銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2015・なるさわ(150/161・山梨)
あいにくの雨の訪問となてしまいましたが、それでも週末には多くのお客さんがにぎわっている人気のスポットに立ち寄ります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問150箇所目は、山梨県にある道の駅「なるさわ」です。
富士山の北側、西湖の南側の富士パノラマライン沿いにあり、ちょっと休憩して樹海を散策するには絶好のスポットです。
DSCF6781_20151229215338f76.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
やはり富士山麓と言えば「吉田のうどん(税込1,050円/5人前)」は忘れることが出来ません。
DSCF6782_2015122921533750d.jpg

製造は吉田のうどんの人気店「麺ズ冨士山(山梨県富士吉田市6-9-11)」です。
DSCF6784.jpg
店舗では「食べ放題・デカ盛りうどん店」を楽しめますが、お土産として持ち帰って自宅で楽しむことも出来ます。
(※麺ズ冨士山をクリックすると訪問時の記事が読めます。)


二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
ちょっとマニアックに「本栖(もとす)城址登城口(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖20付近/国道139号線と中道往還の交差地)」を目指しますが、雨の激しい山城への訪問は滑落などの危険を伴うため、登城口入口まで確認しておくことにします。
DSCF6780_20151229215335a22.jpg

「国道139号線」と「上九一色中学校」のキーワードから散策路を探して近隣を探し回ってみると、上九一色中学校(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖20)の校門手前に「旧中道往還」を散策するためのコースの案内図を発見しました。
そこから国道または散策路を進むと、ひっそりと国道下を抜ける散策路が見えてきます。
その国道139号線富士パノラマラインと「中道往還」と「東海自然遊歩道」が交差するトンネルの西側に登城道の看板と解説があります。
DSCF6779_20151229215334f45.jpg

築城時期は定かではありませんが、里人の口伝による伝承によると源吉春(みなもとのよしはる)なる人物の築城とされています。
※天文22年(1553年)の武田家朱印状には「本栖の番を勤める」(武田氏の監視の城)という文言があるそうなので、それ以前の歴史を考えると、スタートは足利義春(あしかがよしはる)に所縁のある城なのかもしれません。
築城後は甲斐と駿河国境の境目の城として、九一色衆によって守備され、天文14年(1545年)頃からの今川氏と北条氏との戦いに際し、武田信玄(たけだしんげん)は今川氏への援軍を送る際に本栖城を中継して出兵したそうです。
戦国時代には武田氏の城であった本栖城は、天正十年(1582年)に織田信長(おだのぶなが)により武田氏が滅亡すると、徳川氏と北条氏が争った「天正・壬午の乱」では、主・武田氏亡きあと徳川氏に従った渡辺囚獄佑之(わたなべひとやのすけまもる)が守りました。
この功績から渡辺氏は江戸時代に徳川家康(とくがわいえやす)から九一色郷における商売の特権を得ていますが、それ以降、渡辺氏と本栖城の記述は古文書から見えなくなっているため、この時期に廃城となり渡辺氏は商家となっていったのではないでしょうか。
DSCF6778_20151229215333be1.jpg

◆本栖(もとす)城址登城口(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖20付近/国道139号線と中道往還の交差地)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

動く大型恐竜が富士山の火山に埋まるシーンを再現した博物館はズキマル君の大好きなスポットで、これを無料で楽しめるのがこの一の駅の最大の魅力の一つです。
また、新鮮な地元産の果物や野菜などの販売がリーズナブルなことから、毎回荷物がいっぱいになってしまうので、訪問の際には荷詰めスペースを空けておくことをおススメします。


□道の駅なるさわ
 住所:山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532-63
 TEL:0555-85-3900
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:なし
 標高:1007m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):△
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:有
 近隣のデカ盛り:麺’ズ冨士山(約10.3km)・たばた食堂(約11.8km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・46箇所目「なるさわ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・なるさわ(130/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・なるさわ(061/154・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/14 9:00 天候:雨
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…850軒目・成東「帯広ロッキー 総本店」
千葉県には、なぜか「帯広」と名の付くデカ盛りラーメンチェーンがあり、人々の胃袋を満たしています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東金線の求名(ぐみょう)駅から北西に600m、城西国際大学の手前道路を北に進み300mで西に曲がりさらに600mほど進んで、城西国際大前交差点から国道126号線を北東に進むこと550mで東側に見えてくるのが「帯広ロッキー総本店」です。
国道126号線のこの近隣はラーメン街道のようで、ラーメン屋さんが軒を連ねます。
目指す「帯広ロッキー総本店」の隣にもデカ盛りラーメン店があり心を惹かれますが、今回はウワキせずに目的のロッキーののれんをくぐります。
DSCF6766.jpg

道路の混雑もあって訪問時間がランチピークの12時半頃となってしまい、たくさんの家族連れの後ろに並ぶこと30分、やっぱり隣にしようかなどと悩みつつ、前の人も後ろの人も列を離れないことから期待が高まり、やっとのことで席に通された時には、何か達成感すら感じてしまいます(笑)
店内にはカウンターと小上がり座敷席があり、その中で入口左一番奥の窓側席をお借りしてメニューを眺めます。
帯広と言うと何となく味噌ラーメンのイメージなのですが、スープは醤油・塩・味噌・辛口・かにみそと汁なしから選ぶことが出来ます。
DSCF6768.jpg

併せて、壁に掲げられたご飯ものメニューも魅力的で、つい注文したくなるような価格設定もなかなかの販売戦略です。
DSCF6769.jpg

早速、販売戦略に引っかかってズキマル君が注文するのは「ちいさなイクラごはん(税別450円)」です。
DSCF6771.jpg
運ばれてきたのは、小サイズのドンブリに半合ほどの炊き立てご飯に、甘さのあるヅケイクラがたっぷりと載った一品です。
「小さな」とはありますが、ちょっとした海鮮系の料理を提供するお店なら倍ほどの価格のところもありますから、リーズナブルと言って良いでしょう。
タレのしみ具合とご飯の相性がバツグンで、できることならこれを大ドンブリで山盛り食べたいところです。

どれもデカ盛りにサイズアップできるラーメンは、「スーパージャンボ(税別500円)」にすることで、絶叫系のサイズに変化するそうです。
しかし、そこまで食べ切ることが出来る自信がないので、ワンサイズ下の「ジャンボ(税別200円)」を「味噌ラーメン(税別790円)」でお願いしてみます。
DSCF6770.jpg
運ばれてきたラーメンは…ただの「大盛り」なのに洗面器サイズ!!
ドンブリに6割ほどの量とは言え、底が見えません。
これを「スーパー」にしてしまっていたらと思うと…背中を冷たい汗が伝います。
スープはなぜか熱すぎると言うこともなく、非常に食べやすい温度で、一気に掻き込むことが出来ます。
濃厚ながら優しい味付けのスープはコッテリしているものののど越し以降はさらりと駆け抜けていく感じでクセも無く美味しくいただけます。
とは言え、やっぱり麺のボリュームはかなりのもので、ズキマル君の助けを得て何とか完食することが出来ました。

待ち時間は長かったものの、何となく接客がいい雰囲気で、キッズ向けにおもちゃのサービスがあったため、それを見越して子どもたちが静かに待っているという一面もあり、何となくアトラクションのように待てることが高評価につながるのかもしれません。
次回は空いている時間を狙って「スーパー」サイズに挑戦してみたいと思いつつ、次回のスープも楽しみに店を後にしました。


□帯広ロッキー総本店
 TEL:0475-82-1239
 千葉県山武市姫島545-1
 営業時間 11:00~21:00
 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
 駐車場あり

北海道ラーメン 帯広ロッキー 総本店ラーメン / 求名駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/08 13:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・季楽里あさひ(149/161・千葉)
今回から新たに道の駅に加わった新しいスポットながら、横の連携がしっかりしているのか、すでに居心地のいい雰囲気が漂っています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問149箇所目は、千葉県にある道の駅「季楽里あさひ」です。
房総は犬吠先の西、JR総武本線の旭(あさひ)駅から県道71号線を東に進み、国道126号線と交差する網戸交差点から国道を南へ進み。新設されている飯岡バイパスと交差する飯岡バイパス入口交差点を西に入ると南側に見えています。
DSCF6740.jpg
初訪からあいにくの雨でしたが、屋根付のスペースも多く、天候をよそに快適に過ごせる印象です。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
製造者が何社か見られる「すい~とぽてレーヌ(税込700円)」が、土産物の中で目線の良いポイントを押さえています。
DSCF6750.jpg
まだネットなどで見かけることの少ない商品ですが、どうやら道の駅の新設に合わせて地域開発された商品のようで、何とも気になります。

今回手に取った商品の製造元は「太田製菓(千葉県旭市横根164)」です。
DSCF6753.jpg
創業は明和3年(1766年)で、なんとその歴史は200年!
道の駅巡りの中でも類を見ない老舗中の老舗は、今も新たなる味を求めて追及を続け、地元を盛り立てています。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
閑静な新興住宅エリアの中にあるのは「仲島(なかじま)城址(浅間神社/千葉県旭市ニ1315付近)」です。
DSCF6760.jpg

仲島城は旭市の平野に置かれた平城で、正中元年(1324年)に千葉氏家臣の大須賀(おおすが)氏によって築かれました。
戦国時代に入り、千葉氏と里見氏、北条氏の戦いが激化した際の永禄3年(1560年)には里見氏家臣の正木氏の攻撃を受けましたが撃退しています。
天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が小田原城の北条氏を攻め滅ぼした際に、徳川氏の攻撃を受けて仲島城は落城、それを機に廃城になったそうです。
DSCF6764.jpg

本丸の物見台と思われる所に浅間神社が建ち、城址碑もあるので細い道ながらたどり着くことは容易で、平地であるためズキマル君が文句を言わずについてきたのも印象的でした(笑)
DSCF6762.jpg

◆仲島(なかじま)城址(浅間神社/千葉県旭市ニ1315付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

今年からのニューフェイスなので、昨年までにほかの道で確認してきたチェック項目も見ておきます。

2013年版:
一つ目のチェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」から調査してみましょう。
ジェラートと喫茶を提供する「ホームオブマザーズ」があり、そこでソフトクリームは「ジャージーバニラ(420円)」を販売しています。
DSCF6745.jpg

ワッフルコーンにさわやかなバニラの香りと濃厚なミルクの香りが印象的ですが、ちょっと盛りが少ないのは残念です。
DSCF6758.jpg

2013年版:二つ目のポイント「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
さすが最新の道の駅、ウォシュレットが完備されています。
DSCF6743.jpg

2012年版:1つ目は「屋内休憩スポットはどう?」はどうでしょう。
屋外・屋内ともにテーブルと椅子が多く用意されていて、何となく腰を下ろすのにちょうどいいスペースが確保されています。
DSCF6744.jpg

2012年版:2つ目の「情報施設・資料館は楽しいの?」も確認してみます。
情報館と言うほどのものはなく、大型モニターとタブレットで地域検索ができるようになっていました。
DSCF6747.jpg

2011・2012年版:1つ目の「併設または隣接する公園」を見渡してみましょう。
雨のため遊ぶことはできませんでしたが、ひろい敷地が印象的でした。
DSCF6741.jpg

2011・2012年版:2つ目は「道の駅限定!?美味しい試食♪」もチェックしてみます。
「米粉カステラ」や「炊き立てご飯」などお米に関する試食が多いように感じられました。
DSCF6748.jpg

2010年版:1つ目の「イーモバイルアンテナ使える?」もチェックしておきました。
確認したところ、LTEでアンテナは3本立っていました。

2010年版:2つ目の「びん牛乳milkの銘柄と価格は?」も、何となくどこでも確認するようになりました。
冷蔵庫には「おいしいかずさ牛乳(税込140円)」がありました。
DSCF6756.jpg

2010年版:3つ目の「標高は山?」なんちゃって☆めもさんのホームページから確認させてもらっていますが、こちらの標高は6mですから、冷房を止めたクルマでの真夏の車中泊はキビしそうです。

今回は入店できませんでしたが、リーズナブルな価格設定のバイキングレストランが併設されているのも魅力的です。
しかし、休日と言うこともあり、開店30分前から長蛇の列が出来ていました。
次回訪問時には、ちょっと人気のバイキングにありつきたいと思いつつ、再訪に期待を寄せました。


□道の駅季楽里あさひ
 住所:千葉県旭市イ5238
 TEL:0479-62-0888
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:6m
 ウォシュレット:○
 Y!モバイル:LTE◎
 公園:中
 試食:○
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:食堂 おたふく(約10.5km)・プれンテイ(約13.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※今回の新規登録駅です。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/08 10:30 天候:雨
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・オライはすぬま(148/161・千葉)
以前は足湯が楽しみな道の駅でしたが、足湯がなくなってずいぶん経ってしまい、少しだけ寂しいです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問148箇所目は、千葉県にある道の駅「オライはすぬま」です。
JR総武本線の松尾(まつお)駅から東の九十九里浜の有名海水浴ポイント蓮沼海浜公園(はすぬまかいひんこうえん)へ続く県道58号線芝山はにわ道沿いの北側、山武市役所蓮沼出張所のとなりにあります。
DSCF6732.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
酒蔵が多いエリアのためか、発酵食品である「てっぽう漬(税込540円)」も特産のようです。
DSCF6737.jpg
蓮沼エリアは米処であるとともに地下水にも恵まれており、酒蔵が発展したようです。
酒蔵が発展すると併せて、発酵させるための酵母を作る事業者も発展し、そうなることで漬物などの製造も発展すると言われていくと言われています。
それゆえ、各地の酒処では、たくさんの漬物の名品が生まれることを覚えておくと、お土産選びに広がりを持てます。

製造元は「押尾茂商店(千葉県山武郡松尾町八田68)」です。
DSCF6739.jpg
企業としての詳細は分かりませんが、漬物専門の家族経営企業のようです。
醤油ベースの漬物が多いらしく、うり・きゅうり・生姜・らっきょうなどを得意としているそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
高台の新興住宅地の中に馴染みながらその遺構を残すのは「成東(なるとう)城址(成東(なるとう)城跡公園/千葉県山武市成東2654付近)」です。
駐車場がありますが、少し公園から離れているので小さな道案内を見逃すとたどり着くことが出来ないかもしれません。
DSCF6724.jpg

平将門(たいらのまさかど)の子孫との口伝の残る印東(いんとう)氏が、鎌倉幕府に仕えて安貞元年(1227年)頃にこの地を本拠とし、千葉氏の台頭によって千葉氏に従い応永年間(1394~1427年頃)に印東 常茂(いんとうつねしげ)の子・師常が築城し「南郷」を名乗りました。
※当時、成東町は上総国武射「南郷」といいました。
その後、享禄三年(1530年)に千葉氏21代目・千葉勝胤(ちばかつたね)らが成東城を再興し、子の胤定(たねさだ)が城主となり成東胤定(なるとうたねさだ)と名乗るようになりました。
DSCF6726.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役で、千葉氏は北条氏側につき胤定の子・将胤(たねまさ)の成東城の落城、成東氏も滅びてしまいました。
この後に徳川家康(とくがわいえやす)が関東に移封されたると、成東城には家康守護・石川康通(いしかわやすみち)が入封されました。
慶長6年(1601年)には家康から厚い信頼を得ていた青山忠成(あおやまただなり)が入封されますが、元和6年(1620年)に青山氏は岩槻城に移封になると、成東城は廃城になりました。
DSCF6731.jpg

