銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2016・美ヶ原高原美術館(112/165・長野)
冬季の閉館期間を除く毎週土曜日は大人が同伴する子どもの入館料が無料になる美ヶ原高原美術館は日本で最も標高の高い道の駅です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問112箇所目は、長野県にある道の駅「美ヶ原高原美術館(うつくしがはらこうげんびじゅつかん)」です。
信州松本から県道67号線を東に進み県道480号線ビーナスラインと言う季節限定の道路を通らないと到着しない山の上にあり、11月中旬からゴールデンウィーク前までは封鎖してしまう標高約2,000mの高原にあります。
DSCF0203.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
デザインに目を惹かれたのは「帆前掛け(税込4,937円)」です。
DSCF0204_201610300725191c7.jpg

美術館にゆかりの物事をアイコンとして表現したデザインは、ノスタルジックなエプロンのギャップが心地よく感じられます。
DSCF0207.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
日本100名城にも選ばれる「松本(まつもと)城(松本城公園/長野県松本市丸の内4-1)」を外すことはできません。
DSCF0221_2016103007251851a.jpg

松本城は、戦国時代の永正年間(1504~1520年頃)に小笠原氏が支城の一つ、深志城(ふかしじょう)として築城されたのが始まりといわれています。
DSCF0208.jpg

同時期に甲斐の武田信玄(たけだしんげん)による信濃侵攻が開始され、天文19年(1550年)に信玄が小笠原長時(おがさわらときなが)を追放すると、深志城を拠点として松本盆地を支配下にしました。
DSCF0209_20161030072516ec5.jpg

武田氏滅亡後の天正10年(1582年)には木曾義昌(きそよしまさ)が支配しますが、同年6月には越後・上杉景勝(うえすぎかげかつ)に擁立され小笠原旧臣の助力を得た小笠原洞雪斎(おがさわらどうせつさい)が深志城を奪還しました。
DSCF0210.jpg

その後、徳川家康(とくがわいえやす)の配下となった小笠原貞慶(おがさわらさだよし)が旧領を回復し、松本城と改名しました。
天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐の結果、徳川家の関東移封が行われ当時の松本城主・小笠原秀政(おがさわらひでまさ)は下総古河へと移り、代わりに石川数正(いしかわかずまさ)が入城し、石川数正とその子・康長(やすなが)が、天守や城郭・城下町の整備を行いました。
DSCF0213.jpg

その後、石川康長が改易となり、小笠原秀政が再び入城、大坂の陣以後は、松平康長(まつだいらやすなが)や水野家などの松本藩の居城として機能し、戸田松平家(戸田氏の嫡流)が代々居城としました。
DSCF0215.jpg

時代は移り明治維新後の明治5年(1872年)に天守が競売にかけられ、一時は解体の危機が訪れました。
このとき、信飛新聞社社長で長野県議会議員も務める市川量造(いちかわりょうぞう)ら地元の有力者の尽力によって松本城は買いもどされ、破却の難を逃れることになります。
更に明治30年代頃より老朽化した天守が大きく傾きましたが、これを憂いた松本中学(旧制)校長で現・東京理科大学の創立者の小林有也(こばやしうなり)らにより大正2年(1913年)までかけて「明治の大修理」が行われました。
昭和11年(1936年)に国宝に認定、昭和30年(1955年)からは「昭和の大改修」が行われ、2006年には「日本100名城」に選ばれています。
DSCF0216.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

普段は美術館には行きなれないのですが、有料ではありますが広大な高原にたくさんの美術品が置かれている解放感は他では味わえません。
子ども美術館は屋内に大きなチューブタイプのジャングルジムがあり、ズキマル君が大好きなスポットです。
冬季は雪のため営業しておらず、夏場でも気温が25度程度と涼しいため、普段より1枚上着を多めに持って訪問することをおススメします。


□道の駅美ヶ原高原美術館
 住所:長野県上田市武石上本入2085-70
 TEL:0268-86-2331
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:11月16日~4月24日
 標高:1970m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル:×
 無料WIFI:×
 公園:大(散策コース無料)
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ひょっとして道の駅3階レストラン?(未確認)
 近隣の史跡:松本城(本編)、上田城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・21箇所目「美ヶ原高原美術館」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・美ヶ原高原美術館(070/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・美ヶ原高原美術館(053/154・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・美ヶ原高原美術館(070/161・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/17 13:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…935軒目・立科町「ときん亭」
信州・立科町でお腹を空かせていると、役場近くにリーズナブルなうどん屋さんがあることを知り、訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

しなの鉄道の滋野(しげの)駅から県道40号線を南へ約10キロ、立科役場前交差点を東に入ると50mほどで北側に軒を構えるのが「ときん亭」です。
公共交通機関での移動が難しい距離にありながら駐車場が見当たらないのですが、役場勤務や利用者の方が多いのか、店に入る方々は役場の駐車場から歩いてきています。
DSCF0198.jpg

土曜日の11時半過ぎに暖簾をくぐると、正面の厨房前にカウンター席が数席あり、右手に4人掛けのテーブル席が3つあります。
どうやら左手には座敷席もあるようなのですが、ふすまが閉まっていて和室を確認することは出来ませんでした。
案内された右手手前の4人掛けテーブルをお借りしてテーブルに置かれたメニュー表を眺めます。
メインメニューはそばとうどんで、500円程度の価格帯が中心のリーズナブルな設定が魅力的です。
DSCF0200_20161028202925902.jpg

ご飯ものはドンブリが700円程度と、こちらも日々訪問しやすい価格設定で、価格維持のための企業努力が感じられます。
ふと気になったのが、定食メニューの中にあった「そば/うどんセット」です。
フロアを切り盛りするお母さんに聞いてみると、設定された麺メニューにご飯と煮物・漬物が付くセットとのことです。
DSCF0199_20161028202925f9e.jpg

ズキマル君が注文したのは温かいメニューから「玉子とじそば大盛り(税込540円+110円)」です。
DSCF0201_20161028202923f5c.jpg
香り立つ鰹だし醤油ベースの優しい味のスープの上を、ふんわりと花が咲くように搔き卵が覆います。
冷たいそばと違い、温かいそばで歯ごたえを感じられるのは最初のひと口だけですが、適度な弾力があり丁寧な茹で具合であうことがわかります。
厚手で美しい釉薬のドンブリではそれほどのボリュームとは思わなかったのですが、しっかり2玉入っており、事務仕事の方なら午後の仕事で夕方まで十分な満腹感を得られそうです。

気になって内容を聞いた「そば(冷)セット(税込810円)」も「そば大盛り(税込110円)」でお願いしました。
DSCF0202.jpg
先に奥の席に運ばれるお盆にはそばのドンブリの他にたくさんの天ぷらが盛られていて驚いたのですが、ガン見していたnorizoをみて奥さんが「こっちは天ぷらが多いですが、天ぷら定食(税込1,080円)ですよ。」と教えてくれました。
そのすぐ後に運ばれてきたこちらのメニューは、確かに天ぷら定食に比べれば天ぷらのボリュームは落ちるものの、大きな野菜天が印象的です。
手作りの煮物とキノコの佃煮も香りも味も良く、地元産のコメを炊き上げたセットの米がまた美味しい!!
冷たいそばもドンブリに盛り付けられているのですが、ダシはぶっかけではなく徳利とお猪口で出てきます。
量もなかなかの量で、ツユ入りの温かいそばの大盛りと同等の高さがあります。

ふたつとも大盛りにしてしまったため、かなりパンパンになったお腹を抱えて会計に向かうと、レジでお母さんに「お子様連れなので10%引きにしておきますね。」とサービスしていただきました。
どうやら立科町では子育て支援として子ども連れの食事の際には10%引きにしてもらえるそうです。
店に入ってから出るまでの間の店の方とのちょっとした会話も心地よく、親戚の家で過ごしているようでした。
リーズナブルさと満腹加減に、次は何を食べようかとズキマル君から声をかけられ、親子ともども大ファンになった一店です。


□ときん亭
 TEL:0267-56-3563
 長野県北佐久郡立科町芦田2605-10
 営業時間 11:30~13:30,17:00~19:30
 定休日:日曜の夜
 駐車場:未確認

ときん亭そば(蕎麦) / 田中)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/09/17 11:45 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・マルメロの駅ながと(111/165・長野)
コンビニや入浴施設も併設するマルメロの駅は、広い駐車場があるため訪問する度にのんびりしてしまいます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問111箇所目は、長野県にある道の駅「マルメロの駅ながと」です。
しなの鉄道に大屋(おおや)駅南口ロータリーから国道152号線を南下すると12.7キロほど、国道142号線中山道からなら国道152号線を長久保交差点から北へ3.3キロほどで西側に見えてきます。
DSCF0177_201610282013362b0.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
入口近くになんともノスタルジックな一斗缶を加工して作った「ちりとり」が置かれています。
DSCF0178_20161028201335483.jpg

もちろんこれも売り物で、価格は税込570円です。
かなり深めなので、秋以降に大量の落ち葉などを集めるのにも便利そうです。
DSCF0179_201610282013342ac.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅からそれほど遠くない東側の坂の途中に「長窪(ながくぼ)城址(長野県小県郡長和町古町3784付近)」があります。
2台分ほどの駐車場に解説があり、その向かいの山の中に散策路があります。
城址についての資料は道の駅の情報コーナーにも置いてあるので、貰ってから訪問した方が、道に迷うことなく歩けるでしょう。
DSCF0180_201610282013343d8.jpg

長窪(ながくぼ)城は応永年間(1394~1428年頃) に佐久の大井(おおい)氏が長窪氏を名乗り、長窪城を築城、または、正長元年(1428年)に立科の芦田(あしだ)氏の出城として築城したとされています。
DSCF0181_20161028201332f7b.jpg

天文9年(1540年) 、甲斐の武田信虎(たけだのぶとら)は諏訪頼重(すわよりしげ)や村上義清(むらかみよしきよ)とともに信濃佐久(さく)・小県(ちいさがた)への本格的な侵攻をはじめました。
領地を追われた海野棟綱(うんのむねつな)と真田幸隆(さなだゆきたか)は上野国(群馬県)の羽尾幸全(はねおゆきてる)を頼りました。
この際、信虎と組した諏訪氏は、大井貞隆(おおいさだたか)の居城であった長窪城を陥れ諏訪領としました。
このすぐ後に、信虎は嫡男・武田晴信(たけだはるのぶ/信玄)により今川氏の駿河へ追放され、家督を晴信が継承しました。
DSCF0182_201610282013329e1.jpg

その頃、小県を追われた真田幸隆は関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)に復権を依頼し、要請を受けた上杉氏は信濃佐久郡・小県郡へ侵攻しました。
関東管領の侵攻に対し、諏訪頼重は独断で上杉憲政と和睦を結び、芦田郷を支配地として割譲してしまいました。
上杉憲政の意向で武田の支配が弱まると、再び勢力を盛り返し大井貞隆は長窪城を奪い返しました。
独断で上杉憲政と和睦を結んだことを盟約違反とした武田晴信は天文11年(1541年)に諏訪氏の親族の高遠頼継(たかとおよりつぐ)と結び、諏訪郡へ侵攻して諏訪氏を滅ぼしました。
DSCF0183_2016102820193203d.jpg

天文12年(1543年) 、大井氏家臣の相木昌朝(あいきまさとも)は武田晴信に内応し、大井貞隆を降伏させました。
大井貞隆は長窪城で反旗を翻すも晴信は長窪城を攻撃し大井貞隆は自害しました。
その後、長窪城は東信濃・北信濃侵攻の前線基地として重要視され、武田氏の直轄地となりました。
DSCF0185_20161028201931461.jpg

天文17年(1548年)の上田原の戦いでは晴信は長窪城に着陣し、信濃最強の村上義清(むらかみよしきよ)と戦いますが敗戦が続きました。
天文20年(1551年)、武田家臣となった真田幸隆が村上義清が守る砥石城を調略すると、村上氏は上杉謙信を頼って落ち延びました。
DSCF0192_20161028201930532.jpg

天正10年(1582年) に武田氏が滅亡すると、幸隆の子・真田昌幸(さなだまさゆき)は小県郡を領地としました。
天正11年(1583年) に昌幸が徳川家康(とくがわいえやす)を使って上田城を築くと真田家臣を上田に呼び集め、その際に長窪城は廃城となりました。  
DSCF0194_201610282019298a8.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

昨年は入浴までしてのんびりしたのですが、今回は城めぐりに一生懸命になってしまい短時間で道の駅を後にしてしまいました。
今後の訪問の際には真田の本領・長和町の歴史についてもっと学べるよう、散策エリアを広げてみたくなりました。


□道の駅マルメロの駅ながと
 住所:長野県小県郡長和町古町2424-19
 TEL:0268-68-2000
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:第2・第4月曜、年末年始
 標高:647m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×(稀に3G△)
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:有(10:00-22:00/大人500円子ども300円幼児無料)
 近隣のデカ盛り:フライパン(約15km)・刀屋(約19.2km)
 近隣の史跡:長窪城(本編)、上田城砥石米山城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・122箇所目「マルメロの駅ながと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・マルメロの駅ながと(071/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・マルメロの駅ながと(054/154・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・マルメロの駅ながと(073/161・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/17 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・道と川の駅上田(110/165・長野)
小遣いが少なく、有料道路を使う余裕がないため、今回も金曜の終業後にのんびりとした道を走って信州上田までたどり着き、仮眠をとって朝から散策をスタートします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問110箇所目は、長野県にある道の駅「道と川の駅上田」です。
上信越自動車道の上田菅平(うえだすがだいら)インターを南に下りたら18号線上田バイパスを西に進み、上塩尻東交差点を南に直進して、下之条北交差点も直進するとトンネルの手前に見えてきます。
DSCF0174_2016102808094701f.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
色鮮やかに目に飛び込んできたのは「ちびっコマ」です。
DSCF0175.jpg

