FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…只見「会津只見号(C11325)」

やっぱり福島県は結構距離がありますねぇ(笑)
軽キャンピングカー「eK-Camp(イーケーキャンプ)」銀色ツートンのテントむし乗りのnorizoです。
新潟魚沼から下道で会津只見にやってきました。

5月下旬しか走らないSL「会津只見号」を見に来てしまうなんて・・・きっと今年だけでしょう(笑)
早速入場料140円(子ども70円)を支払って只見駅に入ります。
構内は特にスゴいモノがあるわけではなく、ボーっとSL待ちをすることになります。
遠くからはコンバインのエンジン音と鳥の鳴き声が聞こえてきてなんとなく癒されます。


しばらくしてSL「会津只見号(C11325)」が到着しました。

C11325は有名な動態SLの1台で通常は真岡鉄道の真岡駅の車庫にあります。
それが遠い福島の奥地まで「会津只見号」のプレートをつけてやってきたわけです。

いきなり車両に張り付いたズキマル君は駅員さんに慌てて引き剥がされつつ写真を撮ります。
最近は大井川鉄道など到着した機関車に触れるスポットが多かったのでズキマル君としては触れることが当たり前。
触れていいときとそうでない時を教えなかったnorizoの不手際でした。

「会津只見号」もプレートが見えないと真岡号そのものですね(笑)
只見駅の名物は手動転車台です。
転車体験に事前申込をした人の中から抽選で選ばれた数名がSLを転車させることができます。

まだ雪が残る只見駅でこんな光景を見られるというのもステキじゃぁないですか。

手動と言いながらも転車はほんの数分で終了してしまいました。

只見駅構内のインフォメーションセンターで紙製のオリジナル写真たてをもらったズキマル君は大喜び!

ちなみに本日のヨメさんは疲れきっていてずっと寝ていました。
norizoが高知旅行をしていた昨日はモカが運動会だったので、両方のじじばばが観戦に来ており接待に疲れたようです。

出発前ですが、楽しんだのでそろそろ移動することにしましょう。

いやー、地域ごとに到着風景も違ってなかなか楽しい会津只見駅でした。

□只見線(会津只見号C11325)
 実施期間5月末2週の土日
 転車体験抽選申込は只見町HPから

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/2028-941b94b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)