◆成東(なるとう)城址(成東(なるとう)城跡公園/千葉県山武市成東2654付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

足湯はなくなってしまいましたが、週末となるとたくさんのイベントが行われる地域でも人気のスポットです。
夏の海水浴シーズンにも、それ以外の季節にも、訪問の度に楽しませてくれる「何か」がある大好きな道の駅の一つです。


□道の駅オライはすぬま
 住所:千葉県山武郡蓮沼村ハ4826
 TEL:0475-80-5020
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:なし
 標高:3m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:漁師料理の店ばんや(約13.2km)・食堂おたふく(約17.9km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・6箇所目「はすぬま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・オライはすぬま(052/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・オライはすぬま(029/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/08 9:30 天候:雨
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・風和里しばやま(147/161・千葉)
道の駅までは訪問したものの、城跡を目指すころには夕闇が迫っていたため、次の休みに前泊して再訪問しました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問147箇所目は、千葉県にある道の駅「風和里しばやま」です。
成田空港と九十九里浜のある蓮沼海岸エリアを結ぶ県道66号線芝山はにわ道の芝山町役場近くにあります。
芝山町に5世紀から7世紀ごろの古墳群が点在し、多くのハニワが発掘されていることからイメージキャラクターはジェットエンジンを搭載した最新鋭ハニワの新キャラ「しばっこくん」です。
DSCF6712_20151223231355abd.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
関東ローカルの話かもしれませんがブラウン管テレビ時代にはテレビCMを見かけた「ヒロタのシュークリーム」を手掛ける会社がありましたが、どうやら今も健在のようで「ヒロタのシューアイス(税込1,300円/10個)」を見かけ、つい懐かしくなりました。
DSCF6713_2015122323135400c.jpg
色とりどりのシューアイスは、子どもの頃は夏休みにお客さんが持ってきてくれる贈答品で、頂き物を大事に取っておいて一つを何日にも分けて食べた思い出があります。

製造元は「洋菓子のヒロタ千葉工場(千葉県山武郡芝山町牧野371)」です。
DSCF6714.jpg
創業は大正13年(1924年)、大阪のヒロタさんが自宅を改造して洋菓子の製造販売を始めました。
昭和10年(1935年)にはシュークリームの実演販売を、昭和11年(1936年)にはアイスクリームの製造を始めており、シューアイスが完成したのは昭和39年(1964年)の事だそうです。
千葉県山武郡芝山町に千葉工場が建ったのは昭和50年(1975年)のことで、以降は芝山町を代表する菓子メーカとなっています。
子どもの頃に見たテレビCMについてウィキペディアで調べてみたところ、1970年代の中旬ぐらいにフジテレビの日曜正午前のニュースの時に行っていたとのことで、記憶と合致したので何となく納得できました(笑)

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
春の名勝として地元で名高い「坂田(さかた)城址(坂田城跡梅林/千葉県山武郡横芝光町坂田530付近)」に向かってみます。
DSCF6716.jpg

山林の中にはおよそ1500本に及ぶ県下最大級の梅林があり、例年2月中旬から3月中旬には、凛とした純白の花が周囲を美しく彩り、開花に合わせて梅まつりが開催されています。
果樹園のネットの脇に大きな解説版があるため、ついついそこで納得しかけてしまいますが、さらに南にある森を抜ける道の先の山林の中に曲輪・土塁・空堀などが残り、当時の面影を偲ばせています。
DSCF6719.jpg

坂田城は坂田池のほとりに築かれた山城です。
戦国時代手前の15世紀中頃に、下総・千葉氏によって上総と下総の国境を守る城として築かれました。
坂田城はこの地方の領主だった千葉氏族の三谷(さんがや)氏の居城でした。
弘治元年(1555年)年に一族間で争っていたため、同族の山室(やまむろ)氏の客将であった井田友胤(いだともたね)に急襲されて三谷氏は滅亡し、坂田城と所領は井田氏に明け渡されました。
翌・弘治2年(1556年)に井田友胤の子・井田胤徳(いだとものり)が修復し、隣国の里見氏に属した正木氏侵攻を防戦しました。
天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐の際は、北条氏についていた城主・井田胤徳は小田原城におり、坂田城にわずかに残った留守部隊は降伏、無血開城の上で坂田城は廃城になったそうです。
小田原で敗れた井田氏は新たに佐倉城主となった徳川家康の五男・武田信吉(たけだのぶよし)に仕え、信吉の転封とともに水戸藩氏となったそうです。
DSCF6720.jpg

◆坂田(さかた)城址(坂田城跡梅林/千葉県山武郡横芝光町坂田530付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

埴輪(はにわ)とジェット機と言う、歴史と近代移動手段の両方を携えて、何とも不思議な空間が広がるのは、空を通る大きなジャンボジェット機のせいかもしれません。
同名の「風和里(ふわり)しばやま」と言う「空の駅」なる物産館(千葉県山武郡芝山町朝倉394-15)も近隣にあるため、合わせて違いをチェックしてみるのも面白いかもしれません。


□道の駅風和里(ふわり)しばやま
 住所:千葉県山武郡芝山町小池2568
 TEL:0479-70-8877
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:年末年始
 標高:35m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(3G):○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:らーめん大漁(約6.9km)・たまご屋さんコッコ(約8.7km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・5箇所目「しばやま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・風和里しばやま(051/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・風和里しばやま(028/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/08 9:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・多古あじさい館(146/161・千葉)
千葉県の有名ブランド米・多古米(たこまい)の里にある道の駅では、訪問の際に情報センターとレストランの改修工事が行われていました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問146箇所目は、千葉県にある道の駅「多古あじさい館」です。
成田国際空港の南東に位置し、米処・多古米(たこまい)で有名な香取郡(かとりぐん)多古(たこ)町の296号線沿いにあります。
DSCF6700_201512232307465a9.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
ブランド米の産地らしい「おこめサブレ(税込648円)」を手に取りたくなります。
DSCF6701_201512232307455bb.jpg
日本を代表する有名ブランド米「多古米(たこまい)」を惜しげもなく使ったサブレはお土産にも最適でしょう。

製造元は「白石菓子舗(千葉県香取郡多古町多古219)」です。
DSCF6702.jpg
県道74号線栗山川のほとり、道の駅の北に位置する店は多古の和菓子の老舗ながら、今回のお土産物のように地元素材を使ったオリジナル洋菓子も手掛ける名店です。


二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
自然の景色の中に遺構が残る「飯櫃(いびつ)城址登城口(蓮福寺/千葉県山武郡芝山町飯櫃8付近)」を訪問してみます。
DSCF6704_201512232307432dd.jpg

通り沿いからはとても気づけないのですが、蓮福寺の南側にある急勾配の上り坂に入る路地が登城道となっており、石碑が建っています。
しかし、そこから先に解説などは見つからず行き詰ってしまいました。
結局、蓮福寺周辺を散策して納得することにしました。
DSCF6707_20151223230742b90.jpg

飯櫃城は千葉氏族と思われる山室氏の山室常隆(やまむろつねたか)によって天文元年(1532年)に築かれたと言います。
山室氏はもともとは、山武市松尾町山室の山室城にいた土豪でしたが、戦国時代に徐々に勢力を伸ばし、最盛期には芝山を中心として5万石程度の土地を領すまでになった、この地方有数の大名でした。
そんな全盛期に移り住んだ飯櫃城でしたが、それまで関東で勢力を伸ばし続けた後北条氏に従ったのが運の尽きとなりました。
天正18年(1590年)の小田原の役の際に、飯櫃城は徳川の大軍に囲まれ籠城むなしく城は落城し、その際に廃城になったと思われます。
大名としての山室氏の歴史は江戸時代の到来を前に潰えてしまいましたが、幸いにも山室氏はその家名を現在もこの地に残し、今も存続しているそうです。
DSCF6711_20151223230741784.jpg

◆飯櫃(いびつ)城址登城口(蓮福寺/千葉県山武郡芝山町飯櫃8付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

訪問時には情報センターが改装中で休憩スペースが少なかったのですが、改修が終わればまた快適な空間を取り戻すことでしょう。
来年はいったいどんな姿で迎えてくれるのか…
そんなことを思いつつ、裏に流れる川の散策道でのんびりとした時間を過ごし、リフレッシュした気持ちでドライブに戻ることにしました。


□道の駅多古(たこ)
 住所:千葉県香取郡多古町多古字谷中1069-1
 TEL:0479-79-3456
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:1月1日~1月2日
 標高:4m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:らーめん大漁(約5.8km)・プれンテイ(約27.7km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・4箇所目「多古」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・たこ(050/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・たこ(027/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/03 14:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・くりもと(145/161・千葉)
建物とその後方の高低差で、数年前まではその存在を知らなかった大きなレジャー施設に魅了されるスポットを目指します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問145箇所目は、千葉県にある道の駅「くりもと」です。
東関東自動車道から分岐する東総有料道路の助沢(すけざわ)インターから県道16号線を南へ1キロ強、その先県道44号線を3.8キロほど進むと北側に見えてくる田園風景豊かな場所です。
DSCF6696.jpg
横長の近代的な美術館をイメージさせる建物を見ると小さ目な道の駅のように思いますが、右手の第二駐車場側にも広場があったり、建物の奥の勾配の下にはニジマス釣りや昆虫採集の出来る林が広がっていたりするちょっとしたレジャー施設です。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
実はサツマイモが名産のこのエリアを代表するような「芋娘(税込540円)」が、良い雰囲気を出しています。
DSCF6697.jpg
地元産のサツマイモ・紅あずまの美味しさを封じ込め上品に仕上げた羊羹です。

製造は「岩立本店(千葉県香取市香取1896)」です。
DSCF6699_20151223203309971.jpg
香取神宮参道沿いにあるこの店は「紫芋ころっけ」でも有名な参道の老舗で多くの参拝客を魅了し続けていますが、そんな名店の和菓子を持ち帰れるとあって人気を得ているそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
訪問してみたのは「小見川(おみがわ)城址(城山公園/千葉県香取市小見川4854付近)」です。
公園には小見川の名前は大きくは出ていませんが、自然の要害を感じる勾配豊かな山城跡です。
DSCF6695.jpg

築城は建久年間(1190~1199年)頃で、粟飯原朝秀(あいはらともひで)によって築かれたと伝わります。
粟飯原朝秀の実在は疑問視される声もありますが、朝秀が8歳の時に源頼朝(みなもとのよりとも)に謁見し「朝」の字を賜ったとも伝わり、鎌倉幕府にとっても必要な人材であったことが感じられます。
粟飯原氏は千葉県北部を治めた千葉氏の一族で、代々小見川城を居城としたとされます。
DSCF6691.jpg

戦国時代になり、永禄3年(1560年)には、里見氏に属する正木時忠(まさきときただ)が下総へ侵攻したとき小見川城も攻められたことが史実に残っています。
幾度もの戦に巻き込まれながらも本領を守り続けましたが天正18年(1590年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)が行った小田原征伐に際に千葉氏族・粟飯原俊胤(あいはらとしたね)は北条氏に与し運命をともにしました。
小田原の陣で落城した後は、同じくその際に開け渡された「のぼうの城」で有名な「忍城(おしじょう)」を本拠とした松平家忠(まつだいらいえただ)が徳川家康(とくがわいえやす)の四男・松平忠吉(まつだいらただよし)に忍城を譲り渡した際に、小見川城に居城しました。
しかし、徳川家康の命により石田三成を挙兵させるために奮戦した松平家忠は「関ヶ原の戦い」の前哨戦の「伏見城の戦い」で戦死し、翌慶長6年(1601年)に小見川城は廃城となりました。
DSCF6694_20151223203255a1e.jpg

◆小見川(おみがわ)城址(城山公園/千葉県香取市小見川4854付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

道の駅だけで十分満足できるスポットですが、調べてみるとこのあたりは古代から戦国にかけての史跡が多く、散策に事欠きません。
また、体験農場なども多く存在するため、じっくりと下調べして家族で過ごすのに1年を通しておススメのエリアです。


□道の駅くりもと
 住所:千葉県香取市沢1372-1
 TEL:0478-70-5151
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:年末年始
 標高:46m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):△
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:たまご屋さんコッコ(約10.2km)・らーめん大漁(約11.9km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・3箇所目「くりもと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・くりもと(049/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・くりもと(026/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/03 13:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・51週目とサンタクロースについて
今年もクリスマスイブがやってきましたが、皆様のお宅ではどんな風にサンタさんがやってきますか?
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

昨年、12月25日まで旅行して帰宅してみると、モカさんとズキマル君のベッドにはサンタさんからのプレゼントが置かれていました。
開けてみると、中に入っていたのはデザインは少々違うながら二人とも小さなディズニーのワンポイントが入った防水型デジタル腕時計でした。
しかし、モカさんはどうやらここで、サンタさんの正体にモヤモヤ感を持ったようです。
その理由は、近所に住む祖母に「腕時計が欲しい」と話していたからだそうです。
それ以降、モカさんは「おばあちゃんがサンタさんだったのかぁ…」と言い出しました。

考えれば、モカさんは中2、ズキマル君も小4と大きくなってきました。
サンタさんの存在に違和感を感じ始めるとしなのかもしれませんが、父親のnorizoがサンタさんの存在を信じている以上、それ以上の「サンタ不在説」の論議は断ち切られることとなります。

ここで、昨年までの子どもたちとの「サンタ論」について振り返ってみましょう。

我が家では子供たちが生まれた時から、有耶無耶(うやむや)にしておくと良い結果にならないと考えてきたのがサンタクロースとプレゼントについての問題です。

「サンタさんはどこから来るの?」
「お母さんはどうやってサンタさんに欲しいものを伝えているの?」
「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」


などなど、核心に迫る質問に曖昧に答えるのは、真摯な態度とは言えないと考えるからです。

家庭環境により説明方法が違うかもしれませんので、まずは我が家の前提条件からお話ししておきましょう。
そもそも我が家では2学期の終業式の夜に旅に出てしまうことが多く、自宅でクリスマスを迎える経験がほとんどありません。
そのため、サンタさんは出先にプレゼントを持ってきてくれたり、自宅の枕元に置いてあったりと、その年々で訪問先が違っています。
サンタさん以外でプレゼントをくれるのは、
・祖父母(1,000~3,000円の希望品・一部両親負担)
・お父さん(1,000円程度の玩具や文具)
・ヨメさん(500円程度のお菓子や文房具)
となり、本命のサンタさんからは500~3,000円程度の「本人の望む望まないかかわらないに何か」が贈られます。
と、数だけで言ったらヨーロッパのクリスマス並ですが、その総額は5,000円未満とそれほど裕福な環境ではありません。

また、我が家の大人は、残念ながら誰もサンタにプレゼントをお願いする方法を知らないため、自身が強く念じるしかありません。
あわせて、お父さん(norizo)はここ8年ほど子どもたちのいる前で、サンタクロースに「朝起きたら隣に長澤まさみちゃんがいて欲しい♪」とお願いし続けています。
しかし、まだ1度も実現していません。
今年などはあからさまに、サンタクロースの存在を疑っていますが毎年同様に「サンタが来なかった時用」にお父さんとおばあちゃんからのプレゼントを用意してみました。
こんな現状を鑑みつつ、昨年行ったヒアリング結果を再確認してみましょう。


