FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで「新選組!」…岡崎「法蔵寺」
歴史探訪を始めたきっかけは2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」をレンタルして観たのがきっかけでした。
放送当時から賛否両論入り乱れたドラマのようですが、「家族で楽しめる時代劇」としてNHKの壁をやぶった作品ではないでしょうか?
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

さて、そんな新撰組の足跡を求めて今回訪問したのは愛知県岡崎市にある「法蔵寺(ほうぞうじ)」です。
名古屋鉄道名古屋本線の本宿(もとじゅく)駅南口(?)から国道1号線東海道を南東に進み、1つ目の本宿駅東口交差点を南に曲がります。
突き当たりのT字路を南東に曲がり「ほうぞうじ橋(うる覚えですorz)」を渡ると南側に参道が見えてきます。
DSCF5288.jpg

駐車場にクルマを停めたら散策開始です。
DSCF5289.jpg

山門をくぐり、2つ目の門は銅鐸県文化財の鐘突き堂「鐘楼門」になっています。
DSCF5291.jpg

本堂の左手には、やや色あせてはいますが「新撰組」の旗が立っています。
DSCF5292.jpg

端の手前の左手には上り坂があり、その手前には「近藤勇首塚(こんどういさみくびづか)」と書かれた看板が立っていますが、表示板は外れて地面に置かれています。
DSCF5293.jpg

道に沿って進むと「東照宮」の手前に、年季の入った看板があります。
DSCF5294.jpg

看板には新撰組局長近藤勇(こんどういさみ)の首がここに眠った経緯が記載されています。
DSCF5295.jpg
近藤勇は慶応4年(1868)4月25日板橋の刑場で処刑されました。
処刑後、近藤の近親者が若干の金子を整えて死骸を貰い受けるために刑場に行き、担ぎ出す人夫を買収し、一度埋没した近藤の死骸を夜中に掘り出して渡して貰ったそうです。
しかしすでに首は持ち去られており、遺体は近藤家の菩提所は東京三鷹の竜源寺に埋葬されました。
それから昭和33年(1958)まで首がどこにあるのか判明しなかったそうです。
昭和33年(1958)6月、名古屋南山大学の先生で国府町在住の中根慶一氏方に文献ががあり、また、岡崎市の松井弘氏方にも文献5点程あることが解りました。
法蔵寺の総本山京都新京極誓願寺の記録に近藤の首が法蔵寺に埋葬されているとの記録があり、埋没していた石碑の台座と近藤の遺品と思われる品が出土しました。
同年7月それらを照合し、初めて詳しく判明したそうです。

それがこの法蔵寺の「近藤勇首塚」です。
DSCF5296.jpg
近藤勇は東京板橋の刑場で斬首され、首は京都三条大橋西に晒されました。
これを元隊士が三晩目に持出し、かつて近藤勇が在京時代信頼・敬慕していた称空義天大和尚(新京極裏寺町に在住)に埋葬を依頼するため京都誓願寺に持ち込んそうです。
しかし称空義天大和尚は半年前に京都より愛知県岡崎市の法蔵寺39代貫主として転任していました。
法蔵寺は山の中で境内も広大で、松杉檜等の大木が生い茂り秘密裏に埋葬するのに好適地であったようです。

法蔵寺は徳川の祖松平親氏の建立で、7代目の住職は家康の叔父に当たるのため、幕府のために死力を尽くした近藤勇の埋葬供養が快諾されました。
その当時は逆賊の汚名を着せられた近藤勇の石碑が目立つのを恐れ、土砂をかぶせて普通の無縁仏の様にしたようです。

読めませんでしたが、台座には次のように記されているそうです。

土方歳三、戸村静一郎、小笠原新太郎、内田良太郎、鈴木万之助、佐藤善二郎、鈴木源兵衛、菰田幸之助、松下信三郎、市原鐘太郎、太田政一郎
建立者 内山勝行
世話人 清水三右エ門、堀川廉之助

近年、近藤勇の親族関係者の努力で整備され胸像も建てられたそうです。

この首塚は徳川家康(とくがわいえやす)が幼少時、住持・教翁上人に就いて、読書きを習ったという法蔵寺の境内にあります。
近藤勇首塚の見据える先には、松平家のお墓があり、家康の妹矢田姫のお墓もあります。
DSCF5297.jpg

城郭のように見晴らしのいい境内で、近藤勇は徳川家を今でも守り続けているのかもしれません。
DSCF5300.jpg

参拝してみると、賽銭箱にも徳川家の家紋が刻まれ、由緒正しい寺院であることを感じられます。
DSCF5301.jpg

素晴らしい景色と、清掃が行き届いた寺院に心洗われながら、歴史の深さに子どもたちとの会話も進みました。
難しい内容のスポットでしたが、それなりに子どもたちも楽しんでくれたようで、これからも歴史探訪に付き合ってもらえそうです。


□法蔵寺(近藤勇首塚)
 TEL:0564-48-2636
 愛知県岡崎市本宿町寺山1
 駐車場:あり
 開館時間:常時
 休館日:なし
 拝観料:無料


より大きな地図で 銀色テントむしの「新選組!」ゆかりの地 を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/01/12 14:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

※参考文献「新選組番外編


関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4255-adebb389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)