FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしでSL巡り…那須烏山「那珂川清流鉄道保存会」
栃木県内で多くの動態車両を有しながら、その活動があまり知られていなかった鉄道保存団体が、ついに一般公開を始めたので、訪問してみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

栃木県の那須烏山(なすからすやま)、ゴルフファンなら「城の名を持つカップヌードル杯のゴルフ場」としても知られる烏山城カントリークラブの北、国道294号線蛇姫通りの大桶公園の北に拠点を置くのが「那珂川清流鉄道保存会」です。
以前、金のSLSLのメンテをしている工場についてご紹介したことがありますが、それらの機関車を保有するのがこの団体で、2013年に入って、活動の状況が見えてきました。

展示場は「八溝会館」と言うセレモニーホール内なので、セレモニーが行われているとちょっと入るのが不安になりますが、心を強く持って門をくぐります。
ホール右手の奥に進んでいくと小さな小屋が発券窓口になっていますが、誰も見当たりません。
ホールの従業員さんに声をかけると、さらに奥のほうに事務所があると言うので突き進んでみました。
DSCF7054.jpg

奥左手のログハウスの事務所には管理されている女性がいたので、声をかけ入場料を支払います。
大人1000円子ども500円がかかりますが、個人収集した貴重な資料をこの価格で見学できるのは破格の安さです。
入場料金を支払うと、硬券の入場券にパッチンを入れてパンフレットと一緒に渡してもらえます。
屋外の敷地内には何種類もの線路が敷設され、色々な車輛が展示されていますが、貴重な蒸気機関車は倉庫を改造した展示館に展示されています。
DSCF7065.jpg

保存されている蒸気機関車は屋内に2台、屋外に1台(2013年5月現在)あるのですが、今回ピックアップするのは「クラウス17(明治鉱業17)」です。
DSCF7064.jpg

昨年、メンテナンス工場側を(無断で)見学させて頂いた際に、倉庫内で大事にグレーの防錆塗装を施されていた機関車が、ついにその全貌を見せてくれます。
DSCF7062.jpg

古くは静岡県の大井川鉄道でも動態運転されていた経緯を持つ1889年(明治22年)ドイツ製の機関車です。
DSCF7058.jpg

クラウス社製の機関車は栃木県内には「おもちゃのまち駅」や「トミーテック本社工場」にもありますが、屋内展示はここだけです。
明治時代には九州で「九州鉄道6」として活躍し、1971年から2年間大井川鉄道で動態保存されたのち、岩手県遠野市で1983年から1986年まで動態保存されていました。

残念ながら現在動態運転はできないそうですが、現役期間の長かった明治時代の機関車を見学できるのはスゴいことです。
解説は手作りですが愛情が感じられる逸品です。
DSCF7063.jpg

静態機関車だけでも3台あり、ミニ機関車や寝台列車など数多く保存されていますが、展示方法についてはまだ試行錯誤を続けている様子です。
この日は我が家を含め3組の家族連れが訪問しており、サービスでミニ新幹線を運転してもらうことが出来ました。
DSCF7071.jpg

2013年6月15・16日には敷地内で旧車を走らせるイベントも予定されているそうで、今後の活動が楽しみです。
手作り感あふれる私設鉄道博物館に、休日に足を運んでみてはいかがでしょう。

□那珂川清流鉄道保存会(なかがわせいりゅうてつどうほぞんかい)
 TEL:0287-83-8099
 栃木県那須烏山市白久218−1
 ※八溝会館右奥
 営業時間 10:00-16:00
 休館日:不定休
 入場料:大人1000円子ども500円
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

◆保存車輛
 那珂川清流鉄道100
 明治鉱業17(クラウス17)
 台湾糖業公司360 ほか

 ◇車歴:明治鉱業17(やまてつさん調べ)
  製造: 1889年 クラウス No.2213
  納入: 1889年12月19日 九州鉄道 イ6号
  国有化: 1907年7月1日 17号
  称号改正: 1909年10月1日 鉄道院 17
  廃車: 1925年6月2日 行橋
  譲渡: 東京横浜鉄道建設用として使用
  譲渡: 1931年12月22日 明治鉱業 17号

情報元:http://yamatetsu.dee.cc/


↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/05/26 14:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4403-4cd7219a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)