はじめにズキマル君の「サンタクロース論」をまとめてみましょう。
彼には4歳上の姉がいるため、大きく彼女の意見に左右されるところがあります。
・サンタは生活に役立つものをプレゼントとして持ってきてくれる。
・自分の欲しいものはもらえなかった事が多い。
・父を見る限り、芸能人などの「人間」はもらえない。
・でも、ひょっとしたらおばあちゃんなのかもしれない。

なるほど、夢を持ちながらも現実の厳しさを感じ取る小学4年生に育っています(笑)

ではモカさんの「サンタクロース論」はどうでしょう。

彼女の場合は、四国のバンガローでプレゼントをもらったり、プレゼントがなかったために祖父母に電話をかけて自宅の枕元にプレゼントがあることを確認したりと、これまた普通のうちとは違うプレゼントの受け取りの経験をしています。

そんなモカさんの小学校時代の「サンタクロース論」はこうでした。
・サンタは妖精や精霊の類のため、霊感が強かったり何かきっかけがないと見ることは出来ない。
・精霊だから見えないが、言っていることは相手には聞こえている可能性がある。
・プレゼントはもらうべき子どもの手元に行くまでは、サンタ同様の構造であるため壁を透過することも可能。
目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。
・何が届くかはわからないが、なんとなく日常に置いて使い道のあるものが届くので、クリスマス前の生活雑貨の購入は控える。


また、そんなモカさんは。「明治時代以前の日本にはサンタは来なかったのか?」
と言う疑問を持ち、併せて本人が仮説を立てていました。
これは先だって記載した「目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。」と言うものに準じていました。
雪の降る季節に、金銀財宝などをプレゼントしてくれたケースが日本にも言い伝えられています。
「鶴の恩返し」では雪降る夜に鶴を助けた若者の家に煌びやかな布を織りに女性がやってきます。
「かさ地蔵」では雪深い年末にお地蔵様がソリに金銀財宝を載せてやってきます。
明りの乏しい中世において、「深夜の相手がどこまで見えたのか」と、口伝えの伝承の中で「聞いた相手が認識できるものへと変化を遂げたのではないか。」と言うのが彼女の今年の持論です。
つまり、この時代に「サンタクロース」という認識がなかったために、当時の人々が想像し得る存在へと置き換えられたのだろうと言うのです。
彼女の持論には大いに賛同できる部分が多く、「精霊だから見えないが、相手には聞こえている可能性があるので悪口は言わない。」と言うスタンスは感激していました。


さて、ここであらためて、子どもたちから聞こえてくる質問にnorizoなりに答えてみましょう。
もし、今晩、子どもたちから質問を受けた際に答えに詰まったら参考にしてみてください。
※回答は昨年と同様ですが…

「サンタさんはどこから来るの?」
回答例)
国際的には北欧圏のナントカって村にいるらしいのですが、恐らく精霊の類と思われます。
しかし、調べてみることは大事なので小人の名前とか、サンタさんに奥さんがいるとかは一応調べた上で一般論として伝えます。
お子さんが小さいうちにサンタクロースに関する情報を家族で一緒に絵本などを読んで調べて共有すると言うのも、素晴らしい時間の過ごし方です。

「お母さんはどうやってサンタさんに欲しいものを伝えているの?」
回答例)
前記しましたが、我が家では祖父母・父母ともサンタさんとの通信手段を持っていません。
サンタさんがあなたに必要だと思うものと、あなたがほしいものが一緒だとは限らないけれど、とりあえずメモか何かで12月に入ったら枕元に書いておくことを勧めています。
きっと、あなたの知らないところで、あなたの欲しいものと、それをプレゼントするにふさわしい子どもであるかどうかを見てくれているはずです。
ちなみに、「じゃあ、サンタさんに伝えておくね」は、お子さんが特定の年齢(ウチのモカさんも同様)を迎えた時点で「お母さんは異界のものと話せると言っているフシギちゃん」(または「やっぱりお母さんだったのかぁ(泣)」)になってしまいますので、我が家ではNGワードとしてきました。

「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
回答例)
調べてみるとサンタさんは精霊や妖精の類らしく、煙突がなくても、鍵とか雨戸とか関係なく入って来ることが可能なようです。
恐らく、昔のヨーロッパの家には煙突があり、モカさんの説を参考にすると、人間に近い容姿の精霊・サンタを「霊感の強い人」が見た折に、サイズから判断して「煙突から入ったんだろう」と考えたことが、偏見ながら一人歩きしてしまった…と考えています。
ただ、プレゼントに不満を言えば多分近くにいて聞こえているので、すごく嫌な思いをしていると思うよ、とも伝えています。

「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」
回答例)
少なくとも我が家では両親からのプレゼントも送られてきました。(価格は安いですけど…)
しかし質問されたら、ケーキや料理がプレゼントのつもりでいたんだけどなぁ…と漏らしつつ、何か小物や雑貨でも買ってあげるのはいかがでしょう。
その際お選びになる方が、その子に読んでもらいたい内容の「本」をプレゼントに加えてみてはいかがでしょう。
意外と、子どもたちは送り主のそんな思いに応えてくれたりします。

勝手にサンタさんの正体に確信を持ったモカさんには、すでに祖父母からコート、両親からブーツが送られました。
連動するようにズキマル君には祖父母からついに3DSと、両親からかっこいい運動靴を送られています。
一体、今晩彼らの枕元にサンタさんが来てくれるのかどうか…そしてnorizoの枕元に長澤まさみちゃんが添い寝してくれているのか?
まだまだ、期待は捨てていません。

皆さんのうちのクリスマスが今年も幸せでありますように♪

過去の子どもたちとのサンタ論おさらい編
銀色テントむしのクリスマス特番2012「サンタとプレゼント」
銀色テントむしのクリスマス直前企画2013「サンタとプレゼント」
銀色テントむしのクリスマス特番2014「サンタとプレゼント」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 51週目(12/17~12/23)


体 重: 70.2Kg → 70.7Kg
BMI: 24.91 → 25.02
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:週末のデカ盛り・Bグル結果
12/19昼 本八幡・一品香(ワンコインランチ食べ放題) 
12/20昼 浜松町・名代富士そば(富士山盛り)
12/23昼 神田・小諸そば(かつ丼セット特盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ15.5キロ(18,612歩)
金曜日:通勤コミ15.4キロ(19,212歩)
土曜日:休日散歩27.3キロ(36,603歩)
日曜日:休日散歩17.3キロ(24,955歩)
月曜日:通勤コミ16.6キロ(20,664歩)
火曜日:通勤コミ15.9キロ(19,666歩)
水曜日:休日散歩19.9ロ(27,021歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: -3.5Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -1.25(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -1.0cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/12/24 07:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

銀色テントむしでデカ盛り…849軒目・香取「丸光亭」
佐原から旭市へ抜ける街道沿いに、地元で人気の和食の老舗があると聞きランチタイムを目指して訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東関東自動車道湾岸市川潮来線の佐原香取(さわらかとり)インターから県道55号線を東へ2.5キロほど進むと南側に見えてくる割烹風の建物が「丸光亭(まるこうてい)」です。
公共交通機関を使うとJR成田線の水郷(すいごう)駅から細い道を南へ道なりに4.6キロほどと結構な距離がありますが、大きな駐車場があり、どちらかと言うと近隣の方をターゲットにしている店であることが感じられます。
DSCF6684_201512232300510f6.jpg

混雑が予想されるとの噂を聞いて、祝日のランチタイムのスタート11時を狙って訪問してみると、5分遅れただけのはずなのにすでに数組のお客さんが席について配膳を待っています。
店内に入るとロビー風になっており、左手はテーブルと小上がりのレストランタイプ、右手には靴を脱いで上がる座敷が見えます。
レストランスタイルの入口付近には黒板に「本日のおすすめメニュー」が用意されており、詳細な内容からその日の気分で即座に選択できるように感じます。
DSCF6685_201512232300505f1.jpg

待ち時間なくレストランフロア右手の小上がり奥の4人席をお借りしてメニューを眺めると、定食系でも1,000円未満のものも多く、別ページの麺類では最低価格税込432円から頂けることがわかり、建物のイメージよりもかなりリーズナブルに食事ができるお事がわかります。
DSCF6686_201512232300486ae.jpg

メインをシェアすることを念頭にズキマル君が選んだのは「かけうどん(税込432円)」です。
DSCF6688_2015122323004720a.jpg
この店の最安値商品ですが、提供は高価格帯と同様の丁寧さで驚かされます。
麺はモチモチでコシがあり、鰹ダシの効いた濃い口醤油の色合いとザラメと思われる優しい甘さのスープが心地よく喉を通り抜けます。
なぜこんな料理が?とも思いましたが、このあたりでは結構しっかり飲酒をする方も多いらしく、まだ酔いの残る赤ら顔のお父さんが、お腹を空かせた奥さんに引きずられてランチに来てガッツリ定食を頂く奥さんの横で、のんびりとうどんをすするお父さんの姿を見かけ、メニューに納得します(笑)

メインは「おすすめ豚汁定食大盛り(税込1026+105円)」です。
DSCF6689.jpg
ちょっとフンパツしたランチと思っていましたが、運ばれてきた食事を見るとそんなイメージを払拭してくれました。
なんと豚汁はドンブリ一杯、小鉢は5つ、メインの揚げ物も4種類とかなりダイナミックです。
ご飯は大盛りにしたこともあり塗り椀からあふれる1合半以上のピッカピカの地元米です。
このあたりは「多古米(たこまい)」と言う超ブランド米が有名ですが、その近隣のお米も絶品であるため、ご飯だけでもとても美味しいのです。

ボリュームのある人気店とは聞いていましたが、食事が運ばれてきた頃には座敷席まで満席で、席待ちのお客さんが数組待っているほどとなっていました。
定食はやっぱり一人で完食するには多すぎて、ズキマル君に少々手伝ってもらってちょうどいい分量でした。
黒板のメニューだけでなく、定番メニューもかなりのボリュームで、ガテン系の若者が嬉しそうにご飯を頬張っていたのも印象的でした。
次回は何を食べようかと、メニューを再確認しつつ、並んでいるお客さんに申し訳ないので余韻を楽しむことなく店を後にしてしまいましたが、また訪問したくなりました。


□丸光亭
 TEL:0478-82-5252
 千葉県香取市織幡1126-5
 営業時間 11:00-20:00
 定休日:不定休
 駐車場あり

丸光亭そば・うどん・麺類(その他) / 水郷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/03 11:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・発酵の里こうざき(144/161・千葉)
千葉県に新たに建設された道の駅は同じく新設された高速道路のインターチェンジからのアクセスが良く、利用者の増加が見込まれます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問144箇所目は、千葉県にある道の駅「発酵の里こうざき」です。
建設ラッシュが続く中で新設された首都圏中央連絡自動車道のつくば中央・神崎線の神崎(こうざき)インターから北へ出た国道356号線利根水郷ラインを東へ200mほどで見えてくる大きな駐車場とともに見えてきます。
DSCF6662.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
何となく造り酒屋のような店内ですぐ目の前に置かれている「鍋屋源五右衛門酒饅頭(税込650円/6個)」がこっちを見ている気がします(笑)
DSCF6667.jpg
酒蔵の老舗が作る酒饅頭は、出来立てはもちろん冷めても美味しいとのことで、なんとも気になる一品です。

製造元は「鍋店(なべだな)(千葉県成田市本町338)」です。
DSCF6670_2015121314050314e.jpg
創業は元禄2年(1689年)で佐倉藩より酒造株を与えら成田山新勝寺門前で酒造りを始めたのが店の起源だそうです。
店名の由来は店のホームページによると、江戸時代に与えられた金属取扱業の称号「鍋」と、「店」を「たな」と呼んだことから現在も引き継がれる「なべだな」となったそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
戦国時代初期の史跡と思われる「神崎(こうざき)城址(わくわく西の城/千葉県香取郡神崎町並木658付近)」に向かってみます。
DSCF6677_201512131405032d1.jpg

城跡としてよりも「貝塚」としての解説がなされていますが、淡水と海水の接点に生息するヤマトシジミを主体としたここ「西の城貝塚」は、縄文時代早期初頭のころのもので、国内最古に属する貝塚です。
わくわく西の城敷地内にある西の城貝塚は、遠い太古の古より本町の地に、人類が生活していたことを伺い知ることができる県下でも貴重な貝塚として知られています。
DSCF6678_20151213140501732.jpg

本題に入って、神崎城は千葉氏族が神崎郷に移り住んで神崎氏を名乗り、丘陵上に東の城・中の城・西の城に分けて築きました。
情報がみつからないので、かいつまんで千葉氏の家系図を見てみると28代当主の千葉良胤(ちばよしたね)が、双子の弟の千葉邦胤(ちばくにたね)に当主の座を譲った際に、神崎郷に移り住んだとする説があります。
千葉良胤(ちばよしたね)が当主であったのは天正元年から3年(1573年~1575年)とされ、同時期に29代当主の邦胤の名が被っているそうです。
同時期は戦国時代において武田信玄(たけだしんげん)が没し、上杉氏・北条氏が関東統一を図り、里見氏が身内間での小競り合いを繰り返しながら猛威を振るう混乱期です。
特に市川国府台では上杉謙信(うえすぎけんしん)と北条氏康(ほうじょううじやす)が里見氏を巻き込んで大きな戦をしかけており、防戦に追われる千葉氏は防衛拠点を増やす必要があったのでしょう。
縄文時代から人々が暮らした丘陵地において神崎神社を構えるこの土地は、城を築いて利根川を臨み遠い内陸部を見渡すにも良い場所であったと考えられます。
築城時期や廃城時期についてまで調べることが出来ませんでしたが、平将門(たいらのまさかど)の時代から続く名門・千葉氏が、戦国期に渦中に巻き込まれ没していく世の移ろいを感じることが出来ます。
DSCF6679.jpg

◆神崎(こうざき)城址(わくわく西の城/千葉県香取郡神崎町並木658付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

今年からのニューフェイスなので、昨年までにほかの道で確認してきたチェック項目も見ておきます。

2013年版:
一つ目のチェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」から調査してみましょう。
ソフトクリームは物産館左手のレストランで販売されており、「バニラ(300円)」があります。
DSCF6682_20151213140741bfc.jpg

いつも通り、ズキマル君が「大目でお願いします♪」とお願いすると…持ちきれないほどダイナミックなソフトクリームを手渡してもらえました。
DSCF6683_20151213140740f84.jpg
涼やかなミルクとバニラの香り、そして柔らかな甘さがドライブの疲れをいやしてくれること間違いなしです。

2013年版:二つ目のポイント「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
さすが最新の建物だけあり、モダンな内装は落ち着くことができるとともに、ため込んだ疲れも洗い流してくれそうです(笑)
DSCF6664.jpg

2012年版:1つ目は「屋内休憩スポットはどう?」はどうでしょう。
建物内にはレストラン以外に大きな休憩スペースはないのですが、建物同士が屋根でつながっており、その軒下にベンチが作りつけられています。
季節の風を感じられるスペースとして。癒しの時を得られそうです。
DSCF6672.jpg

2012年版:2つ目の「情報施設・資料館は楽しいの?」も確認してみます。
「発酵の里」ですが、物産館内で多少の情報を得られるほかは情報館らしいスペースはありません。
しかし、成田空港が近いこともあり、なんと乗り込むことのできるプロペラ機が展示されています。
DSCF6663.jpg
沢山の親子連れが、珍しいプロペラ機に乗り込んで、普段見ることのない目線からの風景を楽しんでいました。

