銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでデカ盛り…947軒目・藤岡市「ともや食堂藤岡店」
デカ盛りを称する定食を北関東でチェーン展開する「ともや」をみつけ、ランチタイムに訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR高崎線・八高線の北藤岡駅から出入口を西に出て突き当りを北へ進み200mほどで国道17号線中山道を東に900mほど進むと北側に見えてくるのが「ともや食堂藤岡店」です。
国道沿いと言うことで駐車場があるので、駅からは少し距離はありますがクルマでの訪問も安心です。
DSCF0963_2016123111361923a.jpg

店内に入ると、ランチタイムのピークですが着席率は半数程度と言ったところでしょうか。
居抜きのファミレスがモトなのか、店内にはボックスタイプのテーブル席がたくさんあります。
フロアスタッフの数が少ないのか、しばらく待たされた後に窓際の席に案内してもらいました。
メニューはご飯モノ中心で「普通の店よりも大盛り」であることが特徴だそうです。
さらにご飯やおかずをデカ盛りサイズに変更することができるそうなので、たくさん食べたい人にもおススメです。
DSCF0967_20161231113515e4f.jpg

それでも足りない方には追加でミニメニューもありますが、単品での注文も可能です。
DSCF0965.jpg

注文したのは、リーズナブルなデカ盛りメニュー「びっくりちゃーはん(税込780円)」です。
DSCF0968_20161231113512032.jpg
リーズナブルな価格ながらボリュームは店の発表数値で1キロ程度とかなりのものです。
しかし、デカ盛りの聖地・群馬県と言う土地柄か、普通の大盛りに感じてしまうのですが、食べ始めてみるとやはりずしりと来ます。
パラパラであっさり味のチャーハンは食べやすいのですが、飽きてしまうので、出来れば単品のおかずとのセット注文がいいかもしれません。

ズキマル君が注文したのはミニメニューから「和風ハンバーグ丼(税込280円)」です。
DSCF0969_201612311135110fd.jpg
麺類とセットで注文すると50円引きになりますが、チャーハンとのセットでは割引は効きませんでした。
半合ほどのご飯に、出来合いのハンバーグが載っているので時間がかからないのはうれしいところです。

ちなみに、人員配置のバランスが悪かったのか注文をしようとピンポンを鳴らしたり店員さんを呼んだりしますが、なかなか来てくれません。
見ればほかの席でも同様の状況が見受けられます。
norizoとしては、接客がどうであろうがボリュームさえあれば気にならないのですが、テーブルによってはやや殺気立っています。
確かに、水のお替りすら10回くらい呼ばないと来てもらえないので、訪問時には寛容であれる精神状態で入店する必要があるかもしれません。
結局、レジでも待たされたことが気に食わなかったのか、ズキマル君のお礼の返事が小さかったのが少々気にかかりました。
「ともや」はチェーン展開しているので、次回は別の店舗でほかのメニューにチャレンジしてみたいと思います。

□ともや食堂藤岡店
 TEL:0274-42-8100
 群馬県藤岡市立石1495-1
 営業時間 11:00~24:00
 定休日:なし
 駐車場あり

ともや食堂 藤岡店ラーメン / 北藤岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/11/05 12:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・ふじおか(152/165・群馬)
高速道路のパーキングエリアと併用の道の駅がずいぶん多くなってきましたが、藤岡はその先駆けともいえる存在です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問152箇所目は、群馬県にある道の駅「ふじおか」です。
小さな遊園地を併設したショッピングモールのような上信越自動車道の藤岡パーキングエリア(上りのみ)と併用で、藤岡インター入口近くの国道13号線から利用できます。
DSCF0955_20161230062751dc3.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
年末年始だけでなく、一年中出会える「だるま(税込270円~)」は、参拝に行く機会が少ないnorizoには貴重です。
DSCF0956.jpg

詳しく知らなかったのですが、ダルマには色ごとに叶えられる願い事があるようなので、次に来るときには何を願うべきか考えておきたいと思います。
DSCF0958.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
戦国時代に関東騒乱の中心にいた関東管領の所領「「平井(ひらい)城跡(藤岡市西平井字新曲輪235-1付近)」を訪問します。
DSCF0943.jpg

平井城は永享10年(1438年)に関東管領・山内上杉氏当主の上杉憲実(うえすぎのりざね)の命で築城されました。
上杉憲実は室町将軍・足利義教(あしかがよしのり)と鎌倉公方・足利持氏(あしかがもちうじ)に確執が生じると、長尾忠房(ながおただふさ)に築城させたそうです。
DSCF0944_20161230062748d41.jpg

同年に勃発した「永享の乱」で足利持氏は上杉憲実を討つべく進軍すると、憲実は密かに鎌倉を脱し平井城へ逃がれ室町幕府に援軍を要請しました。
要請を受けた将軍・足利義教は持氏軍を敗り、持氏は幕府軍に降ると永安寺で自刃しました。
DSCF0948.jpg

享徳3年(1454年)鎌倉公方・足利成氏(あしかがしげうじ)が関東管領・上杉憲忠(あしかがのりただ)を暗殺すると、上杉房顕(うえすぎふさあき)は平井城へ移り、以後関東管領・山内上杉氏の本城となりました。
DSCF0950_20161230063112e49.jpg

その後、平井城では山内上杉氏の分裂抗争が起こり、享禄4年(1530年)に上杉憲政(うえすぎのりまさ)が関東管領職につきました。
DSCF0951.jpg

天文14年(1545年)の河越夜戦では、上杉憲政は古河公方・足利晴氏(あしかがはるうじ)に従い北条綱成(ほうじょうつなしげ)の守備する河越城を包囲しましたが、翌天文15年の春に北条氏康(ほうじょううじやす)の奇襲により古河公方軍は潰滅、上杉憲政は平井城に逃れました。
上杉憲政は権威回復のため、天文16年(1547年)佐久に出陣し、志賀城を攻める武田信玄(たけだしんげん)と闘いますが大敗してしまい、関東諸将は上杉憲政を見限って続々と北条氏に属していきました。
DSCF0950_20161230063112e49.jpg

天文20年(1551年)神流川合戦ではの、北条氏康が平井城攻めのために小上野国境の神流川を挟んで対陣すると、激戦の末、憲政は平井城に立て籠りました。
翌天文21年(1552年)年早春、憲政は嫡子・龍若丸(たつわかまる)を残して平井城を脱出、春日山城の上杉謙信(うえすぎけんしん)を頼って越後に逃れました。
平井城に残った憲政の家臣は、北条氏康に龍若丸を差し出して降伏・開城しましたが、龍若丸は斬られ、家臣らも「不義不忠の逆賊」として磔刑に処されました。
その後、氏康は叔父の北条幻庵(ほうじょうげんあん)を平井城に置きました。
DSCF0951.jpg

越後に逃れた憲政は、上杉謙信に関東管領職を譲り、平井城の回復を促しました。
上杉謙信は平井城を奪還、北条幻庵が武蔵松山城に逃れると、永禄3年(1560年)年に厩橋(まやはし)城を関東進出の駐屯地として整備した際に平井城は廃城となりました。
DSCF0954.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
→廃城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

パーキングエリアと併設と言うこともあり、買い物ができる施設が充実しています。
遊園地の遊具には乗ったことがありませんが、ノスタルジックな雰囲気なのでちょっと歩いてみると楽しくなります。

□道の駅ふじおか
 住所:群馬県藤岡市中字広町1131-8
 TEL:0274-24-8220
 開設時間 午前10時~午後7時
 休館日:なし
 標高:77m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ポワール(約1.9km)・寿司けん(約5.8km)
 近隣の史跡:平井城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・78箇所目「ふじおか」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・ふじおか(096/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・ららん藤岡(123/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・ららんふじおか(028/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/05 10:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・52週目
どうやら一般的には昨日が「仕事納め」らしいのです、norizoの勤め先は一般には含まれないようで、本日も仕事が待っています(笑)
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

本日はシゴトに行きますが、とりあえず明日から5連休が取れそうです。
年末年始はヨメさんの実家に子どもたちを連れて訪問し、のんびりと過ごさせてもらうのですが、通常実施しているウォーキングに、この時期には難があります。
ヨメさんの実家付近は田園地帯なので広い歩道がある道路もあるのですが、そこまでの道には歩道がなかったり、お年を召した方が乱暴な車の運転をしていたり、街灯がなかったりと、日の光がない時間帯に歩こうと思うと命の危険さえ感じることがあります。

もちろん、両親にもそれは同様で、気が付けばヨメさんの母上が会うたびに膨らんでいきます(笑)
norizoも気を抜くとどんどん体重が増えるタイプなのですが、母上も同様のようです。
今回の訪問は4日間ほど滞在させてもらう予定なので、自分用にとあるアイテムを購入し、置かせてもらうことにしました。
それが…ルームランナーです。
今回購入したルームランナーは、電動式なのに送料コミでわずか12,400円です。


この冬、自宅用に最高時速10キロまでスピード調整可能なルームランナーを購入したのですが、実際に使用してみると設定速度3キロでランニングをすると、なぜか屋外で時速6~7キロで走っている時と同様のペースになることがわかりました。
このルームランナーで最大速度で走ってみると5分も持ちません。
また、音も大きく、現在の体力では宝の持ち腐れであることがわかりました。
価格は送料コミ21,980円と、こちらもリーズナブルでしたが、両親が時速10キロで毎日走っている姿は想像できないので、ここまでのスペックはいらないでしょう(笑)



…と、言うことでヨメさんの実家には昨日12,400円のルームランナーが届いたそうです。
6キロタイプのルームランナーですが、どの程度の性能なのか…
後日、レビューしたいと思います。

ところで、ウチに置いてある時速10キロタイプのルームランナーは、タンスの肥やしになるかと思いきや、実は月に40時間以上も活躍しています。
DSCF1007_20161110075959f94.jpg
雨にもマケズ、風にもマケズ、冬の寒さにも夜の暗闇にも負けないルームランナーは、気が暮れるのが早くなる秋からはじまり、花粉症が終わる春まで活躍してくれそうです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 52週目(12/22~12/28)


体 重: 71.8Kg → 72.1Kg
BMI: 25.44 → 25.58
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
なし?

運動記録:
木曜日:通勤コミ20.2キロ(28,799歩)
金曜日:通勤コミ8.9キロ(12,309歩)
土曜日:休日散歩14.9キロ(21,920歩)
日曜日:休日散歩15.7キロ(23,176歩)
月曜日:通勤コミ11.0キロ(16,089歩)
火曜日:通勤コミ12.2キロ(18,545歩)
水曜日:通勤コミ12.0キロ(16,787歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.2Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.10 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/12/29 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・発酵の里こうざき(151/165・千葉)
昨年から道の駅としてオープンしたこの施設で、実はすでに数回朝を迎えていますが、静かでなかなか快適です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問151箇所目は、千葉県にある道の駅「発酵の里こうざき(はっこうのさとこうざき)」です。
首都圏中央連絡自動車道のつくば中央・神崎線の神崎(こうざき)インターから北へ出た国道356号線利根水郷ラインを東へ200mほどで見えてくる大きな駐車場とともに見えてきます。
DSCF0901.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
思いのほかリーズナブルに感じるのはチェーンソーアートの「クマの木彫り(税込2,000円)」です。
DSCF0902.jpg
重厚なサイズとデザインは、ちょっと玄関に置いておきたくなるアイテムです。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問するのは「長沼(ながぬま)城址公園(千葉県成田市長沼498付近)」です。
周辺にゴルフ場が多い勾配の多いエリアに、寺や神社とともに見えてくるスポットで、明治時代には福沢諭吉(ふくざわゆきち)が住民のために尽力した地域でもあります。
DSCF0904_20161228075411f4a.jpg

長沼城は室町時代に長沼朝教(ながぬまとものり)によって築城されました。
DSCF0905.jpg

長沼氏の祖は小山氏・結城朝光(ゆうきともみつ)の五男・朝良(ともよし)であるとされ、下野国長沼荘(栃木県)で長沼五郎左衛門と称していました。
結城氏は、永享12年(1440年)に関東地方で起こった室町幕府と結城氏ら関東の諸豪族との間の戦い「結城合戦」で敗走した一族がおり、どうやらその中に長沼氏もいたようです。
DSCF0907.jpg

長沼氏は善政を敷いたことで領民に慕われ、愛された領主であったと言います。
DSCF0911.jpg

千葉氏の庇護のもと長沼領を治めた長沼氏でしたが、戦国乱世の渦中に巻き込まれていくこととなります。
DSCF0912_201612280756004d2.jpg

天正9年(1581年)、長沼城主・長沼武俊(ながぬまたけとし)は竜台合戦で戦死し、長沼城も廃城になりました。
DSCF0913_201612280756009a5.jpg

以降、江戸時代から長沼村の村民は幕府に年貢を納めることで沼の占有権を得ており、村の大半の村民が漁業で生計を立てていました。
周辺の村は、長沼村が独占している長沼の地権をめぐり幕末に訴えを起こすなどしていましたが、明治維新の混乱の折の明治5年(1832年)、周辺の村が印旛県へ長沼の官有地(国有地)化を申請し、長沼村の意見は聞かず、県も独断で了承してしまいました。
それにより沼の独占利権を失った長沼村は、困窮に陥る事になりました。
DSCF0914.jpg

長沼村の小川武平(おがわぶへい)は、「学問のすゝめ」に感銘を受け、著者の福澤諭吉(ふくざわゆきち)に会い、事態の収拾を懇願しました。
福澤は、請願書の案文制作などの教示を行い、当時の権令・柴原和(しばはらやわら)や政府高官・西郷従道(さいごうつぐみち)らに書簡を送るなどの尽力で、明治9年7月、沼は官有地ながら、5年ごとの契約で長沼村の借地権を認めるという形で一応の解決をみました。
福澤は「時事新報」などを通じて長沼村民を支え続け、明治30年3月、正式に無償払い下げの許可が下り、長沼村の利権は回復しました。
大正7年3月29日、福澤諭吉の偉業をたたえ、「長沼下戻記念碑」がここに建立されました。
沼はすでに干拓されてしまいましたが、福澤と村民の熱い思いが今もこの地に残っています。
DSCF0915.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
→廃城時期
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

駐車場が広く、みそや酒など発酵食品が揃っています。
このあたりを訪問した際には立ち寄っておきたいスポットです。

□発酵の里こうざき(千葉)
 住所:千葉県香取郡神崎町松崎855
 TEL:0478-70-1711
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:不定休
 標高:2m
 ウォシュレット:○
 Y!モバイル:3G○
 無料WIFI:○
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:つけ麺秋山(約15.2km)・ダンセン(約21.3km)
 近隣の史跡:長沼城(本編)、神崎(こうざき)城址


