FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…横浜「歴史博物館」
ヨコハマに重要文化財でありながら博物館と言うスゴいスポットがあるとのことで行ってみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

やってきたのはみなとみらい線の馬車道(ばしゃみち)駅から南にすぐのところにある「神奈川県立歴史博物館」です。
もともとは横浜正金(しょうきん)銀行だった建物で、広島の原爆ドームとともに国の近代「史跡」にはじめて登録されたと言う歴史的価値も大きな建物です。
大正12年(1923年)の関東大震災では、建物本体は倒壊をまぬがれたものの、火災によってドーム部分が焼失しましたが、ドームは昭和42年(1967年)に復元され、神奈川県立博物館として開館したとのことです。
DSCF4781.jpg

正面入口は現代の博物館の様相ですが、建物の周りをぐるりと回ってみれば、史跡に認定されるにふさわしい素晴らしい建築物であることに気付きます。
この旧横浜正金(しょうきん)銀行は、明治の著名な建築家・妻木頼黄(つまきよりなか)の設計により、5年の歳月をかけて明治37年(1904年)7月に完成したそうです。
DSCF4782.jpg

せっかくなので明治時代にも使われたであろう入口のほうから入館してみます。
DSCF4783.jpg

館内は中央が博物館となっており、外周に廊下、その周囲に幾つかの展示室や売店、トイレや喫茶室などがあります。
外部の特別展示室は無料で楽しむことが出来ます。
訪問時には「KEN・PAKU発掘クロニクル」と言う、遺跡発掘に関する資料の展示が行われていて、ここだけでも30分くらいは楽しむことが出来ます。
DSCF4786.jpg

しかし、せっかく来たなら3階建ての本展示も見ておきたいですね。
大人300円、子ども無料で入館出来るリーズナブルさも魅力です。
3階・2階は常設展示、1階は企画展示となっており、今回の企画展は「勝坂縄文展」が行われていました。
※「勝坂縄文展」は2012年12月15日から2013年2月7日までです。
DSCF4788.jpg

3階の展示は縄文時代から飛鳥、室町時代についての展示が主ですが、資料の保存状態確認のため一部の展示物が見られませんでしたが、建物内とは思えない当時の建築物や模型など見ていて飽きない内容になっています。
DSCF4791.jpg

2階に移動すると江戸、幕末、明治の近代史とその民俗学に関する展示です。
子どもたちが飽きないように、入館時にクイズ形式のプリントが手渡されるため、予想以上に集中して展示物を観察してくれます。
DSCF4792.jpg

1階の特別展示も魅力的です。
縄文時代に詳しくないため、子どもたちに解説が出来ないのでどうしようかと思っていましたが、スケッチブックをお借りして、縄文土器を観察・スケッチすることが出来ます。(任意)
そのため、絵が好きなモカは展示物のひとつ日本最大級の土偶のアタマ「縄文の貴公子」を丁寧に観察してスケッチしていました。
描いたスケッチは、スケッチブックから切り離して展示コーナーに展示していただいちゃいました♪
DSCF4796.jpg
「勝坂縄文展は見たいけど、入館料は惜しい」と言う方には、相模原市立博物館で2013年2月16日から3月20日まで無料公開されるそうですので、そちらもオススメです。

駐車場が無いのでクルマで訪問の際には近隣のコインパーキングを利用する必要があります。
平均的に10分100円くらいかかりますが、博物館正面入口から2本ほど南に進んだところにある「ナビパーク相生町第一」は午前8時から昼12時までに限り800円打ち切りだったので、朝イチでじっくり見学するのならオススメです。

期待以上に楽しめる展示内容と歴史的建物に、家族で楽しめる博物館ですね。
電車なら、1日乗車券「横浜1DAYきっぷ(エリア内大人830円子ども420円)」を利用すれば、入場料も割引になり、ほかのエリアの観光にも便利です。
長期の休みに横浜に遊びに行く際には、ちょっと博物館でのんびりしてみるのも良いかもしれません。

--------------------------------------------------
建物は、歴史主義建築に属する明治30年代における代表的な洋風建築である。
横浜正金銀行本店として1900年(明治33年)に着工し、1904年(明治37年)に完成した。
1923年(大正12年)9月1日の関東大震災の火災により建物のドームが焼失する。
1947年(昭和22年)には、横浜正金銀行を引き継いだ東京銀行が発足し、東京銀行横浜支店として使用された。
1964年(昭和39年)に神奈川県が建物を買い取り、建物の増築・改修工事を行い、関東大震災で焼失したドーム屋根の復元を行う。
1967年(昭和42年)3月20日に神奈川県立博物館として開館する。
1969年(昭和44年)、建物が「旧横浜正金銀行本店本館」として国の重要文化財に指定され、1995年(平成7年)には敷地が「旧横浜正金銀行本店」として国の史跡に指定されている。
外観のよく保存された、すぐれた意匠をもつ洋風建築であり、明治以降の建築物をともなう遺跡で国より史跡の指定をうけたのはこれが最初である。
※ウィキペディアより
--------------------------------------------------

□神奈川県立歴史博物館
 TEL:045-201-0926
 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
 開館時間 9:30-17:00
 休館日:月曜、年末年始ほか
 観覧料:大人300円子ども無料
 駐車場なし(近隣コインPあり)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/12/16 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4218-88411969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)