銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・はにゅう(015/161・埼玉)
利根川沿いの歴史ある町にある休憩スポットで少し息抜きをしてみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問15箇所目は、埼玉県にある道の駅「はにゅう」です。
秩父鉄道と東武伊勢崎線の分岐点である羽生(はにゅう)駅から北に進んだ利根川の南岸にあります。
DSCF4966.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
アイスコーナーに置かれていた「むじなもんモナカ(税込150円)」がインパクト大です。
DSCF4976.jpg

製造は「羽生みるく牧場(埼玉県羽生市西2-3-10)」さんで、羽生の駅前でアイスクリーム屋さんを営業しています。
DSCF4977.jpg
羽生市のゆるきゃら「ムジナもん」とのコラボアイテムですが、アイスクリームなのでお土産に持ち帰るにはちょっと気が引けます。
しかし、パッケージが可愛いので、食べ終わってから袋だけ持って帰るというのも面白いかもしれません(笑)

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
道の駅から東へ4.5キロほどのところに「古城天満宮(埼玉県羽生市東5-7)」と言う小さな社があります。
DSCF4978_20150624080640292.jpg

戦国時代前期には主に上杉謙信(うえすぎけんしん)が北条氏と奪い合った土地で、天正二(1574)年の第三次関宿合戦」において城主・簗田持助は佐竹義重・上杉謙信らに救援を求めたが共同作戦が取れず撤退、その折に謙信は城の破却を命じたそうです。
DSCF4980_20150624080639e84.jpg

天正三(1575)年には「のぼうの城」で一躍有名になった忍(おし)城主の成田氏の支配下に入ります。
天正十八(1590)年の小田原の役で城代・善照寺向用斎は成田氏長の命により羽生城を棄てて忍城籠城に加りました。
同年八月、徳川家康が江戸城に入城すると、「天下のご意見番」と称された大久保彦左衛門忠教なども一時居住したそうですが慶長十九(1614)年に羽生城は破却され天領とりました。
DSCF4979.jpg

◆羽生城址(埼玉県羽生市東5-7付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示


ちなみに、すぐ近くには「曙ブレーキ博物館(埼玉県羽生市東5-4-71)」があるので、合わせて訪問してみたいスポットです。
ただし、開館日は平日の水曜日のみ(!)、かなり条件が限られますが魅力的です。


□道の駅はにゅう
 住所:埼玉県羽生市大字上新郷7066
 TEL:048-560-1010
 開設時間 午前8時~午後8時
 休館日:1月1日
 標高:24m
 ウォシュレット:誰でもトイレのみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:山崎屋(約8km)・田舎っぺ・さきたま古墳店(約11km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・16箇所目「はにゅう」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・はにゅう(012/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・はにゅう(047/154・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/15 14:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…803軒目・熊谷「田舎っぺ厨房店」
埼玉で人気のうどん店は平日のランチタイムピークを過ぎても行列が終わりません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

埼玉県の北部、利根川に近い熊谷市で東西に走る国道17号線中山道から、交差して南北に走る国道407号線を北に入ると一つ目の交差点の先東側に見えてくるのが「田舎っぺうどん厨房店」です。
埼玉で人気のうどんチェーン店ですが、その中では公共交通機関から少し離れているので平日なら行列が少な目かと思ったら、皆思うところは同じようで、クルマで訪問したシルバー団体や家族連れ、ガテン系のお兄さん団体やサイクリング・ツーリングの人など多くの人たちが空席を待っています。
DSCF4956.jpg

平日振替休のズキマル君に合わせ、月曜日の13時半過ぎに訪問してみたのですが、まだ20人ほどの行列が出来ています。
店内にはカウンターと相席テーブルが20席ほど奥に四人がけほどの高いテーブル席が2つ、入口すぐ右手の小上がりに4人がけが6つあります。
待ち人数は多いのですが、食事にそれほど時間がかからないのか良いペースで席に案内されていきます。
15分ほど待って奥のほうの小上がりが空いたところで席をお借りしてメニューを眺めます。
メニューにはタレの種類とサイズが書かれており、金額はサイズによって違います。
最大サイズは3キロと凶悪で、ネタとしか思えません(笑)
DSCF4964.jpg

この店では、付けあわせで「きんぴらごぼう(税別200円)」または「半きんぴら(税別100円)」を頂きながらうどんを待つのが「通」なので、「半きんぴら(税込108円)」を注文してメインディッシュを待ちます。
DSCF4962.jpg
極太のごぼうとにんじんは七味で少し辛みがありますが、素材の香りと味を損なわないやさしい味付けでふっくらと煮付けられていますが、汁気がなく食べやすい一品です。

訪問日はかなりの暑さだったのでメインは「冷し塩肉の冷1kg(税込1,188円)」にしてみました。
DSCF4960.jpg
タレと麺は各々「温」と「冷」から選択することができます。
運ばれてきたのは…洗面器???
麺のボリュームに気を逸らされがちですが、実はスープが旨い!!
塩ベースの冷製スープに炒めたキャベツと豚肉が入っているのですが、スープだけでもすごく美味いのです。
これに、塩味のある乱切りの極太固ゆで麺が絡むと驚異的な相性を見せます。
確かに、平日に20人待ちで食べても許せる素晴らしい味です。

凶悪に見えた洗面器(?)の山を少し掘り返してみると…水切りのざるで大きく底上げされているのを見つけて安心しました(笑)
DSCF4963.jpg

子ども連れということで、1品でお許し頂いた上に、ズキマル君用に用意していただいた取り皿には売り物の醤油ベースのだしが注がれていました。
このスープもまた美味い!!
そっと食べログをチェックしてみると、クーポンがあり1会計あたり108円引きがあることがわかりました。
これは…「半きんぴら」が無料で食べられる計算になります!
なんと素晴らしいサービス!!

結局、1キロのうどんを2種類のスープで美味しく完食することができました。
夜の営業はしておらず、訪問機会が限られる感じはありますが、それを持って余りあるサービスと味・ボリュームに大満足し、ほかのスープでもお腹一杯食べてみたくなり再訪を誓い店を後にしました。


□元祖田舎っぺうどん厨房店
 TEL:048-521-8784
 埼玉県熊谷市大字代1061-1
 営業時間 10:00-15:00
 定休日:日曜日
 駐車場あり

元祖田舎っぺうどん 厨房店うどん / 石原駅ひろせ野鳥の森駅籠原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/15 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・かわもと(014/161・埼玉)
広い関東平野を体感できる深谷市で、地元の人たちが集まる農産物の販売所として栄える道の駅の周囲には、たくさんの歴史スポットが隠れています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問14箇所目は、埼玉県にある道の駅「かわもと」です。
関越自動車道の花園(はなぞの)インターから国道140号線彩甲斐街道を5.5キロほど東に走ると左手に見えます。
DSCF4944_20150624075157cb1.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
深谷出身の名武将にあやかった「重忠みそ(700円)」の名前に惹かれます。
DSCF4948_20150624075157f8b.jpg

製造元は「五所大豆作集団(深谷市畠山1728)」さんで、これまた畠山氏ゆかりの地に根ざした地産地消を感じます。
DSCF4950.jpg
地元・深谷市川本産の大豆と米を使って半年間かけた良質の味噌である事が分かります。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
道の駅には畠山氏に関する情報が多いのですが、近隣の歴史観光情報については語られていません。
しかし、少し足を伸ばして道の駅の北にあるJR高崎線の深谷(ふかや)駅から少し北に行くと「深谷城址公園(埼玉県深谷市本住町16-6付近)」があります。
DSCF4955_20150624075155cd0.jpg

康正2年(1456年)に深谷上杉氏の上杉房顕が台地の北端部付近に築き、 天正18年(1590年)に豊臣秀吉の小田原征伐で開城すると徳川家康の関東入部に伴い、長沢松平家の松平康直が入城しました。
DSCF4954.jpg
残念ながら小藩だった深谷藩は廃藩となり、寛永11年(1634年)には廃城となりましたが、その歴史は今に語り継がれています。

◆深谷城址公園(埼玉県深谷市本住町16-6付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

今まで、農産物の販売所としてのイメージが強かったスポットですが、深谷市という大きなエリアに目を広げてみると、更にたくさんの発見がありました。
まだまだ沢山の知らない秘密がありそうなこの町の散策は、これからも続くことになりそうです。

□道の駅かわもと
 住所:埼玉県深谷市長在家1279-2
 TEL:048-583-6120
 開設時間 午前9~午後5時(冬)
 休館日:12月29日~1月3日
 標高:66m
 ウォシュレット:館内誰でもトイレのみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:チュー勇(約9km)・手打ち熊谷うどん高見屋(約10km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・127箇所目「かわもと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・かわもと(009/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・かわもと(042/154・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/15 10:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…802軒目・川越「花いち」
ズキマル君の振替休日に合わせて、平日の朝限定で楽しめる激安グルメを求め川越に足を運びます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関越自動車道の川越(かわごえ)インターから国道16号線を西の八王子方面に1.6キロほど進み、大袋新田交差点から県道114号線を北に約1キロ、その先の卸売市場入口交差点を西に入り、市場内を進むと北に見えてくる食堂が「花いち」です。
DSCF4938_2015062308060815a.jpg

卸売市場内ということで開店時間が朝7時と早く、平日のモーニングタイム(7時から9時半)にはリーズナブルな定食がいただけるのが特徴です。
以前(2012年3月)訪問した際に店内で加入した会員に送られてくるメールで、朝9時半までに限りメニューには載っていない「たまごかけ定食(350円)」が頂けると言うので、学校休みの平日の朝に訪問してみたわけです。
また、この時間帯にはそれ以外にもいつも以上にリーズナブルなメニューを選択できるのも特徴です。
DSCF4939_20150623080607319.jpg

多くの人がメニュー表面の海鮮系の料理を選ぶのですが、実はメニュー裏面の麺類がリーズナブルであると言うことを覚えておくのも良いかもしれません。
DSCF4941.jpg

機会を待ちに待ってやっと注文したメール会員のみの秘密の裏メニュー「たまごかけ定食(350円)」です。
DSCF4942.jpg
リーズナブルなのでナメてかかると運ばれてきたセットに驚きます。
生卵、味噌汁、5枚の海苔に香物、それに小鉢に山盛りのネギトロと大き目の茶碗にすりきり一杯の炊き立てご飯が詰め込まれています。
到底チェーン店では出すことのできない鮮度と質のスペシャルメニューを、この価格で提供してくれるとは…脱帽です。

そして、これまた平日の朝限定のメニューから選んだのは「中落ち丼(650円)」です。
DSCF4943_20150623080605f6d.jpg
今回は「普通盛り」にしたのですが、「大盛り(200円増し)」にすると、ご飯がどんぶりにギュウギュウにすりきり一杯になると言う超ボリュームメニューに早変わりします。
刺身系の丼物は基本的に酢飯ですが、注文時にお願いすれば白飯に変えてもらうこともできます。
盛りが普通とは言え、そのボリュームと大量のネギトロはモーニングタイムのみのスペシャルプライス、やっぱり頑張って来た甲斐がありました。
根性を入れれば「大盛り」も食べきれない量ではありませんが、朝食から3合飯を搔き込む気合もなかったので、適度な満腹感に納得です。
※大盛りのサイズは前回訪問時の記事をご確認下さい♪

日中や夜の新鮮な刺身もさることながら、平日朝食の予想以上にリーズナブルなメニューに大感激、次も平日に休めるときには「たまごかけ」を頼むと意気込むズキマル君と再訪を誓い、ご主人にお礼を言って店を後にしました。

ところで、店内でメール会員になるとサービスメニューの提供だけでなく、ポイントが貯まるので訪問回数に応じたドリンクや料理の無料提供も受けられます。
ちなみに、今回はnorizoの誕生日近かったので10%オフのサービスクーポン付きで、会計時に更にリーズナブルになりました♪
訪問の際にはメール会員になるためにケータイを忘れず、また、できる事なら平日の朝9時頃までにオーダーを終えられるように店内に入ることをお勧めします。


□花いち
 TEL:049-240-2217
 埼玉県川越市大字大袋650
 ※埼玉川越総合地方卸売市場内
 営業時間7:00-14:00,17:00-20:30
 定休日:水曜日の夜
 駐車場あり

花いち魚介・海鮮料理 / 南大塚駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/15 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでデカ盛り…801軒目・東松山「恵比須屋食堂」
東松山で「四元豚」なるブランド豚をガッツリ頂ける食堂があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

関越自動車道の東松山(ひがしまつやま)インターから県道47号線を北へ約450m、東武東上線の東松山(ひがしまつやま)駅からなら西へ約2キロほどで道路の東側に見えてくるのが「恵比須屋食堂」です。
駅からはやや距離がありますが歩けない距離ではありませんし、駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF4935_20150623080242438.jpg

夕暮れ近い日曜日の夕方6時前に訪問してみました。
ファミリーレストランを思わせる大きな店内は、テーブルごとにパーテーションで区切られている場所が多く、プライバシーが守られている幹事があります。
入口すぐ右手の窓際で、目隠しされた席をお借りしてメニューを眺めます。
この店では店名の「恵比須」の付いたカツ料理と、なぜか「ラーメン」がボリュームがあるとの噂です。
メニューを見ても、ラーメンのヤサイがかなりの量に思われます。
DSCF4936_20150623080241004.jpg

今回はちょっとリッチに「恵比須カツ丼ライス特盛り・味噌汁(税別1099+200+100円)」をズキマル君とシェアさせてもらいます。
DSCF4937_20150623080240391.jpg
特製の豚は肉だけで約500g、サクサクの衣は甘みの強いオリジナルのウスターソースをくぐらされています。
肉の下にはたっぷりの千切りキャベツ、その下には二合ほどの白飯が隠れています。
味噌汁はちょっと濃い目の味によく煮込まれた大根やモヤシがたっぷり入っています。

さすがに肉肉肉、ご飯ご飯ご飯で超満腹です(笑)
インパクトがメインで味の変化が少なく最後は苦戦しましたが、最後まで美味しく頂くことができました。
次回はラーメンに挑戦してみたいと思いつつ、重いお腹を抱えながら店を後にしました。


