銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・26週目
今年になって道の駅とともに城跡を巡るようになりましたが、予想以上の登城道に新たなアイテムの購入を決意しました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

道の駅巡りとともに、各地の城跡を歩くのが今年のライフワークになっていますが、いざ歩いてみると、日本の城のほとんどが険しい山の山頂にある「山城」であることがわかってきました。
現地に解説版が掲示されている城跡のほとんどには、人がすれ違えるほどの道が用意されています。
しかし、普通の道を歩くのとは違い、ごつごつした岩肌むき出しの道や、泥道もあったりします。

このところ、蜘蛛の巣も増えてきてそれを払いながら歩くのも一苦労です。
そこで、「ストック」を購入することにしました。



登山グッズを扱うショップやスポーツショップでは5000円~10,000円ほどしますが、楽天市場で半額以下で購入することができました。
DSCF8956_20160630081444b96.jpg

スキーのストックとの違いはコンパクトに縮めることができる点と、先端にゴムキャップが付いていて登城道を傷めない点です。
重さは200gほどで長さも収納時には65センチほどになります。
DSCF8957.jpg

獣よけに100円均一で鈴も購入したのですが、注意を怠ることなく旅を楽しみたいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 26週目(6/23~6/29)


体 重: 72.8Kg → 72.9Kg
BMI: 25.79 → 25.83
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
6/25昼 長野市・寿楽(ラジオ丼)
6/26昼 小諸市・草笛総本店(中盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ16.1キロ(17,500歩)
金曜日:通勤コミ4.7キロ(7,173歩)
土曜日:休日散歩15.0キロ(23,648歩)
日曜日:休日散歩8.4キロ(13,281歩)
月曜日:通勤コミ16.5キロ(19,537歩)
火曜日:通勤コミ16.8キロ(19,489歩)
水曜日:通勤コミ16.4キロ(18,975歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.0Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.36 (スタート:25.47)
胴回り: -0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/30 08:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・どうし(034/165・山梨)
朝からの雨が強さを増してきたので、道の駅で少し、雨宿りをして雲が行き過ぎるのを待ちます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問34箇所目は、山梨県にある道の駅「どうし」です。
中央自動車道を大月ジャンクションで河口湖方面に入り1つ目の都留(つる)インターで降りたら、県道24号線の山道を南下していくと大きな駐車場とともに人の集まる気配が感じられます。
山中湖と神奈川県相模原市を結ぶ国道413号線道志(どうし)みちの山中にある休憩ポイントです。
DSCF8406.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
山の中ならではの木材を使った木工細工から「飾り用臼(うす)と杵(きね)のセット(税込3,240円)」に目が行きます。
DSCF8407.jpg

サイズがいろいろあり価格も大きさに合わせてアップしていきますが、玄関や床の間にちょっと飾っておきたい逸品です。
DSCF8408_20160629075815bb8.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
通りを東の神奈川県まで進み「津久井(つくい)城址(津久井湖城山公園パークセンター/神奈川県相模原市津久井町根小屋162)」へ行ってみます。
昨年は雨のため物産館2階の資料館だけしか見学しなかったのですが、公園に到着すると雨が上がったので散策してみることにします。
DSCF8427_20160629075814ca0.jpg

整備された公園だからと侮っていたら、ハシゴ道や鎖道があり、雨上がりでぬかるんだ登城道に足を取られ、本丸への登城には行きつきませんでした。
DSCF8415_201606290758145e2.jpg

津久井城の築城は、鎌倉時代に三浦半島一帯に勢力を誇っていた三浦(みうら)氏の一族・津久井(つくい/築井)氏によると伝承されています。
DSCF8419_20160629075813739.jpg

しかし築城起源とそれまでの津久井氏の歴史は不明で、その痕跡が明らかになるのは戦国時代の16世紀に入ってからです。
戦国時代、小田原城を本城とした北条氏は、相模・武蔵を領国とする戦国大名に発展しました。
広大な領国を敵勢力から守るため本城の下に支城を設け、支城領を単位とする支配体制を作りました。
津久井城は甲斐国境に近く武田信玄(たけだしんげん)へ睨みをきかせるために重視されており、小田原の有力支城のひとつとして重要な役割を果たしていました。
DSCF8414_201606290803195aa.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が小田原攻めを行った際、北条方の関東の諸城も前後して落城していきます。
津久井城も徳川勢の戦国最強・本多忠勝(ほんだただかつ)や徳川十六神将・平岩親吉(ひらいわちかよし)らに攻められ、落城したと伝えられます。
落城後は徳川氏の直轄領になり、ふもとに陣屋が置かれました。
その後、陣屋は寛文4年(1664年)に廃止され、その際に津久井城は廃城になりました。
DSCF8423.jpg

山城のすそ野には大きな建物が2つありますが、1つは昨年紹介した資料館、もう一か所はビジターセンターとなっており、週末にはスタッフさんによる植物や鳥、そしてこの城の歴史の解説を受けることもできます。
DSCF8426_20160629080318a72.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

近隣にはキャンプ場や入浴施設が多く、都内近郊でリフレッシュするにはもってこいのスポットです。
今度の休みには都会の雑踏を忘れ、のんびりしてみてはいかがでしょう。

□道の駅どうし
 住所:山梨県南都留郡道志村9745
 TEL:0554-52-1811
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:年末年始
 標高:713m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:松鶴(しょうかく)(約18.1km)・こまっちゃん(約27.2km)
 近隣の史跡:津久井城址(本編)、勝山城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・43箇所目「どうし」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・どうし(132/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・どうし(058/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・どうし(153/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/05 14:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…909軒目・富士吉田「みうらうどん」
吉田のうどんと言えば、リーズナブルな価格とボリュームに定評がありますが、朝10時から提供してくれるお店があるというので朝食を抜いて訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

富士急行大月線の下吉田(しもよしだ)駅のロータリーを出て120mで下吉田駅前交差点から交差するおりひめ坂通りを東へ進み愛染通りを直進すること約500m、福源寺東交差点から昭和通りを南へ70m進むと西側の駐車場の奥に見えてくるのが「みうらうどん」です。
朝11時前後の開店が中心の吉田のうどん店においてスタートが1時間早い朝10時の開店に合わせ、9時50分頃に訪問してみると、すでに数台のクルマの中でお客さんが開店待ちの待機をしています。
時間ぴったりの朝10時にのれんがかかったので、さっそく店内に向かいます。
DSCF8399_20160628073718ccc.jpg

店内は全席小上がりとなっており、入口すぐで靴を脱いでセルフサービスの水を汲んで席に向かいます。
4人がけが6つ、7人がけが2つありますが、すぐに満席になるため概ね相席での利用となります。
入口から一番左奥の窓際の席をお借りして壁に掲げられたメニューを眺めます。
店名の通り、メニューはうどんのみ、あとは冷たいものか温かいものかとトッピングとサイズから選択します。
DSCF8400_20160628073717c37.jpg

ズキマル君が選ぶのは「わかめうどん(税込350円)」です。
DSCF8401_20160628073717d3f.jpg
運ばれてきたのはリーズナブルさに見合わないボリュームたっぷりの自家製うどんです。
やや乱切りで太めの麺は、家庭で作ったような小麦の香りと強すぎないコシが印象的です。
普通盛ながら麺の量はドンブリにぎっしりと詰まっています。
トッピングのわかめもそんなうどんを埋め尽くさんがごとくどっさりと載っています。
隠れてしまっていますが、吉田のうどんの特徴である茹でキャベツもしっかり載っています。

ちょっとあっさりしていると感じる場合には、テーブルに置かれた無料の揚げ玉をごっそり盛りつければドンブリもお腹も膨れ上がります(笑)
DSCF8405.jpg
味噌をベースにした合わせスープは甘みが少なく、いかにも田舎うどんと言ったいい感じです。

メインに選んだのは「肉わかめうどん・大(税込650円)」です。
DSCF8402.jpg
わかめうどんと同じくらいのわかめが入っているのにそのわかめがやたら少なく見えてしまいます。
そしてメインになる肉は、吉田の特徴である馬肉の甘辛煮です。

スゴいのは普通盛の倍ほどにもなりそうなそのボリュームです。
遅めの朝食のつもりで挑みましたが、これではランチも併用になってしまいます。
DSCF8403_20160628073715ab5.jpg

ほんの10分ほどで満席になった店内では、まだまだツワモノの方も多く、具の大盛りや替玉などで各々の方が独自の特大うどんを楽しんでいました。
地元の方が多いながら、知名度が高いせいか遠方のお客さんもたくさん見受けられました。
次回はどんなトッピングで注文してみようかと、重いお腹を抱えつつメニューを眺め直し、ズキマル君と再訪を誓って、お礼を言って会計を終え店を後にしました。


□みうらうどん
 TEL:0555-24-1141
 山梨県富士吉田市下吉田1-22-5
 営業時間 10:00~14:00
 定休日:水曜日(祝日の場合営業)
 駐車場あり

みうらうどんうどん / 下吉田駅葭池温泉前駅月江寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/05 10:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・富士吉田(033/165・山梨)
山梨県で前泊をする際には、駐車場が広く朝から散策ができるこちらを利用させていただくことが多くあります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問33箇所目は、山梨県にある道の駅「富士吉田(ふじよしだ)」です。
中央自動車道の河口湖インターから国道138号線富士パノラマラインを4キロほど南に進んだところにある「富士山レーダードーム館」の隣にある大人気の道の駅です。
DSCF8387.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
山梨と言えば独特の手法で装飾された革製品の「甲州印伝のパスケース(税込3,672円)」が美しいです。
DSCF8388.jpg

一緒に「印伝」の由来があるのでついつい読み入ってしまいました。
DSCF8390_20160627082547dd8.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
富士急行大月線の谷村町駅から西の桂川を渡り、道なりを北に進んで川棚営農指導センター(山梨県都留市川棚809)を東に進むと公衆トイレと駐車スペースがあり、その北の民家入口の右手(東)に「勝山城跡(かつやまじょうせき)」の解説と登城口があります。
DSCF8379.jpg

登城口から本丸跡への道は舗装道や階段になっていて、慣れない人でも十分に歩けます。
また、本丸跡まで10分程度で行けるのも嬉しいポイントです。
DSCF8380.jpg

築城時期は調べきれませんでしたが、戦国時代、武田信玄(たけだしんげん)の死後、織田信長(おだのぶなが)の甲州攻めによって新府城を焼き捨てた武田勝頼(たけだかつより)が頼った小山田(おやまだ)氏の居館近くの詰城として史料が残っています。
DSCF8384_2016062708254560d.jpg

天正10年(1582年)に織田・徳川連合軍による武田領国侵攻により武田氏は滅亡すると、小山田信茂(おやまだのぶしげ)は処刑され小山田氏も滅亡しました。
DSCF8385.jpg

同年、本能寺の変で武田遺領が空域化すると、徳川・北条同盟により後北条氏は甲斐国から撤兵し、徳川家康は家臣の鳥居元忠(とりいもとただ)を配置し支配拠点を岩殿城に置きました。
DSCF8386.jpg

天正18年(1590年)の小田原合戦により後北条氏が滅亡し天下統一が達成されると、甲斐国には羽柴秀勝(はしばひでかつ)、加藤光泰(かとうみつやす)、浅野長政(あさのながまさ)・幸長(ゆきなが)らが配置されることとなります。
江戸時代に入ると勝山城は山城としての性格を失い廃城となり、入山は制限されたそうです。
DSCF8383.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→小山田氏の支配
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

富士山の影響か、どんな天候でもすっきりと目覚められる気がする道の駅です。
年に何度も訪問していますが、真夏でも涼しくいつでもリフレッシュできるためこれからも長く利用させてもらうことになりそうです。


□道の駅富士吉田(ふじよしだ)
 住所:山梨県富士吉田市新屋1936-6
 TEL:0555-21-1225
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:なし
 標高:924m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):○
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:麺’ズ冨士山(約3.9km)・おおもり(約5.8km)
 近隣の史跡:勝山城址(本編)、御坂城址ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・44箇所目「富士吉田」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・富士吉田(129/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・富士吉田(059/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・富士吉田(152/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/05 09:00 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…908軒目・富士山駅「麺’sフジヤマ」
吉田のうどんと言えば、リーズナブルな価格とボリュームに定評がありますが、ほとんどの店の提供時間がランチタイムに限られます。
提供してくれる店が多い中でもディナータイムに吉田のうどんをいただける数少ないお店に訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

富士急行鉄道の富士山(ふじさん/旧・富士吉田)駅に併設する駅ビル・Q-STA(キュースタ)にはフードコートがあるのですが、その1店として軒を構えるのが「麺’sフジヤマ・富士山駅店」です。
日本有数の観光地「富士山」へのアクセスの駅ではありますが、無料の駐車場を併設しているのでクルマでも訪問できます。
DSCF8391_20160624082204b3f.jpg

