東に進むと見えてくるのが「蓬来軒(ほうらいけん)」です。
大人気でピークタイムには30分以上並ぶのも当たり前と聞きましたが、ディナータイムの開店と同時の17時過ぎに訪問したので待たずに席につくことが出来ました。
間口は狭く見えますが奥行きがあり、かなりの席数を有していますが、それでもすでに8割ほどの着座率です。
DSCF6490.jpg

メニューはラーメン中心ですが、オーソドックスな中華メニューは再訪する人を飽きさせません。
DSCF6492.jpg

ちょっと大き目とウワサの「餃子(500円)」を注文してみました。
DSCF6494.jpg
価格的にはちょっとリッチですが、それなりのサイズは満足感があります。
大人で2口ほどで食べきるようなボリュームで中からはアツアツでジューシーな具が飛び出します。
なるほど、癖もなくいつでも食べたくなる味です。

2品目は変化球で「湯麺・タンメン大盛り(900+200円)」を頼んでみましょう。
DSCF6496.jpg
でっかいどんぶりで運ばれてきたのはあふれんばかりの野菜炒めです。
その下には甲州名物ほうとうのように幅広の麺がどこまでも続いています。
太麺なので、大盛りにしても最後まで歯ごたえとのど越しが残るのも嬉しいですね。
あっさり塩味スープなので最後の一滴まで飲み干せてしまいます。

メインは何と言っても醤油ベースの支那そばの上位メニュー「チャーシューメン大盛り(900+200円)」でしょう。
DSCF6497.jpg
これも大きなドンブリに細い麺が掘っても掘っても出てきます(笑)
シナチク、ナルト、海苔といった昔ながらの素材が見た目だけでも美味そうです。
麺が細いので、伸びる前にひたすらすすらなければならないのは、猫舌の方には脅威かもしれません。
しかし、なんともノスタルジックなスープとマッチして、いつまででも食べていたくなります。
それにしても、チャーシューがデカい!!
そして多い!!
4枚も載せられたジャンボチャーシューはコレだけで胃袋を占領していきます(笑)

2品とサイドメニュー程度に考えていましたが、家族4人総がかりでも食べきるのが難しいほどのボリュームに圧倒され、結局スープを飲みきることができませんでした。
ラーメン屋としてはやや高額帯かとも思われますが、老舗の味を楽しめる、甲府のラーメンの名店です。


□蓬来軒(ほうらいけん)本店
 TEL:055-233-2458
 山梨県甲府市中央4-12-8
 営業時間 11:30-14:30,17:00-21:00
 定休日:火曜日
 駐車場あり

蓬来軒 本店ラーメン / 金手駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/21 17:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの歴史探訪…笛吹「川中島合戦」(イベント)
山梨県では、4月になると戦国のスーパー武将、武田信玄をたたえるお祭りが続くと聞き、その一つを観に行ってみる事にします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

4月21日の日曜日の午後、やってきたのは山梨県笛吹市の市役所前の河原です。
当日の朝まで雨が続きましたが、イベントにかける参加者の願いが通じてか、雲は晴れ日差しすら感じられます。
会場からやや離れた臨時駐車場にクルマを停め、無料シャトルバスで開始30分前ごろに河川敷に腰をすえます。
この河川敷の向こう岸で行われるのが「笛吹市桃の花祭り『川中島合戦戦国絵巻』」です。
河川敷には大きなのぼりが多数飾られ、会場を盛り上げます。
およそ800名の戦国の衣装の参加者と100名ほどのスタッフで繰り広げられる参加型イベントで、参加申し込みがあっという間に定員オーバーになるほどの人気のイベントだそうです。
戦国時代の名将、甲州(現在の山梨県)「武田信玄(たけだしんげん)」と越後(現在の新潟県)「上杉謙信(うえすぎけんしん)」の戦いを時系列で描くため、相当の準備を重ねていると思われます。
DSCF6466.jpg

13時から30分ほどかけて石和温泉駅から河川敷まで練り歩いてきた武装団体が、観客の前を抜けて、仮設された橋を渡り、演武会場に入っていきます。
先陣は上杉軍で、武将の元に足軽の格好をした参加者が続きます。
DSCF6470.jpg

15分ほどもかけて進んでいく行列の最後には上杉謙信が続きます。
DSCF6473.jpg

次に進み行くのは赤い鎧が艶やかな武田軍です。
やはり真田隊の人気は格別で、通るだけで拍手が起こります。
DSCF6476.jpg

行列にやや遅れて、大きな喝采の中を武田信玄も駆け抜けて行きます。
DSCF6481.jpg
30分ほどかけた入場の後、いよいよ合戦絵巻が始まります。

中央の大型スクリーンとアナウンス、そして会場をダイナミックに使った演出は、観覧者を圧倒します。
DSCF6487.jpg
鉄砲演武、陣の移動、チャンバラ劇など、2時間以上も続く壮大なイベントに始終圧倒され、時の経つのも忘れて魅入ってしまいました。

観覧無料で楽しめるこのイベントは、1年にたった1度で雨天中止と言うレアイベントで、子どもたちも大喜びでした。

ゴールデンウィーク頃までは武田信玄にまつわるイベントが盛りだくさんの山梨県に、ご家族で出かけてみてはいかがでしょう。


□笛吹市桃の花祭り「川中島合戦戦国絵巻」
 TEL:055-261-2829(笛吹市観光物産連盟)
 会場:山梨県笛吹市役所前笛吹川河川敷
 開催日:平成25年4月21日(日)
 開催時間:13:00-15:30
 料金:観覧無料
 駐車場:石和スコレーセンター、石和清流公園(無料)
 ※会場まで無料シャトルバスあり


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/21 13:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…530軒目・甲斐「エキコ」
甲斐市にお母さん(女将さん)の口調が怖いけど満腹間違いなしの定食屋があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

中央自動車道の甲府昭和(こうふしょうわ)インターを降りて20号線甲府バイパス北側から県道5号線を西に入り2キロほど進んだところで、県道25号線との西八幡南交差点を南に入ると、看板がなければ一見民家のようにも見えるのが「エキコ」です。
10時半頃に到着してしまいましたがすでに「営業中」の看板が出ています。
ちょっと早すぎると思い、お店のお母さんに声をかけ11時頃まで店の前の駐車場で待たせてもらうことにします。
※イメージから勝手に「お母さん」と呼ばせていただいております。

11時頃になるとお母さんが「なに食べる?」と聞きに来てくれました。
店に入ってメニューを見させてもらってから何を食べるか決めることにします。
厨房にはお母さん一人、フロアもあわせてこなしているようなので、ピークタイムであれば厳しい口調になるのもうなずけます。
店内には小上がりの座敷が2つの12席、カウンター、座敷席と外観よりもかなり広く見えます。
DSCF6458.jpg
食べログのレビューでは「時間がかかるがカツライスがスゴイらしい」と書かれています。
しかし合わせて、「要予約、口調の厳しいお母さんのご機嫌を損なう可能性が高いメニュー」との前印象から、今回は諦めることにしました(笑)

テーブルにはコトバのないまま、キュウリの漬物が3本もサービスで運ばれてきます。
DSCF6459.jpg
言葉はなくてもお母さんの優しさが伝わってきます。
この時期は野菜が高いだけに、こういったサービスの影の努力が痛いほどわかります。

ボリュームに関する情報が少なく、不安なので一応「ご飯が多いらしいって聞いたんですが?」と聞いてみます。
お母さんは「そんなの知らんよ!」とつっけんどんに答えますが、なんとも愛らしい表情に変わります。
残すのも申し訳ないので、今回は3品を「普通盛り」でチャレンジしてみましょう。
DSCF6460.jpg

まずは「チャーハン(650円)」です。
DSCF6461.jpg
お母さん一人のお店なのですが、本格的なチャーシューがゴロゴロ入ったチャーハンが出てきてびっくりします。
サイズは大盛りでもないのにドンブリに山盛りのサイズです。
…大盛りにしなくてよかった(笑)
味付けもシンプルですが飽きの来ない絶妙なものです。

一緒に出てきたのは夜なら300円の「肉じゃが」ですが、こちらもサービスです。
DSCF6462.jpg
これだけでもご飯がドンブリ一杯いけそうですが、小鉢でなくサラダボールほどの大きさの器に山盛りと言うのがスゴいです。
甘めのしょうゆ味は酒にもご飯にも合うこと間違いなしです。
豚肉もたくさん入っていて、総菜屋さんなら500円以上するでしょう。
子どもたちにも大うけで、あっという間に空になったのは言うまでもありません。

2品目は「焼肉定食(750円)」です。
DSCF6463.jpg
みぞれ醤油味の豚しょうが焼きは大きく、それが4枚も乗っています。
下に敷かれたキャベツも注文してからお母さんが刻んでくれます。
大きな豆腐の入った味噌汁も良い味してます。
それにしても…普通盛りのご飯がドンブリに大盛りって(笑)
モチモチでつややかなご飯なので、ガンガン食べられますが、何も知らずに運ばれてきたらびっくりしちゃいますね(笑)

麺類も確認したかったので「みそバター(650円)」を注文してみます。
DSCF6464.jpg
これまたボリューミーなのが来ちゃいました。
トッピングのとうもろこしは缶詰ではなく、こそぎ落としたもののようで1粒1粒がプリプリしています。
モヤシだけでも1袋丸々入っているようで、麺が見えてきません。
バターも…デカい(笑)
やっとたどり着いた麺がまた…2玉???
野菜炒めは酢が効いているので、疲れた体にはバッチリです。
濃厚な味噌とバターが野菜炒めを引き立てます。
ガテン系にも学生にも喜ばれそうなボリュームと味付けです。

想定以上のボリュームに、危うくお残ししてしまいそうになりましたが、これだけのサービスを受けながら、そんな真似は出来ないので、家族総がかりで何とか完食しました。
(ちょっとラーメンのスープの中に野菜が残ってしまいましたが。)

コトバでのやり取りは少ないですが、お母さんの愛情をお腹一杯感じられる、地元に愛される定食の名店です。
いつか…伝説のカツライスに挑戦してみたいですね♪


□エキコ
 TEL:055-276-9628
 山梨県甲斐市玉川169-10
 営業時間 11:00-14:00,17:00-22:00
 定休日:火曜の夜
 駐車場あり

