銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしのデカ盛り…620軒目・読谷村「花織そば」
読谷(よみたん)に大の男も大満足できるガッツリラーメンを食べさせてくれる店があると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

嘉手納基地の西から北へ続く国道58号線を比謝川の北へ進み、伊良皆交差点から西へ進む県道6号線に入り大当交差点の手前まで道なりに進むと東側に見えてくるのが「花織(はなうい)そば」です。
平日の訪問ですが、混雑が予想されたので11時半にはお店に着いたのですが、駐車場の残りは2台とギリギリ待機なしでの入店となりました。
DSCF9548.jpg

店内にはテーブル席と小上がりの座敷、2階席がありますが、今回は入ってすぐ右手の小上がりの席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF9549.jpg
メニューは沖縄そば系と、野菜そば、それに一品料理を定食に出来るタイプの料理がそろっています。
大盛りの有無は確認しませんでしたので、それぞれ「普通盛り」について確認してみましょう。

1品目は沖縄そばから「花織そば(600円)」を頼んでみます。
DSCF9552.jpg
ぶっとくややウェーブのかかった麺とあっさり飲みやすい透き通ったスープの上には2種類各2個ずつの豚肉が柔らかく煮付けられてドカンと載っています。
かまぼことネギもそばの邪魔をすることなく、適度な箸休めになります。
サイズ的にはランチに適度な食べきりサイズですが肉のボリュームがかなりのものです。

2品目はデカ盛り系の「うみんちゅそば(800円)」を注文します。
DSCF9550.jpg
どんぶりのサイズがほかとは明らかに違うスゴいのがキター!!
普通の沖縄そばに比べると倍くらい入っていそうな見た目だけでインパクトのあるどんぶりからは山盛りの具が溢れて見えます。
麺は沖縄そばと同じものですが、スープはちゃんぽんのように濁っています。
麺の上のたっぷりの野菜炒めの中にはエビやイカ、アサリや小柱などがふんだんにちりばめられています。
「海人」の名に相応しい海鮮たっぷりのボリューム麺ですが、一人で食べるには困難なサイズです。

3品目はオーソドックスに戻して「てびちそば(600円)」にしてみました。
DSCF9551.jpg
「てびち」は足先ではなく脛の部分を輪切りにしたもので、プリプリの部分とジューシーな部分をあわせて食べられる沖縄そばには欠かせない豚の部位の一つです。
豚足の足の上なので中央の骨の部分が残せるように小皿も用意して頂けました。
ソーキよりもあっさりしていてコラーゲンたっぷり。女性のお肌にも嬉しい一品です。

3品ですが野菜そば系の「うみんちゅそば」のボリュームに圧倒されながら、4人で何とか3品を完食で来ました。
たぶん、野菜そば系だったら家族4人で2品が限界だったと思いますが、リーズナブルなので危うく注文してしまいそうになりました(笑)
1品料理を定食にしたセットメニューもスゴくおいしそうだったので、次回はご飯ものにもチャレンジしてみたいですね♪


□花織そば(はなういそば)
 TEL:098-958-4479
 沖縄県中頭郡読谷村波平2418-1
 営業時間 11:00~21:30
 定休日:水曜日、清明祭の日曜・旧盆・年始
 駐車場あり

花織そば沖縄そば / 読谷村)
昼総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/24 11:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…読谷村「むら咲むら」
沖縄の歴史にはほとんど触れたことがありませんが、民俗的な建物にはとても興味があるので、そんなスポットを訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今回のツアー料金に含まれていたレンタカーのチラシの中に2割引きのクーポンを見つけ、やって来たのは読谷(よみたん)村にある「むら咲むら」です。
残波岬の南の畑の中に突如、中世沖縄の様相の建物群が姿を現します。
入場料金は大人500円子ども300円となっており、敷地内の各建物数々行われている体験については別料金を支払うようになっています。
DSCF9526.jpg

中世沖縄を思わせる石垣と石畳と朱色の建物は、1993年のNHK大河ドラマ「琉球の風」で使用されたオープンセットで、1992年に20億円余をかけて建設されました。
DSCF9528.jpg

1992年10月より施設を運営する「沖縄うみの園」にて「南海王国 琉球の風」として一般公開していましたが、1999年に経営悪化を理由に一時閉園していたそうです。
その際、読谷村に無償譲渡と管理運営を打診し、1999年8月より現在の体験型テーマパーク「むら咲むら」へと生まれ変わったそうです。
城門のような美しい石垣の先には琉球式の建築物が立ち並び、その中では琉球空手教室が行われていました。
DSCF9529.jpg

フリースクールの入った建物の庭には大きな木にはしごがかけられ、トムソーヤー気分で自然の遊具を楽しむこともできます。
DSCF9531.jpg
この先には入浴施設などもあり、1日を通して遊べる観光施設であることがようわかります。

入場料だけで楽しめるポイントはまだあります。
正門から進んで右手奥のバナナ園では世界中のバナナが育てられており、大きなビニールハウス内であるため天候に左右されずに南国の雰囲気を楽しむことが出来ます。
DSCF9532.jpg

また、バナナ園中央には大きさ10センチを超える蝶である「オオゴマダラ」を放し飼いにしているスペースがあり、羽ばたく超たちの中を歩くと、ちょっと感動してしまいます。
DSCF9540.jpg
蛹(さなぎ)の飼育小屋もあるのですが、この蛹が美しく輝く金色なのです。
なかなか見られない美しさに、子どもたちと揃って感嘆のため息を漏らしてしまいました。

敷地右手の寺院のような「天使館」には小さなお土産屋さんもたくさん軒を並べています。
DSCF9542.jpg

その中で気に入ってしまったのが万華鏡屋さんです。
入口には無料で楽しめる大型万華鏡が置かれており、顔を入れて撮影すれば世界に1枚の写真が出来上がります。
DSCF9543.jpg

ご主人のお話が面白かったこともあり、ひとつ1,300円するオリジナル万華鏡を一つ購入してしまいました(笑)
DSCF9545.jpg

いや、この万華鏡がなかなか面白くてケータイのカメラのレンズにくっつけて写真を撮ると、先ほどの大型万華鏡のような写真をどこででも撮影することが出来るのです。
IMG_20131224_111809.jpg
購入直後からズキマル君の宝物になってしまいました(笑)

今回は無料のスポットばかりを歩いてみましたが、有料の体験も楽しそうなものがそろっており、1日では回りきれないこと間違いなしですね。
今度はもう少しゆっくりと時間をかけて、色々な体験に挑戦してみたくなりました♪

□むら咲むら(むらさきむら)
 TEL:098-958-1111
 沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020-1
 営業時間:体験9:00〜18:00(最終受付17:00)
 定休日:年中無休
 入場料:大人500円高校400円小中300円
 ※各種体験費用別途


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/24 9:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

銀色テントむしの大盛り?…番外編・本部町「ニライ亀蔵」
本部町(もとぶちょう)と言えば沖縄を代表する観光スポット「美ら海(ちゅらうみ)水族館」がありますが、閉館まで楽しんでしまうと、地元の沖縄そばのひとつ「もとぶそば」を食べられるお店が軒並みクローズしてしまっていますorz
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

そんな本部町で夜遅くまで大きなソーキそばを食べられると言う情報を食べログから見つけて訪問してみることにしました。
国道449号線本部循環線を瀬底島へ渡る瀬底大橋交差点の先まで走ると西側に見えてくるのが「ニライ亀蔵(かめくら)」です。
どこまで駐車場なのかわからない巨大な空き地にクルマを停め、入口へ向かうと…食堂ではなく居酒屋のようです。
それでもこの時間に開いている食堂を探すのが面倒になり「食事だけでもできますか?」と聞いてみると快く受け入れてもらえました。
DSCF9509.jpg

連休最終日の夜と言う事もあって、店内はそれほど混雑しておらず、よく見れば隣のお客さんも食事のみの方です。
楽しみにしていたソーキそばの大盛りを求めてメニューに目をやります。
DSCF9510.jpg
…あれ?
ソーキそばも、小も大も見当たりません。

慌てて食事メニューの方も舐めるように見回してみますが、こちらにもありません。
DSCF9512.jpg
…どうやら食べログ情報以降にメニューの見直しがあったようで、満腹系のものは姿を消してしまったようです。
迷ったすえ食事メニューから、こだわりのありそうなメニューを見繕うことにしましょう♪

1品目はちょっとリッチに「天丼(850円)」にしました。
DSCF9516.jpg
天ぷらにはエビ、シャケ2切れ、野菜天が入っています。
ご飯の量は半合ちょっとで少々物足りません。
タレは生姜がかなり効いたピリカラ甘醤油ダレで、他県では食べたことのない味付けですが、なかなかイケます。
付け合せの味噌汁はダシの効いた白みそ仕立てで大変おいしく仕上がっています。

2品目はズキマル君の大好きな「チャーハン(600円)」です。
DSCF9513.jpg
予想外に細かく刻まれた野菜や肉としっかり炒めたご飯が絶品の一杯です。
ボリュームは1合弱と言った感じで、ズキマル君が一人でペロリと完食しようとしていたのを、モカさんが横から奪い取っていました(笑)

3品目は地元の本部麺(もとぶめん)を使った「沖縄風焼きそば(550円)」です。
DSCF9515.jpg
ニラ、ピーマン、モヤシなどが沖縄そば用の太麺と炒められ、醤油&ソース味でまとめられた上で鰹節が踊っています。
ちょっと物足りないボリュームですが、これまたなかなか味わったことのないのど越しの麺に、モカさんも大絶賛で一人でペロリと食べ進めました。

楽しみにしていたソーキそばの代わりに注文した4品目は「沖縄そば(700円)」です。
DSCF9514.jpg
うどんのように太いストレート麺に軟骨の付いた甘く柔らかなゴロゴロ肉が2つ載っています。
トッピングのさつま揚げも、麺やスープと相性がよく邪魔になりません。
大盛りの設定はないため、物足りませんがスープが激ウマで最後の一滴まで飲み干してしまいました。

家族4人、腹8分目で食事を終え、お店にお礼を言って会計を済ませます。
有り難いことに、お通しやテーブルチャージを取られることもなく、本当に「食事代」だけで済ませてもらえたのは好印象です。


帰り道、那覇方面に南下していくと、まだ開いていて「もとぶそば」が食べられる「もとぶ食堂」の看板が見えてきます。
後ほど調べてみればこちらには「特盛タコライス(1,260円)」なる取り分け可能な1キロメニューもあるようです。
次回の沖縄訪問時には、こちらもチェックしなくては…と思いつつ、宿へとクルマを走らせました。


□食処ニライ亀蔵(しょくどころにらいかめくら)
 TEL:0980-47-7122
 沖縄県国頭郡本部町大浜880-3 ニライ荘1F
 営業時間 17:00~24:00
 ※モーニングあり(500円)
 定休日:第1月曜日
 駐車場あり

食処ニライ 亀蔵居酒屋 / 本部町)



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/23 19:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…本部町「美ら海水族館」(割引活用)
お小遣いの少ないnorizo一家ですが、日本人なら知らない人はいないとまで言われる「美ら海水族館」くらいは入ってみたいのです♪
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

先にお得情報だけ申し上げておきますが、「美ら海水族館」は16時以降の入場券は通常価格の3割引き(大人1,260円、高校生840円、小中学生420円)となりますが、事前割引購入券での入場の場合でも差額を返金してもらえるのです。(実は訪問後に知ったのですが…)
通常料金大人1,800円、高校生1,200円、小中学生600円ですが、「道の駅許田(きょだ)」で購入する園外販売券(※)なら大人1,550円、高校生1,050円、小中学生530円、家族券(大人2名小中学生2名)3,840円となります。
※コンビニなどで販売がありますが道の駅許田最安値です。
うる覚えですが、返金差額は定価ベースとなっているので16時以降の返金後の実質支払価格は大人1,010円、小中学生350円(家族券なら4人で2,400円)になるはずです。
そのため①「道の駅許田(きょだ)②16時以降に入館と言うのが最もリーズナブルに入館できる方法だと思います。(間違っていたらごめんなさい。)

沖縄県北部の名護市の北西、本部町(もとぶちょう)の沖縄県立海洋博公園は駐車場も入場料も無料と言うなかなか素晴らしい公園です。
この公園の中にあるのが、日本でもっとも有名かもしれない水族館「美ら海(ちゅらうみ)」水族館です。
休日ともなると大変多くのお客さんで駐車場に入るのも苦慮するそうですが、16時入館に向けて15時過ぎの訪問だったため中央ゲート北駐車場に難なくクルマを停め、中央ゲートからのんびりと入場しました。
DSCF9485.jpg

残念ながら真っ青な青空ではありませんでしたが、海の向こうに見える伊江島がステキです。
DSCF9486.jpg
公園自体に見どころがたくさんあるので、16時入館と言っても、昼くらいから公園中を散策してまわればあっという間に時間になってしまいそうです。

さて、16時近くなったので水族館に向かいます。
ここでまさかの無料園外プログラム「イルカのオキちゃん劇場」への誘導に後ろ髪をひかれますが、我慢して館内に向かいます(笑)
DSCF9487.jpg
◆園外プログラム(以降の◆の開始時間は2013年12月現在)
 オキちゃん劇場(約15分)11:00/13:00/14:30/16:00
 イルカスタジオ(約15分)11:50/13:50/15:30
 イルカふれあい体験 10:20~10:50(土日祝祭日のみ)要予約
 イルカ観察会 13:30~13:50


入館前のフロントではカメラマンによる記念撮影が出来ます。
DSCF9489.jpg
プロの写真は1枚1,000円での購入となりますが、手持ちのカメラでも撮影してもらえるので、無理に買わなくていいと言うのも嬉しいサービスです。

入場料を支払い、自動改札を抜けたら「イノーの生き物たち(タッチプール)」がお出迎えしてくれます。
DSCF9490.jpg
「イノー」とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海のことだそうです。
ここでは、ヒトデやナマコなど、イノーにすむ生き物に実際に触れることができます。
自然の海と違いどれも安全な生き物なので、安心して触ってみることができます。

進んでみると「珊瑚の海」と言う水槽の屋根がない飼育コーナーに出ます。
DSCF9493.jpg
普段見たことのない、カラフルだったり不思議なカタチだったりする生き物たちに大興奮のズキマル君は、ものすごくヘンな格好で写真撮影に没頭していました。

美ら海水族館と言えばジンベイザメを見に来るようなものですが、落ち着いて撮影できる場所の一つが「美ら海シアター」です。
およそ20分の映像が流れた後、スクリーンが天井内に収納されると、見事な水中ワールドが広がります。
そこから間近で見る全長16mのジンベイザメの姿はまさに圧巻!感動の胸の鼓動の高鳴りが停まりません。
オススメは休日16時半からの回です。
翌日が平日なので客数も減りゆっくり見られる上に、17時からのジンベイザメの給餌を独特の視線で楽しむことが出来ます。
魚たちはエサやり前が一番活発に動くので、この時間が最適な見学タイムなのです。
DSCF9495.jpg
◆美ら海シアター(ハイビジョン映像:約20分)
 10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00
 【土日祝等】10:30/11:30/15:30/16:30