ディナータイムもピークに近い土曜日の19時ですが、「吉田のうどん」と言うジャンルについてはほとんどの店が提供時間を終了しているのが現状で、ディナータイムに食べられる場所を探すのは難しいです。
しかし、まさかのエキチカでディナータイムに「吉田のうどん」を頂けるのです。
100席を超えるであろうフードコート内中央付近に席を確保してからレジ下に掲載されたメニューを眺めます。
注文して先払いで支払いを終えたら、席上がりを待ってセルフサービスでテーブルへ運ぶ仕組みになっています。
出来上がりまでは無料Wifiでインターネットを楽しんだり、たくさん置かれたマンガをお借りしたりして時間をつぶすことができますが、提供までの時間は思いのほか早いです。
DSCF8392_2016062408220493e.jpg

ズキマル君が注文したのはオーソドックスなメニューの一つ「わかめうどん(税込470円)」です。
DSCF8395_20160624082203452.jpg
小麦の香りが強く、家庭で作ったようにやや乱切りの極太の麺は、強すぎないコシがあり、スープはみそと醤油ベースで甘みは少なく食べやすいです。
定番ながらワカメの香りと触感が食欲を刺激していくらでも食べられる気がします。
それにしても…わかめうどんのわりには、席へ運んできたズキマル君のドンブリは天かす山盛りのたぬきうどんのようです。

実はレジ前の調味コーナーには一味唐辛子や七味唐辛子とともに、大量の天かすが準備されており、こちらも無料で好きなだけかけることができるのです。
ちょっとコッテリ目に頂きたいときには、天かすをたっぷり入れれば、胃袋にずっしり来る吉田のうどんが完成します。
DSCF8393_20160624082203140.jpg

さて、本日のデカ盛りメニューは「富士山うどん・大(税込870円)です。
DSCF8397_20160624082202620.jpg
ドンブリからあふれるような500gオーバーの麺の上には、ワカメやゆで卵に豚肉、それらを引き立てるようなダイナミックな富士山型のジャンボかき揚げが飛び出しています。

ちなみに、店内にも置かれているフリーペーパーにはちくわ天の無料トッピングサービス券が付いており、そちらも美味しく頂きました。
エキナカとは言え、吉田のうどん人気店の暖簾分けだけあって味もバッチリです。
富士山周辺の観光の折に、ランチタイムだけでは飽き足らずに吉田のうどんを頂きたい際には、覚えておいて損はない名店です。


□麺's富士山・富士山駅店
 TEL:0555-23-9858
 住所:山梨県富士吉田市上吉田2-5-1 Qスタ B1F
 営業時間 10:00-20:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり(富士山駅)

麺'ズ 冨士山 富士山駅店うどん / 富士山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/04 19:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・こすげ(032/165・山梨)
一昨年、道の駅としてスタートすることが発表され、昨年には完全オープンした新しい道の駅でひと時を過ごします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問32箇所目は、山梨県にある道の駅「こすげ」です。
山梨県にあるのですが最寄り駅は東京都にあるJR青梅線の奥多摩駅で駅から国道411号線を西の山梨方面へ進み、13キロほどの奥多摩湖の西から橋を渡って分岐する国道139号線を南へ進み、道なりに9キロほどで見えてくる「小菅の湯」の看板にしたがって大きく戻るように曲がる路地の坂道を上っていくと、温泉施設を含む立派な建物が見えてきます。
DSCF8361_2016062408155863e.jpg
道の駅たばやまからなら県道18号線を南下すると到着するのですが、訪問した際には土砂崩れのため通行止めになっており、迂回せざるを得ませんでした。

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
山の中ならではのスゴいアイテムを見つけましたよ、「竹かごの背負子(税込5,000円)」です。
DSCF8362.jpg

竹かご付きは5,000円でしたが、取替用の背負紐だけなら手編みなのに税込み840円とリーズナブル。
居よう用途が見つからないので購入はしませんでしたが、ググっとくる商品です。
DSCF8363_201606240815577d4.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
少し距離はありますが、NHK大河ドラマ「真田丸」に所縁のある、戦国時代に武田家滅亡のきっかけとなった「岩殿城址(いわどのじょうし/山梨県大月市賑岡町強瀬81-1)」を目指さないわけにはいきません(笑)
かなり急な階段が続きますが、整備された道なので心構えさえあれば子ども連れでも十分に楽しみながら登ることができます。
DSCF8364_20160624081557c1c.jpg

大同元年(806年)に天台宗の岩殿山円通寺として開山したのがはじまりで、修験道の山として栄えました。
築城者は武田氏や小山田氏の名が挙げられています。
永正6年(1509年)に武田軍の侵攻を受け、翌永正7年春に小山田氏は武田方への従属を条件に和睦し、越中守信有は信虎の親族を室に迎えています。
永正16年(1519年)に信虎は守護所を川田館から甲府へ移転し、新たに躑躅ヶ崎館を築造して城下町整備を行い、これに伴い小山田氏も甲府に屋敷を置きました。
DSCF8366_20160624081556492.jpg

小山田氏と武田氏の関係には諸説あるのですが、岩殿城の築城は享禄五年(1532年)に小山田氏が今川氏や北条氏、徳川氏のへの守りとして城郭化したのが現在に残る姿の始まりと言われています。
DSCF8368_20160624081555ea0.jpg

武田信玄(たけだしんげん)の死後、武田氏は織田信長(おだのぶなが)の侵攻を受け追い詰められた信玄の子・武田勝頼(たけだかつより)は小山田信茂(おやまだのぶしげ)の岩殿城に亡命を求めます。
しかし勢力の保全を図った小山田氏はこれを拒否、追い詰められた勝頼は天目山(棲雲寺(せいうんじ)/山梨県甲州市大和町木賊122)で自刃してしまいました。
DSCF8371.jpg

歴史文書の中では、天正十年(1582年)3月、織田・徳川連合軍が甲斐に侵攻した際に、武田勝頼は築城なかばの新府城を焼き捨てて、真田昌幸(さなだまさゆき)の「岩櫃城にお退きあれ」の言を退けて、小山田信茂の守る岩殿城へ退避するべく行軍ました。
…とされているのですが、小山田氏の本領であった岩殿城付近での伝承では、そもそも小山田氏が岩殿城への籠城を勧めたとはされていません。
もともと、武田家家臣と言うよりは、友好関係にあっただけであるとされており、小山田氏がいかに領民からの信頼が厚かったかと言うことが感じ取れます。
DSCF8375_20160624081731141.jpg

残念ながら歴史書では小山田信茂は織田信長への帰参を請いましたが、不忠者として逆に成敗されてしまうことになります。
武田氏、小山田氏滅亡後、岩殿城は甲斐を治めた徳川氏の手に渡りましたが、元和元年(1615年)に廃城となりました。
DSCF8377.jpg

ちなみに昨年道の駅こすげでの訪問記として、小菅村役場のすぐ西側にある「小菅城」について記載しましたが内容が誤っており、城情報が岡山県の小菅城の情報のものでした。
正しい情報は先日記載した「道の駅たばやま」での訪問記をご参照ください。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

日帰り入浴施設や宿泊施設、アスレチックなども備えた複合観光施設型の道の駅です。
訪問の際にはゆっくり過ごせるように余裕をもって立ち寄ることをおススメします。

□道の駅こすげ
 住所:山梨県北都留郡小菅村3445
 TEL:0428-87-0020
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:未確認
 標高:734m
 ウォシュレット:○
 Y!モバイル:×
 公園:◎(フォレストアドベンチャー:有料)
 試食:△
 入浴施設:あり(小菅の湯)
 無料WIFI:設定要
 近隣デカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:小菅城址、岩殿城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2014・こすげ(143/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・こすげ(034/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/04 14:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・たばやま(031/165・山梨)
今年は天候以上が続いているせいか、近隣のダムの水位が異常に下がっていたりがけ崩れが起きていたりと、訪問に至るルートにもいつもと違う景色が広がります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問31箇所目は、山梨県にある道の駅「たばやま」です。
八王子から奥多摩を経て山梨に抜ける国道411号線を山梨県に入ってすぐのところにあります。
DSCF8342_20160624074712d40.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ちょっとかわいいストラップ、「根付(税込540円)」の木の質感が魅力的です。
DSCF8343_20160624074710bc8.jpg

道志村に軒を構える木工店の作品だそうで、今後、お土産売り場で見かけることが増えていくことでしょう。
DSCF8345_20160624074709b91.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
国道139号線と県道508号線の接続する小菅村役場の西の保育園の駐車場の奥に「小菅(こすげ)城址(山梨県北都留郡小菅村4632付近の保育所西側)」の登城口があります。
DSCF8346_2016062407553738d.jpg

保育園の脇の駐車場にクルマを停めたら階段を登って登城口を目指します。
DSCF8347_20160624075536b22.jpg

階段を登った先が畑になっており、左手奥の藪の中に地蔵があるため登城口かと思ってしまいます。
DSCF8348_2016062407553634f.jpg

しかし、お地蔵さんの奥に道はなく、階段をまっすぐ進んだ先の右手のフェンス沿いに進んだところに登城口があります。
DSCF8360.jpg

小菅城は、中臣鎌足(なかとみのかまたり)の末裔の藤原氏族・小菅信景(こすげのぶかげ)によって室町時代初期に築かれたと考えられています。
小菅城の東麓にある箭弓(やきゅう)神社には、文明10年(1478年)末に小菅信景(こすげのぶかげ)・信久(のぶひさ)父子が社殿を創建されたと記されています。
戦時に詰める山城で、以降代々小菅氏の城となりました。
DSCF8351_20160624075535dee.jpg

戦国時代には小菅氏は武田信玄(たけだしんげん)の家臣で武田四天王・山県昌景(やまがたまさかげ)の従兄弟の小菅五郎兵衛が歴史の舞台に登場します。
武勇を誇った山県昌景が天正3年(1575年)の長篠の合戦で討ち死にすると、小菅氏は武田家と友好関係にあった小山田氏の配下とりました。
小菅氏は武田軍の中で侍大将や足軽大将の役職を得ていたようです。
DSCF8353.jpg

武田信玄が没したのちの天正10年(1582)3月、織田軍の甲斐侵攻を強化した際に際に新府城から岩殿城へと移動を促したのが小山田氏だったと言われています。
しかし岩殿城に向かった武田勝頼を小山田信茂(おやまだのぶしげ)は受け入れず、武田勝頼(たけだかつより)は四面楚歌となり自害しました。
小山田信茂が織田信長(おだのぶなが)に勝頼の死を伝えますが、信長はそれを良しとせず、小山田氏とともに小菅五郎兵衛のも甲斐善光寺で殺されてしまいました。
DSCF8355_201606240800201fd.jpg

その数か月後には本能寺の変によって織田信長も死去してしまいます。
小菅氏は滅びたわけではなく、同年7月には徳川氏から官職を与えられた中に小菅次郎三郎(こすげじっろうさぶろう)や小菅又八(こすげまたはち)の名が残っています。
以降、江戸時代には徳川家の旗本や村役人として小菅氏は名を残していきますが、小菅城は戦国の終わりを待つことなくその役目を終え、その後は天神山として祀られ多くの参拝者に親しまれてきたそうです。
DSCF8357_20160624080019295.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

道の駅から川を挟んだつり橋の先には入浴施設もあり、非常にリラックスできるスポットですが、開店時間と閉店時間が早く駐車場が小さいため、訪問には注意が必要です。
とは言え、東京から甲府に抜ける途中のちょうど疲れてくるところにあるため、リフレッシュに適しているのは確かです。


□道の駅たばやま
 住所:山梨県北都留郡丹波山村2901
 TEL:0428-88-0411
 開設時間 午前10時~午後5時
 休館日:木曜
 標高:623m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル:×
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有
 無料WIFI:海外観光客のみ
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:小菅城址(本編)、八王子城址ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・52箇所目「たばやま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・たばやま(088/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・たばやま(142/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・たばやま(033/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/04 12:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・25週目
週末の金曜日の夜には道の駅に向けて前泊で出かけることが多いのですが、これからの季節に欠かせないものがあります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ブログをお読みいただいている方の中には「こいつ、いつ働いてるんだ?」と思われる方もいるかもしれませんが、月曜から金曜まで働いています(笑)
もちろん、ズキマル君も学校に行っています(笑)

ズキマル君は部活動やスポーツは行っていないため、週末の予定はガラ空きです。
せっかく週末に予定を入れないでくれているため、ついつい一緒に遠出したくなります。
そうは言っても、小遣いに限りがあるため、関東圏の旅行では高速道路を利用する機会はほとんどありません。
となると、一般道を利用して片道100キロ以上を移動することになるのですが、日中に移動を試みると、それだけで1日が終わってしまいます。
そんな移動時間のロスを解消するために、金曜日の仕事終わりにズキマル君の宿題が終わったことを確かめたら土曜日に回るエリアに向けて出発します。
距離にもよりますが、就寝時間帯には現地入りできるので、翌朝の目覚めとともに活動できるのが強みです。

