銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでデカ盛り…549軒目・那須塩原「幸華」
那須にボリューム自慢の中華系定食屋さんがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線の黒磯(くろいそ)駅から県道55号線西通りを道なりに豊住町で南に進み、ケーズデンキの先の変則交差点を右折して300m、駅からだと3キロほどのところにあるのが「ボリュームの幸華(こうか)」です。
DSCF7073.jpg

かなりの住宅街にまぎれていますが、入ってみるとテーブル席と小上がりの座敷席でかなりの人数を収容できます。
小上がりの座敷席をお借りしてメニューを眺めます。
定食類やご飯ものの定番メニューは一通り押さえている感じです。
DSCF7074.jpg

麺類も種類豊富で、初見で何を選んでいいのか、事前情報がないと、メニューを眺めるだけでのじっくり時間をかけてしまいそうです。
DSCF7075.jpg

一人で食べ切ると言うズキマル君の熱意にこたえて1品目は「お子様ラーメン(450円)」にします。
DSCF7078.jpg
さすが「ボリュームの」、「お子様」にも容赦なく普通サイズのラーメンが運ばれてきます。
オーソドックスな醤油ベースのスープとかん水の効いた縮れ麺に文句のつけようはずもありません。
チャーシュー、半熟卵、ホウレンソウがドンブリに色を添えます。
「お子様」らしからぬさいずに配膳早々戦意を喪失したズキマル君からヘルプの視線が贈られます(笑)

2品目はご飯もので「焼肉丼大盛り(800+200円)」にしてみます。
DSCF7076.jpg
豚ロースと長ネギを醤油だれで炒めた焼肉が1合ちょっとのご飯にドーンと載っています。
デカ盛りと言うほどではありませんが、かなりのボリュームで、1人で完食するにはかなりの空腹状態にしておかないとキツそうです。
一口食べてみると、これが絶妙な味付けで、予想以上に胃袋に吸い込まれていきます。
ここ最近食べた焼肉丼の中ではトップクラスのヒットで、norizo焼肉丼ランキング上位に食い込みます。

暑くなってきたので3品目は「ざる中華(750円)」にしてみます。
DSCF7079.jpg
標準で2玉あると言う麺には、甘酢の効いた冷やし中華ダレが付いてきます。
薬味もふんだんにそろっています。
どうやら、「からし」ではなく「わさび」が主流のようで、ちょっとした意外性を覚えますが、爽やかに食べ進められることにワサビの良さを感じます。

価格もリーズナブルで何を食べてもボリューミーな町の定食屋さんに大満足です。
「デカ盛り」と言うほどではありませんでしたが、家族4人2品半で十分満腹になれる懐にやさしい名店です。


□ボリュームの幸華
 TEL:0287-64-0444
 栃木県那須塩原市西新町118-794
 営業時間 11:30-22:00
 定休日:火曜日

幸華中華料理 / 黒磯駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/26 17:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…那須烏山「那珂川清流鉄道保存会」
栃木県内で多くの動態車両を有しながら、その活動があまり知られていなかった鉄道保存団体が、ついに一般公開を始めたので、訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

栃木県の那須烏山(なすからすやま)、ゴルフファンなら「城の名を持つカップヌードル杯のゴルフ場」としても知られる烏山城カントリークラブの北、国道294号線蛇姫通りの大桶公園の北に拠点を置くのが「那珂川清流鉄道保存会」です。
以前、金のSLSLのメンテをしている工場についてご紹介したことがありますが、それらの機関車を保有するのがこの団体で、2013年に入って、活動の状況が見えてきました。

展示場は「八溝会館」と言うセレモニーホール内なので、セレモニーが行われているとちょっと入るのが不安になりますが、心を強く持って門をくぐります。
ホール右手の奥に進んでいくと小さな小屋が発券窓口になっていますが、誰も見当たりません。
ホールの従業員さんに声をかけると、さらに奥のほうに事務所があると言うので突き進んでみました。
DSCF7054.jpg

奥左手のログハウスの事務所には管理されている女性がいたので、声をかけ入場料を支払います。
大人1000円子ども500円がかかりますが、個人収集した貴重な資料をこの価格で見学できるのは破格の安さです。
入場料金を支払うと、硬券の入場券にパッチンを入れてパンフレットと一緒に渡してもらえます。
屋外の敷地内には何種類もの線路が敷設され、色々な車輛が展示されていますが、貴重な蒸気機関車は倉庫を改造した展示館に展示されています。
DSCF7065.jpg

保存されている蒸気機関車は屋内に2台、屋外に1台(2013年5月現在)あるのですが、今回ピックアップするのは「クラウス17(明治鉱業17)」です。
DSCF7064.jpg

昨年、メンテナンス工場側を(無断で)見学させて頂いた際に、倉庫内で大事にグレーの防錆塗装を施されていた機関車が、ついにその全貌を見せてくれます。
DSCF7062.jpg

古くは静岡県の大井川鉄道でも動態運転されていた経緯を持つ1889年(明治22年)ドイツ製の機関車です。
DSCF7058.jpg

クラウス社製の機関車は栃木県内には「おもちゃのまち駅」や「トミーテック本社工場」にもありますが、屋内展示はここだけです。
明治時代には九州で「九州鉄道6」として活躍し、1971年から2年間大井川鉄道で動態保存されたのち、岩手県遠野市で1983年から1986年まで動態保存されていました。

残念ながら現在動態運転はできないそうですが、現役期間の長かった明治時代の機関車を見学できるのはスゴいことです。
解説は手作りですが愛情が感じられる逸品です。
DSCF7063.jpg

静態機関車だけでも3台あり、ミニ機関車や寝台列車など数多く保存されていますが、展示方法についてはまだ試行錯誤を続けている様子です。
この日は我が家を含め3組の家族連れが訪問しており、サービスでミニ新幹線を運転してもらうことが出来ました。
DSCF7071.jpg

2013年6月15・16日には敷地内で旧車を走らせるイベントも予定されているそうで、今後の活動が楽しみです。
手作り感あふれる私設鉄道博物館に、休日に足を運んでみてはいかがでしょう。

□那珂川清流鉄道保存会(なかがわせいりゅうてつどうほぞんかい)
 TEL:0287-83-8099
 栃木県那須烏山市白久218−1
 ※八溝会館右奥
 営業時間 10:00-16:00
 休館日:不定休
 入場料:大人1000円子ども500円
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

◆保存車輛
 那珂川清流鉄道100
 明治鉱業17(クラウス17)
 台湾糖業公司360 ほか

 ◇車歴:明治鉱業17(やまてつさん調べ)
  製造: 1889年 クラウス No.2213
  納入: 1889年12月19日 九州鉄道 イ6号
  国有化: 1907年7月1日 17号
  称号改正: 1909年10月1日 鉄道院 17
  廃車: 1925年6月2日 行橋
  譲渡: 東京横浜鉄道建設用として使用
  譲渡: 1931年12月22日 明治鉱業 17号

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/26 14:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…548軒目・大田原「東宝食堂」
大田原市に美味そうな焼きそばとオムライスを出す、「やや」デカ盛り店があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

地元のための定食屋さんのため、鉄道を使うと東北本線の西那須野(にしなすの)駅から南東に5キロほどあり、クルマで訪問するには、矢板と大田原を結ぶ461号線旧陸羽街道沿いで、ついぞ見逃してしまいそうになるのが「東宝(とうほう)」です。
norizoがよく読ませてもらっている栃木飲み食いブロガーさん達の高評価のお店で、特にオムライスと焼きそばに定評があります。
駐車場は隣接するパチンコ屋さんと共用部に「東宝」と書かれた場所が数台分あります。
実はこれまでに19時、18時半、18時、17時半とディナータイムに4回訪問してみたのですが、毎回店じまいしてしまっていたため、今回は混雑覚悟で日曜の12時半に訪問し、初めて入店することができました。
DSCF7049.jpg

年季の入った店内には4人がけテーブルが4つ、小上がりに2人がけ席が2つあります。
予約持ち帰りのお客さんが多いようで、パック詰めされた食事をカウンターで次々と手渡しています。
店内は常に満席で、4人がけ席を一人で使っていた男性のテーブルに相席させてもらうことになりました。
4人がけと言っても、椅子が6脚置かれているので、男性は荷物用と自分用に席を使うことができ、norizo一家も支障なく座ることができます。

メニューは店構え同様、昭和価格でどれもリーズナブルです。
唯一「焼きそば大盛り(1,100円)」が高額に思えますが、相応以上のボリュームのものが出てくるので、注文には覚悟が必要です。
DSCF7050.jpg
注文前に、ほかの席の方の「オムライス大盛り」や「ラーメン大盛り」を見てしまったため、「大盛り」へのチャレンジ精神が削がれます。
すでにヨメさんとモカから大盛り禁止令が出てしまい、やむなく「普通盛り」のボリューム調査と相成りましたorz

せっかくなので1品くらいは大盛りにと言うことで注文したのは「チャーハン大盛り(650+50円)」です。
DSCF7051.jpg
玉ねぎが入ってやや甘めのチャーハンは1合半ほどでしょうか?
付け合せの紅しょうがと浅漬けが食欲をそそります。
厨房でひっきりなしに作られている「オムライス大盛り」に比べればカワイイ量ですが、一人で食べきったら午後は仕事にならなそうです(笑)
とにかく価格設定が安いので、何を食べても得した気分になれます。

あえて焼きそばを外して「手打ちラーメン(600円)」を頼んでみます。
DSCF7052.jpg
太い縮れ麺にナルト、シナチク、チャーシュー、三つ葉のオーソドックスな醤油ベースのラーメンです。
麺の量は普通の店の1.5倍くらいありそうです。
大盛りにすると、価格は50円しか変わらないのにドンブリがでっかくなって麺があふれんばかりになります。
クセもなく、毎日でも食べられるあっさりしたラーメンです。

暑くなってきたので「冷やし中華(650円)」も注文してみます。
DSCF7053.jpg
麺類は通常版と「手打ち」の2種類がありますが、通常版の麺はそうめんのように細くかん水の効いた黄色いストレート麺です。
ラーメンスープに入れても美味そうですが、甘めで酸味のある冷やしダレにつけると、これがまたウマい!
きゅうりと錦糸卵の彩りに加え、紅しょうがとみかんの缶詰が鮮やかにきらめきます。
結構ボリュームはあるのですが、適度なひんやり感が「もっと食べたい」と思わせます。
…大盛りにすればよかったorz

「大盛りはやめよう」と言ったヨメさんとモカに冷やし中華とチャーハンを大量に消費され、適度な満腹感で3品を完食しました。
しかし、「大盛り」にするとサイズが倍になってしまうので、急激に完食率が低くなってしまうことを考えると、最善の食事量だったと思われます。
…それにしても…
なにを食べてもウマい!!
価格もリーズナブルなので普段使いにもってこいの食堂です。

席の回転は速いのですが、それでも間に合わないほどお客さんが詰め寄せています。
なるほど、この味と量と価格ならそうなるでしょう。
一見すると入店を躊躇してしまう店構えの中に、こんなサービスを備えているなんて…「東宝」侮りがたし!!

とにかく、全品「大盛り」で制覇してみたい名店の出現に、norizo一家そろって大ファンになってしまいました。

□東宝食堂
 TEL:0287-22-3353
 栃木県大田原市中央1-1-2
 営業時間 11:00-19:00(早期閉店あり)
 定休日:月曜日
 駐車場あり

東宝食堂定食・食堂 / 西那須野駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

情報提供:かんぱぱさん

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/26 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第47回栃木「真岡駅」
通勤や自宅近く以外の駅で最も訪問している(と思われる)駅を、たまには「駅」として見ておきましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1997年第1回選定」、真岡鐵道(もおかてつどう)の「真岡(もおか)駅」です。
選定理由は「地域の核として期待される巨大な蒸気機関車の複合施設の駅。」だからです。
北関東自動車道の真岡(もおか)インターから鬼怒テクノ通りを南に出て真岡南インターチェンジ交差点から県道47号線を東に進みます。
およそ3キロほどで真岡駅入口交差点を南に進むと大きな蒸気機関車のような建物が姿を現します。
DSCF7020.jpg

東口のロータリーには大きな動輪がモニュメントとして展示されていますが、これは蒸気機関車「C55型」の第2動輪です。
DSCF7017.jpg

東口から入った駅舎の中には立ち食いそばのほかにSLグッズを揃えた売店が入っています。
SLグッズの店は以前は西口にありましたが、西口の売店は現在閉館しており、シャッターが下りたままになっています。
DSCF7016.jpg

しかし、西口からの風景のほうが好きな鉄道ファンが多いのも「真岡」の特徴です。
DSCF7021.jpg
西口側には真岡鉄道が有する「C11」と「C12」と言う蒸気機関車が置かれており、週末には動態運転を行うため、朝や夕方になると煙を吐きながら蒸気機関車が待機しているのです。
朝9時までと夕方4時半以降には、整備点検風景が楽しめますし、夕方5時過ぎくらいには転車風景を楽しむこともできます。

東口側の2階はギャラリーと大型ビジョンのある休憩室になっています。
定期的に展示内容が変わり、時には広告のみになりますが、タイミングが合えば心癒される絵画や写真と出会えます。
DSCF7023.jpg

ホームへの入場料も無料(2013年5月現在)なので、実際に動く蒸気機関車を間近で見学することができます。
DSCF7024.jpg
週末の朝9時頃には客車と機関車が接続する作業を見ることができ、何のイベントもないような日曜日でも、写真やビデオにその映像を納めようと鉄道ファンが集まります。

