銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・両神温泉薬師の湯(074/165・埼玉)
美肌の湯とウワサの両神温泉なのですが、今回も入浴は先延ばしにして、近隣の山の散策に向かってしまいました(笑)
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問74箇所目は、埼玉県にある道の駅「両神温泉薬師の湯(りょうがみおんせん・やくしのゆ)」です。
秩父鉄道の終着点、三峰口(みつみねぐち)駅から北へ県道37号線を進むと7キロほどで西側に見えてきます。
DSCF9367_20160831074520a49.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ふと、店の奥の商品棚の上段を眺めると、無造作に置かれたスゴいものを見つけました。
それが「鹿の角」です。
DSCF9368.jpg

あまりの無造作ぶりに薪かと思ってしまいましたが、立派な角で、価格も立派に25,000円でした。
ちょっと利用方法が思い浮かばなかったのですが、きっとご存知の方にとっては格安な品なのでしょう。
傷をつけないようにそっと棚に戻しておきました。
DSCF9369_20160831074519d20.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
小鹿野観光八景・札所31番の「観音院(埼玉県秩父郡小鹿野町飯田2211)」は「日尾(ひお)城址」への登城口です。
観光用の駐車場があり、観音院からも登城できるそうです。
DSCF9378_2016083107451855e.jpg

駐車場脇から沢沿いを登るハイキングコースからの登城も可能とのことですが、片道小一時間かかるそうで、訪問した時間が17時であったため遭難を避けて観音院からの登城を目指します。
DSCF9396_20160831074518701.jpg

観音院は石段を296段登った先にあります。これもまたちょっとした楽しみの一つで、一段ごとに代わる景色を眺めながらゆっくりと進みます。
DSCF9379_20160831074517956.jpg

しかし、こんなところにも「クマ出没注意」の看板があり、ちょっとビビります。
DSCF9380_20160831074930299.jpg

岩場に建てられた寺院の奥には自然岩の滝があり、横の岩場は削られてたくさんの石仏が置かれています。
DSCF9388.jpg

いかにも修験場と言った感じで鎖のかけられた岩場の階段には泥や草が覆いかぶさっており、一般的な装備では上方に連なる石仏を眺めることもできません。
DSCF9387_201608310749296ea.jpg

残念ながら胎内くぐりなどのコースは通行禁止となっており、日が暮れてきたのでこれ以上の行軍は諦めることにします。
日尾城の築城年代は定かではありませんが、文明10年(1478年)に太田道灌(おおたどうかん)に攻められて鉢形城を追われた長尾景春(ながおかげはる)が一時この日尾城に籠もったとも伝えられることから熊倉城塩沢城同様に長尾景春(ながおかげはる)が文明12年(1480年)頃に築城したと考えるのが妥当でしょう。
DSCF9384_20160831074928fec.jpg

永禄年間には秩父方面に力を延ばした小田原・北条氏の諏訪部定勝(すわべさだかつ)が城主となり侵入してくる甲斐・武田勢に対しての第一防衛線として重要視されました。
当時、日尾城は吉田の楯と呼ばれた龍ヶ谷城と並ぶ最前線の出城でした。
永禄12年(1569年)武田信玄(たけだしんげん)の部将・山県昌景(やまがたまさかげ)の攻撃を防いぎましたが、酒豪として名高い定勝はその際も泥酔しており、奥方が替わって陣頭指揮を執ったとの伝承があります。
DSCF9383.jpg

1582年(天正10年)武田氏が滅亡し進攻の不安は消えましたが、1590年(天正18年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役で主城・鉢形城が落城、日尾城も廃城となりました。
定勝の子・諏訪部定吉(すわべさだよし)は小田原落城後も北条氏直に仕えて高野山へ出向き、氏直没後には大坂の陣を経て徳川家(とくがわいえやす)に仕えました。 
DSCF9393_20160831074927d08.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

いつ訪問しても静かで安心できる道の駅です。
夏場は暑いのですが、山から吹き下ろす風が涼やかで、日陰で涼をとっているとついついうとうとしてしまいます。
次回こそは入浴したいと思いつつ、近隣の山城を目指しました。


□道の駅両神温泉薬師の湯(りょうがみおんせんやくしのゆ)
 住所:埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄2380
 TEL:0494-79-1533
 開設時間 午前10時~午後8時
 休館日:火曜・2月29日~1月1日
 標高:325m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:なし
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:有(10:00-20:00)
 近隣のデカ盛り:東大門(約5.5km)
 近隣の史跡:日尾城址(本編)、塩沢城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・84箇所目「両神温泉薬師の湯」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・両神温泉薬師の湯(080/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・両神温泉薬師の湯(080/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・両神温泉薬師の湯(095/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/30 16:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・大滝温泉(073/165・埼玉)
これより先は雁坂トンネルを抜ければ山梨県と言う県境近い山岳信仰の中心地の温泉地でひと時を過ごします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問73箇所目は、埼玉県にある道の駅「大滝温泉(おおたきおんせん)」です。
埼玉県の秩父と山梨県の甲府を結ぶ国道140号線彩甲斐街道の秩父湖の東側、旧大滝村に位置し、川岸と道路の間の高低差のあるスペースを切り拓いて建設された道の駅です。
DSCF9366_201608300739002b7.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
大きな加工はなされていませんが、なんとなく嗅いでみたくなるのは「カットされた木材に赤文字の入った「木の香り」なるストラップ(?)です。
DSCF9364_20160830073859397.jpg

価格は600円と財布の紐を広げるか締めるかが悩ましいところですが、そのあたりの価格設定も素晴らしいと言えます(笑)
DSCF9365_201608300738596a1.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
小鹿野町役場から両神山へ向かう県道279号線を東へ進み、南へ進む舗装された山道をクルマで登っていくと見えてくるのが「塩沢宇賀神社(埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄5268付近)」です。
DSCF9370_20160830073858f81.jpg

ひょっとしたら神社の境内となるこの辺りも城址なのかもしれませんが、本丸跡は山中にあると言いますので、旅路の安全を祈り先へ進みます。
DSCF9371_20160830073857df3.jpg

眺めのいい山頂付近の神社脇で舗装が終わるのでクルマを置き、神社向かいの赤い鳥居の先に登城道を兼ねた登山道が続いています。
DSCF9372_20160830073857720.jpg

鳥居を抜けると小さな社があるので、ここでも旅路の安全を祈り、奥に続く獣道のような登城道を進みます。
DSCF9373_20160830074027f1e.jpg

塩沢城は室町時代頃に関東管領・山内上杉(やまのうちうえすぎ)家の執事職跡目問題で、不満を抱き管領家から離反した戦国初期の下剋上の雄・長尾景春(ながおかげはる)によって文明10年(1478年)頃に築城されました。(道の駅あらかわ編参照)
DSCF9374_2016083007402786a.jpg

文明10年(1478年)に扇谷上杉(おおぎがやうえすぎ)家の太田道灌(おおたどうかん)により、景春は鉢形城を追われ、塩沢城や熊倉城を築城し居城しました。
しかし文明12年(1480年)初めに景春のいた塩沢城は太田道灌の夜討ちを受け落城しました。
景春は日野の熊倉城へ逃げ込みましたがそこも落城し配送しました。
その後、景春は武蔵国を追われることとなりますが、道灌の死後には再起して関東圏で覇道を進むことになります。
廃城時期は戦国時代の終わりとなる江戸時代の一国一城令のころと見られますが詳細は確認できませんでした。
DSCF9375_20160830074026164.jpg

細く枯葉や倒木にさえぎられた道を進み、拓けた場所を確認してみたのですが、社や表示杭などが見つからず、また樹木に設置されているはずの目印も見当たらないため、遭難の危険性を避けてこれ以上の進行は諦めました。
次回はも少し事前に情報を集めて、どのあたりが主郭なのかを確認しに再訪したいと思います。
DSCF9376.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期?
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

道路と高低差がある駐車場は比較的静かなので、エンジンを止めるとついついウトウトしてしまいます。
近隣の山岳信仰エリアの散策後には入浴施設でリフレッシュしてリラックスして過ごせるのも魅力です。


□道の駅大滝温泉(おおたきおんせん)
 住所:埼玉県秩父市大滝4277-2
 TEL:0494-55-0126
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:木曜・年末年始
 標高:404m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:未確認
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:有(10:00-20:00)
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:塩沢城址(本編)、栃本関所跡


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・83箇所目「大滝温泉」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・大滝温泉(079/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・大滝温泉(081/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・大滝温泉(054/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/30 15:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・あらかわ(072/165・埼玉)
東京から一番近い「SLに乗ることが出来る鉄道・秩父鉄道」の線路沿いに併設する道の駅あらかわは、週末になると鉄道ファンも訪れてにぎやかになります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問76箇所目は、埼玉県にある道の駅「あらかわ」です。
秩父と甲府を結ぶ国道140号線彩甲斐街道からやや南に入った、秩父鉄道の武州日野(ぶしゅうひの)駅と白久(しろく)駅間の線路沿いにあります。
DSCF9350.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
色合いと香りに惹かれたのは「竹細工」の「魚籠(びく)」と「小鉢(花びん置き)」です。
DSCF9351.jpg

実際に使ったことはありませんが、昔話などに出てくるアイテムにズキマル君も興奮気味です。
魚籠は税込1,200円、小鉢は600円と手ごろな価格で、ちょっとインテリアに欲しくなりました。
DSCF9352_20160829073908fc0.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年は登城をあきらめた白久駅から南の林道を進んだ城山の山頂にある「熊倉(くまくら)城址(埼玉県秩父市荒川日野/城山山頂付近)」に、今回は完全防備で挑みます。
DSCF9353_20160829073907a07.jpg

注意書きがあるのですが「クマ出没注意」とあるので、やや不安がありますが、長袖長ズボンにバランスをキープするストックを用意して、さらに虫よけスプレーも塗り、近隣の樹木にクマのマーキングの有無を確認しつつ、なんとなく整備された道を進みます。
DSCF9354_201608290739076d7.jpg

今年に入って整備された山城跡をいくつも歩いてきたため、多少道が途絶えたように見えても、なんとなくルートが見えるようになってきましたが、そんな生半可な意識が遭難につながるので気を引き締めます。
DSCF9355.jpg

ちなみに、多くの場合、ピンクや白のテープが木に取り付けられているのでそれを目印に進むのですが、それもすべてが正しいとは限らないので、不安を感じたら引き返す勇気も必要です。
DSCF9359.jpg

熊倉城は文明10年(1478年)頃、関東の下克上の雄・長尾景春(ながおかげはる)が築きました。
景春は山内上杉顕定(うえすぎあきさだ)の家老であった長尾景信(ながおかげのぶ)の嗣子でしたが、景信の死去後、上杉顕定は景信の弟・忠景(ただかげ)を家老としたため、景春は文明6年(1474年)に反乱を起こし鉢形城を拠点とし、山内上杉氏を圧迫しました。
DSCF9357_20160829074034f13.jpg

これを見た扇谷山内氏の重臣・太田道灌(おおたどうかん)は武蔵国への進出の好機と考え、文明10年(1478年)に鉢形城は陥落しました。
長尾景春は秩父に逃れ、この熊倉城や塩沢城などを築いて抵抗を続けましたが、文明12年(1480年)、熊倉城は落城しました。
この際、景春は古河公方・足利成氏(あしかがしげうじ)に庇護されました。
文明18年(1486年)、道灌が扇谷上杉定正(うえすぎさだまさ)に暗殺され、永正6年(1509年)に顕定が討死すると、景信は白井城(渋川市)を奪還し、そこを拠点として上杉氏に対抗を続けました。
熊倉城の正確な廃城時期はわかっていませんが、多くの意見として徳川政権下の一国一城令の際には廃城となっていたものと考えられています。
DSCF9358_20160829074034104.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期?
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

今回はタイミングが合わず、パレオエクスプレスのダイナミックな姿を見ることが出来ませんでしたが、ランチタイム過ぎにはSLファンがSLの往来を待ち望みます。
秩父観光と合わせて道の駅を利用しつつ、SLの雄姿を楽しむのも楽しい休日の過ごし方かもしれませんね。


□道の駅あらかわ
 住所:埼玉県秩父市荒川日野538-1
 TEL:0494-54-0022
 開設時間 午前9時~午後4時(冬)
 休館日:12月29日~1月1日
 標高:314m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 無料WIFI:×
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:和dai(約7.3km)・東大門(約10.7km)
 近隣の史跡:熊倉城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・85箇所目「あらかわ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・あらかわ(078/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・あらかわ(082/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・あらかわ(055/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/30 13:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで満足飯…922軒目・秩父「エデン」
秩父の揚げ物と言えば「わらじカツ丼」が有名ですが、正統な揚げ物をメインとする洋食屋さんで食事がしたいなら「エデン」だと聞いて訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

西武鉄道秩父線の西武秩父(せいぶちちぶ)駅の東口ロータリーを東に出て150mほどで西武秩父駅前交差点から国道140号線を北へ100m弱進むと西側に見えてくる水色の雨除けが印象的なのが「レストランエデン」です。
駅からほど近い国道沿いにありながら駐車場を完備してくれているので観光訪問時に利用するのにも便利です。
DSCF9345_20160827003510391.jpg

訪問時間が日曜日のランチピークに近い午前11時55分頃となってしまいましたが、運よく駐車場と席に空きがありました。
店内には4人掛けのテーブル席が4つとカウンター席が6つあり、2階に続く階段がありますが2階の確認はできませんでした。
入口左手すぐの4人席をお借りしてメニューを眺めます。
ちなみにみそ汁は1杯200円ですが、ランチタイムはサービスで提供されます。
DSCF9346_20160827003509b80.jpg