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2015・発酵の里こうざき(144/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/30 16:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・水の郷さわら(150/165・千葉)
水辺のスポーツや水害対策について学べる資料館を併設する道の駅は、この日も駐車場に入れないほど多くのお客さんでにぎわっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問150箇所目は、千葉県にある道の駅「水の郷さわら」です。
東関東自動車道湾岸市川潮来線の佐原香取(さわらかとり)インターを降りて北へ、利根川と併走する国道356号線利根水郷ラインを西に進むと見えてきます。
DSCF0881_20161226080049bdc.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
水のさとと言うだけあって、すぐに使えそうながら芸術性にも優れた「手作りルアー(税込1,000円)」に惹かれます。
DSCF0882_201612260800482dc.jpg

釣りだけではなくアクセサリーとしてのデザインセンスもあり、釣好きの人からちょっとしたプレゼントにもらうと嬉しくなりそうです。
DSCF0884_201612260800484de.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
「伊能忠敬(いのうただたか)旧宅(伊能忠敬旧宅/千葉県香取市佐原イ1900-1)」は、道の駅から徒歩1キロほどの水路沿いにあります。
伊能忠敬と言えば、50歳を過ぎてから全国を歩き日本地図を完成させたことで有名ですが、日本史に出てくる偉人の中では、退職後のセカンドライフを充実させた初めての人と言えるかもしれません。
DSCF0889_20161226080047789.jpg

日本の歴史の中で初めて、国土の正確な姿を明らかにした伊能忠敬が、婿入りした17歳から50歳までの30年余りを過ごした家で、醸造業などを営んでいた伊能家の土蔵造りの店舗をはじめ、炊事場、書院、土蔵が残っています。
DSCF0890.jpg

土蔵は古い様式を残し、店舗と正門は忠敬が婿養子に入る前に建てられていたものであり、築200年を超える貴重な建物です。
DSCF0888_20161226080045d27.jpg

17歳で酒造業などを営んでいた伊能家に婿入りした忠敬は、30歳頃から時代の変化とともにその手腕を発揮させていきます。
安永7年(1778年)に天領(江戸幕府直轄地)だった佐原村が知行地(旗本・津田氏の所領)となり、天明元年(1781年)に忠敬は36歳で名主(なぬし・みょうしゅ/村役人の筆頭)とりました。
DSCF0893.jpg

天明3年(1783年)に「天明の大飢饉」が発生した際に、佐原村も米が不作となったため地頭所に出頭し年貢の全額免除と御救金を得たり、利根川の堤防に関する国役普請で堤防工事を指揮・工事費の節約の面でも手腕を発揮したことにより、名字帯刀を許されるようになり、翌天明4年(1784年)に村方後見(むらかたこうけん/副知事職)を命じられました。
天候が落ち着き、家業が安定し始めた寛政2年(1790年)になると忠敬は江戸や京都から暦学の本を取り寄せて勉強したり、天体観測を行ったりして日々を過ごし、店の仕事は実質的に家督を譲った長男に任せるようになりました。
DSCF0894_20161226080345ef5.jpg

そして、伊能忠敬のセカンドライフが歴史書に登場する時代となります。
寛政7年(1795年)に50歳を迎えた忠敬は江戸深川黒江町に居を構え、幕府天文方で19歳年下の師・高橋至時(たかはしよしとき)に師弟の礼をとり、熱心に勉学に励みました。
5年後の寛政12年(1800年)に忠敬は当時55歳で日本地図作成に向けた第一歩となる蝦夷へ向けて出発しました。
それから十余年、全国を行脚して地図作成に努めた忠敬は、文政元年(1818年)になると急に体が衰え、弟子たちに見守られながら満73歳で生涯を終えますが、地図はまだ完成していなかったためその死は地図の完成まで隠されました。
忠敬の死から3年後の文政4年(1821年)に「大日本沿海輿地全図」と名付けられた地図はようやく完成し、忠敬の喪が発せられたと言います。
DSCF0895.jpg

忠敬亡き後の佐原の名家である伊能家は何とか存続するものの、当主不在が続く中で家業の不振は深刻化していき天保年間(1830年~1844年頃)に酒造業を廃業しています。
しかし、分家などの協力もあり、伊能忠敬の偉業の軌跡がこうして今に伝えられることとなりました。
DSCF0898.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→伊能忠敬誕生
→「大日本沿海輿地全図完成
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

週末になると出店がたくさん出ており、それを見ているだけでも楽しめます。
遊覧船や遊水地もあり、さらには近隣に史跡や寺院などの観光地も多くあるので、一日ゆっくり時間をかけて楽しめるスポットです。

□道の駅水の郷さわら
 住所:千葉県香取市佐原イ3981-2
 TEL:0478-50-1183
 開設時間 午前9時~午後5時(冬)
 休館日:月曜、年末年始
 標高:5m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:桶松(おけまつ)食堂(約1.3km)・モコパン(約1.3km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・1箇所目「さわら」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・さわら(048/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・さわら(025/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・水の郷さわら(143/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/03 14:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・くりもと(149/165・千葉)
最近、道の駅の人気が高く、こちらでも駐車場を探すのに手間取りました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問149箇所目は、千葉県にある道の駅「くりもと」です。
東関東自動車道から分岐する東総有料道路の助沢(すけざわ)インターから県道16号線を南へ1キロ強、その先県道44号線を3.8キロほど進むと北側に見えてくる田園風景豊かな場所です。
横長の近代的な美術館をイメージさせる建物を見ると小さ目な道の駅のように思いますが、右手の第二駐車場側にも広場があったり、建物の奥の勾配の下にはニジマス釣りや昆虫採集の出来る林が広がっていたりするちょっとしたレジャー施設です。
DSCF0878.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君と山城を歩く機会が多かったせいか売店で気にするようになってしまったのは自然木の「杖」です。
DSCF0879.jpg

竹製品で節が多く重厚で頑丈そうな、この杖は税込1,380円とリーズナブルでした。
DSCF0880_20161225214539fac.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみるのは「寺台(てらだい)城址(千葉県成田市寺台356付近)」です。
成田山新勝寺(千葉県成田市成田1)の東の山中の山城で、根木名川の北西側の県道44号線のT字路から見える細い路地に見落としそうな小さな看板があります。
DSCF0919_20161225214538584.jpg

この路地までは一応、クルマでも侵入できるのですが、その先に駐車場はありません。
一度見回して登城口を見つけられずに周辺を30分以上探し回って地元の方に位置案内してもらうと、この路地の途中の民家の入口前に歩行者専用の細い路地が続いていることを知らされて初めてルートに気づくことができました。
DSCF0920.jpg

民家の先にはコンクリート敷きの坂道が5分ほど続き、その先に本丸跡が見えてきます。
この地域は千葉宗家の直轄領地で千葉一族である馬場氏が領しており、室町時代後期に寺台城を築城したものと考えられています。
DSCF0921_20161225214536b1a.jpg

関東公方・足利持氏(あしかがもちうじ)に仕えた里見家基(さとみいえもと)は、嘉吉元年(1441年)の結城合戦で結城氏朝(ゆうきうじとも)に与して討死しました。
この際、三男・里見氏義(さとみうじよし)が上総国里見邑に逃れ、上総守護大名の千葉胤直(ちばたねなお)に仕えた際に、上総国海保庄を領して海保(かいほ)を称しました。
DSCF0922_20161225214855a95.jpg

千葉利胤(ちばとしたね)・親胤(ちかたね)が千葉氏当主であった時代には海保勝氏(かいほかつうじ)が執権職に就いており、子の氏之(うじゆき)は千葉富胤(ちばたねとみ)の執権職として寺台城主を務めました。
 DSCF0923_20161225214854604.jpg

この時代、関東で絶大な勢力を誇った北条氏に従うこととなった千葉氏とともに海保氏の未来にも暗雲が立ち込め始めます。
DSCF0925_20161225214853eb3.jpg

海保英氏(かいほひでうじ)が城主だった天正18年(1890年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原城攻めがあり、北条氏が秀吉に降り、千葉氏も改易の憂き目にあうと、英氏の子・氏次(うじつぐ)は徳川家に仕えました。
しかし、のちに改易となり海保氏宗家は断絶しました。
DSCF0924_20161225214852efb.jpg

一方、小田原征伐の際に城代を務めた馬場勝政(ばばかつまさ)は成田市土屋で豊臣勢と戦い戦死し、永興寺(千葉県成田市寺台560)に葬られたと伝えられ、同時期に寺台城は廃城になりました。
DSCF0916_2016122521555174b.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

リーズナブルな生鮮野菜と大きな公園が人気ですが、最近は向かいの建物での日時限定のバイキングを始めたことでさらに魅力を増しました。
今回は駐車場に空きスペースがなく短時間での撤退となってしまいましたが、のんびりと過ごしたい道の駅のひとつです。


□道の駅くりもと
 住所:千葉県香取市沢1372-1
 TEL:0478-70-5151
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:年末年始
 標高:46m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:×
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:たまご屋さんコッコ(約10.2km)・らーめん大漁(約11.9km)
 近隣の史跡:寺台城(本編)、飯櫃城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・3箇所目「くりもと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・くりもと(049/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・くりもと(026/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・くりもと(145/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/03 12:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・多古あじさい館(148/165・千葉)
広大な田園地帯が広がる多古では日本有数のブランド米が採れるため、新米の時期には多くのお客さんが詰め寄ります。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問148箇所目は、千葉県にある道の駅「多古あじさい館(たこあじさいかん)」です。
成田国際空港の南東に位置し、米処・多古米(たこまい)で有名な香取郡(かとりぐん)多古(たこ)町の296号線沿いにあります。
DSCF6700_201512232307465a9.jpg
※撮り忘れのため写真は昨年のものの転用です。

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
どうやら竹細工が工芸品としてたくさん作られているようで、面白い作品がたくさん並べられています。
DSCF0863.jpg

リーズナブルなのは昔遊びの「弓矢(税込380円)」です。
国産品と言うことで、子どもが触っても安心と言うのが大きな魅力と言えるでしょう。
DSCF0861_20161225102107e46.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年に続き「飯櫃(いびつ)城址(千葉県山武郡芝山町飯櫃8付近/蓮福寺)」を訪問してみます。
DSCF0865_201612251021050f1.jpg

飯櫃城は千葉氏族と思われる山室氏の山室常隆(やまむろつねたか)によって天文元年(1532年)に築かれました。
DSCF0867_2016122510210472f.jpg

山室氏はもともとは、山武市松尾町山室の山室城にいた土豪でしたが、戦国時代に徐々に勢力を伸ばし、最盛期には芝山を中心として5万石の土地を領した大名で、千葉氏に属しました。
DSCF0868_20161225102103c0b.jpg

天文15年(1546年)の「河越の合戦」で関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が、北条氏に追われて越後・上杉謙信(うえすぎけんしん)を頼りました。
上杉謙信が永禄3年(1560年)に関東に出陣した際、山室氏は千葉氏に属しながらも北条氏方ではなく、上杉方に味方した上総の大勢力でした。
DSCF0869.jpg

しかし、次第に北条氏の勢力が関東全域に及ぶようになり、上杉謙信の進撃が天文2年(1574年)に途絶えると、北条氏は一気に関東の大勢力となり、山室氏もそれに従いました。
DSCF0873_201612251026108aa.jpg

天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役で北条氏が降伏すると、徳川家康(とくがわいえやす)らの連合軍が飯櫃城を攻撃しました。
飯櫃城では山室光勝(やまむろみつかつ)が主将として連合軍の降伏勧告を一蹴して籠城、上下総州落城え生き残った諸将士らが加勢して、飯櫃城には八百余騎の武者が籠りました。
徳川軍からは徳川秀忠(とくがわひでただ)の庶子・保科正光(ほしなまさみつ)らを将とする一千余騎で迫り近隣に火を放つと、飯櫃城にまで炎が及び山室方の敗北となり飯櫃城は廃城となりました。
DSCF0876_20161225102609823.jpg

大名としての山室氏の歴史はこの敗戦で潰えてしまいましたが、飯櫃城落城のとき、嫡子・光慶(みつよし)らは城を脱出し、のちに光慶の室が男子を生み、その男子は山室蔵人(やまむろくろうど)と名乗り、現在もも山室氏の子孫は、芝山町において続いています。
DSCF0877.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

レストランと物産館がリニューアルされ、眺めのいいレストランでの食事はリフレッシュできそうです。
川を巡る観光船もあるので、ちょっと時間をかけて楽しみたい道の駅のひとつです。

□道の駅多古(たこ)
 住所:千葉県香取郡多古町多古字谷中1069-1
 TEL:0479-79-3456
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:1月1日~1月2日
 標高:4m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:○
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:らーめん大漁(約5.8km)・プれンテイ(約27.7km)
 近隣の史跡:飯櫃(いびつ)城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・4箇所目「多古」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・たこ(050/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・たこ(027/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・多古あじさい館(146/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/03 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・季楽里あさひ(147/165・千葉)
週末の休日前夜に家を出て、のんびりと下道を走り、深夜に道の駅にたどり着いてみると、静かな夜を迎えており快適に朝を迎えて散策を開始します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問147箇所目は、千葉県にある道の駅「季楽里あさひ(きらりあさひ)」です。
房総は犬吠先の西、JR総武本線の旭(あさひ)駅から県道71号線を東に進み、国道126号線と交差する網戸交差点から国道を南へ進み。新設されている飯岡バイパスと交差する飯岡バイパス入口交差点を西に入ると南側に見えています。
DSCF0852.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
草の香りと青さの残る優しい編み笠の「ぼっち笠(税込1,630円/2,380円)」をちょっとかぶってみました。
DSCF0855_20161224085952f15.jpg
千葉県の太平洋側には農業従事者が多く、こうしたアイテムが欠かせないのでしょう。
ちょっと普段使いには苦慮しそうですが、田んぼのあぜ道を歩くときや釣りの時に利用してみたくなります。

ところで、この道の駅のレストランは朝から内容が充実しています。
モーニングは午前11時までですがドリンクバーと卵かけごはんが食べ放題で450円です。
DSCF0853_20161224085951997.jpg

また、行列のできるランチバイキングは旭市産の野菜・肉・魚をふんだんに使った料理が並ぶとのことで、一度は食事をしてみたいと思っています。
DSCF0854.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
道の駅の北、国道126号線の作業着販売店の横に入口の看板を見つけることができるのは「網戸(あじと)城(千葉県旭市イ2796-2付近/木曽義昌公史跡公園)」です。
DSCF0851_20161224085950cda.jpg

路地に入って100mほど、東側に2台分程度の駐車場と小さな庭園があります。
この公園が「木曽義昌(きそよしまさ)公史跡公園」で旧・網戸(あじと)城だった場所と言われています。
DSCF0845.jpg

網戸(あじと/葦戸)城は、 室町時代の応永年間(1394年~1428年頃)に北条氏の家臣・大橋康忠(おおはしやすただ)が築城しました。
周囲が千葉氏・里見氏などの領地でありながら、平坦な場所に残ることから、水城や居館跡だったのではないかと考えますが、築城当時の史料を見つけることはできませんでした。
DSCF0846.jpg