西口、東口に旧車の展示が以前より無料公開されていましたが、2013年4月28日からは、こちらも蒸気機関車の形をした「SLキューロク館」もオープンして、さらに「博物館」としての駅の魅力が増しています。
DSCF7048.jpg

この「銀色テントむし」のブログをお読みいただいていると、「SL」の記事が多いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、SLの魅力に取り付かれてしまったのも、この「真岡駅」が始まりでした。
2009年1月の初訪問以来、幾度となく通い続けている家族で楽しめる駅です。
4階には「真岡情報センター」があり、小さなお子さんでもゆっくり遊べるのも素敵です。
無料駐車場も併設しており、norizoの中で「最も好きなスポット」のひとつとして必ずお勧めしている素晴らしい駅です。

□真岡(もおか)駅
 栃木県真岡市台町2474
 所属事業者:真岡鐵道
 開業年月日:1912年(明治45年)4月1日
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1997年(第一期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
地域の核として期待される巨大な蒸気機関車の複合施設の駅。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/05/26 10:30 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでSL巡り…真岡「SLキューロク館」
以前、栃木県の井頭公園(いがしらこうえん)で静態保存されていたSLが真岡駅で動態保存となったので見学に行ってみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

栃木県真岡市にある真岡鉄道(もおかてつどう)の真岡(もおか)駅東口に2013年に新築されたのが「SLキューロク館」です。
2012年まで真岡市の井頭(いがしら)公園に静態保存されていた機関車を移設して展示を始めた資料館です。
DSCF7031.jpg

建造費は2億2千万円といわれ、2013年のゴールデンウィーク前後にオープンし、入館料無料で多くのお客さんを迎え入れてくれます。
DSCF7032.jpg

関東の駅百選にも選ばれるSL型の駅舎の隣に新設された建物は、こちらもSL型をしており、SLファン垂涎のスポットです。
館内は倉庫のようなつくりの1階建てで客車とともに圧縮空気を利用して運転することが可能な動態蒸気機関車「49671」が展示されています。
DSCF7033.jpg

「キューロク館」の名前の由来は機関車の型式が「9600型」シリーズだからです。
1913年(大正2年)から1925年(大正14年)まで770両が製造された国産の幹線用貨物機関車で、入換用として1976年まで使用されました。
属性で言うとデゴイチで有名な「D型」と同じ動輪が片側4輪で駆動する大型機関車で、国鉄で最後の蒸気機関車使用形式です。
DSCF7039.jpg

「9600」なのになぜ「496xx」なのか、以前すごく不思議でした。
DSCF7034.jpg
機関車の番号は通常左2桁ないし3桁が型式、下桁が機体番号となるんですが、770台も製造されたために99番以降の数字をつけられなくなってしまいました。
そこで100機目以降には96の前に100番台の桁数をつけ「196xx」「296xx」と番号を重ねたそうです。

「9600型」は、現在日本で唯一動態で見られるのが、この「SLキューロク館」となります。
DSCF7037.jpg
客車は連結せず、石炭庫にはコンプレッサー用の発電機が搭載されています。

解説も井頭公園時代から一新され、車両左手前方の壁に新設されているのでじっくり読み込んでもらいたいところです。
DSCF7041.jpg

屋外にも機関車や客車が展示されていますが、キューロク館の新設にあわせて再塗装してもらい、どれも美しく輝いています。
DSCF7040.jpg

是非とも、訪問にお勧めしたいのが日曜祝日です。
朝10時半、昼12時、午後2時半の3回、50mの線路の上を、機関車が2往復してくれます。
運転開始10分前ともなると、家族連れやカメラを携えた人たちで線路の左右に人だかりができます。
DSCF7042.jpg

いよいよSLが動き出すと歓声と拍手が、どこからともなく上がります。
DSCF7048.jpg

ダイナミックな煙がSLと言うイメージがありますが、それがなくとも十分に迫力のある姿は感動に値します。
DSCF7045.jpg

真岡鉄道と言えば「C11325」、「C1266」を運用する、関東圏で最も沢山の動態機関車を楽しめる鉄道会社です。
10時からのオープンですが、お勧めは朝9時前の訪問です。

日曜祝日には茨城県の下館(しもだて)から栃木県の茂木(もてぎ)までをSLが1日1往復運転されますが、出発前の点検、客車への連結を行ってしゅっぱつするのがこの真岡駅なのです。

SL満喫プランとしては朝9時に真岡駅で出発前のSLを見送り、駅周辺の屋外展示車両を楽しみ、朝10時のオープンとともにキューロク館を見学、10時半からキューロクの動態を楽しんで、11時半から茂木行きのSLに乗り込み、茂木で転車風景を目に焼きつけ、15時半頃にSLで真岡まで戻ってくるなんてのはいかがでしょう。

首都圏から近いため、夏休みだけでなく、日帰りでも十分に楽しめる絶好のファミリースポットの新設に、ますます真岡鉄道と栃木県から目が離せません。


□SLキューロク館
 TEL:0285-83-9600
 栃木県真岡市台町2474-6
 開館時間 10:00-18:00
 休館日:火曜(火曜日は祝日の場合は翌日),年末年始(12/29-1/3)
 入場料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示

◆49671の自走運行日及び運行時間
  ・運行日:日曜及び祝日
  ・運行時間10:30,12:00,14:30(各2往復)

 ◇車歴
  製造:1920年11月27日 川崎造船所 No.624
  使用開始:1920年11月27日 札幌局
  移動:1920年12月31日 黒松内
  移動:1927年7月27日 岩見沢
  移動:1944年4月1日 函館
  移動:1944年10月11日 五稜郭
  移動:1968年10月3日 北見
  移動:1975年6月17日 滝川
  全検切れ:1975年8月7日
  廃車:1976年3月1日 滝川

ワンポイント
・展示してある9600形SLや旧型客車などに乗車見学ができます。
・機関士の制服を着て記念撮影ができます。(1回100円)
・展示してある9600形SLは圧縮空気を動力源として、毎週日曜日及び祝日に1日3回、約50mを運行します。
・900形SLを走らせることは、国内で初めてです。その話題性が注目されます。
・電話番号もキューロクなのが素敵♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/26 10:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしの家族でお出かけ…朝霞「りっくんランド」
学校行事や連休、生活のアレコレで今月は予算が底をついてしまいましたが、ウチに閉じこもっていられる性分でもないので、無料なのに1日過ごせる楽しいスポットに行ってみることにしましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東京外環自動車道の和光(わこう)インターから交差する国道254号線を西に進み、埼玉県の県境を越えるとすぐに見えてくるのが陸上自衛隊の朝霞(あさか)駐屯地です。
この駐屯地は全国でも珍しい自衛隊の広報施設となっており、年間を通して一部の建物内を見学できるようになっています。
それが「陸上自衛隊広報センター」、通称「りっくんランド」です。
DSCF7004.jpg

民主党政権時代に閉館させられてしまうかもしれないと言うような状況もありましたが、今でも自衛隊員の皆さんと、この建物の存続に死力を尽くしてくださった方々のおかげで、今でも無料で入館することができます。


展示施設としてはそれほど大きくありませんが、自衛隊の装備品の重量体験と言う「重い」体験からフロア内の見学がスタートします。
DSCF7005.jpg

館内には大型ヘリや戦車が触れるほど近くに展示されており、実際に手に触れてみることが可能です。
DSCF7006.jpg

3Dによる自衛隊の活動記録の上映や、ヘリコプターからの空撮映像をつかったシミュレーター体験など、子どもでなくてもワクワクしていまう充実した内容が魅力的です。
DSCF7010.jpg

屋外にも戦闘車両が多数展示されており、ミリタリーヲタクでなくとも、その大きさと風貌に圧倒されること間違いなしです。
DSCF7007.jpg

これは「ついで」の情報ですが、館内の自動販売機のジュースの価格が安いのです。
急に思い立って訪問して、のどが渇いてもリーズナブルに済ませることができるため、お財布に余裕のないnorizoでも子供たちにジュースを買ってあげることができそうです(笑)
DSCF7008.jpg

週末の館内イベントだけでなく、事前予約の上抽選で参加できる自衛隊のヘリや戦車体験などの申し込みもここで行っているので、興味のある方は是非とも申し込んでみてください。

結局、閉館近くまでじっくりと見学をさせてもらうことができました。
お財布の中身が心もとなくても1日中分に遊ばせてもらうことができる国営施設に大満足の1日でした。

皆さんも、機会があったら一度見学に訪問してみてはいかがでしょう?


□陸上自衛隊広報センター(りっくんランド)
 TEL:03-3924-4176
 埼玉県朝霞市栄町4-6
 開館時間 10:00-17:00
 休館日:月曜日及び第4火曜日、年末年始(12月28日~1月4日)
 入館料:無料
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/19 14:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

銀色テントむしで関東の駅百選…第46回埼玉「航空公園駅」
関東の駅の中には、利用環境が特殊な「珍駅(ちんえき)」に属する駅が「関東の駅100選」に入っていることもあります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1998年第2回選定」、西武新宿線の「航空公園(こうくうこうえん)駅」です。
選定理由は「複葉機アンリ・ファルマンをイメージした駅舎で航空発祥の地のシンボルとなる駅。」だからです。
関越自動車道の所沢(ところざわ)インターと首都圏中央連絡自動車道の入間(いるま)インターの間を走る463号線の間にある大きな公園の西側に位置しています。



ウィキペディアによるとアンリ・ファルマン(Henri Farman)はフランスの航空のパイオニアで航空機製造企業ファルマン航空機製造を設立した人です。
同名の航空機アンリ・ファルマン号は1910年製造で日本初の動力飛行に使われた飛行機のひとつだそうです。


1910年12月9日、旧陸軍所沢飛行場にて徳川好敏(とくがわよしとし)大尉が、ファルマン複葉機にて日本初と言われる試験飛行を行ったのですが、その飛行場跡地が、駅名にもなっている所沢航空記念公園だそうです。




□航空公園(こうくうこうえん)駅
 埼玉県所沢市並木二丁目
 所属事業者:西武鉄道(新宿線)
 開業年月日:1987年(昭和62年)5月28日
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1998年(第二期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
複葉機アンリ・ファルマンをイメージした駅舎で航空発祥の地のシンボルとなる駅。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/05/19 13:30 天候:晴れ  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:入口付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…547軒目・鴻巣「四方吉(よもきち)」
埼玉には美味しくてボリューミーなうどん屋さんが沢山あるらしいのですが、その中でも行列のできるデカ盛り店に訪問してみたいと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR高崎線の鴻巣(こうのす)駅から西へ7.5キロ、関越自動車道の東松山インターからなら東へ9.1キロ、県道27号線を走り、道の駅「いちごの里よしみ」と三国コカコーラのある下細谷交差点を北に1.6キロほど進んだ吉見町市民会館の向かいに「四方吉(よもきち)うどん」があります。
昼時ともなると30分待ちもざらと言う人気店ですが、朝10時から営業しているので、ランチピーク前を狙えば待たずに食事をすることが出来そうです。
今回は10時半頃に訪問してみましたが、店内はお客さんが一順したおかげで6割程度の埋まり具合で待たずに席につくことができました。
相席用の8人がけテーブル席3つ、小上がり座敷4人がけ3つ、テラス席と席数は十分にありますが、それでもすぐに一杯になってしまうようです。
DSCF6986.jpg

席を待つ間も、うどんを打つ姿を見学できるので、手持ち無沙汰でないのも嬉しいもてなしです。
DSCF6987.jpg
メニューは「うどん」ですが、味やのど越しもさることながら、ここの醍醐味はその重量にあります。
「小:400g」「並:600g」「中:800g」「大:1キロ」「特:1.25キロ」「鬼盛:1.8キロ」「富士山:2.45キロ」と胃袋具合に合わせてサイズを選べます。

まずは「お子様たぬき(315円)」と「温玉入りわかめ・並(735円)」で様子を見ます。
DSCF6992.jpg
「お子様」は小学生まで限定ですが、ボリューム的には女性にも適量です。
「並」でも600gのうどんはワカメと温玉が汁の甘さと相まっていくらでも食べられそうですが…減りません(笑)
コシの強いうどんは箸ですくっても、どこまでも続いており、3本くらいを全部口に入れようとするとあふれ出てしまうほどの長さがあります。
噛み切るのも美しくないので1本ずつ食べるのがベストのように思えます。

限界よりやや下の「肉玉うどん・大(1,050円)」にチャレンジしてみましょう。
DSCF6993.jpg
豚肉とネギたっぷりの温かいダシと共に運ばれてきたのは、丼からあふれ出るほど盛られた角の立ったうどんです。
しっかりと湯切りされ、表面に粘りもないためすっきりと食べられるのが特徴です。

しかし、とにかく1本1本が長いため、どこまで麺をつけてもきりがありません(笑)
DSCF6994.jpg
つけ汁系のものも1本ずつ食べるほうがきれいに見えるかもしれません。
1キロもある麺を子どもたちと分けようと思いましたが、「お子様」と「並」だけでもヨメさんと子どもたちに十分なボリュームで手助けが期待できません(笑)

注文時には、揚げ物やきんぴらなどのサイドメニューも検討していましたが、「大」を頼むならそれなりの覚悟が必要です(笑)
DSCF6995.jpg

うどんの汁のメニューが豊富で、うどん好きなら毎日でも飽きることなく食べられるのも嬉しいですね。
DSCF6989.jpg

期間限定メニューも数種類あるようなので、通い詰める常連さんが多いのもうなずけます。
DSCF6990.jpg

麺総重量1.8キロほどを家族4人で何とか完食することができました。
とにかくコシが強いので、一気に食べないと満腹中枢にやっつけられてしまいそうです(笑)
しかし、安くて美味いので行列ができることも十分理解できました。
オススメは朝ごはんを抜いて開店と同時に店に入る事でしょうか。
美味しいうどんに胃袋をすべて預けつつ、次回の注文を考えながら店を後にします。

