FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…大宮「鉄道博物館」
博物館と言えば関東随一の静態蒸気機関車の保存場所と言えば、なんと言っても「てっぱく」でしょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

埼玉県大宮市にあって関東最大級の鉄道の博物館と言えば、大宮駅からニューシャトルで一駅の鉄道博物館駅から雨に当たらずに入れる「鉄道博物館(てっぱく)」です。
クルマで行っても駐車場代は1日500円なので、遊んだあとの子どもたちの対応を考えるとついついクルマで行ってしまいます。
入館料は大人1,000円、小中高500円、幼児200円で一日楽しむことが出来ます。
DSCF4633.jpg

入場料を払わなくても楽しめる静態蒸気機関車が「D51426」です。
壁から突き出すかたちで展示されているのですごく気になります。
DSCF4634.jpg

裏に回ってみると…デフレクターの先のボイラーの途中からぶった切れています。
DSCF4637.jpg

解説をよく見ると書き方がちょっと面白いです。
DSCF4635.jpg
解説に書かれた「このD51426号機(先頭から約3mの部分)は北海道・東北・中国地方で働き~」を見て…
ズキマル君に「残りの部分はどこで活躍しているの?」と聞いてきます。
なるほど!
子どもの興味には応えたいところですが、先頭から3mより後ろも同じところで活躍していたはずです。
子どもの感性って面白いですね。

さて、ここから先は有料部分ですが、このところ夜更かしばかりしていたモカが体調を崩し始めたので館内の案内はズキマル君とヨメさんに任せて、モカとnorizoは駐車場で待機することにします。
こんな時に軽キャンカーは便利で、後部座席をベッドにしてガッツリ眠ることが出来ます。

数あるSLの写真を期待しつつクルマで爆睡して待つこと数時間…
ズキマル君は各所の展示を楽しんできたようです。
DSCF4687.jpg

しかし、乗り物系は朝イチで予約しないと定員になってしまうものが多いようで、かなり制限された楽しみ方になったようです。
DSCF4690.jpg

館内には6台の蒸気機関車が展示されているので写真で説明しようと思ったんですが…
カメラの調子が悪かったらしく(ヨメさまの腕のせいではございません)適度な写真がご用意できませんでした!!
また次の機会にほかの蒸気機関車はご紹介していきましょう。
ご興味のある方のために、記事の最後にやまてつさんのHPで公開されている各車両の情報は記載させていただきましたのでご覧ください。

しかし、ズキマル君の表情からどれだけ楽しんできたかはご理解いただけると思います。
我が家ではてっぱくに行ったら、帰りには隣の北斗星のかたちをした建物が目印の「大宮大成鉄道村」で日帰り入浴をして食事をするのが楽しみだったんですが、残念なことに平成24年10月31日(水) で閉館してしまっていましたorz

写真はちょっと物足りない記事になってしまいましたがSLファンにも乗り物ファンにも子どもにも楽しめるスポットなのは間違いなしです。
今度の休みには、家族そろって「てっぱく」に行ってみてはいかがでしょう?

□鉄道博物館(てっぱく)
 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
 開館時間 10:00-18:00
 休館日:毎週火曜日および年末年始
 入館料金 :大人1,000円小中高生500円幼児(3歳以上)200円
 駐車料金:500円


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

ワンポイント:展示車輌
 ◎島原鉄道1号機関車(150)
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1871年 バルカン・ファクトリー No.614
  使用開始:1872年 新橋-横浜
  移動:1880年11月 大阪-神戸
  改造:1884年7月 ~1885年6月 神戸工場
  移動:1885年7月9日 半田
  鉄道院分類:1894年 E型、1898年 A1型、改番: 1909年10月1日 150
  譲渡:1911年 島原鉄道1
 ◎1292(日本鉄道 1)
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1881年10月17日 マンニング No.815
  陸揚げ:1881年 川口市善光寺付近 日本鉄道25「善光」
  鍬入式:1982年9月1日 川口-大場間を運行
  改番:1894年 日本鉄道3
  改番:日本鉄道 甲1
  配属先移転:1905年5月 上野機関庫
  国有化:1906年11月1日 鉄道院、改番: 1909年10月1日 鉄道院1292
 ◎7101
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1880年4月 ポーター No.369
  新製配置:幌内鉄道
  移行:1889年暮 北海道炭鉱鉄道
  鉄道国有化:1906年10月1日 鉄道院
  改番:1909年10月1日 鉄道院 7101
  貸与:1912年前 北海道建設事務所
  保存のため回送:1923年 黒磯
 ◎9856(カットモデル)
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1912年3月 ヘンシェル No.11663
  新製配置:1913年8月11日 沼津
  移動:直江津
  廃車:1924年3月20日 直江津
 ◎C515
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:浜松工場 No.5
  使用開始:1920年1月24日 神戸局 18904
  配置:1920年3月6日 神戸局
  改番:1928年10月1日 C515
  配置:1933年4月1日 姫路
  配置:1941年4月1日 梅小路
  配置:1955年4月1日 奈良
 ◎C57135
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1940年5月1日 三菱重工神戸造船所 No.285
  新製配備:1940年6月1日 高崎
  移動:1952年4月13日 小樽築港
  移動:1968年10月2日 室蘭
  移動:1969年10月1日 岩見沢
  廃車:1976年3月31日 岩見沢
 ◎D51426(前部)
 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1940年7月24日 日本車輌 No.801
  配置:1948年7月1日 尻内
  配置:1957年11月1日 尻内
  配置:1968年4月1日 尻内
  移動:1968年10月10日 厚狭
  廃車:1972年4月28日 厚狭
情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/12/01 13:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4204-cbd34614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)