居酒屋定食 えきこ居酒屋 / 常永駅国母駅竜王駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/21 11:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…韮崎「C125」
以前訪問したときに、運休期間で乗ることの出来なかったミニSLに会いに、韮崎まで行ってみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の韮崎(にらさき)駅から県道17号線を北へおよそ2キロ、青坂バイパスと七里岩ラインの合流地点付近の西側に大きな駐車場を完備した「韮崎中央公園」があります。
駐車場入口への矢印には「ミニSL乗り場」と書かれた矢印が置かれ、遠回りすることなく進むことが出来ます。
そんな公園に置かれている静態蒸気機関車が「C125」です。
DSCF6451.jpg

昭和時代に入り主要幹線の整備が一通り終わると、大きな需要の見込めない閑散支線の建設が進められはじめます。
しかし折から経済恐慌が深刻化し、建設費を安く抑えるため簡易線が数多く建設されるようになりました。
このような路線には軸重が軽く、運転コストの安い新型の小型機関車が要求されたため、C12形が製造されることにりました。
(ウィキペディアより)
まずは1932年(昭和7年)に5台が製造されますが、そのうちの1台として製造されたのがこの車輌です。
DSCF6450.jpg

同型の「C1266」は栃木県の真岡鉄道で動態保存されていますが、塗装の美しさなら、こちらの車輌も負けていません。
恐らく保存会や公園管理の方々、そして市民の皆さんの協力があってのことでしょう。
DSCF6448.jpg

運転席の見学は出来ませんが、外観だけでも十分に楽しむことが出来ます。
DSCF6446.jpg

解説はやや色あせて、やもすれば解読が困難になるようなことがあるかもしれませんが、車輌の保存状態を見る限り、いずれ見えなくなることには対策を取ってもらえる事と思われます。
DSCF6453.jpg

さて、もうひとつのお楽しみは「ミニSL」です。
3年前の訪問では運休期間の3月だったため涙を飲みましたが、今回は4月の訪問なので大丈夫でしょう。
DSCF6455.jpg

…と思ったら、前日から降り続いた雨は、日曜日の午前9時過ぎまで続き、前回に引き続き運休でした。
ズキマル君の方の落とし方たるや、急なリストラを言い渡されたサラリーマンのようでした(笑)
DSCF6456.jpg

大きな公園で駐車場もあり、樹木も多いため暖かくなると昆虫採集や草木や鳥の観察も楽しめる公園です。
今回はミニSLに乗れませんでしたが、1日のんびり過ごしながら楽しめそうなので、次回は前日から天気の良い日にお弁当を持って訪問したいですね♪


□韮崎中央公園(C125)
 TEL:0551-22-5857
 山梨県韮崎市藤井町北下條2531
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1932年12月3日 汽車製造 No.1186
  配置: 1933年3月31日 宇都宮
  移動: 1937年12月1日 苗穂
  移動: 1938年10月1日 遠軽
  移動: 1954年12月1日 小樽築港
  移動: 1955年3月1日 横川
  移動: 1969年5月7日 甲府

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

 ◇ミニSL
 機関車の概要:機関車型式9600型(縮尺1/10スケール)
 乗車定員15名:線路全延長242m
 運行場所:韮崎中央公園内 ミニSL乗り場
 運行期間:4月~10月の日曜日と祝日(平日と土曜日、雨天の場合は運休)
 運行時間:10:00-16:00
 運賃:大人子ども共100円/1回(3才未満は親と同乗で無料)
     ※こどもの日は全員無料!

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/23 10:00 天候:雨のち曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしで関東の駅百選…第43回山梨「勝沼ぶどう郷駅」
暖かくなってくると、山梨の自然に会いに行きたくなります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1998年第2回選定」、JR東日本中央線の「勝沼ぶどう郷(かつぬまぶどうきょう)駅」です。
選定理由は「四季折々の季節の中で勝沼の町のシンボルとなるぶどうの丘を望む駅。」だからです。
今まで訪問した中では最も西にあり、すでに「関東」と言う括りかどうかも気になるところです(笑)
一見するとデザイナーズアパートのようにも見えますが、れっきとしたJRの駅です。
DSCF6440.jpg

右側の階段から2階へ上がれるのですが、何やら集会室のようで、今回は入室できませんでした。
DSCF6441.jpg

1階中央が改札口となっており、天井からは色とりどりの「つるし雛」が美しく飾られています。
改札には簡易自動改札が設置され利便性も改善されています。
「認定駅」の金のプレートは見つけることが出来ませんでしたが、なんとなく居心地の良い暖かな駅です。
DSCF6442.jpg

線路と平行して南北に公園が併設されていて、北側には旧ホーム跡が残されています。
機を逸してしまいましたが、タイミングが良ければ満開のサクラを望める絶好の花見スポットです。
DSCF6443.jpg

南側には、無料駐車場の奥にちょっとした撮影スポットが続きます。
DSCF6438.jpg

SL専門の撮り鉄(?)なので、詳細は確認しませんでしたが電気機関車が展示されています。
DSCF6434.jpg

その奥には、勝沼のちょっとした観光スポットの「大日影(おおひかげ)トンネル」が待っています。
レンガ造りのトンネルは、一時期閉鎖されていましたが、2013年4月2日より公開が再開されました。
徒歩で往復30分ほどの遊歩道となっており、鉄道ファンもトンネルファンも楽しめます。
ただ、オープンが9時だったので、訪問した際にはまだ開放されていませんでした。
DSCF6436.jpg

静かな山の景色と鉄道の機械音と鳥のさえずりが心と体を癒してくれる、パワースポットですね。
駅だけ見学するような場所ではありませんが、鉄道遺産の保存がしっかりしているためのんびりと散策することが出来ます。
この駅を利用することがあれば、電車に乗る1時間ほど前に訪れて、ちょっとのんびり歩いておきたいヒーリングスポットです。


□勝沼ぶどう郷(かつぬまぶどうきょう)駅
 山梨県甲州市勝沼町菱山3052
 所属事業者:JR東日本(中央本線)
 開業年月日:1913年(大正2年)4月8日
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1998年(第二期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
四季折々の季節の中で勝沼の町のシンボルとなるぶどうの丘を望む駅。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/04/21 8:30 天候:雨  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…529軒目・綾瀬「ロッジ」
「こち亀」で有名な亀有(かめあり)の西、綾瀬(あやせ)に大きなシューマイが食べられる店があると聞き行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東京メトロ千代田線の北綾瀬(きたあやせ)駅から西の都道314号線へ出て、南に200mほど進んだところにあるのが「ラーメンロッジ」です。
その名の通りロッジ風の建物で、日曜のディナータイムの訪問だったため、席数はたくさんありますが15分ほど待っての入店となりました。
DSCF6419.jpg

メニューはかなり豊富で、ラーメン屋と言うよりは「中華レストラン」と言ったところでしょう。
DSCF6422.jpg
楽しみにしていた「ジャンボシューマイ(320円)」は、すでに売切れてしまっていましたorz

せっかく来たので、通常メニューを確認してみましょう。
まずは「ワンタンメン(700円)」です。
DSCF6427.jpg
醤油ラーメンにふんわりとしたワンタンがよく合います。
普通盛りにしましたが、ボリュームもなかなかのものです。
各種ラーメンにワンタンだけ150円でトッピングすることも出来ます。

写真に惹かれて「肉汁つけ麺大盛り(790円+160円)」も注文してみました。
DSCF6428.jpg
麺のボリュームは400~500g位ありそうです。
つけ汁は甘めですき焼き風です。
具材にナスやえのきも入っていてちょっとフシギですがクセになります。
麺だけでもかなりのボリュームですが、「小ライス」と称して、茶碗に普通盛りのご飯が付きます。
・・・これ、一人では食べ切れません(笑)

子どもメニューがリーズナブルなのでついつい「お子様ランチ(420円)」を注文してみました。
DSCF6425.jpg
器こそ大きくありませんが、ラーメンのボリュームが某290円ラーメンそ凌ぐほどのサイズです。
また、カレーも子ども向きに甘めですが、サイズは某牛丼店のミニサイズほどあります。
更にドリンク、デザート、おもちゃ付きでこの価格は・・・やりすぎです(笑)
ズキマル君も嬉しい笑みが隠せません。

シューマイは食べられませんでしたが、大満足のひと時をすごすことが出来ました。
そうそう、この店でもうひとつ有名なのは「パンダの剥製」です。
DSCF6420.jpg
どうやらホンモノらしいので、足を運んだ折には入口すぐの剥製を必ずご覧ください。
何かラッキーなご利益がありそうな気さえしてきますよ(笑)

パンパンに膨れ上がったお腹をさすりながら、次回こそは「ジャンボシューマイ」を食べようと心に誓い店を出ました。

□ラーメンロッジ
 TEL:03-3629-3333
 東京都足立区綾瀬7-23-8
 営業時間 11:00~翌5:00
 定休日:なし
 駐車場あり

ラーメンロッジラーメン / 北綾瀬駅青井駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/14 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…台場「メガウェブ」
お台場には日本最大級の自動車メーカーのショールームが博物館や体験施設を兼ねて無料で楽しませてくれます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ゆりかもめの青海(あおみ)駅から徒歩1分ほどのところにあるのがトヨタの超大型ショールーム「メガウェブ」です。
お台場と言えば平成24年9月まで水上バス、ゆりかもめ、りんかい線一部区間1日乗り放題の「「お台場・有明ぐるりきっぷ」があり、お台場エリアでの旅を楽しませてくれていたのですが、残念ながら廃止となり後継切符がないのでエリア中央に近い1日1,500円の「青海臨時駐車場」にクルマを停めて、徒歩で移動してみましたが、意外と歩けるものです。
お台場で大きな観覧車が見えますが、そのすぐ下にあるのが、この「メガウェブ」です。
DSCF6394.jpg
入口のある2階が新車のショールームとなっており、1階は体験コーナーやイベントブースがたくさん設けられています。
一部有料のアトラクションもありますが、屋内で無料のものが多いため、子ども連れで天候に左右されず1日楽しめます。

中でもレーシングゲームシミュレーターは人気で、家庭用ゲーム機なんですが、体験するのに15分ほど待ちました(笑)
DSCF6396.jpg
プロドライバーの隣に座ってドライブテクニックを体験したり、新車に触ったりといろいろな楽しみ方ふぁで来ます。

