銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで関東の駅百選…第30回東京「東大島駅」
花見の季節になると、地下鉄を利用してぶらりと都内を散策したくなります。
蒸気機関車とデカ盛りと道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカー「eK-Camp テントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむし テントむしオレンジ乗りのnorizoです。

普段はクルマでの移動ですが、今回は都営地下鉄の駅近隣にクルマを置いて(まぁ自宅ですが…)「パーク&ライド」でCO2削減の旅にしましょう。
まずは、季節限定の都営地下鉄1日乗り放題乗車券「春のワンデーパス」を購入します。
このチケットは大人500円、小学生250円で都営地下鉄各線が1日乗り放題になります。
東京都内を走る地下鉄には都営線の他、東京メトロなど入り乱れていますので注意が必要です。
乗れるのは「都営浅草線」、「都営三田線」、「都営新宿線」、「大江戸線」の4路線です。

チケットは磁気カードなのでタッチアンドゴーと言うわけには行きませんが、リーズナブルに都内散策を楽しめるので、渋滞とコインパーキング探しに気をとられずに時間割を設定できる旅を楽しめます。

今日からの1週間の旅ネタは8本ですが、このチケットで楽しめるエリアばかりです。

1日で歩いた距離は24キロ!

短いようで長いワンデーパスの旅にお付き合いください♪

------------------------------------------------------------------------------


「関東の駅100選」は1997年から2000年にかけて、各年24~26駅選定されたそうです。
エリアは国土交通省の関東運輸局管内にある茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨となります。
選定理由として…
・駅舎の保存価値が高く、記念碑や名所旧跡などがあり、歴史を物語る駅 
・近代的な駅施設で、便利で人に優しい駅  
・図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅 
・ユニークなデザインの駅
といった、特色のある駅が選ばれました。
選定された駅の内、現存する駅は98あります。


今回やってきたのは「関東の駅100選2000年第4回」選定、都営新宿線の「東大島(ひがしおおじま)駅」です。
選定理由は「江東区と江戸川区の区境の河川橋上駅でホームに行政区分標がある全国でも珍しい駅。」だからだそうです。
今回は江東区側から駅を見学してみましょう。

地下鉄なのに地上駅でしかも橋の上がホームと言うのはナカナカ面白いですね。
出口が東側の「小松川口(江戸川区)」と西側の「大島口(江東区)」に分かれていますが、出口を間違うととんでもないことになりそうです。


江東区側の大島口の改札を降りると「駅エコ」と称した解説ブースがあります。
省電力化のため、無人の時には蛍光灯も消え、人が近づくと電気がつく対人式でエコ対策しています。


東大島駅は都営新宿線創業当時は終点だった駅です。
この後、現在の千葉県市川市の「本八幡駅」まで延長されるわけですが、それまでの間も2区にまたがる駅だったかどうかは…調べるのを忘れてしまいました(笑)


旧中川を挟んで鉄道橋となっているのですが、建物が多いため、意外とその全貌を見られるスポットは多くありません。
まずは桜が咲き乱れる南側の野球場の脇を歩き、川沿いに出てみましょう。


旧中川の土手を降りて北側を眺めると駅の全貌が見渡せます。
北側には車道のさくら橋やもみじ橋があり、橋で繋がれる東京都の雰囲気が伝わってきます。
近隣には集合住宅が立ち並びますが、一歩土手を下りれば雑踏を忘れ、静かな気持ちで散歩を出来るスポットです。


土手を北側に歩き、さくら橋との間に来ると江戸川区側の状況が良く見えます。
江戸川区の土手の下も散策道となっているのですが、桜の木は江東区側の方が多いようなので、春先に限ってはこちらの方が楽しく歩けそうです。

川に囲まれたエリアで、徒歩でのアクセスは慣れないと時間がかかりそうですが、住宅街として暮らすにはいい場所です。
しかし、間違えて改札口を出てしまったら、随分歩くことになりそうですね(笑)


面白い駅と川辺の風景に癒されながら、「関東の駅100選」の選定理由の多さに改めて感心してしまいました。

都営地下鉄にはまだ「100選」に選ばれた駅があるんですが、もったいないので今回はこの1本にしておきましょう♪


□東大島駅(ひがしおおじまえき)
 東京都江東区大島九丁目3-14
 所属事業者:東京都交通局(都営地下鉄新宿線)
 開業年月日:1978年(昭和53年)12月21日
 駐車場なし?


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東の駅100選」 を表示

2000年第4回
関東の駅100選 選定理由
 江東区と江戸川区の区境の河川橋上駅でホームに行政区分標がある全国でも珍しい駅。


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
 blogram投票ボタン 銀色テントむし660 
   
2012/04/08 08:00
関連記事

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/3799-407879f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)