FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・25箇所目「八王子城」
そろそろ桜の見ごろが始まることを期待して、西東京の100名城を目指してみることにします。

スタンプラリーを見かけるとついつい参加してみたくなりますが、景品の有無だけではなく、「好きなこと」かどうかにかかわっています。
蒸気機関車とデカ盛り、そして幕末と名城を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ロータスRV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本の100名城スタンプラリー」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)

ガイドブックの綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで城巡り」に出発です。

銀色テントむし660


今回やって来たのは八王子ジャンクションの北側にある「八王子城跡」です。
カーナビで上手に検索できずウロウロしましたが、androidのgoogleマップと併用でたどり着くことが出来ました。

無料の駐車場は防犯対策のためか朝8時半から夕方17時までしか開いていません。
朝9時頃に到着するとまだまだスペースがありましたが、土日の日中ともなると満車になってしまうことも多いそうです。

駐車場からちょっと歩くと八王子城跡管理棟が見えます。


管理棟の向かいにはタイル作りの八王子城エリアマップが用意されています。
土日にはボランティアのガイドの方が待っていてくれるので、レベルに合わせた散策が可能です。
また、お願いすれば同行して各所の説明をしてもらうことが出来ます。


管理棟のちょっと手前の広場には立体模型が用意されているので、山城に不安のある方は高低差の確認をしてから当日のルートを検討したほうが良いかもしれません。


八王子城跡は城巡りの方だけでなく、ハイキングのお客さんも数多く訪れるエリアなので、軽装で歩くのにちょっと不安を感じてしまいます。
しかし、ガイドさんと話してみる限り、道を外れなければ最長2時間程度の道のりなので、重装備の山歩きスタイルで訪問する必要は無いようです。


ルートが標高の高い本丸コースと、簡単に散策できる千畳敷(御主殿跡)コースがあります。
片道1時間以上とされる本丸コースはちょっと不安があるので今回は上り口で写真をとるだけにしておきます(笑)


千畳敷(御主殿)ルートは片道15分程度で整備された道と復元された橋や石垣を楽しむことができます。


戦国末期に廃城となり、その後江戸幕府の材木用地として栄えたためか、遺跡がほとんど劣化することなく残されていて、平成4年ごろの発掘調査により復元が開始されました。
まだ完成間もないのか、石段も美しく、山城らしからぬ姿です。


八王子城は戦国中期以降に流行った平地型の城ではなく、時代に逆行した山城でありながら石垣を作ったと言うのがポイントだそうです。


石垣の上の植栽には切れ目があって上れるようになっていますが、一歩踏み出すと高低差に足がガクガクしてしまいます。


豊臣軍に攻められた八王子城はわずか1日で開城することとなりますが、小田原攻めのために捕まった人たちはことごとく打ち首となり、その首を小田原に晒されたと言います。
そのため、この城に残った女子どもはこの先の滝つぼで自刃し、小田原の家族を思い死んでいったそうです。

そのため、この先の滝つぼは心霊スポットとしても有名だそうです。

見学はしましたがコワいので写真を撮るのはやめておきました。
ちなみにトイレが無いようなので、散策前に管理棟でトイレを済ませておくことをお勧めします。


楽しく散策を終えたら、ゆったりとした下り道を歩いて管理棟に戻ります。
名城100選スタンプも管理棟に用意されているからです。

ガイドスタッフの優しいおじいちゃんたちに囲まれて暖かな気持ちでスタンプを押すことができました。


スタンプラリーを始めて約半年、なんとか4分の1の25箇所を歩いたことになります。

初期にはわからなかった城跡も、事前に勉強していくことで、なんとか楽しめるようになって来ました。
まだまだ日本史に疎いことを感じ、これからも勉強しながら子どもたちと城巡りを楽しめればと思います。

そう言えば、八王子城の駐車場のちょっと手前に北条氏照の墓もあるそうです。
歴史にご興味のある方は合わせて見学してみてはいかがでしょう。

今後は新たに「八王子城ガイダンス施設(仮称)」もオープンするそうです。
今回はまだ施設内に展示品は見られませんでしたが、2013年以降に改めて訪問するとずいぶんイメージが違うことになっているかもしれません。

スタンプラリーは城巡りのとっかかりで、これからの人生で何度も訪問する足がかりになっているのかもしれませんね。


□八王子城(はちおうじじょう)第22番
 TEL:042-620-7265(八王子市文化財課)
 東京都八王子市元八王子町
 主な城主:北条氏照
 スタンプ設置場所:八王子城跡管理棟
 スタンプ設置場所住所:東京都八王子市元八王子町3-2715-2
 見学料:無料
 開館時間 8:30 - 17:00(駐車場・管理棟)
 休館日:年末年始
 駐車場:無料
 ※9:00-16:30まで無料のボランティアガイドをお願いできます。


より大きな地図で 日本100名城 を表示

ワンポイント
小田原に本拠をおいた後北条氏の三代目、氏康の次男、北条氏照が築いた山城です。
天正18年(1590)6月23日、豊臣秀吉の関東制圧の一環で、前田利家・上杉景勝軍に攻められて落城しました。
この、八王子城落城が決め手となって籠城を続けていた小田原城は開城、北条氏は滅亡しました。
氏照はこの時、小田原に籠城中で、開城後、兄の氏政とともに城下で切腹しました。
その後新領主となった徳川家康によって八王子城は廃城となりました。
八王子市HPより


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/01 10:30
関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント
2. Re:ロマン
>カブトムシさん
栃木には100名城は鑁阿寺「足利氏館」しかないんですけど、新撰組の攻めた宇都宮城や栃木の名士下野氏の栃木城などいいスポットが多いんですよね。
戦国時代には伊達、上杉、武田、北条と睨み合いが続いており、幕末は旧幕府軍と新政府軍が激突しているので勉強になります。
学生時代はほとんど知識がなかった日本史にこんなに興味をもって接するようになるとは思いませんでした(笑)
[2012/04/07 06:45] URL | 銀色テントむし #79D/WHSg [ 編集 ]

1. ロマン
お城(城址)って良いっすよね。

銀色テントむしさんのせいで?おかげで?
オラっちも最近、城址を訪問するようになりました。

最近は、かすかな土塁を見ただけで、感激するようになって来ましたよ(笑)。
[2012/04/06 21:21] URL | カブトムシ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3795-fd36fb87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)