FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…足尾「B60720」
今週は群馬旅の予定でしたがちょっと足を伸ばして栃木県の足尾に立ち寄ってみました。
ほとんど毎週末には家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのは日光市の端っこにある足尾町の「足尾歴史館」です。
博物館としては小さなスポットですが、鉄道好きな子どもと出かけるにはなかなかの場所なんです。
銀色テントむし660

以前、「むさしの村」で活躍していた蒸気機関車「B60720」が展示されています。
雨上がりだったせいか、閉館直前に訪れたためかブルーシートをかぶっているのが残念です。
銀色テントむし660

1985年に新造されたこのSLはボイラーの不調で運転が休止されていたものをこちらで引き取ったそうです。
銀色テントむし660

せっかくなら動くところを見てみたいですねぇ♪
銀色テントむし660

この建物はnorizoが静態蒸気機関車を探すときにお世話になっているやまてつさんのホームページを作られている方が所属するボランティア団体「けいてつ協会」さんが運営されているようです。
鉄道好きの皆さんが運営されているということで…
ディーゼル機関車に乗ることができます。
乗車賃は「足尾歴史館」の入館券(1日会員券)を購入することで賄われています。
そのため大人350円、小学生250円、幼児無料を支払います。
ピッカピカのディーゼル機関車に、手作りで完成したばかりという客車が接続されていてなかなか趣があります。
銀色テントむし660

歴史館で入場券を買うと記念乗車券が付いてくるのでそれをもって客車に乗り込みます。
スタッフさんも乗り込んで、列車や足尾銅山の説明をしてくれます。
銀色テントむし660

2周したら運転終了です。
終了後、エンジンを切ったら運転席に乗せてもらうことができました。
なかなか貴重な体験ですね♪
銀色テントむし660

さらに列車を入れ替えてもう1台登場です。
なんとコチラにも乗せてもらえました。
こっちも2周です。
ヨメさんは山道で体調を崩しクルマで寝ていたためnorizoとモカ、そしてズキマル君の3人のための貸切営業です。
銀色テントむし660

運転後にはこちらも運転席で記念撮影させてもらえました。
銀色テントむし660

SL巡りの旅のつもりでしたが、思わぬところで楽しい「家族でお出かけ」を満喫してしまいました。
敷地の脇には「わたらせ渓谷鉄道」が隣接しており、子どもたちとのんびり自然と鉄道を満喫できるスポットでした。

□B60720(足尾歴史館)
 TEL:0288-93-0189
 栃木県日光市足尾町松原2825
 営業時間:10:00-16:00
 休館日:月曜、12月-3月
 入館料:大人350円,小学生250円


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン 銀色テントむし660
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2011/06/11 16:30
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3355-e9c13483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)