意外でしたが、千葉県は甲斐・武田氏との関わりが深く、甲斐武田氏と祖を同じくする武田信長(たけだのぶなが)を祖先に持つ上総武田氏が領有権を争った場所でした。
木曽(きそ)氏は、源平合戦の時代に平家を討伐して上洛した甲斐源氏の祖・源義仲(みなもとのよしなか/木曽義仲)の嫡流で、戦国時代には同族の武田氏に木曽義昌(きそよしまさ)が仕えました。
DSCF0847.jpg

武田信玄(たけだしんげん)の死後、四男・諏訪勝頼(すわかつより)が武田嫡流を継ぐと、事態が一変しました。
木曽義昌の妻は武田信玄の娘・真理姫だったので反旗を翻すはずはなかったのですが、同族の遠山家が織田側に従ったため遠山家と闘わなければならない重圧があり、また武田勝頼の新府城築城の負担も加わってついに遠山家の調略を受け入れた形で織田信長(おだのぶなが)の甲斐攻めに加わることとなりました。
DSCF0848_2016122409023189e.jpg

天正10年(1582年)に織田信長(おだのぶなが)は武田氏を滅ぼしますが、それもつかの間、本能寺の変で織田信長も横死してしまいます。
織田氏家臣・滝川一益(たきがわかずます)は甲斐武田氏家臣の家族の多くを人質にして清州城を目指していましたが、木曽氏は通行を拒み、本能寺の変からわずか半月ほどで真田昌幸(さなだまさゆき)の母などを含む多くの旧武田家臣の人質を取り戻しました。
DSCF0849_20161224090230d4d.jpg

天正18年(1590年)豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原北条征伐後、徳川家康(とくがわいえやす)の関東移封に伴い木曽義昌は、ここ阿知戸(あじと)に入封となりました。
文禄4年(1595年)に義昌が没すると遺言により水葬されましが、その椿海が江戸時代に干拓されたため石塔が建てられました。
義昌の後に家督を継いだ木曽義利(きそよしとし)は、慶長5年(1600年)に折り合いの悪かった義昌の兄・上松義豊(あげまつよしとよ)を殺して改易となり、名門・木曽氏の歴史に終止符を打ちました。
網戸城は天領(幕府直轄地)となり代官が置かれやがて明治時代を迎えました。
DSCF0850.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→木曽氏改易
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

出来て間もない道の駅ですが、活気があり、物産館もレストランも人でいっぱいです。
これから先、どのように進化していくのかが楽しみな道の駅のひとつです。

□道の駅季楽里あさひ
 住所:千葉県旭市イ5238
 TEL:0479-62-0888
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:6m
 ウォシュレット:○
 Y!モバイル:LTE◎
 無料WIFI:◎
 公園:中
 試食:○
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:食堂 おたふく(約10.5km)・プれンテイ(約13.3km)
 近隣の史跡:網戸(あじと)城(本編)、仲島城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2015・季楽里あさひ(149/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/03 9:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでB級グルメ…946軒目・稲敷市「あらいやオートコーナー」
茨城県は霞ケ浦の東端に、伝説のB級グルメ・弁当自販機があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR鹿島線の潮来(いたこ)駅から西口を北へ850m、交差する国道51号線を西へ5.5キロ進むと東側に見えてくる小さな小屋が「あらいやオートコーナー」です。
砂利敷きでやや段差のある駐車場は3台分ほどのスペースがありますが、常連さんらしきお客さんたちのクルマがひっきりなしに入れ替わりに入ってきます。
DSCF0840_2016122310135975a.jpg

「オートコーナー」は、いわゆるフード系自販機を置いてある休憩施設で、ゲームセンターを併設しているところなどもありますが、こちらは生粋の自販機食堂です。
DSCF0841_20161223101358f54.jpg

この自販機、気のせいか表面のカバーがないようにも思えますが、それもまたノスタルジックでいい感じです。
この日のメニューは「焼肉弁当(税込300円)」のみです。
500円玉が利用できない自販機なので、どうしようかと思っていると、常連さんが小屋の隣の建物の扉に向かって声をかけました。
すると、中から厨房が見え、出てきたお母さんが両替をしてくれていました。
なるほど、弁当の補充はこの建物で作られたものを補充しているようで、そうしている間に自販機の扉を開けて弁当の追加をして見せてくれました。
DSCF0842_20161223101357395.jpg

早速、300円を入れてみると、ゴトっと音がして緑色の包装紙にくるまれた暖かい弁当がすぐに出てきました。
割りばしはちょっと短めのものが自販機にセットされているので必要数を頂きます。
DSCF0843_20161223101356147.jpg

購入した「焼肉弁当(税込300円)」には、生姜焼きの豚ロースが3枚と昆布の佃煮、それに250gほどの炊き立てのようにホカホカのご飯が入っています。
DSCF0844_20161223101355a43.jpg

店内には窓際にカウンター席が2・3席あるのですが、見ている限りこの場で食べていく方は居ません。
のんびりとカウンター席から行きかうクルマを眺めつつ、食事を楽しんでいる間にもたくさんのお客さんがお弁当を購入して帰りました。
せっかくなので、扉に向かってお礼を言って帰ろうとすると、中から奥さんが出てきてにっこりとあいさつをしてくれました。
自販機スタイルの売店ながら、やはり人の気配があるだけで何とも温かい気持ちになります。
リーズナブルに食事をして、適度に満腹感を得て、別のメニューが自販機に並んだ時の再開を思いつつ再訪を誓って店を後にしました。

□あらいやオートコーナー
 TEL:0299-78-2526
 茨城県稲敷市境島529
 営業時間 8:00頃~20:00頃(訪問時点)
 定休日:無休
 駐車場あり

あらいやオートコーナー弁当 / 潮来駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/23 18:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・51週目とサンタクロースについて
年の瀬なので部屋の掃除をしていたら、懐かしいファミコンとファミコンソフトが数本出てきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

気が付けば、我が家にファミコンが来てから数十年、よくもまあ今まで捨てられることもなくファミコンカセットが残っているものだと懐かしんでみたものの、すでにファミコン自体は天寿を全うしており起動しませんでした。
20年ほど前にはガラクタのようにファミコンカセットが100円程度で売り出されていたことを思い出し、手元のスーパーマリオブラザーズを見ながらアマゾンを見てみたら…新品のスーパーマリオブラザーズが1万円で販売されておりビックリです。

さて、懐かしのレトロゲームに喰いついたのはズキマル君です。
今どきのゲームと言えばmicroSDにダウンロードするためパッケージものなど見かける機会も減りつつある中で、スマホよりも格段にデカいのにわずか1本のゲームしか入っていない事に衝撃を受けています。

せっかくゲームカセットがあるので、何か遊ぶ手段がないかと思っていると、テレビCMで「ニンテンドークラッシックミニ」と言う、HDMI出力のファミコンを見つけました。

…しかし、これは1万円以上もします。
これではズキマル君へのクリスマスプレゼントとしては予算オーバーです。

そこで、「ファミコン互換機」なるアイテムで手を打つことになりました。

2.5インチモニター内臓で単4電池で動くと言うかなりマニアックなアイテムです。
昨晩、アマゾンで2,000円程で注文したのですが、すでに今朝には売り切れており、同等機種が倍額程度で販売されていました。

今年はモカさんが中3、ズキマル君が小5となり、サンタさんの存在が薄れつつあるのが少々悲しい所です。
さすがに、この年齢になってくると、サンタさんについて深く話し合う機会もなくなってしまいました。

せっかくなので、昨年までの我が家の「サンタ論」を振り返ってみましょう。

我が家では子供たちが生まれた時から、有耶無耶(うやむや)にしておくと良い結果にならないと考えてきたのがサンタクロースとプレゼントについての問題です。

「サンタさんはどこから来るの?」
「お母さんはどうやってサンタさんに欲しいものを伝えているの?」
「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」


などなど、核心に迫る質問に曖昧に答えるのは、真摯な態度とは言えないと考えるからです。

家庭環境により説明方法が違うかもしれませんので、まずは我が家の前提条件からお話ししておきましょう。
そもそも我が家では2学期の終業式の夜に旅に出てしまうことが多く、自宅でクリスマスを迎える経験がほとんどありません。
そのため、サンタさんは出先にプレゼントを持ってきてくれたり、自宅の枕元に置いてあったりと、その年々で訪問先が違っています。
サンタさん以外でプレゼントをくれるのは、
・祖父母(1,000~3,000円の希望品・一部両親負担)
・お父さん(1,000円程度の玩具や文具)
・ヨメさん(500円程度のお菓子や文房具)
となり、本命のサンタさんからは500~3,000円程度の「本人の望む望まないかかわらないに何か」が贈られます。
と、数だけで言ったらヨーロッパのクリスマス並ですが、その総額は5,000円未満とそれほど裕福な環境ではありません。

また、我が家の大人は、残念ながら誰もサンタにプレゼントをお願いする方法を知らないため、自身が強く念じるしかありません。
あわせて、お父さん(norizo)はここ8年ほど子どもたちのいる前で、サンタクロースに「朝起きたら隣に長澤まさみちゃんがいて欲しい♪」とお願いし続けています。
しかし、まだ1度も実現していません。
今年などはあからさまに、サンタクロースの存在を疑っていますが毎年同様に「サンタが来なかった時用」にお父さんとおばあちゃんからのプレゼントを用意してみました。
こんな現状を鑑みつつ、昨年行ったヒアリング結果を再確認してみましょう。


はじめにズキマル君の「サンタクロース論」をまとめてみましょう。
彼には4歳上の姉がいるため、大きく彼女の意見に左右されるところがあります。
・サンタは生活に役立つものをプレゼントとして持ってきてくれる。
・自分の欲しいものはもらえなかった事が多い。
・父を見る限り、芸能人などの「人間」はもらえない。
・でも、ひょっとしたらおばあちゃんなのかもしれない。

なるほど、夢を持ちながらも現実の厳しさを感じ取る小学4年生に育っています(笑)

ではモカさんの「サンタクロース論」はどうでしょう。

彼女の場合は、四国のバンガローでプレゼントをもらったり、プレゼントがなかったために祖父母に電話をかけて自宅の枕元にプレゼントがあることを確認したりと、これまた普通のうちとは違うプレゼントの受け取りの経験をしています。

そんなモカさんの小学校時代の「サンタクロース論」はこうでした。
・サンタは妖精や精霊の類のため、霊感が強かったり何かきっかけがないと見ることは出来ない。
・精霊だから見えないが、言っていることは相手には聞こえている可能性がある。
・プレゼントはもらうべき子どもの手元に行くまでは、サンタ同様の構造であるため壁を透過することも可能。
目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。
・何が届くかはわからないが、なんとなく日常に置いて使い道のあるものが届くので、クリスマス前の生活雑貨の購入は控える。


また、そんなモカさんは。「明治時代以前の日本にはサンタは来なかったのか?」
と言う疑問を持ち、併せて本人が仮説を立てていました。
これは先だって記載した「目視できるサンタは人型とは限らないし、人に乗り移っている場合もある。」と言うものに準じていました。
雪の降る季節に、金銀財宝などをプレゼントしてくれたケースが日本にも言い伝えられています。
「鶴の恩返し」では雪降る夜に鶴を助けた若者の家に煌びやかな布を織りに女性がやってきます。
「かさ地蔵」では雪深い年末にお地蔵様がソリに金銀財宝を載せてやってきます。
明りの乏しい中世において、「深夜の相手がどこまで見えたのか」と、口伝えの伝承の中で「聞いた相手が認識できるものへと変化を遂げたのではないか。」と言うのが彼女の今年の持論です。
つまり、この時代に「サンタクロース」という認識がなかったために、当時の人々が想像し得る存在へと置き換えられたのだろうと言うのです。
彼女の持論には大いに賛同できる部分が多く、「精霊だから見えないが、相手には聞こえている可能性があるので悪口は言わない。」と言うスタンスは感激していました。


さて、ここであらためて、子どもたちから聞こえてくる質問にnorizoなりに答えてみましょう。
もし、今晩、子どもたちから質問を受けた際に答えに詰まったら参考にしてみてください。
※回答は昨年と同様ですが…

「サンタさんはどこから来るの?」
回答例)
国際的には北欧圏のナントカって村にいるらしいのですが、恐らく精霊の類と思われます。
しかし、調べてみることは大事なので小人の名前とか、サンタさんに奥さんがいるとかは一応調べた上で一般論として伝えます。
お子さんが小さいうちにサンタクロースに関する情報を家族で一緒に絵本などを読んで調べて共有すると言うのも、素晴らしい時間の過ごし方です。

「お母さんはどうやってサンタさんに欲しいものを伝えているの?」
回答例)
前記しましたが、我が家では祖父母・父母ともサンタさんとの通信手段を持っていません。
サンタさんがあなたに必要だと思うものと、あなたがほしいものが一緒だとは限らないけれど、とりあえずメモか何かで12月に入ったら枕元に書いておくことを勧めています。
きっと、あなたの知らないところで、あなたの欲しいものと、それをプレゼントするにふさわしい子どもであるかどうかを見てくれているはずです。
ちなみに、「じゃあ、サンタさんに伝えておくね」は、お子さんが特定の年齢(ウチのモカさんも同様)を迎えた時点で「お母さんは異界のものと話せると言っているフシギちゃん」(または「やっぱりお母さんだったのかぁ(泣)」)になってしまいますので、我が家ではNGワードとしてきました。

「煙突がないのにどうやって入ってくるの?」
回答例)
調べてみるとサンタさんは精霊や妖精の類らしく、煙突がなくても、鍵とか雨戸とか関係なく入って来ることが可能なようです。
恐らく、昔のヨーロッパの家には煙突があり、モカさんの説を参考にすると、人間に近い容姿の精霊・サンタを「霊感の強い人」が見た折に、サイズから判断して「煙突から入ったんだろう」と考えたことが、偏見ながら一人歩きしてしまった…と考えています。
ただ、プレゼントに不満を言えば多分近くにいて聞こえているので、すごく嫌な思いをしていると思うよ、とも伝えています。

「なんで祖父母からはプレゼントがもらえるのに両親はプレゼントをくれないの?」
回答例)
少なくとも我が家では両親からのプレゼントも送られてきました。(価格は安いですけど…)
しかし質問されたら、ケーキや料理がプレゼントのつもりでいたんだけどなぁ…と漏らしつつ、何か小物や雑貨でも買ってあげるのはいかがでしょう。
その際お選びになる方が、その子に読んでもらいたい内容の「本」をプレゼントに加えてみてはいかがでしょう。
意外と、子どもたちは送り主のそんな思いに応えてくれたりします。


さて、今年も彼らの枕元にサンタさんが来てくれるのか…そして今年こそnorizoの枕元に長澤まさみちゃんが添い寝してくれているのか?
まだまだ、期待は捨てていません。

皆さんのうちのクリスマスが今年も幸せでありますように♪


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 51週目(12/15~12/21)


体 重: 72.3Kg → 71.8Kg
BMI: 25.62 → 25.44
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
なし?