さて、そんな週末弾丸ツアーにおいて強い味方なのが14L容量のポータブル冷蔵庫「ENGEL・MD14F-D」です。

30,000円程度と値は張りますが、12Vコンセントからの給電で冷凍までできる冷却能力が魅力です。
重量は約12キロと相当なものですが、それ以上のメリットを感じています。

車載給電だけでは限界があるのですが、100Vからの事前冷却をしておくと1日以上給電しなくても庫内で冷凍された飲料の効果もあって2日間ほど給電しなくても冷蔵効果が持続します。
それを助けてくれるのが別売りの「AC電源アダプター」です。

電源線だけで9,000円とは…すでに中古の家庭用冷蔵庫が購入できてしまいそうな勢いですが、小遣いを切り詰めて買ってよかったと感じています。
12Vでは24時間以上給電しても庫内温度がマイナスになることはありませんが、100Vなら一晩で500mlのペットボトル数本がカチカチに凍ってくれます。

最近は暑い日が続いたこともあり、すでに毎週冷蔵庫が大活躍!
まぁ、コンビニやスーパーがたくさんあるので、利用頻度によってメリットが出ない方もいらっしゃるとは思いますが、夏休みに渋滞の高速道路を走る折などに、きっとありがたさを実感できると思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 25週目(6/16~6/22)


体 重: 73.0Kg → 72.8Kg
BMI: 25.86 → 25.79
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
6/19昼 成田市・どてちん(ラーメン)

運動記録:
木曜日:通勤コミ16.4キロ(19,386歩)
金曜日:通勤コミ4.3キロ(6,734歩)
土曜日:休日散歩13.8キロ(20,512歩)
日曜日:休日散歩6.0キロ(9,722歩)
月曜日:通勤コミ17.5キロ(20,585歩)
火曜日:通勤コミ20.9キロ(25,740歩)
水曜日:通勤コミ19.6キロ(23,569歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.9Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.32 (スタート:25.47)
胴回り: -0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/23 08:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

銀色テントむしでデカ盛り…907軒目・青梅市「立川マシマシ秘密工場」
青梅近辺でお腹が空いたので、何かガッツリ食べられるものを探していると、お腹いっぱいラーメンを食べられる店があることを思い出し訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR青梅線の河辺(かべ)駅の北口から北へ約200mの河辺町十丁目交差点を東へ500mほど進むと交差点の手前南側に見えてくるのが「立川マシマシ秘密工場」です。
駅からそう遠くはありませんが、併設するピザ店と共有の駐車場もあるのでクルマでの訪問にも安心です。
DSCF8341.jpg


開店時間は11時なのですが、15分ほど前に到着してみるとすでに2名の男性が店の前に並んで待っています。
慌てて並んで開店時間を待ちますが、開店時間には10名ほどが並ぶ事態となりました。
店内に入ると券売機があり、その奥にL字にカウンター席のみ12席あります。
チケットをカウンターに渡し券売機近くの席をお借りして出来上がりを待ちます。
DSCF8337_2016062208013733f.jpg

ズキマル君が注文するのはサイドメニュー系の「ハーフマシライス(税込350円)」です。
キッズ設定で紅ショウガとニンニクは抜いてもらいました。
DSCF8340.jpg
半合強の炊き立てご飯の上には、ミートソースのような豆腐なしマーボのようなひき肉がたっぷりと掛かっています。
ワンポイントのアクセントとして載っているウズラの卵が印象的です。
フルサイズ、凶悪サイズとグレードアップするようですが、ズキマル君にはこのサイズで十分に適量でした。

メインに注文したのは気弱に「ラーメン中・全部普通(税込750円)」です。
ちなみにカウンター席に無料のトッピングについての説明がありますが、初見は「普通」にしておくのが良いとのことです。
麺の量はミニ(150g)から中(300g)まで同一価格と、お腹が空いた人にも安心です。
DSCF8338_20160622080137b7b.jpg

次々とほかの方に配膳が進みますが、どの方も大盛りを頼んでいるのか、サッカーボールのように山盛りになったモヤシがドンブリを覆い尽くしています。
怖いなぁ…と思いつつ、自分の席に運ばれてきたのは…それらと同じサイズでした!!
DSCF8339.jpg
なるほど、このサイズがデフォルトでしたか。
注意書きに、まずは標準サイズをおススメしている理由がよくわかります。
モヤシと麺の総重量は1キロ近いのではないでしょうか。
こんな日に限ってズキマル君の手伝いは得られず、ヒーヒー言いながら、それでも何とか完食してしまいました(笑)

ズキマル君の食べていたライス系メニューの標準や大盛りもスゴく美味しそうだったので、次回は並んででもご飯ものに挑戦してみたいと思いつつ再訪を誓いました。

ところで…近くの席の男性が注文した本当のヤサイマシは、ドンブリに盛られたヤサイの量が3倍近くなっており到底食べきれそうになかったので、一生写真に収めることは出来なそうです(笑)


□立川マシマシ秘密工場
 TEL:非公開
 東京都青梅市河辺町9-5-5
 営業時間 11:00~15:00,17:30~21:30
 定休日:未定
 駐車場あり

立川マシマシ 秘密工場ラーメン / 河辺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/04 11:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・八王子滝山(030/165・東京)
東京都唯一の道の駅は、いつでも駐車場に入れないほど混雑していますので、開店30分前に到着しましたが、それでもほぼ満車状態でした。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問30箇所目は、東京都にある道の駅「八王子滝山」です。
中央自動車道の八王子インターを出て国道16号線東京環状を600mほど北に進み、左入橋交差点から都道169号線滝山街道を西に500mほど進むと一つ目の信号の北側に見えてきます。
DSCF8316.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
昔ながらの八王子織物がいろいろ並んでいる中にランチョンマットのような手ごろなサイズのアイテムを見つけました。
DSCF8317_2016062108023666b.jpg

これは「お弁当包み(税込648円)」です。
DSCF8318.jpg
都内でも八王子エリアでは今でも養蚕業を営む農家さんや織物工場があるらしく、ちょっと見学してみたくなります。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみるのは道の駅にもなっている「滝山城址(たきやまじょうし)」のある都立滝山公園(東京都八王子市高月町、丹木町2・3丁目付近)です。
近くに西東京バスのバス停「滝山城址下(たきやまじょうしした)」があるので公共交通機関でも訪問しやすいのが特徴です。
DSCF8320_20160621080235130.jpg

都道166号線と国道411号線滝山街道の交差する丹木町三丁目交差点の北側に無料の駐車場があり、駐車場の東側の路地から北へ進むと公園が広がっています。
DSCF8321_20160621080235a00.jpg

ただし、この路地の先に駐車場はありませんので、クルマでの訪問の際には交差点沿いの駐車場に停めてから訪問しましょう。
DSCF8322_201606210802346ea.jpg

滝山城は永正18年(1521年)山内上杉氏の重臣で、武蔵国の守護代・大石定重(おおいしさだしげ)が築城したとされています。
DSCF8323.jpg

天文15年(1546年)に北条氏康(ほうじょううじやす)が山内上杉氏の勢力を武蔵から排除すると、大石氏は北条氏の軍門に下りました。
DSCF8326_20160621081255a9c.jpg

永禄元年(1558年)頃になると北条氏照(ほうじょううじてる)は城の大改修を実施しました。
DSCF8329.jpg

永禄12年(1569年)には、小田原攻撃に向かう武田信玄を何とか撃退しましたが、滝山城三の丸まで攻め込まれ落城寸前にまで追い込まれました。
DSCF8331.jpg

この戦いは、滝山城の防御体制が不十分であることを痛感させ、八王子城を築城し移転するきっかけとなったといわれ、これを機に滝山城は廃城になったそうです。
DSCF8332_201606210812537a4.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

いつも大変混雑していますが、それに見合う魅力を備えた道の駅です。
ランチタイムには地どり野菜のサラダバイキングも開催されているため、いつか思いっきり食べてみたいと思っています。


□道の駅八王子滝山(はちおうじたきやま)
 住所:東京都八王子市滝山町1-592-2
 TEL:042-696-1201
 開設時間 午前9時~午後9時
 休館日:なし
 標高:109m
 ウォシュレット:誰でもトイレのみ
 イーモバイル:○
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣デカ盛り:爆肉丼の店七色(約5km)・長岡屋(約9km)ほか
 近隣の史跡:滝山城址(本編)・八王子城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・64箇所目「八王子滝山」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・八王子滝山(019/147・東京)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・八王子滝山(039/154・東京)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・八王子滝山(021/161・東京)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/04 09:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…906軒目・みどり市「ラーメン桐生」
麺類のボリュームに定評のある群馬県ではラーメンのボリュームもスゴいと聞いて、訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR両毛線の岩宿(いわじゅく)駅から南側を東西に走る国道50号線を東に出て、最短距離なら約700mの阿佐美交差点の南側に軒を構えるのが「ラーメン桐生(笠懸店)」です。
群馬県を中心に数店舗を構えるチェーン店ですが、初めにその存在を知ったのは栃木県でのことでした(笑)
駅からやや距離がありますが国道沿いで多くの駐車場を構えているのでクルマでの訪問向きかもしれません。
DSCF8311_20160620081537194.jpg

ディナータイムピークには少し早い土曜日の18時に訪問してみましたが、店内には8割がたお客さんが入っています。
広いフロアには中央に給水機のセルフサービスコーナーがあり、それを囲むように4人掛けのテーブルが4つ、6人掛けテーブルが2つ、それにカウンター席が20席ほどあります。
テーブル席は満席だったため、店の一番奥のカウンター席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF8312_20160620081536603.jpg

ラーメン系が中心ですがご飯ものもあります。
ラーメン類だけでなくご飯ものもボリュームがあるとの噂ですので注文の際には注意が必要です。
DSCF8313_20160620081535378.jpg

注文前からズキマル君に弱気な発言をされたため、彼には独特の美味しさとコンパクトなサイズとの噂の「餃子ライス(税別400円)」を注文します。
DSCF8315_201606200815358e2.jpg
運ばれてきたのは小さいはずなのにご飯が1合ほども入ったドンブリです。
「餃子」とは言いながら、ややピリ辛の味付けで餃子の具を炒めた独特のトッピングがドカンとドンブリ飯の上に載っています。
ちょっ塩っぱ目ですが疲れた体にしみこむようなスタミナメニューです。

メインで…と思いながらも周囲のテーブルのボリュームに恐怖を感じて注文したのはもっともあっさり系でしかも普通盛りにしてしまった「鳥唐揚ラーメン・塩(税別850円)」です。
DSCF8314_2016062008153491b.jpg
スゴいの出てきたー!!
洗面器のようなドンブリには普通盛なのに麺の量は通常の店の3倍以上はあるのではないでしょうか?
あっさりとした塩ベースの透明なスープにスパイスの効いた大きめの唐揚げが3つ載っています。
トッピングは青物野菜にナルト、ネギと涼やかです。
ほかのテーブルを眺めた感想としては、麺類の中では塩系が一番あっさりしていて何とか完食できそうです。

隣の方は「スタミナ大盛り」を注文していたのですが…ズキマル君とnorizoが万全の体調で二人かがりで挑んでも完食が危うい凶悪なサイズでした。
今回は軽めのサイズのメニューへのチャレンジだったので何とか完食できましたが、それでもベルトの穴が2つほどアップしてしまうほどでした。
とは言いながらも、リーズナブルで超満腹になれるのは最高の喜びです。
次回は何を食べようか…ズキマル君とそう話しつつ、再訪を誓いお礼を言って店を後にしました。


□ラーメン桐生・笠懸店
 TEL:0277-76-2839
 群馬県みどり市笠懸町阿佐美1284
 営業時間 12:00~14:00,17:00~22:00
 定休日:月曜日・第3火曜日
 駐車場あり

ラーメン桐生 笠懸店ラーメン / 岩宿駅阿左美駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/05/28 18:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・ふじみ(029/165・群馬)
だいぶ陽が傾いてしまいましたが、日帰り入浴施設を併設しているため、そんな時間帯にも利用しやすい道の駅に訪問します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問29箇所目は、群馬県にある道の駅「ふじみ」です。
関越自動車道の渋川伊香保インターを出てから上越線渋川駅のある北に進み、下郷交差点で353号線上毛三山パノラマ街道を東に進むと見えてきます。
DSCF8307.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
一品ものの工芸品「竹筆(税別7,000円~)」に魅了されます。
DSCF8309_201606190655380a7.jpg

赤城山麓に自生する竹で柄から穂先までを一本の竹から作っているそうで、手間のかかる作業だけに価格にも納得できます。
DSCF8308.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
今回は「女渕(おなぶち)城址公園(群馬県前橋市粕川町女渕1221-1)」を訪問してみます。
DSCF8296_201606190657498d6.jpg

女淵城は、室町時代の天文年間(1532~1555年)に築かれました。 
築城者は不明ですが後北条氏に攻め込まれて群馬を追われ、一帯が後北条方の勢力とりつつあった永禄2年(1559年)に、内乱で放浪の身となった沼田景義(ぬまたかげよし)が一時居城しました。
DSCF8294_20160619065751485.jpg