□恵比須屋食堂
 TEL:0493-24-4060
 埼玉県東松山市石橋1570-2
 営業時間 11:00-24:00
 定休日:年中無休
 駐車場あり

恵比須屋食堂ラーメン / 東松山駅森林公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/14 18:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・25週目
今月から道の駅の訪問記を中心にお送りしていますが、いよいよ来週水曜日(7月1日)からスタンプラリーが始まります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。

また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

今年はイベントに先行して道の駅めぐりを始めていますが、特記すべきは「その地の史跡めぐり」を追加した点です。
昨年、情報だけを記載したものの、書いていることに納得がいかず、やっぱり行ってみることにしました。
概ね地元の伝承を元に確認されている「城跡(城址)」に向かうのですが、カーナビの性能の問題なのか、なかなか現地を見つけることができないのが現状です。

記事では写真1・2枚の小さな表記ですが、この「城跡探し」がなかなかの難題で楽しめます。
ご興味を持って頂いた方向けにマップを添付しようかとも思っているのですが、記事公開に間に合っていないので追々載せる機会を持てればと思います。

お近くにお住まいの方で、さらに詳しい情報をお持ちの方は、是非ともコメント下さい♪


□関東道の駅マップ2015

より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

***今年デビューの道の駅***

こすげ(山梨)昨年オープンできず
 山梨県北都留郡小菅村3445
 目標地点:小菅の湯

□あがつま峡(群馬)2014.10.11
 群馬県吾妻郡東吾妻町大字三島6441番地
 目標地点:天狗の湯

□発酵の里こうざき(千葉)2015.4予定
 千葉県香取郡神崎町松崎855
 目標地点:神崎インター

□日光(栃木)2015.4.27
 栃木県日光市今市719-1
 目標地点:下今市駅近く、かましん今市店向かいくらい

玉村宿(群馬)2015.5.31
 群馬県佐波郡玉村町大字上新田604-1
 目標地点:高崎玉村スマートインターチェンジ東

□FARMUS木島平(長野)2015.5.1
長野県木島平村大字上木島38-1
目標地点:コメリ木島平店向かいくらい

***短期制覇対象外***

□季楽里あさひ(千葉)2015.10.予定
 千葉県旭市イ5238

□保田小学校(千葉)2015.12.予定
 千葉県鋸南町保田724


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 25週目(6/18~6/24)


体 重: 72.4Kg → 71.4Kg
BMI: 25.65  → 25.30
胴回り: 86.0cm  → 86.0cm
腿回り: 52.0cm   → 52.0cm

食事記録:週末のデカ盛り結果
6/20昼 長野・いむらや石堂店(焼きそば大盛り)
6/20夜 松本・太田や食堂(チキン唐揚)

運動記録:
木曜日:通勤コミ15.7キロ(18,358歩)
金曜日:通勤コミ15.3キロ(17,348歩)
土曜日:休日ドライブ5.1キロ(8,583歩)
日曜日:休日散歩9.5キロ(12,377歩)
月曜日:通勤コミ15.2キロ(18,364歩)
火曜日:通勤コミ25.0キロ(30,787歩)
水曜日:通勤コミ14.8キロ(18,116歩)

開始時からの増減(1/1~本日)
体 重: -2.8Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -0.99(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -0.5cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/25 07:30 天候:曇り
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2015・いちごの里よしみ(013/161・埼玉)
ずっと気になっていた観光エリアの訪問を果たし、今まで以上に楽しめた道の駅をご紹介します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問13箇所目は、埼玉県にある道の駅「いちごの里よしみ」です。
東武東上線の東松山(ひがしまつやま)駅とJR高崎線の鴻巣(こうのす)駅を結ぶ県道27号線の吉見町役場付近のコカコーラ工場の向かいにあります。
DSCF4915.jpg
敷地内に焼きたてパン屋さんがあるのですが、閉店1時間ほど前に訪問してみると1個50円で販売されていたので購入してみましたが、激ウマでした。
きっと昼時の焼きたてならもっと美味しいことでしょう。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
なんともネーミングに惹かれるのは「川越・大学いもかりんとう(税込443円)」です。
DSCF4917_20150621205842b57.jpg

製造元は1924年にかりんとう作りをはじめ1952年に創業したかりんとう一筋90年の「旭製菓(東京都西東京市泉町6-10-22)」さんの「花園工場(埼玉県深谷市小前田字本田509-2)」です。
以前(都内メイン)と表記が変わり、製造元である「花園工場」がこの商品のカオになっているのも地域活性を感じます。
DSCF4919_20150621205841dc8.jpg

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
目指したのは「松山城址(埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山)」です。
名所とは言え、一昔前のカーナビではキーワードからのアクセスが難しいので「武蔵丘短期大学(埼玉県比企郡吉見町105)」で検索して何とかたどり着きました。
DSCF4924_20150621205841a78.jpg

「武蔵松山城跡」は県道27号線市野川を渡る交差点の東側にあります。
DSCF4921.jpg
戦国時代、関東制覇を進める後北条氏は着実に版図を拡大してました。
天文6年(1537年)に小田原の北条氏綱が江戸城・川越城を落とし、この松山城も攻めたことが記録に残っています。
その後も後北条・越後上杉などによる度重なる合戦によって支配者が頻繁に変りますが、後北条勢力下の上田氏の支配下にあることが多かったようですが攻防は大変激しく、ここが北武蔵地域の要所であったことが伺えます。
天正18年(1590年)には豊臣秀吉による関東攻略の際、前田利家・上杉景勝などの軍勢が攻め落とし、小田原に本拠を構えた後北条氏は滅亡しました。
その後、徳川家康が関東に入り松平家広を松山城主としましたが、慶長6年(1601年)に廃城となったそうです。
今も残る山城の風格も美しく、軽装でも散策できるのがうれしいポイントです。

また「吉見百穴」がすぐ隣にあるのですが、封鎖された公園と夕暮れ時の古代墓地は少々踏み入れてはならない雰囲気を感じます。
DSCF4930.jpg

合わせて「岩室観音」は松山城主が代々信仰し護持していたと伝えられており、天正18年(1590年)の豊臣秀吉による関東出陣に際し、松山城の落城に伴い建物の全てが焼失したそうです。
現在のお堂は江戸時代の寛文年間(1661~1673年頃)に近郷の信者の助力を得て再建したものだそうで、お堂の造りは懸造り様式と言われ、当時には珍しいものだそうですが、無料で拝観できる社屋からの景色はなかなか荘厳です。
DSCF4931_20150621210037a9b.jpg

◆武蔵松山城址(埼玉県比企郡吉見町南吉見111-1付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

道の駅からそう遠くない場所で古代から続く人々の営みが今に残る静かな遺跡群に感激できる涼やかなスポットです。
是非ともスニーカーとタオルを持参して、週末に遺跡めぐりなどしてみてはいかがでしょう。

□道の駅いちごの里よしみ
 住所:埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737
 TEL:0493-53-1530
 開設時間 午前9~午後5時(冬)
 休館日:12月30日~1月4日
 標高:13m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:四方吉うどん(よもきちうどん)(約1.8km)・木村屋製菓舗(約6.5km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・82箇所目「いちごの里よしみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・いちごの里よしみ(006/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・いちごの里よしみ(040/154・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/14 16:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・おがわまち(012/161・埼玉)
紙すきの町・小川町で、ちょっと違った視点から周辺を散策してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問12箇所目は、埼玉県にある道の駅「おがわまち」です。
関越自動車道の東松山インターから国道254号線嵐山バイパスを西に進み、志賀交差点で小川バイパスを避けて254号線を進むとのんびりとした田園風景の中に大きな建物が見えてきます。
DSCF4904_20150621204923cdb.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
冬にはホットで、夏にはアイスで楽しめるニッポンの味「甘酒(970円)」が魅力的です。
DSCF4907.jpg

製造は創業明治35年(1902年)の「晴雲酒造株式会社(埼玉県比企郡小川町大字大塚178-2)」です。
DSCF4910_20150621204921605.jpg
酒蔵としても有名で見学もできるとのことなので、ズキマル君が飲酒できる歳になったら一緒に訪問してみたいものです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
観光マップをじっくり覗き込んでみると小川町駅からそう遠くない場所に「中城跡」なる場所を見つけました。
DSCF4912.jpg

マップからではどんな場所かわからないので行ってみると、もっとわかりません(笑)
市街地の路地をグルグルと彷徨っていると、それらしき場所にたどり着いたのが「陣屋沼緑地(埼玉県比企郡小川町大塚478-6付近)」です。
沼の奥が城跡だそうで、戦国時代の永禄5年(1562年)に上杉謙信(うえすぎけんしん/長尾景虎)が行った関東出兵の際に討ち死にした山田伊賀守直定の居城だったそうです。
DSCF4914_201506212049191b5.jpg
「陣屋沼」の名前の由来は江戸時代には旗本金子伊予守の陣屋があったからのようですが、現地には資料が見当たらなかったので、機会を見て近隣を散策してみたいと思います。

◆中城址(陣屋沼緑地公園)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

武蔵の国・埼玉は江戸時代に入るまで武田・上杉・北条氏などの大勢力が奪い合った実り豊かな地でした。
今も各所にその片鱗を残す小川町で、のんびりと歴史探訪をしてみるのも楽しいかもしれません。

□道の駅おがわまち
 住所:埼玉県比企郡小川町大字小川1220
 TEL:0493-72-1220
 開設時間 午前9時30分~午後5時
 休館日:毎週月曜、祝日の翌日、12月29日~1月3日
 標高:83m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近
 試食:×
 入浴施設:×
 無料WIFI:
 近隣デカ盛り:高見屋(約7km)・そば屋敷花月庵(約11.5km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・81箇所目「おがわまち」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・おがわまち(007/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・おがわまち(041/154・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/14 14:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・川口あんぎょう(011/161・埼玉)
埼玉県とは言いながら、都心部に最も近いのではないかと思われる道の駅は、周囲を歴史スポットが囲んでいました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問11箇所目は、埼玉県にある道の駅「川口・あんぎょう」です。
東京外環自動車道の川口ジャンクションの東にある川口東インターから国道298号線を東に2キロほど進んだ川口緑化センター交差点を南に入ると大きな公共施設が西側に見えてきます。
DSCF4889.jpg
日中の訪問の際、道の駅北側の駐車場は車庫数も少なくいつも混雑しているので、農産物直売所側の大型駐車場にクルマを停めると待ち時間なく散策ができます。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
文化センター1階の物産館にある「ふくみちゃん(108円/個)」はふくろうをイメージした可愛いまんじゅうが印象的です。
DSCF4891_20150621203839479.jpg

製造元は「さかえ家(埼玉県さいたま市浦和区仲町3-7-8)」です。
DSCF4893.jpg
以前の訪問時には「つくし(埼玉県川口市芝5307)」の製造だった気がするのですが、どうやら川口芝菓子製造組合の共同名称のようで、何軒かの和菓子店が同名の商品を提供しているようです。
浦和の埼玉県庁近くに軒を構えるようなのですが、製造元の情報がネットでは得られなかったので、機会をみて訪問してみようと思います。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
掲載されていたマップから訪問してみたのは「赤山城址(埼玉県川口市石上1309近辺)」です。
DSCF4900_20150621203838299.jpg
国道298号線の側道からレンガ敷きの遊歩道を進んだ先にあります。
しかし、国道側からだと一方通行になっているので、ぐるりと住宅街を抜けないと現地に入れません。
また、見たところ駐車場が見当たらなかったので、次回訪問時にはしっかりと調査してみたいと思います。

城跡エリア近隣は公園になっているので散策に良さそうです。
案内版も歴史をわかりやすく掲載してくれており、楽しく学ぶことができそうです。
DSCF4901_20150621203837cdb.jpg
周辺エリアは「NPO法人赤山陣屋の会」さんが保存に貢献してくださっているようで、非常にキレイに保たれていました。

◆赤山城址

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

都心近く、アクセスも良いので多くの人たちが集まる道の駅なのですが、周辺を散策してみたことがなかったので新しい発見がたくさんありました。
人が集う場所にはたくさんの歴史が重ねられており、それらを感じられるのが素晴らしいです。
近隣の歴史や文化を求めて、次の休みには川口周辺を散策してみてはいかがでしょう。


□道の駅川口・あんぎょう
 住所:埼玉県川口市安行領家844-2
 TEL:048-296-4021
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:2・7月第2月曜、年末年始
 標高:9m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:○
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:嘉宴楼(かえんろう)鳩ヶ谷店(約4.5km)・大勝軒DEBARI(約5.5km)ほか



より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示


公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・9箇所目「あんぎょう」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・あんぎょう(035/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・川口安行(008/154・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/14 13:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの大盛り…800軒目・上野御徒町「かつ仙」
ズキマル君と水着を見にスポーツ店巡りに上野まで来たついでに、ガッツリとリーズナブルなランチを頂きます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

アメ横の通りから線路の高架を抜けて東側の通りをぶらりと進むと、ひっそりと軒を構えているのが「かつ仙」です。
上野屈指の観光ショッピング街なので駐車場はありませんが、大通りにいくらでも地下駐車場があるのでクルマでの訪問も可能です。
日差しに汗ばむ日曜日の昼時に、外に置かれたメニューボードに惹かれ、のれんをくぐります。
DSCF4882.jpg

入口のメニューボードで何を食べるかを決めたら、券売機でチケットを購入してカウンターに渡し席に着きます。
ランチタイムは「ご飯大盛り無料」と言うサービスは、食べ盛りの親子(笑)にはうれしい響きです。
DSCF4881.jpg

ズキマル君が選んだのは「チキンカツカレー大盛り(520円)」です。
DSCF4883_20150619070714fa3.jpg
注文からほんの2分ほどで運ばれてきたのに、カツはアツアツサクサクです。
カレーのルーに具はありませんが、スパイシーでコクがありちょっとビックリです。
ご飯は1合半ほどと、なかなかのボリュームがあり、価格と期待以上の配膳に大満足です。

都心部ともなれば1,000円以上の店もざらと言う中で、ここでは超リーズナブル、そんな「カツ丼(600円)」をロース肉ご飯大盛りで頂いてみましょう。
DSCF4884_20150619070713408.jpg
ランチタイムなので先に揚げてたったのか、こちらも提供されるまでの時間はわずか2分程度です。
しかし、アツアツのジューシーな肉に、卵とじながらちょっとサクっとした歯ごたえが残るカツは時間の経過を感じさせません。
ご飯もたっぷり2合弱、このボリュームと肉質がわずか600円とは…経営陣の努力を感じます。