「黒潮の海」の大水槽前で見ることが出来るジンベイザメの給餌解説は、15時と17時の2回しか行わないオススメのイベントです。
巨大なジンベイザメがまっすぐに起き上がり水面のエサを吸い集める光景とその解説を見逃すわけにはいきません。
超巨大水槽だからこそ見ることのできるイベントに、家族みんなで息をのみます。
DSCF9503.jpg
◆黒潮の海大水槽前(給餌解説:約30分)
 15:00/17:00


給餌が終わると、14時半から一時休止していた「黒潮探検(水上観覧コース)」が再開されます。
これはジンベイザメのいる「黒潮の海」大水槽の魚の生態を水面上から自由に観覧できる人気プログラムです。
1階のジンベエ・マンタコーナーから専用エレベーターで水槽の上まで昇ります。
DSCF9504.jpg
◆黒潮探検(水上観覧:約30分)
 水上観覧10:00~14:30/17:30~閉館
 水槽解説10:30/11:30/12:00/12:30/13:30/14:00/18:00/18:30


アクリルガラスの貼られた足場の上を歩けるコースもあり、これまた大興奮です。
DSCF9506.jpg
カメラを構えた子どもも大人も楽しそうに魚たちの写真を撮り、笑顔と歓声をこぼしていました。

閉館時間近くなり、退館して公園を歩いてみると、素晴らしいイルミネーションが送り出してくれます。
DSCF9508.jpg
結局この素晴らしいイルミネーションも十分に堪能し、19時を過ぎたころ公園を後にすることとなりました。

まさか前売り入場券でも時間帯割引分が返金になるとは思わなかったため3割引きでの入場となりましたが、道の駅許田での前売り券購入での16時以降入場なら約半額で楽しめることが分かりました。
合わせて、魚たちが活発に泳ぎ回る時間帯も16時以降であることから、「美ら海水族館」をかなりリーズナブルに満喫できました。
まだまだ沖縄の魚たちを観たりない思いを胸に、子ども達との再訪を誓い、クルマで帰路をひた走ります♪


□沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館
 TEL:0980-48-3748
 沖縄県国頭郡本部町字石川424
 営業時間 8:30-18:30(夏季等延長)
 休園日:12月第1水・木
 入場料:大人1800円高校1200円小中600円
     ※16時以降入園は3割引き
     ※時間があれば「道の駅許田」で前売り券購入をオススメします。
 駐車場:無料


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/23 16:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:動物園と水族館 - ジャンル:旅行

名城100選スタンプラリー・50箇所目「今帰仁城」
普通は家族で沖縄観光と言えば国際通りや美ら海水族館ですが、norizo一家はいきなり城跡からスタートです(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※さすがにテントむしは空輸できなかったのでレンタカーを使って訪問します。

今回訪問してみたのは、名城ナンバー98番の「今帰仁城(なきじんぐすく)」です。
沖縄県名護市の北の半島を一周する国道505号線本部循環線の最北端近い今泊交差点から県道115号線を南下すると見えてきます。
公共交通機関では名護市からの循環バス(系統番号66本部半島線ほか)で「今泊今帰仁城跡入口(いまどまりなきじんぐすく)バス停」にて、そこから徒歩15分ほどで訪問することが出来ますが、1時間に1本程度しかないので有効な手段とは言えず、レンタカーを活用するのが最も適切と思われます。
駐車場は無料ですので、時間を気にせずゆっくり見学できるのも嬉しいところです。
DSCF9453.jpg

沖縄本島の北部、本部(もとぶ)半島の北東部に位置し那覇市から北へ約85kmの距離の今帰仁(なきじん)村にあります。
今帰仁城跡は村の西にあって字今泊に所在します。
近隣には沖縄随一の観光施設ともいえる「美ら海水族館」があるので、家族連れでも「ついで」に訪問することが可能です。
施設は歴史文化センターと交流センターがあり、交流センターで入場チケット(大人400円子ども300円)を購入して見学へと進みます。
このチケットで城跡と文化センターの両方を見学することができます。
DSCF9454.jpg

また、「100名城スタンプ」はビジターセンター(チケット売り場)で声をかけるとお借りすることができます。
DSCF9456.jpg

沖縄の歴史はまだnorizoも詳しく勉強していないので、とりあえず子どもたちもご愛好の「戦国BASARA2」・「戦国BASARA3」から「一刀必殺・島津義弘」と一戦交えた琉球軍の居城の一つとして共感を求めてみます(笑)
shimazdu01.jpg

訪問地は「今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)」となり、ビジターセンターを抜けると、今帰仁城の城壁のジオラマで現在地とこれから歩くエリアを確認することが出来ます。
DSCF9458.jpg

今帰仁城は大きく8つのエリアに分かれており、城壁による区切りでそれを確認することが出来ます。
今帰仁城跡の案内
※「今帰仁城跡ホームページ」より

城外向かって右手の高台には観光用に写真を撮りやすいポイントが設けられており、素晴らしい石垣と青空をバックに1枚撮りたくなります。
DSCF9460.jpg
琉球の城郭の石垣は、石垣内部まで石積みとなっており、本土の石垣とは異なります。
また、美しい流線型からは中国やヨーロッパの城郭の様相すら感じることが出来ます。

一番大外となる石垣で囲まれた空間「外郭(がいかく)」は昭和50年に沖縄海洋博覧会の工事の進む中で、石垣が積まれた箇所が発見されました。
DSCF9466.jpg
これが城郭の一部であることが確認され、昭和54年12月28日に国の史跡として追加指定されました。
高さは2メートル前後と比較的低い石垣が延長数百メートル蛇行して続きます。
現在も調査が行われ、外部の整備が進められています。

海外からの観光客も多く訪れており、ガイドツアーさんの説明も日本語ではないのでこっそり聞くことはできませんでした(笑)
一団が説明を受けて進んだ後に中央の門を目指して進みます。
この門のあたりにビジターセンターで購入したチケットのモギリがあります。
DSCF9468.jpg

一番最初に通り抜ける「平郎門(へいろうもん)」は今帰仁城の正門で、その名称は「琉球国由来記」に「北山王者、本門、平郎門ヲ守護ス」として登場するそうです。
現在見ることのできるこの門は、昭和37年(1962年)に修復されました。
DSCF9469.jpg

門の左右に狭間があり、門の天井は大きな一枚岩を乗せた堅牢なつくりとなっています。
DSCF9470.jpg
門をくぐって中心地を背に左側の小窓からは子どもが顔を出せるように踏み台が置かれており、ズキマル君が喜んで顔を出していました(笑)

平郎門から大庭(うーみやー)まで続く参道となる「七五三の階段」は戦前に地元民によって桜の植栽とともに直線道に整備さたそうです。
戦後まもなく米軍の車両が城内へ登ることから、戦災文化財の修理として文化財保護委員会の指導のもと、今見る階段の姿になりました。
DSCF9471.jpg
前を歩く観光客の団体さんがアジアの方々のためか、それとも今まで見てきた城郭とは全く異質な存在であるためか、気分は中国の某長城にいる感じです(笑)

大庭(うーみやー)の東にある一段高くなった郭が主郭(しゅかく)と呼ばれる本丸跡です。
主郭には多くの礎石が現存し、桜の植樹のため、一部移動させられている石もあるそうですが、かつての建物の形がいくらか想像できます。
ここから眺める海側の風景が絶景で、勾配の先の城壁や街並み、そして海へと続く記念撮影ポイントにもなっています。
DSCF9474.jpg
1982年から4年間発掘調査が行われ、調査の結果13世紀終わりころから17世紀初め頃まで機能していたことが判ったそうです。

主郭近辺から眺める城壁は何とも素晴らしいのですが、子どもたちにとっては最近はやりの「進撃の巨人」が真っ先に思い付いたようです(笑)
DSCF9477.jpg
奥に見えるのは「大隅(うーしみ)」で、平郎門から大庭に向かう途中の抜け道を抜けた左側のエリアです。
今では蜜柑や桜が植栽され、城外に抜けられる洞穴もあると言う、かなり広い郭の一つです。
かつて「城兵達の武闘訓練の場」であったと想定されており、以前大量の馬の骨が発掘された場所だそうです。

正門(平郎門)から右手旧道を少し上った先にある「カーザフ」は、大岩の多いくぼ地です。
ここは、他と比べて低い所でその両側は切り立った谷底になっており、「カーザフ」地名の語義は「川迫(さこ)」つまり「川の谷間(水のある谷間)」として理解されています。
DSCF9479.jpg
切り立った断崖と露頭した岩盤に直接積んだ堅固な石積みは、敵方の進軍を阻む鉄壁を誇ったものと想像することが出来ます。

今帰仁城周辺には多くのチャンコさんがおり、観光客を和ませてくれます。
DSCF9483.jpg
関東圏のニャンコさんは江戸時代の風習から短尾(ジャパニーズ・ボブテイル)が多い気がしますが、ここにはカギ尾や長尾、中尾などいろいろな尻尾のニャンコさんたちが凛とした姿で出迎えてくれます。
ニャンコさんたちを眺めているだけでリラックスできますが、歴史文化センターが待っているので後ろ髪をひかれながら城跡を後にします。

歴史文化センターはビジターセンターの向かいにあります。
入館料は城跡とセット価格なので気にせず楽しめます。
DSCF9484.jpg
館内は撮影禁止なのですが、出土品から太平洋戦争以降までのたくさんの資料を網羅しており、美しい沖縄から悲しい歴史までたくさんのことを学ぶことが出来ます。

あまり時間を取れず、事前に考えていたルートの半分以下しか見て回ることが出来ませんでしたが、それでも沖縄のお城の素晴らしさが伝わってくる素晴らしい管理がなされています。
修繕中のエリアも多く、見たりない感じも否めませんでしたので、またいつか訪問してもう一度この景色を楽しんでみたくなりました。


□今帰仁城(なきじんぐすく)第98番
 訪問先名称:今帰仁城跡
 TEL:0980-56-4400
 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
 開館時間:8:30-18:00
 休館日:なし
 入場料:大人400円子ども300円
 ※道の駅許田の前売り券なら大人320円子ども240円
 駐車場:無料
 通称:北山城
 主な城主:北山王、第一尚氏
 スタンプ設置場所:今帰仁村グスク交流センター


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

みどころ
1.外郭
昭和50年、沖縄海洋博覧会の工事の進む中、石垣が積まれた箇所の発見がありました。これが城郭の一部であることが確認され、昭和54年12月28日に国の史跡として追加指定されました。高さは2メートル前後と比較的低い石垣が延長数百メートル蛇行して続きます。石垣で囲まれた空間を外郭と呼んでいます。最近調査が行われ、外部の整備が進められています。
2.平郎門(へいろうもん)
平郎門は今帰仁城の正門で、その名称は「琉球国由来記」に「北山王者、本門、平郎門ヲ守護ス」として登場します。現在見る門は、昭和37年(1962)に修復されたもので、左右に狭間があり、門の天井は大きな一枚岩を乗せた堅牢なつくりとなっています。
3.カーザフ
カーザフは、平郎門からはずれた右側のくぼ地になったところをいいます。ここは、一段と低い所でその両側は切り立った「谷底」になっています。この地名の語義は「川迫(さこ)」つまり、川の谷間として理解されています。露頭した岩盤に直接積んだ堅固な石積みは、かつて城壁として鉄壁をほこったものと想像することが出来ます。
4.大隅(うーしみ)
平郎門を通り抜けて、大庭に向かって左側部分を大隅と呼んでいます。現在蜜柑や桜が植栽され、城外に抜けられる洞穴もあり、面積はかなり広い郭の一つです。ここは、かつて「城兵達の武闘訓練の場」であったと想定されており、以前大量の馬の骨が発掘された場所です。
5.七五三の階段
平郎門から大庭まで続く参堂は戦前に地元民によって桜の植栽とともに直線道に整備されます。戦後まもなく米軍の車両が城内へ登ることから、戦災文化財の修理として文化財保護委員会の指導のもと、今見る階段の整備が行われました。
6.大庭(うーみやー)
平郎門からまっすぐ伸びた七五三形式の階段を登りつめると開けた広場に出ます。ここは「大庭」とよばれ、南側には南殿があったと推定され、北の一段高くなったところが北殿跡とされます。その建物の跡と見られる礎石が今も残っています。
7.御内原(おうちばる)
北殿跡の北側、一段高いところを御内原と呼んでいます。ここは、かつて「女官部屋」があったといわれているところです。城内でも崇高な場所とされ男子禁制の御嶽テンチジアマチジがあります。北端からの眺望は城内で最もよいところで、大隅一帯の石垣をはじめ今帰仁村全域、伊平屋・伊是名の島々、国頭の山並麓、晴れた日には遠く与論島が眺められ、海を眼下に見ることができます。
8.主郭
大庭の東にある一段高くなった郭を主郭と呼んでいます。主郭には多くの礎石が現存し、桜の植樹のためか、一部移動させられている石もありますが、かつての建物の形がいくらか想像できます。1982年から4年間発掘調査が行われました。発掘調査の結果13世紀終わりころから17世紀初め頃まで機能していたことがわかりました。監守引き上げ以降は、火之神の祠が設置され、さらに来歴碑が建立され祭祀を行う場所として利用されています。発掘調査が完了し、現在のように整備されました。
今帰仁城跡HPより

ワンポイント
◇戦国史
1609年に薩摩軍による琉球侵攻にあい、城は炎上しました。監守が住まなくなって以後は御嶽とし精神的拠り所として広く県内から参拝者が訪れました。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/12/23 14:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしのデカ盛り…619軒目・恩納村「琉冰(りゅうぴん)」
クリスマス近い12月中旬、ラジオからは本土からのゲストに地元パーソナリティが「沖縄は思ったより寒くて驚いたでしょう?」なんて声をかけていますが、気温は20度近く日が当たるところでは半袖でも十分です(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

真冬のはずなのに上着の要らない日差しの降り注ぐ沖縄で、一年中大きなカキ氷が食べられる店があると聞き行ってみることにします。
沖縄自動車道の石川(いしかわ)インターから国道73号線を西に進み、国道58号線に合流したらやや南に下ると見えてくる恩納村(おんなそん)博物館に併設する道の駅「おんなの駅」があります。
道の駅の軒下のフードコートの中に店を構えるのが今回の目的地「琉冰(りゅうぴん)」です。
休日のランチタイムの訪問とあってか、デザートを求めて注文が相次いでおり、なかなかの人気振りを感じさせてくれます。
DSCF9449.jpg

テイクアウト専門ですが、道の駅の休憩スペースで飲食が出来るため、特に食べる場所に困ることはありません。
この店のオススメは大きなカキ氷「アイスマウンテン」で、リーズナブルな300円からトッピングの素材に応じて価格が上がっていきます。
DSCF9451.jpg