おススメは定食系で特にA・B・Cの三種類は鉄板メニューと言われています。
DSCF9347_20160827003509901.jpg

ズキマル君が選んだのは少なめメニューから「エビピラフ(税込650円)」です。
DSCF9348_2016082700350822e.jpg
ズキマル君としては普段見慣れないデカ盛り系ではないので、少々見た目が物足りないようですが実際に食べ始めてみれば十分満足できるサイズだったようです。
セットの味噌汁はランチタイムサービスなのでディナータイムには追加料金がかかります。
プリプリのエビとダシの効いたライスの相性は抜群で、ズキマル君は分けてくれたのはほんのひと口ほどでしたが、確かに渡したくなくなる美味しいピラフです。

さて、メインディッシュは「ミックスカツ定食(税込1,000円)」です。
DSCF9349.jpg
ヒレ、チキン、メンチの3種類のフライが山盛りキャベツの上にドカッと鎮座しています。
秩父エリアの「わらじカツ」をあしらった他店に比べると少々見劣りしますが、その分上質な肉質が味わえます。
ご飯もとても美味しいので、大盛りにしておけばよかったと後悔します。

十分満足できるレベルの内容でしたが、普段デカ盛り系ばかり連れまわしていたせいか、ズキマル君にはなんだか物足りないランチになってしまったようです。

ちなみに、普段はお伝えしていませんが、ここ数年のタイトルの表記にはある程度のボリューム感を反映させています。
「デカ盛り(食べ放題)>大盛り>ちょい盛り>満腹飯>満足飯=Bグル(B級グルメ)」と言った設定なので、こちらは言わば「初級者レベル」と言ったところでしょう。
しかし、美味しさは一級品なので、財布に余裕のある時にもう一度訪問してみようと思いつつ、店を後にしました。

□レストランエデン
 TEL:0494-24-1181
 埼玉県秩父市野坂町1丁目20-9
 営業時間 11:00~21:00
 定休日:木曜日
 駐車場あり

レストラン エデン洋食 / 西武秩父駅御花畑
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/30 12:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしでデカ盛り…921軒目・大田原「阿Q(あきゅう)」
栃木にデカ盛りの名店は数あれど、やはり原点に戻ると「阿Q」を目指してしまいます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR東北本線の西那須野駅から南側を走る国道400号線大田原・西那須野バイパスを南東に3.5キロほど、起点の三原交差点まで進んだら北西に300m弱行くと運動公園交差点の先に見えるのが「阿Q(あきゅう)大田原店」です。
最寄駅からは結構距離がありますが大きな駐車場を設けているのでクルマでの訪問が便利です。
DSCF9338.jpg

以前は18時開店だったディナータイムの営業に帰路を考えて泣く泣く断念した営業開始が30分早まったとのことですが、なんとなく自信がなかったので18時半頃に訪問してみると、なるほど確かに17時半営業開始に変更されていました。
店内は3席のカウンターと土間に4人掛けのテーブルが7つ、複数の小上がり座敷にたくさんの席があります。
今回は入口右手の4人席2つの小上がりの手前席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF9343_20160826203609f97.jpg

事前にこの店はヤバいと言ってあったのに、何を思ったのかズキマル君は「お父さん、ボク一人でカレーライス食べようかな。」などと言い出します。
何度か制止しますが、納得してくれません。
仕方がないので「じゃあお父さんが少なめサイズの料理を選ぶから、それを持ってきてもらってからカレーを食べられるかどうか決めてみようよ。」と言う提案に渋々了承してくれました。
そんなわけで注文したのは「肉丼(税込850円)」です。
DSCF9341_20160826203607de1.jpg
運ばれてきたドンブリを見てズキマル君も自分の言い出した言葉の恐ろしさに気付いたようです。
普通盛りなのにドンブリには2合ほどのご飯が盛られ、さらにそのドンブリの倍以上もあろうかと言う高さまで豚肉炒めが積み上げられています。
これに味噌汁までセットになるのですから、その恐怖たるや測り知れません。

とは言え、小学校高学年になっているズキマル君の胃袋もそれなりに肥大しているので、もともとの注文がドンブリ飯なのに追加で「半ライス(税込110円)」を注文しておきました。
DSCF9342.jpg
半ライスなのにこれまた普通の店の大盛りほどもあるライスと小鉢がセットになっています。

今回は適切な判断だったようで、もちろん満腹の域は超えているものの、持ち帰りパックのお世話にならずに済みました。
しかし、この驚異のボリューム…一体いつになったら親子で2品を完食できるようになるのか?
次回はカレーに挑戦してみるかとズキマル君に聞いてみたところ、しばらく先延ばしにするとのことでした。
リーズナブルに超満腹を得られる、大田原のデカ盛りの名店に腹鼓を打ちつつ、再訪を誓って店を後にしました。

□阿Q(あきゅう)大田原店
 TEL:0287-22-6666
 栃木県大田原市浅香2-1-1
 営業時間 11:00-15:00,17:30-20:00
 ※土日祝ランチ15:30まで
 定休日:水曜日
 駐車場あり

阿Q 大田原店中華料理 / 西那須野駅
昼夜総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

※店名の由来「阿Q正伝(あきゅうせいでん)」を青空文庫から引用しました。クリックすると本編を閲覧することが出来ます。


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/23 18:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・東山道伊王野(071/165・栃木)
訪問時間が閉店直前のタイミングとなってしまい、慌ててスタンプを押していたら写真を撮り忘れてしまいましたorz
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問71箇所目は、栃木県にある道の駅「東山道伊王野(とうさんどういおうの)」です。
栃木県真岡市と福島県白河市を結ぶ国道294号線沿いで黒磯駅から5キロほどのところにあります。
DSCF6342_20151123213438a0a.jpg
※正面の写真を撮り忘れてしまったので昨年のものです。

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
目に入ったのは美しい木目のラインを活かした「爪楊枝たて」です。
DSCF9325_201608260717259b4.jpg

「こびき(税込200円)」と記載されていますが、調べてみると「木挽」を指し、木材を「大鋸(おが)」を使用して挽き切ること、およびそれを職業とする者のことだそうです。
言ってみれば木こりさんの作った木工製品らしいのですが、サイズも価格もちょうどいいのがポイントです。
DSCF9326_20160826071724092.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
目指すのは「伊王野(いおうの)城址(別名:霞城)」です。
道の駅から北へ800mほどの国道沿いに大きく「霞が城」と看板が立っていて、国道から東へ少し入ると砂利敷きの駐車場の奥に山の斜面を利用した「伊王野城山公園(栃木県那須郡那須町伊王野)」です。
DSCF9327.jpg

駐車場に石碑が建っているので、そこが本丸かと思ってしまいますが、傾斜沿いの花壇を登った先、交差する舗装道路が終わった先の、さらに地蔵が並ぶ登城道を登ったところが本丸エリアのようです。
DSCF9329_2016082607172388f.jpg

駐車場の脇から上る舗装道路も登城道の途中まで続いており、その先に駐車場はありませんが5台ほどクルマが置けるスペースがあるので短時間なら車両を置いて散策することも出来そうです。
DSCF9330.jpg

伊王野城は長享元年(1487年)頃に伊王野資清(いおうのすけきよ)によって乱世に備えて築城されました。
伊王野氏は鎌倉時代の武将・那須頼資(なすよりすけ)の二男・資長(すけなが)が伊王野(いおうの・いおの)を分知され伊王野館を構えて居城とし、「伊王野次郎左衛門尉資長」と名乗ったことに始まる那須六家の一つです。
DSCF9332.jpg

伊王野城は近郊の大関氏や大田原氏が台頭してくるまでは、北那須地方の中心的な城で那須氏を助け、しかし時には弓を引くこともありながら勢力を拡大していきました。
DSCF9334_201608260720126a7.jpg

天正18年(1590年)、伊王野資信(いおうのすけのぶ)は、主家烏山城主・那須資晴(なすすけはる)に従わず、那須衆として豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原城攻めに参陣しましたが、大関氏・大田原氏が沼津まで秀吉を迎えに行き従軍したのに対し、伊王野氏など那須衆は小田原に参陣しただけであったために秀吉の怒りを買い、伊王野氏は本領のみ安堵で13000石から700石余への大幅な格下げとなってしまいました。
DSCF9335_20160826072012fb7.jpg

慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦で伊王野氏は徳川家康(とくがわいえやす)に属して上杉景勝(うえすぎかげかつ)の南下に備え、旗本となりました。
寛永10年(1633年)に伊王野資友(いおうのすけとも)が病に倒れた際に養子・数馬を迎えて娘婿とし資房(すけふさ)と名乗らせ、資友の死後に家督を継ぐも同年10月に資房も没し、江戸幕府の「末期養子の禁」により伊王野氏は改易・家名断絶となりました。
DSCF9336_201608260720116c1.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→改易・廃城?
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

大きな水車は道の駅のシンボルで、水車で挽かれたそば粉でその場で作った打ち立ての蕎麦が魅力の一つです。
価格もリーズナブルなので、出来ればランチタイムを目指して訪問したいものです。


□道の駅東山道伊王野(とうさんどう・いおうの)
 住所:栃木県那須郡那須町大字伊王野459
 TEL:0287-75-0653
 開設時間 午前8時半~午後5時
 休館日:1月1日~1月3日
 標高:233m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:未確認
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ボリュームの幸華(約14.2km)・阿Q(あきゅう)黒磯店(約16.0km)
 近隣の史跡:伊王野城址(本編)、芦野城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・132箇所目「東山道伊王野」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・東山道伊王野(112/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・東山道伊王野(007/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・東山道伊王野(122/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/23 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・34週目
いよいよ今週末を過ぎると夏休みも終わってしまいますが、そろそろ宿題に手を付けなくてはならなくなったズキマル君とモカさんも、やっと居間でノートを広げるようになりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

高校を卒業してからすでに25年を超えるほど年齢を重ねていたことに今更気づきました。
norizoは年に1・2回、高校時代に所属していた理系部活動の仲間たち数名と顧問の先生と旧交を確認する飲み会を行っています。
時期は年末年始頃に1回とお盆前後に1回と言うのが定番なのですが、今年の初めはシゴトでバタバタしてしまい開催の案内を出すことが出来ませんでした。

今年は受験生のモカさんが、わが母校の学校見学に行ったこともあり、夏の飲み会はぜひ実施しようと考えていたので、元顧問の先生の都合を確認して、昨晩飲み会を行いました。
声をかけた人数は先生を含め10名でしたが、年齢的にシゴトが忙しい中、6名が集まることが出来ました。
たわいもない昔話をしたり、現在の学校の教育方針や経営について聞いてみたりと、気が付けばちょっとだけ父親として情報収集をしてしまっていました。

とは言え、何年たっても変わらない仲間たちの笑顔には、やはり癒されます。
この後10年も20年も、この仲間たちと変わらず笑顔で言葉を交わすことが出来たらいいと思いつつ、終会して家に帰り着いたらしっかり午前様、朝の散歩に出かけられず、体重計に乗ることも忘れてブログ記事の記載の時間を迎えてしまいました(笑)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 34週目(8/18~8/24)


体 重: 72.4Kg → 72.4Kg(二日酔いのため未測定)
BMI: 25.65 → 25.65(二日酔いのため未測定)
胴回り: 87.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
8/21(日)昼 鴨川・キッチン松川(チャーシュー・メンマ・キムチ丼両大盛り・ご飯お替り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ30.6キロ(33,022歩)
金曜日:通勤コミ18.7キロ(21,493歩)
土曜日:休日台風0.8キロ(1,871歩)
日曜日:休日散歩17.7キロ(25,099歩)
月曜日:通勤コミ18.5キロ(21,283歩)
火曜日:通勤コミ21.8キロ(26,414歩)
水曜日:通勤コミ25.0キロ(31,311歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.5Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.18 (スタート:25.47)
胴回り: +0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/08/25 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・那須高原友愛の森(070/165・栃木)
どの季節に来ても居心地のいい那須では、norizoが欠かさず訪問する道の駅があります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問70箇所目は、栃木県にある道の駅「那須高原友愛の森(なすこうげんゆうあいのもり)」です。
東北自動車道の那須インターから県道17号線那須街道を北上することおよそ5キロで西側に大きな駐車場が見えてきます。
DSCF9308.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
近隣の史跡「殺生石(栃木県那須郡那須町湯本)」に九尾の狐伝説があるため、「九尾の狐のオブジェ」が置かれていました。
DSCF9309_2016082307331016b.jpg

お値段は税込2,500円とそこそこしますが、愛らしいキャラクターと伝承のコラボは思い出を増幅させてくれることでしょう。
DSCF9310_2016082307331027f.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは「芦野(あしの)城址(那須歴史探訪館/栃木県那須郡那須町芦野2893付近)」です。
国道から少し坂道を上った歴史資料館が目印で、その奥には城址公園の駐車場があります。
DSCF9311_20160823073309a03.jpg

芦野城は一般的に天文年間(1532年~1555年)に那須七騎・芦野(蘆野)資興(あしのすけおき)が太田道潅(おおたどうかん)に兵法を学び築いたとされます。
DSCF9314_20160823073308246.jpg

天文18年(1549年)資興の子・資豊(すけとよ)は、那須氏が宇都宮氏と下野・五月女坂で合戦におよんだとき、那須氏に属して敵将・宇都宮尚綱(うつのみやひさつな)を討ち取るという大勝利を得ました。
その後、上杉謙信(うえすぎけんしん)が上野国に乱入したときは、古河公方・足利義氏(あしかがよしうじ)から援助を請う旨の書簡を得るほどの信用を築きました。
DSCF9316_20160823073308804.jpg