そうそう、要予約ですが、ものすごく幅広いうどんの写真が店内に飾ってありました。
次回はアレを「大」で注文してみたいですね♪

□四方吉うどん (よもきちうどん)
 TEL:0493-54-9888
 埼玉県比企郡吉見町中新井990-3
 営業時間 10:00~15:00
 ※持ち帰りのみ18:00まで
 定休日:月曜
 駐車場あり

四方吉うどんうどん / 熊谷)
昼総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/19 11:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第45回埼玉「深谷駅」
ちらほらと「珍建物」としてテレビや雑誌に取り上げられる埼玉の駅に行ってみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選1999年第3回選定」、JR東日本高崎線の「深谷(ふかや)駅」です。
選定理由は「東京駅を彷彿させる赤煉瓦のモダンな駅舎と、時代を先取りした多目的な駅。」だからです。
JR高崎線の熊谷(くまがや)と高崎(たかさき)に挟まれた場所にあり、中山道沿いの宿場町から始まり、明治の偉人・渋沢栄一(しぶさわえいいち)生誕の地としても有名です。
DSCF6985.jpg

深谷といえば「深谷ねぎ」がブランド野菜としても有名ですが、そんなねぎを起用したゆるキャラ(R)グランプリ2012で第5位となった「ふっかちゃん」が時計台でくるくる回っています。
DSCF6976.jpg

屋外エスカレーターを上がった先の駅舎も、やはり「ミニ東京駅」と言えそうです。
東京駅の改修工事も一段落を終えましたが、その以前からここでは東京駅の雰囲気を楽しむことができたということです。
北口と南口、線路に交差するように建物が建築されており、どこからも見ても壮大に見えるのがすばらしいです。
DSCF6977.jpg

駅の入口には大きな銅版(?)の看板がかかっており、その横には金色に輝く「関東の駅百選認定」プレートも展示されています。
DSCF6979.jpg

人口密集地であることもあり、駅構内をはじめ近隣は店舗が多く、暮らしやすいことを物語っています。
北口東側の交番の脇にはちょっとした散策路があり、よく手入れされた花々が旅路の心を癒してくれます。
DSCF6980.jpg

清掃も行き届いており、すがすがしい気分で歩くことができます。
駅だけを見学に来ることもあまりないかとは思いますが、レンガの町なので明治から大正にかけての貴重な産業遺産が市内に沢山残されており、そんなものを目当てに散策する折に降り立ってみたい立派な駅です。

□深谷(ふかや)駅
 埼玉県深谷市西島町三丁目1-8
 所属事業者:JR東日本(高崎線)
 開業年月日:1883年(明治16年)10月21日
 駐車場:あり(20分まで無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

1999年(第三期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
東京駅を彷彿させる赤煉瓦のモダンな駅舎と、時代を先取りした多目的な駅。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/05/19 9:30 天候:晴れ  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでSL巡り…越谷「LDK56」
国道4号線を草加から栃木方面に走っていると、気になる緑のSLを見かけたことはありませんか?
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東京外環自動車道の草加(そうか)インターから国道4号線を北に向かって2キロちょっと走った西側に見えてくるのが「ペコペコステーキ」です。
レストラン自体は個室型ステーキショップの老舗で地元に愛されて数十年と言う店ですが、今回は食べ物ネタではなく機関車ネタに特化させてもらいます。
この店の4号線沿いの駐車場に置かれている緑色の蒸気機関車が「LDK56」です。
DSCF6966.jpg

ステーキハウスペコペコのオーナーさんが機関車好きだったらしく、チェーン展開していた数点にこのように機関車が置かれていたようで、閉店してしまった別の店には「LDK57」が置かれていたそうです。
そちらは閉店の折にスクラップ化が危ぶまれましたが、栃木県那須高原の「SLランド蒸氣機関車」でトーマスカラーにお化粧してもらい、立派に展示されています。
こちらはそのお兄さん、1919年に汽車製造で作られた「LDK56」です。
DSCF6967.jpg

私物であり、保管には費用がかかることもあって、お兄さんの「LDK56」は、手入れが行き届かず荒廃が目立ちます。
DSCF6972.jpg

大政奉還により明治を迎えた日本(大日本帝国)は、わずか20年強で世界の競合列国と肩を並べる軍事国家となり、台湾を統治するまでにいたっていました。
その折に台湾には、三井財閥を中心に製糖会社を建設しています。
収穫したサトウキビを工場に輸送する鉄道路線がこの際に敷設されました。
1946年になると国営の「台湾糖業公司」を発足させ、全ての製糖工場と連絡するようにりました。
あわせて旅客運転も行っていましたが、業績不振や輸送手段の発達により徐々に縮小され、1982年嘉義(かぎ)線の嘉義~北港(ほっこう)間の廃止をもって旅客営業を終了ています。
どうやら、そうした鉄道線の売却の際にこちらに持ち込まれたもののようです。

見学には注意が必要ですが、運転席に乗り込むこともできます。
DSCF6969.jpg


こんな道路っ端で釜の内部を覗けるなんて、そうそうできる経験ではありません(笑)
DSCF6973.jpg

製造から約100年近く経過していることと、野ざらしでの展示のため、木製の天井などの部分の劣化により長期の保存も危ぶまれる状態になりつつあります。
DSCF6970.jpg

鉄道好きのオーナーにより、こうして目を楽しませてくれているレストランに心から感謝したいですね。
是非とも保存会などを発足させていただき、手入れをしてこれからも長く展示していただけると嬉しいです。

□ステーキハウスペコペコ(台湾糖業公司LDK56)
 TEL:048-769-3873
 埼玉県越谷市大間野町3-67-1
 駐車場:あり
※以前記載した「LDK56」の位置情報は誤りでした。今回の場所が正解です。


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴
  製造: 1919年 汽車製造
  使用: 台湾鉄路管理局(台東線)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/19 7:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしのタイヤ履き替え・オイル交換(136,669キロ)
前回のオイル交換から2ヶ月弱、3000キロ走ったのでそろそろオイル交換の時期です。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

※今回の記事は備忘録程度なので読み飛ばしていただいて構いません。

軽自動車キャンピングカー「eK-Camp」として「テントむし」を関東圏で販売しているロータスRV販売の営業さんに、このクルマを購入するときに言われたのが、「ほかのメンテはともかく、オイル交換だけは(安い鉱物油でいいから)3000キロ毎にしておけば、10万キロでも20万キロでも乗れますよ!」でした。
軽自動車とは言え総額300万円を超える商品ですし、そんなに簡単に壊れられては困るので、営業さんの言葉を信じ3000キロ毎にオイル交換をしているのです。

ゴールデンウィークまでの東北周遊ツアーを受け、走行距離は137,000キロを目前にしています。
カーナビにはオイル交換時期の設定を3,000キロで行っているので、交換後に更新ボタンを押しておくと、メンテナンス情報が画面に出てくれて便利です。
そんなわけで、今回もリーズナブルにオイル交換をするために「スーパーオートバックス市川」に向かいます。
京葉道路と併走する県道283号線産業道路の市川市と船橋市の市境付近に大きなゲームセンターなどと一緒に建っています。
DSCF6959.jpg


入口すぐ右手のコーナーには特価のオイルが980円で積まれています。
こまめにこちらでオイル交換をしているおかげで、ダイレクトメールで300円分のポイントプレゼントハガキが届いているので、かなりリーズナブルです。
DSCF6958.jpg

オイル会員(年会費500円)になっていると工賃が無料なので、オイル本体価格だけを考えればいいのも良いですね。
ちなみに市川店では11月下旬にオイル会員無料登録期間があり、また年に数回オイル交換をしていると、更新時期に更新年会費無料ハガキが届くので、実際会費を払ったことがありません(笑)
さらにポイントカードにスタンプがたまると、2回目で200円、4回目で500円、6回目で2,000円相当のポイントや金券がキャッシュバックされます。
Dscf6957.jpg

ちょうど今回でポイントカード6回目のスタンプだったので2000円のオートバックス商品券を頂きました♪
DSCF6961.jpg

軽トラベースの「テントむし」では3リッター980円のオイルと、交換3度に1回の930円のエレメント交換があれば十分に事足ります。
エレメントは次回の交換で良さそうなので、今回はオイル交換と夏タイヤへの履き替え(工賃2,100円)をしておきましょう。
スタッドレスもこの冬だけで11,879キロ走ってしまったようです。
一昨年と昨年で5,945キロ、9329キロと使っていますからトータル27,153キロも使ってしまいました。
このままこの夏を履き通して潰してしまう方法もありますが、とりあえず様子見で昨年までの夏タイヤに履き替えておきましょう。
と言っても夏タイヤも一昨年1,984キロ、昨年19,083キロの合計21,067キロ使っているので、今シーズンが最後になるでしょう。

平日休みだったので、11時半頃の訪問ですが、ほとんど待ち時間なく作業に入ってもらうことができそうです。
DSCF6962.jpg

ちょっと時間があったので、近くの中華料理屋「リューズキッチン」で昼食バイキング(680円)を食べて戻ると作業が完了しました。
ナットのしまりが悪かったそうで、サービスでナットまで替えてもらっていました♪
DSCF6963.jpg

今回の300ポイントに加えて、月初めには買い物もしていないのに売り出しハガキで1,300ポイントもらっています。
その上2,000円分の商品券までもらってしまいましたが…
今月の還元額は3,600円相当、支払った金額は3,080円。
明らかにもらっている方が多いんですがいいのでしょうか?

そんな、サービスの行き届いたスーパーオートバックスのおかげで、走行距離15万キロを迎えることが出来そうに思えてきました。
これからも、こんなブログにおつきあい頂ければ幸いです♪

スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/17 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:オイル交換・エンジンオイル - ジャンル:車・バイク

銀色テントむしでデカ盛り…番外編・行徳「弥助」(閉店)
また一つ、あまり知られていないデカ盛りの名店が姿を消してしまいましたorz
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「安食亭弥助(あじきていやすけ)」は東京篠崎、千葉県市川市に3店舗を展開する小さな居酒屋チェーンですが、広告もないのに、いつでも満席が続く地域に根付いた大衆酒場です。
以前、正月早々に系列の「弥助・原木中山店」で、胃袋をバクハツさせそうになったのをいいことに、次はいつ系列店に行こうかと時期を伺っていました。
そんな系列店「安食亭弥助・行徳駅前店(あじきていやすけ・ぎょうとくえきまえてん)」は、東京メトロ東西線の行徳(ぎょうとく)駅から西側に出て、ショッピングセンターポニー(ドンキホーテ)を突っ切り、パチンコ屋のある路地を入った県道6号線新行徳街道の手前にあります。
1368667604133.jpg
ランチ営業はしていないのですが、駅前と言う事もあり、なかなかの立地条件です。

近くに住む知人と、いつ行こうかと話していたんですが、そのうちに「人手不足でしばらく休業するらしい」と言うウワサを聞きつけました。
そんな情報を受けてしばらくした先日、店の前を通る機会があったので、再開を確認に行ってみました。

すると…
1368667572755.jpg
なんとなく、イヤな予感はしていたんですが…
入口の「しばらく休業」の張り紙の上に「テナント募集」のプレートがかぶさってしまっています。

弥助と言えば、家族4人で食事メニュー2品を食べ切れないほどのボリュームがあることを確認できていただけに残念でなりません。

やはり、「知っているデカ盛り店は迅速に訪問すべし!」と言うルールを再度念頭に置かざるを得ません。
次は本店の「篠崎店」制覇を虎視眈々と狙ってみることにしましょう♪


□弥助(やすけ)行徳駅前店
 千葉県市川市行徳駅前2-18-3
 営業時間 16:00~01:00
 定休日:年中無休
 駐車場なし

弥助 行徳駅前店居酒屋 / 行徳駅



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/16 10:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:有料駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでちょいデカ土産…546軒目・川崎「岡埜栄泉」
川崎の老舗和菓子屋さんにちょっと大きいどら焼きがあると言うので行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

一駅隣は東京都と言う東急東横線の新丸子(しんまるこ)駅の西口をおりてすぐ南側に軒を構えるのが「岡埜栄泉(おかのえいせん)」です。
駐車場がありませんがテイクアウトのみの和菓子屋さんなので、ヨメさんとズキマル君をクルマに残し、ダッシュでお店に向かいます。
DSCF6950.jpg


明治初期に岡野(岡埜)家の親戚5軒に暖簾分けされた「岡埜栄泉」は、その後店舗数を増やしていきますが、新丸子店は昭和11年創業以来三代に渡りこの場所で営業しているそうです。
午後5時を回ってしまいましたが、ショーケースにはまだ色とりどりのお菓子が並んでします。
DSCF6952.jpg

「岡埜栄泉」と言えば「豆大福(210円)」が有名ですが、今回は「ジャンボどら焼き(735円)」を購入してみます。
予約なしの休日の夕方訪問だったので、品切れもやむなしのところですが、運よく1つだけ手に入れることが出来ました。
DSCF6954.jpg

