FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・45箇所目「福岡城」
意図なく春休みと言うことで、福岡に足を伸ばしてみたら運良く桜の満開と重なっていました。
日本100名城スタンプラリーは景品はありませんが、始めると中毒のように日本全国を巡りたくなります。
何かと理由をつけて家族を道連れにしています(笑)
遊園地の近くにあるお城などは、最も言い訳にできるエリアです。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg
※今回はテントむしは自宅待機です。

基本的にはあまりゲームをさせていない子ども達ですが旅行前には「戦国BASARA3宴」をキャラクターを限定して遊ばせてみたりします。
今回選ばせたキャラクターは「黒田官兵衛(くろだかんべい)」(黒田 孝高 / 黒田 如水(くろだ よしたか / くろだ じょすい))です。
kuroda01.jpg
ゲーム内では大きな手かせをつけて、守る居城は地下施設、大きなドリルをつけた地中掘削戦車を使う戦略家と言う設定です。
実際には戦国時代に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の参謀として活躍し、本能寺の変で明智光秀(あけちみつひで)が織田信長(おだのぶなが)を討った敵討ちに向かうため、合戦中だった毛利輝元(もうりてるもと)と急遽和睦を結び、豊臣政権の礎を作った策略家です。
朝鮮出兵の際に、秀吉から叱咤を受けていることから、ゲーム内では手かせをつけているかと思っていましたが、資料によると織田信長の配下時代の1578年に、謀反を起こした荒木村重(あらきむらしげ)を説得に向かった際、荒木により有岡城(兵庫県伊丹市・別称:伊丹城)に幽閉されていたことからこうした衣装で登場しているそうです。

関ヶ原の合戦の功績を受け、黒田官兵衛は徳川家康(とくがわいえやす)から筑前国名島(ちくぜんのくになじま)37万石(福岡)封入を言い渡されます。
福岡県福岡市の桜の名所としても有名な大濠(おおほり)公園と舞鶴(まいづる)公園は、黒田官兵衛が居た「福岡城」址です。
博多の西、福岡市地下鉄空港線の大濠公園(おおほりこうえん)駅のすぐ南側にあり、道路を挟んで西が大濠公園、東が舞鶴公園となっとおり、城址は舞鶴公園に集中しています。
DSCF6223.jpg

大濠公園側明治通り沿い北東には福岡県文化財にも指定されている「潮見櫓(しおみやぐら)」がでむかえてくれます。
DSCF6214.jpg

シーズン限定ですが、夜にはライトアップされ幻想的な景色になります。
DSCF6208.jpg
あまりの美しさに2泊で訪問した九州で二晩ともこの景色を見に訪れてしまいました(笑)

名城スタンプは、舞鶴公園内で無料で見学できる鴻臚館(こうろかん)跡展示館に用意されています。
DSCF6225.jpg
鴻臚館(こうろかん)は飛鳥・奈良時代に迎賓館として外交使節や商人をもてなす施設であったとされていることから、千年以上も前から重要な場所であったことがわかります。
初老のご夫婦が、やはりスタンプ帳をもって訪問されていたので、声をかけてみると、すでに80箇所も回られている大先輩で、特に沖縄についてのお話を楽しそうにしてくださいました。

鴻臚館(こうろかん)からぐるりと回るように石垣の脇の道を登っていくと本丸跡にたどり着きます。
「多門櫓(たもんやぐら)」は国の重要文化財ですが、桜祭りの時期だけは夜間ブルーにライトアップされ、いつもとは違った美しさが魅力です。
明治時代に入って桜がたくさん植えられたことから、日中も多くの観光客の皆さんが桜と櫓の風景をカメラに収めていました。
DSCF6229.jpg

完成したばかりの天守台のオブジェが見えますが、午後のみの公開でしかも有料だったので、今回は外から眺めておくだけにしました。
DSCF6234.jpg

館内の見学は出来ませんが本丸広場北東の「祈念櫓(きねんやぐら)」も美しいので見学しておきましょう。
DSCF6236.jpg

櫓が50箇所以上もあったといわれる福岡城は外周2キロもある大堀など、とにかく見どころが多く、1日飽きることがありません。
また、敷地内には博物館や美術館などもあるため、スタンプだけを押す訪問ではなく、じっくり時間をかけて見学するスポットとしての訪問の仕方が望ましいと思います。
近くに100名城の大野城があったんですが、福岡城に見どころが多すぎて今回の旅行では訪問することが出来ませんでした。
出来れば、桜のシーズンに夜桜見物とセットで訪問をオススメしたい名城です。


□福岡城(ふくおかじょう)第85番
 訪問先名称:舞鶴公園
 TEL:092-733-5537(鴻臚館)
 住所:福岡市中央区城内1-1
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:年末年始
 入場料:無料
 駐車場:有料
 通称:舞鶴城、石城
 主な城主:黒田氏
 スタンプ設置場所:鴻臚館(こうろかん)跡展示館


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
指定文化財
国の重要文化財(多聞櫓・二の丸南隅櫓)
国の史跡
福岡県文化財(潮見櫓・大手門・
祈念櫓・母里太兵衛邸長屋門)
福岡市文化財(名島門)
再建造物 二の丸北隅櫓、大手門

幕末史
明治4年(1871年) - 廃藩置県により旧下屋敷に福岡県庁が置かれる。
明治6年(1873年) - 廃城令発布により存城処分となり、第6軍官に属する。その後多くの建造物が解体もしくは移築された。
明治35年(1902年) - 床下にあった火薬が爆発し鉄物櫓が焼失する。

※ウィキペディアより抜粋


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

2013/03/28 09:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:100名城スタンプラリー - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4341-23555312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)