カキ氷としては高価ですが、パッションフルーツ、パイナップル、マンゴーをガンガン使ったメニューがこの店のキーポイントです。
DSCF9450.jpg

そんな沢山の種類の中から今回はリッチに「パイナップル&パッションフルーツ(780円)」を選んでみました。
DSCF9452.jpg
透明プラスチックのどんぶりに山盛りの氷の上に、パッションフルーツのつぶつぶソースがたっぷりとかけられます。
半面にはゴロゴロと大きくかっとされた甘いパイナップルがところ狭しと貼り付けられています。
中央山頂にはバニラアイスがドンと腰を据え、フルーツに柔らかい甘さを足していきます。
12月でありながら外気温は20度近くありますが、体のことを考えてか温かいお茶を人数分用意してくださったのも好印象です。
また、引渡しの際に「パッションフルーツは種まで食べられますからね。」と子どもたちに丁寧にご説明いただいたため、普段見かけたことのないパッションフルーツソースにも率先して手をつけていきます。

1つしか頼まなかったこともあり、思いっきりスプーンを突き立てて取り合いながら家族のコミュニケーションの再確認をすることが出来ました。
南国ならではの暖かい空気のもとで
口どけ豊かなフルーツのカキ氷をおなか一杯食べることが出来て大満足です。

次回は何味のかき氷を食べようか・・・と悩みながら、道の駅の思わぬデカ盛りに密かに再訪を誓いました。


□琉冰(りゅうぴん)
 TEL:098-965-6093
 沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅内
 営業時間10:00~19:00
 定休日1/1・2
 駐車場あり

琉冰 おんなの駅かき氷 / 恩納村)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/23 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしのデカ盛り…618軒目・那覇「ルビー」
那覇に重い「軽食」を出してくれる定食屋さんがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

那覇空港の北東、国道58号線泊ふ頭を過ぎ、川に架かる橋を越えた泊交差点の先、西側3つ目の角にあるのが「軽食の店ルビー」です。
創業から50年を越える那覇きっての定食の老舗で朝10時開店となっており、訪問時間は10時半でしたが店内はすでに8割近く席が埋まっています。
駐車場がありますが混雑するためか、店の外には交通整理の方がいてくれます。
代人気店のようですが運良く店内のお客さんが一巡したようで、タクシーがちょうど出て行った後の駐車場に入れて入店することができました。
DSCF9443.jpg

創業50年を超えるそうですが、50席以上あるテーブルをフロアの女性が手際よく注文品を運んでいきます。
小さなファミレスのような店内入口には券売機が用意されており、ここでチケットを購入してフロアのおねぇさんに渡してから何となく指された先の席につきます。
DSCF9444.jpg

厨房すぐ目の前、レジの右側の席をお借りして、食事を待ちながらセルフサービスの水を取りに行きます。
飲み物は水、お茶、紅茶があり、紅茶はすでに砂糖が入っているので、子ども達が喜んですぐにお替りしに行きます。
DSCF9445.jpg

1品目はボリューミーとウワサの「Aランチ(780円)」にしてみます。
DSCF9446.jpg
大きなとんかつ、200gほどのハンバーグ、スパムと玉子焼きに茶碗山盛り1杯分ほどのご飯がワンプレートに盛り合わせで運ばれてきます。
セットの玉子スープも大皿にたっぷり入っています。
出てくるまでにそれほど時間はかかりませんが、調理したてのものが出てきて驚きます。
ご飯のボリュームはそれほどでもありませんが、おかずでおなか一杯になれるのにこの価格と言うのが何とも嬉しいです。

2品目は「ステーキ丼(480円)」です。
DSCF9448.jpg
1合オーバーのご飯の上には、ウェルダンに近いミディアムに焼き上げられた150gほどのステーキがカットされて載っています。
あっさりとしたタレがかかっているせいか、ガッツリ男メシなのにコッテリしすぎた感じがしません。
モズクの味噌汁がセットとなっており、これがまた良い味付けです。
500円でお釣りがくるのにこの価格とボリュームは…脱帽です。

3品目は「ロコモコ丼(480円)」にします。
DSCF9447.jpg
1合強のご飯の上にはサラダ、150gほどのハンバーグに目玉焼きが載っています。
セットのおわんには玉子スープが入っています。
ロコモコは基本の味付けは出来ているのでそのまま、調味料なしでも頂けますが、好みでテーブルに用意された調味料で味を調えることも可能です。
ハンバーグはAランチと同じフルサイズのもので、これまた下味が十分についているのでソースなどを掛けるのがもったいなくなります。

家族4人で3品を完食するのが適量で、総額は2,000円を切るリーズナブルさに驚愕します。
店を出る頃には駐車場に入りきれないほどクルマが続々と訪問し、ラッキーで待ち時間なしで席につけたことに嬉しくなってしまいました。
おそらく近所にあったら毎日通って、ウェイトアップに協力してくれること間違いなしの、リーズナブルなガッツリ飯の名店です。


□軽食の店ルビー
 TEL:098-868-1721
 沖縄県那覇市泊3-4-15
 営業時間 10:00~24:00
 定休日:盆、正月
 駐車場あり

軽食の店 ルビー定食・食堂 / 美栄橋駅
昼総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/23 10:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

始発前の成田空港LCC(格安航空)を活用する方法(テントむし版)
ボーナスが出たのでフンパツして…と家族には言ってありますが、実際には家族4人で10万円が限界でした。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

10万円と言う限られた資金を元手に、リーズナブルなツアーを一括検索できるYahoo!トラベルから沖縄ツアーを探し出すことができました。
成田空港朝6時発のジェットスターを使った2泊朝食レンタカー付きカード支払い可のツアーですが、実はコレがかなりのクセモノです。

「成田空港6時発」は、到着後の有効な時間活用は望めますが、実は始発列車が動いていないのです。
始発前のLCCを利用するに当たり、いくつかの対処方法があります。

①成田空港近くのLCC対応格安宿泊プランを狙う。
→この方法では楽天トラベルを利用し、キーワードに「LCC」「成田」と入れて検索した後、「料金が安い順」で並び替えると案外リーズナブルなプランが出てきます。
タイミングが良ければ一人4,000円程度で駐車場無料かつ空港までの送迎つきなんていうプランにも出会えますので、一人旅であればリーズナブルに旅のスタートを満喫できます。
大人2名小学生2名となると、12,000~20,000円程度かかってしまうので、今回はこの方法は見送ります。

②東京発の深夜バスを狙う。
→東京駅から深夜1時半に出発し成田空港に午前3時半頃到着する京成バス株式会社の高速シャトルバスがあります。
価格も1,500円とリーズナブルなので学生さんには向いているかもしれません。
子どもの価格設定がないのと、深夜帯の移動となるためファミリー層にはオススメできません。
大人2名小学生2名では6,000円という価格設定と深夜1時半までの過ごし方を考た末にNGです。

③オーソドックスに空港駐車場を使う。
成田空港駐車場は1日1,500円から2,000円程度です。
一般的な方法ですが、モトが「激安ツアー」なので、ここで2泊3日6,000円も使うのは悔しいのでやめておきます。
しかしセキュリティー面を考えると最も安心のプランです。

④民間駐車場を利用する。
→空港からはやや離れますが基本料金(保険料)525円プラス1日420~1,000円程度の駐車場代で、空港までの送迎もしてくれます。
ただし、朝4時過ぎのオープンが多いのでドコかで時間を潰す必要があります。
また、経営母体ごとに「深夜早朝料金」を割り増しで取るところもあります。
長期割引や洗車サービスなども充実しているので、TPOに合わせて調べて選ぶことができればかなりお得です。

今回の旅行ではもちろん「④民間駐車場を利用する。」を活用します。
ネット検索で「LCC 格安」などと調べて、2泊3日で最安値だと思えたのが「成田ガレージ」さんです。
基本料金(保険料)525円、1日420円で深夜早朝割増もありません。
つまり2泊3日なら送迎付きで1,785円で駐車することができます。
ネットで予約すれば、当日の慌ただしい時間帯の手続きを省くことも可能です。
弱点は…開店時間が朝4時半からであると言う点です。
LCCの出発時間は朝6時ですから十分に間に合う時間ですが、深夜に起きてどのくらいの時間で到着できるのかを考えると不安がよぎります。

何となく想定は出来ると思いますが、ここで考えたのが「1日分料金を追加して駐車場で1泊させてもらう。」と言う方法です。
早速電話してみると「営業時間外は施錠してしまうので、敷地内への滞在は出来ません。」とのことでした。
(考えてみれば、警備のことを考えても当たり前ですね。)

そうなれば、考えられるもう一つの方法は「近くの道の駅やパーキングエリアで仮眠する。」です。
成田空港近隣の道の駅だと「風和里しばやま」や「たこ」、「くりもと」があります。
しかし、下道をひた走り、早朝にパーキングへ…と言うのもナンセンスに思えます。
そんなわけで、成田空港前最終のパーキングエリアである東関東自動車道の酒々井(しすい)パーキングエリアにやってきました。
DSCF9420.jpg
到着は22時頃だったのですが、予想外に駐車車両数も少なく静かです。
早々に屋根をポップアップして就寝しましたが、FFヒーターの活躍で外気温5度以下でしたが快適に眠ることができました。
ちなみに、この酒々井PAでは先ほどの例に挙げた「②東京発の深夜バスを狙う。」のバスも時間調整のためにここで休憩します。

目覚ましをかけて午前3時半に目を覚まし、クルマを元に戻したら成田インターを降りて295号線を東に向かいます。
道路沿いに続く有料駐車場の一角に、目的地「成田ガレージ」が見えてきました。
DSCF9421.jpg
開店時間よりやや早くついてしまったので、しばらく入口前で待機し、開店と共に1番乗りしました。

事務受付開始から送迎バスの出発まではしばらく時間がありますが、待合室は空調も効いておりソファも用意されているので快適です。
DSCF9424.jpg

事務手続きを終えて、送迎バスに乗り込み空港へと向かいます。
DSCF9426.jpg
空港に入る際に、本人を証明できる証明書の提示が必要になりますが、程なく終了し、ジェットスターのチェックインブースの近くまで運んでもらえました。
使ったことはありませんが、空港駐車場よりも歩く距離が少なくて済むかもしれませんね。

ジェットスターの自動化したチケット発行もあっという間に終わり、買ったばかりのバッグに詰めた荷物チェックも問題なく終わって、まだ暗い中、飛行機に乗り込みます。
DSCF9430.jpg

激安なので心配していた飛行機の席も、家族4人並んでいたので安心の空の旅となりそうです。
DSCF9431.jpg

離陸してしばらくすると朝日が昇り始めました。
DSCF9441.jpg

激安でスタートした沖縄旅行、これからどんなトコロを旅することになるのか…
この先のドタバタ訪問記にもお付き合いいただけると幸いです。


成田ガレージ
 TEL:0476-32-0180
 千葉県成田市駒井野1091-1
 ※国道295号沿い・ANAクラウンプラザホテル成田100m手前
 営業時間 4:30~当日最終フライト
 休業日:年中無休
 サービス:空港までの無料送迎あり
 インターネット等の事前予約により当日の事務作業を省略可能

より大きな地図で 銀色テントむしのLCC向け格安駐車場 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/12/23 7:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:なし

テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

激安ツアーレビュー…ヤフトラで行く「LCC沖縄」準備編
ボーナス時期、子どもたちの冬休みと言うこともあり、フンパツして沖縄へ行くことを決意しました♪
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

旅行探しに使ったのは、リーズナブルなツアーを一括検索できるYahoo!トラベルからです。
成田空港朝6時発のジェットスターを使った2泊朝食レンタカー付きカード支払い可のツアーをゲットしました。
金額や訪問先については後日記事にしていきますが、とりあえず12月23日から3日間で沖縄に行くことを決めたので、早速荷造りを開始します。

飛行機で旅行をすることがほとんどないためジェットスター対応のカバンを購入します。
・・・と言ってもツアーが激安なのにカバンが高いのでは意味がないので、激安カバンをゲットしました。
DSCF9412.jpg
楽天市場で見つけたのですが、アサクマかばんで1つ1,200円、3,000円以上購入なら送料も無料だったので3個買ってみました。
撥水性の生地で折りたたむと大変コンパクトですし、大きなカバンだと輸送費用が発生する激安航空便の機内持ち込みにも対応しているスグレモノです。
頻繁に使うには耐久性に不安を感じますが、年に1・2回しか飛行機を利用しないnorizo一家にとっては価格・サイズ共に最適なグッズです。

スマホなど充電が必要な機材が多いながら宿泊先でのコンセント数には不安があるため充電器も新調してみます。
DSCF9410.jpg
バッテリーやケーブル類は100均や普段使いのものを用意しますが、USB充電器だけは良いものがないと旅先で電池切れを起こします。
そこで用意したのが写真の一番上にある「プラネックスコミュニケーションズ 『充電大王』」です。
普通は最大出直が1~2アンペアのものが多い中、これは5アンペアあるのでスマホやタブレットなどを同時に5台まで充電しても出力オーバーで蓄電エラーを起こす心配がありません。
『充電大王』のすぐ下に4口1アンペアのUSB充電器もバックアップとして用意しますが、これは充電切れのスマホ2台で出力オーバーを起こし2台とも充電できていないなんてこともありました。

さらにレンタカー対策として、インバーターとACたこ足タップも用意しておきましょう。
DSCF9411.jpg
オススメのインバーターは写真右上のセルスター「FTU-150B」です。
スマホサイズのコンパクトさですが、3,000円程度で150Wの100V電源とUSB電源を1台で確保できます。
たこ足が必要な理由は、レンタカーの場合ACコンセントからカーナビの電源を引っ張ってコンセントを埋めてしまっている場合があるからです。
旅先での通信や検索にスマホ、タブレット、ケータイも欠かせないので我が家には必要なアイテムです。

何となく旅の準備も出来ましたので、いよいよ出発となります。
取材費(旅行代)に結構費用がかかってしまったため、年末年始をかけて沖縄訪問記をお送りしていきますので、時間が空いたらこのブログを覗いて旅の気分を味わって頂ければ幸いです。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


今回購入したカバン

今回購入した高出力5口USB充電器

今回購入したハイブリッドインバーター



2013/12/22 19:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:なし



テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

関東「道の駅」スタンプラリー2013・「何か当たったよ」編
12月初旬までお付き合いいただいた『関東「道の駅」スタンプラリー2013』(開催期間平成25年7月1日~11月30日)の余韻からまだ覚めやらぬ昨今ですが、ふとポストを覗くと見慣れぬ封書が届いていました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催15年目の「関東道の駅スタンプラリー2013」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して、道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、旅してきました。
DSCF7495.jpg
参加6年目のスタンプラリーでは、7月7日から11月30日まで22週間、走行距離11,617キロ(開始138,968キロ-終了150,585キロ)、146箇所の道の駅巡りの旅を楽しみました。

今回は「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」と言う新しい試みで、総額40,000円以上のソフトクリームやジェラートを食べて回ったのも楽しい思い出です。

さてさて、そんなスタンプラリーのスタンプ帳の最後のページには10箇所用の応募ハガキと完全制覇用の応募はがきが付いていましたので、アンケートを記載の上、最終日に神奈川県の道の駅巡りを終えたあと両方を投函しておきました。
今年はやけに返信が早い気がしますが、封書の送り主は「関東「道の駅」連絡会」です。
ワクワクしながら封筒を開けてみました。
DSCF9418.jpg
中に入っていたのは、今回限定300名のみ当選のシリアルナンバー入りオリジナルトートバックです。
…しかも2枚。
どうやら、10箇所コースも完全制覇コースも当たったようです。
シリアルナンバーは10箇所コースが「251」、完全制覇コースが「082」でした。