資豊の跡を継いだ資泰(すけやす)は、天文21年(1552年)、結城義親(ゆうきよしちか)の白川城(福島県)を攻撃して結城勢を討ち取り、常陸の大名・佐竹義昭(さたけよしあき)から報奨を与えられています。
芦野氏は那須氏の一族として、またその重臣として那須軍を指揮して各地の戦場で戦い武名を挙げました。
DSCF9321.jpg

天正18年(1590年)の小田原の役に際して、芦野盛泰(あしのもりやす)は主家烏山城主・那須資晴(なすすけはる)に従わず小田原に赴き、豊臣秀吉(とよとみひでよし)に謁見し所領を安堵され名刀「孫六」を授けられた一方、宗家・那須家は小田原に遅参し、戦後、所領を没収されました。
DSCF9322_20160823073424277.jpg

盛泰の子・政泰(まさやす)は、慶長4年(1599年)上洛して豊臣秀頼(とよとみひでより)に謁し、翌5年(1600年)には江戸で徳川家康(とくがわいえやす)に謁し、関ヶ原合戦では徳川家康に属して上杉景勝(うえすぎかげかつ)の南下に備え、その功によって芦野にて領土を安堵されて旗本となりました。
この時、芦野城の二の丸に陣屋が構えられ芦野陣屋として以降代々芦野氏が守り、幕末を迎えて廃城となりました。
DSCF9324_2016082307342391b.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期?
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

那須エリア観光の中心地にあり、駐車場が広くワークショップやレストラン、お土産店が充実しているためよらないでおくことは出来ないと言うほどの道の駅です。
訪問の際には、施設が多いので迷うことの無いよう、事前に集合場所を決めてから解散・集合することをおススメします。


□道の駅那須高原友愛の森(なすこうげんゆうあいのもり)
 住所:栃木県那須郡那須町大字高久乙593-8
 TEL:0287-78-0233
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:水曜(12月~3月)、年末年始
 標高:479m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:日本亭那須インター通り店(約3.7km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・137箇所目「那須高原友愛の森」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・那須高原友愛の森(107/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・那須高原友愛の森(006/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・那須高原友愛の森(084/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/23 15:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・明治の森黒磯(069/165・栃木)
酪農と森林のイメージの強い那須エリアは、この道の駅の明治時代の建築物を含め、多くの歴史に育まれています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問69箇所目は、栃木県にある道の駅「明治の森・黒磯(めいじのもり・くろいそ)」です。
東北自動車道の黒磯板室インター(旧:黒磯PAスマートIC)から那須ガーデンアウトレット手前を北西に左折し5キロ強走ったところの県道30号線と交差するセブンイレブンのある木綿畑交差点を北に右折します。
ちょっと進むとまた県道369号線板室街道と交差する戸田交差点にセブンイレブンがあるので南東方向に右折し2キロほどで左手に大きな駐車場が見えてきます。
DSCF9305.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ちょっと気になるアイテムは畳で作られた「花びん敷き」です。
DSCF9306.jpg

葺きたての畳の香り漂うこの商品は、最近の和室ブームにも相まって床の間や玄関で役立ちそうです。
価格も税込315円とリーズナブルなのでちょっとした小物置用の台座にも良いかもしれません。
DSCF9307_2016082307283250e.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
かなりマニアックなところで「鳩ヶ森(はとがもり)城址(嶽山箒根神社/栃木県那須塩原市宇津野941付近)」に訪問してみます。
DSCF9250_20160823072831384.jpg

バス停の先の階段を登ると嶽山箒根神社の本殿が見えてきます。
DSCF9251_201608230728302fd.jpg

事前の資料によると本殿付近に「本丸」の白い棒が建っていると記載されていたのですが見つけることが出来ませんでした。
DSCF9253_20160823072830e5b.jpg

周辺の田園地帯も元は城跡だったそうなので、県道30号線から森の中に続く嶽山箒根神社への旧参道を歩いてみます。
DSCF9259_20160823073031a7c.jpg

鳩ヶ森城は、寛治3年(1089年)に山本家隆(やまもといえたか)によって築かれました。
山本氏は白鳳時代に創建された嶽山箒根神社の別当職を代々務めた家系で、後三年の役の際、源義家(みなもとのよしいえ/八幡太郎)に従い軍功をたて、山本上総介家隆と名を改め、箒川沿岸や伊佐野郷を支配しました。
DSCF9260_20160823073031e1b.jpg

天文2年(1533年)山本資宗(やまもとすけむね)が城主だった時代に、那須氏家臣・大田原資清(おおたわらすけきよ)に攻略され、鳩ヶ森城は落城し、28代440年余続いた山本氏の歴史は終焉し廃城となりました。
しかし、現在見る遺構は規模雄大で戦国も末期のものではないかとも言われ、那須氏によって落城した後、宇都宮氏に対しての前線基地として拡張された遺構が残されていると考えられます。
DSCF9263_201608230730309b5.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→廃城時期?
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

静かなエリアで散策できる公園も広く、自店で作るパンやジェラートなどが人気です。
避暑地那須を満喫できるスポットで、日頃の疲れを癒す休日を過ごしてみてはいかがでしょう。


□道の駅明治の森・黒磯(めいじのもり・くろいそ)
 住所:栃木県那須塩原市青木27−2455
 TEL:0287-63-0399
 開設時間 午前9時~午後4時30分
 休館日:月曜(夏季除く)、年末年始
 標高:424m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:○
 公園:大
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ボリュームの幸華(約6.3km)・日本亭那須インター通り店(約7.6km)
 近隣の史跡:鳩が森城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・136箇所目「明治の森黒磯」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・明治の森黒磯(106/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・明治の森黒磯(005/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・明治の森黒磯(083/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/23 14:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・湯西川(068/165・栃木)
週末に気が向くと車中泊に使わせてもらう湯西川は格安SIMの電波が入らないのが難点ですが、無料WIFIがそれを解消してくれるようになり、さらに快適に過ごせるようになりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問68箇所目は、栃木県にある道の駅「湯西川(ゆにしかわ)」です。
日光と福島を結ぶ国道121号線会津西街道の山中、五十里湖(いかりこ)のほとりに会津鬼怒川線の「湯西川温泉駅」と併設しています。
DSCF9293_2016082207515139c.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
古くは平家の落人の隠れ里であったらしい静かな楽しみを思わせるのは「鳥かご」です。
DSCF9294.jpg

竹細工の小鳥用のかごは税込650円と言うリーズナブルな価格設定で大きめの昆虫用の虫かごとしても使えそうです。
昔ながらの竹細工は山の中にほっそりと隠れて暮らしてきた人たちの閑農期の貴重な収入源を思わせる懐かしい作品です。
DSCF9295_20160822075150bd6.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
那須塩原市の川沿いには「塩原要害城(栃木県那須塩原市上塩原1002)」や「挟間(はさま)城(栃木県那須塩原市塩原1157)」「離室(はなれむろ)城址(栃木県那須塩原市塩原1450-1)」と言った那須塩原市指定の史跡があります。
DSCF9304_20160822075308bce.jpg

ところがこの3城を探し回ってみたのですが、塩原要害城は川渡らなければ道に入れず、挟間城は登城口すら見つけられず、何とかそれらしい場所だけは見つけることが出来たのが「離室(はなれむろ)城址(栃木県那須塩原市塩原1450-1)」です。
一見すると地元の建設業者さんの敷地かと思われる砂利道を歩いていくとそれらしきエリアに出ます。
しかし通りを歩いていると温泉宿の離れ湯につながる吊り橋に出てしまい、登城道を見つけることが出来ません。
DSCF9300_20160822075149409.jpg

廃館となった「白雲山荘」の裏手にそれらしいけもの道を見つけて歩いてみます。
ちなみに、本当にけもの道だったようで鹿の親子がこっちを2度見して逃げていきました。
DSCF9301.jpg

塩原エリアは、保元元年(1156年)から文治年間まで塩原家忠(しおばらいえただ)らによって治めらてきました。
宇都宮氏の著しい躍進と外交手段により塩原に侵入してきた宇都宮氏家臣・君島信濃守(きみしましなののかみ)は、現在の畑下の対岸富士山の山懐に、康暦2年(1380年)新たな館を建て、そこを「離れ室」と称しました。
「離れ室」は前方を箒川に取り囲まれ、後ろは山を背負い、眼下に塩原の盆地を一望することができ、守りに堅く攻めるに困難な地の利をしめた地勢を得た鉄壁の守りの城だったと考えられます。
DSCF9303_20160822075309b17.jpg

その後、文明8年(1476年)塩原、は君島氏にとって代わった小山氏家臣・橘伊勢守(たちばないせのかみ)一族のにより、現在の古町5丁目箒川対岸狭間山のふもとに築城された狭間城を中心に治められてきました。
江戸時代に入ると、塩原は宇都宮藩の領土となり、明治に入るまで治められました。
DSCF9302_2016082207514829c.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
→築城時期
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期?
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

クルマの通りの少ない静かな道の駅で夜は真夏でもとても涼しいためエアコンがいりません。
ちょっと人ごみに疲れると、こちらの無料足湯につかり気持ちを入れ替えて週明けのシゴトに戻ると普段よりも頑張れる気がしています。
普段の生活にちょっと疲れたら、湯西川の緑に触れて自分を見直してみると言うのも良いかもしれませんよ。


□道の駅湯西川
 住所:栃木県日光市西川478-1
 TEL:0288-78-1222
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:なし
 標高:620m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(電波なし):×
 無線WIFI:○
 公園:近
 試食:×
 入浴施設:有
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:平家の里、塩原要害城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・93箇所目「湯西川」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・湯西川(054/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・湯西川(002/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・湯西川温泉(085/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/23 12:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…920軒目・那須塩原「こばや食堂」
栃木のB級グルメの最高峰の一品として名を轟かせる「スープ焼きそば」の名店ですが、珍しく開店時間直前に店の前を通りかかり、しかも行列が出来ていなかったので予定を変更して駐車場にクルマを突っ込みます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東北自動車道の西那須野塩原(にしなすのしおばら)インターから国道400号線を福島方面に向かう北西に道なりに13.5キロ進み、福渡交差点 を直進して塩原バレーラインを2.6キロほど進むと砂利敷きの駐車場の先に見えるオレンジ色の「スープ入り焼きそば」の看板が目印となるのが「こばや食堂」です。
DSCF9281_201608210926399a6.jpg

開店時間は11時でディナータイムの営業をしていないためタイミングを逸することもしばしばでしたが、この日は10時55分と言う絶妙の時間に店の前を通りかかりました。
見れば暖簾はかかっていませんが、ご主人が駐車場のあたりで見回りをしています。
これは入店しないわけにはいかないと思い、さっそく駐車場にクルマを停め入口前に並んでみるとご主人が暖簾をかけてくれました。
DSCF9282_20160821092638901.jpg

店内には4人掛けのテーブルが1つ、小上がりに4人掛けが4つ、そしてカウンター席が4つあります。
1番の入店でお借りしたのは手前右奥の小上がり席で、続々と訪問するお客さんを横目にメニューを眺めます。
何といってもメインは「スープ焼きそば」で、サイズも3種類から選ぶことが出来ます。
デカ盛りサイズがないのは残念ですが、独創的な料理を「特盛り」に出来るのは面白い試みです。
DSCF9283_20160821092638339.jpg

ズキマル君が注文したのは「チャーハン(税込550円)」です。
DSCF9285_20160821092637e13.jpg
運ばれてきたのはオーソドックスなチャーハンで、卵は米粒にコーティングされていないパラパラタイプで昭和の雰囲気を感じる味と価格です。
茶碗1杯半ほどのボリュームなので、少々物足りなさを感じますが、ちょっとした腹ごなしには適量です。
スープがセットですが、こちらはソース味ではないのでちょっと安心できます(笑)

メインはやっぱり「スープ焼きそば・特盛り(税込850円)」です。
DSCF9284_20160821092636e8d.jpg
運ばれてきたのは一見するとチャーシューとナルトの入っていないラーメンのような見た目です。
しかし蓮華で救ったスープを一口飲むと…酸味のあるウスターソースとラーメンスープが程よく絡み合っています。
このスープ、麺を食べ進めるたびにソースの方が強くなるため、最初と最後で違う食べ物のように感じられるのが特徴です。
焼きそばのはずですが、2玉ほどの麺のコシは失われておらずモチモチ感がなんとも言えません。
焼きそばらしさは豚肉とキャベツ炒めでこちらにはたっぷりとソース味が付いています。
「病みつきになる味」とはよく言ったもので、一般的な主食になり得ませんが、ときどき無性に食べたくなるであろうリピーターの皆さんのご意見にもうなづけます。

無事に親子で2品を完食し、レジでお礼を言って店を後にします。
店を出て駐車場に向かうと開店から20分ほどなのに満車の駐車場と20人以上の行列に驚かされます。
やはり、入店のタイミングは間違っていなかったことを再認識しつつ、ズキマル君も次回はスープ入り焼きそばを思いっきり食べたいということで、10時55分頃に店の前を通ることを約束して旅を続けることにしました。

