FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…秋田「D51370」
秋田市には市街から郊外まで数台の機関車が展示されていると言うので、ちょっと回ってみましょう。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

1台目として訪問しようと思ったのは「仁別森林博物館(にべつしんりんはくぶつかん)」です。
ここには「温根湯森林鉄道2」と言う北海道の開拓林で活躍した機関車があるとのことで楽しみにしていました。
4月下旬から11月上旬の9時から16時まで無料開放している博物館だと言うので、秋田駅から東の山中へ約20キロの道のりを進んでみると…残雪の影響で、まだ通行止めでしたorz
DSCF6523.jpg

泣く泣く市街地へ戻り、やってきたのはJR奥羽本線の土崎(つちざき)駅を西に200mほどのところにある「土崎街区公園(つちざきがいくこうえん)」です。
大正四年に開園したこの公園には、地元である一騎町(いっきちょう?)が国鉄から100年契約で借り受けた静態蒸気機関車が展示されています。
DSCF6525.jpg

機関車は「D51370」通称デゴイチで、日本で最もたくさん製造された機関車のうちの1台です。
DSCF6526.jpg
ずいぶん塗装に色あせが生じているのは、この機関車の賃借契約の経緯で、借主が一騎町となっているため、秋田市の公園管理部署がこれを「私物」として処理し、保存管理に予算を割いてくれない現実があるからだそうです。

これだけ大きな産業遺産で、しかも公園内に展示しているのに…海が近いためかなりの塩害も受けており、ちょっと可哀想です。
DSCF6527.jpg

それでも車輪部の塗装は赤と白のコントラストが美しく、保存してくれている方々の優しさを感じられます。
DSCF6528.jpg

ちょうど桜の満開に訪問できたため、天候には恵まれませんでしたがすばらしい光景を楽しむことが出来ました。
DSCF6530.jpg

町内会や保存会の皆さんには多大なご協力をいただいての保存と思われますが、これからも永く保存していただきたいですね。


□土崎地区街区公園(D51370)
 TEL:なし
 秋田県秋田市土崎港中央3-9-45(壱騎町児童図書館)
 駐車場:なし


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造: 1940年5月18日 日立製作所笠戸工 場 No.1249
  配置: 1948年7月1日 酒田
  配置: 1957年11月1日 山形
  配置: 1968年4月1日 新庄

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/04/27 9:30 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:展示場所前GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4365-6922fa34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)