サイズや色のバリエーション豊かに1個300円なので。玄関の片隅に飾っておきたくなります。
DSCF0176_20161028080946c35.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは、2016年NHK大河ドラマで人気となった真田氏が居城した「上田城(長野県上田市二の丸6263番地イ/上田城跡公園)」です。
城の東側と南側に無料駐車場があるのですが東側はイベントなどで利用不可になることが多く南側は朝9時前には満車になってしまうためコインパーキングを利用するつもりで訪問した方が良いでしょう。
ちなみにこの日は朝8時過ぎに訪問したので南側無料駐車場に止めてゆっくり散策が出来ました。
DSCF0173_20161028080945c33.jpg

上田城(うえだじょう)は、天正11年(1583年)に上杉氏に対する徳川氏の最前線の基地として徳川家康(とくがわいえやす)の命で、信濃国小県(しなののくにちいさがた/現在の青木村と長和町)の真田昌幸(さなだまさゆき)により築城されました。
DSCF0160_2016102808094420b.jpg

しかし、天正13年(1585年)には、逆に上杉氏により徳川氏に対する基地として増築普請され、これまた真田昌幸(さなだまさゆき)によって増強され、同年の第一次上田合戦では上杉氏に組した真田氏が徳川氏の軍を撃退しました。
DSCF0161_201610280809432f1.jpg

更に天正18年(1590年)にも真田氏は大規模な改修が行い、金箔瓦・石垣・天守閣などを擁した「織豊系城郭」へと進化を遂げたと言います。
DSCF0163_201610280814176fe.jpg

慶長5年(1600年)、中央では関ケ原の戦いが行われていた最中、信濃では第二次上田合戦で真田氏は軍を豊臣(石田)方・西軍として真田昌幸と次男・信繁(のぶしげ/幸村)、徳川方・東軍として長男・信幸(のぶゆき/信之)とに分かれて戦うこととなります。
この際、先行して行われた砥石城攻めで長男・信幸は次男・信繁から砥石城を奪い陣をそこで止め、戦うことなく信繁は上田城に撤退しましたが、これにより上田での兄弟の直接対決を避けました。
DSCF0164_20161028081416608.jpg


この際、徳川家康の嫡男・徳川秀忠(とくがわひでただ)率いる東軍を上田城の真田氏は撃退、撤退し中央の関が原へ向かった秀忠は本戦にも間に合わず、真田氏は徳川氏の面目に大きな泥を塗りました。
DSCF0165_20161028081415ed8.jpg

しかし、昌幸が属した西軍が関ケ原の戦いで敗れたため、慶長6年(1601年)に昌幸・信繁親子は紀伊国九度山(和歌山県伊都郡九度山町)に配流になり、上田城は徳川氏により破却され堀も埋められました。
DSCF0166_201610280814146eb.jpg

東軍についた昌幸の長男・信之は真田氏の旧領・上田を引き継ぎ、三の丸跡地に居館として陣屋を構えました。
DSCF0168_20161028081414034.jpg

元和8年(1622年)に真田氏が松代に移封となりました。
次に上田を領した真田氏の旧敵・仙石忠政(せんごくただまさ)により寛永3年(1626年)に再建が開始されたましが、寛永5年(1628年)に忠政の死により城普請は中断され、以降本格的な再建は行われませんでした。
明治4年(1871年)の廃藩置県で上田城は明治政府に接収され、明治7年(1874年)廃城となった上田城の土地・建物が民間へ払い下げられ、本丸に7棟あった櫓は、現・西櫓を残して解体、売却されました。
DSCF0172_2016102808164519b.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→築城時期
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

大きなふわふわドームが印象的な道の駅でしたが、訪問時にはそれがありませんでした。
ズキマル君が楽しみにしていただけに残念でしたが、次回の訪問時には用意してもらっていると信じて再訪を楽しみにしつつ、散策を続けます。


□道の駅上田道と川の駅(うえだ・みちとかわのえき)
 住所:長野県上田市小泉字塩田川原2575-2
 TEL:0268-21-1221
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜
 標高:426m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:夢の家(約4km)・刀屋(約6.4km)
 近隣の史跡:上田城(本編)、砥石・米山城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・120箇所目「上田道と川の駅」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・上田道と川の駅(134/147・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・上田道と川の駅(133/154・長野)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・上田道と川の駅(069/161・長野)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/17 9:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・43週目
最近、暗くなるのが早くなったせいで夜の散歩に出るのが面倒になっていたのですが、某ウォーキングアプリのイベントで解消されるかもしれません。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

「食欲の秋」本番で、毎日ご飯が美味しいので体重は減る気配を見せません。
その上、ここのところ暗くなるのが早くなったうえに徒歩ルートにマナーの悪い犬の飼い主さんが増えており、落とし物を踏んでしまいそうになることが多く、ちょっと外を歩くことに嫌気がさしていました。

そんな中、先日の楽天市場のセールで見つけたのが、2万円ほどで購入できるルームランナーです。



送料込み、下敷きマット付きなので購入してみましたが、まだ届いていないので使い勝手については追ってご報告したいと思います。

ところで、ウォーキングの際に起動しているアプリが、今や国民的現象となりつつある「ポケモンGO」です。
ほかの方と違い、あまり本気モードとは言えず、とりあえず起動していると言うのが正しいところです。
しかし、昨日からハロウィンイベントが始まったようで、道で出会うポケモンがハロウィンに因んだゴースト系中心になったようです。
また、歩いた距離に応じてもらえるキャラクターごとの強化・進化素材である「アメ」がいつもの4倍出ます。
そんな話を聞いたため、ついつい昨日は頑張って、1日で30キロほど歩いていました(笑)

連れているポケモンは「ヒトカゲ」と言う、ちょっとだけレアなキャラクターで、そのキャラクター専用のアメが125個貯まると「リザードン」と言うそこそこ強いキャラに進化します。
通常、アメは3キロに1個もらえるので400キロくらい歩けば進化できることになります。
しかし、このイベントのおかげで1匹進化することに出来ました。
この後はほかのキャラクターと歩いてそのキャラを育てることもできるのですが…
IMG_0963.png
気が付けば一緒に330キロも歩いていたようです。
こなると何となく、同志とも思えて手放すことが出来ません。

幸いにもアメ4倍のタイミングですし…
もう1匹、リザードンに進化させるべく一緒に歩いてみようと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 43週目(10/13~10/19)


体 重: 72.6Kg → 72.9Kg
BMI: 25.72 → 25.83
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
10/22(土)昼 熊谷・大ラーメン福龍(醤油らーめん大盛りもつ煮セット)
10/23(日)昼 嵐山・久兵衛屋(塩肉汁うどんメガ盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ26.9キロ(34,462歩)
金曜日:通勤コミ13.5キロ(16,609歩)
土曜日:休日散歩10.4キロ(16,748歩)
日曜日:休日散歩5.8キロ(9,341歩)
月曜日:通勤コミ15.6キロ(18,883歩)
火曜日:通勤コミ13.8キロ(16,994歩)
水曜日:通勤コミ30.8キロ(40,322歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.0Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.36 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/27 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・しもつま(109/165・茨城)
広い関東平野を感じる高い建物の少ない下妻エリアでは、筑波山が遠くに広大に見えます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問109箇所目は、茨城県にある道の駅「しもつま」です。
茨城県守谷市と栃木県真岡市を結ぶ国道294号線常総バイパスの下妻市内にある、大通り沿いに面するドライバーのオアシスのような大きな駐車場が目に入ります。
DSCF0144_20161026075332850.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
あめ色に輝く木肌が美しい「籐製の木馬(税込8,500円)」に目を惹かれます。
DSCF0146.jpg

オリジナル商品を数多く手がける木工製品店の作品だそうで、見ているだけで癒されました。
DSCF0148_201610260753318cb.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
近隣に高い建物がないためひときわ目立つのは「石下町地域交流センター(茨城県常総市新石下2010)」として利用される「豊田(とよだ)城址」です。
DSCF0158_20161026075330307.jpg

実際の豊田城址は、小貝川の堤防近くと少し場所が違うそうですが、この辺りに城があったと言う目印になることは間違いありません。
DSCF0157.jpg

康平5年(1062年)、源氏と平家の戦い「前九年の役」で源義家(みなもとのよしいえ)に従った赤須政幹(あかすまさみき)が豊田郡を領し、豊田氏を称しました。
拝領から300年近くたった正平元年(1346年)、豊田善幹(とよだよしみき)が豊田城を築き、それまでの向石毛の館から本拠を移しました。
DSCF0149_2016102607532838f.jpg

戦国期には豊田城主・豊田政親(とよだまさちか)は下妻城主・多賀谷氏からの侵攻受けることとなります。
永禄元年(1558年)には豊田城主・豊田治親(とよだはるちか)は多賀谷軍を長峰原・蛇沼で迎撃して撃退しました。
DSCF0150.jpg

天正6年(1578年)頃、豊田治親は多賀谷氏の調略により毒殺され豊田氏は滅亡、多賀谷氏に降伏し、豊田城は多賀谷氏が領しました。
DSCF0155.jpg

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い前夜においては、会津征伐に向かう徳川家康(とくがわいえやす)の再三の出陣要請にも応じず、逆に徳川家康の小山本陣へ夜襲をかけようとした事が露見し、徳川政権下で改易され多賀谷重経(たがやしげつね)は流浪の末に死去したと言います。
多賀谷氏が改易となると、豊田郡は関東郡代・伊奈氏配下の天領(江戸幕府直轄地)となり、豊田城も廃城となりました。
DSCF0159.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
→築城時期
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→廃城時期
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

大きなバイパス沿いなので休憩するトラックが多く、夜間のアイドリングがちょっと気になります。
物産館とレストランがリニューアルされて快適になったので、最近はゆっくり食事をしたくなるスポットになっています。

□道の駅しもつま
 住所:茨城県下妻市大字数須140
 TEL:0296-30-5294
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:20m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○(パスワード設定あり)
 公園:×
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:いづみや下妻店(約6.1km)・ランラン(約21.3km)
 近隣の史跡:豊田城(本編)、多賀谷城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・26箇所目「しもつま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・しもつま(025/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・しもつま(115/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・しもつま(139/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/10 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・まくらがの里こが(108/165・茨城)
新規開設からまだ数年ですが、駐車場の大きさや来場者数は個人的観測では関東圏屈指のスポットに見えます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問108箇所目は、茨城県にある道の駅「まくらがの里こが」です。
埼玉県から国道4号線を北上し栃木県に入るやや手前の茨城県古河市の新4号バイパス沿いの大和田交差点の立体交差の北側先の東寄りに見えてきます。
DSCF0129_20161025074209727.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君のお気に入りはイグサの畳地でカバーされた座椅子「畳椅子」です。
DSCF0133_20161025074208d97.jpg

葺きたてのイグサの良い香りが漂う、和室によく似あいそうな低めの椅子が3,500円です。
ご高齢の方向けかもしれませんが、キッズにも安心です。
DSCF0134.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは城跡公園(茨城県結城市結城2486-1付近)となっている「結城(ゆうき)城跡」です。
栃木県と茨城県の県境近い川沿いの高台にあり、駐車場があるのでクルマでも安心して訪問できます。
DSCF0135_201610250742073e7.jpg

藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の血を引く太田政光(おおたまさみつ)が小山氏を名乗り、その子・朝光(ともみつ)が、養和元年(1181年)に結城郡の地頭職に任され結城氏を名乗り、寿永2年(1183年)に結城城を築城しました。
DSCF0136_201610250742062b8.jpg

室町時代の永享12年(1440年)頃から内紛が起こり、結城氏が戦死して断絶になりますが、文安4年(1447年)に結城成朝(ゆうきしげとも)が旧領の結城城に入りました。
その後、結城城は江戸時代初頭まで結城氏の居城として用いられました。
DSCF0137.jpg

天正18年(1589年)には結城氏は豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原征伐に参陣して、改易された旧小山氏の所領と旧小田氏の所領の一部(土浦城一帯)が結城氏に与えられました。
DSCF0139_20161025080958ff2.jpg

豊臣秀吉が天下統一を果たした頃、結城家は徳川家康(とくがわいえやす)の次男・秀康(ひでやす)を養子として迎え、関ヶ原の戦いの後に秀康が越前に移封となると、結城の地は一時天領(江戸幕府直轄地)となり、結城城も廃城となりました。
DSCF0140.jpg

元禄13年(1700年)、水野勝長(むずのかつなが)が封じられ、元禄16年(1703年)には結城城の再興が許されれ、築城が開始されました。
以後、明治維新まで水野氏が結城城主を務めました。
慶応4年(1868年)の戊辰戦争の際には新政府軍の攻撃を受け、城の建物は多くが焼失し、廃城となりました。
DSCF0142_20161025080956978.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→廃城時期
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→再築城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

広い敷地と大きな物産館・フードコートは居心地がよく、つい長居してしまいます。
レストランにはデカ盛りメニューも用意されているため、いつかチャレンジしてみようと思っています。


□まくらがの里こが
 住所:茨城県古河市大和田2623
 TEL:0280-23-2661
 開設時間 午前9時~午後8時(夏季)
 休館日:なし
 標高:20m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:さかさ食堂(約5.8km)・阿香坂(約8.3km)
 近隣の史跡:結城城(本編)、古河城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※2013年スタンプラリー新規参入
関東「道の駅」スタンプラリー2013・こが(038/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・まくらがの里こが(127/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・まくらがの里こが(140/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/10 15:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…934軒目・古河市「大成屋」
古河にお腹いっぱいラーメンやつけ麺を楽しめる店があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR栗橋駅の東、およそ7キロほどの国道354号線沿いにあり、公共交通機関での訪問は厳しそうですが、近隣の大規模工場に働く方々の台所となっているようで、大きな駐車場を完備しています。
DSCF0099.jpg

店内には4人掛けテーブルが7つと小上がりに4人席が4つあります。
昼食時で混雑していたので10分ほど待って右手奥のテーブル席をお借りしてメニューを眺めます。
「らーめん」類はスープやトッピングの種類で通常21種類ほど、それに期間限定のスープやトッピングを含めると30種類ほどもあります。
麺のボリュームが「普通(1玉)」「中盛(1.5玉)」「大盛(2玉)」まで同料金なのが魅力的です。
DSCF0100.jpg