□こばや食堂
 TEL:0287-32-2371
 栃木県那須塩原市塩原795
 営業時間 11:00~15:00
 定休日:不定休(主に水曜日)
 駐車場あり

こばや食堂定食・食堂 / 那須塩原市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/23 11:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・湯の香しおばら(067/165・栃木)
栃木の道の駅は人気が高く、どこも多くの人でにぎわいますが、しおばらもその代表と言えるほどたくさんのクルマが羽を休めています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問67箇所目は、栃木県にある道の駅「湯の香(ゆのか)しおばら」です。
東北自動車道の西那須野塩原インターとクロスする140号線湯の香ラインを北西に、観光地として有名な「千本松牧場(ホウライ牧場)」を抜けて県道30号線との交差点を直進すると北側に見えてきます。
DSCF9277.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君が気に入って手にしたのは「押し花しおり」です。
DSCF9278.jpg

高山草ではないものの、低地で緑の少ない都市部に暮らすズキマル君親子にとっては、自然を感じられる素晴らしいアイテムです。
価格は1枚200円、3枚なら500円とお手頃で、2つとして同じものがないのも特徴です。
自分が子ども供の頃はこうした自由工作をしたものでしたが、ズキマル君に教えたことがなかったので、今度一緒に作ってみようと思います。
DSCF9279.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年は階段を登ってみなかった「真木(まき)城跡(要金寺の近くの箒根神社/栃木県那須塩原市金沢1564付近)」に立ち寄ってみました。
意外とクルマの通りの多い県道30号線沿いにあり近隣に駐車場が見当たらないので、歩道と神社の敷地の間にクルマを突っ込ませていただきます。
DSCF9268.jpg

大きな樹木の茂る参道を30mほど進んだところに城址の碑と解説板が用意されており、城跡は鳥居の奥の階段を上った先にあります。
DSCF9269.jpg

真木城は塩谷氏の居城・川崎城の支城として、塩谷氏家臣で城代となる大舘義則(おおだてよしのり)が寛正2年(1461年)に築城しました。
DSCF9271.jpg

天正12年(1584年)に宇都宮氏(塩谷氏)と那須氏が争った「薄葉ヶ原の戦い」で、塩谷氏方であった城代・大舘義行(おおだてよしゆき)は、那須氏と手を組んだ大田原綱清(おおたわらつなきよ)に攻められ滅ぼされ、真木城は落城しました。
DSCF9273_20160820114454808.jpg

落城後は廃城となったようですが、宝永5年(1708年)の箒川大洪水や真木水害のため金沢字真木に鎮座されていた箒根神社を真木城跡に移したことから、その遺構を今に留めることとなりました。
DSCF9274_20160820114453fba.jpg

神社から別ルートを下ってみると、民家の軒先に出てしまいましたので訪問の際には神社ルートを歩くことをおススメします。
DSCF9276.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期?
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

道の駅のレストランで月に1・2度行われる手打ちそばの食べ放題イベントに一度は舌鼓を打ってみたいと思っています。
地元野菜や果物も豊富なので、ついついトランクがいっぱいになってしまうのが悩みの種です(笑)

□道の駅湯の香しおばら(ゆのかしおばら)
 住所:栃木県那須塩原市関谷442
 TEL:0287-35-3420
 開設時間 午前9時~午後4時(冬)
 休館日:火曜(12月~2月)、1月1日
 標高:433m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:阿Q西那須野店(約11.3km)・かどや(約11.7km)
 近隣の史跡:真木城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・135箇所目「湯の香しおばら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・湯の香しおばら(105/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・湯の香しおばら(003/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・湯の香しおばら(082/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/23 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・那須野ヶ原博物館(066/165・栃木)
真夏の訪問となりましたが、幸いにも涼しげな週末だったため、金曜のシゴト終わりにズキマル君を連れて出発し、ここで仮眠させてもらって朝からスタンプラリーを楽しみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問66箇所目は、栃木県にある道の駅「那須野ヶ原博物館(なすのがはらはくぶつかん)」です。
東北自動車道の西那須野塩原(にしなすのしおばら)インターから400号線湯の香ラインを南東に進み、セブンイレブンのところで400号線と湯の香ラインに別れるY字路を左側の湯の香ラインに入り、インターから3キロちょっとで到着する交通の便のいい場所に駐車場が見えてきます。
DSCF9264_201608190738154c5.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
小さなお土産スペースに置かれた、森林の多い栃木県らしい「木のはがき・しおり・コースターセット(税込300円)」に目が行きます。
DSCF9266_20160819073814c8c.jpg

アカマツを薄く削ったしおりには栃木県産のブランドマークの焼き印が押されており、こんなはがきで手紙を書いたら、相手の記憶に残ること間違いなしでしょう。
DSCF9267_2016081907381436a.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみるのは、昨五年は雨のために入口付近で写真を撮っただけだった「大田原(おおたわら)城址(龍城公園/栃木県大田原市城山2丁目付近)」を再訪して散策してみます。
公園の西側の三日月堀近くに駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF9249.jpg

整備された公園は舗装された道路もあるので、カジュアルな格好でも難なく歩くことが出来ます。
とりあえず虫よけスプレーを敷いておけば半袖半ズボンでもオッケーでしょう。
DSCF9236.jpg

大田原城は大田原氏が本領とした城で、下野国那須地方の大俵に移住したことから大俵と名乗った大俵忠清(おおたわらただきよ)が家祖とされています。
大俵氏は戦国時代に入り、大俵胤清(おおたわらたねきよ)の代に「大田原」と変更したようです。
DSCF9238.jpg

大田原城は天文12年(1543年)に、胤清の子・大田原資清(おおたわらすけきよ)により築城されました。
関ヶ原の戦い(1600年)で戦功を挙げた大田原氏は大田原藩の立藩を許され、明治維新まで累代この城を拠点としてこの地を治めました。
DSCF9244_20160819073946587.jpg

幕末の戊辰戦争の際には大田原藩は新政府軍につき、旧幕府軍の拠点の一つとなった会津に対する重要拠点視されました。
慶応4年(1868年)に旧幕府軍による攻撃を受け、その後、明治6年(1873年)の廃城令により廃城となりました。
DSCF9246.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

大通り沿いにあるのですが、日中も夜も静かなのでドライバーの方が休憩している姿をよく見かけます。
道の駅としては特殊で、博物館と公園がメインで生鮮野菜などは置かれていませんが、那須近隣の観光の際の中継点として、観光スポットとして忘れずに立ち寄っておきたい道の駅です。


□道の駅那須野が原博物館(なすのがはらはくぶつかん)
 住所:栃木県那須塩原市三島5-1
 TEL:0287-36-0949
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜日、12月28日~1月4日
 標高:269m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:阿Q西那須野店(約2km)・美代志食堂(約2km)ほか
 近隣の史跡:大田原城(本編)ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・134箇所目「那須野が原博物館」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・那須野が原博物館(104/147・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・那須野が原博物館(004/154・栃木)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・那須野ヶ原博物館(081/161・栃木)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/23 09:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・33週目
久々にお盆休みで連休をとったら、ついつい大食い生活をしてしまい、体重がヤバいことになって慌てています(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

夏休みも後半戦、モカさんもズキマル君も宿題は適当に手を付けているようですが、終わる気配がありません(笑)
その理由の一つとして、父親であるnorizoが子どもたちの邪魔をしていると言うことを挙げておきます。
まぁ、人生において自分の思い通りに物事が進まないことをこの歳にして思い知るのは可愛そうですが、どこかに出かけたり、知らない人と話をしたりすることはきっといい経験になると信じています。

さて、今回はそんなお出かけの中で、7月分の城跡めぐりの履歴を備忘録として残させてください。

7/3(千葉)
DSCF8995_20160729080842fe2.jpg

稲村(いなむら)城(館山市)
館山(たてやま)城(館山市)
白浜(しらはま)城(南房総市)

7/16(山梨)
DSCF9119.jpg

真篠(まじの)城(南巨摩郡南部町)
波木井(はきい)城(南巨摩郡身延町)
下山(しもやま)城(南巨摩郡身延町)
椿(つばき)城(南アルプス市)
上野(うえの)城(西八代郡市川三郷町)
甲府(こうふ)城(甲府市)

7/17(山梨)
DSCF9223_201608142306324c2.jpg

谷戸(やと)城(北杜市大泉町)
笹尾(ささお)城(北杜市小淵沢町)
能見(のうけん)城(韮崎市穴山町)
白山(はくさん)城(韮崎市神山町)※立入制限
新府(しんぷ)城(韮崎市中田町)

7/23(栃木)
大田原(おおたわら)城(大田原市城山)
鳩が森(はとがもり)城(那須塩原市宇津野)
真木(まき)城(那須塩原市金沢)
離室(はなれむろ)城(那須塩原市塩原)ほか※未発見
芦野(あしの)城(那須郡那須町芦野)
伊王野(いおうの)城(那須郡那須町伊王野)

7/30(埼玉)
熊倉(くまくら)城(秩父市荒川日野)
塩沢(しおざわ)城(秩父郡小鹿野町両神薄)
日尾(ひお)城(秩父郡小鹿野町飯田)※立入制限?

道の駅スタンプラリー期の城めぐり履歴
6月分:銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・29週目
5月分:銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・23週目

道の駅スタンプラリー期の車中泊履歴
6月分:銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・27週目
5月分:銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・23週目

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 34週目(8/10~8/17)


体 重: 73.4Kg → 72.4Kg
BMI: 26.01 → 25.65
胴回り: 87.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
8/11(木)夜 松本・小木曽製粉所筑摩店(大盛りそば)
8/13(土)昼 草津・村上家(うどん定食大盛り)
8/14(日)昼 倉渕町・いずみ食堂(五目ラーメン)

運動記録:
木曜日:休日散歩15.9キロ(25,724歩)
金曜日:休日散歩17.4キロ(18,507歩)
土曜日:休日散歩10.4キロ(16,604歩)
日曜日:休日散歩7.5キロ(12,120歩)
月曜日:休日散歩5.4キロ(8,648歩)
火曜日:通勤コミ29.4キロ(33,082歩)
水曜日:通勤コミ33.0キロ(36,886歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.5Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.18 (スタート:25.47)
胴回り: +0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/08/18 08:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

銀色テントむしでデカ盛り…919軒目・甲府「ぼんち食堂」
ズキマル君が自信を持ってお腹いっぱい食べたいと言うので、関東屈指のデカ盛りの名店、「ぼんち食堂」に行くことにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の竜王(りゅうおう)駅から南に出て約350m、竜王駅南交差点から国道52号線を東へ1.1キロほど進み、中央高速道の高架手前から南東に入る側道を350mほど進むと中央自動車道と交差するトンネルが北に見えるので、その十字路を南に入ると突き当りに見えてくるのが「ぼんち食堂(御食事処ぼんち)」です。
住宅街にありますが、駐車場に多くのクルマが止まっていることが多い角の邸宅なので、住所さえ分かっていればカーナビやスマホの指示でたどり着けます。
DSCF9231.jpg

大きな店内には小上がりの座敷、ダイナミックな削り出しの木製テーブル、それにカウンター席があります。
今回は小上がりの入口側の6人席を2人でお借りしてメニューを眺めます。
どの料理も昭和時代かと思わせるほどリーズナブルな価格設定のためシェアの対象となっておらず、「取り皿貸出なし」と壁に注意書きが貼ってありますが、子ども連れだとそっと小皿を出してくれる優しさが嬉しいです。
DSCF9232_201608142340078cc.jpg

ズキマル君が一人で完食できるメニューとなるとかなり限られるため、今回は(特に記載はありませんが)少なめメニューを眺めます。
DSCF9233_20160814234006c57.jpg

少なめメニューから選んだのは「酢豚ライス(税込730円)」です。
DSCF9234_201608142340065d3.jpg
おかず、ご飯共にこの店としては少なめのメニューではありますが、それでもご飯はドンブリ飯です(笑)
たっぷりの豚の唐揚げの入ったチリソース炒めとの相性が抜群で、セットの味噌汁と酸味のある漬物が口直しになります。

ズキマル君のは「餃子(税込520円)」だけ注文しようと思ったのですが、お店の方に「今日は土日だからあとから追加注文はできませんよ。」と言われて、ついつい「ライス(税込200円)」をセットにしてもらいました。
DSCF9235.jpg
太ったバナナほどもある大きな餃子が5個来ることは十分理解していたのに、ライスを注文してしまったのは、やはり良作とは言えないボリュームになってしまいました。
結局
ズキマル君のセットだけでもキロ超えメニューとなってしまい、餃子3個とライス4分の3をnorizoが手伝うこととなります。
到底、「今日はすごく食べられる気がする」と言った口に運ばれる量とは思えないほどいつも通りしか食べてくれませんが、目の前に運ばれてきた料理を見たら戦意を喪失してしまうのも納得のいく話です(笑)

幸いにも2品ともこの店としては「小さめサイズ」の料理だったので余すことなく完食することが出来ましたが、奥の小上がりに座っていたファミリーは「中カ丼」に「カツカレー」、「ミックス丼」と言う恐怖トリオを注文してしまって絶叫していました。
そろそろ一人で一人前を注文出来るようになったズキマル君の成長を感じるつもりでしたが、今回は戦力外(笑)
次回こそ、ズキマル君が一人で何かを完食できるほどに成長してほしいと思いつつ、パンパンに膨れ上がったお腹を抱え、お礼を言って店を後にしました。

□ぼんち食堂
 TEL:055-276-7238
 山梨県甲斐市富竹新田457-1
 営業時間 11:00-14:00,17:00-20:00
 定休日:不定休
 駐車場あり

