FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…木曽「木曽王滝森林鉄道1」
震災から2ヶ月、仕事もだいぶ落ち着いて土日には連休を取れるようになりました。
キャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは木曽にある「赤沢自然休養林」です。
花粉症の季節は終わったはずなのに、ここに来てから涙と鼻水が止まりません(笑)
詳細情報を得られなかったのですが、行ってみると予想外に駐車場代600円を取られました。
…無料じゃなかったんだ。
銀色テントむし660

駐車場から2分ほど奥に進むと「木曽森林鉄道記念碑」があり、その坂の上には観光鉄道が走っています。
銀色テントむし660

観光鉄道の乗り場の脇には「木曽鉄道記念館」があります。
銀色テントむし660

ここから乗れる観光鉄道「赤沢森林鉄道」はピーク時は30分に1本、それ以外は1時間に1本の運行です。
走行距離は2.2キロ、所要時間は往復25分だそうです。
他の方のブログを見ると「往復大人800円」だったはずなんですが…片道か往復かわかりません(笑)
銀色テントむし660

今回は時間に余裕がないので乗るのはやめておきますが、ちょうど帰ってきたので写真だけ撮っておきます(笑)
銀色テントむし660

さて、そんな観光鉄道の脇に展示されているのが「木曽王滝森林鉄道1」ボールドウィン蒸気機関車です。
銀色テントむし660

煙突が異様に大きいのは石炭でなく薪を燃やして走るための仕様だそうです。
薪を燃やすと火の粉が出るため、それを防ぐために煙突を大きくして火の粉を吸収したようです。
銀色テントむし660

…確かに森林鉄道で火の粉を吹いて走っていたら大規模な山火事になりかねませんからねぇ…
やっぱり、自然と共存するのって難しいんですねぇ。
銀色テントむし660

どうやら雨天や夜間は車庫内にしまわれていて、見学可能な天候の良いときだけこうして外に展示されているようです。
運転席には「立ち入り禁止」の札がかけられていました。

銀色テントむし660

大正4年から昭和34年まで使われていた機関車のようですが、今にも走り出しそうな立派な整備具合でした。
銀色テントむし660
トレッキングをする格好ではなかったので長居はしませんでしたが、本来はそれなりの装備で時間をかけて歩くと良さそうな森林公園でした。


□木曽森林鉄道記念館
 TEL:0264-52-2001(上松町観光協会)
 長野県木曽郡上松町大字小川
 営業時間9:00~16:00
 休館・定休日:営業4月下旬~11月上旬
 入場料:無料
 駐車場:600円/1日(普通車200台、大型車8台)

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラをクリック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/05/14 12:30
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3318-9c2159f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)