「つけ麺」には「ちぢれ麺」と「特製麺」があり、「ちぢれ麺」は普通(240g)から大盛(480g)まで同料金、大盛りの2倍の山盛は960gのボリュームで400円増し、「特製麺」は中盛(350g)を標準に「大盛(520g)70円増し」「特盛(780g)250円増し」「山盛(1080g)350円増し」「てんこ盛(1560g)550円増し」と凶悪サイズまでパワーアップできます。
DSCF0106_20161024075024422.jpg

ズキマル君が選んだのは「塩豚骨らーめん大盛(税込907円)」です。
大盛にしたのは、普通盛りと同額と言うこととnorizoが半分くらい食べられるのではないかと思ったからです(笑)
DSCF0103_20161024075023c0d.jpg
白濁した濃厚なスープにはモチモチの麺がたっぷり入っています。
普通サイズだと食べ盛りの中学生以上にはちょっと足りないかもしれないかと思いますが、2玉ある大盛りだとかなりのボリュームで、中学生男子でも満足できそうです。

つけ麵類からはちぢれ麺から「和風醤油つけ麺大盛(税込842円)」を選んでみました。
DSCF0104_2016102407502250a.jpg
こちらも大盛りまでは同額なので注文しましたが、麺の量が480gとなると運ばれてくるドンブリも洗面器のようです。
麺は注文時に頼めば冷盛りだけでなく温盛りにもできるので、スープを温かいまま楽しめる温盛りにしてみました。

スープの中に隠れていたメンマを見ると…なんかスゴい大きさです。
DSCF0105_20161024075021fbc.jpg

結局、標準価格内の大盛サイズを楽しんで十分満足できました。
しかし、重量1.5キロの最大メニューも目にしてみたいところなので、次回は挑戦してみようとズキマル君と相談しつつ、再訪を誓いました。

□大成屋(おおなりや)
 TEL:0280-93-0687
 茨城県古河市釈迦1184
 営業時間 11:30-15:00,17:30-21:00
 定休日:水曜
 駐車場あり

活力豚骨ラーメン 大成屋つけ麺 / 古河市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/09/10 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・さかい(107/165・茨城)
物産館がリニューアルされ、農産物の販売スペースが増えて以前より買い物が楽しくなりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問107箇所目は、茨城県にある道の駅「さかい」です。
土浦から舘林を抜けて進む国道354号線と並走して流れる利根川沿いにありますが、川の南側は千葉県流山市、そのすぐ南は埼玉県五霞(ごか)町という、県境が密集する茨城県猿島(さしま)郡にあります。
DSCF0096.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
雑貨コーナーで何やら水色の不思議な棒を見つけました。
DSCF0097.jpg

価格は税別500円。
フラワーアレンジメントなどに利用する小道具だそうで、流木などを使ったアーティスティックな作品は組み合わせて無限の表現の可能性を秘めています。
DSCF0098.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
見応えがあるため、最近は海外の方の訪問も見受けられるのは「逆井(さかい)城址(逆井城跡公園/茨城県坂東市逆井1262付近)」です。
DSCF0110_20161023072022711.jpg

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の第8話「調略」の開始5分程度に登場する上杉景勝(うえすぎかげかつ)と直江兼続(なおえかねつぐ)が北条氏の攻撃に備えるシーンの最初に登場する「信濃 海津城」は、この城を撮影したものです。
DSCF0109_20161023072021b08.jpg

逆井(さかい)城は、室町時代後期の享徳年間(1452~1454年)頃に、室町幕府創設の功労者・小山義政(おやまよしまさ)の子・常宗(つねむね)が逆井城を居城し、この地を領して逆井(さかい)氏を名乗ったことにはじまります。
DSCF0112_2016102307202024c.jpg

逆井氏を名乗ってから3代目の逆井常繁(さかいつねしげ)が城主だった天文5年(1536年)、享徳の乱において古河公方(こがくぼう)方であった逆井氏は、台頭する新興勢力の北条氏と対立しました。
この際、北条氏康(ほうじょううじやす)の命を受けた大道寺政繁(だいどうじまさしげ)の攻撃により常繁は討ち死に、逆井城は落城しました。
この際、逆井氏は先祖伝来の釣鐘を被り池に入水したとの伝承が残っており、その鐘はいまだに発見されていないそうです。
DSCF0119.jpg

北条氏の勢力下に入った逆井城は、天正5年(1577年)に現在の神奈川県鎌倉市玉縄地域にあった玉縄城主・北条氏繁(ほうじょううじしげ)によって、最新の技術が投入され「飯沼城」として築城されることとなりました。
DSCF0120_201610230723424ad.jpg


逆井は北条氏にとって下野・常陸方面への侵攻の最前線であったため、逆井城改め飯沼城には北条氏繁が居城し、佐竹氏・多賀谷氏など近隣の有力武将たちと対峙しました。
この際、北条氏に雇われた風魔忍軍・風魔小太郎(ふうまのこたろう)の子・風魔孫右衛門(ふうまのまごえもん)や石塚氏などの忍者集団300人も在城したそうです。
DSCF0122_20161023072341ffd.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で北条氏が壊滅すると、逆井城(飯沼城)も廃城となりました。
DSCF0127_20161023072340427.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
→改築時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

以前は特徴の少ない公共施設のような道の駅でしたが、ここ数年で改修を重ね、魅力が増してきています。
近隣には日帰り入浴施設や大型ディスカウントストアなども出来たため、あわすぇて楽しみたいスポットになりつつあります。


□道の駅さかい
 住所:茨城県猿島郡境町新吉町1341-1
 TEL:0280-87-5011
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:年末年始、2・9月第2月曜
 標高:14m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:×
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:三軒家(さんげんや)(約10.7km)・さかさ食堂(約13.2km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・13箇所目「さかい」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・さかい(039/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・さかい(129/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・さかい(142/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/10 12:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・ごか(106/165・茨城)
バイパス沿いの大きな駐車場と物産館は、旅の疲れを癒すのにちょうどいい場所にあります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問106箇所目は、茨城県にある道の駅「ごか」です。
都心部から国道4号線春日部白河バイパスを走って草加を抜けて幸手市の北、利根川河岸の南にある五霞(ごか)町に入ると東側(上り車線)に見えてきます。
DSCF0084_20161021184715f9e.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
見つけたのは手作りの「お昼寝まくら」です。
DSCF0085.jpg

しっかりした作りながら価格は500円と非常にリーズナブル。
ちょっと駐車場で仮眠する折にも良さそうです。
DSCF0086_20161021184714097.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
千葉県と隣接するエリアにあるため、今回訪問してみたのは「千葉県立関宿城博物館(千葉県野田市関宿三軒家143-4)」として模擬天守を構える「関宿(せきやど)城址」です。
資料館と公園を併設しているため駐車場もあり、平地ながら見晴らしがよく冬場には富士山が見えるそうです。
DSCF0087_20161021184713396.jpg

関宿城については、永享12年(1440年)に関東公方・足利持氏(あしかがもちうじ)の遺児である春王丸・安王丸を奉じて結城城に籠城した結城氏に呼応して、下河辺一族が関宿城で挙兵したという史料が残るものの、長禄元年(1457年)、古河公方・足利成氏(あしかがしげうじ)の筆頭家老・簗田成助(やなだしげすけ)が築城したとする説が有力視されています。
DSCF0088.jpg

永正3年(1506年)に端を発した、古河公方・足利政氏(あしかがまさうじ)とその子・高基(たかもと)に内紛が発生、関宿城の簗田氏も巻き込まれていきます。
永正7年(1510年)、対立が激化すると、一時高基は関宿城に移座しましたが、永正9年(1512年)に古河城に復帰し公方となり関宿城は簗田氏に戻りました。
DSCF0089.jpg

下総・武蔵に勢力を拡めていた北条氏に対し、最後の古河公方・(あしかがはるうじ)は、天文4年(1535年)に関宿城主・簗田高助(やなだたかすけ)の娘を娶り北条氏の介入を避けました。
しかし力を強め続ける北条氏綱(ほうじょううじつな)は娘を足利晴氏に娶らせ、さらに永禄元年(1558年)には足利義氏(あしかがよしうじ)が関宿城に移座し、かわりに簗田高助の子・晴助には古河城が与えられました。
DSCF0090_2016102118485169f.jpg

永禄3年(1560年)に上杉謙信(うえすぎけんしん)が関東に出陣すると関宿城にいた足利義氏は、危険を避けるため下総小金城を経て上総佐貫城に逃れました。
永禄5年(1562年)には北条氏が古河城を奪還すると、北条氏康は簗田晴助を関宿城に戻しました。
天正2年(1574年)には北条氏政(ほうじょううじまさ)が関宿城を包囲した際、城主・簗田持助(やなだもちすけ)は上杉謙信に救援を求めましたが支援が間に合わず、簗田氏は開城し水海城へ撤退、関宿城は北条直轄の軍事拠点となりました。
DSCF0094_20161021184850f06.jpg

天正18年(1590年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役で北条氏が敗北すると関宿城も落城、領地を得た徳川家康(とくがわいえやす)は異父弟・松平康元(まつだいらやすもと)を関宿城に配しました。
江戸期には利根川水運の要衝として栄え、城主となったものが幕府重臣に取り立てられるための「出世城」と呼ばれ、久松松平氏・能見松平氏・小笠原氏・等の諸氏が目まぐるしく城主の座につき、城主が久世氏の時に明治の廃藩置県で廃城とりました。 
DSCF0095.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

ちょうど眠くなる時間帯に通ることが多いためか、よく仮眠に利用させてもらっています。
農産物なども豊富でリーズナブルなので、毎回買い込み過ぎてしまうのが悩みの種です(笑)


□道の駅ごか
 住所:茨城県猿島郡五霞町幸主18-1
 TEL:0280-84-1000
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:年末年始、第1・3月曜
 標高:10m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:瑛(てる)(約8.6km)・三軒家(さんげんや)(約11.0km)
 近隣の史跡:関宿城(本編)、栗橋城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・12箇所目「ごか」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ごか(037/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ごか(130/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ごか(141/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/10 10:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで食べ放題…933軒目・前橋「つくし」
前橋を散策している折にずっと気になっていたバイキングに、やっとタイミングよく通りかかり立ち寄ることが出来ました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

群馬県前橋市は赤城山の南側、上毛電鉄上毛線の北原(きたはら)駅と樋越(ひごし)駅の間を南北に走る県道114号線を線路から北へ3キロほど進むと県道333号線との交差点の北西に軒を構えるのが「つくし」です。
公共交通機関での訪問が難しい距離であることから大きな駐車場を用意してくれていますがランチタイムとなるとほぼ満車になってしまいます。
DSCF0078_20161021073518dbb.jpg

ランチのピークには少し早い日曜日の午前11時半に訪問してみましたが、11時開店の店内は満席のようです。
店内に入るとレジがあり、小さな紙に大人780円、小学生550円、幼児300円の価格設定となっています。
その先左手には4人掛けのテーブルが4つとバイキング用の調理台があり、右手には30人ほどは入れそうな和室があります。
訪問した時は法事があったようで和室は予約席となっていて、テーブル席のみが解放されていました。
アットホームな店内では、相席が当たり前のようで、人が増えると席の荷物をどかして、ほかのお客さんが「どうぞ」と声をかけてくれます。
店の方もそれに合わせて席の準備をしてくれたため、待たずに席に着くことが出来ました。
DSCF0079_2016102107351721a.jpg

食べ放題の調理台にはコロッケやウズラ玉子の串揚げ、煮物にサラダ、玉子焼きに麺類などアットホームながら手作りするのはちょっと面倒な食材がたくさん並んでいます。
DSCF0080_20161021073517be5.jpg

ついついたくさん皿に並べてしまいたくなりますが、無駄をなくすため、ちょっと少な目に盛り付けてみました(笑)
尿酸値が高いnorizo宅では食卓に並ばないイカの塩辛を見つけたズキマル君は小躍りしながら山盛りのご飯の上にたっぷり塩辛を載せて大喜びです。
DSCF0081.jpg

もちろん、1回の盛り付けで満足できるわけもなく、2回目以降はカレーに揚げ物をあしらったオリジナルのコロッケカレーとともに10種類を超えるおかずや主食を余すことなく食べつくそうと試みましたが…全種制覇は出来ませんでした(笑)
DSCF0083_20161021073514312.jpg

恐ろしいほどリーズナブルな価格設定は、家族経営による人件費コストを最低限に抑えた結果であり、店で走り回るお母さんたちのご苦労が垣間見えます。
しかし、笑顔で次々に新しいおかずを運んでくれる皆さんと、それを見守る常連さんたちに囲まれ、なんとも暖かい時間を過ごすことが出来ました。
またこの辺りを通った時には絶対に立ち寄ろうとズキマル君と再訪を誓い、お礼を言って店を後にしました。

□つくし
 TEL:027-283-1650
 群馬県前橋市鼻毛石町1487-1
 営業時間 11:00-14:00,17:30-20:00
 定休日:月曜日
 駐車場あり

つくしバイキング / 樋越駅北原駅新屋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/09/04 11:30 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・42週目
先日、ボロボロで足が痛そうなため、ズキマル君にトレッキングシューズをと言う話をしましたが、購入してきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

今年の初めころ、財布を拾って警察に届けたら持ち主さんから5,000円分の金券と洋菓子を頂きました。
折を見てズキマル君のために使おうと思っていたのですが、いよいよその機会がやってきました。
先週の木曜の夜、週末の旅行に備えてスポーツデポ(Alpen楽天市場店@アルペン)を訪問してみました。

レディース・キッズ向けのトレッキングシューズは3,000円程度から販売されており、見切り品の中にズキマル君の足にぴったりなものを見つけました。
価格は税込1,999円!!
早速購入しました。
週末には群馬の山城を訪問したので役に立ちました。
IMG_0936.jpg