お食事処 ぼんち定食・食堂 / 竜王駅
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/17 18:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・しらね(065/165・山梨)
昨年、スタンプ帳の購入をさえていただき、城めぐりの山中でパンクに悩まされた思い出の道の駅は、今年もテントむしを迎え入れてくれました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問65箇所目は、山梨県にある道の駅「しらね」です。
中部横断自動車道の白根インターが県道39号線と交差する白根IC西交差点の西側にある水色の屋根の建物で、物産館はバイパスの向かいの農協の建物です。
DSCF9228_2016081423251340b.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
地元の農家さんや近所のお母さんの手作業の想いが感じられる「そばがら枕」に頬をうずめたくなります。
DSCF9229_201608142325134cb.jpg

山梨と言えばそば粉より小麦粉のイメージもありますが、閑農期のシゴトとして囲炉裏端で働いているおばあちゃんの映像が瞼の裏に浮かぶのは、リーズナブルな700円と言う価格設定のためかもしれません。
DSCF9230_201608142325122ff.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは日本100名城にも選ばれる「甲府(こうふ)城(鶴舞城公園/山梨県甲府市丸の内一丁目)」です。
DSCF9144_20160814232511436.jpg

城に鶴が舞い降りたことから「鶴舞城」とも言われたそうで、公園入口では鶴の舞う像が迎え入れてくれます。
DSCF9143.jpg

天正10年(1582年)の武田家の滅亡・織田信長(おだのぶなが)の死に伴い徳川家康(とくがわいえやす)は甲府・躑躅ヶ崎館を甲斐における支配的拠点としましたが、天正11年(1583年)に平岩親吉(ひらいわちかよし)に命じて一条小山の縄張りを行い、甲府城を築城を指示したと言われています。
DSCF9145.jpg

甲府城の築城が本格化したのは豊臣政権時代で、織田信長の四男・羽柴秀勝(はしばひでかつ)が天正18年7月に甲斐を拝領し、次に甲斐を拝領した加藤光泰(かとうみつやす)によって城内の殿舎の建設が開始され、本丸・天守曲輪・稲荷曲輪・館曲輪など中心部分を竣工しました。
DSCF9129.jpg

甲府城は江戸時代の初めに甲府藩が設置され、徳川将軍家一門が城主となる特別な城でしたが、宝永元年(1704年)に城主・徳川綱豊(とくがわつなとよ)が第5代将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)の養嗣子となり江戸城西の丸へ移ると、甲斐出身の側用人・柳沢吉保(やなぎさわよしやす)が城主となり、大名の城として最も整備され城下町とともに大きく発展しました。
DSCF9130_2016081423272220a.jpg

しかし、吉保の子・吉里(よしさと)が初代大和郡山藩・大和郡山城主として転封された後は、甲斐国は幕府の直轄地となり、甲府城は甲府勤番の支配下におかれました。
享保12年(1727年)には火災により城の本丸御殿や銅門を焼失し、次第に当時の壮麗な姿は失われていきました。
DSCF9134_201608142327210b1.jpg

慶応3年(1867年)の大政奉還で江戸幕府が滅亡すると翌慶応4年(1868年)には新政府軍の板垣退助(いたがきたいすけ)が無血入城に成功します。
DSCF9139_20160814232721f52.jpg

旧幕府軍・勝海舟(かつかいしゅう)の命を受けた新選組・近藤勇(こんどういさみ)等は、甲府城を旧幕府軍の拠点にしようと乗り込みますが、板垣らの進軍に間に合わず、撤退しやがて千葉・流山で近藤勇が捕らえられると新選組は離散していくこととなりました。
明治6年(1873年)に廃城となり内城のみが残され、明治37年(1904年)に甲府城跡は舞鶴公園として開放されることとなりました。
DSCF9141.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→築城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

標高がそれほど高くないため、真夏には甲府盆地の熱気にじりじりと焼かれるような暑さを覚えますが、夜間は急に涼しく快適になります。
美味しくリーズナブルな果物もたくさんそろっており、果物狩りの申し込みも受け付けてくれているため、観光スポットとしても活躍してくれる道の駅です。


□道の駅しらね
 住所:山梨県南アルプス市在家塚595-1
 TEL:055-282-6478
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:木曜、年末年始
 標高:334m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:エキコ(約4.5km)・ぼんち食堂(約7.1km)
 近隣の史跡:甲府城(本編)、椿城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・102箇所目「しらね」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・しらね(085/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・しらね(141/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・しらね(093/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/17 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・にらさき(064/165・山梨)
スタンプラリー参加初心者だったころはプールと入浴施設としての認識が強かった韮崎が、今や戦国史巡りの中心地となってしまいました(笑)
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問64箇所目は、山梨県にある道の駅「にらさき」です。
中央自動車道の須玉インターから国道141号線清里ラインを南に進むとガラス張りのドーム上の建物が見えてくるのですが、道路を挟んでその向かい側にあります。
DSCF9196_20160814230423329.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君が見つけたのは「小鳥の巣箱(税込1,080円)」です。
DSCF9197.jpg

ひょっとしたらこの辺りでは定番の商品なのかもしれませんが、今までの人生を振り返ってみても巣箱の販売に気が付いたのは今回が初めてかも知れません。
我が家には小鳥が寄り付きそうな樹木を植えるスペースもないので、なんだかとても新鮮でした。
DSCF9198_2016081423042202d.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
今回はまず、国史跡でもある「白山城址(山梨県韮崎市神山町鍋山字城山付近)」です。
DSCF9210_20160814230421c9d.jpg

先駆者の登城記事によれば「南東山腹にある白山神社から登山道がある。白山神社の参道入口に動物除けの柵があるが、これを開けて進めば境内に駐車可能。」と書かれていたのですが、いざ訪問してみると、どの登城口の門にも施錠されており、入門することが出来ませんでした。
DSCF9212_20160814230421148.jpg

そこで新府駅からすぐにある「新府(しんぷ)城址(新府公園/山梨県韮崎市中田町中條4787付近)」を目指してみます。
県道17号線沿いの城址公園北側に大きな砂利敷きの駐車場があり、そこから県道沿いの散策道を歩いて進んで県道を渡ると神社の境内に向かう階段があり、そこが城址の入口の一つでもあります。
DSCF9213_20160814230635ff8.jpg

新府城は、戦国武将・武田信玄(たけだしんげん)の嫡子・武田勝頼(たけだかつより)が築城し、甲斐武田氏の城郭技術の集大成と評価された崖端城です。
天正3年(1575年)の「長篠の戦い」で織田・徳川連合軍に武田軍が敗北した後、織田軍の侵攻に備えて天正9年(1581年)に真田昌幸(さなだまさゆき)に七里岩台地上へ普請を命じたものとされます。
DSCF9214_20160814230634f3c.jpg

未完成のまま同年の年末には勝頼は躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)から、この新府城へ移住しています。
DSCF9216_201608142306335a1.jpg
翌1582年(天正10年)に織田・徳川軍の甲州征伐(こうしゅうせいばつ)による侵攻を受け、勝頼が自ら新府城に火を放って岩殿城(山梨県大月市賑岡町)を目指しますが、岩殿城に入城することなく「天目山(甲州市大和町)の戦い」にて武田家の終焉を迎えることとなります。
DSCF9220_201608142306332b7.jpg

武田氏滅亡直後には京都で織田信長(おだのぶなが)が本能寺の変(ほんのうじのへん)で横死し、武田遺領を巡って徳川氏と後北条氏の戦「天正壬午の乱」が起こると戦略上の重要拠点となりますが、豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で後北条氏が滅亡すると廃城とりました。
DSCF9223_201608142306324c2.jpg

この武田哀史をとどめる新府城本丸跡地には「お新府さん」と呼ばれる藤武稲荷神社が建立されています。
文化三年(1803年)拝殿改築の棟札によると、「藤井庄と武田庄とを前後に見下す所に在るので藤武神社といふ。天正年中勝頼公が新府築城の節、城内稲荷郭に鎮守として祀ったが落城とともに焼失した。しかし徳川神君様の藤武神社に対する尊崇あつく、平岩七之助に命じて再建され、藤武神、稲荷神同殿に鎮座して藤武神社と称したといふ。」と言う資料が残っているそうです。
DSCF9222_201608142306326ae.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

山梨県内の道の駅としては標高がそれほど高くないので真夏の夜間にエアコンなしで休憩するのは、やや暑さを感じる場合もありますが、プールや入浴施設それに併設する河川敷は、ここでの過ごし方をより快適にしてくれます。
地元の食材も豊富で、実の小さなクルミやタニシなど、他県の方が目にするのは「ここだけ」とも言える商品が並んでいることもあります。
甲府エリアから清里エリアを目指す際に、たまには下道を利用して、のんびり道の駅で過ごしてみてはいかがでしょう。


□道の駅にらさき
 住所:山梨県韮崎市中田町中条1795
 TEL:0551-25-5021
 開設時間 午前9時~午後5時半
 休館日:月曜、年末年始
 標高:423m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:なし
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有
 近隣のデカ盛り:大清,(約10.5km)・こいけや(約13.1km)
 近隣の史跡:新府城址(本編)、白山城址(立入禁止)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・101箇所目「にらさき」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・にらさき(014/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・にらさき(140/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・にらさき(135/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/17 14:30 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・南きよさと(063/165・山梨)
夏場の避暑地として人気の南清里で、エアコンいらずの快適な時間を過ごします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問63箇所目は、山梨県にある道の駅「南きよさと」です。
中央自動車道の長坂インターから32号線を東に進み、清里ラインを北に進むと山頂に向かうリフトカーの見える場所にたどり着きます。
駐車場は道路より下がった場所にあり、建物はさらにちょっと下にあります。
DSCF9192.jpg


まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ちょっとノスタルジックで漫画チックな「ペン立て(税込1,000円)」にズキマル君が飛びつきました。
DSCF9194_20160812234136058.jpg

最近、ズキマル君と山を歩くようになって判ったのですが、里山保護のために伐採した間伐材の利用方法が少ないようで、現地に放置されているのも見受けられます。
こうした間伐材を上手に使った作品は、森林の保護にも役立っていると言えるでしょう。
DSCF9193.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
JR中央本線の穴山(あなやま)駅の東側の急勾配の坂道の先、舗装も途切れた獣道のような道の先にある長靖寺(山梨県韮崎市穴山町3793)が「能見(のうけん)城址」だそうです。
DSCF9199_20160812234135fc7.jpg

一応、クルマでの登城も可能とのことなのですが、所々ぬかるんでおり、はまってしまったら出られなくなりそうなので坂道の入口にクルマを置かせてもらい、10分ほど歩いて登ります。
DSCF9200_201608122341344ce.jpg

たどり着いた長靖寺はプレハブの別荘のような建物で、人の気配がなく参拝するスペースも見当たりませんが玄関に「長靖寺」の表札がかかっていました。
しかし、長い間無人のようで周辺は荒れ放題です。
DSCF9206_20160812234134aba.jpg

能見城がある韮崎市穴山町は平安時代には穴山郷が所在し、南北朝時代には甲斐守護・武田氏の一族である穴山義武(あなやまよしたけ)が同地を本貫地として穴山姓を称し、後に本拠を河内地方へ移しますが、穴山氏は甲斐における有力国衆となりました。
DSCF9202_201608122343109e8.jpg

能見城は新府城の支城として天正9年(1581年)に武田氏により築かれたとされますが、詳細は不明です。
独立した城というよりも、能見城を含めた防衛ラインの中の主要な防塁と言った方が相応しいようです。
新府城の外郭防衛ラインとなる能見城防塁は、七里岩台地を複雑に屈曲しながら横断していて最大限横矢を掛けられるよう配慮された構造であり、多数の防塁を有していたそうですが、周囲を見渡してもよくわかりませんでした。
天正10年(1582年)3月、武田勝頼(たけだかつより)が新府城を放棄し岩殿城を目指すことになった際に、能見城も廃城となったようです。
DSCF9201_201608122343092f8.jpg

一説には天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡、同年6月2日の本能寺の変を経て、空白地帯となった甲斐・信濃の武田遺領を巡り発生した徳川氏と北条氏による「天正壬午の乱」に際して、徳川氏によって築城された城郭である可能性も考えられています。
DSCF9203_20160812234309370.jpg

この説に照らし合わせると、本能寺の変の際に大阪を出た徳川家康(とくがわいえやす)は、6月中に甲斐へ先鋒衆を派遣し、家康自身は7月3日に浜松を立ち、7月9日には甲府へ至ります。
甲斐では相模国の北条氏直(ほうじょううじなお)と抗戦しますが、先鋒の徳川氏家臣・酒井忠次(さかいただつぐ)の部隊は8月6日に新府へ後退し、後北条方と一里の距離を置き対峙しています。
7日には後北条勢が新府に迫り、忠次の部隊も「新府山」へ前進したため双方の距離は半里なりました。
8日には家康が府中より新府へ移動し、10日には「新府城」へ本陣を移動しているのですが、史料では「新府城」と「新府山」を区別して記されているため、この「新府山」が能見城の所在する穴山の小山を指しているとされ、武田氏滅亡後も活躍したことで廃城時期が異なってきます。
ともあれ、本能寺の変前後の歴史の大舞台で名を遺す小さな城跡に、ひと時、戦史を思い、平和への願いを込めて合掌しました。
DSCF9208_20160812234308ff8.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期?
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

駐車場と同じ高さのエリアに目を奪われがちですが、モノレールで登った山の上の広大な公園に驚かされることになります。
お出かけの際には1日遊ぶ気構えで十分に時間の余裕をもって訪問することをオススメします。
ちなみに、モノレールを使わずとも徒歩10分ほどで山頂に上がれるので、余裕があれば虫取り網をもって虫取りをしながら歩くのも楽しいですよ。