イベントが数多く開催されるこの会場で、訪問したときには「交通安全。アクション2013」と言うイベントが行われていました。
DSCF6404.jpg

子ども向けの模擬免許証や白バイ搭乗体験、首都高パトロール車輌など、めったに手にすることがないものを間近で体験できました。
中でもズキマル君が気に入っていたのは「VICSドライブシミュレータ」と言うブースで、コンピューターグラフィックスで描かれた道路上をトラックの運転手として走行するソフトで、大人でも難しいと思われる走行区間を、それなりの成績で走っていました。
DSCF6406.jpg
1年間に20,000キロ以上走るテントむしの助手席や後部座席で暮らしていると、子どもの脳内では、それなりの視野で情報を捉えているのかもしれませんね。

建物を分けてヴィーナスフォートの一角に「ヒストリーガレージ」があります。
DSCF6418.jpg

クラッシックカーが多数展示されている館内は、本来1,000円以上の入場料がかかってもおかしくない素晴らしい展示内容です。
DSCF6413.jpg
我が家の女性向けではなかったため、入口で分かれてモカとヨメさんはヴィーナスフォートに消えていきましたが、ズキマル君とnorizoは大興奮で食い入るようにクラッシックカーに魅入ってしまいました。

クルマ好きにもそうでない方にも楽しめる、自動車の博物館とショールームは、多くのお客さんで賑わっていますが、直接触れられる機会が多く設けられているので、子どもも飽きることがありません。
首都圏へお出かけの折に、急遽行き先を変えなければならなくなって訪問しても1日楽しませてくれる素晴らしいスポットです。

□MEGA WEB(メガウェブ)
 TEL:03-3599-0808
 東京都江東区青海1-3-12
 入場料:無料(一部アトラクション有料)
 営業時間:
 トヨタ シティショウケース11:00~21:00
 ヒストリーガレージ11:00~21:00
 ライドワン11:00~20:00(ウェルキャブは18:00まで)
 キッズ・ハイブリッド・ライドワン11:00~18:00
 休館日:不定休
 駐車場:近隣有料多数(1,500~2,000円/日)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/14 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

銀色テントむしでデカ盛り…528軒目・台場「新記」
お台場のショッピングモール内にも、初級クラスのデカ盛り店があると言うので、ちょっと行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東京きっての観光地、お台場をゆりかもめでぐるりと回る際、お台場海浜公園駅からすぐにあるショッピングモール「デックス東京ビーチ」に立ち寄ります。
このビルの5階にあるのが「香港麺新記(ほんこんめん・しんき)」です。
norizoもアンケートに参加したマガジンハウスの「メガ盛り首都圏版全200軒」にも小さく登場するお店です。
DSCF6382.jpg

この店がデカ盛り雑誌に載るきっかけとなったのが外にも飾られている「肉好きたまらん丼」です。
DSCF6392.jpg

お台場としてはリーズナブルな1,000円未満の食事が楽しめるのが魅力で、ランチタイムならかなりガッツリ系のセットメニューにしても1,000円ちょっとと言ったところです。
まずは「豚唐揚麺大盛り・海老あんかけご飯セット(780円+100円+300円)」を注文してみます。
DSCF6388.jpg
大き目のドンブリに2玉の細麺が白いスープによく絡みます。
サクサクに揚がった豚の唐揚が徐々にスープとなじんでいくのも良い感じです。
あんかけご飯は小さな茶碗に大盛り1杯程度ですが、麺類を大盛りにしていると、結構コタえます。
これにプルンとした杏仁豆腐がセットです。
スープは・・・ひょっとしたらもう1品のほうのセットだったのかもしれません。
ボリューミーではありますが、通常メニューはデカ盛りと言うほどではありません。
地場の台湾料理店のランチに比べるとやや割高感は否めませんが、観光地と言うことで許容できる価格です。

さて、メインは「肉好きたまらん丼大盛り(880円+200円)」です。
3品目を注文しようと思うと「結構ボリュームがありますけど大丈夫ですか?」と聞いてもらえました。
残すのももったいないので、これで打ち止めにさせてもらい配膳を待ちます。
DSCF6387.jpg
ラーメンドンブリにしっかりと盛られたご飯は1合半程度でしょうか?
それに鶏肉、牛肉、豚肉がトッピングされて甘辛ダレがかけられています。
それほど驚異的なサイズではありませんが、ちょっと「デカ盛り」に慣れるには手ごろなサイズです。
ボリュームと価格を考えるとリーズナブルとはいえませんが、観光の際にちょっとした洒落で頼んでも財布にダメージが少ないのは好印象です。

洒落た店内で、キレイに食事を終えられるのは高ポイントですが、「デカ盛り」としては超初級と言って良いのではないでしょうか。
食後に散策するのにも胃のもたれが気にならない適量さも、普通の人にはもってこいでしょう。
お台場でデートや家族旅行の折に、ちょっとネタで立ち寄ってみてはいかがでしょう(笑)


□香港麺 新記(ほんこんめん・しんき) デックス東京ビーチ
 TEL:03-3599-5688
 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール5F
 営業時間 11:00~22:00
 駐車場あり(有料)

香港麺 新記 デックス東京ビーチ中華料理 / お台場海浜公園駅東京テレポート駅台場駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/14 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…品川「西武鉄道7」
東京23区内をクルマで移動することは少ないんですが、日曜の午前7時前ならそれほど混雑していないので嫌いではありません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

品川と言うとスゴーく都会なイメージですが、江戸時代には漁師町として栄え、現在はビジネスに居住にと人口が集中する公共交通機関のアクセスの良い住みやすそうな街です。
りんかい線の天王洲アイル(てんのうずあいる)駅と品川シーサイド駅、京急線の新馬場(しんばば)駅と青物横丁(あおものよこちょう)駅に囲まれた団地郡のその中心近くにあるのが「東品川公園」です。
DSCF6363.jpg

公園には明治時代に品川台場にあった灯台の6分の5サイズのモデルが展示されています。
DSCF6366.jpg
この灯台の現物は愛知県犬山市の「明治村」にあるそうで、SLファンには馴染みのあるテーマパークなのでついつい再訪したくなります。

そんな灯台の近くに展示されている静態蒸気機関車が「7号蒸気機関車(西武鉄道7)」です。
DSCF6368.jpg

コンパクトなボディと赤黒ツートンのキュートなカラーリングは製造から100年以上経過しているとは思えない美しさです。
DSCF6370.jpg

現在は医療や学問の街、米国ペンシルバニア州は100年前は「鋼鉄の町」として栄え、ピッツバーグ・ロコモーティブ・アンド・カー・ワークス社がこの車輌を作り日本に輸送されてきました。
大阪から福知山を経て舞鶴を結んでいた鉄道路線、「阪鶴鉄道(はんかくてつどう)」が阪鶴鉄道13として所有していましたが、国有化され、その後、西武鉄道7として昭和44年まで活躍しました。

運転席内も見学できる構造ですが、地域の皆さんの協力によって大変きれいに保たれています。
DSCF6372.jpg

両側には木製の階段が設けられ、屋根もつけてもらっているので、潮風を受ける風土でありながら塩害を感じさせないのも管理が行き届いているおかげでしょう。
DSCF6374.jpg

解説は塗装面がはがれ始めていますが、上記した内容が簡単に説明されています。
DSCF6367.jpg

以前は交通公園だったようで、敷地内には小さな道路があったり、テニスコートがあったりと地域の皆さんに親しまれている公園のようで、訪問した朝も多くの方が散歩や散策を楽しまれていました。

都会色の強い品川にありながら、明治時代の名残を感じられ、地域一体となって景観の保護管理に当たられていると思われる、居心地の良い公園です。
ここだけに遊びに来ることは難しいですが、ベイサイドの観光の折に、ちょっと立ち寄って一息つきたいスポットです。

□東品川公園(西武鉄道7)
 TEL:03-3471-8930
 東京都品川区東品川3-14-9
 駐車場:なし(側道有料あり)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1897年5月31日 ピッツバーグ No.1711
  納入: 1897年5月31日 伊賀鉄道(未開業)
  譲渡: 阪鶴鉄道11A5形13号
  国有化: 1907年8月1日 鉄道院
  称号改正に伴う改番: 1909年10月1日 鉄道院2851
  廃車: 1923年4月11日 1923年
  譲渡: 1923年5月7日 播州鉄道8

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

※りんかい線天王洲アイルと品川シーサイド駅の間の東京都下水道局のある道路を西へ

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/14 7:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…527軒目・調布「若松屋」
「調布」と言えば、3月まで街ぐるみでデカ盛りイベントをやっていた街ですが、年中通してデカ盛りの店があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「若松屋」は調布に永く続く定食屋さんで、現在は京王線の布田(ふだ)駅から北へ100mほどのところにあります。
駅前ですが駐車場も斜向かいの動物病院の看板の隣の月極駐車場内に1台あり、満車でも店で声をかければ別のところに案内してくれることもあるようです。
日曜のディナータイム、ピークを外して開店と同時の17時半に1番のりで訪問してみました。
DSCF6349.jpg

店内は小上がりの座敷に4人がけが3つ、いくつかの4人がけテーブル、中央には10人ほどが座れる大木の削り出しのような席で構成されており、小上がりの席をお借りします。

出前もやっているのですが、店内のみで楽しめる「メガ盛り」、「ちょいメガ」シリーズがあるのが特徴です。
「メガ盛り」シリーズは一人で食べきらないとペナルティとして500円追加料金がかかるので、まずはハーフサイズの「ちょいメガ」で様子を見るほうがよさそうです。
DSCF6351.jpg

チャレンジ1品目は「ちょいメガ!ハーフ丼・小海老天とカツ(1,500円)」にしてみます。
DSCF6355.jpg
「ハーフ」とはサイズではなく、上に載せる具材を2種類半々で選べるものです。
1,500円コースはカツ丼、親子丼、焼肉丼、小海老天丼から2種類選び、1,600円コースだと選択肢が小海老から「海老」に替わります。
運ばれてきたドンブリは・・・ちょい???小海老???
大きなすり鉢のようなドンブリに盛られたご飯はおよそ3合、卵とじのカツは普通サイズがドカンと載り、「小海老」と称する普通サイズの海老天が8本も載っています。
炊きたてツヤツヤのご飯はそれだけでも美味しいですが・・・「メガ」はこの倍、注文しなくて正解です(笑)
付け合せのキムチとシナチク、味噌汁も良い味ですが、途中からはそれすらも悪意に感じられるほどのドンブリのボリュームに苦戦します。
・・・やってしまった。
こんなこととは思わず、もう1品注文しちゃったよorz