ちなみに、norizoのトレッキングシューズは、くるぶしのガードがなく軽量な布製のためゴツゴツとした岩地ともなると足にダメージがあります。
…次は自分の分を考えようかな?
などと考えていたら明日から楽天市場でセールがあります。
買っちゃおうかな…
そう思う今日この頃です。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 42週目(10/13~10/19)


体 重: 73.2Kg → 72.6Kg
BMI: 25.94 → 25.72
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
10/16(日)昼 南牧村・井上うどん店(鍋焼きうどん大盛り)
10/16(日)夜 藤岡・ローマの家(ピザ食べ放題)

運動記録:
木曜日:通勤コミ14.2キロ(17,571歩)
金曜日:通勤コミ21.6キロ(28,165歩)
土曜日:休日散歩10.6キロ(12,411歩)
日曜日:休日散歩9.0キロ(14,453歩)
月曜日:休日散歩16.1キロ(18,448歩)
火曜日:通勤コミ14.3キロ(33,752歩)
水曜日:通勤コミ14.1キロ(17,407歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.3Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.47 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/20 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・あぐりーむ昭和(105/165・群馬)
朝から近隣の散策を楽しもうと、仮眠をとらせてもらいましたが、なかなか静かで快適でした。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問105箇所目は、群馬県にある道の駅「あぐりーむ昭和(しょうわ)」です。
関越自動車道の昭和(しょうわ)インターを降りて東側の信号の先すぐ隣に大きな駐車場とともに見えてきます。
DSCF0059_20161019080248d95.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君が好んでやまないのは「鹿角」です。
ここまでしっかりしたものとなると、ズキマル君が元服して武将として初陣に臨む際にあつらえた鎧兜の兜にあしらえたいものです。
DSCF0060.jpg

価格は…税込14,800円!!
ズキマル君が戦国武将の子でなくてよかったです(笑)
DSCF0061_20161019080246e33.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
関越自動車道・赤城高原サービスエリア南側の長井坂トンネルの北側、下道で小さな集落の間を縫って長井坂橋梁の南側の山に続く細く急な坂道を上って行くと「長井坂(ながいざか)城址(群馬県利根郡昭和村川瀬付近)」があります。
DSCF0063_20161019080245031.jpg

下道からはトンネルはありませんが橋梁の見えるトンネル上に出たところが目印で、戻るように登る農道のようなY字路の入口に城址の看板があります。
DSCF0062.jpg

ぬかるんだ未舗装の道路になるため、Y字路手前の舗装道路の脇にクルマを停めさせてもらい、こんにゃく畑を左手に橋梁を右手に見ながら3分ほど歩くと、倒れてしまったものを戻したような「三の丸」の標識が見えてきます。
DSCF0065.jpg

「長井坂城址」の解説パネルが見えるのはそこから少し進んだ場所になります。
ついついこの辺りの畑を見て城跡を分かったような気になっていましたが、実は森の奥が公園になっており、城址が残っています。
DSCF0069.jpg

長井坂城が史実に登場するのは、永禄3年(1560年)に上杉謙信(うえすぎけんしん)が関東に出陣する際にこの地に着陣したのが始まりとされます。
天文20年(1551年)、関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が北条氏に追われ、沼田城を目指すも冷遇されたことから越後を頼って落ちのびました。
永禄3年(1560年)の春、憲政を従えた上杉謙信は猿ヶ京城を経て、沼田城を迂回して長井坂に陣を構えたことから、このころが築城時期と見られているようです。
DSCF0070_20161019081018cd7.jpg

永禄3年(1560年)に三国峠を越えた謙信は小川(おがわ)城名胡桃(なぐるみ)城を攻略、長井坂に着陣すると、退路を断たれる事を危惧した北条勢は撤退しました。
上杉憲政を冷遇し越後へ追いやった沼田城主・沼田顕泰(ぬまたあきやす)は孤立してしまったため、長井坂の陣に謙信を訪れ和睦しました。
その後の長井坂城は、十余回とも言われる謙信の関東出陣の際に、沼田城から厩橋城の間を繋ぐ拠点として整備されました。
DSCF0071.jpg

天正6年(1578年)、上杉謙信の死後、北条氏が再び沼田攻略に乗り出すと、上杉と盟約した武田信玄(たけだしんげん)の武将・真田昌幸(さなだまさゆき)が沼田城を攻略、長井坂城は真田氏(武田氏)と北条氏と境目となりました。
天正8年(1580年)には真田昌幸により長井坂城も攻略されました。

天正10年(1582年)の武田家の滅亡・本能寺の変による織田信長(おだのぶなが)の横死の後、沼田城代となった真田家・矢沢頼綱(やざわよりつな)は、鉢形城主・北条氏邦(ほうじょううじくに)の支城・津久田(つくだ)城を攻めますが敗れ、翌天正11年(1583年)には津久田地衆が長井坂城の真田方の軍勢を撃退して長井坂城には北条氏家臣・猪俣邦憲(いのまたくにのり)が入り、真田・沼田城攻略の最前線になりました。
DSCF0072_201610190810178c4.jpg

豊臣秀吉(とよとみひでよし)により、沼田領は沼田城と名胡桃城を境に分断され、以降は惣無事令(そうぶじれい)を以て武将同士の小競り合いを禁止しましたが、北条氏はそれを無視して名胡桃城調略を行いました。
異を唱えた真田氏に対し、惣無事令を無視した北条氏に対し天正18年(1590年)、豊臣秀吉は小田原攻めを行い北条氏を滅亡させると、長井坂城もその際に廃城になったそうです。
DSCF0074.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→築城時期?
★全国統一(1589年)
→廃城時期?
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

それほど大きくない道の駅ですが、たくさんの農産物とリーズナブルなレストランが魅力的です。
無料の足湯も人気でいつも多くの人たちが楽しんでおり、ほっこりできるスポットです。


□道の駅あぐりーむ昭和
 住所:群馬県利根郡昭和村大字森下2406-2
 TEL:0278-25-4831
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:12月31日~1月4日
 標高:492m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:〇
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:足湯のみ
 近隣のデカ盛り:エルベ(約7.9km)・永井食堂(約10.5km)
 近隣の史跡:長井坂城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・116箇所目「あぐりーむ昭和」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・あぐりーむ昭和(041/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・あぐりーむ昭和(063/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・あぐりーむ昭和(080/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/04 10:00 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…932軒目・沼田「美味軒」
沼田で昼も夜もリーズナブルにお腹いっぱいになれる台湾料理店があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR上越線の沼田(ぬまた)駅東口から県道274号線を道なりに約700m、沼田駅入口交差点から国道120号線日本ロマンチック街道を北へ900m、天狗プラザ交差点から東へ直進して450mで北側に見えてくるのが「台湾料理・美味軒(びみけん)」です。
元コンビニを居抜きで使っているのか、店の前には駐車場がありますが、歩道と車道の段差が大きいところもあるので駐車の際には少々注意が必要です。
DSCF0032_20161018073258b9f.jpg

すっかり日が落ちるのが早くなった土曜日の19時前、駐車場に空きがあるのを見かけてクルマを滑り込ませます。
店内は4人から6人のボックス形式の席などで70名ほどを収容できるようになっています。
中央右手のボックス席をお借りしてメニューを眺めます。
全体的に最近多く見られる台湾料理系とメニューはほとんど変わらず、価格もランチは680円程度、ディナーは880円程度が主流となっています。
DSCF0033.jpg

麺類単品なら480円からあり、入口すぐのところに置かれたホワイトボードにはその日のおススメメニューが通常料金の半額で提供されています。
DSCF0034_201610180732575ff.jpg

ズキマル君が選んだのはコストパフォーマンスに優れた「醤油ラーメン(税込480円)」です。
DSCF0036_201610180732573d2.jpg
オーソドックスな醤油ベースのスープにモチモチの中細縮れ麵、分厚い煮豚が2枚とハーフカットの煮卵、モヤシなどが載っています。
ごくごく一般的なボリュームですが、定食メニューでラーメンが付いてもこのサイズがセットなので、小食の方には注意が必要です。

さて、メインはボリュームに定評の「鶏の唐揚げ定食(税込980円)」を麺類からは台湾ラーメンで勝負です。
DSCF0035_20161018073256b69.jpg
ご飯の大盛りやお替わりの価格をチェックするのを忘れてしまうほどの、ずっしりとしたお盆の上には単品なら480円のフルサイズのピリ辛台湾ラーメンにサラダ、春巻き、漬物に杏仁豆腐・ライスと、遠巻きに見たらグローブかと思うような山盛りの唐揚げがそろっています。

遠巻きにグローブに見えた唐揚げは一つ当たりの大きさも尋常ではなく、ズキマル君の手のひらよりも大きいほどです。
DSCF0037_20161018073255461.jpg
結局、定食の唐揚げを一人で食べきることが出来ずにズキマル君の助けを得て何とか残さずに完食することが出来ました。

美味しくてボリュームのある定食は、食べきれない場合にはパックを頂くこともできるようなのですが、今回は使わずに済んで幸いでした。
次回はランチタイムに訪問してさらにリーズナブルにお腹いっぱいを目指してみたいとズキマル君と話しつつ、再訪を誓って店を後にしました。


□美味軒
 TEL:0278-23-8868
 群馬県沼田市西原新町1523-1
 営業時間 11:00-14:30,17:00-24:00
 定休日なし
 駐車場あり

台湾料理 美味軒台湾料理 / 沼田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/09/03 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・白沢(104/165・群馬)
夕方遅めの訪問だったため、入浴も兼ねて訪問しましたが、あとで写真を見たら手ブレばかりでがっかりです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問104箇所目は、群馬県にある道の駅「白沢(しらさわ)」です。
関越自動車道の沼田インターから120号線日本ロマンチック街道を東に進み、ヤマザキデイリーと出光白沢SSの間の交差点を南に入ると見えてきます。
DSCF0027.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
なかなか良い感じに目に入ったのは「六地蔵(税込800円~)」です。
DSCF0028.jpg

手作りの粘土細工に見えるのですが、なかなか優しげな良い顔をしていて、旅を安全に導いてくれそうです。
DSCF0031.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
沼田インターからすぐのところに「沼田(ぬまた)城跡(沼田公園/群馬県沼田市西倉内町594付近)」があります。
NHK大河ドラマ「真田丸」で真田氏が徳川・豊臣氏に対してひたすら自領と訴え続けた、真田氏ゆかりの地です。
DSCF0041.jpg

沼田城は、天文元年(1532年)に沼田顕泰(ぬまたあきやす)が約三年の歳月を費やして築きました。 
DSCF0039.jpg

天文20年(1551年)北条氏の勢力は拡大の一途をたどり、沼田顕泰は北条氏に従うこととなりました。
しかし、沼田家は山内上杉家と北条家のどちらに属すかで内紛となり、勝利した後北条氏家臣・北条綱成(ほうじょうつなしげ)の子・北条氏秀(ほうじょううじひで)が沼田城主となり、沼田康元(ぬまたやすもと/北条康元)を称しました。
この時、沼田顕泰ら沼田本家は没落しました。
DSCF0040_2016101514565847b.jpg

永禄3年(1560年)に上杉謙信(うえすぎけんしん)が沼田城を落とすと、敗れた沼田顕泰は天神城に隠居しますが、永禄12年(1569年)には内紛が激化し、沼田顕泰と庶子・沼田景義(ぬまたかげよし)は会津へ逃亡しました。
DSCF0043_201610151459571fe.jpg

天正6年(1578年)、上杉謙信が没すると、北条氏政(ほうじょううじまさ)は北条氏邦(ほうじょううじくに)を派遣して沼田城を制圧しました。
天正7年(1579年)、謙信の跡を継いだ上杉景勝(うえすぎかげかつ)と武田信玄(たけだしんげん)の嫡子・武田勝頼(たけだかつより)の間に同盟が結ばれると、勝頼の命を受けた真田昌幸(さなだまさゆき)の調略により天正8年(1580年)に沼田城は真田氏の手に落ちました。
DSCF0045_201610151459575ca.jpg

天正9年(1581年)には旧沼田城主・沼田景義が、金山城主・由良国繁(ゆらくにしげ)の力を借りて沼田城奪回の挙兵しますが、真田昌幸の策略により沼田景義は沼田城内で殺害されてしまい、沼田家は滅亡しました。
DSCF0050_20161015145956ac6.jpg

沼田城はその後、真田氏と北条氏で争われましたが天正17年(1589年)7月、豊臣秀吉(とよとみひでよし)が真田昌幸と北条氏直の沼田領争い問題を仲裁し、沼田城は正式に北条氏直の領地となりました。
しかし、沼田城から5kmの利根川右岸の拠点である名胡桃(なぐるみ)城を真田領に残したため、北条氏邦の重臣で沼田城主・猪俣邦憲(いのまたくにのり)は、名胡桃城を乗っ取りました。
DSCF0053.jpg

この名胡桃城奪取事件に激怒した豊臣秀吉は1590年に小田原攻めを行い北条氏を滅ぼし、沼田城を真田領としました。
同年、真田昌幸の長子・信幸(のぶゆき)が沼田領主となり、慶長2年(1597年)には五層の天守や三層櫓を建造しました。
DSCF0056.jpg

その後91年間、真田氏の居城となりましたが天和元年(1681年)に領地没収となり、翌年には幕府の命により沼田城は完全に破却され、天守が再建されることはなかったそうです。
その後、本多氏が藩主として入封し幕府の交付金で城を再興し、次いで黒田氏や土岐氏の居城となりましたが、明治の版籍奉還に際し、城・館も取り壊されました。
DSCF0051.jpg

明治維新後の大正5年(1916年)に旧沼田藩士で鉄道工事のパイオニアとして名高い久米民之助(くめたみのすけ)によって荒廃した城地が購入され整備されました。
昭和元年(1926年)に沼田町(現・沼田市)に寄付され、現在は沼田公園となり、地域の人たちに親しまれる憩いの場となっています。
DSCF0057.jpg


~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

日帰り入浴施設を併設しており、遅い時間まで営業してくれているため、夕食後に再訪問して入浴することが出来ました。
沼田周辺の観光の折には、遅くまで立ち寄れるスポットとして覚えておくと便利だと思います。