2011・2012年版:1つ目の「併設または隣接する公園」を見渡してみましょう。
施設がまだまだ開発途中なのか、レストラン左手の広場に少々の芝生が敷かれており、ちょっとしたくつろぎのスペースになっています。
ただ、周辺の取りも大きく拓けているため、今後キッズ向けのスペースが増設される可能性は、まだあると信じています。
DSCF6673_20151213140737c7a.jpg

2011・2012年版:2つ目は「道の駅限定!?美味しい試食♪」もチェックしてみます。
物産館は農産物販売と発酵食品販売に分かれていますが、発酵食品売り場ではヨーグルトやアルコールの試飲を行っていました。
さすが発酵の里、漬物も美味しそうです。
DSCF6671_20151213140923757.jpg

2010年版:1つ目の「イーモバイルアンテナ使える?」もチェックしておきました。
確認したところ、3Gですがアンテナは3本立っていました。

2010年版:2つ目の「びん牛乳milkの銘柄と価格は?」も確認しておきましょう。
オリジナルの地元銘柄は置かれていないものの、コーヒー牛乳とフルーツが置かれていたのが好印象です。
DSCF6675_201512131409224f9.jpg

2010年版:3つ目の「標高は山?」なんちゃって☆めもさんのホームページから確認させてもらっていますが、、こちらの標高は2mですから、冷房を止めたクルマでの真夏の車中泊はキビしそうです。

新設して間もない道の駅ですが、日中には多くのお客さんが集まり、駐車場も大盛況です。
今後近隣のエリアの発展も見込まれるので、来年以降の訪問も楽しみな道の駅です。


□発酵の里こうざき(千葉)
 住所:千葉県香取郡神崎町松崎855
 TEL:0478-70-1711
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:不定休
 標高:2m
 ウォシュレット:○
 Y!モバイル:3G○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:つけ麺秋山(約15.2km)・ダンセン(約21.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※今回の新規登録駅です。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/03 10:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・水の郷さわら(143/161・千葉)
前日は大雨が降っていましたが、朝から晴れるという予報だったので、前泊で乗り込み、雨が止んだのを見て早速散策を開始してみると、雨上がりの清々しい空気が心地よく、まさに「水の郷」にふさわしいエリアであることを感じます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問143箇所目は、千葉県にある道の駅「水の郷さわら」です。
東関東自動車道湾岸市川潮来線の佐原香取(さわらかとり)インターを降りて北へ、利根川と併走する国道356号線利根水郷ラインを西に進むと見えてきます。
DSCF6659.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
名称から地域を現す「鮒すずめ焼詰合せ(税込1,080円)」をチョイスしてみました。
DSCF6660.jpg
子どもの頃、両親に連れられて成田山新勝寺にお参りに行った際、参道の出店にあった「すずめ焼き」の文字を見て雀の焼き鳥が食べられるものと思い、屋台に近づくと小魚の佃煮しか置いておらず、不思議に思ったものです。
日本各地の小鳥の焼き肉とは違い、水郷名物「すずめ焼」は、佐原周辺の利根川沿いで採れた小鮒をひらいて串に刺してタレ焼きしたものです。
江戸時代にそれを食べた殿様が雀と勘違いした事から「すずめ焼き」と名付けられました。
その後は他の川魚のも同様に呼ばれるようになり、甘辛のタレを使って香ばしく焼き上げられた味は、懐かしさが漂うこの土地の郷土料理です。
今回のお土産物のパッケージは、鮒(ふな)、はぜ、えび、あみ、わかさぎなど、淡水魚の佃煮は、ご飯にも酒の肴にも持って来いです。

製造は「鮒彦総本舗(千葉県香取市佐原イ-496)」です。
DSCF6661.jpg
商品にするために原料を十分に吟味し、紀州備長炭を使用しています。
詳しくは分かりませんが茨城県南部にも同名称の老舗が存在するため、のれん分けなのかもしれません。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
佐原エリアを代表する偉人の「伊能忠敬(いのうただたか)旧宅(伊能忠敬旧宅/千葉県香取市佐原イ1900-1)」は、1キロほど歩くと辿り着くことができる名所です。
日本の歴史の中で初めて、国土の正確な姿を明らかにした伊能忠敬が、婿入りした17歳から50歳までの30年余りを過ごした家で、醸造業などを営んでいた伊能家の土蔵造りの店舗をはじめ、炊事場、書院、土蔵が残っています。
土蔵は古い様式を残し、店舗と正門は忠敬が婿養子に入る前に建てられていたものであり、築200年を超える貴重な建物です。
DSCF6655.jpg

伊能忠敬と言えば、50歳を過ぎてから全国を歩き日本地図を完成させたことで有名ですが、それまでは何をしていたのでしょう。
17歳で酒造業などを営んでいた伊能家に婿入りした忠敬は、30歳頃から時代の変化とともにその手腕を発揮させていきます。
安永7年(1778年)に天領(江戸幕府直轄地)だった佐原村が知行地(旗本・津田氏の所領)となり、天明元年(1781年)に忠敬は36歳で名主(なぬし・みょうしゅ/村役人の筆頭)とりました。
天明3年(1783年)に天明の大飢饉が発生した際に、佐原村も米が不作となったため地頭所に出頭し年貢の全額免除と御救金を得たり、利根川の堤防に関する国役普請で堤防工事を指揮・工事費の節約の面でも手腕を発揮したことにより、名字帯刀を許されるようになり、翌天明4年(1784年)に村方後見(むらかたこうけん/副知事職)を命じられました。
天候が落ち着き、家業が安定し始めた寛政2年(1790年)になると忠敬は江戸や京都から暦学の本を取り寄せて勉強したり、天体観測を行ったりして日々を過ごし、店の仕事は実質的に家督を譲った長男に任せるようになりました。
DSCF6656.jpg

この先が伊能忠敬が歴史書に登場する時代となります。
寛政7年(1795年)に50歳を迎えた忠敬は江戸深川黒江町に居を構え、幕府天文方で19歳年下の師・高橋至時(たかはしよしとき)に師弟の礼をとり、熱心に勉学に励みました。
5年後の寛政12年(1800年)に忠敬は当時55歳で日本地図作成に向けた第一歩となる蝦夷へ向けて出発しました。
それから十余年、全国を行脚して地図作成に努めた忠敬は、文政元年(1818年)になると急に体が衰え、弟子たちに見守られながら満73歳で生涯を終えますが、地図はまだ完成していなかったためその死は地図の完成まで隠されました。
忠敬の死から3年後の文政4年(1821年)に「大日本沿海輿地全図」と名付けられた地図はようやく完成し、忠敬の喪が発せられたと言います。
忠敬亡き後の佐原の名家である伊能家は何とか存続するものの、当主不在が続く中で家業の不振は深刻化していき天保年間(1830年~1844年頃)に酒造業を廃業しています。
しかし、分家などの協力もあり、伊能忠敬の偉業の軌跡がこうして今に伝えられることとなりました。
DSCF6658.jpg

◆伊能忠敬(いのうただたか)旧宅(伊能忠敬旧宅/千葉県香取市佐原イ1900-1)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

物産館では超巨大メロンパンが購入できるのも特徴ですが、資料館や併設する河川の周遊クルーズなど魅力が沢山あります。
単なる道の駅としてでなく、観光スポットとして訪問する価値が十分にあるゆっくり過ごせる道の駅です。


□道の駅水の郷さわら
 住所:千葉県香取市佐原イ3981-2
 TEL:0478-50-1183
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:月曜、年末年始
 標高:5m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:桶松(おけまつ)食堂(約1.3km)・モコパン(約1.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・1箇所目「さわら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・さわら(048/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・さわら(025/154・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/03 9:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・さかい(142/161・茨城)
夏の集中豪雨の被害が著しいエリアのはずでしたが、地域の皆さんの奮闘で快適な道根気に戻っていました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問141箇所目は、茨城県にある道の駅「ごか」です。
土浦から舘林を抜けて進む国道354号線と並走して流れる利根川沿いにありますが、川の南側は千葉県流山市、そのすぐ南は埼玉県五霞(ごか)町という、県境が密集する茨城県猿島(さしま)郡にあります。
DSCF6638.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
地名がしっかり入った「境の石臼挽そば(税別660円)」が目に止まります。
DSCF6639.jpg
「ザラッとした舌ざわり」と言う表現が美しいかどうかは別として、確かに「蕎麦らしさ」を一言で表しており、ついつい口の中に固唾を飲み込んでしまいます。

製造は「稲垣製麺工場(茨城県猿島郡境町金岡410-2)」です。
DSCF6640.jpg
創業60余年と言いますから昭和初期創業の製麺の老舗です。
利根川近くの国道354号線沿いには直売所もあるとのことで、一度訪問してみたくなります。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
訪問してみて素晴らしさに圧倒されたのは「逆井(さかさい)城址(城逆井城跡公園/茨城県坂東市逆井1262付近)」です。
心なしか忍者屋敷のような雰囲気が感じられたのですが、どうやらそのイメージは間違っていませんでした。
DSCF6644.jpg

築城は享徳年間(1452~1454年)頃で、室町幕府創設の功労者・小山義政(おやまよしまさ)の五男・常宗(つねむね?)がこの地を領して逆井氏を名乗り、逆井城を居城にしたという。
戦国時代の開幕となる天文5年(1536年)、享徳の乱において古河公方(こがくぼう)方であった逆井氏は台頭する新興勢力の後北条氏と対立しました。
一説には後北条方の大道寺盛昌(だいどうじもりまさ)の攻撃を受け逆井古城は落城、逆井氏は滅亡したと伝わります。
DSCF6645.jpg

戦国時代には後北条氏によって大規模に築城しなおされたため、それ以前の遺構と後北条氏時代の遺構が重なっているのが特徴とされています。
逆井氏の時代の城を逆井古城と称し、後北条時代以降の城を飯沼城と分けて考証することもあるそうです。
後北条氏の勢力下に入った逆井城は、天正5年(1577年)に玉縄城(神奈川県鎌倉市玉縄地域)主・北条氏繁(ほうじょううじしげ)によって藤沢から築城技術者が呼ばれ、最新の技術が投入され新たに飯沼城として築城されることとなりました。
これは逆井の地が北条氏にとって下野・常陸方面への侵攻の最前線であったためで、飯沼城には氏繁が入り、佐竹氏・多賀谷氏などと対峙しました。
江戸時代の軍記書籍である「関八州古戦録(かんはっしゅうこせんろく)」によれば、北条氏が治めたこの時代に風魔小太郎(ふうまのこたろう)の子・風魔孫右衛門(ふうまのまごえもん)など忍者集団が拠っていたそうです。
天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で後北条氏が壊滅すると、飯沼城も廃城となったそうです。
DSCF6651.jpg

◆逆井(さかさい)城址(城逆井城跡公園/茨城県坂東市逆井1262付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

道の駅の情報館部分と、物産館がリニューアルされ、買い物などがさらに便利になりました。
トイレ脇にも何やら新しい売店を作る準備が進められており、今後の利便性の向上も感じられる熱き道の駅の一つです。

□道の駅さかい
 住所:茨城県猿島郡境町新吉町1341-1
 TEL:0280-87-5011
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:年末年始、2・9月第2月曜
 標高:14m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:三軒家(さんげんや)(約10.7km)・さかさ食堂(約13.2km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・13箇所目「さかい」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・さかい(039/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・さかい(129/154・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/01 10:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・ごか(141/161・茨城)
自宅から100キロ圏と日帰りで訪問出来ない場所ではないのですが、朝イチから動きたかったこともあり、仮眠させていただいてのスタートです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問141箇所目は、茨城県にある道の駅「ごか」です。
都心部から国道4号線春日部白河バイパスを走って草加を抜けて幸手市の北、利根川河岸の南にある五霞(ごか)町に入ると東側(上り車線)に見えてきます。
DSCF6633.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
ネーミングセンスが素晴らしい「五霞寶(税込1,188円/16本)」をピックアップします。
DSCF6634.jpg
商品としては「五家宝(ごかぼう)」で、おこし種を水飴などで固め棒状にした芯をきな粉に水飴などを混ぜた皮で巻き付け、さらにきな粉を表面にまぶしたものです。
発祥については諸説ありますが、その一つとして水戸藩の銘菓「吉原殿中」を元に改良したとする説で、その「吉原殿中」は、第9代水戸藩主の徳川斉昭(とくがわなりあき)の側女が干飯にきな粉をまぶしたものを斉昭に茶菓子として献上したところ、これを気に入り側女の名前から名付けられたのが由来とされています。
そんな銘菓「五家宝」を、一文字変えただけで地名を現す「五霞(ごか)」の「寶(たから)」と表現するのはなかなかハイセンスなオヤジギャグです。

製造元は「御家宝屋商店(茨城県古河市横山町3-2-24)」です。
DSCF6637.jpg
製造元の情報がネットで見つけられなかったのですが、食べログの写真を見るとなかなか老舗っぽい雰囲気を出しており、興味を持つことが出来ます。
折を見て、本店を覗いてみたいと思います。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
解説などが見当たらず、1時間以上放浪してしまった「栗橋(くりはし)城址(法宣寺/ 茨城県猿島郡五霞町元栗橋154付近)」をご紹介しておきます。
DSCF6629.jpg

享徳3年(1454年)に勃発した「享徳の大乱」で鎌倉を追われ、古河鴻巣館に居を構えた足利成氏(あしかがしげうじ)が、重臣の野田持忠(のだもちただ)に築かせたのが栗橋(くりはし)城だと言います。
戦国時代になると古河城の支城として古河公方・足利氏に属しましたが、永禄11年(1568年)頃に、武蔵・滝山城主の北条氏照(ほうじょううじてる)に接収され、それ以降は関宿城攻略のための拠点となり、「栗橋衆」という城番衆が栗橋城を守備しました。
DSCF6631.jpg

天正18年 (1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原征伐後によって北条氏が壊滅すると、徳川家康(とくがわいえやす)の家臣で後に松本藩主となる小笠原秀政(おがさわらひでまさ)が古河藩に入部した際には、一時的に栗橋城を居城としましたが、古河城の修復が終わり移り住んだ後に廃城となりました。
DSCF6632.jpg

◆栗橋(くりはし)城址(法宣寺/ 茨城県猿島郡五霞町元栗橋154付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

バイパス沿いにあるため利用しやすいスポットで、地元産の農産物が多く、ためらわずにかご一杯購入してしまいがちなので、トランクにスペースを空けておくことをおススメします。


□道の駅ごか
 住所:茨城県猿島郡五霞町幸主18-1
 TEL:0280-84-1000
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:年末年始、第1・3月曜
 標高:10m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:瑛(てる)(約8.6km)・三軒家(さんげんや)(約11.0km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・12箇所目「ごか」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ごか(037/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ごか(130/154・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/11/01 9:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…848軒目・古河「さかさ食堂」
古河の大通り沿いに、古くから親しまれる盛りの良い食堂があると聞き、夕方の開店を待って訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線の古河(こが)駅の東口ロータリーから東へ直進すること約1.9キロで北側の駐車場の奥の長屋の一店として軒を構えるのが「さかさ食堂」です。
駅から歩けない距離ではありませんが、店の前に駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
どちらかと言うと「パンダ焼き」と言う鯛焼き風の焼き菓子で有名な店ですが、最近は「パンダ焼き」を提供していないことが多いようで、訪問した際にも提供されていませんでした。
DSCF6625.jpg