直径15センチの大ぶりのどら焼きはずっしりと重く、一人でおやつに食べるにはキツいサイズです。
DSCF6955.jpg

実はこのどら焼きは大きさだけが売りではありません。
DSCF6956.jpg
中に入った餡は3種類(こしあん、つぶあん、うぐいすあん)あり、どれも風味豊かで食感も香りも違うので1つで3つの味が楽しめるのです。
また、餡の中にも大きな豆が隠れていて食感も楽しめるのが特徴です。
さらにまんなかには大きな栗の甘露煮が載っており、これがまた彩と味わいを鮮やかにしてくれます。
一見するとちょっと大きなだけのどら焼きですが、こんな技が隠れているのを見ると、和菓子の素晴らしさを感じることができます。
どら焼きの皮をめくってみるのは、ちょっとルール違反のような気もしますが、切り分けて食べたかったのでお許しください。

一人で食べるなら3分の1で十分な気もしますが、それもそのはず、通常のどら焼きの4倍のサイズだそうです。
最近は甘さ控えめの餡が多い中で、昔懐かしい雰囲気の中に生地も餡もしっかりと甘さがあり、その濃厚さで十分な満腹感が得られます。

川崎やお隣の田園調布・二子玉川界隈に訪問する機会があれば、ちょった足を伸ばして、お茶うけやお土産に豆大福と「ジャンボどら焼き」を購入してみてはいかがでしょう。


□岡埜栄泉(おかのえいせん)新丸子店
 TEL:044-722-3379
 神奈川県川崎市中原区新丸子町742
 営業時間 9:00~21:00
 定休日:月曜日
 駐車場なし

岡埜栄泉 新丸子店和菓子 / 新丸子駅武蔵小杉駅向河原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/12 17:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…川崎「D51408」
神奈川県川崎市の大きな公園に静態蒸気機関車が展示されていると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東名高速道路の東名川崎(とうめいかわさき)インターの北、県道9号線府中街道の向ヶ丘遊園駅入口へ入る稲生橋交差点を南に進むと、市街地から急に涼やかな風に変わります。
そこにあるのが「生田緑地(いくたりょくち)」です。
駐車場は1時間200円、以降30分100円ですが、天気のいい休日ともなると駐車場待ちの渋滞が出来るほど人気のスポットです。

日本庭園やプラネタリウム、美術館などを備えた複合公園で、1年を通じて鳥の鳴き声と木々のざわめきを感じられるこの公園で、駐車場から「ビジターセンター」脇を進み、「川崎市日本民家園」を右に見て坂を上った先の「かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市青少年科学館)」の正面に向かいます。
DSCF6948.jpg

この公園に展示されている蒸気機関車は「D51408」、通称デゴイチです。
DSCF6943.jpg

屋根も駅舎風の上り口もありませんが、風雨にさらされているはずなのにピカピカなのは、普段からの手入れの賜物でしょう。
DSCF6944.jpg
1970年代まで鶴見線を走っていた機関車でありながら、川崎市に永住しており、またこれほど美しい姿で残してもらっている事には頭が下がります。

進行方向左側には運転席見学用の階段が付いており、蒸気機関車を身近に感じることが出来ます。
DSCF6945.jpg

運転席に入る事はできませんが、アクリルパネルで防護された室内は、見学には十分の開放面積があります。
DSCF6947.jpg
デゴイチは1,115台が製造され、全国に200台弱の展示が行われていますが、その中でも動態保存できそうな数少ない保存状態です。

後姿などは、そのまま機関区に見学に行っているかのようにピカピカです。
DSCF6946.jpg
1940年に名古屋で製造され、広島、品川、大宮を経て1969年から1970年までを神奈川県で現役運転した後、無煙化・電化をうけて引退後、この地で40年も余生を過ごしています。

解説は見つけられませんでしたが、車輛から十分に情報が得られる気がする1台です。

保存状態が良いことから「D51408」とネットで検索すると、この機関車について多くの情報が得られるのも嬉しいところです。

生田緑地は子どもと遊んだり学んだりするには適していて、デゴイチの後ろの科学館をはじめ、岡本太郎美術館や、散策に適した森林があるため1日楽しめるスポットです。
木々が日差しを遮ってくれるため、暑い時期でもシート1枚持っていけば、のんびりと涼みながら子どもたちが走り回るのを見ていられるのも嬉しいところ。
都内近郊から川崎あたりの遊園地や美術館などを訪問の折には、セットでこのデゴイチを眺めに来てみてはいかがでしょう。

□かわさき宙(そら)と緑の科学館(D51408)
 TEL:044-922-4731
 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-2
 駐車場:200円/1時間(以降30分100円)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1940年4月12日 日本車輛名古屋工場 No.783
  配置:1948年7月1日 広島第一
  配置:1957年11月1日 品川
  配置:1968年4月1日 大宮
  移動:1969年4月27日 新鶴見
  廃車:1970年11月28日 新鶴見

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/12 16:00 天候:晴れ
測定値:0.05~0.19μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…545軒目・横浜「味奈登庵都筑佐江戸店」
ヨコハマにはお蕎麦のデカ盛り店がチェーン展開していますが、駅前の立ち食いタイプと、郊外でクルマで行ってゆっくり食べられるタイプがあるので、クルマでいける店に訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR横浜線の鴨居(かもい)駅から北の鶴見川を渡って、ららぽーとのある緑産業道路に当たったら、西に向かって進みます。
緑産業道路から県道45号線中原街道に接続する地蔵尊前交差点の先に見えてくるのが「味奈登庵 都筑佐江戸店(みなとあん・つづきさえどちょうてん)」です。
古民家風の建物に大きな駐車場、手前の道路も幅が広げられていますが、休日のランチタイムのピークを過ぎた14時過ぎであってもなお、店の前には駐車場待ちの長い列が出来ています。
店の裏の蔵のほうにも駐車場があるので、常連の方はそちらにクルマを停めて、スッと店の中に消えていきます。
入口前の井戸が特徴的で、席待ちの家族連れの憩いの場となっています。
DSCF6934.jpg

順番待ちシートに名前を書いて、呼ばれるのを待ちます。
15分ほど待って、名前を呼ばれたら靴を脱いで指定された席へ向かいます。
小民家風の店内には大座敷に6人がけほどのテーブルが沢山置かれている部屋や、小座敷に椅子付きのテーブルが数席用意された部屋、蔵を改造した部屋など、趣向を凝らした店内装飾になっています。

以前、別の味奈登庵さん(大倉山店)にもお邪魔させていただいたことがありますが、メニューは同じようです。
DSCF6935.jpg

味奈登庵と言えば「つけ天」と、店の看板メニューのようなので「つけ天そば・富士山(900円)」を注文してみます。
DSCF6939.jpg
この味奈登庵では、リーズナブルにおなかいっぱいになれるのが特徴で、普通盛り、大盛り、富士山盛りのどのサイズでも金額が変わりません。
沢山だから大雑把というわけではなく、しっかりした歯ごたえと香りのある立派な蕎麦です。
天ぷらも揚げたてで、古民家風の座敷で食べる雰囲気が醸し出すなんとも言えない素敵な時間を味わえます。
しかし、ボリュームは凶悪です(笑)
一人で食べるにはかなりの覚悟が必要です。

2品目は「玉丼セット・冷うどん富士山(880円)」にしてみます。
DSCF6941.jpg
セットメニューでは一番リーズナブルなメニューです。
なると(かまぼこ?)と玉ねぎを卵でとじて甘辛のたれで味付けしたオーソドックスな丼で、ご飯大盛りも無料です。
ちょっと食べきれる気がしないので普通盛りにしましたが、それでもガッツリ1人前あります。
その横には3段も積み上げられたせいろがあり、1段1段にしっかりうどんが詰まっています。
店ごとにゆで方が違うのかもしれませんが、やや柔らかめの茹で具合なので、子どもたちも好んで食べらています。
丼もうどんも普通盛りにすれば、ちょっと多めな定食ですが、どちらかを大盛り以上にしてしまうと一人で食べきれる気がしません。

結局、運ばれてきた2品に苦戦して、3品目を注文するどころか、危うく蕎麦もうどんも残してしまいそうになりました。
店の厚意を無駄にすることは出来ないので、何とかギリギリ完食できましたが晩御飯は不要です(笑)

時間帯選ばずにいつも駐車場待ちの行列ができる理由もよくわかります。
ほかの店舗にも行ってみたいですが、くつろぎの空間を提供してくれる都筑佐江戸店は特に常連になってしまいたい居心地のいいデカ盛りの名店です。


□味奈登庵 都筑佐江戸店(みなとあん・つづきさえどちょうてん)
 TEL:045-937-0070
 神奈川県横浜市都筑区佐江戸町1801
 営業時間 11:00~22:00
 定休日なし
 駐車場あり

味奈登庵 都筑佐江戸店そば(蕎麦) / 鴨居駅
昼総合点★★★★ 4.0




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/12 14:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…平塚「D52403」
平塚に、今では希少なSLが展示されていると言うので行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東海道本線の平塚(ひらつか)駅の北口から北に進むこと1キロ弱、平塚市役所の奥に見えてくる複合公共施設の中に「平塚市博物館」があります。
市街地ですが、無料の駐車場もあるので安心して見学を楽しめます。
DSCF6922.jpg

この博物館の裏に回ったところに静態蒸気機関車が展示されているんですが、行ってみると門が閉まっていました。
DSCF6921.jpg
危険防止とイタズラから守るため、普段は施錠されていますが、博物館の事務所で氏名と住所を書けば鍵を開けてもらえます。

事務所から事務員さんに同行してもらって鍵を開けてもらいますが、記帳の際に見学における注意事項と蒸気機関車に関する解説書を頂けます。
DSCF6929.jpg

厳重な警備(笑)の先に置かれている静態蒸気機関車は「D52408」です。
DSCF6923.jpg
大きなボイラーが特徴の大型機関車です。

第二次世界大戦中、日本国内の貨物輸送は、貨物船の軍への供出や、米軍による機雷封鎖などの事情により、内航運輸の輸送力が不足し、鉄道貨物需要が逼迫した情勢になりました。
DSCF6932.jpg
D52形蒸気機関車は、そうした中で、1200トンの貨物列車を牽引でき、東海道・山陽本線・函館・室蘭本線で運用するためにD51形を改良して誕生した機関車である。ボイラーを可能な限り大型化し、粘着重量を高めるとともに出力を上げた大型機関車です。
軸配置はD51形と同一ですが、ボイラー大型化の効果により最大動輪周出力は1660馬力と、日本の蒸気機関車の中では最高の出力を持っています。

窓ガラスには防護用の金網がかかっていますが、ここまで見られるなら大したものです。
DSCF6925.jpg
D52シリーズは全部で492両が製造される計画でしたが、終戦により285両で製造は打ち切らています。
しかし、他機種に比べ製造・配車からの年数が少ないにもかかわらず、現存するD52は、わずか7台しかありません。

運転席にも鉄格子がかかっていますが、機関部はメーター類に至るまでしっかりと保存されています。
しかし足元になぜか鉄道博物館用の展示パネルが転がっています。
DSCF6926.jpg

足回りも丁寧に塗装され、触れることもできるので「日本最大級の機関車」を身近に感じることが出来ます
DSCF6930.jpg
とかく前例踏襲で技術革新に乏しかった国鉄における蒸気機関車開発において旧来の手法にとらわれない性能向上や生産手法の導入を実践し、その後の技術向上に大きく貢献しており、戦時における日本人の底力が垣間見られる瞬間でもあります。

後姿も堂々としたものです。
DSCF6931.jpg
燃料貯蔵のの容量も大きく、一度の補給で長距離移動が可能であったことが見て取れます。

解説は施錠エリアの外からでも見ることが出来るので、博物館の開館時間外でも概要を見学することは可能です。
DSCF6919.jpg
内容も充実しており、SLファンならずとも見入ってしまうでしょう。

管理する博物館も見学無料で、内容も歴史と平塚の地理に関する総合的な展示となっています。
DSCF6933.jpg
ゆっくり見学するなら、ボランティアスタッフさんが展示内容の説明もしてくれますのでお願いすることをオススメします。

話を機関車に戻しますが、D52型は300台近く製造されたにもかかわらず、現存数はわずか7台と言う大変貴重な産業遺産です。
戦時下に置いて物資不足の中で作らていることから、部品に木材を使ったり、武骨なパーツを露出状態のまま稼働させていたことによる負荷が、保存数激減の要因にあるかもしれません。
逆を言えば、現在保存されている7台は芸術的にも能力的にも最も優れていた車輛と言えるでしょう。

蒸気機関車の一般運用廃止から40余年が過ぎ、各地の機関車の展示状態もまちまちではありますが、平塚市のSLはまだまだその美しさを私たちに見せ続けてくれそうです。
しかし、それは見学する人や保存する人たちによる維持に対する心構えがあればこそです。
見学する人がいなくなれば、その存在価値も廃れてしまいます。
このためだけにとは言いませんが、是非とも皆さんにもSLと接する機会を作っていただき、保存してくれている方々への感謝の気持ちをお持ちいただければと思います。


□平塚市博物館(D52403)
 TEL:0463-33-5111
 神奈川県平塚市浅間町12−41
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1945年3月18日 日立製作所笠戸工場 No.1970
  配置: 1945年8月15日 静岡
  配置: 1949年3月1日 静岡
  整備: 1952年5月10日 標準型へ
  配置: 1961年3月31日 国府津
  廃車: 1968年8月8日 国府津

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/12 11:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…544軒目・横浜「秋葉屋」
ヨコハマの市場で朝からデカ盛りに挑戦できる食堂があると言うので、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

首都高速神奈川1号横羽線の東神奈川インターから国道15号線第一京浜を横浜方面へ進み、神奈川駅よりやや手前の中央市場入口交差点を南に進みます。運河を渡る橋を渡ると左右に広がる横浜市中央卸売市場の東側の青果側に入り建物手前を右に曲がると見えてくるのが「市場食堂秋葉屋(いちばしょくどう・あきばや)」です。
市場内にあるので侵入を躊躇しますが、誰でも入場して食事が出来るひそかに人気の定食屋さんです。
DSCF6908.jpg