運動記録:
木曜日:通勤コミ18.2キロ(24,881歩)
金曜日:通勤コミ12.6キロ(18,794歩)
土曜日:休日散歩22.5キロ(32,736歩)
日曜日:休日散歩15.5キロ(21,784歩)
月曜日:通勤コミ19.0キロ(26,379歩)
火曜日:通勤コミ10.8キロ(13,992歩)
水曜日:通勤コミ14.0キロ(20,875歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: -0.1Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: -0.03 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/12/22 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・いたこ(146/165・茨城)
訪問時間が遅くなってしまったのですが、大型モニターが燦燦と輝き、何ともアミューズメントパークのような雰囲気を持つ道の駅に訪問します。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問146箇所目は、茨城県にある道の駅「いたこ」です。
東関東自走車道・湾岸市川潮来線の潮来(いたこ)インターから県道101号線を北へ1キロほど進んだところにあります。
DSCF0827.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
なんだか江戸時代のパフォーマーを思わせる「ガマの油(税込1,080円)」を見つけて少々驚きます。
DSCF0828.jpg

日本刀を腕に振り、ガマの油をさっと塗れば、あっという間に傷が治るあの「口上」が裏面に記載されているので、それを読んでみるのも楽しそうです。
原材料は…不明です(笑)
DSCF0830_201612190818126df.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問してみたのは「鹿島(かしま)城址(茨城県鹿嶋市城山1-1付近/城址公園)」です。
細い路地を登っていくと本丸跡すぐの場所に駐車場があるので訪問も安心です。
DSCF0833.jpg

鹿島城は常陸平氏・鹿島政幹(かしままさみき)が平安末期の養和元年(1181年)に築城し、それ以降、鹿島氏の居城となりました。
鹿島氏は平安時代後期に常陸・大掾(だいじょう)氏の庶流、吉田清幹(よしだきよもと)の子・平成幹(たいらのなりもと)が鹿島三郎を号したのがはじまりです。
戦国時代の剣豪・塚原卜伝(つかはらぼくでん)も鹿島氏の家老の子で、鹿島氏の分家の出身でした。
DSCF0837.jpg

改修や拡大をつづけてきた鹿嶋城は鹿島義幹(かしまよしもと)によって大改修されました。
永正9年(1512年)に家督を継いだ義幹でしたが、悪政が続いたため家臣らが合議して義幹を廃して鹿島城から放逐しました。
大永4年(1524年)居城を遂われた義幹は、利根川から舟高天ケ原に上陸し鹿島城の軍勢と激戦となりました。
この戦いには鹿島城軍として塚原卜伝も従軍していて高名を馳せました。
DSCF0838_20161219081810da9.jpg

天正18年(1590年)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原征伐が開始されると、隣国の佐竹義宣(さたけよしのぶ)は小田原に参陣し、つづく奥州仕置では兵糧米の調達に奔走したので、秀吉から本領の安堵を受けました。
義宣は常陸支配を実質化するため、水戸城の江戸重通(えどしげみち)や府中城の大掾清幹(だいじょうきよもと)を攻め滅ぼしました。
DSCF0836_20161219081956c5f.jpg

天正19年早春、佐竹義宣は鹿島城主・鹿島清秀(かしまきよひで)ら近隣武将を梅見に誘い、一気に謀殺しました。
この報せを受けた鹿島城では、清秀の妻と家老たちが押し寄せる佐竹氏を迎撃しましたが鹿島城は落城し、鹿島氏嫡流は滅亡しましたが、清秀の子・伊勢寿丸は下総へ落ち延びました。
その後、佐竹氏が秋田に国替えになると、鹿島氏の旧臣たちは徳川家康(とくがわいえやす)に鹿島家の再興を嘆願しました。
家康は伊勢寿丸に再興を許して鹿島惣大行事(そうだいぎょうじ)職を継がせて旧城内に住まわせました。
以後、鹿島氏は武家としてではなく、鹿島神宮の社人中で三要職の一として明治維新に至りました。
DSCF0832.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

ザリガニ釣りやゴルフができる公園があるので日中に訪問すると日が落ちるまで楽しめます。
今回は日が暮れて閉園してしまっていましたが、次回は明るい時間に訪問してのんびりと過ごしたい道の駅です。

□道の駅いたこ
 住所:茨城県潮来市前川1326-1
 TEL:0299-67-1161
 開設時間 午前9時~午後7時
 休館日:なし
 標高:-3m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:〇
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:足湯のみ(有料)
 近隣のデカ盛り:しをみ食堂(約15km)・金満園(約15km)
 近隣の史跡:鹿嶋城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・2箇所目「いたこ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・いたこ(047/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・いたこ(024/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・いたこ(047/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/29 16:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・たまつくり(145/165・茨城)
この道の駅の公園が大好きなズキマル君ですが、たまたまお祭りと重なってしまい、公園どころか駐車場にすら入れないほどの大盛況に圧倒され、早々に撤退することとなりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問145箇所目は、茨城県にある道の駅「たまつくり」です。
関東最大の淡水湖「霞ヶ浦(かすみがうら)」湖畔の北側を東西に走る国道354号線の、霞ヶ浦を渡る霞ヶ浦大橋の東側に位置するのどかな田園地帯にあります。
DSCF0811.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
赤いトンボがかわいらしい竹製の「ヤジロベー(税込470円)」の工作にズキマル君が大興奮して買ってくれとせがみます。
DSCF0813_20161219080403793.jpg

商品名は…竹炭細工!!
どうやらシールの表記ミスのようですが、ちょっと笑ってしまいました。
DSCF0814_20161219080402dc5.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
今回は「宍倉(ししくら)城址(茨城県かすみがうら市宍倉465付近)」を歩いてみます。
DSCF0815.jpg

宍倉城は、鎌倉時代から続く関東の名門・小田(おだ)氏の重臣・菅谷(すがや)氏の居城でした。
永享年間(1429~1441年)には野田氏が領していましたが、宝徳3年(1451年)に野田氏が宍倉を追われたあと、室町幕府第11代将軍・足利義澄(あしかがよしずみ)の弟・小田政治(おだまさはる)が小田氏の当主であった明応5年から天文17年(1496~1548年)頃に小田氏家老の菅谷晴範(すがやはるのり)によって築城されました。
DSCF0817.jpg

天文14年(1545年)、関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が北条氏康(ほうじょううじやす)の奇襲を受けて敗北し、平井城に逃走しました。
これを機に小田氏の勢力が衰退すると、宍倉城は佐竹氏の攻撃を受けるようになり、天正元年(1573年)に佐竹義重(さたけよししげ)に敗れました。
DSCF0821.jpg

天正11年(1573年)、ついに領主・小田氏治(おだうじはる)は孫の金寿丸を人質として差し出し、佐竹氏の軍門に降りましたが、この後に小田氏が大名としてたたび世に出ることはありませんでした。
DSCF0823.jpg

以降、菅谷氏はは佐竹氏の家臣となりましたが、文禄4年(1595年)に佐竹領内の知行割替えが行われると佐竹氏の家臣・大山田氏が城主となりました。
DSCF0824.jpg

のちに菅谷政貞(すがやまささだ)は浅野長政(あさのながまさ)の推挙を受けて徳川幕府に仕官、菅谷氏は徳川家旗本として家名を保ちました。
慶長7年(1602年)に、佐竹義宣(さたけよしのぶ)が移封となると、その際に宍倉城は廃城となりました。
DSCF0825.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→廃城時期
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

霞ヶ浦、大きな公園、水の科学館など家族で訪問して1日楽しめるスポットとして我が家でも人気の高い道の駅です。
訪問の際にはゆっくり時間をとって、休日にのんびりとした時間を過ごしたい大好きな場所です。


□道の駅たまつくり
 住所:茨城県行方市玉造甲1451-1
 TEL:0299-36-2781
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:1月1日~1月3日
 標高:3m
 ウォシュレット:館内誰でもトイレのみ
 イーモバイル(3G):◎
 無料WIFI:×
 公園:大
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:しをみ食堂(約13.5km)・森樹(約18.5km)
 近隣の史跡:宍倉城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・34箇所目「たまつくり」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・たまつくり(020/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・たまつくり(114/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・たまつくり(048/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/29 14:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・ひたちおおた(144/165・茨城)
2016年のスタンプラリーでは短期集中コース対象外ですが、せっかく期間中にオープンしたので前泊で朝を迎えてチェックしておきます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問144箇所目は、茨城県に新設された道の駅「ひたちおおた」です。
JR水郡線の河合(かわい)駅を東に出て一つ目の国道349号線の信号を直進して東に突き進み駅からおよそ700mほどでもう一本の国道349号線を北に300m進むと西側に見えてくる大きな駐車場と近代美術館のようなガラスと柱のコントラストが美しい建物が目印です。
DSCF0758_20161218193025504.jpg
今回からスタンプラリーに参加となる新しい道の駅で、「短期集中コース」では対象外となっていますが、オープンがスタンプラリー期間に間に合ったので、訪問してみました。

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
太田団扇と言う「幸村うちわ・小(税込2,000円)」に目を惹かれます。
DSCF0785_2016121819302581f.jpg

うちわの裏書に領主・佐竹氏の時代から脈々と引き継がれた伝統の香りを感じます。
DSCF0787.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
JR常磐線の勝田(かつた)駅の西口からロータリーを出て、交差点から南へ1キロ進み武田新地交差点から東の路地に入り30mほどで南の路地に入り突き当りを100mほど東へ進んだら十字路を南に入って250m、T字路の先東側に入ると南手に見えてくるのが「武田氏館(たけだうじやかた)」です。
駅からは1.6キロほどの距離なのですが入り組んだ場所にあるため、スマホやカーナビなどで事前にチェックしておかないと迷ってしまうかもしれませんが、坂道ながら駐車スペースもあるのでクルマでの安心です。
DSCF0800.jpg

復元された建物は立派なものですが無料で開放されています。
門をくぐると右手に受付があり、記名をしたら見学スタートです。
DSCF0802_20161218193232487.jpg

館内に入ると、知らなかった武田氏の先祖の歴史が深く記載されています。
ひたちなか武田氏は、戦国の名将・武田信玄(たけだしんげん)で知られる甲斐武田氏の発祥の地と記されています。
DSCF0804_20161218193231a57.jpg

平安時代末期(12世紀初め頃)に源義家(みなもとのよしいえ)の弟・義光(よしみつ)が常陸国(ひたちのくに)への進出を図り、長男・義業(よしなり)を久慈郡佐竹郷(常陸太田市)に、三男・義清(よしきよ)をこの那賀郡武田郷に土着させました。
義清は武田郷の地名をとって武田を名乗り、これが武田氏の始祖となりました。
DSCF0807.jpg

義清とその子・清光(きよみつ)は武田郷周辺の古くからの豪族との間で勢力争いをしていましたが、その行き過ぎた行為を朝廷に訴えられ父子で甲斐国に配流となってしまいました。
その後、甲斐の国に土着した義清父子は、新天地に甲斐源氏発展の楚を築き、その十七代後に信玄が輩出されました。
DSCF0808.jpg


今年からのニューフェイスなので、昨年までにほかの道で確認してきたチェック項目も見ておきます。

2015年版:
チェック項目「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
そば処・茨城において地元産にこだわる「石臼びき常陸秋そば(税込432円)」はチェックしておきたくなります。
DSCF0788_20161218222315a4c.jpg

製造は「伊勢又米穀製粉(常陸太田市中城町199-3)」です。
DSCF0791_2016121822231415a.jpg
昭和5年(1930年)創業の伊勢又米穀製粉は、玄そばを農家(生産者)より直接購入、品質チェックを行い低温倉庫に保管して水分・異型粒等をチェックし、品質意識の高揚に取り組んでいるそうです。
「常陸秋そば」の製粉は、石臼により丁寧に挽いていいて、挽き留めの無いよう注文生産となっているのが特徴です。


2015年版:
チェック項目の「ご当地ソフトクリームを食べまくろう!」は、どうでしょう。
軽食コーナーの軒先に見つけたのは「濃厚牛乳」「奥久慈りんご」「ミックス」(各税込350円)です。
DSCF0798.jpg

注文したのはミックスで「大盛り」にしてもらった結果は、ワッフルコーンの中までぎゅっと詰まった4マキマキ、酸味とさっぱり感がたまらない奥久慈りんごシャーベットと濃厚な牛乳がずっしり来るミルクとベストマッチで、食べ終わっても後を引きます。
DSCF0799_201612182223125e1.jpg


2014年版:
チェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
訪問した時には、コンシェルジュの女性が常駐していましたが、席を空けた隙をぬってブースの写真を撮ってみました。
DSCF0793.jpg
観光の詳細は、このブースで聞くか、外の観光案内版を読んでみることになります。


2013年版:
再チェックしていた「トイレはその後、ウォシュレットになったの?」はどうでしょう?
新設されたモダンなトイレには、ウォシュレットも完備されています。
DSCF0759.jpg

2012年版:1つ目は「屋内休憩スポットはどう?」はどうでしょう。
屋外の屋根付きテラスには、無料WIFIもつながるテーブル席が用意されていました。
DSCF0760.jpg

2012年版:2つ目の「情報施設・資料館は楽しいの?」も確認してみます。
資料館とは言えませんが、トマト狩り体験ができるビニールハウスがあります。
DSCF0762_20161218223006862.jpg

予約制のようですが、種類やサイズに応じて収穫可能数が違うので、手触りや重さ、触感など数人で種別を分けて楽しんだ後に、収穫したトマトをシェアしてみるのも面白いかもしれません。
DSCF0763.jpg

2011・2012年版:1つ目の「併設または隣接する公園」を見渡してみましょう。
小さなキッズゾーンですが、複合遊具が一つあるので、小さいお子さんでも楽しむことができそうです。
DSCF0761.jpg

2011・2012年版:2つ目は「道の駅限定!?美味しい試食♪」もチェックしてみます。
茨城銘菓・亀じるしのどら焼きの試食ができたのはラッキーでした。
DSCF0783.jpg

2010年版:1つ目の「イーモバイルアンテナ使える?」もチェックしておきました。
旧イーモバイル(現Y!モバイル)を解約してしまいました。代わりにドコモの格安SIMに替えたのですが、そこでの3Gでアンテナが3本立っていました。

2010年版:2つ目の「びん牛乳milkの銘柄と価格は?」も、もちろんチェックしておきます。
いばらく乳業株式会社の「いばらき厳選牛乳(税込150円)」を見つけ、小躍りして買い求めます(笑)
DSCF0794_20161218223002755.jpg

2010年版:3つ目の「標高は山?」なんちゃって☆めもさんのホームページから確認させてもらっていますが、こちらの標高は8mですから、冷房を止めたクルマでの真夏の車中泊はキビしそうです。

今回から新規参入の道の駅ですが、これまでに収集されたであろうみんなが大好きなポイントをしっかり押さえています。
建物も素晴らしいのですが、スタッフさんの対応もなかなか良いので今後の展開も楽しみです。


□道の駅ひたちおおた
 住所:茨城県常陸太田市下河合町1016-1
 TEL:0294-85-6888
 開設時間 午前9時~午後6時(夏季延長)
 休館日:なし
 標高:8m
 ウォシュレット:〇
 イーモバイル:未確認
 格安SIM:3G◎
 無料WIFI:◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:なし
 近隣のデカ盛り:
 近隣の史跡:武田氏館(本編)
 