□道の駅南きよさと
 住所:山梨県北杜市高根町長沢760
 TEL:0551-20-7224
 開設時間 午前10時~午後4時(冬)
 休館日:12月31日~1月1日
 標高:842m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:未確認
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:成駒屋(約10km)
 近隣の史跡:能見城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・51箇所目「南きよさと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・南きよさと(013/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・南きよさと(139/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・南きよさと(134/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/17 14:00 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…918軒目・長坂「成駒屋(なりこまや)」
長坂に昼しか楽しめないB級グルメがあると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の長坂(ながさか)駅の東口ロータリーから長坂駅前交差点に出て交差する県道32号線を北へ550mほど進み、長坂上条交差点からY字路を北側の県道609号線に入るとすぐ西側に軒を構えるのが「成駒屋(なりこまや)」です。
以前はディナータイムも営業していたそうなのですが、現在はランチタイムのみの営業と言うことです。
DSCF9178.jpg

ちょうどピークにあたってしまった日曜日の12時過ぎ、ちょうど店の横2台分の駐車場に空きを見つけクルマを滑り込ませます。
店の外には5人ほどお客さんが待っていましたが、ズキマル君と2名と言うことで先に席に案内してもらうことになりました。
店内には入口すぐの土間に4人掛けテーブルが2つ、右手の小上がりに4人掛けが3つ、奥に座敷席と思われるスペースが1室あります。
入口すぐの4人席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF9179_20160809204045325.jpg

どうやら麺類のボリュームが良いらしいのでズキマル君はそれを回避して「牛丼(税込700円)」を注文します。
DSCF9181_20160809204044242.jpg
なんともオーソドックスなドンブリに安定の甘辛醤油煮の牛肉が美しく花を咲かせます。
地元産と言うご飯は1合強あり、大人でも十分満腹になります。
中華スープと刻み沢庵のセットと言うのもラーメン店っぽくて良い感じです。

メインは長坂B級グルメとしてちょっと有名らしい「名代やきそば・大盛り(税込800+100円)」です。
DSCF9182_20160809204044f85.jpg
実はBグルねたにしようかと思いつつ訪問したのですが、運ばれてきた料理は「大盛り」に相応しいボリュームです。
不思議なのは「焼き」と言うよりは「蒸し」そばにたっぷりのソースベースのスープがかかっている点です。
どこか栃木・那須塩原のB級グルメ「スープ焼きそば」を思わせる雰囲気もありますが、それにしてはスープの量が少なめです。
2玉以上あると思われる麺を掘ってみると中からキャベツと豚肉が飛び出してきます。
なんとも不思議な料理ですが、やたらと後を引き病みつきになります。
なるほど、気づけばズキマル君も貪りつき、あっという間に完食してしまいました。

ズキマル君も大変気に入ったらしく「次はボクが名代やきそばを注文するからお父さんは好きなものを注文していいよ。」なんてナマイキなことを言ってきました(笑)
お礼を言って店を出る頃には、お客さんの行列は先ほどの比ではないほどになっていました。
今まで食べたことのない不思議な麺類に中毒性を覚えつつ、再訪を誓って店を後にしました。

ちなみに、ネット上では営業時間情報がまちまちでしたのでチェックしてみましたが、やっぱりランチタイムの営業のみとなっていますので、訪問の際には十分ご注意ください。(2016年7月現在)
DSCF9180.jpg


□成駒屋(なりこまや)
 TEL:0551-32-2459
 山梨県北杜市長坂町長坂上条2313
 営業時間 11:30~14:00
 定休日:不定休(店内に記載、平日休)
 駐車場あり

成駒屋定食・食堂 / 長坂駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/17 12:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・はくしゅう(062/165・山梨)
近くにあるシャトレーゼの工場見学で無料のアイスを思いっきり食べて、しっかり体力回復をしてからまた道の駅で一休みします(笑)
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問62箇所目は、山梨県にある道の駅「はくしゅう」です。
韮崎から諏訪湖へ向かう国道20号線沿いにあり、余談ですが近くには事前予約なしで見学・試食が出来るシャトレーゼの工場があります。
DSCF9174_20160809203628d9d.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
かなりのボリュームがありながらリーズナブルな価格の「木炭(税込250円)」を見つけました。
DSCF9175_201608092036275f0.jpg

森林が多いだけに間伐材を使っているのでしょうか、地元の高齢者の方の収入源となっているようですが、価格設定が安すぎな気がします(笑)
DSCF9176.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅の北にある「笹尾(ささお)城(山梨県北杜市 小淵沢町下笹尾)」を訪問してみます。
静かな田園地帯近の中に城山公園の看板が見えてくるのが目印です。
DSCF9186_20160809203626de0.jpg

史跡名は「笹尾塁」とされ、googleマップにも笹尾塁で登録されているのでそれを目印に訪問する方法もあります。
DSCF9187_2016080920362510e.jpg

史跡としての見どころも一杯なのですが、現在は倒木の影響で園内への立ち入りが制限されています。
DSCF9191_201608092036259a7.jpg

笹尾城は享禄4年(1531年)に甲斐国内の国人衆と争っていた信玄の父・武田信虎(たけだのぶとら)により築かれたました。
甲斐源氏嫡流の信虎が笹尾城を築いた時代は、今井(いまい)氏や大井(おおい)氏といった同族が反乱を繰り返した頃で、それらの国人衆と手を結んだ信濃の諏訪(すわ)氏が甲斐へ侵攻を企てていました。
こうした背景から甲信国境に砦を築き外敵の侵攻に備えた上で国人衆の鎮圧を行い、やがて信虎は甲斐国内の統一に成功し、盤石な領土体制の礎を築きました。
DSCF9188_20160809203835707.jpg

統一後は甲信国境の砦として武田氏に仕えた笹尾(ささお)氏や小田切(おだぎり)氏が守っていたと伝わります。
DSCF9189.jpg

武田信玄(たけだしんげん)の時代になると甲斐の統一により笹尾城の存在意義は薄れたものと思われますが、守兵は置かれていたようです。
天正10年(1582年)の武田氏滅亡後、天正壬午の乱では北条氏と徳川氏の軍がこの地域にも展開されましたが、笹尾城が使用されたという記録は伝わっていないことから、武田氏滅亡の際に廃城になっていたものと思われます。
DSCF9190_20160809203834c3f.jpg


~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期?
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

錦林の高原野菜や地場の果物を集めた物産館はリーズナブルでお客さんがごった返しています。
美味しい青果をたくさんゲットするには午前中早めの訪問がオススメです。
また、近くのシャトレーゼの工場見学も土日は混雑するため、オープン時間がねらい目と思われます。


□道の駅はくしゅう
 住所:山梨県北杜市白州町白須1308
 TEL:0551-20-4711
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:冬季水曜、年末年始
 標高:627m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:成駒屋(約8.3km)
 近隣の史跡:笹尾城址(本編)、中山砦跡


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・49箇所目「はくしゅう」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・はくしゅう(015/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・はくしゅう(138/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・はくしゅう(133/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/17 10:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・32週目とオイル交換(200,559km)
今週はお休みをとってズキマル君とクルマで暮らしているため体重を測れませんがお許しください。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

先日、走行距離20万キロを超過した銀色テントむしですが、まだまだ現役で走り続けます
暑さがキビしい今日この頃、にオイルまみれになる作業をするほどの体力も気力も残していないため、リーズナブルに作業を代行してくれるスーパーオートバックスで今回もオイル交換をお願いすることにしましょう。
DSCF9414_20160809200505119.jpg

今回は3リッター1,080円の特価オイルを見つけエレメントと一緒に交換してもらいますが、会員カードのおかげで工賃は無料、ついでに同行してくれてズキマル君に駄菓子を1つ購入しましたがそれでも支払総額が1,144円とリーズナブルです♪
さらにスタンプカード6回目のオイル交換だったので500円分のポイントがキャッシュバックされました。
平日20時半まで受付をしてくれていたのが魅力の一つでしたが、閉店時間を1時間早め19時半が受け付け締め切りになってしまいました。
オイルを選んでレジに着くと19時33分、ピットインは19時半で締め切りでしたが、気遣って当日作業をしてもらえることになりました。
DSCF9416_20160809200504c4f.jpg

最終客と言うことでそのままピットインして休憩室でのんびり駄菓子を食べながらテレビを見ていると、「蛍の光」が流れる中、20分ほどで作業が終了しました。
DSCF9417.jpg
専門店ならではの手際の良さと、リーズナブルさには毎回ながら脱帽です。

軽自動車キャンピングカー「eK-Camp」として「テントむし」を関東圏で販売しているロータスRV販売の営業さんに、このクルマを購入するときに言われたのが、「ほかのメンテはともかく、オイル交換だけは(安い鉱物油でいいから)3000キロ毎にしておけば、10万キロでも20万キロでも乗れますよ!」でした。
軽自動車とは言え総額300万円を超える商品ですし、そんなに簡単に壊れられては困るので、営業さんの言葉を信じ3000キロ毎にオイル交換をしていますが、言われたことを守っていることに後悔はありません。
まだまだ続く夏休み、これからもまだまだ一緒に旅を楽しめそうです。

スーパーオートバックス市川
 TEL:047-393-7000
 千葉県市川市鬼高3-32-12
 営業時間11:00 - 20:00(土日・祝日)10:00 - 20:00
 定休日:HPで確認


大きな地図で見る

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 32週目(8/4~8/10)


体 重: 73.4Kg → 73.4Kg(未確認)
BMI: 26.01 → 26.01(未確認)
胴回り: 87.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
8/6(土)昼 錦糸町・宇奈とと(うな丼)
8/7(土)昼 秋葉原・唐瓊家(弁当詰め放題)
8/10(水)昼 松本・隆康(爆盛塩山賊定食)

運動記録:
木曜日:通勤コミ12.6キロ(18,721歩)
金曜日:通勤コミ19.8キロ(25,980歩)
土曜日:休日散歩18.0キロ(27,137歩)
日曜日:休日散歩11.9キロ(18,010歩)
月曜日:通勤コミ10.7キロ(13,629歩)
火曜日:通勤コミ17.9キロ(20,617歩)
水曜日:休日散歩10.1キロ(14,923歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.5Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.54 (スタート:25.47)
胴回り: +0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/08/11 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・こぶちざわ(061/165・山梨)
山梨と長野の県境近いこの場所はnorizoたちにとっての真夏の夜の逃げ場所となっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問61箇所目は、山梨県にある道の駅「こぶちざわ」です。
中央自動車道の小淵沢インターを降りて北に少し進んだところにあり、深夜まで入浴できる日帰り温泉施設があって標高も1000mと高いため真夏でも夜間の気温が20度近くまで下がるため、クーラーいらずのスポットです。
DSCF9169.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
商品一つ一つの柄が一品物の「手染めのエコバッグ(税込1280円)」が魅力的です。
DSCF9170.jpg

敷地内のガラス張りの建物にあるワークショップで手染め体験もできるとのことで、商品とともに人気があります。
DSCF9171.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
勾配を生かした山城跡を公園にした「谷戸(やと)城址(ふるさと歴史公園/山梨県北杜市大泉町谷戸2414付近)」に行ってみましょう。
登城口近くに大きな駐車場とトイレがありますので散策の準備にも便利です。
DSCF9153_201608092028470b8.jpg

併設する「北杜市考古資料館(山梨県北杜市大泉町谷戸2414)」の登城口付近に石碑もたっています。
DSCF9155_20160809202847d88.jpg

城の歴史や敷地については資料館近くの公園内の舗装された坂道を上ったところに用意されています。
DSCF9156_20160809202846a34.jpg

平安時代の末期に甲斐源氏の祖・新羅三郎義光(しんらさぶろうよしみつ/源義光)の孫・逸見清光(へんみきよみつ)のが居城したといわれ、別名を逸見城と言います。
DSCF9158.jpg

逸見清光は現在の北杜市域を本拠とし、谷戸城跡のような山城のほか、神社仏閣まで、初期甲斐源氏にまつわる伝承をもつ旧跡を多く現世に残すこととなりまた、戦国大名武田氏に繋がる甲斐源氏はとして、ここから甲斐国全域に広がりました。
DSCF9161_201608092031325b6.jpg

戦国時代初期には信玄の父・武田信虎(たけだのぶとら)が享禄5年(1532年)に甲斐国を統一するまでは戦の続く紛争地で、天文17年(1548年)に武田信玄(たけだしんげん)が信濃へ出兵した際は、この谷戸に陣所を構えたと記録されています。
DSCF9165_201608092031315c9.jpg

天正10年(1582年)に武田勝頼(たけだかつより)の死により武田家が滅ぶと、徳川家康(とくがわいえやす)が甲斐を侵略・接収していきますが、それと同時に関東に覇を唱えていた北条氏も進出し、新府城・中山砦周囲に徳川軍が陣張り、谷戸城・若神子城周囲に北条軍が進出して対陣した事によって天正壬午の戦いが勃発しました。、
巧みな奇襲攻撃を成功させ徳川軍が勝利をおさめた天正壬午の戦い後は、谷戸城周辺領地は徳川領となり、その後、徳川家康が新たに天下統一すると、信濃との国境を守る重要な役割を担っていた谷戸城もその役目を終え廃城となりました。
DSCF9167_2016080920313013d.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

大きなレストランやワークショップ、入浴施設や宿泊施設も備えた避暑地の観光スポットとして人気があり、休日の日中ともなると駐車場に入りきれないほどです。
現在駐車場の拡張工事をしているので、今後はもっとたくさんの人が集まるスポットになるかもしれません。