日曜日の訪問だったので朝9時からの営業にあわせて訪問したので1番乗りです。
事前情報では平日は朝6時からとのことでしたが、どうやら普段から朝9時開店と思っておいた方がよさそうです。
席はカウンター席と相席用のテーブル、それに家族連れ用の小上がりの座敷席が4つ用意されています。
席は女将さんから指定されるので、どこに座るかで悩む必要はありません。
家族連れだったので、スッと小上がりの席に案内してもらいました。

メニューはとにかく豊富で、どれを選ぶか悩んでしまいます。
しかし、ここへ来てヨメさんと子どもたちから「体調がすぐれないのでデカ盛りはカンベンしてほしい」と言われてしまいました。
確かに朝ごはんからデカ盛りはつらいです(笑)
ちなみに「かき揚げ丼(900円)」、「塩かき揚げ丼(900円)」や「チャーハン(650円)」などがボリューミーな料理として有名で、「大盛り」にしてしまうと輪をかけて凶悪極まりないサイズに変わってしまいます。
どちらにしてもご飯とみそ汁はお替り無料だそうなので、食べられる量を考えつつ注文することにしましょう。
DSCF6910.jpg

1品目はズキマル君の希望により「ネギトロ丼(950円)」にしてみます。
DSCF6912.jpg
大衆的なちょっと黄ばみのある大量の白飯の上にドサッとネギトロが載っています。
個人的には酢飯の方が好きなのですが、大盛りにしても価格が変わらないので、たくさんご飯を食べられる人にはリーズナブルに満腹になることが出来ます。
普通盛りでも…1合くらいご飯が入っているのは間違いありません。
普通の胃袋ではお替りしている余裕はなさそうです(笑)

2品目はホワイトボードを1枚使って内容を示す「スペシャルミックスフライ定食(950円)」にしてみます。
DSCF6913.jpg
つややかなご飯ではありませんが、1合くらいあるのでガツガツ食べるのには向いています(笑)
フライは8種類載っていて、1つ1つは高価なものではありませんが、自宅で作るのは面倒なのでこう言う時に食べるにはいいかもしれません。
味噌汁は生海苔と刻みネギが香り高く、これだけでご飯が1杯イケそうです。
付け合せの浅漬けも少ないですが美味しいです。

3品目はモカさんの希望で「サーモンステーキ定食・ご飯少な目(750円)」にしてみます。
DSCF6915.jpg
鉄板でジュージュー焼かれたモヤシの上に脂のタップリ載ったジューシーなシャケが魅力的です。
ご飯は少な目にしても価格は変わらないので、この店は小食な人向きではありません。

今回はあえて「少な目メニュー」に挑戦しましたが、それでも3品は多すぎた気がします。
食べながら壁に貼られた注意書きを見てみると…
DSCF6911.jpg
お替りも大盛りも同じ気がしますが、大盛りを残すとペナルティがデカいです。
更にこの上のサイズ「爆盛り」なんて言うものでも「食べ切れれば」同価格なので、とにかくたくさん食べられる人には嬉しくてたまらない店なのです。

やはり朝から「デカ盛り」は体調的にムリがあったため敬遠せざるを得ませんでしたが、後から入ってきたチャリンコ乗りの男性が果敢に「かき揚げ丼普通盛り(950円)」に挑戦しているのを見かけました。
…あれ頼んじゃったら家族4人で2品完食もキビしそうです(笑)
結局、食べ切るところを見届けることはできなかったのですが、相当胃袋に自信がないと「普通盛り」でもクリアするのは難しそうです。

次回は万全の体調でメニューに「ガッツリ」とか「ジャンボ」とか「ビッグサイズ」と書かれたメニューを含め家族4人がかりで「普通盛り」3品は完食してみたいですね♪

リーズナブルに1日分のカロリーを1食で摂取できるヨコハマの名店に間違いなしですね♪


□市場食堂秋葉屋
 TEL:045-441-1919
 神奈川県横浜市神奈川区山内町1 横浜市中央卸売市場中央市場内
 営業時間 9:00-18:00
 定休日:土曜日
 駐車場あり

市場食堂秋葉屋定食・食堂 / 神奈川駅新高島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/12 9:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで関東の駅百選…第44回神奈川「海芝浦駅」
関東の駅の中には、利用環境が特殊な「珍駅(ちんえき)」に属する駅が「関東の駅100選」に入っていることもあります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。

今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回選定」、JR東日本鶴見線の「海芝浦(うみしばうら)駅」です。
選定理由は「近くに鶴見つばさ橋、遠くにベイブリッジを望むことのできる景観抜群な海に一番近い」だからです。
神奈川県の京浜工業地帯、東芝の工場敷地内にあるため、直接クルマなどで乗りつけることは出来ないので、工場手前の「新芝浦(しんしばうら)」駅から電車で移動する以外に方法がありません。
DSCF6886.jpg
片道料金は130円。
午前と夕方の通勤時間帯は1時間に3本程度、それ以外は1本しか走らず、最終列車は20時頃なので訪問には注意が必要です。

日曜の朝7時半の電車に揺られてやってきましたが、ちらほらと東芝勤務と思われる方も席に座っています。
新芝浦から数分で目的の「海芝浦」に到着しました。
DSCF6889.jpg

終着駅なのでここで降りるか、折り返して乗るかしかありません。
DSCF6890.jpg
駅から出ることが出来ないのでこの場合の乗車料金をどうするべきなのか悩むところですが、おそらく往復料金の260円を支払うべきなのでしょう。

この先、電車が行かれないこうした風景が東京から数十分のところにあるのは驚きです。
DSCF6901.jpg

改札と思われるポイントには入場用と退場用のSuicaの端末がセットされています。
DSCF6892.jpg
とりあえず「退場」にタッチすると130円でした。
…新芝浦でタッチしてここでタッチせずに無人の新芝浦に戻ってしまったらどうやって清算すればいいんだろう?と考えてしまいます。

「関東の駅百選認定」プレートは端末の先にあるので、正確には「駅から出られない」ではなく「駅舎外への立ち入りが著しく限定されている」と言うのが正しいかもしれません。
DSCF6893.jpg

無人の改札を東芝京浜事業所の入口となっており、警備員さんが厳重に立ち入りを監視しています。
DSCF6894.jpg
どうやら、許可なしではこの先の建物へ向けての撮影も禁止のようです。

東芝の従業員入口のほかにあるのは、「海芝公園」と言う小さな公園だけです。
DSCF6897.jpg
ベンチがいくつかあるだけですが、のんびりと堤防釣りを楽しめるスポットとしても親しまれているそうです。
残念ながら朝9時の開園だったので入園することは出来ませんでした。

無人駅と言っても、ちょっとした観光スポットでもあるためかトイレが快適です。
ウォシュレットまでついているので長時間の駅滞在でも十分リラックスできます。
DSCF6903.jpg
トイレの手前には自販機もあるので、列車待ちの間に脱水症状…なんて事態も避けられます。

森田芳光監督の遺作で、2012年劇場公開映画の「僕達急行A列車で行こう」では、瑛太演じる小さな町工場の社長の息子、小玉健太が父(笹野高史)とともに銀行からの融資を断られた際に、感傷を胸にこの駅から海を眺めながら語り合うシーンがあります。
DSCF6902.jpg
「駅のホームから釣りができる駅」としても知られ、ホームの横はすぐ海(運河)なので撮影にも最適だったのでしょう。
海の向こうには「鶴見つばさ橋」が見え、景観も最高のスポットです。
映画を見直すと…「あ、この鉄線の前で話してる。」とついつい感情移入して見入ってしまいます。

台風などが来ると電車が止まってしまうほど水面に近いのですが、手すりの隙間が大きいので小さなお子さん連れでの訪問の際には注意が必要です。

朝8時、帰りの電車を待っているとラジオ体操の音が敷地いっぱいに聞こえてきます。
ズキマル君とともに朝の運動をして軽く汗を永し、関東の「珍駅」を後にします。
ヨコハマ観光などのついでにちょっと時間を割いてウンチクを並べてみたくなる鉄チャンでなくても、のんびりとした時間を楽しめるスポットです。


□海芝浦(うみしばうら)駅
 神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目
 所属事業者:JR東日本(鶴見線)
 開業年月日:1940年(昭和15年)11月1日
 駐車場:なし(鉄道以外での訪問方法なし)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

2000年(第四期)選定駅
関東の駅100選 選定理由
近くに鶴見つばさ橋、遠くにベイブリッジを望むことのできる景観抜群な海に一番近い駅。

【送料無料】僕達急行 A列車で行こう

【送料無料】僕達急行 A列車で行こう
価格:3,591円(税込、送料込)



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/05/12 8:00 天候:晴れ  
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS) 
測定場所:駐車場付近GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…543軒目・いわき「めーあべるく」
連休を使った福島散策の最後は「よしまジャンボメニュー店」で軽い食事をしましょう(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

常磐自動車道のいわき中央インターから国道49号線を西に進むと500mほどのところに木々に囲まれたちょっと懐かしい雰囲気の喫茶店「カフェハウスめーあ・べるく」が見えてきます。
ランチタイムはすでに過ぎてしまった14時半過ぎの到着となりましたが、店内では午後のコーヒーを嗜む紳士が一人外を眺めています。
DSCF6878.jpg

窓が大きく開放的な店内で目に付くのは「ジャンボスパゲティ(1,100円)」です。
DSCF6881.jpg
早速注文してみると、連休で予想以上にお客さんがこの商品を注文してしまい、ホワイトソースの在庫がなくなってしまったので作れなくなってしまっていました。
…しまった、予約しておけばよかったorz

この店のデカ盛りメニュー「ジャンボスパゲティ」は元々は冬限定で出していた商品でしたが、「よしまジャンボメニュー」を主催する商工会議所からのお願いもあり、通年メニューとなったそうです。

デカ盛りはその1品しかないので、メニューを眺めながら午後のひと時を楽しく過ごすスタイルに切り替えます。
DSCF6879.jpg
焼きスパゲティとドリンクがメインの喫茶店ですので、マスターにお勧めを聞いてみて、それを注文してみることにします。

1品目は「ポテトとソーセージのデミソース焼き(840円)」にしてみましょう。
DSCF6884.jpg
大きなココット皿にデミグラスソースのかかった細めのスパゲティ、その上に皮ごと茹でてスライスしたと思われるジャガイモと荒びきウインナーが載っています、
たっぷりとかかったとろけるチーズがすべてを覆い隠すように盛られて、ジュージュー音をさせながらテーブルに運ばれてきます。
あっさりポテトとデミソースが細めのスパゲティとよく合います。
ソーセージは少なめですが、主張しすぎずいい感じです。

上の具で言うと「ジャンボスパゲティ」も似たようなもので、あとは麺の量が3倍になってコッテリとしたホワイトソース仕立てになると言うのが大きな違いになるそうです。
…1人前だと腹8分目ですが3倍は相当キツそうです。

2品目は人気の「ハンバーグスパゲティ(840円)」です。
DSCF6885.jpg
ミートソーススパゲティの上にジューシーな下味つきのハンバーグ、その上にはとろけるチーズがたっぷりとかけられています。
チーズハンバーグがウマいのに、それがミートソーススパの上に載っているんですから失敗するわけがありません。
さすがに人気の一品だけのことはあります。
ハンバーグは120g程度、スパゲティは200gくらいでしょうか?
チーズと肉で見た目以上に満腹感が得られます。

午後のティータイムを楽しむために「フレッシュオレンジジュース(450円)」と「フレッシュバナナジュース(450円)」でリフレッシュしましょう。
DSCF6882.jpg
注文してから作ってくれるフレッシュジュースには甘さを調整できるようガムシロップがついてきますが、不要なくらい素材そのものの十分な甘さが楽しめます。
窓から見える木々の景色とともに癒しのひと時を与えてくれます。

大人にはデザートも兼ねて「モカフロスティ(500円)」なんていかがでしょう。
DSCF6883.jpg
細かいカキ氷のようなシャーベット状のクリーミーなコーヒーの上にアイスクリーム、ホイップクリーム、チョコソースが載った、甘めですっきりとした冷たさが特徴的です。

マスターが「テントむし」に興味を持ってくれて、話しかけてくださったのも楽しい時間の一端を担ってくれました。
デカ盛りメニューにはチャレンジできませんでしたが、ゆっくりとリラックスした時間を楽しめる、まさに「喫茶店」の王道を行く名店です。


□カフェハウスめーあ・べるく
 TEL:0246-36-5757
 福島県いわき市好間町北好間権現堂122-1
 営業時間 10:00~21:00
 定休日月曜日
 駐車場あり

カフェハウスめーあ・べるく喫茶店 / 赤井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/05 14:30 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

名城100選スタンプラリー・番外編「白河小峰城」(再訪)
NHK大河ドラマ「八重の桜」で主人公の八重が訪問していたからと言うわけではありませんが、白河に立ち寄ってみることにしました。
日本100名城スタンプラリーは景品はありませんが、始めると中毒のように日本全国を巡りたくなります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

2012年3月11日に22か所目として一度訪問している白河小峰城ですが、どれくらい復興が進んでいるのかを、福島北部からの帰路に立ち寄ってみることにします。
JR東北本線の白河(しらかわ)駅のすぐ北側に駐車場と共に美しく整備された城山公園の高台に見えるのが「白河小峰城(しらかわこみねじょう)」です。
東日本大震災で甚大な影響を受け、石垣などの崩落により現在立ち入りが禁止されています。
DSCF6871.jpg