より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※今回新規参加のため、過去情報はありません。

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/29 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・日立おさかなセンター(143/165・茨城)
新鮮な魚介類をリーズナブルにゲットできる日立市のスポットは、バイパス沿いの駐車場は満車になることが多いため、裏の大駐車場にクルマを止めようと思ったら…そっちが一杯で物産館前に止めることになりました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問143箇所目は、茨城県にある道の駅「日立おさかなセンター」です。
常磐自動車道の日立南太田(ひたちみなみおおた)インターから国道6号線陸前浜街道を北に出ておよそ350m、大和田町交差点から国道293号線を東へ3.2キロほど進み、留町交差点から国道245号線を900mほどの西側に市場のような建物と大きな駐車場が見えてきます。
DSCF0779_20161218111402a20.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産館の1階は魚価類中心に生鮮食品の販売や飲食が売り場を占めていますが、2階にひっそりと羊毛フェルトのショップがあります。
小さな植木鉢にあしらわれたのは「サボテン(税込900円)」です。
DSCF0780.jpg

天然素材の色付けの羊毛をギュウギュウに纏め、独創的なデザインをぬいぐるみや絵画にしていきます。
羊毛で作ったものを「羊毛フェルト」、化学繊維を使ったもの「アクレーヌ」と言うそうで、こちらは羊毛フェルト作品の専門店のようです。
DSCF0782_20161218111401133.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは「助川海防城址(くけがわかいぼうじょうし:助川城跡公園/茨城県日立市助川町5-11-3付近)」です。
DSCF0765_20161218111400f00.jpg

築城時期の前に、助川海防(すけがわ)城ができた理由から紐解いてみましょう。
幕末の「黒船来航」と言えば嘉永6年(1853年)ですが、太平洋に面した水戸藩ではそれより30年ほども前から幾度も外国の捕鯨船と遭遇していました。
DSCF0768.jpg

外洋からの外敵の侵入に備え、天保2年(1831年)頃に水戸藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき)が築城を命じました。
ただし、江戸時代の以来、築城は禁止されていたため幕府には「陣屋」として申請されました。
とは言え敷地規模は21万坪で、本丸、二の丸、三の丸、物見櫓、教練場、米蔵、武器庫、武器製造所、弾薬庫、家士住宅、養正舘(学校)も備えていたため、その設備はまさに「城」でした。
DSCF0769_201612181113587b4.jpg

天保2年(1831年)頃の着工から5年後の天保7年(1836年)末に完成し、水戸藩家老で徳川斉昭の従兄弟・山野辺義観(やまのべよしみ)が城主として入城し、徹底した海防体制を整えました。
DSCF0770_20161218111959596.jpg

弘化元年(1844年)「安政の大獄(あんせいのたいごく)」で、徳川斉昭が幕府より謹慎・隠居を命じられた際に山野辺義観も譴責を受け、家督を長男・山野辺義正(やまのべよしまさ)に譲って隠居しました。
DSCF0772_2016121811195831c.jpg

しかし元来病弱であったことに加え、先代藩主斉昭の活動と幕府の関係や複雑な藩内闘争が重なり、嘉永2年(1849年)に義正は26歳で死去しました。
家老と城主を継いだのは弟の山野辺義芸(やまのべよしつね)で、彼が最後の城主となります。
DSCF0775_20161218111957c7f.jpg

助川海防城は、元治元年(1864年)、幕末水戸藩内乱「天狗党の乱」のときに焼失し、本丸表門の礎石の一部、二の丸にあった鳩石を遺構として残し廃城となりました。
DSCF0778.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→築城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
→廃城時期
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

本当に取れたての海鮮がメインなので、買い物を考えるのであればクルマ用にビニールシートや新聞紙を用意しておくと大量買いして帰れます。
自分の好きな刺身や魚卵を載せた「勝手丼」や「浜焼き」も楽しめるので、家族のちょっとしたイベントとして訪問するにも楽しいスポットです。


□道の駅日立おさかなセンター
 住所:茨城県日立市みなと町5779-24
 TEL:0294-54-0833
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:1m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:×
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:大盛軒(道の駅内)・光力(約4.5km)
 近隣の史跡:助川海防城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2014・日立おさかなセンター(118/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・日立おさかなセンター(053/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/29 9:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・上野(142/165・群馬)
夕方遅い訪問となってしまったため、近隣の散策が間に合わず、改めて休みを取って前泊で再訪問をしてみたのですが…夜空の素晴らしさも格別でした。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問142箇所目は、群馬県にある道の駅「上野(うえの)」です。
長野県と群馬県と埼玉県を結ぶ国道299号線沿いにある、道路を挟んで左右にまたがる山深いエリアの道の駅です。
1985年に発生した「日航ジャンボ墜落事故」で有名になってしまった群馬県の上野村にあります。
※「日航ジャンボ墜落事故」の現場となった通称「御巣鷹の尾根(おすたかのおね)」は、堤真一さんや堺雅人さんが好演した「クライマーズ・ハイ」や、渡辺謙さん主演で第33回日本アカデミー賞を獲得した「沈まぬ太陽」の舞台にもなっています。
DSCF0755.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
「山の木の実のペンダント(税込1,500円)」は自然を活かしたナチュラルアイテムです。
DSCF0756_201612170819368be.jpg

素材はクルミの実で、ちょっとインディアンの文化を思い浮かべるデザインが、ちょっと斬新でした。
DSCF0757_2016121708193514a.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
いにしえからこの地に家名を残す「旧黒澤家住宅(群馬県多野郡上野村楢原200-9)」は上野村を代表する史跡の一つです。
DSCF0930.jpg

旧黒澤家住宅は切妻造りの板葺きの総二階屋で、間取り、構造の両面で、一般の農家と異なった大規模で進んだ様式を持っており、座敷の床、棚等の様式や構造法からみて18世紀中頃(江戸時代後期)の建築と考えられており、昭和45年(1970年)に重要文化財として国より指定されました。
黒沢家は代々この地域の大総代を務めた旧家で、板葺石置屋根の構造は、栗の木の板を下部から重ねながら並べ、板が飛ばないように上に石を置くというもので石は3,400個使用されているそうです。
DSCF0931_20161217081933034.jpg

さて、そんな黒田氏が戦国時代に居城したとされるのが「黒田(くろだ)城址(群馬県多野郡神流町黒田251付近/城山稲荷社)」です。
登城道は神流町役場の西に鳥居があり、本丸跡までクルマで進むことができ、稲荷前にクルマを止めるスペースがあります。
DSCF0941.jpg

稲荷社の後方に城跡の遺構が残っており、散策に適していますが鎖道や険しい勾配も見受けられるため、登山に適した服装をしておいたほうが安心です。
DSCF0936_20161217082958728.jpg

黒田氏は江戸時代に天領(幕府直轄地)となった現神流町の上山郷の大総代を代々務めていました。
DSCF0937_201612170829571eb.jpg

黒田氏と言うと豊臣秀吉(とよとみひでよし)の軍師だった黒田如水(くろだじょすい)や、房総・里見氏系の黒田氏が沼田城にいたためそのあたりの歴史と照らし合わせてみたのですが、関係性は見当たりませんでした。
DSCF0939.jpg

意外にも、ネット上に黒田城の歴史について記載されているものを見つけることができず、せっかく訪問したのに地区女王時期や廃城時期については判らず仕舞いでした。
武田氏・真田氏や関東管領上杉氏にもゆかりの地で近隣に山城が多いので、機会を見て、もう少しこのあたりの歴史について調べてみたいと思います。
DSCF0940_2016121708295530a.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

周辺は山ばかりなのですが、恐竜の時代から鎌倉時代・戦国時代の史跡、現代建築物など予想以上の観光名所があふれています。
都会の雑踏に疲れたら、こうした場所でリフレッシュするのも必要かもしれません。


□道の駅上野(うえの)
 住所:群馬県多野郡上野村大字勝山字南平乙118
 TEL:0274-20-7021
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:年末年始
 標高:511m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 無料WIFI:〇
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:黒田家住宅・黒田城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・75箇所目「上野」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・上野(065/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・上野(110/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・上野(159/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/23 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・上州おにし(141/165・群馬)
いつも静かな3D映画館や石の資料館をもつ道の駅で、ひと時くつろぎの時間を過ごします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問141箇所目は、群馬県にある道の駅「上州おにし(じょうしゅうおにし)」です。
群馬県にありますが、最寄りのインターは関越自動車道の本庄児玉(埼玉県)で、敷地の裏を流れる神流川(かんながわ)の向こう岸は埼玉と言う国道462号線十石峠街道(じゅっこくとうげかいどう)沿いにあります。
DSCF0752_20161216082801fdb.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
山あいで河川沿いのエリアだけあって特産品に「三波石の玉砂利(税込300円)」が各種置かれています。
DSCF0753_201612160828015d1.jpg

サイズや色は自然のものなのでいろいろですが、大きさ別に振り分けてくれているので、水槽や植木鉢など用途に合わせて好みのものが選べるのも魅力です。
DSCF0754_20161216082800e82.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
少し県境を越えますが「御嶽城址(金鑚神社/かなさなじんじゃ:埼玉県児玉郡神川町字二ノ宮750)」を訪問します。
DSCF0736_2016121608275930b.jpg

御嶽城は鎌倉時代に長井別当(ながいべっとう)斉藤氏系の長井実永(ながいさねなが)/阿請房良応(あしょうぼうりょうおう)によって築かたのが最初とされています。
DSCF0737.jpg

享徳3年(1454年)、鎌倉公方・足利成氏は関東管領・上杉氏に宣戦布告し享徳の乱が勃発すると、上杉氏に属した安保吉兼(あほよしかね)が文明12年(1480年)に再築城し居城とました。
DSCF0738.jpg

天文15年(1546年)に川越夜戦で関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が北条氏康(ほうじょううじやす)に大敗し平井城に撤退しました。
DSCF0741_20161216082941fee.jpg

天文21年(1552年)北条氏康は安保全隆(あほよしたか?)の守る平井城の前線の要害・御嶽城を攻撃しました。
北条氏の侵略に上杉憲政は平井城も退去し、越後へ落ちていきました。
翌・天文21年(1552年)安保泰広(あほやすひろ)は北条氏康に御嶽城を攻められ降伏しました。
DSCF0743.jpg

永禄4年(1561年)安保氏は再起をかけて北条氏に組し、関東管領となった上杉謙信(うえすぎけんしん)が関東侵攻すに対抗し、上州所領を領し北条氏に被官しました。
DSCF0748_20161216082940b14.jpg

永禄12年(1569年)、武田信玄(たけだしんげん)と境界を接するようになり、元亀元年(1570年)に信玄は御嶽城を攻め落とし、浄法寺の地侍・平沢政実(ひらさわまさざね)を 城主としました。
DSCF0749_20161216082939e2a.jpg

元亀2年(1571年)に武田氏と北条氏が再び同盟を結ぶと御嶽城は北条氏に返還されました。
御嶽城の最後の城主は長井信実(ながいのぶざね)だったことが史料からうかがい知れますが、正確な廃城年代についてはわかっていません。
DSCF0750_201612160829381bd.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→再興時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期?
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

駐車場が道路から少し低い場所にありとても静かなので、車中泊をしてみたいのですが、あまりにも真っ暗で不安になり一度も朝を迎えたことがりません。
星がきれいな地域なので、いつかは星空を見ながら朝を迎えてみたいと思います。


□道の駅上州おにし
 住所:群馬県藤岡市譲原1089-2
 TEL:0274-52-3300
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:火曜、12月28日~1月3日
 標高:169m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):△
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:阿左美冷蔵金崎本店(約17.1km)
 近隣の史跡:御嶽城址(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・77箇所目「上州おにし」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・上州おにし(067/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・上州おにし(108/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・上州おにし(027/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/23 16:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・50週目
最近、年齢を重ねてきたこともあり、「死」を間近に感じる機会が多くなりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

新入社員の時からお世話になっていた、15歳年上の大学の先輩が先日亡くなりました。
死因を聞いてみると「肺がん」でした。
大変なヘビースモーカーで、いつもタバコの香りのする方ですが、温和な良い方でした。
ストレスが溜まるクレーム対応の業務に長く就いていたため、そのストレスを紛らす意味もあったのでしょう。
もう少しで定年という、今年の早春頃から入退院を繰り返していましたが、定年を待たずにこの世を去りました。

気づけば、自分自身も入社してからの期間が人生の半分を超え、いろいろと考える時期に来ているのかもしれません。


とりあえず、今後も健康に気遣いつつ、家族との思い出をたくさん作っていきたいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 50週目(12/8~12/14)


体 重: 73.2Kg → 72.3Kg
BMI: 26.01 → 25.62
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
12/3(土) 渋谷・リトルショップ(スペシャルカレー)
12/4(日) 篠崎・はんなりや(カレーうどん大盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ6.3キロ(9,326歩)
金曜日:通勤コミ24.0キロ(29,794歩)
土曜日:休日散歩35.8キロ(47,606歩)
日曜日:休日散歩11.9キロ(17,567歩)
月曜日:通勤コミ10.9キロ(15,545歩)
火曜日:通勤コミ15.9キロ(19,385歩)
水曜日:通勤コミ30.3キロ(39,641歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +0.4Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.15 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/12/15 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・おがわまち(140/165・埼玉)
訪問時間が閉店時間を少し過ぎてしまい、全館閉館となってしまっていたため、翌日出直してみました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問140箇所目は、埼玉県にある道の駅「おがわまち」です。
関越自動車道の東松山インターから国道254号線嵐山バイパスを西に進み、志賀交差点で小川バイパスを避けて254号線を進むとのんびりとした田園風景の中に大きな建物が見えてきます。
DSCF0731.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
和紙の名所ですが、炭も名産らしく「飾り炭(税込980円)」が美しく展示されています。
DSCF0732_2016121407421878d.jpg

かわいかったのは「飾り炭ちぇりー(税込360円)」で、ストラップの様相と和風の雰囲気がたまりません。
DSCF0734_20161214074217980.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
今回訪問してみたのは嵐山バイパス沿いにある「菅谷(すがや)城(埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷757/菅谷館跡)」です。
大きな公園で駐車場もありますが、夕方には閉鎖になるため注意が必要です。
資料館もあるのですが、訪問した折には改装中で閉館していました。
DSCF0715_20161214074216671.jpg

もともとは鎌倉幕府の御家人・畠山重忠(はたけやましげただ)が元久2年(1205年)に居館していました。
築城は鎌倉時代とされ、大里郡畠山荘(現・埼玉県深谷市)の荘司でしたが鎌倉街道の要衝にあたる菅谷の地に移って館を構えたのが始まりとされます。
DSCF0717_20161214074215e35.jpg

源頼朝(みなもとのよりとも)に仕えた畠山重忠は寿永3年(1184年)に「一の谷合戦」においては源義経(みなもとのよしつね)に従い、平家を震え上がらせた「鵯越(ひよどりごえ)の逆落し」で愛馬・三日月(みかづき)を自らの背中に背負って崖を駆け下り武功を上げました。
しかし頼朝の死後、権力の座を狙う執権・北条(ほうじょう)氏に元久2年(1205年)に謀殺されました。
DSCF0716_201612140742150a7.jpg