□道の駅こぶちさわ
 住所:山梨県北杜市小淵沢町2968-1
 TEL:0551-36-3280
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:なし
 標高:1017m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:有(+無料足湯)
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:谷戸城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・50箇所目「こぶちざわ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・こぶちざわ(016/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・こぶちざわ(048/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・こぶちざわ(094/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/17 09:30 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…917軒目・甲府「うどん屋源さん」
甲府で人気のうどん屋さんが、土日のみディナータイム営業もしているということで、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR中央本線の甲府(こうふ)駅の南口から県道6号線を南へ1キロほど進み、丸の内郵便局東交差点から昭和通りを1.1キロ直進し、十字路の先の信号を西へ350mほど進むと大きな駐車場と一緒に南側に見えてくるのが「うどん屋源さん」です。
クルマなら甲府昭和インターから2キロ弱ですのでどちらかと言うと地元の方やクルマでの訪問向きですが駐車場には県外ナンバーの車両がたくさんあります。
DSCF9146.jpg

店内には6人掛けのテーブルが4つと小上がりに4人掛けが4つあります。
入口から一番近い小上がりの4人席をお借りしてメニューを眺めます。
DSCF9147_20160809075949e7b.jpg

うどん屋を名乗るだけあってメニューはうどん系がメインですが、実は土日限定でラーメンも提供しています。
壁のボードにのみ掲示されたメニューですが、売り切れのことも多く、残念ながらこの日も売り切れてしまっていました。
DSCF9148.jpg

ズキマル君はラーメンのスープとしても人気のある「特製にぼしかけうどん(税込490円)」です。
DSCF9151_201608090759483a5.jpg
極太でコシの強い乱切りのうどんと、魚介系ラーメンかとも思われるほど濃厚なダシの効いたスープの相性が抜群です。

もう1品はボリューム系の「みそ味肉天わかめつけうどん・大(税込690+120円)」にしてみます。
DSCF9149.jpg
大盛りはさすがにダイナミック!
大皿に山盛りの地粉が香るうどんの上にタマネギのかき揚げとワカメが載っています。
つけダレには豚バラの脂が程よく溶けて肉の甘みを引き出しています。

ちなみに特製の唐辛子味噌が2種類あるのですが、そのうち1つには「自己責任でお使いください」と書かれていてビビリます。
ほんのちょっと入れてみたのですが、なかなかの辛みで雰囲気が変わり、首から汗が吹き出しました。
DSCF9152.jpg

リーズナブルにおいしいうどんが食べられるとあって、ディナータイムにはほぼ満席で、駐車場にも席待ちのお客さんが待っていました。
お礼を言って会計を終え、次回はラーメンを食べるべくランチタイム開始に訪問しようとズキマル君と誓い、店を後にしました。


□うどん屋源さん
 TEL:055-228-2883
 山梨県甲府市上石田4-5-3
 営業時間 11:30~14:00,※土日のみ18:00~19:30
 定休日:月曜(祝日営業)
 駐車場あり

うどん屋 源さんうどん / 甲斐住吉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/16 18:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・とよとみ(060/165・山梨)
山梨の川沿いの市街地で営業するとよとみは、今日も駐車場に入りけれないほどのクルマが買い物に集まっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問60箇所目は、山梨県にある道の駅「とよとみ」です。
中央自動車道の甲府南インターと中部横断自動車道の増穂(ますほ)インターを結ぶ国道140号線笛吹ラインの中間地点、中央市にあります。
別名を「与一の里」と言いますが、これは鎌倉時代到来を前に群雄割拠する源平合戦において源頼朝(みなもとのよりとも)について活躍した弓の名手のひとり、「浅利与一」の所領だったことに由来します。
DSCF9124_20160808075605480.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産販売所の外の軒下に展示されていたのが木製玩具です。
DSCF9125_20160808075605fd0.jpg

ズキマル君が手にしたのは「お遊び貯金箱(税込2,250円)」です。
DSCF9126_20160808075604cff.jpg
小さなお子さんが手にしても安心なように、角が削られ、使いやすくなっており、貯金箱と言うだけあってついついコインを入れたくなるからくりも秀逸でした。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは「上野(うえの)城址(山梨県西八代郡市川三郷町上野3158/歌舞伎文化公園)」です。
駐車場は公園に併設しており、有料ですが歌舞伎の資料館や展望模擬天守閣があります。
DSCF9123.jpg

大きな広場や水場、遊具も充実しており、ズキマル君としては史跡めぐりよりも遊具に吸い付いていきます(笑)
DSCF9117.jpg

整備された公園は景観が素晴らしいのですが、史跡としての部分は少ないように感じられます。
DSCF9119.jpg

史跡は公園の奥にある「蹴裂神社」に凝縮されているかもしれません。
上野城は史跡名を「一条氏塁跡」と言い、鳥居付近にその歴史が書かれています。
平安時代後期、武田信義(たけだのぶよし)の次男・忠頼(ただより)は山梨郡一条郷(山梨県甲府市)に拠り、一条氏を称しました。忠頼は甲斐源氏の惣領となりますが、元暦元年(1184年)に源頼朝(みなもとのよりとも)の甲斐源氏弾圧で謀殺され一派は断絶しました。
DSCF9120.jpg

一条氏は頼朝の弾圧を免れた武田信光(いちじょうのぶみつ/石和信光)の子・一条信長(いちじょうのぶなが)により場所を変えて再興されました。
一条信長は幕府に近侍し、信長の孫にあたる一条時信(いちじょうときのぶ)は甲斐守護となり、忠頼が館を構えた一条小山(甲府城)に一蓮寺が建立されました。
DSCF9122.jpg

戦国時代にナルト武田信玄(たけだしんげん)は、この地で一条家の名跡が絶えているのを惜しみ、異母弟である信龍(のぶたつ)に一条家の家跡を継がせました。
天正10年(1582年)の織田・徳川による甲斐攻めの際に穴山信君(あなやまのぶただ)が徳川氏の軍勢を先導して甲斐へ乱入すると、上野城は降伏開城し、一条信龍は没し上野城も廃城になったそうです。
DSCF9116.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

戦国時代の歴史色づく山梨県ですが、実は中世・源平合戦からの流れを色濃く残します。
もっと歴史を勉強してみたくなりつつ、とよとみと上野城址を後にしました。

□道の駅とよとみ
 住所:山梨県中央市浅利1010-1
 TEL:055-269-3421
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:月曜、12月30日~1月3日
 標高:253m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:幸楽後屋本店(6km)・エキコ(約8km)
 近隣の史跡:上野城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・105箇所目「とよとみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・とよとみ(084/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・とよとみ(097/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・とよとみ(036/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/16 15:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・富士川(059/165・山梨)
拡張を続ける中部横断自動車道の現在の終着点・増穂インターに併設するように休憩スポットが川辺に姿を現します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問57箇所目は、山梨県にある道の駅「富士川(ふじかわ)」です。
延長工事を続ける中部横断自動車道の増穂(ますほ)インターチェンジから国道52号線甲西街道を南に450mほど進み、交差点を東に入ると200mほどで駐車場の入口です。
DSCF9097_20160807102633509.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
甲斐特産の硯(すずり)を見つけました。
DSCF9098_20160807102633fde.jpg

サイズや重量によって価格はそれぞれですが、コンパクトなサイズの「雨端硯(税込15,120円)」を手に取ると、なんとなく筆使いが巧くなるような気がします(笑)
DSCF9099_2016080710263285c.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
本重寺(山梨県南アルプス市上野347)とその近隣を敷地としたと言われるのは「椿(つばき)城址」です。
本重寺の裏手に駐車場があり、本丸跡へは徒歩で向かうことが出来ます。
椿城は上野氏が治めたことから上野城ともいわれますが、近隣にもう一つ上野城(蹴裂神社/一条氏館跡)があるので、こちらはあえて「椿城」で統一しておきます。
DSCF9112_2016080710263299b.jpg

椿城は甲斐源氏の祖・源義光(みなもとのよしみつ)の玄孫で、平安時代の武将・加賀美遠光(たけだとおみつ)の孫・上野六郎盛長が上野の地に城を築いたことに始まり、付近に椿の木が多いことから椿城と呼ばれるようになりました。
南北朝時代には甲斐源氏の嫡流・武田信武(たけだのぶたけ)の子・信明が大井の庄(中巨摩郡櫛形町・甲西町など)に入り、大井姓を名乗って椿城を居城としました。
DSCF9114_20160807102631cbf.jpg

戦国時代に入ると城主・大井信達(おおいのぶさと)は娘たち嫁がせ婚姻政策をもって勢力を拡大し今川氏と同盟を結び、総本家の武田家を凌駕して、やがて武田家と対立するようになりました。
DSCF9110.jpg

永正12年(1517年)に武田信玄(たけだしんげん)の父・信虎(のぶとら)は大井氏の椿城を攻めましたが大敗し、今川氏親(いまがわうじちか)にも攻められます。
DSCF9101_20160807102811298.jpg

永正14年(1517年)信虎は態勢を立て直して今川勢を孤立させることができました。
この事態に今川氏親は和睦を考え大井信達に計らい、信虎との和睦を取り付けました。
和睦の見返りとして信達は娘を信虎に嫁がせましたが、これが後に信玄の母親となる大井夫人でした。
DSCF9106_20160807102810202.jpg

廃城時期は定かではありませんが、寺には大井夫人の墓も祀られており、戦国で最も恐れられた武将の一人・武田信玄にまつわる場所として十分に楽しむことが出来ます。
DSCF9105_20160807102810975.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
→築城時期
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

無料WIFIもあり、大きな駐車場や広場に公園なども併設しているため、車中泊に利用させてもらったこともありますが快適です。
ただ、道路拡張工事が続いており、大型トラックの往来が多いため、ご家族連れで訪問されて近隣を散策される際には十分注意されることをおススメします。


□道の駅富士川(増穂PA共用予定)
 住所:山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1655-3
 TEL:0556-48-8700
 開設時間 午前9時~午後18時
 休館日:なし
 標高:242m
 ウォシュレット:あり
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:大
 試食:○
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:椿城(本編)、上野城、妙法寺


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※2014年新設の道の駅です。
関東「道の駅」スタンプラリー2014・富士川(096/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・富士川(092/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/16 14:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…916軒目・富士川町「吉祥増穂店」
最近、居抜きの店舗でのチェーン展開が目立つながら、店ごとに量や味、サービスに違いがあるため入ってみるのが楽しみな中華料理店「吉祥」を増穂に見かけ、ズキマル君とランチに訪問してみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR身延線の鰍沢口駅(かじかざわぐちえき)から県道4号線を北へ1.8キロほど進み、富士川親水公園の北側の橋を渡って県道413号線を西へ1.6キロほど進むと富士川町役場の手前南側に見えてくるのが「台湾料理吉祥(きっしょう)増穂店」です。
最寄り駅からは距離がありますが、駐車場を備えているのでクルマでの訪問が良いかもしれません。
DSCF9090_201608060835363c9.jpg

店内にはボックスタイプのベンチテーブル席が10か所以上あるのでピーク時でもほとんど待ち時間なく席に着くことが出来ます。
リーズナブルな価格に定評のある吉祥で、さらに特別価格で提供されるのがランチ定食です。
通常メニューもあるのですが、ランチタイムにはランチメニューの方がリーズナブルなのでついつい目が行きます。
DSCF9091.jpg

また、ランチの定食を注文したお客さんに限り、ワンドリンクサービスになります。
ドリンクはセルフサービスで好きなものを選べます。
DSCF9092_20160806083535fd5.jpg

ズキマル君が選んだのは「ランチ・カニ玉子(税込680円)」です。
DSCF9095.jpg
セットにはドリンク、スープ、冷奴、漬物、春巻きにデザートの杏仁豆腐が付きます。
メインのかに玉は価格的にはカマボコでも文句は言えませんがホンモノのカニが入っています。
さらに普通に注文してもご飯は大盛りで、その上お替りまで無料です。
ズキマル君が完食出来る量ではなく、半分ほどがnorizoに回されてくることとなります。

そんなことになるとは思わず注文したのは「ランチ・八宝菜・台湾ラーメンセット(税込750円)」です。
DSCF9096_20160806083534295.jpg
スープがフルサイズのラーメンに代わるのですが、価格差はわずか70円です。
このラーメンもほかに塩・醤油・味噌から選ぶことが出来ます。
もちろんドリンク、冷奴、漬物、春巻きにデザートの杏仁豆腐付です。
ラーメンが付くとライスは一般的な茶碗サイズに変更されますが、もちろんお代わり無料なので初めから大盛りにしても良し、何杯お替りしても良しとお腹を空かせた人たちに嬉しいサービスです。

かなりのボリュームに苦戦しましたが、味の良さと、ご飯が美味しかったこともあり、結局余すことなく食べきることが出来ました。
どうやら唐揚げのサイズもスゴイらしいので、次回は唐揚げがセットになったメニューにチャレンジしてみたいと思います。

□吉祥(きっしょう)増穂店
 TEL:0556-22-2265
 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町338-1
 営業時間 11:30~14:30,17:00~24:00
 定休日:なし
 駐車場なり

台湾料理 吉祥 増穂店台湾料理 / 鰍沢口駅市川大門駅市川本町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示


■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/07/16 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・しもべ(058/165・山梨)
山梨県の道の駅の中でも、「スゴい山の中にひっそりと」と感じるマイナスイオンたっぷりのスポットがここです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問58箇所目は、山梨県にある道の駅「しもべ」です。
富士山側からなら富士五湖最西端の本栖湖から国道300号線本栖みちを西に進むと、ゆっくりと標高を落としながら到着します。
DSCF9085_20160805073724ccb.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
軽く柔らかな手触りが新鮮な「ホタルかご(税込500円)」が魅力的です。
DSCF9088_201608050737236dd.jpg

