FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで城巡り…千葉市「千葉城」
千葉市内をブラブラとクルマで移動する際に気になっていたお城に行ってみました。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。


やって来たのは「千葉市立郷土博物館」、通称「千葉城」です。
名城100選にも選ばれていませんし、お城関係の本でも大きく取り上げられているものにはあったことがありません。
しかし、立派にそびえるその姿に、一度は訪問してみたいと思っていました。


所在地は千葉市内の亥鼻公園(いのはなこうえん)にあり、戦国時代の亥鼻城を模して作られたもののようです。
お城の裏には郷土資料館専用の無料駐車場もあるので、時間を気にすることなくゆっくりと散策することが出来ます。


嬉しいのは入場料が大人60円子ども30円と言う安さです。
これならお財布が心もとない時でも安心して登城することが出来ます。


建物内はコンクリート造りで外観から見るようなインパクトはありませんが、常設展示のない世も中世から現代まで階層別にしっかりしていて見ごたえがあります。
※展示内容は現地でご確認ください。


5階は天守閣になっていて360度ベランダに出て望むことが出来ます。
ただ、安全のために全面に金網がかけられているため、外観も中からもちょっと寂しい感じもします。
しかし、それだけに足元からの風を感じるとちょっと震えてしまうくらいの見晴らしです。


今回はタイミングが合わず参加できませんでしたが、毎月第2土曜日には着物体験も出来るようです。

申し込み方法は往復はがきに住所氏名年齢電話番号を記入の上、参加希望日の前月25日までに郷土博物館あてに参加希望の旨をお送り頂くと参加の是非が送られてくるようです。


千葉城西側の公園には弓矢を構えた武将像があったので誰だか確認に行ったら…特に誰でもない武将像でした(笑)

公園ではハモネプ挑戦するのか、高校生たちが歌を歌っていたり、散歩を楽しむ人々が笑顔で楽しんでいたりと、千葉城だけでなく公園もあわせて楽しめる、ステキなポイントでした。
春先や秋など季節の草木の観察と共に一年中楽しめそうなスポットの発見にちょっと嬉しくなりました。




□千葉城(千葉市立郷土博物館)
 TEL:043-222-8231
 千葉県千葉市中央区亥鼻1-6-1
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:月曜日
 入場料:大人60円子ども30円
 駐車場:千葉城東側に無料駐車場あり

ワンポイント
現在、亥鼻台地(亥鼻山)の中腹には千葉市立郷土博物館が建っている。
この建物は近世風の模擬城郭となっている。
しかし、高層の楼閣である天守閣が築かれるようになったのは千葉城が築城されたより後の時代と言われている。
千葉氏が亥鼻に築いた舘は中世風の館形式の城郭であると考えられ現状の姿とは違うと言う説もある。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2011/12/18 16:00
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3670-94d0312e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)