合わせて注文してしまった入門編メニュー「ちょいメガ!盛りそば(1,000円)」も運ばれてきてしまいました。
DSCF6361.jpg
・・・ちょい???
1キロ以上と思われる蕎麦はコシも香りもしっかりしており、「デカ盛り」と言うカテゴリでなければお得感の強いメニューです。
4段に重ねられた小鉢には、とろろ、刻み海苔とネギ、天カス、漬物があるので飽きることなく食べられます。
ツユも大きな徳利になみなみ入ってくるので、味が足りなくなる心配もありません。
もちろん「メガ」と違ってペナルティなしの取り分けが可能なのも嬉しいところです。
しかし・・・大人3人でも「ちょいメガ」1品で十分に感じられます。

かなり頑張ってみたんですが、どうしてもハーフ丼のご飯が食べ切れません。
苦戦しているうちに店内は活気付き、これ以上長居するとご迷惑になりそうなので完食を諦めました。

我が家では4人がかりで「ちょい」を2品完食出来ませんでしたが、たくさん食べられる方には更にお得なポイントがあります。
若松屋には13種類のメガ盛りシリーズがあるのですが、制限時間内に完食するともらえるスタンプを1年以内に全種コンプリートすると5,000円分の食事券がもらえるそうです。

もちろん、ノーマルサイズの料理も存在するのでギャラリーの方を飽きさせることもありません。

今回は2品完食に至りませんでしたが、豊富なメニューとリーズナブルさに魅力を感じ、「ちょいメガ」の制覇のために何度も足を運ぶことになりそうなデカ盛りの老舗です。


□若松屋
 TEL:042-482-2491
 東京都調布市国領町1-13-4
 営業時間11:00-15:00,17:30-20:00
 定休日:金曜日
 駐車場1台(店向かい青い動物病院看板が目印)

若松屋そば(蕎麦) / 布田駅国領駅調布駅
夜総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/07 17:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで「新選組!」…町田「小島資料館」
日曜日の朝、晴れているのでどこかに行こうと思い、ふとカレンダーを見たら、ずいぶん前に記入した資料館の開館日だったので行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

小田急線、京王線、多摩モノレールの多摩(たま)センター駅から南に都道156号線をおよそ3.5キロ、お屋敷街の中の1軒が「小島資料館」です。
庭の大きなお屋敷ですが、とても資料館には見えません。
駐車場は5台分ほどありますが、不動産屋さんの社長さんの家にお呼ばれしてしまったようなイメージです。
玄関には「入口」、「開館日」と言う手書きの札が貼られていますが、知らずに訪問するのは到底ムリでしょう。
DSCF6339.jpg

その名の通り「小島」さんが運営されている私設資料館で、3月から12月までの第1第3日曜日の年20日間、午後1時から5時までの年間80時間しか見学できない資料館です。
DSCF6338.jpg

玄関を入って靴を脱ぐと左手にガラスの扉があり、その奥の居間に料金支払い用のカウンターがあります。
大人600円子ども300円ですが、ファンにはこの料金ではもったいない貴重な資料が見られます。
DSCF6340.jpg

小島家は多摩に代々続く名家で、幕末の20代目当主・小島鹿之助(こじましかのすけ)の時代に、天然理心流(てんねんりしんりゅう)試衛館(しえいかん)の近藤勇(こんどういさみ)や門人らが、この家の庭先で出稽古を行ったそうです。
中庭では今でも近藤勇の胸像が多摩の風景を見守っています。
DSCF6342.jpg

居間から和室を抜けた奥には鉄筋コンクリート製の建物があり、江戸時代から小島家に伝わる貴重な文献や、新選組に関わる資料が多数展示されています。
残念ながら館内の撮影は禁止ですが、入口から見える髑髏の刺繍の胴着は、近藤勇の稽古着で妻のつねが刺繍したものと言われています。
魔よけにと髑髏を好んだ勇のために作ったものが今でも残っているのはちょっと感動的です。
DSCF6345.jpg

訪問した日には24代目当主で館長の小島政孝さんと、歴史研究の知人らしい方々が話しをされていました。
そのうちに、館長がその方たちに何やら巻物のようなものを広げ始めました。
DSCF6343.jpg
後ろからそっと聞かせていただいていると、池田屋事件で手柄を立てた近藤勇が喜びの文を鹿之助へ送ったものだそうで、その原本を公開しているところでした。
撮影にも快く応じていただくことが出来ましたが、恐れ多いのでちょっとヒキ気味で撮らせてもらいました。

あまり周りの雰囲気を考えない子どもたちも、ここばかりは静かに見学しなければならないことを理解できていたようで、館内見学に費やした1時間以上を静かにしていました(笑)

幕末から明治時代を経て150年近く経ち、当時の記録も薄れつつありますが、未だ人気の高い幕末史を語る上では、一度は訪問しておきたい素晴らしい資料館です。
小島家代々残された貴重な文献や新選組の歴史を今に残す資料の保存や公開には苦労が耐えないと思いますが、これからも長く続けていただきたいスポットです。

小島資料館
 TEL:042-736-8777
 東京都町田市小野路950
 開館日:毎月第1・3日曜日
 開館時間 13:00-17:00
 ※冬季休館1月1日~2月末日
 入場料:大人600円小学生300円


より大きな地図で 銀色テントむしの「新選組!」ゆかりの地 を表示

※「新選組!」第7話のおまけで紹介されている。
小島鹿之助は近藤勇と交友を深め、武術と学問を共有した。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/07 15:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…526軒目・八王子「魚心亭」
高尾に気前の良い寿司屋があると聞き行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の高尾(たかお)駅から20号線を東に1キロほど進んだ多摩御陵交差点のやや手前南側に店構えの美しい寿司屋があります。
高級そうなので知らなかったら入れませんが、リーズナブルなランチを提供してくれていると言うので、入ってみることにしました。
新宿あたりで時間を食ってしまったため、ランチタイムクローズ直前の13時40分頃の到着となってしまいました。
DSCF6331.jpg

自動ドアが開くと中には恰幅の良い大将が声をかけてくれます。
「申し訳ねぇケド、『まかない丼』は売り切れだよ。」
今回の目的を果たせないことを入口で告げられてしまいましたorz
せっかくなので、価格帯と味だけでも確かめようと、席につかせてもらうことにします。
ランチメニューは都内としてはリーズナブルな1,000円台中心です。
DSCF6336.jpg
ちなみに、今回注文してみたかった「まかない丼(1,000円)」とは…
「超超超少な目」で、他店の普通盛り
「超超少な目」で、他店の大盛り
「超少な目」で、他店の2倍
「普通盛り」で、他店の4杯
「普通の上」で、他店の8倍
「大盛り」で、他店の12倍
と言う驚愕のボリュームですがサイズによる金額差はありません。
大将いわく「今日は80人分くらい用意しといたんだけど、すぐなくなっちまったヨ」とのこと。
また「喰いたかったら昼前だナ」とも教えてくれました。
江戸前言葉と顔は怖いんですが、思う以上に親切なのは職人気質の表れでしょう。
残念ながら、「まかない丼」以外は一般的な大きさとのことです。

1品目は「多摩御陵ちらし大盛り(900+200円)」を注文してみます。
DSCF6333.jpg
重箱からあふれ出すほどの酢飯の上に、寿司屋らしく質の良い刺身がご飯が見えなくなるまで載っています。
小鉢は白滝と魚卵の和え物、味噌汁には殻付きホタテ、茶碗蒸し、デザートには蜜柑の寒天と、付け合わせにも気合を感じます。
何より・・・美味い!!
大盛りは1合くらいですが、酢飯好きなら少なく感じるくらいかもしれません。
その酢飯も、さすがホンモノの寿司屋と言った感じで、ツンと鼻に響くことも甘すぎることもない絶妙さで、ご飯だけでも十分楽しめそうです。

2品目は店では中級ランクですがnorizo的には最高級メニュー「うなバラちらし(1,500円)」にしてみます。
DSCF6334.jpg
大きなドンブリに1合ちょっとの酢飯、その上には刻みうなぎ、それを隠すかのようにたっぷりの刺身や卵、魚卵が花を添えます。
思わず子どもたちも「おー」と声を上げてしまいます。
アクセントの煮卵も良い味です。
もちろん付け合せも小鉢、茶碗蒸し、味噌汁、デザート付きです。

酢飯が美味しいので、なんとなく具材を残しながら食べ進めていると大将が声をかけてくれます。
「ご飯足りないか?やろうか?」
14時近く閉店も近いというのにありがたいお言葉です。
「え?そんなサービスがあるんでしょうか?」
「ねェよ、特別だ。」
店内にはカウンターで一杯やっているおじさんとテーブル席のご夫婦が残っているだけです。
「お時間過ぎそうですし、ご迷惑じゃないですか?」
「まぁ、時間考えねェヨッパライもいるしいいじゃねェか!」
カウンターの常連さんがニヤリとこちらをちら見します。
「じゃあ、お言葉に甘えて・・・」
少しして、茶碗に盛られた酢飯に白ゴマがたっぷりかかって運ばれてきました。
この酢飯だけで一杯食べられてしまうんですよ(笑)

結局、閉店時間の14時を15分もオーバーしてしまいましたが、最期まで居心地よく過ごせました。
「次は早く来いヨ」
と言う大将の言葉が残ります。

次回こそ、「まかない丼」を食べてやろうと心に決め、店を出ます。
居心地の良い高尾の寿司屋に、いつかカウンターでじっくり大将の話を聞いてみたいと思いつつ、再訪を誓いました。


□魚心亭(うおしんてい)
 TEL:042-665-3505
 東京都八王子市東浅川町214
 営業時間 11:00-14:00,18:00-21:00 
 定休日:月曜
 駐車場あり