価格がリーズナブルな店では、とにかく早く食べて次の人に席を空けるのが鉄則だと思っています。
美味しくのんびり頂く派のズキマル君を少々急かしつつ、4分の1ほど手伝って2品を無事完食。
しかし、帰路の電車では、胃袋のあまりの心地よさに6駅も乗り過ごしてしまいました。
次回は何を食べようかと、揺れる電車の座席で夢と現を彷徨いながら、再訪を心に決めています。


□かつ仙
 TEL:03-3831-4720
 東京都台東区上野6-10-22
 営業時間 11:00-21:00(平日延長)
 定休日:なし
 駐車場なし

かつ仙とんかつ / 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/07 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・富弘美術館(010/161・群馬)
なぜか毎年、閉館時間ギリギリの訪問になってしまうので、今年こそと思っていたのに…途中で寄り道をしてしまい、結局また閉館ギリギリです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。


開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問10箇所目は、群馬県にある道の駅「富弘美術館(とみひろびじゅつかん)」です。
群馬県桐生市と栃木県の日光を結ぶ国道122号東国歴史文化街道線沿いに関東の水がめ草木湖と共にモダンで人工的な美しい建物が姿を現します。
DSCF4869.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
昨年は閉館時間ぴったりに到着したため物産館の入口が閉まっていましたが、今回は何とか店内に入ることができました(笑)
山の中の小さな物産館には、日持ちのする加工食品が用意されています。
その中でも手作り感が大いに感じられるのは「あずま味噌(500円)」です。
DSCF4867.jpg

しっかりと製造者名と住所が記載されており、安心感があります。
DSCF4868.jpg

最近まで知らなかったのですが、少し南のトンネル付近の土産物屋さんも道の駅と併設する施設の扱いのようです。
昨年に引き続きと言うべきか…気づくのが遅く、たどり着いたのが17時過ぎとなってしまったためにおみやげ物を確認することができませんでした。
DSCF4875_201506190702275c2.jpg

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
美術館付近から見る草木湖も美しいのですが、少し南にあるダムの展望台から見る景色も最高です。
時間に限りがありますが、ダムの管理施設では「ダムカード」なる訪問の証のカードがもらえるとのことなので、次回こそ時間内に行ってみたいですね(笑)
DSCF4877.jpg

もうひとつ、道の駅から国道122号線東国歴史文化街道を市街地方面の南へ向かって進むと、テレビなどでも時々放送される、自動販売機のフードショップ「丸美屋(群馬県みどり市東町花輪303-1)」があります。
DSCF4880_20150619070225fad.jpg
ホットサンドやラーメン、うどんに蕎麦など200円から300円と言うお手ごろ価格で購入できるのが魅力です。
自販機と言ってもお湯を注いだだけのものではなく、実は少し東に店を構えるの「飛鳥(群馬県みどり市東町花輪1966-11)」で手作りされたものが、随時追加されているため、いつでも美味しい料理が食べられると言うことをご存知でしたか?
渡良瀬渓谷鉄道の花輪駅から歩いていくことも可能なのでハナシのタネに一度は味をみてください。

また、歴史の名所としては「五覧田(ごらんだ)城址(群馬県みどり市東町荻原311付近)」が水沼駅と花輪駅の中ほど、国道から山道に入った場所にあります。
DSCF5191.jpg

解説版があるのですが、その脇には「クマに注意」の看板が併設されており、少々不安がよぎります(笑)
DSCF5190_201507151410502f2.jpg

みどり市のホームページによると、五覧田城は沼田方面からの敵の侵入に備え築城された戦国時代の山城でした。
戦略的な要衡として越後の上杉謙信(うえすぎけんしん)、新田金山城(太田市)の由良氏、深沢城(桐生市黒保根町)の阿久沢氏による争覇の舞台となりました。
天正2年(1574年3月に上杉謙信により攻略されましたが同年9月には由良成繁により奪い返されています。
また、天正12年(1584年)に、由良成繁の子国繁が小田原に軟禁されると、当地の支配を約された阿久沢氏により攻略されています。
その後も、渡良瀬川上流部の黒川谷の領有をめぐって、由良氏と阿久沢氏の抗争が続きましたが、小田原北条氏の裁定により、最終的には阿久沢氏の領有となりました。
その後、阿久沢氏が小田原北条氏方として豊臣秀吉の小田原攻めに対抗したため、小田原平定後の天正18年(1590年)に廃城となったそうです。
DSCF5189_20150715141049ffc.jpg
解説には概要が掲載されていますが、この周辺を歩くのはちょっと不安になり、この先には足を踏み入れられませんでした。

◆五覧田城跡(群馬県みどり市東町荻原311付近付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

訪問時間は遅くなってしまいましたが、四季を通して美しい風景を楽しめるのが魅力です。
静かな道の駅と周辺観光施設に新たな魅力を探す旅に出てみてはいかがでしょう。


□道の駅富弘美術館
 住所:群馬県みどり市東町草木86
 TEL:0277-95-6333
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:月曜、12月~1月1日
 標高:479m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 無料WIFI:設定要(美術館内のみ?)
 近隣デカ盛り:情報をお待ちしています。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・92箇所目「富弘美術館」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・富弘美術館(100/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・富弘美術館(121/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/06 16:30 天候:晴れ
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・ふじみ(009/161・群馬)
道の駅を訪問するにあたり、近隣の情報にも目を向けるようにしてみたら、面白いスポットがいろいろあることに気づきました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、群馬県にある道の駅「ふじみ」です。
関越自動車道の渋川伊香保インターを出てから上越線渋川駅のある北に進み、下郷交差点で353号線上毛三山パノラマ街道を東に進むと見えてきます。
DSCF4845_201506182133278c0.jpg

ちなみに、道の駅の名前の由来は物産館の奥の公園の展望台から見えるズキマル君の指の先にあります。
DSCF4853.jpg

真冬の空気の澄んだ時期に限るのですが、この辺りに富士山が見えるそうです。
それこそが「富士見」の所以です。
DSCF4854.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」はどうでしょう?
前橋の有名銘菓「カネコラスク(税込86円/1枚~)」が美味しそうです。
DSCF4847_2015061821332661b.jpg

製造元は洋菓子店の「カネコラスク(群馬県前橋市富士見町小暮408-2)」です。
DSCF4848.jpg
ネットでいろいろ企業情報を探してみたのですが、どうもピントがあった情報が得られませんでした。
今度、店まで情報収集に行ってみます♪

今回、思いっきりハマったのは、地元の農家さんが実施した「玉ねぎつめ放題(税込400円)」です。
DSCF4851_20150618213324567.jpg

小袋かと思いながら、ズキマル君に小銭を渡して参加させたら…網袋にパンパンに詰めた上に山盛りに両腕に載せさせてもらいました。
おそらく総重量は10キロ以上!
不定期開催ですが、見かけたらぜひ参加してみてください。
DSCF4852.jpg

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」から調査してみましょう。
道の駅から国道353号線東国文化歴史街道を12キロほど東に進むと「わくわく自販機ミュージアム(群馬県前橋市粕川町中之沢152)」があることがわかりました。
路地に入る小さな看板を頼りに道を進みます。
DSCF4864.jpg

保養施設のような道路には、入管ゲートが設けられています。
恐る恐るマイクに話しかけると、道なりに進むよう指示されました。
DSCF4863_20150618214143acd.jpg

駐車場で待っているとスタッフさんがやってきて館内に案内してくれます。
DSCF4857.jpg

この資料館では、今は懐かしいホットスナックの自動販売機から最新の震災対応自販機、次世代型モニター搭載自販機など、なかなか楽しめる展示がされています。
DSCF4859.jpg
日曜祝日及び月曜日はお休みだそうですが、自動販売機の歴史を学べるスゴい無料スポットに、ちょっと感動しました。

今回の訪問時には改装中でしたが、入浴施設も併設するこの道の駅は、普段から多くのお客さんでにぎわっています。
赤城山をはじめ、多くの観光スポットが近隣にありますので、それらと合わせて地元の野菜などをゲットしておきたい物産メインの道の駅に、ちょっと立ち寄っておいてはいかがでしょう。


□道の駅ふじみ
 住所:群馬県前橋市富士見町石井1569-1
 TEL:027-230-5555
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:木曜、年末年始
 標高:335m
 ウォシュレット:なし
 イーモバイル(LTE):△
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有(第1・3木休/10:00-21:00)
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:大嶋屋(6.6km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・130箇所目「ふじみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ふじみ(098/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ふじみ(126/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/06 13:30 天候:晴れ
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・24週目とオイル交換(176,579km)
普段は別々の記事にしているのですが、ちょっと貯まり過ぎているのでまとめてご報告します。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ゴールデンウィークの西日本ぐるり旅をしたこともあって、気が付けば前回のオイル交換からまた3,000キロも移動していたようです。

土日は出かけてしまいますし、平日仕事の後にオイルまみれになる作業をするほどの体力も気力もないため、リーズナブルに作業を代行してくれるスーパーオートバックスで今回もオイル交換をお願いすることにしましょう。
DSCF4885.jpg

平日の夜、宿題から気をそらしてぼーっとしているズキマル君を連れて店内に入ってみると、いつもの安いオイルが見当たりません。
仕方なく最安値となる5W-30の量り売り2,280円のカードをレジに持ち込みます。
DSCF4886_20150618072103d82.jpg
レジで清算をしてもらうと「1,080円です。」とのこと。
詳しいことは判りませんが、どうやら「メンテナンス会員」であるため、価格自体も違うようです。
結局、工賃込みで1,080円でしたが、ポイントが貯まっていたので現金の支払いはありませんでした。

ちなみにメンテナンス会員になると「オイル・エレメント交換」だけでなく、「エアフィルター」「バッテリー」「ワイパー」の無料交換作業に加え、「パンク修理」、更には年1回の「タイヤローテーション」「ワンコインメンテナンス」も無料になります。
DSCF4887_20150618072102ed2.jpg
さらに、オイル交換6回ごとにもらえる2,000円分の商品券もゲット、ついでに何やら特典で300ポイントまで頂いたのでスゴく得した気分になります。

1回平均1,000円程度でオイル交換ができるのですが、6回毎に2,000円分の商品券をもらえますし、時々ポイントがもらえるハガキが来て6回で2,000円分くらいのポイントをもらっている気がするので、実質1回350円ほどでオイル込みで交換までしてもらっていると思われます。

平日の夜と言うことで、待ち時間もほとんど無く、作業中には休憩室でのんびりと過ごし、1時間ほどで作業が終了しました。
DSCF4888_20150618072101fcc.jpg
専門店ならではの手際の良さと、リーズナブルさには毎回ながら脱帽です。

軽自動車キャンピングカー「eK-Camp」として「テントむし」を関東圏で販売しているロータスRV販売の営業さんに、このクルマを購入するときに言われたのが、「ほかのメンテはともかく、オイル交換だけは(安い鉱物油でいいから)3000キロ毎にしておけば、10万キロでも20万キロでも乗れますよ!」でした。
軽自動車とは言え総額300万円を超える商品ですし、そんなに簡単に壊れられては困るので、営業さんの言葉を信じ3000キロ毎にオイル交換をしていますが、言われたことを守っていることに後悔はありません。
いよいよ走行距離が18万キロに向かいつつある中、これからもスーパーオートバックスさんにお世話になる機会が続きそうです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 24週目(6/11~6/17)


体 重: 72.5Kg → 72.4Kg
BMI: 25.69  → 25.65
胴回り: 86.0cm  → 86.0cm
腿回り: 52.0cm   → 52.0cm

食事記録:週末のデカ盛り結果
6/13昼 舞浜・スイーツパラダイス(ケーキ食べ放題)
6/14夜 東松山・恵比須屋食堂(恵比須カツ丼特盛り)
6/15朝 川越・花いち(中落ち丼)
6/15昼 田舎っぺ厨房店(冷し塩肉1キロ盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ16.5キロ(19,325歩)
金曜日:通勤コミ15.8キロ(17,960歩)
土曜日:休日散歩18.2キロ(25,388歩)
日曜日:休日散歩15.8キロ(22,171歩)
月曜日:休日散歩10.5キロ(14,738歩)
火曜日:通勤コミ18.0キロ(21,631歩)
水曜日:通勤コミ16.3キロ(18,592歩)

開始時からの増減(1/1~本日)
体 重: -1.8Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -0.64(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -0.5cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。


スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認


大きな地図で見る

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/18 07:30 天候:曇り
※オイル交換は6月10日
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2015・こもち(008/161・群馬)
渋川のバイパス沿いの市街地に、ドライバーだけでなく多くの観光客の憩いの場となる道の駅があります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、群馬県にある道の駅「こもち」です。
JR上越線の渋川(しぶかわ)駅の西側を走る国道17号線から新17号線鯉沢バイパスを北上すると駅からおよそ3キロほどの所に見えてきます。
DSCF4831.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」~調査しておきましょう。
道の駅こもち名物の試食「冷やしこんにゃく麺(税込324円)」は、一度は食べておきたい名品です。
DSCF4842.jpg

製造は「子持食品株式会社(群馬県渋川市白井990-1)」です。
DSCF4843.jpg
不定期営業ではあるようですが、白井宿沿いの古民家で自慢のこんにゃくはもちろん、自社生産のラムネなど懐かしいアイテムを数多く取り揃えているようですので、あわせて訪問しておきたくなります。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
昨年もチェックしましたが、ここは鎌倉時代中期に、関東管領上杉氏の配下にあった長尾氏が築いた白井城の城下町として栄えた白井宿の一角に位置しています。
DSCF4840_20150617073826af3.jpg

バイパスから一本西側の旧宿場通りには「白井宿歴史資料館・和泉屋(渋川市白井2318-1付近)」を見つけました。
DSCF4835.jpg
入場料は大人200円子ども100円らしいのですが、訪問の際には開館していませんでした。

白井宿辺りは、戦国時代には上杉謙信、武田信玄などが領地拡大に向けての勢力抗争の舞台となり、江戸時代になり徳川家康の家臣であった本多康重の次男・本多紀貞が1万石で取り立てられました。
白井宿の一角に「白井城址(城山不動尊)」に向かう路地があります。
DSCF4839.jpg