上杉謙信(うえすぎけんしん/当時は長尾景虎)は、北条氏を小田原まで追い戻し女渕城は、毛呂(もろ)氏に与えられました。
しかし永禄4年(1561年)に謙信に従わず攻められた女渕城は、長尾景長(ながおかげなが)の所領として、その家臣・新居長重(あらいしげなが)が城代となりました。
DSCF8299_20160619065750c7c.jpg

永禄12年(1569年)に長尾景長が没して、由良家が長尾家に婿入りし後北条派として行動、上杉と後北条の動向を伺いながら自領での独立を保ちながら時代が流れていきます。
その後、再び沼田景義が城主となっていましたが、天正2年(1574年)にまたしても上杉謙信によって攻略されました。
天正4年(1576年)には金山城主・由良国繁(ゆらくにしげ)領となりますが、戦が続き城主も次々と変わっていきますが、度々沼田景義が城代として迎え入れられます。
DSCF8300_201606190657504ba.jpg

天正9年(1582年)、前年の天正8年に武田信玄(たけだしんげん)家臣・真田昌幸(さなだまさゆき)の手に落ちた沼田を奪還しようと、沼田景義は、由良氏・矢場氏らの助けを得て挙兵しました。
これに対して真田昌幸は、沼田景義の伯父・金子家清(かねこいえきよ)と計略をめぐらせ沼田景義を暗殺しました。
DSCF8301_20160619065749adf.jpg

翌天正10年(1583年)になると信玄・謙信も織田信長(おだのぶなが)も没し、群馬一帯は沼田の真田氏を除いては全域が後北条氏の勢力圏になり、女淵城は北条氏の家臣・北爪氏が守将となりました。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役によって北条氏が滅びると女渕城も開城し、廃城となりました。
DSCF8302_2016061906574850d.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

入浴施設が気になっているのですが、未だ入ったことがありません。
今回は改装中だったので、次回は少し涼しい時期に訪問してのんびりと湯につかってみたいものです。


□道の駅ふじみ
 住所:群馬県前橋市富士見町石井1569-1
 TEL:027-230-5555
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:木曜、年末年始
 標高:335m
 ウォシュレット:なし
 イーモバイル(LTE):△
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有(第1・3木休/10:00-21:00)
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:大嶋屋(6.6km)
 近隣の史跡:女渕城址(本編)・前橋城・大胡城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・130箇所目「ふじみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ふじみ(098/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ふじみ(126/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ふじみ(009/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/28 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・ぐりーんふらわー牧場大胡(028/165・群馬)
道の駅としては貴重なバーベキューエリアや動物園を併設するズキマル君が大好きなスポットを訪問します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問28箇所目は、群馬県にある道の駅「グリーンフラワー牧場・大胡(おおご)」です。
関越自動車道の渋川伊香保インターを出てから上越線渋川駅のある北に進み、下郷交差点で国道353号線上毛三山パノラマ街道を東に進みます。
インターからおよそ20キロで到着した駐車場は、物産館「さんぽ道」・芝生広場側(西側)と、ふれあい牧場や大型遊具側(東側)の2か所があるので利用目的に合わせて使い分けると便利です。
DSCF8304_20160618064853fb8.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
あまり見かけることのない一本物の干物が束になった「干し大根(税別200円)」にずっしりとした重みを感じます。
DSCF8305_20160618064853b85.jpg
切り干し大根などは、よく見かけるのですが、この大きさだとどのように調理したらいいのでしょう?
漬物にするのかな?
大根の本数から考えると、価格は非常にリーズナブル!調理方法を知らなかったのが悔やまれます。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみたのは山上(かみやま)城址公園にある「山上城址(群馬県桐生市新里町山上297−1付近)」です。
DSCF8281_2016061806485294c.jpg

ひっそりとした住宅街にありますが、駐車場もあり整備された大きな公園で、本丸に近づくにしたがって鬱蒼としたジャングルのようになっていきます(笑)
DSCF8282_2016061806485266b.jpg

上山城は大永年間(1521年~1528年)に藤原秀郷(ふじわらのひでひら)の子孫、山上高綱(やまがみたかつな)によって築城されました。
DSCF8286_201606180648514d0.jpg

上杉方として戦国の世を生きていきますが、弘治元年(1555年)に、北条氏康(ほうじょううじやす)が上野(こうずけ)に侵攻した際に上山城も攻撃されて落城しました。
この時に城主・山上道及(やまがみどうきゅう)は、足利にいた関東管領家家宰・長尾当長(ながおまさなが)を頼りますが、こちらも北条氏に下ってしまいます。
山上氏はその後、下野(しもつけ)の佐野泰綱(さのやすつな)の家臣となりました。
DSCF8289_2016061806485075c.jpg

北条氏に攻め落とされた上山城は永禄年間(1560年頃)、上杉謙信(うえすぎけんしん)が関東に侵攻すると謙信の手に落ち、城は大胡民部佐衛門に預けられました。
しかし戦国期を通じて領内は、北条・上杉・武田との抗争の舞台となり、戦雲にさらされた山上城の城主もめまぐるしく変遷しました。
DSCF8288_2016061806535942e.jpg

桐生市によれば、廃城は天正8年(1580年)に武田勝頼(たけだかつより)が山上城を攻め落とした際とされています。
DSCF8290.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

今回も動物園のある東側の公園では長時間遊ばせてもらいました。
遊具で思いっきりあそぼいたいなら東側、広場でのびのびしたいのなら西側の駐車場にクルマを停めると、駐車場から歩く距離を少なくすることができます。

□道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡(おおご)
 住所:群馬県前橋市滝窪町1369-1
 TEL:027-283-5792
 開設時間 午前10時半~午後4時
 休館日:12月30日~1月7日
 標高:383m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 宿泊施設あり
 WIFI:なし
 近隣のデカ盛り:大嶋屋(約8km)・太田食堂(約12km)
 近隣の史跡:山上城址(本編)・大胡城址ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・131箇所目「ぐりーんふらわー牧場大胡」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ぐりーんふらわー牧場大胡(099/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ぐりーんふらわー牧場大胡(127/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ぐりーんふらわー牧場大胡(031/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/28 15:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・くろほねやまびこ(027/165・群馬)
群馬の山中で朝から玉子かけごはんが食べられる道の駅は、地元のお母さんたちが軒先に郷土料理の出店を並べるちょっと楽しみなスポットです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問27箇所目は、群馬県にある道の駅「くろほね・やまびこ」です。
群馬県桐生市から栃木県の日光へ向かうわたらせ渓谷鉄道と併走する国道122号線の、本宿駅と水沼駅の間の山間部に拓けた駐車場のあるログハウス調の建物が姿を現します。
DSCF8266.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
手作りのこんにゃくに目が行きがちですが、壁際にひっそりと謎の杖を見つけました。
いかにもロールプレイングゲームで攻撃系呪文を繰り出しそうな杖です。
DSCF8269.jpg

杖は素材が2種類、「エゴの木」と「カシの木」で作られており、エゴの杖は2本で税込18,000円、カシの杖は1本18,000円です。
DSCF8268.jpg
結構な数のモンスターを倒さないと手に入れることはできなそうです(笑)

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
わたらせ渓谷鉄道の本宿(もとじゅく)駅から北の山の中に入っていくと、正圓寺(群馬県桐生市黒保根町宿廻564付近)の駐車場の奥にある大きな段差の先の畑のような場所が「深沢(ふかざわ)城跡」となります。
DSCF8271.jpg

集会所手前の花壇の中に解説版がありますがにA4ほどのサイズの小さなパネルなので見逃してしまうかもしれません。
DSCF8272_20160617080333c4f.jpg

しかし、その奥に解説パネルがあるのでセットで探してみてください。
深沢城は神梅城の別名でも知られる断崖上に築かれた城で、代永禄年間(1558年~1570年)頃に阿久沢氏によって深沢城は築城されました。
DSCF8273_201606170803323d6.jpg

阿久沢氏は、平安時代に源平の合戦における前九年の役(奥州十二年合戦)で降伏した奥州の安倍宗任(あべのむねとう)を、八幡太郎(はちまんたろう)の通称でも知られる源義家(みなもとのよしいえ)が京都へ護送したときに、義家に付き従い、その後は黒保根村にとどまった一族の末裔であると言われています。
DSCF8274_201606170804529d0.jpg

天正2年(1574年)に上杉謙信(うえすぎけんしん)が深沢城を攻め落とし、その際に越後衆が留め置かれました。
上杉謙信が急死した翌年の天正7年(1579年)には金山城主・由良国繁(ゆらくにしげ)の配下となり、由良氏の配下であった阿久沢氏が再び深沢城を治めることとなりました。
DSCF8278_2016061708045246a.jpg

天正12年(1584年)に由良国繁と北条氏直(ほうじょううじなお)が敵対するようになると、阿久沢氏は北条氏の命によって隣接する五覧田城(ごらんだじょう)を攻略し、深沢城と共に阿久沢氏の領するところとなります。
DSCF8276.jpg
天正18年(1590年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原征伐で、北条方についた阿久沢氏は小田原城に籠城しますが落城、阿久沢氏は降伏し、その後は帰農して深沢城は廃城となりました。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

バイクやクルマの往来が多く、駐車場もナナメなのですが、森のマイナスイオンのせいなのか、なんとなく眠くなります。
眠くなったら無理せずここで仮眠して、安全な旅を心がけてください。

□道の駅くろほね・やまびこ
 住所:群馬県桐生市黒保根町下田沢91-4
 TEL:0277-96-2575
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:12月30日~1月4日
 標高:299m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):△
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:万里(約15km)・アカギ桐生総本店(約15.6km)
 近隣の史跡:深沢城址(本編)・五覧田城址など


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・91箇所目「くろほね」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・くろほねやまびこ(101/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・くろほねやまびこ(122/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・くろほねやまびこ(032/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/28 13:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・24週目とオイル交換(197,373km)
ここのところ残業が続き、ジョギングを怠っているので体重が上昇していて体調が思わしくありません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今年の4月末に4度目の車検を終えてその際にオイル交換を行った銀色テントむしですが、道の駅スタンプラリーでの移動を受け2か月少々で3,000キロ走ってきたことになります。
ここのところ忘年会などで平日にオイルまみれになる作業をするほどの体力も気力も残していないため、リーズナブルに作業を代行してくれるスーパーオートバックスで今回もオイル交換をお願いすることにしましょう。
DSCF8546.jpg

今回は3リッター1,080円の特価オイルを見つけエレメントと一緒に交換してもらいますが、会員カードのおかげで工賃は無料、ついでに同行してくれてズキマル君に駄菓子を1つ購入しましたがそれでも支払総額が1,112円とリーズナブルです♪
ポイントが貯まっていたので、今回は費用なしでオイル交換をしてもらいます。
DSCF8548_20160616080254509.jpg

ふと気が付いたのですが、ポイントカードによるキャッシュバック率は以前より低くなってしまっているようです。
まぁ、季節・天候問わずにヨゴレ仕事をしてもらって文句を言えるはずもありませんが(笑)
DSCF8547_20160616080255cd6.jpg

平日20時半まで受付をしてくれていたのが魅力の一つでしたが、閉店時間を1時間早め19時半が受け付け締め切りになってしまいました。
これもコストダウンをためと諦めることにしましょう。
DSCF8550.jpg

平日の夜と言うことで、待ち時間なし、作業中には隣接する古本とゲームを販売する店で立ち読みなどをして過ごし、30分ほどで作業が終了しました。
DSCF8549.jpg

専門店ならではの手際の良さと、リーズナブルさには毎回ながら脱帽です。

軽自動車キャンピングカー「eK-Camp」として「テントむし」を関東圏で販売しているロータスRV販売の営業さんに、このクルマを購入するときに言われたのが、「ほかのメンテはともかく、オイル交換だけは(安い鉱物油でいいから)3000キロ毎にしておけば、10万キロでも20万キロでも乗れますよ!」でした。
軽自動車とは言え総額300万円を超える商品ですし、そんなに簡単に壊れられては困るので、営業さんの言葉を信じ3000キロ毎にオイル交換をしていますが、言われたことを守っていることに後悔はありません。
いよいよ次回のオイル交換の際には20万キロオーバー、これからもまだまだ一緒に旅を楽しめそうです。

スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 20:00(土日・祝日)10:00 - 20:00
 定休日:HPで確認


大きな地図で見る

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 24週目(6/9~6/15)


体 重: 72.8Kg → 73.0Kg
BMI: 25.79 → 25.86
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
6/12昼 那珂市・いづみや(カレーうどん大)