□道の駅白沢(しらさわ)
 住所:群馬県沼田市白沢町平出1297
 TEL:0278-53-3939
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:第2火曜、12月30日~31日
 標高:541m
 ウォシュレット:誰
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:なし
 公園:大
 試食:×
 入浴施設:有
 近隣のデカ盛り:紅華(約2.3km)・金龍花(約18km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・114箇所目「白沢」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・白沢(045/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・白沢(068/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・白沢(079/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 18:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・川場田園プラザ(103/165・群馬)
関東屈指の人気を誇る道の駅は、他の追随を許さないほどたくさんの駐車場があるのに夕方になっても多くの駐車場が満車です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問103箇所目は、群馬県にある道の駅「川場(かわば)田園プラザ」です。
関越自動車道の沼田インターから東に出て、一つ目の下久屋町(しもくやまち)交差点を北側の県道64号線奥利根ゆけむり街道に入り、しばらく道なりに進むとJA利根沼田川場SSの隣に大きな駐車場が見えてくるのですぐにわかります。
大きな駐車場が、道の駅周辺に点在しているのでスタンド側の駐車場が満車でも、諦めずに別の駐車場に回ってみてください。
最近は人気が高いため北側の砂利敷きの駐車場まで満車のこともありますが、そちらの方が待ち時間少なく停めることが出来ます。
DSCF0022.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産品の中にエビスさまの形をしているという「金運のたね」なる表示を見つけました。
DSCF0023_20161015121711f9f.jpg

見てみると、小さな種が金色に塗られています。
財布の小銭入れに入れておくにはちょうどいいサイズで価格も100円とリーズナブル。
なんだかお金が貯まりそうな気がしてきます。
DSCF0024_20161015121710e53.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
NHK大河ドラマ「真田丸」で一躍有名となった真田氏が戦国の世を動かした出来事の舞台となる「「名胡桃(なぐるみ)城址(群馬県利根郡みなかみ町下津3462-2付近)」を訪問してみます。
国道17号線月夜野バイパス沿いに真田軍の目印である「六文銭の幟(のぼり)」が立ち並び、無料の資料館があるので見つけるの
も容易です。
DSCF0005.jpg

無料の資料館には多くの資料が展示されていてボランティアさんが解説もしてくれます。
DSCF0007_201610151217082ac.jpg

伝承によれば室町時代の明応元年(1492年)に沼田城の支城として沼田景冬(ぬまたかげふゆ)によって名胡桃館が築かれ、名胡桃氏を名乗ったのが始まりとされます。
永禄12年(1569年)に内紛で沼田氏が会津に逃亡すると鈴木重則(すずきしげのり)が名胡桃館の城代となりました。
DSCF0009.jpg

天正6年(1578年)、上杉謙信(うえすぎけんしん)の死後、北条氏政(ほうじょううじまさ)は北条氏邦(ほうじょううじくに)を派遣して沼田城を制圧しました。
DSCF0011_20161015122034e1f.jpg

天正7年(1579年)に上杉景勝(うえすぎかげかつ)との甲越同盟により東上野の割譲を受けた武田勝頼(たけだかつより)は、真田昌幸(さなだゆきまさ)に、敵対関係となった後北条氏から沼田領を奪取するよう命じました。
真田昌幸は小川城主・小川可遊斉(おがわかゆうさい)と共に名胡桃館を攻略して隣接地に名胡桃城を築城、ここを足がかりとして沼田城攻略を企図し、沼田氏の内乱に乗じるかたちで沼田城を手に入れることに成功しました。
DSCF0012.jpg

天正9年(1581年)に女渕城主として復帰した沼田景義(ぬまたかげよし)は、金山城主・由良国繁(ゆらくにしげ)の助力を得て沼田奪還に挙兵しますが、真田昌幸の調略で沼田城に迎え入れられた沼田景義は場内で殺害され、沼田氏の家名も途絶えました。
DSCF0013_20161015122032c18.jpg

天正10年(1582年)の武田氏の滅亡後、真田氏と後北条氏が沼田・吾妻領を巡って争うこととなると、名胡桃城は沼田城の有力な支城として沼田領に攻め入ってきた北条の軍を退けました。
DSCF0017_201610151220324ba.jpg

天正17年(1589年)に真田氏と北条氏の敵対関係が続く中、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の調定で沼田を北条に名胡桃を真田にと領地が確定しますが、北条氏方の猪俣邦憲(いのまたくにのり)が、この名胡桃城を不当に侵略してしまいます。
激動の時代を通じて名胡桃城代を務めた鈴木重則は己の不甲斐なさを恥じて沼田の正覚寺で切腹してしまいました。
この事件に激怒した秀吉は、豊臣平和令(とよとみへいわれい)のひとつで大名間の私闘を禁じた惣無事令(そうぶじれい)に反したとして、同年11月北条氏に対して宣戦布告、全国の大名に命じて小田原攻めを開始しします。
北条氏滅亡により、真田領は安堵され名胡桃城は役割を終え廃城となるのですが、豊臣秀吉による全国平定の最後の一角を担った城として現代に名を残すこととなりました。
DSCF0019_20161015122031570.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

広い公園にいくつものレストラン、大きな物産館やブルーベリー摘みにワークショップなど、1日では回り切れないほど充実した道の駅で、人もクルマも多いながら、それでも再訪したくなります。
目的なく立ち寄っても、目的を持って立ち寄ってもリフレッシュしつつ、何かを発見できるスポットです。


□道の駅川場田園プラザ
 住所:群馬県利根郡川場村大字萩室385
 TEL:0278-52-3412
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:不定休
 標高:544m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:○?
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:紅華(約3.1km)・エルベ(約10.1km)
 近隣の史跡:名胡桃城(本編)、沼田城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・115箇所目「川場田園プラザ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・川場田園プラザ(046/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・川場田園プラザ(069/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・かわば田園プラザ(078/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 16:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・水上町水紀行館(102/165・群馬)
群馬県は温泉地が多く楽しめますが、ここでも無料の足湯を楽しみつつのんびりと余暇を過ごすことが出来ます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問102箇所目は、群馬県にある道の駅「水上町水紀行館(みなかみまちみずきこうかん)」です。
群馬県最北の道の駅は関越自動車道の水上(みなかみ)インターから利根川と併走する国道291号線を北上するとエネオスの先に見えてきます。
DSCF0002_201610140812410ad.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産館入口に手作りの「リース」を見つけて目を奪われます。
DSCF0003_20161014081240327.jpg

木の実で動物の人形を象ったオリジナルリースはどれも愛嬌があり楽しめます。
価格も1,000円とリーズナブルなので玄関などに飾っておきたくなります。
DSCF0004_20161014081240acd.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
関越自動車道の水上インターを下りて国道291号線を南に進むとすぐに東側に見えてくる小さな看板には「石倉(いしくら)城跡(群馬県利根郡みなかみ町石倉1641-1付近)」と書かれています。
路地の先なので、クルマは高速道路側の空き地に止めさせて頂いて、3分ほど歩くと畑が見えてきますが、そのあたりが城址だそうです。
前橋市には後に前橋城となる厩橋(まやばし)城の築城前に利用された石倉城がありますが、そちらとは別物です。
DSCF9994.jpg

石倉城は文明10年(1478年)に関東管領・上杉顕定(うえすぎあきさだ)が、故郷の越後と居城する平井城(藤岡市)の中継地として築いたと言われています。
※史実と差異があり永正4年(1507年)との見方もありますので、今回は永正4年バージョンで解説します。
DSCF9995.jpg

関東管領・上杉顕定の弟・越後守護・上杉房能(うえすぎふさよし)が、家臣である守護代・長尾為景(ながおためかげ)に殺されるという事件が永正4年(1507年)に発生しました。
顕定は弟の死に激怒し、兵を集め敵討ちを試みると、迎え撃つ長尾為景は顕定配下の白井城主・長尾景春(ながおかげはる)を味方に引き入れます。
顕定が白井城へ迫ると長尾景春は柏原城(埼玉県狭山市)へ撤退しました。
白井城を制圧した顕定は沼田からこの石倉の地へ至り、越後・上杉房能を討つべく国境越えの体制を整えるため石倉城を築城しました。(ひょっとしたら文明10年に築城していたのかもしれません。)
これはいまだ健在であった長尾景春に補給路を断たれないための万全の備えでした。
DSCF9996.jpg

永正6年(1509年)、越後に入った顕定は、長尾景為を越中へ追い払いましたが、残った景為派の国人の弾圧してしまいました。
DSCF9997.jpg

永正7年(1510年)、越後に不満の声が満ち満ちたころ、長尾景為は越中から帰国して、味方に付けた信州中野の高梨政盛(たかなしまさもり)は長森原の戦いで顕定を破り顕定は自刃して果てました。
DSCF9998_20161014081437f3e.jpg

この長森原の戦いで城主を失った石倉城も、その際に廃城になったと考えられています。
DSCF9999_2016101408143690e.jpg

~現地資料~
「石倉城は文明10年(1478)平井城にあった関東管領上杉顕定が故郷の越後との中継地として清水街道沿いに築いた城であると伝わる。
この頃、越後では顕定の弟で守護職であった上杉房能と守護代長尾為景との抗争が続き、房能は敗死した。
弟を討たれた顕定は、その子憲房とともに白井、沼田を落とし、さらに為景を攻めて一旦は越中に追い込んだが、永正七年(1510)に長森原で戦死し、石倉城も運命を共にしたという。」

もう少し南側から東に入る路地を進むと「石倉氏館跡」もあるそうなので、次回はそちらも併せて歩いてみたいと思います。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

無料の足湯に魚釣りも楽しめる大きな親水公園、その奥の川の向こうの鉄路には動態蒸気機関車を見ることもできる絶好の観光施設です。


□道の駅水上町水紀行館
 住所:群馬県利根郡みなかみ町湯原1681-1
 TEL:0278-72-1425
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:第2・4火曜
 標高:476m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:足湯のみ
 近隣のデカ盛り:あしま園(約1.9km)・しんりん(約15.4km)
 近隣の史跡:石倉城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・112箇所目「水上町水紀行館」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・水上町水紀行館(042/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・水紀行館(066/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・みなかみ町水紀行館(076/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 15:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・月夜野矢瀬親水公園(101/165・群馬)
芝生の広場と縄文・弥生時代の史跡を併せて楽しめる大きな公園は、ズキマル君が楽しみにしているスポットの一つです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問101箇所目は、群馬県にある道の駅「月夜野矢瀬親水公園(つきよのやぜしんすいこうえん)」です。
群馬県から新潟県に向かうJR上越線の上毛高原駅から道なりに東へ800mほど進んだ交差点を南に入ると、その一帯だけ縄文時代にタイムスリップしたようなエリアが見えてきます。
DSCF9990_201610140757555a0.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ノスタルジックな物産館でひときわ場所をとっているのは手作りの「籠(税込1,650円)」です。
DSCF9992.jpg

竹を編み込んで作った作品は民芸品とされていますが、農作業などの日用品としても十分に役立ってくれそうです。
DSCF9993_20161014075753f53.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
JR上越新幹線の上毛高原(じょうもうこうげん)駅を東に出て国道291号線を道なりに小川城交差点から南に進むとすぐに東側に見えてくる自然豊かな公園が「小川(おがわ)城址」です。
DSCF9979_201610140757533d5.jpg

駐車場はありませんが、城址入口の隣の自販機コーナー付近の路肩に3台程度停車できるスペースがあります。
DSCF9980_2016101407575297a.jpg

小川城は、戦国時代前期の明応元年(1492年)沼田景秋(ぬまたかげあき)が築城し小川氏を名乗ったことに始まります。
DSCF9984_201610140759459be.jpg

永禄3年(1560年)、越後・上杉謙信(うえすぎけんしん)が関東進出に乗り出すといち早くこれに下り、その後は謙信の信頼も厚いものがありました。
DSCF9985.jpg

天正6年(1578年)に謙信が没すると、沼田には北条氏が入り、小川城は北条氏により幾度も攻められることとなります。
天正7年(1579年)になると城主・小川可遊斉(おがわかゆうさい/赤松祐正)は武田信玄(たけだしんげん)家臣の真田昌幸(さなだまさゆき)に従い、真田領の一部となりました。
同年には再度北条氏からの攻撃があり小川可遊斉はこれに対抗し迎撃するも、家臣からの突き上げで隠遁することとなってしまいました。
DSCF9987.jpg

北条氏や徳川氏からの艱難辛苦を乗り越えて戦国時代が終わりを告げると小川城は真田領となり、寛永15年(1638年)からは真田信之の孫・真田信利(さなだのぶとし)が二の丸を陣屋として居城しました。
明暦3年(1657年)に真田信利が沼田藩主となり沼田城を領した際、小川城は廃城になったものと思われます。
DSCF9988.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

敷地内もそうですが、近隣には戦国武将・真田氏に由縁する城跡や館跡も多く、温泉や森林浴だけでなく多くの楽しみがあることを再認識します。
しかし、大きな公園は子どもたちを魅了してしまうため、なかなか移動が難しいのも事実です。
ゆっくり時間をとって楽しめるよう、のんびりスケジュールを組むことをおススメします。


□道の駅月夜野矢瀬親水公園
 住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野2936
 TEL:0278-20-2123
 開設時間 午前9時~午後5時半
 休館日:12月29日~1月2日
 標高:411m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:×
 公園:大
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:しんりん(約4km)・エルベ(約7.8km)
 近隣の史跡:小川城(本編)、石倉城、名胡桃城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・113箇所目「月夜野矢瀬親水公園」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・月夜野矢瀬(043/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・月夜野矢瀬親水公園(067/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・月夜野矢瀬親水公園(077/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 14:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・41週目
毎週末、道の駅巡りに合わせて各地の山城跡を歩くようになって以来、ズキマル君の靴がボロボロになっていきます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

