FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…田島「C11254」
尾瀬とスキーで有名な南会津にも静態蒸気機関車が展示されています。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

福島県南会津郡にある会津田島(あいづたじま)駅は東武線で浅草から乗り継いで4時間ほどの場所にある豊かな田園風景と、歴史の色濃く残る静かな駅です。
この会津田島駅の一角に、線路を眺めるようにして蒸気機関車が展示されています。
DSCF5918.jpg

実は土曜日の朝7時くらいに訪問したところ、ブルーシートがかけられており、見学が出来ませんでした。
DSCF5919.jpg
以前にもこんなことがあったので、今年の見学はムリかとも思いつつ、日曜日に再訪してみることにします。

日曜日の夕方、改めて訪問してみると・・・ブルーシートが外されて立派な姿を現したのは静態蒸気機関車「C11254」です。
以前「SL会津只見号」として真岡鉄道から出張してきた「C11325」のお姉さんです。
DSCF6018.jpg

「ムンクの叫び」の両手部分のようなデフレクターと呼ばれるボイラー脇の鉄板の形状が、普通のSLと違うのが印象的です
DSCF6016.jpg

残念ながら、鉄格子の門には鍵がかけられており運転席を見学することは出来ません。
DSCF6019.jpg
・・・ブルーシートの一件を考えると、駅務員さんにお願いすれば見学が可能なのかもしれませんが、会津田島には毎年訪問するので、次回の楽しみにとっておくことにしましょう。

そうした保存に関する徹底した姿勢を受けて、機関車の後姿も凛とした涼しげな美しさを保っています。
DSCF6022.jpg

解説はシンプルに車輌説明だけですが、展示車輌と共に大事にされていることが良くわかります。
DSCF6020.jpg

「南会津地方の情報が集まる総合的な機能をあわせもつ駅」として、2002年には東北の駅百選に認定されている場所でもあるので尾瀬観光やスキーのアクセスポイントとしてだけでなくじっくりと鑑賞できる楽しい鉄道風景です。


□会津田島駅(C11254)
 TEL:0241-62-0065
 福島県南会津郡南会津町田島字西番場甲358-3
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1944年1月23日 日本車輌 No.1223
  新製配備:1944年2月8日 福知山
  移動:1944年4月19日 早岐
  移動:1945年3月1日 佐々
  移動:1970年10月1日 早岐
  移動:1973年4月16日 会津若松
  全検切れ:1975年8月1日 会津若松

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/03/17 17:00 天候:晴れ
測定値:0.09μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4327-3bed89d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)