長享2年(1488年)に扇谷上杉氏と山内上杉氏が須賀谷原で合戦をした折に、菅谷城として再興されたと考えられています。
この際の菅谷(すがや)城(菅谷館)は、江戸城を築城した太田道灌(おおたどうかん)の嫡男・太田資康(おおたすけやす)が、敵対した扇谷上杉(おおぎやうえすぎ)家が領した河越(かわごえ)城に対して置いた拠点でした。
DSCF0719.jpg

長享元年から永正2年(1487年~1505年)にかけて扇谷上杉氏と山之内上杉氏が争った長享の乱(ちょうきょうのらん)は山内上杉方の勝利に終わり、敗れた菅谷城には一時、扇谷上杉朝良(うえすぎともよし)が幽閉されました。
この、関東管領家の家督争いにより上杉家は衰退し、小田原で勢力を付けた北条早雲(ほうじょうそううん)の進出を許すこととなりました。
DSCF0720.jpg

以降は山内上杉家の拠点として使われ、太田氏が岩槻城へ移ったあと北条氏家臣・小泉掃部助(こいずみかもんのすけ)が居城しました。
DSCF0721_20161214082008190.jpg

その後の史料が確認できず廃城時期などはわかりませんでしたが、見どころの多い居館跡でしたので、次回は資料館の開館を待ってもう少し詳しく歴史を調べてみたいと思います。
DSCF0722_2016121408200716c.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
→築城時期
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→再興時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期?
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

郷土資料館を併設しているので、ノスタルジックなおもちゃがそろっており、家族との会話が弾みます。
物産館に併設するレストランは和食系のテイクアウト商材が充実しているので、ちょっと小腹がすいて時に訪問する事をおススメします。


□道の駅おがわまち
 住所:埼玉県比企郡小川町大字小川1220
 TEL:0493-72-1220
 開設時間 午前9時30分~午後5時
 休館日:毎週月曜、祝日の翌日、12月29日~1月3日
 標高:83m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:×
 公園:近
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣デカ盛り:高見屋(約7km)・そば屋敷花月庵(約11.5km)
 近隣の史跡:菅谷城(本編)、中城ほか


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・81箇所目「おがわまち」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・おがわまち(007/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・おがわまち(041/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・おがわまち(012/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/23 13:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…945軒目・武蔵嵐山「九兵衛屋嵐山バイパス店」
最近、クルマを走らせているとやたらと目にするようになった気がする和食チェーン店のデカ盛りを楽しむことにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東武東上線の武蔵嵐山(むさしらんざん)駅南口から県道251号線を200m南へ進み嵐山駅南口交差点から県道69号線を西へ450mで嵐山三叉路交差点を道なりに西へ県道69号線を進み500mほどで交差点を南西に進むと100mで北側に見えてくるのが「九兵衛屋(きゅうべえや)嵐山バイパス店」です。
和食チェーン店として主にバイパス沿いに多く、クルマでの訪問に適しています。
DSCF0724_201612130758593cb.jpg

メインはうどんですが、丼ものに加え、しゃぶしゃぶの食べ放題なども手掛けています。
ざるうどん系はボリュームを段階的に変えられるようになっており、最大サイズは1キロとデカ盛りにできるのも魅力の一つです。
DSCF0725_201612130758580bd.jpg

和食系のレストランと言うと1,000円超えも辞さない中、価格はリーズナブルなものが多く、ランチなどに財布に負担をかけずに手軽に楽しめるのもうれしい所です。
DSCF0727_201612130758589ba.jpg

ズキマル君が選んだのは最もリーズナブルなメニュー「はいからうどん(税別390円)」です。
DSCF0728_20161213075857e3f.jpg
あっさりした合わせだしの薄く透き通るスープとモチモチでコシの強いうどんのタッグが最強です。
トッピングは揚げ玉、ワカメにカマボコとオーソドックスですが、うどん好きにはたまらない相性のいいメニューです。
ボリューム的にも適量で、ランチに食べれば午後の仕事に胃袋が邪魔にならないサイズです。

そしてメインディッシュは最大サイズメニューの中から「塩肉汁うどん(温盛り)メガ盛り(税別890円)」です。
DSCF0729_2016121307585657b.jpg
1キロのうどんはザル2つに分けて載っていますので、下のほうだけ固まってしまうようなことがありません。
ダシの種類もいろいろあるのですが、あっさりかと思いきや、豚肉の脂が活かされたコッテリ系でガツンと来ます。
1キロとは茹で上げ状態のようで、意外とスルスル食べきれてしまいます。

チェーン店とは言え、うどんの質は専門店に負けておらず、限定数や品切れがないというのもうれしい所です。
ランチタイムながら待ち時間がなく、提供までに時間が短かったのも好印象でした。
次回は度の味付けで楽しもうかとズキマル君とメニューを見直し、再訪を誓って店を後にしました。


□久兵衛屋(きゅうべえや)嵐山バイパス店
 TEL:0493-61-1599
 埼玉県比企郡嵐山町平澤350-1
 営業時間 11:00~23:00
 定休日なし
 駐車場あり

久兵衛屋 嵐山バイパス店そば(蕎麦) / 武蔵嵐山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/23 12:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・いちごの里よしみ(139/165・埼玉)
アクセスしやすいポイントにあるためか、逆に訪問時間が閉店ギリギリになってしまうのはルート取りのミスだったのか、しかし何とか間に合ってスタンプを押すことができました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問139箇所目は、埼玉県にある道の駅「いちごの里よしみ」です。
東武東上線の東松山(ひがしまつやま)駅とJR高崎線の鴻巣(こうのす)駅を結ぶ県道27号線の吉見町役場付近の飲料工場の向かいにあります。
DSCF0691_20161212074106cb5.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君の目に留まったのはアメリカンフラワー製の「カマキリ(税込1,580円)」です。
DSCF0692_20161212074105aed.jpg

アメリカンフラワーとは主に花型のワイヤーに合成樹脂の膜を貼って作る造花ですが、今回見たカマキリなどの昆虫はあまり見かけたことがなかったため斬新でした。
norizoが子どものころは母親が公民館などの教室に通っていた時期があったのですが、最近は下火で見かけなくなっていただけに、とても懐かしく感じました。
DSCF0694_201612120741049d5.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
「松山(まつやま)城址(埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山)」は蔵丘短期大学(埼玉県比企郡吉見町105)に隣接する公園です。
DSCF0695_20161212074103ade.jpg

西側からつながる「岩室観音」は松山城主が代々信仰し護持していたと伝えられており、天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原攻めの際に、松山城の落城に伴い建物の全てが焼失しました。
現在のお堂は江戸時代の寛文年間(1661~1673年頃)に近郷の信者の助力を得て再建したものだそうで、お堂の造りは懸造り様式と言われ、当時には珍しいものだそうですが、無料で拝観できる社屋からの景色はなかなか荘厳です。
こちらからも細く険しい登城道が続いているのです本丸跡から下ってみたのですが、高低差のある岩場が続き、自然の樹木に手足をひっかけないと上り下りができないような場所もあるので、あまりおススメできません。
DSCF0697_20161212074103a97.jpg

武蔵・松山(まつやま)城は、元弘3年(1333年)に源氏・新田義貞(にったよしさだ)が鎌倉の北条高時(ほうじょうたかとき)を攻めたおりに要害を構えたのが始まりとされ、その後応永6年(1399年)に扇谷上杉(おうぎがやうえすぎ)家の家老・上田友直(うえだともなお)により築城されました。
DSCF0698.jpg

天文6年(1537年)関東制覇に乗り出し勢いに乗る北条氏綱(ほうじょううじつな)は、松山城を侵攻するも落とすことができず撤退しましたが扇谷上杉氏が川越城奪回を目指して攻め上る際に北条氏康の夜襲により撃退され、松山城も奪われました。
その後、上田氏は北条氏に寝返り、松山城は北条氏配下の上田氏の居城となりました。
DSCF0700_201612120821386df.jpg

永禄4年(1561年)上杉謙信(うえすぎけんしん)が松山城を攻略し智将・太田資正(おおたすけまさ)に預けました。
翌永禄5年(1562年)北条氏が甲斐武田氏の援軍を得て大軍をもって攻撃しましたが容易に落城せず、武田氏は金山衆を使って地下に穴を掘る作戦をとりましたがこれも失敗しました。
北条・武田軍は完全包囲で兵糧攻めを行い、松山城を落とすと再び上田氏の居城となりました。
DSCF0702.jpg

天正18年(1590年)豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原・北条氏征伐では北条氏方についた松山城は前田利家(まえだとしいえ)・上杉景勝(うえすぎかげかつ)等の大軍に囲まれて落城しました。
DSCF0704_20161212082136b2f.jpg

豊臣秀吉による天下統一後に徳川家康(とくがわいえやす)が関東に入部すると、松平家広(まつだいらただひろ)が城主となり、家督を継いだ従弟の松平忠頼(まつだいらただより)が慶長6年(1601年)に遠江国浜松に転封とると松山城は廃城となりました。
DSCF0705.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
→築城時期
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
→廃城時期
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

農産物とかりんとうがたくさんあるのが特徴で、ズキマル君がいつも試食を楽しみにしています。
屋外フードコートも楽しいのでついつい長居してしまいます。

□道の駅いちごの里よしみ
 住所:埼玉県比企郡吉見町大字久保田1737
 TEL:0493-53-1530
 開設時間 午前9~午後5時(冬)
 休館日:12月30日~1月4日
 標高:13m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:大
 試食:多
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:四方吉うどん(よもきちうどん)(約1.8km)・木村屋製菓舗(約6.5km)
 近隣の史跡:松山城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・82箇所目「いちごの里よしみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・いちごの里よしみ(006/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・いちごの里よしみ(040/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・いちごの里よしみ(013/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/22 16:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・めぬま(138/165・埼玉)
埼玉県熊谷市で広い駐車場を持つ「めぬま」では、ほとんどの場合、駐車場に入れないことがないので安心して訪問できます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問138箇所目は、埼玉県にある道の駅「めぬま」です。
埼玉県熊谷市を縦断する国道407号線彩甲斐街道を熊谷駅方面から群馬県に向かって進むと東側に大きな駐車場が見えてきます。
DSCF0677_201612111123417cc.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
かわいいガラス細工の一輪挿しの裏には「スミレ(税込970円)」とタグが打たれています。
DSCF0678_20161211112340236.jpg

ファンシーなデザインは女子力をアップしてくれそうなキュートなものが多く、いったいどんな方が作っているのか、ちょっと気になってしまいます。
DSCF0680.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
市境を越えますが、大ヒットした時代劇映画「のぼうの城」の舞台である「忍(おし)城址(行田市郷土資料館/埼玉県行田市本丸17-23付近)」は、模擬天守がありイベントの武将隊もあるので一見の価値があります。
DSCF0689_2016121111233946c.jpg

忍城(おしじょう)は、延徳3年(1491年)に関東管領・山内上杉(やまのうちうえすぎ)氏配下の豪族・成田親泰(なりたちかやす)が忍大丞(おしたいじょう)を滅ぼして館跡に築城しました。
築城された場所は北を利根川、南を荒川に挟まれた扇状地で、小さな川が乱流するとともに伏流水が寄り集まって広大な沼地となっており、そこに残る島や自然堤防をたくみに利用できる地の利がありました。
永正6年(1509年)に忍城を訪れた駿河の連歌師・宗長(そうちょう)は、「城の四方は沼にかこまれていて、霜で枯れた葦が幾重にもかさなり、水鳥が多く見え、まことに水郷である」と残しています。
DSCF0681.jpg

天文21年(1552年)、関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が北条氏康(ほうじょううじやす)に平井城を追われ越後へ逃れますが、翌天文22年(1553年)に北条氏康に攻められた忍城は陥ちませんでした。
DSCF0682.jpg

永禄3年(1560年)頃、上杉謙信(うえすぎけんしん)が関東に出陣した際には、成田長泰(なりたながやす)は、謙信軍が城下に無差別に放火したのを見て降伏し、謙信に帰順しました。
DSCF0684.jpg

翌永禄4年(1561年)の上杉謙信によるの小田原城攻めでは、謙信軍の先鋒として小田原城を攻めましたが陥落せず、帰途の鶴岡八幡宮での謙信の関東管領就任式で、源氏・八幡太郎義家に許された馬上礼を謙信に無礼を咎められ、忍城に退陣しました。
その後はふたたび北条氏に帰順し、忍城は天正2年(1574年)に謙信に攻められましたが持ちこたえて堅城ぶりを示しました。
DSCF0688_2016121111263026d.jpg

天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による北条氏討伐・小田原の役では、城主・成田氏長(なりたうじなが)は小田原城に籠城し、残った士卒・兵・農民らが忍城に立て籠りました。
豊臣軍攻城の総大将・石田三成(いしだみつなり)は館林城を陥とし一気に力攻めに出ましたが、意外なほどの堅城ぶりに困惑しました。
石田三成は水攻めを発案し全長28kmにも及ぶ「石田堤」を築堤しましたが、籠城兵が堤に細工し決壊に成功し逆に三成の将兵数百名を溺死させました。
忍城は、小田原城開城後も支城としてはただ一つ落城せず、城主氏長による城兵の助命嘆願を豊臣軍が受け入れる形で開城しました。
DSCF0687_20161211112629ba9.jpg

豊臣秀吉による天下統一後は徳川家康(とくがわいえやす)が関東入封となり、一時は徳川家臣・松平家忠(まつだいらいえただ)が入城し、文禄元年(1592年)に家康の四男・松平忠吉(まつだいらただよし)が慶長5年(1600年)の尾張清洲城への転封まで城主となりました。
以降は何代か城主が入れ替わり、文政6(1823年)の松平忠堯(まつだいらただたか)の入城を最後に、四代後に倒幕・明治維新・廃藩置県を迎え、忍城は廃城となりました。
DSCF0686_20161211112628002.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

以前購入した、まったく甘くないしょっぱいあんこの入った大福「塩あんびん」が、この道の駅での我が家の伝説になっています。
購入したその場で食べてしまったため、とてつもない衝撃が走った名物でしたが、どうやら本来は砂糖やハチミツを餡に付けて食べる菓子なのだとか…
今度こそ美味しく食べてみようと再チャレンジしてみたいと思いつつ、未だ購入していないのですが…今回は購入することなく散策を終えてしまったため、次回訪問時には砂糖を持っていってその場でパクついてみたいと思います。


