FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…塩尻「D51155」
信州の急激な冷え込みから開放され、氷点下でない朝の塩尻市役所にやってきました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

市庁舎の裏が小さな公園になっていて、ちょっと散策するのにいいスポットになっています。


ここにある静態蒸気機関車が「D51155」です。
正面には信号(?)なども設置されていてナカナカいい感じです。


塗装状態はわりと良いんですが、野ざらしに近い状態では厳しいのも事実です。


長野県内を走っていたSLなんですが、地元の皆さんにも親しまれているんですかね?
駅のような「しおじり」の看板もいい感じです。


ただし、運転席に登ることはできません。

運転席近くによって見ますが、やはりかなり損傷が進んでいるようです。


後部はライトもなく、心なしか傾いているようにも見えます。


解説を見ると昭和48年から展示されているようです。
すでに展示開始から40年も経過しているんですね。

経過年数にしては掲示内容もしっかり読み取れるのでまだまだ転記の必要はなさそうです。

桜の木が多い場所なので、春先に花見を兼ねて撮影に来るのが楽しいかもしれませんね。
庁舎裏にひっそりと置かれたSLをみながらなんとなく気持ちが和らぐスポットでした。


□塩尻市役所(D51155)
 TEL:0263-52-0280
 長野県塩尻市大門七番町3-3
 駐車場あり

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示
 ◇車歴
  製造:1939年2月1日 日本車輌 No.679
  新製配備:米原
  配置:1948年7月1日 大垣
  移動:1950年5月 上諏訪
  配置:1968年4月1日 長野
  移動:1970年1月16日 稲沢第一
  廃車:1973年2月3日 中津川
  走行距離:2,158,706km
  保存時契約当事者:長野県塩尻市長(1973年10月10日)
  保存:塩尻市

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)

シリーズ:D51
デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞。1115両製造、180両以上が保存される。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2011/12/10 08:00
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3658-46168f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)