1991年に「日本初」として復元された本丸跡の木造の三重櫓(さんじゅうやぐら)は、天守として使われていたものとされ、震災前には見学することが出来ました。
現在は復旧のために立ち入り禁止になっているのですが、ゴールデンウィーク中の訪問だったため、ボランティアスタッフの方と同行して石垣手前の内堀近くまで連れて行ってもらうことが出来ました。
DSCF6872.jpg

スタッフさんに言われて、櫓左手の石垣を見てみると手前と奥で石積みが違うことが見て取れます。
DSCF6873.jpg
手前は1600年代のもので、奥は土砂災害で崩れたものを1700年代に新たに積んだものだそうです。
どちらも震度6の揺れを耐え抜いたスゴい石垣です。

意外にも三重櫓の復元に際して昭和50年代にコンクリート製の基礎を敷いて積み直した石垣が総崩れになってしまっています。
DSCF6874.jpg
手法が悪かったと言うわけではなく、むしろ戦国から江戸時代にかけては「念には念」の工法をとっていたことが功を奏したのかもしれません。
こうした話を聞かせてくれるボランティアスタッフの皆さんも、同じ震災をくぐり抜けてきた人たちなので、言葉の重さも、復興に対する熱意もただならぬものがあります。

訪問したときには運よく、昨年は時間の都合で訪問できなかった「白河集古苑(しらかわしゅうこえん)」が無料開放されていました。
DSCF6876.jpg

普段は大人310円子ども100円の入館料が無料とは…ラッキーです。
DSCF6877.jpg
100名城スタンプもお借りして、じっくり見学させてもらいました。

公園内はまだ放射線の心配のあるスポットもあるらしく、長時間の利用は避けるよう、看板が出ていましたが手元のカウンターではそれほどの数値ではなかったので、概ね除染を進めてくれているようです。
この地でがんばっている皆さんとともに、早く復興して、櫓からの景色を楽しませてほしい名城のひとつに再訪を誓い、公園を後にしました。


□白河小峰城(しらかわこみねじょう)第13番
 TEL:0248-22-1111
 福島県白河市郭内1
 スタンプ設置場所:集古苑、白河観光物産協会(白河駅併設)
 入場料:無料(集古苑:大人310円子ども100円)
 営業時間:9:00-16:30(集古苑)、9:00-18:00(観光物産協会)
 休館日:月曜(集古苑)、年末年始(観光物産協会)
 駐車場:無料(城山公園)
 通称・別名:白河城、小峰城
 主な城主:結城氏、蒲生氏、丹羽氏、松平氏、阿部氏 他


より大きな地図で 日本100名城 を表示

ワンポイント
2011年3月11日の東日本大震災により石垣等が崩壊したため、三重櫓も含め本丸は立ち入り禁止となっており、注意が必要である(2011年9月現在)。
修復工事が行われているが、完全な復旧には石垣だけでも5年程かかる見込み。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/05 11:00 天候:晴れ
測定値:0.24μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

激安ホテルレビュー…福島「チサンイン福島西インター」
キャンピングカーなのにいつもホテルばっかり泊まって…すいません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

家族との思い出づくりには「旅行」が一番ですが、数を増やすためには1回ごとのコストを落とすほかありません。
コストは安くても快適に過ごせるホテルが意外と日本中にあり、その中でも「チサンイン(ソラーレホテルグループ)」はnorizoのお気に入りです。
今回はゴールデンウィークで、その上、NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台でもある福島県なのに、家族4人朝食バイキング付1泊7,800円(1,950円/人)と言うリーズナブルな価格で宿泊できます。
この価格設定は「大人1名につき小学生以下1名無料」と言うサービスによるもので、大人2名と同額で子ども2名を含む家族4人が宿泊できます。
DSCF6868.jpg

チェックインがすんだら、加湿器やポットなど必要なモノはセルフサービスで自室に運びます。
DSCF6815.jpg

部屋はそれほど大きくありませんが、クイーンサイズのベッドの上に2段式のシングルベッドが載っています。
DSCF6812.jpg
足の延ばせる浴槽とウォシュレット付のトイレは一体型ですが、アメニティのシャンプーやボディーソープはDHCのオリジナル(?)のもので、快適です。
もちろんヒゲソリや歯ブラシは準備されています。
また、テレビ、エアコン、冷蔵庫、インターネット回線も各部屋にあるので、生活に不自由することもありません。
長期の滞在向けにはロビー脇にコインランドリーがあり、各階にズボンプレッサーも置かれています。

1階エレベーター脇には新聞が置かれていて、無料で読むことが出来ます。
DSCF6814.jpg

嬉しいことにモーニングコーヒーのサービスもあります。
DSCF6830.jpg
朝6時くらいから10時くらいまで無料でセルフサービスでいただけます。

今回は朝食バイキングセットのプランにしてみましたが、素泊まりでもチェックイン時に1名500円で注文することが出来ます。
サラダを含む10種類ほどのおかずに味噌汁、ごはん、パン、コーヒー・紅茶・オレンジジュースなどが食べ放題です。
DSCF6867.jpg
日程や時間帯によっては朝食コーナーが混雑している場合があるので、チェックインの時にフロントで空いていそうな時間を聞いておくと、その後の計画が立てやすくなります。
※場合によってはチェックイン時に時間帯を選ばせてもらえます。

今回は2泊お世話になりましたが、クルマであれば観光地へのアクセスも良くゆっくり休めるので大好きです。
東北観光の折には、ちょっとアタマの片隅にとどめておくと、いつもよりもリーズナブルに旅を楽しめること間違いなしです。


今回のプラン:早割28プラン・朝食付
部屋タイプ:スーペリアダブル+ロフトベッド/禁煙
宿泊料金合計:15,600円(1泊7,800円)

□チサンイン福島西インター
 TEL:024-539-7611
 福島県福島市成川杵清水20-1
 駐車場:あり(無料)



より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/05 09:30 天候:晴れ
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…542軒目・福島市「利福」
福島市にランチに行くとリーズナブルにお腹いっぱいになれるトンカツ屋さんがあると聞き、行ってみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福島交通飯坂線の医王寺前駅(いおうじまええき)からなら西へぶらりと歩いて800mほど、クルマなら東北自動車道の国道13号線万世大路を北西へ進み、県道5号線に入る飯坂町原交差点を北に曲がるとすぐに左手にあるのが「利福(りふく)」です。
都合上、ランチのピークに12時過ぎに当たってしまい10分ほど待って席に着きましたが、小上がりの座敷からテーブル席まで席数もかなりあることから人気のほどが伺えます。
DSCF6852.jpg

トンカツと言うと、高価なイメージがありますが、ここではランチタイムに680円と言うリーズナブルな価格で食事が出来ます。
DSCF6854.jpg
ランチのサービス品は3種類で、どれも美味しそうです。
ここは、ガッツリ3つとも頼んでみましょう(笑)

まずは「からあげサービス定食(680円)」です。
DSCF6856.jpg
「ご飯大盛り」などと頼んでいないのに、小ぶりのおひつに1合ほどもご飯が入っています。
それにしても、トンカツ屋さんの白飯って、なんでこんなに美味いんでしょう?
店員さんが「ご飯とキャベツはお替りできますから声を掛けてください。」と言って去っていきます。
…このボリュームでどれだけの人がご飯のお替りをできるんでしょう?
おかずは大きな唐揚げとエビフライ、それに手作りの卵焼きが載っています。
唐揚げは外はカリっとして中はジューシー、数こそ多くありませんが大ぶりでアツアツです。
大きなエビフライのおかげもあって、なんだかすごく豪華な食事をしている気分になれます。

2品目は「サービス定食(680円)」です。
DSCF6857.jpg
手作りメンチカツとエビフライが何とも豪勢です。
ご飯はやはりおひつに1合ほど入っています。
皿の端に載った柑橘を絞ろうと思ったら…デザートのオレンジでした(笑)

トンカツ屋さんですから「カツライス(680円)」は外せません♪
DSCF6859.jpg
200g以上ありそうなトンカツが皿を埋め尽くすようにこっちを見据えています。
おひつご飯、漬物、味噌汁と言ったオーソドックスなセットですが、このボリュームをこの価格で食べられるところを思い浮かべることが出来ません。

家族4人がかりで3品食べるのが限界ですが、「お替りできます。」と言われて、それに報いないのも申し訳ないでしょう(笑)
思わず「お替りお願いします。」と言ってしまいました。
…お替りもおひつだ!!
DSCF6862.jpg
しかし、運よく炊き立てが盛られてきたので、これまたご飯だけでも美味しく食べられます。
お行儀が悪いのですが、なかなかない機会なので、おひつからしゃもじでご飯を食べるズキマル君をついつい容認してしまいました。

何でも、サービスメニューは通常メニューに比べておかずのボリュームがやや少なめだそうですが、それでも完食するのは一苦労です。
食事中もひっきりなしにお客さんが入れ替わり、とにかく人気の具合が計り知れます。
しかし、席についてしまえば意外と落ち着いた時間を過ごすことが出来るので、家族連れでも安心して食事をできるのも好印象です。
食事は人を幸せにも不幸せにもしますが、ここは家族での幸せな時間を作ってくれるトンカツの名店だと思います。

□利福 医王寺店
 TEL:024-542-5766
 福島県福島市飯坂町平野檀ノ南10-1
 営業時間 11:00-15:00,16:30-22:00
 定休日:不定休
 駐車場あり

利福 医王寺店とんかつ / 医王寺前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/04 12:30 天候:晴れ
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…伊達「B62418」
震災後、一時期運転を休止していた福島県伊達市の公園のための蒸気機関車が運転を再開していることがわかったので行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福島県伊達市にある「やながわ希望の森公園」には、週末になると本物の蒸気機関車が走っています。
DSCF6850.jpg

阿武隈(あぶくま)急行の「やながわ希望の森公園」駅の西側のロータリーから南に進み、T字路を東に線路を越えると、駐車場の先に小さな駅が見えてきます。
阿武隈鉄道の駅から公園までは1キロ強ありますが、この距離を解消すべく用意されているのが「西口駅(阿武隈急行側)」と「東口駅(公園側)」を結ぶやながわ希望の森公園線です。
DSCF6832.jpg

週末のみ、1日5往復の運転で、料金は往復なら大人500円子ども300円、片道なら大人300円子ども200円で楽しめるリーズナブルなのに本物の動態蒸気機関車です。
車両名は「B62418」、大きな煙突の森林鉄道型の小型機関車で、1度に50人程度の乗客を乗せて走ります。
DSCF6834.jpg

この日は「さくら1号」のプレートをつけての運転で、石炭を積んだ機関車のすぐ後ろの扉からも客車に乗り込むことが出来るとあって、ズキマル君も大喜びです。
DSCF6836.jpg

両駅間の距離はおよそ800m。
ほかのお客さんを見ていると、お子さんと保護者の方1名が機関車で移動し、クルマの運転手の方が両駅間をクルマで移動しています。
公園側にも大きな駐車場があるのですが、これがまた素晴らしいSL撮影スポットになっています。
DSCF6840.jpg

東口駅には見学にちょうどいい転車台(てんしゃだい)もあり、降車後の乗客を楽しませてくれます。
DSCF6844.jpg

1987年(昭和62年)4月18日に開業したため「62418」の番号がついているのですが、30年弱しかたっていない新造車両であることと、普段からの保存状態の良さから新車のようにピカピカです。
DSCF6846.jpg

転車後の車両接続は小慣れたものですが、成功すると乗客から小さな歓声が上がります。
DSCF6848.jpg

公園設置タイプの動態蒸気機関車というと、千葉のディズニーランド、静岡の虹の郷、群馬の鉄道文化村などがありますが、知る限り、愛知県の「明治村」と並ぶ、2つの駅間を往復する数少ない蒸気機関車です。
そんな貴重な鉄道でありながらなおかつ、見学に入場料がかからないと言うのも素晴らしいです。

動態保存には多くの苦労があることに加え、風評被害や人為的被害の続くエリアではありますが、負けじと頑張っている姿に感動せずにはおれません。

NHK大河ドラマ「八重の桜」で、観光の機会も増えていると思いますが、お出かけの際には、ちょっと趣向を変えて伊達市で小さなSLに揺られてみてはいかがでしょう。

□やながわ希望の森公園(B62418)
 TEL:024-577-6100
 福島県伊達市梁川町字内山1
 駐車場:あり
 西口~東口間(片道大人300円子ども200円)
 4月~11月の土日祝日運行
 1日5往復程度


より大きな地図で 銀色テントむしの「動態SLポイント」 を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1987年 協三工業
  形式 B62 番号 B62418
  重量 6.3t 種類:石炭焚B型タンク機
  開業 1987年4月18日(機関車の番号はこれから来ている)
  総延長 0.8㎞
  所要時間 7分
  運転時間 10時台~15時台、毎時1本
  運行日:4月上旬~11月中旬 土曜日・日曜日・祝祭日
  大人(高校生以上)片道300円、往復500円
  小人(4歳以上)片道200円、往復300円

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/04 11:00 天候:晴れ
測定値:0.24μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…541軒目・福島「おむれった」
福島市に大きなオムライスのサンプルの置かれたレストランがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはJR東北本線の松川(まつかわ)駅から西の坂を上った県道52号線のところにある「おむれった」です。
10台分ほどの駐車場もある、外からでも落ち着いた雰囲気であることがわかるレストランです。
入り口すぐの風除室の壁には100人前はあろうかと言う大きなオムライスのサンプルが飾られています。
DSCF6819.jpg