魚心亭寿司 / 狭間駅高尾駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/07 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…龍ヶ崎「関東鉄道4」
茨城県南部の龍ヶ崎市にSLが展示されているので、見学に行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関東鉄道龍ヶ崎線の終点、龍ヶ崎(りゅうがさき)駅から北へおよそ1.5キロほど進んだところに「龍ヶ崎市歴史民俗資料館」があります。
駐車場もあり、入場料も無料なので「銀色テントむしの家族でホニャララ」にも出来るようなステキな場所です。
また、室町時代前期ものといわれる「馴馬城跡(なれうまじょうせき)」も併設しており、norizoにとっては1週間分のブログネタになりそうなスポットでもあります。
DSCF6324.jpg

資料館については別の機会にご案内しますが、屋外には昭和初期を思わせる建築物があり、内部の見学も出来ます。
DSCF6325.jpg

また、本館内では縄文時代から近代までの各種の資料が展示されており、夏休みの自由研究などにも使えそうです。
DSCF6326.jpg

そんな素晴らしい資料館の駐車場に展示されている静態蒸気機関車が「関東鉄道4」です。
DSCF6320.jpg

「軽便」と言われるコンパクトな車輌は1925年(大正14年)製造で、1971年まで現役で活躍した大ベテランです。
運転席の見学も出来るので、小さなお子さん連れでも楽しめます。
DSCF6319.jpg

特殊なところでは正面ボイラーのカバーの止め金が欠損しているため、ボイラー内部も見学できます。
※貴重な文化的遺産なのでイタズラしないでください。
DSCF6321.jpg

屋根付きで、駅のホーム風に段差をつけてくれているため、念入りに見学できるのも嬉しいところです。
DSCF6318.jpg

展示からずいぶん年数が経過しているのか、解説が薄く消えかかってしまっているのは残念ですが、まだまだ十分読み取れます。
DSCF6322.jpg

無料で楽しめる歴史資料館において、比較的雑に扱われがちな静態蒸気機関車ですが、パーツの欠損はあるものの塗装などの状態も良く、大事にしてもらっていることを感じ取れます。
これからも、ほかの歴史資料同様に、長く展示してもらえると嬉しいですね。
天気のいい休日に城址、資料館と共に楽しみたい蒸気機関車です。


□龍ヶ崎市歴史民俗資料館
 TEL:0297-64-6227
 茨城県龍ヶ崎市馴馬街2488
 開館時間9:00~17:00
 休館日:月曜日・毎月末日・祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)
 入館無料
 駐車場あり
 ※「関東鉄道4」は24時間見学可能


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1925年7月 川崎造船所神戸工場
  使用中止: 1965年12月
  廃車: 1971年10月6日
  廃車: 1971年10月6日 龍ヶ崎

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/06 14:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…525軒目・石岡「志摩」
石岡に「大盛りにすると笑える」ボリュームになる店があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

常磐自動車道の千代田石岡(ちよだいしおか)インターから6号線水戸街道を北に進み、恋瀬橋北交差点から355号線を西に進みます。
常磐道の高架をくぐり、ひたすら進むと右手に見えてくるのが「志摩(しま)」です。
駐車場も座席数も多く、夜はお酒も嗜めるようで、小上がりの座敷にはテーブルごとに仕切られているのでランチタイムでも居心地がいいです。
DSCF6312.jpg

定食中心のメニューは種類豊富でどれを選ぶか悩んでしまいます。
定食メニューは品書きに「定食」とは入っておらず、単品で注文したいときには「単品で」と頼むようです。
単品になると180円から280円の割引になります。
DSCF6313.jpg

1品目は「唐揚げ大盛り(880円+200円)」にしてみました。
DSCF6315.jpg
「少し時間がかかります。」と言われましたが10分弱で出てきました。
…時間がかからない料理はどんなスピードで運ばれてくるんでしょう?
さて、そんな唐揚は子どもの握り拳ほどの大きさのものが6~7個あり、衣はサクサクで中身はジューシーなもも肉です。
どっさり載ったキャベツにはこんもりとマヨネーズが添えられているのもいい感じです。
ご飯は大盛りにすると1合半くらいはあるんでしょうか?
小ぶりのドンブリに山盛りで運ばれてきました。
これに味噌汁と小鉢、お新香がついていますから、親子で1つで十分です。

2品目は、この店を紹介してくれたペンネーム「茨城のペンキ屋さん」オススメの「ハンバーグ大盛り(980円+200円)」にしましょう♪
DSCF6316.jpg
おぉ、ご飯もスゴいがハンバーグもデカい!
サイズは300グラムオーバーで、スパイシーな味付けが印象的です。
大盛りはご飯だけのはずですから、ハンバーグは基本サイズでこのボリュームなんでしょう。
美味しいのですが、かなりお腹が空いていないと一人で完食するのはキビしそうです。
もちろんセットに小鉢、お新香、味噌汁が付きます。
目立たないながら味噌汁などの付け合せも美味しいのが嬉しいところです。

家族4人がかりで2品を完食するのがやっとでしたが、こんな家族を冷ややかな目で見ることもなく、優しく見送ってもらいました。
いやいや、丼モノやカレーなど、まだまだ「大盛り」でチャレンジしてみたくなりますね。
密かに再訪を誓い、次回こそ一人で完食してみたいと思いつつも、きっと家族の手助けを得なければ完食は叶わない、市街地でひっそりと食べ盛り男子を魅了する名店です。

□志摩(しま)
 TEL:0299-23-8282
 茨城県石岡市鹿の子1-11-4
 営業時間 10:30-22:00(延長あり)
 定休日:火曜日
 駐車場あり

志摩定食・食堂 / 石岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/06 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…土浦「土浦市立博物館」
土浦市立博物館で「戦国BASARA3」とタイアップした特別展をしていると言うので行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

土浦市立博物館ははJR東日本常磐線(じょうばんせん)の土浦(つちうら)駅から1キロほどのところにある、土浦の中心地で桜の花見の会場としても地元では有名な亀城(きじょう)公園に併設しています。
DSCF6311.jpg

常設展示時期は大人105円子ども50円で「土浦城東櫓」とセットで楽しめるのですが、特別展のため大人600円子ども200円です。
ただし、土曜日に限って高校生までの入場料が無料になります。
有料入場者にはフルカラーの「特別展ガイドブック」がついてきます。
※4月7日に先着1万部の配布が終了しました。
DSCF6287.jpg

入口すぐのロビー左手では豊臣秀吉(とよとみひでよし)と石田三成(いしだみつなり)の鎧兜がお出迎えしてくれます。
ゲーム内での豊臣秀吉は素手で雑兵数十人を軽々となぎ倒す大武辺者で、後ろに立たれているだけでズキマル君は殺気を感じているようです(笑)
DSCF6288.jpg

2階展示室手前では、ゲームキャラのイラストやゲームコーナーが子どもたちを釘付けにしてくれました。
DSCF6291.jpg

また、鎧兜の着付け体験をしてくれていたので、もちろんズキマル君が挑戦します。
兜は「天下無敵の主人公」直江兼次(なおえかねつぐ)ですが、大人用の兜なので頭が安定しませんでした。
DSCF6293.jpg

着付けを終えたズキマル君は・・・なかなかのいでたちですが、初陣で命を落とすことは間違いなさそうです。
ああ、平和な時代でよかった(笑)
DSCF6296.jpg

撮影禁止でしたが、2階展示室には全国に展示されていた戦国武将ゆかりの品が惜しげもなく展示されていました。

九州からは黒田官兵衛(くろだかんべい)、大友宗麟(おおともそうりん)の鎧兜、島津 義弘(しまづ よしひろ)の刀が運ばれており、本来関東圏ではなかなか閲覧できない貴重な資料を楽しめました。
関西勢は織田信長(おだのぶなが)、本多忠勝(ほんだただかつ)、小早川秀秋(こばやかわひであき)など、関東東北からも信玄、謙信、真田雪村(さなだゆきむら)、伊達政宗(だてまさむね)と言った名だたる武将グッズがたっぷり並びます。

マニアックなゲームの展示会とも思いましたが、ゲームを基点に、歴史に興味を持つことの出来る楽しい機会に出会うことが出来ました。
特別展示の人気はスゴいもので、3月中旬から始まったクリアファイルの配布はすでに終了しており、訪問後すぐにガイドブックの配布も終わってしまったようです。

しかし、ゴールデンウィーク明けまで楽しめる期間限定イベントですので、ご家族で足を運んでみてはいかがでしょう。


□土浦市立博物館
 TEL:029-824-2928
 茨城県土浦市中央1-15-18
 駐車場あり
 ◆イベント名:『婆裟羅たちの武装-戦国を駆け抜けた武将達の甲冑と刀剣-』
  開催期間:2013年3月16日(土)~5月6日(月)
  ※休館日は毎週月曜日および4月9日(火)・23日(火)・30日(火)
   (ただし4月22日・29日、5月6日は開館)
  開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  会場:土浦市立博物館
  入場料:一般:600円/小中高:200円
  ※常設展は大人105円子ども50円


大きな地図で見る


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/06 09:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

銀色テントむしで古城巡り…土浦「土浦城址」(亀城公園)
土浦博物館で「戦国BASARA3」とタイアップした特別展をしていると言うので行ってみることにしますが、その前に併設の公園内を散策してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。
茨城県土浦市にある「亀城(きじょう)公園」はJR東日本常磐線(じょうばんせん)の土浦(つちうら)駅から1キロほどのところにある、土浦の中心地にあります。
DSCF6272.jpg

この公園はもとは土浦城(つちうらじょう)、別名を亀城(きじょう)と言う城があったことから、その名がとられています。
江戸時代末期まで土浦城は度々水害に遭っていましたが、その際にも水没することがなく、水に浮かぶ亀の甲羅のように見えたことから亀城(きじょう)の異名を持つそうです。
DSCF6280.jpg


2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響を受け、太鼓櫓門、東櫓、西櫓とすべての建造物が破損しました。
とくに東櫓、西櫓は白壁の欠落など大きく破損し、東櫓展示館も閉館していましたが、無事修繕が終わり、見学が可能になりました。
幸いにも桜が咲き乱れ、最も美しい時期に訪問することが出来ました。
「西櫓(にしやぐら)」の内部は見学できませんが、見事に修復されています。
DSCF6274.jpg
「櫓(やぐら)」は、もともとは城の防御の拠点の一つとしての物見の役割や、武器庫の役割をもった建物でした。
それに加えて、江戸時代の東櫓は貴重品などを入れておく文庫蔵の役割を果たしたと考えられます。
1884年(明治17年)に火災で本丸御殿が失われ、このとき損傷した本丸東櫓と鐘楼が撤去され、同年11月に新治郡(にいはりぐん)郡役所の建物が御殿跡に建てられました。
1899年(明治32年)に本丸と二の丸南側が亀城公園になりまた。