元和9年(1623年)に本多紀貞は嗣子無くして死去し白井藩は廃藩、白井城は廃城となり破却されたそうです。
そんな白井城跡など、この周辺は城下町としての雰囲気を今も湛えており、散策してみると存分に城下町・宿場町としての名残を楽しむことが出来ます。
DSCF4837.jpg
城山不動尊の先が白井城址となるので、機会を見てじっくり散策してみたいと思います。

◆白井城址(群馬県渋川市白井831-2付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

なんとなく道の駅だけでリフレッシュしてしまいがちですが、ちょっと歩くだけでたくさんの発見をできるのが「こもち」の魅力です。
訪問の際には、ちょっと滞在時間を延ばして、ゆっくり裏道を散策してみてはいかがでしょう。


□道の駅こもち
 住所:群馬県渋川市白井2318-1
 TEL:0279-60-6600
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:第3火曜、1月1日
 標高:204m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:無料足湯あり
 ※近くに「こもちの湯」第2木休/9:00-21:00
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:林屋食堂(4km)・永井食堂(6.5km)・バーニーズダイナー(約6km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・140箇所目「こもち」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・こもち(119/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・こもち(015/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/06 12:30 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…799軒目・渋川「バーニーズダイナー」
渋川・伊香保でランチタイムにリーズナブルなジャンボハンバーグが食べられる店があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR上越線の渋川(しぶかわ)駅から西口ロータリーを南に出て、渋川駅交差点から市役所通りを道なりに西へおよそ1.6キロ、渋川市民会館の先の西側に見えるアメリカンな空色の建物が「バーニーズダイナー」です。
公共交通機関からはやや距離がありますが、駐車場が10台分くらいあるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF4826_201506160739326bb.jpg

ランチタイムにはやや早い、土曜日の11時半に訪問してみましたが、駐車場には多くのクルマが入っており、ドアを開けてみるとすでに8割ほどの席が埋まっていました。
店内は入口左手に厨房、中央に4人席が3つ、右手には8つほどのテーブル席があるようですがL字になっていて全体を見回すことはできません。
各席がパーテーションで分かれているため、プライベートスペースが確保されており、居心地のいい空間を提供してくれています。
待ち時間無く入口すぐの4人席をお借りしてメニューを眺めます。
この店では、最大600gと言うハンバーグのサイズアップと、種類豊富な味付けが魅力です。
DSCF4827.jpg

お得度を増すのはランチタイムで、店内のボードに記された2種類の味付けからディナータイムよりもかなりリーズナブルな価格で食事を楽しむことができます。
DSCF4828.jpg

ズキマル君は女性やキッズに人気と言う「ロコモコ(税込640円)」を注文します。
DSCF4829_201506160739292dd.jpg
この店では「ハーフサイズ」となる150gのハンバーグにはオリジナルのデミグラスソースがたっぷりとかかっています。
半熟の目玉焼きと200gほどのライス、ゴママヨ系のソースのかかったサラダがセットでワンプレートに載っています。
ハンバーグは肉汁たっぷりで、フワフワ。
しかし臭みや雑みがありません。
自宅では出すことのできない絶妙な舌触りと香りにズキマル君も大満足です。

メインは「ボリュームランチ・日替わりジャパン味(税込970円)」です。
DSCF4830.jpg
300gのハンバーグにたっぷりのサラダがワンプレートに載っています。
ソースは塩ベースに玉ねぎやらなにやらの絶妙な味付けです。
ジューシーでふわふわなハンバーグと、とにかくすばらしい相性です。
ご飯は初めから大盛り仕様となっており、1合半ほどのドッカリとしたサイズです。
セットにカップスープが付いてきますが、これまた香りとダシがたまりません。
通常では1180円プラスライス大盛りが、ランチタイムなら1000円弱で頂けるとは…うれしい限りです。

標準サイズの注文でしたので「デカ盛り」とまではいきませんが、十分に満腹になれるボリュームメニューです。
最大では今回のダブルサイズにまでサイズアップできるので、そちらも視野に入れつつ、別の味も楽しんでみたくなり、ズキマル君と再訪を誓って店を後にしました。


□バーニーズダイナー
 TEL:0279-25-0519
 群馬県渋川市渋川2837-3
 営業時間 11:00-15:00,17:00-21:00
 定休日:水曜日
 駐車場あり

バーニーズ ダイナー ハンバーグハンバーグ / 渋川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/06 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・よしおか温泉(007/161・群馬)
広大な平地に大きな川と温泉が印象的な群馬の道の駅に訪問してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、群馬県にある道の駅「よしおか温泉」です。
関越自動車道の渋川伊香保(しぶかわいかほ)インターから17号線の新設幹線道路である前橋渋川バイパスを南に進み吉岡温泉の看板が見えたらバイパスを降りて指示通りにぐるりと回ると到着します。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
昨年もご紹介しましたがオーソドックスで温泉地に相応しい「湯の花まんじゅう(税込1,080円/10個)」を見逃すことはできません。
DSCF4821_201506151057170cf.jpg

製造元は「株式会社おんせん饅頭・庵古堂(群馬県北群馬郡吉岡町上野田3362-4)」さんです。
DSCF4823.jpg
1980年創業のこちらは「切り絵緑の美術館」や直売店も併設する地元のお土産屋さんです。
地元に根差したお土産は、近隣各所で好まれ販売されています。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
写真では見づらいのですが「桃井城跡(大藪城/群馬県北群馬郡吉岡町北下)」があるようです。
DSCF4820.jpg

そこで、現地まで足を伸ばしてみました。
DSCF5148.jpg
「史跡・金剛寺跡(群馬県北群馬郡吉岡町南下187付近)」こそが、桃井城址の入口だったそうです。

南北朝時代(1300年代後半)、足利氏配下であった武将・桃井直常(ももいただつね)が居城を築いたところと伝えられ、桃井城または大藪城といわれていたそうです。
桃井城は同じ群馬の榛名エリアにもあるのですが、どうやら一対(いっつい)の城だったらしく、榛名を「東城」、吉岡を「西城」と呼んでいたそうで、このあたりの勢力地図を鑑みる事が出来ます。
古墳もたくさん見られるエリアなのでじっくりと散策してみたくなります。


◆桃井城址(群馬県北群馬郡吉岡町南下187付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

後から城址のことを調べるようになり、せめて入口にだけでも行っておけば良かったと少々後悔して、城跡まで出向いてみましたが、思う以上に発見しづらい場所にありました。
それだけに、歴史の痕跡に出会えた感動もひとしおです。
これから先の道の駅では、時間が許せばご紹介する観光ポイントにも合わせて訪問した上でご紹介しようと思います。


□道の駅よしおか温泉
 住所:群馬県北群馬郡吉岡町大字漆原2004
 TEL:0279-54-1221
 開設時間 午前8時半~午後5時
 休館日:15日
 標高:136m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近
 試食:少
 入浴施設:有(10:00-21:00)無料足湯あり
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:栄久庵(約6km)・林屋食堂(約8km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・117箇所目「吉岡温泉」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・よしおか温泉(120/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・よしおか温泉(124/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/06 10:30 天候:晴れ
測定値:0.19μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・玉村宿(006/161・群馬)
群馬県のインター近くに新しく道の駅が出来たと言うので、早速ズキマル君と訪問してみることにします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、群馬県に新しくできた道の駅「玉村宿(たまむらじゅく)」です。
群馬県を走る関越自動車道の藤岡ジャンクションより北、高崎ジャンクションの南手前に出来た高崎玉村スマートインターチェンジから国道354号線を東に出るとすぐ南側に見えてきます。
DSCF4788_20150612074018544.jpg
駐車場は広いのですが昭和の山村の小学校校舎のような小さな建物がポツンと建っているのがフシギな雰囲気です。
これからこのあたりも開発されてしまうのかもしれませんが、広大な平地が何とも落ち着いた気分にさせてくれます。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
玉村町のキャラクター「たまたん」をあしらった「たまたんせんべい(税込475円/6枚)」はしょうゆ味、「たまたんサブレー(税込468円)」はさっくり甘そうです。
DSCF4796_20150612074127d30.jpg

お菓子を作るのは、玉村町で四代続く和菓子の老舗「株式会社福嶋屋(群馬県佐波郡玉村町上新田1637)」で、洋菓子も得意分野のようです。
DSCF4798_201506120741261a4.jpg
店舗ではロールケーキや和菓子も扱っているそうですし、キャラクターケーキなども得意分野のようですので、一度伺ってみたいですね。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう。
この辺りの歴史を紹介するキャラクターは日光例幣使(にっこうれいへいし)の「たつながさま」と茶屋の看板娘の「おたまちゃん」だそうです。
DSCF4808.jpg
駅名の通り、「旧日光例幣使街道」の宿場町跡にあるこの町は、当時の反映を物語るものが数多く残ります。
ちなみに「日光例幣使」とは、戦国の覇者・徳川家康(とくがわいえやす)の没後に完成した日光東照宮の大祭に派遣された朝廷の使者のことで、日光例幣使街道とは京都から日光にかけて使者が通った街道を指します。

近くには「玉村町歴史資料館(群馬県佐波郡玉村町大字福島325)」があるので折を見て、じっくりと見学してみようと思います。
DSCF5176_20150715135521dd3.jpg
ただ、開館日が木金土日の4日間で祝日はお休みなので訪問時期には注意が必要です。

今年からのニューフェイスなので、昨年までにほかの道で確認してきたチェック項目も見ておきます。

2013年版:
一つ目のチェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」から調査してみましょう。
食堂で提供されるソフトクリームは2種類ですが、用意されていたのは「たまむら豆腐ソフトクリーム(税込300円)」です。
DSCF4810.jpg

券売機でチケットを買うと、順次番号を呼ばれ、商品が提供されます。
DSCF4813_201506120743104fe.jpg
大豆の香りが甘いやさしさを持ち、白さが際立つ逸品で、ワッフルコーンの甘さとのバランスも絶妙です。
どちらかと言うと、店員さんとのコミュニケーションが好きなんですが、道の駅としても開店したばかりでまだ余裕が無い状態なので、もう少し慣れて来たら、ズキマル君とお話させてもらえる機会が持てるかもしれませんが…機械的な作業で2マキマキ半と言ったボリュームでした。

2013年版:二つ目のポイント「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
真新しい真っ白な室内には、デザインも光るウォシュレットが全室に用意されています。
24時間利用できるとはうれしい限りです。
DSCF4791_20150612074455374.jpg

2012年版:1つ目は「屋内休憩スポットはどう?」はどうでしょう。
物産館の右手、レストランのさらに右に休憩所を兼ねた展示施設があります。
DSCF4811_20150612074454979.jpg
会議テーブルに会議椅子の組み合わせで20席程度ですが、ちょっとしたリフレッシュには良さそうです。

2012年版:2つ目の「情報施設・資料館は楽しいの?」も確認してみます。
休憩スペースがあるのは、資料館内です。
ゆるきゃら「たつながさまとおたまちゃん」の顔出し記念写真パネルも用意されています。
DSCF4802_20150612074747442.jpg

宿場町らしく「かご」があり、乗ってみることができるのは子どものいい思い出になりそうです。
DSCF4803_20150612074454341.jpg

2011・2012年版:1つ目の「併設または隣接する公園」を見渡してみましょう。
裏には広く田畑が広がっているのですが、公園は見当たりません。
まだ開発中のエリアなので、ひょっとしたらその内に公園もできるかもしれません。
DSCF4792_20150612075003e9a.jpg

2011・2012年版:2つ目は「道の駅限定!?美味しい試食♪」もチェックしてみます。
タイミングもあるかもしれませんが、今回は試食にめぐり合えませんでした。
DSCF4799.jpg

しかし、ひとつポイントがあります。
レストランと物産館の間にあるホットスナックコーナーがものすごく充実しています。
DSCF4814_20150612075203238.jpg

税込1個90円の「上州麦豚たまカツ」はゴルフボールほどのサイズですが、店に入った瞬間に目に付き買わずには居られません(笑)
DSCF4816_201506120752022c3.jpg
かぶりついてみると、スライスされた豚肉が丸まって入ったような想像外の食感に感動してしまいます。
ジューシーな肉汁が噴出し、ヨダレも止まりません。

2010年版:1つ目の「イーモバイルアンテナ使える?」は調査開始です。
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiのGP04Pにて確認していますが、ここではLTE電波で3本のアンテナを確認できました。

2010年版:2つ目の「びん牛乳milkの銘柄と価格は?」も、チェックしておきます。
残念ながらビン牛乳は見当たりませんでしたが、日本最古の洋式農場・神津牧場(こうづぼくじょう)の牛乳が用意されているようです。
DSCF4801_201506120750025e4.jpg
ちなみに、訪問日には売切れでした。

2010年版:3つ目の「標高は山?」なんちゃって☆めもさんのホームページから確認させてもらっていますが、こちらの標高は72mですから、真夏の車中泊には厳しいかもしれませんね。

オープンしてから1ヶ月弱の新しい道の駅ですが、働いている人たちも皆一生懸命で好感が持てます。
もう少し経ったら、皆さんにも余裕ができて、私たちにもう少し笑顔を見せてくれるようになると、さらに楽しめそうな道の駅です。


□道の駅玉村宿
 群馬県佐波郡玉村町大字上新田604-1
 TEL:0270-27-6688
 開設時間 午前9時半~午後7時
 休館日:年末年始
 標高:72m
 ウォシュレット:あり
 Y!モバイル(LTE):◎
 公園:なし
 試食:少
 入浴施設:×
 無料WIFI:あり(設定要?)
 近隣デカ盛り:寿司けん(2.7km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※本年からの参加駅のため上記しました。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/06 09:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・ローズマリー公園(005/161・千葉)
南房総で中世のヨーロッパを思わせる美しいスポットに訪問してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、千葉県にある道の駅「ローズマリー公園」です。
南房総の東側、館山(たてやま)から鴨川(かもがわ)を通る国道128号線外房黒潮ラインの太平洋側から海岸沿いの県道297号線房総フラワーラインを南に進むとヨーロッパ風の町並みの公園が見えてきます。
DSCF4774_20150605201803fa6.jpg