日がとっぷり暮れてしまった17時少し前に店の前に到着すると、まだのれんがかかっていなかったので少し待ちます。
定刻通り、17時に店内の灯りが強くなり、のれんがかかったので1番乗りで訪問しました。
入口を入ると、左手に10席のカウンター、右手には小上りに4人掛けが4つあり、好きな席へと言われたので、入口すぐ右の4人席をお借りしてメニューを眺めます。
価格は昼夜通して1000円弱のリーズナブルなメニューが多く、近くにあったら毎日でも通ってしまいそうです。
DSCF6626.jpg

定食系はかなりのボリュームと聞いていたので、ズキマル君は店では軽めと定義される「ラーメン(税込450円)」で様子を見ます。
DSCF6628.jpg
オーソドックスな醤油の透き通るスープに中細のストレート麺、ナルト・海苔・チャーシュー・刻み葱にシナチクのトッピングは、昔懐かしい支那そばです。
ボリュームは標準的ですが、価格はワンコインの500円でおつりがくる設定なので、小腹が空いた折にも食べられる手ごろさがたまりません。

さて、メインは「唐揚げ定食ご飯大盛り(税込850+100円)」です。
どうやら裏メニューで「おかず大盛り」なるものもあるようなのですが、初訪問でいきなりそこまで図々しくできないので標準サイズに挑みます。
DSCF6627.jpg
運ばれてきたのは…マンガ盛り~!!
炊き立ての地元米を使ったツヤツヤご飯は2合を超えるダイナミックなボリュームです。
子どものこぶしほどのサイズの大きな唐揚げはジューシーな肉質でしょうが醤油の下味が付き、薄手の衣がパリッと揚がっており、さっぱり感がありながらズシリと胃袋に響きます。
そんな唐揚げは全部で7個、2合強のご飯と合わせて完食する自信が全くありません。

半分ほど食べたところで力尽きそうになりましたが、ズキマル君の応援もありなんとか8割ほどまでたどり着きました。
もうダメかと思ったところで、ズキマル君が唐揚げ1個とおにぎりほどのご飯を手伝ってくれたので無事完食です。
せっかくのサービスを無駄にすることなく胃袋に収められたのは、何よりも美味くて安い証拠です。

これ以上ないほどの満腹ながら、次回は何を食べようかと、ズキマル君ともう一度メニューを見返しながらお礼を言って店を後にしました。


□さかさ食堂
 TEL:0280-31-0846
 茨城県古河市下辺見2219
 営業時間 11:00-14:30,17:00-21:00
 定休日:日曜
 駐車場あり

さかさ食堂定食・食堂 / 古河駅
夜総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 17:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・まくらがの里こが(140/161・茨城)
オープンからまだ数年の道の駅ながら、ここは週末にはイベントなどで大盛況です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問140箇所目は、茨城県にある道の駅「まくらがの里こが」です。
埼玉県から国道4号線を北上し栃木県に入るやや手前の茨城県古河(こが)市の新4号バイパス沿いの大和田交差点の立体交差の北側先の東寄りに見えてきます。
DSCF6609_20151213111119b62.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
歴史を感じる「古河八萬石最中(税込1,030円/6個)」が気になります。
DSCF6612_20151213111118be5.jpg
古河の歴史は古く、江戸時代には多くの大名がこの地を治めています。
歴代の藩主を調べてみると…
小笠原家3万石
松平(戸田)家2万石
小笠原家2万石
奥平家11万石
永井家7万2000石
土井家16万石→13万5000石→10万石→7万石
堀田家13万石
松平(藤井)家9万石
松平(大河内)家7万石
本多家5万石(10万石格)
松平(松井)家5万石
土井家7万石→8万石
と歴代に名を遺す名家ばかりです。
この中で8万石の俸禄をもらっていたのは最後の藩主・土井家です。
ここから、幕末近くを意識した土産物であることが感じ取れます。

製造元は「釜屋(茨城県古河市)」です。
DSCF6614_20151213111117464.jpg
昭和初年の創業から100年以上続く老舗とのことで、まだまだ幕末の思い出を持つ店主たちが当時を思いつつ作り出した商品であることを考えると、感慨深いものがあります。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
資料館や学校などが集中するエリアにある「古河(こが)城址(古河歴史博物館/茨城県古河市中央町3丁目10−56付近)」を訪問してみます。
DSCF6615_20151213111116f66.jpg

平安時代末、源頼朝(みなもとのよりとも)に従った武将・下河辺行平(しもこうべゆきひら)が古河に城館を築いたとされ、行平が活躍し始めた1180年頃に築城されたのではないかとされています。
戦国時代初期の享徳の乱(1455~1483年)において、鎌倉御所にあった足利成氏(あしかがしげうじ)は関東管領・上杉氏と争い、享徳4年(1455年)に鎌倉を占拠されると、下総古河に本拠を移しました。
いわゆる「古河公方」の成立で、京都の室町幕府は上杉氏を支持して新たな鎌倉公方として足利政知(あしかがまさとも)を送り、上杉氏と古河足利氏は30年近く勢力争いを続けることになります。
古河公方はおよそ130年間引き継がれ、最後の古河公方・足利義氏が死去したのちも完全には支城化されず、古河足利氏の本拠として別扱いされました。
「古河城」という表現が使われるようになったのは文明3年(1471年)以後で、それ以前は「古河御陣」が多く用いられたようです。
DSCF6616_20151213111115b37.jpg
※写真は「鷹見泉石記念館」

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が後北条氏を滅ぼすと、小笠原秀政(おがさわらひでまさ)が城主となり、古河城の修復・拡張を行いました。
江戸時代には古河藩の藩庁がおかれ、東北方面をにらみ、江戸防衛の一端を担う要職となり、大老や老中となる城主が多くみられました。
徳川将軍家による日光社参の際には、岩槻城・古河城・宇都宮城に宿泊した後に日光に入ることを恒例としたため将軍の宿城の一つとしても重視されました。
幕末の戊辰戦争(慶応4年/明治元年~明治2年(1868年~1869年))では藩内の意見を勤皇派に統一して戦火を避けましたが、明治6年(1873年)に発布された廃城令によって廃城処分となり、建造物はすべて破却されたそうです。
DSCF6620.jpg

◆古河(こが)城址(古河歴史博物館/茨城県古河市中央町3丁目10−56付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

またフードコートには道の駅としては珍しい「デカ盛り」メニューが存在します。
DSCF6611.jpg

これは…別に訪問機会を設けて完食にチャレンジしてみなければなりませんね♪
DSCF6610_2015121311132727c.jpg

ところで、「まくらがの里こが」とは、どういう意味なのかとても気になっていました。
7~8世紀(奈良~平安時代)頃に書籍化されたと言う万葉集の14巻・355番に謳われる「麻久良我乃  許我能和多利乃  可良加治乃(麻久良我の許我の渡りのから梶の)~」は、「麻久良我(まくらが/まぐらが)」で現在の渡良瀬川と利根川の合流する辺りの地名を指し、「許我(こが)」が現在の古河を現しています。
この道の駅の地名は、そんな万葉集ゆかりの地を明確に表現しており、歴史に興味を持つきっかけを与えてくれています。


□まくらがの里こが
 住所:茨城県古河市大和田2623
 TEL:0280-23-2661
 開設時間 午前9時~午後8時(夏季)
 休館日:なし
 標高:20m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:さかさ食堂(約5.8km)・阿香坂(約8.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※2013年スタンプラリー新規参入
関東「道の駅」スタンプラリー2013・こが(038/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・まくらがの里こが(127/154・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 15:30 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・50週目
11月末で、「関東道の駅スタンプラリー2015」の短期コースも終了になりました。
順調にいったので160カ所もの道の駅を回りきることが出来たのは、前泊でスタート時間を早めることが出来たからにほかなりません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

さて、スタンプラリーを期間内に達成するため、11月も道の駅などでの仮眠(車中泊)を楽しませてもらいました。

10/31 ごか(茨城)
11/02 水の郷さわら(千葉)
11/07 風和里しばやま(千葉)
11/13 なるさわ(山梨)
11/21 おおた(群馬)
11/22 しもにた(群馬)

急激に気温が下がってきたので、ベバストのエアヒーターが活躍してくれました。
12月になり道の駅巡り期間が終わったことから、今月はテントむしよりも電車やウォーキングが主流の生活になっています。
ズキマル君も、道の駅と城跡巡りを通して体力が付いたようで、このところ週末にはnorizoの徒歩でぶらり旅について20キロ以上自転車でついてきたり、スカイツリーまで10数キロを一緒に歩いたりと、びっくりするような運動能力の向上を感じます。
IMG_0188.jpg

しばらくは電車やバスでの旅が続きますが、年が明けたらまたズキマル君とガッツリ車中泊の旅に出たいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 49週目(12/10~12/16)


体 重: 71.1Kg → 70.2Kg
BMI: 25.19 → 24.91
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:週末のデカ盛り・Bグル結果
12/13昼 押上・六厘舎(つけめん特盛り) 

運動記録:
木曜日:通勤コミ14.9キロ(19,348歩)
金曜日:通勤コミ19.6キロ(21,704歩)
土曜日:休日散歩20.6キロ(28,184歩)
日曜日:休日散歩18.7キロ(24,375歩)
月曜日:通勤コミ14.6キロ(18,946歩)
火曜日:通勤コミ14.5キロ(18,467歩)
水曜日:通勤コミ14.5ロ(17,711歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: -4.0Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -1.38(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -1.0cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/12/17 07:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2015・しもつま(139/161・茨城)
夏場の大雨で大きな災害を受けtが茨城県も、この数か月で大きな復興を遂げつつあり、胸をなでおろしつつ訪問してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問139箇所目は、茨城県にある道の駅「しもつま」です。
茨城県守谷市と栃木県真岡市を結ぶ国道294号線常総バイパスの下妻市内にある、大通り沿いに面するドライバーのオアシスのような大きな駐車場が目に入ります。
DSCF6600_20151213103645590.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
下妻エリアの「砂沼(さぬま)」をモチーフとした「つり舟(税込1,200円/8個)」が印象的です。
DSCF6601_20151213103644c1b.jpg
独自の羽二重餅を北海道小豆の小倉餡、梅餡、天然の果肉で作った柚子餡で包んだ風味豊かな最中です。

製造元は「柳屋菓子店(茨城県下妻市長塚165)」です。
DSCF6602_20151213103643e15.jpg
地元を愛し愛される和菓子の老舗で、茨城を代表する銘菓を用意して待ってくれています。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
別名の下妻(しもつま)城としても名高い「多賀谷(たがや)城址(多賀谷城跡公園/茨城県下妻市本城町2-50付近)」を訪問してみます。
DSCF6608.jpg

鎌倉時代に源頼朝(みなもとのよりとも)に随行した武蔵七党野与党の多賀谷氏の祖とする多賀谷氏家(たがやうじいえ)が康生元年(1455年)から寛正2年(1461年)にかけて築城しました。
多賀谷氏が治めていたことから「多賀谷城」となっていますが、一般的には地域名の「下妻城」と呼ばれています。
DSCF6606_20151213103642957.jpg

戦国末期まで多賀谷氏は繁栄を続けますが、多賀谷重経(たがやしげつね)が城主だった天正18年(1590年)の小田原征伐に参戦して豊臣秀吉(とよとみひでよし)から領土を安堵されますが、下妻城はこの後には徳川家康の次男・結城秀康の子・松平忠昌(まつだいらただまさ)や久松松平氏の松平定綱(まつだいらさだつな)らが城主を務めています。
平穏も束の間、文禄・慶長の役(1592年~/朝鮮出兵)では多賀谷重経は病気と称し参加しなかったため、領地の一部を没収されました。
多賀谷城はこの際に、豊臣秀吉の命を受けた徳川秀忠(とくがわひでただ)らによって破却されたとされます。
領地とともに一部残った建造物のもとで藩主を務めた松平定綱が元和5年(1619年)に掛川藩に移封となると、下妻城は実質的な廃城を迎えました。
DSCF6605_20151213103641e2d.jpg

◆多賀谷(たがや)城址(多賀谷城跡公園/茨城県下妻市本城町2-50付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

フードコートや物産館もリニューアルしてさらに利用しやすくなりました。
大きなバイパス沿いにあり営業時間も長いので、これからも我が家の休憩ポイントとして永く活躍してくれそうです。


□道の駅しもつま
 住所:茨城県下妻市大字数須140
 TEL:0296-30-5294
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:20m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:いづみや下妻店(約6.1km)・ランラン(約21.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・26箇所目「しもつま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・しもつま(025/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・しもつま(115/154・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 14:30 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…847軒目・小山「ジパング軒」
小山に最大サイズは鬼のようにヤバいラーメンが食べられると聞き、食べている人がいないか見に行ってみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線・水戸線の小山(おやま)駅西口から200mほど西へ進み、駅前上町交差点から県道265号線を北に2.1キロほどでコインランドリーのある交差点を西に入り150mほどで南側に見えてくるのが「ジパング軒」です。
最寄駅からはやや距離がありますが駐車場があるため訪問には困りません。
DSCF6590.jpg

訪問は土曜日の11時半と早めの到着のつもりでいたのですが、すでに店内には席待ち待機のお客さんがごった返しており、30分ほど待ってやっと席へと通されました。
店内には4人掛けのテーブルが6つほどとカウンター席が10席ほどあります。
店の奥、窓際の4人席をお借りしてメニューを眺めますが…標準サイズでもかなりのボリュームがありそうです。
DSCF6592.jpg

また、最大サイズとして「ジパ麺スカイツリー(税別350円)」なるトッピングが用意されており、大食に自信のある人にも満足できそうです。
DSCF6594_20151213102727791.jpg
しかし、標準サイズでも苦労しそうなので、初回からスカイツリーに挑戦するのはやめておきます。

注文を終えると、配膳までの待ち時間様に小皿が用意されます。
店内中央付近には漬物やザーサイなどラーメンにトッピングしても良さそうなアイテムが食べ放題となっており、配膳待ちの間に満腹になってしまいそうです。
こうしたサービスがあるおかげか、テーブルに通されるまでのお客さんも終始楽しげな顔で待つことが出来るのかもしれません。
DSCF6596.jpg

メインに注文したのは「豚増しジパング麺・野菜マシ(税別830+100円)」です。
DSCF6598.jpg
ダイナミックな網焼き豚の蓋の下には、山盛りのモヤシ、そしてその下のドンブリを埋め尽くすのは大量の太麺です。
ついつい食べ放題のモヤシのナムルを食べすぎてしまったことを後悔しつつ、いかにして麺に辿り着くかを考えながら、とにかくモヤシを食べ進めると…極太麺は伸びることなく待っていてくれました♪

麺類2品は困難と考えて注文したのはセットメニューの「ジパチキセット(税別280円)」です。
DSCF6597_20151213102724024.jpg
ラーメン用のセットメニューですが、栃木産の炊き立てご飯とジューシーな甘辛唐揚げの相性がバツグンです。
とは言え、ズキマル君の満腹度はジパ麺の取り分け分とセットのみで十分で、到底ラーメンをもう一杯と言うところまでは至りませんでした。

頑張って胃袋を鍛えて、いつか親子別々にスカイツリーを制覇したいと思いつつ、まずは「麺大盛り(税別100円)」や「麺特盛り(税別200円)」と手元の山を攻めなくてはいけない自分たちの不甲斐なさを胸に再訪を誓いました。


