FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで「新選組!」…生方「芹沢鴨生家」
ここのところ、新撰組の末期のスポットばかり訪れていたので、初期も行ってみましょう♪
新撰組大好き軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

平成16年のNHK大河ドラマ「新選組!」のDVDをレンタルして以来、幕末史に興味を持ち、旅に出る際にはちょっと下調べをするようになりました。

天候が回復したので、軽く下道を100キロほど走って茨城県生方市(なめがたし)にやってきました。
この地域の住所、その名も「芹沢」と言います。
一見何もない里山の中に「法眼寺」があります。
銀色テントむし660

ここには「芹沢鴨顕彰碑」が建てられています。
銀色テントむし660

この辺りが「芹沢鴨生誕の地」となり、ちょっと行った先には芹沢鴨の生家があることが記されています。
銀色テントむし660

行ってみると、門は閉ざされていますが確かに「芹沢鴨生家」と書かれた看板の建った立派な家があります。
銀色テントむし660

門構えも立派でかなり大きな屋敷です。
入場しようにもどこに声をかけていいのかわかりませんが、それ以上に雪解けで足場が悪いため今回は入ることは見送ります。
銀色テントむし660

屋敷を挟んで向かいには解説が書かれています。
犬の散歩をしていた方が、耳寄り情報を教えてくれました。
銀色テントむし660
実は、この看板が建っている敷地の方が「芹沢鴨生家」を管理されているそうです。
そのため、お声かけして、先方に余裕があれば宅内を見学させていただけるとのコト。

子どもたちがいるため、雪解けの敷地を歩かせてもらって屋敷を見学すると汚してしまいかねません。
もう少しぬかるんでいなければお声かけをしたいところなんですが…
次回、足場がいい時にはぜひとも見学させてもらいたいですね♪

□芹沢鴨顕彰碑(法眼寺)
 茨城県行方市芹沢505
 電話:0299-55-1283
 駐車場あり(無料)
 ※法眼寺と大宮神社の間に芹沢鴨の生家がある
 
■芹沢鴨
 新撰組発足時の筆頭局長。茨城県行方市芹沢(旧玉造町)の出身。
 1863年(文久3年)に清河八郎の浪士組に参加。
 京都に着いた浪士組のうち、芹沢鴨らは近藤勇、土方歳三らと新撰組を結成。
 しかし、筆頭局長就任後すぐの同年9月16日(一説では18日)惨殺された。

↓よろしければペタお願いします♪
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

2011/02/13 10:00
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3179-fe85fdc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)