最近は週末になると、登頂目的ではない名もない山への登山が多くなっています。
理由は「城跡めぐり」で、今まで知りませんでしたが、関東圏の(ほかの地区も?)天守閣が現存しない城のほとんどは、山の山頂付近に築かれていたようです。
昨年は、城跡を探し当て、その登城口で満足していたのですが、今年は登城口から昇って本丸跡まで目指すようになりました。
「公園」や「自然遊歩道」などと称された場所でも、整備が行き届いていない場所も多く、そろそろスニーカーでの登城も限界のようです。

次の給料が出たら、ズキマル君にもトレッキングブーツを買てあげたいと思い、現在チェックしている最中ですが…
「あとどれくらいこんなたびに付き合ってくれるんだろう?」と、ちょっと寂しくもなります。



関東「道の駅」スタンプラリーの本年の短期コースの期間はあと50日弱、ブログでのご紹介はやっと100件まで行きましたが、実際にスタンプが残っているのはあと40箇所ほどです。
と言うことは、今年だけでもまだあと40箇所ほども城跡を巡ることになるので、早めに準備してあげようと思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 41週目(10/6~10/12)


体 重: 73.7Kg → 73.2Kg
BMI: 26.11 → 25.94
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
10/8(土)昼 甲州市・塩山館(湯麺大盛り)
10/9(日)昼 伊勢原・麻釉(串カツコロッケサラダ定食)
10/10(月)昼 水道橋・丼達(照り焼きにんにく豚丼肉超人)

運動記録:
木曜日:通勤コミ28.6キロ(35,321歩)
金曜日:通勤コミ13.1キロ(16,384歩)
土曜日:休日散歩13.3キロ(20,807歩)
日曜日:休日散歩14.8キロ(17,410歩)
月曜日:休日散歩23.7キロ(31,802歩)
火曜日:通勤コミ14.3キロ(17,120歩)
水曜日:通勤コミ13.5キロ(16,617歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.3Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.47 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/13 08:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・たくみの里(100/165・群馬)
もとは宿場町だった地域全体を観光ワークショップとしてテーマパーク化した道の駅で一息つきます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問100箇所目は、群馬県にある道の駅「たくみの里(りゅうせいかいかん)」です。
関越自動車道の月夜野(つきよの)インターから国道17号線月夜野バイパスを西に進み、同線三国街道を直進してインターからおよそ10キロで湯宿温泉の交差点を県道53号線へ左折します。
後は矢印に従って旧須川宿方面に急勾配の坂道を上るり、案内に沿って道なりに進むと2キロ弱でノスタルジックな宿場町を思わせる風景が広がります。
DSCF9974.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
見つけたのはドングリをベースに作ったあのアニメ映画のキャラクターのような「メモスタンド(税込800円)」です。
DSCF9975.jpg

可愛いキャラクターをあしらった小物は、里山で手に入る自然の木の枝やドングリなどを使って作られており、見ているだけで想像力が豊かになります。
これらをベースに次回の夏休みの自由研究に工作をしてみるなんて言うのも良いかもしれません。
DSCF9976.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年に引き続き「猿ヶ京(さるがきょう)城址/宮野城址(ホテル湖城閣/群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉11付近)」を訪問してみます。
赤谷湖畔北側にそびえる断崖に築城されていたという絶景の城跡は現在「湖城閣(群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉121)」と言う日帰り入浴も可能な旅館になっています。
DSCF9958_201610120752047b6.jpg

国道17号線を新潟県に向かって進み、湖の北側から南へ入る路地に進みますが、その際には「猿ヶ京歴史資料館( 群馬県みなかみ町猿ヶ京1144)」の交差点を目印にします。
DSCF9971.jpg

路地を入るとすぐに大きく「湖城閣」と書かれた門構えが見えてきます。
この辺りからすでに城跡の様相が見えてきますが、湖城閣の駐車場付近ともなると、なるほど当時の様子が思い浮かぶようになってきます。
DSCF9959_20161012075202553.jpg

猿ヶ京(さるがきょう)の地名は上杉謙信(うえすぎけんしん)による命名とされており、国峠を越え小田原城の戦いへと向かう途中、唐申(かのえさる:1560年)年の申(さる:旧暦7月・概ね新暦8月)月、申(さる:木曜日)日に立ち寄ったこの場所で、謙信が縁起の良い夢を見たことに因んで地名を「申ヶ今日」と改め、後に漢字が現在のものに変わったとされています。
※史料では猿ヶ京の命名前の「宮野」と言う地名から「宮野城」と記載されることが多いのですが、今回は「猿ヶ京城」で統一します。
DSCF9960_20161012075656ae7.jpg

猿ヶ京城は永正7年(1510年)、関東管領・上杉憲房(うえすぎのりふさ)と長尾景春(ながおかげはる)が宮野で合戦に及び憲房が敗れた際に史料に登場します。
この時にはすでに猿ヶ京城は存在していたようで、遡ると築城者は憲房の養父・上杉顕定(うえすぎあきさだ)と推測されます。
DSCF9961.jpg

永禄3年(1560年)関東進出を目指した上杉謙信の所領となっていましたが、謙信亡きあと猿ヶ京城は北条氏の支配することとなました。
この時期には武田氏から北条氏へ寝返った岩櫃城斎藤氏系の尻高城主・尻高基勝(しったかともかつ)が、北条氏の命で宮野城の守りにつきました。
しかし、武田氏・真田昌幸(さなだまさゆき)が沼田に進出すると、猿ヶ京城は真田領内に孤立してしまいました。
真田昌幸が海野輝幸(うんのてるゆき)に命じて猿ヶ京城を攻囲させると、尻高氏は城兵の助命を条件に城を開き、自らは自刃しました。
DSCF9962.jpg

天正10年(1582年)に武田家が滅ぶと真田昌幸は織田家家臣・滝川一益(たきがわかずます)へ忍従しましたが、この折に越後の上杉景勝(うえすぎかげかつ)はこ滝川勢を追い散らして猿ヶ京城を確保しました。
本能寺の変で織田信長が横死し、滝川一益が帰国しすると真田昌幸は、真田幸隆(さなだゆきたか)の弟・矢沢頼綱(やざわよりつな)に猿ヶ京城攻めを命じました。
矢沢頼綱が猿ヶ京城に迫ると上杉方の城代・栗林憲景(くりばやしのりかげ)は、退路を断たれるのを恐れ越後へ帰国しました。
以後、猿ヶ京城は真田の城として存続しますが、戦国時代の終焉とともに廃城となったそうです。
DSCF9963.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→廃城時期
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

宿場町の街道沿いの水路のせせらぎの音が心地よく、のんびりと散策していると癒されていくことを感じます。
シゴトや勉強に疲れたら、少しリフレッシュのために古き良き街並みを歩いてみると言うのも良いストレス発散になるのではないでしょうか。


□道の駅たくみの里
 住所:群馬県利根郡みなかみ町須川847
 TEL:0278-64-2210
 開設時間 午前9時~午後4時(冬)
 休館日:1月1日
 標高:552m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:○(15分×2回)
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:猿ヶ京城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・139箇所目「たくみの里」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・たくみの里(044/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・たくみの里(065/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・たくみの里駅(075/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 14:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…931軒目・中之条町「寿し禄」
ランチタイムにはリーズナブルに個室で食事ができる寿司屋があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR吾妻線の中之条(なかのじょう)駅を北に出て200mほどで国道145号線を東へ進み700mほどで伊勢町下交差点から北へ進む国道145号線日本ロマンチック街道を1.2キロ進むと東側に見えてくる立派な和式の建物が「寿し禄(すしろく)」です。
駅から2キロほどと少々距離がありますが、大きな駐車場があるので遠方からクルマで訪問するのにも安心です。
DSCF9951_20161011075054680.jpg

個室が中心の寿司・割烹を得意とする料理店なので少し敷居が高い気もしますが、「デカ盛り天丼」も存在すると聞いたら訪問しないわけにはいきません。
回転すぐの11時半過ぎ、暖簾をくぐると入口右手すぐの個室に案内され、ちょっとドキドキしながらメニューを眺めます。
ランチタイムはリーズナブルとは言え、やはり1,000円超えは否めません。
しかし、ほかのページには1,000円以下のメニューもあるようです。
DSCF9953.jpg

低価格メニューはまさかの「カツ丼(税込790円)」です。さらにミニうどん・そば(税込200円)を付けても1,000円でお釣りが来ます。
ちなみにデカ盛りメニューの「ジャンボロマンチック天丼」は税込2,400円なので、財布の都合上、今回は見送りました。
DSCF9954.jpg

そんなわけで、ズキマル君には「カツ丼(税込790円)」と「セットうどん(税込200円)」を注文してみました。
DSCF9955.jpg
普通盛りだと安心してセットにしてしまったのですが、運ばれてきたカツ丼を見てびっくり、ずっしりと大きな塗り丼には1合半ほどのご飯とそれを覆い隠すようなたっぷりの卵とじのカツが載っています。
セットのうどんは半玉ほどと小ぶりなのでみそ汁感覚ですが、カツ丼にはみそ汁が付かないためちょうどいい汁ものとなります。

メインは天丼の中では最小の「すけろく天丼セット(税込1,000円)」です。
ご飯大盛り(税込100円)にするか、セットそば(税込200円)にするか悩んだ挙句、そばを選んでみました。
DSCF9956_20161011075052e7d.jpg
普通盛りのご飯は1合ほど、その上には大きな海老天と野菜天がたっぷり載っています。
漬物、みそ汁、サラダ、フルーツがセットになっているので、ある意味カツ丼よりもリーズナブルです。
しかし、これで最小サイズですから、どうやら最強の「ジャンボロマンチック天丼(税込2,400円)」に挑戦するには早すぎだったことを悟りました。

かなりのボリュームに十分満足し、ゆっくりとした個室でくつろいでお礼を言って会計を済ませました。
いつかは「ジャンボロマンチック天丼」にチャレンジしようとズキマル君と誓い、店を後にしました。


□寿し禄(すしろく)
 TEL:0279-75-6151
 群馬県吾妻郡中之条町横尾1460
 営業時間 11:30~15:00,17:00~22:30
 定休日:火曜日
 駐車場あり

寿し禄有限会社寿司 / 中之条駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/09/03 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・霊山たけやま(099/165・群馬)
今年から本格的な山城跡を散策できるようになったのは、昨年、この道の駅の後方に構える「嵩山城(たけやまじょう)」でズキマル君が歩くことに自信を付けたことに始まります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問99箇所目は、群馬県にある道の駅「霊山たけやま」です。
JR吾妻線の中之条(なかのじょう)駅北口から国道353号線日本ロマンチック街道を500mほど西に進み、中之条町交差点から県道53号線を3キロほど北の山の中に入っていくと姿を現す古民家風のスポットです。
DSCF9929.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
木工コーナーに物干し竿ほどもある「杖」を見つけました。
DSCF9932_2016101008485463c.jpg

間伐材を使った杖のようで、価格は500円と非常にリーズナブル。
しかし、このサイズだとクルマに乗らなそうなので購入は諦めました。
DSCF9933.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅の後方に見える大きな岩山の山頂にあるのが真田氏ゆかりの「嵩山(たけやま)城址(道の駅霊山たけやま/群馬県吾妻郡中之条町五反田222−1付近)」です。
DSCF9936_2016101008485342a.jpg

ルートは右手の駐車場側からと左手の公園側からのコースがあるのですが、昨年の経験から登りは公園側、下りは駐車場側のコースが歩きやすかったので、今回もそのコースで歩いてみることにします。
DSCF9937_20161010084852ac5.jpg

嵩山(たけやま)城は、室町時代の中期(1400年代)に白井城主・長尾景仲(ながおかげなか)が沼田を中心とする北関東一帯を押さえていた頃に長尾氏により開かれました。
その後は白井長尾氏に属し岩櫃城を本城とする斎藤氏が岩櫃の支城として有しました。
DSCF9938.jpg

永享の乱(1438年)前後になると斎藤氏に内乱があり、近隣の同族間に不和が広がっていきました。
DSCF9944.jpg

永禄3年(1560年)、斎藤氏の配下であった鎌原(かんばら)氏は、敵方の武田信玄(たけだしんげん)に通じて斎藤氏に対抗しようとしました。
鎌原氏の行動に対し岩櫃城主・斎藤憲広(さいとうのりひろ)は、越後の上杉謙信(うえすぎけんしん)に援助にを求めますが、これは斎藤氏と鎌原氏の抗争から武田氏と上杉氏の抗争へと変化してきました。
DSCF9945_20161010085131509.jpg

永禄6年(1563年)、信玄は真田幸隆(さなだゆきたか)を大将として岩櫃城を攻撃、力攻めの不利をさとった真田幸隆は和議を進め、一時戦いは終熄しました。
しかしその間に、真田幸隆は岩櫃城内に調略を施し岩櫃城攻撃を再開、籠城策をとった斎藤憲広でしたが城内の内応者に城を追われました。
DSCF9947.jpg

永禄8年(1565年)の秋、斎藤憲広の嫡男・憲宗(のりむね)は上杉謙信の加勢を得て嵩山城に入りました。
岩櫃城を得た真田幸隆は、これ以降真田の重臣となる池田綱重(いけだつなしげ)の父で嵩山城の重臣・池田佐渡守を調略し、和睦を申し入れて人質を交換しました。
嵩山城から池田佐渡守が退出したことを確認した幸隆は、再び嵩山城攻めを開始しました。
DSCF9949_20161010085129537.jpg

重臣・池田氏を失った城方は敗勢となり城に引き揚げようとするもを真田勢に追い討ちをかけられ落ち延びることすら難しくなりました。
激戦の末に。城主・斎藤憲宗と弟の城虎丸(じょうこまる/享年18歳)を擁した吾妻衆一族は大天狗の岩から飛び込んで自決し、嵩山城は落城し、以降廃城となりました。
DSCF9950_2016101008512984b.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期?
戦国時代(1467年~)
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

古民家のような建物が目立つのですが、別棟に美味しい蕎麦屋やキッズコーナー、大きな公園に山城跡など1日まるまる使ってしまうほど濃厚なスポットです。
山城歩きには長袖長ズボンとしっかりした靴を準備してのぞむことをおススメします。