□ジパング軒
 TEL:0285-38-6605
 栃木県小山市喜沢1464-1
 営業時間 11:00~24:00
 定休日:年中無休
 駐車場あり

ジパング軒ラーメン / 小山駅思川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 11:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・思川(138/161・栃木)
昨年、併設する「小山評定館」から思わぬ歴史の意味を知って以降、小山周辺の歴史が気になるようになりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問138箇所目は、栃木県にある道の駅「思川(おもいがわ)」です。
東北自動車道の佐野藤岡(さのふじおか)インターから国道50号線岩舟小山バイパスを東に進むことおよそ14キロで見えてきます。
DSCF6576.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
その名から歴史を感じずにはいられない「伝承百年開運麺(税込2,931円/10束)」が目に留まります。
DSCF6577.jpg
その名の通り、製造元は創業100年以上と言う老舗の製麺店だそうです。
麺の種類も細麺、太麺、ひも川と用意されており、好みに合わせたセット内容を選ぶことができます。

製造は「安田製麺所(栃木県小山市城山町2-11-12)」です。
DSCF6579.jpg
詳しくは分からなかったのですが創業100余年と言い、昔からの製法で製造・販売をしているそうです。
小山ブランドにも力をいれており、併設の食事処で直接食事もできるとのことなので、一度訪問してみたいものです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
小山と言えば徳川家康(とくがわいえやす)が石田光成(いしだみつなり)に関ヶ原の戦いを挑むきっかけとなった「祇園(ぎおん)城址(城山公園/栃木県小山市城山町1-1付近)」(別名:小山城)を逃すわけにはいきません。
DSCF6588_20151213102246c7c.jpg

小山(おやま)氏は平安時代に平将門(たいらのまさかど)を討ち取った藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の末裔・太田政光(おおたまさみつ)が下野国都賀郡小山を領し永承5年(1150年)頃に小山氏を名乗り、この地に祇園城(小山城)が築かれたと言われています。
何度かの変遷を経て「小山義政(おやまよしまさ)の乱(1380~1382年)」以降は、再興された小山氏の居城となりました。
祇園城の名前の由来は「祇園社(ぎおんしゃ)(現在の須賀神社)」を城守りとしたために、そう呼ばれたと伝えられています。
DSCF6581.jpg

戦国末期までは小山氏によって治められた祇園城ですが、天正18年(1590年)に小田原征伐の際に北条氏に味方したことにより、豊臣秀吉(とよとみひでよし)によって領地を没収されてしまいます。
この際に所領と城主は徳川家康の二男・結城秀康(ゆうきひでやす)になりました。
慶長5年(1600年)、徳川家康は上杉討伐のために出陣していた祇園城で、石田三成による家康の暗殺計画を知ることとなります。
この地で家康は三成との直接対決の是非を問う軍議「小山評定」を行い、関ヶ原の戦いに挑む決意をして、ここから天下統一に登り詰めました。
江戸時代に入ると本多正純(ほんだまさずみ)が入封しましたが、元和5年(1619年)に宇都宮へ転封とった際に祇園城は廃城となりました。
DSCF6582.jpg

◆祇園(ぎおん)城址(城山公園/栃木県小山市城山町1-1付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

天井が高い建物は開放的で、フードコートやレストランと合わせてのんびりと過ごせます。
建物の奥の大きな広場と小さな遊園地も忘れずに訪問してほしい、ファミリースポットです。


□道の駅思川(おもいがわ)
 住所:栃木県小山市大字下国府塚25-1
 TEL:0285-38-0201
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:なし
 標高:25m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:竜苑(約6.4km)・ジパング軒(約6.7km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・27箇所目「思川」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・思川(030/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・思川(106/154・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 11:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・みかも(137/161・栃木)
背後の三毳山(みかもやま)に大きな公園を持つ道の駅は、この日も多くのお客さんで賑わっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問137箇所目は、栃木県にある道の駅「みかも」です。
東北自動車道の佐野藤岡インターを降りて50号線佐野バイパスを東に進むとすぐのところに、万葉集にも詠まれた「三毳山(みかもやま)」を臨む大きな駐車場があります。
DSCF6571.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
地元物産のコーナーで見つけたのは「蛸屋が羊羹(税込900円)」です。
DSCF6572.jpg
江戸時代から続く和菓子の老舗の一品で、小山市を中心に百貨店などでも販売されるブランド品です。

製造は「蛸屋菓子店(小山市本郷町2-8-26)」です。
DSCF6573.jpg
創業は元禄11年(1698年)と言われ、もとは宮城県仙台で「赤壁楼」という和菓子屋が始まりと伝えられています。
仙台藩主・伊達氏の愛顧を賜り、蛸の看板を掲げるようになり、屋号名字も蛸を称するようになりました。
※政宗公の逸話として、魚屋は魚屋らしくなく、菓子屋は菓子屋らしくない名前を命じたと伝えられています。
戦争疎開等を経て栃木県小山市へ落ち着き、和菓子屋を開きまして現在に至る由緒正しい和菓子の老舗の変わらぬ味は300年以上たった今も庶民の私たちに暖かな時間を与えてくれます。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
かなりマニアックですが「藤岡(ふじおか)城址(三所神社/栃木県栃木市藤岡町藤岡4925付近)」を訪ねてみます。
藤岡駅の西にある工場の西側の畑の中にモッサリとした丘があり、そのあたりに神社があるのですが、そこが城址の目印です。
DSCF6570.jpg

藤岡城の歴史は古く承平2年(932年)に平将門(たいらのまさかど)が弟の将頼(まさより)に命じて築かせたと伝わります。
築城当時は花岡城と呼ばれ、将門が藤原秀郷(ひじわらのひでさと)に討たれると花岡城も落城したとされていて、栃木県内でも最も古い伝承を持つ城のひとつです。
DSCF6566_20151213101116628.jpg

戦国時代には佐野氏に属していた藤岡清房(ふじおかきよふさ)が、北関東へ侵出する北条氏に接近するようになりました。
天正5年(1577)には佐野宗綱(さのむねつな)が藤岡城へ攻め込み清房を自刃させましたが、後北条氏が介入し清房の遺児・又太郎(またたろう)を城主とし、幼君に代わって平将門の末裔とされる茂呂久重(もろひさしげ)が城代となりました。
天正18年(1590)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻めの際に、佐野軍によって藤岡城は落城し平安時代以来の歴史を持つ藤岡城も廃城となりました。
DSCF6569_20151213101115b02.jpg

◆藤岡(ふじおか)城址(三所神社/栃木県栃木市藤岡町藤岡4925付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

物産、ジェラート、レストランに休憩所も魅力的ですが、背後の三毳山の大きな公園は子どもたちを魅了して止みません。
訪問の際には、三毳山の公園も観光エリアに入れることを忘れず、時間に余裕をもってのんびりとご訪問ください。


□道の駅みかも
 住所:栃木県栃木市藤岡町大字大田和678
 TEL:0282-62-0990
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:年末年始
 標高:30m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:亀嘉(かめよし)(約5.2km)・カロリー(約8.5km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・89箇所目「みかも」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・みかも(059/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・みかも(105/154・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 10:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・どまんなかたぬま(136/161・栃木)
栃木の市街地で道の駅巡りをスタートするために、金曜の仕事を終えて前泊入りして朝を待ちます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問136箇所目は、栃木県にある道の駅「どまんなかたぬま」です。
北関東自動車道の佐野田沼インターから県道16号線を南に進み、東武佐野線の吉水(よしみず)駅に入る交差点の先に見えてきます。
DSCF6561.jpg



一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
冷蔵庫で見つけたのは「佐野B級グルメ・カンロ(税込247円/3個)」です。
DSCF6562.jpg
栃木県南部、茨城県・群馬県の県境にある名水の町「佐野」でまれた「カンロ」は黒蜜をたっぷりとかけて食べるいわゆる「ゼリー」や「よせ」と言われるデザートです。
本体の寒天には味が付いておらず、黒蜜と合わせることで完成形となります。
昔ながらの手作りで、材料は寒天と黒蜜だけと安全な食材で、低カロリー・食物繊維たっぷりとヘルシーおやつの代名詞とも言えそうです。
オレンジ色と無着色の2種類がありますが、どちらも無味の寒天に黒蜜を合わせます。

オレンジ色の方の製造は「中西商会(栃木県佐野市寺中町2231-10)」です。
DSCF6565.jpg
こちらが「カンロ」の生みの親で昭和8年(1933年)に和菓子店として創業しました。
土蔵を改築した小さな工房で製造されるノスタルジックな建物が、昔と変わらぬ味の起源として思い浮かべられます。
無着色バージョンは「豆源(栃木県佐野市富岡町103)」製造で、こちらは豆腐や煮豆の老舗として知られる地元密着のお店です。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
早朝からズキマル君と徒歩で片道1キロ弱の「清水(しみず)城跡(興聖寺/栃木県佐野市吉水町739付近)」を目指します。
DSCF6554.jpg

清水城は鎌倉時代の安貞2年(1228年)に幕府の御家人であった佐野国綱(さのくにつな)が築いた城で、朝廷のために平家を都から追放しながらも朝敵とされた木曽義仲(きそよしなか)の子・義賢(よしたか)を保護し岩崎義基(いわさきよしもと)た改名して住まわせたとされています。
その後は岩崎氏の子孫が代々居住しましたが、永正年間(1504年~1521年頃)に12代目の岩崎重長(いわさきしげなが)が岩崎城(栃木県佐野市岩崎町/現・農地)へ移り、大永元年(1521年)に、その後は上杉謙信(うえすぎけんしん)の猛攻を幾度となく防ぎ切る猛将・佐野秀綱(さのひでつな)の居城となりました。
大坂の陣では東軍の徳川氏について所領を安堵されたものの、豊臣家とも所縁の強かった佐野氏は江戸での慶長19年(1614年)の大火の際に自領の下野佐野から江戸に急行し消火作業に活躍したものの、江戸での変事にすぐに気付いて急行出来る場所に存在する佐野氏の存在を危険視され改易となり、その際に廃城となりました。
DSCF6556_20151213082033e26.jpg

寛永12年(1635年)になると城跡には、安貞2年(1228年)に佐野氏が建立した興聖寺(こうしょうじ)が田之入町からこの地に移されました。
大名としての佐野氏は途絶えましたが、今もなお続く興聖寺にはかつてこの地を治めた名君・佐野氏の血脈が残っていることでしょう。
DSCF6557.jpg

◆清水(しみず)城跡(興聖寺/栃木県佐野市吉水町739付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

ゆるキャラブームで人気の「さのまるくん」が各所に配置された可愛い道の駅ですが、物産館やレストランなどの魅力も満載です。
また、ミニ遊園地や無料足湯など、ゆっくりと過ごすにも最適なので、ご家族で訪問の際には長めに滞在できるよう、ドライバーの方は心の準備をしておくと、そのあとの旅路も落ち着いた気持ちで過ごせると思います。


□道の駅どまんなかたぬま
 住所:栃木県佐野市吉水町366-2
 TEL:0283-61-0077
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:水曜、年始
 標高:44m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):○
 公園:小
 試食:少
 近隣のデカ盛り:北むら食堂(約3.5km)・ 亀嘉(かめよし)(約3.9km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・90箇所目「どまんなかたぬま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・どまんなかたぬま(060/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・どまんなかたぬま(104/154・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/31 9:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・にらさき(135/161・山梨)
日が暮れるのが早くなってきたことを計算に入れず、夕方の訪問となってしまったため写真を撮ろうと思ったら真っ暗でした。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問135箇所目は、山梨県にある道の駅「にらさき」です。
中央自動車道の須玉インターから国道141号線清里ラインを南に進むとガラス張りのドーム上の建物が見えてくるのですが、道路を挟んでその向かい側にあります。
DSCF6529.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
柔らかな自然の色合いが愛らしい「甲州フルーツ餅(税込360円)」を、ついつい購入してしまいました。
DSCF6526_2015121208305805b.jpg
がっついて食べてしまったので、3色が「桃」「ぶどう」と薄緑色のものがあったんですが、何味だか忘れてしまいましたorz

製造は「斉木製菓(山梨県西八代郡市川三郷町市川大門4163)」です。
DSCF6528_20151212083057d34.jpg
和菓子や洋菓子50種類以上を製造し、商品は工場でも購入可能です。
天守は「素材の味を生かすよう心掛けています。創業当時からの商品を大切にしながら、息子たちとともに新しい味を取り入れていきたいです」と話しており、商品だけでなく人柄にも触れてみたくなりました。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
新府駅からすぐにある「新府(しんぷ)城址(新府公園/山梨県韮崎市中田町中條4787付近)」を目指してみます。
実は前日に訪問してみたのですが、真っ暗になってしまったため道の駅で夜を明かし、日の出とともに再訪しました(笑)
県道17号線沿いの城址公園北側に大きな砂利敷きの駐車場があり、そこから県道沿いの散策道を歩いて進んで県道を渡ると神社の境内に向かう階段があり、そこが城址の入口の一つでもあります。
DSCF6543_20151212083056c78.jpg

新府城は、戦国武将・武田信玄(たけだしんげん)の嫡子・武田勝頼(たけだかつより)が築城し、甲斐武田氏の城郭技術の集大成と評価された崖端城です。
天正3年(1575年)の「長篠の戦い」で織田・徳川連合軍に武田軍が敗北した後、織田軍の侵攻に備えて天正9年(1581年)に真田昌幸(さなだまさゆき)に七里岩台地上へ普請を命じたものとされます。
未完成のまま同年年末には勝頼は躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)から新府城へ移住しています。

未完成のまま1582年(天正10年)に甲州征伐(こうしゅうせいばつ)による織田・徳川軍の侵攻を受け、勝頼自ら新府城に火を放って岩殿城(山梨県大月市賑岡町)を目指しますが、「天目山(甲州市大和町)の戦い」にて武田家の終焉を迎えることとなります。
武田氏滅亡直後には京都で織田信長(おだのぶなが)が本能寺の変(ほんのうじのへん)で横死し、武田遺領を巡って徳川氏と後北条氏の戦「天正壬午の乱」が起こると戦略上の重要拠点となりますが、豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で後北条氏が滅亡すると廃城とりました。
DSCF6548_20151212083055c9f.jpg

この武田哀史をとどめる新府城本丸跡地には「お新府さん」と呼ばれる藤武稲荷神社が建立されています。
文化三年(1803年)拝殿改築の棟札によると、「藤井庄と武田庄とを前後に見下す所に在るので藤武神社といふ。天正年中勝頼公が新府築城の節、城内稲荷郭に鎮守として祀ったが落城とともに焼失した。しかし徳川神君様の藤武神社に対する尊崇あつく、平岩七之助に命じて再建され、藤武神、稲荷神同殿に鎮座して藤武神社と称したといふ。」と言う資料が残っているそうです。
DSCF6551_201512120830541ae.jpg

◆新府(しんぷ)城址(新府公園/山梨県韮崎市中田町中條4787付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

近未来的な建物には似つかわしくない、田舎っぽい物産が印象的で、特に地産のクルミやタニシなどを見てちょっと驚かされます。
併設する温水プールや入浴施設も魅力的で深夜にはたくさんの車中泊ファンが静かな夜を過ごしていました。