以前は入館料がかかっていたと思われる中央の建物にも、無料で入場できたので入ってみることにします。
DSCF4782_2015060520180059c.jpg

広場を囲うように建てられた洋館の2階に白い人形とともにシェイクスピアの文学について学べる資料室がありました。
意外にもスポットライトや音声を使った充実した内容で、のんびり眺めていたら30分以上も経過していました。
DSCF4784.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
試食コーナーに「らっきょう」の漬物が数種類用意されていました。
DSCF4778_2015060520180169b.jpg
千葉県は関東エリアでは第2位のらっきょう生産量を誇ります。
…と言っても全国ベスト3の宮崎・鳥取・鹿児島に比べると30分の1程度ですが、それでも年間生産量は120トン以上(平成20年)だそうです。

製造元は享保年間(1700年代)創業の「コミヤ味工株式会社(千葉県館山市笠名1575)」さんです。
DSCF4780.jpg
享保年間(江戸時代8代将軍・吉宗の時代)に安房郡豊津村西の浜にて雑穀・雑貨販売を始め、その後、味噌・糀の製造及び酒類販売等を手掛けったのが最初だそうです。
昭和5年(1930年)、館山海軍航空隊開設と同時に漬物製造業を開始し、海軍御用商人として、漬物・味噌・うどん等の納入を行っていました。
昭和20年(1945年)以降、房州特産の生姜を原料とした製品(主に紅生姜漬)の製造に努め、昭和28年(1953年)頃より、楽京・沢庵・福神漬の製造も加え、漬物専業メーカーになったそうで、現在はらっきょうを主商品に製造を行っているそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
道の駅から外房黒潮ラインをおよそ7キロ、JR内房線の九重(ここのえ)駅の少し西の丘に「稲村城(千葉県館山市稲字城山)」があります。
DSCF4777.jpg
2012年に岡本城(南房総市)とともに「里見氏城跡」として国の史跡に指定ています。
ウィキペディアによると、館山平野・鏡ヶ浦を見下ろせる標高64mの丘陵上に築かれ、東西・南北ともに500m規模を持つと推定される。また、主郭部分の東側を削り、西側の尾根を盛土した痕跡がうかがえるそうです。

《2015年8月10日加筆》
九重駅に散策路の資料があると聞き、駅まで足を伸ばしてみましたが、情報スペースは撤去されてしまったようで近くにそれらしきものは見当たりません。
しかし、駅の西側の田んぼの先の山の方を見てみると「稲村城址(貴船神社/千葉県館山市稲115付近)」らしきものに気づきます。
小高い丘の手前のため池に駐車スペースと解説パネルが用意されています。
DSCF5531.jpg

ため池脇の解説はかなり充実した内容ですが、それ故に路地路地に置かれた「←稲村城址」と言う看板に足を運ばずには居れません。
DSCF5532.jpg

しかし、矢印通りに進んでいくと、民家(千葉県館山市稲604)の入口のような場所なので躊躇してしまいます。
農作業をする住民の方に軽く「おじゃまします」と声をかけ、散策路に入ると予想以上に整備されており、迷うことなく天守エリアまで歩けます。
DSCF5528_20150810233029207.jpg

5分10分ほど登れば、そこは本丸天守跡、建物こそ残っていませんが、近隣に高い建物がないため、城郭が存在した当時に近い眺望を楽しむことが出来ました。
DSCF5529_201508102330279e3.jpg
~ネットで検索した稲村城資料~
稲村城跡は、室町時代の15世紀後半から、1534(天文3)年に里見家の内乱によって里見義豊が滅ぼされるまでの、前期里見氏(義通・義豊)の居城でした。 館山市稲地区にある標高64mの丘陵で、北を流れる滝川を自然の堀とし、東・西・南をめぐる丘陵に外郭の役割をもたせていることから、東西約2km南北約1.5kmにわたる大規模な範囲の城となり、安房国の統治を主眼にした城と考えられます。
城郭の中心部は城山と呼ばれる主郭部と、その南に続く舌状丘陵です。東西500m南北500mで、山頂には造成された広い主郭と土塁、3ヶ所の堀切などがあります。北側と西側は急斜面の要害とし、東側と南側には複雑に腰曲輪を重ねるなど、数多くの遺構が残っています。
安房国の国府がおかれていた府中を見下ろす位置にあることから、里見氏による安房支配を確立し、上総進出の足がかりをつくるための拠点でした。内乱以降、廃城となりましたが、戦国前期の城の姿が今も残された貴重な遺構と評価されています。

◆稲村城址(貴船神社/千葉県館山市稲115付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

シェイクスピアと南房総の温暖な空気を全身で感じられるすばらしいスポットで、数年前に完成した大きな物産館には山海の幸が多く用意されています。
公園も大きいため、家族での訪問にも向いており、我が家でも訪問を楽しみにしている道の駅のひとつです。


□道の駅ローズマリー公園
 住所:千葉県南房総市白子1501
 TEL:0470-46-2882
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:なし
 標高:7m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:渚ドライブイン(4.0km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・96箇所目「ローズマリー公園」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ローズマリー公園(003/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ローズマリー公園(148/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/31 16:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・白浜野島崎(004/161・千葉)
千葉県最南端の道の駅は、今回も温かな日差しと風で、さわやかな気持ちにさせてくれます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、千葉県にある道の駅「白浜野島崎(しらはまのしまざき)」です。
房総南端で国道410号線と房総フラワーラインの間の農業地帯の平地に唯一の建築物として見えてきます。
このあたりに鉄道網はなく、房総フラワーラインを東へ2キロほどのところにある「安房白浜」駅は鉄路のない数少ないバスのみの停車駅で、タクシーさえもなかなか来てくれません(笑)
DSCF4768_20150605200457376.jpg
駐車場の数が少ないのですが、食堂や資料館などを併設しないため、訪問者数も県内の他駅に比べると少なく、のんびりとした時間が流れます。
以前は比較的強い結びつきが見られた海側の野島崎灯台の観光案内所が閉鎖されてしまい、せっかくの食堂や物産施設などとの連携が取れていないのが少し残念です。
しかし、それ故か地元の農家さんが持ち込む野菜や果物、花や米などは一日に何度も追加されるため、常に新鮮な食材がそろっています。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
灯台のふもとのお土産店まで行ってみたのですが、「道の駅」としての雰囲気がなかったのでもう一度スタンプのある建物に戻ってきてみました。
農産物しかありませんが、当日届けられた野菜の中から目に付いたのは「EM菌栽培赤玉ねぎ(100円)」です。
DSCF4772.jpg

EM菌の「E」はEffective (有用な)、「M」はMicroorganisms(微生物)を指すとのことです。
EMには抗酸化作用があり、害虫予防にもなり、細胞が活性化され生産性が高まる効果があるそうです。
生産コストは通常に比べて上がるものの、有機栽培野菜の安全性はズキマル君たちの世代には重要な栄養源になります。
DSCF4773_20150605200454a22.jpg
特に道の駅では、生産者の「カオ」が見えると言うのも安心できるポイントです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
公民館としての意味合いを持っていそうなホールの入り口のホワイトボードに、手書きの観光案内が用意されています。
DSCF4769.jpg

ここには「白浜城(安房郡白浜町白浜字一切経)」と言う城跡がピックアップされています。
DSCF4770_20150605200456c9d.jpg
この城は江戸時代平定前の戦国時代まで里見氏が納めていた地域です。
江戸時代の小説家・滝沢馬琴(たきざわばきん)の人気長編小説「南総里見八犬伝」で有名ですが、そんな「里見氏」発祥の城とされ、近隣には里見氏二代目当主とされる里見成義(さとみしげよし)の墓もあります。
「里見八犬伝」の舞台となる時代背景は室町時代だそうですが、この城と当主が存在したのも室町時代とのことで、日本を代表する長編SF小説の「聖地巡礼」として訪問してみるのも面白そうです。

《2015年8月10日加筆》
せっかくなので、散策してみます。
里見成義(さとみしげよし)の墓があるのは「青根原神社(千葉県南房総市白浜町白浜3061付近)」です。
DSCF5545_201508102305507ff.jpg
駐車スペースもあるのでじっくりと歴史を堪能できます。
神社の横に白浜城址のあったとされる山へと続く道があるので登ってみようかと思ったら、私有地のようで通行禁止になっていました。

そんな「白浜城展望台(千葉県南房総市白浜町白浜756付近)」は青根原神社の東にあります。
DSCF5547_201508102309311eb.jpg

駐車場がなかったので散策を諦めましたが、ここから500mほどのところに展望台があるそうです。
白浜城の歴史はこの展望台入口で確認することが出来ますので、これだけでも価値があります。
DSCF5546_20150810230930e51.jpg
城跡には建築物はないものの多くの遺構が残っているとのことなので、じっくりと歩くのも楽しいことでしょう。
夏期には雑草が茂り虫なども増えるので、温暖な気候を活用して冬季に散策するのがいいかもしれません。

◆白浜城展望台(千葉県南房総市白浜町白浜756付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

道の駅の施設と食事エリアの連携が途切れつつあるのは、少々残念ではありますが、リーズナブルな安心野菜が手に入るポイントと言う意味での価値は大きいです。
巷では子どもが「野菜嫌い」や「魚嫌い」なんて話も聞かれますが、ズキマル君とnorizo一家には、こうした旅のおかげか、無縁のコトバであり、日々食べることができる食材に感謝しながら暮らしています。


□道の駅白浜野島崎(しらはま・のしまざき)
 住所:千葉県南房総市白浜町滝口9240
 TEL:0470-38-5519
 開設時間 午前9~午後5時
 休館日:火曜、12月29日~1月3日
 標高:8m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近
 試食:×
 入浴施設:×無料WIFI:設定不要あり
 近隣デカ盛り:情報募集中
 ※観光案内・物産等は約1.5キロ離れた野島崎灯台付近に集中


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・98箇所目「白浜野島崎」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・白浜野島崎(139/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・白浜野島崎(150/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/31 14:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・23週目
今週から唐突に道の駅ネタに入らせていただいたので、経緯を少しだけお話したいと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今週から唐突に「関東道の駅スタンプラリー」ネタを始めさせていただきましたが、腑に落ちない方も居られるかと思います。

本ブログのタイトルにもなっている軽自動車キャンピングカー「テントむし」を購入した理由は、家族との時間を過ごすコミュニケーションツールであるとともに、運転手が「気軽に仮眠が取れるから。」と言う非常にシンプルなところにあります。
そんな休日の使い方の中で、一番初めに「車中泊」に使わせていただいたのが、「道の駅」でした。
道の駅では、24時間駐車スペースとトイレが確保されているため、急な睡魔に襲われた際に運転手を助けてくれる重要なポイントとして、norizoの中に位置づけられています。
「テントむし」の利用開始スタート時には、営業終了後に訪問にし、営業開始前にその場を去るパターンの使い方が多かったのですが、ある時仮眠に使わせて頂いた栃木県の道の駅「湯西川温泉」で出会ったのが、「関東道の駅スタンプラリー」でした。
その頃はまだケータイ電話のメール機能とQRコードのみで参加できるコースがあったので、参加初年度はスタンプ帳は購入していませんでした。
そんな参加初年目の2008年、ケータイラリーでは現在順位が都度メール送信されてくるため、これが気合の入った道の駅めぐりへの本格参入のきっかけになりました。
2009年になり、初めてスタンプ帳も購入し、ケータイラリーの順位を確認しながら、週末に如何に効率よく道の駅を巡れるかを考えながら道順を考えることが楽しくなりました。
2010年、巷では重なる自民党の失態に政権が民主党に移りましたが、それに伴って、このスタンプラリーにも大きな打撃がありました。
それが、「経費削減」です。
このスタンプラリーにも多くの国費が使われていたらしく、予算が削られ、道の駅連絡会の事務局も大きく揺れたらしく、通常7月開始が10月開始とスタート時期も遅れ、ケータイラリーが廃止される等とにかくバタバタの年でした。
しかし、この年にブログをアメブロに移設し、急激にアクセス数が増えてきたことに気をよくしたnorizoは、「道の駅はブログ記事の基礎となる。」と考え、これが現在のブログの根底となったわけです。

それからは、「道の駅訪問記」が「銀色テントむし」のベースとなり、現在に至っているというわけです。

今に至るライフワークの「関東道の駅スタンプラリー」巡りがスタートするわけなのですが、2015年は例年に変わることなく7月1日のスタートがほぼ確定しています。
あとはそれ以降のスケジュールをズキマル君の予定とスタンプラリー開催期間に合わせて組み立てていけば11月までの予定が埋まります。

さて、本題の「腑に落ちないのでは?」と言うのは、「開催期間と記事掲載開始時期の不一致」にあります。
「関東道の駅」のホームページを覗いてみると、登録数が160を超えていることがわかりました。
ここ数年は「1道の駅1記事」で、各道の駅の魅力を掘り下げて楽しんでいますが、スタンプラリーの期間日数が153日間しかないのでスタンプ帳の販売が始まってからの記事化だと1日1本以上のペースで記事を書かなければなりません。
道の駅ネタ以外にも、ライフワークとなっている「ダイエット」や「デカ盛り」のことも考えると、1週間に10本以上の記事を書くことになります。
ちなみに、ブログ1記事を書き上げるのに1時間半程度かかりますから、今年に入ってから1週間に6本でおよそ9時間程度をブログ記載の時間に使っていたことになります。
これが週に10本となると…ブログを書くのに1週間15時間程度の時間を費やすことになります。

ちなみにnorizoの平日の暮らしを考えると…
05:00 起床~ウォーキング
07:00 朝食~ブログ記載(金曜は土日の計画に使用)
09:00 シゴト
18:30 帰宅~就寝準備
22:30 就寝

土日…
旅行!!

