FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・23箇所目「鉢形城」
今週は埼玉県の城跡に行ってみましょう。
スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


やってきたのは花園インターチェンジを西に進むと広がる「鉢形城跡」です。
静かな緑地帯と言ったイメージで住宅も少なく、鳥のさえずりが心地よく響きます。


公園の散策コースとなった鉢形城跡は一部未整備の場所もありますが、概ね歩いてみることが可能です。


城跡の北側は断崖になっていて、攻略が難しかったであろうことを感じさせます。
「本丸跡」には碑が建立されている以外には雑木林と言ったイメージしか沸きません。


堀は観光用に整備が行き届いていて美しく広大です。
特に雑草が少ない春先と言うこともあり高低差がくっきりと浮かび上がり、当時の様子を想像するのに持って来いの季節です。


広大な広場の中にポツリと浮かぶ建築物が三の曲輪の復元門です。
土塁と石垣しか見当たらないので、門一つがやたらと「城らしさ」を醸し出しています。


門の先にはまた石垣があります。
戦国時代には北条氏、上杉氏、豊臣氏などが攻め入っており戦地となっていたエリアだけに夜歩くのは、何か見えそうでコワいですね(笑)


休憩所が設けられているんですが、雨戸が閉められ入ることが出来ませんでした。
ここには井戸や池があることから、客室として用をなしていたのでしょう。
この辺りから眺める景色に癒されたであろう風景が今もほとんど変わらずに残されているのはありがたいことです。


不思議なのは、なぜここまで住宅地として開拓されてこなかったかですね。
う~ん、やっぱり夜になるとデるのかなぁ?
想像力が豊か過ぎるのでしょうか(笑)


川と言う要害を越えると博物館にたどり着きます。
門の形を見ると縦棒が2本に横棒が1本と言う非常にシンプルなつくりです。
どうやら室町時代のタイプの門らしいんですが勉強不足で「良さ」が理解できませんでした。


さほど大きくはないながらこのエリアに数少ない「近代建物」として設置されているのが「鉢形城歴史館」です。
鉄筋コンクリート2階建ての建物ですが、城跡の中にありながら景観を崩さない打ちっ放しのコンクリートが印象的です。

入館料は大人200円、子どもは無料です。
館内は立体的な展示がなされていて、3月17日からは企画展示も行われていたので、見学には結構な時間を要しました。


スタンプは歴史館入り口に設置されています。

階段の先は撮影禁止なのですが、受付で許可証をもらえば撮影可能な場所もあるようです。


なんとなく「城跡」の良さもわかるようになってきて、のんびりと散策するには楽しい史跡でした。


□鉢形城(はちがたじょう)第18番
 TEL:048-586-0315
 埼玉県大里郡寄居町鉢形2496-2
 スタンプ設置場所:鉢形城歴史館
 入場料:大人200円子ども無料
 開館時間:9:30-16:30
 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
 駐車場あり

より大きな地図で 日本100名城 を表示



ワンポイント(戦国史)
1546年(天文15年) 北条氏3代北条氏康が上杉朝定・上杉憲政の拠る川越城を攻略、北条氏が覇権を確立した。
1564年(永禄7年) 氏康四男北条氏邦が鉢形城へ入城した。以後、鉢形城は北条氏の北関東支配の拠点となった。
1569年(永禄12年)武田信玄による攻撃を受ける。
1574年(天正2年)上杉謙信が城下に火を放っている。
1590年(天正18年) 豊臣秀吉による小田原攻めがはじまる。
鉢形城は前田利家・上杉景勝・島田利正、徳川家康麾下の浅野長吉、本多忠勝、鳥居元忠 らの連合軍 (35000) に包囲され、北条氏邦の老臣黒澤上野介ら (3000) が約1か月の籠城戦を戦ったのち、開城した。
その後、徳川家康の関東討入にともない、成瀬正一、日下部定好が代官となって周辺の統治を行った。
※ウィキペディアより
◇資料不足で今回は廃城になった時期がわかりませんでした。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/03/17 12:00
関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3778-c4424395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)