「東櫓(ひがしやぐら)」は明治時代の火災で本丸館とともに失われたと言われていましたが、平成10年に復元完成されました。
DSCF6276.jpg

新しい東櫓は江戸時代の建築技術を継承しながら現代工法も取り入れた建物となっており、土浦市立博物館の付属展示館として土浦城の紹介をしています。
※入館料金は大人105円子ども50円ですが、土浦市立博物館の入館券で東櫓をご見学できます。

朝9時の開館を待って入館してみると、ラッキーなことに無料入館日でした。
DSCF6310.jpg

館内の展示物は貴重品が多く、また、震災の影響があったとは思えないほど美しく修繕されていて、関わった方たちの思いの強さが感じられます。
DSCF6308.jpg

2階建ての構造ですが、階段も勾配が優しく、子どもたちでも安心して登れます。
DSCF6303.jpg

櫓から見える桜が美しく、家族で大満足です。
DSCF6306.jpg
このあと、春の嵐に見舞われ、桜と櫓の景色を写真や心に収められたのは、どうやらラッキーなことだったようです。

駐車場もあり、ニホンザルなども飼育されている大きな公園なので、桜がなくてもお弁当などを持ってピクニックに来ても楽しそうな公園です。
ちょっとした休みの日に、天気がよかったらのんびりと、ここで城址を眺めながら普段のストレスを癒してみてはいかがでしょう。

□土浦城(亀城公園)
 TEL:029-824-2928
 茨城県土浦市中央1-15-18
 駐車場あり
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜・年末年始
 入館料:大人105円子ども50円
 ※併設の土浦市立博物館の入場券で見学可能



より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/06 830 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで関東の駅百選…第42回茨城「ひたち野うしく駅」
茨城の「関東の駅百選」を回ってみると、霞ヶ浦周辺に集まっているような気がしてきます。(下記マップ参照)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1999年第3回選定」、JR東日本常磐線(じょうばんせん)の「ひたち野うしく(ひたちのうしく)駅」です。
選定理由は「安全・環境を考慮した21世紀にふさわしいゆとりある駅。」です。
国道6号線水戸街道を通って千葉からつくば方面へ向かう際に良く使うルート上にあり、開けた道と、高すぎない建物が印象的な新興住宅エリアにあり、ロータリーも広く快適な環境が整っています。
DSCF6269.jpg

駅改札は2階にあり1階部分は横に長く駐輪場になっています。
コンクリート打ちっぱなし風のつくりですが、デザイン的にも近未来的な魅力があります。
DSCF6265.jpg

改札へ向かう階段の手前付近では、何やら緑色のおじさんたちが話しているのでズキマル君も仲間に入れてもらいました。
なになに、「そろそろ江戸幕府もヤバい」ですって…そう、茨城は幕末「桜田門外の変」で歴史を動かした偉人たちを生み出した有名人を輩出したスゴい県なのです。
DSCF6266.jpg

改札のあるフロアも広くて明るく開放的です。
ただ、「関東の駅百選認定」のプレートは探し当てられませんでした。
DSCF6268.jpg

ガラス張りの壁の向こうには、ホームを見下ろすことが出来、列車を上から観察することが出来るのは、電車好きキッズにもオススメのポイントです。
DSCF6270.jpg

関東の駅百選では「旧駅舎」がスキなんですが、こうした近未来的な建物も、歩いていて楽しくなります。
近くにはショップも多いため、生活するのにもよさそうな場所です。
今度はじっくり歴史散策でもしてみたくなりました。


□ひたち野うしく(ひたちのうしく)駅
 茨城県牛久市ひたち野西三丁目41-16
 所属事業者:JR東日本(常磐線)
 開業年月日:1998年(平成10年)3月14日
 駐車場:一時停車可能


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1999年(第三期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
安全・環境を考慮した21世紀にふさわしいゆとりある駅

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/04/06 7:30 天候:曇り  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…524軒目・佐原「桶松食堂」
茨城県から利根川を挟んですぐの場所に100年も続く定食屋でデカ盛りが食べらると聞き、行ってみることにします。
ズキマル君とヨメさんは所用により別行動となり、モカさんと二人での行動となります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

千葉県香取市のJR成田線の佐原(さわら)駅から南東に200mほどのところにある老舗食堂「桶松(おけまつ)」は100年以上も前から味を守り続けているという歴史とともに、ちょっとデカ盛りっぽいとウワサです。
駐車場は入口左手に2台ほどのスペースがあるだけなので、ピークタイムを外した15時前に訪問してみました。
普通なら休憩時間に入っているはずですが、快く受け入れて入れるところにも100年続く理由の一端を感じ取れます。
DSCF6262.jpg

メニューは揚げ物が中心で、100年前にトンカツがあったかどうか悩みますが、カツ丼普及の歴史のはじまりは大正12年(1921年)頃と言われていますから、「味一筋、守り続けて1世紀」のキャッチフレーズは、概ね歴史と共に歩んできたと言えそうです。
DSCF6263.jpg

せっかくなのでそんな「カツ丼並(900円)」を大盛りでお願いしてみます。
DSCF6264.jpg
モカさんが移動中の寝起きで食欲がないため、親子で1つの注文でしたが、嫌な顔ひとつせず用意してくれるお店に感謝です。
メニューごとに違う柄の皿や丼はどれも絵柄が統一され、美しい金色の絵柄が施されています。
「並」と「上」でも絵柄が違うので食べ比べてみるのも楽しそうです。
ご飯のボリュームは1合半程度と言ったところでしょうか…
大盛りの価格は会計までわかりませんが、なかなかのボリュームです。
「並」と言っても、カツもふんわりとした卵に包まれて十分過ぎるほど載っています。
甘さと醤油加減もちょうど良く、何度食べても飽きない味付けです。

上品で「デカ盛り」としては初級者コースですが、一人で食べるには十分すぎるボリュームです。
適度な満腹感を覚えつつ、会計に向かうと「900円です。」と言われました。
慌てて大盛りであった旨を告げると「大盛りはサービスです。」との答えが返ってきました。
何だか、嬉しさが倍増です。
心も体も満足して、爽やかなキモチで店を後にします。

ああ、きっとこれから1世紀も2世紀もこうしてこの店の歴史が積み重ねられていくのでしょう。
何世代も先まで、この味と優しさを引き継ぎ続けてもらいたい名店に、次は家族みんなで来ようと再訪を誓いました。


□桶松(おけまつ)食堂
 TEL:0478-52-3188
 千葉県香取市佐原イ525
 営業時間 11:00-21:00
 定休日:水曜日
 駐車場あり(2台)

桶松食堂かつ丼・かつ重 / 佐原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/31 15:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第41回茨城「鉾田駅」(廃駅)
路線は無くなりながらも、鉄道好きの方の有志により、一部展示公開されている関東の駅百選スポットがあると言うので、訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回選定」、鹿島鉄道の「鉾田(ほこた)駅」です。
選定理由は「開業当初のたたずまいと、昭和初期の面影を今に残す鉾田町の玄関駅。」でしたが、すでに廃線となっています。
最寄りの臨界大洗鹿島線の新鉾田(しんほこた)駅から西に1.5キロほどのところにあり現在は、関鉄グリーンバスの「鉾田駅」停留所としてロータリーとバスの待機所になっています。
DSCF6261.jpg

待機所の裏には荒れ果てたコンクリート製の台があります。
そう、ここが旧「鉾田(ほこた)駅」です。
東日本大震災前後に駅舎も撤去され、すでに線路すら残っていないのは悲しいところですが、当初の予定では更地になるはずだったものが、未だにホームだけでも残っているのは嬉しさがこみあげます。
DSCF6260.jpg

しかし、震災の際に大きく崩れており、もちろん復旧の予定はないため、見学の際には十分な注意が必要です。
DSCF6259.jpg

そんな、無残な姿のホームから2キロほど離れた「ほっとパーク鉾田(ほこた)」と言うプール併設の日帰り入浴施設に、鉾田駅の歴史を保存しようとする設備があります。
DSCF6258.jpg

敷地内東には鹿島鉄道の旧車両が2台展示されていますが、これは「鉾田駅保存会」と言う団体がわずか3名で車輌を自費購入して鉾田市に寄贈したものです。
DSCF6244.jpg

通常は見学できませんが、毎月第4日曜日には定期公開してくれていると言うので、日程を合わせて訪問してみました。
DSCF6248.jpg

入場料は無料ですが、昭和11年製のキハ601の列車内では硬券の「鉾田駅」普通入場券を発行していただきました。
DSCF6255.jpg
しっかりと大人用と子ども用があり、通しナンバーや発効日を印字した上でカッチンしてくれます。

同車内ではNゲージの運転も行っていて、飽きることなく楽しめます。
DSCF6256.jpg

平成4年製の展示車輌KR505にはキッズコーナーとしてプラレールが置かれており、実際に動かすことが出来るため、小さな子どもが楽しそうに遊んでおり、それを親御さんがほほえましく眺める風景が印象的でした。
DSCF6250.jpg

百選認定から10年以上の時を経て、また震災の影響もあり、保存会の皆さんはご苦労の連続だったようですが、こうして鉄道ファンを楽しませてくれるため、私財を投げ打って公開イベントを行ってくれる姿に胸を打たれました。
是非とも、長期にわたり展示保存が出来ることを祈りつつ、見学させていただいたお礼を言って車輌を離れることにします。

ここだけを訪問するのは難しいかもしれませんが、プールにはウォータースライダーもあるので、クア施設(大人900円子ども500円)への訪問と合わせて、第4日曜日を狙ってみてはいかがでしょう。

□鉾田(ほこた)駅(廃駅)
 茨城県鉾田市鉾田2457番地2
 所属事業者:鹿島鉄道
 開業年月日:茨城県鉾田市鉾田2457番地2
 ※鹿島鉄道鹿島線の廃線に伴い老朽化した駅舎も解体