運動記録:
木曜日:通勤コミ18.2キロ(21,162歩)
金曜日:通勤コミ17.7キロ(20,458歩)
土曜日:休日散歩22.7キロ(27,202歩)
日曜日:休日散歩6.3キロ(10,248歩)
月曜日:通勤コミ20.1キロ(23,726歩)
火曜日:通勤コミ4.5キロ(6,998歩)
水曜日:通勤コミ18.7キロ(21,643歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.1Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.39 (スタート:25.47)
胴回り: -0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/16 08:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・富弘美術館(026/165・群馬)
群馬から栃木に抜ける静かな山林の高台のダムの近くに、モダンな美術館を併設する道の駅があります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問26箇所目は、群馬県にある道の駅「富弘美術館(とみひろびじゅつかん)」です。
群馬県桐生市と栃木県の日光を結ぶ国道122号東国歴史文化街道線沿いに関東の水がめ草木湖と共にモダンで人工的な美しい建物が姿を現します。
DSCF8235_20160615075146825.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
手に取ってみてちょっと癒されたのは「炭のペットたち(税込1,600円)」です。
DSCF8238_20160615075146413.jpg

その名の通り、炭でできた動物の人形で、リフレッシュを促すマイナスイオンの発生や消臭、湿気防止などたくさんの効果が得られます。
手作りの商品なので一品一品の顔立ちにも違いがあり、どれも愛嬌があって欲しくなってしまいました。
DSCF8237_2016061507514536b.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年は登城口で諦めてしまった「五覧田城(ごらんだじょう/群馬県みどり市東町荻原311付近)」の本丸跡を今回こそ目指してみようと思います。
DSCF8247_20160615075144b02.jpg

わたらせ渓谷鉄道の花輪(はなわ)駅と水沼(みずぬま)駅の北側を走る国道122号線東国文化歴史街道から少し北に入った上り坂の途中に登城口があります。
DSCF8254_20160615075144003.jpg

山道を30分ほど歩いてから気が付いたのですが、本丸から徒歩10分ほどのところに駐車場がありましたorz
DSCF8257_2016061507514388f.jpg

ちなみに、途中は砂利道の部分があり場合によっては大きな落石や倒木などで道がふさがれていることもあるようなのでご注意ください。
今回歩いてみた際には、クルマで駐車場まで行けそうでした。
DSCF8265.jpg

駐車場への目印は戸屋沢橋を右手に見て道なりに坂道を進む戸屋沢橋登山口の看板です。
DSCF8264.jpg

五覧田城の築城年代は定かではありませんが、戦国時代中期以降にその名を歴史に刻んでいます。
天正2年(1574年)上杉謙信(うえすぎけんしん)は深沢城と五覧田城を攻め落とし、深沢城を確保して五覧田城を破棄しました。
同年9月には金山城主・由良国繁(ゆらくにしげ)が五覧田根小屋に籠もる沼田衆を攻め落とし手奪還しており、謙信の没後の天正7年(1579年)には北条氏との協定によって、五覧田城は名実ともに由良国繁が支配することとなりました。
DSCF8260_20160615075824e0d.jpg

天正12年(1584年)に由良国繁と北条氏直(ほうじょううじなお)が敵対すると、沼田から黒川谷に通じる利根道を押さえるため、北条氏直は隣接する深沢城主・阿久沢氏など周辺の手勢に命じて五覧田城を攻め落とさせ、阿久沢氏に五覧田城の普請を命じました。
DSCF8261_20160615075823039.jpg

徳川・北条・真田が割拠した混乱期に、城は一時期真田氏に支配されていた時期もあったそうですが、天正14年(1586年)9月、阿久沢左馬助(あくさわさまのすけ)は、真田の城代・久屋氏を討ち取って、五覧田城を奪い返したそうです。
DSCF8262_201606150758235ee.jpg

豊臣秀吉(とよとみひでよし)による天正18年(1590年)の小田原の役とともに、阿久沢氏は帰農し、五覧田城も廃城となったと考えられています。
帰農後の阿久沢氏はこの地に残り、正圓寺(桐生市黒保根町宿廻564)を菩提寺に地元名士として今も黒保根地区にその名を残しています。
DSCF8263_20160615075822009.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期?
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

今年は早めの時間に訪問したため、少し北のトンネル沿いにある物産館も訪問してみました。
手作りのお菓子や出店、食堂などもありノスタルジックで居心地のいい建物です。
未だ美術館には入ったことがありませんが、そろそろズキマル君にも芸術に触れてもらいたいので、次回あたりには入館してみたいと思います。


□道の駅富弘美術館
 住所:群馬県みどり市東町草木86
 TEL:0277-95-6333
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:月曜、12月~1月1日
 標高:479m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 無料WIFI:設定要(美術館内のみ?)
 近隣デカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:五覧田城跡(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・92箇所目「富弘美術館」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・富弘美術館(100/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・富弘美術館(121/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・富弘美術館(010/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/28 11:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・おおた(025/165・群馬)
朝から動くのにちょうどいいエリアにあるため、幾度となく前泊に利用させていただいている道の駅が群馬県にあります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問25箇所目は、群馬県にある道の駅「おおた」です。
東武伊勢崎線の世良田(せらだ)駅から国道17号線上武道路を南に進み、国道354号線東国文化歴史街道と立体交差する手前の分岐入口付近の北側に標識が見えてきます。
DSCF8231.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
水の豊かな田園地帯と言うこともあり水生生物が販売されている中で「カラーザリガニ(税込498円)」にズキマル君の目が光ります。
DSCF8232_20160614081055973.jpg

輝くような鮮やかなオレンジ色の姿は幻想的で、なんとも癒される不思議なザリガニに時をわ売れて魅了されました。
DSCF8233.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問するのは日本100名城にも選ばれる「新田金山(にったかなやま)城(群馬県太田市金山町40-98)」のある金山自然公園です。
要害として知られる山城ですが、遊歩道が整備されていて、家族連れでも歩きやすいのが特徴です。
DSCF8216_20160614081259ab3.jpg

鎌倉時代末期に新田義貞が砦として整備したといわれています。
本格的な城郭としては新田氏の岩松家純(いわまついえずみ)が文明元年(1469年)に、重臣の横瀬国繁(よこせくにしげ)に命じ築城させました。
横瀬氏は明応四年(1495年)に「明応の乱」で城を奪取しその後、享禄元年(1528年)の「享禄の乱」で岩松氏を殺害し、金山城は名実ともに横瀬氏の支配下になりました。 
DSCF8218.jpg

戦国期は関東管領上杉氏に従い北条氏と対峙しますが上杉謙信(うえすぎけんしん)の義父・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が敗戦し越後に落去すると、一時期北条氏の傘下に入りましたが、永禄三年(1560年)に長尾景虎(ながおかげとら/上杉謙信)が関東に進出すると再び上杉氏に従いました。
この時期、横瀬成繁(よこせなりしげ)は永禄八年(1565年)頃に「由良(ゆら)」と改姓した。
同年、成繁は上野に侵攻した武田信玄(たけだしんげん)、北条氏政(ほうじょううじまさ)らと戦い、永禄九年(1566年)には上杉氏から離反し北条に奔ています。
永禄十一年(1568年)の武田信玄による駿河侵攻で甲相駿三国同盟が崩れると、由良成繁は北条氏康と上杉謙信の間を取り持ち、相越和睦に尽力しており、機を見つつ平和を願った姿が思い浮かびます。
DSCF8220.jpg

北条氏康の死後、相越同盟が破棄されると、天正二年(1574)年に五度に渡り上杉謙信の攻撃を受けたましたが、鉄壁の守りで持ちこたえています。
DSCF8223_20160614081257a24.jpg

上杉謙信の死により戦国時代の戦乱が激化し金山城は一時武田氏の配下に入るも、天正十年(1582年)の武田氏の滅亡により、織田氏・滝川一益の支配化に、しかし同年の本能寺の変で滝川一益も厩橋城を放棄し、その後は北条氏に組することになります。
DSCF8226.jpg

天正十八年(1590年)の小田原の役では小田原城に籠城している隙に、金山城へは前田利家(まえだとしいえ)らが攻撃を加え落城し、廃城となりました。
豊臣政権下で由良氏は、豊臣家に二心がないことを説得、改易を免れ常陸牛久への転封を任じられ家名を残しました。
DSCF8229_20160614081256947.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
→築城時期
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→城郭整備
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

24時間利用できるきれいな休憩室では無料WIFIもつながるのに加え、関東圏では珍しいキャンピングカーサイト(有料)を設けているのも特徴で、たくさんの利用者で日夜にぎわいます。
長時間滞在するための大きな商業施設などはありませんが、なんとなくのんびりできるきれいな道の駅です。


□道の駅おおた
 住所:群馬県太田市粕川町701-1
 TEL:0276-56-9350
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:不定休
 標高:33m
 ウォシュレット:有
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:満帆太田店(約8.3km)・TOMI(約9.8km)
 近隣の史跡:(本編)・新田氏館跡


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・79箇所目「おおた」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・おおた(095/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・おおた(107/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・おおた(154/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/28 09:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・きつれがわ(024/165・栃木)
都内で列車に乗っていると、ときどき見かける「喜連川温泉別荘地」の分譲広告がありますが、どうやらこの近くのようです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問24箇所目は、栃木県にある道の駅「きつれがわ」です。
JR東北本線の氏家(うじいえ)駅から国道293号線氏家バイパスを東に進むと8キロほどで川の先に見えてきます。
DSCF8209.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
温泉地ならではの入浴剤と化粧水、石鹸のセット「喜連川温泉・美肌セット(税込2,460円)」が良い雰囲気です。
DSCF8210_2016061111401680c.jpg
ちなみに、製造元は地元ではなく、新潟の株式会社環境科学さんと長野県の有限会社樹万培さんと言う会社でした。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
向かうのは「勝山城址」のある「さくら市ミュージアム(栃木県さくら市氏家1297)」です。
DSCF8192_20160611114015e5e.jpg

ミュージアムの後方に大きな堀があり、架かった橋の奥の広場が勝山城の本丸に当たる場所です。
DSCF8203.jpg

勝山城は、鎌倉時代に宇都宮朝綱(うつのみやともつな)の子・公頼(きみより)が氏家(うじいえ)氏を名乗ったのをはじまりに南北朝時代に名を馳せ、4代・氏家公宗(うじいえきみむね)が城郭化したとされています。
DSCF8194.jpg

その後、6代・氏家綱元(うじいえつなもと)の時に家系が絶え、芳賀高家(はがたかいえ)の子・高清(たかきよ)が城主となりました。
氏家芳賀氏は、宇都宮氏の北の守りを固め、那須氏ににらみを利かせつつ城を守りました。
DSCF8200_201606111140146b8.jpg

慶長2(年1597年)に豊臣秀吉によって宇都宮一門一族全て追放・改易されると勝山城も廃城となったそうです。
DSCF8207_201606111145366d4.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
→築城時期
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

無料の足湯や深夜まで営業している日帰り入浴施設、屋外フードコートに川べりの大きな公園と長時間滞在に適した道の駅です。
スタンプラリーに限らず立ち寄らせてもらうことも多く、確かにこんなエリアなら別荘を持ってみたくなります。


□道の駅きつれがわ
 住所:栃木県さくら市喜連川4145-10
 TEL:028-686-8180
 開設時間 午前10時~午後11時
 休館日:第4月曜
 標高:293m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有(第4月休/10:00-23:00)
 ※無料足湯あり
 近隣デカ盛り:メリーゴーランド(約850m)・みやこ家(約9km)
 近隣の史跡:勝山城址(本編)、喜連川(蔵ヶ崎)城跡


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・138箇所目「きつれがわ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・きつれがわ(102/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・きつれがわ(032/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・きつれがわ(025/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/22 16:00 天候:晴れ

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・やいた(023/165・栃木)
大型ホームセンターに隣接する道の駅は、近隣からのアクセスの良さもありいつも多くのお客さんでにぎわっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問23箇所目は、栃木県にある道の駅「やいた」です。
JR東北本線の矢板(やいた)駅から国道461号線日光北街道を西に1キロほど進んだところにあるのですが、大型ホームセンターの南側にあるので、間違えてホームセンターの駐車場に入ってしまうこともありそうです。
なんとなく歩道でつながっているので、どちらにも用がある場合にはホームセンターから歩いてしまったほうが駐車場待ちをする必要がありません。
DSCF8176_2016061109505176b.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
テレビ番組等でも紹介されるようになってきましたが、道の駅と言えば高価なはく製を入手することができる場合があります。
ここにあったのは「キジのはく製(税込10,000円)」です。
DSCF8177_20160611095050f6f.jpg
はく製と言うとものすごく高額なイメージがありましたが、1万円程度で買えるものなのかと驚きます。
もちろん、購入はしませんが、十分な目の保養になりました。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみたのは「川崎城跡公園(栃木県矢板市川崎反町59−160付近)」です。
「ともなりそば」の看板が目印の川沿いの駐車場側にクルマを停めてしまいましたが、城跡を歩くなら南側にある高速道路脇側道の駐車場から歩いたほうがじっくりと楽しめます。
DSCF8179_201606110950502d6.jpg