□道の駅にらさき
 住所:山梨県韮崎市中田町中条1795
 TEL:0551-25-5021
 開設時間 午前9時~午後5時半
 休館日:月曜、年末年始
 標高:423m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有
 近隣のデカ盛り:大清,(約10.5km)・こいけや(約13.1km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・101箇所目「にらさき」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・にらさき(014/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・にらさき(140/154・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/18 09:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…846軒目・竜王「陣正」
豚丼と言うと北海道を思い浮かべますが、山梨県の竜王にも豚丼の名店があると聞き、訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の竜王(りゅうおう)駅の南口から南へ600mほど進み、国道20号線と交差する竜王駅入口交差点から国道を東へ350m進むと北側の駐車場の先に軒を構えるのが「陣正(じんまさ)」です。
国道沿いの飲食店街とあって多くの店が並ぶ中ですが、大きな看板が出ているので迷うことはありません。
DSCF6532.jpg

この店の特徴は体調や胃袋具合に合わせてのボリュームの調整です。
DSCF6534.jpg

また、デカ盛りファン垂涎の「メガ盛り丼」シリーズもありますが、単独挑戦限定メニューです。
食事の種類は「清里豚どん」と皿に分けた定食があり、食材として「フジザクラポーク」と「放牧豚」を、部位として「ロース」「バラ肉」「ミックス」を選択できます。
一応、豚肉がダメな人向けなのか「玉子丼」が存在していますが、注文している人を見かけることはありませんでした。
入口左手の券売機で商品を選び、チケットを購入して席に着くシステムで、その奥にはおよそ4人掛けテーブル席が並びます。
チケットをフロアの女性に渡し、一番手前の4人掛けテーブルをお借りして配膳を待ちます。
DSCF6535_2015121022264301c.jpg

ズキマル君がチョイスしたのは「フジザクラポーク・豚バラ丼ハーフ(税込580円)」です。
DSCF6536.jpg
運ばれてきたのはブランド豚「フジザクラポーク」を炭火で焼き上げてオリジナルのタレで味付けした焼き肉を地元産の美味しいお米の上に載せた贅沢な一品です。
ご飯のボリュームは半合ほどと少な目ではありますが、セットにみそ汁と漬物だけでなくデザートが付くので女性や子どもに喜ばれそうです。

「メガ盛り」にチャレンジしてみたかったのですがサイフと相談してワンランク下の「フジザクラポーク・ミックス丼特盛り(税込1,430円)」を注文することにしました。
DSCF6537_201512102226428a5.jpg
運ばれてきたのはダイナミックな白いドンブリを埋め尽くすように盛り付けられた香ばしい香り漂うバラ肉とロース肉の花です。
ご飯は1合半ほどの炊き立てピカピカの清里産のお米で、豚肉も200gほど載っています。
みそ汁と漬物がセットになっているので、追加注文の必要がないのも嬉しいところです。
「メガサイズ」が存在するためか、凶悪と思えるサイズではありませんが十分満足できるボリュームです。

ハーフサイズと比べたためか、インパクトは絶大で食べ応えがあります。
また、ジューシーな豚肉は歯ごたえがありながら舌触りとのど越しが良く、ヒョイヒョイと食べ進めてしまいます。
これだけ美味しいのに「放牧豚」の方がより香り高く、肉の味も感じられるそうなので、更に気になります。
DSCF6538_201512102226415c1.jpg
結局、米の最後の一粒まで余すことなく食べ尽し、「ちょっと足りないかな?」と感じるほど味わうことができました。
ブランド豚だけにちょっと値段は張りますが、十分にその味を楽しめる名店です。
次回こそ「メガ盛り」に挑戦してみようかと思いつつ、お礼を言って店を後にしました。


□陣正(じんまさ)
 TEL:055-269-8458
 山梨県甲斐市富竹新田1365
 営業時間11:00-15:00,17:00-21:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり

陣正豚丼 / 竜王駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/17 18:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの気まぐれダイエット2015・49週目とオイル交換(190,382km)
さすがに忘年会が続くと吸収したカロリーが消費カロリーに追い付かず体重が増えてしまっています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

先日、道の駅巡りを終え「テントむし」の走行距離が190,000キロを突破したご報告をさせていただきましたが、それと共に前回のオイル交換から3,000キロ走ってきたことになります。
ここのところ忘年会などで平日にオイルまみれになる作業をするほどの体力も気力も残していないため、リーズナブルに作業を代行してくれるスーパーオートバックスで今回もオイル交換をお願いすることにしましょう。
DSCF6954_20151210081221802.jpg

今回は3リッター980円の特価オイルを見つけエレメントと一緒に交換してもらいますが、会員カードのおかげで工賃は無料、ついでに同行してくれてズキマル君に駄菓子を1つ購入しましたがそれでも支払総額が1,930円とリーズナブルです♪
DSCF6956_20151210081220279.jpg

平日の夜と言うことで、待ち時間は30分程度、作業中には隣接する古本とゲームを販売する店で立ち読みなどをして過ごし、30分ほどで作業が終了しました。
DSCF6957_201512100812193ae.jpg

専門店ならではの手際の良さと、リーズナブルさには毎回ながら脱帽です。

軽自動車キャンピングカー「eK-Camp」として「テントむし」を関東圏で販売しているロータスRV販売の営業さんに、このクルマを購入するときに言われたのが、「ほかのメンテはともかく、オイル交換だけは(安い鉱物油でいいから)3000キロ毎にしておけば、10万キロでも20万キロでも乗れますよ!」でした。
軽自動車とは言え総額300万円を超える商品ですし、そんなに簡単に壊れられては困るので、営業さんの言葉を信じ3000キロ毎にオイル交換をしていますが、言われたことを守っていることに後悔はありません。
いよいよ目指す走行距離は20万キロ、これからもまだまだ一緒に旅を楽しめそうです。

スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 21:00(土日・祝日)10:00 - 21:00
 定休日:HPで確認


大きな地図で見る

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 49週目(11/03~12/09)


体 重: 70.4Kg → 71.1Kg
BMI: 24.94 → 25.19
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:週末のデカ盛り・Bグル結果
12/5昼 新橋・すてーき亭(ビフテキご飯大盛り/Bグル540円) 
12/5夜 新橋・あきば(天丼/Bグル490円)
12/6昼 葛西・大勝軒(つけめん大盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ16.2キロ(20,286歩)
金曜日:通勤コミ23.4キロ(30,366歩)
土曜日:休日散歩15.6キロ(22,481歩)
日曜日:休日散歩24.1キロ(33,038歩)
月曜日:通勤コミ15.8キロ(20,274歩)
火曜日:通勤コミ16.5キロ(20,558歩)
水曜日:通勤コミ26.1ロ(33,760歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: -3.1Kg(スタート:74.2Kg)
BMI: -1.10(スタート:26.29)
胴回り: -5.0cm(スタート:91.0cm)
腿回り: -1.0cm(スタート:52.5cm)

測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
昨年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/12/10 07:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2015・南きよさと(134/161・山梨)
近くに道の駅があるのでのんびり回っていたら、陽が暮れるのが早くなり薄暗くなってしまいました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問134箇所目は、山梨県にある道の駅「南きよさと」です。
中央自動車道の長坂インターから32号線を東に進み、清里ラインを北に進むと山頂に向かうリフトカーの見える場所にたどり着きます。
駐車場は道路より下がった場所にあり、建物はさらにちょっと下にあります。
DSCF6522_20151207215334964.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
高原野菜とぶどうの故郷なので葡萄土産の「月の雫(税込756円)」を選んでみました。
DSCF6523_2015120721533346a.jpg
この菓子は甲州のいくつかの菓子店が製造していますが、その由来は「糖蜜を練っていた時に偶然落ちた1粒のブドウを出しておくとほの白く固まって、広いぶどう畑に降り注ぐ月の雫に見えた。」と言うものです。
大粒の新鮮なブドウが手に入る秋から翌年の春頃まで限定のお菓子なので、春の大型連休や夏休みに見かけることはほとんどありませんが、秋の収穫時期以降に出会える名品です。

製造は「大輝物産(山梨県甲斐市富竹新田731-5)」です。
DSCF6525_201512072153336e2.jpg
ワイン羊羹・ワインボンボン・乾ぶどうなど、norizoたちが子どもの頃にお土産にもらって親しんだ葡萄菓子を手掛ける老舗です。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
訪問してみたのは「深草(ふかくさ)城跡(史跡金生遺跡/山梨県北杜市大泉町谷戸金生105付近)」です。
「史跡金生遺跡」として公園となっているちょっと高台から見える田んぼの中の森がそうらしいのですが、近づいてみてもどこがそうなのかわかりませんでした。
DSCF6521_20151207215332dea.jpg

この城跡は谷戸城の居館として甲斐源氏の源流・逸見清光(へんみきよみつ/源清光)の嫡男・光長(みつなが)が住んだと伝えられています。
逸見清光の祖父は、源平合戦を前に全国を行脚し親戚筋の源頼朝(みなもとのよりとも)や木曽義仲(きそよしなか)・源義経(みなもとのよしつね)に挙兵を呼びかけた新羅三郎義光(しんらさぶろうよしみつ/源義光)です。
また光長の父は武田冠者・源義清(みなもとのよしきよ)で、逸見光長のほかに武田信義(たけだのぶよし)・加賀美遠光(かがみとおみつ)・安田義定(やすだよしさだ)・浅利義遠(あさりよしとお)ら多くの男子を残し、彼らは甲斐源氏の諸支族の祖となりました。


DSCF6518_20151207215331c78.jpg

新羅三郎の次男であった義清は常陸国那珂郡武田郷(茨城県ひたちなか市武田)を本拠とし武田冠者を称し、清光も武田郷で生まれました。
大治5年(1130年)に一族の佐竹氏と争ったために常陸から追放され、甲斐国八代郡市河荘(山梨県西八代郡市川三郷町)へ流罪となった際に荘官として勢力を拡張した清光は甲斐国北西部(現在の北杜市)の逸見荘へ進出し、逸見冠者を称しました。
清光は保元の乱や平治の乱など源氏の一族も関わっている中央の争乱には参加せず、甲斐国での勢力拡大に務めました。
逸見氏は武田信義が躍進して衰退したと考えられているが、その後は支族の動向が確認できるものの直系に関しては不明とされています。
今回調べてみた中ではまだまだ不明な点が多かったため、折を見て「金生遺跡」に関する資料からもう少し深く探ってみたいと思います。
DSCF6519.jpg

◆深草(ふかくさ)城跡(史跡金生遺跡/山梨県北杜市大泉町谷戸金生105付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

道の駅に併設する大きな広場のある公園でついつい満足してしまいがちですが、山頂の公園こそがこの道の駅の魅力の本領です。
訪問の際には、ゆっくり過ごせるように時間配分をして山頂でのひと時を楽しんでいただければと思います。


□道の駅南きよさと
 住所:山梨県北杜市高根町長沢760
 TEL:0551-20-7224
 開設時間 午前10時~午後4時(冬)
 休館日:12月31日~1月1日
 標高:842m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・51箇所目「南きよさと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・南きよさと(013/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・南きよさと(139/154・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/17 16:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・はくしゅう(133/161・山梨)
国道沿いのスーパー?と思いきや、道の駅を併設する無料の水汲み所を持つ道の駅はいつも人気です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問133箇所目は、山梨県にある道の駅「はくしゅう」です。
韮崎から諏訪湖へ向かう国道20号線沿いにあり、余談ですが近くには事前予約で見学・試食が出来るシャトレーゼの工場があります。
DSCF6510_20151207214330d9f.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
古さも新しさも感じるパッケージの「碁石金まんじゅう(税込926円)」に目が行きます。
DSCF6511_2015120721432977f.jpg
栗まんじゅうを武田信玄が家臣に恩賞として与えた「碁石金」に見立て、更に武田24将にあわせた24個入りと言うなかなかの念の入りようです。

製造元は「金精軒製菓(山梨県北杜市白州町台ヶ原2211)」です。
DSCF6513_2015120721432983f.jpg
創業の1902年(明治35年)に甲府市太田町の本店から暖簾分けして以来、110年以上も多くのお客さんに愛されながら成長するお菓子の老舗です。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
かなりマニアックな戦国時代の史跡「中山砦(なかやまとりで)(中山砦登山口/山梨県北杜市白州町台ヶ原2354−368付近)」に向かってみます。
DSCF6514.jpg

現地の説明晩までたどり着けなかった為、ネットに公開されている情報の受け売りですが、中山山頂(標高887m)を中心に築かれた狼煙台(のろしだい)機能を有した中世の山城でした。
この砦は、釜無川流域(武川筋)を根拠地として、中世を通して活躍した辺境武士団で甲斐源氏・武田氏支流の武川衆(むかわしゅう)が守り、甲斐国の北の要として極めて重要な役割を担っていたと考えられています。
戦国時代後期の天正10年(1582年)に織田信長(おだのぶなが)の侵攻により武田氏が滅亡しますが、直後に「本能寺の変」で信長が死去してしまったことにより、徳川氏と北条氏が武田氏の遺領であったこの地を巡って「天正壬午の乱」を戦います。
その際、武川衆は武田遺臣を庇護する徳川家康(とくがわいえやす)に帰属して中山砦を警固し、北条方を相手に活躍したそうです。
江戸時代に入ると、武川衆は旗本や将軍家御用人、甲州藩主などにも取り立てられており、平和な時代に廃城になった城跡を思いつつ政治の中核にその血脈を残しました。
DSCF6515.jpg

さて、山道は数キロとの話ですが、訪問できなかった理由は、たくさんの野生のサルたちです。
人を恐れずテリトリーを主張しており、しっかりと写真にも写り込んできました。
数匹単位でいくつもの群れがあり、どう考えても戦闘力に劣るズキマル君とnorizoでは城跡に至る道のりを進むことができませんでした(泣)。
DSCF6516_20151207214326de1.jpg

◆中山砦(なかやまとりで)(中山砦登山口/山梨県北杜市白州町台ヶ原2354−368付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

近くに見学できる工場や観光名所をたくさん揃えているスポットだけに、いつでも多くのお客さんでにぎわっています。
物産館には沢山のリーズナブルな農産物が山積みにされていますが、午後になると無くなってしまうこともあります。
もちろん農家さんが都度新鮮野菜を追加してくれるのですが間に合わないこともあるので、地物野菜が欲しい際には開店すぐの時間帯を狙うことをオススメします。



□道の駅はくしゅう
 住所:山梨県北杜市白州町白須1308
 TEL:0551-20-4711
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:冬季水曜、年末年始
 標高:627m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・49箇所目「はくしゅう」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・はくしゅう(015/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・はくしゅう(138/154・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/17 14:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・信州蔦木宿(132/161・長野)
信州と甲州を結ぶ街道沿いの道の駅はキャンプスペースや入浴施設がある事から多くのアウトドアファンに親しまれています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問132箇所目は、長野県にある道の駅「信州蔦木宿(しんしゅうつたきじゅく)」です。
最寄の高速道路のインターチェンジは中央自動車道の山梨県最後のインター小淵沢ですし、数百m移動するだけで山梨県と言う、「関東道の駅」に属する長野の道の駅の中では最も南にある道の駅です。
DSCF6506.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
コーナーを押さえて多数の種類を取り揃えている「そばドラ(各180円)」に手が伸びます。
DSCF6507_20151207213355e1e.jpg
期間限定のもののも多いのですが、「そばの実入り(富士見町限定)」「小倉」「小倉&マーガリン」「塩あん(4~9月)」「栗」「カフェオーレ(4~9月)」「くるみ」「チーズクリーム」「ブルーベリー」「抹茶あずき」「カスタードクリーム(10~5月)」「そばの実入りさつまいもクリーム(10~3月)」「さくらあん(2~5月)」「いちごクリーム&粒あん(10~5月)」と選ぶのに迷うこと間違いなしです。