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

2000年(第四期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
開業当初のたたずまいと、昭和初期の面影を今に残す鉾田町の玄関駅。

□ほっとパーク鉾田(車両公開)
 TEL:0291-34-1211
 茨城県鉾田市当間220
 ※公開展示は原則毎月第4日曜日
  公開日程は「鉾田駅保存会HP」でご確認ください。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/03/31 13:00 天候:雨  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

名城100選スタンプラリー・45箇所目「福岡城」
意図なく春休みと言うことで、福岡に足を伸ばしてみたら運良く桜の満開と重なっていました。
日本100名城スタンプラリーは景品はありませんが、始めると中毒のように日本全国を巡りたくなります。
何かと理由をつけて家族を道連れにしています(笑)
遊園地の近くにあるお城などは、最も言い訳にできるエリアです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※今回はテントむしは自宅待機です。

基本的にはあまりゲームをさせていない子ども達ですが旅行前には「戦国BASARA3宴」をキャラクターを限定して遊ばせてみたりします。
今回選ばせたキャラクターは「黒田官兵衛(くろだかんべい)」(黒田 孝高 / 黒田 如水(くろだ よしたか / くろだ じょすい))です。
kuroda01.jpg
ゲーム内では大きな手かせをつけて、守る居城は地下施設、大きなドリルをつけた地中掘削戦車を使う戦略家と言う設定です。
実際には戦国時代に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の参謀として活躍し、本能寺の変で明智光秀(あけちみつひで)が織田信長(おだのぶなが)を討った敵討ちに向かうため、合戦中だった毛利輝元(もうりてるもと)と急遽和睦を結び、豊臣政権の礎を作った策略家です。
朝鮮出兵の際に、秀吉から叱咤を受けていることから、ゲーム内では手かせをつけているかと思っていましたが、資料によると織田信長の配下時代の1578年に、謀反を起こした荒木村重(あらきむらしげ)を説得に向かった際、荒木により有岡城(兵庫県伊丹市・別称:伊丹城)に幽閉されていたことからこうした衣装で登場しているそうです。

関ヶ原の合戦の功績を受け、黒田官兵衛は徳川家康(とくがわいえやす)から筑前国名島(ちくぜんのくになじま)37万石(福岡)封入を言い渡されます。
福岡県福岡市の桜の名所としても有名な大濠(おおほり)公園と舞鶴(まいづる)公園は、黒田官兵衛が居た「福岡城」址です。
博多の西、福岡市地下鉄空港線の大濠公園(おおほりこうえん)駅のすぐ南側にあり、道路を挟んで西が大濠公園、東が舞鶴公園となっとおり、城址は舞鶴公園に集中しています。
DSCF6223.jpg

大濠公園側明治通り沿い北東には福岡県文化財にも指定されている「潮見櫓(しおみやぐら)」がでむかえてくれます。
DSCF6214.jpg

シーズン限定ですが、夜にはライトアップされ幻想的な景色になります。
DSCF6208.jpg
あまりの美しさに2泊で訪問した九州で二晩ともこの景色を見に訪れてしまいました(笑)

名城スタンプは、舞鶴公園内で無料で見学できる鴻臚館(こうろかん)跡展示館に用意されています。
DSCF6225.jpg
鴻臚館(こうろかん)は飛鳥・奈良時代に迎賓館として外交使節や商人をもてなす施設であったとされていることから、千年以上も前から重要な場所であったことがわかります。
初老のご夫婦が、やはりスタンプ帳をもって訪問されていたので、声をかけてみると、すでに80箇所も回られている大先輩で、特に沖縄についてのお話を楽しそうにしてくださいました。

鴻臚館(こうろかん)からぐるりと回るように石垣の脇の道を登っていくと本丸跡にたどり着きます。
「多門櫓(たもんやぐら)」は国の重要文化財ですが、桜祭りの時期だけは夜間ブルーにライトアップされ、いつもとは違った美しさが魅力です。
明治時代に入って桜がたくさん植えられたことから、日中も多くの観光客の皆さんが桜と櫓の風景をカメラに収めていました。
DSCF6229.jpg

完成したばかりの天守台のオブジェが見えますが、午後のみの公開でしかも有料だったので、今回は外から眺めておくだけにしました。
DSCF6234.jpg

館内の見学は出来ませんが本丸広場北東の「祈念櫓(きねんやぐら)」も美しいので見学しておきましょう。
DSCF6236.jpg

櫓が50箇所以上もあったといわれる福岡城は外周2キロもある大堀など、とにかく見どころが多く、1日飽きることがありません。
また、敷地内には博物館や美術館などもあるため、スタンプだけを押す訪問ではなく、じっくり時間をかけて見学するスポットとしての訪問の仕方が望ましいと思います。
近くに100名城の大野城があったんですが、福岡城に見どころが多すぎて今回の旅行では訪問することが出来ませんでした。
出来れば、桜のシーズンに夜桜見物とセットで訪問をオススメしたい名城です。


□福岡城(ふくおかじょう)第85番
 訪問先名称:舞鶴公園
 TEL:092-733-5537(鴻臚館)
 住所:福岡市中央区城内1-1
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:年末年始
 入場料:無料
 駐車場:有料
 通称:舞鶴城、石城
 主な城主:黒田氏
 スタンプ設置場所:鴻臚館(こうろかん)跡展示館


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
指定文化財
国の重要文化財(多聞櫓・二の丸南隅櫓)
国の史跡
福岡県文化財(潮見櫓・大手門・
祈念櫓・母里太兵衛邸長屋門)
福岡市文化財(名島門)
再建造物 二の丸北隅櫓、大手門

幕末史
明治4年(1871年) - 廃藩置県により旧下屋敷に福岡県庁が置かれる。
明治6年(1873年) - 廃城令発布により存城処分となり、第6軍官に属する。その後多くの建造物が解体もしくは移築された。
明治35年(1902年) - 床下にあった火薬が爆発し鉄物櫓が焼失する。

※ウィキペディアより抜粋


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/03/28 09:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

激安ホテルレビュー…福岡「ホテルサンライン福岡大濠」
「銀色テントむし」のブログと言えば、激安旅ですが、今回の宿もリーズナブルに旅するにはオススメです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福岡県と言えば博多ですが、そこから地下鉄で数駅はなれた大濠公園(おおほりこうえん)駅の北側にひっそりと建っているのが「サンライン福岡大濠(ふくおかおおほり)」です。
大濠公園は日本100名城にもなっている「福岡城」跡地の公園なので、その近隣ともなれば夜遊びの予定のない家族連れには安心の静かなエリアです。
DSCF6113.jpg

今回はヤフートラベルから成田~福岡間の往復航空券と2泊朝食2回付きで1名17,600円での宿泊となりますが、楽天トラベルからのツインルーム予約でも1名あたり2,500円程度とリーズナブルなのが魅力です。
室内は価格帯以上に広々としており、インターネットも使え、ウォシュレットも完備しています。
DSCF6114.jpg

フロント右手のラウンジではモーニングコーヒーを無料でいただけるのも特徴です。
DSCF6135.jpg

宿泊の際に是非ともセットにしておいてほしいのは朝食バイキングです。
毎日ほとんど同じメニューなので長期滞在時には向きませんが、短期だったら感動します。
何やら観光地型ホテルのランチバイキング並みの料理が朝から出てくるのです。
DSCF6137.jpg

特にうれしかったのは、博多名物の明太子が食べ放題なのです♪
DSCF6139.jpg
尿酸値が高いことも忘れて大盛りご飯にてんこ盛りに明太子を載せて毎朝3杯ずつ頂いてしまいました。
ハイカロリーなおかずもがっつり食べられるので、帰ってみたら体重が3キロも増えていましたよ(笑)

博物館や美術館などへのアクセスにも都合の良い、クルマ利用でも公共交通機関利用でも快適に過ごせるリーズナブルな宿です。
今回のプランで味をしめてしまったので、キャンカーを自宅に留守番させて、たまには飛行機で九州も良いなぁ・・・と、ついつい思わせてくれる素晴らしいホテルでした。

□ホテルサンライン福岡大濠(ふくおかおおほり)
 TEL:092-722-0033
 福岡県福岡市中央区大手門3-3-14
 駐車場:あり(有料)




より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/28 09:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしのデカ盛り…523軒目・福岡「大和家」
福岡大学の近くにもデカ盛り店があると聞き、レンタカー返却時間まで1時間しかありませんが、行ってみることにします(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福岡の中心部からやや南に下った福岡大学の南側すぐのところにあるのは「大和家(やまとや)」です。
平日の夕食時ということもあり、3台分ほどある駐車場はすべて自転車で埋まっていました。
近所で駐車できる場所を何とか見つけて、店内に入ると、全席食べ盛りの男子学生で埋め尽くされています。
・・・これは期待が持てそうですね♪
DSCF6198.jpg

少し待てばテーブル席が空きそうだというので、券売機で注文を選びながら待つことにします。
ズキマル君はうどんが食べたいと言うので、norizoとズキマル君は決まりです。
もう1品はヤバそうなのでヨメさんに「小さいのを選びなよ。」と言ったのに、彼女は気付かないらしく普通盛りのチケットを購入しました。
DSCF6199.jpg

しばらくしてテーブル席を準備してもらい、カウンターに出されたのは「牛とじ丼(480円)」です。
DSCF6202.jpg
きっとヨメさんは価格をみて少ないとでも思ったのでしょう。
テーブルの上のドンブリに驚愕します。
「普通盛り」らしからぬ大型のドンブリには1.5合程度のつややかなご飯とそれを覆うようにたっぷりと盛り付けられた牛肉の卵とじです。
牛丼チェーン店で注文したら普通盛り3~4人前といったボリュームではないでしょうか?
一応、注文前にヨメさんには忠告しておいたので、これは一人で頑張ってもらいましょう(笑)
・・・と言うか、コレに加えて後でnorizoの食事も手伝ってもらわなければなりませんから、ちょっと拷問にも感じられます。

マイペースなズキマル君は自分の希望の「きつねうどん(280円)」にご満悦です。
DSCF6203.jpg
恐らく数少ない小食な女性でも食べ切れそうなメニューです。
福岡系の柔らかうどんではなく、讃岐系のコシのあるうどんで、透き通ったスープと大きなあげが印象的です。
個人的には残ったスープにご飯を入れて食べるのも大好きです♪
(上品ではないので良い子のみんなはマネしちゃダメだよ!)