となるわけで、これ以上、記事に時間をかけるのはなかなか難しいものがあります。
素人が旅の思い出を綴るだけのつもりが、徐々に生活を圧迫してしまうことになるわけです。

そこで今回の苦肉の策が「先に訪問して記事にして、スタンプはその周囲の道の駅めぐりのついでに押して行こう!」と言う手法です。
「スタンプラリーは制覇したいけれど、ブログの記事も手を抜きたくない」と言う思いから、こんな考えに至りました。

前置きが長くなりましたが、これから半年間、お城やSL、「家族でリーズナブルに遊べるスポット」のタイトルは少なくなりますが、その分、個々の道の駅の情報にそれらを合わせて行こうと思いますので、タイトルに飽きることなくお付き合い頂けると嬉しいです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 23週目(6/4~6/10)


体 重: 72.6Kg → 72.5Kg
BMI: 25.72  → 25.69
胴回り: 86.0cm  → 86.0cm
腿回り: 52.0cm   → 52.0cm

食事記録:週末のデカ盛り結果
6/6昼 伊香保・バーニーズダイナー(ボリュームランチ)
6/7昼 上野・かつ仙(チキンカツカレー大盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ15.5キロ(17,745歩)
金曜日:通勤コミ14.6キロ(18,470歩)
土曜日:休日ドライブ6.8キロ(11,186歩)
日曜日:休日散歩16.7キロ(22,679歩)
月曜日:通勤コミ15.5キロ(18,585歩)
火曜日:通勤コミ18.5キロ(22,091歩)
水曜日:通勤コミ20.9キロ(28,172歩)

開始時からの増減(1/1~本日)
体 重: -1.7Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -0.60(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -0.5cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/11 07:30 天候:曇り
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2015・とみうら枇杷倶楽部(003/161・千葉)
南房総はテレビでの特集も多く、それゆえこの道の駅は土日祝日ともなると第二駐車場まで満車状態が続いています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、千葉県にある道の駅「とみうら枇杷倶楽部」です。
富津館山有料道路の富浦インターから南に出て国道127号線館山バイパスを西に1.3キロほど進むと交差点を挟んで左右に大きな駐車場とともに見えてきます。
南側が第一駐車場ですが、混雑していることが多いので、北側の路地の奥の第3駐車場まで進むと、イライラせずに訪問できます。
DSCF4761_201506051953506ee.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
枇杷クラブだけに「金木のびわ羊羹(税込162円~)」がショーケースの中央に置かれています。
DSCF4765.jpg
初代、金木清兵衛(かねきせいべえ)さんが明治37年(1904年)に房州特産のびわの風味を生かした羊羹の製造に成功し創業たそうです。
房州びわの産地を生かし、ビワの実をジャムにして白アンに練り込んだ羊羹は、綺麗なびわの色をした、さっぱりとした甘さとほのかな風味が人気だそうで、作業場を覗いてみたくなります。

製造元はこの商品開発で明治37年創業の「房州銘菓(株)金木清兵衛商店(千葉県南房総市富浦町南無谷2117)」です。
DSCF4766.jpg
現在は3代目の店主が、変わらぬ味を守っているそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
周辺マップは駐車場内ロータリーに小さくて日に焼けたものが1枚あるだけでイマイチわかりません。
館内の大きな休憩スペースに置かれたモニターから地域情報を検索するのがもっとも有効なチェック手段のようなので検索してみます。
DSCF4767_20150605195348b6c.jpg

房総と言えば江戸時代の長編SF小説「南総里見八犬伝」の舞台となっていますが、ヒロイン伏姫が里見家の姫です。
そんな里見氏の支城のひとつだった場所にあるのが「岡本城址里見公園(千葉県南房総市富浦町豊岡68付近)」です。
DSCF5556_201508092306084b3.jpg

城の名の通り、元は岡本氏(岡本随縁斉)の居城であった場所を里見氏(里見義弘)が召し上げ、戦国時代には神奈川側からの後北条氏への海防の要として活躍した場所です。
DSCF5559.jpg

国指定史跡だそうですが、駐車場が無いので、訪問の際にはちょっとした散策の備えが必要ですが、階段から5分ほどで頂上に到着するので現地までの「足」の準備さえしておけばそれほどの負担はありません。
DSCF5557_20150809230605ab6.jpg

うっそうと雑草が生い茂る広場に壊れたベンチがあるだけの公園ですが、記念碑がこの地の歴史を物語っていますので、城好きには楽しめるスポットです。
DSCF5560_20150809230606af7.jpg
専門的には主郭部北西先端は物見台状になっており、東京湾や直下の湊を一望できる立地が特徴で、大規模な堀切によって郭が区画され、なかでも頂上の中心的な郭では、発掘によって中国製の陶磁器などが出土したほか,掘立ての高層建築があった可能性が確認されているそうです。
また枡ヶ池とよばれる岩盤を掘り込んだ水堀が山の上にあり、全国的に見ても類例の少ない非常に珍しい施設で、城井戸を兼ねたものと推定されていますので、探し当てたらラッキーだと思われますが…見つけられませんでしたorz

◆岡本城址里見公園(千葉県南房総市富浦町豊岡68付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

食堂や売店も多く併設し、休憩施設としてもリラックスできる空間を多く保有してくれている、千葉県でも屈指の道の駅だと感じています。
駐車場の誘導員さんはいてくれますが、前書きしたとおり、土日ともなると駐車場が一杯になりますので、本館前にクルマを置こうと思わず、少し離れた売店や公共施設側の駐車場を利用してゆったりとした気持ちで訪問することをオススメします。


□道の駅とみうら枇杷倶楽部
 住所:千葉県南房総市富浦町青木123-1
 TEL:0470-33-4611
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:なし(公民館側は月曜)
 標高:8m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(3G):◎
 公園:小
 試食:多
 入浴施設:無料足湯、とみうら元気倶楽部(10:00-16:00/有料)
 無料WIFI:設定不要あり
 近隣デカ盛り:とみや(1.5km)・ばんごや本店(1.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・109箇所目「とみうら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・とみうら枇杷倶楽部(142/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・とみうら枇杷倶楽部(154/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/31 10:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…798軒目・鋸南保田「ばんや」
久々に漁港の大人気定食屋で面倒なルールと異常な行列を楽しみたくなり、房総を目指してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

房総を縦断する富津館山有料道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道34号線を西へ進み、内房線の線路を過ぎたら国道127号線内房なぎさラインを南へ進むことインターからおよそ1.6キロ、西側の漁港の駐車場を囲むように軒を構えるのが「ばんや」です。
観光漁船や宿泊施設、入浴施設などもある大型店で、テレビでも紹介されることの多い人気店です。

早朝から併設の日帰り入浴施設で汗を流し、開店を待ちますが、オープンが9時半であるにもかかわらず、風呂を上がったのが7時半だったためしばらく駐車場で待つことにします。
日曜日と言うこともあり開店1時間半前の8時前になるとすでに人だかりが出来始めたので、開店前のシャッター前に用意された木製のベンチでのんびりと開店を待ちます。

開店40分前くらいになるとシャッターが開き、入口付近へと並んでいた人たちが流れます。

まずはここで1つ目のルールがあります。
それは、入口の用紙に名前と人数を記載することです。
この状態ではまだ入店することは出来ません。

以前は店内に掲げられていた黒板が入口の風除室に用意されているので、このメニューボードで待ち時間に何を注文するか選んでおきます。
注文票とボールペンが用意されており、その注文票が後で注文控えになります。
DSCF4733.jpg
※ここで一生懸命記載しても「売り切れ」の場合がありますのでご注意ください。

もっともリーズナブルで、一度食べたら忘れられない「刺身切り落し」を頂きたかったのですが、日曜日には提供していないようです。
シーズンもあるのでしょうが、500円台のメニューに出会えないのは残念です。

開店時間10分前になると接客順の用紙に書かれた順にテーブルナンバーを案内されます。
知っていて当たり前なのか、席まで案内はしてもらえませんが、テーブルナンバーは見やすく表記されていますので、間違うことはないでしょう。
中央の厨房カウンターの上にはモニターに変更されたメニュー表が掲示されており、売り切れが出ると即座に注文不能がわかる仕組みになっています。
注文に悩んだら店員さんに聞くことが出来ますが、たくさんのお客さんが同時にそんな状況になるので、質問する際にもかなり待つことになります。
席についておよそ10分、開店時間になると接客表に名前を書いた順に注文を取りにきてくれます。
ここでのルールは「注文は店の人が来るまで頼めない。」、「注文しようと思ったら直前で売り切れになることがよくある。」と言った点です。
やっと注文をr取りに来てくれたと思ったら、希望の品がないなんてこともありますが、それも含めて楽しみましょう。
DSCF4738.jpg
その間にもルールを知らない新規入店のお客さんたちが、席に着こうと入ってきて入口で店員さんに「名前を書いてお待ちください。」と追い返されます(笑)
norizoも以前こうして追い返されましたが、懐かしい思い出です。
お茶も水もセルフサービスですが、水も「常温」なんて給水機があり、間違えてぬるい水を持ってきてガッカリすることもよくあります。
ズキマル君に水をお願いしたら、思ったとおり常温の水を注いで来ました(笑)

日曜日と言うこともあってか、リーズナブルな刺身メニューがなかったので注文したのは「地魚海鮮丼ご飯大盛り(税別1,100円+50円)」です。
DSCF4740.jpg
ヒカリモノ中心の6種ほどの刺身が2・3切れずつ、ドンブリを覆うようにドカンと載っています。
ご飯は酢飯で、大盛りで1合半弱と言ったところです。
以前はもっとボリューミーだった気もしますが、燃料代とか人件費とか、いろんな事情でサイズダウンした気がします。
刺身は新鮮で臭みもなく、ヒカリモノが得意でない人でも納得できるのではないでしょうか。
しかし、待ち時間と価格に過度な期待はしないことをオススメします。

メインは現在のばんやには数少なくなってしまったリーズナブルなデカ盛りメニュー「イカかき揚げ丼普通盛り(税別750円)」です。
DSCF4741.jpg
テーブルに運ばれてくる際に、周囲の目が料理に突き刺さります。
ドンブリから溢れるように山盛りに積み上げられたのは、イカとねぎを中心とした5・6枚の大きなかき揚げです。
1枚でも十分「かき揚げ丼」になりますが、そんなかき揚げがご飯の3倍もあろうかと言うボリュームで載っかっています。
甘めのタレはご飯にもたっぷりかかっているので、味が足りない心配意はありません。
ご飯は白飯で、ドンブリに3分の1程度の1合弱と言った量ですが、かき揚げの量がハンパないので「大盛り」にしなかった自分を褒めてしまいます(笑)

食事を終えた朝10時、会計を終えて店の外へと出ようと思いますが、行列がすごくて外へ出るのも一苦労です。
ここまで並んでって言うのもどうかなぁ・・・なんて思っていたら、自分も開店前1時間半も前から並んでいたことを思い出し吹き出してしまいます。
青い空と心地よい海風の季節だったのでのんびりと待った上に、店のルールにも従えましたが…
厚かったり寒かったり雨だったりしたら嫌だなぁ…なんて、ちょっと思ってしまいます。
それでも、中毒のように時々食べたくなる房総の名店に、今日も胃袋を納得させることが出来ました。


□ばんや
 TEL:0470-55-4844
 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
 営業時間 9:30-18:00(土日祝延長)
 定休日:無休
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/30 17:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・きょなん(002/161・千葉)
日本が調査捕鯨禁止を了承してから、クジラ肉の調達が非常に難しくなっているそうですが、この町ならばまだ食べることができます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、千葉県にある道の駅「きょなん」です。
房総南部の富津館山(ふっつたてやま)有料道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道34号線長狭街道を西に進み海沿いの国道127号線内房なぎさラインを1キロ弱南に進むと見えてきます。
DSCF4742.jpg
敷地内に「菱川師宣記念館」や「鋸南町中央公民館」を併設し、隣にはスーパー、その北には港や入浴施設、飲食店と観光アクセスに適したスポットです。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
地域オリジナルの牛乳「近藤牧場牛乳」が美味しそうです。
DSCF4747_20150605190935125.jpg

意外にも房総(千葉県)は平安時代から広い牧場で軍馬の育成を行ったり、江戸時代にはインドから輸入した乳牛から搾乳したりと、「酪農発祥の地」とまで言われています。
そんな千葉県で生産される牛乳ですからウマいに決まっています。
DSCF4746_201506051909341c7.jpg

価格は250円と少々お高めですが、生産地がしっかりとした食べ物はやはり安心です。
DSCF4748_20150605190934527.jpg
近藤牧場(千葉県南房総市川上738-1)は、「VENTO (ヴェント)(千葉県南房総市二部17-1)」と言うレストランも経営しており、乳製品に対する知識も豊富のようなので、ちょっと訪問してみたくなりました。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
平安末期には源頼朝(みなもとのよりとも)が打倒平家を目指して猛者を募り、戦国には里見氏が、江戸時代には神仏の復古に沸き、昭和には海水浴と捕鯨で栄えた町ですが、今は静かな漁師町です。
そんな静かな町のマップには「まちかど博物館」と言うポイントがあるのですが、これが鋸南町のホームページでも上手に検索できません。
DSCF4744_20150605190936c26.jpg

さらに根気強く調べてみると、この「まちかど博物館」は勝山港通り商店街のイソヤ薬局(千葉県安房郡鋸南町勝山428)の店舗内にあり、捕鯨に関すた道具・鯨関係の資料を中心に歴史資料を展示していることがわかりました。
DSCF5592_201508091924534ec.jpg
このブログでは馴染み深いデカ盛り店「住吉飯店」の隣にあるそうですが、日曜日だからなのかシャッターが下りていました。
また機会を見てチェックしてみることしましょう。

《2015年8月9日加筆》
道の駅から少し南の勝浦漁港の北側の山の山頂に天守閣のような建物が見えるのですが、これは「大黒山展望台(長谷寺/千葉県安房郡鋸南町勝山409付近)」です。
DSCF5605.jpg

山頂にはいくつか道があるようですが、山の南側の法福寺に駐車場があり、そこから中腹の長谷寺に進むとその先右手からぐるりと山頂へ続く散策路があります。
DSCF5596_20150809193509c38.jpg

勝山湾を挟んで南側にある山こそが、本来の勝山城址なのですが、鋸南町発足30周年を記念して平成2年(1990年)に勝山城址を見下ろせること地に展望台が設置されました。
DSCF5600_201508091934594d4.jpg

◆大黒山展望台(長谷寺/千葉県安房郡鋸南町勝山409付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

鋸南と言えば海産物がメイン道の駅ですが、今回はあえて酪農や歴史をメインにチェックしてみました。
海岸沿いで海産物に恵まれた道の駅ですが、歴史に目をやるとさらにすばらしいエリアであることがわかります。
次の休みに房総を訪問の折には、ちょっと歴史探訪を兼ねて旅してみてはいかがでしょう。