□道の駅めぬま
 住所:埼玉県熊谷市弥藤吾720
 TEL:048-567-1212
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:第1水曜、12月30日~1月3日
 標高:29m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:元祖田舎っぺうどん厨房店(約4.5km)・TOMI (トミ)(約5.7km)
 近隣の史跡:忍城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・80箇所目「めぬま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・めぬま(011/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・めぬま(044/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・めぬま(060/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/22 15:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・おかべ(137/165・埼玉)
道の駅・関東周遊において、ひょっとしたら一番立ち寄っているのは、この「おかべ」のような気がします。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問137箇所目は、埼玉県にある道の駅「おかべ」です。
埼玉県深谷市で国道17号線中山道と並走する国道新17号線深谷バイパス沿い、JR高崎線の岡部(おかべ)駅から北へ1キロ弱の所にあります。
DSCF0664.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
民芸とは言えませんが、エリアごとに特製が違うながら美しい姿をリーズナブルに楽しめる「テーブルアクア(税込600円)」です。
DSCF0665.jpg

入っていたのはメダカのような「アカヒレ」と言う種類でしたが、どうやら訪問日によって別の種類の日もあるようなので、占いのようでちょっと楽しくなります。
DSCF0666_20161209223610e03.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
埼玉県の中心地のひとつ、深谷市にある「深谷(ふかや)城(深谷城址公園/埼玉県深谷市本住町17)」を訪問してみます。
DSCF0657_20161209223608be2.jpg

深谷(ふかや)城は深谷上杉(ふかやうえすぎ)氏によって応永13年(1416年)に築城されました。
深谷上杉氏の開祖は上杉憲英(うえすぎのりふさ)で庁鼻和(こはなわ)城を居城としていましたが深谷上杉氏4代目の房憲(ふさのり)の時代になって深谷城を築いてここに移り住みました。
DSCF0656_2016120922360916c.jpg

康正2年(1456年)の深谷の合戦以降は深谷城でも何度か戦いが行われました。
天文20年(1551年)になると北条氏康(ほうじょううじやす)が上杉憲正(うえすぎのりまさ)を平井城に攻めた際に、上杉方は深谷城で抵抗しました。
DSCF0660.jpg

天正元年(1573年)、北条氏の攻勢に抵抗できなくなった上杉憲盛(うえすぎのりもり)は北条氏と姻戚関係を結びましたが、これに激怒した上杉謙信(うえすぎけんしん)は深谷城を攻撃して城下を焼きました。
DSCF0655_20161209223609313.jpg

天正18年(1590年)豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役に際して、深谷城主・上杉氏憲(うえすぎうじのり)は小田原城に籠もっており、深谷城は城主抜きの籠城戦に入ることになりましたが抵抗する前に城は開城、焼き討ちされることはありませんでした。
DSCF0662.jpg

北条氏が討伐され関八州が徳川氏の支配下に置かれると、深谷城には松平康直(まつだいらやすなお)入部しました。
寛永3年(1626年)に松平忠勝(まつだいらただかつ)が忍城(おしじょう)に移封された際、深谷城は廃城となりました。
DSCF0663.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城時期
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

道の駅の隣には大きな史跡公園があり、物産館も充実しているため長居してしまうことでしょう。
ご家族連れでの訪問の際には、少し長めに時間を取っておくことをおススメします。

□道の駅おかべ
 住所:埼玉県深谷市岡688-1
 TEL:048-585-5001
 開設時間 午前7時~午後8時
 休館日:なし
 標高:41m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:近(大)
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:大ラーメン福龍
 近隣の史跡:深谷城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・128箇所目「おかべ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・おかべ(010/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・おかべ(043/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・おかべ(099/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/22 13:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…944軒目・熊谷「福龍」
熊谷に、ちょっとした価格アップで超デカ盛り麺が楽しめるラーメン屋さんがあると聞き、ランチタイムに訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR高崎線の籠原(かごはら)駅南口から南へ600mで駅から2つ目の信号を西へ550m進み県道357号線にぶつかる信号から県道を南西に650mほど進むと航空自衛隊熊谷基地正門手前北側に軒を構えるのが「大ラーメン福龍」です。
最寄り駅からは2キロ弱とやや距離がありますが、駐車場があるのでクルマでの訪問にも安心です。
DSCF0649_2016120907574769c.jpg

店内には正面左手にカウンター数席、5人掛けテーブル1つ、小上がりに4人掛け卓が3つあり、今回は中央の小上がり席をお借りしてメニューを眺めます。
メニューは店名の通りラーメンがメインですが、モツ煮込みなどのサイドメニューも充実しています。
また、麺のボリュームが普通盛り200gから大盛り300gまでが同額となるのが嬉しいところです。
DSCF0650_201612090757465e5.jpg

麺類はさらにサイズアップ出来て、400g、500g、800gと来てトップには航空自衛隊らしく精鋭機「ブルーインパルス5機1kg(+400円)」までボリュームを上げることができます。
DSCF0651_201612090757452f1.jpg

ズキマル君はオーソドックスでリーズナブルな「中華そば大盛り(税込500円)」を注文します。
DSCF0653_20161209075744a80.jpg
中細の麺と澄んだ醤油ベースのスープには、ショウガの風味が効いていてカラダが温まります。
1.5玉ほどの大盛りの麺は見た目よりもずっしりとしており、これ以上のサイズアップにはちょっと不安になります。
しかし、意外にもズキマル君はガッツリ一人で食べきる勢いで食べ進め、麺一口とスープほどほどを分けてくれる程度でした。
逆を返せば、子どもでもそれほどまでに美味しく頂ける逸品と言えます。

サイズアップも考えましたがサイドメニューもおいしそうだったので「醤油らーめん大盛り・もつ煮セット(税込650+200円)」を注文しました。
DSCF0654_201612090757436bd.jpg
太麺300gのラーメンのスープはやや濁っていますが濃厚でありながらあっさりしています。
セットの煮込みは、セットサイズではないほどしっかりとしたボリュームで、居酒屋あたりなら1品で600円程度支払ってもおかしくないサイズで、味付けはラーメンのスープを使ったオリジナルと言いながらこれまた絶品です。
ご飯は小さめの茶碗に見えますが、自宅で食べる茶碗一杯分は十分にあるのでセットともなると実質相当のボリュームとなります。

ラーメンのボリュームも相まって、食べ終わる頃には立ち上がれないほどお腹が重くなっていることに驚きます。
標準サイズでこのボリュームと価格であることに驚きつつ、次回は別の味付けとパワーアップしていくサイズにも興味を持ち、次回は何を食べようかとズキマル君と密談をしつつ、お礼を言って親子で重くなったお腹をさすりつつ店を後にしました。


□大ラーメン福龍
 TEL:048-531-3013
 埼玉県熊谷市美土里町1-68-1
 営業時間 11:00-14:30,18:00-22:00(延長あり)
 定休日:無休
 駐車場あり

大ラーメン福龍ラーメン / 籠原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/22 11:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの気まぐれダイエット2016・49週目
先週の家族会議の結果、モカさんは当初のnorizoの意見を聞き入れて、公立は記念受験のようにグレードの高い高校を選んでくれることになり、その代わり私立は内申点+面接のみの安定コースを選ぶことになりました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

師走になり、シゴトも結構忙しいのですが、普段は行かない飲食店に会社の人と行く機会も多くなります。
昨日は、自腹でA5ランクの和牛なる1切れ500円以上もする肉を食べたのですが…食べなれないものを食べたためか、デカ盛りを食べてもほとんどならない「胸やけ」を感じ、明け方まで快眠できませんでした。
しみじみ、自分の舌がビンボー舌であることを認識しました(笑)

併せて、最近ちょっと生活が乱れているためか、朝のウォーキングをサボった日が今朝を含めて3日もあり、体重の増加も気になるところです。
インフルエンザも流行り始め、飲み会の多い季節ですから、皆さんも体調に気を付けてお過ごしください。
norizoも、もう少し体重に気遣った生活を心がけたいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 49週目(12/1~12/7)


体 重: 72.1Kg → 73.4Kg
BMI: 25.55 → 26.01
胴回り: 87.0cm → 87.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
12/3(土) 渋谷・リトルショップ(スペシャルカレー)
12/4(日) 篠崎・はんなりや(カレーうどん大盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ18.2キロ(21,904歩)
金曜日:通勤コミ17.3キロ(20,584歩)
土曜日:休日散歩32.7キロ(44,792歩)
日曜日:休日散歩31.2キロ(42,635歩)
月曜日:通勤コミ8.1キロ(11,842歩)
火曜日:通勤コミ17.3キロ(21,596歩)
水曜日:通勤コミ25.6キロ(32,828歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.5Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.54 (スタート:25.47)
胴回り: +1.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/12/08 08:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:ダイエット日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関東「道の駅」スタンプラリー2016・かわもと(136/165・埼玉)
毎回、リーズナブルな野菜を見つけては買い溜めしてしまうのですが、通る機会が多いため、やっぱり買い物をしてしまいます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問136箇所目は、埼玉県にある道の駅「かわもと」です。
関越自動車道の花園(はなぞの)インターから国道140号線彩甲斐街道を5.5キロほど東に走ると左手に見えます。
DSCF0646.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
農産物が多い店内ですが、左手奥の棚に見つけた民芸品が竹製の「弁当箱(税込500円)」です。
DSCF0647_20161207075119567.jpg

週末は外食が多い我が家ですが、平日はコストダウンを図って手持ち弁当になるため、ちょっとしたおしゃれに持ってみたくなります。
DSCF0648_2016120707511814d.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問したのは「別府(べっぷ)城址(東別府神社/埼玉県熊谷市東別府799付近)」です。
DSCF0667_20161207075117c69.jpg

別府城(東別府館)は、後の武蔵七党横山党成田氏の祖先・成田助隆(なりたすけたか)の次男・行隆(ゆきたか)が平安時代に築きました。
DSCF0668.jpg

東別府に居住した別府義行(べっぷよしゆき)は、鎌倉幕府草創期の元暦元年(1184年)、源頼朝(みなもとのよりとも)による木曽義仲(きそよしなか)追討の時に源範頼(みなもとののりより)に従ったとされます。
別府城に併設する香林寺を建立した別府清重(べっぷきよしげ)は、寿永2年(1183年)に源義経(みなもとのよしつね)に従い一の谷の合戦で功をあげます。
しかし建保元年(1213年)、和田氏の乱で和田義盛(わだよしもり)に味方し討ち死にしました。
DSCF0669_2016120707511585e.jpg

正平7年(1352年)、別府幸実(べっぷゆきざね)は足利尊氏(あしかがたかうじ)の命で尊氏の弟・直義(なおよし)を征伐し恩賞として別府郷並び越生郷の地頭職に任命されました。
DSCF0670_20161207075322dfb.jpg

戦国時代になると成田親泰(なりたちかやす)は近隣の忍(おし)氏を滅ぼして忍城(おしじょう)を築城し、別府氏に対し中条館を築城して大里方面(現熊谷方面)統治の拠点とすると別府氏は成田氏の傘下に下りました。
DSCF0671_20161207075322862.jpg

別府長清(べっぷながきよ)は、天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原の役で成田氏長(なりたうじなが)と共に小田原城に籠城し豊臣軍に滅ぼされました。
成田氏の本城・忍城は、北条方の城として唯一、籠城戦に耐え抜き総大将の石田三成(いしだみつなり)らを撃退していましたが、小田原城の落城に伴い別府城は廃城となり、平安末期より400年以上に渡って別府郷を統治し続けてきた武家・別府氏は家禄を失いました。
DSCF0673.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

今まで、農産物の販売所としてのイメージが強かったスポットですが、深谷市という大きなエリアに目を広げてみると、更にたくさんの発見がありました。
まだまだ沢山の知らない秘密がありそうなこの町の散策は、これからも続くことになりそうです。

□道の駅かわもと
 住所:埼玉県深谷市長在家1279-2
 TEL:048-583-6120
 開設時間 午前9~午後5時(冬)
 休館日:12月29日~1月3日
 標高:66m
 ウォシュレット:館内誰でもトイレのみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 無料WIFI:なし
 近隣デカ盛り:チュー勇(約9km)・手打ち熊谷うどん高見屋(約10km)
 近隣の史跡:別府城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・127箇所目「かわもと」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・かわもと(009/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・かわもと(042/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・かわもと(014/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/22 11:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・はなぞの(135/165・埼玉)
バイパス沿いでランドマーク的な白い建物を持つ「はなぞの」は多くのツーリングやドライブのお客さんでいつも賑わっています。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問135箇所目は、埼玉県にある道の駅「はなぞの」です。
関越自動車道の花園インターから140号線彩甲斐街道を西に進むとすぐに見えてきます。
DSCF0642_20161206080259382.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ズキマル君が喰いついたのは「汽笛ぶえ(税込410円)」です。
DSCF0643.jpg

何といっても「東京から最も近くでSLに乗れる鉄道」である秩父鉄道は埼玉県名物でもあります。
SLグッズは、土産物にも最適と言えるでしょう。
DSCF0645_20161206080257880.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
日本100名城にも選ばれる「鉢形(はちがた)城址(鉢形城歴史館/埼玉県大里郡寄居町鉢形2496−2付近)」は、歴史に詳しくなるごとに、見どころが変わっていきます。
DSCF0641_2016120608025739f.jpg

鉢形城は、室町時代末から戦国時代初期にかけての武将・長尾景春(ながおかげはる)が、家督争いにおいて戦を仕掛けるべく文明8年(1476年)頃に武蔵国鉢形(現在の埼玉県大里郡寄居町)に築城しました。
DSCF0630.jpg

関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が城主だった天文15年(1546年) には北条氏康(ほうじょううじやす)が川越城を攻略して武蔵国における覇権を確立し、その後の上杉憲政が越後へ落ち延びると永禄7年(1564年)氏康の四男・北条氏邦(ほうじょううじくに)が鉢形城へ入城し、鉢形城は北条氏の北関東支配の拠点となりました。
DSCF0632.jpg

永禄12年(1569年)には関東へも勢力を伸ばしつつあった武田信玄(たけだしんげん)による攻撃を受け、天正2年(1574年)には上杉謙信(うえすぎけんしん)により城下に火が放たれました。
DSCF0634_20161206080955ae6.jpg

天正18年(1590年)に 豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐がはじまると、鉢形城は前田利家(まえだとしいえ)・上杉景勝(うえすぎかげかつ)・真田昌幸(さなだゆきまさ)等に加え、徳川家康(とくがわいえやす)配下の本多忠勝(ほんだただかつ)等の連合軍の大軍勢に包囲されながらおよそ1か月の籠城戦を戦い抜きました。
DSCF0637_20161206080954104.jpg

北条氏の拠点の一つであった八王子城が落城し小田原城が落城すると、それに伴い鉢形城も開城、その際に廃城となりました。
DSCF0639_20161206080953af1.jpg

その後は、徳川家康の関東討入にともない成瀬正一(なりたまさかず)、日下部定好(くさかべさだよし)が代官となって周辺の統治を行いましたが、鉢形城が再建されることはなかったそうです。
DSCF0640_20161206080953376.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

広く新しくなった敷地隣の物産館は品ぞろえもよく、野菜の食べ方までレクチャーしてもらえるため勉強にもなります。
歴史史跡の充実したエリアだけに、ここを拠点にたくさんの史跡を巡ってみようと思います。