□道の駅霊山たけやま
 住所:群馬県吾妻郡中之条町大字五反田222-1
 TEL:0279-75-7280
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:12月29日~12月30日
 標高:562m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:なし
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:エルベ(約24.4km)・ぽぷら(約28km)
 近隣の史跡:嵩山城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・142箇所目「霊山たけやま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・霊山たけやま(117/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・霊山たけやま(013/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・霊山たけやま(116/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・中山盆地(098/165・群馬)
朝イチから城めぐりをしようと前泊で道の駅で仮眠をして、朝から城歩きをしてクワガタまで捕まえて戻ってきました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問98箇所目は、群馬県にある道の駅「中山盆地(なかやまぼんち)」です。
関越自動車道の沼田(ぬまた)インターから国道120号線日本ロマンチック街道を西へ進み、利根川を越えた先で国道145号線に変わりますが引き続き日本ロマンチック街道を中之条方面へ、インターからおよそ14キロの中山交差点を南へ入り600mほどで看板に従い西の道に入ると200mほどで見えてきます。
DSCF9923_201610072016393a9.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
店内入り口の一つから入ったところに、オブジェのように美しいポストがあります。
DSCF9926.jpg

よく見ればこれも商品で、価格は15,000円です。
持ち帰り方を考えなければなりませんが、この辺りに別荘でも購入するのなら使ってみたいものです。
DSCF9927.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅の北側を東西に走る国道145号線から田んぼの中に続く砂利道を歩いたところにあるのが「中山城址(群馬県吾妻郡高山村中山3540付近)」です。
DSCF9913_2016100720163707a.jpg

登城道の脇に樹林があるのですが、ふと見ればクワガタがウロウロしていました。
ちなみにスズメバチもいるのでご注意ください。
DSCF9915_20161007201636d54.jpg

中山城の築城は、戦国時代に北条(ほうじょう)氏が上野国主要部を制した後期となる天正11年から14年頃(1583~1586年)と推定されます。
DSCF9916_20161007201636e4f.jpg

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で一躍有名になりましたが、武田氏が滅亡すると真田信繁(さなだのぶしげ)の父、昌幸(まさゆき)が徳川方についた際、北条氏直(ほうじょううじなお)が真田の拠点である岩櫃城と沼田城の中間にある中山の地を押さえるために北条氏邦(ほうじょううじくに)に築城させ、北条氏による真田攻めの拠点として使いました。
DSCF9917.jpg

天正10年(1582年)、中山を占領した北条氏は沼田城主・沼田顕泰(ぬまたあきやす)の三男・沼田綱泰(ぬまたつなやす)を置きました。
その際に北条氏は中山に新城を築き、沼田綱泰の調略で、川田・須川・沼田の地侍が多数北条勢に属しました。
DSCF9918_20161007202052457.jpg

天正14年(1586年)になると、真田昌幸は中山城を奪還し、以降は真田氏の所領となりました。
DSCF9920_2016100720205177e.jpg

築城時期も廃城時期も史料により異なるので、次回もう少し精査して再訪したいと思います。
DSCF9921.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→築城時期?
→廃城時期?
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

まだまだ知名度は高くない道の駅ですが、入浴施設あり宿泊施設ありで交通量も少なく静かなひと時をすごせる快適なスポットです。
昨年に比べずいぶんお客さんが増えており深夜も多くのクルマが駐車していましたが、まだゆっくりと車中泊が楽しめそうです。


□中山盆地
 住所:群馬県吾妻郡高山村大字中山2357-1
 TEL:0279-63-1919(ふれあいプラザ:0279-63-2000)
 開設時間 午前9時~午後16時半(夏季延長)
 休館日:なし
 標高:558m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:○
 公園:○
 試食:少
 入浴施設: あり
 近隣のデカ盛り:しんりん(約8.9km)・エルベ(約12.1km)
 近隣の史跡:中山城(本編)、尻高(しったか)城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2014・中山盆地(064/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・中山盆地(030/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/09/03 09:00 天候:晴れ

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・龍勢会館(097/165・埼玉)
何度も訪問している道の駅ですが、ここでのイベントで知ってレンタルした「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称:あの花)は、今や音楽を聴くだけで泣いてしまうほど心に残る名作となりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問97箇所目は、埼玉県にある道の駅「龍勢会館(りゅうせいかいかん)」です。
関越自動車道の花園インターから西へ、観光名所「長瀞(ながとろ)」を過ぎて県道37号線に入るとしばらくして旧家のような美しい木造の建物群が姿を現します。
龍勢会館は日本最古の手作り「ロケット花火」発祥の地で、そのお祭り「龍勢祭」の様子を1年を通して体験できる資料館が併設されています。
DSCF9905.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
昭和の少年のようなしたり顔でズキマル君が手にしたのは「輪ゴム鉄砲(税込650円)」です。
DSCF9906_201610071916087dc.jpg
※片手に抱えているピーマンは訪問時、大袋で100円だったので速攻ゲットしたものです。

竹を素材に炙りと磨きで仕上げた銃身は美しく、子どもならずとも手に取ってみたくなる名品と言えましょう。
DSCF9908_20161007191608980.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
実は道の駅ちちぶからの方が近いのですが「下原(しもはら)城址(金仙寺/埼玉県秩父市下影森6650付近)」を訪問してみます。
DSCF9891_201610071916077e7.jpg
ちなみに、道の駅ちちぶでご紹介した「秩父氏館」は龍勢会館から5分ほどにあるので、ご興味があればそちらもご確認ください。

金仙寺(こんせんじ)付近が縄張りであったため、別称を金仙寺(こんせんじ)城と呼ばれる下原(しもはら)城は、金仙寺(こんせんじ)の山門と駐車場の間の道を右に進んだところにあるのだそうですが、急な坂道を下った先に登城口は見当たらなかったため、今回はお寺を散策してみました。
DSCF9892_20161007191607baa.jpg

この地を守った橋久保(はしくぼ)氏の居城と言われますが、橋久保氏の素性に行き当たることが出来ませんでした。
墓所には甲斐・武田信玄(たけだしんげん)家臣で武田二十四将の一人、天正3年(1575年)に長篠の戦いで戦死した原隼人(はらはやと/原昌胤(はらまさたね))が祀られていることから、武田氏に所縁の家系であったのかもしれません。
しかし、この墓所も探し当てることが出来ず、どうもしっくりこない城めぐりとなってしまいました。
次回はもう少し詳しく調べてみたいと思いますが、この日はバケツをひっくり返したような雨であったため、これ以上の散策は諦めました。
DSCF9894.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

いつもリーズナブルな野菜が並ぶ道の駅で、ついつい買い過ぎてしまいます。
せっかくの資料館の中にはまだ入ったことがないので、そろそろズキマル君にも興味を持ってもらい、一緒にロケット花火の歴史について学んでみたいものです。


□道の駅龍勢会館(りゅうせいかいかん)
 住所:埼玉県秩父市吉田久長32
 TEL:0494-77-0333
 開設時間 午前9時~午後4時半
 休館日:12月27日~1月3日
 標高:217m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:○(15分×2回)
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:東大門(約7.8km)・阿左美冷蔵金崎本店(約8.9km)
 近隣の史跡:下原城(本編)、秩父氏館


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・86箇所目「龍勢会館」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・龍勢会館(076/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・龍勢会館(079/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・龍勢会館(096/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/08/27 13:30 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・ちちぶ(096/165・埼玉)
訪問したこの日は大雨でしたが、それでも駐車場には多くのクルマが集い、第二駐車場も多くのクルマが停車しています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問96箇所目は、埼玉県にある道の駅「ちちぶ」です。
秩父鉄道の秩父駅の東側、140号線彩甲斐街道沿いにあり、土日ともなると第2駐車場まで満車です。
数年前に出来たウニクス秩父と言うショッピングモールと隣接しているので、出入りの交差点に車が集中し近隣に渋滞が出来ているのですぐにわかります。
DSCF9881_20161007074525906.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
見つけたのは地元の木材を利用した「櫟箸(くぬぎばし)」です。
DSCF9883.jpg

木目の美しさと強さとしなやかさが特徴で、持ち手のサイズに合わせた長さと太さが選べて各650円とリーズナブルです。
DSCF9884.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
小学校の校庭にあるので大人だけだと入りづらい「秩父氏館跡(秩父市立吉田小学校校庭/埼玉県秩父市下吉田3833付近)」へズキマル君を先頭に訪問します。
DSCF9895.jpg

小学校の学舎と体育館の間を抜けて校庭に出ると右手側に史跡が見えてきます。
DSCF9903_20161007074523f21.jpg

秩父(ちちぶ)氏は、奈良時代の第50代・桓武(かんむ)天皇を祖とする桓武平(かんむたいら)・坂東八平氏(ばんどうはちへいし)一族のの中心的な勢力でした。
平安時代、桓武天皇より6代ののちの平将常(たいらのまさつね)が秩父郡中村郷に居して秩父氏を名乗ったのがはじまりです。
DSCF9896_201610070745225da.jpg

将常の子・秩父武基(ちちぶたけもと)は秩父牧別当を兼ねて下吉田牧林に館を築き、その子・武綱(たけつな)がこの地に居館ました。
DSCF9897_20161007074817029.jpg

秩父武綱は平安時代に東北で起きた前九年の役・後三年の役では、源頼義(みなもとのよりよし)とその子・通称八幡太郎・義家(よしいえ)父子に従って戦い永承6年(1051年)には源頼義から「奧先陣譜代ノ勇士」に選ばれて白旗を賜った英雄です。
DSCF9901_2016100707481635f.jpg

その後戦国期まで続いていた秩父氏は秩父孫二郎重国(ちちぶまごじろうしげくに)の代に、鉢形城主・北条氏邦(ほうじょううじくに)に仕えました
天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役で鉢形城が落城すると、重国は吉田の阿熊村に落ち延び、その地の小字を取って「彦久保」と改姓して帰農し、秩父氏館も廃城になりました。
DSCF9904_2016100707481681d.jpg
この場所には明治34年(1901年)に学校が設置され、現在も多くの子どもたちがこの地で学び続けています。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

天気のいい休日には、人が多すぎて駐車場に入れません(笑)
道の駅のとなりのショッピングモールは別経営ですが、買い物にも適しているので併せて利用する際にはそちらの駐車場をお借りすると言うのも手段のひとつかもしれません。

□道の駅ちちぶ
 住所:埼玉県秩父市大宮4625
 TEL:0494-21-2266
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:なし
 標高:236m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:なし
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:悦楽苑(約1.2km)・山賊亭(約4km)
 近隣の史跡:秩父氏館(本編)、下原城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・87箇所目「ちちぶ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ちちぶ(077/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ちちぶ(084/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ちちぶ(056/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/08/27 13:30 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・40週目
体重測定の前日に飲み会が重なってしまい、体重が激増したのは言い訳でしかありません(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

昨晩は仕事仲間との飲み会だったのですが、その中で、子どもたちの足のニオイのハナシになりました。
小学校高学年以降になると、成長期に入り新陳代謝が活発になることから、学校帰りには彼らの足のニオイが納豆臭になっていたりするのは我が家だけではなかったようです。

以前はnorizoの足も納豆臭だったことがありました。
その頃、何かで知った体臭を消すクリームを購入したことがあります。
それが、「ラヴィリン・フットクリーム」と言うアイテムでした。



イスラエル製の怪しいクリームで、量が3gしかないのに価格は1,500円もするため、手が出なかったのですが、いつぞやヨメさんからプレゼントされました。
今思えば、相当な納豆臭だったのでしょう(笑)

ところが、僅か3gのクリームですが半年近く利用でき、しかもその後は足のニオイが無くなりました。

モカさんやズキマル君も同様で、2週間に1回ほど足の指の間にクリームを塗り込むと、納豆臭が漂うことはなくなりました。
(ただし、成長期のためか利用をやめて半年ほどするとニオイが若干再発します。)

そんな話を前回の飲み会でしていたのを聞いた同僚で野球少年を子に持つお母さんが、この商品を買ってみたそうです。

金額も高いし、不安だったそうですが、靴や靴下の異臭に耐え切れず購入すると、異臭が消えたとのこと。
やっぱり我が家以外でも効果があったようです。

そろそろブーツの季節になりますが、気が付くとブーツの中から異臭が…
なんてことも多くなります。

ブーツ自体より、足のニオイを見直してみるというのも、生活臭改善の一端になると思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 40週目(9/29~10/5)


体 重: 71.5Kg → 73.7Kg
BMI: 25.33 → 26.11
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
10/1(土)昼 宇都宮・林屋本店(ハンバーグカツカレーご飯もりよく)
10/2(日)昼 上野・つるや(ジャンボ冷やしそば)

運動記録:
木曜日:通勤コミ15.2キロ(19,724歩)
金曜日:通勤コミ15.1キロ(19,203歩)
土曜日:休日散歩10.7キロ(16,940歩)
日曜日:休日散歩17.9キロ(26,535歩)
月曜日:通勤コミ27.1キロ(30,129歩)
火曜日:通勤コミ16.8キロ(20,307歩)
水曜日:通勤コミ16.3キロ(20,557歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.8Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.64 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/06 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

銀色テントむしでデカ盛り…930軒目・秩父「山賊亭」
ズキマル君が一人前を食べられる年齢になってきたので、以前は二人がかりだった食事を今回は各々頼んでみたいと思い、デカ盛りもある秩父の山間の定食屋さんに向かいます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

秩父鉄道の秩父(ちちぶ)駅の西から南に下り東に抜ける国道299号線を羊山公園の東詰めまで進み、坂氷T字路を北上すること2.5キロ、消防署の先東側の路地をじっと見つめると「山賊亭」の行き先案内の看板が見えてくるので東の路地に入ります。
道を曲がって路地をうねうねと案内板に従って進むこと約500mで到着するのが「山賊亭」です。
公共交通機関からだと距離がありますが、駐車場があるので遠方からの訪問にも安心です。
DSCF9885_20161002215652212.jpg