それではメインの「とり唐丼大盛り(500円+100円)」を待ちましょう。
DSCF6206.jpg
キター!!!
このビジュアルはインパクトが強すぎです。
2合越えのご飯の上にうっすらと千切りキャベツ、マヨネーズ、そしてその上には大きな唐揚げが8個も載っています。
なるほど、これは学生たちにこよなく愛される理由がわかります。
何しろ学生はいつでも腹ペコですからね(偏見)。

もちろんnorizoが一人で食べきれるわけがないのでヨメさんに・・・と思いましたが、牛とじ丼で悶絶していてそれどころではありません。
結局彼女には唐揚げだけ2つ手伝ってもらいました。
(お気づきかもしれませんが、norizoよりもヨメさんのほうがたくさん食べられます。)

意外にもズキマル君がうどんの後に、唐揚げ2個とご飯茶碗1杯分くらいのご飯を手伝ってくれました。
モカさんは・・・体調が悪いらしく戦力外です。

頑張ったんですが、レンタカー返却と言う時間の制約もあり、どうしても茶碗1杯分ほどのご飯が食べきれませんでした。
拳ほどの大きさの唐揚げが1つ残っていたんですが、もったいないので割り箸にさしてズキマル君が勝手にテイクアウトさせてもらいました。

クルマに戻ると・・・すでに割り箸しか残っていませんよ。
今回の敢闘賞は間違いなくズキマル君ですね(笑)

あまりのボリュームにレンタカーの返却時間に10分ほど遅刻しましたが、延長料金を取られることもなく済んだのも、好印象への追加ポイントですね♪
それにしても、九州のデカ盛りもスゴいですねぇ。
個人的な印象では野田の「やよい食堂」や甲府の「ぼんち食堂」に近しく感じる、リーズナブルに1日分のカロリーを1食で摂取できるサイフへの優しさとお客さんへの暖かさを感じます。
近くにあったら・・・メタボ間違いなしですが、かなりの高確率で通ってしまう名店ですね。
メニューも豊富なので、いつかは全メニュー制覇を狙いたい福岡大学生たちの台所です。

□大和家(YAMATO)
 TEL:092-861-0982
 福岡県福岡市城南区西片江2-2-1
 営業時間 11:00-22:00
 定休日:日曜日
 駐車場あり

大和家定食・食堂 / 福大前駅梅林駅
夜総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/27 19:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしのSL巡り…門司「九州鉄道記念館」
せっかく福岡まで来たのでレンタカーで100キロほど下道を流して博多から門司まで行ってみましょう♪
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR九州の玄関口、門司港(もじこう)駅からすぐのところにあるのが「九州鉄道記念館」です。
今回の旅行では宿泊先が福岡市内だったため、レンタカーを借りて100キロ弱を3時間かけて移動しましたが、新幹線を利用すれば短時間で到着できる鉄道博物館です。
平日の雨天だったため、かなりゆったりと入館することが出来ました。
DSCF6184.jpg

もちろん、確認すべきは蒸気機関車ですが、美しい車輌が魅力のJR九州で博物館脇に「つばめ」なんかが入線してくると、思わず駆け寄ってしまいます(笑)
DSCF6170.jpg

また、ミニ鉄道公園では1回300円で「つばめ」をはじめとした九州鉄道の名だたる名車のミニサイズのものを約3分間運転することも出来ます。
こちらは3名まで乗車可能なので最大人数で載れば1名100円で楽しめると言うことになります。
DSCF6185.jpg
ウチの場合は運転手がズキマル君で、ヨメさんが留守番となりました。

九州鉄道記念館には2台の静態蒸気機関車があります。
駅側の入口から入ってすぐのところにおかれているのが「59634」、キューロクは大正時代に製造された由緒正しき列車です。
DSCF6183.jpg

車輌番号から「ごくろーさんよ♪」なんて言われてしまいますが、とても100年前の車輌とは思えないほど手入れが行き届いています。
DSCF6182.jpg

また、来訪者を飽きさせない様、静態ながら運転音や汽笛をスピーカーで流してくれていて、臨場感も格別です。
DSCF6181.jpg

解説を見ると、川崎製で1913年に製造された車輌であることがわかります。
DSCF6179.jpg
キューロクと言えば、関東では真岡鉄道が移設を行い、敷地内で空気コンプレッサーを使って運転することでも有名な車輌なので、関東圏への訪問が難しい方は、まずここでキューロクの姿を見ておくと良いかもしれません。

もう1台はブルーのナンバープレートがカッコいい「C591」です。
DSCF6178.jpg

全国で173台が製造されたうちの初号機ですが、全国で最も美しい姿で保存されていると思われる車輌です。
DSCF6176.jpg

動態車輌としては京都の「梅小路蒸気機関車館」で164号が残っていますが、完全な車輌は全国でも3台しか残っていない貴重な資料です。(もう一台は広島の広島市民球状の裏にあるそうです。)
DSCF6174.jpg

さすが九州随一の鉄道博物館で、車輌の保存状態も解説板の力の入り方もハンパありません。
DSCF6180.jpg
美しい展示とメンテナンスには脱帽です♪

駅舎を資料館としたレンガ造りの館内は2階建てで、1階には保存車輌のほかに売店や喫茶コーナーを用意しています。
DSCF6191.jpg
2階は各種展示ゾーンとなっており、SLコーナーでは写真や展示のほかに音響を使った蒸気機関車の動作音を楽しむことが出来ます。

JR九州を代表する特急のシートも展示されており、実際に座ってみることが出来るのが、子どもたちのお気に入りでした。
DSCF6192.jpg

ちょっと家からは遠いため、なかなか訪問することは出来ませんが、鉄道好きにはたまらないファミリースポットです♪

九州鉄道記念館
 TEL:093-322-1006
 福岡県北九州市門司区清滝2-3
 開館時間 9:00-17:00
 休館日 第2水曜
 入場料:大人300円子ども150円
 駐車場あり(有料)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇59634 車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1922年1月31日 川崎造船所 No.733
  使用開始:1922年1月31日 広島
  配置:1933年4月1日 富山
  移動:1939年9月16日 金沢
  移動:1940年8月31日 富山
  廃車:1974年12月4日 後藤寺
  保存:粕屋町中央公民館

 ◇C591 車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1941年5月24日 汽車製造 No.2000
  配置:1943年3月31日 名古屋
  移動:1953年12月2日 姫路第二
  移動:1956年11月1日 門司港
  移動:1962年8月26日 熊本
  廃車:1965年10月22日 熊本
  保管:吉塚機関区

※本文内資料と情報が違っていますが、情報もとの資料を優先して記載しています。

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/27 14:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしのデカ盛り…522軒目・北九州「永ちゃん食堂」
北九州市に学生に大人気のデカ盛り店があると聞き、レンタカーを走らせて行ってみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR鹿児島本線や筑豊線が集中する折尾(おりお)駅から北へ、大学の集中する学園大通りを進んでいくと、およそ1.5キロほどで折尾浅川郵便局が見えます。
向かいの路地に入ると見えるのが「永ちゃん食堂」です。
大学近くの定食屋と言うだけで、デカ盛りの予感が漂う店で、13時過ぎに入って、入口すぐの小上がりの座敷席に通してもらいました。
DSCF6161.jpg

メニューは洋食中心で、1,000円以上のものは皆無と、学生街らしい嬉しい価格設定です。
DSCF6165.jpg

1品目に注文しようと思ったのは「2ハンバーグ定食(850円)」でしたが、店員さんから提案を頂きました。
「今日のハンバーグは小さめのが2つ載っているので普通のほうで良いと思いますよ。」
なるほど、売り上げが下がってしまうのに何と言う心遣いでしょう。
そんなわけで「ハンバーグ定食(700円)」に変更します。
DSCF6168.jpg
配膳された鉄板に載っているのは、どこも「小さめ」ではないハンバーグが2つ、茶碗に山盛りのご飯、味噌汁にサラダと小鉢です。
こんなたっぷりメニューを見せていただけると、ファミレスなんかには2度と行くことがなくなりそうです(笑)
ピークタイムを外しましたが、ご飯もつややかでウマウマです。

さて、2品目はいよいよ「大盛り」にチャレンジしてみましょう。
・・・と言っても、後ろの席のの学生さんが食べていたモノが美味しそうだったので、同じものを頼んだだけですが(笑)
「生姜焼き丼大盛り(700円+150円)」を注文しようと思うと、これまた店員さんからお声がかかります。
店「あの・・・大盛りはちょっと多いですよ。」
私「では、4人ですがとりあえず2品の注文でも良いでしょうか?」
店「それなら大丈夫かもしれませんね。」
あくまでも「食べきれる量」への心配が中心で、売り上げなど二の次の優しい心遣いが染み入ります。
では「生姜焼き丼大盛り(700円+150円)」をあらためて注文しましょう♪
DSCF6166.jpg
大きな中華ドンブリに2合はありそうなご飯が光っています。
ちょっと濃い目の甘辛ダレの肉炒めの上にはきざみ海苔と紅生姜がたっぷり載って、なんともカラフルな1品です。
濃い目に感じた味付けも、ご飯のボリュームとのバランスはちょうどよく、良いペースで食べ進めることができます。

先ほどのハンバーグと合わせると…やはりもう1品注文するのは無謀なようです。

私「すみません、もう1品は無理そうです。」
店員さんがにっこり笑ってうなずいてくれました。

かなりてこずりましたが、4人がかりでなんとか2品を完食することが出来ました。
ほかのテーブルを見回しても、どれもボリューミーな「普通盛り」が並んでします。
13時半を過ぎても、お客さんが続々と入店してくるので、ご迷惑にならないよう早めに店を出ましたが、ずっとほかの方の料理を眺めていても飽きないようなサイズがたまりません。
近くにあったら事あるごとに通ってしまいそうなリーズナブルでボリューミーな北九州の学生たちの台所です。

□永ちゃん (えいちゃん)食堂
 TEL:093-601-9978
 福岡県北九州市八幡西区藤原2丁目15-18 共栄ハイツ1F
 営業時間 11:00~22:00(日曜は夜のみ)
 定休日:不定休
 駐車場あり

永ちゃん食堂定食・食堂 / 折尾駅本城駅
昼総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/27 13:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