広げてみると…
DSCF9414.jpg
なかなか買い物によさそうなサイズです♪
デザインもシンプルなので普段使いに便利ですね。
最近はスーパーでもマイバッグ持参の世の中ですから、これから役に立ってくれそうです。

ところで、今回の景品と表彰状やステッカーは同封されていませんでした。
どうやら「金のステッカー」が届くのはもう少し先のようですね。

年の瀬となりあわただしくはありますが、こうした旅の思い出がポストに届くと、1年を思い出して家族で語り合う良いきっかけとなり、出かけていなくても十分なコミュニケーションが取れる良い機会を持つことができました。


2013年のスタンプラリー訪問記はコチラ

◆ワンポイント◆
【短期コースは期間終了】
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
また、キャンペーン期間内に147箇所全ての道の駅のスタンプを押して応募すると全員に「15周年記念ステッカー」が、抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳をコンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。
今回限定で、15周年記念ダブルチャンスとして期間内の応募者全員の中から300名にシリアルナンバー入りのオリジナルトートバッグが当たります。
例年に比べ、プレゼントの当選本数が格段に増加し、賞品がグレードアップしています。
本年より、茨木県「まくらがの里こが(茨城県古河市大和田2623・7/7より)、群馬県「八ッ場ふるさと館(群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4)、埼玉県「みなの(埼玉県秩父郡皆野町皆野3236-35)、千葉県「和田浦WA・O!(千葉県南房総市和田町仁我浦243)の4箇所が新たにスタンプラリーに仲間入りしています。
※残念ながら山梨県「富士川ふるさと工芸館」(山梨県南巨摩郡身延町下山1578)は平成25年3月20日をもって無期限休止となりました。

□関東「道の駅」スタンプラリー2013
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この資料は開催当時の情報です。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/23 18:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:なし

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで「つくばちびっ子博士2013」【結果発表】
夏の暑さの中、子どもたちとつくば市でスタンプラリーのために研究所巡りをしたのが昨日のことのようです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

つくばちびっ子博士」は、茨城県の筑波学園都市にある研究施設とつくば市がタイアップして行われる企画で、博物館や植物園などのほかに、普段は見られない研究所内を見学したり研究成果を公開してもらえるのが特徴です。
全国の小中学生を対象に行われているスタンプラリー型のイベントで期間は2013年7月20日(土)から9月1日(日)の夏休み期間に実施されました。
DSCF7613.jpg
スタンプを押しながら研究施設を回るので、スタンプを押していくうちにコンプリート感が強くなり、今年もスタンプ帳を埋め切る事が出来るだけの旅をすることが出来ました。

今年は1日分を1コースとして時系列で5日間レビューしたのですが覚えていますか?

1日目:ゆかりの森・国立環境研究所・筑波大学ギャラリー(7月20日)
2日目:独立行政法人農業環境技術研究所・食と農の科学館(7月27日)
3日目:お天気フェア(3点)・種苗管理センター・花き研究所・果樹研究所(8月7日)
4日目:国土交通省国土技術政策総合研究所(2点)・NTTアクセスサービスシステム研究所(8月9日)
5日目:国立公文書館つくば分館・防災科学技術研究所・筑波宇宙センター・サイバーダインスタジオ(8月12日)

こんな感じで、合計18箇所の見学が出来たので、スタンプ帳(パスポート)の感想文記入欄(400文字程度)を記載して、つくば市教育委員会に郵送しておきました。

すると先日、クリスマスプレゼントのように封書が届きました。
中を開けてみると…
DSCF9413.jpg
表彰状と夏休みの思い出のパスポートに「確認印」が押され、送られてきました。

また、よく見ると封筒の中にはまだ何か入っているようです。
DSCF9415.jpg
中身は参加賞のシャープペンシルでした。

このシャープペンシルがなかなかのスグレモノで、シリコングリップにやや重めの重さ設定、振るだけで芯が出てくると言う、コドモにはワクワク心をくすぐる賞品です。
DSCF9416.jpg

賞品のために宿題に付き合ったわけではありませんが、やはり賞品や賞状が出ると俄然子どもたちにやる気が出たのも事実です。
つくば学園都市と言う貴重な研究施設群を見学させて頂けると言う貴重な体験を行ってくれているつくば市教育委員会の皆さんには感謝するばかりです。

また、来年も子どもたちと共に訪問できるよう、賞品を眺めながらゆっくりと夏休みの思い出に花を咲かせる時間も、合わせて封筒に入れていただいていたようで、賞状を眺めながら楽しい会話をすることが出来ました♪


■■「つくばちびっ子博士2013」対象見学施設■■

01.(独)国立公文書館つくば分館
02.大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
03.(独)建築研究所
04.国土交通省国土技術政策総合研究所
05.(独)土木研究所
06.NTTアクセスサービスシステム研究所
07.(独)防災科学技術研究所
08.戸田建設 ㈱ 技術研究所
09.(国)筑波大学
10.国土地理院「地図と測量の科学館」
11.ゆかりの森昆虫館
12.(独)国立科学博物館筑波実験植物園
13.筑波学院大学
14.つくばエキスポセンター
15.つくばサイエンス・インフォメーションセンター
16.サイバーダインスタジオ
17.(一財)日本自動車研究所
18.アステラス製薬(株)つくば研究センター(御幸が丘)
19.つくば国際会議場
20.(独)物質・材料研究機構
21.(独)産業技術総合研究所地質標本館
22.(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター
23.(独)産業技術総合研究所サイエンス・スクエア つくば
24.高層気象台
25.気象測器検定試験センター
26.気象研究所
27.(独)国立環境研究所
28.農研機構果樹研究所
29.農研機構花き研究所
30.(独)種苗管理センター
31.(独)医療基盤研究所薬用植物資源研究センター
32.(独)国際協力機構筑波国際センター(JICA筑波)
33.(独)理化学研究所バイオリソースセンター
34.(独)農業生物資源研究所
35.食と農の科学館
36.(独)農業環境技術研究所
37.(独)森林総合研究所もりの展示ルーム
つくばサイエンスツアーオフィスHPの情報にリンクしています。
 2013年7月16日現在のリンク先のためリンク切れについてはご容赦ください。

 予約や参加可能日の確認はつくば市HPの関連資料またはつくばキッズHPにてご確認ください。

※コースの中には期日限定や予約制、対象年齢制限などがあるためすべて回ることはほぼ不可能です。
また、スタンプの押印欄自体が18箇所しかないので、たくさん回りたい場合には、どこのスタンプを押すか事前にチェックしておく必要があります。

パスポート配布場所(つくば市役所1階総合案内・大穂窓口センター・豊里窓口センター・谷田部交流センター・桜窓口センター・筑波窓口センター・茎崎窓口センター・ゆかりの森昆虫館・つくば市総合案内所・つくばサイエンスインフォメーションセンター・つくば市市民活動センター・つくば市東京事務所等)でパスポートを受け取ったらスタンプラリーをスタートできます。
指定37箇所の見学施設の中から、6箇所コース、12箇所コース、18箇所コース(400字程度の感想文提出)のどれかを目指します。
コースごとに認定証と記念品がもらえるので完了したら「つくばちびっ子博士事務局(〒305-8555 茨城県つくば市苅間2530-2 つくば市教育委員会教育指導課つくばちびっ子博士事務局)」にパスポートを提出して完了です。

各施設やイベントについては、昨年一昨年の様子を記事にしてありますのでご覧になってください。
つくばちびっ子博士2012」の様子はコチラ
つくばちびっ子博士2011」の様子はコチラ
※旧記事は文章が乱暴な場合がありますがご容赦ください。

□つくばちびっ子博士エリアマップ



より大きな地図で 銀色テントむしの「つくばちびっ子博士」 を表示
※赤は期間限定、黒は常設展示です。施設詳細情報は2012年のものです。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/23 12:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:なし

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

銀色テントむしのデカ盛り…617軒目・中野「デイリーチコ」
以前、「出没!アド街ック天国(テレビ東京系)」の中野特集の際に放送されて以来気になっていたスイーツのデカ盛りを求めて、中野までやってきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線と東京メトロ東西線の中野(なかの)駅から都道420号線を250mほど北に進むと都道25号線早稲田通りと交差する新井交差点を東に曲がるとすぐに見えるのが「中野ブロードウェイ」です。
有料駐車場も併設しているのでクルマでの訪問も可能ですが、今回は都営地下鉄大江戸線の東中野から西へ1キロちょっと歩いてみました。
この中野ブロードウェイの地下一階の中央部分のフードコートの一つが「デイリーチコ」です。
DSCF9393.jpg
座席もないテイクアウト専用のカウンターですが、ここでスゴいソフトクリームが食べられると聞きやってきました。

ほぼソフトクリーム専門店で、8種類の中から好きな味を選びます。
DSCF9398.jpg

サイズは「小(230円)」「中(280円)」「特大(390円)」となっており、「中」は2色から4色まで選んで盛り付けてもらうことが出来、特大は初めから8色のレインボーで提供されます。
DSCF9396.jpg

まずは「中・モカチョコレート2色(280円)」を注文してみます。
DSCF9399.jpg
中サイズなのに巻いてある数が7段と大ボリュームです。
8色から選べるそのレパートリーは無限大ですので、その日の好みでいくらでも新しい味にチャレンジできます。
モカさんの希望で共食いのモカミックスにしてみましたが、濃厚で美味しいのと、館内は空調が効いていることもあり冬場でも飽きずに食べられます。

さらにスゴい「特大(390円)」にももちろんチャレンジしてみます。
DSCF9397.jpg
全色が一堂に会した8段ソフトは絶妙なバランスでタワーのようにそびえたちます。
購入時の注意書きに「たおしても巻きなおししません。」とありますので、食べる際には十分注意しましょう。
ただ、スプーンはもらえますので、普通に食べれば倒すことはありません。
それでもご主人が子どもたちに「斜めにすると倒れちゃうから気を付けて。」と声をかけてくださりました。
大きさはかなりのものですが、味がどんどん変わるので、飽きずに最後まで食べることが出来ました。
ただ…これを一人で食べるのは至難の業と思われます(笑)

一昔前のデパ地下のような雑多な雰囲気ではありますが、何とも居心地のいい混雑具合に感じるのはnorizoだけでしょうか?
DSCF9400.jpg

中野ブロードウェイの地下一階は小腹を満たすのに嬉しいお店がたくさんあるので目移りしてしまいますが、何度でもチャレンジしてみたくなるリーズナブルなデカ盛りスイーツの名店と言えるでしょう。

□デイリーチコ
 TEL:03-3386-4461
 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ B1F
 営業時間10:00~20:00
 定休日:無休
 駐車場あり(300円/30分)

デイリーチコアイスクリーム / 中野駅新井薬師前駅
夜総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/15 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしのクリスマス直前企画2013「サンタとプレゼント」
先日、道を歩いていたらお子さん連れのお母さんがお子さんに「そんなのはサンタさんにお願いしなさいよ!」と怒鳴っているのを見かけて、そろそろそんな季節であることを思い知りました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

小さな子どものいるご家庭なら、この時期に、いつかは一緒に考えなくてはいけないのがサンタクロースとプレゼントについてではないでしょうか。

「サンタはどこから来るの?」
「お母さんはどうやってサンタに欲しいものを伝えているの?」
「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」


などなど、的を射た子どもさんからの質問に曖昧に答えるのは教育上、好ましくありません。

家庭環境により説明方法が違うかもしれませんので、まずは我が家の前提条件からお話ししておきましょう。
そもそも我が家では2学期の通知表をもらった日のうちに旅に出てしまうことが多く、自宅でクリスマスを迎える経験がほとんどありません。
そのため、サンタは出先にプレゼントを持ってきてくれたり、自宅の枕元に置いてあったりと、その年々で訪問先が違っています。
プレゼントをくれるのは、
・祖父母(1,000~3,000円の希望品)
・お父さん(1,000円程度の玩具)
・ヨメさん(500円程度のお菓子や文房具)
・サンタクロース(500~3,000円程度の何か)
と、数だけで言ったらヨーロッパのクリスマス並ですが、その総額は5,000円未満とそれほど裕福な環境ではありません。
また、我が家の大人はサンタにプレゼントをお願いする方法を知らないため、自身が強く念じるしかありません。
あわせて、お父さん(norizo)はここ6年ほど子どもたちのいる前で、サンタクロースに「朝起きたら隣に長澤まさみちゃんがいて欲しい♪」とお願いし続けています。
しかし、まだ1度も実現していません。
そろそろ、サンタクロースの存在を疑う時期でもありますから今年は「サンタが来なかった時用」にお父さんからのプレゼントを用意してみました。
こんな現状を鑑みつつ子どもたちのイメージについてヒアリングしてみます。

まずは、子どもたちがどう考えているのかをまとめてみましょう。
我が家には小2のズキマル君と、小6のモカさんがおります。

はじめにズキマル君の「サンタクロース論」をまとめてみましょう。
DSCF9404.jpg

彼は説明の仕方が上手でないこともあり、両親にもサンタにも願ったものをほとんどもらえていない現実の上に「サンタクロースの在り方」が固まりつつあるようです。

そんなズキマル君の「サンタクロース論」はこうです。
DSCF9405.jpg

・サンタは欲しいと思ったものをくれたことがない。
・もらえないとは思うが、枕元に1か月くらい前から欲しいものは手紙にしたためておく。
・ホントにほしいものは祖父母にねだった方が必ず手に入るが、父の意向によりゲーム機やソフトはもらえない。
・父を見る限り、人間はもらえない。・・・大人だからもらえないのかもしれない。
・どうやって入ってくるかとかは気にしない。

なるほど、ちょっとひねくれた小学2年生に育っています(笑)

ではモカさんの「サンタクロース論」はどうでしょう。
DSCF9407.jpg

彼女の場合は、四国のバンガローでプレゼントをもらったり、プレゼントがなかったために祖父母に電話をかけて自宅の枕元にプレゼントがあることを確認したりと、これまた普通のうちとは違うプレゼントの受け取りの経験をしています。

そんなモカさんの「サンタクロース論」はこうです。
DSCF9408.jpg

・サンタは妖精や精霊の類のため、霊感が強かったり何かきっかけがないと見ることは出来ない。
・精霊だから見えないが、言っていることは相手には聞こえている可能性がある。
・プレゼントはもらうべき子どもの手元に行くまでは、サンタ同様の構造であるため壁を透過することも可能。
目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。《新説》
・何が届くかはわからないが、なんとなく日常に置いて使い道のあるものが届くので、クリスマス前の生活雑貨の購入は控える。