川崎城は、正治・建仁年間(1199年~1203年)の頃、塩谷朝業(しおやともなり)により築城され、塩谷氏の居城とりました。
DSCF8183_20160611095049f2c.jpg

この時代の川崎城に関する事績は殆どないようですが、それは侵攻されることなく塩谷氏の城として安泰な時代であったためでしょう。
DSCF8186_20160611095049165.jpg

戦国時代に入り、川崎城も大きなうねりに飲み込まれていきます。
DSCF8187_20160611095048ce1.jpg

永禄2年(1559年)には結城晴朝(ゆうきはるとも)に包囲されますが撤退させました。
永禄7年(1564年) 、城主・塩谷義孝(しおやよしたか)の弟・孝信(たかのぶ)が夜襲をかけて川崎城に侵入し、義孝を殺害の上、川崎城を占拠しました。
永禄9年(1566年)になると殺された義孝の嫡子・義綱(よしつな)が、近隣諸国の援軍を得て川崎城を包囲し、川崎城を奪還します。
DSCF8188_20160611095240e61.jpg

その後も多くの戦いを生き抜きましたが、文禄4年(1595年)に義綱は、豊臣秀吉(とよとみひでよし)より改易を言い渡され、川崎城は廃城となりました。
DSCF8190_2016061109524047e.jpg
改易後の塩谷義綱は、佐竹氏に従い徳川政権下では佐竹氏とともに秋田に赴き、佐竹氏とともに秋田の発展に努めました。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

訪問した時には、近隣の少年野球チームの子どもたちが挙ってソフトクリームにかぶりついていました。
季節柄もあって冷たいものがほしくなるのですが、そんな冷たいスイーツ系も充実した、リフレッシュに良い休憩エリアとして地元からも遠方の運転手からも愛されるようになった道の駅です。


□道の駅やいた
 住所:栃木県矢板市矢板114-1
 TEL:0287-43-1000
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:水曜、12月31日~1月3日
 標高:193m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:阿Q(あきゅう)大田原店(約11km)・東宝食堂(約12.5km)
 近隣の史跡:川崎城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・31箇所目「やいた」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・やいた(103/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・やいた(033/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・やいた(024/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/22 13:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…905軒目・那須塩原「海ぼうず」
昨年秋に訪問したばかりですが、数量限定ながらリーズナブルな価格に引き寄せられ、またも訪問してしまいました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線の西那須野(にしなすの)駅の東口から北へ160mほど進んだ交差点から東へおよそ1.6キロほど進むと北側に大きな駐車場と共に見えてくる立派な割烹店のように姿を現すのが「海ぼうず」です。
立ち寄った地域情報スポットに置かれていた「情マ」と言うフリーペーパーの片隅に「ランチ1日5食限定500円・通常価格1,980円」と言うワンコインメニューを見つけ、開店時間を目指して店へと向かいます。
DSCF8175.jpg

到着したのは日曜日の午前11時35分、開店から5分も経過してしまったので限定メニューの注文を諦めつつも一応聞いてみると、「運がいいですね、限定メニューはあと2食だけ残ってますよ。」と教えてもらい、ズキマル君と二人、前回同様大きくコブシを握り「ヨッシ!」と叫んでしまいました(笑)
日中からお酒もたしなめるお店のようで靴を脱いで上がる店内は、小上がり席やテーブル席、座敷席に個室と多彩な座席構成です。
店内中央近い半個室をお借りして、せっかくなのでランチメニューを眺めてみますが、限定メニューでなくともかなりお得でボリュームがありそうです。
DSCF8169.jpg

注文を終えて食事を待つ間にお通しが用意されるのも嬉しいところです。
備え付けのテレビを見ながらのんびりと食事の出来上がりを待ちます。
DSCF8170.jpg

ズキマル君が注文したのは「海鮮丼・極(税別1,980円→税別500円)」です。
DSCF8171.jpg
通常価格1,980円の料理ですが、ランチタイム先着5名のみが手にすることのできる驚愕のワンコインメニューです。
クルマエビにウニ・イクラなどドンブリからあふれ出る海鮮は新鮮でたっぷりです。
ご飯は1合強と食べきれるサイズですが、それでも刺身の量がスゴいので十分満腹になります。

どちらか1品総数5食から選べる「極」メニューからもう1品、「天丼・極(税別1,980円→税別500円)」も選んでみました。
DSCF8172.jpg
こっちもスゴー!!
イセエビにカキ、アナゴなどに加え季節の野菜が彩りを添えます。
優しい甘みの天ダレがご飯にたっぷりかかり1合半ほどのご飯の最後の1粒まで飽きることなく美味しく頂くことができました。

サイフの都合上、定価では頂くことのできないメニューですが、限定でお得にチョイスできることと接客のすばらしさに、これからもお世話になること間違いなしの和食の名店です。

□海ぼうず西那須野店
 TEL:0287-47-7749
 栃木県那須塩原市石林317-8
 営業時間 11:30-14:00,17:00-翌1:00
 定休日:年中無休
 駐車場あり
 ※ワンコインメニューは期間限定・1日5名限定です。

海ぼうず 西那須野店魚介・海鮮料理 / 西那須野駅
昼総合点★★★★ 4.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/05/22 11:35 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・しおや(022/165・栃木)
栃木県の静かな田園地帯も、鎌倉時代には大変な戦乱の時代があったと知り、歴史の深さを改めて感じます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問22箇所目は、栃木県にある道の駅「しおや」です。
鉄道経路のない日光と矢板を結ぶ国道461号線日光北街道沿いで、下道で那須から日光間のアクセスに便利な街道沿いです。
DSCF8165.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ダイナミックな長さに圧倒されたのは「くつべら(税込1,800円)」です。
DSCF8166.jpg

「斎藤木工」さんと言う地元の製作所の製品のようですが、外国製の安価な商品があふれる中での職人さんによる国産製品の温かみを感じます。
DSCF8168.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみたのは「轟(とどろく)城址(栃木県日光市轟303付近)」です。
目印は国道461号線日光北街道にある「館坂上バス停」近くの交差点にある小さな作業小屋です。
DSCF8157.jpg

敷地の角に遺構を示す看板があります。
DSCF8158_201606092036534ed.jpg

路地を250mほど入り100mほど分け入った山林が城跡だそうなのですが、少し藪に入るとすぐ道が見えなくなり不安を覚え引き返してしまいました(笑)
DSCF8164.jpg

高さ2m程の土塁に四方を囲まれた、一辺が約80平方mの正方形をした鎌倉時代の方形居館跡で同時代初期の御家人・畠山重忠(はたけやましげただ)の末子である畠山重慶(はたけやまちょうけい)の館と伝えられています。
DSCF8159.jpg

畠山重忠は源頼朝(みなもとのよりとも)が平家打倒の旗揚げをして以来の功臣にして、「鵯越(ひよどりごえ)」で名高い「一ノ谷の戦い(治承8年/1184年)」では愛馬を背負って谷を駆け下りたという逸話が残る厚情にして豪胆な武将でした。
ところが平家滅亡の後の鎌倉幕府機構の生成期においては勇猛な気質と高い人望を危険視されました。
頼朝没後に、権力独占を図ろうとする執権・北条氏に元久2年(1205年)「畠山重忠の乱」で無実の罪で賊徒として畠山家は討ち滅ぼされてしまいました。
DSCF8162.jpg

畠山家で唯一生き延びた重慶は出家して隠棲し、ここ轟城で暮らしたと伝えられています。
建保元年(1213年)5月初旬、二代執権・北条義時の挑発を受けて挙兵した和田義盛(わだよしもり)による「和田合戦」では、親族が次々と討死する中、類稀なる豪腕ぶりで和田方で唯一生き延びた朝比奈義秀(あさひなよしひで)が轟城の畠山重慶を頼って下野国へ落ちました。
しかしこの件が災いしてか建保元年(1213年)9月、日光山麓に謀反を企てたとして畠山重慶は討たれてしまいました。
轟城は主を失い、この際に廃城となったと考えられています。
DSCF8161.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
→廃城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

手打ちそばが人気の道の駅ですが、レストラン開店時間前に訪問してしまい、美味しいそばを食べ逃しました。
駐車場も店内もかなりの賑わいで、静かな田園地帯であることを忘れそうになります。
ゆったりと自然の風を全身に受けてドライブの疲れを癒せる居心地のいい休憩スポットです。

□道の駅湧水の郷しおや
 住所:塩谷郡塩谷町大字船生字上桜3733-1
 TEL:0287-41-6101
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:第1・3火曜日、年末年始
 標高:277m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:安国屋(約19.5km)・阿Q(あきゅう)大田原店(約26.3km)
 近隣の史跡:轟城址(本編)・川崎城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・30箇所目「しおや」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・しおや(055/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・しおや(001/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・湧水の郷しおや(086/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/22 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・23週目
最近、気候の変動が激しいせいか家族そろって体調が優れず、ズキマル君も今日は熱を出して学校をお休みします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

6月に入り第二週、健康診断も終わりました。
結局、昨年に比べて体重は1キロ増、気を抜いていたところでウエストを測られてしまい、ウエストも87.5cmと普段よりもアップした状態になってしまいました。
その上、バリウムのために朝から水分を抜かなければならないのに、ついついライフワークの朝の散歩(軽いランニング)をしてしまったためか、微量ながら尿からタンパクまで検知されてしまいましたorz

さて、5月から開催の「関東「道の駅」スタンプラリー」を楽しくめぐる毎週末、関東圏の道の駅とその周辺の城跡をめぐる旅をしています。
せっかくの旅なのでと、ズキマル君と各地の城跡を回ってみていることもあり、朝早くから活動を開始出来たほうが時間の有効活用ができます。

そんなわけで、今年もスタンプを押しつつ、深夜には仮眠のためにも道の駅を利用させていただいています。
※ほかのお客さんに迷惑がかからないよう、ポップアップはしていません。

5月の車中泊履歴
5/21 日光(栃木)
5/27 おおた(群馬)

5月に歩いた城跡・史跡
4/29(祝)
須田城址(長野)
小林一茶旧宅(長野)
飯山城跡(長野)
内池館跡
4/30(土)
平沢城址(長野)
大倉崎館跡(長野)
5/4(祝)
久留里城(千葉)
大多喜城(千葉)
万木城址(千葉)
庁南城址(千葉)
5/7(土)
臼井城址(千葉)
松ヶ崎城址(千葉)
5/14(土)
赤山城址(埼玉)
岩槻城址(埼玉)
江ヶ崎城址(埼玉)
菖蒲城址(埼玉)
騎西城(埼玉)
羽生城址(埼玉)
5/15(日)
館林城址(群馬)
唐沢山城址(栃木)
5/22(日)
猪倉城址(栃木)
轟城址(栃木)
川崎城址(栃木)
勝山城址(栃木)
5/28(土)
新田金山城址(群馬)
五覧田城址(群馬)
深沢城址(群馬)
女淵城址(群馬)

昨年は登城口までで引き返してしまっていましたが、今年はできる限り本丸近くまで歩いてみています。
訪問履歴の記事がまだ追いついていませんが、追ってご報告させていただこうと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 23週目(6/2~6/8)


体 重: 72.4Kg → 72.8Kg
BMI: 25.56 → 25.79
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
6/04昼 青梅・立川マシマシ秘密工場(ラーメン)
6/04夜 富士吉田・麺’s富士山(富士山うどん)
6/05朝 富士吉田・みうらうどん(肉わかめ)

運動記録:
木曜日:通勤コミ19.3キロ(23,769歩)
金曜日:通勤コミ16.6キロ(19,953歩)
土曜日:休日散歩11.4キロ(17,951歩)
日曜日:休日散歩9.2キロ(14,382歩)
月曜日:通勤コミ3.6キロ(5,483歩)
火曜日:通勤コミ16.9キロ(19,300歩)
水曜日:通勤コミ16.2キロ(18,158歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.9Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.32 (スタート:25.47)
胴回り: -0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/09 08:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・日光(021/165・栃木)
昨年から道の駅としてオープンし、アクセスの良さから何度か前泊に使わせてもらっている日光は外国人ドライバーも夜を過ごしていることがあります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問21箇所目は、栃木県にある道の駅「日光」です。
日光宇都宮有料道路の今市(いまいち)インターから道なりに北へ750mほど進み、春日町交差点から国道119号線を250mほど東へ進むと北側に資料館とコンビニを併設した広場の駐車場が見えてきます。
DSCF8149_201606080745584d2.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
「宮染め手ぬぐい(税別1,200円)」
DSCF8154_20160608074256a7e.jpg

DSCF8151_20160608074256f2f.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
目指してみたのは栃木県日光市猪倉(いのくら)方面です。
県道22号線沿いの日光市立猪倉小学校の北側から西に進むと田んぼのあぜに城門のような目印が見えてきます。
DSCF8134_20160608074255714.jpg

さらに少し南西に進むと駐車場とともに見えてくるのは「泉福寺(栃木県日光市猪倉2733)」です。
この寺の裏山一帯が「猪倉城(いのくらじょう)」だったと言われています。
DSCF8135_20160608074254659.jpg

