FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・9箇所目「小谷城」
テレビアニメ版の「戦国BASARA」のDVDを見て、お市のダンナの浅井長政(あざい・ながまさ)が気になりました。

スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660

深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみますが、今回は「戦国BASARA」ネタでいきます。

やって来たのは滋賀県にある「小谷城跡(おだにじょう)」です。
他のところではほとんど雪を見かけないのに、このあたりに来たら急に雪が降り始めました。


小谷城の入り口には観光案内所が設置されていますが、3連休だと言うのに休館です。
全然調べないで来てしまったらNHK大河ドラマ「江(ごう)」は浅井長政(あざいながまさ)の娘だったんですね。
モカに「そんなことも知らないの?」と怒られました(笑)


城の入り口には登るのをためらうような注意書きがされています。
城の入り口まで1.5キロあるらしく不安になりスタッドレスタイヤを履いているので、近くまでクルマで行ってみることにしました。


ちゃんと調べずにクルマで登りましたが、後で案内図を見たらスゴい場所にあるんですね(笑)



クルマで急な坂道を登ること10分、本丸の400m手前まで来る事が出来ました。
…それにしても雪がスゴい!
遭難しそうです。


獣道のような登山道は雪に閉ざされ、入山を拒まれているようですが、犬を連れたご夫婦が散歩されているのを見て、入山を決意しました。


わずか400mの道のりがキツいです。
160mほどの地点で街並みを見下ろすことが出来ますが、あまり進んでいないことを知り、がっかりします。
それでも、風景に後押しされてもっと上に行ってみようと思います。


100mほど進むと馬洗場がありました。
コワいことに「動物に注意」とか書いてあります。
敷地的にはとても人々が居住する空間とは思えないような場所に城を築いて居たんですねぇ。


必至に雪山を登ること400m、ついに本丸があったとされる場所にたどり着きました。
…雪で一面真っ白です(笑)

程なくして、ズキマル君が何かを催し(笑)、即効下山することとなりました。


そんな雪山登山で見てきたのは城址の10%程度でしかないんですが、雪山経験のないnorizo一家では遭難の危険性が高いので、このあたりで諦めることにします。

冬は雪、夏はスズメバチ、春秋は大型肉食獣と自然の要害に事欠きませんが、城のあり方としてはカンペキに感じました。

それだけに滅ぼされてしまったのが残念ですね。


さて、必至で歩いた雪山にはスタンプはありません(笑)
スタンプがあるのは登山口からクルマで5分ほど進んだところにある「小谷城戦国歴史資料館」です。
小さな資料館ですが、周りに建物がないのですぐにわかります。


入り口にあるお約束は、やっぱりやっておかなきゃいけませんね(笑)
…それにしても、クリスマスイブに訪問するのが正しかったのかどうかは、子どもたちが大きくなってから考えてもらいます。


入り口スグにスタンプがありました。


せっかくなので入場料300円を払って資料館を見学します。
小さな資料館ですが、資料もナカナカで清掃も照明も行き届いていて居心地がよかったです。
館内の撮影は出来ませんが、お土産にこの資料館のポスターをもらうことも出来るそうですから、300円ならお得ですね。


今回は幕末史や美人3姉妹については触れることが出来ませんでしたので、いずれ機会を見てもう少し勉強していきたいと思います。

城巡りを通じて、明らかに歴史への興味が広がるプライスレスな家族の絆を改めて感じられるいいスポットでした。




□小谷城(おだにじょう)第49番
 TEL:0749-78-8309
 滋賀県東浅井郡湖北町郡上町(おだにぐじょうちょう)139
 設置場所:小谷城戦国歴史資料館(城址散策は無料)
 主な城主 :浅井氏、羽柴秀吉
 入場料:大人300円子ども150円
 営業時間:9:30-17:00
 休館日:毎週火曜日・12月28日~1月4日
 駐車場:あり

より大きな地図で 日本100名城 を表示

ワンポイント
日本五大山城の一つ(春日山城、月山富田城、観音寺城、小谷城、七尾城)
浅井氏の居城で、浅井長政はお市の方(信長の妹)を妻としたが、最終的に信長に滅ぼされる。
秀吉側室の茶々は浅井長政とお市の方の娘。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2011/12/24 11:30
関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント
2. Re:雪の
>九兵衛さん
片道500キロ近いのでナカナカ来れないものですから…
出来る限りのチャレンジをしてみました(笑)
天気がよければ大嶽(おおつぶら)に行ってみたかったんですが…
次に来た際には頑張りたいです♪
[2011/12/30 07:59] URL | 銀色テントむし #79D/WHSg [ 編集 ]

1. 雪の
雪の山城への登城ですか!
ある意味尊敬します。(笑)
さすがに私はそこまでした事はありません。
[2011/12/30 07:46] URL | 九兵衛 #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3676-f10fa99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)