また、今回はモカさんから新しい疑問と仮説を提供してもらいました。
「明治時代以前の日本にはサンタは来なかったのか?」
なるほど、スゴい疑問ですが、当人がそれに関する仮説を立てていました。
これは先だって記載した彼女の新しい仮設「目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。」が有効なようです。
雪の降る季節に、金銀財宝などをプレゼントしてくれたケースが日本にも言い伝えられています。
「鶴の恩返し」では雪降る夜に鶴を助けた若者の家に煌びやかな布を織りに女性がやってきます。
「かさ地蔵」では雪深い年末にお地蔵様がソリに金銀財宝を載せてやってきます。
明りの乏しい中世において、「深夜の相手がどこまで見えたのか」と、口伝えの伝承の中で「聞いた相手が認識できるものへと変化を遂げたのではないか。」と言うのが彼女の今年の持論です。
つまり、この時代に「サンタクロース」という認識がなかったために、当時の人々が想像し得る存在へと置き換えられたのだろうと言うのです。

彼女の持論には大いに賛同できる部分が多く、「精霊だから見えないが、相手には聞こえている可能性があるので悪口は言わない。」と言うスタンスは感激していました。

さて、ここであらためて、子どもたちから聞こえてくる質問にnorizoなりに答えてみましょう。

「サンタはどこから来るの?」
回答例)
国際的には北極圏のナントカって村にいるらしいが、恐らく人間ではないんでしょう。
しかし、知ってもらうことは大事なので小人の名前とか奥さんがいるとかは一応調べた上で一般論として伝えます。
サンタクロースに関する情報を家族で一緒に絵本などを読んで調べるなんて言うのも、素晴らしい時間の過ごし方です。

「お母さんはどうやってサンタに欲しいものを伝えているの?」
回答例)
サンタがあなたに必要だと思うものと、あなたがほしいものが一緒だとは限らないけれど、とりあえずメモか何かで12月に入ったら枕元に書いておくことを勧めています。
きっと、あなたの知らないところで、あなたの欲しいものと、それをプレゼントするにふさわしい子どもであるかどうかを見てくれているはずです。
「じゃあ、サンタさんに伝えておくね」は、お子さんが特定の年齢を迎えた時点で「お母さんは異界のものと話せると言っているフシギちゃん」になってしまいますので多用は厳禁です。

「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
回答例)
どうやら精霊や妖精の類らしく、煙突がなくても、鍵とか雨戸とか関係なく入って来ることが可能なようです。
恐らく、昔のヨーロッパの家には煙突があり、人間に近い容姿のサンタを「霊感の強い人」が見た折に、サイズから判断して「煙突から入ったんだろう」と考えたことが、偏見ながら一人歩きしてしまったんでしょう。
ただ、プレゼントに不満を言えば多分近くにいて聞こえているので、すごく嫌な思いをしていると思います。

「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」
回答例)
ケーキや料理がプレゼントのつもりでいたんだけどなぁ…と漏らしつつ、何か小物や雑貨でも買ってあげてみてください。
その際お選びになる方が、その子に読んでもらいたい内容の「本」をプレゼントに加えてみてはいかがでしょう。
意外と、子どもたちは送り主のそんな思いに応えてくれたりします。

ところで・・・ウチでプレゼントにゲーム機やソフトを購入しません。
宿題や旅行などによりあまりゲームに時間を与えられないからです。
まぁ、新作はコストが高いと言うのもありますが(笑)
ウチでの人気ゲームはいまさらDSやPSP、Wiiなどで中古で格安で手に入るため、「お父さんのソフト」として子どもたちに貸し出すかたちで利用してもらっています。
ホントに欲しい物は、「納得させられる理由」さえ持ってくれば、誕生日やクリスマスなんて関係なく買ってあげると伝えていますが「みんな持っているから欲しい」と言う漠然とした理由では却下しているためか、「理由ありき」でゲームを要求されたことはまだありません。

昨年に引き続き家族でサンタクロースについて話し合ってみると、それほど考えに変化は見られませんでしたが有益な時間であったことを感じられました。
皆さんのうちのクリスマスが今年も幸せでありますように♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/12/21 12:00

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしの家族でお出かけ…荒川区「あらかわ遊園」
都営地下鉄ぶらり途中下車の旅の子どもたちのお楽しみしポットにやってきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

時々、地下鉄を使って旅に出たくなる理由に「都営まるごときっぷ」の存在があります。
DSCF9402.jpg
この1日券は、都営地下鉄各線の券売機で販売されており大人700円子ども350円と言うリーズナブルな価格が魅力です。
併走する「東京メトロ」には乗車できませんが、新宿線、三田線、浅草線、大江戸線などに乗れるほか、路面電車の荒川線や無人運転の舎人(とねり)ライナー、都営バスのすべてが乗り降り自由になり、隣接する提携観光施設の割引券としても利用できます。
都営地下鉄だけを楽しむならさらにリーズナブルな期間限定の「都営地下鉄ワンデーパス(大人500円子ども250円)」と言うのもありますが、差額200円での移動距離の大きさに、いつも700円のほうを購入してしまいます。

今回は本八幡(もとやわた)駅から都営新宿線で出発し、森下(もりした)駅で大江戸線に乗り換え、春日(かすが)駅から三田線に乗り、西巣鴨(にしすがも)駅で下車します。
地上に出て、高速道路の高架と逆側に歩くとチンチン電車の都営荒川線の新庚申塚(しんこうしんづか)駅が見えてきます。
新型車輌やレトロ車輌が短時間の間に行き交うので、列車に乗るのも忘れてついつい見入ってしまいますが、適度なところで乗り込みます。
DSCF9385.jpg
大人1回160円子ども80円ですが、1日乗車券のおかげで乗り降り自由なのと、短時間で次の電車がやってくると言う安心感から、窓の外に面白そうなものを見つけると、すぐに電車を降りて散策してしまいます(笑)

14時半過ぎ、やっと子どもたちの目的地「あらかわ遊園」にやってきました。
通常入場料大人200円子ども100円ですが1日乗車券のサービスとしてこの入園料が無料になるのです。

あらかわ遊園は東京23区内唯一の区立遊園地で、大正11年に民営遊園地として誕生し、戦後の昭和25年に「区立あらかわ遊園」として開園しました。
平成22年には区立化60周年を迎え、小さいながら活気のある都民や近隣エリアの憩いのスポットとなっています。
どうぶつ広場やちびっこ広場など無料ゾーンも多いため、一度入園すれば子ども達はいつまででも遊び続けてくれます。
DSCF9390.jpg
数は多くありませんが大型遊戯施設のミニコースターや観覧車はリーズナブルで人気です。
昭和29年に遊園に登場以来、遊園のシンボルとして親しまれてきた観覧車は円環の直径は26メートル、高さは32メートルあり約7分で1周します。
大人200円子ども100円で楽しむことができるため沢山の家族でにぎわいます。


ズキマル君が大好きな豆汽車、名前は遊園キャラクターの名前でもある「ユウミミ号」だそうです。
DSCF9389.jpg
昭和25年から園内を走り、昔も今も子どもたちに人気です。
どうぶつ広場を巡る全長195メートルの線路を走っており、一周約2分の汽車の旅の途中では園内で飼育される動物たちの隠れた静態などをを垣間見ることも楽しめます。

乗り物はどれも大人200円子ども100円ですが、回数券は6枚セットで500円なので回数券がお得です。
以前は同伴していましたが、子どもたちも大きくなったので親は見守るだけで済むので1,000円分もチケットを購入すれば子ども二人で6回乗り物を楽しむことができるので、満足度も大きいようです。

今回に限って言えば、メインゲート右手でのりもの広場向かい南側で行われていたテレビの公開収録に出会えたのがラッキーでした。
DSCF9391.jpg
子ども達が乗り物を楽しむ1時間ほど、撮影風景を見学させてもらいました。
テレ東系の大食い選手権だったんですが、「いかに自分が食べる量が少ない人間なのか」を痛感させられる見学となりました(笑)
放送は関東圏では2014年の1月1日だそうですので、どんな番組だったか確認してみてください。
ひょっとしたらnorizoやズキマル君が見切れているかもしれませんよ(笑)

日が暮れる時間が早くなったので、あっという間に薄暗くなってきました。
子どもたちも満足したようなので、遊園地での楽しい時間はこのくらいにしておきましょう。

1日乗車券の有効時間はまだまだ続くので、もう少しどこかで途中下車してから家路につくことにしましょう♪


あらかわ遊園
 東京都荒川区西尾久6-35-11
 TEL:03-3893-6003
 営業時間 9:00-17:00
 休園日:毎週火曜日ほか
 入場料:大人200円子ども100円(都営線1日券特典で無料)
 駐車場:あり(1時間300円/平日のみ1日最大500円)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/15 15:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:園内GL約1000mm(腰高)

テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの大盛り…616軒目・高田馬場「馬場南海」
都内には「南海」と言う腹ペコの学生をも満足させる洋食屋さんが何店舗かあるのですが、そのうちの1軒に行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはJR山手線の高田馬場(たかだのばば)駅の北、都道8号線から少し入ったところにある「馬場南海(ばばなんかい)」です。
今回はテントむしを置いて、都営荒川線ぶらり旅の最中に立ち寄ったため、学習院下(がくしゅういんした)駅から都道305号線明治通りを南に進み、都道8号線と交差する高戸橋交差点から8号線新目白通りを西へ進み、山手線の高架下をくぐった先のセブンイレブンのある路地から南へ西武新宿線の踏み切りを過ぎてすぐのコインパーキングの向かいの長屋の一角に見つけました。
ランチタイム一巡あとの13時少し前の訪問だったので、店内にはお客さんが一人しかいなかったので安心して席につくことができました。
DSCF9371.jpg

オーダーは券売機式でチケットを購入してカウンターかフロアのお母さんに渡します。
大盛りはご飯を多めに出来るのですが、カレーのみルーも100円で大盛りにできます。
DSCF9372.jpg

まずは「カツカレーご飯大盛り(700+100円)」を注文してみます。
DSCF9373.jpg
小皿に山盛りに盛り付けられたキャベツのサラダは味がないので、テーブルに置かれたドレッシングでお好みの味付けで楽しみましょう。
メインのカツカレーは、注文してからカツを揚げてくれるので、アツアツサクサクのとんかつがいただけます。
ややどす黒さを感じるカレールーは良く煮込まれてスパイシーですが、子どもたちでも食べられる優しさが入っています。
ご飯の量は2合ほどなので、たっぷりルーを食べたい場合には「ルー大盛り」にしておいたほうがいいでしょう。
ライス好きのnorizoには適量なルーの量です。
すべての料理にトッピングの「目玉焼き」がつくのもポイントです。
半熟なのでズキマル君は取り分けたご飯の上に載せて、醤油をかけてグリグリかき混ぜて頂きました。

2品目は「ロースカツライスご飯大盛り(750+100円)」です。
DSCF9374.jpg
カツカレーのときよりも一回り大きく分厚いカツが大皿にドカンと載っています。
山盛りのキャベツの上に載っているのでインパクトもすごいです。
揚げ物はすべて注文してから揚げてくれるので、少々時間はかかりますがアツアツを頂けます。
ごはんも1合半ほどでお皿に山盛りなので、相当お腹がすいていても安心です。

自信がなかったので3品目は2つ食べてから・・・と思ったら、続々とお客さんが来店し、満席になってしまったため注文できずに店を去ることとなりました。
リーズナブルに揚げたてのフライと沢山のご飯を食べることが出来て大満足です。
次回は1回目に券売機に並んだ際にもう1品注文することにします♪



□馬場南海(ばばなんかい)
 TEL:03-3362-1765
 東京都新宿区下落合1-3-19 吉野荘 1F
 営業時間 11:00-19:00
 定休日:不定休
 駐車場なし

馬場南海洋食 / 高田馬場駅目白駅下落合駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/15 13:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしのSL巡り…大塚「C58407」
久しぶりに都電荒川線に乗ったらSLが見たくなったので途中下車してみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

都営荒川線の向原(むこうはら)駅と大塚駅前(おおつかえきまえ)駅の沿線の西側を眺めていると、大塚駅前から1・2分のところに公園が見えます。
この公園が今回の目的地「豊島区立大塚大公園」です。
都心部ですから駐車場はなく、近隣の道路も交通量が多いため、訪問には公共交通機関がオススメです。
DSCF9375.jpg

この公園に展示されている静態蒸気機関車が「C58407」です。
DSCF9377.jpg

屋根付きの展示で四方には厳重にフェンスが張り巡らされており、上部にはネズミ除けのような棘が出ていますが、いたずら防止ではなく鳩除けのようです。
DSCF9378.jpg

その証拠に沢山の鳩が寄ってくるので、モカさんとズキマル君が楽しげに蹴散らします(笑)
DSCF9379.jpg

C58は1938年から1947年にかけて427両製造された機関車です。
DSCF9380.jpg

現存数も多く、全国展示数はD51に次いで多いそうです。
しかし、沢山あるだけに保存状態が悪く、解体の危機にさらされている車輌も少なくありません。
DSCF9382.jpg
フェンスの外からでも塗装や部品の腐食が見て取れます。

公園内の事務室が開放されて沢山の清掃ボランティアの方がいたので、フェンス内の見学が出来ないか声をかけてみました。
残念ながら、責任者らしき方がおらず、鍵がないということで近づいての見学は出来ませんでした。
DSCF9384.jpg

掲示された解説を見ると、展示開始から40年も経過していることが見て取れ、当時の技術がいかに長期間利用できる「モノづくり」であったかを感じさせてくれます。
DSCF9381.jpg

現役時代の活躍地は北海道でしたが、縁あってこの公園に引き取られてから、ずっとこの地で発展し続ける東京の歴史を見守ってきていると思うと、ノスタルジックな感傷とともにこれからもここにあり続けてほしいと祈るばかりです。
子どもたちと、沢山の蒸気機関車を訪問して思うことは、機関車と地域の人たちのふれあいです。
「当たり前」にそこにあるものが「大切な思い出」の一部であることはとても大事なことです。
皆さんの周りでSLを目にする光景があったら、ご自身の思い出と共にそれを長く後世に残せるよう、少しだけごみ拾いやいたずら防止にご協力いただければと思います。


□大塚台公園(C58407)
 TEL:なし?
 東京都豊島区南大塚3-27-1
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1946年12月29日 汽車製造 No.2543
  配置:1949年4月1日 苗穂
  配置:1961年4月1日 木古内
  配置:1969年4月1日 五稜郭
  廃車:1974年3月20日 苗穂

ワンポイント
C58型
8620形と9600形の共通の後継機を目指して1938年から1947年にかけて427両製造された支線用の客貨兼用の中形機関車です。
国鉄形のテンダー機関車のなかで唯一1C1(先輪1軸、動輪3軸、従輪1軸)の車軸配置を持ちます。
D51についで保存車輌が多い形式です。

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/15 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐輪場GL約1000mm(腰高)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしのデカ盛り…615軒目・本八幡「節(ぶし)」
本八幡で博多ラーメンとデカ盛りラーメンが食べられる人気店で12月限定で替え玉(麺お替り)無料サービスをやっていると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR総武本線の本八幡(もとやわた)駅の南口から線路わきの路地を東に進み1つ目の十字路を南に進むとすぐに見えてくるのが「節(ぶし)」です。
駅前の密集したエリアでさすがに駐車場はありませんが、近くにはたくさんのコインパーキングがあるためクルマでも訪問が可能です。
カウンターのみのお店なのですが、子ども連れのお客さんでも快く対応してくれるのが嬉しいです。
DSCF9360.jpg