また、入り口すぐのところにはチャレンジしてみろと言わんばかりの大きなオムライスのサンプルも展示されています。
DSCF6829.jpg

落ち着いた店内の道路が見渡せる席に通されメニューを眺めます。
「おむれった」だけあって、メニューはほとんどオムライスです。
DSCF6823.jpg
一応、「大盛りにすると、入口みたいなオムライスになるんですか?」と聞いてみました。
すると、お店のママさんに「大盛りやってないわよ(笑)」と言われてしまいましたorz
確かに、メニューにも「大盛り」って載っていないです。
う~む、とりあえず普通盛りの様子を見ましょう♪

豊富なソースの種類が特徴の「おむれった」でも人気なのがエビのソースとのことなので1品目は「エビマヨソースのオムライス(980円)」にしましょう。
DSCF6825.jpg
小皿に盛られたサラダとセットで運ばれてきたオムライスのご飯の量は1合強、予想外にナカナカのボリュームです。
フワフワの卵の下に盛り付けられたご飯はケチャップライスではなく、やや色味のついたピラフのようです。
これが…ウマい!!
また、かかっているエビのソースも絶品です。
1人前としては女性には多い気もしますが、おいしいので残す方はほとんどいないそうです。

2品目は「ビーフストロガノフのオムライス(980円)」にしてみます。
DSCF6826.jpg
これまた美しい♪
やはり1合強の薄味のピラフのようなご飯の上には、フワトロの卵がプルプルしています。
ビーフストロガノフのソースもウマい。
薄切りの牛肉のダシがよく出ています。

とりあえず2品注文したのですが、あっという間に食べ終わってしまい、追加注文することにしました。
3品目は「チキンクリームソースのオムライス(880円)」です。
DSCF6827.jpg
香りのいいクリームソースに味の染みた鶏肉…これもウマー!!
今回唯一のトマトの色のついたご飯が隠れていました。
しかし、ケチャップのようなクドさはないです。
何だろう?
香り付けにトマトピューレでも入れているんでしょうか?
同じオムライスでも、これほどまでに味の違いを楽しめるとは…脱帽です。

デカ盛りにめぐり合うことは出来ませんでしたが、オムライスだけで食事をこれだけ楽しめるとは思いませんでした。
リーズナブルな価格設定と、オムライスに特化した本格志向の料理に、大人も子どもも大満足の時間を過ごすことが出来ました。



□おむれった
 TEL:024-567-5414
 福島県福島市松川町中原41-2
 営業時間 11:00~21:00
 定休日:水曜日
 駐車場あり

おむれったオムライス / 松川駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/03 19:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

名城100選スタンプラリー・47箇所目「二本松城」
日本100名城スタンプラリーは景品はありませんが、始めると中毒のように日本全国を巡りたくなります。
今回はNHKの大河ドラマ「八重の桜」の主人公の八重(綾瀬はるか)の生まれ故郷、福島県の名城を訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

福島県二本松市にある二本松城址(にほんまつじょうし)はJR東北本線の二本松(にほんまつ)駅から北の山にある、現在の霞ヶ城(かすみがじょう)公園で、戦国時代には、名将「伊達政宗(だてまさむね)」の領地だったこともある奥州(おうしゅう)の守りの要だった場所です。
date02.jpg

無料の駐車場を完備してくれているのでのんびりと散策を楽しむにも安心です。
伊達政宗と言えば、1585年(天正13年)に父親を敵将と共に撃ち殺したことが知られていますが、その父、伊達輝宗(だててるむね)を連れ去ったのが二本松城の畠山義継(はたけやまよしつぐ)でした。
DSCF6785.jpg
政宗は父殺しの汚名を着ることになりますが、若くして下剋上の世で家臣と領民を守るためのやむを得ない判断で、輝宗の遺志であったとも伝えられています。

駐車場からすぐのところに、少年兵の像があります。
これは、「八重の桜」の舞台である幕末期の1868年(慶応4年)、戊辰戦争(ぼしんせんそう)において藩兵が白河に出向いている折に新政府軍に攻め寄られ、戦闘を余儀なくされた少年兵「二本松少年隊」を偲ぶものです。
DSCF6808.jpg
荒ぶる情熱を爆発させるように倒幕、大政奉還へと向かわせた西の勢いとは違い、福島には幕府や大名への礼と義を重んじる温かさがあり、その教えは今も福島の人たちに引き継がれているように思えます。

戊辰戦争の折に、城内はほとんど焼けてしまい、1872年(明治5年)には残った建築物も破却されてしまいました。
現在見ることのできる箕輪門(みのわもん)と附櫓(つけやぐら)は1982年(昭和57年)に復元されたものだそうです。
DSCF6791.jpg

震災時には大きな損傷を受けたそうですが、多くの人たちが身を寄せ合う避難場所としても活躍したそうで、現在は当時のことを思わせることもないほど復旧されています。
DSCF6788.jpg

本丸は坂を上っていくと山頂にあるんですが、途中にある本殿跡の観光会館は2013年5月現在閉鎖されています。
その先の坂を上っていくと、「日影の井戸」があります。
DSCF6797.jpg
千葉県印西市の「月影の井戸」、神奈川県鎌倉市の「星影の井戸」とならび、「日本三井戸」の一つです。
…と言っても「三井戸」自体がどれほど有名なのか、そもそも誰が言い出したのかもわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください♪

坂道を登っていくと、ついに石垣が姿を現します。
DSCF6801.jpg
この特殊な石済みが、戦国時代を思わせる数少ない史跡の一つだそうです。
勾配が激しい戦国ならではの山城を示すオススメ撮影ポイント(笑)です。

山頂に登ると、本丸跡です。
建物は残っていませんが、1995年(平成7年)に本丸跡の復元が行われており、天守台や本丸石垣が整備されています。
DSCF6803.jpg

急に雨が降ったと思ったら、すぐに止んで、その後には美しい虹がかかりました。
DSCF6806.jpg
無料の名城なのに、すごく得をした気分になれました♪

名城スタンプは天守跡から徒歩で行くにはちょっと時間のかかる「二本松市歴史資料館」にあります。
二本松駅前のロータリー北側の県道355号線を東に100mほど進み、北の坂道を上るとすぐに東側にあります。
駐車場は3台分ほどですが、隣の有料駐車場に入れても、無料にしてもらえるようです。
DSCF6809.jpg

入館料は大人100円、子ども30円とリーズナブルですが、1階は美術品、2階は「八重の桜」に関わる幕末の資料が展示されています。
DSCF6810.jpg

名城スタンプは入口で借りられるので、入館しなくても大丈夫ですが、リーズナブルなので見学させてもらいました。
また、スタンプだけなら二本松駅の観光案内所にも設置されているそうです。
DSCF6811.jpg

スタンプだけを押しに行くのなら、霞ヶ城公園には行く必要がありませんが、やっぱり現地を確認して初めてスタンプを押したくなるのが人情と言うものでしょう♪
風評被害と人為的被害の両方に苦しむ福島県ですが、木々の芽吹きと共に復興への強い意志を感じられるスポットです。

□二本松城(にほんまつじょう)第11番
 訪問先名称:霞ヶ城公園・二本松市歴史資料館
 TEL:0243-23-3910(歴史資料館)
 住所:福島県二本松市郭内3-232 ・福島県二本松市本町1-102
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜・12/29~1/3
 入場料:大人100円小中学生30円
 駐車場:無料
 通称:霞ヶ城、白旗城
 主な城主:二本松氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、丹羽氏
 スタンプ設置場所:二本松市歴史資料館受付窓口、JR二本松駅内観光案内所


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

1585年(天正13年)10月、15代当主・二本松義継は政宗の父・輝宗に降伏を申し出た。
輝宗のもとに出向いた義継は、輝宗を拉致して二本松城へ連れ去ろうとしたが、これを聞きつけた政宗に輝宗もろとも射殺された(粟之巣の変事)。
政宗はすぐに二本松城攻めを開始したが、守備側は義継の子・国王丸を継嗣に立て籠城した。
城は政宗の猛攻によく耐えたが、翌1586年(天正14年)7月16日、政宗への内通者も出たため、相馬義胤の口添えにより二本松城は開城し、ここに二本松氏は滅亡した。

政宗は片倉景綱、次に伊達成実を二本松城代とした。
1591年(天正19年)、政宗が岩出山城に転封されると、二本松城は若松城主蒲生氏郷の支城となった。氏郷は蒲生郷成・町野重仍を城主に据えた。
1598年(慶長3年) 蒲生氏に代わって上杉景勝が会津に入ると下条忠親が城代となった。

1600年(慶長5年) 徳川家康に敵対した上杉氏は関ヶ原の戦いの後、米沢城に移された。会津には蒲生氏郷の子・秀行が復帰し、梅原弥左衛門と門屋勘右衛門が二本松城代となった。

幕末史
1868年(慶応4年)の戊辰戦争に際し二本松藩は奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦った。
7月29日、藩兵の大半が白河口に出向いている隙をつかれ、新政府軍が二本松城下に殺到し、僅か1日の戦闘において落城した。
手薄になった攻城戦においては「二本松少年隊」と呼ばれる少年兵も動員された。
藩主の丹羽長国は米沢に逃亡し、9月に降伏、石高を半減され藩が存続した。
この攻城戦において城の建物の多くが焼失した。

1872年(明治5年)、廃城令によって残る建物も全て破却された。

※ウィキペディアより

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/05/03 14:30 天候:晴れ
測定値:0.19~0.24(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…540軒目・いわき「そば八」
福島県いわき市の町おこし「よしまジャンボメニュー」で最安値のジャンボメニューを求めて、昼食のために200キロ移動しているわけではないんですが…近しいものは感じます(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

常磐自動車道のいわき中央インターから49号線平バイパスを東に出てすぐの側道を北に入り、東に進むこと2キロ強、セブンイレブンのあるY字路を大きく西に戻るように曲がるとすぐに見えてくるのが「そば八」です。
駐車場は店の前に2台分ほどあり、隣のお店とシェアしているようなので、時間帯によってはもう少し止められるかもしれません。
「立ち喰い」と書いてありますが、店内にはカウンターに6席、大きなテーブルに6席、4人がけのテーブル席が1つあるので立って食べる必要はありません。
DSCF6775.jpg

メニューはそば、うどん、おにぎりと言った時間のないサラリーマンにも対応できる迅速メニューです。
DSCF6776.jpg
「よしまジャンボメニュー」に出てくる「ジャンボイカ天そば大盛り」はネットなどでは「要予約」となっているのですが、通常メニューのようなので、「売り切れ」にならない限りは予約なしでも食べられそうです。

そば系のメニューの頼もうと思っていたのに、レジ脇に置かれた出来立てのおにぎりについつい反応してしまいます。
DSCF6782.jpg

おにぎりは1個140円で、注文すると海苔を巻いて、漬物を載せた皿に盛られて運ばれてきます。
しゃけ、昆布、しょうが味噌がありましたが、ズキマル君の希望により「しゃけ(140円)」を注文しました。
DSCF6778.jpg
小ぶりながらつやつやでホカホカおにぎりなのでおいしいに決まっています。
付け合せのカブの浅漬けもちょうどいいアクセントになります。

「よしまジャンボメニュー」最安値のデカ盛り「ジャンボいか天そば」は電話で一応予約しておきましたが、その際に「大盛り」と言わなかったので、普通盛りで登場です。
DSCF6779.jpg
普通盛りだと500円、大盛りは麺の量が倍になって100円アップの600円で食べられます。
温かいお蕎麦なので、コシは強くありませんが、太目の蕎麦とたっぷりのわかめがいい感じです。
揚げたてサクサクのいか天は、適度なサイズにカットしてくれてあるので食べやすいです。
あっさりしたスープに濃厚なアクセントを与えてくれます。
確かに2玉にするとちょっとしたデカ盛りになりそうです。

更にリーズナブルな「たぬきうどん(280円)」も普通盛り出注文してみました。
DSCF6780.jpg
うどんも強い歯ごたえはありませんが、柔らかすぎず硬すぎず、なんともいえない「暖かさ」を感じます。
揚げ玉たっぷりで、どんぶりの底が見えません。
やはり普通盛りでもたっぷり目の麺なので、大人でも十分満腹感が得られます。

ちょっとリッチな(笑)「きつねうどん(350円)」も頼んでみました。
DSCF6781.jpg
大きくて甘めのお揚げとたっぷりの刻みねぎの香りが絶妙です。

「よしまジャンボメニュー」にエントリーしてくれていなければ、気付くことなく過ごしてしまっていたかもしれませんが、リーズナブルに食事が出来るいいお店です。
デカ盛りとしては初心者でも間食できるボリュームですが、ネタとして訪問するには最適でしょう。

いわき方面にお出かけの折、ちょっとした腹ごしらえに訪問してみてはいかがでしょう。


□そば八
 TEL:0246-36-8007
 福島県いわき市好間町下好間字一町坪20-1
 営業時間 11:00~17:00
 定休日:日曜日(祝日は営業)
 駐車場あり

そば八そば(蕎麦) / 赤井駅内郷駅いわき駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/03 11:30 天候:晴れ
測定値:0.11μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…いわき「D51946」
いわき湯本の博物館にもSLが展示されていると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR常磐線の湯本駅の東を走る6号線陸前浜街道を北に500m弱進んだところにあるのが「いわき市石炭・化石館ほるる」です。
無料駐車場完備の化石博物館の駐車場に蒸気機関車が展示されており、SLの見学だけなら入場料もかかりません。
DSCF6717.jpg

