FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…老神温泉「かぼちゃ3号」
前回の群馬旅で果たすことのできなかった「置戸森林鉄道3」を探しに再びやってきました(笑)
ほとんど毎週末には家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは老神温泉観光協会が併設される群馬県沼田市の「利根町観光協会」です。
ここに期間限定で「置戸森林鉄道3」が置かれているのです。
木造のテラスのような建物に「置戸森林鉄道3(ボールドウィン)」が見えます。
しかし、鍵がかかっていて中に入ることができないので観光協会の方に声をかけます。
銀色テントむし660

中にベンチがあるんですが、鍵を開けることは出来ないといわれ、仕方なく外から楽しむことにします。
銀色テントむし660

なんと言ってもこの蒸気機関車の良さは特殊な形をした煙突ですね。
この形状から「かぼちゃ3号」と呼ばれていたそうです。
詳細は記載されていませんでしたが、森林鉄道として使われていたことから、火の粉を撒き散らさないために煙突がこの形状になっているのでしょう。
コンパクトな車体と共に見ているだけで楽しい気持ちになります。
銀色テントむし660

運転席内部は至ってシンプルなようで、計器類はほとんど見受けられません。
銀色テントむし660

動輪も小さいです。
また正面にも側面にもプレート類がなく、なんだか寂しいです。
銀色テントむし660

後ろを見ても…あんまり面白いものではないですね。
銀色テントむし660

解説は期間限定用に作られたもので額縁に入っていましたが、あまり詳細なものではありませんでした。
銀色テントむし660

来年以降はもともと置かれていた「森林技術総合研究所林業機械化センター」に戻るようですから、そのときにしっかりと触り倒してみたいと思います♪

□老神温泉旅館組合(置戸森林鉄道3・ボールドウィン蒸気機関車「かぼちゃ3号」)
 TEL:0278-56-3013
 群馬県沼田市利根町老神607-1
 ※展示期間は平成23年11月末までの予定


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/06/11 15:00
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3354-102c975b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)