ズキマル君やnorizoが住まうエリアにはホタルがいないため、水のきれいな甲斐路でこうしたアイテムを見ると、このあたりに住む人たちがうらやましくなります。
DSCF9089_20160805073723c19.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは、どちらかと言うと道の駅みのぶ富士川観光センターに近い「下山(しもやま)城址(本国寺/山梨県南巨摩郡身延町下山2271付近)」です。
DSCF9070_201608050737221af.jpg

現在も地域の方たちから菩提寺として親しまれる古いお寺で、裏山が城跡となります。
DSCF9069_201608050737219c6.jpg

下山城は室町時代の応永25年(1418年)に武田信武(たけだのぶたけ)の子・義武(よしたけ)が逸見郡穴山(韮崎市穴山)に分封されて穴山姓を名乗った後に河内に入部し、下山氏館跡に居館を移したことで築城されたようです。
DSCF9071_20160805073721779.jpg

下山氏の起こりは、甲斐源氏・加賀美遠光(かがみとおみつ)の子・秋山光朝(あきやまみつともが秋山荘(中巨摩郡甲西町秋山)を領し、建仁年間(1201~1204頃)に加賀美氏の孫にあたる光重(みつしげ)が下山の地を領して下山小太郎光重を名乗ったことにはじまります。
長栄山本国寺は下山氏館の傍に文応元年(1260年)に創され、「平泉寺」と称し弥陀が安置されました。
境内にある穴山八幡神社は今でも穴山信君(あなやまのぶただ/穴山梅雪)を祀っています。
DSCF9073_20160805073849810.jpg

穴山氏は武田親族衆として武田家の中で重きをなしましたが、天正10年(1582年)に織田・徳川軍の甲斐進出に際して駿河・田中城を守備していた穴山信君は徳川家康(とくがわいえやす)に寝返り、徳川軍の甲斐攻略に際し、案内役として働きました。
武田氏が滅びると穴山信君は、織田軍の甲斐攻略の戦功を認められ、織田信長(おだのぶなが)から所領を安堵されましました。
DSCF9076_2016080507384918f.jpg

しかし同年、本能寺の変で織田信長が殺された際に、徳川家康とともに安土城を出た穴山信君は、駿河に帰国途中、木津川河畔(京都府京田辺市の山城大橋近く)で土民に襲われて殺されてしまいました。
下山城の廃城時期は不明ですが、これを最後にこの城は歴史にその名を残さなくなっています。
DSCF9077_20160805073848289.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期?
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期?
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

涼しげな雰囲気の道の駅なのですが、甲府盆地の熱気を受けてか日中はかなりの高温になります。
しかし、木々から発せられる風の香りがメンタル面から癒してくれるのか、暑さが気にならないのが不思議です。
真夏にも、それ以外の時期にもストレスを解消してくれる静かな公園やバーベキュースペース、保存民家を備えるのんびりできるスポットです。

□道の駅しもべ
 住所:山梨県南巨摩郡身延町古関字大境4321
 TEL:0556-20-4141
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:水曜、年末年始
 標高:352m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:柳食堂(約14km)
 近隣の史跡:下山城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・47箇所目「しもべ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・しもべ(083/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・しもべ(095/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・しもべ(037/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/16 11:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・31週目
猛暑のこのタイミングでエアコンが壊れてしまったようで、毎晩寝苦しく体調がすぐれません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

ウチにはエアコンが2台あるのですが、居間の1台は1995年製で大人用(エアコン使用時は家族全員が就寝)寝室は2006年製のものが付いています。
日中はエアコンを付けず、外出して涼をとったり、水シャワーや水風呂で体温調整をして、夜間就寝の時だけエアコンを使っていました。
そんな理由から居間のエアコンはほとんど使用したことがないため効くかどうかもわからず、電源さえ入れた覚えがないのですが、寝室のエアコンは生活の要です。

そのエアコンが、明け方にエラーランプをともして止まりました。
何日かごとに復活するのでだましだまし使っていたのですが、この猛暑では精神的にも限界です。

しかし、エアコンを購入するにはコストがかかりますし…
ここは頑張って奮発して工事費込み5万円くらいでエアコンを探してみようと思います。

皆さんは、どのようにこの暑さを乗り切っていますか?




ちなみにヨメさんのノートパソコンとスマホもブッ壊れました。
この夏、一体どれほどの出費になってしまうのか不安でなりませんorz

ノートパソコンはこれでいいかな…



スマホは、とりあえずこの辺かな…



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 31週目(7/28~8/3)


体 重: 72.9Kg → 73.4Kg
BMI: 25.83 → 26.01
胴回り: 87.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
7/30(土)昼 秩父・レストランエデン(ミックスかつ定食)
7/30(土)夜 小鹿野町・ななたき(ジャンボ唐揚げ定食)

運動記録:
木曜日:通勤コミ18.7キロ(23,829歩)
金曜日:通勤コミ15.6キロ(20,493歩)
土曜日:休日散歩7.1キロ(11,467歩)
日曜日:休日散歩29.1キロ(37,903歩)
月曜日:通勤コミ18.3キロ(23,855歩)
火曜日:通勤コミ18.9キロ(21,621歩)
水曜日:通勤コミ27.7キロ(34,702歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.5Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.54 (スタート:25.47)
胴回り: +0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/08/04 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・みのぶ富士川観光センター(057/165・山梨)
改修工事が続いていた山梨の大きな公園でしたが、今回の訪問ではそれが終わり、広々としたバラ園が美しいです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問57箇所目は、山梨県にある道の駅「みのぶ富士川観光センター(旧・富士川ふるさと工芸館)」です。
JR身延線の波高島(はだかじま)駅から北に出て、国道300号線本栖みちを道なりに西へおよそ1.5キロ、国道52号線身延みちと交差する上沢交差点を直進し1つ目のT字路を左折して道なりに進むと大きな駐車場の先に大きな公園や建物が見えてきます。
DSCF9079.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
美しい民芸品がコンパクトなストラップになった「印伝・根付けブーツ(税込691円)」が可愛いです。
DSCF9083_2016080307540059e.jpg
鹿革を加工した工芸品は、仁賢天皇6年(493年)に高麗の革工によりもたらされたと日本書紀に記載されています。
大永元年(1521年)、武田信玄がの時代に甲州では「信玄袋」と呼ばれる甲冑すっぽり入る大きさの鹿革の丈夫な包みが重宝されるようになります。
革寛永6年(1629年)に幕府に上納された外人のみやげ物の華麗な彩色に刺激され、これを擬して造ったものを「いんであ革」といい印度伝来という意味で「いんでん」の語源となりました。
1716年になると甲州の革工が革に漆付けを精製し「松皮いんでん」「地割いんでん」と呼ばれ甲州を代表する土産物となったそうです。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
クルマで本丸跡まで行けるのは「波木井(はきい)城址(山梨県南巨摩郡身延町波木井3034付近)」です。
DSCF9055.jpg

この角の標識付近を登ったところに墓地があるのですが、その辺りまで城跡だったようです。
DSCF9056.jpg

標識通りに道を進むと、大きな石碑と解説パネルが用意されていて、駐車スペースも2台分ほどあります。
DSCF9057.jpg

波木井城は、鎌倉時代中期(1200年代)の御家人・南部行光(なんぶゆきみつ)の三男・南部実長(なんぶさねなが)が築城し波木井氏を名乗ったのが始まりとされています。
DSCF9059.jpg

時代は戦国時代初期まで進んで大永元年(1521年)、武田信虎(たけだのぶとら/後の信玄)が甲斐国内を統一して間もない頃に、駿河・今川義元(いまがわよしもと)の武将・福島正成(ふくしままさなり)が攻め込んできました。
DSCF9061.jpg

この時、波木井城主・波木井義実(はきいよしざね)が今川氏に通じて甲斐進出を手引きしたとして、それを知った信虎は波木井の「峯の城」で波木井義実を殺害しました。
この「峯の城」が波木井城だったのではないかとされています。
波木井義実の死後、波木井城は廃城となりました。
DSCF9062.jpg

波木井を名乗った南部氏ですが、分流した南部氏も甲斐にあり、そちらは武田信玄の家臣として仕えました。
しかし、その甲斐南部氏は足軽大将・山本勘助(やまもとかんすけ)を誹謗したことを信玄に咎められ天文17年(1548年)に追放されてしまいました。
DSCF9063.jpg

一方で本流の南部氏は青森へ渡り一大勢力を誇りました。
以降、南部氏は豊臣・徳川政権を経て盛岡を治め、庶流を含めると明治時代以降も華族、男爵など政治の舞台に名を残しています。
DSCF9066_20160803075940dea.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

とても大きな公園でレストランやワークショップもあるので、出来れば1日まるまる遊びつくしたいスポットです。
次に山梨県を訪問する際にはお出かけスポットに加えてみてはいかがでしょう。


□道の駅みのぶ 富士川観光センター
 (旧名称:富士川ふるさと工芸館)
 住所:山梨県南巨摩郡身延町下山1578
 TEL:0556-62-5424
 開設時間 午前9時半~午後5時
 休館日:毎週水曜、年末年始
 標高:257m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:波木井城址(本編)、下山城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・48箇所目「富士川ふるさと工芸館」
※2013年は改装のため休館していました。
関東「道の駅」スタンプラリー2014・みのぶ 富士川観光センター(094/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・みのぶ富士川観光センター(091/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/16 11:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・とみざわ(056/161・山梨)
週末のシゴト終わりに家を出て、深夜にたどり着いた富沢で朝を迎えてみると、清々しい空気に心も体もリフレッシュしています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問56箇所目は、山梨県にある道の駅「とみざわ」です。
山梨の道の駅は「関東」に属するんですが、最寄りの高速道路のインターは新東名の静岡県にある新清水インターで、静岡県にめり込んだ山梨県の最南端にある国道52号線沿いの大きなタケノコが目印の道の駅です。
DSCF9052.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
名峰富士にあやかった「富士山オカリナ」を見つけました。
DSCF9053.jpg

コンパクトなサイズと一品物の手製なのに1,500円と言うリーズナブルな価格設定はちょっと気になります。
DSCF9054.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみるのは「真篠(まじの)城址(山梨県南部町福士字真篠1281付近)」です。
DSCF9035_2016080208241995c.jpg

農道を道なりに進んでいくと駐車場の看板があり、草に埋もれてはいますが駐車することが出来ます。
DSCF9038_20160802082418208.jpg

登城道もほとんど雑草に囲われていて入口を探し出すことも困難ですが、何とか見つけて藪の中に入り込みます。
DSCF9042.jpg

山の入口ではスズメバチの歓迎を受け、恐れおののきながらさらに奥へと進みました。
DSCF9043.jpg

真篠城の築城時期は不明ですが、戦国時代には武田信玄(たけだしんげん)の烽火台で、武田軍・足軽大将の原虎吉(はらとらよし)が警護した真篠勇太夫(まじのゆうだゆう?)の居城だったそうです。
城主の真篠氏については調べきれなかったので、警護した原虎吉について少し確認してみましょう。
DSCF9044_20160802082732f7a.jpg

武田信玄と上杉謙信(うえすぎけんしん)が幾度となく戦った川中島の戦いの中で最も大規模だった永禄4年(1561年)の第4次川中島合戦でのことです。
軍師・山本勘助(やまもとかんすけ)の策の裏をかかれ上杉軍の急襲にあい、信玄の弟である信繁(のぶしげ)をはじめ、山本勘助らの有力武将が次々と討たれ、信玄は窮地に立たされました。
DSCF9050.jpg

そんな激戦の中、謙信は信玄の構える本陣へと斬り込みをかけます。
名馬・放生月毛(ほうしょうつきげ)にまたがり名刀・小豆長光(あずきながみつ)を振り上げた謙信は大将の椅子に座る信玄を3回斬りつけました。
信玄は軍配団扇(ぐんばいうちわ)で謙信の攻撃を防ぎますが肩に傷を負いました。
そんな窮地に駆けつけたのが「原虎吉」です。
虎吉の突き出した槍に邪魔され、謙信は信玄を討ち損なって撤退します。
DSCF9047.jpg

原虎吉の活躍もあり、何とか形成を保った信玄軍は謙信軍を挟み撃ちする形となりました。
謙信は兵を引き犀川を渡って善光寺へ退却し、信玄も追撃を止め八幡原に兵を引いきました。
上杉軍は川中島北の善光寺に配置していた兵と合流して、越後国へと帰還し合戦は幕を下ろしましたが、一騎打ちに出た謙信を討ち損ねた原虎吉は自身の不甲斐なさにその場の岩にやりを突き立てて嘆いたと言います。

真篠城の廃城時期も不明ですが、武田軍の勇猛な武将が守ったという城跡に感慨もひとしおです。
ただし、登城道は荒れており、ヒルも多いため登城の際には必ず長袖長ズボンを着用してください。
下山して足がかゆいので見てみたら、ヒルが2匹血を吸っていて、むしり取った後もしばらく血が止まりませんでした。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

□道の駅とみざわ
 住所:山梨県南巨摩郡南部町福士28507-1
 TEL:0556-66-2260
 開設時間 午前8時半~午後6時
 休館日:12月31日~1月1日
 標高:109m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。
 近隣の史跡:真篠城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・40箇所目「とみざわ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・とみざわ(082/147・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・とみざわ(093/154・山梨)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・とみざわ(090/161・山梨)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/07/16 09:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行