□道の駅きょなん
 住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜516-1
 TEL:0470-55-4518
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜
 標高:5m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:近(ばんやの湯/24h)
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:ばんや(約0.5km)・住吉飯店(約2km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・111箇所目「きょなん」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・きょなん(145/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・きょなん(091/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/31 05:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・富楽里とみやま(001/161・千葉)
ちょっとスタンプラリーのスタートには早いのですが、開催側の意思に関係なく勝手に道の駅巡りを開始してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

michinoeki_g.gif関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問箇所目は、千葉県にある道の駅「富楽里(ふらり)とみやま」です。
富津館山有料道路から立ち寄るハイウェイオアシス富楽里と併用で、下道からだと内房線の安房勝山(あわかつやま)駅と岩井駅間を並走する127号線内房なぎさラインから二部交差点を東に入った有料道路をくぐるトンネルの手前にあります。
建物と有料道路の間に一般道路に移動できる歩道が用意されていますが、日中は建物内での相互通行が可能です。
※車両による移動はできません。
DSCF4753_20150605190645b6c.jpg
今回はズキマル君と前泊させていただきましたが、ここを合流地点に同乗してどこかへ行かれる地元の方がいるらしく、夜半までにぎやかな夜でした。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
「おれんじ芋タルト(税込993円)」が、目を惹くスペースに山積みされています。
DSCF4757_201506051906431cd.jpg

千葉県産アヤコマチの通称を「おれんじ芋」と呼んでおり、それをタルトの餡に練りこんでいるそうです。
DSCF4758_20150605190642631.jpg

製造元は1923年(大正12年)創業の「房洋堂(ぼうようどう:千葉県館山市安布里780)」さんです。
DSCF4759_201506051906413fc.jpg
房総を代表するお土産のメーカーさんとして有名で、昭和の青春ドラマの賑わせた現・千葉県知事の森田健作(もりたけんさく)さんが工場を巡視されたこともあるそうです。
ちょっと工場も気になりますね♪

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
昨年も記載しましたが戦国時代後期まで里見氏の所領であったこの地には、滝沢馬琴(たきざわばきん)が28年と言う長きに渡って描き続けた江戸時代の長編伝奇小説「南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」の舞台です。
物語はフィクションですが、ゆかりの地はたくさん残っているので、古典と共にその地を歩くのも楽しいでしょう。
今でこそアニメやドラマの「聖地めぐり」なんてものがありますが、1842年(天保十三年)の完成以降、170年以上も多くのファンが訪れた地でもあります。
DSCF4755.jpg

もう少し最近の歴史について知るには道の駅から東に7キロ弱進むと、「南房総市富山民俗資料館(千葉県南房総市平久里中209)」があります。
DSCF4756_201506051906432cf.jpg
「旧富山町民俗資料館」と言う名称で、淡いピンクの洋館風の建築物なのですが、どうやら職員は常駐していないようです。
見学希望の際には事前に「南房総市教育委員会(0470-46-2961/南房総市教育委員会教育総務課(丸山分庁舎))」に連絡し、鍵を開けてもらうことが必要なようです。
こうしたいわゆるハコモノは、最近人件費の削減から無人のところが多いのですが、事前に連絡しておけば見学できることが多いです。
「撮影禁止」と注意書きがあるものの、お願いすれば写真撮影も可能なことも多いです。
せっかくの貴重な資料でも、誰の目にも触れなければ廃棄されてしまう可能性もあるので、ぜひとも多くの人に訪問してもらいたいですね。

《2015年8月9日訪問加筆》
西の少し海側へ進むと勝山漁港のある湾があるのですが、その勝山漁港活魚センターの南側の裏山が「勝山城址(勝山漁協活魚センター/千葉県安房郡鋸南町下佐久間3770-2付近)」です。
DSCF5594_20150809190442e82.jpg

漁協事務所施設と活魚センターの路地から散策路につながっているはずなのですが、民家の中を通るような通路設定になっており、また雑草が覆い茂っているので今回は入口だけで納得してしまいました(笑)
DSCF5595.jpg

勝山城は千葉県安房郡鋸南町にある天然の良港・勝山港を見下ろす八幡山に存在した城で、中世の典型的な海城であったと伝えられています。
源頼朝(みなもとのよりとも)が石橋山の戦い(治承4年/1180年)で破れ、この地に逃げ延びてきた際、安西氏によって出城として築かれたそうです。
戦国時代前期には、対岸の相模・北条氏と戦火を交えた領主の里見氏は、この地に500艘とも言われる里見水軍の本拠地としたそうです。
江戸初期に里見氏が滅亡した後は、何度かの転封の後に約200年間は酒井氏の居城となり明治維新を迎えました。
DSCF5602_20150809191724d2e.jpg

現在、八幡山北側にある大黒山に模擬天守風の展望台(勝山城展望塔)が立っており、知らないとそっちが城跡だと勘違いしてしまいそうですが、セットで楽しむと良いかもしれません。
DSCF5593.jpg

◆勝山城址(勝山漁協活魚センター/千葉県安房郡鋸南町下佐久間3770-2付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

南房総市は関東圏で随一の道の駅保有数を誇る町ですが、そのどれもが活気に溢れ、エネルギッシュです。
そんな中でも「富楽里(ふらり)とみやま」は有料道路とのアクセスもよく多くの人でにぎわいます。
食事やお土産の購入に利用される方も多く、来場者の意見が反映され利用しやすさが訪問毎によくなっているのも魅力のひとつです。

□道の駅富楽里(ふらり)とみやま
 住所:千葉県南房総市二部1900
 TEL:0470-57-2601
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:18m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:多
 入浴施設:×
 無料WIFI:設定不要あり
 近隣デカ盛り:住吉飯店(約3km)・麺やすみよし(約1.8km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・110箇所目「冨楽里とみやま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・富楽里とみやま(144/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・富楽里とみやま(092/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/30 20:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…797軒目・五井「活力亭」
このブログをお読みの方から、五井方面を旅する際にオススメいただいた隠れたデカ盛り店をズキマル君と目指します。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR内房線の五井(ごい)駅北口から県道221号線を500m弱北に進み、十字路の信号から県道24号線を東に1.6キロほど進むと白金町3丁目交差点の手前南側に見えてくる黄色い壁の店が「活力亭(かつりょくてい)」です。
駅からはやや距離がありますが、駐車場が8台分ほどあるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF4729.jpg

事前情報にはディナータイムは18時からとありましたが、やや早い17時半に店の前を通るとすでにのれんがかかっていたので入店してみることにしました。
入口を入って正面から左手にかけては15席ほどのカウンター席があり、右手手前には小上がりに4人掛け席が3つ、その奥には4人掛けテーブル席が2つと、外観で見るよりも多くの席が待ち構えてくれています。
開店を確認し、一番手前の小上がり席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF4731.jpg
ランチタイムのセットメニューのボリュームに定評があるのですが、残念ながら今回はディナータイムです。
しかし、事前に教えていただいていたご飯物メニューに狙いを定めます。

ボリュームに定評があるがゆえに、2品の注文に不安を覚えます。
申し訳なくお思いながらも厨房のお母さんに取り分けしても良いかどうかを聞いてみると、快く了解いただくことが出来ました。
そこで選んだのが「チャーシュー丼大盛り(700+150円)」です。
DSCF4732.jpg
しばらくして運ばれてきたのは…ラーメン丼に山と盛られた驚愕のチャーシュー!!
ご飯は2合半ほど、その上に厚切りチャーシューと刻みチャーシューがどっさり盛り付けられ、白髪ねぎが香りを添えます。
舌触りのいいチャーシューは口に入れるとほどけるようにとろけます。
ホカホカのご飯には甘辛醤油タレがたっぷりとかかっており、ご飯に溶け出したチャーシューの脂の甘みと相まっていくらでも食べられそうです。
とは言え、ボリュームは相当なものなので、思ったとおり親子でこの爆盛りを1品完食するのがやっとです(笑)

残り2口くらいになると、すでにスポーツのような状態になっていましたが、必死に頑張って余すことなく頂きました。
セットの玉子スープも口当たりよく、柔らかな塩味がちょうどよかったです。

胃袋具合もあり1品しか食べることができませんでしたが、たくさんのメニューはどれも気になる品ばかり。
次回は何を食べるかを、すでにズキマル君と相談しつつ、ずっしりと重くなった胃袋をさすりつつ、再訪を誓いました。


□活力亭
 TEL:0436-24-1014
 千葉県市原市白金町5丁目14-3
 営業時間 11:30-15:00,18:00-翌3:00
 定休日:火曜日
 駐車場あり

活力亭 市原店ラーメン / 五井駅八幡宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/30 17:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしのデカ盛り…796軒目・市川大野「ひさご亭」
ふと気が付くと、ズキマル君が上手に自転車を乗り回せるようになっていたので、片道10キロくらいなら運転できそうだということでチャリ旅に出てみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR武蔵野線の市川大野(いちかわおおの)駅から南へ出て、線路西側の市道をおよそ1キロ進むと交差点の手前の貯水池の向かいに見えてくるのが「ひさご亭」です。
市街地の行列の出来る人気店ですが、駐車場も歩道もないので訪問を躊躇しますが、そんな車道に時々行列ができていたりします。
IMG_0337.jpg


昼にも夜にも微妙な日曜日の午後4時、本当はテイクアウトだけのつもりで訪問したのですが、珍しくテーブル席に一つ空席を見つけ、ついつい食事をすることにしてしまいました。
厨房上のカウンターに記載された昔ながらのメニューをちらりと眺めますが、やはりタンメンと餃子は外せません。
IMG_0331.jpg

デカくて甘いそして1品で満腹になってしまう、他では味わうことの出来ない「餃子」は半人前サイズで注文することが出来ます。
そんなわけでオススメの「ハーフ餃子(450円)」を注文します。
IMG_0333.jpg
何十年も変わることがないと言われる独特のカタチと味は、多くの人を魅了して止まないように、ズキマル君も大好きです。
厚手の皮は油で揚げたようにカリカリで、中には粘りと甘みの強いフシギな味の具がぎっしりと詰まっています。
まだ市川駅前に本店があった頃から味わっているだけに、当たり前に思っていましたが、かなり珍しい料理のようです。
1個あたりのサイズがズキマル君の拳ほどもあるのも特徴です。

お店のご好意で親子での取り分けをお許し頂き注文したのはボリューム満点の「タンメン大盛り(800+250円)」です。
IMG_0335.jpg
2品注文することも考えましたが、普通盛りでもボリューミーなためズキマル君一人では食べきることが出来ません。
お店の方もそれを分かって下さっていて、取り分け用のお皿を用意してくれます。
あっさりとした塩味のスープにたっぷりのシャキシャキ炒めヤサイ、黄色い中太の縮れ麺の相性がたまりません。
16時という中途半端な時間と胃袋具合でしたが、さっぱりとした味付けにスルスルと喉の奥に吸い込まれていきます。
しかし、餃子を1人前注文してしまっていたら、確実にどちらかを残してしまっていたことでしょう。

当初予定していたテイクアウトの「餃子(800円)」ももちろん購入して帰りました。
IMG_0339.jpg
パックにギュウギュウにずっしりと詰まった6個の餃子はボリューミーそのもの。
家で食べるには一人2個もあれば、ご飯が2杯は食べられます。
店で食べてきたのに夕食でしっかり2個食べてしまったのは言うまでもありません(笑)

駅からも近くはなく駐車場もありませんが、その人気は衰えを知りません。
しかし、その人気に負けることのないその味はこれからも地元のお客さんの足を向けさせることでしょう。
ただ、近隣を対象としているお店ですから、過度なサービスを求めてはいけません。
待ち時間や人の出入りまでを、自身が空気のような存在となって楽しむべき、そんなお店です。


□ひさご亭 市川大野店
 TEL:047-337-3366
 千葉県市川市南大野3-22-2
 営業時間12:00-19:00頃
 定休日:水曜日たまに木曜日
 駐車場なし

ひさご亭 市川大野店餃子 / 市川大野駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/24 16:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・22週目
今年の春の連休の思い出をおよそ1ヶ月ほどかけて綴らせて頂きましたが、それでも記事に仕切れないことも沢山ありました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

連休に向けての旅行計画は、ある程度のポイントは押さえつつも綿密には立て過ぎないことがクルマ旅の基本であることに気づかされます。
そして、もうひとつ、ここ数年続く異常気象に耐えるべく、寒さにも暑さにも耐えうる装備が必要となります。
IMG_0324.jpg
ゴールデンウィークは予想以上に暑かったのですが、以前購入した車載冷凍庫「MD14F」のおかげで冷たい飲み物を常にキープできたので熱中症にならずに済みました。

クルマ旅は移動に時間がかかるものの、思いついた場所にふらりと訪問できるのがメリットです。
スタート時点では予定の無かった「松蔭神社」にある「松下村塾」にも行ってきたのですが、その日の夜、世界遺産登録の話しで盛り上がっていることを知って驚きました。
IMG_0289.jpg
知っていたら、もっと写真を撮ってきていたのですが…ズキマル君のトイレが忙しく、滞在時間が5分程度だったので記事に出来ませんでした(笑)

また、日本海側をのんびりと帰ってきたので、4年前に寝台列車とレンタカーで訪問したスポットにも、思い出をよみがえらせるために際訪問してみました。
そのひとつが出雲大社です。
IMG_0292.jpg
ズキマル君が幼稚園児だった2011年の訪問時には、改装中だった建物も美しく建て直されていました。
ただ、その時、「次に来るときはお母さんとお姉ちゃんと4人で来ようね。」と言っていたのに、またオトコ二人旅になってしまいました。

山陰山陽は距離がありどうしても訪問機会が減るため、「日本100名城」の新しい方のスタンプ帳を埋めるために、一乗谷城月山冨田城だけでなく名城訪問として5箇所目に訪問した松江城にも訪問してみましたよ。
IMG_0301.jpg
普段の旅行の際には、幾つもの城を訪問すると、どれも覚えてくれていないので「1旅1城」を基本にしているんですが…ちょっと立ち寄りすぎましたね(笑)

