FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…千葉「NUS6」
アメブロとFC2ブログに引越しする前に書いてあったSL記事の写真がなくなってしまっているので、再訪して様子を見てみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

千葉市は千葉県の県庁所在地で日本で13番目に人口の多い都市と言うこともあり、近隣市町村も含め、静態展示されている蒸気機関車がたくさんあるのが特徴です。
そんなSLの町の中で今回選んだのはJR外房(そとぼう)線と京葉(けいよう)線の合流する蘇我(そが)駅の東300mほどのところにある「菰池(こもいけ)公園」です。
DSCF5114.jpg
「菰(こも)」が読めなくてカーナビ検索では住所から探しましたが、読めるようになっても検索結果に表示されませんでした(笑)
余談ですが「菰(こも)」はイネ科の植物なので、多分このあたりはおそらく菰池(こもいけ)の埋立地なのでしょう。

この公園に置かれている静態蒸気機関車が「NUS6」です。
DSCF5118.jpg

千葉市周辺は京葉工業地帯によって昭和の高度成長期に発展した町で、東京湾に面していることから燃料系や鉄鋼系の工場が多くあります。
川崎製鉄もこの地で多くの製造物を生み出した会社で、その素材や産物の重量から、貨物の移動は自社内を走る線路の上を蒸気機関車を利用して移動させていました。
DSCF5119.jpg

この車輌はその川崎製鉄内でディーゼル機関車に移行されるまでの間活躍したもので、千葉市内に数台現存しているうちの1台です。
どの車輌も運転席に入ることが可能ですが、ここの車体に関してはいたずら書きや欠損などが多く見られちょっと悲しくなります。
DSCF5120.jpg

しかし、地域に密着したSLであるとも言え、今までに見たどのSLよりも「ジャングルジム」として活躍しています。
DSCF5116.jpg

後姿のライトなどの部品が欠品しているのも残念ですが、さすが世界の川崎重工製だけあって、たくさんの子どもたちが何十年と引っ張りまわしてもどっしりと構えています。
DSCF5115.jpg

機関車正面には解説があり、昭和43年の廃車後に千葉市に寄贈されたことがわかります。
DSCF5117.jpg

駅に近いながらのんびりとできる公園で、近所の家族連れが遊具やSLで写真を撮ったりしている姿も微笑ましいです。
これから何十年経ってもSLとともにこんな公園であり続けて欲しいですね♪


□菰池(こもいけ)公園(川崎製鉄千葉専用線 NUS6)
 TEL:なし
 千葉県千葉市中央区宮崎2-4
 駐車場:なし

より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 川崎車輌
  1953年頃から1968年頃まで川崎製鉄千葉製鉄所において資材や原材料等の輸送に使用されました。

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2012/12/31 12:30 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4242-414ba06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)