製造元は「ロンシャン塩崎(長野県諏訪郡富士見町富士見3302)」です。
DSCF6509_20151207213354c20.jpg
昭和29年(1954年)創業のパン屋さんがお菓子作りでも人気となり諏訪を代表するお土産となりました。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
別の名前で有名な「霞ヶ(かすみが)城址(ホテル山王閣/長野県諏訪郡下諏訪町下諏訪5773付近)」に訪問してみます。
DSCF6488.jpg

築城年代は治承年間(1177~1181年頃)に手塚光盛(てづかみつもり)によって築かれたと言われています。
手塚光盛は源平合戦で平家を圧倒して上洛した木曽義仲(きそよしなか)の挙兵に従いました。
寿永2年(1183年)の加賀・篠原の戦いでは、敗走する平家軍の中でただ一人踏みとどまって奮戦する斎藤実盛(さいとうさねもり)と壮絶な一騎打ちを行い、その首を討ち取ったことで有名な武将です。

戦国時代・永正15年(1518年)に諏訪頼満(すわよりみつ)によって霞ヶ城は落城し、手塚氏は武田信虎を頼って甲斐へ落ちました。
DSCF6491.jpg

実はこの手塚氏は諏訪大社を守る金刺氏一族で、城跡も諏訪大社の隣の「ホテル山王閣」です。
また、幕末の蘭学者で天然痘と戦った医者・手塚良仙や、日本を代表する漫画家・手塚治虫の先祖でもあります。
諏訪大社を訪問すると、ついつい戦国史に目が行きがちですが、鎌倉時代や幕末に思いを馳せるのも楽しそうです。
DSCF6493.jpg

◆霞ヶ(かすみが)城址(ホテル山王閣/長野県諏訪郡下諏訪町下諏訪5773付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

諏訪湖からは少々離れた道の駅ですが、山梨から諏訪湖へのアクセスに便利な街道沿いにあり、心地よい時間を過ごせます。
川沿いでのんびりして、温泉に入って蕎麦を食べる…そんな夢のようなひと時を過ごせる大好きな道の駅です。


□道の駅信州蔦木宿(しんしゅうつたきじゅく)
 住所:長野県諏訪郡富士見町落合字蔦木河原1984-1
 TEL:0266-61-8222
 開設時間 午前10時~午後8時
 休館日:1月1日、火曜
 標高:733m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・25箇所目「信州蔦木宿」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・信州蔦木宿(017/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・信州蔦木宿(049/154・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/17 15:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…845軒目・茅野市「凌駕JET」
茅野になかなかダイナミックなラーメンを頂ける人気店があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の茅野(ちの)駅西口から道なりに西へ向かい550mほどで横内交差点から国道20号線を突き抜けてさらに270mほどでタイヤ専門店とスーパーのある交差点を北に進んで290m、ちょっと距離があると思いきや実は駅から1キロちょっとと言う場所にあるのが「凌駕JET(りょうがじぇっと)」です。
大き目の駐車場があるためクルマでの訪問も安心ですが、人気店のため駐車場が満車のこともよくあるそうです。
DSCF6497_2015120707360712a.jpg

ランチのピークを外した日曜日の13時半過ぎに訪問すると、ランチを終えたお客さんとすれ違いに待ち時間もほとんどなく入店することが出来ました。
シックな黒塗りの壁の店内は落ち着きがあり、テーブル席中心でラーメン店とは思えない落ち着きがあります。
店内には4人掛けが4つ、2人掛けが2つ、カウンターが8席ほどあり、通された左手の奥の4人席をお借りしてメニューを眺めるのですが、悩んだのは入口に掲げられたチャレンジメニューの「9号じろう鬼盛り(税込780円)」です。
30分以内に完食すれば無料券がもらえると言う設定ですが、もちろん単独挑戦となり失敗すると2,037円のペナルティが発生します。
また、平日限定と言うのも、地方巡業者には敷居が高く感じます。
デカ盛りは好きですが、一人で完食するほどの胃袋は持ち合わせていないので、どなたかのチャレンジを見守ることにしましょう。
DSCF6498.jpg

チャレンジメニューにしなくてもデカ盛りは存在するので、まずは腕試しに標準のもので様子を見ます。
DSCF6500_20151207073605d21.jpg

ボリュームが見えない時のズキマル君は軽めのご飯もので体力を温存してもらいます。
そんなわけで「ぶためし(税込220円)」が彼の主食になります。
DSCF6502_201512070736040e9.jpg
運ばれてきたのは刻みチャーシューがたっぷり乗ったミニチャーシュー丼です。
信州の美味しいお米と自慢の焼き豚のバランスが絶妙で、溶けだした豚の脂が甘みを醸し出しています。

注文したのは「にぼ次郎ヤサイマシ・麺大盛り(税込780+55円)」です。
DSCF6503_20151207073603168.jpg
コッテリスープにたっぷりの極太麺、山盛りのモヤシの色添えに魚粉がガンガンかかっています。
あまりの大量のモヤシに隠れてしまっていますが、柔らかなチャーシューも大振りで絶品です。

結局、標準メニューにも苦労して、ズキマル君の助けを借りて何とか完食することが出来ました。
デカ盛りラーメン店ながらスタッフさんの立ち居振る舞いも良く、居心地が良かったのが印象的です。
いつか平日に「鬼盛り」を眺めてみたいと思いつつ、一杯になったお腹を抱えて再訪を誓いました。


□凌駕JET(りょうがジェット)
 TEL:0266-73-7973
 長野県茅野市茅野2615
 営業時間 11:00-15:00,17:30-22:00
 定休日:火曜日
 駐車場あり

凌駕 JETラーメン / 茅野駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/04 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2015・小坂田公園(131/161・長野)
リーズナブルにゴーカートを運転できる道の駅で、ついにズキマル君もドライバーデビューしました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問131箇所目は、長野県にある道の駅「小坂田公園(おさかたこうえん)」です。
長野自動車道のみどり湖PAと塩尻ICの間を交差するように立地する緑豊かな道の駅です。
DSCF6482.jpg

大きな公園や昆虫博物館、ゴーカートやパターゴルフなど1年を通して楽しめるスポットで、これまでもこれからも道の駅としてだけでなく、家族で楽しめるリフレッシュスポットです。
DSCF6485.jpg
そろそろ身長が規程に達したズキマル君は、助手席に保護者の同乗を条件に運転ができるようになりました。

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
オーソドックスで使い勝手のいい「塩羊羹(税込770円)」が地元産で興味が持てます。
DSCF6483.jpg
信州は戦国時代に武田信玄(たけだしんげん)と上杉謙信(うえすぎけんしん)が激しくぶつかり合い、コトワザ「敵に塩を送る」と言う言葉も生まれたほど塩が貴重な内陸地であり、それ故に塩を運ぶための「塩街道」があったほどです。
丹波の国にて製造方法を習得して信州で製造をはじめたのは信州の諏訪郡玉川村の小林灸左衛門で、天保年間(1830~1843年頃)のことです。
気候風土が寒天製造に適していたことに加え、冬の農閑期に行う農家の副業として適切であったため、近隣の村々にも広がっていきました。
しかし、当時は原料の海草の輸送が困難であったため地域の保存食としての域を出ませんでしたが、鉄道網が充実し始める明治時代期(1901年~1942年頃)中央線開通によって産業としての文化が一気に広がり、信州が世界最大の寒天産地となっていきました。
そんな地域の歴史と産業が融合したスペシャルメニューとして考えると、しっかりと噛み締めてみたくなります。

製造元は「栗田製菓所(長野県松本市城西1-5-29)」です。
DSCF6484.jpg
お土産の商品からは和菓子系の大きな製造工場を想像していましたが、和菓子と言うよりは和風の洋菓子も手掛ける北松本の「町のケーキ屋さん」を兼ねたアットホームな雰囲気のようです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
近隣に駐車スペースが少ないのですが「北熊井(きたくまい)城址/長野県塩尻市片丘9548付近)」は、史跡として整備されており、軽装でも楽しめる城跡です。
DSCF6475.jpg

築城年代は定かではありませんが鎌倉時代前の源平合戦の折に木曽義仲(きそよしなか)に従った重臣四騎・手塚光盛(てづかみつもり)の所縁と思われる村井氏によって鎌倉時代後期に松本平に勢力を持っていた信濃守護小笠原氏の南の備えとして築かれたと言われています。
戦国時代になると村井氏は小笠原氏に仕えていますが、天文14年(1546年)に武田信玄(たけだしんげん)が上伊那に進軍してきます。
天文19年(1550年)に信玄が本格的に松本平に侵攻し、塩尻峠の合戦の前哨戦として北熊井城など支城を次々と攻め落としました。
それを見て小笠原氏は逃亡、本城の深志城(松本城) などは自落しこの際に村井氏は滅亡したと言われています。
その後、天文21年(1552年)に武田氏の手によって北条・上杉氏への守りとして改修されたとみられる古文書が残っています。
今回は廃城時期の詳細は調べ切れませんでしたが、武田氏進軍による1550年前後または、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻めがあった1580年頃に徳川家康(とくがわいえやす)が関東統一を進めだ時期に廃城になったと思われます。
DSCF6478.jpg

◆北熊井(きたくまい)城跡/長野県塩尻市片丘9548付近)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

小中学生無料の昆虫館や、リーズナブルに体験できるゴーカートや、信州独自の文化マレットゴルフなど魅力たっぷりの道の駅は1日遊んでいられるスポットです。
高原の涼しい空気を感じながら夏に訪問しても、機構の良い春や秋の休みに訪問しても間違いのない大好きな道の駅の一つです。


□道の駅小坂田公園(おさかたこうえん)
 住所:長野県塩尻市大字塩尻町1090
 TEL:0263-52-6414
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:年末年始、月曜
 標高:805m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:とんかつ奏素屋(約9.8km)・麺とび六方(約10.8km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・24箇所目「小坂田公園」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・小坂田公園(068/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・小坂田公園(050/154・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/17 9:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2015・今井恵みの里(130/161・長野)
信州探訪の際に車中泊で最も多く使わせていただいているのが、観光エリアから近く静かで快適な夜を過ごせるこの「いまい」です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問130箇所目は、長野県にある道の駅「今井恵みの里(いまいめぐみのさと)」です。
JR篠ノ井線の広丘(ひろおか)駅の西口から県道25号線を鎖川手前まで5キロ弱進み、川の手前の赤坂橋交差点を南に1キロほどの所にJAの大きな駐車場が見えてきます。
DSCF6468.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
ワインのように見えますが子どもでも楽しめる果汁飲料「イヅツグレープ(税込572円)」にズキマル君が喰いつきます。
DSCF6469.jpg
コンコードぶどう天然果汁をソフトな味にした果汁50%のジュースです。

製造元は「井筒ワイン(長野県塩尻市宗賀桔梗ヶ原1298-187)」です。
DSCF6471.jpg
昭和8年(1933年)に信州・桔梗ヶ原でワイン醸造メーカーとして創業し、現在栽培・収穫を背景に醸造から瓶詰めまで一貫して行うワイナリーとして、土地に根ざしたワインの質・価値を追求しています。
古くから生食用として地場の特産品であるコンコード種ブドウ、ナイヤガラ種ブドウより醸造する製品群は、果実味を生かした自然で親しみ易い飲み口と新酒、酸化防止剤無添加などのスタイルが、桔梗ヶ原のワインあるいは地酒として国内ワイン市場だけにとどまらず、他に類を見ない独自の商品価値、分野を確立しています。
昭和47年(1972年)にはコンコード種・ナイヤガラ種のブドウ果汁100%ストレートジュースを中心に果汁飲料の製造部門を併置しワイン同様、より自然に近い味わいが多くの方の支持を得ているそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
日本100名城にして数少ない現存天守を持つ「松本(まつもと)城(松本城公園/長野県松本市丸の内4-1)」を外すことはできません。
DSCF6455_201512010813440d0.jpg

戦国時代の永正年間(1504~1520年頃)に小笠原氏が林城を築城し、その支城の一つ深志城(ふかしじょう)として築城されたのが始まりといわれています。
同時期に甲斐の武田信玄(たけだしんげん)による信濃侵攻が開始され、天文19年(1550年)に小笠原長時(おがさわらときなが)を追放すると深志城を拠点として松本盆地を支配下にしました。
武田氏滅亡後の天正10年(1582年)には木曾義昌(きそよしまさ)が支配しますが、同年6月には越後・上杉景勝(うえすぎかげかつ)に擁立され小笠原旧臣の助力を得た小笠原洞雪斎(おがさわらどうせつさい)が深志城を奪還しました。
その後、徳川家康(とくがわいえやす)の配下となった小笠原貞慶(おがさわらさだよし)が旧領を回復し、松本城と改名しました。
天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐の結果、徳川家の関東移封が行われ当時の松本城主・小笠原秀政(おがさわらひでまさ)は下総古河へと移り、代わりに石川数正(いしかわかずまさ)が入城し、石川数正とその子・康長(やすなが)が、天守や城郭・城下町の整備を行いました。
その後、石川康長が改易となり、小笠原秀政が再び入城、大坂の陣以後は、松平康長(まつだいらやすなが)や水野家などの松本藩の居城として機能し、戸田松平家(戸田氏の嫡流)が代々居城としました。
DSCF6460_20151201081343a79.jpg

時代は移り明治維新後の明治5年(1872年)に天守が競売にかけられ、一時は解体の危機が訪れました。
このとき、信飛新聞社社長で長野県議会議員も務める市川量造(いちかわりょうぞう)ら地元の有力者の尽力によって松本城は買いもどされ、破却の難を逃れることになります。
更に明治30年代頃より老朽化した天守が大きく傾きましたが、これを憂いた松本中学(旧制)校長で現・東京理科大学の創立者の小林有也(こばやしうなり)らにより大正2年(1913年)までかけて「明治の大修理」が行われました。
昭和11年(1936年)に国宝に認定、昭和30年(1955年)からは「昭和の大改修」が行われ、2006年には「日本100名城」に選ばれています。
DSCF6463_20151201081343fa8.jpg
※写真は松本駅から松本城までの通りにある古書店「青翰堂(長野県松本市大手3-5-13)」です。

祖父が暮らした松本は、norizoの第二の故郷でもあり、松本城は常に人生を共にしてきたスポットでもあります。
亡き祖父が残してくれた思い出は、現在、モカさんやズキマル君と共に歩む歴史探訪の礎となって今も生きています。

◆松本(まつもと)城(松本城公園/長野県松本市丸の内4-1)

より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

農協を併設するためか、とにかくたくさんの野菜や果物がリーズナブルに販売されています。
また、使ったことはありませんが屋内運動場を併設していて近隣の方々の憩いの場としても活躍する使い勝手のいい道の駅です。


□道の駅今井 恵みの里
 住所:長野県松本市大字今井886-2
 TEL:0263-31-3220
 開設時間 午前8時半~午後5時(冬)
 休館日:年末年始、水曜
 標高:710m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:我山(約4.1km)・とんかつ奏素屋(約8.0km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・23箇所目「今井」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・今井恵みの里(069/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・いまい(051/154・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2015/10/17 9:30 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行