注文は券売機でチケットを購入してカウンターに渡す方式になっています。
DSCF9362.jpg

普段は「替え玉」を100円で販売していますが、「替え玉無料期間」に限ってはこのランプが消灯しています。
DSCF9363.jpg

まずは基本の「白とんこつ(650円)」を注文します。
DSCF9364.jpg
オーソドックスなとんこつスープにストレートの細麺です。
麺は「粉落とし」「ハリガネ」などご当地では当たり前のものから、お子さまにも優しい「柔らかめ」まで5段階から選ぶことが出来ます。
スープはクサいものがお好きな方もいると思いますが、関東風に濃厚ながらキツい匂いの無い誰でも楽しめるタイプです。
麺のボリュームは1玉であれば一般女性が美味しく頂けるボリュームです。
学生は通年して学生証提示で「替え玉」が1回無料になるサービスもありますので食べ盛りにも安心です。

2品目は「濃厚味噌・黒(900円)」を「大盛り(無料)」お願いしてみます。
DSCF9365.jpg
スープは「赤」と「黒」から選べますがコクの強い「黒」にしてみました。
博多ラーメンとは打って変わった太麺に山盛りのモヤシが印象的です。
とても1品目と同じ店とは思えませんが、こちらも大変時間をかけていると思われる美味しさです。
大盛りの麺は300g(普通盛りは200g)ありますので、男性でも1杯食べれば満腹でしょう。
12月に限っては、こちらの麺もお替り無料と言う事ですが…お替りをする胃袋がありませんでした(笑)


キッズや軽食向けには「餃子4個+小ライス(190+100円)」なんていかがでしょう。
DSCF9367.jpg
普段は写真の関係上、デカ盛りを一人で完食していると思われがちなモカさんですが、実際はこれで十分です。
天使の羽がキリリと光るプリプリ餃子と、半合弱ほどの茶碗に盛られたつやつやご飯は素晴らしい相性です。

ズキマル君は「節めし(300円)」に挑戦です。
DSCF9366.jpg
ドンブリに半分ほどのご飯は半合ちょっとと言ったところでしょうか?
大ぶりな鰹節とゴロゴロチャーシューにマヨネーズが糸状にかかっており、これを醤油をちょっぴりたらしてぐりぐりかき混ぜながらかぶりつくのが最高です。

さて、期間限定無料の「替え玉(通常100円)」を何玉頂けたかと言うと…
DSCF9369.jpg
norizoの胃袋では替え玉3玉(合計4玉)が限界でした。
もちろん、こうした食べ放題のサービスに「取り分け」は厳禁ですのでnorizo一人で頂きました。
ただ、お店の方は非常に優しく、子供たち用にと取り分けのお皿を貸して下さったのが嬉しくてなりませんでした。

駐車場もテーブル席もないながら、行き届いたサービス精神とリーズナブルな価格で満腹になれる美味しいラーメンに大満足です。
子連れなので迷惑をかけないようピークタイムは避けたいところですが、また訪問したくなる居心地のいいデカ盛り店でした。


□節(ぶし)
 TEL:047-376-3913
 千葉県市川市南八幡3-5-14
 営業時間 11:00-24:00(平日延長)
 定休日:無休
 駐車場(近隣コインP多数)

節 本八幡店ラーメン / 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/14 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの都営地下鉄ぶらり途中下車
先生も走る12月、さすがに週末にも連休を取れる余裕が少なくなってきたため、今週は一週間、1日行き当たりばったり途中下車の旅に出かけてみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

千葉~東京エリアには都営地下鉄、東京メトロ、京成、新京成、東武線、つくばエクスプレスなど多くの私鉄や3セクが共存していますが、その中でも「都営地下鉄」の旅が大好きです。
その理由は、いつでも使えるワンデーパスです。
大人700円、子ども350円で都営新宿線、三田線、浅草線、大江戸線などに乗れるほか、路面電車の荒川線や無人運転の舎人(とねり)ライナー、都営バスのすべてが乗り降り自由になり、隣接する観光施設の割引券としても利用できます。
DSCF9370.jpg

今週は本八幡のラーメン屋から新宿線、大江戸線、三田線、都営荒川線を乗り継いでSLを巡り大盛りを食べ、さらにクリスマス仕様の荒川線チンチン列車を楽しみます。
DSCF9392.jpg

沿線で名物「都電もなか」を頂いて、あらかわ遊園へと向かいました。
DSCF9387.jpg

「あらかわ遊園」では、まさかの正月番組撮影に出くわし、ひと時観覧させてもらいました。
DSCF9391.jpg
元旦にテレ東系で放送予定の番組撮影でギャル曽根さんを間近で見ることが出来て大感激です!!
残念ながらギャル曽根さんを写真撮影することは出来ませんでしたが、テレビで見る以上に細かい気遣いが行き届いたステキな女性でした。
しかも、細い!!
あの細いカラダのドコにnorizo10食分の胃袋が格納されているのかフシギでたまりませんでした。
放送されないとは思いますが、途中でコメントを求められたのでちょっと嬉しくなってしまいました。
テレビ撮影に出くわしたのはこれが2回目ですが、今回も大食い系だって言うのが笑ってしまいました。

その後は、荒川線、三田線、新宿線を乗り継ぎ東中野まで移動してちょっと歩いてジャンボソフトクリームを頂いてから帰路に着きました。

そんなドタバタ珍道中の家族4人分の交通費2,100円、食費約3,000円の日帰り旅行にのんびりとお付き合いいただければ幸いです♪



■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/15 19:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…614軒目・姫路「白馬」
姫路にガッツリ洋食を食べられる定食屋さんがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR播但線の野里(のざと)駅の西、姫路競馬場の南側県道516号線の城北公園前交差点から西に100mほど進んだところにあるのが「白馬」です。
一見すると月極駐車場と一般住宅のようで見逃しそうになりますが、奥まった入口ののれんと看板で気づくことができました。
DSCF9353.jpg

開店直後に訪問できたので、待たずに席に付くことができました。
メニュー数はそれほど多くはありませんが、次々とお客さんが入ってきます。
DSCF9354.jpg
ホントは「白馬ランチ(680円)」を注文したかったんですが、日曜日はやっていないと言うことで紙のメニューの中から選ぶことになりました。

まずは「白馬セット・ライス大盛り(900+140円)」からいってみましょう。
DSCF9356.jpg
2本の串カツ、エビフライ、ハンバーグに付け合せのカレースパとサラダがてんこ盛りです。
ライスは大盛りなので2合強、それにクリームスープがセットになります。
大盛りにすると1,000円を超えてしまいますが、それでも十分に納得のいく質と量です。

2品目は単品から「ハンバーグ+ライス(680+180円)」を注文してみます。
DSCF9357.jpg
セットメニューではありませんがハンバーグにはサラダがついてきます。
もとから単品メニューになると言うことは、アルコールとのセットが考慮されているのでしょうか?
しっかりした味のついたハンバーグは濃厚なコクと味わいがありジューシーでいくらでも食べられそうです。
ライスは普通盛りでも1合ほどあり、かなりの満腹感を得られます。

3品目はちょっとだけリッチに「チキンセット(1280円)」を注文します。
DSCF9358.jpg
骨付きチキンに、チキンカツ、唐揚げがセットとなった鶏づくしにサラダ、スープ、ライスのついたゴージャスなセットです。
これまた、仕事中に一人で食べるには持て余すようなボリューミーなメニューです。

姫路の下町でガッツリと洋食を食べられる繁盛店に大満足しつつ、お腹をさすりながら店を出ました。
今度は是非とも「白馬ランチ」を「大盛り」で頂いてみたいですね♪


□白馬
 TEL:079-224-1680
 兵庫県姫路市広峰1-3-23-102
 営業時間 11:00~19:30
 定休日:木曜日
 駐車場あり

白馬ステーキ / 野里駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/08 11:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…姫路「C575」
姫路市内にも静態蒸気機関車が展示されていると言うので、訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR姫新線の余部(よべ)駅の北東、県道5号線と夢前川の交差する田井橋東詰交差点を北に進むと100m強で東側に見えてくるのが「御立(みたち)公園」です。
DSCF9339.jpg

東西に合わせて70台分ほどの無料駐車場を有するこの公園は、市内だけでなく近隣市町村からも家族連れが訪問する大きな交通公園です。
DSCF9341.jpg

しかし、残念ながら交通公園部分は改修工事中で中に入ることが出来ませんでした。
DSCF9352.jpg

この交通公園の改修エリア内に展示されている静態蒸気機関車が「C575」です。
DSCF9347.jpg

同型式の車輌が「梅小路蒸気機関車館(C571)」やJR東日本の定期列車「ばんえつ物語(C57180)」などに見ることのできる、展示数もまだ多いポピュラーな機関車です。
DSCF9346.jpg

屋外展示ですが、保存状態も良く稼働時を思わせる細かいパーツまで保存されているのが嬉しいです。
DSCF9343.jpg

ホームを模した見学台もノスタルジックなブロック積みに木造の雨避け待合室となっており、実際に見たことは無いのに昭和初期にタイムスリップしたような気持になります。
DSCF9348.jpg

各地で破損が多い窓ガラスも保存状態が良く、いかに地域の皆さんに愛されて大事にしてもらっているかを感じ取れます。
DSCF9345.jpg

運転席部分は、公園の改修工事中のためかロープが張られ立ち入りできない状態になっていましたが、メーター類も健在で、観ていてワクワクしてきます。
DSCF9344.jpg

敷地全体が立ち入り禁止エリアとなっていたため、今後どのような展示方法になるのかは解りかねますが、これからも末永く地域の皆さんに愛される一台であってほしい美しい蒸気機関車です。


□御立交通公園(C575)
 TEL:079-221-2413
 兵庫県姫路市御立西4-4
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1937年7月1日 川崎車輌 No.1800
  新製配置:1937年7月5日 梅小路
  移動:1938年12月20日 鷹取
  移動:1939年11月11日 宮原
  移動:1942年11月21日 姫路
  移動:1944年1月20日 金沢
  御召し牽引:1958年10月22日石動→津幡 10月24日徳田→金沢

ワンポイント
C57型
C55形の増備用改良形として1937年から1946年にかけて201両が製造されました。
C55型とは動輪が箱形輪心、使用圧力が増圧されていること、細部ではドームの形状、フロントデッキの傾斜角度などが異なります。
製造時期により1~4次型まで分類されますが、戦後製造された④次形は外見が非常に異なりC59形に近い形状をしています。

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/08 9:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

激安ホテルレビュー…姫路「チサンイン姫路夢前橋」
楽天トラベルを眺めていたら、激安ホテルを見つけたので予約して旅に出ることを決意しました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

冒頭に「決意」なんて強い言葉から始めましたが、我が家から姫路までは約600キロあるのに、前日は忘年会と言うタイトなスケジュールを組んでしまったからです(笑)
結局、忘年会はウーロン茶のみでやり過ごしその晩午後10時に高速に乗って掛川あたりで仮眠して、明石を散策した後に姫路までやってきました。
姫路の中心地からはやや離れたJR姫路線の播磨高岡(はりまたかおか)駅から国道2号線を西へおよそ1.5キロ、夢前川に架かる夢前橋を渡ってすぐの夢前橋西詰交差点を南に曲がると坂の下に見えるのが「チサンイン姫路夢前橋」です。
DSCF9337.jpg

「チサンイン」には珍しく1階はロビーのみで2階にフロントがあり、ちょっとリッチに感じます。
DSCF9334.jpg

格安の理由は徹底したサービスのスリム化で、必要最低限以外のものはフロントやエレベーター近くに置かれたものをセルフサービスで部屋へ持ち込みます。
しかし、利用料金はかからないので、その手間以外は快適な1日を過ごせます。
DSCF9335.jpg

予約しておいた部屋のタイプはデラックスダブルとソファベッドが置かれた禁煙ルームです。
横幅160センチのダブルベッドと90センチ幅のソファベッドが用意されているゆったりとした部屋です。
ソファとして使う際のクッションのようなものがあり、コレも部屋に広げると子ども一人分のベッドとして使えそうです。
今回のプランは大人1名に付き小学生までの子ども1名が無料になるため、大人料金のみの素泊まりプランで一部屋6,160円ですが、さらに楽天から1,000円引きのクーポンが利用可能だったため支払額は5,160円(1,675円/人)で宿泊することが出来ました。
DSCF9331.jpg
ウォシュレット付トイレ一体のユニットバスは広々と足が延ばせる浴槽付ですし、エアコン、冷蔵庫、インターネット、テレビもあるので快適そのものの生活が出来ます。

「キャンピングカーなのにホテル泊まりかよ!」と思われるかもしれませんが、軽自動車に4人で就寝するとなると貨物スペースが少ないためキャンプ場に行くよりもこの方が快適なのですorz

素泊まりとは言っても、朝のコーヒーは無料でいただけます。
DSCF9336.jpg

バタバタの旅の道中でも、こうしてゆっくりと羽を休められる激安ホテルに感謝の言葉もありません。
今回は姫路城が改修中だったので訪問しませんでしたから、改修工事終了後にもう一度宿泊させて頂こうと心に決めた一泊となりました。


□チサンイン姫路夢前橋
 TEL:079-267-7511
 兵庫県姫路市西夢前台3-5
 駐車場あり



より大きな地図で 銀色テントむしの激安宿 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/08 9:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…613軒目・姫路「葡萄屋・駅南店」
ランチが重すぎたため、ディナータイム近くなってもお腹がすきませんがのどが渇いてきたので、大きなパフェがあるという喫茶店に行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR山陽本線の姫路(ひめじ)駅の南約1.5キロ、山陽電鉄本線の手柄(てがら)駅から南西約350mほどのところにあるのが「葡萄屋(ぶどうや)駅南店」です。
土曜日の17時と言うティータイムともディナータイムとも言い難い時間帯の訪問ですが、店内は意外な賑わいを見せており、7割がたの席が埋まっています。
そんな中で駐車場より窓際のテーブル席をお借りすることができました。
DSCF9323.jpg

お腹に余裕があれば、この店のデカ盛りシリーズ「特盛」に挑戦したかったんですが、胃袋に余裕がない為、家族に却下されました。
DSCF9325.jpg

そこで目をつけたのが、「タワーパフェ」と言われる取り分け可能なパフェです。
DSCF9324.jpg

みんなお腹がいっぱいだといっていたのに、甘いものは別腹らしく全員一致で「いちごタワー(1,180円)」を注文することになりました。
DSCF9328.jpg
グラスは一般のパフェサイズですが、外にはみ出したいちごと生クリームのボリュームがなかなかのものです。
取り分けは2名まで可能なのですが、ちょっと甘いものが好きな方なら食べきれるサイズです。
トッピングのイチゴの量が多いので、そこそこ金額に見合ったパフェと言えましょう。
中央にはバニラとストロベリーのアイスも入っており、味の変化も十分に楽しむことができます。
あっという間にズキマル君とモカさんで完食してしまいました(笑)