博物館正面入り口前駐車場に静態展示されている蒸気機関車が「D51946」通称デゴイチです。
同じようなナンバーのものが高崎から群馬県内を走っていますが、あれは「496」ですね♪
DSCF6708.jpg

この静態展示の特徴は足回りの下に回り込んで、見学できることでしょう。
DSCF6710.jpg

小学校低学年程度までしか背を伸ばして入る事はできませんが、貴重な体験が出来ます。
DSCF6711.jpg

後姿を見ても各種パーツが残っており、「496」同様、堂々とした姿です。
DSCF6713.jpg

運転席の見学もできるのですが、塗装状態も良く、メーター類もたくさんついているのでズキマル君も大喜びです。
DSCF6715.jpg

正面には記念撮影用に見学日が差し込まれた記念パネルが用意されているのも、このSLを愛してやまない雰囲気を感じられます。
DSCF6709.jpg

解説パネルも大きくてかっこいい♪
DSCF6712.jpg

震災後、大きな風評被害と人的被害を受けて立ち直りに時間のかかるエリアにありながら、一歩ずつ前に歩み続ける人たちと共に過ごす蒸気機関車に勇気をもらいながら、博物館も楽しむことが出来ました。

博物館も充実した内容なので、蒸気機関車ファンでない方も家族連れで1日楽しめる観光スポットです。
夏休みの自由研究などの折に訪問してみてはいかがでしょう。

いわき市石炭・化石館 ほるる(D51946)
 TEL:0246-42-3155
 福島県いわき市常磐湯本町向田3−1
 駐車場:あり
 ※ほるる入館には料金がかかります。(大人630円学生420円小学生320円)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 川崎車輌 No.2961
  配置: 1948年7月1日 新鶴見
  配置: 1957年11月1日 田端
  配置: 1968年4月1日 平
  さようなら運転: 1970年3月22日 常磐線(8630との重連)
  廃車: 1970年4月9日 平

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/03 9:30 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしでデカ盛り…539軒目・いわき「ブレイク」
いわきに朝から「軽い」デカ盛りが楽しめる喫茶店があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR常磐線のいわき駅の南口、ショッピングセンターラトブの西、道の向かいにあるのが朝8時から営業している喫茶店「ブレイク」です。
駐車場も提携駐車場もありませんが、駅周辺なので30分100円程度のコインパーキングがたくさんあり、クルマでの訪問にも対応できます。
朝8時15分の訪問となりましたが、この時間帯は2階は開けていないため、1階のテーブル席とカウンターのみ入店可能になります。
幸い、テーブル席をお借りできましたが休日の8時半頃になると入店できずに帰っていくお客さんも数多くみられます。
DSCF6700.jpg

ちょっと待つ気があるのなら、店の前にあるメニューボードで何を頼むか考えながら待つのもいいかもしれません。
DSCF6699.jpg

せっかくモーニングの時間帯に訪問できたので1品目は「モーニングセット(650円)」です。
DSCF6701.jpg
挽き立ての薫り高いコーヒーと一緒に出てくるのは、2玉の目玉焼きと2分の1斤のトースト、それにちょっとしたサラダです。
コーヒーも美味いのですが、焼いただけのはずのパンもモチモチで美味いのです。

2品目は看板メニュー「ミックスグリルサンド(760円)」を頼みましょう。
DSCF6703.jpg
待っている間にも、ひっきりなしに電話が鳴って、ほとんどがテイクアウトのミックスグリルサンドの予約です。
食事とコーヒーを楽しむお客さんを眺めているうちに、ほどなく運ばれてきたサンドイッチは…喫茶店のボリュームとは思えません(笑)

6枚切り(?)程度の食パンを4枚使って挟まれているのはハムタマゴと、フレッシュトマトとタマゴの2種類のホットサンドです。
DSCF6704.jpg
ジューシーな野菜とマヨネーズ、卵が絶妙なバランスで、毎日でも食べられそうです。
サイズ的にはモーニングでもランチでも一人で食べるにはちょっと多すぎます。
しかし、食べ切れなくても包んでもらえるそうなので、心配いりません。

2品で家族4人が適度な満腹具合になったので会計を、と思ったらフロアのおねぇさんに声をかけられました。
「おひとり様1つ注文をお願いしているので、何かあと1つか2つお願いできますか。」
なるほど、確かに注文時norizoが「とりあえずそれで」と言ったので、再注文を待ってくれていたのでしょう。
悪いことをしてしまいました。

改めて追加で「フルーツパフェ(700円)」を注文します。
DSCF6707.jpg
季節ではないスイカなど高価なフルーツがたっぷり入ったパフェは、かなりリッチな気分で食べることが出来ます。
しかし、この追加注文までの間にも何組かのお客さんが席に着くことが出来ずに帰っていきました。
…悪いことをしてしまいましたね。

喫茶店としては来客数が多いため、モーニングの時間帯には「小説を開いてのんびり」とはいかない印象です。
家族連れなら無理に店内で食べることを考えずに、予約してテイクアウトをした方がお店に迷惑をかけずに済みそうですね。
次回はテイクアウトで楽しみたい、ホットサンドの名店です♪

□ブレイク
 TEL:0246-22-3054
 福島県いわき市平字田町68−1
 営業時間 8:00-20:00
 定休日:なし
 駐車場なし(コインP多数100円/30分)

ブレイク喫茶店 / いわき駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/03 8:30 天候:晴れ
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでデカ盛り…番外編・いわき「なをゑ食堂」(閉店)
福島県いわき市で大きなシューマイが食べられる店があると聞き、予約の電話をしてみると意外な事実にブチ当たりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福島県いわき市好間(よしま)町では2010年から町おこしの一環として「よしまジャンボメニュー」と言う、各店でデカ盛りメニューを用意してお客さんをもてなすイベントを行っています。
震災後の2012年から、活発にその活動を再開させ、デカ盛りや観光情報誌でも取り上げられるようになっています。
常磐自動車道のいわき中央インターから東に出てすぐ49号線平バイパスの北側の側道に入っておよそ1.5キロほどの所にあるのが「なをゑ食堂」です。
情報誌によると、90歳を超えるなをゑばあちゃんとその家族が経営するアットホームな定食屋さんです。

ランチからディナータイムにかけての昼休憩はないはずなのですが、4月28日の午後4時頃通ってみると、なぜかのれんが仕舞われていました。
どちらにしろ予約をしていなかったので、次回出直そうと思い、この日はそのまま店を後にしてしまいました。

ゴールデンウィーク中にはもう一度福島に行こうと思っていたので、5月1日に予約の電話を入れてみます。
ランチのピークも過ぎたと思われる13時半頃、電話を鳴らしてみます。
5回、10回…出ませんね。
忙しいのかもしれないので、5分ほど経ってからもう一度かけ直してみます。
10回…やっぱり出ません。
ダメ元で最後の1回だけ5分後にかけてみます。
すると、ご主人らしき方が電話に出てくれました。
「すみません、ゴールデンウィーク中に伺いたいんですが…」
すると、ご主人から思いもよらない答えが返ってきました。
「4月30日で店を閉めさせてもらったんですよ…すみません。」

一瞬、目の前が真っ暗になります。
えぇぇぇ!!!
残念さを抑えきれないまま、挨拶をして電話を切りました。

涙をこらえながら「食べログ」に閉店情報を送信し、今後の予定を考え直します。
しばらくすると、「食べログ」から「閉店の情報を確認できません。」とメールが届きました。

ひょっとすると、電話した先を間違えていたのかもしれないと思い、福島県までクルマを走らせます。
しかし、残念ながら開いているはずの時間にシャッターは閉まったままでした。
DSCF6783.jpg

この店のデカ盛りメニューは「ジャンボ焼売(1,500円)」で重さ1.2キロ高さ3センチ直径30センチと言う、ほかでは見ることのできない特別製のシューマイです。
shao-mai_3.jpg
※好間町商工会HPより
2度も訪問してしまったのに、やっぱり閉店していました。

無念を拭えないまま、記念写真を撮っていると、白衣を着た男性が声をかけてくれました。
「ウチに何か用かい?」
店のご主人です。
「実は、先日お電話を差し上げて、お休みとは伺っていたんですが、ひょっとしてと思い伺ってしまいました。」
すると、ご主人が閉店の経緯を話してくれました。

おばあちゃんを含む3世代で営業してきた「なをゑ食堂」ですが、厨房を取り仕切っていたのは息子さんだったそうです。
ところが、その息子さんが体調を崩され、営業がままならない状態になってしまったそうです。

ひょっとして…とわずかな希望を胸に、
「再開はいつくらいですか?」と聞いてみます。

ご主人からは「すまないね、再開はできないんだよ。」と、こちらも無念の意を感じる声で答えてくれました。

結局、食事をすることはできませんでしたが、閉店の経緯を直接聞くことが出来たのは、嬉しいサプライズでした。
どなたか「なをゑ食堂」の遺志を継いで、いつか「ジャンボシューマイ」を復活させてくれることを切に希望しながら、ご主人にお礼を言って店を後にしました。

□なをゑ食堂(なおえ)
 TEL:0246-36-2437
 福島県いわき市好間町上好間山下44
 営業時間 11:00~20:30
 定休日:金曜日
 駐車場あり
 ※2013年4月30日閉店しました。

なをゑ食堂定食・食堂 / 赤井駅



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/03 12:00 天候:晴れ(訪問は5月3日)
測定値:0.11μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでデカ盛り…538軒目・いわき「白土屋」
福島県いわき市では「よしまジャンボメニュー」と言うデカ盛り通りがあるので行ってみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

磐越自動車道のいわき中央インターチェンジを降りて49号線平バイパスを東方向に出てすぐの北側の側道に入ると「みよしジャンボメニュー」参加店の参加店の商店が並ぶ道に入ります。
インターから約1キロほどのところにあるのが「白土屋(しらとや)」です。
テイクアウトのみのケーキと和菓子の店で、実際の「と」の字は「土」に「点」がつきます。
「玉」の字の上の横棒が取れてしまったのかと思いましたが違うようです。
休日ともなると朝から行列が出来る福島でも類をみない有名店の一つです。
持ち帰りのみなのに店の向かいには駐車場が20台分もあり、しかもそれがほとんど埋まっています。
16時前の訪問となりましたが、店の前には10人以上の行列があり、進みはそれほど早くありません。
DSCF6686.jpg

この店のジャンボメニューはシュークリームです。
「ジャンボ」「中ジャンボ」「特大ジャンボ」「超特大ジャンボ」とサイズ豊富ですが、ショーケースには「ジャンボ」と「超特大」のみが並んでいます。
DSCF6690.jpg

並んでいるうちにショーケースに「売り切れ」の札がかかってしまいました。
DSCF6688.jpg
しかし、今並んでいる人の分までは大丈夫で、この後の人にはショーケースに並んでいる分だけの販売となるそうです。
システムがよくわからなかったので、ショーケースにある分だけかと思い、1,500円オーバーの「超特大ジャンボシュークリーム(1,680円)」を注文すると、注文してから奥の工房で作ってくれています。
…しまった、「特大ジャンボ(1,050円)」にしておけばよかったカナ?などと悔やみます(笑)
先ほど、「歩みが早くない」と思ったのは、注文を受けてから手作りすると言う、新鮮さを売りにしたお店の方針の現れであることがわかりました。

保冷材6時間分(63円)を追加して「ジャンボシュークリーム(265円)」2個、「プチシュー(63円)」2個、「超特大ジャンボシュークリーム(1,630円)」をお土産に購入しましたが、すごい重さです(笑)
DSCF6692.jpg

自宅に帰り、皿に移してみましたが…デカー!!!
ケーキ屋さんでホールをカットして売っている大きなケーキの、ホールそのもののサイズです。
とても一人でかぶりついて何とかなるサイズではありません(笑)
DSCF6694.jpg
直径25センチ、重量1.2キロのシュークリームですから、「圧巻」の一言に尽きます。
プチシュー、ジャンボシューと並べてみましたが、ジャンボシュー8個分よりもずっしりとしていますから、大きくなればなるほどお得であることがわかります。

ナイフを熱湯で温めて、8分の1サイズにカットしてみると…大きなショートケーキサイズのシュークリームが8個出来上がりました。
DSCF6698.jpg
実家の両親を「早めの母の日」などと理由をつけて呼びつけ、シェアしますが、6人がかりでも食べきれず、ジャンボシュークリームと超特大の4分の1をお土産で持ち帰ってもらいました(笑)

ふんわりとやさしいホイップクリームとさくさくのシュー生地が絶妙で、並んでも買いたくなる気持ちがよくわかります。
「超特大」は一人で食べるのは危険なので、お土産などで8人以上が集まる際にネタとして購入するのがお奨めです。
渋滞もあり、自宅までの200キロほどを5時間かけて持ち帰りましたが、サクサク具合も変わらずおいしく食べられたのは、お店のこだわりを感じられるポイントです。

いわきに行ったらまた並んででも購入したくなるデカ盛りメニューに、福島県への再起の思いを強く感じました。


□白土屋菓子店
 TEL:0246-36-2645
 福島県いわき市好間町上好間字南町田36-1
 営業時間 8:30~18:00(売り切れ終了)
 定休日:不定休
 駐車場あり(店の向かい)

白土屋菓子店洋菓子 / 赤井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5




より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  半年1回位は来たいなぁ・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  年1回くらいは様子を見ても?
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。


デカ盛りブログ(?)「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスさんから「メガ盛り首都圏版全200軒」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

お店の紹介文にはnorizoのコメントも載っているかも?

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?
2012年8月28日に発売されています。(完売してたらゴメンナサイ。)


でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/29 16:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