□道の駅はなぞの
 住所:埼玉県深谷市小前田458-1
 TEL:0485-84-5225
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:水曜、12月29日~12月31日
 標高:86m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 無料WIFI:×
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:ラヴェンナ(約2.9km)・高見屋(約9.0km)
 近隣の史跡:鉢形城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・126箇所目「はなぞの」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・はなぞの(008/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・はなぞの(077/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・はなぞの(098/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/22 10:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・みなの(134/165・埼玉)
関東の名勝「長瀞(ながとろ)」を徒歩圏にとらえて満喫できる道の駅は、深夜到着の仮眠には静かな時間を過ごすことができます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問134箇所目は、埼玉県にある道の駅「みなの」です。
国道140号線彩甲斐街道の長瀞(ながとろ)のやや南、秩父鉄道の親鼻(おやはな)駅から東に200mほど、三沢入口交差点を南に入ってすぐ西側の坂道を上ると見えてきます。
DSCF0626_201612050811088d4.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
ふと目についたのはマタタビの猫用おもちゃの「猫ちゃん待ってる猫じゃらし(税込270円)」は、簡易パッケージながらいい感じです。
DSCF0627.jpg

枝につるした紐にマタタビをぶら下げたアイデア商品で、ちょっとした目の付け所が光ります。
DSCF0628.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
県道82号線沿いの白鳥神社から登城道が続く先にあるのは「天神山(てんじんやま)城(白鳥神社/埼玉県秩父郡長瀞町岩田30-10付近)」です。
DSCF0612.jpg

白鳥神社左手に急な坂道を登る路地があり、その先に6台分ほどの砂利敷きの駐車場があります。
この駐車場に城跡へと続く、徒歩でしか訪問できない細い登城道があります。
季節によっては雑草やムシがスゴそうなので長袖・長ズボンに、できれば登山靴を履いておくと安心です。
DSCF0614_20161205081104d5e.jpg

武蔵・天神山(てんじんやま)城は天文年間(1540年代)に武蔵の豪族・藤田重利(ふじたとししげ/のちの藤田康邦)によって築城されました。
DSCF0625.jpg

天文15年(1546年)に関東管領・山内上杉氏に対し河越夜戦で北条氏が勝利すると、天神山城もその際に北条氏康(ほじょううじやす)の攻撃を受けて降伏し、藤田重利は北条氏に属することになりました。
DSCF0618_2016120508124436d.jpg

北条氏に属した藤田氏は、氏康の四男・氏邦(うじくに)に娘の大福御前を娶らせ、藤田氏の家督を譲りました。
藤田氏はこれを機に自らは用土城(埼玉県寄居町用土字北沢)に居城を移し、以降は用土(ようど)氏を称しました。
家督を継いだ北条氏邦が城主として入城します。
しかし、関東管領上杉氏との本格的な戦闘を前に、北条氏邦は鉢形城に拠点を移しました。
DSCF0623.jpg

その後も天神山城は使われ続け、天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐の際に、鉢形城の落城と共に開城し、廃城となりました。
DSCF0619.jpg

昭和45年(1970年)に、観光目的として本丸跡に鉄筋コンクリート製の模擬二重櫓が建設されましたが、採算あわず倒産し模擬天守も放置され、今は廃墟ファンに人気の心霊スポットとなっています(笑)
DSCF0620_20161205081241d1f.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

長瀞は一年を通して観光客に人気があり、近隣エリアは有料駐車場が多いのですが、徒歩での散策を考えているなら、道の駅との併用も考慮するとコストダウンにつながります。
農産物やお土産も豊富に取りそろえた物産館があるので、お土産をついつい買いすぎてしまうかもしれません。

□道の駅みなの
 住所:埼玉県秩父郡皆野町大字皆野3236-35
 TEL:0494-62-3501
 開設時間 午前8時半~午後5時半
 休館日:年末年始
 標高:177m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 無料WIFI:×
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:阿左美冷蔵金崎本店(約1.0km)・山賊亭(約10.7km)
 近隣の史跡:天神山城(本編)、龍ヶ谷城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
※2013年に新設された道の駅です。
関東「道の駅」スタンプラリー2013・みなの(075/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・みなの(078/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・みなの(097/161・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/22 9:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

銀色テントむしで食べ放題…943軒目・藤岡「ローマの家・藤岡店」
群馬県でディナータイムを迎え、無性にピザが食べたくなったところに食べ放題を見つけて入ってみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR八高線の群馬藤岡(ぐんまふじおか)駅から西口ロータリーを線路沿いに南へ進み350mで寺の南側を西へ入って道なりに1.6キロほどで上大塚北交差点から県道13号線を北に700m進むと西側に見えてくるのが「ローマの家」です。
駅からは少々距離がありますが、上信越自動車道の藤岡インターに近いこともあり、クルマでの利用に便利な場所にあります。
DSCF0605.jpg

ディナータイムにちょうど良さそうな日曜日の夕方6時半ころ、注文の仕方がわからないまま、とりあえず扉を開けると、
正面のレジの左右にボックスタイプのテーブル席が数多く用意されています。
右手のバイキングカウンターの奥で数段上がったエリアに広がるボックス席をお借りしてメニューを眺めます。
セットメニューは、パスタ一品とサイドメニュー食べ放題の「パスタセット」、ピザとサイドメニューともに食べ放題の「ローマ」、「ローマ」にパスタ一品を追加した「ナポリ」から選択することになります。
このほかに単品メニューもあるようなのですが、焼き立てを運んでくれるピザ食べ放題がこの店の「売り」なので、ベースは「ローマ」か「ナポリ」を選ぶことになるでしょう。
DSCF0607.jpg

ズキマル君親子が選んだのは、オーソドックスに「ローマ(税込・大人1,200円・小学生900円)」です。
注文したら、焼き立てのピザを店員さんが運んで回っている間にフリードリンクにサラダやスープ、ポテトフライなどのサイドメニューを選んで待ちます。
DSCF0608_20161204091445679.jpg

テーブルに戻ると、焼き立てのピザを持った店員さんが各テーブルを回ってきます。
ピザは20種類ほどあるようですが、店側が種類を決めて焼きあがったものを、1人1切れずつ配って回ります。
たまに前のテーブルで品切れになってしまい悲しそうな顔をしていると、「もう一枚焼いてきますね。」と店員さんが笑顔で新しいピザを焼きに戻っていきます。
テーブルには裏表に「まだまだいけます」「ちょっと休憩」と記載されたカードがあり、満腹になるまで店員さんがピザの要不要を聞いてくれます。
ピザもおいしいのですが、ばぜか和食や中華の雰囲気まで醸し出す充実したサイドメニューにも惹かれ、気が付けば普段以上に食べてしまっていることに、後で立ち上がった時のお腹の重さに驚くことでしょう。
DSCF0609.jpg

もう食べられない!と思ってからがバイキングの醍醐味で、ここからさらに軽いサイドメニューや炭酸系ドリンク、ソフトクリームなどスイーツに目がくらみ、限界のさらに先を目指してしまうのがバイキングの良い所でもあり、悪い所でもあります。
DSCF0611_20161204091443400.jpg

norizoたちの順番の前に店員さんが回る数人組の女子小中生が、まぁ食べる食べる。
残り1ピース、あぁ、取られた!!
などと見ていたためか、普段より食べる量も進み、気が付けば20カットほど、ズキマル君でも10カットほどのピザを頂き、待ち時間の間のサイドメニューも5・6回はお替りしてしまったのではないでしょうか。
群馬県や栃木県など北関東はバイキングや大盛りの店が多いと聞きますが、まだまだ知らないデカ盛りやバイキングが多くあることを知り、再訪を誓って店を後にしました。


□ローマの家・藤岡店
 TEL:0274-22-7766
 群馬県藤岡市中大塚264-1
 営業時間 11:00~15:00,17:30~21:30
 定休日:年中無休
 駐車場あり

ローマの家 藤岡店バイキング / 群馬藤岡駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0



より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2016/10/16 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

関東「道の駅」スタンプラリー2016・万葉の里(133/165・群馬)
先に山城を歩いてから道の駅にたどり着いてみると、すでに閉店時間近くなってしまっていました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問133箇所目は、群馬県にある道の駅「万葉の里(まんばのさと)」です。
長野県佐久から本庄児玉を結ぶ国道462号線十石峠街道(じゅっこくとうげかいどう)沿いから神流川(かんながわ)を望む自然豊かな場所です。
DSCF0602.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
民芸品なのか古物商なのかすらよくわからない商品展示に目を奪われる中、謎の香炉に呼ばれているような気がします。
DSCF0603.jpg

商品名は「からき香炉(税別18,000円)」です。
なんだか東洋の精霊が姿を現しそうで、さすってみたくなる逸品でした(笑)
DSCF0604.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
今回歩いてみたのは「国峯(くにみね)城址(群馬県甘楽郡甘楽町国峰字城山付近)」です。
川沿いの細い道の向かいの集落の集会所の脇道が登城道になっているので、そこからは徒歩で進むことになります。
DSCF0589_201612030324418ee.jpg

国峯(くにみね)城の築城年代は定かではないが室町時代後期頃に小幡(おばた)氏によって築かれました。
小幡氏は関東管領・山内上杉(やまのうちうえすぎ)氏に属しており、小幡憲重(おばたのりしげ)は箕輪城主・長野業政(ながのなりまさ)の娘(または妹)を妻に迎えていました。
DSCF0590.jpg

北条氏の台頭で天文20年(1551年)に関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が長尾景虎(ながおかげとら/上杉謙信)を頼って越後へ落ちると、小幡憲重・重定(しげさだ)父子は天文22年(1533年)甲斐・武田氏に属しました。
これに対して、長尾氏に属した長野業政は留守中の国峯城を奪って一族から小幡景定(おばたかげさだ)を城主としました。
DSCF0593_20161203032440b8c.jpg

永禄3年(1560年)に武田信玄(たけだしんげん)は小幡氏に信濃国大日向を与え、市川氏などの南牧地衆を配下に付けました。
翌永禄4年(1561年)に信玄は西上野に侵攻して国峯城を奪い返し、小幡憲重を城主に復帰させました。
DSCF0595_20161203032759e17.jpg

その後の武田軍での小幡氏の活躍は目覚ましく、小幡氏の赤備えの騎馬武者は武田軍のトレードマークとなっていきます。
天正3年(1575年)の長篠の合戦では小幡重定あらため信真(のぶまさ)は赤備えの騎馬武者五百騎を率いて従軍しました。
DSCF0596_20161203032758c9d.jpg

天正10年(1582年)、織田信長(おだのぶなが)による武田家滅亡に伴い、小幡信貞(おばたのぶさだ)は織田配下の森長可(もりながよし)に降状しましたが、本能寺の変で信長が横死すると、北条氏に属すこととなりました。
DSCF0597.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原征伐の際に上杉景勝(うえすぎかげかつ)によって国峰城が落城すると、小田原に篭城していた信貞は旧友の真田昌幸(さなだまさゆき)を頼り信濃に亡命しました。
DSCF0599_20161203032756b94.jpg

徳川家康(とくがわいえやす)が関東に入部すると、徳川氏配下・奥平信昌(おくだいらのぶまさ)が小幡を領すし、上州・小幡氏は本領を失い、国峰城も廃城となりました。
DSCF0600_2016120303275603a.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期?
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期?
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

訪問時間が閉館時間5分前となってしまったため、すでに閉館準備が開始されており、スタンプを押すのが精いっぱいでした。
次回はもう少し余裕のある時間に訪問して、田舎料理などの食事も堪能してみたいものです。

□道の駅万葉の里(まんばのさと)
 住所:群馬県多野郡神流町大字黒田字坂井道下742-1
 TEL:0274-20-5555
 開設時間 午前10時~午後5時
 休館日:火曜、年末年始
 標高:357m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 無料WIFI:×
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:国峯城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・76箇所目「万葉の里」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・万葉の里(066/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・万葉の里(109/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・万葉の里(まんばのさと)(160/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/16 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

関東「道の駅」スタンプラリー2016・甘楽(132/165・群馬)
織田信長(おだのぶなが)の死後、息子・信雄(のぶかつ)が所領を得た群馬県甘楽エリアは現在も城下町の様相を残す名勝です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問132箇所目は、群馬県にある道の駅「甘楽(かんら)」です。
上信越自動車道の富岡インターから県道46号線を南に進むと、江戸時代の城下町の雰囲気を今に残す町並みとともに雄川(おがわ)沿いに見えてきます。
DSCF0586.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産施設とレストランの間のロビーあたりに見つけたのは「スーパー竹とんぼ(税込250円)」です。
DSCF0587.jpg

赤い流線型の羽と細い柄が印象的で、かなりよく飛びそうで、欲しくなりました。
DSCF0588_20161202074450391.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
徒歩圏に織田信長の息子・織田信雄が残した名勝の庭園「楽山園」がありますが、もう少し離れた公園「麻場(あさば)城址(麻場城址公園/群馬県甘楽郡甘楽町白倉918付近)」を訪問します。
DSCF0576_201612020744493aa.jpg

ちょっとわかりづらい場所ですが、砂利道の先に駐車場があるためクルマでの訪問も安心です。
DSCF0578.jpg

麻場(あさば)城は文明年間(1469年~1487年)頃に、関東管領山内上杉氏の四宿老・白倉(しらくら)氏によって築かれました。
DSCF0579_2016120207444734d.jpg

白倉氏は天文15年(1546年)に笛吹峠の戦いで、武田信玄(たけだしんげん)の四天王・板垣信方(いたがきのぶただ)を射落として勇名を轟かせた武勇の将でした。
DSCF0580_201612020749353b5.jpg

度重なる覇権争いの末、永録6年(1563年)に時の城主・白倉重家(しらくらしげいえ)は武田信玄に仕えることとなりました。
DSCF0581_20161202074934216.jpg

天正10年(1582年)に織田信長(おだのぶなが)の甲州征伐により武田家が滅亡し、織田家の重臣・滝川一益(たきがわいちます)に所領を安堵され配下となります。
DSCF0583.jpg

それも束の間、同年の本能寺の変により織田信長が横死すると、機を見計らったかのように北条氏直(ほうじょううじなお)が攻め入り、神流川の戦いで敗戦して、北条氏直に降りました。
DSCF0584_2016120207493364e.jpg

天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で 後北条氏が滅亡すると白倉氏も所領を失い没落、麻場城はそれを機に廃城になったと考えられています。
DSCF0585_2016120207493292f.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

ここ数年で、リニューアルを重ね、駐車場も店内も広くなり、たくさんのお客さんが訪問するようになりました。
今後、どれほどの賑わいを続けるのか、どんな進化を続けるのかが楽しみな道の駅の一つです。

□道の駅甘楽(かんら)
 住所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡444-1
 TEL:0274-74-5445
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:第1・第3火曜、1月1日
 標高:176m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:こんにゃく博物館(約1.3km)・上原屋(約3.9km)
 近隣の史跡:麻場城(本編)、小幡陣屋


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・71箇所目「甘楽」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・甘楽(061/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・甘楽(113/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・甘楽(かんら)(155/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/16 15:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行