「何も食べられない」はずのヨメさんは「カフェ・オーレ+ケーキセット(ショコラムース)(480円+360円)」を切願してきました。
DSCF9329.jpg
飲み物は普通ですが、セットと思えないフルサイズのカットケーキに驚きます。
チョコレートの濃厚さを見ても、満足のできるセットです。

ホントに何も入らなかったのはnorizoだけのようで、ひっそりと「ぶれんど珈琲(420円)」で一息つきます。
DSCF9326.jpg
チェーン店らしいのですが、素敵なカップと香り良い本格コーヒーに大満足です♪

今回は「特盛」にチャレンジできませんでしたが、機会をみて再訪問し「完食」したくなる喫茶店でした。


□葡萄屋(ぶどうや)駅南店
 TEL:079-223-6660
 兵庫県姫路市東延末5-1
 営業時間 7:00~翌2:00
 定休日年中無休
 駐車場あり

葡萄屋 駅南店喫茶店 / 手柄駅亀山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/07 17:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

名城100選スタンプラリー・49箇所目「明石城」
初の兵庫入りで姫路城を目指そうかとも思いましたが、改修工事中だったのでまずは宮本武蔵(みやもとむさし)ゆかりの城を目指すことにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

やってきたのは名城ナンバー58番、兵庫県明石市にある明石城(あかしじょう)です。
JR山陽本線の明石(あかし)駅の北側に広がる大きな公園が対象エリアになります。
駐車場はたくさんあるので、とりあえず明石市立文化博物館駐車場(100円/時間)に駐車すると、公園散策には利用できないと言う事だったので、兵庫県立図書館駐車場(500円/日)に移動してから散策を開始しました。
DSCF9304.jpg

明石城は戦国時代の末期の1619年から1620年に元松本城主であった小笠原忠真(おがさわらただざね)によって建設された城で、城下町の都市計画(町割)は「巌流島」で有名な宮本武蔵が手掛けたと言われています。
DSCF9307.jpg

ちなみに銀色テントむしファミリーの大好きなゲーム「戦国BASARA2」では「“天驚動地(てんきょうどうち)”宮本武蔵」として薩摩に滞在しており、櫂と木刀の二刀流(装備によっては刀や釘バット)で戦う「二天一流」の使い手です。
musashi01.jpg


公園中央に向かうにしたがって標高が上がって行き、南の市外を眺めるように左右に櫓、中央に展望台、右の櫓のさらに右に天守台があります。
展望台から町を見下ろすように左手(東側)に巽櫓(たつみやぐら)があります。
DSCF9309.jpg

櫓の入り口付近には小さな祠(?)があり、これからの平和を祈りつつズキマル君とモカさんが手を合わせていました。
DSCF9311.jpg

天守台からの景色からは宮本武蔵の作った町の面影は見受けられませんが、同じ場所に立ったかと思うと胸が高鳴ります。
DSCF9312.jpg

展望台(中央)と天守台(右手)に挟まれるように坤櫓(ひつじさるやぐら)がそびえています。
天守閣が造られなかった明石城では最大の規模をもつ櫓で、城内に向かう面に窓は少なく、播磨平野を展望する西面に大きな窓が見られます。
DSCF9314.jpg
天守閣がつくられなかったので、坤櫓が城の象徴とされていたと思われ、その堂々とした姿は今も美しく待ちを見下ろしています。

天気が良ければ巽櫓は4・6・10月、坤櫓(ひつじさるやぐら)は3・5・9・11月の土日祝日に一般公開されています。
DSCF9310.jpg

公園へと下る道を歩きながら見上げる石垣と櫓もとても素晴らしいです。
巽櫓は伏見城の移築櫓との説もありますが、明石公園のホームページによると、昭和57年の大改修で柱や垂木、梁等の木材はすべて統一された規格品による建築物で、当時の最新技術で新築され廃材などは使われていないことが明らかになったそうです。
DSCF9316.jpg

公園は宮本武蔵が残したとされる手法を駆使した「武蔵の庭園」として整備されています。
DSCF9317.jpg

庭園の各所に武蔵の痕跡が再現されていますが、これは大正11年に乙女池周辺の造成工事が行われたという記録を基に、専門家委員会の検討を経て設計書が出来あがったそうです。
DSCF9322.jpg

スタンプはそんな公園の南側中央やや左手の公園管理事務所にあります。
DSCF9319.jpg

レストランに併設されたひっそりとした事務所ですが、声をかけるとすぐにスタンプをお借りできました。
DSCF9320.jpg

のんびりと公園を散策するだけで2時間以上もかかってしまいましたので、子どもたちに飽きられてしまい博物館を見学せずに見学を終わらせてしまいました。
また時間をとって、今度はのんびりと博物館も楽しんでみたいと思います。


□明石城(あかしじょう)第58番
 訪問先名称:明石公園
 TEL:078-912-7600
 住所:兵庫県明石市明石公園1-27
 開館時間:常時
 休館日:公園は無休、櫓は公開日指定
 入場料:無料
 駐車場:500円/1日
 通称:喜春城、錦江城
 主な城主:松平氏(越前系)
 スタンプ設置場所:明石公園サービスセンター受付窓口


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

みどころ
坤櫓、帯郭と坤櫓など

ワンポイント
◇戦国史
1617年(元和3年)信州松本城主より明石藩主となった小笠原忠真は、明石城の西方、明石川河口西岸にあった船上城に入城した。譜代大名たる小笠原氏10万石の居城として城郭を建設するよう、同年に2代将軍徳川秀忠より築城命令された。
◇幕末氏
1682年(天和2年)越前家の松平直明が6万石で入城し、以後明治維新まで10代、189年間親藩として松平氏の居城となった。各城の遺材を集めて築城したせいか、老朽化が早く2代藩主松平直常の1739年(元文4年)には大修築が行われた。最後の明石城主は松平直致で、1874年(明治7年) 廃城令により廃城となる。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/12/07 13:00 天候:晴れ
測定値:0.05μsv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…612軒目・明石「どんぶり勘定」
昨晩から600キロ弱の移動を経て、やっと明石に着いたと思ったらお昼だったので、デカ盛りらしいとウワサの食堂に行ってみたいと思います♪
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR山陽本線と山陽電鉄の明石(あかし)駅から南側の国道2号線を西に進み、明石川を越えたら高架の先北側に見えてくるのが「まんぷく処どんぶり勘定明石店(どんぶり勘定)」です。
店の左側に2台分の駐車スペースがありますが、運よくそのうちの1台にクルマを止めることができました。
DSCF9297.jpg

店内には10数席のカウンター席と2人掛けのテーブルが3つと言うこじんまりとしたスペースですが、お客さんがひっきりなしに訪問します。
ちょうどいいタイミングで空席になった入口すぐのカウンター4席をお借りしてメニューを眺めます。
テイクアウトも可能なので、店内が満席と見るやテイクアウトに切り替えてお弁当を購入して買える方も多く見受けられます。
定食メニューはご飯お替り自由なのですが、ここでデカ盛りになるのはどんぶり系の「ごっつい」シリーズだそうです。
DSCF9299.jpg

まずはご飯お替り自由の定食から「タルタルからあげ定食(650円)」を注文してみます。
DSCF9300.jpg
大ぶりでジューシーな肉にカリカリ揚げたてのコロモが絶妙です♪
カロリー摂取にタルタルは欠かせません(笑)
お替り無料のご飯は最初から1合ほど入っているので、2杯目に入るには午後の予定はスローペースで考えなければならなくなりそうです(笑)

どんぶりメニューから1品目は「やきとり丼(600円)」を選んでみました。
DSCF9303.jpg
スタッフのお嬢さんから「ご飯大盛り無料ですがどうしますか?」と聞かれます。
大盛りにしてしまうと食べきれる気がしないので普通盛りでお願いしました。
普通盛りでも1合オーバーのどんぶりの上には、炭火焼のように香ばしい鶏肉に甘辛の餡がたっぷりかかっています。
ご飯と肉との間には刻み海苔が敷かれて、香ばしさをさらに増します。
柔らかくジューシーな鶏肉は、から揚げとはまた違った食感と味付けで、ご飯がいくらでも食べられる気がします。

デカ盛り系から「ごっついスタミナ豚丼(999円)」をお願いしてみます。
DSCF9302.jpg
深さはそれほどでもないながら、明らかにほかと違う大きなサイズのどんぶりがテーブルに運ばれてきました。
豚バラ、キャベツと玉ねぎが甘辛く程よく炒められ、2合オーバーのご飯の上にたっぷりと載っています。
ホイコーローのような中華系の味付けですが、中央に載った温玉と周りを彩る刻みネギが「和食」へと進化させています。
このボリュームを1,000円未満とは驚きです。
しかし…一人では食べきれる気がしません(笑)

3品を4人総がかりでヒーヒー言いながら食べ続け(美味しいんですが)、大汗をかきながら何とか完食することができました。
…しかし、どう考えても夕食は食べられそうにありません(笑)
明石の絶品デカ盛り店に勝手に「イイネ!」しつつ、次回訪問時には何の「ごっつい」に挑戦しようか考えながら重いお腹を押さえつつ、店をあとにしました。


□まんぷく処どんぶり勘定明石店
 TEL:078-924-2300
 兵庫県明石市硯町1-3-15
 営業時間 11:30-15:00,17:00-23:30
 定休日なし
 駐車場あり

まんぷく処 どんぶり勘定 明石店定食・食堂 / 西新町駅
昼総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/12/07 12:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしで車中泊…東名自動車道「小笠PA」
旅行の計画ミスで忘年会の翌日に兵庫県の宿を取ってしまいましたので、忘年会をウーロン茶だけで引き上げ、夜10時出発で、兵庫を目指し行ける所まで進んでみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

我が家のある千葉県から、今回の訪問予定の兵庫県まではおよそ600キロ、クルマなら片道だけでも一日がかりの行程なのに、前日に会社の忘年会が入っているのを忘れていました。
幸いにも、norizoの放浪癖を理解してくれている同僚や上司はそんなわがままを許して送り出してくれました。
宴会は夜9時に終了したため、ダッシュで自宅に帰りシャワーを浴びて出発したのは午後10時です。
首都高を通り、東名高速に入り、出来れば三重県あたりまで進みたかったのですが、耐え難い睡魔との闘いに負け、自宅からおよそ250キロほどの静岡県掛川市にある小笠(おがさ)パーキングエリアで力尽きました。
到着時間は深夜1時45分、健康で安全な運転を考えるなら妥当なラインでしょう。
トラックが多くアイドリング音もかなりのものですが、ポップアップを開放して、外気温も10度前後あったのでFFヒーターも入れることなく爆睡しました(笑)
DSCF9290.jpg
疲れていれば、どんなところでも思いっきり眠れることがわかりましたよ♪

朝7時、明け始めた空には富士山が見えており、これからの旅路を見送ってくれているようです。
DSCF9292.jpg

せっかくなのでちょうど7時に開店した店内もうろついてみます。
DSCF9291.jpg

入口のPOPに「食べ放題」の文字を見つけ、目を輝かせてしまいます。
DSCF9293.jpg

小笠PA(下り)に入っているレストラン「鐘庵(しょうあん)」では、ミニサイズ以外の麺類を注文すると、プラス150円でカレーライスが食べ放題になります。
DSCF9295.jpg

1杯目のご飯がドンブリで用意され、あとはカレーかけ放題のご飯お替り自由になります。
DSCF9296.jpg
これは…高速道路のパーキングとしては最安値クラスの食べ放題ですね♪
思わず注文しそうになりますが、残り300キロ以上の長距離運転を控えているため家族から止められ、泣く泣く今回はチャレンジを諦めました。

トラックは多いのですが一般車両が少ないので、話し声が少なく仮眠には最適のスポットでした。
長時間の滞在を目的とするポイントではありませんが、万全の体調を確保するのに一役買ってもらいました。

今週はどんな旅路になるのやら…
明日からもお付き合いいただければ幸いです♪


□小笠(おがさ)パーキングエリア(下り)
 TEL:0537-21-3453(鐘庵)
 静岡県掛川市下俣字菖蒲谷241-1
 所属路線:東名自動車道
 売店:7:00-24:00
 ウォシュレットあり
 イーモバイル:利用可
 標高:51m


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/12/07 7:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:車中泊の旅 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…611軒目・足柄「万福」
開成町でお腹一杯食べられる昔ながらの中華の定食屋さんがあると聞き、行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

小田急小田原線の開成(かいせい)駅の西口のロータリーから開成駅前交差点を国道720号線北方面に出て400mほど進んだところにある交差点を東に進むと飲食店長屋の左端にあるのが「万福(まんぷく)」です。
店の向かいには「万福」と書かれたパネルの出た駐車場があるので迷わずに停めることができますが、店には看板がなく、のれんにも店名が入っていないのでちょっと面食らいながらディナータイムの開店1番の17時に入店させてもらいます。
DSCF9282.jpg

昭和を感じさせる壁に掲げられたプラパネルのメニューには、価格も昭和のままで止まった様なリーズナブルな料理名が並びます。
DSCF9283.jpg

聞くところによると、麺類と定食類のボリュームがスゴいらしいので、いきなり大盛りを頼まないほうが良いらしいです。
DSCF9284.jpg
ちなみに大盛りは50円増しで、定食の半ライスは120円引きであることからも標準ボリュームに不安を感じます(笑)

周囲のテーブルを見ていたら、麺類が一般店の大盛りサイズのジャンボドンブリで提供され、ご飯は大きな茶碗にてんこ盛りで運ばれてくるのを見て、ズキマル君と二人で望んだ事に自信がなくなってきました。
そのため、根性のないnorizoはデカ盛り情報のない「チャーハン大盛り(630+50円)」を注文してみました。
DSCF9285.jpg
運ばれてきたのは2合半ほどのチャーハン。
これでもこの店では「中の中」と言ったボリュームでしょうか。
細かく刻まれた野菜と肉のバランスが絶妙です。
付け合せの中華スープも美味しいので麺類も確かな味であろう事が想像できます。

もう1品は水曜日は100円で食べられるという「ギョーザ(320円)」です。
DSCF9288.jpg
サイズこそ小ぶりですが、みっしりと詰まった具ははじけるように口の中に飛び出します。
おぉ、ウマー!!
是非とも水曜日に3皿注文したいですね♪

地元のお客さんでにぎわうこの店は、心なしか体力系のシゴトの方や、体格のよい方が多く見受けられました。
開成近くを訪問の折にはお腹をすかせて「万福」で思いっきりリーズナブルに満腹になってみてはいかがでしょう。


□万福(まんぷく)
 TEL:0465-83-5020
 神奈川県足柄上郡開成町吉田島1583
 営業時間 11:00-14:00,17:00-19:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり

万福定食・食堂 / 開成駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/11/30 17:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでSL巡り…山北駅「D5270」(再訪)
以前、アメブロでも人気の鉄道サイト「★ひと味違う写真と鉄道 理’S PHOTO MIND」の佐藤理さんに「御殿場線の複線跡を見に行ったついでに、行きました♪複線跡を一部造成していましたが、今どうなってますかね!?(抜粋)東海道線でしたので、戦前は複線でした!今でも、一部のトンネル等が残っています!SLは多分機関庫跡に置いてあるので、ちょっとわからないと思いますけど。」と言うコメントを頂いていたのを思い出し、再訪しましたが…やっぱり「複線跡」がよくわかりませんでしたorz

