FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・18箇所目「水戸城」
今週は北茨城にある城跡に訪問します。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


やってきたのは水戸にある水戸城下「弘道館(こうどうかん)」です。
梅祭りのシーズンには偕楽園や博物館を巡回する無料バスがあるので、それに乗って来てみました。
到着してみると、なぜか子どもたちが歓迎のために並んでいます。
聞いてみると「藩校サミット」と言うのが行われる日にぶつかっていたようです。


弘道館は幕末に建設された建物で、水戸城からは少々離れているようですが、スタンプがあります。
徳川御三家だけあって、全体を見るには体力が足りないので今回は弘道館だけ回ってみることにします。
弘道館だけでも十分に見ごたえのあるボリュームです。


スタンプは弘道館の入り口の券売所に置かれています。
券売所と言っても、現在(2012年2月)は敷地内のみ無料で見学するkとが出来ますので費用はかかりません。


門をくぐるとお寺のような建物がそびえ立っています。
これが水戸の学校としても使われていた弘道館の玄関です。


しかし、よく見ると大震災の影響で壁は崩れ落ち、瓦も一部損壊しています。
本来でればすぐにでも修復したいそうですが、国の管理下におかれているため予算も下りず、修復の目処が付かないために、建物内は立ち入り禁止になっています。
解説してくれるボランティアの方がたくさんいらして教えてくれました。


建物近くに張られた柵のために入ることは出来ませんが、障子を大きく開けてくれているために中までよく見えます。


敷地内のお客さんの中にはスーツを着た男性が多く見られます。
これは藩校サミットのために日本全国から集まった各地の当主様や藩校の学長さんだったようで、こっそり聞いているとひときわ大きな男性が水戸徳川家15代城主の方だったようです。
※写真の方は別人です。


弘道館を時計回りにぐるりとまわると終盤に葛篭や道具が見られます。
幕末、徳川家が蟄居(言葉の使い方が違うかも?)させられていた場所だとのことですので将軍家が使っていた品の数々なのでしょう。


弘道館も震災で大きなダメージ受けていましたが、周辺を散策してみると「学生警鐘」(授業用のチャイム?)などは完全に損壊しています。
水戸市の皆さんはすぐにでも直したいそうなんですが、管理が国と言うだけで調査も修復も許されていないとのことで残念です。

次回は是非とも修復が開始されてから見学したいですね。


震災に悩まされながらも水戸観光の発展に尽力するボランティアの皆さんに感謝しつつ弘道館をあとにしました。


深すぎて調べきれないので「銀色テントむし」では、歴史分野では「幕末」にスポットを当てて旅を楽しみます。
------------------------------------------------------------------------------
明治維新の際、水戸藩では改革派(天狗党)と保守派(諸生党)が激しく争い、弘道館もその舞台となった。
明治元年10月1・2日(1868年11月14・15日)には会津戦争で敗走した諸生党が水戸に舞い戻り、弘道館に立てこもる事態となった。
この弘道館戦争となり多くの建物が銃砲撃により焼失した。
1872年(明治5年)12月8日に閉鎖され、その後は太政官布告により公園とされた。
※ウィキペディアより
------------------------------------------------------------------------------

□水戸城(みとじょう)14番
 TEL:029-231-4725
 茨城県水戸市三の丸1-6-29
 スタンプ設置場所:弘道館※2012年現在庭園のみ見学可能
 駐車場:有料(数台分無料駐車場あり要申し出)
 入館料:大人190円子ども100円(現在無料)
 営業時間:9:00-16:30(夏季延長)
 通称・別名:馬場城、水府城
 主な城主:馬場氏、江戸氏、佐竹氏、徳川氏



より大きな地図で 日本100名城 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/02/18 11:00
関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント
2. Re:震災
>九兵衛さん
館内の見学が出来なかったのは残念でしたが、たまたま見かけた各地の城主の子孫の皆さんに感激しました♪
[2012/02/23 08:17] URL | 銀色テントむし #79D/WHSg [ 編集 ]

1. 震災
そうですか、震災の影響で中に入れなかったのですか。
貴重な文化財産なので早く修復できるといいですね。
[2012/02/22 21:16] URL | 九兵衛 #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3748-4857d23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)