FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…千葉市美浜区「NUS7」
夜勤明けで帰宅したのが朝10時近かったため、千葉県内をぶらりと回ってみることにします。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やって来たのは国道14号上り線側の奥に見える名もなき公園「稲岸公園」です。
カーナビで検索しても出てこないのでnorizoは「高洲市民プール」で検索してプラプラ歩きます。
目標は14号線からも見えるこのT型のオブジェです。

これは民間航空発祥の地の碑です。
「民間航空発祥の地
1912年(明治45年)、日本初の民間飛行練習場である「稲毛民間飛行練習場」が、ここに開設された。」と書かれています。
明治時代には遠浅の海辺であり、潮がひいた干潟を滑走路にしたそうです。
このことから、「民間航空発祥の地」として記念碑が立ち、一帯が公園として整備されました。
このとき飛翔した飛行機(鳳号)の復元模型は後ほどご紹介する稲毛海浜公園内に展示されています。


さて、この公園にデーンと置かれている静態蒸気機関車は「NUS7」です。
聞きなれないタイプですよね。
軽便系の機関車で主に大型の工場などで資材運搬に使われていたものだそうです。
ライトなどは欠損しているのか安全のためなのかありません。


一応、「登らないでください」と言う注意書きがありますが皆さん楽しく登っています。
しかし、その割には比較的きれいに保たれているのを見ると、保存会の皆さんの熱意が感じられます。


運転席に乗り込むことも出来ますが、こちらも子どもたちの遊び場とは思えないほどしっかりしています。
このSLは「ジオキャッシング」と言うGPSを利用した宝探しゲームの宝物が隠されているそうです。


どんなものかも知らずにズキマル君を台車の下にまで潜らせましたが見つかるわけもありませんでした。
※宝探しと言っても宝物が隠されているわけではありません。


海に近く、子どもたちの遊び場になりながらも風化が進まずに済んでいるのは開けた地形のおかげで心無い方のイタズラに会わないのが要因かもしれませんね。

意外にも、設置は昭和52年と約35年も経っているんですね。



せっかくなので復元模型飛行機の鳳号がある稲毛海浜公園にも行ってみました。
海水浴場もプールもある立派な公園なのですが、冬場と言うことで人影もまばらです。
駐車場代もかかりますが、併設の「稲毛民間航空記念館」自体は入場料無料です。

中には鳳号(おおとりごう)を含む2台の飛行機の実物大模型が置かれていました。

土日には飛行するおもちゃを作れる実験教室がある日もあり、場合によってサンプルをもらうことも出来るようです。
ズキマル君とモカは折り紙のカモメ飛行機と、バルサ材と硬質パルプ材で作ったグライダーをもらって大喜びでした。


蒸気機関車や飛行機など懐かしいスポットが目白押しの千葉市にはこれからも目が離せませんね。



□稲岸公園(NUS7)
 千葉県千葉市美浜区高洲4丁目15
 駐車場なし

より大きな地図で 静態蒸気機関車 を表示
 ◇車歴
  製造:1953年4月 川崎車輌
  廃止:1968年5月
  保存:1977年9月

ワンポイント:
1953年4月ら1968年5月まで川崎製鉄千葉製鉄所において資材や原材料等の輸送に使用されました。

情報元「蒸気機関車ほか 鉄道保存車両について」(やまてつさん)


□稲毛民間航空記念館
 TEL:043-277-9000
 千葉市美浜区高浜7-2-2
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:毎週月曜日
 入館料:無料
 駐車場:有料(300円/3h)


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2011/12/18 12:30
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3667-715f2266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)