店内に入ると入口正面に厨房がありカウンターが4席、左手は座敷席となっており4人がけが4つあります。
右手奥にも座敷があるのかもしれませんがふすまが閉まっていて見えませんでした。
座敷手前左手の4人席をお借りしてメニューを眺めます。
マジックで手書きされたメニューにはほかのメニューより少々高めの「山賊」の文字が並びますが、これがサイズアップの目印です。
DSCF9886_20161002215651b3c.jpg

ズキマル君が注文したのは「山賊カレー(税込800円)」です。
DSCF9888_201610022156508bd.jpg
横広のドンブリのような皿の上には1合半ほどのご飯にたっぷりのスパイシーなカレーと口直しのサラダが載っています。
ボリュームはともかくズキマル君は怪訝顔で厨房に質問しに席を立ちました。
ズ:「すみません、山賊カレーを頼んだんですが…」
店:「これが山賊カレーですよ?」
ズ:「山賊焼きが載っているんじゃないんですか?」
店:「違いますよ」
なるほど、先日、信州松本で鳥の唐揚げである「山賊焼き」を食べたズキマル君の中では「山賊焼きの載ったカレー」だと思ったようなのです。
いえいえ、こちらは「山賊亭」の看板メニューをお腹いっぱい頂けるために「山賊カレー」と名付けられているのです。
それを知ったズキマル君は納得し、食べ始めましたが…完食は出来ずに半分以上が父の胃袋に吸い込まれることになりました(笑)

もう1品は以前に親子二人係で「大盛り」を完食した「山賊ラーメン(税込750円)」を普通盛で注文します。
DSCF9887_2016100221565002a.jpg
運ばれてきたのは以前と変わらない洗面器のようなドンブリです。
今回は普通盛りのはずなのに、やっぱり中細ストレートの麺の量は4玉近くに感じられます。
トッピングにはナルト、わかめ、メンマ、チャーシューに加え紅しょうがが載っています。
オーソドックスな醤油ベースの透き通るスープにはやや酸味が感じられますが、それがまた麺との相性抜群です。
懐かしい味ですが、とにかくすごい量です。
本当なら麺が伸びてしまうところですが、カレーでギブアップしたはずのズキマル君が目を光らせてお椀2杯分ほども平らげてくれたので、伸びる前に完食することが出来ました。

価格は昭和さながらですが、味とボリュームは折り紙付きと言う財布にも優しいデカ盛りの名店は、今回もズキマル親子を大満足させてくれました。
次回は「山賊カントンメン」や「山賊カツカレー」にチャレンジしてみたいとズキマル君と話しつつ、お礼を言って店を後にしました。

□山賊亭
 TEL:0494-24-8246
 埼玉県秩父市山田1735-12
 営業時間 11:30-14:00,17:00-20:30
 定休日:水曜日
 駐車場あり

山賊亭定食・食堂 / 大野原駅秩父駅横瀬駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/08/27 12:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・果樹公園あしがくぼ(095/165・埼玉)
秩父散策を検討していたのですが大雨に見舞われ、それでもついつい出かけてしまいました(笑)
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問95箇所目は、埼玉県にある道の駅「果樹公園あしがくぼ」です。
秩父鉄道と西武鉄道秩父線の両方の秩父駅の間を通る299号線を東に向かうと並走する西武線の芦ヶ久保(あしがくぼ)駅のすぐ手前の坂の下にあります。
DSCF9876.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
擬人化された動きが見事に表現された「カエルの置物(400~1,000円)」に見入ってしまいます。
DSCF9880_2016100221275003b.jpg

自然石にあしらったカエルの人形がなんともコミカルで、玄関などに置いておいたら安全祈願のお守りになりそうです。
DSCF9877.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
通るたびに気になっていたのは「高麗郷古民家 ・旧新井家住宅(埼玉県日高市高麗本郷245)」です。
DSCF9860_20161002212749add.jpg

まず「高麗」が読めなかったのですがこれが「こま」と読むこともわかりました(笑)
高句麗は別名を「貊(はく)」と言い、「狛(こま)」に似た文字であることから「こま」と呼ばれたようで、高句麗・高麗と書いても「こま」と読むようになりました。
奈良時代の716年、朝廷は滅亡した旧・高句麗(こうくり)から渡来人(高官)を武蔵に移し、高麗郡を設置しました。
初代郡司は奈良時代の豪族・高麗若光(こまのじゃっこう)で、666年に高麗の副使として天智天皇に貢ぎ物を捧げた使節団の一員でした。
DSCF9861_20161002212748a6e.jpg

設置当時時の郡域は二郷の小郡に分類され、高麗郷(現在の日高市高麗本郷付近)・上総郷(現在の飯能市北東部)と棲み分けられ、上総郷には上総国からの旧高句麗の移民が配置されました。
中世以降郡域を拡大し、江戸時代には現在の鶴ヶ島市全域・日高市のほぼ全域および飯能市の東半分、川越市・狭山市・入間市のそれぞれ北西側の一部を含む地域となり、入間川を境に入間郡との境界となりました。
DSCF9864.jpg

明治時代の廃藩置県後に行われた全国的な府県統合に伴い入間県・熊谷県・埼玉県と所属を変え、明治11年(1878年)の郡区町村編制法制定に伴い、行政区域としての高麗郡が誕生しました。
明治29年(1896年)、郡制の施行のため入間郡に編入されて高麗郡は消滅しました。
しかし、
このエリアを散策してみると、奈良時代からはぐくまれた大陸文化の遺構が数多く見られ、日本文化とは少し違った赤を基調とした明るい色彩の建物に魅了されることも多くあります。
DSCF9870_20161002213525a94.jpg

この「高麗郷古民家」では平成26年に国の登録有形文化財に登録されたばかりの歴史的建造物が無料で見学できます。
江戸時代末から明治時代前半に建てらた格式高い構えを醸し出している母屋や客殿などが見学可能で、納屋などの石垣や白壁は現在でも高麗郷の美しい景観を作り出しています。
DSCF9872_20161002213525a4d.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
→高麗郡誕生
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→高麗郡統合
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

今回は大雨で歩けませんでしたが敷地内からは入れる小川は家族で楽しむのに適した水量の少ない遊水エリアです。
ワークショップやフリーマーケットも多く出店しており、時間を忘れて楽しめる道の駅です。

□道の駅果樹公園あしがくぼ
 住所:埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6
 TEL:0494-21-0299
 開設時間 午前8時半~午後6時
 休館日:12月31日~1月2日
 標高:318m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:×
 公園:小
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:悦楽苑(約5km)・山賊亭(約8km)
 近隣の史跡: 高麗郷古民家(旧新井家住宅)(本編)、根古屋城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・88箇所目「あしがくぼ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・果樹公園あしがくぼ(081/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・果樹公園あしがくぼ(083/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・果樹公園あしがくぼ(057/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/08/27 11:30 天候:雨
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・鴨川オーシャンパーク(094/165・千葉)
今回は鴨川から勝浦まで外房をのんびりと散策してみます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問94箇所目は、千葉県にある道の駅「鴨川オーシャンパーク」です。
富津館山有料道路の富浦インターの先は高速が無いので国道127号線館山バイパスを南に進み、館山駅付近から国道128号線外房黒潮ラインを東に進みます。
JR内房線の江見(えみ)駅から海を見ながら東に約2キロほど進むと見えてきます。
DSCF9818_201610022221541a0.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産館入口ですごく目が合ったのは「木彫りの猫」です。
このほかにも多くの動物の木彫りが置かれており、どれも愛嬌があって本物の動物たちのようです。
DSCF9819.jpg

価格は18,000円と、ちょっと手の届かない価格でしたが、リアルなつくり込から考えると妥当な金額と言えるでしょう。
DSCF9820.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
少し足を伸ばして訪問してみるのは春先に「勝浦ビッグひなまつり」で多くの観光客が訪問することで有名な勝浦にある「勝浦(かつうら)城址(千葉県勝浦市浜勝浦221/八幡岬公園)」です。
勝浦駅から南の南端にある港の先の坂道を登って行くと整備された駐車場の先に広い公園が見えてきます。
DSCF9844.jpg

勝浦城の築城時期等は不明とされますが、もともとは上総・武田氏の一族・真里谷朝信(まりやつとものぶ)の属城だったとされ、天文11年(1542年)に里見氏に属した正木時忠(まさきときただ)が攻略しました。
正木氏は大多喜城を本拠とする正木時茂(まさきときしげ/時忠の兄)系の大多喜正木氏と、勝浦城を本拠とする時忠直系の勝浦正木氏に分かれました。
DSCF9843.jpg

永禄7年(1564年)の「第二次国府台合戦」で里見氏が北条氏に大敗すると、正木時忠は里見氏を離反し、北条氏に通じ、伊豆に五男・頼忠(よりただ)を人質として差し出しました。
DSCF9848_2016100222215184e.jpg

天正4年(1576年)に正木時忠が没すると、勝浦正木氏は再び里見氏に属し、天正7年(1579年)には小田原に人質に出されていた頼忠が帰国して城主となりました。
DSCF9850_2016100222250660c.jpg

天正18年(1590年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役では北条氏を支持する里見氏に属したため、北条氏・里見氏の上総没収によって勝浦城は廃城となりました。
その後は徳川氏家臣の植村泰忠(うえむらやすただ)が勝浦に陣屋を構え、領民に市を開かせて、のちの日本三大朝市に数えられる勝浦朝市をはじめました。
DSCF9856_201610022225050a7.jpg

小田原の役の際、正木氏・養珠院(ようじゅいん/お万)は伊豆で北条氏の人質となっていましたが、北条氏の滅亡により徳川家康(とくがわいえやす)の側室となり、紀伊徳川家の祖となった徳川頼宣(とくがわよりのぶ)、水戸徳川家の祖となった徳川頼房(とくがわよりふさ)を生み、正木氏の血統を後世に残しました。
DSCF9858.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期?
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

親水公園を有していて、週末には多くの家族連れでにぎわいます。
お土産物も多く取り揃えているので、房総観光の際には立ち寄っておきたいスポットです。


□道の駅鴨川オーシャンパーク
 住所:千葉県鴨川市江見太夫崎22
 TEL:04-7096-1911
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:不定休
 標高:10m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:×
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:足湯のみ
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・100箇所目「鴨川オーシャンパーク」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・鴨川オーシャンパーク(005/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・鴨川オーシャンパーク(146/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・鴨川オーシャンパーク(064/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/08/21 14:30 天候:曇り
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ




テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで大盛り…929軒目・鴨川「Kitchenまつかわ」
房総鴨川を散策していたら、ランチ時にズキマル君に海鮮系の食事をねだられ、探してみると良さそうな店を発見したので飛び込みます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR外房線の安房鴨川(あわかもがわ)駅西口ロータリーから西へ200mほどで交差点から国道128号線外房黒潮ラインを南へ500m、加茂川の北詰の交差点から県道24号線長狭街道を800m進むと交差点の先の北側に見えてくるちょっとおしゃれなテラスのあるレストランが「Kitchenまつかわ」です。
道路から少し高い位置にあるため、ちょっと足を踏み入れるのに勇気がいりますが、それを超えてしまえば居心地の良さそうなスペースが広がります。
駅から少し距離がありますが駐車場があるので、遠方からのクルマの訪問でも安心です。
DSCF9821.jpg

店内には5席ほどのカウンターと4人掛けのテーブルが3つ、12人ほどが座れるパーティーテーブルがあります。
ランチのピークを過ぎた13時半頃の訪問で席に余裕があったので、奥のパーティー席を陣取ったズキマル君は嬉しそうにメニューを眺めます。
ランチタイムは定食を、ディナータイムはお酒をたしなめる店になっているようで、ズキマル君と親子連れのnorizoにはランチタイムが似つかわしいようです。
ランチメニューは海鮮系ドンブリ(税込800円)と肉系ドンブリ(税込700円)があります。
ご飯の大盛りとお替わりは無料で、おかずの大盛りは100円増しにで楽しめるというのは、かなりうれしい価格設定です。
DSCF9823_201609301910540a1.jpg

海鮮丼を食べたかったズキマル君が選んだのは「サーモンとイクラ丼ご飯大盛り(税込800円)」です。
DSCF9824_201609301910538de.jpg
透き通るように白い雫型の洋風なドンブリには酢飯ではなくツヤツヤほかほかの白飯が1合ほど、刻み海苔の上には5枚のサーモンが花弁のように盛られ、その中央には大葉が乗り、イクラが咲き誇る花のようにちりばめられています。
これに味噌汁、沢庵、ゼリーとヤクルトがセットになっており、さらにご飯のお替わりが無料となります。

もう1品は「チャーシュー・メンマ・キムチ丼両方大盛り(税込700+100円)にしてみました。
DSCF9825.jpg
こちらはキムチベースに刻みチャーシューとメンマの炒め物がメインとなり、1合ほどのご飯の上にサラダとともに盛られてロコモコのようです。
ヘルシーながらボリュームのある料理は、やはり「おかず大盛り」の効果かもしれません。
こちらも味噌汁、沢庵、ゼリーとヤクルトがセットになっており、もちろんご飯のお替わりが無料となります。

お替わりをするまでもなくズキマル君は大盛りに苦戦しご飯を半分手伝うこととなりました。
しかし、バランスよく食べ進めてみたら、上の具が少し残ったのでご飯をお替りしてしまいました(笑)
「どのくらいお持ちしますか?新しいお茶碗でお持ちしましょうか?」と言っていただけましたので、量は茶碗一杯程度をお願いし、洗い物を増やすのももったいないのでドンブリに足してもらいました。
DSCF9827_20160930191052ef5.jpg

結果、親子で大満足し立ち上がるのもイヤになってしまうほどお腹いっぱいになりました(笑)
鴨川のランチタイムの店選びに新たな一角を見出し、次はどのドンブリにチャレンジしようかと親子で話し合いつつ、お礼を言って店を後にしました。

□Kitchenまつかわ
 TEL:04-7096-7838
 千葉県鴨川市滑谷716-1
 営業時間 11:00~13:30,17:30~21:30
 定休日:水曜日
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/08/21 13:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