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東名高速道路(大井松田インター~鮎沢パーキングエリア間)と並走するJR御殿場線の山北(やまきた)駅の南側に、山北町健康福祉センター「さくらの湯」があります。
DSCF9281.jpg

その駐車場の西側にある小さな広場が「鉄道公園」です。
DSCF9280.jpg

この小さな公園の中央付近の「山北駅」駅舎を模した建物の先に静態蒸気機関車が展示されています。
※「静態」とは動かないタイプ。真岡や大井川などは「動態」と言います。
DSCF9262.jpg

この公園に展示されているのが「D5270」です。
DSCF9260.jpg
「D52」が型式で「70」が車番になるのですが、第2次世界大戦の折の日本国内の貨物輸送のためにD51の改良型として開発された日本最大級のボイラーと1660馬力と言うパワーを持ち合わせたスーパーマシンです。

1943年から1946年までに492両の製造計画があり、内285両がロールアウトしました。
DSCF9261.jpg
それほどまでの車輛数がありながら現存するのはわずか7両なのは、戦時下のため短期間走れればいいと言う、徹底したコストダウンから部材の劣悪化が進んでいたという点が否めません。

おそらくそんな中でも「逸品」と言えるのが、この「D5270」なのでしょう。
製造(1944年)から70年近く経過していると言うのに堂々とした姿を見せつけています。
DSCF9263.jpg
ただ、ズキマル君の大好きな運転席は盗難防止と安全のため立ち入りが出来ません。

足回りも見学できますが、安全対策も充実しており、危険個所にはしっかり柵が張り巡らされています。
DSCF9264.jpg

数年前の公園改修の折にパネル類も作り直してもらっているそうで車輛の案内に加え、蒸気機関車の仕組みなど、小さな博物館のように充実した解説内容になっています。
DSCF9266.jpg

好景気の折には複線時代があったそうで、その頃の名残の品々も合わせて展示されています。
DSCF9267.jpg

本体についてしか調べていなかったのですが、何やら「山北駅」自体が鉄道史ではスゴい場所のようですね。
DSCF9273.jpg

まだまだ勉強不足なのですが、とりあえず今後の資料にとズキマル君から写真撮影を求められました(笑)
DSCF9274.jpg

静かな駅の一角で、涼やかに歴史を見守る静態蒸気機関車に何とも癒されました。
併設の「さくらの湯」は夜9時まで営業しているようなので、今度は歴史書など片手にゆっくりと時間をとってみたいと思います。


□さくらの湯・鉄道公園(D5270)
 TEL:0465-75-0819
 神奈川県足柄上郡山北町山北1971-1
 駐車場:駐車場あり(利用は朝9時から)


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1944年4月29日 川崎車輌 No.2974
  配置:1945年8月15日 下関
  配置:1949年3月1日 新鶴見
  配置:1961年3月31日 国府津
  廃車:1968年8月8日 国府津

ワンポイント
D52型
戦時中の貨物輸送に対処するために製造された最強の貨物用機関車です。1943年から1945年285両が製造されました。最後は函館本線で1973年まで使用され、7両が静態保存されています。 保存車輛が少ない中、本車輛を含む5両がこの近隣(72・御殿場、136・沼津、138・相模原403・平塚)に展示されています。(1・JR貨物広島車輌所、468・梅小路蒸気機関車館

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/11/30 15:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

関東「道の駅」スタンプラリー2013・山北(147/147・神奈川)
2013年の最後は今年の6月にリニューアルオープンした道の駅におよそ半年ぶりに訪問してみます。
今年も『関東「道の駅」スタンプラリー2013』(開催期間平成25年7月1日~11月30日)に合わせて、道の駅を独自の視点で楽しみます。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催15年目、参加6年目の「関東道の駅スタンプラリー2013」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
DSCF7495.jpg
道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみを増やします。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとスタンプ以外にも魅力満載です。
2013年は「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」と「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」の二つをキーワードに道の駅のスタンプを押してまわってみたいと思います。

michinoeki.gif関東「道の駅」スタンプラリー2013』の訪問147箇所目は、神奈川県にある道の駅「山北(やまきた)」です。
御殿場と厚木を東西に結ぶ国道246号線から、JR御殿場線の谷峨(やが)駅のやや西の清水橋交差点から県道76号線を北上し丹沢湖(たんざわこ)方面へ向かいます。
距離にして谷峨駅からおよそ2キロ程度の場所に現れるのが、こちらになります。
DSCF9253.jpg
駐車場が道路の左右に分かれているので使いやすい方に停めると良いのですが、駐車すpw-巣が限られており物産館のある東側は特に混雑することが多いです。

一つ目のチェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」から調査してみましょう。
物産館内の左奥のレストランにソフトクリームが用意されています。
DSCF9255.jpg

メニューは「プレミアムバニラ」のみで価格は330円です。
食事メニューは券売機でチケットを購入するのですが、ソフトクリームのみ現金渡しです。
DSCF9256.jpg
手渡されたソフトクリームは…デカい(笑)
ズキマル君ゲージで「4マキマキ半強」と道の駅最大級ですが、重力に負けてナナメに傾いてしまいました(笑)
やや硬めのマイナス10度オーバーで設定されているようで、クーリッシュのようなさっぱりした味わいです。
空調の効いた店内で最後まで美味しく頂くことが出来ました♪

二つ目のポイント「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
リニューアルに合わせて誰でもトイレにウォシュレットが設置になりました。
一般用トイレは長く使用されている方がおり、確認できませんでした。
DSCF9252.jpg

道の駅めぐりのスタンプラリーも「短期制覇」を終え、やっと落ち着いた気持になって店の外の軒下を眺めると、スゴいものが売られていたのですが、ズキマル君の顔ほどの大きさがあるこのデカい柑橘類が何だかお分かりになりますか?
DSCF9259.jpg

この品種、「鬼ゆず」だそうで、なんと1個105円で販売されていました。
DSCF9258.jpg
人気商品であったらしく、ぐるりと周辺を散策して戻ってきたら売り切れてしまっていました。

全147軒のスタンプを確認してもらい、後ろから2ページ目に確認印をもらったらアンケートを記入して、ハサミで切ってハガキを作ります。
山北町のスーパーで切手を購入して、山北町の役場のポストにアンケートハガキを投函してきましたが…何か当たると嬉しいですねぇ。
今回のスタンプラリーの総評と走行距離、完全制覇の表彰状の結果については改めてご報告させて頂くこととさせていただき、これにて2013年関東道の駅スタンプラリー訪問記録を終了させて頂きます。
今年も半年間、長らくお付き合いいただきましてありがとうございました♪


□道の駅山北(やまきた)
 住所:神奈川県足柄上郡山北町湯触317
 TEL:0465-77-2882
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜、年末年始
 標高:198m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル:○
 公園:近
 試食:少
 入浴施設:×


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・42箇所目「山北」

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
また、キャンペーン期間内に147箇所全ての道の駅のスタンプを押して応募すると全員に「15周年記念ステッカー」が、抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳をコンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。
今回限定で、15周年記念ダブルチャンスとして期間内の応募者全員の中から300名にシリアルナンバー入りのオリジナルトートバッグが当たります。
例年に比べ、プレゼントの当選本数が格段に増加し、賞品がグレードアップしています。
本年より、茨木県「まくらがの里こが(茨城県古河市大和田2623・7/7より)、群馬県「八ッ場ふるさと館(群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4)、埼玉県「みなの(埼玉県秩父郡皆野町皆野3236-35)、千葉県「和田浦WA・O!(千葉県南房総市和田町仁我浦243)の4箇所が新たにスタンプラリーに仲間入りしています。
※残念ながら山梨県「富士川ふるさと工芸館」(山梨県南巨摩郡身延町下山1578)は平成25年3月20日をもって無期限休止となりました。

□関東「道の駅」スタンプラリー2013
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/11/30 13:00 天候:晴れ
測定値:0.14μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…610軒目・箱根「ぱんのみみ」
箱根に行列のできる喫茶店があると聞き、ズキマル君とオトコ二人で訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

西湘(せいしょう)バイパスの箱根口(はこねぐち)インターから国道1号線小田原箱根道路を西へ進み、国道1号線東海道と138号線箱根裏街道に分岐する宮の口交差点を直進方向の138号線に進みます。
道なりに進んで川を2つ渡ったら、銀行の先の宮城野交差点を県道723号線に右折(北上)し、1本目の路地を右(東)に入って小さな橋を渡ると右側に店、左側に宝珠院と併用の駐車場が見えてきます。
※宝珠院さんの砂利の部分のみ「ぱんのみみ」さんのエリアなので、満車の際はクルマで待機となります。
公共交通機関なら箱根登山鉄道の強羅(ごうら)駅から直線距離なら500mほどですが、うねうねと曲がった道のため、1.5キロほど東に進んだところにあります。
朝11時のオープンなので、10時45分頃訪問しましたが、駐車場はすでにラスト1台で店の前には20人ほどのお客さんが並んでいます。
開店と同時に、お客さんたちが店内になだれ込みますが、幸いにも待つことなくラスト1組で店内のカウンター席をお借りすることが出来ました。
DSCF9247.jpg

メニューは喫茶店としても部分が大きく、パスタやサンドイッチ、ピラフなどが掲載されていますが、必ずと言っていいほどテーブルに運ばれていくのは「ぱんグラタン」です。
DSCF9248.jpg

1品目は喫茶店らしいホットサンドから「アメリカンサンド(680円)」を注文してみます。
DSCF9250.jpg
目玉焼き、ふんわりベーコン、トマトとレタスがイギリスパン2枚のトーストに挟まれたオーソドックスなホットサンドで、2つにカットされ美味しそうな切り口がこちらを向いています。
フォークが用意されていますが、ここはガブリとかぶりつくのが楽しいのです。
ちょっとした軽食サイズですが、カウンター席だとほかの方のためにつくられるコーヒーの香りまで楽しむことが出来ます。

本命はもちろん「ぱんグラタン(980円)」です。
DSCF9251.jpg
食パン1斤をくり抜いた中にはたっぷりのホワイトソースと共にイカやエビなどの魚介類が詰め込まれています。
まさに「ぱんのみみ」を器にした逸品ですが、ひっくり返してみると器の底は「みみ」ではなく、トーストされたふんわりパンでした。
一番上にはトローリとチーズが香ばしく焼きあがっており、パンとホワイトソースとの相性もバッチリです。
1斤くらいで「デカ盛り」なのかは疑わしいかもしれませんが、ずっしりと重いので、男性でも食べ切ったら午後は動きが3割ダウンになりそうです(笑)
セットのサラダとポテチがちょうどいい口直しになるので飽きることなく、耳の最後のひとかけらまで美味しく頂くことが出来ます。

行列に並んでも食べたくなる確かなシゴトに、デカ盛りではないながらほかのメニューも是非とも味わってみたくなる箱根の名店でした。


□ぱんのみみ
 TEL:0460-82-4480
 神奈川県足柄下郡箱根町宮城野170
 営業時間 11:00~17:00(要確認)
 定休日:水曜・第2・4・5火曜
 駐車場あり

ぱんのみみ喫茶店 / 強羅駅彫刻の森駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/11/30 11:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2013・箱根峠(146/147・神奈川)
なんとかギリギリ11月30日に訪問し終えたんですが、記事だけ間に合わなくて12月に入ってからになってしまいました。
今年も『関東「道の駅」スタンプラリー2013』(開催期間平成25年7月1日~11月30日)に合わせて、道の駅を独自の視点で楽しみました。

蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催15年目、参加6年目の「関東道の駅スタンプラリー2013」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
DSCF7495.jpg
道の駅で300円で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っておくと楽しみを増やします。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとスタンプ以外にも魅力満載です。
2013年は「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」と「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」の二つをキーワードに道の駅のスタンプを押してまわってみたいと思います。

michinoeki.gif関東「道の駅」スタンプラリー2013』の訪問146箇所目は、神奈川県にある道の駅「箱根峠(はこねとうげ)」です。
観光名所の箱根を代表する芦ノ湖の南側、国道1号線東海道と箱根新道の交わるあたりで、芦ノ湖スカイラインの箱根峠(はこねとうげ)インターのすぐ北側に位置しており、多くのツーリング客や観光客が翼を休めに訪れます。
DSCF9241.jpg

国民的アニメとなった「新世紀エヴァンゲリオン」では「第2新東京市」としてこの辺りが首都となっていたため、現在ではアンビリカルケーブルを模した電気自動車用の電源供給機まで設置されています。
DSCF9240.jpg

一つ目のチェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」から調査してみましょう。
物産館入口の自販機に色あせたソフトクリームのポスターが貼られています。
DSCF9243.jpg

館内で確認してみるとスジャータ製のシルクアイスで「バニラ」のみ250円で販売されています。
DSCF9244.jpg
どこでも楽しめる間違いのない味なので、今回は購入を見送りました。

二つ目のポイント「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
素晴らしい空気の山にあるトイレですが、ウォシュレットは設置されておらず、とりあえず用を足すのを目的にした方がよさそうです。
DSCF9242.jpg

こちらの道の駅、敷地も物産館も小さいのですが、とにかく景色が最高です。
DSCF9245.jpg
近隣のエリアの駐車場が有料である場所が多いのに対し、ここはゆっくり停めてもお金がかからないのが嬉しいところです。

夏の涼やかな空気もさることながら、秋以降の澄んだ空気で遠くまで見渡せる風景も最高です。
次の休みにでも、箱根方面にドライブに出かけてみてはいかがでしょう。


□道の駅箱根峠
 住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根字畑引山381-22
 TEL:0460-83-7310
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:なし
 標高:830m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:△
 公園:近
 試食:×
 入浴施設:×


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・41箇所目「箱根峠」

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で150名に3000円分、300名に1,000円相当の特産品引換券が、200名に道の駅オリジナルケータイストラップが当たります。
また、キャンペーン期間内に147箇所全ての道の駅のスタンプを押して応募すると全員に「15周年記念ステッカー」が、抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳をコンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。
今回限定で、15周年記念ダブルチャンスとして期間内の応募者全員の中から300名にシリアルナンバー入りのオリジナルトートバッグが当たります。
例年に比べ、プレゼントの当選本数が格段に増加し、賞品がグレードアップしています。
本年より、茨木県「まくらがの里こが(茨城県古河市大和田2623・7/7より)、群馬県「八ッ場ふるさと館(群馬県吾妻郡長野原町大字林1567-4)、埼玉県「みなの(埼玉県秩父郡皆野町皆野3236-35)、千葉県「和田浦WA・O!(千葉県南房総市和田町仁我浦243)の4箇所が新たにスタンプラリーに仲間入りしています。
※残念ながら山梨県「富士川ふるさと工芸館」(山梨県南巨摩郡身延町下山1578)は平成25年3月20日をもって無期限休止となりました。

□関東「道の駅」スタンプラリー2013
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社栃の木ニュース
 TEL:028-610-8556
 問合せ:平日 9:00-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/11/30 10:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行