FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしで「新選組!」…流山「新選組流山本陣」
歴史探訪を始めたきっかけは2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」をレンタルして観たのがきっかけでした。
放送当時から賛否両論入り乱れたドラマのようですが、「家族で楽しめる時代劇」としてNHKの壁をやぶった作品ではないでしょうか?
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

NHK大河ドラマ「新選組!」の最終回の1話手前の第48話で土方(ひじかた)ら隊士との別れの地となる最後の陣を敷くのが、千葉県流山市です。
関東の駅100選にも選ばれている流鉄流山線(りゅうてつ・ながれやません)の流山(ながれやま)駅から西に交差点を北に進み100m弱の所に流山市商工会館があります。
商工会館から路地に入る角に「近藤勇(こんどういさみ)」と書かれた看板があるのでそれを目印に西に進む路地に入ります。
DSCF5379.jpg

この看板の下には解説板もあるので見逃さずに読んでおきましょう。
DSCF5380.jpg

路地に入って50mほどの所の小さな神社があります。
ピーナツ屋さん(?)の敷地内ですが、見学できるように門を開けてくれてあります。
この神社は近藤勇や土方歳三(ひじかたとしぞう)が必勝祈願に訪れたとも言われています。
DSCF5385.jpg

小さな境内には近藤勇の辞世の句の看板がありますが、テレビ放送からもかなりの年月がたっているため横たわっていました。
DSCF5384.jpg
せっかくなので読めるように写真は縦に直して掲載しておきます。

神社の隣にあるのが今回の目的地「新選組流山本陣跡」です。
DSCF5386.jpg
敷地建物は公開されておらず、道路側の小さなスペースに石碑と解説があるだけですが、バックの趣のある建物が非常にいい感じです。

時代として賊軍の扱いとなってしまいましたが、時代を背負い、先の日本のために死力を尽くしれたので、今の私たちがあることを子どもたちに伝えておきます。
DSCF5387.jpg
この地にて、敵軍に囲まれた新選組は、局長近藤勇の投降によって戦災を広げずに、隊士と住民の命を守りつつ終息を迎えます。
このため「戦火を広げないために自らを犠牲にして民を守った。」として流山では英雄となっているそうです。

せっかく流山の新選組跡地を見学したら、もう一か所寄っておきたい場所が「流山市博物館」です。
本陣跡から流山街道に戻って北へ300mほど進んだら東に入る道に博物館入口の看板があるので道なりに進みます。
ここには駐車場もあるのでセットで回るなら博物館側にクルマを停めてから本陣を見学に行くのもいいかもしれません。
DSCF5394.jpg

図書館を併設する市民の憩いのこの博物館は入場料無料で楽しめます。
建物の2階が博物館となっています。
DSCF5395.jpg

流山の古代史から近代までの歴史を学べる博物館なので、夏休みの自由研究などにも良さそうです。
2階の入口を入って右手に、ひときわ大きな近藤勇と土方歳三の写真と共に、流山と新選組の歴史を物語る資料が展示されています。
DSCF5399.jpg
※館内の撮影には許可が必要です。

京都での活躍から、鳥羽伏見や甲府の敗戦を経て「近藤勇の新選組」としてはラストを迎えるスポットではありますが、この後は土方歳三を中心に栃木、福島、宮城、北海道とその足跡を残していきます。
雪解けを迎えるころには、東北の新選組スポットも巡ってみたいですね♪


□新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡
 TEL:04-7150-6106
 千葉県流山市流山2-108
 駐車場なし
 ※内部は非公開


より大きな地図で 銀色テントむしの「新選組!」ゆかりの地 を表示

□流山市立博物館
 TEL:04-7159-3434
 千葉県流山市加1丁目1225-6
 開館時間 9:30-17:00
 休館日:月曜・年末年始
 入場料:無料
 駐車場あり

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/01/20 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)



関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4265-bbabb40d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)