思いのほか苦慮したのは「入浴施設」です。
ついつい移動や食事・観光を優先してしまい、入浴施設を探してみると、思いのほか早い時間に閉館になっていたり、リーズナブルな施設が廃館になっていたりと…2日に1回ペースでしか入浴できませんでしたorz
入浴させてもらえた萩の「田万川温泉憩いの湯(山口県萩市下田万1740-1)」と一乗谷の「ラポーゼかわだ(福井県鯖江市上河内町19-37-2)」は価格もリーズナブルでゆっくりと静養させてもらえました。
IMG_0381.jpg

そんなこんなの5連休、ズキマル君とお読みいただいた皆さんの心に、何か残るものがあれば嬉しいのですが、いかがでしたでしょうか?
今年下半期は、恒例の関東道の駅スタンプラリーがスタートしますので、関東圏の旅行が多くなりますが、そんな親子の日々に懲りずにお付き合いいただけると幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 22週目(5/29~6/3)


体 重: 72.1Kg → 72.6Kg
BMI: 25.55  → 25.72
胴回り: 86.0cm  → 86.0cm
腿回り: 52.0cm   → 52.0cm

食事記録:週末のデカ盛り結果
5/27夜 五井・活力亭(チャーシュー丼大盛り)
5/28朝 鋸南・ばんや(イカかきあげ丼)
 
運動記録:
木曜日:通勤コミ14.7キロ(19,046歩)
金曜日:通勤コミ13.9キロ(18,538歩)
土曜日:休日散歩12.4キロ(16,634歩)
日曜日:休日散歩6.8キロ(10,763歩)
月曜日:通勤コミ15.4キロ(20,829歩)
火曜日:通勤コミ17.1キロ(20,083歩)
水曜日:通勤コミ15.0キロ(16,492歩)

開始時からの増減(1/1~本日)
体 重: -1.6Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -0.57(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -0.5cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/06/04 07:30 天候:曇り
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

銀色テントむしで古城巡り…島根「月山富田城」
まだズキマル君が幼稚園児だった頃、「100名城めぐり4カ所目」として訪問した山城に、再チャレンジしにやってきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
新しいスタンプ帳にまだ名城スタンプを押していなかったので、山口県からの帰りしなに日本海側を通って立ち寄ってみました。
※「100名城」としては2011年11月に訪問しているのでタイトルは「古城巡り」にしています。

JR山陰本線の安来(やすぎ)駅から県道45号線を南へおよそ11キロ、安来市立歴史資料館を目標に道を進むと、「道の駅広瀬富田城」が見えてきます。
こちらにクルマを停めさせて貰い、道の駅や資料館で登山用の杖をお借りしたら、「月山富田城(がっさんとだじょう)」の城跡巡りに出発です。
道の駅から東、裏の獣道のような未舗装の道に入ると「尼子興久の墓」が城跡の入口として迎え入れてくれます。
4年前同様ながら成長を重ねるズキマル君は今回も彼の墓に手を合わせ、安全を祈願して本丸を目指します。
DSCF4630_2015060307385661c.jpg

当時あれほど頑張った「千畳平(せんじょうなり)」へもサクサクと登ってこられるようになりました。
DSCF4632_20150603073855b4e.jpg

ここから先は、4年前には訪問しなかったスポットです。
山城と言えば、山道の各所に遺された「井戸」です。
「山吹井戸」は山中御殿平から山頂部へ続かなり急な道にありますが、現在は石畳で舗装されているので小学校高学年になったズキマル君にも安心です。
DSCF4633_201506030738545c6.jpg

半べそになったりふて腐れたりしながらも、仕方なしについてきてくれるのもあと何年かなのかもしれません。
それでも、こんな時間を愛おしく思っていることが、ズキマル君に伝わるのは…きっと彼に子どもが出来て、一緒に歩く頃になってからなのでしょう。
もう少し、こうして歩いていきたいなぁと、改めて感じます。
DSCF4634_20150603073854c95.jpg

きれいに整備されているものの、なかなかの勾配の山道をのんびりと歩いてたどり着いた山頂の本丸跡には「勝日高守(かつひたかもり)神社」が待っていてくれました。
DSCF4636.jpg

帰路の展望スポットから見る街の景色も美しく、ちょっと苦労はしましたが、山の美しさを共感することができました。
DSCF4639.jpg

16時前に登り始めて、下山してみればすでに17時半となり道の駅も資料館も閉館してしまっていました。
しかし、ズキマル君の幼稚園時代を二人で思い返して上る山城跡は、なんともここと良い風と思い出が吹き抜けていきました。

…ちなみに、この翌日、(先日記載した)一乗谷城にて、新たな山城に挑戦し、その怖さも知ることになります。
とは言えやっぱり、城巡りは面白いなぁ…と思いつつ、この先は縄張りや石垣などについても話が出来ることを願いつつズキマル君と再訪を誓います。


□月山富田城(がっさんとだじょう)(65番)
 住所:島根県安来市広瀬町富田2188
 電話:0854-32-2767
 スタンプ設置場所 :安来市立歴史資料館(道の駅広瀬富田城)
 島根県安来市広瀬町町帳752(道の駅広瀬富田城)
 駐車場:あり
 開館時間:9:30 - 17:00
 通称・別名:月山城、富田月山城
 主な城主:尼子氏、吉川元春、堀尾吉晴


より大きな地図で 日本100名城 を表示

【見どころ】
山中御殿平(さんちゅうごてんなり)
大手門跡(おおてもんあと)
花ノ壇(宗松寺平(そうじょうじなり))
千畳平(せんじょうなり)など

【戦国期】
1560年(永禄3年) 尼子晴久急死し、義久が家督を継ぐ。
1565年(永禄8年) 毛利氏の包囲を受け、籠城。
1566年(永禄9年) 兵糧が尽き、開城。義久捕らえられ、安芸国へ送致される。
1567年(永禄10年) 城代として天野隆重が居城。
1569年(永禄12年) 尼子氏旧臣山中幸盛ら尼子再興軍を催して当城を攻めるも、落ちず。
1570年(元亀元年) 毛利勢本隊の来援により、尼子再興軍は敗退する。
1611年(慶長16年) 堀尾忠晴が松江城に移り廃城となった。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2015/05/04 16:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…795軒目・福井美山「さぬき」
福井の山奥に、土日しか営業しない隠れたうどんの名店があると聞き、夕暮れ時に訪問してみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR越美北線(九頭竜線)の美山(みやま)駅北口から国道158号線美濃街道を西に出て、350mほどで文化センターへの路地を北に入り400m、橋を渡ったら国道158号線奈良瀬境寺バイパスを900mほどで見えてくるログハウスが「うどん家さぬき」です。
googleマップなどでは移転前の場所に店舗が表示されますが、実際には川沿いの森の中に静かにそびえています。
DSCF4721.jpg

夕暮れ間近の18時半、閉店に近い訪問となってしまいましたが、奥さんが優しく導き入れてくれました。
靴を脱いで店内に入ると、広いフロアにテーブル席と座敷席がぽつりぽつりと数箇所に置かれています。
広い店内なのに席数はわずか24席、入店すれば静かで優雅なひと時を感じられます。
中央付近の座敷席をお借りしてメニューを眺めます。
メニューは店の名前の通りうどんのみ。
うどん好きのズキマル君にも納得の品揃えです。
DSCF4723.jpg

そんなメニューの裏側のちょっと気になるメニューが「好みうどん」と「たらいうどん」です。
ほかのメニューと違い「大盛り」設定がありませんが、ボリューミーとのうわさです。
DSCF4722.jpg

ズキマル君はおなかに優しそうな「卵とじ(温)(税別700円)」をお願いしてみます。
DSCF4725.jpg
透き通るような金色のスープの中にふわりとした卵と刻みネギ、かまぼこが載ったさわやかな色合いです。
木の香り芳しい店内で美しいどんぶりと、鮮やかな盛り付けになんともマッチしています。
スープうまー!!
そしてうどんの歯ごたえとのど越しがたまりません。
この下ごしらえへのこだわりは…確かに週2回くらいで疲れ切ってしまうかもしれません(笑)

メインは店内2番目にボリューミーな「好みうどん(税別1,000円)」です。
DSCF4724.jpg
冷たいおろしうどん、かけうどん、釜揚げうどんがセットで食べられるのですが、はじめから2玉近いボリュームなのでガッツリ食べたい方にオススメです。
そして、うどん好きにうれしいのは、3種類とも香りも味も違うところ。
麺の茹で具合も違うため、まるで違う料理を3種類食べているようです。
これは…福井の山奥まで訪問した価値があったってものです。

すばらしいうどんを堪能している間に、閉店時間となってしまいましたが、厨房のご主人もフロアの奥さんもいやな顔ひとつせずにズキマル君の食べ終わるのを見守ってくれていました。
※ほかにもお客さんがいましたけど(笑)

食事を終えてお礼を言って店を出ると、ご主人がニコニコしながら見送りに出てきてくれました。
お土産までいただいて、こっそり見せてくれたのは隣のガレージの中です。
大きなキャンピングカーが大事に保管されています。
なんと、ご主人もキャンカー仲間。
ちょっとうれしい仲間意識を覚えつつ、おいしい食事とご主人の人柄に魅了され、再訪を誓って店を後にしました。


□さぬき
 TEL:0776-90-3132
 福井県福井市朝谷町32
 営業時間 11:00~19:00
 定休日:月~金曜日
 駐車場あり

うどん家 さぬきうどん / 小和清水駅美山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪
また、最近のズキマル君の写真は「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさんに感化されています。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/05/05 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

名城100選スタンプラリー・58箇所目「一乗谷城」
福井に戦国の遺構を残す100名城があるので、そろそろ理解力をつけはじめたズキマル君とともに訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

JR九頭竜線の一乗谷(いちじょうだに)駅から足羽川沿いを500mほど南下し、県道18号線を南へ1.7キロほど進むと駐車場の先に「一乗谷朝倉氏遺跡復元町並」が見えてきます。
DSCF4673.jpg

普段は入場料がかかるのですが、訪問したゴールデンウィークはなにやら感謝デーだったらしく入場料が無料でした。
DSCF4681.jpg

敷地内は左右の土塀を境に道路側には復元建物があり、山側には発掘された状況が理解しやすいように保存されています。
DSCF4682.jpg

あわせて楽しめるのが向かいの山のふもとにある特別名勝の「一乗谷朝倉氏庭園」です。
DSCF4720.jpg

高低差のある庭園内は見晴らしもよく、当時の栄華を現代に伝えています。
DSCF4719.jpg

しかし、ここからが城好きとしての本分です。
いただいたマップによると、休憩所のあるお食事処朝倉亭の東から本丸を目指せるようです。
一乗谷城マップ

「馬出口」と言う入口から進み始めたのですが、少々違和感を覚えます。
DSCF4690_201506010742053b2.jpg

ここは百名城のひとつ、戦国時代には朝倉氏と同盟関係にあり茶々・初・江の父で織田信長に滅ぼされた浅井長政(あざいながまさ)の城であった小谷城(おだにじょう)同様に、当時の姿をそのままに残している感じなのです。

半そで半ズボンと言う軽装に、スニーカーで入るような道とは思えません。

しかし、30分以上も歩いて靴の中まで泥水に浸ってしまうと、なんとなく引き返すわけにもいかなくなってしまいました。

幸いにも、途中ですれ違った登山者の方に話を伺うと、この先にはぬかるみは無いとのことで、息も絶え絶えに1時間の道程を突き進みました。

やっとのことで到着はしてみたものの、見晴らしのいい場所があるでもなく、所々に解説の無い看板が置かれているだけでした。
DSCF4699.jpg

来た道を戻るにも苔むした岩場やぬかるみが続いていたため帰路が恐ろしくなります。
運の良いことに、本丸付近で間伐材の伐採をしていた男性が別のルートに付き添って道案内をしてくれました。
DSCF4707_20150601074203000.jpg

どうやら歩いてきた道は険しいルートだったらしく足羽川近い「下城戸」から川を挟んでの東側の登り口の方が足場が良かったようです。
とは言っても、入山口には獣除けの網が張られており、スタート地点が沢のような状態になっていたため、そちらから入ろうとしていたら入山を諦めていたかもしれませんが…

延べ2時間半の散策を終えた頃には、資料館や復元町並みなど、そろって閉館の時間となってしまっていました。

軽装の割にかなり本格的な城巡りとなりましたが、改めて山の恐ろしさも知りました。
幸いにも漆や昆虫、獣などの少ない時期であったため事なきを得ましたが、一歩足を踏み外していたらどうなっていたかわかりません。
今回は運よく地元の方に助けていただきましたが、こんな山登りは2度とするべきではないと感じました。

城に魅せられて「山城」の散策にお出かけになる際には…
くれぐれも「登山」であることを忘れないよう、しっかりとした装備でお出かけになることをオススメします。

※庭園と復元町並み、資料館をご覧になるだけならば、不安要素はありませんのでご家族でお楽しみください。


□一乗谷城(いちじょうだにじょう)第37番
 訪問先名称:一乗谷朝倉氏遺跡復元町並
 TEL:0776-41-2330
 住所:福井県福井市城戸ノ内町28-37
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:年末年始
 入場料:大人210円
 駐車場:無料
 通称:一乗谷朝倉氏遺跡
 主な城主:朝倉氏、桂田長俊
 スタンプ設置場所:復原町並入口(南・北)


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示
見どころ
遺構:土塁、堀、門
指定文化財:遺跡(特別史跡)、庭園(特別名勝)、遺跡出土品(重要文化財)

ワンポイント
【戦国期】
1471年(文明3年)に戦国初代朝倉敏景(孝景・教景)が黒丸館(福井市黒丸町)から本拠を移した。
1499年(明応8年)には足利義稙が朝倉貞景を頼り来訪する。
           同年7月24日、義昭は上洛を果たすため織田信長を頼って美濃国に出国する。
1573年(天正元年)8月16日、刀禰坂の戦いに大敗した義景は一乗谷を放棄し大野へ逃れる。
           翌日、信長の軍勢によって火を放たれ一乗谷は灰燼に帰した。
【近代史】
1930年(昭和5年) 地上に出ていた庭園が国の名勝に指定された。
1967年(昭和42年)に発掘が開始され注目されることとなった。
1981年(昭和56年) 一乗谷朝倉氏遺跡資料館が遺跡の付近に開館した。
2007年(平成19年)6月 遺跡からの出土品のうち2343点が国の重要文化財指定を受けた。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2015/05/05 14:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行