登城口付近にルートマップが掲載されているので、山道が不安であれば念のために写真をっとっておけば安心です。
DSCF8136_201606080742544e5.jpg

寺の右手には階段コース、左手には山道コースがあるので、今回は山道側の登城口から進んでみることにします。
登城口には動物除けの金網が扉として張られているので、ちょっと足が止まりますが、少し持ち上げて押してみるとすんなり入ることができます。
DSCF8139_20160608074558610.jpg

猪倉城の築城については天応年間(1290年)頃に鹿沼権三郎入道教阿が築いたとされます。
DSCF8141.jpg

以後は鹿沼氏の居城として改修され、室町時代の大永年間(1520年)頃に壬生氏家臣の鹿沼右衛門(かぬまうえもん)が現在の城郭の基礎を築き居城しました。
DSCF8142.jpg

天正4年(1576年)、宇都宮氏家臣の壬生周長(みぶかねたけ)は壬生家の内紛に際して猪倉城主・鹿沼右衛門と共に、鹿沼城主・壬生綱雄(みぶつなたけ)を暗殺しました。
この「徳雪斎の乱」により猪倉城は壬生周長(別名:徳雪斎/とくせっさい)のもの、すぐに壬生綱雄の嫡子・壬生義雄(みぶよしたけ)に討たれました。
DSCF8143_20160608074556830.jpg

廃城時期の詳しい記述はないのですが、どうやら天正4年(1576年)の「徳雪斎の乱」で徳雪斎が討たれた際に猪倉城は廃城になったものと思われます。
城郭西の物見台のような「すずり石」からは広大な日光の平野を見下ろすことができます。
戦国の景色が、今も残る静かな山城跡は、およそ1時間ほどの散策コースとして、汗を流すのにもちょうどいいスポットです。
DSCF8147_2016060807455539f.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→改築時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

開店直後には駐車場が満車になってしまうほどの人気の道の駅です。
訪問の際には、開店時間少し前か閉店近い時間だと待たずに駐車場に入れると思います。
駐車場は混雑しますが、スタッフさんの対応は丁寧で非常に居心地がいいです。
これからも度々利用させていただくことになるであろう、アクセスも居心地も良い道の駅です。


□道の駅日光・日光街道ニコニコ本陣
 栃木県日光市今市719-1
 TEL:0288-25-7771
 開設時間 午前9時~午後8時
 休館日:年末年始
 標高:400m
 ウォシュレット:あり
 Y!モバイル(LTE):◎
 公園:なし
 試食:少
 入浴施設:×
 無料WIFI:あり(セブンイレブン)
 近隣デカ盛り:安国屋(約12km)
 近隣の史跡:猪倉城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2015・日光(023/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/22 09:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…904軒目・宇都宮「風の杜」
土曜日に学校のあったズキマル君を待って帰宅後に出発したら、宇都宮に到着したのは夜9時近くになってしまいましたが、お腹が空いたので食事をできる店を探します。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線の宇都宮(うつのみや)駅の西口から県道1号線を西へ800m、大通り1丁目交差点から県道10号線を北へ1.6キロ進み大曽2丁目交差点から東西に伸びる競輪通りを西へ800m進み、県庁西通りへ入るY字路の一本西側の路地を南に入ると木塀の中に見えてくるのが「風の杜」です。
DSCF8129_20160607073349df4.jpg

ランチタイムから深夜まで通しで営業してくれている頼もしいラーメン店は人気が高く、夜9時を過ぎてしまっての訪問となりましたが、入口には2組ほどの席待ちのお客さんが待機しています。
10分ほどで席に案内されるまで、店内を見回すと入口左手に8人掛けの相席用大テーブルが2つ、ボックス席と呼ばれる4~6人席が4つ、厨房前にカウンター席が4つあります。
通してもらったのは左奥にあるボックス席の手前右側の席で、ゆっくり落ち着いてメニューを眺めることのできる場所でした。
メニューの基本は細麺の博多ラーメンですが、つけ麺もあり、そちらは太麺と細麺を選ぶことができます。
また、サイズアップや替玉もあり、サイドメニューの充実にも目を見張るものがあります。
DSCF8130.jpg

食事には遅い時間になってしまったこともあり、ズキマル君が選んだのは「半チャーハン(税込410円)」です。
DSCF8131.jpg
運ばれてきたのは大きな茶碗にこんもりと持ったご飯をひっくり返したような1合強ほどふっくらとした玉子たっぷりのチャーハンです。
サイドメニューにしておくのはもったいないほどの出来栄えです。
何とか一口分けてもらいましたが、あまりの美味しさに自分の手元に囲い込んだズキマル君はそれ以上分けてくれませんでした(笑)

メインに選んだのはあっさり系の「和ってりつけ麺大盛り(税込1080円)」です。
DSCF8132_20160607073347a6b.jpg
あっさりと思って注文してみたものの、運ばれてきたのはかなりガッツリ系のセットです。
トッピングの厚切り炙りチャーシューと濃厚なつけ汁がコッテリ具合を増していますが、水菜と海苔・梅干しはさっぱりしていて爽やかな風味を増します。
茶色がかった小麦の香りの強い太麺は、コシが強く、ダシとの相性も良いです。
ただ、しっかり冷水でしめた麺はアツアツのスープをすぐにぬるくしてしまうので、温盛りにすればよかったと少々後悔しました。
ひょっとしたら、温め直しをしてくれるのかもしれませんが、好みと言うこともあって一気に食べてしまったため聞く暇がありませんでした(笑)

リーズナブルだったのでついつい頼んでしまったのは「Aセット(税込216円)」です。
DSCF8133_20160607073346390.jpg
ジューシーな宇都宮餃子3個と半合ほどの栃木産の炊き立てご飯はそれだけでも十分に楽しめますが、つけ麺のスープと合わせて食べるのも絶品です。

遅めのディナーだったのについつい食べ過ぎてしまいましたが、ほかの席の方のドンブリも気になり、もう一度メニューを見返して、ズキマル君と再訪を誓いつつレジに向かいます。
会計を終えると、スタンプカードをもらうことができて、さらに再訪意識が強くなりました。
宇都宮に食事できる店はたくさんありますが、また一つもう一度行きたい店が増えました。


□風の杜(かぜのもり)
 TEL:028-601-4234
 栃木県宇都宮市下戸祭1-5
 営業時間 11:00~24:00
 定休日なし
 駐車場あり

風の杜ラーメン / 東武宇都宮駅宇都宮駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/05/21 21:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・みかも(020/165・栃木)
栃木県で万葉集にも詠われる自然豊かな場所で、近代的な施設が出迎えてくれます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問20箇所目は、栃木県にある道の駅「みかも」です。
東北自動車道の佐野藤岡インターを降りて50号線佐野バイパスを東に進むとすぐのところに、万葉集にも詠まれた「三毳山(みかもやま)」を臨む大きな駐車場があります。
DSCF8115_20160606072907a63.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
みつけたのは柔らかな色合いが特徴の「万葉焼(税込400円~)」です。
DSCF8118_20160606072907798.jpg

作家さんのちょっとしたコメントに、ほっこりとした気持ちになります。
DSCF8116_201606060729062d2.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
行ってみるのは「唐沢山城(栃木県佐野市富士町1409付近)」です。
東武佐野線の田沼(たぬま)駅の東の山を登っていくと大きな駐車場やトイレ・レストハウスがあり、神社の参道コースと城跡めぐりコースを歩くことができます。
DSCF8108.jpg


平安時代の延長5年(927年)に、下野国押領使(しもつけのくにおうりょうし/警察軍事官職)・藤原秀郷(ふじわらのひでさと)が唐沢山に城を築いたのが始まりとされます。
また一説には天慶2年(939年)におこった平将門(たいらのまさかど)による天慶の乱(てんぎょうのらん)を鎮圧した翌年に築城が開始され天慶5年(942年)に完成したとの説もあります。
DSCF8081_20160606072905046.jpg

その後、5代にわたりここに居城した後に藤原氏が足利荘に移ると一時廃城となりました。
平安時代末期の治承4年(1180年)城を再興し、藤原成俊(ふじわらのしげとし)が佐野氏を名乗りました。
DSCF8086.jpg

鎌倉時代に入った建保元年(1213年)に30余年の歳月をかけて城を完成させ、室町時代中期の延徳3年(1491年)には佐野盛綱(さのもりつな)が城の修築を行いました。
※諸説あり
DSCF8088.jpg

戦国時代の佐野氏は当初、越後の上杉謙信(うえすぎけんしん)と結び、永禄2年(1559年)北条氏政(ほうじょううじまさ)に城を包囲されますが謙信の援軍を得て北条軍を撤退させました。
その後、佐野氏は上杉氏と決別、謙信は9度にわたり上杉軍の攻城を受け、何度も降伏はしたものの、都度謙信を大いに手間取らせ関東一の山城と賞賛されました。
上杉氏と決別し孤立化した佐野氏は、天正15年(1587年)に北条氏康(ほうじょううじやす)の五男・氏忠(うじただ)を養子に迎え北条氏と和議を結んでいます。
天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐では豊臣方に付き、文禄2年(1593年)には迎えた養子が秀吉の偏諱を賜り佐野信吉(さののぶよし)と名乗りました。
DSCF8094.jpg

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは信吉は徳川家康方に付き旧領を安堵され佐野藩が成立しました。
慶長7年(1602年)麓に佐野城が築かれ平安時代より続いた唐沢山城は廃城となりその歴史に幕を閉じました。
DSCF8104_20160606073057c51.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→改築時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→廃城時期
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

歴史史跡が多く集まる地域において、情報を集めたり休憩したりするのにとてもいい場所にあります。
後方の三毳山(みかもやま)は遊具をたくさん備えた大きな公園を備えており、家族で出かければあっという間に一日が過ぎてしまうことでしょう。


□道の駅みかも
 住所:栃木県栃木市藤岡町大字大田和678
 TEL:0282-62-0990
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:年末年始
 標高:30m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:亀嘉(かめよし)(約5.2km)・カロリー(約8.5km)
 近隣の史跡:唐沢山城址(本編)・藤岡城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・89箇所目「みかも」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・みかも(059/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・みかも(105/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・みかも(137/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/15 11:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…903軒目・佐野「大食館」
佐野に地元ガテン系の皆さんに愛される定食屋があると聞き、ランチタイムに訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東武鉄道佐野線の堀米(ほりごめ)駅を西に出て秋山川を渡り進むこと1.1キロ、信号のある交差点から県道270号線佐野環状線を700mほど北に進むと西側の駐車場の奥に見えてくるのが「らーめん大食館」です。
最寄駅からは少々距離がありますが、駐車場を完備しているのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF8110_201606040555413a6.jpg

店内には4人掛けのテーブル席が4つと小上がりの4人席が3つ、それに入口右手の厨房前にカウンター席が3つあります。
ランチタイムピークの12時半過ぎに訪問してしまったためカウンター席しか空いていませんでしたが、しばらくすると4人テーブルが空いたので奥右端のテーブル席をお借りします。
メニューは入口奥の壁一面に白いプラスチックボードで貼られています。
DSCF8111_20160604055540d0b.jpg

時折、メニューの下に小さな付箋が貼られていて手書きで「オススメ」と書かれています。
事前情報では揚げ物系のボリュームがスゴいらしいので、チラリと周りのテーブルを覗いてみると、確かにガッツリです。
DSCF8112_201606040555399ea.jpg

朝食が遅かったこともあり、ガッツリ系を諦めたズキマル君が選んだのは「ラーメン(税込550円)」です。
DSCF8114_20160604055539358.jpg
しばらくして運ばれてきたのはシンプルで透き通った黄金色のスープが魅力的な幅広縮れ麺の、オーソドックスな佐野ラーメンです。
具材はシナチク、ワカメ、チャーシューで、チャーシューの柔らかさも絶妙です。
普通盛りとあってボリュームこそそこそこに感じましたが、ランチセットを注文している方々にも同じサイズのラーメンと、同程度のサイズのご飯ものがセットになっており、ランチセットのコストパフォーマンスの良さを感じます。

ちょっと揚げ物気分ではなかったので、注文するのは「野菜炒め定食・大盛り(税込700+100円)」にしてみました。
DSCF8113.jpg
厨房から炒め物の心地よい音が聞こえてくるとあっという間に配膳されてきます。
野菜炒めのもやしは1玉程度、それに定番の中華野菜がたっぷりと入り、ダシ程度に入った豚肉が宝物のようです。
ご飯は1合半ほど入っており、これが地元産だそうなのですがツヤツヤピカピカのコメだけで楽しめるご飯です。
揚げ物系定食やランチセットと比較すると価格的に見劣りする部分はありますが、味・ボリュームともに絶品です。

