銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…浦安「郷土博物館」
日本最大級の某テーマパークは「東京ホニャララ」と言う名前ですが、東京のすぐお隣の千葉県浦安市にあります。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

千葉県浦安市の市役所の近くに無料で楽しめる博物館があると聞き、訪問してみることにしました。
首都高速湾岸線の浦安(うらやす)インター千葉方面出口を出たらすぐ北側の立体交差下を県道276号線やなぎ通りで北西側に曲がり、消防本部前交差点を北の側道に左折します。
消防署の先の交差点を過ぎて、西側に見える無料駐車場は浦安市役所や図書館と共有の無料駐車場なので、博物館利用者もそこにクルマを停められます。
駐車場から図書館と市役所第二庁舎の間の広場を抜けると見えてくるのが「浦安市郷土博物館」です。
東日本大震災の折には関東圏最大級ともいえる被害を受けたエリアで、市内にはまだ爪痕が深く刻まれていますが、何とか落ち着きを取り戻し博物館も公開を再開してくれています。
DSCF7135.jpg

博物館左手には大きなガラス張りの橋が架かっており、橋の下にはジオラマ模型のような景色が実寸大で広がっています。
DSCF7136.jpg

無料なので受付になんとなく会釈をして入館するとロビーで出迎えてくれるのは浦安市のゆるキャラ「あっさりくん」です。
DSCF7137.jpg
浦安市はもともとは漁師町で、東京湾からの江戸前の海産物で賑わっていた古い街並みと、その後の漁業権の放棄と海岸の埋め立てにより新規発展したエリアの多様性も楽しめる街です。
見た限りでは湾岸線の西側の旧浦安エリア(造語です。)と東側の新浦安エリアで、その境が感じられますが、個人的には東京のすぐ隣の旧浦安エリアのノスタルジックな街並みが大好きです。
ハナシは逸れますが40代以上には懐かしい日テレ系バラエティ番組の「天才たけしの元気が出るテレビ(1985~1996年)」でクローズアップされた「フラワー通り商店街」などは、この西の東京メトロ東西線の浦安駅との間の旧浦安エリアにあります。
現在も海産物と共にあり、浦安駅近隣の市街地には現在も魚介加工施設や佃煮屋さんなど美味しそうな香りが漂ってくる場所がいくつもあります。

博物館は地下層を含む3階建て構造で1階と地下1階及び屋外展示がメインとなります。
特に外からも見えた地下一階の屋外展示には、かなり力が入っています。
DSCF7138.jpg

階段を下りて屋外に出ると昭和初期の浦安界隈の風景が広がります。
小さな橋の先に古民家が並んでいますが、橋の下に流れる川(模擬)には小さな漁船が係留されています。
この漁船「ベカ舟」は受付での当日の事前予約で体験乗船できますが、気づかずに乗ることが出来ませんでしたorz
DSCF7139.jpg

古民家の軒先には懐かしいけん玉などのオモチャが置かれていて、所々で当時の風景を見学しながら昔ながらの遊びも楽しむことが出来ます。
DSCF7140.jpg

ふと目線をずらせば、小さな小屋があります。
これは、当時のトイレです。
DSCF7143.jpg
実際に使われていたものを移設したそうですが、さすがにここで用は足せないので、催した場合には館内に戻りましょう(笑)

館内に入ってすぐの部屋には当時の漁船や漁業用品が展示されています。
普段見かけない特殊な道具も多く、見ているだけでなんだかワクワクしてしまいます。
DSCF7144.jpg

ロビーのあった1階に戻ると展示室すぐのところには大きな水槽に魚たちが泳いでおり、のんびりとしたその風景に癒されます♪
DSCF7145.jpg

館内展示もすばらしく、中央の大型スクリーンでは定期的に浦安の漁業や歴史に関する映像が流されており、じっくり鑑賞すると、今後の浦安に対するイメージも変わってきそうです。
DSCF7146.jpg

この博物館の展示は1961年(昭和36年)に文藝春秋読者賞候補にもなった山本周五郎(やまもと しゅうごろう)の文芸作品で、昭和初期の浦安が舞台となる「青べか物語」をモチーフにしているそうです。
まだ読んだことのない作品ですが、テーマパークの街としてだけでない多面的な町と歴史を知ることのできる素晴らしい博物館に、次回の訪問までには是非とも子どもたちと読破してみようと思います。
無料ながら、濃密な時間と展示内容に充実した時間を送ることが出来ました。
休日に某テーマパークを訪問する際には、こちらにも立ち寄って、ちょっと違う浦安を探してみてはいかがでしょう。

□浦安市郷土博物館
 TEL:047-305-4300
 千葉県浦安市猫実1-2-7
 開館時間 9:30-17:00
 休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場:無料


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2013/06/02 10:00 天候:晴れ
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)


関連記事

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/4411-0c6c5ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)