結局ズキマル君はラーメンを一人で完食することができたので、次回はランチセットと揚げ物系定食で再チャレンジしてみようと話し合い、再訪を誓いました。
お礼を言って会計を済ませると、お母さんがズキマル君に棒付きキャンディーをくれたものですから、ズキマル君への好感度がさらにアップしたことは言うまでもありません。
佐野で地元の人たちに愛される定食屋さんには、この後にも籍の隙間がないほどお客さんが詰めかけていました。


□大食館(たいしょくかん)
 TEL:0283-62-4231
 栃木県佐野市小見町126
 営業時間 11:30~14:00,17:00~20:30
 定休日:月曜日
 駐車場あり

大食館定食・食堂 / 吉水駅堀米駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/05/15 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・どまんなかたぬま(019/165・栃木)
大変人気の道の駅で、道の駅の情報はたくさんゲットできると思うので、今回は歴史にスポットライトを当ててみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問19箇所目は、栃木県にある道の駅「どまんなかたぬま」です。
北関東自動車道の佐野田沼インターから県道16号線を南に進み、東武佐野線の吉水(よしみず)駅に入る交差点の先に見えてきます。
DSCF8078_20160604050648f9d.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
最近ちょっと気になるのは地元の文化や歴史を知ることのできるシリーズから「佐野かるた(税込500円)」です。
DSCF8079_20160604050647e75.jpg
佐野市誕生40周年を記念して市内小中学校の児童生徒から募集して、子供会育成会連合会で作成したそうです。
以前からあたようですが読み札44枚中29枚をそのまま使い、田沼の名所11枚、葛生のもの4枚入れてリニューアルした「佐野かるた」となりました。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
県境をまたいで南側の群馬県に入ってしまいますが「館林城址(群馬県館林市城町3)」を訪問してみます。
DSCF8056.jpg

享禄3年(1530年)頃に鎌倉時代以来この地を治めてきた赤井氏により築城されたと言います。
DSCF8059.jpg

永禄5年(1562年)、上杉謙信(うえすぎけんしん)の出陣に際して戦うことなく降伏開城し、赤井氏は忍城に撤退しました。
上杉勢力下のは足利城の足利長尾氏・長尾景長(ながおかげなが)が城主を勤め、謙信の関東出陣の際には厩橋(前橋)城と並ぶ駐屯地とななりました。
DSCF8061_20160604050645d38.jpg

謙信の死後は北条氏や武田氏などにたびたび攻められ、天正16年(1588年)に長尾氏は撤退し、後北条氏の支城となりました。
DSCF8065.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原攻め始まると、石田三成(いしだみつなり)は秀吉から後北条氏の支城の館林城、忍城攻撃を命じられ大谷吉継(おおたによしつぐ)、長束正家(ながつかまさいえ)に加え、真田昌幸(さなだまさゆき)ら東国の大名ら総勢二万三千余の大軍で館林城を攻めましたが失敗し、結局は力攻めを諦めて政治的に和議開城させました。
DSCF8071.jpg

北条氏滅亡の後、徳川家康(とくがわいえやす)が関東へ入国すると徳川四天王の榊原康政(さかきばらやすまさ)が城主となり、石垣や天守を持つ近代的で堅固な城に造り替えると同時に城下町の移転整備を行い、現在に続く館林が形作られました。
以降、大給松平(おぎゅうまつだいら)家が後を受け継ぎ。寛文元年(1661年)に徳川家光(とくがわいえみつ)の第四子で後の五代将軍・綱吉(つなよし)が城主となり将軍家の威光を示すために城郭が修築整備されたそうです。
綱吉の嫡男・徳松(とくまつ)がわずか5歳で亡くなると、一時、館林城は廃城となります。
その後、六代将軍・家宣の弟で越智松平家の祖となる松平清武(まつだいらきよたけ)が城を再健し、江戸幕府の重鎮を務めた七家の居城として栄えました。
DSCF8077_201606040517151c0.jpg
廃藩置県後の明治7年(1874年)、火災により城のほぼ半分を焼失すると焼け残った城内の建物は取り壊され歴史の幕を閉じることとなりました。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→徳川綱吉居城
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

人気キャラクター「さのまるくん」を中心とする道の駅は小さな遊園地を備えた子どもに人気のスポットです。
駐車場が広くなり、収容車両数も格段に増えたため、今後もファンを増やしていくこと間違いなしですね。


□道の駅どまんなかたぬま
 住所:栃木県佐野市吉水町366-2
 TEL:0283-61-0077
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:水曜、年始
 標高:44m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):○
 公園:小
 試食:少
 近隣のデカ盛り:北むら食堂(約3.5km)・ 亀嘉(かめよし)(約3.9km)
 近隣の史跡:館林城址(本編)・清水城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・90箇所目「どまんなかたぬま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・どまんなかたぬま(060/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・どまんなかたぬま(104/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・どまんなかたぬま(136/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/15 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・はにゅう(018/165・埼玉)
新規オープンしたころにはモカさんやヨメさんと共に訪問していたことが、急に懐かしくなります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問18箇所目は、埼玉県にある道の駅「はにゅう」です。
秩父鉄道と東武伊勢崎線の分岐点である羽生(はにゅう)駅から北に進んだ利根川の南岸にあります。
DSCF8043.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産館の民芸コーナーのようなゾーンに「エリリオ(サイズにより税込1,389円から価格いろいろ、写真のサイズは税込2,889円)」なる金管楽器を見つけました。
DSCF8044_20160603075830d05.jpg

オリジナル楽器のようで楽器名の後に「R」がついています。
ネットで調べても詳細が見つからなかったのですが、軽いので長時間手にしても疲れないのは好印象です。
DSCF8050_20160603075829b9d.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
羽生市立図書館(埼玉県羽生市大字下羽生948)の入口左手に、郷土資料館があるのでのぞいてみます。
DSCF8030_20160603075828002.jpg

ほんの10畳ほどのスペースですが、図書館の北に「古城天満宮・羽生城址((埼玉県羽生市東5-7))」があることがわかります。

DSCF8031_201606030758285de.jpg

羽生中央公園(埼玉県羽生市東9-1-1)にクルマを停めて、西に10分ほど歩くと曙ブレーキの工場の南側に見えてきます。
DSCF8033.jpg

天文年間(1532年~1555年)初期に古河公方・足利晴氏(あしかがはるうじ)の家臣であった広田直繁(ひろたなおしげ)によって築城されたました。
天文15年(1546年)以降には北条氏の攻勢が強まり、天文21年(1552年)には、北条氏の攻撃によって城は落城しました。
永禄4年(1561年)には長尾景虎(ながおかげとら/上杉謙信)が関東地方に侵攻し、北条市から奪い返された羽生城は再び広田直繁らに安堵されました。
DSCF8036_201606030759326a0.jpg

上杉謙信が亡くなると、再び北条氏勢力下となり天正3年(1575年)には「のぼうの城」で一躍有名になった忍(おし)城主の成田氏の支配下に入り、城代は主人公の成田長親(なりたながちか)となります。
天正十八(1590)年の小田原の役の際に、城代・善照寺向用斎は成田氏長(なりたうじなが)の命により羽生城を棄てて忍城の籠城に加りました。
同年八月、徳川家康が江戸城に入城すると、「天下のご意見番」と称された大久保彦左衛門忠教なども一時居住したそうですが慶長十九(1614)年に羽生城は破却され天領(江戸幕府直轄地)とりました。
DSCF8039.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
→廃城時期
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

それほど大きな道の駅ではありませんが、芝生時期の広場が心地よく、天気のいい日にはのんびりと腰を下ろしたくなります。
たまには都会の雑踏を忘れ、広い空を眺めてみるのもいいかもしれません。


□道の駅はにゅう
 住所:埼玉県羽生市大字上新郷7066
 TEL:048-560-1010
 開設時間 午前8時~午後8時
 休館日:1月1日
 標高:24m
 ウォシュレット:誰でもトイレのみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:山崎屋(約8km)・田舎っぺ・さきたま古墳店(約11km)
 近隣の史跡:羽生城(本編)・忍城など


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・16箇所目「はにゅう」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・はにゅう(012/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・はにゅう(047/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・はにゅう(015/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/14 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・22週目
今週末には健康診断があるのですが、自分のダイエットに対する取り組みの甘さを改めて感じます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ダイエットと称しながら、毎週末にはデカ盛りを掻き込みつつ、体重の記録だけを記載し続けてすでに丸2年となりました。
掲載開始時には86.1キロだった体重も、ピーク時には69キロ台まで落とすことができました。
しかし…ここのところ停滞しています。
いや、むしろ増量しています。
この自分に甘い状態の中で、今週末には本年度の健康診断が待ち構えています。
昨年は「60キロ台を目指す!」と言いつつ、結果は70.7キロ。
で、今朝の体重はと言うと…72.4キロありました。

当時に比べると、格段に運動量を増やしているはずなのですが、考えるとご飯を美味しく食べてしまっている機会も増えているのが要因でしょう。
とりあえず、健康状態は上々なので、来年度の健康診断こそ60キロ台を目指してみようと思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 22週目(5/26~6/1)


体 重: 73.3Kg → 72.4Kg
BMI: 25.97 → 25.65
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
5/28昼 水沼・丸美屋(自販機ラーメン)
5/28夜 みどり市・ラーメン桐生(鳥唐揚塩ラーメン)

運動記録:
木曜日:通勤コミ16.2キロ(19,127歩)
金曜日:通勤コミ17.4キロ(20,123歩)
土曜日:休日散歩12.7キロ(20,202歩)
日曜日:休日散歩20.6キロ(25,256歩)
月曜日:通勤コミ29.6キロ(31,990歩)
火曜日:通勤コミ29.0キロ(32,000歩)
水曜日:通勤コミ16.2キロ(18,986歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.5Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.18 (スタート:25.47)
胴回り: -0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/06/02 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・きたかわべ(017/165・埼玉)
ハート形の湖のほとりの道の駅はたくさんのアスリートやツーリング客でにぎわっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問17箇所目は、埼玉県にある道の駅「きたかわべ」です。
東北自動車道の館林(たてばやし)インターから国道354号線を東に進み、東武日光線の柳生(やぎゅう)駅を過ぎたあたりの土手沿いを北に進むと見えてきます。
DSCF5496_20150826081300a82.jpg
※写真を撮り忘れてしまったのでタイトルは昨年の写真です(._.)

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
水辺の道の駅と言うこともあってか、金魚やメダカの販売が多く見受けられます。
DSCF8120.jpg

大きく美しい金魚がつがいで800円と言うのは、なかなかリーズナブルなのではないでしょうか。
DSCF8121_20160530081455e00.jpg
その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみるのは昨年に引き続き、「騎西(きさい)城址(騎西図書館/埼玉県加須市根古屋633-10付近)」です。
DSCF8021_20160530081615159.jpg

築城時期は定かではないようですが、鎌倉から古河に逃れた足利成氏(あしかがしげうじ)が、康正元念(1455年)に上杉方の長尾景仲(ながおかげなか)が守る騎西城を攻略した記録が初見でその後は古河公方の前線基地とりました。
DSCF8029_20160530081615c49.jpg

戦国時代の永禄六年(1563年)には北条氏が攻め込んだ松山城の救援に間に合わなかった上杉謙信(うえすぎけんしん)が騎西城を攻め落とし拠点としました。
天正二年(1574年)の第三次関宿合戦では、関宿城が北条氏政(ほうじょううじまさ)の大軍に包囲されたため、助勢にに布陣した上杉謙信がこの騎西城や菖蒲城などの城下を焼討ちしました。
DSCF8026_201605300816146ff.jpg

天正十八年(1590年)の豊臣秀吉による小田原の役の平定後には、騎西城は徳川家康(とくがわいえやす)の実子ともいわれる松平康重(まつだいらやすしげ)に与えられました。
その後は大久保氏が城主に任じられたましたが、寛永九年(1632年)に大久保忠職(おおくぼただもと)が美濃加納城へ移封となり、廃城となったそうです。
DSCF8028_20160530081614ab8.jpg

模擬天守の資料館は昭和50年(1975年)に開館しましたが、現在は年数回、特定期間のみ公開されています。
かなりレアなタイミングでしか見学できないようなので、一度時間を合わせて訪問してみたいと思います。
DSCF8025_201605300816132df.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→古河公方の前線基地化
戦国時代(1467年~)
→上杉謙信による攻略
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

ちょっと高台にあるためか、見晴らしがいいことに加え、展望台には無料の望遠鏡まで備え付けてあるため、ついつい長居してしまいます。
ちょうどいい気候になってきましたので、ズキマル君とゆっくり近隣を散策してみたくなります。


□道の駅きたかわべ
 住所:埼玉県加須市小野袋1737
 TEL:0280-61-2299
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜、年末年始
 標高:15m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近
 試食:少
 入浴施設:△(シャワーのみ)
 近隣のデカ盛り:阿香坂(約5.9km)・三軒家(8.4km)
 近隣の史跡:騎西城(本編)、花崎城址ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・14箇所目「きたかわべ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・きたかわべ(031/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・きたかわべ(046/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・きたかわべ(059/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/05/14 16:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行